絵里「にこ、私の妹になりなさい!」真姫「にこちゃんは私のお姉ちゃんよ!」

シェアする

えりまき-アイキャッチ3
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 02:05:45.56 ID:CzGA5apa0
のんびり書いてく予定です





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1460739945

元スレ: 絵里「にこ、私の妹になりなさい!」真姫「にこちゃんは私のお姉ちゃんよ!」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 02:07:09.45 ID:CzGA5apa0
〜生徒会室〜


ガチャ

にこ「きたわよ絵里、にこに用事なんて珍しいわね」


絵里「あら、いらっしゃいにこ!あとちょっとで書類が終わりそうだから少し待ってて」


にこ「大変そうね、にこも手伝おうか?」


絵里「ありがとう、でも後この一枚だけだから」


にこ「わかったわ、ならにこはここら辺で座って待ってるから」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 02:07:59.71 ID:CzGA5apa0
絵里「……」キリッ


にこ「(こうして見るとやっぱり絵里って大人の魅力というか同い年に見えないわね…少し悔しいけど)」


絵里「…ふぅ、おまたせ終わったわよ」


にこ「おつかれさまそれでにこに折り入ってお願いってなんなの?」


絵里「えぇ、実はね」キリッ


にこ「(凄く真剣な顔、よっぽどのことなのね)」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 02:08:40.36 ID:CzGA5apa0
絵里「にこの事を妹にしようと思うの」キリッ


にこ「……は?」


絵里「にこの事を妹に」


にこ「いや、それは聞こえたけど……」


絵里「そう、ならよろしくね!」


にこ「いやいや、よろしくねじゃないわよ!どうしてそうなったのよ!」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 02:09:24.04 ID:CzGA5apa0
絵里「私、気が付いたのよ…にこはとても家族思いで妹や弟のことを凄く大切にしてる、私はそんなにこを尊敬しているわ!」


にこ「それは、まぁありがとう」


絵里「だからもしにこにお姉さんが出来れば普段頑張ってるにこが甘えてくれるじゃないかと思って」


にこ「別に、にこは大丈夫よ(絵里は絵里なりににこの事を考えてくれていたのね…発想はぶっとんでるけど)」


にこ「でも気持ちだけ受け取っておくわ」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 02:10:28.37 ID:CzGA5apa0
絵里「それじゃ駄目よ!さぁ家に帰りましょ」ギュ

にこ「ちょっ、絵里!そんなに手を引っ張らないでよ!」バッ

絵里「絵里じゃなくてお姉ちゃん…でしょ」


にこ「(あ、これ駄目なやつだ)」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 02:13:53.88 ID:CzGA5apa0
絵里「さぁ!一緒に帰ってお風呂に入りましょ!」


にこ「な、なんでお風呂なのよ!?百歩譲って妹はいいわ、でもなんで一緒にお風呂入らなきゃいけないわけ!」


絵里「それは勿論姉妹だからよ!さぁ、早く」ハァハァ


にこ「……」ダッ


ガチャ

絵里「あ、にこ!待ちなさい!にこー!!」ダッ
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 02:14:51.92 ID:CzGA5apa0
〜3年生教室〜

にこ「のぞみー!希はいる!?」

希「ん〜?どうしたんにこっち?そんなに慌てて…っうわぁ!」ガシ

にこ「絵里がおかしくなっちゃったのよ!!」ブンブン


希「あぁ〜!そんな揺らさんといてー!」グラグラ


にこ「はぁ…はぁ…ごめん…」

希「ふぅ、そんでえりちがどうおかしくなってしもうたの?」


にこ「それが、にこの事を妹にするとかなんとか言ってきて」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 02:15:31.71 ID:CzGA5apa0
希「……」

にこ「ちょっと希、なんで今目を逸らしたのよ」


希「い、いや〜うちは知らんかなぁって」

にこ「うそつけー!なにか隠してるわね!白状しなさい!」ブンブン

希「あぁ〜んだから揺らさんといてよぉ」グラグラ


……
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 02:16:59.20 ID:CzGA5apa0
にこ「はぁ!?なによそれ!」

希「だからな、うちがえりちにμ'sのメンバーだったら誰を妹にしてみたいって言ったんよそしたら」


〜回想〜

絵里「そうね、やっぱり穂乃果かしら」

希「おぉ!うちは凛ちゃんとか妹にしてみたいなぁ」

絵里「ふふ♪なんだか不思議ね、同じグループのメンバーを妹だなんて」

希「そうやね、あ!にこっちなんてどう?」


絵里「にこが妹?……あまり思い浮かばないわね、にこは家族絡みだとお姉さんのイメージが強いから」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 02:17:52.35 ID:CzGA5apa0
希「そうやね、でも普段お姉さんしてるにこっちが唯一自分のお姉さんに甘えん坊だったら」


絵里「ふむふむ…」

…………
……


にこ「ただいまー!」

絵里「あら、おかえりにこ!」

にこ「ただいまお姉ちゃん、みんなは?」

絵里「みんなお出掛けしてて私とにこだけよ」

にこ「そうなんだ、えへへお姉ちゃん♪」ギュー

絵里「ふふっどうしたの?」ギュ

にこ「今はにこだけのお姉ちゃんだから!」

絵里「もうにこは可愛いわね」

にこ「えへへお姉ちゃんありがとう!」スリスリ

絵里「ハラショー」

にこ「あ、そうだお姉ちゃん!今日は一緒にお風呂入ろ!」

絵里「え?お風呂に」ドキ

にこ「うん!にこが背中洗ってあげるね」

絵里「にことお風呂…」

にこ「あぁ〜!もしかしてお姉ちゃんえっちなこと考えてる?」

絵里「そ、そんなわけないわ!」キリッ
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 02:23:03.30 ID:CzGA5apa0
にこ「どめどめどめーにこはみんなのにこにーだからたとえお姉ちゃんでもだめよ!」

にこ「でも、お姉ちゃんがどうしてもって言うなら…いいよ///」

絵里「えぇ///」

にこ「優しく、してね・」



……
………


希「えりちー?どうしたん?」

絵里「ふふ、ふふふ」

希「えりち?」

絵里「ニコ……お風呂一緒に……ハラショー……」ブツブツ

希「あかん」


〜回想終わり〜
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 02:24:50.42 ID:CzGA5apa0
にこ「とりあえず絵里の頭が残念な事になってるのはわかったわ」

希「しばらくほっといてたら元に戻ってたし大丈夫かと思ったんやけど」

にこ「はぁ、本人が飽きるまで待ってるしかないの?」

希「それかほんとに妹になるか」

にこ「それは絶対に嫌」


ガチャ

絵里「見付けたわ!にこ!」

にこ「げぇ!?絵里!」

希「あらら」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 02:25:38.10 ID:CzGA5apa0
絵里「さぁ観念してお風呂で洗いっこよ!!」ガシ


にこ「いやー!離してー!!」


バン


真姫「ちょっと待ちなさい!!」


にこ「ま、真姫ちゃん!!」

絵里「あら真姫?いったい何のようかしら?」


にこ「真姫ちゃん助けてぇ!このポンコツどうにかして!」


絵里「にこったら人前だからって恥ずかしがらなくていいのよ」ギュ

にこ「あぁもう!離してってば!」

真姫「にこちゃんは…にこちゃんは!!」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 02:27:51.44 ID:CzGA5apa0
真姫「にこちゃんは私のお姉ちゃんよ!!」


にこ「うぇ!?真姫ちゃんまでどうしたのよ!!」


希「…あちゃ〜こっちもかぁ」

にこ「希!またあんたが何か知ってるのね!」


希「実はなえりちの後に真姫ちゃんにも同じ話したんよ」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 02:29:20.27 ID:CzGA5apa0
〜再び回想〜

真姫「μ'sのメンバーなら誰を妹にするですって?」


希「そうそう!真姫ちゃんも一人っ子やろ?姉妹とか憧れるんじゃないかなって」


真姫「…別に今更欲しいとは思わないけど、そうね…」


希「わくわく」


真姫「はぁ…誰も思い浮かばないわ」


希「ありゃ意外、真姫ちゃんならにこっちを選ぶと思ってたんやけど」


真姫「な、なんでそこでにこちゃんが出てくるのよ!にこちゃんは妹って柄じゃないわ」


希「ん〜そうかな?まぁ、にこっちは家ではお姉さんやからね」


真姫「そう、にこちゃんはお姉ちゃんなのよ…」


希「ん?おーい真姫ちゃ〜ん」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 02:30:36.43 ID:CzGA5apa0
………
……


ガチャ


にこ「あ、おかえり真姫ちゃん!学校お疲れ様」


真姫「うん、ありがとうお姉ちゃん」


にこ「もぉ、どうしたのよそんな暗い顔して?ほらにっこにっこにー」ニコッ


真姫「お姉ちゃん」ギュー


にこ「ほんとにどうしたの?今日の真姫ちゃんは甘えん坊ね」ナデナデ


真姫「しばらくこうさせて…」


にこ「ふふっいいわよ、真姫ちゃんが満足するまでずっとこうしててあげる」ギュ


真姫「お姉ちゃん…」キュン



……
………
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 02:32:30.01 ID:CzGA5apa0
希「お〜い?真姫ちゃ〜ん」


真姫「にこちゃんにこちゃんにこちゃんにこちゃん」ブツブツ


希「oh……」


〜回想終わり〜


にこ「もうツッコミいれる気にもなれないわ」


真姫「にこちゃんを、お姉ちゃんを離しなさい」ギュー


絵里「真姫、うちのにこに用があるならまず姉である私に話を通してからよ!」ギュー


にこ「ぬわぁあ!両方から引っ張んないでぇ!」


希「にこっち頑張ってな!」


にこ「いや助けなさいよ!」


希「うちこれから神社の方いかなあかんから!ほな」ピューン


にこ「あっ待ちなさーい!」


絵里「さぁにこ行くわよ!」


真姫「私のお姉ちゃんトラナイデ!」
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 15:21:15.44 ID:W+KoG58h0


にこ「あぁもう!少し落ち着きなさい!」


にこ「そもそも、絵里!あんたには亜里沙ちゃんがいるでしょ!今のあんたを見たら亜里沙ちゃんがどう思うか…」


絵里「ふふっそれなら問題ないわ!」
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 15:22:02.00 ID:W+KoG58h0

……
………


亜里沙「にこさんが私のお姉ちゃんに!?ハラショー!」キラキラ


絵里「それだけじゃないわ、帰ってきたら皆でお風呂よ♪」


亜里沙「わぁー!亜里沙楽しみ!にこお姉ちゃん早く帰ってこないかなぁ」ワクワク


………
……



にこ「な、なんて純粋なの!」


絵里「そうよにこ!亜里沙も期待してるのよ!」


にこ「ぐ、ぐぬぬ亜里沙ちゃんを味方につけてくるとは」
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 15:22:41.05 ID:W+KoG58h0
絵里「勝負あったわね!さぁ行くわよにこ」


真姫「ま、待ちなさい!まだ終わってないわ!」


絵里「真姫、にこはこれからエリチカハウスに行くの…用があるならまた後で聞くわ」


真姫「う…うぅ…」


絵里「さぁにこお家に帰ってお風呂よ!お風呂!」


にこ「あんたは少しはお風呂から離れなさい!そもそもまだ行くって決めてないわよ!」
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 15:23:15.88 ID:W+KoG58h0
絵里「そんな…あの時約束したじゃない!!」


にこ「妄想と現実をごっちゃにすんなー!」


真姫「うぇぇえん!!」ポロポロ


にこえり「!?!?」


真姫「えぐ…にこお姉ちゃんを…にこお姉ちゃんをとらないでよぉ…エグ…私の…お姉ちゃん…グスン…」ポロポロ


にこ「(真姫ちゃんが、真姫ちゃんが泣いたー!?!?)」


絵里「ま、真姫!どうしたのよ!?」
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 15:25:07.88 ID:W+KoG58h0
真姫「うぅ…絵里が…お姉ちゃんを…グスン…お願いお姉ちゃん…一人にしないで…」ポロポロ


にこ「(こ、こんな真姫ちゃん見たことない)」


絵里「…わかったわ、なら真姫あなたも私の妹になりなさい!!」


にこ「はぁ!何いってんのよ!」


真姫「私が…絵里の妹に?」

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 15:25:58.15 ID:W+KoG58h0
絵里「そうよ!そうすればあなたにはお姉ちゃんが2人もできる!私は妹が5人も増えるわ!」


にこ「ちょっ!あんた今ナチュラルにこころとここあも妹に入れたわね!絶対許さないわよ!」


絵里「どうかしら?」


真姫「……それでいいわ…」
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 15:28:03.85 ID:W+KoG58h0
絵里「ふふっ決まりね♪よろしくね真姫」


真姫「うん……絵里お姉ちゃん///」


絵里「ズキューン///」


絵里「にこ!真姫!早く帰るわよ!!私達の家へ」ハァハァ


真姫「えぇ!にこお姉ちゃんも早く!」グイ


にこ「あ、こらまだにこは行くって決めて…っだ、ダレカタスケテー・」ズルズル
37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 15:28:58.06 ID:W+KoG58h0
〜エリチカハウス〜


亜里沙「ハラショー!!お姉ちゃんが3人になりました!」キラキラ


にこ「うぅ…こんなはずでは…」


亜里沙「にこお姉ちゃん!真姫お姉お姉ちゃん!おかえりなさい!」ニッコリ

にこ「(え、笑顔が眩しい!)」


真姫「…」ナデナデ


亜里沙「わわっ!……えへへ///」


にこまき「(か、可愛い!!)」


絵里「ところで亜里沙、お風呂の準備は?」


亜里沙「ばっちりだよお姉ちゃん!」


絵里「ハラショー!早速入りましょ!」


にこ「えっ…ほんとに入るの?」
38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 15:29:40.14 ID:W+KoG58h0
絵里「勿論よ!さぁ行くわよ」


亜里沙「お姉ちゃん達とお風呂、楽しみです!」


真姫「早く入りましょ」


にこ「あぁもうどうにでもなれぇ!!」
39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 15:30:18.01 ID:W+KoG58h0

……
………



カポーン



絵里「ふぅ…やっぱり家族でお風呂っていいわね!」


真姫「そうね、普段一人で入ってるから…みんなで入るのも悪くないわ」


亜里沙「ふわぁ〜亜里沙今とっても幸せです♪」


にこ「(な、謎の敗北感が…それにしても)」
40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 15:31:24.31 ID:W+KoG58h0
にこ「(狭い!!いや狭くはないけど流石に4人だと限度が…)」


モニュ


真姫「きゃっ!?うぅ…にこお姉ちゃん!どこ触ってるのよ///」


にこ「うわっ!ごめん…狭くって」


モニュ

絵里「ふふっにこ?気になるならもっと触ってもいいのよ?」グイ


真姫「むっ…にこお姉ちゃん……私も別にいいわよ///」グイ


にこ「別に触りたい訳じゃないわよ!!もうにこは出るわね」ザバッ
41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 15:33:27.42 ID:W+KoG58h0
絵里「おっと!まだよにこ!」


真姫「そうよ!まだ大事なことが残っているわ!」


にこ「だ、大事なことって?」


えりまき「洗いっこ♪」


にこ「………出る!」


真姫「逃がさないわよ!」


絵里「さぁ!お姉ちゃんと可愛い妹が隅々まで洗ってあげるわ!」


にこ「やめてぇぇぇえ!!!!」





亜里沙「はふぅお風呂気持ちいい♪」
42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 15:35:37.20 ID:W+KoG58h0
………
……




絵里「ふふっ最高だったわ」ツヤツヤ


真姫「またみんなで入りましょ」ツヤツヤ


亜里沙「皆でお風呂凄くよかったです!」ホカホカ


にこ「もう……お嫁にいけない……」ゲッソリ


亜里沙「あ、お姉ちゃん亜里沙これから雪穂のところで勉強会する予定だから行ってくるね!」


絵里「そうなの?わかったわ気を付けて行ってくるのよ」


亜里沙「うん!にこお姉ちゃんも真姫お姉ちゃんもありがとうございました!いってきまーす!」


ガチャ

43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 15:48:07.00 ID:W+KoG58h0
にこ「……それじゃにこもそろそろ帰るわね」


絵里「なに言ってるのにこ!今日はお泊まりよ!」


にこ「はぁ!?そんなのいつ決めたのよ!」


絵里「今私が決めたわ!!」


真姫「私はもうママに連絡のメール入れといたわ!」


絵里「ハラショー!流石真姫ね!あとはにこだけよ!」


にこ「私は普通に帰るわよ!早く帰らないと妹達が」


ニコプリ♪ニコニコ♪ニコプリイェイ♪ニコニコ!


