花丸「お、俺くん?どうしちゃったずら……?」

シェアする

花丸-アイキャッチ2
1: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/(9段) (アウアウ Sa7f-khAS) 2016/05/31(火) 21:25:00.55 ID:5mvAKUaSa.net
「きゃ……い、いたい……

「うしろから急にぎゅって……嬉しいけど、なんか……いつもの俺くんと違う……よ……

「ごめんね俺くんっ一回マルのこと離して?お……落ち着いて?

「そんな……オラの名前いっぱい呼んで……寂しくなっちゃった、ずら……?

「俺、くん……。マルも、俺くんのこと好き……だよ……?

「でも……ごめんっ。オラやっぱり怖い……

「うん……ごめんね……

「…………

「……え?見るって……なにを……?

「俺くんが自分でしてるのを?!

「ぇ……?え……?

「マルは、俺くんが。その……ひとりでしてるのを、見てるだけでいいの……?

「う、ううんっ。それくらいなら、オラにもできるっ

「だいじょうぶ!オラ、多分俺くんにすごくつらい思いさせてるずら……

「だから、そんなことでいいなら!何回だって……俺くんが満足するまで……

「マルのこと、その……いっぱい、使って……下さい…… VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

元スレ: 花丸「お、俺くん?どうしちゃったずら……?」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa7f-khAS) 2016/05/31(火) 21:26:52.45 ID:5mvAKUaSa.net
(うう……

(勢いであんなこと言っちゃったけど、やっぱりちょっと怖いずら……

(俺くんの部屋……最初入ったとき、すっごい”男のひとの部屋”って感じのにおいがして、ドキドキしちゃったけど……

(こうやって、俺くんのベッドの前でしゃがんで……

(俺くんの、脚の間でじっと”そこ”を見つめてる今は、もっと……心臓が口から飛び出しそうなくらい、すごい音、しちゃってるよ……
4: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa7f-khAS) 2016/05/31(火) 21:27:55.55 ID:5mvAKUaSa.net
「え!?う、うん……いつでも、いいよ?

(俺くんのあれ……とってもおっきくなってるの、服越しでもよくわかるずら……それが……

「わ……わわっ

(おっ────黒、い?────固そう────きい……

「これが、男のひとの……俺くんの……

(”生”だと、やっぱりもっと、すごい……

「うん……大丈夫、だから……続けて?俺くん……

(先っぽ、濡れて……糸ひいてるずら……

(マル……みんなに秘密で、そういう小説も、隠れて読んだことある……けど……

(想像してたのより、全然……その、怖い……
8: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa7f-khAS) 2016/05/31(火) 21:29:04.67 ID:5mvAKUaSa.net
(でも……俺くん、こんなにつらそうなのに。マルのこと気にして、我慢してくれてるんだ……

(だいじょうぶ……だいじょうぶ……見てるだけなら、こんなオラにだって……

「……は、ふ……

(あ……俺くん、そっと握って……ゆっくり動かし始めたずら……

(うわぁ……男のひとって……

(こうやって、”自涜”するんだなぁ……

(さすって、撫でて……握って、緩めて……

(マル……今じゃそういう小説があるんだってことくらいは、なんとか知ってて……

(ときどき、そういう気分になってたまらなくなったとき……そういう本の、女のひとが、ひとりで”する”のを真似して……こっそり自分でしてる、けど……
9: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa7f-khAS) 2016/05/31(火) 21:29:45.15 ID:5mvAKUaSa.net
(中学の始めのころ、古本屋でたまたま手に取った文学書の中で、男のひとと女のひとが、その……

