希「今日はウチの誕生日やね」

シェアする

希-アイキャッチ17
1: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/09(月) 23:45:23.10 ID:8K2bes1s0
希(みんなプレゼントとかくれるんかな?)

希(まあ期待しててもなんか変な感じになるし……普通に期待しとこ)

希「それにしてえりち、何で今日はウチに早めに登校するように言ってたんやろ?」

穂乃果「あ、希ちゃん。おはよう」

希「おはよう穂乃果ちゃん。登校するときこっち通ってたっけ?」

穂乃果「ううん、今日は特別な日だからね……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1402325122

元スレ: 希「今日はウチの誕生日やね」

スポンサーリンク
2: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/09(月) 23:45:50.87 ID:8K2bes1s0
希(両手に持った紙袋は何やろ。もしかしてプレゼント……? でもまさかそんなにたくさん……)

穂乃果「じじゃーん! 希ちゃん18歳の誕生日おめでとう! 穂乃果から穂むらのおまんじゅう18箱プレゼントです」

希「箱!?」

穂乃果「実はぜーんぶ穂乃果が作ったんだよ」

希「えぇっ、一体いくつ作ったん?」

穂乃果「1箱に6つずつだから……たくさんだね」

希(ひゃ、108個……! 煩悩と同じ数やん)

希(18個とかでいいのに……でもうれしいなぁ)

希「ありがとう穂乃果ちゃん。でも学校には持っていけないから一旦おうちに持っていくわ」

穂乃果「穂乃果も手伝うよ!」
3: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/09(月) 23:46:16.69 ID:8K2bes1s0



希(ひとつ目からハードやったなぁ……)

希(運んでくれた穂乃果ちゃんもすぐ行っちゃったし)

希(もしかしたら登校中にまた誰かが……)

ことり「おはよう希ちゃんっ!」

希(……次はことりちゃんの番やね)

希「おはよ、こっちに来るなんて珍しいやん」

ことり「うん、でも今日は希ちゃんの誕生日だから!」

希「あ、知ってたん?」
4: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/09(月) 23:46:55.79 ID:8K2bes1s0
ことり「もちろんだよっ。それで私からのプレゼントは……」

希(ま、また大きいんかな……)

希(でも穂乃果ちゃんみたいに紙袋とか持ってないし、鞄から出してるし小さいのかも……)

ことり「ことり特製クッキー、180枚です!」

希(鞄の大きさそのままのサイズ……)

希「鞄に教科書とかは入ってないん?」

ことり「そこは抜かりなく……海未ちゃんが持っていってくれてます」
5: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/09(月) 23:47:29.06 ID:8K2bes1s0
希「海未ちゃん大変やね……ありがとう」

ことり「どういたしまして」

希(これも一回持って帰ろかな)

希(まさかえりちはこれを見越して早めに出ろって……?)
6: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/09(月) 23:47:56.70 ID:8K2bes1s0




希「……よし」

希(あれから特に何もなく学校に……って何かこれ逃げてるみたいになってるなぁ)

希(まあ、たまたま2人だけがでっかいの持ってきてくれただけで、他のみんなはそうそう……)

凛「希ちゃーん」

花陽「朝礼前だけど大丈夫かなぁ?」

希(あら珍しい)

希「2人ともどうしたん?」

凛「おはよー!」

花陽「あ、おはよう」
7: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/09(月) 23:48:28.91 ID:8K2bes1s0
希(2人とも……手に何も持ってない。よし)

凛「希ちゃん今日誕生日でしょ? おめでとうにゃー」

花陽「おめでとう」

希「ありがとう。何や、2人ともプレゼントくれるん?」

花陽「うん、希ちゃんは大切だからね……」

希(大切……?)

