ことり「あっ、かよちゃんだ~♪」

シェアする

ことり-アイキャッチ4
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 23:49:52.10 ID:LEeNMaGLo
「ふふっ、だーれだ♪」

って耳元で囁かれました。
耳に当たった吐息がくすぐったくて…ドキドキしちゃいました。

花陽「は、はわわ…」

「もしかして難しかったかな~?」
「えへへっ、正解はぁ~…」

ことり「ことりでした~♪」

振り向くと、ことりちゃんの笑顔がすぐ近くにあって…

花陽「こ、ことりちゃん…!」

ことり「かよちゃんの事を見つけたからついイタズラしちゃった♪」

そう言いながら、そっと私を抱きよせてくれました。
ことりちゃんのフワッと甘い空気と、柔らかい感触で私…もう…

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1410533382

元スレ: ことり「あっ、かよちゃんだ~♪」

スポンサーリンク
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 23:52:37.41 ID:LEeNMaGLo
花陽「ぁ…うぅ~…」

ことり「やわらかーい♪」

花陽「だ、だめだよぉ…」

ことり「……ごめんね」

花陽「ち、違うのっ!ことりちゃんに…抱きしめられると……」

花陽「そ、その、ちょっと恥ずかしくって…でも嬉しくって!」

ことり「あははっ♪かよちゃんかわいい~♪」

ことりちゃんが優しく頭を撫でてくれました。

花陽「うぅっ…」

花陽「(ドキドキするよぉ…)」

心が落ち着かない…。
どうにかなってしまいそう…。
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 23:54:34.14 ID:LEeNMaGLo
ことり「かよちゃん、これから部室?」

花陽「う、うん」

ことり「あのね、お願いがあるんだけど…衣装作りのお手伝いをしてくれないかな?」

花陽「わ、私で良ければ…」

ことり「ほんと?ありがと~♪」

花陽「えへへ…」

ことり「先に部屋で待ってて。私、みんなにかよちゃん借りていくよーって言ってくるから!」

花陽「は、はい!」

ことり「じゃあ、行ってくるねー」
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 23:56:54.70 ID:LEeNMaGLo
花陽「(ことりちゃん、行っちゃった…)」

花陽「(うぅぅ~っ…まだ、ドキドキする…)」

花陽「(でも、ことりちゃんとふたりきり……)」

花陽「…ふふふっ」


ことりちゃんが来るのを待っている間、さっきの事を思い出してしまいます。
ことりちゃんに、抱きしめられちゃったなぁ♪

花陽「でも、私だって…」

ことりちゃんと手を繋ぎたいなぁ…とか
ことりちゃん可愛い♪って言ってナデナデしてあげたりとかしたいなぁ…。
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 23:59:56.73 ID:LEeNMaGLo
花陽「もうっ!…こんな事ばっかり考えてちゃダメなのに!」

ことり「おまたせ♪なに考えてたの?」

花陽「ぴゃあああああぁぁぁぁぁっ!!!!」

ことり「きゃっ、ど、どうしたの?」

花陽「ご、ごめんなさい…。び、びっくりしちゃって…」

ことり「驚かせてごめんね」

花陽「う、ううん。私が勝手に驚いただけだから…」

さっきからビックリしすぎだよぉ…ことりちゃんを困らせちゃった…
って落ち込んでいると
6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 00:04:27.26 ID:bbWDSVvGo
ことり「いきなり始めるのも、ねっ?…少しお話してから始めよっか♪」

花陽「大丈夫なの?」

ことり「うん♪かよちゃんにアイドルのお話してほしいな♪」

花陽「い、いいの!?」

ことり「いろいろ聞かせてほしいな」

花陽「喜んで!えっとね…」

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 00:07:05.09 ID:bbWDSVvGo
花陽「…これがね、今注目のアイドルグループの…………」

花陽「それで……だから………」

花陽「……こういうところが魅力的なんです!」

ことり「そうなんだぁ~」

ことり「かよちゃんがいま一番好きなアイドルもその人達のグループ?」

花陽「いいえ!私はやっぱりA-RISEです!」

花陽「ツバサさんが格好良くて………」

花陽「あんじゅさんが~……」

花陽「英玲奈さんが~………」

花陽「はっ、ごめんなさい!私ばっかり喋って…」

ことり「ううん、気にしないで。私が聞いたんだし」

ことり「それに、アイドルのお話をしてくれる時のかよちゃん…」

ことり「イキイキしてて、わたし好きだよ」

花陽「す、すす、好きっ!?………えへへへっ…」
8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 00:12:54.61 ID:bbWDSVvGo
花陽「で、でもね…私っ!!」

