希「エリちは夜が激しすぎるんよ…」

シェアする

希-アイキャッチ20
1: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 00:43:53.85 ID:EyzRZj9ro
書き溜めがあるので一気に最後まで投下します

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1409845423

元スレ: 希「エリちは夜が激しすぎるんよ…」

スポンサーリンク
2: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 00:44:43.55 ID:EyzRZj9ro
穂乃果「あれっ」

穂乃果「希ちゃん、首のとこ赤くなってるよ」

希「へ?」

希「あ、ああ……虫にでも刺されたんかな?」

穂乃果「そっか、最近蚊とか多いもんね」

海未「屋外で練習している以上仕方ありませんね……」

海未「虫さされの薬、貸しましょうか?」

希「う、うん、海未ちゃんありがとうね」

海未「いえ、どういたしまして」


ことり(ア、アレって、絶対キスマークだよね)

にこ(つけたのはアイツだろうけど、何考えてるのよ……)
3: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 00:45:25.56 ID:EyzRZj9ro
希(全然気づかんかったわ)

希(こんな目立つところに……エリちのアホ)

にこ「アンタね、少しは気をつけなさいよ」

希「あ、にこっち……」

にこ「私達も一応アイドルなのよ?」

にこ「こういうことが表に出るとマズイでしょ」

希「も、もしかして気づいた?」

にこ「当たり前でしょ……」

にこ「アレで解らないのなんて、穂乃果や海未くらいよ」

希「うぅ……恥ずかしくて死んでしまいそうや……」

にこ「とにかく、気をつけなさい」

希「はい……」
4: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 00:46:23.11 ID:EyzRZj9ro
――翌日


凛「あ、希ちゃんと絵里ちゃんだー!!」

凛「おっはよー」ダキッ

絵里「ちょ、ちょっと凛!!」

花陽「お、おはよう……」

真姫「り、凛……走るの……早すぎよ……」

希「二人も大変やね」クスクス

凛「あれっ?」

凛「絵里ちゃん、希ちゃんと同じ匂いがするにゃー」
5: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 00:47:35.92 ID:EyzRZj9ro
絵里「ああ、それは昨日希の家に――」ムグッ

希「ア、アハハ……エリちにお気に入りのシャンプー教えてあげたんよ」

希「だからじゃないかな?」

真姫「同じのを使ってるの?」

絵里「そ、そうよ!すごくいいの!」

真姫「へぇ……私も教えてもらおうかしら」

絵里「い、いいわよ」

花陽(絵里ちゃん昨日希ちゃんのお家に泊まったんだ……////)
6: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 00:48:34.34 ID:EyzRZj9ro
―――生徒会室


希「今朝は危なかったなぁ」

希「エリちも、もうちょっと気をつけなアカンよ?」

絵里「ご、ごめんなさい」

希「卒業するまではウチらの関係は秘密にしておこうって決めたやん」

絵里「そうね」

絵里「でもね、時々自慢の可愛い彼女をみんなに自慢したくなるのよ?」

希「な……か、可愛いって……何言ってるん……////」

絵里「照れてるの? ふふっ…可愛い」チュッ
7: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 00:49:46.05 ID:EyzRZj9ro
…っ……んっ…ちゅ……

希「ダメやって……エリち……ここ、学校…だから」

絵里「……この時間は誰も来ないから大丈夫よ」

絵里「それに、あんな可愛い希見せられたら我慢できないわ」

希「ちょ、ちょっとどこ触ってるん!?」

希「ここではダメだって言ってるやん……」

絵里「ここじゃなければいいの?」

希「え……?」

希(し、しまった……)

希「うぅ……仕方ないなぁ」

絵里「ほんとに?」

絵里「よし、さっさと仕事終わらせるわよ!」

希(ウチ、エリちに甘すぎるんかな……?)
10: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 00:52:44.72 ID:EyzRZj9ro
―――部室、別の日