花陽「お米を送っておいたよ」

凛「凛からはオススメのラーメンを!」

希(もはや仕送りやん!?)
8: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/09(月) 23:49:03.25 ID:8K2bes1s0
希「ゆ、郵送で?」

凛「うふふ、それはナイショだよ」

花陽「今日の夜に……ね」

希「えっ、ちょっと2人とも、どこ行くん」

凛「ホームルーム始まっちゃうからまたあとでねー!」

花陽「そういうことだから、楽しみにしててね」

希「えー……」
9: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/09(月) 23:49:42.98 ID:8K2bes1s0
絵里「どうしたの希」

希「え、えりちもごはんテロを……?」

絵里「なにそのおいしそうな名前。とりあえず教室に入らない?」

希「えりちはどこから出てきたん?」

絵里「生徒会室よ。忘れ物してたから取りに行ってたの」

希「……よかった」

希(えりちが早く家を出るように言ったんは関係なかったんやね……)

絵里「?」
10: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/09(月) 23:50:35.83 ID:8K2bes1s0





希「……」

希(どこからプレゼントが来るか警戒せんと……)

希(クラスの子は普通のくれるし、流行りってわけじゃなさそうやけど……)

にこ「にっこにっこにー」

希「!?」

にこ「え、そんな驚く?」
11: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/09(月) 23:51:28.84 ID:8K2bes1s0
希「いや、にこっちのが急に変なこと言うから」

にこ「変なこととは失礼ね。にっこにっこにー15セットの刑よ!」

希「じゃあウチは見学してるから、にこっち頑張ってな」

にこ「よーし、やってやるわ……にっこにっ、ってこれじゃ変な人みたいじゃない」

希「ほら、変なことやん」

にこ「ぐぬぬ」

にこ「あ、そうだ。そんなことより……期待してなさいよ?」
12: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/09(月) 23:52:15.20 ID:8K2bes1s0
希「へ? 何を?」

にこ「夜を、よ」

希(……いったい何をたくらんでるんやろ)

にこ「晩ご飯は食べちゃダメよ」

希「?」
13: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/09(月) 23:53:20.46 ID:8K2bes1s0




海未「希、少しいいですか?」

希「ん、いいよー」

希(お昼休みになってすぐに……ってことは走ってきてくれたんかな)

希(ということはやっぱり……)

海未「……あのですね」

希「うん」

海未「今日は特別な……その……」

希「……?」
14: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/09(月) 23:54:30.59 ID:8K2bes1s0
海未「今日もいい天気ですね。絶好の練習日和です」

希(話題変えた)

海未「そうは思いませんか?」

希「そうやね」

海未「……それでですね」

希(ん? 海未ちゃん、背中の方に何か持ってると思ったら……箱かな?)

希(……もしかして恥ずかしい、とか?)
15: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/09(月) 23:55:35.68 ID:8K2bes1s0
海未「えぇと……時に希、最近眠りづらいときはありませんか?」

希「たまにあるかなぁ」

海未「そんなあなたにオススメのコレ、安眠枕です。低反発で洗濯機で洗うことのできる素材の枕になります」

希(通販みたいになってきた)

希「じゃあそれ、プレゼントとして渡しに来てくれたん?」

海未「あ、そ、それはですね……」

希(やっぱり恥ずかしいんや……海未ちゃんかわいいなぁ)

海未「これは……」

希「これは?」

海未「…………ぷ、ぷれぜんと」
16: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/09(月) 23:56:05.34 ID:8K2bes1s0
希「聞こえなーい」

海未「意地悪をしないでください! 面と向かってこう……こうするのは緊張するんですから……」

希「そしたら仕切り直しやね」

海未「えぅ……」

海未「ぷ、プレゼントです」

希「誰にあげるん?」

海未「希に……」

希(もうウチ、この辺でお腹いっぱいやわ……)

希(でも面白いから……これで最後にしよ)
17: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/09(月) 23:56:52.06 ID:8K2bes1s0
希「へぇー、何でくれるんかな?」

海未「誕生日、ですから……」

海未「生まれてきてくれてありがとうございます。あなたがいなければ……μ'sはできませんでした」

海未「この学校も廃校になっていたかもしれないし……」

希「」

海未「……感謝してるんです」

希「やめてー! そんな純粋な目でウチを見んといて!」
18: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/09(月) 23:58:24.34 ID:8K2bes1s0




絵里「どうしたの希、机に枕なんて置いて」

希「後悔の涙で枕を濡らしてるんよ……くすん」

絵里「何かあったの?」

希「海未ちゃんがいい子やってん……」

絵里「……?」

希「ウチは最低や……ぐふっ」

絵里「そうかしら? 希はいいところいっぱいあるけど……」

希「うぅ……その言葉が刺さる」
19: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/09(月) 23:59:29.55 ID:8K2bes1s0




