海未「それが歪んだ形だとしても」

シェアする

海未-アイキャッチ14
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/02(木) 21:29:11.50 ID:kUGaY8DM0
微エロ。
シリアスです。

元スレ: 海未「それが歪んだ形だとしても」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/02(木) 21:32:14.66 ID:+XWxXTQ+O
ことり「穂乃果ちゃんのことが好きです!ことりと、付き合ってください!!」

穂乃果「……はい、喜んで……///」



二人しかいない教室。

薄い扉を挟んだその向こう。

私の大切な幼なじみが、私の尊敬する親友が……私の大事な仲間のことりが……私の大切な幼なじみで、私の尊敬する親友で……私の愛した穂乃果と結ばれた。

一つの愛が生まれた歓喜の瞬間を見たとき、こんなにも心が空っぽになるとは思いませんでした。

二人は私に一番に付き合い始めたことを伝えてくれるでしょうか?

私と変わらず仲良くしてくれるでしょうか?

私は二人に気を遣わなければいけませんね。

……などと、現実から目を背けたように的はずれなことを思い。

嬉しさも、切なさも、悲しさも、喜びも、寂しさも……全てを汚ならしくかき混ぜたような重さだけを感じて、私はその場を離れました。

穂乃果……

ことり……

穂乃果……

ことり……

穂乃果……

私は……

嗚呼……この世に神様がいるのなら、どうか……私のこの思いを消してはいただけないでしょうか……

胸を締め付けるこの痛みを……拭い去ってはいただけないでしょうか……
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/02(木) 22:02:53.22 ID:+XWxXTQ+O
――――――――



次の日、いつも通りに二人と登校前の待ち合わせ。

いつも通り、私が一番早くに到着しました。

そして、いつもとは違う……ことりと穂乃果が一緒に来ました。

固くお互いの手を繋ぎながら。



――――――――
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/02(木) 23:13:59.93 ID:+XWxXTQ+O
ことり「……ビックリ……した?」

海未「え、ええ。まあ……そうですね……。なんと言いますか、おめでとうございます……?で、いいんでしょうか……?」

穂乃果「いやぁ♪照れるなあ……///」

海未「……ふぅ、そんなニヤついた顔では、すぐにみんなに知れ渡ることでしょうね」

ことり「とりあえずμ'sのみんなには伝えておこうかなって。でも、やっぱり一番最初に海未ちゃんに伝えないとって、穂乃果ちゃんが」

穂乃果「なんたって、海未ちゃんは最っ高の幼なじみだからねっ!」

ズキッ

海未「……ありがとうございます、穂乃果。改めて、二人とも……おめでとうございます」ニコッ

穂乃果「ありがとうっ!」

ことり「ありがとう///」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/02(木) 23:14:53.20 ID:+XWxXTQ+O
――――――――



告白はどちらからですか?

……知っています。

きっかけはなんだったのですか?

……想像がつきます。

もう、口付けは済ませたのですか?

……知りたくありません。

私は深く聞かず、口を結び、幸せそうに手を繋ぐ二人を静かに見つめました。

そんな下世話な質問をして苦しむのは、きっと私の方なのですから。


――――――――
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 00:03:45.78 ID:fs9zJvp6O

絵里「ハラショー!!穂乃果とことりが!?」

希「おー♪おめでとう♪」

にこ「アイドルは恋愛禁止!……って怒鳴るのもヤボよね。でも、アイドルとして、節度ある交際を心がけなさ――――」

穂乃果「こーとりちゃーん♪」モッギュー

ことり「やーんっ♪」モッギュー

にこ「聞きなさいよ!!」

希「んふふ~♪ではでは~♪」

絵里「馴れ初めなんかね~、詳しく聞いちゃおうかしらね~♪」

ことり「ふぇっ!?は、恥ずかしいよぉ~///」

穂乃果「エヘヘ~///」

にこ「うわ、全力でニヤけてるわね……」

海未「知らぬ仲でなし、なにを照れているのですか……まったく」

海未「……………………」

海未「……ああ、ちょっと失礼します。喉が渇いたので、なにか飲み物でも買ってきます」

穂乃果「あ、私も行くー」

海未「穂乃果の分も買ってきてあげますよ。その間、根掘り葉掘り聞かれてしまいなさい」

穂乃果「うえぇ!?」

海未「……では」

絵里「観念しなさーい♪」

ことり「だ……」

ことほの「だれかたすけてぇ~!」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 00:43:51.91 ID:fs9zJvp6O
――――――――