にこ「あ、ま…お母さんから電話だわ」


ピッ!

絵里「こんにちはお義母さま!姉の絵里です」


にこ「ちょぉお!!なんであんたが出るのよ!返しなさい!!」
49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 01:50:06.06 ID:gKDC/+PX0
シュバッ


にこ「もしもしママ?ごめんね」


にこママ「なんだか楽しそうねにこ♪」


にこ「えっと今のは友達がふざけてただけだから気にしないで!あとにこも急いで帰るから」


にこママ「あっそのことなんだけどお母さん今日は早く帰ってこれそうなのよ」


にこ「え?そうなの」


にこママ「だからまだお友達さんと遊んでて大丈夫よ!」


にこ「えっと、それは…」チラッ


絵里「ふふっ♪」ニコニコ


真姫「♪」
50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 01:51:00.58 ID:gKDC/+PX0
にこ「……はぁ、ママ今日は友達のとこで泊まっていい?」


にこママ「勿論よ!普段家のこと任せっぱなしだったし、今日は思いっきり楽しんできなさい!」


にこ「うん!…ありがとうママ」


ピッ!


真姫「お姉ちゃん!!」ギュー


絵里「流石にこね!」


にこ「はぁ…まったくしょうがないわね、今回は特別よ」


真姫「お姉ちゃんありがとう!」スリスリ
51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 01:51:47.33 ID:gKDC/+PX0
絵里「真姫はにこにメロメロね」


真姫「絵里お姉ちゃんも一緒よ!」ギュ


絵里「ふふっありがとう真姫♪」


にこ「さて、そうと決まれば晩御飯の準備ね!冷蔵庫の中拝見していいかしら?」


絵里「どうぞ♪この日のために色々買っておいたわ!」


にこ「随分と用意周到ね、私達が来なかったらどうするつもりだったの?」


絵里「にこなら必ず来てくれるって思ったから♪」


にこ「うぅ///なんなのよもぉ///」


絵里「あら?どうしたのにこ、顔が真っ赤よ」


にこ「う、うるさい!///いいから晩御飯作るわよ!」
52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 01:53:03.79 ID:gKDC/+PX0
絵里「もうにこは可愛いわね!!」


にこ「ふん!っていうか真姫ちゃんそろそろ離れてくれると助かるんだけど」


真姫「やっ!」ギュー



〜キッチン〜


にこ「ふむふむ、これならハンバーグが作れそうね」


絵里「合宿の時も思ったけどにこは料理上手ね」


にこ「ふふん♪当然よ!」


絵里「私も手伝うわね!」


にこ「ありがとう!それじゃまずわ……」


真姫「わ、私も手伝うわ!!」


にこ「え、真姫ちゃんが?でも料理したことないって…」
53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 01:53:54.56 ID:gKDC/+PX0
真姫「私だけ待ってるなんて嫌よ」


絵里「そうねぇ…そうだにこが真姫に料理のこと色々と教えて上げるのはどう」


にこ「にこは別に構わないわよ!それでいい?」


真姫「えぇ!」


絵里「決まりね!それじゃはいエプロンよ!」


にこ「相変わらず準備いいわね」


真姫「ふふっみんなお揃いね♪」


にこ「あれ?にこだけ若干違うのね」


絵里「ごめんなさい、私のエプロンは2枚しかないのよ」


にこ「え、それじゃこれは」


絵里「亜里沙のよ!よかったわサイズもピッタリね♪」


にこ「……」
54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 01:54:40.25 ID:gKDC/+PX0

……
………


にこ「じゃあまずは玉ねぎをみじん切りにするんだけど…真姫ちゃんは包丁の使い方わかる?」


真姫「そ、それぐらいはできるわ!」


にこ「…本当に大丈夫?真姫ちゃんが怪我してからじゃ遅いからわからないなら正直に言いなさい、別に恥ずかしくないんだから」


真姫「う…ごめん…やり方教えて…」


にこ「ふふっ素直でよろしい!まずは包丁の握りかたなんだけど…」
55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 01:55:37.29 ID:gKDC/+PX0
しばらくして


真姫「こんな感じかしら?」

トン…トン…

にこ「そうそう!流石真姫ちゃん飲み込みが早いわ」


真姫「ふふ♪」


にこ「でもまだちょっとぎこちないわね…真姫ちゃんちょっといい?」ギュ


真姫「あっ///(お姉ちゃんの手と重なって)」ギュ


にこ「そうそうその調子よ」


真姫「///」


トントン


にこ「はい!それじゃあと半分は一人でやってみて……あれ真姫ちゃん顔真っ赤だけど大丈夫?」


真姫「だ、大丈夫よ///」


にこ「そう?それじゃお願いね」


真姫「うん///」
56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 01:56:07.34 ID:gKDC/+PX0
にこ「絵里は大丈夫?」


絵里「私の方はばっちりよ!」


絵里「あ、そういえば亜里沙から連絡があって今日は向こうに泊まってくみたい」


にこ「あ、そうなんだ」



その頃


〜穂むら〜

亜里沙「ハラショー!チョコの中にあんこが入ってるなんて!初めて食べました!」


穂乃果「でしょー!まだまだあるから沢山食べていいよ」


亜里沙「ほんとですか!ありがとうございます!」パク

ガチャ

雪穂「亜里沙、お姉ちゃんお茶持ってきたよ〜」
57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 01:56:41.60 ID:gKDC/+PX0
亜里沙「雪穂ありがとう♪」


穂乃果「ありがと〜!それにしてもどうして家ってこんな大量にあんこ入りチョコがあるんだろう」


雪穂「さぁ…気がついたら置いてあるよね」


穂乃果「ん〜…あっ!あんなところに見たことないチョコが!も〜らい!」


雪穂「あ、それはお母さんが知り合いから貰った激辛ワサビチョコ…」


穂乃果「んんんん!?!?!?」ジタバタ


亜里沙「わっ!穂乃果さん大丈夫ですか!?」


雪穂「遅かったかぁ」

58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 01:57:22.59 ID:gKDC/+PX0

……
………


にこ「さて、にこの方は終わったわよ」


絵里「ご飯も炊けたわ」


にこ「あとは真姫ちゃんの方なんだけど大丈夫かしら」


真姫「お、終わったわよ…」ポロポロ


にこ「って真姫ちゃんどうしてまた泣いてるの!?」


真姫「うぅ…目が染みる…なによこれぇ、イミワカンナイ」ポロポロ


にこ「あちゃ〜ごめんね真姫ちゃん、あとはにこ達がやるから少し休憩してて」


真姫「うん…」


にこ「あとはハンバーグをこねましょう」


絵里「おっけい!」
59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 01:58:28.77 ID:gKDC/+PX0
にこ「……」コネコネ


絵里「……」コネコネ


絵里「…ふふっ」コネコネ


にこ「…どうしたの?」


絵里「こうして一緒にご飯を作ってると本当に姉妹みたいね♪」


にこ「もう、急にどうしたのよ?」


絵里「…私は最初こんな風に家族みたいに過ごせればいいなって思ってただけだったから…」




にこ「意外と弱気だったのね」


絵里「今思えば結構強引なことしてしまったわね…ごめんなさい…」


にこ「…はぁ、まったく今更何言ってるのよ…そんな事より早く料理作っちゃうわよ絵里お姉ちゃん」


絵里「にこ!今お姉ちゃんって!」


にこ「さぁ?し〜らない……ってうわぁ!!」


絵里「にこぉぉお!!にこにこにこー!!」ギュースリスリ


にこ「ぎゃぁあ!!ハンバーグこねた手で触るなぁぁあ!!」
60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 01:59:11.15 ID:gKDC/+PX0

……
………

ジュー

にこ「できたわよ!」


真姫「凄く良い匂い」


絵里「早速食べましょう!」


にこまきえり「いただいまーす!」


絵里「ん〜!おいしい♪」


真姫「こんなに美味しいもの食べたことないわ!」


にこ「やっぱり皆で作った料理は美味しいわね♪」


絵里「にこ!はいあ〜ん」


にこ「うぇ///別に自分の分あるからいいわよ!」


絵里「ほらほら早く♪」
61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 02:01:59.76 ID:gKDC/+PX0
にこ「うぅ///あ〜ん///」パク


絵里「どう?」


にこ「美味しい……ていうか食べてるもの同じなんだから味は変わらないわよ!」


真姫「次は私よ!あ〜ん」


にこ「えぇ!?真姫ちゃんまで!」


真姫「お願い、お姉ちゃん!」


にこ「あぅ///あ、あ〜ん///」パク


真姫「うふふっ♪」


絵里「さてそれじゃ次はにこが私達にあ〜んする番よ!」


にこ「えぇ!にこもするの!?」


絵里「勿論よ!さぁにこ待ってるわよ♪」


真姫「お姉ちゃん、早く♪」
62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 02:02:48.57 ID:gKDC/+PX0
えりまき「早くきて♪」


にこ「わ、わかったわよ///」



しばらくして


にこまきえり「ごちそうさまでした!」


絵里「はぁ♪美味しかったわね」


真姫「また皆で作りたいわ」


絵里「毎日でもいいわよ♪」


にこ「それは困るわ」
63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 02:03:37.82 ID:gKDC/+PX0
絵里「さて、これからどうしましょうか?」


真姫「寝るにはまだ少し早いわね」


絵里「それならゲームしましょう!丁度この前買ったばかりのがあるのよ!」


にこ「へぇ絵里もゲームとかするのね」


絵里「私だってゲームはするわ」


真姫「それでなんのゲーム?」



人生ゲーム!!



にこ「じ、人生ゲーム!?」


絵里「この前亜里沙と買ったのよ♪」


真姫「人生ゲーム……何をするのかしら」


絵里「それはやってみればわかるわ!」
64: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 02:04:57.54 ID:gKDC/+PX0
ゲーム開始してしばらく


にこ「にこの番ね」


カラカラカラ


"2"

にこ「2ね……やったわ!職業はアイドルよ!」


絵里「流石にこね!」


にこ「絵里の職業は弁護士よね…なんだか妙に似合うわね」


絵里「ありがとう♪」


にこ「ポンコツが直ればもっと似合うのに……」ボソッ


絵里「なにか言ったかしら?」ムニムニ


にこ「うにゅ、頬っぺた突っつかないで」


真姫「むぅ〜……」


にこ「どうしたの真姫ちゃん?」


真姫「なんで、なんで私だけフリーターなのよぉ!イミワカンナイ!」


絵里「まぁ、まだ始まったばかりなんだからこれからよ!」


にこ「真姫ちゃんもたもたしてると先に行っちゃうわよ〜」


真姫「絶対1番になるんだから!」
65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 02:05:28.92 ID:gKDC/+PX0
にこ「あ、結婚マスに止まった」


絵里「…」スッ


にこ「ってあんたは何さりげなく自分の車の人形をにこの車に乗せてるのよ!」


真姫「……」スッ


にこ「真姫ちゃんまで!」


絵里「さあ!3人でハネムーンよ!」


にこ「イミワカンナイ!」




そして


真姫「やった!一番よ!!」


絵里「ハラショー!真姫は途中から追い上げが凄かったわね」


真姫「ふふん♪当然の結果よ!ちゃんと医者にも転職できたし♪」


にこ「ぐ、ぐぬぬぬ」プルプル


絵里「にこも最後凄かったわね」


にこ「なんなのよこのマス!!」


"銀河1周ツワー全財産を使う"


にこ「誰よこんなマス考えたの!!」


絵里「流石は銀河No.1アイドルね♪」


にこ「にこはこんなの認めないわぁ!!」
66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 02:25:03.10 ID:gKDC/+PX0
真姫「ふふふっ♪……ふぁ〜…」


絵里「あら?もうこんな時間ね」


にこ「そうね、そろそろ寝ましょう」


絵里「真姫、大丈夫?」


真姫「うん…」ウトウト


にこ「それじゃ、歯磨きして寝るわよ」


にこ「絵里、私達はどこで寝ればいいのかしら?」


絵里「私の部屋よ案内するわね」
67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 02:25:31.84 ID:gKDC/+PX0
〜絵里の部屋〜


にこ「まさか、このベッドに3人で寝るの?」


絵里「そうよ!よくわかったわね!ちなみに真ん中はにこよ♪」


にこ「な、なんでにこが!?」


絵里「ふふっ♪賢いお姉ちゃんと可愛い妹に挟まれて寝れるのよ」


にこ「に、にこは隅っこが良いと言うか…なんならリビングのソファーでも」


絵里「にこの隣で寝たい人!」ノ


真姫「…」ノ


絵里「決まりよ!」


にこ「えぇ!?」
68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 02:27:00.42 ID:gKDC/+PX0

