真姫「にこちゃんの日常を!」絵里「私達が見守るわ!」

シェアする

BiBi-アイキャッチ2
1: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 21:39:14.62 ID:/+9NOV7A.net
にこ「今日はママがお家にいて嬉しいなっ!」

にこ「ねぇーねぇー!にこの頭撫でてーっ!」

にこママ「しょうがないわねーにこもまだまだ甘えん坊ね」ナデナデ

にこ「えへへー!今日はこころ達は学校だしにこは振替休日ぅー!」キャッキャ

元スレ: 真姫「にこちゃんの日常を!」絵里「私達が見守るわ!」

スポンサーリンク
4: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 21:40:29.65 ID:/+9NOV7A.net
にこ「そうだ!ママも久しぶりのお休みだしにこ何でもお手伝いしちゃうよ!」ニコニコ

にこママ「にこはほんとに頼りになるお姉さんね」フフッ

にこ「だってママ毎日お仕事で疲れてるもん!」

にこママ「ありがと、でもいつもにこにお家やこころ達の事まかせて頑張ってくれてるから…」

にこママ「今日はママがにこのお願い何でも聞いてあげたいのよ」ナデナデ
7: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 21:41:31.24 ID:/+9NOV7A.net
にこ「うぅっ、ママ…!!」ウルウル

にこママ「こらこら、泣かないの~フフッ」

モニター『だって…!ううっママだいしゅきぃーっ!!』キャッキャ



コソコソー 絵里「真姫、見てるわね?」

コソコソー 真姫「ええ、勿論バッチリ見てるわエリー」
9: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 21:43:01.15 ID:/+9NOV7A.net
えりまき向かい合ってモニター凝視中

絵里「さすが真姫ね!この間にこのお家にお邪魔した時まさか監視カメラを仕掛けるなんて思いもしなかったわ…」

真姫「ふふんっ!そういうエリーだってこの前にこちゃんのお家来てこっそりパンツ盗んでったじゃない、お互い様よ」ンフフ

絵里「そうよ、私達は同士。矢澤家の隣の部屋をこんなにいともたやすく借りれるだなんて…真姫ってほんとに…素敵よ」

真姫「これが西木野家の力よ!…あっ、ほら見てエリー!やだにこちゃんっ/////」ゾクゾク
10: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 21:44:16.63 ID:/+9NOV7A.net
絵里「っっっこれは!!?!?/////」ガタタッ

真姫「甘えているわ…!甘えているわよ…!?ほら見なさいママに!!!!ママに甘えているわよ!?!?//////////」

モニター『えへへーっマーマー、膝枕してよぉ~』ゴロゴロ

絵里「ハラショオオオオオオオ!!!…っ!?!?ああРассказ тронул меня до слёз…!」シクシク

真姫「エリー気持ちはわかるわ、でもまだ感極まるのは早いわよ」
14: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 21:49:50.15 ID:/+9NOV7A.net
絵里「私もうこの時点で胸がとてもいっぱい…にこったらお母様にあんなにお甘えになっておいでで…ああбы́ть тро́нутым」ブッワァ

真姫「ちょっとエリー、居るのが私じゃなかったらきっと誰もロシア語分からなかったと思うわよ…」

絵里「いけないいけない…まだまだこれからよ矢澤家の1日は!」

真姫「そうね…!正直私も今かなりキュンキュンして矢澤家に乗り込んでしまいそうよ」

絵里「にこの可愛いさったら本当に威力を留まるところを知らないわ…!!私達のライフも温存維持よ、真姫!!」

真姫「ええ!とりあえず念のためにサングラスを掛けましょ」スチャッ
18: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 22:00:37.94 ID:/+9NOV7A.net
にこ「ママー、ママの膝まくら気持ちいいよー」ゴロゴロ

にこママ「そう?懐かしいわねぇ…こんなふうにママとにこでのんびりするのって何時ぶりかしら」

にこ「……」

にこ「ここあ達にはこんなの見せられないけど今日はママと一緒にお家居れるだけでとっても嬉しいよ!」

にこママ「いつもごめんね、にこ」

にこ「何でママが謝るの!大丈夫だもん、ちゃんとにこママの事見てるから!」

にこママ「にこは本当にママの自慢の娘よ、いつもありがとうね?」ニコッ

にこ「そんなに褒められたら恥ずかしいよぉー!/////」デレデレ
25: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 23:39:57.82 ID:/+9NOV7A.net
絵里「ねぇちょっといいかしら、真姫…」

真姫「言わなくても分かってるわ、エリー…」

絵里「こ、このサングラスはダメね!全然フィルターになってないじゃない…!どうしてこう、胸が締めつけられるのかしら」ポロポロ

真姫「え、エリーったらほんと涙脆いわねっ!健気なにこちゃん見てまさか胸が苦しいなんて言わないわよねっ?」ポロポロ

絵里「だって…だってしょうがないじゃない!?!?もし私がにこのお母様だったらめちゃくちゃになるほど抱きしめてるわよっ…」ブワッ

モニター『お家の事はにこがいるからママは心配しなくていいの!にこはママもこころもここあも虎太郎もみーんなが笑顔で居てくれれば幸せだよっ!』
26: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 23:41:55.31 ID:/+9NOV7A.net
真姫「あっ…あああっ…あああ!!」ブワ-ッ

絵里「」ブワワ-ッ

真姫「私とした事がつ、つい取り乱してしまったわ」カミクルー

絵里「サングラス全然役に立たないじゃない真姫…」

モニター『そうだママ!せっかくだから』

真姫「ちょっエリー、サングラスはそもそも遮光…何!?!?」ガタッ

絵里「何かしら!?!?」ガタタッ

モニター『一緒に>>29しようよ!』
29: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 23:44:54.79 ID:HU7bt641.net
お散歩
31: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 23:55:21.60 ID:/+9NOV7A.net
にこ「一緒にお散歩しようよ!外今日すごい晴れてて気持ちいいよ!ね、ね!いいでしょ?」

にこママ「ほんとねっ!せっかくだからお昼ご飯の材料も買いにいこっか!」ニコッ

にこ「わーい!お着替えしてくる!」

にこママ「やっぱりお姉ちゃんしててもまだまだ可愛い子供なのね、フフフ」

隣の部屋

真姫「ま、まずいわ…!!!」
絵里「まず過ぎるわね、外に出るとは想定外」

真姫「エリー、どうする?」オロオロ

絵里「落ち着きなさい真姫、フフ…こんな事もあろうかと準備はキチンとしてきたのよ」

真姫「早く教えてエリー!時間がないわ!」

絵里「焦りは禁物よ?さぁ、これを着なさい!」
32: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 00:07:00.78 ID:if7NqZ0L.net
にこママ「にこー!ちゃんと日傘持つのよー?」

にこ「はーいっ!見てママ!このスカート可愛い?」ヒラッ

にこママ「あらっ、似合うじゃない!初夏にピッタリの水玉ね」

にこ「そうなのっー!やっぱりアイドルは四季のファッションも取り入れなきゃー!」キャッキャ

にこママ「そうだ、にこの学校の事とか色々聞かせてよ、スクールアイドルってみんなで何人なの?」

にこ「あのね、μ'sはみんなで9人いるんだよ!それでね…」

遠くの物陰

絵里「真姫!所定の位置からまだ動いちゃダメよ?」

真姫「あのねぇ…エリー?」

絵里「え?何?」

真姫「何なのよこの格好は!何なのよ!!」

絵里「見たら分かるじゃない!真姫は>>33!私は>>34よ!完璧ね!」フフン
33: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 00:07:45.10 ID:K1xEFQMS.net
34: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 00:13:32.08 ID:RjTd6BHl.net
宇宙服
36: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 00:27:15.59 ID:if7NqZ0L.net
絵里「見たら分かるじゃない!真姫は木!私は宇宙服よ!完璧ね!」フフン

真姫「このー木♪なんの木♪西木野ま木」

絵里「真姫!?なんて美声なの!?」

真姫「そこじゃないわよ!!!何でこんな恥ずかしい格好で…」ズリズリ

絵里「にしても宇宙服って暑くて重いのね、ミスチョイスだわ…」ブカブカ

真姫「あっ!矢澤親子がもう100m離れてるわ!」

絵里「擬態しつつも上手く後をつけるわよ!」

真姫(突っ込むのもうやめようかしら)
37: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 00:43:04.34 ID:if7NqZ0L.net
にこ「…でね、毎日みんなで練習もすっごいメニューこなしながら歌ったり踊ったり頑張ってるんだよ?」

「にこは完璧だから誰にも負けないくらい歌も踊りも出来ちゃうもん!…まぁみんなもにこの次にすごいかな」ボソッ

「たまーに希とかね!ワシワシー!って!そしたら凛もはしゃいじゃって花陽はお茶碗いっぱいのご飯持ってくるんだよ?」

「穂乃果はいっつもパンばっかり食べてんの!海未に穂乃果は食べ過ぎです!って怒られてしょげちゃって絵里に助け求めてるのー」

「それにね!ことりの衣装ちょっと手伝って可愛い衣装に囲まれたり真姫ちゃんの弾くピアノ聴いたりしてね!」

にこママ「みんなの事が大好きで、大事で仕方ないのね?」

にこ「うん。みんながいて楽しくて、だから」

にこママ「わかってるわ。にこは守りたいものを全力で守っていけばいいのよ」手ギュー

にこ「ありがとう、ママ」
44: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 23:21:22.42 ID:G+vn1BhI.net
真姫「どうしよう…こんな変な仮装のせいで距離がだんだん遠ざかってく…」ズリズリ

真姫「にこちゃん親子の会話も聞こえない…」

絵里「あ、熱いわ…溶けそう…真夏の制服のポッケに入れたチョコの気持ちがほんとに…良く分かるわ…」バタッ

真姫「!?エリー!?!?」

真姫「そっ!そんな物着てたら熱中症になるの当たり前じゃないっ…!!」

絵里「ふ、ふふ…私はどうやらここで天寿をまっとうするようね…」

真姫「ハァッ!?イミワカンナイ!!天寿の《て》もまっとうしてないわよ!!今それ脱がせるから!」ガサゴソ
45: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 23:31:16.82 ID:G+vn1BhI.net
真姫「……ふぅこれでいいわね。はい、お水」

絵里「ありがとう真姫っ…助かったわ」グビー

真姫「あのねぇ…それはいいんだけど結局その宇宙服のヘルメットは絶対被ってくつもり?」

絵里「当たり前じゃない…変装してなきゃ私達ってストーカーしてる変人よ?」

真姫「そう」(もう絶対突っ込まない、もう絶対触れない)

絵里「それよりまずいわよ?完全に矢澤親子を見失ってしまったわね」

真姫「問題はそこよ…どこに行ったのかしら」

絵里「うーん」 真姫「うーん」

>>47「あ、あの2人してそんな格好で…そこで一体何をしてるの…」
47: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 23:37:16.53 ID:OauT4XIe.net
海未
48: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 23:47:32.86 ID:G+vn1BhI.net
海未「あ、あの2人してそんな格好で…そこで一体何をしてるのですか…」

えりまき「「!?!?!?」」

絵里(ま、まさか海未に…!)
真姫(こんなところで…!)

真姫「べっ!べべ別に!?私達はただ休みだから」カミクルー

絵里「そっそうよ!?私達はちょっと天気が良くてウフフッ」ガクガク

海未「木の格好に、訳のわからぬヘルメットでコソコソ隠れてですか?」ジトッ

絵里「はぅっ!!」
真姫「ぐぬっ!!」

海未「穂乃果や凛ならともかく!真姫と絵里がそんな格好でウロウロしてるなんて」

海未「とても正気の沙汰には思えません!!近くの公園で話しなら聞きましょう、逃がしませんよ」

えりまき「「・・・・はい」」
79: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/02(火) 22:01:09.43 ID:KhEQ2Rec.net
>>77
http://imgur.com/dndeiuy.jpg

1433075954-レス79-画像
50: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 23:58:15.06 ID:G+vn1BhI.net
近くの公園

海未「真姫に絵里がプライベートでどんな仲かは知りませんが!」ガミガミ

海未「外でそんな格好で」ガミガミガミガミ

えりまき「・・・」

海未「仮にもアイドルという自覚がですね!?」ガミガミガミガミガミガミ

えりまき「・・・・」

海未「私だからいいですけど特に絵里は元生徒会長の威厳ガー」ガミガミガミガミガミガミガミガミ

えりまき「・・・・あっ!」

にこちゃん親子ブランコでキャッキャ

海未「ちょっと2人とも!聞いてますか?」
51: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/02(火) 00:05:58.05 ID:KhEQ2Rec.net
絵里「なんてハラショーなの!海未!」ガッツポーズ

真姫「さすがね!海未!あなたのおかげよ!」ガッツポーズ

海未「!???」

海未「わっ、わかってくれましたか!」キラキラ

海未「やっぱり2人はとても賢いです」フフン

海未「じゃあ私も用があるのでま…あれ?」

海未「・・・・・・」

海未「ふ…2人がいない…」ショボン

海未「帰ります…」テクテク
52: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/02(火) 00:18:08.48 ID:KhEQ2Rec.net
真姫「エリー、接近距離も割とチカめだから気を付けてね?」スタッ

絵里「勿論よ、海未にはほんと感謝するわ。まさに棚からピロシキとはこの事ね」スタッ

真姫「(突っ込んじゃだめ…突っ込んじゃだめ…)そうね!」

にこちゃん親子ブランコ キーコーキーコー

にこ「ブランコなんていつぶりかなっ!こんなに楽しいものだったかな?」キャッキャ

にこママ「私なんてもう乗る歳じゃないのよー?でも楽しいわねー!」キャッキャ

真姫「か、可愛い…!!親子でブランコなんて今時の高校生は絶対にしないわ!!!」ドキドキ

絵里「これこそ真の親子の姿!!!にこだから許されるにこのみの特権だわ!!!!」ウルウル
57: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/02(火) 15:28:37.46 ID:KhEQ2Rec.net
にこ「よいしょっと!」ピョンッ

にこママ「そろそろお昼ね!スーパーにでも行きましょ!」ピョンッ

にこ「何かほんとに懐かしくなっちゃった」

にこママ「そうね、にこが小さい頃はママと2人でよく公園に来たわねぇ」

にこ「ねぇ、ママ」

にこママ「んー?どうしたの?」

にこ「少しだけ、こころ達に申し訳なくなっちゃった…」

にこ「こころ達はママをひとり占めする事出来ないのに」

にこ「にこだけこんな風にママをひとり占めしていいのかな?お姉ちゃんなのに」

にこママ「にーこ」クスッ
58: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/02(火) 15:35:57.13 ID:KhEQ2Rec.net
にこママ「にこがお姉ちゃんだからこそよ?」

にこ「え?」

にこママ「にこは毎日お姉ちゃん」

にこ「うん」

にこママ「にこに甘えられるお兄ちゃんやお姉ちゃんはいる?」

にこ「…いない」

にこママ「だったら頑張ってるお姉ちゃんが甘えられる人ってママしかいないじゃない」

にこママ「たまにはお姉ちゃんもアイドルもお休みしちゃったってバチは当たらないものよ?」

にこママ「ほらっ!スーパー行くわよ!今日のお昼は冷やし中華ねっ!」パァッ

にこ(にこの憧れてるママはやっぱり、やっぱりとてもかっこいいよ!)「ハーイ!!」ニコッ
59: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/02(火) 15:49:23.49 ID:KhEQ2Rec.net
真姫「私、今この晴れ晴れしい空の彼方へ浄化されてしまいそう」涙ドバー

絵里「うっ…うう…はぅぅ…グスッ、もう言葉にならない」涙ドバー

真姫「次からもう少しにこちゃんに優しく接してあげたい」

絵里「強がったり普段は見栄張っちゃうにこのこんな本音を聞いて私はようやく愚か者だと気付いたわ」

真姫「それよりブランコぴょんって飛び跳ねた時最高にわたしの心もぴょんぴょんしたのは内緒よ」

絵里「というか今更だけどにこのあの水玉ワンピースに麦わら帽子って何なのよ!?めちゃくちゃ可愛いじゃないっ!!?!!?!」

えりまき「「ありがとう、初夏のひと時」」
60: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/02(火) 16:58:46.65 ID:KhEQ2Rec.net
想像力を画力に還元したいよな
http://imgur.com/fkDFAar.jpg

1433075954-レス60-画像
66: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/02(火) 20:56:49.49 ID:KhEQ2Rec.net
矢澤親子スーパーで買い物が終わり────

にこママ「買ったアイス、パッキン!しよっか」

にこ「にこが半分こにするねっ」ググッ

にこ「てい!」パッキーン

にこ「あっ…」

─どんな割れ方したかは想像して下さい─

にこ「この大きい方、ママにあげるね?」

にこママ「ありがとう、私が小さい方もらうわねっ」ヒョイッ

にこ「ママってばぁ~あはは」テレ
67: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/02(火) 21:01:56.76 ID:KhEQ2Rec.net
電柱裏

真姫「ぱっぱぱ、パッキーンしてるわよ?あの親子はどうしてこうもツボを押さえてるのかしら…」

絵里「私あれ食べた事ないの。さっきスーパーでにこ親子と同じの買ってきたわ、一緒に食べない?真姫」

真姫「ありがとうエリー、木の格好もここまで来るとほんとに暑いのよ…」

絵里「じゃ、私がパッキーン!するわね」ググッ

真姫「あっ!!待ってエ、絵里「ふんぬっ!!」

パッキーン…

─どんな割れ方したかは想像して下さい─

絵里「しくしくしくしく」チイサイ
真姫「だからとめようと…」オオキイ
68: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/02(火) 21:10:47.82 ID:KhEQ2Rec.net
アイスペロペロ矢澤親子

にこ「今度はこころとここあ、こたろう達みんなでお外でアイス食べようね!」

にこママ「そうねっ、またいつ休みが取れるか分かんないけど…次は家族みんなでお出掛けしようね」ニコッ

にこママ「指切りげんまんしよっか!」スッ

にこ「約束だよ!」ギュッ

────ピロロン!!ピロロン!!ピロロン!!