希「すぅ…すぅ……」

海未「希?」

希「ん……あ、海未ちゃんか」

海未「寝不足ですか?」

希「う、うん……そんなとこやね」

海未「最近、練習もハードですから……」

海未「3年生は勉強も大切なのは解りますが、ちゃんと休まないとダメですよ?」

希「そうやね……」
11: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 00:53:21.31 ID:EyzRZj9ro
希(寝不足の原因は勉強じゃないんよ……)

希(海未ちゃんごめん)

絵里「みんな揃ってる?今日も張り切って行くわよ!」

海未「絵里は元気そうですね」

絵里「?」

希(むしろエリちは何であんなに元気なん!?)
13: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 00:54:53.39 ID:EyzRZj9ro
――休憩中

希(流石にほぼ徹夜からの練習はキツイなぁ……)

にこ「眠そうね」

希「そ、そう?」

にこ「いい?アイドルたるもの美容にはいつも気を使わないとだめなの」

にこ「寝不足はお肌の天敵なんだから、ちゃんと休みなさいよ?」

にこ「あんたいつも他人のことばっかり気にしてるけど、たまには自分のことも気にしなさい」

希「……」

希「わしわし~~」
14: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 00:55:19.28 ID:EyzRZj9ro
にこ「いきなり何すんのよ!!」

希「んー……?にこっちが心配してくれて嬉しかったから?」

にこ「はぁ!?意味分かんないわよ!」

にこ「あれ、あんたリストバンドなんてしてたっけ?」

希「へ?」

希「あ、あー……なんとなくそんな気分っていうか……」

にこ「へぇ、ちょっと見せなさいよ」
15: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 00:57:01.34 ID:EyzRZj9ro
希「あ!ダメやって!」

にこ(え……? 何、この痕)

希「あちゃー……」

にこ「ねぇ希」

にこ「もし、悩みとかあるなら相談に乗るわよ?」

希「え、そ、そんなん無いよ」

にこ「にこじゃ頼りにならないってこと!?」

希「そんなことないけど……」

にこ「じゃあ、何よ」

希「はぁ…ちゃんと話すから……でも、ここはマズイんよ」

希「練習終わったら、話せるとこ行こ?」

にこ「……解ったわ」
16: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 00:57:58.33 ID:EyzRZj9ro
――練習後

絵里「希、帰りましょう?」

希「今日は神田明神さん行く日やから……」

絵里「えっ、そうなの……」

希「ごめんなぁ、今度埋め合わせはするから」

絵里「ふふっ、期待してるわ」



にこ「何であんな嘘ついたのよ」

希「にこっちと二人で出掛けるなんて言ったら、エリち嫉妬するやん」

にこ「あいつ、意外に嫉妬深いのね……」
17: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 00:58:37.34 ID:EyzRZj9ro
―――――――
――――
――

にこ「ねぇ、どういうことなの?」

にこ「寝不足も最近ずっとみたいだし」

希「それなんやけど、少し話しづらいっていうか…」

にこ「何よ、ここまで来て勿体つけるんじゃないわよ」

希「その……」

希「エリちは夜が激しすぎるんよ」

にこ「……」

にこ「はぁ!?」
18: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 00:59:55.10 ID:EyzRZj9ro
にこ「それじゃ、あの痕は?」

希「エリちがそういうのもしてみたいって言うから……」

希「でも、強く縛りすぎたみたいで……痕が残ったみたいやね」

にこ「」

にこ「心配して損したわ……」

にこ「帰っていいかしら」

希「あっ!見捨てんといて~」

にこ「知らないわよ!この変態!」

希「にこっち、酷い」

希「あ、そうや!今度奢るから、ね?」

にこ「……」

にこ(これ以上この話聞かされるのは嫌だけど、奢りは魅力的ね)

にこ(希には借りもあるし、聞いてやってもいいかも)
19: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 01:00:44.94 ID:EyzRZj9ro
にこ「し、仕方ないわね」

