ことり「ゆ゛る゛さ゛ん゛!!」

シェアする

ことり-アイキャッチ29
1: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 23:35:44.73 ID:G3RzVJHN.net
私にはお父さんがいます。

もう十年も会ってないけど、とても凛々しい人だったと思います。

どこか頼もしくて、まるでスーパーヒーローのような人。

そんなお父さんが、今日帰ってきました。

元スレ: ことり「ゆ゛る゛さ゛ん゛!!」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 23:37:10.08 ID:G3RzVJHN.net
南家

ことりパパ「ただいま!」

親鳥「あら、おかえり!」

お父さんの名前は南光太郎。

十年前と変わらない勇ましさがそこにありました。

ことり「おかえりっ! お父さん!」

http://i.imgur.com/NyHvLv1.jpg
3: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 23:37:43.74 ID:G3RzVJHN.net
商店街

そんなこんなで、私とお父さんは一緒に外へ出かける事になりました。

光太郎「しかしことり、随分見ないうちに大きくなって……お母さんにそっくりだ」

ことり「そうかな……?」

光太郎「あぁ。そういえば、穂乃果ちゃん達とは仲良くやってるのかい?」

ことり「うん! 今は穂乃果ちゃん達とスクールアイドルをやってるの」

光太郎「スクールアイドル?」

ことり「うん。学生が自主的にアイドルをやるの。自分達で歌や踊りや衣装を作って皆の前で披露するんだ」
5: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 23:38:15.16 ID:G3RzVJHN.net
光太郎「ことりって、皆の前に出るのはあまり好きじゃないと思っていたが、案外そういうものでもないんだな」

ことり「最初は私も恥ずかしかったんだけど、穂乃果ちゃん達と一緒にやっているうちに段々慣れてきて、そしたら楽しくなって」

光太郎「ライブとかやるのか?」

ことり「うん、今度ライブやるんだ。お父さんも見に来てよ!」

光太郎「そうだなぁ、ことりの晴れ舞台も見たいし……行くか!」

ことり「ありがとう!」
6: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 23:39:05.24 ID:G3RzVJHN.net
???「貴様、南光太郎だな!」

光太郎「!? お前は!」

ことり「お父さん? 知り合い?」

光太郎「ことり、下がってなさい」

???「お前とこんなところで会うとはな……!」

光太郎「財団Xのエージェント! こんなところで何を!」

エージェント「……実験だよ! 我々財団Xの生み出したクローン生成技術のな!」

光太郎「まさか……それを使って!」

エージェント「そうだ……今俺の持っているこの玉……これを使ってクローンを呼び出すのだよ! 来い! 怪人のクローン達よ!」
7: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 23:39:41.92 ID:G3RzVJHN.net
玉は光り、数体の怪人を出す。

オウムヤミー、フクロウヤミー、軍鶏ヤミー、ハゲタカヤミーだ。

怪人達は現れると共に街を襲い始める。

エージェント「さぁ、どうするかな……? 南光太郎!」

光太郎「くっ……」

ことり「?」

光太郎「ことり……今まで黙ってたことがある」

ことり「それって?」

光太郎「俺は……仮面ライダーだ」


http://i.imgur.com/NQUSCGb.jpg
8: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 23:40:13.76 ID:G3RzVJHN.net
ことり「仮面ライダー?」

光太郎「ああ。この世の悪から子供たちの夢を守り、希望の光を照らし続ける。それが仮面ライダーだ」

ことり「もしかして……戦うの?」

光太郎「ああ。だから俺はことりもこの街の人も全て……守ってみせる! 変……身!」


http://i.imgur.com/ftnweqX.jpg
9: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 23:40:56.37 ID:G3RzVJHN.net
ことりの目の前には黒い戦士がいた。

RX「仮面ライダーBLACK……RX!」

エージェント「おいクローン共! RXの相手をしろ!」

ヤミー「フォォォゥ!」

RX「行くぞっ! リボルケイン!」

ことり「ベルトから杖が!」

RX「はぁぁっ!」

ヤミー「!?」

リボルケインが軍鶏ヤミーの右肩から左腰まで一気に引き裂く。

RX「さぁ、次だ!」

RXはリボルケインで次々とヤミー達に攻撃を繰り出す。


http://i.imgur.com/CrMmS2A.jpg
10: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 23:41:23.80 ID:G3RzVJHN.net
エージェント「おや? そこにいるのはμ'sの南ことりではないか。俺大ファンなんだよねぇ……」