花陽「こ、ことりちゃんに…すっごく憧れているの!!」

花陽「ずっとずっと!ことりちゃん…いいなって!」

ことり「わ、わたし!?…私はみんなよりたいした事してないよ?」

ことり「(でも、かよちゃんがそんな風に想ってくれていたなんて、なんだか…ちょっと恥ずかしい…)」

ことり「そ、そろそろ始めよっか!待ってて、準備するから…」



花陽「ことりちゃん…。やっぱり素敵だなぁ…」

無意識につぶやいてしまう。
ことりちゃんに聞こえないように、小さな声で。
9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 00:16:42.79 ID:bbWDSVvGo
花陽「…」

ことり「…」

作業が始まり静かな時間が続く。
横目で見ると、ことりちゃんが集中しているのがわかる。
表情でわかる。
いつものほんわかーってしたことりちゃんと違ってキリッとした真剣なことりちゃん。
すてき…。

はっ!
私も頑張らなきゃ!
失敗してことりちゃんを困らせちゃダメだもん!
集中、集中!


ことり「ふぅっ、ちょっと疲れちゃった」

ことり「休憩しよっか♪」
10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 00:23:40.45 ID:bbWDSVvGo
ことりちゃんは、かばんの中からなにかの袋を取り出しました。
その袋を開けると、中から可愛いマカロンさんが出てきました。

ことり「はい、あーん♪」

花陽「へっ、た、食べてもいいの…?」

ことり「うん!手伝ってくれてるお礼♪」

ことり「かよちゃんに食べてほしいな、はいあ~ん♪」

花陽「あ、あ~ん…」

ことりちゃんが食べさせてくれた
口の中にはあまーいマカロン…と

ことり「…ふふっ、わたしの指はおやつじゃないですよ~」

それと…ことりちゃんの指も咥えてたみたいで…
11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 00:28:07.72 ID:bbWDSVvGo
花陽「ふぉ、ふぉふぇんふぇ~…」

恥ずかしくって、ことりちゃんの顔が見られません…。

ことり「噛まれたわけじゃないから平気だよ」

良かった、怒ってない…
マカロンと一緒にことりちゃんの指まで口に入れちゃうなんて…

ことりちゃんの指、ちょっと舐めちゃった…

もう少し、もう少しだけ……
味わいたかったなぁ…


ことり「私も食べよっと」

ことり「うん、おいしぃ♪」

こ、ことりちゃん!?私が咥えた方の指でマカロンを…
これって……間接キス

…ことりちゃんとキス…。
12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 00:31:32.57 ID:bbWDSVvGo
ことり「かよちゃん、また考え事?」

花陽「ぴゃあ!あ、あのその!」

ことり「何か悩みとかあるの?」

ことり「私、なんでも聞いてあげるよ?」

花陽「ち、違うよ!今日のご飯は何かなーって考えてたの!」

ことり「あはは、かよちゃんらしいねぇ」

花陽「あ、あははは…」

ことり「んーっ!さて、再開しよっか!」

花陽「う、うん!」

作業を再開して、ことりちゃんはすぐにスイッチを切り替えたようです。
凛々しくて素敵なことりちゃん。
そんなあなたの事が…。
…。


私も切り替えていかなきゃ…。
13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 00:34:35.37 ID:bbWDSVvGo
ことり「2人だとやっぱり速いね、助かっちゃった♪」

花陽「ううん、私で良ければいつでもお手伝いするよ!」

ことり「わぁ~、ほんと?ありがと~かよちゃ~ん♪」

花陽「ふあぁっ!!こ、ことりちゃんっ!!!」

花陽「(ま、また抱きしめてくれたぁ…)」

ことり「もう!びっくりしすぎだよー!」

花陽「ご、ごめんね!ことりちゃんに抱きしめられるとドキドキして…」

ことり「ふふふっ、許しませーん!罰として~」

ことり「ひざまくらだー!」

花陽「ぴゃあ!」
14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 00:40:03.97 ID:bbWDSVvGo
ことり「かよちゃんスベスベー♪」