(してる、場面があって……

(すごいショックだったんだけど……でも、同時にマルの中で今まで感じたことのないモヤモヤが残って……

(その本は、恥ずかしすぎて買えるはずもなかったから……そういう場面で使われてた、オラの初めて見た色んな単語を。意味も分からず必死に覚えて帰って……

(オラ……部屋で、いけないことしてるって、すっごいドキドキしながら……辞書をめくって。たくさん、メモにまとめたずら……
10: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa7f-khAS) 2016/05/31(火) 21:30:55.98 ID:5mvAKUaSa.net
(その中で見つけた”自涜”って言葉の項目……

(”自慰”、”手淫”……”オナニー”……

(他の、マルが知らなかった言葉たちもみんなそうだったんだけど。辞書の解説だけじゃ、全然イメージできなくて……

(それが、そういう気分になったときに、自分だけで鎮める手段だってことは。本での使われ方からも理解はできた……でも……

(そのときのオラには、自分の中でずうっとつもっていくモヤモヤの感覚が、そういう気分なんだってことまでは理解できるようになってても

(結局、どうそれを解消すればいいのかは、あの本や辞書のどこにも載ってなくて……

(それからしばらく、うまく眠れない夜が続いた、ずら……
11: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa7f-khAS) 2016/05/31(火) 21:32:12.59 ID:5mvAKUaSa.net
(こんなこと、誰にも……ルビィちゃんにだって相談できなくて……

(3日くらいたって……その夜も眠れなくて。枕の下にこっそり隠したメモを見直してたら、いつの間にか眠っちゃってたオラは……

(忘れもしない……

(誰かがオラの上に覆い被さって、揺れながら。オラも、そのひとが揺れる度に、生まれてから感じたことのない気持ちよさを感じてる……

(そんな、夢を見たずら……

(夢の最後、そのひとが一際大きく揺れて、マルにぶつかったとき。マルは電気が駆け抜けたみたいな感覚に包まれて……

(昇ってるのか、落ちてるのか、それすらわからない。でもいつまでも終わらない、怖いくらいの感覚の中で……

(マルは、いまマルと誰かがした行為が。あの本の中でオラが見たものの正体なんだって、理解したんだ……
12: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa7f-khAS) 2016/05/31(火) 21:33:05.96 ID:5mvAKUaSa.net
(いつの間にか目が覚めていたオラは、汗だくで、息も上がってて……

(でもそんなオラの身体で、一つだけ……夢を見る前と後で、大きく違ってた場所があったずら

(マルは最初、その違和感をおねしょしちゃったのかと間違えて、あわててお布団をめくったんだけど

(お布団は全然汚れてなくて……でも、マルの下着の、その場所だけは、しっかり湿ってて……

(なんだろうって、触ってたら……とつぜん夢で感じたあの感覚が、こっちのオラの身体に蘇ってきた
14: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa7f-khAS) 2016/05/31(火) 21:34:08.91 ID:5mvAKUaSa.net
(それまではオラ、テレビドラマや本の話の中で……恋人同士が抱きしめあうところや……キ……キスする場面を、目にしたときとかに……

(そこや、お腹の下の方が。なんかうずうずすることが、ときたまあったずら

(でも、あったけど……それは一瞬の気のせいみたいな感覚で……

(ほとんど、気にしたことはなかったのに……

(そういえばここ数日、モヤモヤが高まると、いつもその辺りが切なくてしかたなくなってたことに気が付いて……

(その瞬間に、本と、辞書と。夢と、現実が……全部、ひとつになって

(こうすればいいんだって、理解(わか)って……
15: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa7f-khAS) 2016/05/31(火) 21:35:23.71 ID:5mvAKUaSa.net
(そのあとは、その感覚を追う指先を少しずつ強くして……

(怖さと恥ずかしさも、どんどん鋭くよみがえってくる気持ちよさに押し流されて……

(わけもわからず、うずき続ける”そこ”を……押したり、撫でたり……広げて、みたり……

(最後には、声をかみ殺して……外が明るくなるまで、オラは”自涜”……したんだ……
16: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa7f-khAS) 2016/05/31(火) 21:37:17.94 ID:5mvAKUaSa.net
「ふぅ……ん……(ゴクリ)

