雪穂「ああ、海未ちゃん。いらっしゃい」

シェアする

雪穂-アイキャッチ4
1: ◆khUorI/jDo 2014/10/23(木) 22:08:19.13 ID:TzIL6TVMo
・アニメとSIDの設定をごちゃ混ぜにしています





海未「こんにちは、雪穂。店番お疲れ様です」

雪穂「今終わるとこ。お姉ちゃんならまだ帰ってきてないよー」

海未「そうなのですか?私より早く下校したはずですが」

雪穂「んー…朝ね、新しくできたクレープ屋さんの話を」

海未「…ああ、成程。ダイエット中ですのに、こっそり食べに行きましたね……」

雪穂「それより海未ちゃん、いいタイミングで来たね」

海未「はい?」

雪穂「ついさっき、お得意さんが旅行のお土産に美味しそうなお茶菓子を置いていってくれてね。
   これから食べようと思ってたんだけど、良かったらどう?」

海未「よろしいのですか?」

雪穂「このまま姉のお肉が増えていくのを見過ごすのも忍びないからね。数を減らしておいた方がいいなーって」

海未「ではお言葉に甘えて…。裏に回りますね」

雪穂「あー、いいよいいよ。そのままこっちから居間に上がっちゃって」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1414069689

元スレ: 雪穂「ああ、海未ちゃん。いらっしゃい」

スポンサーリンク
2: ◆khUorI/jDo 2014/10/23(木) 22:10:15.42 ID:TzIL6TVMo
―――
――


雪穂「はい、お茶」コト

海未「ありがとうございます」

雪穂「じゃ、いただきまーす」

海未「…随分高級なお菓子に見えますが。本当に私が頂いて良いのでしょうか」

雪穂「大丈夫大丈夫、お得意さんからは他にも頂いてるから」

海未「ふむ、では遠慮無く…」サク

雪穂「うん」サク


海未「…」ズズ

雪穂「…」ズズ


海未「…ふぅ」

雪穂「…はふ」
3: ◆khUorI/jDo 2014/10/23(木) 22:12:17.06 ID:TzIL6TVMo
海未「良いですね」

雪穂「いいねえ」

海未「こんなに美味しいなら、穂乃果の分も残しておかないといけませんね」

雪穂「いいって、どうせクレープ食べに行ってるんだろうし」

海未「人気店のチェーンらしいですね。…特にチョコが美味しいとか」

雪穂「へー、詳しいね。テレビの取材が入ったりもするんだって。クリームたっぷりで…クリーム……」

海未「雪穂、涎が出ていますよ」

雪穂「…はっ」ジュル

海未(似ている…)
4: ◆khUorI/jDo 2014/10/23(木) 22:14:22.81 ID:TzIL6TVMo
海未「ところで雪穂、受験勉強の方はどうですか?」サク

雪穂「うん?うーん…ぼちぼちかな」

海未「雪穂ですし、あまり心配はしていませんけどね」

雪穂「お姉ちゃんの時は大変だったね…主に海未ちゃんが」サク

海未「…勉強時間の6割は穂乃果のサポートでした」

雪穂「その節はどうもご迷惑を」

海未「いえいえ、こちらこそ美味しいお茶をありがとうございました」

雪穂「…私も冬までには余裕持っておいた方がいいかな」ボソ

海未「余裕があるに越したことはないですが、あまり根を詰めるものでもありませんよ」

雪穂「それはそうだけど、亜里沙の事もあるからね」サク

海未「えっ?亜里沙ちゃん、危ないんですか?」

雪穂「ほら、国語が…」

海未「ああ……」

雪穂「やっぱり漢字とか漢文とか、あんまり得意じゃないみたい」

海未「まあ、仕方ないですよね」

雪穂「カレーは飲み物って認識を一向に曲げないし」サク

海未「…なんですかそれ」

雪穂「わかんない…」
5: ◆khUorI/jDo 2014/10/23(木) 22:16:15.35 ID:TzIL6TVMo
雪穂「あ…そうそう、亜里沙の家にはよく遊びに行くんだけどね、μ'sのメンバーの人達とも会うよ」