希「流石、宇宙No1アイドル矢澤にこや!」

にこ「さっさと続き話しなさいよ!」イラッ

希「エリちもお年頃やし、そういうことに興味があるのも仕方ないと思うんやけど」

希「でも、ちょっとお盛ん過ぎるっていうか……」

希「こないだも生徒会室で求められて、危ない所やったし」

にこ「あんた達、そんなことしてたの……」

にこ「会長、副会長が自ら学校の風紀を乱してるじゃない」
21: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 01:01:29.09 ID:EyzRZj9ro
希「ウチだってエリちに求められるのは嫌じゃないんよ?」

希「それだけエリちに愛されてるってことやし……」

にこ「あーはいはい、ノロケはお腹いっぱいよ」

希「でも、このままやとウチの身体も保たんし、どうしたらええんやろ」

にこ「知らないわよ……」

にこ「あの発情ロシアを去勢でもすれば?」

希「そんな、犬や猫じゃないんやから……」

にこ「じゃあ別れたら?」

希「そ、それは嫌!ウチだってエリちのこと大好きやし、このままエリちとの関係が終わるなんて嫌や!」

にこ「あーもう!面倒くさいわねー」

にこ「絵里と話し合いなさいよ……禁欲期間でも作ればいいんじゃないの?」

希「そうやね……にこっち、ありがとう!」
22: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 01:02:52.72 ID:EyzRZj9ro
にこ「はぁ……ほんと世話が焼けるわねー」

希「いつもこんな愚痴聞いてくれてホンマに感謝してるんよ?」

希「ウチ、にこっちのことも大好きやし!」

にこ「は、はぁ!?何言ってんのよ……////」

希「あ、照れた―」

希「ねぇ、にこっちは真姫ちゃんとはそういうことないん?」

にこ「無いに決まってるでしょ」

希「もしかして、まだ……なん?」

にこ「うっ……」

にこ「うっさいわねぇ!あんた達と違って、真姫とは清純なお付き合いしてるの!」

希「にこっちも案外ヘタレやからなぁ……」

希「歳上なんやし、最初はリードしてあげなきゃあかんよ?」

にこ「わ、わかったわよ……」
23: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 01:03:32.33 ID:EyzRZj9ro
――部室

絵里「あ、にこ……」

にこ「あんただけ?珍しいわね」

絵里「ええ……希は職員室に用事があるとかで、後から来るわ」

にこ(今部室にいるのは絵里とにこだけ……)

にこ(希にはあの後焼き肉奢ってもらったし、少しくらい助けてやってもいいかも)

にこ「……あんた希とはうまくいってるの?」

絵里「え?何よ突然に……」

絵里「うまくいっているわよ?」

にこ「そう、ならいいけど」

にこ「彼女は大事にしなさいよ」
24: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 01:04:22.70 ID:EyzRZj9ro
絵里「……引っかかる言い方するわね」

絵里「私は誰よりも希を大切にしているわ」

絵里「この前二人で遊びに行った時だって―――」

―――――――
――――
――

絵里「でね、希が――」

にこ(このノロケ話いつまで続くんだろ……)

絵里「可愛くてつい―――」

にこ(絵里ってこんなにしゃべる奴だったっけ……?)

絵里「……にこ、聞いてる?」

にこ「あーはいはい、もうノロケは聞き飽きたわ」

にこ「この前、希と出掛けた時だって、あいつが延々とあんたの話をするから……」

絵里「ちょっと待って……にこ、希と出掛けたの?」

にこ(あ……しまった)
25: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 01:05:04.16 ID:EyzRZj9ro
絵里「ど、どういうこと!?」

絵里「ねぇ、にこ……希を横取りなんて、絶対に許さないわよ?」

にこ(怖っ!? 絵里が嫉妬深いっていうのほんとみたいね)

にこ「そんなことしないわよ!」

絵里「ならいいけど……」

にこ(はぁ……結局本題に入れなかったじゃない)