……
………


絵里「それじゃ電気消すわね」


真姫「うん…にこお姉ちゃん、絵里お姉ちゃんおやすみ」

絵里「おやすみ♪」


にこ「おやすみ」


パチッ


にこ「(はぁ、今日だけでいろんな事があったわね…)」
69: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 02:27:38.68 ID:gKDC/+PX0
にこ「(絵里が訳わかんないこと言ったと思ったら真姫ちゃんもにこの事お姉ちゃんって呼びはじめて)」


にこ「(そのまま絵里の家に連れてかれたと思ったら皆でお風呂…でも)」チラッ


真姫「ふふっ……にこお姉ちゃん…大好き…」スヤスヤ



絵里「にこ…好きよ……」スゥースゥー


にこ「(まぁ、少しだけ…こういうのも悪くないわね)」


にこ「(おやすみ真姫ちゃん、絵里お姉ちゃん……)」ギュ
70: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 03:01:21.32 ID:gKDC/+PX0
〜翌朝〜


にこ「それで、あんた達はにこに言うことがあるんじゃない?」


真姫「な、なにもないわよ!」


にこ「……」


真姫「うぅ…」


絵里「真姫…仕方ないわ、やってしまったことなんだから…ほらにこに言いましょう」


真姫「…わかったわ…にこお姉ちゃん」


絵里「にこ……」
71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 03:05:01.23 ID:gKDC/+PX0
えりまき「ごちそうさまでした!」


にこ「ちがう!!!!」


にこ「なんでにこが起きたら身体中キスマークだらけになってるのよ!!」


絵里「あんな無防備に寝てるにこが悪いわ!」


真姫「そうよ!私達は悪くないわ!にこお姉ちゃんの寝顔が可愛すぎるのがいけないのよ!」


にこ「なんでにこが悪いみたいになってるのよ!どうすんのよこれ!服着ても見えちゃう部分あるじゃない!!」


絵里「見せつけてあげましょうよ♪私達姉妹の絆を」


にこ「普通の姉妹はこんなことしないわよ!!」
72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 03:06:21.34 ID:gKDC/+PX0
絵里「大丈夫よ!唇にはキスしてないから」


にこ「当たり前よ!!したら本当に許さないわよ!」


絵里「(本当は誰が最初に唇にキスするかで真姫とじゃんけんしてたなんて言えない…)」


にこ「はぁ…朝から頭が痛いわ…」


真姫「お姉ちゃん!私達が朝ごはん作ったわよ!」


にこ「えっ本当に?別に起こしてくれればにこも一緒に作ったのに」


絵里「にこは普段早起きして妹と弟のために毎日朝ごはん作ってるでしょ?」


真姫「だから今日はゆっくり寝かしてあげようと思って」


にこ「そうだったのね」


絵里「それで朝ごはんできたから起こしに行こうと思ったら、寝顔のにこが凄く可愛くて…ごめんなさい」テヘ


にこ「素直にお礼が言えない…」
73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 03:36:47.30 ID:gKDC/+PX0
真姫「とりあえず行きましょう!朝ごはん冷めちゃうわ」


にこ「そうね…あっ二人とも」


絵里「うん?」


真姫「なに?」


にこ「えっとありがとう///」


えりまき「どういたしまして♪」

74: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 03:37:46.03 ID:gKDC/+PX0
〜そして登校中〜


にこ「ね、ねぇそろそろやめない?」


絵里「どうしたのにこ?もしかして恥ずかしいのかしら?」


にこ「恥ずかしいわよ!て、手を繋いで学校行くなんて!」


真姫「私は別に平気よ」


にこ「両手繋いで歩いてるの恥ずかしいのよぉ!お願いせめても学校に着いたら離して」


絵里「まったく仕方ないわね」


にこ「うぅ///恥ずかしい///」


真姫「にこお姉ちゃん顔が真っ赤よ?」

75: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 03:38:25.78 ID:gKDC/+PX0
凛「あっ!にこちゃん!真姫ちゃん!絵里ちゃんおはようにゃ!」


絵里「あら凛おはよう!花陽もおはよう!」


花陽「おはようございます!3人とも朝からとっても仲良しだね!」


凛「本当だ!ねぇねぇかよちん!凛達も学校まで手を繋いで行こう!」


花陽「いいよ凛ちゃん♪」ギュ


凛「やったにゃ!」ギュ


花陽「それにしても3人で登校なんて珍しいね」


真姫「昨日絵里お姉ちゃんの家に泊まったのよ」


凛「へぇ〜……ん、絵里お姉ちゃん?」
76: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 03:39:22.73 ID:gKDC/+PX0
絵里「そうなのよ!とっても楽しかったわ!ねぇにこ♪」


にこ「あぅ///」プシュー


花陽「に、にこちゃんが真っ赤っか!大丈夫?」


真姫「もうにこお姉ちゃんまだ恥ずかしがってるの?μ'sの皆になら別にいいでしょ?」


にこ「は、恥ずかしいものは恥ずかしいわよぉ」


凛「にこお姉ちゃん!?にゃにゃ!3人ともいつから姉妹になったの?」


絵里「昨日色々あってね♪」

77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 03:40:28.57 ID:gKDC/+PX0
花陽「わぁ!なんだか素敵!」


凛「なんだか楽しそうにゃ!凛も希ちゃんと海未ちゃんにお姉ちゃんって言ってみよう♪」


花陽「私はことりちゃんに言ってみようかな///」


絵里「ふふっ♪いいわね!」


真姫「さてそろそろ行きましょう」


絵里「そうね、それじゃ凛、花陽!また後でね」


凛「うん!またねー!」


花陽「こうやってみてると本当に姉妹みたいだね!」


凛「でもにこちゃんが真ん中だと姉妹というよりは親子に見えるにゃ!」




絵里「ん?親子か……」


にこ「絵里、どうしたのよ?」


絵里「ふむふむ……にこ!私のことお母さんって」


にこ「絶対に呼ぶかー!!」
78: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 03:53:06.41 ID:gKDC/+PX0
〜学校〜


真姫「それじゃにこお姉ちゃんまた後で」


絵里「私も生徒会の方に顔だしてから行くわね」


にこ「えぇまた後でね」



教室



にこ「はぁ、朝から疲れたわ」


希「おっ!やっほーにこっち!」


にこ「あっ!希!あんたあの時よくもにこを見捨てたわね!」


希「まぁまぁ、でもそのお陰で前より皆と仲良くなれたやろ?」


にこ「まったくこっちは酷い目に遭ったのよ!」


希「にこっちは相変わらず素直じゃないなぁ〜本当は楽しかった癖に♪」


にこ「うぅ…べ、別ににこは…」


希「おっ?はは〜んなるほどなぁ」ニヤニヤ


にこ「な、なによ」


希「首もと、キスマークついとるよ♪」


にこ「///!?」バッ


希「ふっふっふ♪まさかそんな関係になってたなんてなぁ」ニヤニヤ



にこ「うぅぅ!!///別にあんたが想像してるような関係にはなってないわよ!!」


希「はいはい♪そういうことにしとくよ」ニヤニヤ


にこ「全然わかってなぁーい!!」
79: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 04:05:48.92 ID:gKDC/+PX0
〜お昼休み〜


絵里「はいにこ、あ〜ん」


にこ「うぅ!またこれ」パク


真姫「お姉ちゃん!次は私よあ〜ん」


にこ「あ〜ん///」パク


にこ「ねぇ二人とも、これいつまで続ける気?」
80: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 04:06:22.35 ID:gKDC/+PX0
絵里「いつまで?そんなのずっとに決まってるじゃない!」


にこ「ず、ずっと!?」


真姫「そうよ!私達はずっと一緒よ!!」


にこ「えぇ!?それじゃまさか」


絵里「そうよ♪これから私達は本当に姉妹として過ごしていくわ」


真姫「にこお姉ちゃん!これからもよろしくね」


にこ「う、嘘でしょ!」
81: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 04:07:19.12 ID:gKDC/+PX0
真姫「にこお姉ちゃんは嫌だった?」シュン


絵里「そう…本物の姉妹だと思っていたのは私達だけだったのね…」シュン



にこ「あっ……あぁもうわかったわよ!好きにしなさい!」


絵里「流石にこね♪」


真姫「お姉ちゃん大好き!!」


にこ「はぁ、まったく困った姉と妹ができちゃったわね」


えりまき「うふふ♪これからもよろしくね」


絵里「にこ♪」ギュ


真姫「にこお姉ちゃん♪」ギュ


にこ「途中で飽きたりなんかしたら許さないわよ!」


おわり?
82: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 04:10:17.06 ID:gKDC/+PX0
一旦ここで終了です

またのんびり短編のストーリーを書いていこうと思うのでその時またよろしくお願いします!

ここまで読んでくださり本当にありがとうございました!
86: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 15:53:30.89 ID:u/vYD3670
「不器用な想い」


昼休み

にこ「今日は絵里が生徒会の方に行ってるし真姫ちゃんは授業おわったらどこか行っちゃったみたいで久々に一人ね…」


にこ「まぁ、にこにもたまには一人の時間ってのが必要なのよ」



にこ「……(寂しい)」
87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 15:55:09.97 ID:u/vYD3670
〜♪〜♪


にこ「ん?音楽室からピアノの音が…真姫ちゃんかしら」


音楽室


真姫「愛してるばんざーい♪ここでよかった〜♪」


にこ「(やっぱり真姫ちゃんだ!)」



真姫「昨日に手をふって〜♪ほら〜前向いて〜♪」
88: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 15:56:16.43 ID:u/vYD3670
真姫「……ふぅ」


パチパチパチ


真姫「ヴェエ!?」


にこ「やっぱり真姫ちゃんの歌って綺麗ね」


真姫「に、にににににこちゃん!?」


にこ「…あれ?」


真姫「えっと///ど、どうしてここに!?」


にこ「それはピアノの音が聴こえたからもしかしたら真姫ちゃんかなって…」


真姫「そ、そう…うぅ///」
89: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 15:56:43.31 ID:u/vYD3670
にこ「(真姫ちゃんどうしたんだろう、いつもと様子が)」


真姫「///」


にこ「真姫ちゃんもしかして悩み事とかある?」


真姫「///!?べ、別にないわよ!」


にこ「そう?それならいいけど……そうだ、にこまだお昼ご飯まだなんだけど一緒に食べる?」


真姫「えっ……いいの?」


にこ「いいに決まってるじゃない、普段はぐいぐい来るのに今日はどうしたの?」


真姫「えっと……」


にこ「まぁいいわ食べましょ」


真姫「えぇ…」




にこ「……」パクパク


真姫「……」パクパク


にこ「……(ち、沈黙が…いつもは絵里とくっついてくるのに)」
90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 15:57:17.91 ID:u/vYD3670
真姫「……」


にこ「……あ、あ〜ん」スッ


真姫「///!?」ボフン!


にこ「ほ、ほら早くしなさいよ///」


真姫「あ、あ〜ん///」パク


真姫「凄く美味しい///」


にこ「にこが作ったんだから当然よ!それで真姫ちゃん何かあったの?」


真姫「うっ///その何と言うか///」


にこ「いいわよゆっくりで、話しちゃんと聞いてあげるから」


真姫「うん、μ'sのメンバーを妹にするなら誰にするかって話を希としてたのは知ってるでしょ?」


にこ「えぇ、知ってるわ」
91: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 15:57:52.55 ID:u/vYD3670
真姫「その話をした後、にこちゃんの事が頭から離れなくなっちゃって…気が付いたら一人で部屋にいることが凄く怖くて寂しくなっちゃって」


真姫「その事を希に相談しようとしたら教室からにこちゃんと絵里の声が聞こえて、絵里がにこちゃんの事を妹にするって言ってたのを聞いたら…もうなにも考えられなくなって、おもいっきり泣いちゃって」


にこ「(あの時真姫ちゃんが泣いちゃったのはそういう事だったのね)」


真姫「絵里の事は勿論好きよ、でもにこちゃんへの好きは少し違うの考えただけで凄く安心して心が暖かくなるの…」


真姫「変よね…だからもしにこちゃんが嫌だったら私は…」


にこ「えい!」チョップ


真姫「ヴェ!な、なにするのよ!」
92: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 15:58:21.28 ID:u/vYD3670
にこ「まったくなに今更言ってるのよ、にこに色々してきたのに」


真姫「そ、それは絵里と一緒だったから一緒に甘えられたけど…二人きりだと」


にこ「今の話聞いてにこが嫌がるとでも思った?」


真姫「えっ?」


にこ「おいで真姫ちゃん」


真姫「にこちゃん、お姉ちゃん!!」ギュ


にこ「よしよし、別に二人でいる時も甘えてきていいわよ」ナデナデ


真姫「ありがとう…お姉ちゃん好きよ!大好き!!」
93: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 15:59:05.27 ID:u/vYD3670
にこ「ふふっ♪真姫ちゃんは不器用ね…でもそんなところがにこは好きよ」


真姫「お姉ちゃん…チュッ///」


にこ「ふぇ!?///」


真姫「し、姉妹で頬っぺにキスするぐらい普通よ///」


にこ「な、なに真姫ちゃんも赤くしてるのよ///」


真姫「し、仕方ないじゃない!自分でも押さえられなくなっちゃって///」ギュー


にこ「まぁにこが可愛すぎるのが悪いわよね///」


真姫「そ、そうよ!にこお姉ちゃんが可愛すぎるのがいけないのよ!」


にこ「うっ///(今のはツッコミ入れてほしかった)」


にこ「そ、それよりもそろそろお昼休み終わるから教室に戻りましょう」
94: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 16:05:04.71 ID:u/vYD3670
真姫「そうね///」


にこ「それと真姫ちゃん」


真姫「ん?」


にこ「えっと、これからもよろしくね」


真姫「えぇ!」




1年生教室前


にこ「ま、真姫ちゃん?そろそろ離してくれないとにこ教室に戻れないんだけど」
95: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 16:05:38.03 ID:u/vYD3670
真姫「いや!」ギュ


にこ「真姫ちゃん離して!」


真姫「いやっ!!」ギュー



凛「にこちゃんと真姫ちゃん何やってるんだろう」


花陽「はわぁ///さ、最高です!!」



凛「かよちん鼻血出てるにゃ」


続く


99: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 16:32:23.96 ID:d7ZUBRup0
「拗ねーチカ」