海未「そういえば絵里の家に行くと時折雪穂も見かけますね」サク

雪穂「希さんなんかはよく遊びに来るし、真姫さんが曲聴かせてくれたりね」

海未「あら――真姫が?それはまた意外な…」

雪穂「亜里沙が歌を覚えたいって頼み込んだら、時々来てくれるようになったんだって」サク

海未「見てみたいですね、それ」

雪穂「また来なよ、亜里沙も海未ちゃんに会いたがってるし」

海未「では近い内に…」

雪穂「ていうか、たまにうちの姉がソファでいびきかいてるから説教してあげて」サク

海未「あの子は……」
6: ◆khUorI/jDo 2014/10/23(木) 22:18:16.35 ID:TzIL6TVMo
海未「考えてみれば、ほぼ全員のメンバーと面識がありますね」

雪穂「うちにも色んな人が遊びに来るからね。花陽さんは和菓子買っていってくれるし」サク

海未「穂乃果が年始恒例の餅つきに皆を呼びたいと話してましたよ」

雪穂「あー、楽しそうだね。うちとしては多ければ多いほど助かるし――」スカッ

雪穂「ん」チラ

雪穂「――――」

海未「…あまりに幸せそうだったので止めなかったのですが。ほぼノンストップで食べ続けていましたよ」

雪穂「あ~…」ガク

海未(似ている…)
7: ◆khUorI/jDo 2014/10/23(木) 22:20:27.36 ID:TzIL6TVMo
海未「私の分も少し食べていいですよ」スッ

雪穂「いやいやっ、そんな、お客さんに一度出したものを…」サク

海未「言動が一致していませんよ」

雪穂「えへへ、面目ない…」

海未「ふふ、構いませんが…あまり食べ過ぎると太りますよ?」

雪穂「うっ…」

海未「……」

雪穂「……」

雪穂「…………冬が来る、から」ボソ

海未「待って下さい、それは冬に備えて脂肪を蓄える目的なら食べても良いという理屈ですか」

雪穂「…察しのいいことで」

海未「あなた冬眠しないでしょう…あなたの姉にも全く同じ事を言いましたが」

雪穂「よし、ダイエットだ」ボソ

海未「ああ、どうして真面目でしっかり者なのに根底がこんなにも穂乃果なのですか」
8: ◆khUorI/jDo 2014/10/23(木) 22:22:19.67 ID:TzIL6TVMo
雪穂「人をまるでずぼらみたいに!私のどこが――」

海未「例を挙げるならその金太郎飴的な部屋着でしょうか」

雪穂「ううっ…」

海未「今年はいつもそれ着てますよね。部屋着とはいえ……」

雪穂「この袖じゃ寒くなったら着られないし…今のうちにというか」

海未「下はともかく、どうせ冬はその服の上に半纏を着るつもりでしょう」

雪穂「海未ちゃん、エスパー…!?」

海未「その台詞も春頃に穂乃果から聞きましたよ」

雪穂「なにさ、そういう海未ちゃんだって私服のセンスは全然――」

海未「う゛う゛ッ!」グサッ

雪穂「あっ、しまっ……」
9: ◆khUorI/jDo 2014/10/23(木) 22:24:13.66 ID:TzIL6TVMo
海未「機能性重視なんです!大体ボーダーの何が悪いんですか!?」バンッ

雪穂「そこまで言ってないよ!ボーダー柄についてはまだ言及してないよ!」

海未「そ…それに部屋着にもバリエーションはあります!」

雪穂「…海未ちゃんこの間新しいパジャマ買ったって言ってたよね。どんなの?」

海未「――じぇ」

雪穂「じぇ?」

海未「ジェ◯ート・ピケの」

雪穂「ああっ、嫌な予感!」

海未「青の…2ラインボーダー……です………」

雪穂「的中……」

海未「穂乃果、遅いですね」

雪穂(話を逸らした…)
11: ◆khUorI/jDo 2014/10/23(木) 22:26:15.26 ID:TzIL6TVMo
雪穂「メールでも送ったら?」

海未「そうします。文面は、ええと――」

海未「……」

海未「…良し」

雪穂「なんて?」

海未「『雪穂と待っているのでクレープを食べ終わったら寄り道せずに帰ってきてくださいね』、と」

雪穂「…帰ってこなくなるんじゃない?」

海未「看破されたと分かれば悪足掻きはしないでしょう、きっと」

雪穂「なるほどね…バレたらバレたで開き直ったりして。…と、お茶のおかわり入れてくるね」

海未「すみません、お願いします」
12: ◆khUorI/jDo 2014/10/23(木) 22:28:19.18 ID:TzIL6TVMo
―――
――


海未(あら…文章と絵文字がいつもと……?まさか)

