ツバサ「へぇ…これがあなたのラブカストーンね」

シェアする

ツバサ-アイキャッチ4
1: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/19(木) 17:21:29.91 ID:582xuFIV.net
海未「返して…くださ…」ドサッ

元スレ: ツバサ「へぇ…これがあなたのラブカストーンね」

スポンサーリンク
4: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/19(木) 17:25:09.51 ID:582xuFIV.net
穂乃果「海未ちゃん?!」

海未「」

希「あかん…ラブカストーンが抜かれとる」

ことり「そんなぁ…海未ちゃん!起きてよ!」

にこ「フン!1人で戦おうとするからそうなんのよ」

絵里「にこ!そんな言い方…!」

絵里「…!」

にこ「迷惑なのよ…目の前で仲間に死なれるのは…」ポロポロ
6: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/19(木) 17:28:16.50 ID:582xuFIV.net
ツバサ「ふふ…これでμ'sのラブカストーンは3つ…」

あんじゅ「ツバサったらズルいわ〜1人で楽しんじゃうんだもの」

英玲奈「園田海未のラブカストーン…私が狩りたかったが…」

ツバサ「この石が9つ揃えば願いが叶うわ」

ツバサ「私達の願いが…」
9: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/19(木) 17:32:04.84 ID:582xuFIV.net
穂乃果「このままじゃ…μ'sのみんなが離れ離れになっちゃう…」

穂乃果「なんとかしなきゃ!」

ことり「でもどうするの?アライズのライブには…私達じゃ…」

希「…ひとつだけ手があるよ」

絵里「希?!まさか…あれを?」

希「えりち…μ'sが全滅するかどうかの瀬戸際なんよ」

希「堪忍してな」
11: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/19(木) 17:36:48.27 ID:582xuFIV.net
真姫「…何の用?」ガチャ

希「真姫ちゃん…頼みがあるんや」

真姫「お断りよ…私はもうスクールアイドルはやめたの」

真姫「もう…あんな辛い想いはごめんだわ」

真姫「とにかく帰って!警察呼ぶわよ!」バン!

絵里「真姫は…まだ抜け出せないのね…」

絵里「花陽がいなくなった…あの日から…」
12: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/19(木) 17:43:29.47 ID:582xuFIV.net


にこ「あの光は?!」

絵里「真姫たちのチームが向かった場所の辺りだわ!」




あんじゅ「ふふ…あなた、トップレベルのスクールアイドルである私の一撃を止めるなんて」

あんじゅ「名前を…聞いてもいいかしら?」

花陽「…」ハァハァ

花陽「小泉花陽です…」ハァハァ

あんじゅ「覚えたわ。あなたのラブカストーンは私のコレクションに加えてあげる」

花陽(凛ちゃん…真姫ちゃん…!出来る限り時間稼ぎをするよ)

花陽(生きて…帰って)

あんじゅ「さぁ、『仕合い』ましょう!」バッ
15: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/19(木) 17:48:52.25 ID:582xuFIV.net
真姫「?!」ガバッ

真姫「はぁ…またあの夢…」ハァハァ

真姫「花陽…なんで私を生かしたの…?」

真姫「私は…」

どんうぉーりどんうぉーり!

真姫「メール…」ピッ


件名
西木野真姫だな?

本文
小泉花陽のラブカストーンを返してほしいなら、UTXへ1人で来い。

真姫「…」
16: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/19(木) 17:54:40.28 ID:582xuFIV.net
22:11 UTX高校前

真姫「…」ザッ

英玲奈「来てくれると思ったよ」ニヤッ

真姫「ちゃんと1人で来たわ!花陽のラブカストーンを返して!」

英玲奈「まぁそう焦るな」

英玲奈「私と遊んでから…でも遅くないだろ?」

真姫(こいつ…なんて殺気なの?!)

英玲奈「少し身体が鈍ってるんだ」

英玲奈「楽しませてくれるな?」スッ…

真姫(?!速い!!)
20: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/19(木) 18:03:28.29 ID:582xuFIV.net
英玲奈「どうした?」ザクッ

英玲奈「こんなものか?」ガスッ

英玲奈「μ'sもやはり素人に過ぎんか?」ドン

真姫(…くっ!)

真姫(私の『ラブ力』は客観的に見て高くない…)

真姫(だからこそ、出来る戦い方がある!)