(俺くんの手、だんだん早くなってきた……

(あの夜の、オラみたいだ……

(朝になって気付いたけど、それまでマルの中にずっと残ってたモヤモヤは跡形もなく消え去っていて……

(それは、夢のおかげなのか、その後の”自涜”がそうしたのか……もうオラにはわからないけど

(あの夜までの何日か。オラ、とっても苦しかったの……忘れられないずら……

(俺くん……きっと今、とっても苦しいんだろうなぁ……

(マルだって、ほんとはあの夢で見たみたいに……ううんっ

(最近”自涜”するとき、いっつも考えてるみたいに……

(────俺くんと!
17: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa7f-khAS) 2016/05/31(火) 21:38:04.77 ID:5mvAKUaSa.net
(……俺くんと……気持ち良く、なりたいよ……

(でも、ごめんね……俺くん……

(オラ、弱虫だから……

(別の本で読んだ、初めてはとっても”痛い”って話が、怖くって……忘れられなくて……

「あ……

(俺くんの先っぽから雫が垂れて────

「あつ、い……

(────マルの太ももに、落ちた
18: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa7f-khAS) 2016/05/31(火) 21:38:58.09 ID:5mvAKUaSa.net
(……でも、全然……イヤじゃない……

(俺くんは……やっぱり、気付いてないずら

(今、とっても一生懸命なんだろうなあ……

(オラのこと、じっと見つめて。きっと、オラのこと、たくさん想像して

(苦しいの、いっぱい吐き出そうとしてる……

「あ……ふふっ

(俺くんと目があっちゃったけど……なんでだろ……とっても素直に笑えてる……
19: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa7f-khAS) 2016/05/31(火) 21:39:39.80 ID:5mvAKUaSa.net
(オラ……もうあんまり、俺くんのこれ、怖くないずら

(正直……最初は嫌だった俺くんのこれからする”におい”も……今だったら、そんなに気にならない……

(今の俺くんは、オラのあの数日間と同じ……ううん、目の前にオラがいて、それなのにできないことがあるって考えれば……それ以上かもしれない……

(そんな苦しみを……でも、マルを傷付けないために精一杯我慢して、切り抜けようとしてる……

(そんな俺くんの、身体の一カ所なんだよ……

(嫌いになれるわけ、ない……ずら……
20: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa7f-khAS) 2016/05/31(火) 21:42:27.80 ID:5mvAKUaSa.net
「え?あ……?

(あ……俺くん、オラの笑顔見て、どうか、したのかな……

(立ち上がって……わ!わ!

(マルの……顔の……すぐ、横で……?

「……う、うん……マル、俺くんのこと信じてるから……

(もっといろんなマルを見たいって、わざわざオラに断って……

「いいよ……?俺くんの好きなところ、もっと見て……近付いて……?

(こんなときなのに、俺くん……やっぱり、すごく優しいずら……っっ……
24: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa7f-khAS) 2016/05/31(火) 21:43:39.20 ID:5mvAKUaSa.net
(耳のすぐ近くで……俺くんの手と、それが……くちゅくちゅって、こすれる音が聞こえる……

「は……ひ……

(髪に、触れそうなくらいすぐそばで……熱が、伝わって……マルのほっぺ、もっと熱くしてる……

(”におい”も……さっきよりずっと、強く……近く……

(色も、形も、大きさも……さっきよりずっとよくわかる、ずら……だから……あ、あれ……?

「……ぁ……

(気のせいじゃない、よね……俺くんのあれ、さっきよりもっと赤く、大きくなってる気が……
25: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa7f-khAS) 2016/05/31(火) 21:44:37.13 ID:5mvAKUaSa.net
「え?オラ、俺くんの方、向けばいいの……?

「うん……それで?……膝立ちになって……こう?

