穂乃果「あー凛ちゃんのナカ、すっごく締まって気持ちいいよ」パンパン 凛「ぅあ…っ」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ4
dt >23: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 15:24:18.97 ID:B9fbARrP.net
穂乃果「あー、今日も疲れたー!」ボフッ←ベッドにダイブ

穂乃果「最近、デュオ曲の練習始まったけど、凛ちゃん可愛いなぁ…」ゴロゴロ

穂乃果「もぉ…襲っちゃいたいよぉ…」マクラギュッ

穂乃果「ん、なんかお股の辺りがムズムズする…」モゾモゾ

穂乃果「ってなにこれ!?なんかある!?」オチンチーン

穂乃果「………」

穂乃果「ま、いっか♪」

元スレ: 穂乃果「あー凛ちゃんのナカ、すっごく締まって気持ちいいよ」パンパン 凛「ぅあ…っ」

スポンサーリンク
23: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 15:24:18.97 ID:B9fbARrP.net
穂乃果「あー、今日も疲れたー!」ボフッ←ベッドにダイブ

穂乃果「最近、デュオ曲の練習始まったけど、凛ちゃん可愛いなぁ…」ゴロゴロ

穂乃果「もぉ…襲っちゃいたいよぉ…」マクラギュッ

穂乃果「ん、なんかお股の辺りがムズムズする…」モゾモゾ

穂乃果「ってなにこれ!?なんかある!?」オチンチーン

穂乃果「………」

穂乃果「ま、いっか♪」
24: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 15:25:11.62 ID:B9fbARrP.net
翌日

凛「今日も穂乃果ちゃんと二人っきりで練習にゃー!凛嬉しい!」

穂乃果(ふふっ、可愛い事言ってくれるなぁ…。興奮しちゃうよ、もう…)ムクムクムクッ…

穂乃果(あ、おっきくなってる)

凛「?」キョトン

凛「どうしたの?穂乃果ちゃん?」

穂乃果「ううん、なんでもないよ」ブンブン

穂乃果「それより凛ちゃんさ、穂乃果、気になってる事があるんだけど…」

凛「ん?なになにー?」

穂乃果「凛ちゃんって、オナニー、した事ある?」
25: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 15:26:40.35 ID:B9fbARrP.net
凛「………なッ!?」カアァァァッ///

凛「ななな何を言うにゃ、いきなり!?///」

穂乃果「え?だって気になったから。で、あるの?」

凛「………そりゃあ、凛だって、一応お年頃だし…///」

穂乃果「へー、あるんだー」ニヤニヤ

凛「で、でも!一回しかシた事ないんだよ!その時だって怖くて結局最後までイけてないし!」

穂乃果「でも…シたんだよね?」ニヤニヤ

凛「………うぅ…///」

穂乃果「ちなみに、誰を思ってシたの?」

凛「な、なんでそんなこと穂乃果ちゃんに…<穂乃果「誰?」

凛(ぅ…今日の穂乃果ちゃんには敵わないにゃ…)
26: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 15:27:25.89 ID:B9fbARrP.net
凛「か、かよちんだよ…///」

穂乃果「そっか!じゃあ凛ちゃんも女の子が好きなんだね!」パァッ

穂乃果「じゃあさ、凛ちゃん」









穂乃果「穂乃果の前で、シてみてよ」

凛「え?」
27: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 15:28:32.23 ID:B9fbARrP.net
穂乃果「だから!穂乃果の前でオナニーしてって言ってるの!」

凛「い、嫌だよそんなの!」

穂乃果「穂乃果が見てるんだよ!?興奮するでしょ!?」

凛「そんな事ないにゃ!」

穂乃果「へ~、じゃあ花陽ちゃんに言っちゃおっかなぁ~。『凛ちゃんが、花陽ちゃんで、オナニーしてた』って」ニヤニヤ

凛「………やるにゃ…」
28: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 15:29:35.74 ID:B9fbARrP.net
穂乃果「やった!じゃあ脱いで!」