にこ(ちょっとだけ希に同情するわ……)
26: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 01:05:52.33 ID:EyzRZj9ro
――数日後、部室


穂乃果「―――だから、絶対ケンカだよ!」

海未「あの二人が喧嘩するなんて、想像出来ませんが……」

ことり「うーん……いつもすっごく仲いいもんね」

ことり(というかあれは絶対付き合ってるよね)

穂乃果「でも、やっぱり変だよ!」

海未「確かに……練習中もどこか上の空ですね」
27: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 01:07:08.78 ID:EyzRZj9ro
穂乃果「あ、そうだ!喧嘩の原因をどっちかに聞いてみようよ」

穂乃果「原因が解れば穂乃果達にも出来ることがあるかもしれないじゃん!」

ことり「え、えっと……私達には話せない事情があるんじゃないかな?」

ことり(一応、あの二人も付き合ってること隠してるつもりみたいだし……)

海未「……ことりの言う通りかもしれませんね」

海未「絵里や希が何も言わないということはそれなりの理由があるのでしょう」

海未「少し様子を見ましょう。穂乃果もそれでいいですね」

穂乃果「うん……でも、やっぱり心配だよ~」
28: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 01:08:58.48 ID:EyzRZj9ro
にこ「あんた最近、絵里と一緒に居ないけど、なんかあったの?」

希「……別になんもないよ?」

にこ「暑苦しいくらいベタベタしてたじゃない」

希「もう、エリちなんて知らんもん」

希「あ、今日はちょっと人と会う約束してるんよ」

希「ウチもう行くね」

にこ「ちょ、ちょっと待ちなさいよ!」


絵里「……ねぇにこ」

にこ「うわぁっ!?」

にこ「あんたどこから出てきたのよ」

絵里「ちょっと、相談があるんだけど……」
29: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 01:10:31.73 ID:EyzRZj9ro
にこ「で?相談って?」

にこ「どうせ、希のことでしょ」

絵里「なんで解ったの!?」

にこ「あんたがにこに相談することなんてそれくらいでしょ」

絵里「……そうね、その通りよ」

絵里「希と喧嘩したの」

絵里「ここ一週間口も聞いてくれないのよ?」

にこ(やっぱり喧嘩してたのね……)
30: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 01:13:16.51 ID:EyzRZj9ro
絵里「いつもは『エリち、おはようー』って抱きついてくるのに……」

絵里「お昼もいつもは『あーん』って食べさせてくれるのに、今日は昼休みになった途端どこかに行っちゃうし」

絵里「はぁ……」

にこ(なんで、またノロケ聞かなきゃいけないのよ……)

にこ「希がそんなに怒るなんて、あんた何したわけ?」

絵里「そうね……なんとなく予想はついてるわ」
31: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 01:13:55.17 ID:EyzRZj9ro
絵里「先週末、希の家でお泊りしたんだけど」

絵里「その……夜にね……?」

にこ(嫌な予感が……)

絵里「いつも同じだとマンネリかなって思って」

絵里「希のいつもとは違う方の穴に……」

にこ「……」

にこ「は、はぁ!?」
32: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 01:14:29.01 ID:EyzRZj9ro
絵里「シてる最中は希も悦んでくれたのよ?」

絵里「でも後でメチャクチャ怒られたわ……」

にこ「そりゃ怒るわよ!そ…そんな……う、後ろのなんて……////」

にこ「ありえないわ」

絵里「ええ、希も『あんな……お尻なんて……ありえへん!エリちのアホ!変態!』って怒っていたわ……」

絵里「でもね、怒ってる希も可愛いの!」

にこ「」
35: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 01:24:11.01 ID:EyzRZj9ro
絵里「やっぱり、希が怒ってるのって……これよね?」