にこママ「あら?電話………」ジッ

にこ「…電話、取らないの?」

にこママ「……………」

直下コンマ偶数なら電話を取る
奇数なら電話を無視する
71: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/02(火) 21:17:18.80 ID:KhEQ2Rec.net
────ピロロン!!ピロロン!!ピロッ

にこママ「はい、矢澤です」

にこママ「え?」

にこママ「・・・・」

にこママ「どうしてもでしょうか…」

にこママ「・・・・」

にこママ「はい、分かりました」

にこママ「では…」ピッ

にこママ「にこ、ごめ 「わかってるよママ」

にこ「仕事、呼ばれたんだよね?」

にこママ「ごめんなさい…」

にこママ「せっかく休みだったのに…ガッカリさせるような事をして…」
73: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/02(火) 21:23:51.88 ID:KhEQ2Rec.net
にこ「ママ、今日はすごい楽しかった。わがままいっぱい聞いてくれてありがとう!」ニコッ

にこママ「にこ…」

にこ「ダメだよ!そんな顔しちゃっ!!にこはすごい幸せだなぁって、ママの娘で良かったって!ほんとにかっこいいママだって思ったの!!」

にこ「だから、今度は家族みんなで!ねっ?約束したから大丈夫っ!」

にこママ「にこ、ありがとう…前髪上げて?」

にこ「え?こう?」スッ

にこママ「ちゅっ」

にこ「!えへへ…」

にこママ「次は絶対みんなでアイス食べるわよ?」

にこ「うんっ!」
74: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/02(火) 21:31:31.39 ID:KhEQ2Rec.net
仕事へと去ってくにこママに手を振り続けるにこ

にこ「もう少しだけ…」

にこ「もう少しだけ一緒に…なんて言えなかったなぁ」ポロポロ

にこ「わがまましちゃダメだから」ポロポロ

にこ「わがまましちゃダメだったのかなぁ」ポロポロ

にこ「にこ、ほんとはママに褒められるほどしっかりしてないや」ポロポロポロ

真姫「にこちゃん」

絵里「にこ」

ギューーーーーーーッ

えりまき「「良くわかんないけど偶然通りかかったから抱きしめるわね?」」
84: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 00:02:47.26 ID:hM1ATwjG.net
にこの元へ走り出す直前

絵里「にこっ…」

真姫「にこちゃんっ…(真姫!耐えるのっ…私達が出てはいけないの!)」

真姫「エリー…我慢よ。今すぐ抱きしめてあげたいけどにこちゃんにはにこちゃんの試練があるの」

真姫「そして私達は見守る事でにこちゃんを理解するのよ…」

絵里「…なの」

真姫「えっ?」

絵里「…んなの」

真姫「え、」

絵里「そんなの知らないわよ!!!!!」ダンッ

ヘルメットを脱ぎ捨てる

絵里「いつも人を笑顔に!!いつも人に幸せを届けるって!!言ってる本人があんなに悲しくて泣いてるなら!!!」

絵里「私がにこのHappy makerになるわよ!!!!!!」

絵里「見てるだけじゃ止まってるのと同じよ」

真姫「!」ハッ

真姫「………私って馬鹿ね!何が見守るよ!フフッ、そんなのやめ!」スッ

ま木を脱ぎ捨てる

真姫「私もにこちゃんのHappy makerだもん!」

2人にこの元へ駆け出す
85: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 00:20:35.40 ID:hM1ATwjG.net
にこ「!?!?あ、あっ!絵里に真姫ちゃん!?」オロオロ

にこ「なっ!何で2人がこんなところ通り掛かってんのよ!?!?」フキフキ

絵里「あら、これからお昼ご飯?」

真姫「中身は…さしずめ冷やし中華といったとこかしら?」フフッ

にこ「そっそうよ!?これからお昼なの!お家帰るからっ!!ま、また明日会いましょっ!」

にこの手グイーッ

真姫「私達…暇だしお昼まだなのよねー、ね?エリー」カミクルー

絵里「そうそう、チョード(裏声)にこの家にでもお邪魔しようかって話してたのよ~?」

にこ「じゃっ!じゃあ家で冷やし中華でも食べてけばっ!2人分買ったんだけど多分3人でも食べれると思うわよ!」

真姫「さっすがにこちゃんわかってるわね!」

絵里「ハラショー!じゃあにこの家まで走るわよー!」

真姫「走るの得意じゃないけど負けないわよ!」

えりまき「よーいドン!!!」スタダッ!!

にこ「ちょっ!!!にこ置いてくなんてどういう神経!?やだ待ってぇええええええええええ!!!!!!!!!」

3人仲良く炎天下の中はしゃいで熱中症になりかけましたとさ

オワーリ
88: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 00:48:07.03 ID:hM1ATwjG.net
冷やし中華編

矢澤宅

真姫「にこちゃーん、卵って何分茹でればいいの?」

にこ「そうね7~10分、半熟なら7分ちょっと目安がいいわね」キュウリ トントコトントン

絵里「ねぇにこ?麺っていつまで見てればいいの…?」

にこ「そうね、ちょっとお箸貸して?」チュル

にこ「このくらいならあと1分ほどで良い柔らかさになるわね」

真姫「にこちゃーん、卵の殻の下の白い膜うまく取れない」

にこ「これは冷水の中でヒビの入ったとこから一気にツルッとめくるのよ、貸して」ツルンッ
89: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 01:01:10.51 ID:hM1ATwjG.net
絵里「ねぇーにこー?チャーシュー上手く切れないわ…」

にこ「絵里いいかしら?(にこ後ろから手を添える)しっかり左手添えて…あ、前見えない」

絵里「あっしゃがむわね」ヒョコッ

にこ「ありがとう、それで気持ち分の力を加えながら包丁を前後に引くの」スッ

真姫「にこちゃーん!錦糸卵ってどうやって作るの?」

にこ「そのフライパン使うの、ちょっと難しいけどコツさえ掴めば出来るわ。見てて」

にこ「とりあえず簡単にやるわ、薄ーく卵を流して…あっお箸ちょうだい」 真姫「どうぞ」

にこ「そこから固まらないうちに少し卵を全体的に回すのよ、片栗粉を少し入れてあるから下手に破れないわよ」

にこ「弱火でフタをして少し待てばほら、出来た」テッテーン

にこ「お箸を裏から通して…っと、はいOK」

にこ「これを細切りでお願いね」
91: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 01:08:24.57 ID:hM1ATwjG.net
絵里「ねぇーにーこー」

にこ「はいはいどしたの」

絵里「冷やし中華にミカンって…私どうかと思うのよ」

にこ「あくまで夏の風物詩、いわゆるサッパリする為のアクセントなの。そんなの気にしないでまずは食べるとき挑戦してみてよ」

絵里「そう?言われてみれば美味しそうな気がしてきたわ」

真姫「にーこーちゃーん!」

にこ「わかったから言ってみて」キュウリ トントコトントン

真姫「私の冷やし中華トマト多めに入れてもいい?」

にこ「入れたい分だけ入れていいわよ」キュウリ ザクザク
92: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 01:20:31.06 ID:hM1ATwjG.net
絵里「にこー?お願い」

にこ「あいよ」

にこ「あー、エビね。茹でる前に背わたは取ってあるから心配ない」

にこ「絵里、この内側のお腹に足が生えてて接ぎ目があるわよね?ここから指を入れて殻を剥くの」

にこ「絵里だとまだ一度で剥けないから、少しずつはがしたらいいわ、あ!尻尾のハリの部分気をつけて!痛いから」

真姫「ねぇねぇねぇにこちゃん…」

にこ「はい」

真姫「木、キクラゲってちょっと気持ち悪い」

にこ「何言ってんのよ、このくらい平気にならないと将来お嫁に行けないわよ?」

真姫「お、おおお嫁になんか行かないもん!/////(チラッ)」カミノケクルクル-

にこ「はぁ…行くの!真姫ちゃんだったらいつかすぐ良い旦那さん出来るわよ!ちゃんとにこが教えてあげるからやって!」
94: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 01:30:53.66 ID:hM1ATwjG.net
真姫「にこちゃんってほんと鈍すぎるわねぇー」ボソッ

にこ「なっ!何がよぉっ!?」プンスカ

真姫「何でもないわ」クスクス

絵里「にこったらキュウリまだ切ってる途中なの…!?」

にこ「はっ、ハァーーーッ!?あんた達に呼ばれ続けて丁寧に講座開いてたらこのザマよおおおお!!!」

絵里「フフフッ!ハハッ!冗談よ?ありがとうにーこ♡」ナゲキッス

にこ「や、やめなさいよおおおおおおお!!!!!」ブンブン

真姫「キュウリ~♡トントコトントン可愛い~♡」マキプリ

にこ「美声でにこの歌うたうのやめなさいよおおおおおおお!!!!!!!!!!」
96: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 01:46:26.65 ID:hM1ATwjG.net
絵里「とーどーけー♡…エビの殻」ボソッ

真姫「クッ…(笑いを必死に堪えている)」

にこ「エエエエエエリィイイイイイイイイイ!!!!!!!!!!」グワッー

えりまき「フフッ、フフフアハハハッwww」

にこ「笑ってんじゃないわよおおお!!馬鹿!!馬鹿!!!」プンプン

絵里「すっごく楽しいわ、充実してるっていうのかしら」

真姫「エリーって意外と好きよね、こういう雰囲気」

にこ「真姫ちゃんだって楽しいんでしょ~?素直に言いなさいよ~」ニヤニヤ

真姫「そうね、楽しいわね!にこちゃんの一生懸命のツッコミが」ニヤニヤ

絵里「真姫ったらそうやってすぐにこの事からかうんだから」フフッ

絵里「にこ?私はにこが一生懸命ツッコミ入れる時の一生懸命な顔が好きよ?」真顔

にこ「そう(真姫ちゃん以上にタチ悪いわ)」
97: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 02:01:40.90 ID:hM1ATwjG.net
にこ「さてと!雑談はここまでにしてー!」

にこ「せーのっ」

えりまき「完成ー!!!!!!!」パチパチ

絵里「ついつい話に花が咲いて遅くなっちゃったわねー」

真顔「結構お腹空いちゃったかも」グゥ

にこ「さぁ、おあがりよ!」デッデーン

絵里「はい♡」 真姫「あーん♡」

スッ

にこ「へっ??」

真姫「ほら?にこちゃん」スッ
絵里「早く口開けて?」スッ

にこ「ちょっ///ちょっと恥ずかしいんだけどぉっ!?/////」

絵里「嫌ならいいのよ?」ニヤニヤ
真姫「それもそうねぇ?」ニヤニヤ

にこ「いっ!嫌じゃないわよ!!!たーべーる!!はいっ!あーっ!!!」

真姫「ウフフッ、なんちゃって」スイーッ パク
絵里「真姫ったらちょっと意地悪よ?」スイーッ パク

にこ「絵里だって自分で食べてんじゃないっ!?!?!?」

にこ「んああああもうっ!!!いただきまーすっ!!!!!」

冷やし中華編 オワーリ
98: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 02:27:32.21 ID:hM1ATwjG.net
とある夏休み終盤

某アプリにて

エリーチカ<海、明日いかない? 既読2

マッキー<海?この間μ'sのみんなで私の別荘行ったじゃない? 既読2

にこにー<明日なら暇だしにこはOK 既読2

マッキー<2人が行くなら、じゃあ私も 既読2

エリーチカ<じゃあ明日の午後2時に駅で会いましょ 既読2

マッキー<了解 既読2

にこにー<にこっ♡

にこにー<最後まで既読しなさいよ!!!!
102: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 09:33:35.79 ID:hM1ATwjG.net
追記

にこにー<にこっ♡ 既読2

にこにー<最後まで既読しなさいよ!!!! 既読2

エリーチカ<あっ、そうそう言い忘れてたわ!明日は2人とも夏らしく海に合ったモノをそれぞれ持ってき・て・ね♡ 既読2

マッキー<海に合うもの、ね?わかったわ~眠い、おやすみ 既読2

エリーチカ<今度こそおやすみ~🍵 既読2

にこにー<OK!じゃあにこも寝るにこー♡おやすみ♡

にこ「・・・・」

にこにー<だからにこまで既読してよおおおおおっ!!!!
104: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 09:42:54.31 ID:hM1ATwjG.net
駅前 約束の定時

にこ「約束より先に来てるのにこだけ…にしても重いわほんとこれぇ~…」ズッシリ

タッタッタッ

真姫「間に合ったわね!にこちゃん少し待たせた?ごめんなさい、ハァ…ハァ…重いのよ、これ」ズッシリ

にこ「あ…」ポカーン

真姫「ほらっ!昨日言ってたじゃない、やっぱり夏らしく海に合うものって言ったらこれよね!」フフン

真姫「にこちゃんは何持っ…」チラッ

真姫「あ…」 にこ「…」

絵里「お待たせーっ!ごめんなさい遅くなっちゃったわ!フフッ、あんまりに重いもの持っててなかなか走れなかったの…」ズッシリ

にこ「絵里…」

真姫「ああ…」

絵里「ふぇ?どうしたの??」ズッシリ

真姫「」ズッシリ
にこ「」ズッシリ
絵里「あ…」ズッシリ

にこえりまき「「「・・・・・・・・」」」ズッシリ
105: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 09:53:16.19 ID:hM1ATwjG.net
電車の中

絵里「いい景色ねぇ」ズッシリ
真姫「そうね」ズッシリ
にこ「ほんといい景色ね」ズッシリ

ズッシリ

絵里「仕方ないもの…まさか3人とも同じ事考えてたなんて、ある意味これって以心伝心じゃない?素敵だわっ」

絵里「ほ、ほら私達ってほんとさすがユニット組んでるだけあるっていうか…2人とも自信を持つべきよ?」

絵里「だってしょうがないじゃない!!!夏と言えば…!海と言えば…!これしか浮かばないわよっ…」シクシク

にこ「素直に花火持ってくるんだったわ…」

真姫「素直にBBQの手配すれば良かった…」

スイカ 3個 ズッシリ
106: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 10:08:17.44 ID:hM1ATwjG.net
着駅後

真姫「ねぇ…どうするの?スイカ3つも…私達の中には大食漢なんて1人もいないわよ…?」

にこえり「「・・・・」」

絵里「始まりから先が思いやられるわね…」

にこ「んもー!仕方ないわ!今考えても時間の無駄ね!とりあえず海行こっ!海!それから考えましょー!(やけくそ)」

真姫「そうね、もしかしたら遊んでるうちにお腹空いて食べちゃうかも知れない(やけくそ)」

絵里「インターバル設けて3回に分けてスイカ割ればあるいは…(やけくそ)」

真姫「何かイケる気がしてきたかも!」
絵里「大丈夫よ多分どうにかなるわ!」
にこ「このくらいなんて事ないわよ!」

にこえりまき「「「夏を満喫しましょ!!!」」」
107: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 10:24:45.59 ID:hM1ATwjG.net
歩いて10分

にこ「あ゛、あ゛づい゛」ダラダラ
真姫「お゛、お゛も゛い゛」ダラダラ

絵里「にこも真姫もだらしないわよー?」キラッ

にこ「なんで絵里は平気なのよ」ムスッ

真姫「ロシア人のクォーターって暑さには平気なの?」ハァ

絵里「そんな事ないわよ?暑いのはすごく苦手。ロシアだけじゃなく北海道もそんなイメージ持たれてるわねー」

絵里「でも、私こういう暑さや重さなら平気なの。早く海に行きたいワクワクの方が勝っちゃうもの」フフッ

真姫「エリーってたまーに割と子供っぽく見えるときがあるわ」ゼェ

にこ「ぶはぁっ…うぬぬ…ふぬぬ…」ゼェゼェ

絵里「にこ、私にスイカ貸して」

にこ「あっ…大丈夫…ハァ…持てるぅ…」ゼェハァ

絵里「いいから、ほらお水飲んで?」スイカヒョイッ

にこ「ごめ…んっ、ありが…と」ヨロヨロ

真姫「絵里やっぱりさっき言ったの撤回ね」

絵里「なーにー?」フフッ

真姫(違うわ、エリーが大人なのよ。私ったら恥ずかしい…)
110: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 10:54:56.23 ID:hM1ATwjG.net
にこ「絵里ごめんっ…ありがとう!」

絵里「いいのよ?私が疲れたらお水くれる?」クスッ

絵里「真姫も平気なの?ギリギリ3つ何とか持てそうよ?」アセフキ

真姫「もう…エリーったら無理して。私はまだ大丈夫、ありがとう」フフッ

真姫「にこちゃんは体が小さいから辛くて当たり前よね、大丈夫?」

にこ「ごめん2人とも~…にこばっかりで」

真姫「いいのよ、これもまた夏らしいわ。ね?エリー」汗キラキラ

絵里「そうよー?ふぅ…それにこうやって汗水流して、目的を果たす事も気持ちがいいじゃない」汗キラキラ

にこ「2人とも…えへへ、ありがと」ボソッ

にこ「あっ…海!」パァッ

真姫「フフッ、やっとね」パァッ

絵里「ねっ?努力は報われるのよ」パァッ

波打ち際に反射する光が、何よりどんな宝石より輝いてとても綺麗に見えたんだ
112: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 11:04:52.39 ID:hM1ATwjG.net
にこえりまき「「「夏、最高ねっ!!!!」」」キャーッ

にこ「なっ、何か変な気持ち!素直にちょっと何故か感動しちゃう」ウルッ

真姫「アハハハ、にこちゃんったら大袈裟ね」ウルッ

絵里「真姫、少し目が赤いわよ?」ニヤニヤ

真姫「ヴ、ヴェエエッ!違うもんっ!!紫外線当たりすぎたのっ!!」

にこ「サングラスつけてるのにね」ニヤニヤ

真姫「違うったら違うもんっ!!!!/////」顔真っ赤


遠くの方

>>115「あれは…」
113: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 11:13:20.65 ID:hM1ATwjG.net
>>112
訂正
にこ「さっきまでサングラスつけてたのにね」ニヤニヤ
115: 名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 11:31:26.19 ID:X1KKkjbt.net
リリホワ
116: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 11:49:42.29 ID:hM1ATwjG.net
のぞうみりん「あれは…」

にこえりまき「キャッキャーwwwwww」

希「あっ!あれって、えりちに真姫ちゃん、にこっちやん!」

凛「!?海未ちゃん希ちゃん見てにゃー!何かすっごいよ3人とも!」ワクワク

海未「あ、あの3人はどうしてスイカを3つも持ってるんですか…?」オロオロ

のぞりん「さ、さぁ…?」

希「あははっえりちはスイカ2つ持ってたくましいなぁ」

凛「ねぇねぇ!もしかしたら凛達みたいに向こうもユニットのBiBiの曲に合わせて海に来たのかなっ?」

海未「確かに向こうも夏の歌がありましたね。あっ、でもあれは確か…」

希「まぁー取り敢えずいこっか!何か楽しそうやん!!」キャッキャ
117: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 12:01:04.34 ID:hM1ATwjG.net
絵里「それじゃあ、取り敢えずここにスイカはまとめて置いておこうかしら」ドスッ ドスッ

真姫「水着に着替えてきましょー?すっごい暑い…」

にこ「ちょっとにこは日焼け止め塗り直すー!」

おーーーーーーーい!