生徒会室


絵里「むぅ……」


にこ「急に呼び出しておいてなんで膨れっ面してるのよ?」


絵里「むぅ……ずるいわ…」


にこ「え?」
100: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 16:33:35.74 ID:d7ZUBRup0
絵里「ずるい!ずるいわ!」


にこ「……なにがずるいのよ?」


絵里「真姫ばっかり構っててずるいわ!!」


にこ「えぇ?別ににこは真姫ちゃんばっかりに構ってないわよ」


絵里「じゃあどうして昨日来てくれなかったのよ?」


にこ「へ、昨日?」


絵里「そうよ!昨日お昼休み!」


にこ「だって絵里は生徒会があるって」


絵里「にこを1人にしたら寂しがって甘えに来てくれるんじゃないかと思ったのに!」
101: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 16:35:38.44 ID:d7ZUBRup0
にこ「そ、そんな事する訳ないでしょ!!(寂しかったのは事実だけど)」


絵里「きっとにこは私よりも真姫の方が好きなのね…妹だし」シクシク


絵里「妹だし…」


にこ「なんで2回言ったのよ…あとその変な嘘泣きやめて、にこは真姫ちゃんと絵里の事で誰が特別好きとかないわよ」


絵里「うぅ…だって私の事お姉ちゃんってたまにしか呼んでくれないじゃない!真姫はいつもにこお姉ちゃんって…」


にこ「やっぱり呼ばれるのと呼ぶのとじゃ違うと言うか…恥ずかしいと言うか///」


絵里「デュエットもにこと真姫はあるのに私にはにことのデュエットがないわ!やっぱりずるいわよ!」


にこ「そ、そんなこと言われても…」
102: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 16:36:30.89 ID:d7ZUBRup0
絵里「もういいわ!こうなったら私もにこの妹になるわ!!」


にこ「はぇ!?」


絵里「にこお姉ちゃん♪にこお姉ちゃ〜ん♪」スリスリ


にこ「ちょっ///やめて!離してぇ!!」






|・8・)ハワワワ



|ピュン


103: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 16:37:33.49 ID:d7ZUBRup0
にこ「もう!いい加減にしなさい!」バッ


絵里「っ!? やっぱりにこは私の事が……うぅ…」ガクッ


絵里「うぅ……ニコォ…ニコォ……グスン」


にこ「あぁもう!面倒くさいわね!なんなのよ今日の絵里は、はぁ…わかった呼ぶわよ!」
104: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 16:39:22.01 ID:d7ZUBRup0
絵里「グスン……グスン…」チラッ


にこ「絵里お姉ちゃん!ほらこれでいいでしょ?」


絵里「全然心がこもってないチカ…グスン」


にこ「…え、絵里お姉ちゃん!」


絵里「もっと…」


にこ「絵里お姉ちゃん♪」


絵里「もっとよ!」


にこ「絵里お姉ちゃ〜ん♪」


絵里「ワンモア!!」


にこ「えりぃぃぃい!!!!」
105: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 16:39:56.42 ID:d7ZUBRup0
にこ「あんた途中から遊んでたでしょ!」


絵里「あら?にこもノリノリだったじゃない♪」


にこ「まったく…それでにこを呼んだ理由はもしかしてこれ?」


絵里「半分正解♪あと半分はこれからよ」


にこ「そう、なら早いとこ済ませて…っきゃ!?」ドンッ
106: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 16:41:00.53 ID:d7ZUBRup0
壁ドン


絵里「ふふっ♪にこ凄く可愛いわ」


にこ「なっ///」


絵里「顔が真っ赤よ?」ズイッ


にこ「ちょっ!ち、近い///にこに何する気よ!なんでいきなりこんな」


絵里「そ・れ・は♪キスするためよ」



にこ「キス!?」
107: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 16:48:07.91 ID:d7ZUBRup0
絵里「そうよ!だって不公平じゃない!真姫とキスして私とはしないなんて」


にこ「えぇ!?ま、まさかあの時の見てたの!?」


絵里「二人とも可愛かったわよ♪」


にこ「あ、あれは///うぅ…見られてたなんて///」


絵里「さぁ、次はエリチカお姉ちゃんの番よ!にこ…」クイッ


にこ「ひゃっ///ま、待って絵里…顔…近い///」


絵里「にこ好きよ」


にこ「ん///」


チュッ


にこ「……あれ?」


絵里「ふふっ♪ごちそうさま」
108: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 16:48:41.56 ID:d7ZUBRup0
にこ「おでこ?」


絵里「頬っぺは真姫に盗られちゃったから私はおでこを頂いたわね♪」


絵里「それでにこは何処にキスされると思ったのかしら?」


にこ「うぅ///知らないわよばかぁ///」


絵里「ほんとにこは可愛いわね」
109: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 16:49:38.64 ID:d7ZUBRup0
にこ「にこが可愛いのは当たり前よ!」


絵里「流石にこね♪さて、それじゃあ次はにこの番よ」


にこ「へっ?にこの番って?」


絵里「それは勿論キスよ!さぁ早く!」


にこ「えぇ!?にこはしないわよ!」
110: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 16:50:21.75 ID:d7ZUBRup0
絵里「あ、ちなみに今度は唇にお願いね♪マウストゥマウスよ!」


にこ「だからしないってば!」


絵里「強情ね…ならまた私からするわね!逃がさないわよ!!」



にこ「いやぁあ!!」



この後めちゃくちゃ攻防した



続く
115: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/26(火) 16:38:02.76 ID:VlVSA85W0
「姉妹以上恋人未満」


部室



ガチャ

真姫「おはよう」


絵里「あら?真姫じゃない早いわね」


真姫「絵里お姉ちゃんも来てたのね……にこお姉ちゃんは?」


絵里「にこなら日直だから後から来るそうよ」


真姫「そう…」


絵里「…」


真姫「…」
116: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/26(火) 16:38:37.00 ID:VlVSA85W0
絵里「ねぇ、真姫はにこの事どれくらい好き?」


真姫「えっ!?どうしたのよ急に」


絵里「いいから」


真姫「……私は、自慢のお姉ちゃんだと思ってるわ」カミノケクルクル


絵里「本当に?」


真姫「ほ、本当よ」


絵里「そう、なら私がにこの事貰っても問題ないわね」


真姫「!?なんでそうなるのよ」
117: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/26(火) 16:39:48.69 ID:VlVSA85W0
絵里「私はにこの事が好きよ、それも妹としてじゃなくて1人の女の子として」


絵里「だから私はいつかにこを恋人にしたいと思ってるわ、もしかしたら真姫がライバルになるんじゃないかと思ったけど…よかったわ」


真姫「……まって!」


真姫「私だって…私だってにこちゃんが…にこお姉ちゃんが好きよ!姉としてじゃなくて女の子として!!」


絵里「……」


真姫「たとえ絵里お姉ちゃんでも譲れないわ!」


絵里「……うふふ♪やっと素直になったわね」


真姫「えっ!?」


絵里「私はにこの事が好きよ、でも真姫の事も好きなの…だからこそ抜け駆けしないで正々堂々と真姫とは勝負したい」


真姫「お姉ちゃん……私も絵里お姉ちゃんの事好きよ、でもにこお姉ちゃんは渡さないわ!」


絵里「ふふっそう来なくちゃ♪」
118: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/26(火) 16:40:38.39 ID:VlVSA85W0
あれー?にこちゃんそこで何してるの?


にこ「ぬあああああ!?」


ドンガラガッシャーン


えりまき「!?」


穂乃果「わっ!にこちゃん大丈夫?」


にこ「あんたねぇ、いきなり後ろから声かけないでよ!」


穂乃果「ごめんごめん、でも部室の扉前でずっと聞き耳立ててたからどうしたのかと」


にこ「あ、こら!」


絵里「ふ〜ん…どこまで聞いてたのかしら?」


にこ「えっと…それは、にこが日直ってとこから」


真姫「全部じゃない!」


絵里「でもこれで伝える手間がはぶけたわ……にこ私の恋人になりなさい」


真姫「あ!抜け駆けしない約束よ!にこお姉ちゃん私の恋人になって」


にこ「……まじ?」


絵里「大まじよ!」


にこ「ちょっと待って!あんた達はそれでいいの?にこ達は姉妹ってことじゃなかったの?」
119: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/26(火) 16:41:35.18 ID:VlVSA85W0
絵里「私達は常にその先を行くわ!」


真姫「絶対に恋人にするんだから!」


にこ「えっと……」


真姫「さぁ!」


絵里「さぁ!」


えりまき「どっちを選ぶの?」


にこ「に…」


穂乃果「に?」
120: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/26(火) 16:42:07.09 ID:VlVSA85W0
にこ「にっこにっこにー!」


にこ「絵里お姉ちゃん!真姫ちゃん!いくらにこにーが可愛すぎるからって姉妹でにこにーを取り合っちゃだめにこ!」


にこ「だ・か・らにこにーは皆のものにこ♪(勿論姉妹的な意味で)」


絵里「……」


真姫「……」
121: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/26(火) 16:42:47.01 ID:VlVSA85W0
絵里「は、ハラショー!!」


真姫「その手があったわ!!」


にこ「へ?」


絵里「姉妹でにこを取り合う必要はないないわ!3人で恋人になればいいのよ!」


にこ「えぇ!?それは色々と問題だと思うんだけど」


真姫「どっちか片方選ぶことはない……流石にこお姉ちゃん!」


にこ「べ、別にそういう意味で言ったわけじゃ!」


絵里「そうと決まれば早速行きましょう!」


にこ「行くって!?」
122: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/26(火) 16:43:17.24 ID:VlVSA85W0
真姫「絵里お姉ちゃんの家よ!」


にこ「ちょっと練習は!?学校は!?」


絵里「そんな事今の私たちには関係ないわ!!」


にこ「こら生徒会長!!」


真姫「さぁ!早く行きましょう!」


にこ「うぅ……ごめん!」ダッ


穂乃果「あっ!逃げた!」


絵里「逃がさないわよにこ!」ダッ


真姫「絶対に捕まえるんだから!!」ダッ




穂乃果「今日もみんな仲良しだなぁ〜♪」



続く
125: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 12:30:01.10 ID:eU09BINR0
「ことりさんは見た!」


(・8・)「こんにちは!南ことりです!」


(・8・)「突然ですが皆さんはBiBi三姉妹のことをご存じですか?見ていてとても微笑ましいですね…でもことりはこの前とんでもない光景を見てしまいました!!」


(・8・)「それはことりが音楽室の近くを通った時のお話しです」
126: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 12:30:27.55 ID:eU09BINR0

……
………



ことり「うぶ毛のことり達も〜♪いつか空に羽ばたく〜♪」


ことり「大きな強い翼で〜♪とっぶ♪(・8・ )」


……ダメ……ソコッ……キモチイ…




ことり「あれ?なにか聞こえるような…」


…あまり変な声出さないでよ…


ことり「音楽室からかな?」
127: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 12:30:59.08 ID:eU09BINR0
音楽室前


|・8・)ジィー



ことり「う〜ん…よく見えないけど…あれはにこちゃんかな?隣に座ってるのは絵里ちゃんで…真姫ちゃんの声も聞こえたような」


真姫「あっ///そこ…気持ちいい///」


ことり「(チュン///!?)」


にこ「だから変な声出さないでって言ったでしょ」ナデナデ


真姫「ふぅ///だって///」
128: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 12:31:31.13 ID:eU09BINR0
絵里「ね、ねぇ早く私にも」


にこ「もぉ、にこは1人なんだからゆっくり待ってなさい」


絵里「うぅ…」ウズウズ


真姫「ふふっ♪じゃんけんで勝ったかいがあったわ!」





ことり「こ、これは!もしかして!もしかして!!」
129: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 12:32:10.72 ID:eU09BINR0
〜ことりちゃん脳内〜


にこ「ふふっ真姫ちゃんここがいいの?」クチュ


真姫「あぁ///そこだめっ///おかしくなっちゃう」ビクッ


絵里「ねぇ、にこ…早く私にもちょうだい…///」


にこ「まったく困ったお姉ちゃんね…わかったわ、ちゃんと待ってたご褒美あげる」チュッ


絵里「にこ…チュッ///…ん…ふぅ///」


真姫「あっ!ずるいわ私にも」


にこ「はいはい♪」チュッ


真姫「ん///…にこ…お姉ちゃん///」




……
………

ことり「(フォオオ///)」


ことり「(あと少し!あと少しでちゃんと見える!!)」
130: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 12:32:58.47 ID:eU09BINR0
海未「………ことり?」


ことり「ピィィィイ!?!?」バッ


ことり「う、海未ちゃん!?」


海未「音楽室の前で何をしているのですか?」


ことり「えっとそれは!…そうバードウォッチングしてたの!」アセ


海未「こんなところでですか?」


ことり「どちらかと言うとことりがウォッチングしてたと言うか何というか!!」アセアセ


海未「ことり少し落ち着いてください!」


ことり「あっ!」プシュー


ことり「ごめん海未ちゃん…」


海未「落ち着きましたね、それで音楽室前で何を?」
131: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 12:33:31.34 ID:eU09BINR0
ことり「えっとね真姫ちゃんに用事があったんだけど絵里ちゃんとにこちゃんもいたから後でいいかなって」


海未「そうでしたか、私も真姫に用事がありまして」


ことり「真姫ちゃんに?」


海未「はい、次の曲の歌詞について少し相談が…中にいるのですよね?丁度よかったです」


ことり「あわわわわ!今はダメ」


海未「え、なぜですか?」


ことり「そ、それは…今3人は秘密の特訓(意味深)をしてるの!だから邪魔しちゃ駄目だよ」


海未「秘密の特訓?」


ことり「うん!だから今は入っちゃダメ」
132: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 12:34:47.71 ID:eU09BINR0
海未「……わかりました、また後でにしましょう」


ことり「ふぅ…それじゃ穂乃果ちゃん呼んで3人でクレープ食べに行こう!」


海未「え?わっそんなに引っ張らないでくださいことり!」


ことり「ふふふっ♪海未ちゃん早く!(3人とも!ごゆっくり)」



タッタッタッタッ


133: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 12:36:42.99 ID:eU09BINR0
音楽室


にこ「今ことりの声が聞こえたような」


絵里「気のせいじゃないかしら、それよりも次は私の番よ!」


にこ「はいはい、ほら」ポンポン


絵里「はぁ♪にこの膝枕最高だわ!」


にこ「いちいち言わなくていいわよ恥ずかしい、危ないからあまり頭動かさないでよ」


絵里「わかったわ!……ん///」


にこ「絵里お姉ちゃんまで変な声出さないでよ///」
134: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 12:37:11.22 ID:eU09BINR0
絵里「だってこれは想像以上に気持ちいいわ!にこの耳かき!」