希「よーし、気持ち切り替えて練習しよ!」

真姫「あら、張り切ってるわね」

希「今のウチは誰にも止められません。なんたって安眠枕があったから」

真姫「枕? それと別に止めに来たわけじゃないわ」

希「よろしい」

真姫「今日は希の誕生日でしょ」

希「うん、唐突やね真姫ちゃん」
20: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/10(火) 00:00:07.84 ID:5B5tOgLE0
真姫「トマトは好きかしら」

希「普通かなぁ」

真姫「……よし」

希「よし?」

真姫「気にしないで」

希(何かあるんかな? にこっちも何か言ってたし……)
21: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/10(火) 00:00:51.14 ID:5B5tOgLE0





穂乃果「あー……今日も疲れたね」

ことり「はい穂乃果ちゃん、タオルだよっ」

穂乃果「うむ、たいぎであった」

海未「なんですかそれ」

穂乃果「虎のドラマで言ってたの」

海未「虎の……まさか大河ドラマですか?」

穂乃果「それそれ!」

ことり「あはは、穂乃果ちゃんらしいね」
22: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/10(火) 00:01:53.75 ID:5B5tOgLE0
凛「かよちん、今日は帰りどうしよっか?」

花陽「そうだねぇ……一旦帰って着替えてからね」

凛「了解にゃー」

希「……」

希(練習終わっちゃった)

希(えりち、にこっち、それに真姫ちゃんもプレゼントなし、か。途中で抜けちゃったしなぁ)

希(にこっちと真姫ちゃんは夜に何かあるとか言ってたからともかく、えりちは完全に覚えてなさそうやったし……)
23: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/10(火) 00:02:58.12 ID:5B5tOgLE0
希「……」

穂乃果「希ちゃん、どうしたの?」

花陽「難しい顔してるけど……」

希「……えりちはウチの誕生日覚えてないんかな―と思って」

ことり「……そっか。希ちゃん寂しいんだね」

希「…………え?」

凛「希ちゃんでも寂しくなることあるんだねぇ」

海未「ふふふ、意外です」
24: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/10(火) 00:05:25.20 ID:5B5tOgLE0
希「う、海未ちゃんさっきのこと根に持って……」

海未「私はそんなに意地悪ではありませんよ。ねぇ?」

希「ごめんなさい!」

海未「まあこのくらいで許してあげましょう」

穂乃果「何かあったの?」

海未「はい、少しだけ」

ことり「希ちゃん、ダメだよ? 海未ちゃん照れ屋さんなんだから」

希「はーい」
25: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/10(火) 00:06:01.48 ID:5B5tOgLE0
凛「でもやっぱり、希ちゃん寂しいんだ」

希「べ、別に寂しいとかじゃ……」

海未「夜になるまで待っていてください」

穂乃果「希ちゃんのお腹がすいたとき、いいことが起こるよ!」

希「いいこと……?」

希(何でお腹がすいたとき……なんやろ?)
26: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/10(火) 00:06:31.26 ID:5B5tOgLE0




希「夜やね……」

希(星が綺麗……でもちょっと寂しいかも)

希「……おなかすいた」

絵里「待ってました!」

希「ええっ!? ど、どこから……」

絵里「そこのタンスから」

希「……まさかずっと隠れてたん?」
27: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/10(火) 00:07:01.49 ID:5B5tOgLE0
絵里「ええ、希の鍵の隠し場所は知ってるから。植木鉢の下、よね?」

希「何でそれを……」

絵里「高校最後の誕生日よ? みんなで祝いたいじゃない」

希「えりち……気付いてたってこと?」

絵里「何に?」

希「ウチの一人暮らしに」

絵里「実は数日前からだけど」

希「……」
28: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/10(火) 00:07:37.06 ID:5B5tOgLE0
絵里「えーっとね、希にサプライズパーティーを仕掛けようって計画をしてたのよ。そこで親御さんに許可がいるかなーと思って……後をつけてみたら」

希「……」

絵里「ごめんなさい」

希「ううん、ウチ怒ってない」

絵里「……そうは見えないけど」

希「……うれしくて震えてるだけやから。怒ってないもん」

絵里「ごめんね希。知らないふりして」

希「……」
29: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/10(火) 00:08:33.19 ID:5B5tOgLE0
絵里「みんなでお鍋にしようって計画なんだけどどうかしら? 主役がいないと始まらないわ」