凛「………///」スルッ

穂乃果「ふふ…可愛いパンツだね」

穂乃果「でも、その下は…」

凛「………///」スルスル

穂乃果「ほら、もっと可愛い」

凛「………うぅ…///」

穂乃果「まだ毛は薄いんだね」

凛「あんまり見ないで欲しいにゃ…///」

穂乃果「ほら!じゃあ早速始めて!」
29: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 15:30:42.76 ID:B9fbARrP.net
凛「んっ…」クチュ…

凛「………」クチュクチュクチュ

凛「んっ…あっ…にゃ…にゃぁ…」クチュクチュクチュクチュクチュクチュ

穂乃果(凛ちゃんもこんな色っぽい声出すんだ…)

穂乃果(あ…)ボッキーン

穂乃果(ふふ…二人とも準備揃ったし、そろそろ頃合いかな…)

穂乃果「凛ちゃんストップ!」

凛「…え?なんで…?今イきそうだったのに…」

穂乃果「大丈夫!ちゃんと穂乃果がイかせてあげるから!」ボロン

凛「え…穂乃果ちゃん、それって…」

穂乃果「うん!おちんちんだよ!」
30: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 15:31:36.07 ID:B9fbARrP.net
凛「まさか…それ挿れるって言うんじゃ…」

穂乃果「もちろん!挿れるよ!」

凛「そ、そんな!待って!それだけはダメ!」

穂乃果「凛ちゃんこんなに可愛いんだもん、我慢出来るわけないじゃん!」ズンッ

凛「あ"っ…痛ッ…!!」

穂乃果「あぁ…ごめんねぇ…凛ちゃん処女だったかぁ…」

穂乃果「でもこれで…凛ちゃんの初めては穂乃果だね…」ボソッ

凛「う………うぅ…ッ!!」ポロポロ
31: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 15:32:49.97 ID:B9fbARrP.net
穂乃果「ふふっ…可愛いね…凛ちゃん、動くよ…」ヌプ

穂乃果「………」パンッパンッパンッパンッ

凛「あっ…あっ…あっ…あっ…」ポロポロ

穂乃果「どう、凛ちゃん?気持ちいい?」パンッパンッパンッパンッ

凛「こっ…んなっ…のっ…きもちっ…いいわけっ…ないっ…にゃっ…」ポロポロ

穂乃果「ふーん…」ヌププ

穂乃果「…」ズンッ

凛「あ"あ"っ…奥ぅ"ぅ"っ」

穂乃果「気持ちいい?」

凛「…ぅぁ…気持ちいい、です………」ポロポロ
33: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 15:34:01.82 ID:B9fbARrP.net
穂乃果「そっか!それなら良かった良かった♪」

穂乃果「じゃあ、続けるね♪今度はいつもみたいににゃんにゃん鳴いてみてよ!そっちの方が穂乃果もテンション上がるし!」

凛「うん…」

穂乃果「…いくよ?」パンッ

凛「…にゃっ…」

穂乃果「………」パンッパンッパンッ

凛「にゃっ…にゃっ…にゃっ…」ポロポロポロ

穂乃果「いいねぇ、凛ちゃん…可愛いよ…」パンッパンッパンッパンッ

凛「にゃっ…にゃっ…にゃっ…にゃっ…」ポロポロポロポロ
34: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 15:36:15.27 ID:B9fbARrP.net
穂乃果「あっ!出るッ…うっ…」ドピュッ

凛(あ…お腹…あったかい…)

穂乃果「ふぅ…」ピューピュー

凛(まだ…出てる…)

穂乃果「じゃ、抜くね」ヌプププ

凛「待って穂乃果ちゃん…もっとぉ♡」ポロポロ

凛(もう…凛…わけわかんないよ…。嫌なのに…涙は出るのに…、気持ちいいんだもん…)

穂乃果「ふふ…凛ちゃん…やっと乗ってきたね…」

穂乃果「じゃぁ、行くよ?」ズンッ

凛「にゃあっ♡」

凛(ごめんね…かよちん…、初めてはかよちんにあげたかっのに…)
36: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 15:49:49.10 ID:B9fbARrP.net
後日談