真姫「気が付くと自然に声が出ちゃうのよ仕方ないでしょ」


にこ「まったくいきなり耳かきしてだなんてどうしたのよ?」


絵里「ふふっこんな風にまったりするのもいいじゃない」


にこ「ま、にこも耳かきするのは別に嫌じゃないしたまには良いわね」ナデナデ


絵里「ふふ♪」
135: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 12:37:46.76 ID:eU09BINR0
絵里「(実はこの前こころちゃんとばったり会って色々話してたら耳かきの話を聞いてね)」



真姫「(にこお姉ちゃん自分では気が付いてないみたいだけど、耳かきしてる時に相手の頭を凄く優しくなでる癖があるのよ)」


にこ「はい、終わったわよ」


絵里「ありがとう!凄くよかったわ」


にこ「耳かきしただけで大袈裟ね」


真姫「にこお姉ちゃんの耳かき凄く気持ちよかったわ!」


にこ「まぁ、そう言われたらそんな悪い気はしないわね…」
136: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 12:38:16.85 ID:eU09BINR0
にこ「ねぇ、もしよかったらまた今度してあげよっか?」


真姫「本当に!?」


にこ「耳かきくらい別にいいわよ」


真姫「ありがとう!にこお姉ちゃん」


絵里「ありがとう!にこ♪」


にこ「か、感謝する程の事じゃないでしょ///」


えりまき「ふふっ♪とっても幸せよ!」


にこ「まったく///」カァ


続く
138: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 13:19:39.69 ID:eU09BINR0
番外編 「爆誕!リリホワ三姉妹」


生徒会室


絵里「それじゃ今度の生徒会引き継ぎの内容なんだけど…」


生徒会役員「はい!その話は…」


絵里「なるほど、わかったわ」キリッ


希「……」


絵里「それで、次の話なんだけど……」キリリッ


希「なぁ、えりち?」


絵里「ん?なにかしら希?」キリッ


希「話の内容も凄く分かりやすくていいんやけど…」
139: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 13:20:43.42 ID:eU09BINR0
希「どうしてにこっちを膝の上に乗せてるん?」


にこ「…」


絵里「なにかと思ったら、そんな事?なにか問題でもある?」キリッ



希「いやぁ、大問題かと思うんやけど…にこっちの方は疲れきった目してるけど大丈夫なん?」


にこ「あはは……はぁ…」グデー


絵里「もぅ、にこったらバランスが崩れちゃうわ」ギュー


希「…」
140: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 13:21:20.60 ID:eU09BINR0
〜数十分前〜


絵里「嫌チカ!嫌チカ!!」ジタバタ


にこ「あぁ!もう何なのよ!たった3日会えなかったぐらいで」


絵里「うぅ……グスン」


にこ「(三連休の日にママが温泉チケット当てたから少し家族で旅行に行ったんだけど…まさかこんなことになるとは)」


生徒会役員「あ、あの生徒会長……そろそろ役員会議なんですが」


絵里「嫌チカ!にこと離れたくないわ!!」ジタバタ


にこ「ちょっと!駄々こねてないで早く行きなさいよ!」
141: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 13:21:56.19 ID:eU09BINR0
絵里「グスン……にこが冷たいチカ…きっとエリチカの事嫌いになったチカ…グスン」


絵里「もう、エリチカお家帰る」ガチャ



にこ「そこはロッカーよ!早く出てきなさい!」ガチャ


絵里「うぅ…ニコォ…ニコォ…」


にこ「もう…どうするのよこれ」


生徒会役員「あ、あははは…えっと生徒会の先生に矢澤先輩も同伴していいか聞いてみますね」


にこ「なんかごめんね」


生徒会役員「いえ…」
142: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 13:22:35.07 ID:eU09BINR0

……
………


そして


絵里「ふぅ、充実した会議だったわ!」


にこ「そうね…」ゲッソリ


希「にこっち大丈夫?」


にこ「な、なんとか……っていうか旅行行ってる間も電話したりチャットしたりしてたでしょ!」


絵里「あれだけで足りるわけないじゃない!!」クワッ


にこ「えぇ!?」ガーン


希「えりちとにこっちはほんま仲良くなったなぁ」


絵里「えぇそうよ!なんたって私達を姉妹で恋人よ!」


にこ「姉妹でも限度があるでしょ!あとまだ恋人じゃないわよ!」
143: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 13:23:27.98 ID:eU09BINR0
絵里「あら?今"まだ"って言わなかったかしら?それはつまり今後恋人になるって事でいいのよね!」



にこ「ぐっ///別にそういう意味で言ったわけじゃないわよ!!」


絵里「ふふっ♪にこ愛してるわ!」ムギュ


にこ「う、うるさい///離してぇ!!」


希「…(姉妹かぁ)」


絵里「あ、希何処に行くの?」


希「あはは、ウチちょっと用事思い出したから先教室に戻っててええよ」
144: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 13:24:17.11 ID:eU09BINR0
絵里「そう、わかったわ!にこ行きましょう」


にこ「はぁ、酷い目に遭った」


花陽「おーい!絵里ちゃん!にこちゃん!」


にこ「あら花陽じゃない、どうしたの?」


花陽「実は真姫ちゃんが朝から音楽室に引きこもっちゃって」


にこ「真姫ちゃんまで!?」
145: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 13:27:25.51 ID:eU09BINR0
絵里「ほら!真姫もにこ分不足なのよ!早く行きましょう!」


にこ「何よにこ分不足って!…わかったわありがとう花陽!」




その頃


希「(家族……姉妹…)」


希「いいなぁ…」ボソッ


部室


希「あ、いつの間にか部室に来てもうた…」


ガチャ


海未「ん?誰ですか?」


希「あ、海未ちゃんも来てたんやね」
146: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 13:27:53.47 ID:eU09BINR0
海未「希でしたか、えぇ次の曲の歌詞を考えていまして」


希「そうなんや、なぁ海未ちゃん…歌詞少し見ていい?」


海未「えっ///だ、駄目です!は、恥ずかしいです///」


希「なにか力になれると思ったんやけどなぁ…でも海未ちゃんが嫌なら仕方ないなぁ」チラ


海未「うぅ///わ、わかりました!笑ったりしないでくださいね」


希「海未ちゃんが頑張って考えた歌詞を笑ったりなんかせえへんよ」


海未「ありがとうございます、これです」
147: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 13:28:25.64 ID:eU09BINR0
希「ふむふむ、なるほど」


海未「ここから先の歌詞どうしても思いつかなくて」


希「ここはこういう感じにしてみたらええんやない?」


海未「確かに!自然と頭に入ってくるようなフレーズです!」


希「ふふっ♪このまま2人で考えてみよっか」


海未「はい!」


……
………

希「ふぅ、こんなもんかな」


海未「ありがとうございました希!」


希「ええよええよ!ウチもこんな風に歌詞とか考えたことなかったから凄くいい経験やったよ」
148: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 13:29:05.15 ID:eU09BINR0
海未「希はとても頼りになります!また何かあったら相談してもよろしいですか?」


希「ふふっええよ♪ウチに出来ることがあればなんでも言ってな」


希「……ねぇ海未ちゃん」


海未「なんですか?」


希「海未ちゃんも確か一人っ子だよね」


海未「はい、それが何か?」


希「寂しく…なったりしない?」
149: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 13:29:43.73 ID:eU09BINR0
海未「大丈夫ですよ、父や母がいますし」


海未「穂乃果やことり、μ'sの皆もいます!だから寂しいと言うことはありません」


希「そうなんや(やっぱりウチが考えすぎたんかな…皆一緒なのに寂しいなんて…)」


海未「でも」


希「え?」


海未「もし希のようなお姉さんがいてくれたら、凄く素敵な日々が過ごせそうです」


希「あっ///」


希「もぉ!あんまりからかわんといて///」
150: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 13:30:35.76 ID:eU09BINR0
ガチャ


凛「あっ!希ちゃんと海未ちゃんにゃ!」


海未「おや、凛ですかどうしたのですか?」


凛「実はかよちんが絵里ちゃんとにこちゃんを探しててお手伝いしてたにゃ」


海未「そうですか、生憎私は今日は会っていません」


希「2人ならさっき廊下で別れたばっかりだよ」


凛「そうなんだ!ありがとう2人共!」ピューン


希「凛ちゃんは相変わらず元気やね♪」


海未「そうですね」


ピューン


凛「そうだ!にこちゃんと絵里ちゃんで思い出したにゃ」


希「ん、どうしたん?」
151: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 13:31:20.72 ID:eU09BINR0
凛「ふぅ…あのね、海未お姉ちゃん!希お姉ちゃん!」


海未「なっ///」


希「えぇ///!?」ドキッ


凛「えへへ♪この前にこちゃん達が姉妹なったって言ってたから凛もやってみたにゃ」


凛「凛も一人っ子だから姉妹って凄く憧れてて……嫌だったかな?」


希「ウチは全然ええよ!」


海未「私もかまいません」


凛「やったにゃ!希お姉ちゃん!海未お姉ちゃん大好きにゃー!」ギュー


希「///(あかん凛ちゃん可愛すぎや)」ナデナデ


海未「希、先程の話覚えていますか?」


希「え?」
152: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 13:31:58.42 ID:eU09BINR0
海未「希のようなお姉さんがいたら、凄く素敵だと…だから私も希の事を……いいですか?希…姉さん///」


希「!?///」


凛「わぁーい!これで凛達も三姉妹にゃ♪」


海未「不束者ですがよろしくお願いします」


希「(姉妹…ウチもえりちの気持ちが少し分かった気がする)」ポロ


凛「あれ?希お姉ちゃん泣いてるの?」


海未「ど、どうしたのですか?姉さん」


希「何でもない…ただ、凄く嬉しくてな」ポロポロ
153: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 13:32:37.66 ID:eU09BINR0
希「ウチ皆と出会えてほんまよかった!」


海未「私もですよ」


凛「凛も!これからもずっと一緒にゃ!」


希「ふふっよろしくな、2人とも♪」




こうしてまた新たに三姉妹が誕生した



番外編 おわり
154: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 13:34:14.47 ID:eU09BINR0
おまけ


音楽室前



花陽「真姫ちゃ〜ん!にこちゃんと絵里ちゃんがきたよぉ!」


絵里「返事がないわね」


花陽「やっぱりここはにこちゃんの出番だよ!」


にこ「はぁ…まったく仕方ないわね」


にこ「真姫ちゃ〜ん!早く出てきなさい!にこお姉ちゃんが話聞いてあげるから」
155: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 13:34:54.04 ID:eU09BINR0
ガチャ


花陽「あ、鍵空いたみたい」


絵里「真姫ったらあんまり周りに迷惑かけちゃだめよ」


にこ「絵里お姉ちゃんはさっき駄々こねてたでしょ!」


スッ……ガシッ!


にこ「へ?」


シュッ!!


にこ「にこぉぉぉお!?!?」


バタン


花陽「に、にこちゃんが物凄い早さで音楽室に連れ込まれちゃた!?」
156: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 13:35:44.76 ID:eU09BINR0
絵里「うぅ……」ガクブル


花陽「え?絵里ちゃんどうしたの!?」


絵里「昨日みた映画にさっきと似たようなシーンがあって……女の子が連れ込まれて…グシャ…グシャって」ガクガク


花陽「えぇ!?オモイダシチャッタノォ!?」


絵里「タイトルが凄く可愛らしかったから…まさかホラーだったなんて」ガクガク
157: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 13:36:24.88 ID:eU09BINR0
花陽「で、でもそれって映画の話しで実際はただ真姫ちゃんがにこちゃんを音楽室に連れてっ」



「いやぁぁぁあ!?」


「そこ駄目だって真姫ちゃん!!」


「す、少し落ち着きなさい!」


「にこぉぉぉお!」


絵里「あぁ……ごめんなさいにこ…非力な姉を許して…」ガクガク


花陽「だ…だ、ダレカタスケテー」

158: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 13:37:08.67 ID:eU09BINR0
ガチャ


真姫「ふぅ…あら花陽に絵里お姉ちゃんじゃないどうしたの?」


花陽「あ、真姫ちゃん!…にこちゃんは?」


真姫「にこお姉ちゃんなら隣よ」


にこ「あぅ……」ゲッソリ


花陽「にこちゃん!(ふ、服がはだけてうっすらキスマークが見える///)」
159: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 13:37:39.63 ID:eU09BINR0
真姫「さぁ、教室に戻るわよ…絵里お姉ちゃんはどうしたのよ?」


絵里「……ニコ…ゴメンナサイ…」ガクガク


花陽「あははは…」


真姫「まぁ、いいわ行きましょう」


にこ「もう勘弁してぇ」



続く
164: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/02(月) 22:05:01.90 ID:SpnTwygI0
「BiBi三姉妹ほのぼの日記」

その1 名字


〜部室〜


絵里「絢瀬にこ……絢瀬真姫…」


真姫「西木野にこ……西木野絵里…」


えりまき「ん〜」


にこ「えっと…何してるの?」


真姫「やっぱり西木野の方がいいわ!西木野で決まりよ!」


絵里「いえ!ここは絢瀬にしましょう!」


真姫「ならにこお姉ちゃんに決めてもらいましょ!」


にこ「何の話ししてるのよ?」
165: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/02(月) 22:05:44.43 ID:SpnTwygI0
絵里「私達はこうして姉妹になった訳でしょ、だから名字の方も統一するべきだと思うのよ!それにいずれ結婚することになるだろうし♪」


にこ「別にそこまでする必要ないと思うけど……って結婚!?」


絵里「そうよ!結婚よ!!」


にこ「いやいや!いきなり話飛びすぎでしょ!?」


真姫「愛さえあれば不可能なんてないわ!!」


にこ「もう何処から突っ込んでいいのやら」


絵里「もう、にこったらそんな疲れた顔してどうしたの?」ムニムニ


にこ「あんた達のせいよ…あと頬っぺたいじらないで」

166: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/02(月) 22:06:28.27 ID:SpnTwygI0
真姫「それで、名字は結局どうするわけ?」ギュー


にこ「…真姫ちゃんも動きにくいから後ろから抱き付かないでくれる?」


真姫「無理よ無理よ♪」


にこ「えぇ…にこそろそろ教室に戻りたいんだけど」


絵里「ダメよダメよ♪」


えりまき「どこにいたって無理よ♪」


にこ「捕まえちゃう♪」


にこ「ってやらすなー!」


絵里「あははは♪私にこのそういうとこ大好きよ!」


真姫「うふふ♪」
167: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/02(月) 22:07:03.11 ID:SpnTwygI0
にこ「はぁ…それで名字はどうなったのよ?」