おーーーーーーーい!!

おーーーーーーーい!!!

にこ「ん?あの3人組…!」
真姫「あら?偶然もあるものね」
絵里「あっ!希ー!凛ー!海未ー!!!」

海未「あの…ス 凛「合宿振りだにゃーっ!!」
希「ごきげんようやねぇー」 海未「スイカ…」
120: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 12:23:48.36 ID:hM1ATwjG.net
にこ「希達も3人で海に遊びに来たの?」

凛「凛たちはねーっ!ユニットの曲が夏っぽいから色々考えに来たんだにゃー!」キャッキャ

海未「あのスイカが3っ…」

絵里「あら、ほんと?偶然ね私達もユニットでちょっと(ただ遊びに来ただなんて言えない)」

海未「そんなにスイ…」

希「そうなんー?うちらと同じやねーっ!」エヘヘ

にこ「とっ、とーぜんじゃない!私達も爪は甘くないのよー?(言えない、遊びに来ただけなんて言えない)」

海未「そうですね!みんなちゃんとしっかりユニットの事まで考えてて偉いです」ニコッ

真姫(あっ、海未さり気にスイカの事諦めた)
123: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 00:44:18.24 ID:WfJcYbVU.net
真姫(…あっ!しめしめ)

真姫「さてと、リリホワ組も混ざってほんとに運がいいわ」

真姫「みんな?私にいい考えがあるんだけど」

希「えーっ!気になるー!教えてやー!」
凛「凛も!凛も知りたいー!」

海未「わ、私もっ!私も気になります!そもそも何故スイカが3つもあるのか…」

にこ(そこっ!?海未は紛れもなく天然だけど鋭いわ…理由は絶対教えない)

絵里(真姫のいい考えって何かしら!?)

真姫「みんな!まずは水着!水着に着替えるわよ!」

>>125「んっ?あの大勢でワイワイしてるのって…!」
125: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 00:45:34.65 ID:ON872ldl.net
ほのパパ
127: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 01:03:08.68 ID:WfJcYbVU.net
ほのパパ「んっ?あの大勢でワイワイしてるのって…!」釣り中

穂乃果「あーんっ!ぜんっぜん釣れないよぉー!!!やっぱり泳ぐー!」ジタバタ

ことり「そうだね…なかなか釣れないね」エヘヘ

花陽「今日のご飯のおかずに美味しい焼き魚…」シュン

ほのパパ「穂乃果、友達」指さし

穂乃果「ほぇ?」ボケー

BiBi リリホワ キャッキャ

花陽「あぁっ!凛ちゃんがいるよぉ!それにみんなも…う、うわぁっ!!」竿Hit!

ことり「みんな楽しそうにはしゃいでるけど何し…ぴゃあっ!」竿Hit!

穂乃果「ちょうど釣り飽きてたしみんなのとこに泳ぎに行こうよっ!!ってうっひゃあ!!」竿Hit!
128: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 01:22:41.02 ID:WfJcYbVU.net
ほのパパ「(リールを巻くんだ!)早く!」

花陽「(リールを巻かなきゃ!)はいっ!」ギリギリギリッ!! ググッ!! シュッ!!

ことり「(遊びに行きなさいって事かなぁ…)良いんですかっ?でも…」グルグルッ

穂乃果「早く!?何を!?ええ!?どうしよううううううううっ!!!」ブチッ!!「あっ」

穂乃果「海は広いね」ボケー

ほのパパ「(2人とも)いいぞ」

花陽「(ここで無理に追っては呑まれる…っ!ここからの駆け引きが重要…焦りは禁物、疲れさせて一気にしとめるっ!)はいっ!」シュルッ!! バシュッ!!

ことり「(えっ?行っていいの…?)穂乃果ちゃんのパパッ!お言葉に甘えて…!お魚さんよろしくお願いしますっ!いこっ穂乃果ちゃん!!」タッタッタッ

穂乃果「!やったぁーっ!!泳ぐぞぉーっ!!」タッタッタッ

ほのパパ「」ギュルルッ!!
132: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 22:16:12.94 ID:WfJcYbVU.net
穂乃果「いゃっほー!!みんなーっ!!」

ことり「わーい!みんなも海に来てるなんて奇遇だね!」

穂乃果「んもーっ!みんな海に来るなら穂乃果たちも誘ってよぉー」プンスカ

海未「穂乃果にことり!」

希「お~っ?2人とも水着着てるいう事は、泳ぐ気マンマンやなぁ?」

真姫「あら?2人だけで海に来たの?」

ことり「ほんとは穂乃果ちゃんのお父さんに花陽ちゃんも居るんだけど…」

向こう側の海

花陽「(う、腕が持ってかれそう…もう限界です…)穂乃果ちゃんのお、お父さん!」グググッ

ほのパパ「(やはり力のない女の子に辛抱場は耐えられないか、いやそんなはずはない!関係ない!気合いを)入れるぞ!」ギュイギュイッ!!

花陽「(ほ、穂乃果ちゃんのお父さんからとてもない気迫を感じるっ…!?ご、ご飯のおかず…焼き魚!!)ハァァアアアアッ!いきます!」覚醒

こっち側の海

絵里「は、花陽と穂乃果のお父様は一体何と戦ってるのかしら…」

にこ「さぁ…」
134: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 22:34:30.95 ID:WfJcYbVU.net
真姫「じゃあとりあえず穂乃果にことりもまぜて、…花陽も来たら参加してもらいましょ」

真姫「みんな水着に着替えたわね?じゃあこれから何をするか説明するわ」

真姫「まず、ここに3つのスイカがあるわ。何で3つもあるのかは聞かないでちょうだい」

にこ「・・・・」
絵里「あはは…」

真姫「このスイカを使って…そうね」

真姫「それぞれがユニットでチームを組んでちょうだい」

ほのりん「も、もしかして…!」ドキドキ

真姫「フフッ…夏と言えば?勿論これよ」スッ

希「あっ!これかぁ~にしし…」チラッ
絵里「希?フフフ、よからぬ事企んでるわね」チラッ

http://imgur.com/bILuebs.jpg

1433075954-レス134-画像
136: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 22:58:26.12 ID:WfJcYbVU.net
真姫「まずはジャンケンの結果からリリホワが先ね」

海未「ふふふ、燃えてきました」ゴォォ

真姫(そうね、ずっと海未だけスイカ気にしてたもの)

凛「にゃー!それじゃあ凛たちは誰が目隠しするっ?」

希「んー、やっぱりやる気まんまんの海未ちゃんにやってもらおか?」

凛「さーんせーいっ!」
海未「わっわわ私がやっていいんですかっ!?」パァッ

真姫「じゃあ凛と希はサポート役ね」

にこ「スイカスタンバイオーケーェェエエイ!」

凛「海未ちゃん!回しちゃうよーっ!」グルッ
希「いっくでぇーっ!にししっ」グルグルッ

ピタッ 海未「う、ぬぬ!行きます!」フラッ


海未(方向↘)



スイカ→〇

希「海未ちゃーん!>>138やね!」パンパンッ
138: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 23:00:39.95 ID:OMaUxXBe.net
そのまままっすぐ
139: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 23:11:55.74 ID:WfJcYbVU.net
波打ち際に立つ希

希「海未ちゃーん!そのまままっすぐやね!(ニヤニヤ)」パンパンッ

海未ちゃん「ふふふ、任せて下さい」ソーットソーット

凛(にゃっ!希ちゃん!よぉーっし)ニヤニヤ

凛「海未ちゃんこっちこっちー!」ザパーンッ

海未「・・・・ハッ!?」

海未(おかしい…気のせいでしょうか、スイカの波動が徐々に遠ざかってるような気がします)

海未(それに…耳をすませば希と凛の声の方からわずかに波の音が聴こえるような聴こえないような…)

海未(いいのでしょうか…私はもしかして騙されているのでは…)

海未(・・・・)

海未(い、いけません!!!わ、私は一体何を疑っているのですか!!仲間ですよ!?仲間を疑うなんて…最低ですっ!!最低ですよ園田海未!!!!)

海未(信じましょう…信じましょう2人を!)
141: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 23:30:02.79 ID:WfJcYbVU.net
海未「ふっふっふ、覚悟です!!!スイカーーーーッ!!!!」ダダーッ!!

希・凛「そぉーれっ!」海未の腕グイーッ

3人ザップーン!!!!!!!!

海未「!?!?!?!?!?」プハァッ

希「あっはは!うしし大成功やんっ!!」キャッキャッ
凛「にゃっはは!!やったにゃー!!」キャッキャッ

海未「うぅ…っ!騙しましたねっ!?」

真姫「イタズラ好きも2人揃うと大変ね…スイカ3人で仲良く割って食べてね」

海未「スイカに免じて許しますけど…!もうしないでくださいねっ!?」

希「あはは!ごめんなぁ海未ちゃん、でも海気持ちええなぁーっ!」パシャッ

凛「わっ希ちゃん冷たーい!スイカ食べたら泳ごうねっ!」パシャッ

海未「きゃっ…!仕方ないですね…フフッ」パシャッ

3人キャッキャ
143: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 23:49:08.14 ID:WfJcYbVU.net
真姫(それにしてもほんとにみんなが偶然たまたまここに居合わせてほんと良かったわ…これも見知らぬ誰かの神安価のおかげね…)

絵里「フッフッフッ…」
にこ「次は私達ね!!」ニヤニヤ

真姫(…あっ!エリーはいいとしてにこちゃんのあの顔…絶対イタズラする気だわ、どうしましょ…)

絵里「私…実はスイカ割すごく楽しみにしてたのよね」

真姫(ここで絵里が遠まわしにアピールしてくるとは…っどうしたらいいかしら)

にこ「やりたいの?いいわよっ!やっちゃいなさいよ!あっ、真姫ちゃんは?」ニヤニヤ

真姫(まずいわね)
真姫「わわわ私も…やりたい、かも!」

絵里「待ってちょうだい!やっぱりここは平等にジャンケンってとこね!」

にこ「えぇ~?にこは別にいいのにぃー」

真姫「(うーん仕方ないわ)ジャンケンでいきましょ!勝った方が目隠しって事で」

3人「ジャーンケーンポン!」

>>145「勝ったわ」
145: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 23:55:43.71 ID:bODoDH0J.net
絵 里
146: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/05(金) 00:23:21.20 ID:jKeeC8CN.net
絵里「勝ったわ」

絵里「勝ったわ!勝ったわよー!」ピョーン


向こう側の海

花陽「(魚の力が…弱ってきてる!今夜のおかず…絶対逃さない!)ハァッ、ハァ」ググッ!! ギュルルッ!! シュインッシュインッ!!

ほのパパ「(小泉くんは先が楽しみだな、良いものを見せてもらったぞ)ハッハッハ」ギリリッ!!シュッ!!

花陽「(穂乃果ちゃんのお父さん…笑ってる!?これが力の差…)すごいですね!穂乃果ちゃんのお父さんっ!!(でもこの戦いは負けられません!)」

花陽「これでっ…!!最後です!!」
ほのパパ「いいぞ小泉くん」グッ

ズザザザザッ ザッパーン!!パチャッ!!

宙に舞ったしなるヒレが、魚体が、花陽とほのパパに見事なる勝利のメロディーを奏で2人を祝福したのだった

花陽とほのパパ(黒光る魚を高々と掲げながら)カシャッ

花陽とほのパパ(黙々と魚拓作成中)

ひと夏の汗はとても眩しく2人を輝かせていたのだった
147: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/05(金) 00:29:27.58 ID:jKeeC8CN.net
にこ「ふふんっ絵里が目隠しねー!」ニヤニヤ

真姫(結局エリーが勝っちゃったわね…こうなったらにこちゃんのイタズラは私が阻止するわ!)

真姫「エリー、目隠しするわよ?いいかしら?」

絵里「お願いするわ!真姫!」ニコニコ

真姫「はい、結ぶわよ(あれ…?エリーって確か…)」ギュッ

絵里「…あっ」キョロキョロ

絵里「ちょちょっ、ちょっと…」キョロキョロ

絵里「な、何も見えないわっ…!!」キョロキョロ

真姫(・・・・)
にこ(見えないって、正気かしら…)
148: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/05(金) 00:40:26.07 ID:jKeeC8CN.net
絵里「まっ、真姫ぃ…!」ピターッ

真姫「ヴェエエ!?/////ちょっとエリーくっつかないでよぉーっ!」

にこ(ん?あっ!ふっふっふー!)
にこ「もう真姫ちゃんも目隠しして2人でやっちゃえば?」ハァ-

真姫「は、はぁ!?イミワカンナイ!/////」

絵里「真姫ぃ…!離れないでよっ?」オロオロ

にこ「あぁーっ!真姫ちゃんも目隠し怖いんだぁーっ?」

真姫「…っっ!/////そ、そんな訳っ!いいわよ!(絶対イタズラなんかに負けないもん)にこちゃんっ!私も目隠しして!」

にこ「はぁーい二コ(チョロいわね)」ニヤニヤ
150: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/05(金) 01:06:55.17 ID:jKeeC8CN.net
真姫「ふんっ、いいじゃない!エリー!2人でスイカ割るわよ?」

にこ「(フフンッ)じゃあ真姫ちゃん縛るわよ」ワクワク

絵里「いっ、一回これ取ってもいいかしら…」キョロキョロ

にこ「絵里は少しの辛抱よ?はい、真姫ちゃん出来たわ!」ギュッ


後ろの砂浜

穂乃果「わぁーっ!ことりちゃん砂のお城作るのすごい上手いねっ!」キャッキャ

ことり「穂乃果ちゃんだって砂のパンすごいよぉ!」エヘヘッ

タッタッタッタ!!!!

花陽「おおっ!おっ!おまたせーっ!!」ハァハァ

ことほの「花陽ちゃん!」
153: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/05(金) 01:55:51.39 ID:jKeeC8CN.net
再投下

絵里「ね、ねぇっ…今何も見えないんだけどこれって…」ギュ-

真姫「こ、これ…っ!もしかしてっ、もしかして見えてたら割と恥ずかしい格好なんじゃ…」ギュー

にこ「えぇ~?そう?全然普通だと思うけど」ニヤニヤ

真姫「私とエリーのお互いの手を縛って棒を持つってどういう状態よ!!ねぇにこちゃん!?」カァーッ

真姫「しかも抱き合う形になってんじゃないこれーっ!/////」

絵里(こ、怖いから助かるけど…真姫の胸がすごい当たってるじゃない…私も恥ずかしいんだけど)カァッ

にこ「いい?じゃあ始めるわよっ!えいっ」グルグル

ピタッ 絵里「・・・ゴクッ」真姫「・・・行くわよ」

↓穂乃果ことり花陽(砂遊び)
〇〇〇


(向き↓)
絵里→〇〇←真姫
|


リリホワ
スイカ→〇

にこ「よーし!(スイカ隠しちゃえ)>>155向いて>>156ねっ!」パンパンッ
155: 名無しで叶える物語(りんご)@\(^o^)/ 2015/06/05(金) 02:07:02.10 ID:oglbVoRX.net
上向いて
156: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/06/05(金) 07:06:09.94 ID:zH7xObHz.net
斜め左に前進
164: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/05(金) 15:09:51.73 ID:jKeeC8CN.net
にこ「よーし!(スイカ隠しちゃえ)上向いて斜め左に前進ねっ!」パンパンッ

真姫「(平常心…平常心…)こ、こうっ?」クルッ

絵里「あっ!ちょっ、真姫!勝手に…っ」ヨロッ

真姫「んぇぇっ!?」ヨロッ

ズテーンッ!バタッ

絵里「きゃああっ!」

真姫「ん、痛たた…はっ、ごめん!エリー!大丈夫!?」

絵里「んーっ…平気よ、大丈夫…ハッ!?(ななななっ何も見えないけどこれって、すごく真姫に密着してるじゃないっ!!)」

絵里(真姫に襲われてるみたい…って違うわよ!?そんな意味じゃないわっ!何言ってるのかしら私!恥ずかしいじゃない…っ!/////落ち着くのよエリーチカ、冷静に…)

真姫「…エリー?」

真姫「どうしたのっ…エリー?ほんとに大丈夫なのっ…?」アセアセ

絵里「ええ…大丈夫よ!このくらい何ともっ」ニコッ

絵里(耳元で心配そうにして素直に謝らないでちょうだいー!やめて真姫っ!/////)カァッ

にこ「2人とも大丈夫っ!?(何これ、こういうハプニングもアリなのかしら?)」ニヤニヤ
165: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/05(金) 15:37:51.63 ID:jKeeC8CN.net
絵里(にしても真姫ったら私以上に心臓ドキドキいってるじゃない…怖いのね、やっぱりここは私が年上らしくエスコートするしかないかしら?)