穂乃果「あ、凛ちゃん!」

凛「穂乃果ちゃん!」

穂乃果「この間はごめんね?無理やりしちゃって」

凛「い、いいよ、凛も気持ち良かったし…///」

穂乃果「そっか、なら良かった!」

穂乃果「そういえばね、あの後家に帰ったらおちんちん無くなってたの!」

凛「へ、へぇ…」

穂乃果「なんかね、凛ちゃんとヤりたいっていう強い願いがおちんちん生やしちゃったみたい!」

穂乃果「人間、その気になればなんだってできるよ!」

凛「え、えぇ…?」

穂乃果「穂乃果、『凛ちゃんとまたヤりたい』!」

ムクムクムクッ

凛「ひっ…!」

穂乃果「凛ちゃん、ヤろ?」

凛「い、嫌にゃ!」

穂乃果「凛ちゃーーーん!!!」ガバッ

凛「嫌にゃああああああ!!!!!」



めでたしめでたし
38: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 15:54:28.23 ID:L6+NYSU/.net
かよちんが激昂してホノカ犯すルートもキボンヌ
50: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 21:07:44.88 ID:B9fbARrP.net
>>38
穂乃果「さぁ、そろそろ寝よっと」

穂乃果「えーい!」ボフッ←ベッドにダイブ

穂乃果「くかー!くかー!」

夜12時頃

ガチャ

??「………」ソーッ

穂乃果「…うーんむにゃむにゃ、凛ちゃん可愛いよぉ…」

??「………」ギリッ
51: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 21:08:30.00 ID:B9fbARrP.net
??「………」モゾモゾ

??「………」ボロン

??「………」クバァ

穂乃果「…すぅ…すぅ…」

??「………」ヌププ…ズンッ

穂乃果「すぅ…ぅあ"っ痛…ッ!!」

??「ふふ…流石に起きちゃったか…」

穂乃果「な、なに!?誰!?」

??「………誰だと思う?」

穂乃果「この声………」









穂乃果「…花陽ちゃん?」

花陽「正解です♪」
52: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 21:09:50.27 ID:B9fbARrP.net
穂乃果「…何…やってるの…?」

花陽「何って…」ヌプ…ズンッ

穂乃果「んあ"っ…」

花陽「穂乃果ちゃんを…」ヌプ…ズンッ

穂乃果「いやっ…あ"っ…」

花陽「犯してるんですよ…」ヌプ…ズンッ

穂乃果「だめっ…んあ"っ…」

花陽「ふふ…痛い?痛いよね?」

花陽「無理矢理犯される気分はどうですか?」

花陽「凛ちゃんも…」ヌププ…

穂乃果「やめて…」

花陽「こんな気持ちだったんですよ…」ズンッ

穂乃果「んあ"…ッ!!」
53: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 21:11:11.43 ID:B9fbARrP.net
花陽「ほら、穂乃果ちゃん、にゃんにゃん鳴いてみてよ」ヌプ…

穂乃果「や…やだよ…」ポロポロ

花陽「………」バシーンッ!!

穂乃果「…痛ッ!」

花陽「何泣いてるんですか?花陽は鳴けって言ったんですよ?」

穂乃果「…こ、こんなの酷いよ…止めてよ…」ポロポロ

花陽「穂乃果ちゃん、泣いてる凛ちゃんを犯してる時、どんな気分だったんですか?凛ちゃんが泣きながら『止めて』って言って止めました?」

花陽「穂乃果ちゃんの事…凛ちゃんは許したかも知れないですけど…花陽は許しません…」
54: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 21:12:06.08 ID:B9fbARrP.net
穂乃果「………」ポロポロ