海未「……」

雪穂「おまたせー」

海未「…日が暮れて来ましたね」

雪穂「すっかり秋だから…日が落ちるのも早いね。はいどうぞ」コト

海未「ありがとうございます。ところで雪穂、当たりですよ」

雪穂「うん?」

海未「開き直ってクレープの写真を送ってきました」スッ

雪穂「うわぁ…あ、でもおいしそう」

海未「甘そうですね」

雪穂「太りそうだね」

海未「…まったく」

雪穂「…まあ、さ。いいけどね。甘いものが欲しくなる程度には疲れてるんでしょ」

海未「糖分なら…学校でもことりのおやつで十分摂っています」

雪穂「その分練習で動いてる訳だし…ほら、また倒れちゃったら面倒だしさ」

海未「それにしたって…!」

雪穂「? なんか珍しいね、海未ちゃんがこういうとこで意固地になるの」

海未「…負担になっているのはわかってますし、だから甘いものもある程度黙認してます。でも…」

海未「でも……あのクレープ屋は、ダイエットが終わったら、私が――連れて行くつもりだったんです」

雪穂「あ……」

海未「……」ムス

雪穂(…悪い姉だ)
13: ◆khUorI/jDo 2014/10/23(木) 22:31:02.48 ID:TzIL6TVMo
雪穂「…いまに飛んで帰ってくるよ、きっと」

海未「いいえ、しばらく帰ってきません」

雪穂「えっ?」

海未「メールには猫の絵文字が脈絡なく散りばめられていました。…だから帰ってきません」ズズ

雪穂「ふぅん…?」

海未「…同じお茶でもどうして雪穂が淹れるとこんなに美味しいのでしょう」

雪穂「伊達に何年もお姉ちゃんにお茶汲みさせられてないからね」フンス

海未「ちょっと哀しいですねその台詞」

雪穂「なんかやるせなくなってきた……」
14: ◆khUorI/jDo 2014/10/23(木) 22:32:14.22 ID:TzIL6TVMo
海未「…ふぅ」コト

海未「やはり私は負担になっているんでしょうか……」ボソ

雪穂「海未ちゃんが体調管理してあげないとすぐ風邪引いたり太ったり倒れたりするけど…」

海未「ですが私が厳しくしすぎた反動で隠れて何か食べているようなら……」

雪穂「反動というか…負担が無いからじゃない?」

海未「え…」

雪穂「難しいことやわからないことは全部海未ちゃんに厳しくしてもらってるから、
   海未ちゃんがいない時はやり方を見失うんだと思うよ――たぶん」

海未「そう…でしょうか?」

雪穂「そうだよ。で、ひとりで頑張ろうとすると文化祭の時みたいになっちゃうわけ」

雪穂「海未ちゃんが手綱を握って、ことりちゃんが甘やかしてくれないと…
   引き際というか、加減がわからないんだよ。お姉ちゃんバカだからね」

雪穂「だから…お姉ちゃんも海未ちゃんを信頼してるんじゃない?上手く言えないけど」

海未「雪穂……」





海未「それはつまり私達が居ないと何もできないということでは…」

雪穂「……」
15: ◆khUorI/jDo 2014/10/23(木) 22:34:18.34 ID:TzIL6TVMo
雪穂「まぁ…とにかく、負担とか、厳しくしすぎとか、あんまり考えなくていいと思うよ」

雪穂「……。海未ちゃんが一番信頼されてるってことなんだから、それでいいんじゃない」

海未「……」

海未「何を言うんですか、穂乃果は雪穂が居ないと私の言うことなんて聞きませんよ」

雪穂「…えっ?」

海未「最初は必ずと言っていいほど嫌がるじゃないですか。一度家に帰って雪穂に愚痴を零して、
   それで雪穂が焚き付けて、ようやく私のところに戻ってくるんです」

海未「雪穂にいいところを見せたい…というか、見栄を張りたがるんですよ。
   雪穂が思っている以上に雪穂ありきなんですよ、あの子」

雪穂「……」

海未「私からすれば、雪穂が羨ましいくらいです。…寂しがる必要なんて、無いと思います」

雪穂「――海未ちゃんてば、ほんとにエスパーだ」

海未「簡単にわかりますよ。何年雪穂を見てきたと思ってるんですか?」

雪穂「15年?」

海未「その通り」

雪穂「えへへ…」

海未「もうひとつ当てましょう。お茶がまだ残っているけどお供が足りないなって顔です。
   私の分、もう少し食べていいですよ」

雪穂「うん、いただきます」
16: ◆khUorI/jDo 2014/10/23(木) 22:36:16.08 ID:TzIL6TVMo
―――
――


穂乃果「た、ただいま、戻りました……」ソロソロ

海未「おかえりなさい、穂乃果」

雪穂「おかえりー。クレープ美味しかった?」

穂乃果「うん!すっごく――ええと、美味しかった…です……」

雪穂「そのクレープ屋さん、今度海未ちゃんに奢ってあげなよ。ずっと待ってたんだから」チラ

海未「あ…」

海未(…ありがとうございます、雪穂)

