ルビィ「果南さん、おねえちゃんはホントにキビシイんです…………」

シェアする

ダイヤルビィ-アイキャッチ1
1: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 22:56:52.32 ID:0S3DI5bO.net
ルビィ「今日はダンスを教えてくれて、あ……ありがとうございました!」

果南「いえいえ。またダンスで気になるところがあったら、いつでも言ってね?」

ルビィ「はいっ!」

果南「ところで、私の教え方ってどうだったかな?」

ルビィ「……え?よ、よかった!……と思います」

果南「そっか、ありがと。あのね、私ってこう……感覚で踊ってるところがあって――」

果南「結構あいまいな表現が多くてわかりにくかったかなって、思っちゃって」

ルビィ「全然、そんなことないです!」

果南「こういうのは、ダイヤとかのほうが上手に教えそうだよね」

ルビィ「そ、そ、そんなことないもん!果南さんの方が全然いい!!」

果南「そう?」

ルビィ「おねえちゃんはキビシイし……ルビィにはしかめっ面しか見せてくれないし……」

元スレ: ルビィ「果南さん、おねえちゃんはホントにキビシイんです…………」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 22:58:13.25 ID:0S3DI5bO.net
果南「それはきっとね、ルビィが妹で大事だって思ってるからで――」

ルビィ「違うもん!おねえちゃんはルビィにイジワルだし…………」

果南「イジワルって言うのも違うと思うけどなぁ……」

ルビィ「すぐに怒ってくるし…………」

果南「うーん……それもルビィのことが大切だからじゃないかな?」

ルビィ「果南さんは、おねえちゃんの家での姿を見ないから………………」

ルビィ「おねえちゃんは……家だとホントのホントに、ルビィにツラく当たってくるもん……ひぐっ……」

果南「な、泣かないで、ルビィ」

ルビィ「ひぐっ……たとえばこの前だって――――」
6: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 23:00:45.64 ID:0S3DI5bO.net
―ゴソゴソ

ルビィ「あっ!お菓子の箱かな?」

ルビィ「ええと…………これは……オレオだぁ!えへへ♡」ベリッ ガサッ

ルビィ「いっただっきまーす♡」

ルビィ「………………」サクサク

ルビィ「………………♪」



―ガラッ

ダイヤ「…………………」
8: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 23:01:59.90 ID:0S3DI5bO.net
ルビィ「…………あっ」

ダイヤ「………………!」

ダイヤ「ルビィ!あなた、何をしているの!?」

ルビィ「えっ……こ、これはその……オレ……オレオを食べてるんだよ……?」モグモグ

ダイヤ「そんなことは見ればわかるわ!」

ルビィ「ひっ!…………」

ダイヤ「オレオをどのようにして食べているの、と聞いてるの」

ルビィ「ど、どど、どうって…………こ、こうです……」サクサク

ダイヤ「………………」

ルビィ「………………」モグモグ
10: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 23:03:20.42 ID:0S3DI5bO.net
ダイヤ「ルビィ!あなた、オレオの食べ方も知らないなんて!」

ルビィ「ぴぃっ!」

ダイヤ「いいかしら!?オレオは……いろいろな食べ方で、絆をつなげるのよ!?」

ルビィ「え、え?い、意味がよくわからないよぉ……」サクサク

ダイヤ「その食べ方がいけないといってるの!」

ルビィ「は、はひっ!」

ダイヤ「オレオは――――まず、ツイスト!」

ルビィ「つ、ついすと……?え、なんのこと言ってるのぉ……」パクッ
13: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 23:06:02.42 ID:0S3DI5bO.net
ダイヤ「次に上のクッキーでクリームをすくって――――スクープ!!」

ルビィ「す、スクープ……」モグモグ

ダイヤ「そして、オレオを牛乳に浸す――――ダンク!!!」

ルビィ「だだんく…………」サクサク

ダイヤ「みんなが様々な食べ方をすることで、絆つながるのよ!?それなのにダイレクトに食べるなんて!」

ルビィ「で、でも……そのままでもおいしいよ?」

ダイヤ「ダメですわああああぁ!!いい?これはコマーシャルメッセージでもやっているのよ!?」

ダイヤ「オレオはツイスト!スクープ!!ダンク!!!」

ルビィ「ひ……あ……ご、ごめんなさい……」モグモグ
15: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 23:07:48.86 ID:0S3DI5bO.net
ルビィ「――――と言うことがあったんです……」