ダメですね……私は……

気を抜いたとたん、笑顔が崩れそうになってしまう。

二人が結ばれて、喜ばしいのはもちろん本心です。

共に同じ時間を過ごし、思いを募らせた……かけがえの無い友人。

喜ばしくないはずがありません。

だからこそ……

素直に二人を祝福出来ない自分が、とてつもなく嫌な存在に感じました。

このやり場の無い思いは、いったいどうすればいいのでしょう。

と、そんなやるせなく歩を進めていた私の耳に届いた――――



好きなの――――



という、甘く情熱的な言葉。



――――――――
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 08:35:53.25 ID:fs9zJvp6O
真姫「……………………」

凛「……………………」

真姫「……………………好きなの、凛。……あなたのことが好き。お願い、私と……付き合って」

凛「……………………うん///」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 09:00:45.45 ID:fs9zJvp6O
――――――――



間女のように物陰に隠れ、初々しく言葉を交わす一年生二人を見て、盗み見を懺悔しながらも私は昨日の出来事と重ね合わせました。

リフレインする光景。

告白した側とされた側。

紅潮した頬も、気恥ずかしそうに泳ぐ視線も。



そんな二人を見てしまい、希望と絶望が入り交じったような表情の花陽も。



全てが昨日を思い返させる。

私もきっと、あんな顔をしていたのでしょう。

形容し難い感情を塗りたくった、仮面のような顔を。

ふと花陽と目が合うと、花陽はなんとも切ない微笑みを浮かべました。

笑みを作る気にもなれずに、私は音も無く……気配も無く、そっとその場から姿を消しました。



――――――――
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 09:25:33.48 ID:fs9zJvp6O
ピッ

ガコン

海未「………………これ、炭酸じゃないですか……。何故こんなものを……」

海未「……こう何度も告白の現場を目撃するとは、天文的な確率ではないですか……歌詞の一つや二つ出来てしまいそうですね」

海未「………………真姫と凛が……」

???「ビックリ……した?」

海未「……………………花陽」

花陽「エヘヘ……」

海未「…………そうですね。多少、驚きました。が、今はそうでもありません。人が人を好きになるのに、理由は要りませんから。それがたとえ、友人同士だとしても」

花陽「そうだよね……」

海未「……………………つかぬことを伺います」

花陽「うん……」

海未「……凛のことが、好きでしたか?」

花陽「……………………なんで?」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 09:58:24.12 ID:fs9zJvp6O
――――――――



昨日の私と、同じ顔をしていましたから。



――――――――
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 13:12:22.57 ID:fs9zJvp6O
海未「いえ。別に、なんとなくです」

花陽「海未ちゃんでもそんなこと言うんだ。ちょっと、意外。……うん、好きだった」

花陽「大好きだった。……ううん、大好きだよ」

花陽「子どものときからずっと一緒に遊んで、一番の仲良しで、私が一番……凛ちゃんのこと好きなんだって……凛ちゃんもきっと、私のことが一番好きなんだって……勝手に……そう思ってた……」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 13:25:45.33 ID:fs9zJvp6O
――――――――



同じです。

花陽……

私も、そう思っていました。

誰に言われるでもなく、どちらかが切り出すわけでもなく、いつしか自然と交際の始まるような……そんなことあるはずもないのに。

約束したわけでもないというのに。

ただ勇気が出なかっただけの言い訳は、湯水のように溢れ出てきました。



――――――――
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 14:03:09.33 ID:fs9zJvp6O
花陽「真姫ちゃんが凛ちゃんに告白したときね、私……嬉しかったんだよ?私の大好きな二人が付き合うことになって、とっても嬉しかったの……でもね……やっぱり、ちょっぴり寂しくて……泣きそうになっちゃった」

海未「……………………」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 15:04:34.60 ID:fs9zJvp6O
――――――――



私もです。

だけど、泣くに泣けなかった。

それはあの二人を否定することになるのですから。

何故私でないのですかと。

何故横から拐うようなことをするのですかと。

私だけのものなのに。

そんなことを言う資格も思う権利も、誰にも有りはしないのに。

花陽を見れば、今にも泣きそうに身体を小さく震えていました。

スカートの裾をギュッと握って。

告白の瞬間を見ちゃうなんて、二人に悪かったかな……アハハ……

取り繕った笑顔を見るのが、心苦しくなりました。

だから――――――――

私は――――――――


――――――――
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 19:45:27.42 ID:fs9zJvp6O
海未「……泣くことが出来ないなら、せめてその憂いは、私が片棒を担ぐことで楽にはなりませんか?」