英玲奈「これでとどめだ…」グオッ
21: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/19(木) 18:06:42.30 ID:582xuFIV.net
英玲奈「?!」

英玲奈「なん…だ…?動きが…」

患者「まきちゃん」

患者「まきちゃん」

患者「まきちゃん」

英玲奈「こいつら…一体どこから…」

英玲奈「『1人』で来いと言ったろぉぉ!!西木野真姫ぃぃ!!」

真姫「もちろん『1人』よ」

真姫「これは私の『傀儡』…人ではないわ」

患者「まきちゃん」
24: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/19(木) 18:16:02.29 ID:582xuFIV.net
真姫「さぁ花陽のラブカストーンを返して!」

英玲奈「くく…これで勝ったつもりか?」

真姫「悔し紛れのダウトね。どう考えても、あなたの負けだけど?」

英玲奈「…」

英玲奈「お前はまだ知らないようだな」

英玲奈「ラブカストーンの本当の力を」スッ

真姫「それは!!花陽のラブカストーン…!」

英玲奈「あぁぁぁ!!!!」ドクンドクン

真姫「ラブカストーンが…身体の中に取り込まれていく?!」
28: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/19(木) 18:23:53.70 ID:582xuFIV.net
ドゴーン!!!!

真姫「なっ?!爆発?!」

患者達「」

英玲奈「まさかここまで本気になれる相手に出逢えるとはな」

英玲奈「あんじゅからラブカストーンを拝借してきた甲斐があった」ゴゴゴ

真姫「…!」ゾクッ

英玲奈「安心しろ。お前も小泉花陽と一緒に『保管』してやる」

真姫「あ…あ…」ガクッ

英玲奈「痛いのは一瞬だけだ」ゴゴゴ
29: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/19(木) 18:30:44.13 ID:582xuFIV.net
ペシッ

英玲奈「…ん?」キョトン

真姫「なに…?」

にこ「真姫!!なにやってんの!早く逃げなさい!」ペシッペシッ

英玲奈「まったく…せっかくディナーを楽しもうと思ったのに」イライラ

真姫「にこちゃん!何やってんのよ!?」

にこ「にこはもう大事な人がいなくなるのは嫌なの!!」ペシッ

にこ「あんただけは…守ってみせる!」ペシッペシッ
37: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/19(木) 21:44:52.79 ID:582xuFIV.net
英玲奈「くだらん…」

にこ「フン!なんとでも言いなさい!にこはねぇ…!」ペシペシペシ

英玲奈「お前達のお友達ごっこには飽き飽きだ。私の眼の前から消えろ」ゴゴゴ

にこ「?!なっ…空に巨大なおにぎりが…?」ペシペシ

英玲奈「驚いたかな?小泉花陽の…仲間の力で逝かせてやる」

チュドオオオオン

にこ「か…はっ…」

英玲奈「西木野真姫は逃したか…まぁいい。矢澤にこ、お前のラブカストーンを…」

にこ「ふふ…」ニヤッ

にこ「あーっはっは!!」


英玲奈「恐怖と苦痛で発狂したか。惨めな…」

にこ「なに勘違い…してんのよ」

にこ「私は仲間を守れた…それで満足よ」
39: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/19(木) 21:51:49.70 ID:582xuFIV.net
英玲奈「仲間を守れただと?西木野真姫はすぐに追い詰められて終わるんだぞ?」

にこ「そうはいかないわ。まだ気付いてないようね」

にこ「にこの…『呪い』に」

英玲奈「?!」

英玲奈「何をした…」

にこ「これが私の能力…『相手の力を強制的に封印する』」

にこ「『殴った回数×6時間』ね…」ニヤッ

英玲奈「そんな…私が…」ドサッ

英玲奈「こんな屈辱は初めてだ…」ガクガク

英玲奈「だが!いくら力を封印されても瀕死のお前くらいなら…!」ドガッ

にこ「」

英玲奈「こいつ…ラブカストーンがない…だと…?」
41: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/19(木) 21:55:30.98 ID:582xuFIV.net
真姫「はぁ…はぁ…」

真姫(にこちゃん…!私のために…)

真姫(このにこちゃんのラブカストーンだけは…守り抜かないと!)