絵里「それならもう解決したわ!」


にこ「え、そうなの?」


真姫「名字は矢澤にするわ!」


にこ「えぇ!?」


真姫「今日から私は矢澤真姫よ!」


絵里「私は矢澤絵里ね♪ふふっ名字を統一したらますます本物の姉妹に近づいた気がするわ!」ギュ


にこ「だから抱き付かないでってば!(でもまぁ、名字なんてそうそう使わない気がするし…大丈夫よね)」
168: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/02(月) 22:07:33.71 ID:SpnTwygI0
その後


教師「どうして呼び出されたか分かっていますか?」


絵里「いえできません、納得できる説明をお願いします!」キリッ


真姫「理不尽だと思います!」


教師「そうですか…じゃ言いますが」


教師「ちゃんとテスト用紙に自分の名前を書きなさい!」


絵里「書きました!」


真姫「なんの問題もないと思いますが」
169: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/02(月) 22:08:50.93 ID:SpnTwygI0
教師「問題しかないわよ!矢澤さん、これはどう言うことなんですか?」


にこ「え、えっと…」


絵里「にこ、私達姉妹の絆を先生に説明しましょう!」


真姫「先生も分かってくれるはずよ!」


教師「矢澤さん!」


絵里「にこ!」


真姫「にこお姉ちゃん!」


にこ「だ、ダレカタスケテー」


チョットマッテテー
170: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/02(月) 22:09:32.46 ID:SpnTwygI0
その2 絢瀬先輩の秘密


生徒1「見て!絢瀬先輩よ!イヤホンして何か聴いてるみたい、μ'sの新曲かな?」


生徒2「はぁ…いつ見ても凛々しくてカッコイイ」ウットリ



生徒3「私のクラスの子も何人か告白したみたいだけど…みんな撃沈しちゃったみたい、なんでも心に決めた人がいるとか」


生徒2「えぇ!?やっぱり先輩にも好きな人が…」


生徒1「あと噂なんだけどμ's内で絢瀬先輩の事をお姉ちゃんって呼んでるメンバーがいるとか」


生徒2「えぇー!羨ましい!!私もお姉さまって呼びたい!!あわよくば踏まれたい!」


生徒3「あんた何言ってるのよ…」
171: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/02(月) 22:10:08.51 ID:SpnTwygI0
先輩「お〜い、そんなとこで話してないで練習始めるぞ〜」


生徒達「はーい!」タッタッタッ


先輩「……(言えない)」


……
………

絵里「にこぉ!にこぉ!」モッギュー


にこ「あぁもう、離れなさいよ!」


絵里「実は好きなくせに〜♪」ツンツン


にこ「せ、せめて教室はやめてー!」


絵里「いいじゃない今は私達しかいないんだから♪」
172: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/02(月) 22:10:55.51 ID:SpnTwygI0
にこ「ちょっ!?何服の中に手入れてるの、あっあはははは!!やめて絵里!!」


絵里「絵里じゃなくて絵里お姉ちゃんでしょ」コチョコチョ


にこ「あははははは!わかった言うから、やめっあはは!やめて絵里お姉ちゃん!!」


絵里「よくできました♪」


にこ「はぁ…はぁ…」クター


絵里「……ねぇにこ」


にこ「はぁ…なによ?」


絵里「もう我慢できないわ!」ガバッ


にこ「いやぁぁあ!?」






先輩「(わぁーお)」
173: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/02(月) 22:11:46.69 ID:SpnTwygI0
………
……



先輩「……(言えない)」


生徒2「先輩早く行きましょう!」


先輩「え?今行く!」タッタッタッ





絵里「ふふ〜ん♪」


(亜里沙「お姉ちゃん」)


(真姫「絵里お姉ちゃん」)


(にこ「絵里…お姉ちゃん」)


絵里「ふふふ♪(にこのを録音するのは苦労したけど、やっと揃ったわ♪)」


オネエチャン オネエチャン

絵里「はぁ…幸せ♪」
175: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 16:51:14.62 ID:4p5F+OhB0
その3 家族が増えるね!


ザァー


にこ「もう、このタイミングで雨が降るなんて」


真姫「お姉ちゃんこっち!」


〜真姫ちゃんの家〜


にこ「ふぅ、近くに真姫ちゃんの家があって助かったわ」


真姫「雨が止むまでしばらく家にいていいわよ」


にこ「真姫ちゃんありがとう、それにしても今日は1日晴れって嘘じゃない!こころ達大丈夫かしら…」
176: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 16:51:57.08 ID:4p5F+OhB0
真姫「今タオル持ってくるわね」


にこ「ありがとね(そういえば真姫ちゃんの家に来たのって初めてね…改めて見ると凄く広いわ)」


???「あら、あなたは?」


にこ「あ、お邪魔してます」


真姫ママ「もしかして真姫ちゃんのお友達?」


にこ「はい!矢澤にこです(うわ…凄く美人な人、真姫ちゃんをそのまま大人にしたみたい)」


真姫ママ「あなたがにこちゃんね!真姫ちゃんがいつも楽しそうに話してるからいつか会ってみたいと思ってたのよ!」


にこ「え、真姫ちゃんが?」


真姫ママ「凄く優しくて素敵な先輩だって毎晩私に」
177: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 16:52:23.90 ID:4p5F+OhB0
真姫「ママ!!」


真姫ママ「あら真姫ちゃん!今にこちゃんとお話ししてたのよ」


真姫「むぅ、行くわよお姉ちゃん!」グイッ


にこ「あ、ちょっと真姫ちゃん引っ張りすぎ!」


真姫ママ「うふふ、二人とも仲良しね♪………お姉ちゃん?」
178: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 16:52:50.85 ID:4p5F+OhB0
〜お風呂場〜


にこ「急にどうしたの?」


真姫「別に…はいタオル」


にこ「ありがと…(真姫ちゃんどうして不機嫌なんだろう)」フキフキ


真姫「お風呂湧いてるから適当に入っていいわよ」


にこ「……ねぇ真姫ちゃん」


真姫「なに?」


にこ「………一緒に入る?」


真姫「……ヴェエ!?!?」ボフン


真姫「いいいいい一緒!?一緒に!!」


にこ「もう、少し落ち着きなさいよ前だって一緒に入ったでしょ」
179: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 16:53:20.03 ID:4p5F+OhB0
真姫「だ、だって///今回は二人っきりだし」


にこ「でもこのままだと真姫ちゃん風邪引いちゃうわよ」



真姫「うぅ///わかったわ、ちょっと向こうむいてて」パサッ


にこ「(真姫ちゃんの背中凄く綺麗…」


真姫「な、何言ってるのよ///」


にこ「あっ///ごめん遂言葉に」


真姫「早く入るわよ///」
180: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 16:53:48.66 ID:4p5F+OhB0
チャプン


真姫「///」


にこ「お風呂凄く広いわね、でもなんでそんな隅っこにいるのよ?」


真姫「は、恥ずかしいからよ///」


にこ「ふぅ〜ん」スッ


モッギュ


真姫「ヴェエ///」


真姫「ななななっ!?」


にこ「もう慌てすぎよ」ギュ


真姫「は、裸で///抱きつい///」プシュー


にこ「ふふっ♪」


真姫「あ…ぅ…///」ブクブクブク


にこ「って真姫ちゃん大丈夫!?真姫ちゃーん!!」
181: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 16:54:33.19 ID:4p5F+OhB0
〜真姫ちゃんの部屋〜


真姫「ん〜」


にこ「あ、真姫ちゃん大丈夫?」


真姫「あれ、ここは?」


にこ「ごめんね、その…遂やりすぎちゃったわ」


真姫「……あっ///」


真姫「別にいいわよ///その…嬉しかったし」ボソッ


にこ「え?」


真姫「い、いいからリビングに行きましょう」
182: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 16:55:30.34 ID:4p5F+OhB0
真姫ママ「あら真姫ちゃん!起きたのね」


真姫「えぇ」


真姫ママ「にこちゃんがね倒れた真姫ちゃんの事を一生懸命看病したのよ」


真姫「そうだったの///」


にこ「まぁ、にこのせいでもあるし」


真姫ママ「着替えも凄く手際がよくてびっくりしちゃったわ」


真姫「え、着替え?」
183: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 16:56:08.11 ID:4p5F+OhB0
真姫ママ「真姫ちゃんお風呂で倒れちゃったでしょ、それで真姫ちゃんに服着せるの手伝ってくれたのよ」



真姫「なっ///お姉ちゃん見たの!?」プルプル


にこ「えっと真姫ちゃんこれは」


真姫「見たの!?」


にこ「えっと…凄く綺麗でした」


真姫「にこお姉ちゃんのばかぁぁぁあ!!!!」スパーン!!


にこ「にこぉぉお!!」ベチンッ
184: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 16:57:08.86 ID:4p5F+OhB0

……
………


真姫「むぅ」


にこ「真姫ちゃんごめんってば」


真姫「お姉ちゃんに色々見られた…」


にこ「この前入ったときは大丈夫だったでしょ」


真姫「あれは、みんな一緒だったし…それよりにこお姉ちゃんもどうしてあんなことしたのよ!」


にこ「え、なんというか…凄く可愛かったからつい」


真姫「うぅ///」


にこ「真姫ちゃん顔トマトみたいにこ♪」
185: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 16:58:45.13 ID:4p5F+OhB0
真姫「か、からかわないでよ///」


にこ「ふふっ♪まーきちゃん」ギュ


真姫「///」


にこ「(絵里お姉ちゃん……妹っていいわね)」
186: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 16:59:32.58 ID:4p5F+OhB0

……
………



絵里「くしゅん!」


亜里沙「お姉ちゃん大丈夫?」


絵里「えぇ、大丈夫よきっとにこが私の事を考えていたのよ」


亜里沙「え、どうしてわかるの?」


絵里「それは勿論姉妹だからよ!」ドヤチカ


亜里沙「ハラショー!それじゃお姉ちゃんは亜里沙が考えてることもわかるの?」


絵里「えぇ!勿論よ!」
187: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:00:35.88 ID:4p5F+OhB0
亜里沙「凄いお姉ちゃん!」キラキラ


絵里「ふふっそれじゃ髪の毛拭くわね」フキフキ


亜里沙「ふぁ…きもちいい♪」


絵里「ハラショー♪」
188: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:01:04.76 ID:4p5F+OhB0
〜真姫ちゃんの家〜


真姫「もう帰っちゃうの?」


にこ「えぇ、そろそろ帰らないと妹達も心配するだろうし」


真姫「そう…」


にこ「……今度は真姫ちゃんの家にお泊まりしていいかしら?」


真姫「まぁどうしてもって言うならいいわよ」パァ


にこ「凄く嬉しそうな顔ね♪」


真姫「べ、別にそんな顔してないわよ!」
189: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 17:01:34.11 ID:4p5F+OhB0
真姫ママ「にこちゃん今日はありがとうね」


にこ「いえ、急に押し掛けてしまってすみません」


真姫ママ「いいのよ、もう家の娘みたいなものなんだから♪」



にこまき「え?」


真姫ママ「真姫ちゃんがにこちゃんの事をお姉ちゃんって呼んでて気が付いたのよ!こんなに可愛い娘ができてお母さん嬉しいわ♪」



真姫「ちょっと、ママ!」


真姫ママ「うふふ♪またいつでもいらっしゃい、今度はいつも話してる絵里ちゃんって子も連れてきてね」


真姫「もう、ママったら」


にこ「あ、あははは」



家族が増えました


続く
195: ◆6hEhgX163E 2016/05/06(金) 07:05:55.25 ID:fm/og5yk0
「強敵現る」


〜秋葉原〜


にこ「だぁぁぁあ!!何よこの人の多さは!!」


真姫「まぁ、時期が時期だし仕方ないわよ」


絵里「そうね、でもせっかく3人でお出掛けなんだから楽しみましょ」


真姫「そうよ、行きましょうにこお姉ちゃん!」


にこ「あっ!待って二人とも!」

196: ◆6hEhgX163E 2016/05/06(金) 07:07:11.45 ID:fm/og5yk0
〜雑貨屋〜


にこ「へぇ、ここにこんな場所あったのね」


絵里「この前偶然見つけてね♪アクセサリーの素材になりそうなのが多いのよ」


にこ「そういえば絵里お姉ちゃんはアクセサリー作るのが得意なのよね」



絵里「そうよ、今度にこと真姫に作ってあげるわ!勿論3人でお揃いのをね♪」


にこ「ありがとう、楽しみにしてるわ!」
197: ◆6hEhgX163E 2016/05/06(金) 07:08:41.91 ID:fm/og5yk0
真姫「……」ジィー


にこ「何見てるの真姫ちゃん?」


真姫「この人形、凄くにこお姉ちゃんに似てる気がする」ヒョイ


にこ「え?このウィンクしてる人形?それならこのつり目でむすっとした人形なんて真姫ちゃんにそっくりね!」



真姫「わ、私はそんなむすっとなんかしてないわよ!」


にこ「あっ!これなんて絵里お姉ちゃんにそっくり!ちょっと間の抜けた顔してる」
198: ◆6hEhgX163E 2016/05/06(金) 07:09:45.17 ID:fm/og5yk0
絵里「に〜こ〜!」


真姫「にこお姉ちゃん!」


にこ「あはは冗談よ」


絵里「まったくもう会計済ませてくるわね」ヒョイ


にこ「あれ、結局その人形買うの?」
199: ◆6hEhgX163E 2016/05/06(金) 07:10:29.98 ID:fm/og5yk0
絵里「せっかくにこが見つけてくれた人形だし、それに見ていたらなんだか愛着わいてきたわ」


真姫「私も買うわ」


にこ「ふふっならにこも買おうかしら」



200: ◆6hEhgX163E 2016/05/06(金) 07:13:18.94 ID:fm/og5yk0
〜アイドルショップ〜


にこ「くぅ〜!待ってたわこの瞬間を!!」


真姫「凄いテンションね」


にこ「当たり前よ!!なんたって今日はこのショップ限定で超激レアサイン入りCDがくじ引きで手に入れられるのよ!!絶対当てるわ!!」


絵里「頑張るのよにこ!お姉ちゃんはいつでも見守っているわ!」


真姫「絵里お姉ちゃんは完全に成長した妹を見守るお姉ちゃんモードね」
201: ◆6hEhgX163E 2016/05/06(金) 07:14:09.14 ID:fm/og5yk0
数分後



にこ「……」チーン



真姫「にこお姉ちゃんから負のオーラが……」


絵里「にこ…」


にこ「……ニッコニッコニー」


真姫「あんな元気のないにこにー初めてね」


絵里「相当ショックだったのね」
202: ◆6hEhgX163E 2016/05/06(金) 07:15:39.34 ID:fm/og5yk0
にこ「うぅ!こうなったら遊びまくるわよ!真姫ちゃん!絵里お姉ちゃんついてきなさい!」グイッ


絵里「おっと!ふふっ元気になるのも早いわね」


にこ「いつまでも落ち込んでられないわよ!」


真姫「にこお姉ちゃんらしいわね」


にこ「さぁ、行くわよ!」

203: ◆6hEhgX163E 2016/05/06(金) 07:16:29.00 ID:fm/og5yk0
ゲームセンター


絵里「やっぱりこういうところってまだ慣れないわね」


真姫「私はよく凛と花陽と一緒に来るようになったわ」


にこ「ふふん!まずはこのエアホッケーで勝負よ!」


絵里「ゲームセンターってこんなものまであるのね!」


にこ「じゃんけんして相手決めるわよ!」
204: ◆6hEhgX163E 2016/05/06(金) 07:17:20.62 ID:fm/og5yk0

……
………


真姫ちゃんVSエリーチカ


絵里「ふふっ、遂に決着を付ける時がきたわね……真姫!!」


真姫「にこお姉ちゃんはこの真姫ちゃんの物よ!」


絵里「いえ!このエリーチカの物よ!!」


真姫「私のよ!」


絵里「エリチカのよ!」


にこ「あの、大声でそう言うのやめて」
205: ◆6hEhgX163E 2016/05/06(金) 07:18:24.60 ID:fm/og5yk0
はじめ!