希「そんなこと言ってもう呼んでるくせに」

絵里「バレちゃった?」

希「ウチに最初から拒否権なんかないんや」

絵里「ごめんね。希は大切な友達なんだから、誕生日を覚えてないわけないでしょ?」

希「……ウチを悲しませた罪は重いでー」

絵里「私が腕によりをかけて作るから、ね?」

希「……今回だけやで?」

絵里「ありがとう」
30: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/10(火) 00:09:00.72 ID:5B5tOgLE0
希「……なぁえりち」

絵里「何?」

希「何でみんなウチに食べ物ばっかりくれるんかな」

絵里「一人暮らしって聞いて、きっとみんな心配してるのよ」

希「そっか……」

希「知らん間に食いしん坊キャラが定着してるんかと思ってた」

絵里「あはは」
31: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/10(火) 00:09:28.29 ID:5B5tOgLE0






にこ「にこにー特製トマト鍋よ!」

絵里「ちょっとにこ、私も手伝ったでしょ?」

にこ「愛が足りない」

絵里「何の話よ」

希「愛が足りない」

絵里「希までー!」

海未「はいはい、早く食べないと冷めてしまいますよ」
32: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/10(火) 00:11:16.32 ID:5B5tOgLE0
絵里「そういえば穂乃果、ことり。希に大量に甘いものをプレゼントしたって本当?」

穂乃果「本当はケーキとかにしようと思ったんだけどね、予約が間に合わなくてね」

ことり「それに私も代わりの甘いものプレゼントしちゃったし……」

穂乃果「……えぇっ!? ことりちゃんも!?」

ことり「え? 穂乃果ちゃん、この前私に任せるって……」

穂乃果「洋菓子の方をだよぉ、じゃああんなにたくさん作らなくてもよかったんだ……」

ことり「そうだったんだ……」

希「ああ、だから2人ともあんなにたくさん……」
33: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/10(火) 00:15:13.79 ID:5B5tOgLE0
希「大丈夫やで、もらったんやしウチが食べるから」

穂乃果「で、でもあんなにたくさん食べちゃったら……」

ことり「そうだよぉ。いくらなんでも多すぎて……」

海未「じゃあ私たちも食べればいいじゃないですか」

穂乃果「おお、名案!」

海未「というか穂乃果もことりも、希を心配しすぎなんですよ。それに甘いものだけでは生活できませんよ」

希「海未ちゃん、別にウチそこまで困ってるわけじゃ……」

海未「野菜です、野菜が足りていません。冷蔵庫の中を見ましたが何ですかあれは」

希「昨日お野菜使い切って……」

海未「言い訳は聞きません。栄養管理は大切です」

にこ「姑……」

海未「何でしょうか」

にこ「なんでもないです」
34: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/10(火) 00:15:57.67 ID:5B5tOgLE0
凛「最期はラーメン入れちゃう? ご飯がいい?」

花陽「このご飯はぜひとも炊き立てで食べてほしいなぁ……」

凛「じゃあラーメンにゃ!」

真姫「ていうか2人が箱抱えて持ってきたときは驚いたわよ」

希「うんうん、疲れたやろ?」

凛「凛は大丈夫だよー、鍛えてるからね」

花陽「私はほとんどまかせっきりでした……」

真姫「花陽、鍛えないとね」

花陽「ひぇぇ……」
35: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/10(火) 00:16:30.06 ID:5B5tOgLE0
希「真姫ちゃんの持ってきてくれたトマトおいしいで」

真姫「でっしょー? 私が一番好きなトマトなのよ」

絵里「おいしいわ」

真姫「絵里、食べてるのたまねぎだけど」

絵里「……たまねぎもトマトかと思うくらいおいしかったわ」

にこ「なかなかの暴論ね」

希(今日はみんなのおかげで楽しい誕生日になったなぁ)
36: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/10(火) 00:16:56.76 ID:5B5tOgLE0
希「みんな、ありがとう」

絵里「どうしたのよ急に、改まっちゃって」

希「たまねぎとトマト間違える人には言ってません」

絵里「むぅ……」

穂乃果「えー? 何の話?」

絵里「内緒です」

凛「気になるよー」

絵里「気になりません」

ことり「あはは」
37: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/10(火) 00:17:35.25 ID:5B5tOgLE0
希「みんな大好きやでー!」