絵里(今のハプニングでちょっと見えない怖さも慣れたし…フフッ)「…にこに反撃するわよ?真姫、私にいい考えがあるわ」ボソボソッ

真姫「!(そうね…絶対今の様子見てにこちゃんニヤニヤしてるに違いないわ…)わかった」ボソッ

えりまき「フフフッフフッ」

にこ「んー?(やけに静かになったわね、どうしたのかしら)」

真姫「にこちゃーん!上向いて斜め左だったわよね?」

にこ「んふふぐふっ(そのまま穂乃果たちの砂のお城と砂のパンと砂の米俵に突っ込んじゃえ☆)そうにこぉ~♡」パンパンッ

絵里(倒れたおかげで向きが変わって、立ち上がり上を向く…そして斜め左…それから見えないけどにこちゃんの声と手拍子が聞こえる方向…大体つかめたわ。ここね、ドンピシャ)

絵里「真姫、いい?私がリードするからそのまま体を委ねて?」ボソボソッ

真姫「OKエリー」ボソッ
166: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/05(金) 16:12:13.69 ID:jKeeC8CN.net
絵里「さぁーて!行くわよー!スイカはどこかしらぁ~?」キョロキョロッ

真姫「あっ!スイカは向こうにある気がするわよぉ~!」スッ

絵里「あれぇー?私もそんな気がするわぁー?」クイッ

にこ「ちょっとちょっと!どこ見てんの!スイカはこっ、ここじゃ!ななっないわよっ!?」ゾクッ

真姫「あらっ!スイカって喋るのね!」ニヤニヤ
絵里「ほんとねっ!私こんなの初めてよ!」ニヤニヤ

ズンズンッ!タッタッタッ!!!

えりまき「スイカ、みーつけた♡」ニヤッ

にこ「にこぉおおおっっ!?」アセダラ-

えりまき「ンフフッ覚悟はいいかしら?」ゴゴゴ

にこ「にこぉぉぉぉぉおおおおおおっっ!!!!!!!!!」


プランタン組

花陽「えへへっ米俵のお城だよっ♪」

デデーンッ キャッキャ

穂乃果「平和だねー」ニコニコ

\ニコォォオオオッ!!!!/

ことり「にこちゃん達も楽しそうだねっ」ニコニコ

ことり「終わらないといいね、この夏…」

ザザーッ、ザプーン…ザザーッ

ミーンミーンミーン ミーンミーン…
167: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/05(金) 16:48:04.89 ID:jKeeC8CN.net
時間が経ち陽も傾き始める


絵里「ハァ、ハァ…」ボロッ
にこ「・・・・」ボロッ
真姫「ゼェ、ゼェ…」ボロッ

にこえりまき「・・・・ぷっ」

にこえりまき「ぷくくっ、あっはは!」

にこ「笑っちゃうわよ~こんなの」ヨイショ

真姫「ほんとにね、にこちゃん半泣きだったし」
絵里「にこの半泣き写真撮っちゃえば良かった」

にこ「んなっ!!トラナイデ!!!///」カァッ

絵里「2人ともさすがね、そっくり」クスクスッ
真姫「イミワカンナイ!!/////」ボフッ
にこ「イッショニシナイデ!!/////」ボフッ

真姫「そう言えば結局、穂乃果たちは待ちきれずに普通にスイカ食べちゃったわね」

絵里「お魚捌くんだってお父様と行っちゃったけど、花陽が釣ったお魚見に行けば良かったわ」アハハ

にこ「海未たちはリリホワ曲の振り閃いたー!って泳いだあと帰っちゃったのよね」フフ
168: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/05(金) 16:49:42.04 ID:jKeeC8CN.net
絵里「残るは1つのスイカ」

真姫「ねぇ、私たち今日ほんとはスイカ3つ持ってきてどうしようって思ってたけど…」

絵里「みんなとも偶然会えて、楽しくて…今は本当に良かったと思えるわね」

にこ「にこもそう思うよ。だって、ここに来る前に言った事覚えてる?」

にこ「イケるよ、多分どうにかなるよ、なんてことないわよって!ほら…その通りになった!」ニコッ

えりまき(にこっ…可愛い)ドキッ

絵里(夕陽に照らされるにこの満足そうな笑顔が…)
真姫(夕陽に染まるにこちゃんのちょっと寂しそうな顔が…)

にこ「夏、終わらないでよ…」ボソッ
169: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/05(金) 16:58:55.90 ID:jKeeC8CN.net
絵里「綺麗な夕陽…あっという間ね…えへへ」ポロッ

にこ「何で泣いちゃうのよ…!やめてよっ」ウルッ

真姫「2人とも感受性がほんと豊かなんだから」コソッ ポロッ

絵里「フフッいいじゃない…泣いたって。夕陽が胸に滲みるのよ」ポロポロ

にこ「(何でこんなに切ないんだろう、どうしてこんなに切ないんだろう…)何か、しめっぽくなっちゃった」ブワッ

真姫「まぁそれも夕陽が悪いわね、今日は全部夏のせいにしちゃいなさいよ」ナデナデ

絵里「にこってもしかすると誰よりもほんとは涙腺が弱いのかも知れないわね」ナデナデ

にこ「…うるさいー」ポロポロ
170: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/05(金) 17:18:01.75 ID:jKeeC8CN.net
真姫(そこが)ドキ 絵里(可愛いのよね)ドキ

真姫《ちゅっ にこ「んぇっ?」 ちゅっ》絵里

にこ「んなっ!/////何してんのっ!!/////」バッ

真姫「特に理由はないわ」フフン
絵里「そうねぇ、何となく」フフフ

にこ「あんた達ってほほっほんとよく分かんないわよっ!!/////馬鹿っ!馬鹿っ!/////」ムスー

陽が落ちて明るい夜空


・・・・・・・・

真姫「エリーとにこちゃん、2人とも同じ年で私だけ年下なのがいや」

真姫「にこちゃんたまに意地悪してくるし、エリー年下扱いしてくるし」

真姫「でもそうじゃなくて、2人と同じ年が良かったかなーって少し、ほんのたまーにだけ思う」
171: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/05(金) 17:28:40.56 ID:jKeeC8CN.net
絵里「真姫ってそんな事思うのねー、意外」フフッ

にこ「そーんーなーにぃ~、にこに憧れなくていいニコッ♡」キュルン

真姫「・・・・」

真姫「私のこれも…夏のせいかしら?」

にこ「そうねっ!かなり重症っ!」キャハハ

絵里「にこー?笑いすぎよ?」クスッ

真姫「エリーも笑ってるっ!!」ムスー

絵里「真姫の気持ちはわかるわ、でも、多分それはμ's全員がもしかしたら思ってる事よ?」フフ

真姫「あっ…うん」コクンッ

にこ「考えてる事は多分、みんな同じなのよ。例え確かめなくても」
172: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/05(金) 17:41:38.39 ID:jKeeC8CN.net
真姫「アハハッ!そうね、そうよね」

絵里「私もほんとに…ただの生徒会長だけで終わらなくて良かったんだって」

絵里「誰ひとり欠く事なく9人に出会えて…その中で更にこの3人で思い出を残せるって事はこれほどなく素敵なタカラモノなんだって」

絵里「今日すごく思ったのよ」スッ

絵里 真上に手を伸ばす

絵里「星に手が届きそうねぇ」スーッ

にこ「ふふんっ」クルクル

真姫「にこちゃん何してるの?」ジーッ

にこ「何となくダンスッ!ふふーん♪」
173: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/05(金) 19:39:05.73 ID:jKeeC8CN.net
真姫「今日アレだけスイカかついで歩いて、海でもいっぱいはしゃいだって言うのにまだ元気残ってるのね」ハァー

にこ「とーもだちーがでーきーたー♪」クルッ
絵里「スイカのめーさんちー♪」タンタンッ

真姫「・・・・」

にこ「なーかーよしーこーよーしー♪」チラッ
絵里「スイカのめーさんちー♪」チラッ

真姫「・・・・スーイーカーのめーさんちー」ムスッ

絵里「すーてーきなー?」
にこ「とーころよーっ!」

真姫「綺麗なあの子の晴れ姿~」美声

にこえり「スイカのめーさんちー♪」パチパチ-

真姫「何でこの歌なのか疑問だけど…とりあえずスイカ食べましょ」

にこ「やっとじゃーん」

絵里「せーのでやるわよ?」スゥッ 「せーっの」

にこえりまき「「「ていっ!!!」」」


バコッッ!! パッカーン


何気ない時間や会話、くだらない事さえも2度とは戻ってきやしないから私達は多分精一杯笑ってるんだよ

疑問や後悔も付きまとう、そんな当たり前の思いがあるからこそ、この仲間たちと過ごせる今があると今日、そう学んだ気がした

夏、終わらないでほしいけど…
夏、さよなら


おわり
174: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/05(金) 19:44:03.75 ID:jKeeC8CN.net
BiBi主体で何か希望あれば書きます、無ければ完結なので落として下さい
175: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/06/05(金) 20:05:58.00 ID:I9wvZe4s.net
夏休み後半にお泊まり会とか見たい
176: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/06/05(金) 20:08:11.13 ID:KsZq2a7v.net
夏祭りに行くとか
金魚すくいとか絵里や真姫は案外はしゃぎそう
177: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/06/05(金) 20:15:50.30 ID:rNPbD0/F.net
夏休み後半にお泊まり会を開き、
夜に近所の夏祭りに参加する

その後3人で花火も追加で
179: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/05(金) 21:14:23.25 ID:jKeeC8CN.net
>>175
>>176
>>177
全部複合して夜中に書きます、ありがとう
 
180: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 00:45:56.70 ID:9ugA9Ymd.net
とある夏のお泊り編

某アプリにて

エリーチカ<もう夏休み終わるわよ? 既読2

マッキー<知ってる 既読2

にこにー<にこー♡ 既読2

エリーチカ<課題はもう全部終わったかしら🗿? 既読2

にこにー<終わった♡ 既読2

マッキー<同じく終わったわ 既読2

エリーチカ<えっ 既読2

にこにー<えっ 既読2

マッキー<えっ 既読2
181: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 00:47:13.16 ID:9ugA9Ymd.net
5分後・・・・

エリーチカ<ほ、ほんとに🍫? 既読2

マッキー<当たり前よ 既読2

にこにー<一応にこもちゃんとやったのよ? 既読2

5分後・・・・

エリーチカ<う、嘘よね👀? 既読2

にこにー<何言ってんの 既読2

マッキー<夏休みあと3日で終わるのよ? 既読2

10分後・・・・

エリーチカ<お、お泊り会しましょ! 既読2

マッキー<なんでよ、急に 既読2

にこにー<何でもいいけどやるならやるわよ 既読2
182: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 00:48:30.98 ID:9ugA9Ymd.net
マッキー<にこちゃん 既読2

にこにー<はーいにこっ♡ 既読2

マッキー<エリー何か企んでるわよ? 既読2

エリーチカ<そ、そんな事ないもん🍵!! 既読2

にこにー<楽しければ何でもいいわよ? 既読2

マッキー<ていうかいつもエリーの使う絵文字に疑問だわ 既読2

エリーチカ<とりあえずお泊り会します🏃 既読2

マッキー<しょうがないわね…にこちゃんは? 既読2

にこにー<にこっ♡ 既読2

マッキー<はーい。どうせ別荘貸せって言うんでしょ?手配しておくわ 既読2

エリーチカ<ハラショー🔨! 既読2

にこにー<にこにこぉっ♡

5分後・・・・

にこにー<最後まで既読しようね!!!!!
185: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 02:10:09.13 ID:9ugA9Ymd.net
追記

にこにー<にこにこぉっ♡ 既読2

にこにー<最後まで既読しようね!!!!! 既読2

10分後・・・・

エリーチカ<あっ、そうそう👀 既読2

マッキー<出たわよ 既読2

にこにー<出たわね 既読2

マッキー<エリーの悪い癖 既読2

エリーチカ<せっかくのお泊りだもの、いつものアレよ?あ・れ♡ 既読2

にこにー<はいはい、分かってる。何か持って来ればいいのよね? 既読2

マッキー<私は今回別荘を提供するんだから逆に2人が私をもてなしてちょうだい 既読2

エリーチカ<フフフ楽しみにしなさい真姫🍉 既読2

にこにー<ちょっと絵里スイカはもうやめて 既読2

エリーチカ<了解 既読

マッキー<眠い お休み、明日の12時集合。お昼ご飯作るわよ?以上 既読2

エリーチカ<お休みなさい👀 既読2

にこにー<おやすみにこぉーっ♡ 既読2

にこ「き、既読がついてるっ!?」ガバッ
186: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 02:27:24.41 ID:9ugA9Ymd.net
絵里「とは言ったものの」

絵里「な、何を持っていこうかしら…」オロオロ

亜里沙「何してるの?お姉ちゃん」

絵里「あ、亜里沙…明日ちょっとお泊り行くんだけど…」

亜里沙「!!…μ'sのお友達っ?」

絵里「ええ、そうなの。でね…」

絵里「私の言いだしっぺで何か持ってかなきゃいけないの」ハァー

亜里沙「おおっ!お姉ちゃんすごいっ!」

絵里「そっ、そうかしらっ/////」テレー

絵里「でも何持ってくのか全く思いつかない」ハァー

亜里沙「やっぱりすごくない」

絵里「それ以上言わない」

亜里沙「えーと…そうだ!雪穂から前に聞いたことがあるんだけどっ!」

亜里沙「>>188を持ってけば日本人は誰でも喜ぶって言ってた!」パァッ

絵里「!?・・・・ハラショー!それね!ありがとう亜里沙!助かったわ!」ガッツポーズ

亜里沙(お姉ちゃんってやっぱり天然かな?可愛いなぁ)ニコニコ
188: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 03:16:21.13 ID:21ncX8zA.net
ksk
189: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 04:10:05.39 ID:/4E922R2.net
サルミアッキ
191: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 04:22:22.51 ID:9ugA9Ymd.net
亜里沙「サルミアッキを持ってけば日本人は誰でも喜ぶって言ってた!」パァッ

絵里「!?・・・・ハラショー!それね!ありがとう亜里沙!助かったわ!」ガッツポーズ

亜里沙(お姉ちゃんってやっぱり天然かな?可愛いなぁ)ニコニコ

翌日 ─朝─

絵里「えっと何だったかしら…アルミサッシ?」

絵里「あっ、違うわサルミアッキね。スーパーでいいのよね…?」

スーパー

絵里「あのー…すみません」トントン

バイト「はいっ!いらっしゃいませ!」

絵里「あのーっ、えーっとサシミ…アル、サルミアッキってありますか?」

バイト「んぇっ?サ、サッ?」

絵里「あ…あの…」オドオド

絵里「サ、サラミサッキ…違う、違うわサルミアッキ!」

バイト「あぁ!はいっ!ハサミアッチですっ!」右→

絵里「…ありがとうございました」スタスタ
192: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 04:30:56.46 ID:9ugA9Ymd.net
絵里「ハサミじゃないのよ…」トボトボ

絵里(そもそも…そもそもサシ、噛んだ)

絵里(サラ…噛んだ)

絵里(サリッ、噛んだ)

絵里(まともに言えないじゃない!!!!!!)

絵里(そもそもサレッ)

絵里(アレって何なのよ!!!!!!!!!)

絵里「あっ、携帯で調べればすぐね」ポチポチ


以下、引用

サルミアッキ(フィンランド語: salmiakki)は、塩化アンモニウムとリコリス(甘草の一種)による菓子である。その他の食品や飲料の味付けとしても使用される。
193: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 04:40:15.44 ID:9ugA9Ymd.net
絵里「へぇ~…よくわからないわね」ジーッ

絵里「でもお菓子って書いてあるから多分お菓子なんだわ!」パァッ

絵里(お菓子コーナー…あった!)テクテク

絵里「・・・・」ジーッ

絵里「な、無いんだけど…」

絵里(あっ、確かフィンランド語とか書いてあったし…もしかするとこれって外国のお菓子?)

絵里「多分、全然日本のお菓子じゃないわよこれ…」

絵里「でも亜里沙が雪穂ちゃんから聞いたって言ってたし…やっぱり物珍しいと言う意味で喜ぶって事かしら?」ムムム

絵里「何だかもうよくわからないわ…」

絵里「試しに輸入雑貨屋さんにでも行ってみようかしら」テクテク
194: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 04:52:43.61 ID:9ugA9Ymd.net
輸入雑貨屋

絵里「ここね」スタスタ

絵里「えーっとお菓子…お菓子…」

絵里「…?ああああっ!!」

絵里「ロシアコーナー!?何これすごいわっ!」

絵里「себе!(わぁ!) Кукла!(マトリョーシカ!)」

絵里「Борщ!(ボルシチ!)」キラキラ

絵里「Чай!(クスミティー)!」キラキラキラ

1時間後・・・・午前10:00

絵里「あれ?私って何しにここに来たのかしら?」
196: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 06:40:08.28 ID:9ugA9Ymd.net
絵里「えーっと…えーっと…」

絵里「ああああああああっ!!」ビクッ

絵里「アラレサッカーだったわ!!!!」ポンッ!

絵里「違うわよっ!!!!」

絵里「ザ、ザラメシャッキンじゃなくて…」モヤモヤ

絵里「うーん、サラダハッピーじゃなくて…」モヤモヤ

絵里「サマーセール…じゃなくてもうっ!!分かんないじゃない!!!!!!」

絵里「そうよ!携帯の履歴!!!」ピコピコ

絵里「はぁ…サルミアッキね、覚えづらい」

絵里「時間もないし急がなきゃ!お菓子コーナー何処かしら…」キョロキョロ
197: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/06(土) 06:42:30.98 ID:9ugA9Ymd.net
テクテク…ドンッ!!!!!!