カコーン!シュパン!ズバッ!


にこ「え?にこの知ってるエアホッケーじゃないんだけど」



絵里「やるわね真姫!それでこそ私の妹よ!!」シュパーン!


真姫「絵里お姉ちゃんこそ!」スパーン!


絵里「でも詰めが甘いわよ!」シュパン!


カコーン!


エリーチカ1点


真姫「なっ!?」


絵里「ふふっ♪」
206: ◆6hEhgX163E 2016/05/06(金) 07:19:32.83 ID:fm/og5yk0
真姫「いいわ!この勝負絶対に勝ってみせる!!」


にこ「二人ともがんばれー!(ヤケ)」



数十分後


真姫「流石は…絵里お姉ちゃんね」


絵里「真姫も…凄く強かったわ…」



真姫ちゃん4点


絵里ちゃん5点 win


にこ「二人とも凄かったわよ!(速すぎて見えなかったけど…)」
207: ◆6hEhgX163E 2016/05/06(金) 07:20:30.34 ID:fm/og5yk0
真姫「絵里お姉ちゃん……にこお姉ちゃんを…よろしくね」ガクッ


絵里「ま、まきぃぃぃい!!!」



絵里「真姫!しっかりしなさい!…私が間違っていたわ!最初から私達が争うことなんてなかったのよ」


にこ「これいつまで続くのかしら…」


絵里「お願い!目を開けて!だ、誰かここにお医者様はいますか!?お医者様の卵でもいいです!誰か」


真姫「私よ」ムクッ
208: ◆6hEhgX163E 2016/05/06(金) 07:21:14.29 ID:fm/og5yk0
絵里「まきぃぃぃい!!!」ギュ


真姫「絵里お姉ちゃん!!」ギュ


にこ「なにこれ」


絵里「さて、それじゃ次は私とにこね」


にこ「え、これ普通に続けるの!?」


絵里「さぁにこ、覚悟しなさい!」


にこ「いいわ!やってやろうじゃない!」
209: ◆6hEhgX163E 2016/05/06(金) 07:23:35.28 ID:fm/og5yk0
スパーン!!

スパーン!!

スパーン!!

カコーン!


チーン



にこ「…ニコー」グデー


真姫「凄い、絵里お姉ちゃんのストレート勝ちね」


絵里「ふふん!これが長女の力よ!」ドヤチカ


にこ「まさか、一発も打ち返せないなんて」
210: ◆6hEhgX163E 2016/05/06(金) 07:25:56.84 ID:fm/og5yk0
絵里「それじゃ、すべて勝ち抜いたご褒美ににこからキスが送られるわ!」


にこ「はぁ!?そんな話聞いてないわよ!」


絵里「勿論よ!だって今決めたのだから!」


にこ「何よそれ!」


真姫「そうよ!そんなのなしよ!」


絵里「ちなみに2位の真姫にもにこからキスが送られるわ」


真姫「にこお姉ちゃんどうしてそんなに慌ててるのよ」カミノケクルクル


にこ「えぇ!?」
211: ◆6hEhgX163E 2016/05/06(金) 07:26:57.93 ID:fm/og5yk0
絵里「さぁ、早く!」


真姫「早くしなさいよね」


にこ「ちょっと待って…えっと、そうだ!3人でプリクラ撮り行きましょ!」


絵里「認められないわぁ!まずキスが先よ!」


にこ「うぅ…あぁもう二人とも耳かして!」
212: ◆6hEhgX163E 2016/05/06(金) 07:27:47.90 ID:fm/og5yk0
にこ「あの……ここ他の人もいて恥ずかしいから……だから3人しかいない時なら…いいわよ///」ヒソヒソ


真姫「っ///」ボフン


にこ「うわ!真姫ちゃんが爆発した!」


絵里「ハラショー」


にこ「絵里お姉ちゃんは鼻血でてる!」


にこ「もうなんなのよぉお!!」

213: ◆6hEhgX163E 2016/05/06(金) 07:29:08.15 ID:fm/og5yk0
しばらくして


絵里「さぁ、次いきましょ」


にこ「どんだけ鼻血でるのよ…本気で心配したじゃない!」


絵里「これで倒れても本望よ」


にこ「何言ってるのよまったく」


真姫「ん〜」


にこ「あっ真姫ちゃん起きたみたいね」


真姫「……そうだ!にこちゃんとキス!キスしなきゃ!」


にこ「てい」チョップ


真姫「ヴェ」


真姫「あ、あれ?」


にこ「おはよう真姫ちゃん、やっと気が付いたわね」


真姫「……あっ///ごめんにこお姉ちゃん」


にこ「ふふっ♪いいわよ別に」ナデナデ



真姫「///」
214: ◆6hEhgX163E 2016/05/06(金) 07:30:38.04 ID:fm/og5yk0
絵里「……ねぇにこ」


にこ「ん?どうしたのよ」


絵里「……思ったんだけど、にこって真姫には凄く甘くないかしら?」


にこ「そう?別に普通よ」


絵里「嘘チカ!エリチカもにこーチカに甘えたいチカ!!」


にこ「なにがにこーチカよ…仕方ないわねほら」ナデナデ


絵里「ふふ♪」ニヘェ


にこ「(まったくなんて顔してるのよ)」


絵里「にこぉ♪」ギュ


真姫「にこお姉ちゃん♪」ギュ


にこ「ふふっ♪」ナデナデ
215: ◆6hEhgX163E 2016/05/06(金) 07:32:05.03 ID:fm/og5yk0

……
………

本屋


絵里「さて今度は本屋にきたわ」


真姫「丁度欲し買った本があるから探してくるわね」


絵里「なら私もちょっと亜里沙にお土産を買ってくるわ」


にこ「それじゃにこはここら辺適当に見て回るわね」


絵里「えぇ!それじゃまた後で連絡するからここで落ち合いましょ」


真姫「わかったわ!」


にこ「それじゃまた後でね」
217: ◆6hEhgX163E 2016/05/06(金) 15:14:02.58 ID:YhJ9AWi30
路地裏


にこ「ふぅ〜ん、ここら辺ってこんな風になってたのね…あれ?」


お菓子屋


にこ「こんなところにお菓子屋がある…こんな人目につかないところにあるなんて、ちょっと入ってみようかしら」


ガチャ


イラッシャイマセー


にこ「凄く良い雰囲気ね…瓶の中に綺麗な飴がいっぱい詰まってる、これ買ってこうかしら」
218: ◆6hEhgX163E 2016/05/06(金) 15:14:49.06 ID:YhJ9AWi30
ガチャ

???「あら?あなたはもしかして矢澤にこさん?」


にこ「え?」


???「やっぱりにこさんね!うふふ♪μ'sの動画で見たことあったけど本物に会えるとは思わなかったわ」


にこ「え、ファンの方?(帽子とサングラスしてるけど…どこかで見たような…まさか!?)」



???「ふふ確かにもうファンの一人かも♪」パサッ


にこ「まさか!あああA-RISEの」


???「ふふ♪」ピッ


にこ「ん!?」
219: ◆6hEhgX163E 2016/05/06(金) 15:15:31.47 ID:YhJ9AWi30
あんじゅ「お店の中だから静にね」


にこ「(A-RISEの優木あんじゅ!!!!しかも人差し指で口おさえられちゃった!!)」


あんじゅ「でもこんなところで会えるなんて思わなかったわ」


にこ「あ、あんじゅさんはなんでにこの事を?」


あんじゅ「μ'sの動画はA-RISEの皆でよく見ているわ、特にツバサなんてあなた達に凄く興味津々なのよ♪」


にこ「ほ、本当に!?(まさかA-RISEに一目置かれていたなんて)」
220: ◆6hEhgX163E 2016/05/06(金) 15:16:13.42 ID:YhJ9AWi30
あんじゅ「ふふっ、ねぇにこさん?」


にこ「え?あっはい!」


あんじゅ「ここでお話しするのもなんだし一緒に喫茶店にでも行きましょ」


にこ「い、いいんですか!?」


あんじゅ「勿論よ!ここで出会えたこと、私なんだか運命感じちゃったわ」


にこ「ありがとうございます!」


あんじゅ「同じ高校生なんだし敬語はいいわ、それに私の事はあんじゅちゃんって呼んでほしいなぁ」


にこ「わかり…わかったわ」


あんじゅ「ふふっ、私もにこちゃんって呼ぶわね♪それじゃ行きましょ」
221: ◆6hEhgX163E 2016/05/06(金) 15:16:57.43 ID:YhJ9AWi30
〜喫茶店〜

にこ「あんじゅちゃんはよくあのお菓子屋には行くの?」


あんじゅ「えぇ、あそこのお菓子屋は私がA-RISEに入る前からよく行ってるのよ、特に手作りの飴が凄く綺麗でよく買っているわ」


にこ「そうだったの(まさかあんじゅちゃんの行きつけのお店見つけちゃうなんて、凄くラッキーね!ふふ♪)」


あんじゅ「にこちゃんの笑顔ってとっても素敵ね」


にこ「えっ///」ドキッ


あんじゅ「μ'sの動画を見てて思ったのよ、もうそれから私にこちゃんの虜になっちゃって」


にこ「う、うそ!?」
222: ◆6hEhgX163E 2016/05/06(金) 15:17:40.37 ID:YhJ9AWi30
あんじゅ「だから今日偶然出会えた事は本当に嬉しくて♪」


にこ「にこもあんじゅちゃんと会えて嬉しいわ!」


あんじゅ「ありがとうにこちゃん♪そうだわ!連絡先交換しましょ」


にこ「えぇ!いいの!?」


あんじゅ「いいわよ!……はいこれよ」


にこ「ありがとうあんじゅちゃん!!(A-RISEのあんじゅちゃんと連絡先交換しちゃったぁぁあ!!!ど、どうするのよこれ!ドッキリ?もしかしてドッキリじゃないわよね)」



あんじゅ「……」ジィー


にこ「えへへ」テレテレ
223: ◆6hEhgX163E 2016/05/06(金) 15:18:44.76 ID:YhJ9AWi30
あんじゅ「……ねぇにこちゃん?」


にこ「はっ!どうしたのあんじゅちゃん?」


あんじゅ「ちょっと目をつぶっててくれるかしら?」


にこ「へ?別にいいけど」


あんじゅ「……」ウズウズ


にこ「(どうしたんだろう)」


プニ


にこ「にこっ!?」


あんじゅ「はぁ♪やっぱり」プニプニ



にこ「あ、あんじゅちゃん!?」



あんじゅ「にこちゃんの頬っぺたとっても柔らかくて気持ちいいわ!ずっと触ってみたいと思ってたのよ」プニプニ


にこ「や、やめてあんじゅちゃ…うにゅ」


あんじゅ「にこちゃんの頬っぺ最高ね♪」プニプニ


にこ「あ、ありがと」ムニー
224: ◆6hEhgX163E 2016/05/06(金) 15:19:28.07 ID:YhJ9AWi30

……
………


あんじゅ「さて、楽しい時間はすぐ過ぎちゃうわね」


にこ「え?」


あんじゅ「実は練習の休憩中に抜け出して来てたから…そろそろタイムアップなの」


にこ「そうだったの……あっ!にこの方も連絡すっごいきてる!」


あんじゅ「ここでお別れね」


にこ「えぇ、今日はありがとう」


あんじゅ「こちらこそ楽しかったわよ♪」
225: ◆6hEhgX163E 2016/05/06(金) 15:20:05.58 ID:YhJ9AWi30
真姫「あっいたわ!にこお姉ちゃん!!」


にこ「真姫ちゃん!絵里お姉ちゃん!」


絵里「にこ!連絡がなかったから心配したわ!……あら、あなたは確か」



あんじゅ「ふふっ♪それじゃにこちゃん」クイッ


にこ「へっ///」


えりまき「なっ!?!?」


あんじゅ「また今度、二人っきりでデートしましょ♪」ヒソヒソ


にこ「(み、耳元で囁かれて///)」


あんじゅ「バーイ♪」タッタッタッ
226: ◆6hEhgX163E 2016/05/06(金) 15:20:48.23 ID:YhJ9AWi30
にこ「///」


えりまき「……」ゴゴゴゴゴ


絵里「これはどういう事かしらにこ?」ゴゴゴゴゴ


真姫「にこお姉ちゃん?」ゴゴゴゴゴ



にこ「……えっ!あ、あれは偶然っていうか運命というか(錯乱)」



えりまき「にこ(お姉ちゃん)!!」ゴゴゴゴゴ



にこ「そ、そうだ3人でプリクラ撮り行きましょ!!まだ撮ってなかったでしょ、早く行きましょ!」タッタッタッ


真姫「あっ!逃がさないわよ!」ダッ


絵里「にこ!待ちなさい!」ダッ
227: ◆6hEhgX163E 2016/05/06(金) 15:21:28.60 ID:YhJ9AWi30
〜UTX学園〜


あんじゅ「ふふ〜ん♪」


ツバサ「あ、やっと戻ってきたわね」


英玲奈「休憩中は勝手に出掛けるなといつも言っているだろう?」


ツバサ「まぁ、いつも時間通りに帰ってくるわけだしいいじゃない」


英玲奈「だが万が一と言うことがある」


ツバサ「心配性ね」
228: ◆6hEhgX163E 2016/05/06(金) 15:22:05.60 ID:YhJ9AWi30
あんじゅ「ふふ♪二人とも心配してくれてありがとう」