花陽「……海未……ちゃん?」

海未「花陽……穂乃果とことりも、付き合うことになりました」

花陽「穂乃果ちゃんと……ことりちゃんが……?」

海未「ええ。……花陽、私も同じです。思い続けた愛しい人が、大切な友人と交際することとなり、どこか寂寥感のようなものを抱いています」

海未「けして憎くはないのです。それでこの先、関係が崩れることを望むはずもなく、関係を崩すこともしたくはない。無論、二人を愛憎故に傷付けることなどもっての外です。ですが……このやり場の無い思いは、一人で抱え込むにはツラいのです。張り裂けそうに脈打つ鼓動も、耳の奥でつんざくような耳鳴りも……私は花陽の苦しみを、花陽は私の苦しみを、お互いに少しずつ分けあうというのはどうでしょう」

花陽「……どういう……こと?」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 19:46:12.78 ID:fs9zJvp6O
――――――――



どうやら神様は無く、いたのは……冷たい血の流れた悪魔だったようです。



――――――――
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 19:50:59.48 ID:fs9zJvp6O





海未「花陽、私と付き合ってはみませんか?」





20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 21:04:37.07 ID:fs9zJvp6O
――――――――



腕を引き、身体を抱きしめ、耳元で甘く囁き、頬を撫で、目を見つめ、唇を重ねる。

唇を離すと、今度は花陽から唇を重ねてきました。

これが返事だと言わんばかりに。

なんの感動も無い……それは花陽も同じ。

なんと滑稽な。

なんと醜悪な。

そう思うのも無理はないでしょう。

お互いに、欠けたものを埋めるためだけの共依存。

誰でもいい。

花陽である必要も、私である必要も皆無。

ただ、都合が良かっただけのこと。

穂乃果と凛の代替品として。

恋愛という、光より眩しく、炎よりも熱い、何よりも尊い感情の一片も、ここには有りはしなかったのですから。



――――――――
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 23:30:14.16 ID:fs9zJvp6O
――――――――



花陽と付き合うことになってから、一週間。

穂乃果とことり、凛と真姫たちが幸せそうに毎日を謳歌するのと同じくして、私たちも仲を睦まじいものにしていました。

私たちの仲は、誰にも話してはいません。

騒がれるのは好きではありませんし、穂乃果とことり、凛と真姫は、きっと私たちに気を掛けるでしょうから。

何よりも……話せるほど誇らしいものでもないことです。



――――――――
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 23:49:29.92 ID:fs9zJvp6O
花陽「海未ちゃーん♪ご飯炊けたよー♪」

海未「花陽……家に泊まりにと呼んで、さっそく食事というのはどうなのですか?」

花陽「ううっ……だって、練習たくさん頑張って、お腹すいたから……」

海未「ほどほどにしておかないと、またすぐダイエットする羽目になるんですよ。日頃から節制していれば、そんなことにもならないでしょうに」

海未「三食をしっかり食べるのは基本中の基本ですが、食べ過ぎは論外です。間食も本当は抑えるべきなんですよ。わかっていますか?はな――――」グウゥ

花陽「……………………」

海未「~///」カアァ

花陽「……おにぎり、食べる?」つ△

海未「……いただきます///」ハムッ

花陽「おいしい?」

海未「ええ……とても」

花陽「よかった♪」

花陽「海未ちゃん、ご飯つぶついてる」

海未「んむ?」

花陽「」ペロッ

海未「……………………///」

花陽「おいしいね、海未ちゃん♪」

海未「…………ええ」

海未「そういえば、ご両親の姿が無いようですが」

花陽「町内会の慰安旅行だって。明日の夜には帰ってくるみたいだよ?」

海未「そうですか……」パクッ

花陽「……海未ちゃん」

チュウ

プハッ

花陽「エヘヘ……甘いね」

海未「……食事中ですよ。甘いのは、お米のせいです」

花陽「うん。そうだよね……」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/04(土) 00:30:51.60 ID:4QsTUdY+O
――――――――