穂乃果「…凛ちゃん、最初は嫌がってたけど、最後はちゃんと穂乃果と気持ち良くなってくれてたよ…!?」ポロポロ

花陽「…そんなわけない!凛ちゃんは花陽と付き合ってるんだよ!?穂乃果ちゃんが無理矢理犯したに決まってる!!」

花陽「下らない言い訳なんていらないんで続けますよ…。ちゃんと可愛く鳴いてくださいね…」ヌププ…ズンッ

穂乃果「あ"…ッ!!…にゃっ…」ポロポロ

花陽「………」パンッパンッパンッパンッ

穂乃果「にゃっ…にゃっ…にゃっ…にゃっ…」ポロポロ
55: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 21:13:01.19 ID:B9fbARrP.net
花陽「…あ、良いこと思い付いた」パンッパンッパンッパンッ

穂乃果「にゃっ…にゃっ…にゃっ…にゃっ…」ポロポロ

花陽「………」パンッパンッパンッパンッ

ピポパ…プルルル…

穂乃果「あっ…にゃっ…にゃっ…にゃっ…?」ポロポロ

花陽「ほら、穂乃果ちゃん、今穂乃果ちゃんの携帯から凛ちゃんの携帯にかけたから、私に犯されながら、心から反省しながら、もう一度凛ちゃんに謝って下さい」パンッパンッパンッパンッ

穂乃果「そんっ…なっ…むりっ…だよっ…」

花陽「鳴き声」

穂乃果「あっ…にゃっ…にゃ…」
56: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 21:14:38.29 ID:B9fbARrP.net
ガチャッ

花陽「ほら、凛ちゃん出たよ」

凛『むにゃむにゃ…ふぁぁ…どうしたの穂乃果ちゃん、こんな夜遅くに』

花陽「………」ヌププ…ズンッ

穂乃果「あ"…ッ!!…にゃっ…り、凛ちゃん…、あ"っ…にゃっ…」

凛『ほ、ほのかちゃん…?どうしたの…?大丈夫…?』

花陽「………」パンッパンッパンッパンッ

穂乃果「ほんっ…とうっ…にっ…あ"っ…にゃっ…ごっ…ごめんなさっ…あ"っ…」ポロポロ

凛『穂乃果ちゃん!?他に誰かいるの!?変な事されてるの!?』

花陽「………」ニュ…ズプンッ

穂乃果「ん"あ"っ!!に"ゃ"あ"っ」

凛『待ってて穂乃果ちゃん!今から家に行くから!』

ガチャッ、ピーッピーッピーッ

花陽「ふふっ…やっぱり凛ちゃんはいい娘だなぁ…こんな穂乃果ちゃんを助けようとするなんて…」ズンッズンッズンッ

穂乃果「…あ"っ!!あ"っ!!あ"っ!!」

穂乃果「うぅ…」クラッ

花陽「穂乃果ちゃん…、凛ちゃんが来るまで休んでていいよ…って、もう気を失っちゃってるか…」
57: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 21:15:21.41 ID:B9fbARrP.net
凛「はぁっ…はぁっ…」

凛「つ、着いた…」

ガララ…

凛「鍵が開いてる…。やっぱり誰かにいるんだ…」

凛「早く…助けなきゃ…っ!!」

ダダダダッ、ガチャッ

凛「穂乃果ちゃん!」
58: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 21:16:53.17 ID:B9fbARrP.net
凛「ってかよちん!?」

凛「な、なんでかよちんがここに?」

花陽「穂乃果ちゃんにお仕置きしてあげてたんだよ」

花陽「ほら見て…気を失っちゃってるけど…穂乃果ちゃんだよ…。いい気味でしょ?」

凛「なっ…穂乃果ちゃん!かよちん、幾ら何でもこれは酷いよ!」

花陽「…凛ちゃんは穂乃果ちゃんの肩を持つの?」

凛「そ、そういうわけじゃないけど…」

花陽「ねぇ、凛ちゃん、穂乃果ちゃんから聞いたよ。最後の方は穂乃果ちゃんと一緒に気持ち良くなってた、って本当?」

凛「…ッ!あ、あれは…違くて…その…ごめん…なさい…」

花陽「ふーん…」

花陽「凛ちゃん、花陽達恋人だよね?」

凛「う、うん!もちろん!」

花陽「それなのに穂乃果ちゃんと気持ち良くなっちゃったんだ」

凛「………ぁ…」

花陽「凛ちゃんにも…お仕置きが必要だね………」
59: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 21:17:28.70 ID:B9fbARrP.net
凛「ひぅ………ぁ…ぁ…」ビクビク

