真姫「ええっと……二年生の教室は」

シェアする

真姫-アイキャッチ38
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 01:24:34.40 ID:vVY2nviv0
真姫「あった…扉は開いてるわね」

真姫「あの!…ちょっといい…ですか」

ヒデコ「あれ、西木野さんじゃんー、どうしたのわざわざ二年のクラスまで来て。穂乃果呼ぶ?今席外してるけど…」

真姫「あ……いえ、穂乃果じゃなく」

ことり「ふふふんふふふふんふんふーんふん♪マカロン食べたいなあ……って、真姫ちゃんだ!朝早いのにこんなところで何してるの?」

真姫「あ、ことり。ええと、私…海未に用があって」

ことり「そっか……スゥ、海未ちゃーん!真姫ちゃんが呼んでるよーっ!」

真姫「ちょ、声が大きいわよ!……恥ずかしいじゃない!」

海未「はあ……と、おや、こんな時間に冗談かと思えば本当に真姫じゃないですか。どうしました?」

真姫「偽者なわけないでしょ…ほらこれ、出来たから、取り合えず海未に聞いてもらおうと思って」

海未「ああ、CDですか……って、もしかして」

真姫「…ええ。例のよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1410107064

元スレ: 真姫「ええっと……二年生の教室は」

スポンサーリンク
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 01:28:17.72 ID:vVY2nviv0
海未「……ほ、本当にあの歌詞から曲を作れたのですか」

真姫「当たり前じゃない、なめないでくれる?」

海未「そ、そんなつもりでは…」

真姫「冗談よ。…まあ、流石に、声入れてて恥ずかしくなったけど」

海未「………」

ことり「えーっと、二人とも……新しい曲の話してるの、かな?私にも聞かせて――」

海未「ダメですことりいけません。まだ私の心の準備が!」

ことり「へっ?な、なんで海未ちゃんが心の準備を?」

真姫「なんというか…この曲ワケアリなのよ、主に海未に」

ことり「海未ちゃんってことは……歌詞の方ってこと?」

真姫「ええ」
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 01:29:37.01 ID:vVY2nviv0
穂乃果「ふう、ジュース売り切れてなくて良かった……あ、真姫ちゃんだ!どーしたの?」

真姫「穂乃果が押し付けてきたあの歌詞の曲、出来たから……作詞者だし、穂乃果に見せる前に海未に持ってきたの」

穂乃果「…………。出来たの?スゴいね……」

真姫「…とーぜんでしょ」

穂乃果「……真姫ちゃん歌った?」

真姫「人前では絶対いやよ!」

穂乃果「だ、だよねえ……あはは。じゃあこれは、プランタンが責任をもってお預かりするよ」

真姫「だから、一応海未に聞いてもらってからと思ったんだけど」

穂乃果「あー、そっか。…じゃあここで皆で聞いちゃおう!ことりちゃんいるし花陽ちゃん呼んでくるー!」
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 01:31:01.36 ID:vVY2nviv0
真姫「え、別にそんな急ぎじゃ……行っちゃった」

ことり「どういうこと……?海未ちゃんの歌詞を穂乃果ちゃんが真姫ちゃんに渡したの?」

真姫「ええ。なんでも、穂乃果が海未の手帳から発掘したらしい歌詞をいきなり押し付けてきて、どうかユニット曲にしてほしいって……」

ことり「なるほど………ってう、海未ちゃん?なんで教室の隅っこで体育座りしてるの?」

海未「………いっそ殺して下さい、一時の迷いだったのです、あれは、あれは……!」

真姫「…まあ、疲れてたんじゃない?」

ことり「そんなにスゴい歌詞なの……?」
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 01:32:17.12 ID:vVY2nviv0
真姫「正直初めて見た感想は、海未もついに壊れたのかしら……って感じ」

ことり「!?ひゃああ真姫ちゃん歌詞見せて!海未ちゃんのトンでもな歌詞見たい!も、もしかして……えっちなの?えっちなの?」

真姫「え、いや、方向性は真逆だけど………海未、先に見せてあげてもいいかしら?」

海未「………」

真姫「怖いから無言で首振らないでよ……ことり、どうせ後で見られるわよ。待ちなさい」
6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 01:33:28.39 ID:vVY2nviv0
ことり「そうだけど……というかプランタンって…μ's皆の歌じゃなかったんだね」