穂乃果「おーい!真姫ちゃーん!」

ことり「よかった、無事だったんだね」

真姫「2人とも…なんでここが?」

希「うちの占いが当たってしもたみたいやなぁ」

絵里「それじゃあ…にこはもう…」
43: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/19(木) 22:00:52.66 ID:582xuFIV.net
ツバサ「とんだ失態ね…英玲奈」

英玲奈「ツバサ…見ていたのか」

ツバサ「まったく、こんな雑魚に一杯食わされるなんて…」

ツバサ「アライズの面汚しよ」キッ

英玲奈「くっ…μ'sめ…必ず全滅させる」

ツバサ「もうあなたは頑張らなくてもいいわ」

英玲奈「え…?」

凛「…」シュッ

英玲奈「な…首が…」ヨロッ

英玲奈「なんでこいつが…」ドサッ

ツバサ「あなたは無期限の『活動停止』よ…アライズは新しいメンバーで創っていくわ」

ツバサ「ね?星空さん」

凛「…」
44: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/19(木) 23:30:21.45 ID:582xuFIV.net
希「えりち、ごめんな…うちのわがままに付き合わせて…」

絵里「いいのよ。希のことを信じてるわ」

絵里「起死回生の策…私は賭けてみたいの」

希「えりち…」ドキッ

パチパチ

絵里「!」

あんじゅ「よかった〜誰も来ないかと心配だったけど…」

あんじゅ「これで待ちぼうけは食らわず済みそう♪」

希(また占いが嫌な方に当たってもうた…)


煽り
「最狂の敵アライズ!
タロットの運命は…『死』!!」
46: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/19(木) 23:54:06.77 ID:582xuFIV.net
絵里「先手必勝!!」バッ

あんじゅ「もう…せっかちなんだから」

絵里(後ろを取った!)

あんじゅ「この時間を楽しみましょう?」

絵里「なっ?!」

絵里(確かに後ろを取ったはずなのに…!)

希(この一瞬をうちは見逃してないはず…)

希(一体いつの間にえりちの後ろに?瞬間移動とでも言うんか)

あんじゅ「絢瀬絵里…ロシアでは随分有名だったみたいだけど…」

絵里(ダメ…!間に合わない!)

バゴォ

絵里「あ…ぐっ…」ドサッ

希「えりち!」

あんじゅ「日本では日本の戦い方を覚えなきゃいけないんじゃないかしら?」ニコッ
47: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 00:06:20.84 ID:cx3nWbUl.net
絵里「そうね…少しあなたを甘く見てたみたい」

あんじゅ「お互い本気を出しましょ〜♪」

絵里「希!」

希「…うん!カードは『吊られた男』や!」バッ

あんじゅ「あなたのスピードでは私は捉えられない」シュッ

絵里「…」シュッ

絵里「『氷華 三式』!」ブォン!

あんじゅ「!?」ドカッ

希「さすがえりちや…」

希(ダサい技名を一生懸命考えるのは置いといて)
48: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 00:13:10.09 ID:cx3nWbUl.net
あんじゅ「なん…で…?」ハァハァ

絵里「2対1だからって卑怯だと思わないでね。私達は生き残るのに必死なの」

希「人の命で遊ぶあんたらとは違うんよ」

あんじゅ「ふーん…」

あんじゅ「絢瀬絵里…あなたの能力は冷気を操り雪や氷を発生させて攻撃や防御に利用するってところかしら?」

あんじゅ「そして東條希…あなたはタロットカードを用いた未来予知ね。その2つを組み合わせて予め私が移動するポイントに攻撃した」

希「…ノーコメントやわ」

絵里「あなたに構ってる暇はないの…悪いけど、終わらせてもらうわ」

希「えりち、次は『戦車』と『隠者』や」

あんじゅ「ふふ…思いがけない強敵に当たってしまったみたい♪」
50: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 00:21:44.21 ID:cx3nWbUl.net
あん「これなら」



じゅ「どうかしら?」


絵里「?!」

希(あまりの速度で…残像とでも言うん?!)

絵里「私のやることに変わりはないわ!」

絵里「決められた場所に楔を撃ち込むだけ!」

絵里「『氷華 絶式』!!」フォォォン

希(出た!えりちのとっとき…かつて50年に一度の冷夏をもたらした必殺技!)