穂乃果「あの…ほんとは買い物ついでにどんな感じかなって見るだけのつもりだったんだけど、でも…」

海未「いえいえ、いいんですよ。ダイエットとはいえ私も少し制限をキツくしすぎました。クレープくらい構いません」ニコ

穂乃果「海未ちゃん……!」ジーン

海未「ですので私が聞きたいのはクレープではなくて…美味しかったですか?――ラーメン、は」

穂乃果「」ビクッ

雪穂「へっ?」
17: ◆khUorI/jDo 2014/10/23(木) 22:38:25.40 ID:TzIL6TVMo
海未「クレープの写真、私がメールをする前に撮ったものですよね?夕暮れにしては差し込む陽が白々としていますから」

海未「穂乃果であっても流石に隠れてクレープを食べるために駅前までは出向かないでしょうし…
   本当についでに見ていくだけのつもりだったのでしょう」

海未「でもそこで偶然友人と出会ってしまったらどうです?――例えば、凛とか」

穂乃果「……」ダラダラ

海未「いえ、いいんですよ。凛が食べている横で指を咥えて耐えるのも辛いでしょう。
   ついクレープに手が出てしまっても仕方がないというものです」

海未「で――メールの返信、どこで書きました?そもそも誰が書きました?」

穂乃果「えっと…その……」

海未「凛に引っ張られて…"つい"!入ってしまったラーメン屋…ですよね?」

穂乃果「はい…」

海未「凛は駅まで足を伸ばした日はいつも帰りに食べて帰りますからね、当然穂乃果を誘うはずです」

海未「大方クレープがバレた事に動揺してどう返信したものか迷った末に凛に任せたんでしょう。
   凛の書くメールの文面が些か特徴的である事は失念していたようですが」

雪穂「あ…ネコの絵文字……?」

海未「もうラーメンは注文してしまったけどバレたのはクレープの事だけだし、
   これがラーメンのカムフラージュになれば重畳…といったところですか?」

穂乃果「う……」

海未「…どうして駅前に居たのは凛だけだったんでしょうね?いつも花陽や真姫と一緒に行動するのに…
   穂乃果、どうしてだと思います?」

穂乃果「あ、花陽ちゃんは…たぶん、ダイエット中だから…」

海未「そうでしょうね、クレープを食べに行く凛にはついてこないでしょう。何しろダイエット中なんですから!」

海未「ああ、辛いでしょうに!お昼のお弁当もご飯の量を減らして、クレープも我慢しなければいけないのですから!」

穂乃果「…………」
18: ◆khUorI/jDo 2014/10/23(木) 22:40:17.75 ID:TzIL6TVMo
海未「…ライブが近いんですよ?花陽は頑張ってるんですよ?」

穂乃果「はい……」

海未「……何か言うことは?」

穂乃果「う、海未ちゃん…」

海未「はい、なんですか?」

穂乃果「海未ちゃん……エスパー…!?…なんて……えへへ」ペロ

海未「………………」

雪穂「………………」

海未「」ブチン

穂乃果「あっ」

雪穂「…お茶、淹れてくるね。長くなりそうだから……」ガタ

穂乃果「ゆ、雪穂っ、待っ」

海未「穂乃果ぁ――――――――ッ!!」

穂乃果「きゃああぁ―――――っ!ごめんなさいぃ―――――っ!!」



雪穂(……お茶菓子はほむまんにしよう)





おしまい
19: ◆khUorI/jDo 2014/10/23(木) 22:41:07.50 ID:TzIL6TVMo
おしまいです、ありがとうございました。
雪穂について公式で明かされている情報が少ないので思い切って好き勝手やってみました。
海未ちゃんとことりちゃんにはタメ口だといいなあと思います。

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
雪穂「ああ、海未ちゃん。いらっしゃい」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『雪穂「ああ、海未ちゃん。いらっしゃい」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。