花陽「ふふ…、怯えてる凛ちゃんもかわいい♪」

花陽「チュッ…ジュプッ…レロッ…チュッ…ジュルル…ジュパッ」

凛「ん~~~~///、ん~~///、ん~~~~まっ///」

凛「はぁ…はぁ…///」

花陽「キスだけでこんなに蕩けちゃって…可愛いよ…」
60: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 21:19:10.80 ID:B9fbARrP.net
花陽「花陽がいないと、生きていけない身体にしてあげるね…」

花陽「ほら、脱いで」

凛「はい…///」スルスル

花陽「挿れるね…」

凛「ぁ…」ビクッ

花陽「花陽は穂乃果ちゃんと違って優しいから安心して」ヌプププヌルッ

花陽「奥まで…入ったね…。動くよ」

花陽「………」パンッパンッパンッパンッ

凛「んっ…にゃっ…あっ…あっ…んっ…///」

花陽「どう?気持ち良い?」

凛「…ん///」コクン

花陽「ふふっ…凛ちゃん、可愛いよ…」

花陽「もっともっと気持ち良くしてあげる…」

凛(その晩、凛はかよちんの『モノ』になった)

めでたしめでたし
74: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 04:15:28.22 ID:qb/wjrxY.net
>>73
堕とさない

今回真姫ちゃん出てくるけど、鬼畜気味だから気をつけて
75: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 04:16:17.20 ID:qb/wjrxY.net
翌日

凛「うぅ…寒いにゃ…、風邪ひいちゃったかも…ケホケホ…」

花陽「ごめんね凛ちゃん、昨日は遅くまで付き合わせちゃって…、今日も学校あるのに…」

凛「大丈夫にゃ!でも…昨日のかよちんはちょっと怖かったよ…」

花陽「うん、穂乃果ちゃんには悪い事しちゃったかな…。つい頭に血が上っちゃって…やりすぎちゃった…」

凛「あはは、かよちんったら…凛の事は気にしなくていいのに…ケホケホ…」

花陽「あ、学校着いたね」

花陽「凛ちゃん、授業中は寝ちゃダメだよ!」

凛「は、はいにゃ!」
76: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 04:17:06.96 ID:qb/wjrxY.net
授業中

先生「….であるからして、…」

凛(うぅ…頭がボーっとする…///)ポー

凛(熱…出ちゃったかな…///)

先生「…よしじゃあ星空!前出てきてこの問題解いてみろ!」

凛「は、はい…///」ガタッ

凛「………///」ポー

スタスタスタ…フラッ…

凛「あっ」

先生「おい、星空…お前大丈夫か?顔赤いぞ?」

先生「ちょっといいか…」スッ

先生「熱も…あるな…」

先生「星空、お前保健室行って来なさい」

凛「はい…」

花陽(凛ちゃん…大丈夫かな…)

真姫(後でお見舞いにでも行ってあげましょう…)
77: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 04:17:58.82 ID:qb/wjrxY.net
昼休み 保健室

コンコン ガラガラ

穂乃果「凛ちゃーん?起きてるー?」

凛「あ、穂乃果ちゃん…///」

穂乃果「凛ちゃんが熱出したって聞いて駆けつけてきたよー」

凛「あ、ありがとう…///」

穂乃果「わぁ…、顔真っ赤…。大丈夫?」

凛「うん…///」

穂乃果「その…花陽ちゃん、まだ怒ってた?」

凛「ううん…『やりすぎた』って、済まなそうにしてたよ…///」
78: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 04:18:46.94 ID:qb/wjrxY.net
凛「ケホケホ…」