絵里「運命は…もう決定しているわ!!」ドォォン

あんじゅ「」ドシャッ

絵里「終わったわ…」







グサッ

絵里「えっ…?」ポタポタ
51: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 00:24:10.37 ID:cx3nWbUl.net
あんじゅ「確かに運命は決まってるかもしれない」

希「そんな…こんなのって…」

あんじゅ「なら『運命は打ち砕けばいい』…あなたたちが歌っていたのよ?」

絵里「の…ぞみ…」ドサッ

絵里「」

あんじゅ「もっとも…あなたたちには絶望でしかないのかもしれないけど」
52: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 00:34:02.81 ID:cx3nWbUl.net
希「ありえへん…うちの占いは…」

あんじゅ「当たるも八卦、当たらぬも八卦よ。東條希さん」

希「えりち…うちを置いていかんといて…」

希「せっかく出来た…友達やんかぁ!!」ブワッ

あんじゅ「それなら仲良く…天国に送ってあげる♪」シュン

希「…」シュルッ

希「えりち…うちを護ってな…」フォン

あんじゅ「…っつ!」バッ

希「今の私はいつもと違う…」

あんじゅ「髪をほどいて…どういうつもり?」

希「『東條希 開運モード』…それだけでいいでしょ?」

シュ…

あんじゅ(消え…?!)

希「あなたはここで私が止めるんだから」
55: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 00:45:08.07 ID:cx3nWbUl.net
説明しよう!(CV.楠田亜衣奈)
『開運モード』とは、生まれつきクジは必ず当たりを引くほどの強運の持ち主である希が、その全ての運を開放することにより発現する究極の戦闘形態なのだ!!
この状態の希は、いわば純粋に願いだけを叶え、人類が希求する『神』にも等しき存在となるのである!!

希「…さよなら」

あんじゅ「?!?!」

ボゴォォ

あんじゅ「」

希「…」

あんじゅ「なるほど…タロットだけではないということね」スッ

希「そちらこそ、『肉体が死ぬ時に新たな肉体を産み出す』…人間ごときにおこがましい能力を持ってるんだね」

あんじゅ「そう!私は不老不死!永遠にみんなのアイドルでいられる!」

あんじゅ「いつかはツバサをも超えて…私の望む世界を産み出す!」

あんじゅ「それにはあなたたち…μ'sのラブカストーンが必要なの!」バッ

希「そんなくだらないことで…みんなの命を…」
56: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 01:09:47.45 ID:cx3nWbUl.net
30分後

希「いつまで続けるつもり?」

あんじゅ「それはもちろん…その状態が限界を迎えるまで♪」

あんじゅ「どんな強い力だろうと終わりはある…私を除いてね」

希「…」

実際のところ…
既に希の肉体は崩壊を始めていた
宇宙の全ての幸運を引き寄せる
その力を開放した瞬間から彼女は理解していたのである

希(私はもう…死ぬ)

希「…」ガクッ

あんじゅ「や〜っと時間切れ♪あなただけは丹念にいたぶって殺してあげるわ」


キラッ☆
57: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 01:14:07.99 ID:cx3nWbUl.net
あんじゅ「?」


チュドオオオオン!!!!

あんじゅ「」

希「間に合った…」

あんじゅ「く…!一体何なの!?」

希「不幸だったね。まさか人工衛星が墜落してきてその下敷きになるなんて」

あんじゅ「こんなことで…!」

ププーッ!!

ドゴォ

あんじゅ「」

希「今度はトラックか…」
58: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 01:18:07.88 ID:cx3nWbUl.net
あんじゅ「こんな偶然で勝ったつもり?」スッ

クンッ

あんじゅ「え…」

ドガラガッシャーン!

あんじゅ「」

希「次は足を滑らせて階段から転落死…」

あんじゅ「ま…まさか…」

あんじゅ「これは…!!」

希「そう…宇宙の全ての幸運を引き寄せた私が…」

希「同じ規模の凶運をあなたに送り込んだ」

あんじゅ「?!」
59: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 01:22:53.90 ID:cx3nWbUl.net
希「宇宙の全ての運を抱え込むのに人間は脆すぎる…私のように…命を削っても精々30分が限度…」

希「でも不老不死のあなたなら…その運を永遠に背負うことが出来る」

希「死ぬまで終わらない…不幸の始まり」

あんじゅ「よくも…」

あんじゅ「よぐもぉぉ!!」

ブチッ

あんじゅ「」

希「…」

希(えりち…仇は討ったよ…)