花陽「あぁぁ~っ!」

花陽「(太ももに…ことりちゃんのほっぺの感触がー!)」

花陽「だ、だれか…」

ことり「……助けてほしいくらい…嫌だった?」

花陽「へっ!?あ、ち、違うの!!今のは…!」

ことり「ごめんね…」

花陽「い、嫌じゃないよ!すっごく嬉しかったの!でも、あの、ドキドキして…つい…」

ことり「…えへへ、冗談だよ」

ことり「本当にかよちゃんは可愛いなぁ~♪」

花陽「あ、手…」

花陽「(指、絡めて…)」
15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 00:41:49.13 ID:bbWDSVvGo
ことり「あったかいね~」

花陽「…うん♪」

ことり「ねえ」

ことり「かよちゃん」

花陽「は、はい!」

ことり「…」

ことり「えい!」

花陽「ぴあっ!?」

ことり「ほっぺ、触りたかったの♪」

花陽「は、はわわわ…」
16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 00:48:32.92 ID:bbWDSVvGo
ことり「ぷにぷにー♪」

花陽「ううぅ~…」

ことり「幸せ~」

花陽「ふぉ、ふぉんふぉ?」

ことり「うん♪」

花陽「(幸せって思ってくれるんだ…うれしい…)」

花陽「あの………」

花陽「(好き、ことりちゃん…)」

花陽「……ことりちゃん…好き」

ことり「ぴぃっ!?」

花陽「!」

花陽「(い、言っちゃった!言葉に出すつもり、なかったのに…)」

花陽「(だ、誰か……ど、どうしよう!?)」
17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 00:55:39.34 ID:bbWDSVvGo
花陽「あっ!そ、そのっ、手の事だよ!!私のほっぺを優しく包んでくれて!!」

ことり「…そ、そうなんだ………ビックリしちゃった」

花陽「ご、ごめんなさい!驚かせて…」

ことり「ううん、すっごく嬉しいよ!さっきの言葉♪」

花陽「(嬉しいって思ってくれてる…)」

花陽「(ことりちゃん…)」

ことり「か、かよちゃん!?」

ことり「(だ、抱きしめられちゃった…)」

ことり「(いいにおい…やわらかくて、安心しちゃう…)」

花陽「…わ、わたしから…抱きしめた事ってあんまりなかったから…」

ことり「そ、そうだね…」
18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 01:04:20.34 ID:bbWDSVvGo
花陽「ことりちゃん…いいにおい」

ことり「か、かよちゃんだって…いいにおいだよ…?」

花陽「そ、そんな…」

ことり「心が落ち着いてね、すっごく安心するの…」

花陽「…えへへへっ、ほんとぉ?」

ことり「あのね、かよちゃんに…もっと触ってほしいな…」

花陽「さ、触っ!へっ!?」

ことり「だって、かよちゃんって遠慮しがちなんだもん…」

ことり「私だってかよちゃんに抱きしめられたり、触ってほしいって思ってるのっ!」

花陽「……だって私なんかが…ことりちゃんを…」

ことり「どうして?」

花陽「ことりちゃんはぷわぷわっとしてて可愛いし…それにっ!あのミナリンスキーさん!」

花陽「だからわたし、すっごく憧れてて…おそれ多くて…!!」
19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 01:08:34.63 ID:bbWDSVvGo
ことり「…むぅ…わしわし~♪」

花陽「ぴゃああぁぁっ!それっ!希ちゃんの!!」

ことり「普通に接してくれないバツです!」

花陽「あっ…だ、だめぇ…」

ことり「かよちゃん大きいねぇ♪」

花陽「うぅっ…こ、ことりちゃん…これ以上はぁ……」

ことり「ちゅんちゅん♪」

花陽「…ぁぅ………っ…」

ことり「!」

花陽「…ひぁっ………ゃぁ……」

ことり「(あっ…や、やりすぎちゃった…かも)」

ことり「ごめんね…。調子に乗っちゃって…」

花陽「…い、いいの…ことりちゃんになら…」

ことり「えっ…」
20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 01:17:34.94 ID:bbWDSVvGo
花陽「ひゃっ!い、今のはその…」