(今度は俺くん……膝立ちになって、ちょっとのけぞったオラの胸の近くで……手を動かし出した……

「……ん、ん……

(すごい息乱して……マルの胸、見つめて……

「ふ……ん……
26: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa7f-khAS) 2016/05/31(火) 21:51:57.94 ID:5mvAKUaSa.net
(……俺くんがふとした瞬間。よく、マルの胸……じっと見てたの、気付いてたよ……?

(オラ、ちっちゃいのに、ここだけほかの人よりもおっきくて……

(俺くん以外にも、男のひとは……ううん、女のひとだって……みんなマルの胸ばっかり気にするずら……

(オラ……身体に合わないこの胸のこと、みんな気味悪がったり、太っちょだって笑ってるのかと思って……

(好きじゃ、なかったずら
27: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa7f-khAS) 2016/05/31(火) 21:53:03.26 ID:5mvAKUaSa.net
(ルビィちゃんも去年くらいからよく

『マルちゃんはいいなぁ……私より小柄なのに、そんなに胸があって……』

(って、ことあるごとに言ってきて……オラ、その言葉の意味、さっぱりわからなくて。その度にちょっぴり心がチクチクしてた……

(だからオラ、この前……我慢できずに、どういうことなのか……聞いてみたずら。そしたら……

『マルちゃん違うよ!それは……それはね────』
28: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa7f-khAS) 2016/05/31(火) 21:54:05.49 ID:5mvAKUaSa.net
(そうしたら……

(胸が大きいことは長所なんだって……オラの魅力のひとつなんだって……力いっぱい、教えられて……

(そして最後に、オラの気持ちも知らないでごめんねって、泣いて……謝って、くれたんだ……

(そんなことがあってから。オラはやっと、この胸のこと……ちょっとだけ好きになれるように、なったずら……
29: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa7f-khAS) 2016/05/31(火) 21:54:46.06 ID:5mvAKUaSa.net
『目に”女のひと”って訴えてくる、女性の武器!』

『なんでも包み込んでくれそうな、優しい感じ!』

『単純で顔より記憶に残る、印象の強さ!』

(ルビィちゃんが並べてくれた、おっきい胸の、いいところ……他にも、いっぱい言ってたずら……

(そのうちの、どれかひとつでも……俺くんが感じてくれてて……

(だから、俺くんも……マルの胸のこと……好きだから見ていてくれてたんなら……その、嬉しいなぁ……えへへ……
30: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa7f-khAS) 2016/05/31(火) 21:56:32.53 ID:5mvAKUaSa.net
「……あっ……

(ああ────う……

(また、俺くんの先っぽから、雫が垂れた、けど……今度は位置が位置だから、オラの……せ、制服の、タイに────

「えっ!?出そうって……オラ、どうすれば……

(わわ……俺くんの声、掠れてすごく苦しそうずらっ

「ティッシュで受け止めるって……

(ティッシュ……あ、俺くんが最初に準備してた────

「わ、わかったっ……これでいい、ずら……?

(受け止めるって……俺くんのあれの下で、手でお皿作ればいいのかな??
31: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa7f-khAS) 2016/05/31(火) 21:57:23.87 ID:5mvAKUaSa.net
「うん、俺くんっ、オラ、ちゃんと見てるよ……見てるから……

(血管……地図みたいに浮いて……その上を俺くんの手がすごい勢いですべってく……

(うわぁ……俺くんの先の膨らみ、パンパンで……よく見たらオラの顔、反射してる……?

「……俺くん……

(俺くん……マルの名前、たくさん呼んでる……

「俺、くん……

(オラも……

「俺くん……俺くん、俺くん俺くん俺くんっ

(オラも……っ

「……俺くん!