真姫「一言もそんなこと言ってないわよ」

ことり「……そういえばそうだね。じゃあさ、これだけでも教えて!なんて題名なのっ?」

真姫「……まだないけど……まあ、私はこの曲に便座上名前をつけているわ。それは」

ことり「それは……?」

穂乃果「―――おっまたせー!!!!連れてきたよ!」

花陽「だ、だ、だれかぁぁぁ…」

真姫「きゃっ」

ことり「わひゃうう!?行きなり来て後ろから大声出さないでよ穂乃果ちゃん……」

穂乃果「おおっとごめんごめん!」
7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 01:34:17.44 ID:vVY2nviv0
真姫「……って、花陽、大丈夫?引きずられてるみたいだけど」

花陽「まきちゃああん…い、いきなり穂乃果ちゃんが後ろに…!!」

真姫「怖かったのね、分かったから抱きつかないで……」

海未「…………あああ…着々と増えていく」
8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 01:34:55.92 ID:vVY2nviv0
ことり「でもCD、どうやって聞くの?この人数だと何時ものプレイヤーじゃ……」

穂乃果「ふっふっふ……抜かりはないよ」

穂乃果「早速……部室から拝借したこのにこちゃんの私物コンポで!」

真姫「……にこちゃんに殺されかねないわよ?」

穂乃果「バレなきゃ問題じゃない!」

真姫「…はぁ…好きにしなさい」
9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 01:35:45.37 ID:vVY2nviv0
花陽「一体何なのぉ…?何が起きてるのっ…?」

ことり「プランタンの新曲、だってー」

花陽「新曲…?…ああ……納得……って、そうと分かったら更にドキドキしてきたよぉ!」

真姫「……あの、悪いけど席外すわ。感想、後で聞かせて」

海未「わ、私も……」

真姫「海未は歌詞とか曲とか色々確認してもらわなきゃいけないからダメに決まってるでしょ」

海未「はうっ」
10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 01:36:29.85 ID:vVY2nviv0
穂乃果「えー、真姫ちゃん行っちゃうの?」

真姫「もともと届けるだけが目的だったし。凛も寂しがってるだろうし……それに」

穂乃果「?」

真姫「は、恥ずかしいもの…仕方なくとはいえ自分で歌った『ぷわぷわーお』聞くなんて!私はBiBiなのー!!!」

穂乃果「あっ、ちょ真姫ちゃーん!?廊下走ると絵里ちゃんに怒られるよ!?」
11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 01:37:27.80 ID:vVY2nviv0
海未「………フフ、フフフ」

花陽「へ?真姫ちゃん…ぷわぷ…何?」

ことり「タイトル、じゃないかな?便座上つけた名前がある、ってさっき言いかけてたし…」

花陽「海未ちゃんが書いた歌詞で、タイトルがぷわぷわーお……って、海未ちゃんが書いた歌詞で?あ、」

ことり(……もしかしてえっちいのの反対って)
13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 01:38:07.17 ID:vVY2nviv0
花陽「すっごい……可愛い曲、なの?」

海未「切腹の意を表明します」

穂乃果「わあああああすとぉーっぷ!!!切腹って言いながら窓枠に手をかけないで海未ちゃん!自殺ってところしか合ってないから!死んじゃやだよ!」
14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 01:39:38.39 ID:vVY2nviv0
海未「そもそも穂乃果が私の手帳を漁るからこんな恥ずかしい目に私があっているのですよ!?」

穂乃果「ええっ!?だ、だってとっても可愛い良い歌詞だったし……」

海未「だってじゃありません!犯罪ですよ!」

穂乃果「でもでも、机に置きっぱなしで名前書かない海未ちゃんも悪いよ!」

海未「むむむ……」

穂乃果「うう?」
15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 01:40:31.02 ID:vVY2nviv0
ことり「……二人とも、埒が開かなそうだからことり流しちゃうね?そーれ」

海未「!?ちょ、待っ―――」
16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 01:41:07.51 ID:vVY2nviv0

真姫『キミニーキミニースキスキプワプワ♪』

真姫『スキスキ♪プワプワ♪』

真姫『プワプワーオワーオ♪』



海未「」

穂乃果「……ディスク越しにも照れてるのが分かる真姫ちゃん可愛いなあ。そしてすごいハイクオリティ……」

ことり「こっ、これを海未ちゃんが……!?」

花陽「ふぉぉぉぉ、あ、アイドルです…っ!」
17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 01:41:36.63 ID:vVY2nviv0
未「ああ、ああ……」