果南「な、なんか大変なんだね…………」

ルビィ「はい…………もうルビィ、怖くて怖くて…………」

果南「ええと……私からもひとこと言っとくね。ルビィに厳しくしすぎないようにって」

ルビィ「お願いします…………」

果南「ちなみに、そのあとはダイヤの言うとおりに食べたの?」

ルビィ「ううん……ルビィ、その直後におねえちゃんへ、こう言ったんです」

ルビィ「テレビはNHKしか見ちゃダメなのに、なんでCMでやってるって知ってるの?」

果南「………………」

ルビィ「そしたら、苦虫を噛み潰したよう顔して、部屋にすごすごと戻っていきました」

果南「ええぇ…………」
17: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 23:09:59.52 ID:0S3DI5bO.net
ルビィ「おねえちゃんがキビシイのは、その時だけじゃないんです」

ルビィ「あの時も、おねえちゃんはルビィにすっごく怖い顔してきた…………」




――――――――
――――――

―ガチョ

ルビィ「わぁっ!今日はアイスがある!しかも高級そう♪」

ルビィ「えっと……くりすぴーさんど?モナカみたいなやつだぁ……」ベリッ

ルビィ「それじゃあ――いっただっきまーす♡」

ルビィ「………………」

ルビィ「………………♪」



―ガラッ

ダイヤ「…………………」
18: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 23:12:11.58 ID:0S3DI5bO.net
ルビィ「…………えっ」

ダイヤ「………………!」

ダイヤ「ルビィ!あなた、何をしているの!?」

ルビィ「えっ……こ、これはその……は、はーげんだずを食べてます……」サクサク

ダイヤ「ハーゲンダッツ!」

ルビィ「ははははいっ…………は、はーげんだっつ……」パクッ

ダイヤ「まあ、読み間違いはいいとして。あなた、そのアイスいつ外に出したの?」

ルビィ「いつって……ま、まさに今、冷凍庫から出しました…………」サクサク

ダイヤ「………………」

ルビィ「…………」パクッ
19: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 23:13:58.61 ID:0S3DI5bO.net
ダイヤ「ルビィ!あなたに”ハーゲンダッツクリスピーサンド抹茶ショコラ”を食べる資格はありませんわ!」

ルビィ「なな、なんでぇ…………?」

ダイヤ「なんで?そんなこともわからないの?」

ルビィ「だ、だって……ルビィちゃんとお行儀よく食べてるもん…………」サクサク

ダイヤ「その食べ方が、お行儀よくないのよ!」

ルビィ「は、はひっ!」

ダイヤ「まずは――あなた、冷凍庫からとりだしてすぐに食べたわね?」

ルビィ「それは……すぐ食べました…………」パクッ

ダイヤ「ダメよルビィ!!」

ダイヤ「最高の幸せは、待つ人だけに訪れる。ああもう、ハーゲンダッツの常識も抑えていないなんて……」

ルビィ「ええっ……そんなの知らないもん…………」
20: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 23:15:29.12 ID:0S3DI5bO.net
ダイヤ「はーげんだつは濃厚だから、ゆっくり溶ける」

ダイヤ「だから、それがいい具合に溶けるまで待つ!それが礼儀よ!?」

ルビィ「れ、れいぎなの…………?」

ダイヤ「それにその食べ方!」

ルビィ「ええ……?」サクサク

ダイヤ「クリスピーサンドは――セレブ食べ!」

ルビィ「せ、せれぶたべ?」

ダイヤ「コマーシャルでもやっているでしょう!?もはや国民の常識よ!?」

ダイヤ「外側のクリスピーを軽く割って、スプーンみたいに使って中のアイスを食べる……それがセレブ食べ」

ダイヤ「セレブ食べしないで、頭から丸かじりなんて!!あなたは、黒澤家としての自覚が足りないわあ!!」

ルビィ「ご、ご、ごめん……なさい……ぐすっ…………」パクン
21: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 23:17:27.16 ID:0S3DI5bO.net
ルビィ「――――と言うこともあったんです……」

果南「そっかぁ…………」

ルビィ「おねえちゃん、もはや嫌がらせってくらいキビシイ…………」

果南「キビシイっていうのかな……なんか違うよね?」

ルビィ「アイス食べてる時くらい、怒らないでほしいのに…………」

果南「…………ところで、抹茶味のアイスだったみたいだけど……それって――」

ルビィ「あっ、でも……おねえちゃん、CMを熱心に見てるんだねって言うと静かになりました」

果南「ダイヤ………………」
22: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 23:19:35.54 ID:0S3DI5bO.net
ルビィ「おねえちゃんがキビシイのは、まだまだあるんです」