にこ「当たり前でしょ!」

絵里「うぅ……そうよね……」

絵里「ねぇ、にこ……ど、どうしたらいいと思う?」

にこ「知らないわよ!」

絵里「そんな……」

絵里「希と今までケンカとかしたこと無くて……もう私達終わりなのかしら」

にこ「ああ、もう!あんたも面倒くさいわね!」
36: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 01:24:56.26 ID:EyzRZj9ro
にこ「さっさと謝んなさいよ」

絵里「それは解ってるんだけど……希、口きいてくれないし」

にこ「……」イラッ

にこ「今からあいつの部屋行って来なさいよ!どうせもう帰ってきてるわよ」

絵里「そうね……その方がいいわね」

にこ(もう、こいつらの相談は勘弁して欲しいわ……)

絵里「にこ、ありがとう」

にこ「……後で奢りなさいよ」
37: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 01:25:54.67 ID:EyzRZj9ro
―――希の部屋


希「真姫ちゃん、紅茶でいい?」

真姫「……うん、ありがと」

真姫「……」

希「……にこっちと何かあったん?」

真姫「別に……大したことじゃないわ」
38: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 01:26:58.60 ID:EyzRZj9ro
希「ウチでよければ聞くよ?可愛い後輩がこうして頼ってくれたんやし」

真姫「……」

真姫「ねぇ……希はエリーと手を繋いだりするの?」

希「へ?」

希「ま、まぁそうやね」

希(この前なんてエリちにもっとすごいことされたし……)

希(思い出したら腹立ってきたわ……エリちのアホ)
39: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 01:27:35.70 ID:EyzRZj9ro
真姫「そう……」

希「え……真姫ちゃんとにこっちってもしかして……」

真姫「て、手くらい繋いだことあるわよ!!」

真姫「……でも、いつもにこちゃんの方からだから」

希「自分から手を繋ぎたいってことやね」ニヤニヤ

真姫「そ、そうよ!悪い!?」

希「全然悪くないよ?好きな人と手を繋ぎたい思うんは当然やんなぁ」

真姫「……こんなこと希にしか相談出来ないから」
40: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 01:28:57.88 ID:EyzRZj9ro
希「真姫ちゃん……!」ギュー

真姫「ちょっと……希!!」

真姫「なんなのよ!もう!」

希「もう!真姫ちゃん可愛すぎやん!」

希(恋人と手を繋ぐだけでこんな必死になっちゃって)

希(ほんまにかわええなぁ……)

希(どっかの発情変態ロシアとは大違いやね!)

希「真姫ちゃん、ここはお姉さんに任せとき!にこっちなんてイチコロや」
41: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 01:30:27.15 ID:EyzRZj9ro
ピンポーン


希「あれ、誰やろ?」

希「ウチ、出てくるからちょっと待っててな」

真姫「わかったわ」


希「はーい」ガチャ

絵里「あ、希……」

希「!?」

希「エリち……急にどうしたん?」

絵里「……少し話したいことがあるの、中に入ってもいいかしら」

希「……ええよ」

絵里「ありがとう」
43: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 01:31:31.59 ID:EyzRZj9ro
絵里「じゃあ、お邪魔するわね」

真姫「希?何かあっ……」

絵里「え!?」

絵里「な、何で真姫が希の部屋に……」

希「あー…それは、真姫ちゃんに――」 

絵里「ねぇ、希…これどういうこと!?」

真姫「ち、ちがうのよ、絵里……希はね」

絵里「ちょっと真姫は黙ってて」
44: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 01:33:02.25 ID:EyzRZj9ro
希「エリち、落ち着こ?」

絵里「……」

希「真姫ちゃん、ごめん」

希「ウチ、エリちと話しないとあかんから、今日は……」

真姫「わかった……その、ごめんなさい」

希「なんで真姫ちゃんが謝るん?」

真姫「だって、私のせいで」

希「真姫ちゃんのせいやないよ、これはウチとエリちの問題やから」

希「また明日ね」

真姫「ええ……」
45: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 01:34:03.58 ID:EyzRZj9ro
希「……エリち、あんな言い方は無いんやない?」