(オラも、俺くんと一緒に────!
32: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa7f-khAS) 2016/05/31(火) 21:58:10.74 ID:5mvAKUaSa.net
「────きゃっ

(なにか弾けて、重い塊がオラの手にぶつかって!ティッシュ……浮いちゃってるっ

「わ、わわ……

(すごい勢い……びゅびゅって……音、聞こえて……

「こんな……まだ、たっぷり……

(白いのが……たくさん、飛んだずら……

「はあ……は……んっ?
33: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa7f-khAS) 2016/05/31(火) 21:59:29.56 ID:5mvAKUaSa.net
(うっ!

(さっきまでと比にならない────甘い、のに……青臭い??────すごいにおい……

(それに、ティッシュ越しでもずっしりしてて……熱いのがわかるよぉ……

「……ふ、ぅ……

(あと……俺くん、多分気付いてないけど……

「ん……

(……最初に飛んだすごいのが……オラの襟と……制服の中……

「……ん、んん……

(多分、胸の……間に……かかって、つたって……

(ああ!じゃあ、下着にも……

「う、う……(モジモジ)

(うう……制服、一着しかないから、明日もこれ着ないとだめ、だよね……

(そういえばタイのところにも……出る直前の、白いのが混ざったのが、垂れてたずら……
34: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa7f-khAS) 2016/05/31(火) 22:00:05.04 ID:5mvAKUaSa.net
「…………(クン……クン……)

(それって、もしかして……

「…………(スンスン……)

(……登校中とか、授業中……ふとした拍子に……

(俺くんが出した……いまもツンって漂ってる、これのにおいが……して、きちゃうかも知れないって、こと……?

(ルビィちゃんが隣で鼻を鳴らす度、オラ……オラ……

「〜〜〜っっ……
35: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa7f-khAS) 2016/05/31(火) 22:00:44.49 ID:5mvAKUaSa.net
(……制服の中だって……オラの家に帰るまで拭けない、から……

「ぅ……(モジモジ)

(その間も、ずっと服の中に……俺くんの、残ったままだし……

(下着も……きっと染みになって……

「ぁ、う……(モジ…モジ…)

(オラ、この下着……見る度、着ける度に……今日の俺くんとのこと、きっと思い出しちゃう────
36: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa7f-khAS) 2016/05/31(火) 22:01:29.93 ID:5mvAKUaSa.net
「────ん……?ううん、オラも俺くんの力になれてたら、嬉しい……ずら……

(でも……俺くん、あんな顔して、息も絶え絶えにマルにお礼言ってくれて……

(どんな力になれたか、オラ、よくわからないけど……ちょっとはオラも、俺くんの”自涜”のお手伝い、できてたのかな……

「俺くん。マル……ちゃんと、俺くんの役に、立ててた……?

(あ……ちゃんと”自涜”に使わなかった左手でオラの頭、ぽんぽんって……

「え、へへ……ありがとう、俺くん
38: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa7f-khAS) 2016/05/31(火) 22:02:25.01 ID:5mvAKUaSa.net
(俺くん、あのね……オラ、実は今日……いっぱい、俺くんに……染められちゃったんだよ……?

「ううん。オラは大丈夫だったよ。だから気にしないで、俺くん。マルこそ……こんなマルで、ごめんね……?

(でも、好き……俺くん……俺くんっ……

(俺くんが汚した制服、下着……

(マルのなにかを、俺くんにあげられたみたいで……こんなに、嬉しい……っっ

「オラも……オラのこと好きって言ってくれる俺くんのこと……

(だから俺くん、待ってて……。いつか……必ず、マルのすべてを、俺くんに……

「大好き、ずら……♡



【おしまい】
43: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa7f-khAS) 2016/05/31(火) 22:07:01.67 ID:5mvAKUaSa.net
趣味満載。

アニメでキャラが固まる前だし、やりたい放題しちゃおうと

花丸ちゃん、もっと無垢感出したかったのに……意外と冷静な耳年増寄りになってしまったずら……

アニメ、楽しみですね。ふう……
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『花丸「お、俺くん?どうしちゃったずら……?」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。