「んぃたっ!!」バタン

絵里「きゃあっ!」ビタン

「ちょっとあんたぁー!どこ見てんのー!」イテテ

絵里「えっ」

「あっ」

絵里「あら…?にこ?」イテテ

にこ「へっ?なんだ、良かったわ~ただの絵里ね。怖い人ならどうしようと思ったニコッ♡」

絵里「ふーん?ただの、ただの絵里よ?エリーチカよ?悪かったわねぇ?」ムスッ

にこ「冗談!冗談よぉ~!?えへっ♡」

にこ「で?何でこんなとこにいるの?」
198: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/08(月) 01:19:49.83 ID:STL5VDkc.net
絵里「そうそう~あのね────(あっ、いけないわ!これは後でのお楽しみなのよね)いや、何でもない!」

にこ「んー?もしかして今日持ってく物買いに来たの?そうなんでしょ!」

絵里「そ、そんなにここそっ!今日持ってくもの買いに来たんじゃなくて?どうなのかしらァ?」フッフ

にこ「にこは違うわよ?こころに買ってほしいものがあるって珍しくおねだりされたのっ!」

絵里「あら…そう…」

にこ「それがねー?何か今すっごく流行ってる外国のお菓子があるんだって。にこはよく分かんないけど…えと、確か────」

にこ「…アルミサッシ?みたいな何か変な名前の」

にこ「学校で流行ってるんだってー、今時の小中学生ってミーハーよねぇ?」ハァ

絵里「そ、そうね!ミーハーね!(アルミサッシってもしかして…)」
199: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/08(月) 01:28:27.74 ID:STL5VDkc.net
絵里「ねぇ、それってもしかしてこんな名前じゃない?」

絵里「サルミアッキ」

にこ「!!そう!それよそれぇー!」ポンッ

にこ「絵里が知ってるなんて意外ね~」

絵里「あら?私が何も知らない無知無学のポンコツエリーチカと思って?」

にこ「さすが絵里ね、ハラショーって感じ」

絵里「ハラショー!、でしょ?もっと感動してくれなきゃ」

にこ「はーい、ハラショー!ニコッ♡」キュルン

絵里「じゃあ私も少し急いでるからまた後で会いましょ?じゃあね」

にこ「そうね~!また後でね~♡」


絵里(まずい突拍子に…)
にこ(嘘付いちゃった…)
200: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/08(月) 01:46:56.61 ID:STL5VDkc.net
西木野家の別荘前

タッタッタ タッ…

絵里「ハァ、ハァハァ…着いたっ!」

絵里「何とか間に合ったわねー!フフッ」


門前

ガチャッ ギィィィー

真姫「あら、早かったじゃない!」

絵里「ええ!今日はね?」ニコッ

真姫「にこちゃんは…まだね」


にこ「えへへー!おまたせー!」タタッ

真姫「あっ、にこちゃん!」

絵里「フフッ、にこも着いたわね!」

にこ「ねぇねぇ!聞いた!?さっき近くの人が教えてくれたんだけど、今日この近くで祭りがあるんだって!!」

真姫「そういえば…!そうだわ、私ったらすっかり忘れてたわっ!!!」

真姫「いつもこの時期になると毎年ここで祭りがあるのよ」フフン

絵里「お祭り…!お祭りがあるってほんとなのっ!?」キラキラ

にこ(…?何だか絵里がすごい目を輝かせてこっち見てくる、それに何か真姫ちゃんも)

真姫(そうよ、今日はお祭りだわっ!うふふっ)キラキラ

にこ「・・・・・(祭りねぇ~)」ニヤニヤ
203: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/09(火) 14:50:54.67 ID:IP+C5t5U.net
真姫「まぁ、立ち話はそのくらいにして早くお昼ご飯作りましょうよ」

絵里「そうねぇ、お腹空いちゃったかも」グゥ

にこ「真姫ちゃーん買い出しはいいの?」

真姫「私が朝のうちで済ませちゃったから作るだけね」

絵里「その様子だと真姫も何だかんだ楽しみにしてたのねぇー」フフッ

にこ「素直じゃないよねぇ~真姫ちゃん♡」

真姫「そっ!そんな事ないもんっ!!/////」

にこ「照れてる真姫ちゃん可愛い~ニコぉ」ニヤニヤ

真姫「バカニシナイデ!/////」ムスッ

真姫「ってそんな暇はないわ、早く中に入って」
204: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/09(火) 15:03:16.28 ID:IP+C5t5U.net
表記の仕方変えます


別荘 キッチンにて

絵里
「真姫、冷蔵庫開けるわね?」

真姫
「どーぞ」

にこ
「あっ、じゃがいも」ヒョイ

絵里
「タマネギもあるわね」ヒョイ

にこ
「それに人参」ヒョイ

絵里
「にこ、お肉もあるわよ」ヒョイ

真姫
「ねぇ、私が買ってきた食材から今日のお昼ご飯は何だと思う?簡単よ?当ててみて」ワクワク

にこえり
「うーん・・・・」

にこ
「・・・・肉じゃが?」

真姫
「あのねぇ、昼間から落ち着いて肉じゃが食べたいっていうの?」

絵里
「・・・・ボルシチ?」

真姫
「百歩譲ってもボルシチじゃないわよ?」

真姫
「んもおおおおーっ!これよ!こ、れ!」スッ

つ[こくまよカレー]
205: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/09(火) 15:13:08.71 ID:IP+C5t5U.net
表記直します

にこ「んもー!初めからそれ出しなさいよね!」

絵里「私は分かっててボケたのよ?」クスッ

真姫「エリーの嘘つき」ジトッ

にこ「何はともあれカレーなら、さすがに2人も作れるわよね?」

えりまき「「え?」」

にこ「えっ」

にこ「ほ、ほらっ!ざっくり言えばカレーって切って火を通して煮込むだけよ!?さすがに…」

絵里「ええ、出来るわ(棒)」

真姫「わ、私がでで、出来ない訳ないじゃない」

にこ(この子達、将来お嫁にいけるのかしら)
206: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/09(火) 15:23:50.84 ID:IP+C5t5U.net
にこ「はぁ~い♡今からぁ~、にこ矢澤のドキドキッ♡ミラクルお料理講座をはっじめっ

真姫「エリーはタマネギ切ってね、私は人参」

にこ「ミラクルお料理講座をはっじめっ

真姫「にこちゃんはジャガイモね、はい」

にこ「」ピーラー シャッシャ

絵里「タマネギ切るのって根気いるのよねぇ…」

真姫「確かにそうよね…涙止まらなくなっちゃうもの」

絵里「ほ、ほら…少し外の皮剥がしてるだけなのにもう刺激が」ツーン

真姫「まだ、人参とジャガイモは楽な方ね」
208: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/09(火) 15:51:04.88 ID:IP+C5t5U.net
にこ「」ピーラー シャッシャ

真姫「にこちゃん?」

にこ「」ピーラー シャシャッ シャッシャ-

真姫「よく見るとにこちゃんのピーラーさばきが私の家の専属シェフにも劣らないくらいだわ…」

にこ「」シャッシャッ!! スーッ シャッシャッシャッシャッ!!!!

真姫「気迫と貫禄も並じゃない…!!」

絵里「ま、真姫ィ~…ううっ」グスッ

真姫「エ、エリーどうしたのっ!?」ビクッ

絵里「前髪が目に掛かって…グスッ、邪魔だったから手で分けてたらっ…タマネギ触った手で目触っちゃったの!!」ポロポロ
209: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/09(火) 15:58:41.72 ID:IP+C5t5U.net
にこ「」ジャガイモ トントン

真姫「ヴェエエっ!?なっ何やってんのよ…!ほら顔、洗って!?」

バシャッ バシャッ… キュッ!

絵里「まだちょっと目と鼻が痛いわ…」スンッ

にこ「」人参 シャッシャシャッシャ

真姫「エリー、大丈夫?ちょっと目を見せて」オロオロ

絵里「ん…」

真姫「少し目が充血してるわね…薬ならいっぱいあるから大丈夫。目薬を差しましょ?」ジーッ

絵里「ごめんなさい、お願いするわね…」

にこ「」人参 トントン
210: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/09(火) 16:12:42.70 ID:IP+C5t5U.net
真姫「ほら、あったわ目薬!ちょっと上向いてー」顎クイ

絵里「あ、あの…ちょっと怖いわね人に目薬してもらうのって」

真姫「んもー、仕方ないじゃない。ワガママ言わないでよエリー」

にこ「」タマネギ トントン

絵里「そっと優しくね?優しく」目パッチリ

真姫(ちょっといかがわしい響きに聞こえてくるのは気のせいかしら…///)カァッ

真姫「じ、じゃあ入れるわね…っ?」ゴクッ

絵里「や、優しくよっ?優しく!」パッチリ

真姫「あぁーん!分かってるわよーっ!!」カァッ

にこ「」肉 トントン
211: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/09(火) 16:26:23.97 ID:IP+C5t5U.net
真姫「なっ、なんかいざやるとなると緊張してきたじゃない!ちょっと静かにしてよエリー!」

絵里「だって落ち着かないんだもの…」ソワソワ

真姫「落ち着くのよ真姫ちゃん、将来医者になる人間が目薬ごときで手が震えてちゃ示しが付かないじゃない!大丈夫よ大丈夫…」ブツブツ

絵里(心の声のつもりかしら…ダダ漏れじゃない…)

にこ「」

にこ「・・・・」

にこ「あのねぇっ!!!!!!!!」

にこ「たかだか目薬入れるくらいでさっきから何を茶番かましてんのよぉっ!?!?!?!?」

にこ「真姫、貸しなさい私が目薬差すわ!!」

真姫「はっ、はい」

絵里「お願いいたします」ビクッ
213: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/09(火) 19:58:37.53 ID:IP+C5t5U.net
にこ「ほらぁーっ!入れるわよ~目は開けてなさい」ジーッ

絵里「うぅっ…」パッチリ

にこ「はーい3、2、1」ポチャ

にこ「ほら、これでオッケーよ?怖くないでしょ?」

絵里「にこ、ありがとう助かったわぁ…」

真姫(結局にこちゃんは何だかんだ面倒見がいいのよね)

真姫(私もわざと軽く指でも切っちゃってみようかしら?)

真姫(なんてね、冗談)フフッ

真姫(だって痛いのやだもん)

真姫(まぁほんとはにこちゃんに心配されたいけど)

真姫「って、え?にこちゃんこの人参もう切っちゃったの?」

真姫「あれ、ジャガイモも…タマネギもお肉も!もしかして私たちがバタバタしてる合間に全部やっちゃったの!?」

真姫(・・・・やっぱりにこちゃんに料理では頭が上がらないわね、少し悔しい気もする)
215: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/10(水) 01:08:06.38 ID:Delzfmh8.net
にこ「だって2人して30分も目薬目薬言ってんのよ?一人で全部出来ちゃうわよ」ハァ

絵里「ごめんなさい、にこ一人にさせちゃって」シュン

真姫「にこちゃんごめんね」シュン

にこ「また2人して今度はしょげないでよぉ!」

真姫「でもにこちゃんが作ったカレーって思えばラッキーかも」ボソッ

絵里「にこが作るととっても美味しいのは何故かしら?」ニコッ

にこ「きゅっ、急に2人して褒めにくるあたり悪気はあるみたいね…でも誰かにご飯を作ってあげるの嫌いじゃないから別にいいわよ」

真姫(にこちゃんの妹達がちょっぴり羨ましくなっちゃったかも)

絵里(やっぱりにこが居てくれるだけで安心するところがあるわね)
216: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/10(水) 01:23:04.35 ID:Delzfmh8.net
絵里(でもたまにはにこを休ませてあげるのもアリよね?)

真姫(でも最後くらいは私とエリーで作った方が3人で頑張った事になるわよね?)

えりまき「「にこ(ちゃん)、私達が最後にカレーを仕上げるわ!」」

にこ「ふぇっ?」

真姫(エリーも同じ事考えてるわね!)
絵里(真姫も同じ気持ちかしら?)

にこ「んー、いいの?大丈夫~?」ジトッ

絵里「いいのよ、フフッ。私達もやる時はやるのよー!」

真姫「そうね。にこちゃんはジュース飲みながら少し庭の中散歩でもしてて!」

にこ(やけに優しいけど何!?何か企んでるのかしら…ちょっと怖いわね)

にこ「ほんとにそれだけぇー?」ジロジロ

真姫「当たり前でしょ?困ったらさすがに呼んじゃうかも知れないけど」

絵里「いや、真姫と私ならきっと大丈夫よ!2人でこのくらい問題ないんだから!」

にこ「えーっと、そうね。そこまで言うならじゃあちょっとのんびりしてくるわねー!出来たら呼んでー」スタスタ
226: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/12(金) 00:47:03.94 ID:RY9tSRk3.net
にこ「真姫ちゃんと絵里、大丈夫かな」

にこ「2人して大丈夫って言い張ってたけど気になるわね」

にこ「こっそり覗いてみようかしら…」

にこ「いや、だめよにこちゃん!」

にこ「2人も料理くらい出来ないと将来貰い手もつかないわよ?」

にこ「・・・・」

にこ「いつかは2人も結婚、しちゃうのかな」

にこ「にこはアイドルしてる限りこれっぽっちも結婚なんて考えられないけど…」

にこ「2人って卒業して大人になったら、どうなっちゃうのかな」

にこ「全然分かんない」

にこ「にこが、絵里が卒業したら真姫ちゃん何してるかな」
227: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/12(金) 01:00:45.34 ID:RY9tSRk3.net
にこ「3人で海行った時に確か…真姫ちゃんボソッと呟いてたわね」

にこ「私たちと同い年が良かったって」

にこ「その気持ち、少しは分かるかも」

にこ「私たちが同い年だったらほんとに良かったのにね」

にこ「にこと、絵里に希。卒業かぁ…」

にこ「確かに穂乃果や海未にことり、凛と花陽も居るけど…真姫ちゃん素直じゃないから(にこも言えたもんじゃないけど)きっと強がってるのかなぁ…」

にこ「絵里だってそうよね」

にこ「同じ3年生で希とにこが居なかったらきっとあの性格だから生徒会長なんて重役もパンクしてたわよね」

にこ「自分さえもみんなと出会えなければ一人きりだった」
229: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/12(金) 09:59:51.85 ID:RY9tSRk3.net
キッチン

真姫「エリー、もう一度確認したいんだけど」

絵里「えっ?何かしら」

真姫「カレーって食材煮込む時、ルーから入れるものだったかしら?」

絵里「あら?後からも先からも同じようなものじゃない?」

グツグツグツ グツグツ

真姫「何かそれじゃ違うような、でも問題ないような気もするけども」

絵里「だって先に入れた方がカレーが熟成するような気がして…」シュン

絵里「ていうか真姫こそ、よ?カレーにトマトジュースなんて、入れるかしら?」

絵里「それって…どちらかと言うとボルシチとかに近いわよ?」

真姫「なっ///だってトマトジュース入れたら美味しそうって思ったんだもん!」
230: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/12(金) 10:10:09.57 ID:RY9tSRk3.net
真姫「何だかだんだん不安になってきたわ。にこちゃん喜んでくれるかしら…?」

絵里「真姫?料理は愛情なのよ、上手い下手は関係ないと思うわよ?」

真姫「そっ、それもあるけど!気のせいかカレーの色が…」

グツグツグツ グツッ…

絵里「大丈夫よ!色も味も、カレーなんて家庭によって違うじゃない。真姫は心配症なんだから」クスッ

真姫「やっぱりリンゴとハチミツはまずかったかしら…」

絵里「えっ?問題ないわよ…だってテレビのカレールーのCMでもリンゴとハチミツ~って言ってるじゃないっ!」

真姫「それならいいんだけど…」

絵里(私のヨダレもうっかり入っちゃったけど)

真姫(私のヨダレもうっかり入っちゃったけど)

絵里「大丈夫よ、問題ないわ」

真姫「そうね、問題ないわよね?」
231: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/12(金) 10:25:10.16 ID:RY9tSRk3.net
絵里「私、意外ってよく言われるけど辛いのが苦手なのよね」

真姫「ほんとに意外ね」

真姫「にこちゃんも意外と甘いのが好きそうなお子様に見えて実は辛いのが好きなのかも」

絵里「真姫はどうなの?カレーは甘口派?それとも辛口派かしら?」

真姫「私はもっぱら辛口派ね。刺激のない甘口カレーは普段なかなか食べないわ」

絵里「リンゴとハチミツなんて思いっきり甘口だけど…いいの?」

真姫「みんなで食べる時は別にいいのよ、こだわる程の事ではないもの」

絵里「さすがね…恥ずかしくて他の人の前では言えないけど、私なんか子供用のレトルトカレー美味しい美味しいって食べちゃう」

真姫「それはちょっと…どうかしら」
234: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/12(金) 18:23:28.14 ID:RY9tSRk3.net
庭先

にこ「ちょっとセンチメンタルになりすぎたかな」

にこ「卒業しちゃうのはしょうがないもの」

にこ(ん…?いや待って)

にこ「3人で留年したらの、残れる…可能性が」

にこ「・・・・」

にこ「ハァ!?馬鹿じゃないの!?」

────シーン

にこ「あっ、うっかり叫んじゃった」


キッチン

\ハァ!? バカジャナイノォ!?/

絵里「えっ?今にこの声が…」

真姫「ヴェェッ!?一体どうしたのよ!?」

タッタッタッタッ!!


庭先

にこ「ううっ!んもーーーーーーっ!!」

真姫「どっ、どうしたのにこちゃん!?」ハァハァ

絵里「キッチンまで響いてビックリしたわ…誰と話してたの!?」ハァハァ

にこ「ハッ!あ、2人とも」キョトン

にこ「・・・・」

にこ「なっ、えっといや…何でもない」
235: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/13(土) 01:54:30.96 ID:b3syMMRx.net
にこ「あんまり退屈だから…ねね、猫と話してたのっ」

真姫「にこちゃん猫と話せるのね、すごい」

絵里「あら?真姫知らなかったの?にこって実は猫よ?」クスッ

真姫「私はてっきりにこちゃんが人間だと思ってたけど…」フフ

絵里「なによそれ、アハハッ笑っちゃう」

にこ「・・・・ふん」

絵里「拗ねてるわねぇ?」

真姫「珍しくツッコミもないけどどうしたの?」

にこ「にこの気持ち2人には絶対わかんないだろうからいいわよ」プイッ

絵里「それは少し心外ねぇー…にこの気持ちとやらを聞かない限りは確かに分からないわ。でも」

真姫「私達がにこちゃんの事を分かろうとしなかった時なんてあったかしら?またそうやって悪態つくのね。私にはいつも素直になりなさいなんて偉そうに言う癖に」ムスッ
237: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/13(土) 02:05:02.40 ID:b3syMMRx.net
にこ「むむっ…茶化してきたかと思えば急に真面目になるのよいつもあんた達は~っ!」

にこ「もうっ…冗談よ、ちょっと考え事をしてただけ」

絵里「言いなさいよ」

真姫「そうよ言いなさい」

にこ「んんっ…むむむ」

絵里「早く」

真姫「言わないと拗ねるわよ」

絵里(えっ?真姫が拗ねるの?じゃあ…)

絵里「私も拗ねるけどいいのかしら?」

にこ「・・・・」(は?)

真姫(えっ?エリーも拗ねるの?)