甘いはずがないことなど、わかっているでしょう。

なんせ、私たちは……お互いを好いてはいないのですから。

足りないものを埋めるだけの、ギブアンドテイクの関係。

恋人ごっこと言うならばそうでしょう。

つまりは……ただの慰め合いです。



――――――――
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/04(土) 01:19:10.76 ID:4QsTUdY+O
花陽「お風呂湧いたけど……一緒に、入る……よね?」

海未「ええ。もちろんです。私たちは、恋人なのですから」

花陽「うん……///」
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/04(土) 02:07:48.35 ID:4QsTUdY+O
――――――――



私は凛の代わり。

花陽は穂乃果の代わり。

それを理解し、受け入れた。

愛情などまるでない、酷く歪んでいることをわかっていながら、私たちはお互いを求めました。

お互いを見ようとはせず、重ねた影に思いを馳せるだけで。



――――――――
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/04(土) 07:44:24.92 ID:4QsTUdY+O
ピチャン…


花陽「気持ちいいね」

海未「ええ」

花陽「狭くない?」

海未「強いて言うなら、花陽の胸が邪魔ですね」ツンッ

花陽「ぴゃあ!?う、海未ちゃんっ!」

海未「フフ、つい。羨ましいと思いまして」

花陽「う、海未ちゃんだって……スタイルよくて……羨ましいよぅ……。この控えめな胸も……まるで、凛ちゃんみたいで……」ツウゥ

海未「っ……///」

花陽「感じる?」

海未「……………………っ」

チュッ

花陽「ん///」

海未「続きは、ベッドの上にしましょう……」

花陽「……ガマン、したくないの」

海未「はな――――」

ンムッ
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/04(土) 12:09:25.67 ID:4QsTUdY+O
――――――――



小さな浴槽の中で、私たちは唇と肌を重ね合わせました。

濡れた髪を掻き上げ、首もとに舌を這わせる。

白い肌に吸い付き、小さな赤い点を作った。

爪が背中をを柔らかく引っ掻くのがくすぐったくて、ピクンと身体を震わせてしまったり。

胸を……腹部を……大腿を……お湯の中で指が秘部に触れる。

慣れない手付きで、探り探りで。

時折口の端からもれる声が、色香を増しているようにも思えました。

憂い潤んだ瞳……上気する息遣い……

もしも……私が花陽を"ちゃんと"好きだったら……

もしも……花陽が私を"ちゃんと"好きだったら……

これはどれだけ……甘美な時間に成り得たことでしょう……



――――――――
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/04(土) 12:28:31.20 ID:4QsTUdY+O

花陽「お願い……海未ちゃん……。にゃあって……言ってくれないかな……?」

海未「……にゃあ」

花陽「丁寧な言葉遣いもやめて……自分のこと……名前で……呼んでくれないかな……?」

キュッ

花陽「ほら……私も……サイドテールにしてみたよ……。どうかな、海未ちゃん……」

海未「……かよちんがそれを望むなら、海未は……そうするにゃ」
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/04(土) 21:36:53.59 ID:4QsTUdY+O
――――――――



また重ねた唇は、もはや苦くしかなく……

そんなことをしても、なれるはずなんかないこと……私たちは、わかっているのに……

口の中に滑り込ませる舌を絡ませながら、頬に涙を伝わせた……

好き……

胸に歯を立てて。

好き……

秘部に指を沿わせて。

大好き……

強く身体を抱きしめながら、喘ぎ声と嗚咽とを混じらせて、けしてお互いにではない無情な愛の言葉を囁く私たち。

愛してる……

実るはずのない目の前の恋。

私たちは……これが間違いだとしても、お互いを求め続けるのでしょう。

お互いを見ぬまま。

二度と叶うことのない恋を抱いて。



――――――――
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/05(日) 00:44:29.61 ID:7s4GIttcO

花陽「好きだよ……凛ちゃん……」

海未「海未もだよ……穂乃果……」
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/05(日) 00:50:01.97 ID:7s4GIttcO
――――――――



そして私たちはまた口付ける。



吐瀉物のように込み上げてくる、途方もない不快感を甘露として呑み込みながら。



誰も正さない過ちであるも。



たとえそれが、どれだけ歪んだ形だとしても――――――――
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/05(日) 01:03:08.04 ID:7s4GIttcO
おわり。

グロ無しでうみぱなしてみました。

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
海未「それが歪んだ形だとしても」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『海未「それが歪んだ形だとしても」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。