ことり「ひっ! 来ないで!」

エージェント「まぁまぁそう言うなって……!
お持ち帰りしちゃおー」

ことり「助けてぇぇっ!」

RX「ことりぃっ!」

ヤミー「ガァァッ!」

RX「うっ!」

ことり「お父さんっ!」
11: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 23:42:01.34 ID:G3RzVJHN.net
エージェント「RX! アンタの娘を救いたかったらいつもの採石場まで来い! いい物を見せてやるよ……!」

そう言うと、エージェントは消えた。

RX「ことりぃぃっ! こうなったら急がなくては!」

RXはリボルケインで残りのヤミーを倒す。

RX「待ってろことり……!」

RXはどこからともなく現れたアクロバッターに跨り、走り出した。


http://i.imgur.com/GBnXn86.jpg
12: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 23:43:34.44 ID:G3RzVJHN.net
いつもの採石場

エージェント「それじゃあ、ことりちゃんで……しちゃおうかなぁ!?」

ことり「えっ、ちょっ、待って! 待ってください!」

エージェント「待てないんだなぁ……これがぁっ!」

ことり「やめてください! やめてくださいって!」

エージェントの魔の手がことりに触れようとしたその時、何処からともなくバイクの音がした。

エージェント「おいおい……速すぎるだろ!?」

ことり「お父さんっ!」
13: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 23:44:06.30 ID:G3RzVJHN.net
RX「俺は太陽の子……仮面ライダーBLACK!RX!」

RXはアクロバッターから降り、そう叫びポーズを取る。

エージェント「来たようだな……RX! お前にいいものを見せてやる……コイツだ!」

RX「!? あれは!」

聞き覚えのある足音。

銀色の身体。

かつて共に剣を交わした奴の姿がそこにあった。
14: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 23:44:36.35 ID:G3RzVJHN.net
RX「信彦……シャドームーン!?」

エージェント「コイツは俺の生み出したクローンをだ……性能を何倍にも跳ね上げているからオリジナルの雑魚のようにはいかんぞ?」

RX「何だと……!」

エージェント「どうした?」

RX「信彦の魂をこんなことに利用するとは……絶対に許さん!」

エージェント「行け! シャドームーン! RXを捻り潰せぇ!」

シャドームーン「了解した」


http://i.imgur.com/yIMjsi4.jpg
15: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 23:45:06.37 ID:G3RzVJHN.net
RX(奴は信彦ではない……それなら尚更全力で立ち向かうのみ!)

シャドームーンはサーベルを振り上げ、RXに攻撃する。

その素早さは確かにオリジナルとは比較にならないほど速い。

RXは間一髪それを避け、リボルケインで反撃する。

ことり(頑張って……お父さん!)
16: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 23:45:36.03 ID:G3RzVJHN.net
リボルケインとサーベルがぶつかり合い、火花を散らす。

お互いの体が傷付き、戦いは今にも決着が着きそうだ。

シャドームーン「これで終わりにする……サタンサーベル!」

シャドームーンはサーベルをRXに突きつける。

RX「そうはさせん! リボルクラッシュ!」

RXはサーベルを避け、ジャンプし、リボルケインをシャドームーンのベルトへ突き刺した。

シャドームーン「何ぃ!?」

RX「確かにお前は強かった……だが信彦に比べれば偽物の貴様など!」

シャドームーン「があああああっ!」

シャドームーンは爆散した。
17: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 23:46:04.16 ID:G3RzVJHN.net
エージェント「そんなバカな!」

RX「後はお前だけだ! エージェント!」

エージェント「くそっ! ここは退散だ!」

エージェントはそう言うと姿を消した。

RX「……逃げられたか」
18: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 23:46:31.28 ID:G3RzVJHN.net
ことり「お父さん!」

光太郎「ことり!」

ことりはRXにより解放された。

2人は抱き合い、安堵する。

ことりは泣いていた。

見知らぬ恐怖と父に対する心配で。

光太郎「心配をかけてすまなかったな……ことり」

ことり「うん……」

それから2人はアクロバッターに乗り、家まで帰った。

その最中、2人はさっきまでの事を忘れたかのように楽しく色んなことを語り合った。
19: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 23:46:59.28 ID:G3RzVJHN.net
私にはお父さんがいます。

とても凛々しくて、勇ましい人でした。

どこか頼もしくて、理想の男性と言っても過言ではありません。

そんなお父さんは、仮面ライダーでした。
20: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 23:47:39.91 ID:G3RzVJHN.net
以上、ネタSSでした
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『ことり「ゆ゛る゛さ゛ん゛!!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。