にこ「ちょっとズレてるわよあんた達」
238: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/13(土) 02:19:51.76 ID:b3syMMRx.net
キッチンから庭に出て15分ほど

にこ「って言うか…カレーは?ちゃんと出来た?」ハァ

絵里「カレーなら今つく…あっ」血の気サー…

真姫「カレー…?えっ、あっ!?!?キャアァァ!!!!忘れてた!!!!!」パニック

絵里「」ダッシュ

にこ「ハァァァアアアァァアアア!?!?!?!?ちょっ来なさい真姫いいいぃ!!!」ダッシュ

真姫の手を掴んでキッチンへ走り出す

にこ「もう馬鹿なの!?火を扱ってるとき側を離れちゃダメだってあんた達学校で習わなかったのかしら!?!?」ダッシュ

真姫「もうダメよおしまいよ…」ダッシュ

にこ「どっちがおしまいなの!?カレー!?別荘!?馬鹿言ってんじゃないわよ!!!」ダッシュ
239: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/13(土) 05:05:43.38 ID:b3syMMRx.net
キッチン

────シーン

グツッ ゴプッ… ブシュルフフフッフフッ ボコッボコッ

絵里「」呆然

タタッ!

にこ「絵里!?大丈夫なの!?」

ゴポッ ゴポッ ブシュアア

にこ「」唖然

タタッ!

真姫「カ、カレーは!?そうじゃなくて!火は!?」

ブスッブスッ ジュオオ… ゴポッ

真姫「」脱力


絵里「ボヤ騒ぎにならずに済んで本当に良かったわねっ!」キラキラ

絵里「あらっ、目から汗が」ポロポロ

カチッ

3人は静かに火を止めた
240: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/13(土) 16:28:40.69 ID:Qb7Y1KMx.net
リビング

絵里「美味しいわねぇ、このお弁当!」パクッ

真姫「」ムシャムシャ

にこ「」モグモグ

絵里「ほら見て?タコさんウインナー入ってる」

にこ「」ムシャムシャ

真姫「」モグモグ

絵里「コンビニ弁当も馬鹿には出来ないのよ~」

にこまき「」ムシャムシャ モグモグ

絵里「2人とも何か言って」

真姫「今日もほんと暑いわね」ムスッ

にこ「にっこにっこ、あぁやっぱりいいです」

絵里「あのねぇ~…火事にならずに済んだだけでもラッキーなのよ?」

にこ「にこは関係ないんですけど」

絵里「あっ!これはカニさんウインナーね」スッ

真姫「…ハァ、しょうがないで片付けるしかないわよね。カレーが暗黒物質に豹変してたけど」ムスッ

絵里「まぁまぁ、ね?はい真姫、卵焼きアーン」ススッ
241: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/13(土) 16:36:03.42 ID:Qb7Y1KMx.net
にこ「さっきの事なんだけど」ボソッ

絵里「なぁに?」パクパク

真姫「うん」モグモグ

にこ「絵里と真姫ちゃんは顔だけ賢いけど」

真姫「」ピクッ

絵里「」ピクッ

にこ「思ったよりドジで天然でチョロいけど」

真姫「」ピクッ

絵里「」ピクッ

にこ「にこより料理もダメダメなんて将来貰い手がつくのかも不安だけど」

真姫「」ピクッ

絵里「」ピクッ

にこ「・・・・」

にこ「でもこの3人で居る事がいつまでも続けばいいってさっき思ってた」

絵里「!」

真姫「!」
242: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/13(土) 16:56:38.68 ID:Qb7Y1KMx.net
にこ「一瞬、留年しちゃおうかなんて考えて絵里も希も留年してくれればなんて馬鹿な事も」

絵里「気持ちはわかるけど…」

真姫「馬鹿ね、にこちゃんは馬鹿よ」

絵里(珍しく真姫がにこに辛辣ね…)

にこ「馬鹿まで言うことないじゃない!」ムカッ

真姫「ほんとの事言っただけよ、にこちゃんの馬鹿」

にこ「やっぱり真姫ちゃんにはにこの気持ちなんか分からないよ!!!!」ダンッ

絵里(そういう事ね、真姫…止める必要はないわね)

真姫「にこちゃん、言いたい事はそれだけかしら?」

にこ「言いたい事ならいっぱいあるわよ!!にこは真姫ちゃんの事いっぱい想っても真姫ちゃんはきっと何とも思ってない!!!!」

にこ「私と絵里が卒業しても…真姫ちゃんはきっと…!ううっ」ポロッ

絵里(滅多に弱みを見せないにこが泣いてるけど…真姫に任せるしかないわね…)
245: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/13(土) 17:20:39.62 ID:Qb7Y1KMx.net
真姫「だから馬鹿じゃないって言ってんのよ!!!!」

絵里「」ピクッ

にこ「・・・・」

真姫「幸せな時間や今この瞬間がいつまでもあり続ける事で、私達は一体何を得るって言うの?」

真姫「終わらないから、続くから思い出は生まれるんじゃない!!」

真姫「何でこの怒ってる瞬間さえも、泣いたにこちゃんさえも愛しいと思えるか分かるかしら?」

真姫「エリーはよく分かってると思うから何も言わないで」

絵里「そうするわね」フフッ

真姫「前に私が海で話した時も、エリーが気持ちは皆同じだって言ったじゃない。にこちゃんの気持ちは痛いほどわかるわよ…」

真姫「だけど!前に進むからこそ止められないからこそ、1つ1つの想いや時間がかけがえのない宝物になっていくのよ!!」

真姫「私達が…出会い何かを始めそれをやり遂げる、そのプロセスに意味と価値があるのよ。いつまでも終わらなければにこちゃんの今の感情や大事さなんて生まれてこないのよ?にこちゃんだって本当はわかってるわよね?」
248: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/13(土) 17:43:23.93 ID:Qb7Y1KMx.net
にこ「ちょっとだけ…風に当たってくる」

絵里(にこ、ちゃんと気付いたのね)

真姫「にこちゃん…っ」スッ

ガシッ

真姫「エ、エリー…離して」

絵里「にこなら追い掛ける必要はないわよ?今の真姫の言葉で表情が変わったもの」

真姫「そう…」

絵里「私が言うより真姫に言われた方がやっぱりにこも実感するのね、きっと」

真姫「そうかしら…きつい言葉も言っちゃったし私にこちゃんに嫌われないかしら…ねぇエリー」グッ

絵里「にこはそんな子じゃないわよ?これだと私も真姫に何か言わないといけないかしら?」クスッ

真姫「大丈夫、私もよく分かってるから…」

絵里「ほら、顔あげて。そんな顔しないの」ナデナデ

真姫「・・・・」ポロポロ

絵里「私達って結構どこかで似てるところがあるから、こうやってたまにお互いで気付かせ合わなきゃいけないのよ」
249: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/13(土) 18:05:58.69 ID:Qb7Y1KMx.net
外 バルコニー

にこ「・・・・」

にこ「風、涼しいなぁ」

遠くに見える海を眺める
別の方角からは祭り会場が

にこ「真姫ちゃんにあそこまで言わせちゃったにこって…」

にこ「だめだめ、そのネガティブがだめ!」

ニコッと笑顔に変わるにこ


にこ「ありがとう、真姫ちゃん」

にこ「にこも真姫ちゃん、それにエリーも大事だよ」

にこ「だからこそ笑って過ごさなくちゃ」

にこ「・・・・」

にこ「ちょっと気分転換に>>250に電話でもしようかな」
250: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/06/13(土) 18:10:59.36 ID:G7issFSU.net
海未
253: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/13(土) 18:28:33.51 ID:Qb7Y1KMx.net
にこ「ちょっと気分転換に海未に電話でもしようかな」

にこ「変におちゃらけるより何かしっくり来るわよね」

プルルルルル プルル・・・・ガチャッ

海未『はい、園田ですが』

にこ「にこっ♡」

海未『はい、それで珍しく急にどうしたんですか?』

にこ「軽く受け流したわねっ!何となく電話しただけよ。何してるの?」

海未『稽古が終わってお茶を飲んでますよ、これから穂乃果が遊びに来ますけど…それより』

海未『何処かいつもと声のトーンがわずかに違いますけど風邪でも引いてるのですか?』

にこ(ヒェッ・・・何この子なんで声のトーンを)

にこ「なっ、気のせいね!いつも通りよ!?全然風邪も引いてないし今絵里と真姫ちゃんの別荘に来てるのよ」
254: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/13(土) 18:44:40.12 ID:Qb7Y1KMx.net
海未『夏休みも終わり間近なのに別荘ですか?まさかにこ…宿題終わらせてないから絵里と真姫に手伝ってもらおうと考えているんじゃ…ないですよね?』

にこ「あのねぇ~…にこはこれでも宿題はもう全部済んでるのよ?偉いでしょーっ?(夏休みは妹達の相手するために毎年ササッと片付けてるのよ)」

海未『えっ、ええぇえぇええ!?』ガタッ ガシャン

にこ「何なに!?大丈夫!?」

海未『す、すいません…にこが真面目に宿題を済ませているだなんて意外すぎて取り乱してしまいました…』

にこ「…サラッと失礼な事を言うわね?あ、ねぇ穂乃果とこれから何するの?」

海未『こちらはですが、毎年恒例の穂乃果の宿題を手伝う作業が待っているんですよ…』

海未『昨日は凛』

海未『今日は穂乃果』

海未『明日は凛…』

にこ「苦労が耐えないわね…心中察するわ…」
258: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/17(水) 23:17:20.28 ID:Ysvac8o9.net
海未『まぁ、いつもの事なのでいいのですが…それより』

海未『にこ』

にこ「んぇ、はーい急にどうしたの?」

海未『どうして突拍子もなく私に電話を掛けて来たかは知りませんが』

海未『一つ言うならにこが元気のない時は多分みんなすぐ分かりますから素直になった方がいいですよ』

にこ(鋭い…いや、海未が人一倍に敏感なだけよ…)

海未『何があったかは聞きませんが、私から言える事はにこはにこらしく居てください』

にこ(私は私らしく…私らしく…そうね!)

にこ「ありがとう二コ♡海未と話して良かったっ!大好き二コ♡」

海未『なっ///な、何を急に!!/////破廉恥ですっ!!』ガッシャーン

にこ「ふふっ!じゃあ、ちょっとにこ2人のとこ戻るね!また学校で会いましょ~じゃあね!」

海未『まっ///また、ですっ!!』ガチャッ
259: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/17(水) 23:27:13.36 ID:Ysvac8o9.net
バルコニーの陰

\ありがとう二コ♡海未と話して良かったっ!大好き二コ♡/

真姫「どういう事なの…」

真姫「あんまり遅いから呼びに来たのに」

真姫「私があんな事言ったから海未と電話してたの?」

真姫「大好きって…?」

真姫「海未に大好きって…何で」

真姫「エリー…にこちゃん大丈夫だってさっき言ったじゃない」

真姫「エリー…」グスッ

タッタッタッタッ


バルコニー

にこ「んぇ?今何か音がした?」
260: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/17(水) 23:57:38.43 ID:Ysvac8o9.net
絵里サイド

絵里「真姫ったら」

絵里「結局にこが遅いからって探しに言っちゃったわね」

絵里「2人とも可愛いんだから」クスッ

絵里「私はそんな2人が大好きなんだけどなぁー」ニコニコ

絵里「まぁ、ってのも私がお姉さんしなきゃ真姫はアレで何処か弱いとこもあるし」

絵里「にこはにこで自分の意思は貫くタイプだからすれ違いを生むとこがあるし」

絵里「ホントは私もしっかりしたタイプではないのよね、でも2人が笑っていられるならやっぱりお姉さんで居続けたいかな」
261: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/17(水) 23:58:34.89 ID:Ysvac8o9.net
私も馬鹿したい はしゃぎたい

ダメよダメ そんなのってクールじゃナイワヨ

お祭りかぁ…オミコシ、オミコシ、ワッショイ

ソンナツモリジャナカッタノヨ、仕方なく

“馬鹿になったらええやん!”

え?何今の意味不明なエセ関西弁、脳内に…

“エリち面倒くさい!”

…悪かったわね

“エリち絶対今ふてくされてた!”

脳内のあなたにまで言われたくないわね…
262: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/18(木) 00:02:51.20 ID:pPE+tIgN.net
“お祭りは不思議なパワーがあるんよ”

そうね、私もそんな気がする
でもそれがどういう意味を示すって言うの?

“それは祭りに行ってのお楽しみやん!ではまた学校で会いましょか~バイバイ”

“あっ、言い忘れてた!サルミアッキ早く3人で食べなきゃやん!エリち素直にならんと!ウシシ!じゃね!”

肝心な事は言わずに…?ちょっと脳内の希にすら翻弄されるってどういう事?
きっと意味のわかんない変な力で脳内に…ってさすがに希でもそれは無理

いや、希だからわからないわね学校始まったら絶対問い詰めるわ

だけど

絵里「そうね、無理してお姉さんする必要はなくて」

絵里「私が馬鹿したいと思った時に思いっきり馬鹿して楽しめばいいのよね」

絵里「変な意地張ってこの瞬間を逃すより、やりたい事やって後悔すればいいじゃない」フフッ
265: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 00:07:26.84 ID:fDoH2ZzV.net
リビング

ガチャッ

にこ「さっきはごめんねー2人とも…って、あれ?真姫ちゃんは?」

絵里「あら、にこを迎えに行くって真姫は出たはずだけど…会わなかったの?」

にこ「んぇっ?会ってないわよ?」

絵里「…おかしいわね、出てもう30分は経つと思うのだけれど」

にこ「えぇ?敷地内で30分もって…確かにおかしいわね」

絵里「2人で真姫を探しに行きましょ」

にこ「そうね、もしかしたらタイミング悪くすれ違ったのかも」

絵里(ほんとにどうしたのかしら…)
267: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 00:17:05.81 ID:fDoH2ZzV.net
外の通り

真姫「・・・・」グスッ

真姫「何で泣いてるのよ私…」

真姫「イミワカンナイ、よく考えたら私とにこちゃんって別にただの友達なのに…いや、悪友?」

真姫「何なのかしら…」

どうして胸が締めつけられるのかしら

私が分かんないんじゃ誰もわかんないわよ…

何で涙が出るのかしら、何でなのよ!

私は…にこちゃんなんか別に好きじゃ

ブワッ

真姫「っっ!」ポロポロ

真姫「にこちゃんなんてダイッキライ!」ポロポロ

チョンチョンッ

通りすがりのおばあちゃん「あらまぁ」

おばあちゃん「西木野家の真姫ちゃんじゃないかぇ?」

真姫「…?あっ、近所のおばあちゃん。お久しぶりです」

おばあちゃん「やっぱり真姫ちゃんだぇぇ~、大きくなって…立派に成長したねぇ」ホッホッ
268: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 00:35:37.62 ID:fDoH2ZzV.net
敷地内

絵里「いないわね…」

にこ「敷地内全部回っていないって事は外に出たのかしら…」

絵里「その可能性が高いわね」

にこ「ほんと…真姫ちゃん何考えてんのかしら」

絵里「ねぇ、にこってリビングに帰って来る前どこで何してた?」

にこ「えぇ?にこはバルコニーでちょっと海未と電話してた二コ、…それが何かある?」

絵里「聞いて悪いけど内容は?」

にこ「んぇっ、そこまで聞くの?別に大した内容じゃないよ?…まぁ海未に励ましてもらったと言うか…

にこ「いや!私は何も言わなかったんだけど、海未にいつもと違うって言われたの、だから素直ににこらしくなりなさいって言われて~」

にこ「にこらしく“ありがとう海未大好きニコッ♡”って言って電話切ったんだけどねぇ?」

絵里「・・・・」

絵里(ああもう馬鹿ね、にこってば…)

絵里「何となくわかったわ、多分」

にこ「えぇ?にこは何にも分かんないけど?」

絵里(わからないでしょうね、にこだもの)

絵里「いいから外、探すわよ」グイッ

にこ「んぁっ!ちょ、ちょっと絵里腕を引っ張らないでぇー!」
269: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 00:57:03.28 ID:fDoH2ZzV.net
おばあちゃんと真姫ちゃん

真姫「おばあちゃんも久しぶりですね、元気そうで何よりです」

おばあちゃん「そうねぇ、真姫ちゃんが小さい時はよくこの通りで楽しそうに遊んでたわねぇ」

真姫「・・・・」グスッ

おばあちゃん「あらあら、可愛いお顔に涙が」

スッ、ふきふき

おばあちゃん「でもねぇ、お花も水を浴びて太陽に照らされスクスク成長するんだぇ、真姫ちゃんはそのお花と同じ」

おばあちゃん「泣く事は恥ずかしい事じゃないんだよ、どうしたとはおばあちゃん聞かないけど…必ず良い事もやってくるんだぇ」

真姫(おばあちゃん…)

真姫「久しぶりに会ったのにこんな顔を見せてごめんなさい…私…」

おばあちゃん「ええのよぉ、おばあちゃん真姫ちゃんが見れただけで幸せだもの!ホッホ、昔と変わらず安心したぇ」ホッホッ

>>270「あっ!やっと見つけた!」
(安価はにこか絵里で)

真姫「あっ、ここまで来たのね…」
270: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 01:04:51.54 ID:LXxvrZhg.net
ksk
271: 名無しで叶える物語(りんご)@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 01:09:15.59 ID:4+cVt/2P.net
にこ
272: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 01:51:05.93 ID:fDoH2ZzV.net
にこ「あっ!やっと見つけた!」

真姫「あっ、ここまで来たのね…」

にこ「何してんのよ…もう」

真姫「・・・・エリーは?」

にこ「別を探してるとこだわ、絵里と合流して戻りましょ?それに、真姫ちゃんにもさっきの事謝りたいし…」

真姫「わかったわ、とりあえず一度戻る事にする。ちょっと待ってて」

真姫「おばあちゃん、ありがとう。おばあちゃんと話せて良かった、また会────────、えっ!?」キョロキョロ

シーン

真姫「つい今さっきまでここにおばあちゃんが…」
273: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 01:58:44.42 ID:fDoH2ZzV.net
シーン

にこ「え?何言ってんの?」

シーン

真姫「ほら、にこちゃんがここに来るとき私おばあちゃんと居たでしょっ!?」キョロキョロ

シーン

にこ「何言ってんのよ…真姫ちゃん熱、ある?」ピトッ

バッ!