希(うちもすぐ…そっちに行くしな…)

希「……」

希「…」

希「」ドサッ
69: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 14:50:28.75 ID:cx3nWbUl.net
ことり「ー…っつ!」ピィン

穂乃果「ことりちゃん…?」

ことり「絵里ちゃんと希ちゃんのラブ力が…消えた…」

穂乃果「そんな…あの2人まで…」

真姫「もう私達は3人だけ…このままじゃ…」

穂乃果「…やるしかない」

真姫「で、でも!」オロオロ

穂乃果「希ちゃんの最後の策…『アライズのリーダーを全員で叩く』!この戦いを終わらせるにはそれが最善手だよ!」

真姫「勝つ見込みはあるの?」

穂乃果「正直、ほとんどない…ことりちゃんはどう思う?」

ことり「私は穂乃果ちゃんの選んだ道なら…全力でついて行くよ」

真姫「…わかったわ。やるしかないみたいね」

穂乃果「2人とも…ありがとう」
70: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 14:55:18.39 ID:cx3nWbUl.net
翌日
UTX高校 屋上ステージ

キャー!!
キャー!!

ツバサ「みんなー!今日はアライズのライブに来てくれてありがとう!!」

ツバサ「あんじゅと英玲奈は残念ながらいないけど、最高のステージにすることを約束するわ!」


穂乃果「…」

ことり「…」ゴクリ

真姫(この人数なら難なく紛れ込めたけど…これからどうするつもりなの?穂乃果…)
71: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 15:00:52.90 ID:cx3nWbUl.net
穂乃果(ことりちゃん…!)

ことり(うん、わかってる)


ギュオオオオ!!!

ツバサ「?!」

ガキィン

ことり「くっ…止められた…」

ツバサ「南ことりさんね…このステージは観客から攻撃出来ないよう距離を拡げておいたんだけど…」

ことり「私の『鷹の眼』は何者も逃さないよ」

ツバサ「へぇ…」
72: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 15:04:40.23 ID:cx3nWbUl.net
穂乃果「私も行く!」バッ

真姫「待って!穂乃果はμ'sの最後の希望よ!」

真姫「私が行くわ…ここで待ってて」

スタッフ「ちょっとあんた!ここは関係者以外立入禁止だよ!」

真姫「うるさいわね、通しなさい」ボコッ

スタッフ「うぐ…」ドサッ

真姫(ここからなら背後からツバサを狙える…)

真姫(ことりに気を取られてる今がチャンス!)バッ

ツバサ「な…?!」

真姫「終わりよ…綺羅ツバサ…」
74: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 15:08:25.55 ID:cx3nWbUl.net
ドゴオォォン!!

真姫「…何なの?」

真姫(患者がいなければ即死だった…)

患者「まき…ちゃ…」

ドグシャァ

患者「」

凛「…」

ことり「そんな…」

真姫「まさか…凛…?!」

穂乃果(凛ちゃん…なんで…)
75: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 15:11:07.91 ID:cx3nWbUl.net
ツバサ「ふふ…驚いているようね」

ツバサ「みなさん!アライズの新メンバーを紹介します!」

ざわ…

ざわ…

ツバサ「元μ's…星空凛さんよ」

凛「…」

真姫「凛!なにやってんのよ!!」

ツバサ「無駄よ。あなた達の声は彼女には届かないわ」
76: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 15:13:50.38 ID:cx3nWbUl.net
凛「…」シュン

真姫「やるしかないっていうの?!」

ゴスッ

真姫「あ…ぐ…」ヨロッ

ことり「真姫ちゃん!」

ツバサ「あなたの相手は私でしょ?余所見はダメよ」ブォン

ことり「…っつ!」

穂乃果(大変だ…早く助けに行かなきゃ!)
77: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 15:16:44.09 ID:cx3nWbUl.net
ツバサ「高坂さん!いるんでしょ!?」

穂乃果「!」

ツバサ「そこで何も出来ずに見てなさい」

ツバサ「大切な仲間達が散っていくのを」

ガシャン

穂乃果「?!これは…!」

ツバサ「対高坂穂乃果用拘束装置(1752万円)よ…あなたは今はただの観客に過ぎないっていうことね」

穂乃果「ことりちゃん!!真姫ちゃん!!」
81: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 17:27:47.56 ID:cx3nWbUl.net
ことり「こんなことして…!私本当に怒ってるんだから!」バンッ

ツバサ「…だからなに?あなたたちの怒りなんて所詮…」コォォォ

ことり(しまった…!)