穂乃果「ナイス海未ちゃん」

海未「くっ……達観した顔で肩に手を置かないで下さいほぉーのぉーかぁー!」

ことり「ピキーン!はぅあっ!創作意欲が涌き出てくるよっ…今なら、今なら皆の次のライブのふりふり衣装考えられる…!まさにぷわぷわーお!ありがと海未ちゃん!」

海未「意味分からないし嬉しくないですことり!」

花陽「で、でも、真姫ちゃんもスゴいけど、海未ちゃんだってこんな歌詞、なかなか考えられないよ普通……!スゴいよ!」

海未「誉めるふりして傷口を抉らないで下さい花陽……」

花陽「あ、あれえ?」
18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 01:42:12.46 ID:vVY2nviv0
穂乃果「ぷわぷわーお!わーおわーお!」

ことり「わーおわーお!」

花陽「わーおわーお!」

海未「……もう……止めてください……」

花陽(海未ちゃんが虫の息に)

ことり(でもわーおわーお言うの楽しい)
20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 01:44:44.96 ID:vVY2nviv0
穂乃果「ふふふ……よーし、早速練習だよ二人とも!次のユニットシングルはこれに決定!決まって無かったけど穂乃果が今決めた!スゴい良い曲に仕上がってるもん!」

ことり「さんせーい!」

花陽「うん!それが良いと思う!」
21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 01:49:47.85 ID:vVY2nviv0
海未「ちょ……み、認められません!ダメです!ダメったらダメです!これはそんなメジャーな物じゃないです!」

穂乃果「そんな穂乃果みたいに言わなくても……ええー、じゃあどうしろって言うのさ、海未ちゃん。折角真姫ちゃんが音つけてくれたのに、お蔵入りにしちゃうの勿体無いよ?」

海未「外堀をいつの間にか埋められて……!?せ、せめて、もっとこう、限定的な何かにして下さい!」

穂乃果「また曖昧な……」
22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 01:50:30.36 ID:vVY2nviv0
ことり「……じゃあ、特典CDにする?前に、まだ決まってないーってにこちゃんずっと考えてたし」

穂乃果「特典CD?」

花陽「特典CD……元々買う人はお得な気分になれて、買うか迷っている人は、その背中を押してくれるスーパーアイテム!限定的な分、流通量は少なくなるね」

穂乃果「おお、それだっ!」
23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 01:59:26.65 ID:vVY2nviv0
海未「もう、それにしてください……」

ことり「けってーい!」

花陽「ぱちぱちー!」

穂乃果「わーおわーお!!!」

ことり「わーおわーお!!!」

花陽「わーおわーお!!!」

海未「どうして朝からこんな目に……」


こうしてぷわぷわーおの特典は決まった…
24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 02:00:02.47 ID:vVY2nviv0
おまけ

にこ「穂乃果のやつ、勝手に部室の私のコンポ持ってったのよ!信じられない!」

絵里「まあまあ、穂乃果もちゃんと謝ってくれたじゃない」

真姫「許せないのは心が狭い証拠よ、にこちゃん?」
25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 02:01:29.56 ID:vVY2nviv0

にこ「むむむ…もう!こうなったら今日は色んなアイドルの曲聞きまくってやるんだか、ら……あれ?中にCD入ってる」

絵里「穂乃果が入れっぱなしだったんじゃない?」

真姫「………?」

真姫(なんだろう嫌な予感)
26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 02:02:24.29 ID:vVY2nviv0
にこ「ええっと、……CDに何も書いてないわね。白地の普通のディスクだわ。……試しに聞いてみる?」

絵里「ええ。良くないことだけど、……ちょっと興味あるわ」

真姫(白地?……それってたしか、私が穂乃果にあげた――――)

にこ「じゃあかけるわよ?」

真姫「!ちょっ、それストップ―――!!!!」
27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 02:03:28.16 ID:vVY2nviv0
真姫『キミニーキミニースキスキプワプワ♪』

真姫『スキスキ♪プワプワ♪』

真姫『プワプワーオワーオ♪』


にこ「………」

絵里「………」

真姫「………(ああああああああ!!!もう、よりによってこの二人に聞かれた!)」

にこ「………」

絵里「………」

真姫「………」

にこ「……………っく、ブフッ!」

絵里「その……疲れてるなら相談に乗るわよ?」

真姫「………ほっといて………」


おしまい
29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 02:05:15.58 ID:vVY2nviv0
ラブライバーな友人から貸して貰ったぷわぷわーおの破壊力に瞬殺された。初めてだったけど見てくださったかた有難うございますわーおわーお

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
真姫「ええっと……二年生の教室は」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『真姫「ええっと……二年生の教室は」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。