真姫「やめて!///熱なんかない!///」ブンブン

シーン

真姫「おばあちゃん…」

真姫(…!そういう事なのね…)

真姫(おばあちゃん…ありがとう)

真姫「ねぇ、にこちゃん」

にこ「熱もない…結局おばあちゃんってどういう事なの?」

真姫「いいの、何でもない。それよりにこちゃん」

にこ「…?どうしたの?真姫ちゃん?」

真姫「・・・・」ドキドキ
274: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 02:11:51.72 ID:fDoH2ZzV.net
真姫「にこちゃんは海未の事…その…えっと、すっ!すす、好きなの…?」ドキドキ

にこ「海未?あー…もしかして電話?聞いてたのね」

真姫「そっ、その、それは…ごめんなさい」

にこ「海未のこと好きよ?」

真姫「やっぱりそうなの────「μ'sとして、友達として、ね」

真姫「うん・・・・え?」

にこ「みーんな好きだよ?μ'sのみんな」

にこ「そして真姫ちゃんも絵里も」

真姫「へ?」

にこ「なによ!はっ、恥ずかしいじゃない!そんな反応されちゃ…!/////」

真姫「・・・・」

真姫(あー、そうだったわね。にこちゃんってこんなだった)

真姫(私が余計な事考えすぎてたのね、あーあ馬鹿みたいじゃない)
275: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 02:24:37.17 ID:fDoH2ZzV.net
真姫「ほんと鈍いわねにこちゃん」

にこ「な、何が鈍いのよっ!?」

真姫「いいわよ別に?今に始まった事じゃないもの」

にこ「聞き捨てならないわねぇーっ!真姫ちゃんだって鈍感じゃない!」

真姫「わ、私が!?何かの間違いでしょ!!にこちゃんより鈍感じゃない!!」

絵里「」ニコニコ

にこ「ふんっ!真姫ちゃんなんてチョロい癖に肝心な事にはいっつも気付かないのよ!」

真姫「なっ!そっちこそ!小悪魔ぶっちゃって頭の中はピュアピュアのお花畑じゃないっ!!私の気持ちも気付かない癖に!!」

にこ「ハァッ!?そっちこそでしょー!?にこの気持ちも気付かないお子様に言われたくないわねー!!」

絵里(2人を見ててこんなに楽しい事ってないわよね)
276: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 02:32:30.00 ID:fDoH2ZzV.net
シーン

真姫「そ、その…」ドキドキ

にこ「なっ…何よ」ドキドキ

真姫「あっ…あの」ドキドキ

にこ「は、早く言いなさいよ」ドキドキ

絵里「ほんとにね」クスクス

にこまき「いつのまに!?!?」

ギュッ

絵里「私はにこも真姫も、2人が大好きだけど…これって得してるのかしら?」クスクス

にこ「んなっ/////」

真姫「ヴェェ/////」

絵里「だって可愛いんだもの」クスクス
281: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 12:36:22.41 ID:fDoH2ZzV.net
絵里「日本人って勿体ないわよねぇ?誰か一人だけを愛さなきゃいけないルールなんてこの世にあったかしら?」キラキラ

真姫「一見聞いてるだけだとエリー…それかなり危ない人みたいよ…?」

にこ「もしかしてロシア人のクォーターって、いやロシア人ってみんなこうなの…?末恐ろしいわね…」

絵里「フフフッ、何言ってるの?2人がピュアピュアで可愛いからいけないのよ!」キラキラ

にこ「っ/////(何この笑顔…口から出る言葉とは真逆じゃない…)」ドキドキ

真姫「っ/////(何か…エリーには逆らえない気がする…)」ドキドキ

絵里「で、結局真姫はにこに何て言おうとしてたのかしらっ?」ニヤニヤ

にこまき「んんなっ!!/////」

真姫「何でもないわよーっ!!!///」カミノケクルー

にこ「そっそうよ!!何でもないよね!?真姫ちゃん!?」カミノケクルー

絵里(この先私の楽しみが増えそう)フフッ
283: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 11:21:57.12 ID:CnRN6K4O.net
絵里「そう言えば!」

にこ「なーにー?」

絵里「ほらっ!にこ、アレよ!ア・レ・!」フフン

にこ「わかんないんですけど」ジト

真姫「アレって何なのよ…」

絵里「ジャッジャーン!コレよ!」スッ!

黒と白のデザインが目立つちょっとクールそうな箱を出す

絵里「これは何でしょーっか!」キャピ

にこ「えええ!?」

にこ「ちょっとそれ!ねぇそれならっ!」スッ!

黒と白のデザインが目立つちょっとクールそうな箱を出す

にこ「わっ、私も…」オロオロ

絵里「にこ」

にこ「はい」

絵里「妹に頼まれてって言ってたのは嘘だったのね?」ジロッ

にこ「何の事ニコッ♡」

参考
http://imgur.com/6dNEwEC.jpg

1433075954-レス283-画像
285: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 11:30:42.51 ID:CnRN6K4O.net
にこ(…すっかり忘れてた!!)

にこ「いやいやいや!!絵里だってこれ買うって言ってなかったでしょー!?」バッ

絵里「当たり前でしょ…?ネタバレしたら面白くないじゃない」

にこ「ぐぬぬ」

真姫「ねぇさっきからそれ、なぁに?」ヒョイ

クールな箱を見つめだす

真姫「SALMI AKKI…サルミアッキ、何か何処かで聞いたことあるような…」ムムム

絵里「真姫、あのね!それ亜里沙が雪穂ちゃんから教えてもらった“日本人が喜ぶ食べ物”なんですって!」

にこ「に、にこはこころから学校で流行ってるって教えてもらって…あの…、まぁ真姫ちゃんが喜ぶかわかんないけどあげるわよっ!」

真姫「二人とも私の為に?フフッ、ありがとう!喜んでいただくわね!」キュン
286: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 11:50:31.13 ID:CnRN6K4O.net
真姫(2人からこうやって何かを貰えるだけで嬉しいって…私も少し重症かしら)ニヤケ

真姫(でもサルミアッキって響き、確かに覚えがあるはずなのよね…何かしら思い出せない…)

絵里「あっ、ついでと言ってはなんだけど」スッ!

絵里「はいっ、2人とも♡」

にこ「えっ!これって…」ドキドキ
真姫「あっ!かわいい…」ドキドキ

絵里「にこにはやっぱりウサギがとてもよく似合う気がして不思議の国のアリスの白ウサギをイメージしたうさ耳シュシュ!」

絵里「真姫には豹柄が似合うかなーって思ったけど…あえてこの可愛いシマエナガっていう小鳥のシュシュにしてみたのよ!」

にこ「うわぁーっ!ありがとう!!」キラキラ
真逆「エリー!///いっ、いいの?///」ドキドキ

絵里「ねぇ、2人とも付けてみて?」テレー
289: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 13:58:37.82 ID:CnRN6K4O.net
すまんちょっと息抜き
http://imgur.com/SrIZiST.jpg

1433075954-レス289-画像1

http://imgur.com/Bt9iv1M.jpg

1433075954-レス289-画像2

http://imgur.com/Jtw2aES.jpg

1433075954-レス289-画像3
293: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 00:12:28.88 ID:ogHuSoL5.net
しばらくして

絵里「2人とも似合ってるわねー!」キラキラ

真姫「そっ///そうかしら!?////エリーのチョイスが良かっただけよっ/////」モジモジ

にこ「やっぱりにこってぇ~♡なーんでも似合っちゃうのよねぇ♡」キュルルン

コホンッ

絵里「ねぇ真姫!私ね、実は、その…サルミアッキってお菓子まだ食べた事ないの」

にこ「そう言えばにこもまだっ!」

真姫「あげた側が食べた事もないってどういう状況よ…まぁ、試しに3人で同時に食べてみる?」

ポロッ ポロポロ 3粒取り出す

真姫(気のせいかしら、私の中の第六感がザワついてるような…)

真姫(もう何よ!私ったらせっかく2人がくれた物に何ケチつけてんのよ!これじゃ私って最低よね…)

真姫「い、いくわよ!」パクッ
295: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 00:27:25.09 ID:ogHuSoL5.net
絵里「なかなか美味しそうじゃないっ」パクッ
にこ「コーラ味のグミみたいな感じ?」パクッ

モグ、ムグ…ム…

真姫「ヴェェ!?※○<☆!?!?」ゲボ

絵里「あらっ!~♪」ムグムグ

にこ「」オロロ オボロシャアッー

絵里「?」

にこ「」オレォロロロ ビシャ

真姫「よっ!よくこんなの涼しい顔で食べれるわね!?エリー!?」ウルウル

絵里「えっ…おおっ、美味しいわよ…?昔食べた事あるような無いような…不思議な味だけど…」

真姫(思い出したわ、これ確か世界一マズイお菓子じゃなかったかしら…何で今になって思い出すのよ私はーっ!!)ゲボ

にこ「」ジャババ オボェロロ
297: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 01:46:25.02 ID:ogHuSoL5.net
真姫「にこちゃん瀕死ね…」ゲホ

にこ「」

絵里「そっ、そんなにヒドイ味だったかしら…」

真姫「もしかしたら日本人には分からない味かも知れないわね…」

絵里「・・・・」ションボリ

真姫「で、でもエリーのせいじゃないからそんなに…お、落ち込まないで」ゲホ

絵里「亜里沙…私に嘘言ってイジワルしたのね…」

真姫「そっ、そんな事ないわよっ!多分、きっと学校で流行ってるのよ!そうよっ!」アセアセ

真姫「はっ!早くにこちゃん担いでリビング戻りましょっ!!」

絵里「にこまでこんなに伸びて…ほんとにマズイのね…」

真姫「せーのっ!行くわよエリーっ!」


別荘に帰ったあと夕方までしばらく3人はグッタリしてました

夏休み日中編 おわり
300: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 17:09:44.02 ID:ogHuSoL5.net
BiBi 夏祭り編

夕方のリビングで3人川の字になって寝てる

にこ「ふぁぁ…おはよ」ボー

にこ「2人ともまだ寝てる」

にこ「あと少しだけ、寝かせておこうかな」ボー

右チラッ

にこ「絵里の寝顔キレイ」ボー

左チラッ

にこ「真姫ちゃんの寝顔かわいい」ボー

にこ「・・・・」ボケー
301: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 17:10:52.24 ID:ogHuSoL5.net
にこ「私達ってほんと美少女の集まりよね、うんうん、いやにこが1番だけど」

絵里「おばぁさま~ウフフ」

にこ「んはっ!?」ビクッ

にこ「な、なんだ…寝言じゃない」ドキドキ

真姫「…ちゃん、うう」モゴモゴ

にこ「真姫ちゃんも…寝言?」

真姫「にこちゃんてばー…」モゴモゴ

にこ「にっ、にこ?」ドキドキ

真姫「にこちゃんの…ばかぁ…」スースー

にこ「何言うかと思えばそれぇ!?」ムキー
302: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 17:19:43.75 ID:ogHuSoL5.net
ゴロゴロン! ギュウッ!

にこ「んぇっ!?/////」

絵里「ウフフ大好きっ」スヤスヤ

にこ「なっ///なに寝ぼけて抱きついてんのぉ!/////」ドキドキ

にこ「え、絵里ぃ~顔近いー!何これ!///」

絵里「むにゃむにゃ…」ギュー

にこ「ちょっ、あの、腕に絵里の胸がぁー//うううっ///」ドキドキ

にこ(ううっ…///ほ、ほんとに絵里寝てるの!?)

真姫「んんっ…にこちゃん…行かないで」グスッ

にこ「こ、今度は真姫ちゃんなんて寝言を言ってんのーっ!/////」ボフン

ゴロゴロ、ガシッ!

にこ「んぁうっ!真姫ちゃんにツカマエラレチャウ!?」ダメヨダメヨ!!

ゴロゴロ、ガシッ!

にこ「えっえ、絵里にもツカマエラレチャウ!?」ムリヨムリヨ!!
303: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 17:34:16.60 ID:ogHuSoL5.net
絵里「スヤスヤ~」ニコニコ

真姫「うぅっん…」グスン

にこ「・・・・」

にこ「な、何よこれ…」ゴクッ

絵里「スースー」ギュー
真姫「う…んん…」ギュー

にこ「2人に挟まれて動けないっ…/////」

にこ「・・・・」

にこ「何だか…少し変な気分かも…」ドクンドクン


・・・・


にこ「ハッ!?!?」

ズドーン(衝撃)

2人を前に突然座禅を組むにこ

にこ「心を清めましょ…多分寝起きでどうかしてるのよ、そうよダメよにこ!百
合はダメ!百合なんて!百合だけはぁー!!」グオオォォォ

ナンマイダーナンマイダー

────────
──────
────
──
304: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 17:46:37.57 ID:ogHuSoL5.net

──
────

絵里「何かにうなされてるわね…にこ」

真姫「一体何の夢見てるのかしら…」ハァ-

にこ「んぐっ…だっ…だめぇ…」スヤ

真姫「エリー、にこちゃんもう少し寝かせておく?」

絵里「そうねー、私達は先にお風呂でも入ろっか?」ニコッ

真姫「そうしましょ、髪まとめるから待ってて」

絵里「にしてもほんとに何の夢見てるのかしらにこったら」クスス

真姫「どうせまた猛獣に襲われてる夢でも見てるのよ~」

絵里「フフッ、何それやだー面白そうじゃない!」キャッキャ
308: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/24(水) 23:09:14.72 ID:oVvZSiw6.net
お風呂

絵里「やっぱ豪邸の家となると爽快感も別物ね!」パチャッ

真姫「エリーがはしゃいでお風呂入ってるのなんて他に誰が見た事あるのかしら…」チャプン

ガタガタッ!ガサゴソ!ガララッ!

にこ「んもぉー!何で先に入っちゃうのーっ!」

真姫「あ、にこちゃん案外早く起きたのね」ニヤニヤ

絵里「夢にうなされてたみたいだけど、平気?」

にこ「なっ!///べ、別にうなされてなんかっ!」チャプン

真姫「だめぇ、とか言ってたけど?」ニヤニヤ

絵里「そうねぇ…何かに襲われてるような、そんな感じだったかしら?」ニコニコ
309: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/24(水) 23:09:41.43 ID:oVvZSiw6.net
にこ「なっ、何のこと二コぉ~?////」

真姫「ま、それくらいにして」

真姫「早くお風呂出ちゃわないとお祭りに間に合わないわよ?」

ザバーッ

にこ「早く体洗わなきゃ!」ヨイショ

ツルーッ!ツッテン!

にこ「んひゃっ!!」コケー

にこ「いったぁ!!!!!!」

モロミセー

えりまき「っっ/////」

絵里「ちょっとにこ!落ち着いて!!」

真姫(モロ見ちゃった…ありがとうごめんなさい)

にこ「ななな!見ないでぇーっ!!!!////」カァ
310: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/24(水) 23:16:21.20 ID:oVvZSiw6.net
にこ「・・・・」ムスッ

にこ「・・・・」ゴシゴシ

真姫「フフッ」

絵里「こら、真姫~笑わないの」ニヤニヤ

真姫「だってフフフ」ニヤニヤ

にこ「なによっ!/////」ゴシゴシゴシゴシ

絵里「これも1つの青春ねぇー」クスッ

にこ「こんなの青春の内に入れられたらたまったもんじゃないわよ…」ゴシゴシ

絵里「にこ!背中流してあ・げ・る・♡」ザパァ-

真姫「じゃあ私も」ニヤニヤ

にこ「そんなににこの背中流したいのぉ?どぅめどぅめ~♡」

絵里「何か少し浴室の中寒くなったわね…」

真姫「ええ…どうしてかしら」

にこ「何か言いたいことあるなら言いなさいよ!!!!」
311: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/24(水) 23:27:46.42 ID:oVvZSiw6.net
にこ←絵里←真姫で3人仲良くゴシゴシ

真姫「何か変ね」

にこ「思いっきり変じゃない!」クワッ

絵里「紛れもなく変よ?」

真姫「私達ってこうやって仲良く背中流し合うキャラしてたかしら?」

にこ「それはないわね、絶対」

絵里「だけど私達しか知らない事があるのもなかなかいいじゃないっ!」フフッ

ザバーン

にこ「うわちょっ!急に何よ!?」プハッ

絵里「な・ん・と・な・く♡」

真姫「油断禁物よっ!」

ザバーン

絵里「きゃっ!」プハッ

絵里「やったわね?」ニヤッ

にこ「仕返しね!」

ザバーン

真姫「ひゃあ!やだっ!」プハッ

にこ「にしし」ニヤニヤ


これも私にとっては大事な思い出なの
くだらなくても、子供みたいでも
精一杯夏の終わりに抗っている

終わってほしくないと思いながら、終わってしまう夏へのほんの僅かな抵抗
312: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/24(水) 23:34:02.23 ID:oVvZSiw6.net
祭り会場

絵里「少しお風呂はしゃぎすきて出遅れた感が否めないわね」

真姫「まぁいいじゃない。祭りは日が落ちてからが本番よ?」

にこ「誰かさん達のせいでちょっとのぼせちゃったじゃないっ!!」ムキー

絵里「まぁまぁ」ウフフ

真姫「ねぇ、何処から回る?」

にこ「2人は何がしたいの?」

絵里「そうねぇー、実を言うと…この歳になると祭りをどう楽しんだらいいのか少し悩んじゃうのよね」

真姫「私もそんな感じ…昔ならもっと何も考えずに楽しめたのにね」

にこ「何言ってんのよ!今は今しかないのよ?楽しい事を素直に楽しめないと損するだけじゃない!」
316: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/24(水) 23:49:20.56 ID:oVvZSiw6.net
にこ「ほらっ!すぐそこに射的なんてあるじゃない!」ワクワク

絵里「にこってお祭りほんと大好きなのねぇ(という私だって好きだけど…)」

真姫(わっ!私も好きだけど…でも…)

にこ「真姫ちゃん」グイッ

真姫「ヴェエエッ!?」ググーッ

にこ「見てて!にこがアレ、取ってあげる」

にこ「おじちゃん!射的やらせて!」

おじちゃん「あいよぉ!お嬢ちゃん威勢がいいねぇー!!んっ?お嬢ちゃんお姉さん2人もいるのかい!よりどりみどりだねぇーっ!!」

にこ「あの…違いますけど!?」プスー
317: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/24(水) 23:58:32.77 ID:oVvZSiw6.net
絵里「アハハ…私とこの子、同い年で赤毛のこの子は…年下なの」アハハ

真姫「プククッ」ニヤー

にこ「っっもう!おじちゃん!や、やるわよ!!」

おじちゃん「おおっと悪い悪いお嬢ちゃん…へへ元気出して景気よくやってくれ!!」

銃を構えて表情の変わるにこ

にこ(昔からこころ達を喜ばせるって射的やってきたにこに不足はないのよ)キッ!