ツバサ「届かないのよ」ガシッ

ことり「掴まれた足が…凍ってく…?!」

ツバサ「絢瀬絵里のラブカストーンは…よく馴染むわ」

ツバサ「このまま冷凍保存されなさい」パキパキ

ことり「あ…ぁ…」

穂乃果「ことりちゃん!!」

ツバサ「ふふ…呆気ないものね」
89: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 17:40:52.70 ID:04kIRW6d.net
ことり「やだ…穂乃果…ちゃ…」パキパキ

ことり「」ピキーン

ツバサ「これで永遠に美しい姿でいられるわね。羨ましいわ」

ツバサ「南さん、ラブカストーンを貰うわね」ズボッ

穂乃果「そんな…ことりちゃん…」

真姫「ことり…っ!」

真姫「凛!目を覚ましなさい!仲間がやられたのよ!」ガッ

凛「…っ」
90: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 17:45:42.03 ID:04kIRW6d.net
ツバサ「西木野さん、その子はただの人形よ」

ツバサ「いくら呼びかけようと…」

凛「…」バッ

真姫「私は信じてるわ…凛は…」

真姫「凛は仲間を傷付けるような子じゃない!」

ツバサ「まったく…」

ツバサ「…いいわ。星空さん、見せてあげなさい」

凛「…」スッ

ドクン…
ドクン…

真姫「なによ…それ…?」

ツバサ「人工ラブカストーン…彼女の魂は、もう存在しないのよ」

真姫「命を弄ぶなんて…許せない!!」
91: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 17:48:15.06 ID:04kIRW6d.net
真姫「凛…!思い出して!」

凛「…」

真姫「私達9人は泣いて…笑って…」

凛「…」

真姫「いつまでも一緒にいようって約束したのよ!」

凛「…」

ツバサ「気は済んだかしら?星空さん、終わらせなさい」

凛「…」ゴゴゴ

真姫「…っ!!」
92: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 17:52:34.31 ID:04kIRW6d.net
凛「…ぁ…ぐ…」ピタッ

真姫(動きが止まった!?)

凛「ゃ…だ…」グググ

真姫(凛…やっぱりまだ人の心が残ってるのね)

真姫「それなら…!」ダッ

凛「…ぅ」グググ

ツバサ「何してるの?早くその子を殺しなさい」

凛「…ぁ…うぁー!!」グググ

凛「?!」

真姫「やっと懐に入れたわ」

真姫「凛…帰ってきなさい」ピトッ

ドクン!ドクン!

凛「あぁぐぁぁ!!!」ドクンドクン

ツバサ「あれは…ラブカストーン?!」

真姫「そう…にこちゃんが私にくれた…ラブカストーンよ」
93: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 17:56:49.10 ID:04kIRW6d.net
ドゴオォォン!!!

ツバサ「…なんて子なの」

ツバサ「ラブカストーンで魂を強引に呼び戻すなんて…」

凛「真姫ちゃ…ん…ごめんね…」ぐったり

真姫「いいのよ…おかえりなさい、凛」ぎゅっ

うぉぉぉぉ!!!!

真姫「?!」

ツバサ「会場も盛り上がってきたみたい」

ツバサ「じゃあ始めましょうか…μ'sの公開処刑ショーを…」シュン

凛「真姫ちゃん!危ない!」バッ
94: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 18:01:13.39 ID:04kIRW6d.net
ドスッ

凛「…ぅ」

真姫「凛!!」

凛「あは…は…真姫ちゃん…」

凛「痛いにゃあ…」ドサッ

真姫「ちょっと!起きなさい!凛!」

ツバサ「残念ね…せっかく戻って来れたのにすぐに逝くなんて」

ツバサ「星空さんを2回も死なせたのはあなたのせいよ?西木野さん」

真姫「う…」

凛「真姫ちゃん…気にしないで…」

凛「凛、心を取り戻せてよかったよ…」

凛「満足…にゃ…」

凛「」

真姫「そんな…」
95: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 18:09:17.14 ID:04kIRW6d.net
真姫「よくも!よくもっ!!」