ルビィ「特に……そう、あの時はホントに怖かったよぉ…………」



――――――――
――――――

―ガチョ

ルビィ「おお♪プリンがある!これはルビィへのごほうびにしよ!」

ルビィ「今日は、泳ぎの練習がんばったもん!曜ちゃんはまだまだ練習できるでしょ!って言ってたけど…………」

ルビィ「ルビィは限界までやりました!ふふ、いっただっきまーす♡」

ルビィ「………………」パクッ

ルビィ「………………♪」



―ガラッ

ダイヤ「…………………」
23: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 23:21:12.14 ID:0S3DI5bO.net
ルビィ「………………」チラッ

ダイヤ「………………!」

ルビィ「………………」パクッ

ダイヤ「ちらりと見るだけ見て、食べ続けるのをやめなさい」

ルビィ「……はい」パクン



ダイヤ「それで?ルビィ、あなたは何をしていて?」

ルビィ「えっ……あっ、プリンおいしいよ?」パクッ

ダイヤ「そんなこと聞いてませんわ!」

ルビィ「は、はい…………」

ダイヤ「あなた、よくそのようにプリンを食べれるわね?」

ルビィ「た、た、食べられるって…………どういうこと?」ツルン

ダイヤ「………………」

ルビィ「………………」パクッ
24: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 23:22:57.52 ID:0S3DI5bO.net
ダイヤ「……今日という今日は、本当に許せないわ」

ダイヤ「ルビィ!あなたは何を食べてるの!?」

ルビィ「ひっ……は、はい……プリンです……」

ダイヤ「だから、それは見ればわかると言っているでしょう?」

ダイヤ「プリンはプリンでも、何プリン!?」

ルビィ「え、えっと……冷蔵庫の中にあった――」

ダイヤ「違う、違う!違いますわああ!!」

ダイヤ「それはプッチンプリン!ただのプリンではなくプッチン!」

ルビィ「ぷぷ……ぷっちんぷりん……」パクパク
25: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 23:25:07.99 ID:0S3DI5bO.net
ダイヤ「なのになのに……あなたはどうしてプッチンしていないんですのぉ!?」

ルビィ「えええ…………そ、それはすぐ食べたかったから……」ゴクン

ダイヤ「すぐって……プッチンするのに何秒かかる?あっという間でしょう!?」

ルビィ「でもでも……洗い物も増えるし…………」

ダイヤ「洗い物!?そんなこと気にするより、プッチンしなさい!!」

ルビィ「ぴぃっ!…………ご、ごめんなさい…………」パクッ

ダイヤ「まったく……プッチンプリンはプッチンして食べることに価値があるというのに……」

ルビィ「…………プッチンしなくてもおいしいもん」ハムッ

ダイヤ「……あなたはどうして、プッチンする良さがわからないの!?」

ダイヤ「いい?ルビィ………プッチンプリンはプッチンパポぺ エビバデプリンプリン!」

ダイヤ「エビバデプッチン!!エビバデプッチンですわあああ!!!」

ルビィ「ひぃいいいぃいっ…………」
26: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 23:27:40.12 ID:0S3DI5bO.net
ルビィ「――――と言うことだってあったんです……」

ルビィ「そのあとも、ぷっちんぷっちん……まくし立ててきて…………」

果南「………………」

ルビィ「おねえちゃん、きっとルビィのこと嫌いなんだ…………」

果南「好きとか嫌いとかなのかな、それ…………」

ルビィ「嫌われてるんだぁ……おねえちゃん、その時もルビィのお話を聞いてくれなかった……」

ルビィ「プリンプリン言ってるおねえちゃんに、CMかなんかで見たのって言ったら、突然黙って部屋に戻っちゃうし……」

果南「それちがうよね?それ、嫌われてるとかじゃないよね!?」

ルビィ「なんでぇ…………ルビィ、おねえちゃんに変なことしてないのに…………」

果南「…………きっと考えすぎ。大丈夫、ダイヤがルビィちゃんのこと嫌いになるはずがないよ」

果南「あんまり、おちこまないで?」

ルビィ「……………うん」
28: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 23:29:15.24 ID:0S3DI5bO.net
果南「ところでルビィちゃん………………」

ルビィ「なんですか?」

果南「今の話のおやつって…………自分のぶん?」

ルビィ「………………」

果南「………………」

ルビィ「………………たぶん……お、おねえちゃんの……」



おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『ルビィ「果南さん、おねえちゃんはホントにキビシイんです…………」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。