真姫「わ、ちょっと急に何よ」

にこ「私まだ食べてる途中なんだけど」

絵里「希、私は?」

希「ふつう」

絵里「リアルでショックだわ……」

希「冗談やって」

絵里「本当?」

希「うん」

絵里「じゃあ私のこと、どのくらい好き?」
38: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/10(火) 00:19:33.72 ID:5B5tOgLE0
希「今はお鍋の方が好きかなぁ」

絵里「お鍋に負けた……もう希なんて知らない!」

希「お鍋食べ終わったらきっとえりちのこと好きになるって」

絵里「え? 本当?」

真姫「絵里ってあれで生徒会長なのよね……」

にこ「そんな言い方やめなさいよ……音乃木坂の将来が危ういじゃない」

絵里「そこ、聞こえてるわよ」
39: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/10(火) 00:20:55.41 ID:5B5tOgLE0




今日は今までの中で、最高で忘れられない誕生日になりました。

だから心配しないでね。                    希より



希「お父さんとお母さん宛なら、手紙はこんな感じかな……」
40: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/10(火) 00:22:36.52 ID:5B5tOgLE0
絵里「食べ終わってすぐ書くのね」

希「うん、忘れないうちに」

絵里「みんな寝ちゃったけど大丈夫かしら」

希「今のうちに写真撮っとこ」

絵里「9人中7人寝てるけど、記念写真でも撮る?」

希「そうしよか」
41: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/10(火) 00:24:27.17 ID:5B5tOgLE0
希「じゃあいくで……はい、チーズ!」

絵里「あ、ちょっと待って、今の絶対私目閉じた」

希「あ、本当やね……ぷぷぷ」

絵里「ちょ、笑わないでよもう……もう1回撮るわよ!」

希「はいはい、それじゃもう1回――――――――






42: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/10(火) 00:26:19.73 ID:5B5tOgLE0
――――――――――――――――



希「えりちー、あの時覚えてる? 納得のいくまで撮り続けて2人とも寝ちゃったやつ」

絵里「あー、あったわね。そんなこと」

希「で、今日もまたお鍋、と」

絵里「もう毎年恒例になっちゃったわね」

希「楽しいからいいんやけどね」
43: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/10(火) 00:27:51.12 ID:5B5tOgLE0
絵里「じゃあ希の誕生日を祝して……かんぱーい!」

希「えりちまだみんな来てないでー」

絵里「この日の為に写真写りの勉強してきたんだから大丈夫よ」

希「また変なとこでズレてる」

絵里「え? 角度が?」

希「ちがーう」
44: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/10(火) 00:30:16.10 ID:5B5tOgLE0
絵里「あ、メール来たわよ。みんなもうすぐ来るって」

希「わざわざここまで来て集まってくれるんやから、律儀というかなんというか」

絵里「また180個とか持ってこられたらどうする?」

希「えりちに全部食べさせる」

絵里「ちょっと無理ね。おととしもおまんじゅうはギリギリだったし」

希「じゃあ今年は200個目指して頑張ってな」

絵里「えー」
45: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/10(火) 00:32:13.73 ID:5B5tOgLE0
「えりち、またタンスに隠れとかな」

「いやよー。今の時期暑いじゃない」

「高校生の頃は喜んで入ってたのに?」

「別に喜んでません」

「タンスに入ってくれたらえりちのこと好きになる!」

「よーし、まずは準備体操から」

「冗談やって」

「もー」
46: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/10(火) 00:35:32.81 ID:5B5tOgLE0
「じゃあ今年も最高の誕生日になるように頑張りましょうね、希」

「ウチも頑張るん嫌やー」

「まあがんばることなんてないんだけど」

「そやね」

「気分は高校生のままで」

「疲れるからパス」

「若さが足りないわよ若さが! まだ20歳なのに」

「えりちと一緒にいたらボケなさそうやから、老後も頼むで」

「私もボケてタンスに入らないようにしないとね」

「それは楽しみかも」






        おわり
47: ◆eyH5F3DPSk 2014/06/10(火) 00:36:01.29 ID:5B5tOgLE0
間に合ったけど間に合ってない
のんたん誕生日おめでとう

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
希「今日はウチの誕生日やね」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『希「今日はウチの誕生日やね」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。