ツバサ「素敵よ…怒りの感情がヒシヒシと伝わってくるわ」

ツバサ「それでこそあなたは輝いてる」

真姫「…黙りなさい」

ツバサ「5秒あげるわ…私を殺しに来なさい」

真姫「言われずとも!!」バッ

5

真姫「みんな…みんな…必死に生きてきたのよ!」バゴォ

4

真姫「それを…こうも簡単に…!」バゴォ

3

真姫「あんたのような人間がいるから…争いは無くならないのよ!」バゴォ

2

真姫「争いを産む源…生かしてはおけない!!」バゴォ

1

真姫「ここからいなくなれぇーっ!!」パリーン←ヘルメットのバイザーが割れる音

0

ツバサ「時間切れよ」
99: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 22:46:25.36 ID:04kIRW6d.net
真姫「…っぐ!」ガクッ

穂乃果「真姫ちゃん!!」

ツバサ「力を使い果たしたみたいね…ガッカリだわ」

ツバサ「死になさい…あなたでは前菜にもならなかったわ…」スッ



にこ『あんたに矢澤家に代々伝わる戦いの必勝法を教えてあげるわ』

真姫『何よそれ…そんなことより練習…』

にこ『もう!真面目に聞きなさいよ!』プンスカ



真姫(今ならにこちゃんの言ってたことがわかる…)

矢澤『必勝法…それは…』

ツバサ「さようなら!」バシュ

にこ真姫『相手の心に傷痕を残す』!!

ヒュン

ツバサ「…!!」シュパッ…

真姫「ふふ…お似合いよ…」ニヤッ

ツバサ「よくも…」

ツバサ「よくも私の顔に傷を付けてくれたなぁぁぁ!!!!」ドゴオォォン

真姫「か…はっ…」

真姫(穂乃果…後はあなたに託すわ…)

真姫(必ず…ツバサを倒して…)ドサッ

真姫「」

ツバサ「あぁぁぁぁ!!!」ドゴッドゴッ

ツバサ「うわああぁ!!」ドゴッドゴッ

真姫「」

スタッフ「ツバサさん!それ以上やるとラブカストーンが回収出来なくなります!」

ツバサ「うるざぃぃ!!!」バゴォ

スタッフ「ぐぉあ!?」ドグシャァ

ツバサ「これで勝ったつもりがぁ…!μ's!!」ハァハァ
101: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 22:52:42.78 ID:04kIRW6d.net
ツバサ「ハァハァ…」

ツバサ「ふぅ…取り乱してしまったわね」

ツバサ「アライズは常に勝者…絶対的に君臨するということを思い出したわ」

ツバサ「さぁ…穂乃果さん。あとはあなた1人よ」

ツバサ「最高のステージを用意してあげたの…あなたの最後の命の輝きを見せて欲しいわ」

穂乃果「なんで…」

ツバサ「ん?」

穂乃果「なんで…こんなことを!!!」ガキィン!

ツバサ「へぇ…拘束具を破壊するとは…」

穂乃果「絶対に…許さない!」ゴゴゴ

ツバサ「ラブカストーンは…あと1つで全て揃うわ」
102: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 23:01:26.63 ID:04kIRW6d.net
ツバサ「さすがはμ'sのリーダーね…」

穂乃果「うぁぁ!!!」ドンッ

ツバサ「でも…戦い方はまるで雑」

ツバサ「感情をぶつけているだけじゃない」

穂乃果「あぁぁ!!!」

ツバサ「美しくないわ」フォン

穂乃果(これは…!)

ツバサ「そう…南ことりさんの『鷹の目』よ」

ツバサ「そして…!」

信者「ツバサ〜」わらわら

信者「ツバサ〜」わらわら

穂乃果「?!」

ツバサ「西木野真姫…不服だけどもうこの力は私のものよ」

穂乃果「離してっ!」ジタバタ

信者「ツバサ〜」ガシッ

ツバサ「トドメは…あなたの最高の親友の力よ」シュオオオ
103: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 23:08:07.28 ID:04kIRW6d.net
ツバサ「ラブアロー…」シュオオオ

穂乃果(みんな…)