にこ(標準はホップする分も考慮して…)ジーッ

真姫(にこちゃんのこんな真剣な顔見た事ない…)

絵里(にこ、稀に見る獲物を捕らえるような視線…)

にこ「狙いはここよ!」

パシュン!!!!

・・・・

カコンッ!!

おじちゃん「おおおおおお!!!!!やるねぇお嬢ちゃん!!!!!!!!」カランカランッ

周り「ピューピューッ!!!」ワヤワヤ
318: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/25(木) 00:06:35.26 ID:ThaDoomj.net
にこ「へへっ!どんなもんかしら!」

絵里「すっ、すごいわねぇー!!」ハラショー!

真姫「にこちゃんにこんな特技があったなんて」

真姫「人は見かけによらずってこの事ね」ドキドキ

にこ「へっへーん!にこに出来ない事なんてないのよ?」ウシシ

絵里「ここ一番で見直したわ、にこの事!」ワクワク

にこ「それって褒めてんの?」ムスッ

真姫「ねぇにこちゃん!この調子でもっとやってみてよ!」ワクワク

にこ「まっかせなさーい!!宇宙ナンバーワンプロスナイパーにこちゃんにかかればこんなの全部撃ち落としてみせるわ!!!」

おじちゃん(やべぇ・・・・)
319: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/25(木) 00:20:04.11 ID:ThaDoomj.net
事が起きてその後

おじちゃん「おっ、お嬢ちゃん…もう」

ガラーン・・・・

見渡せば無残に、無慈悲ににこに狩られた景品たち

にこ「おじちゃん!ありがとう!すっごく楽しかったよ♡」ドッサリ

おじちゃん「お、おう…良かったじゃねーか…お嬢ちゃんの笑顔が見れりゃあ充分だ…ほら、これも持ってけ(なけなしの最後の景品)」ポイッ

おじちゃん(くぅ~~~~~来年からは俺もカタギに戻るか…ハハハ)シクシク

にこ「これくれるのぉ!?ありがとう!!にこってやっぱりそんなに可愛いぃ~♡?」

絵里「多分違うと思うけど…(ここまで来るとおじ様の気持ち…察するわ)」

真姫(ほんと屋台殺し以外の何者でもないわね…)

にこ「はいっ!!絵里にはこれ!」スッ

絵里「これ…は、ライオン?」

にこ「真姫ちゃんはコレあげる!!」スッ

真姫「私…ゴリラ?なんで?」
320: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/25(木) 00:27:22.77 ID:ThaDoomj.net
にこ「細かい事は気にしないー!ゴリラってお勉強出来るから真姫ちゃんにピッタリだし!!!」ニシシ

真姫「じゃあにこちゃんなんかはコレがピッタリね」ヒョイッ

にこ「んなっ!何でエリマキトカゲよっ!?」

絵里「アッハハ!さすが真姫ね!」クスクス

真姫「デッショー?」クスクス

にこ「訳わかんないんだけどぉ!!!」

絵里「細かい事は気にしないー!何か楽しくなってきちゃった、次どこ回ろうかしら?」

真姫「えっと…」キョロキョロ

真姫「あっ!アレやりたいかも!」ワクワク
321: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/25(木) 00:31:57.87 ID:ThaDoomj.net
絵里「あっ!水風船に金魚すくいね、どっちから行こうかしら?」

真姫「えっと、その、あの/////」モジモジ

にこ「今さら何恥ずかしがってんのよ~?」ニヤニヤ

真姫「べっ!///別に恥ずかしがってなんか…」

絵里「ここまで来たら真姫も楽しまなくちゃっ!にこが言ってたじゃないっ!損するわよー?」グイッ

真姫「ヴェエエッ!?///ちょっとエリー/////」ググーッ
322: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/25(木) 00:38:17.39 ID:ThaDoomj.net
真姫「っっ/////」モジモジ

にこ「真姫ちゃん!金魚すくいと水風船、どっちにする?」ニヤニヤ

真姫「んぇっ///えと…////んもー!2人のやりたい方でっ/////」

絵里「真ー姫?ダメよ?真姫が決めて」

真姫「ヴェエッ///んと、じゃっ、じゃあ!水風船やりたい…かも」

絵里「そう、それでいいのよ」ナデナデ

真姫「んもーっ!エリーってば/////」

にこ「よーし!水風船やるわよ!!お姉さん!3人で水風船ね!!」

お姉さん「はーい♡楽しんでってね♡」
323: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/25(木) 00:46:36.16 ID:ThaDoomj.net
ドキドキだったりワクワクするようなお祭りって何時ぶりかしら

にこちゃんにリードされてエリーに背中押されて、気付いたら私も楽しくて子供の頃のような…ううん。子供の頃以上に高校生の今が楽しくて刹那で瞬間さえ愛しくて

戻らない時の流れにここまでの価値を見い出せたのは初めてで…

何だかとても良い曲が作れそうな


パチャッ!

真姫「取れたっ!!///」ドキドキ

にこ「真姫ちゃんすごい!水風船取れたじゃない!!」

絵里「真姫…よく取れたわね…」ショボン

真姫「え、エリー…」

にこ 水風船2個
真姫 水風船1個
絵里 水風船0個
324: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/25(木) 00:54:01.53 ID:ThaDoomj.net
絵里「何で私だけ取れないのかしら…?」ショボン

真姫「だだ大丈夫よ!取れるわよ!」アセアセ

にこ「意外と絵里は繊細な事が苦手だったのね、ちょっと真姫ちゃんの取り方見てみなさいよ?」

真姫「見ててエリー、こうするの」


真姫レクチャー中

絵里「なるほどね!簡単じゃない!」フフン

絵里「じゃあいくわよー!」ソロ~

・・・・・・・・

・・・・・・

・・・・

絵里「エリチカおうち帰る!」グスン
325: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/25(木) 00:59:15.87 ID:ThaDoomj.net
屋台を後にして

絵里「」ポヨンポヨン

にこ「誰にだって向き不向きはあるもの、仕方ないわよ」

真姫「そ、そうよね仕方ないわよたまたま相性悪かっただけよ」

絵里「」ポヨンポヨン

にこ「ほ、ほら!3人分ちょうど水風船取れたんだし!!ね!?」ポヨン

真姫「わぁ可愛い水風船よねぇ(棒)」ポヨン

絵里「そうね」ポヨンポヨン


\ワッショイ!ワッショイ!/


真姫「あっ!見て!おみこし始まってる!」

にこ「ほんとね!おみこし始まってるわよ絵里!」
326: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/25(木) 01:08:59.66 ID:ThaDoomj.net
絵里「あっ、おみこし…」

懐かしいわねぇ…小さい頃おみこしの上、乗ったっけ

あの頃、自分から進んでおみこしに乗った訳じゃないしやりたかった訳でもなかったけど気付いたらがむしゃらになってたのよね

考えれば…高校生になってからも私は自分から進んでやった事なんて無かったのかも知れない。生徒会だって気付いたら…不可抗力って言うのかしら

熱くなれるような私でもなかった、出来れば賢くてクールで一目置かれるような私で居たかった。でも…それで得られた事って今まであったのかしら?
────チキンレースなんだっていつも思ってた

でも、でも!そんな私も今はスクールアイドルなんて縁遠かったはずの事を始めて、こうやって3人で夏祭りに来てて…それって改めてすごい事なんだと

私は思ったの

絵里「私!おみこしやりたい!!!」
336: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 23:25:08.82 ID:d5rpIiu1.net
真姫「おっおみこしやるの!?」

絵里「もちろん!祭りと言えばおみこし!でしょ?」フフッ

にこ「はぁ…さすがにその行動力には尊敬するわ…」

絵里「早くしないと置いてっちゃうわよー?」 タッタッ

真姫「わっ!私は見てるだけだからねーーっ!?」

にこ「何で急にあんなにはしゃいでるのか分からないけど、楽しそうだから行こうよ真姫ちゃん♡」グイッ

真姫「仕方ないわね…エリー!今日だけ付き合ってあげるわよーっ!」タッタッ

絵里(こんな仲間が居てよかった…♡)
343: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 15:52:50.11 ID:jHTny2G0.net
ワイワイ ガヤガヤ

汗水流してみこしを担ぐ人達

みこしのおじちゃん「若けぇの根性足りねーぞぉ!!!」

みこしの姐さん「もっと声張りなっ!!」

\ワッショイ!ワッショイ!/

絵里「私も入っていいかしら!」

みこしのおじちゃん「おっ!綺麗な姉ちゃん!元気じゃねぇか!気に入ったァ!入ってこい!」

少し奥の方で

にこ「他町の人にすんなり受け入れられるなんて…」

真姫「ある意味何処にでも渡り歩けるわね…」

タッタッタッ!
絵里「にこ!それ持ってて!」バサッ

絵里によって無造作に投げられた浴衣が忙しそうに宙を舞い、にこの顔に被さった

にこ「ブハッ!?!?!?」ドテッ
344: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 16:05:24.73 ID:jHTny2G0.net
タンクトップにスパッツ姿で軽やかに走り抜けてく絵里を見て呆気に取られる真姫

真姫「浴衣の下に動きやすい服仕込んでる時点でエリーは初めからおみこし参加する気満々だった訳ね…1本取られた」

にこ「・・・・」クスクス

真姫「にこちゃん?」

にこ「アッハハハ!もう面白すぎて一生思い出に残っちゃいそう!!」ケラケラ

真姫「ほんと私もこんなお祭り初めてで笑っちゃうわ、だって見てよ。」

真姫「あんなエリーきっと…生徒会長っていう肩書だけじゃ知る事すら出来なかった」

にこ「にこが…にこ達が、ほんとにこんな高校生活を送れるだなんて想像した事あった?真姫ちゃん」ニコッ

真姫「これが私達の奇跡、なのかもね」フフッ
345: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 16:17:54.99 ID:jHTny2G0.net
手を繋いで遠くで絵里を見つめるにこと真姫

\まだまだこんなものじゃないわよ!/

誰よりも生気ある声が響いて夜に眩しく光る金髪がなびく

\いいぞ!絵里ちゃん!やるじゃねーか!/

にこ「すっかり溶け込んじゃってるじゃない」アハハ

にこと真姫に向かって手を振る絵里
汗だくになりながらとても楽しそうに笑っている

真姫「もしかしたら、あの純粋無垢で濁りのない笑顔が本当のエリーの姿なのかもね。とても幼く見えてきちゃうけど」クスクス

空を見上げるにこ

にこ「真姫ちゃん、昼は色々ごめんね?」

真姫「っ!//// なっ、なによ急に!」カミクル

にこ「何でもないよっ!それだけ」ニカッ

真姫「っっっ//////////」タジタジ
346: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 16:28:26.46 ID:jHTny2G0.net
にこ「よいしょ♡」

真姫の膝に頭を乗せるにこ

真姫「ヴェッ!?///」アタフタ

にこ「何だか気持ちいいから少しこのままで居させてよ、真姫ちゃん」ピトッ

真姫「んぇっ///あっ、ま、まぁ別に構わないけど…////」ドキドキ

おみこし側

絵里「ふぅー…楽しかったわー!おじちゃん達ほんとにありがとうっ!!」キラキラ

おじちゃん「絵里ちゃんなかなか筋のある子だなっ!来年もまた来いよ!」

姐さん「絵里ちゃんみたいな女の子が増えると私も張りがいがあるってもんよ!またやりましょ!」

絵里「是非っ!また来年も遊びに来るわっ!」

絵里「えっと…2人はー」

ピタッ、ジーッ
2人に気付いた絵里

絵里「フフッそんな雰囲気なのね、さーて戻る前にイカ焼きととうもろこしでも買って遠回りしようかしらっ!」ニヤニヤ
348: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 16:50:41.86 ID:jHTny2G0.net
少しだけ屋台巡りエリーチカ編


えーっと、これだけ屋台が並んでると目移りしちゃうわねー…
イカ焼き、イカ焼き、どこかしらイカ焼き

キョロキョロ キョロキョロ

あっ!たこ焼き見つけた!たこ焼きも食べたくなってきたかも…

でも、イカ焼き…どこかしら

キョロキョロ

はっ!あれはりんご飴じゃない!
おっ、美味しそう…3人分買っていこうかしら!
349: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 16:52:25.77 ID:jHTny2G0.net
屋台にて

兄ちゃん「あいよ!いらっしゃい!」

絵里「あの…りんご飴3つ、いただけますか?」

兄ちゃん「りんご飴ね!あいよ!(日本語喋ってるけど…この子外国人だよな?)」

兄ちゃん「お姉ちゃん!日本はどうだい!いいとこだろう!」

絵里「えっ?・・・・っ!あっ、あの」

兄ちゃん「あっ、わりぃわりぃ!あんまり聞き取れなかったか!(参ったな、俺英語喋れねぇんだわ)・・・・How are you!?」アセアセ

絵里「・・・・ Очень рад Познакомиться《オーチン ラート パズナコーミッツァ》」
(お会い出来て嬉しいわ)

兄ちゃん「んおおっ!?!?あ、イェーステンキュー…」ガタガタ

絵里「До свидания.《ダスヴィダーニャ》」クスッ
(さようなら)

手を振る絵里

兄ちゃん「・・・・かっこいい姉ちゃんだったな」ポー

絵里「アハハッ、私ったら何してるのよ」クスクス
351: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 21:46:03.45 ID:jHTny2G0.net
一方、真姫とにこ

にこ「」ボーッ

真姫「・・・・」

真姫「あの、」

にこ「へ?」

真姫「にこちゃん、遠くからエリーがニヤケながらこっち見てどっかいっちゃった」

にこ「絵里なら多分ちょっとしたら戻ってくるよ。何か美味しそうなもの持って、ね」

真姫「そうじゃなくてっ!///」

にこ「わかってる、今はこうしてたいの」ムギュ

真姫「もうっ!何で急に甘えてくるのよっ…////」タジタジ

にこ「真姫ちゃんこそ何で嫌がらないの?」

真姫「っ…」

にこ「ほんとに嫌だったらにこの事邪険にするよね?」

真姫「・・・・(何で私がにこちゃんのペースに)」
352: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 22:05:43.13 ID:jHTny2G0.net
にこ「真姫ちゃん素直になってよ」

真姫(きゅ、急に真面目なトーンでなななっ何っ!?////)

真姫「べ、別に私はいつでも素直だから!////にこちゃんの方が天の邪鬼でイミワカンナイ!!」

にこ「真姫ちゃん口閉じて」シーッ

にこ「目も閉じて深呼吸して」

真姫「もう分かんないわよ!にこちゃん何がし…っ

チュッ


真姫「あ」

にこちゃんは多分私の事が好きで、エリーは私とにこちゃん両方が好きで

私はきっと…にこちゃんに恋してるんだろうなって今初めて気付いた

そしてにこちゃんが私に甘えてくる姿がとてもたまらなかったわ
大事な思い出にしようと心に誓った!

西木野真姫
353: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 22:15:19.88 ID:jHTny2G0.net
祭りも終盤さなか


にこ「真姫ちゃん」

真姫「にこちゃん」テレッ

にこ「真姫ちゃん可愛いかきくけこ」

真姫「っ…/////」

真姫「・・・・」

にこ「えへへ」

真姫「にこちゃん…す」

にこ「す?」

真姫「すっ…す…」

絵里「スイカ」

真姫「か…かっ…カラス」

にこ「スカート」

絵里「ところてん」

絵里「あっ!《ん》が付いちゃった」テヘッ

にこまき「はっ!!!!」
356: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 22:42:21.01 ID:jHTny2G0.net
絵里「遅くなってごめんね?ほら、イカ焼きにとうもろこし、りんご飴にわたあめ買ってきたわよ」ニコニコ

にこまき「・・・・」

絵里「にこちゃん(真姫ボイス)」テレッ

絵里「真姫ちゃん(にこボイス)」キリッ

にこまき「っっっ!/////」カァッ

にこ「まっ!ままっ、真姫ちゃんなんてべべ別にっ!!」

真姫「そっそうよ!にに、にこちゃんの事なんて全然っ!!」

絵里「いいのいいの」ニコニコ


ヒュルルルーーーーーー・・・ドンッ!ドンッ!

真姫「あっ」

にこ「あっ」

絵里「フフッ」
357: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 22:50:33.41 ID:jHTny2G0.net
夜空に一直線に登る火種が弾けて、それは赤や青や黄色と、様々な色で私達の心の中を染め上げるように惜しみなく咲いた

ギュッ

真姫「綺麗」

にこ「ほんとだね」

絵里「素敵ね」

3人で手を繋いで見上げた頭上は無限大に何処までも続き、海よりもっともっと広く大きくて…

他に例えるものも見つからない程壮大なパノラマのような世界に思えた

ねぇ、花火も必ず終わっちゃうもの?

余韻だけはしばらく残っちゃうけど。

写真なんて撮る気も起こらないよ
・・・・こんなに目に焼き付いちゃったもん


何でもっと早く知る事が出来なかったのかな

ううん、きっと早くも遅くもない今が全てなんだ

あれ?何で私泣いてるのかな

・・・・ちょっと恥ずかしい

え?やだ、あはは

なんだ良かった、私だけじゃなかった

私達3人泣いちゃってるじゃない

1つ1つの出来事が特別で、過ぎ行く時間さえ惜しくて
泣いたり笑う事に躊躇いを感じてた昔を一掃できるほど今が全てなんだと胸を張って言える

明日が来れば、また明日の全て
来年は来年の全て 10年後だってきっと同じ

私達は私達だけの瞬間をこれからもずっと

またね、夏

絵里「イカ焼きがやけにしょっぱい」
真姫「私のたこ焼きも」
にこ「奇遇ね、にこのとうもろこしも」

おわり
358: 名無しで叶える物語(泡盛)@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 22:54:07.89 ID:jHTny2G0.net
長かった読んでた人ありがとう
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『真姫「にこちゃんの日常を!」絵里「私達が見守るわ!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。