花陽「…うぅ~っ」

ことり「(…そ、そんな上目使いで見つめるなんて…反則だよぉ)」

ことり「(…でも)」

ことり「…かよちゃん、ほら…」

花陽「ことりちゃんっ!?あの、あのっ!」

花陽「(わ、私の手がことりちゃんの胸に!)」

ことり「伝わるかな…私もね、さっきからずっとドキドキしてるの」

ことり「かよちゃんの…せいだよ?」

花陽「わ、わたし…わたしっ!」

ことり「!」

花陽「(勢い余って…揉んじゃった!)」

ことり「ゃあっ…かよちゃん…」

花陽「あっ!そ、そんなつもりじゃ」

ことり「…だ、大丈夫だよ」
21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 01:22:37.20 ID:bbWDSVvGo
ことり「…あのね…ほんとにね、胸が痛いの」

花陽「…ご、ごめんなさい…」

ことり「あっ、今のじゃなくてね?」

ことり「かよちゃんと一緒にいるとね…胸の奥のほうが苦しくって辛いの…」

ことり「もっと、かよちゃんを知りたい!もっと一緒にいたいって…思うの…」

花陽「……」

ことり「…ごめんね、こんなの…おかしいよね…」

花陽「わ、私も、同じ…」

ことり「!」

花陽「私もことりちゃんともっと一緒にいたい!私だけを見てほしいって思ってるよ!」

花陽「でも…穂乃果ちゃんと海未ちゃんみたいに…なれないなって思ってて…」

花陽「……わたし、自信なくって…」

ことり「穂乃果ちゃんと海未ちゃんは大好きだよ。でもね、それはかよちゃんへの気持ちとは違う好きなの…」

ことり「…それにわたしもね…凛ちゃんの事、羨ましいなって思ってたんだ」

ことり「一緒だね…わたしたち」
22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 01:29:14.21 ID:bbWDSVvGo
花陽「ほ、ほんと?本当にわたしのこと…?」

ことり「……」

恥ずかしそうな表情で、静かにコクンと頷いてくれて…本当なんだなってわかる。
私達だけの…今のこの空間が…すっごく

花陽「嬉しい…でも、いいのかな?」

花陽「女の子同士で…」

そう、私達は女の子同士…
だから…あと一歩、たった一歩踏み込む勇気が…持てない
自分の気持ち…わかってるのに…

ことり「…女の子同士でも、かよちゃんを好きな気持ちに変わりはないよ」

ことり「周りから見たら間違ってる事かもしれないけど…それでも私は、もう自分の気持ちにウソはつきたくない」

ことり「あの留学の話の時に…穂乃果ちゃんと海未ちゃんに教えてもらったんだ」

花陽「ことりちゃん…」

ことり「かよちゃんは…こんな私でも、好きでいてくれる…?」
23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 01:36:00.10 ID:bbWDSVvGo
花陽「あ、当たり前だよっ!」

花陽「私もことりちゃんが好きっ!」

花陽「間違っていてもいい!ことりちゃんと一緒ならっ!」

花陽「私の大好きな…人だから…」

だから、私も一歩踏み出せるの!

ことり「…あ、ぁりがとう…」

ことり「わたしなんかを……受け入れてくれて…」

花陽「…夢みたい」

花陽「私とことりちゃんが…夢じゃないよね?」

花陽「幸せすぎて…はうぅ~…」

なんて幸せを感じていると、ことりちゃんの手が私のほっぺに添えられ…

ことり「……ねぇ」

ことり「花陽ちゃん」

ことり「少しの間、目を閉じて?」
24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 01:41:46.23 ID:bbWDSVvGo
花陽「こ、ことりちゃん?」

ことり「……怖がらなくても大丈夫。私に任せてほしいな」

ことり「ねっ?」

花陽「……うん、ことりちゃんになら…わたし、ぜんぶ…」

あげられるから。

ことり「…ふふっ、ありがとう」

ことり「大好きだよ、花陽ちゃん…」

花陽「ことりちゃ……んぅ…」

ことり「…かよっ…ひゃ…ん……」

ことり「(愛してるよ、かよちゃん…)」

ことり「(…これからも、一緒にいようね♪)」
25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 01:43:33.35 ID:bbWDSVvGo
おわり

おやすみ

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
ことり「あっ、かよちゃんだ~♪」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『ことり「あっ、かよちゃんだ~♪」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。