穂乃果「大丈夫?」

凛「ハァハァ…///辛いよぉ…///穂乃果ちゃぁん…///」ウルウル

穂乃果「………」ムラッ

穂乃果「あ…その…この前は本当にごめんね?おちんちん挿れられるのって、あんなに痛いんだね…」

凛「う、うん…///」

穂乃果「穂乃果も挿れられてみてわかったよ。凛ちゃんには謝っても謝りきれない…」

凛「そ、そんな…凛は<穂乃果「だから…今度は…優しくするね?」

凛「…え?」
79: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 04:19:53.16 ID:qb/wjrxY.net
凛「ちょ、ちょっと待つにゃ///今はホントに…///」

穂乃果「下…脱がすよ…」スルッ

凛「あ…や…やめて…///」

穂乃果「」ボロン

凛「ハァハァ…///ダメだよ…///凛、熱あるし…///」

凛「それに…ハァハァ…///こんなのかよちんにバレたら…///」

ピトッ…

凛「あ…///」

穂乃果「わかる…?穂乃果のコレ、もうこんなに熱くなってる…もしかしたら凛ちゃんより熱いかもね…」

凛「ハァハァ…///ダメ…だよぉ…///」

穂乃果「挿れるね………」ズプッズプププ…ズプンッ…

凛「んあっ♡あっ…あああああ♡にゃぁ…♡」

凛(ダメ…///頭がボーッとして…///もう何も考えられない…///)

凛「穂乃果ちゃん…///来てぇ…♡」
80: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 04:21:15.71 ID:qb/wjrxY.net
保健室の外

ウゴクヨ…
パンパンパンパン
ニャッ…アッアッ…ホノカチャァァ…キモチイィニャァ///

真姫「ふーん…」

真姫「………」ニヤリ

翌日 放課後

真姫「それにしても、良かったわね、熱すぐに下がって…」

凛「うん!」

真姫「保健室で安静にしてたおかげね」

凛「え!?あっ、そうにゃそうにゃ!ホント死んじゃうかと思ったにゃ!」アセアセ

真姫(ふふっ…)

真姫「あ!そういえば部室に探し物があるんだったわ!」

真姫「凛!探すの手伝ってくれない?」

凛「え?いいよ?」
81: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 04:22:08.35 ID:qb/wjrxY.net
部室

凛「それで、探し物ってなんなの?」

パタン…カチャリ…

凛「?なんで鍵閉めたの?」

真姫「凛…探し物…私のポケットに入ってたわ…」スッ…ピッ…


『ウゴクヨ…
パンパンパンパン
ニャッ…アッアッ…ホノカチャァァ…キモチイィニャァ///』


凛「え…?それ…」

真姫「ねぇ、凛、これ…花陽に聞かせたらどうなるかしらね」

凛「ま、待って!それは止めて!なんでもするから!」

真姫「ふーん?なんでも….ねぇ…?」

凛「う、うん…かよちんに聞かせないって約束してくれるなら…」
82: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 04:24:01.50 ID:qb/wjrxY.net
真姫「じゃあ、凛、あなたにはこれから一時間の間…私の事をご主人様と呼んでもらうわ…」

凛「ごしゅじん…さま…?」

真姫「その間…あなたは私の奴隷(ペット)よ…」

凛「え…なにそれ…」
83: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 04:26:08.83 ID:qb/wjrxY.net
真姫「じゃあ、凛、まず服を脱ぎなさい。全部よ」

凛「そ、そんなの…!!」

真姫「これ…花陽に聞かせてもいいの?」

凛「うっ…」

凛「わ、わかったにゃ…」

凛「………」スルスル

凛「…これでいいの?」

真姫「えぇ、じゃあ次にここに座って」

凛「…はい」ペタン

真姫「そしたら…これをしゃぶってもらおうかしら…」ボロン

凛「なっ!真姫ちゃんも…!?」

真姫「『ご主人様』」

凛「………」

凛「な、なんでご主人様に…?」

真姫「μ'sの皆なら、多分あなた以外みんなついてるわよ、前までなら穂乃果は違ったんだけどね…昨日生えてるって知って、ちょっとビックリしたわ…」

凛「そ、そんな…っ」
84: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 04:27:30.49 ID:qb/wjrxY.net
真姫「あなた、にゃーにゃーうるさいわよ…早くしゃぶりなさい」ガシッ

凛「痛ッ!!髪の毛掴まな…モガッ!」

じゅぷっ!