希「真姫ちゃん怯えてたよ」

絵里「だって……希が真姫を部屋に連れ込んだりするから」

希「だから、それは真姫ちゃんから相談を受けたからやって」

絵里「本当に?にことも出掛けたんでしょう」

絵里「……希の浮気者」

希「な…違うっていってるやん!」
46: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 01:35:16.41 ID:EyzRZj9ro
希「だいたい、エリちだっていつも可愛い後輩にラブレター貰いまくってるし」

希「穂乃果ちゃんや凛ちゃんに抱きつかれて、鼻の下伸ばしてるくせに」

絵里「伸ばしてないわよ!」

絵里「私のこと嫌いになったなら、にこや真姫と付き合えばいいじゃない!」

希「何言ってるん!?」

希「エリちの方こそ、エッチなこと出来ればウチじゃなくてもいいんやない?」

絵里「……そんなわけないでしょ!」
47: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 01:37:36.61 ID:EyzRZj9ro
希「どうだか…エリちいっつもウチにエッチな事ばっかりしてくるやん」

希「ウチらの関係だって…卒業するまでは秘密にしようって二人で決めたのに!」

絵里「な、何よ……嫌なら嫌って言えば良かったじゃない」

希「そんなん…言えるわけ無いやん」

絵里「また、そうやって……」

絵里「なんでいつも本心を言ってくれないの!?」

絵里「私や真姫には素直になれって言うくせに、自分が一番素直じゃなくて頑固じゃない」

希「だって…ずっと好きで…やっと恋人になれて…エリちには絶対嫌われたくなかったもん」

希「……エリちのばか!」

絵里「私があなたのこと嫌うわけないでしょ!」

絵里「馬鹿っていうほうが馬鹿なのよ!バカ希!」
49: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 01:39:40.74 ID:EyzRZj9ro
希「…っぷ…ふふっ」

絵里「な、なにがおかしいのよ…」

希「あはは、なんか小学生みたいなケンカやなって」

絵里「……ふふ、ほんとね」

希「でも、なんか言いたいこと言ったからスッキリしたわ」

絵里「そうね……お互い言えないことが溜まりすぎてたのかもね」

希「エリち、ごめんね」
50: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 01:40:18.14 ID:EyzRZj9ro
希「ウチ、酷いことたくさん言ってしもた」

絵里「別に……気にしてないわ」

絵里「むしろ、私の方こそ…本当はこの前のこと謝りに来たのよ」

絵里「私、希の気持ちも考えずにやり過ぎてたと思うから……ごめんなさい」

希「そんなこと…もう怒ってへんよ」

希「エリちがあんな変態さんやなんて思わんかったから驚いただけやし?」

絵里「なっ……悪かったわよ」
51: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 01:42:31.26 ID:EyzRZj9ro
希「……ちゅーしてくれたら…許す」

絵里「ふふっ…何それ」

絵里「しょうがないわね」チュッ

ん……っ……ちゅ……

希「んっ…」

絵里「あ、ごめん……嫌だった?」

希「……ううん、そんなこと…ない」

希「さっきはああ言ったけど、好きな人に…エリちに触られて嫌なわけないやん……」

絵里「ハラショー…」

希「ちょ、ちょっと……待って…」

絵里「待てないわ」
52: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 01:43:12.92 ID:EyzRZj9ro


チュンチュン(・8・)






絵里「希……?」

希「……」

絵里「希さーん?」

絵里(し、しまった……)

絵里(ここ最近ずっとお預けだったからついやり過ぎてしまったわ)

絵里「……怒ってる?」

希「エリちのアホ―――――!!」




おしまい
56: ◆f4W/7LcliVIU 2014/09/05(金) 02:01:24.91 ID:EyzRZj9ro
えりちってロシアンパワーで夜は凄そうだよねっておもいました

次はことほのうみかBiBiのぞ書きたい

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
希「エリちは夜が激しすぎるんよ…」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『希「エリちは夜が激しすぎるんよ…」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。