ツバサ「シュートっ!!!」チュドオオオオン

レポーター「なんでしょうか!?今、アライズのライブが行われているUTX高校屋上で爆発がありました!!」

ゴォォ

穂乃果「…」ドサッ

ツバサ「これで…ラブカストーンが揃うわ」スッ

穂乃果(ここまで…か…)ぐったり

海未『何をしているんですか!?』
106: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 23:13:41.10 ID:04kIRW6d.net
穂乃果「海未…ちゃん?」

絵里『ここまで頑張ってきたのよ。あなたならまだ行けるわ』

希『もっと…先へ』

穂乃果「絵里ちゃん…希ちゃん…」

凛『だって穂乃果ちゃんには…』

花陽『私達みんなの想いが詰まってる』

穂乃果「凛ちゃん…花陽ちゃん…」

にこ『こんなとこで立ち止まってる場合じゃないわよ』

真姫『そうよ…せっかく出逢えた仲間なんだから』

穂乃果「にこちゃん…真姫ちゃん…」

ことり『だから…行こう!μ'sのみんなで、もっと…もっと先に!』

穂乃果「ことりちゃん…」

穂乃果「みんな…みんな側にいてくれるんだね」
107: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 23:18:49.56 ID:04kIRW6d.net
穂乃果「うぁぁぁ!!!」ォォォォ!!!

ツバサ「どういうこと…?」

ツバサ「あなたにはもう立ち上がる力すら無いはず…」

穂乃果「あるよ…だって穂乃果には…」

穂乃果「μ'sの…みんなが一緒にいる!」

らららーらー
らららーらー
※SUNNY DAY SONGのアレ

ツバサ「な…?!歌が…聴こえる?!」タジッ

穂乃果(暖かい…とってもぽかぽかする…)

穂乃果「行こう!みんな!!」バッ
111: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 23:26:58.42 ID:04kIRW6d.net
ツバサ「たかが素人のお遊び…王者である私が引き下がる必要は…ない!」

穂乃果「…」ゴゴゴ

ツバサ(くっ…何なの…?このプレッシャーは…)

穂乃果「もうアライズのステージは終わり…アンコールはないよ」トンッ

ツバサ(い…いつの間に私の目の前に?!)

カッ

ツバサ「な…?!」

チュドオオオオン

レポーター「またしても爆発?!いえ…一筋の光が…UTX高校から放たれていきます!」

ツバサ「な…なんて力なの…」ゴォォ

ツバサ「このままでは…吹き飛ばされ…」

ツバサ「こんなものぉ!!!認められるかぁぁ!!!」ゴォォ

ボゴォォン!!

ツバサ「」

穂乃果「返してもらうよ…みんなの命…」
114: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 23:32:46.26 ID:04kIRW6d.net
穂乃果「こんな石ころの為に…」

穂乃果「神様…お願いします…みんなを返して…」

ピカァァ

穂乃果「えっ…ラブカストーンが…身体の中に…」



その願い…聞き入れた


穂乃果「誰?!」

海未「穂乃果!!」

穂乃果「海未ちゃん!?どうして!?」

ことり「穂乃果ちゃんが私達を生き返らせてくれたんだよ!」

希「ラブカストーンには願いを叶える力がある…本当やったみたいやね」

にこ「ふぅ…まさかあの世から帰ってこれるなんて」

真姫「さすが穂乃果ね」

凛「にゃあ!これでまたみんな一緒だよ!」

花陽「もう…凛ちゃんったら」

絵里「すべてあなたのおかげよ…穂乃果」
116: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 23:36:30.43 ID:04kIRW6d.net
…μ's!

μ's!!

ことり「なんかコールされてる…」

にこ「こんな奇跡を見せられて…普通でいられるわけないわ」

穂乃果「よし!歌おう!!」

真姫「ゔぇ?!本気?!」

穂乃果「もちろん!みんながまた逢えた…この気持ちを歌にしてみんなに伝えよう!」

海未「もう…しょうがないですね」フフ

穂乃果「行くよーっ!μ's…」

全員「ミュージックスタート!!」
118: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/05/21(土) 23:38:36.33 ID:04kIRW6d.net
理事長「そう…ツバサは失敗したのね」

理事長「問題ないわ…私は次の駒を見つけるだけ」

理事長「今はただ…楽しみなさい」

理事長「穂乃果ちゃん…」

ピカッ
ゴロゴロ




スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『ツバサ「へぇ…これがあなたのラブカストーンね」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。