真姫「歯たてないでよ…」

じゅっぽじゅっぽ

凛「んもっ!~~~~~っ!~~~っ!」

じゅっぽじゅっぽ

凛「むも!…………んむ…ん……」

じゅっぽじゅっぽ

真姫「凛、出るわ!全部飲むのよ!」

ドピュッドピュルルルルル

凛「んっ…!!」ンクッ…ンクッ…
85: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 04:28:31.81 ID:qb/wjrxY.net
凛「ぷはっ…ゲホッゲホッ…」

ピュッ…ピュッ…

真姫「あら?まだ出てるわよ?全部飲めって言ったわよね?」

凛「はぁっ…はぁっ…」

真姫「ご主人様の命令を聞けない悪い子にはお仕置きが必要よね…」

凛「も、もうやめて…ゲホッゲホッ…」
86: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 04:29:56.09 ID:qb/wjrxY.net
真姫「凛、そこの壁に手をついて」

凛「も、もう…<真姫「花陽に聞かせるわよ」

凛「………」ペタッペタッ

真姫「いい子ね。じゃあ私の方にお尻を突き出しなさい」

凛「………」クイッ

真姫「いい子…。じゃあ行くわ。お仕置きだからちょっと痛いけど…」ググッ

凛「え…待ってそっちは…」

真姫「我慢して…、ね!」ズブッ

凛「ん"あ"っ"!」

凛「い、痛いよ!真姫ちゃんダメ!もう抜いてっ!」

真姫「ダメよ、お仕置きなんだから」

真姫「ふふ…やっぱりお尻の方の穴は初めてのようね…」パンッパンッパンッ

凛「あ"っ"!…うぅ…痛い…痛いよ…」ポロポロ
87: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 04:31:40.69 ID:qb/wjrxY.net
真姫「ふふ…どうしたのよ。穂乃果とヤってた時みたいに動物みたいにいやらしく鳴いてみなさいよ」パンッパンッパンッ

凛「んあ"っ…ぁ"…い、嫌だ…」ポロポロ

真姫「私には偉く反抗的なのね…。穂乃果には…」パンッパンッパンッ ピッ

『ニャッ…アッアッ…ホノカチャァァ…キモチイィニャァ///』

真姫「こんなに従順だったのに」パンッパンッパンッ

凛「ぅ"あ"っ"…も"、もう"っ…やめ"っ"…」ポロポロ
88: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 04:33:57.58 ID:qb/wjrxY.net
真姫「そろそろお尻の穴もほぐれてきたんじゃない?ナカで、気持ちよさそうにヒクヒク動いてるわよ…」パンッパンッパンッ

凛「ん"ん"っ………ぅっ…ヒグッ…グスッ…」ポロポロ

真姫「あ、凛、私もイきそうだわ。一緒にイきましょう?」ヌプ…

凛「……ヒグッ…ヒグッ…」ポロポロ

真姫「あ、いい事思い付いたわ。自分の声を聞きながらイかせてあげる」

真姫「行くわよ」

パンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッ
『ニャッ…アッアッ…ホノカチャァァ…キモチイィニャァ///』
凛「んあっ…いやっ、もうっ…!だっ、だめっ…!やだっ…やめっ…!」ポロポロ

ドピュッドピュルルルルルドピュッ
凛「んんっ…くふぅ……フーッ…フーッ…もう…いや…」ポロポロ
89: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 04:36:46.83 ID:qb/wjrxY.net
真姫「………」ズプンッ

凛(やっと…抜けた…)

真姫(自分でするよりたくさん出たわね…。二回も射精してしまったし、量もいつもの比じゃなかったわ…。ふふ…本当にいいオナホを見つけたわ)

真姫「じゃあ凛、またよろしくね」

カチャッ パタン


めでたしめでたし


凛「ヒグッ…グスッ…」ポロポロ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「あー凛ちゃんのナカ、すっごく締まって気持ちいいよ」パンパン 凛「ぅあ…っ」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。