英玲奈「ご機嫌だな、何かあったのか?」


あんじゅ「当たり!……運命って本当にあるのね♪」


ツバサ「どういうこと?」


あんじゅ「また今度教えてあげるわ、さぁ練習の続きしましょ」


あんじゅ「(ふふふ♪矢澤にこちゃん)」


あんじゅ「(あの後ろにいた二人は絵里さんと真姫さんよね…お姉ちゃんって言い合ってたりしてたけど……なんだか面白くなってきたわ)」
229: ◆6hEhgX163E 2016/05/06(金) 15:22:44.77 ID:YhJ9AWi30
ゲームセンター


にこ「もう、だから説明したでしょ!偶然あって会話しただけって」


絵里「本当にそうよね!変なことされてないわよね」


にこ「されてないわよ(頬っぺた触られたけど)」


真姫「むぅ」


にこ「まったく、何でそんなに心配してるのよ?」


真姫「うぅ、だって…」


にこ「はぁ…確かにA-RISEのあんじゅちゃんは憧れではあるわよ…」


にこ「でも……にこはあんた達の方が…///」ボソッ
230: ◆6hEhgX163E 2016/05/06(金) 15:23:22.20 ID:YhJ9AWi30
絵里「負けない、A-RISEには負けないわ!!」メラメラ


真姫「にこお姉ちゃんは私達の物よ!!」メラメラ


にこ「あの…二人とも聞いてる?」


えりまき「絶対に負けない!!」メラメラ



にこ「もう!いいからプリクラ撮るわよ!」


絵里「あっ、そうだったわ」


真姫「すっかり忘れてたわね」


にこ「まったく…それじゃ撮るわよ!二人とも分かってるわね?」


絵里「勿論よ!」


真姫「本当にするの?」


にこ「あれぇ?もしかして真姫ちゃんだけできないの?」
231: ◆6hEhgX163E 2016/05/06(金) 15:23:59.51 ID:YhJ9AWi30
真姫「で、できるわよそれくらい!!」


にこ「ふふん♪そうこなくっちゃ!それじゃいくわよ!」



3


2


1


にこまきえり「せーの」



にこまきえり「にっこにっこにー!」パシャ


絵里「(絶対に負けないわ)」


真姫「(にこお姉ちゃんは私達のなんだから)」



あんじゅ「(ふふふ♪あの二人には負けられないわね)」



続く
235: ◆6hEhgX163E 2016/05/30(月) 04:42:51.76 ID:SMCpc/Fy0
番外編「妄想!暴走!Printemps」


凛「お姉ちゃん遊ぼう!」ギュ


海未「きゃっ!?凛いきなり後ろから抱きつかないでください」


希「ふふっ、凛ちゃんは甘えん坊さんやね」



凛「海未お姉ちゃんも希お姉ちゃんも大好きにゃ!」スリスリ


海未「仕方ないですね」ナデナデ



花陽「むむむ」




絵里「にこぉにこぉ!」ギュー


真姫「にこお姉ちゃん」ギュ


にこ「あぁもう歩きづらいわよ!」ズリズリ


ことり「ふむふむ」

236: ◆6hEhgX163E 2016/05/30(月) 04:43:46.15 ID:SMCpc/Fy0

……
………


花陽「では緊急Printemps会議を始めたいと思います!!」


ことり「はい!花陽ちゃん」


ことり「最近皆がラブラブになってると思います!」


花陽「その通りです!!BiBiから始まりリリホワの三人も今ではすっかり仲良し姉妹!」


花陽「今μ'sは空前の姉妹ブームがおきてるんです!!」


ことり「ということは」


花陽「私達も…姉妹になりましょう!!」


ことり「花陽ちゃーん!!」


花陽「ことりお姉ちゃーん!!」


ことぱな「もう離さない!!」ギュ
237: ◆6hEhgX163E 2016/05/30(月) 04:44:51.65 ID:SMCpc/Fy0
穂乃果「別に無理して姉妹になる必要あるのかな?」


ことり「何言ってるの穂乃果ちゃん!姉妹ブームだよ!ことり達Printempsも姉妹になるべきだよ!(そしてあわよくば花陽ちゃんと穂乃果ちゃんとチュンチュンしたい!)」


穂乃果「あ、でも花陽ちゃんとことりちゃんは元から姉妹みたいだよね!」


花陽「はっ///」


ことり「確かに前から言われてるよね////」


穂乃果「うんうん!だから別に今更姉妹とかこだわらなくても」



花陽「そういう訳にはいかないよ!穂乃果ちゃん!!」クワッ


穂乃果「わわっ!?」


花陽「このままだと私達完全に遅れをとっちゃう!」


ことり「今私達に必要なのは姉妹道なの!!」


穂乃果「姉妹道?」


ことり「そう、姉妹道を極めて私達も素敵な姉妹になって甘々な姉妹ライフを過ごそう穂乃果ちゃん!!」
238: ◆6hEhgX163E 2016/05/30(月) 04:45:54.40 ID:SMCpc/Fy0
花陽「流石ことりちゃん!そうと決まれば早速行こう!」


ことり「うん!」


穂乃果「えっ?えぇ!?行くって何処に?」


花陽「それは勿論偵察だよ!」グイッ


ことり「一緒に姉妹道を学びに行こう」グイッ



穂乃果「うわーん!二人とも変なスイッチ入ってる!!」ズリズリ


〜生徒会室〜

真姫「にこお姉ちゃん、あーん」


にこ「まったく仕方ないわね、はい」


真姫「ん♪凄く美味しい!やっぱりにこお姉ちゃんの手作りのお弁当は最高ね!」パクッ


にこ「このスーパーアイドルにこにーが作った手料理なんだから美味しいのは当然よ♪」


絵里「ねぇにこ、私にも早く」


にこ「はいはい」


絵里「あーん♪ん〜ハラショー!美味しいわ!」



にこ「ふふっ♪」

239: ◆6hEhgX163E 2016/05/30(月) 04:46:39.81 ID:SMCpc/Fy0
ことり「わ〜相変わらず仲良しだねぇ」ヒョコ


花陽「普段は色々言ってるにこちゃんだけどこうして3人になると真姫ちゃんと絵里ちゃんにすっごく優しくなるよね」ヒョコ



穂乃果「こんな覗き見してていいのかな?」ヒョコ


ことり「きっと家とかだともっと凄いんだろうなぁ」


花陽「家だと…」



〜かよちん脳内〜


絵里「ほら、早く横になって」


にこ「ほ、本当にするの?」


絵里「勿論よ!普段にこにはお世話になってるし」


にこ「だからってマッサージなんて、部屋で水着とかも恥ずかしいし」


絵里「いいからいいから♪」


にこ「もう仕方ないわね、そこまで言うなら」
240: ◆6hEhgX163E 2016/05/30(月) 04:47:29.50 ID:SMCpc/Fy0
真姫「ふふっ、それじゃ始めるわよ」スッ


にこ「んっ…結構気持ちいいわね、真姫ちゃん上手」


真姫「ありがとう」


絵里「私は肩の方をするから、真姫は足をお願い」


真姫「わかったわ」グイッ


にこ「ひゃっ!?」


真姫「もうにこお姉ちゃん変な声出さないでよ」


にこ「ご、ごめん…ビックリしちゃって」


真姫「ふふ…」


絵里「ねぇ真姫、そろそろじゃない?」ボソッ


真姫「そうね…」ボソッ


にこ「ふぅ…ふぅ…(なんだろう…頭ぼーっとしてきた…)」ハァハァ


絵里「効いてきたみたいね」スルッ


にこ「え…なに?…なんで水着脱がすの?」


真姫「にこお姉ちゃん、今から凄く気持ちいいマッサージしてあげるから」


にこ「ほんとに?」


絵里「えぇ、だからにこはリラックスして私達に体を預けてちょうだい」


にこ「うん…二人ともお願い…」


えりまき「ふふ、いただきます♪」
241: ◆6hEhgX163E 2016/05/30(月) 04:48:10.05 ID:SMCpc/Fy0

……
………


花陽「最高です///」ドバッ


穂乃果「あわわ!花陽ちゃん鼻血出てる!?」


ことり「花陽ちゃん大丈夫!?」


花陽「はっ!だ、大丈夫です」フキフキ


ことり「でも、3人であんなに仲良しでいいなぁ」


花陽「BiBi姉妹は……家では凄いっと」φ(..)メモメモ


穂乃果「そういえば穂乃果達まだお昼ごはん食べてない!早く食べなきゃ!」


花陽「さぁ、次に行こう!」


ことり「穂乃果ちゃんも行こう」


穂乃果「ふぇぇまらパン食べへるのに〜」グイー
242: ◆6hEhgX163E 2016/05/30(月) 04:49:47.99 ID:SMCpc/Fy0
〜部室〜


凛「にゃ〜♪希お姉ちゃんの膝枕凄く気持ちいいにゃ〜」



希「ふふ♪そのまま寝ちゃってもええよ、授業始まる前にはちゃんと起こしてあげる」


凛「スヤァ…」


海未「ってもう寝てる!?」


希「今日も朝練早かったから疲れてたんかな?」


海未「仕方ありませんね」


希「海未ちゃんも今度膝枕してあげよっか?」


海未「えぇ///わ、私は別に」


希「遠慮せんでええよ」


海未「なら、今度お願いします////」


希「海未ちゃんはかわええなぁ♪」


海未「なっ///からかわないでください!」


希「うちは本当の事を言っただけやん♪」


海未「うぅ、希姉さんは意地悪です」

243: ◆6hEhgX163E 2016/05/30(月) 04:50:44.18 ID:SMCpc/Fy0
花陽「うぅ…凛ちゃん…可愛すぎるよぉ」グスン


ことり「花陽ちゃんどうしたの?」


花陽「うぅ、最近凛ちゃんと一緒にいる時間が少なくて…」グスン


ことり「そういえば凛ちゃん海未ちゃんと希ちゃんと一緒にいる事が多くなったもんね」


穂乃果「うんうん」モグモグ


花陽「あぁ、一緒にいる時間が帰る時ぐらいしかないし、凛ちゃん不足だよぉ」


ことり「ん〜(そういえばあの三人って普段何してるんだろう?)」


〜ことりちゃん脳内〜

凛「海未お姉ちゃんただいまー!!」


海未「凛、おかえりなさい!晩御飯ができているので先に手を洗ってきてください」


凛「はーい!」


希「凛ちゃんは今日も元気やね♪」


海未「元気過ぎるのも困りものですが」


希「とか言って海未ちゃんもいい顔してるよ」


海未「もう、姉さん!!」


希「ふふ♪」
244: ◆6hEhgX163E 2016/05/30(月) 04:51:28.37 ID:SMCpc/Fy0
凛「あぁー!そうだ!お姉ちゃん達!」


海未「どうしました凛?」


凛「ご飯食べ終わったら皆でお風呂入ろうよ!」


希「おっ、いいやん!」


海未「なっ!お風呂ですか/////」


凛「あれ?海未お姉ちゃん顔真っ赤にゃ」


海未「姉妹とはいえ一緒にお風呂は恥ずかしすぎます////」


希「ん〜?合宿の時は平気やったやん」


海未「うぅ…ですが」


凛「ほらほら!早くいこう!」


海未「ちょっとまってください!ご飯の後ではなかったのですかぁ!?」
245: ◆6hEhgX163E 2016/05/30(月) 04:52:17.44 ID:SMCpc/Fy0

……
………


凛「海未お姉ちゃんまだかにゃ?」


海未「ま、待ってください////」


希「海未ちゃんは恥ずかしがり屋さんやなぁ♪」


海未「あまりじろじろ見ないでください///」パサッ


凛「海未お姉ちゃんの肌すっごく綺麗にゃ!」ギュッ


海未「凛!!は、裸で抱きつかないでください!!!」


希「凛ちゃんその辺にしとかんと海未ちゃん爆発しちゃうよ?」


凛「は〜い…あれ?海未お姉ちゃんから凄くいい匂いがするにゃ」クンクン


海未「凛!いい加減にしないと怒りますよ」


凛「ん〜…ペロ」


海未「ひゃぁあ!?何をするんですか////」


凛「やっぱり!海未お姉ちゃんとっても甘いにゃ!」ペロペロ


海未「きゃっ///やめてください!」


希「どれどれ?」ペロ


海未「あっ///希姉さんまで!!」


凛「とくに首もとが美味しいにゃ!」


希「海未ちゃん!もうちょいじっとしててな♪」



海未「や、やめてくださぁぁあい!!」
246: ◆6hEhgX163E 2016/05/30(月) 04:53:03.82 ID:SMCpc/Fy0

……
………


ことり「やっぱり海未ちゃんはおやつだよね!!」


穂乃果「?」モグモグ


花陽「うぅ…凛ちゃん…私は凛ちゃんが幸せならそれで大丈夫だよ」グスグス


ことり「お風呂の中でも3人は…////」


花陽「凛ちゃん…凛ちゃん」グデー


キーンコーン


穂乃果「二人とも早く戻らないと授業始まっちゃうよー!」

247: ◆6hEhgX163E 2016/05/30(月) 04:53:49.93 ID:SMCpc/Fy0
〜放課後〜


にこ「どうしたのよ部室前に突っ立て?」


真姫「あ、にこお姉ちゃん実は部室に入れないのよ」


にこ「はぁ、いったいどういう事?」



Printemps会議中 開けるべからず



にこ「何よこれ!!」





〜部室〜


ことり「という訳でみんなの姉妹っぷりを見てきたわけだけど」


花陽「やっぱり今の私達には何か足りないよね」


ことり「ん〜なんだろう」
248: ◆6hEhgX163E 2016/05/30(月) 04:56:02.43 ID:SMCpc/Fy0
花陽「みんなが持ってて私達にないもの…」


ことぱな「ん〜」


穂乃果「だから無理に姉妹になる必要がないんじゃないかな?」


花陽「それだと遅れをとっちゃうよ!!」


穂乃果「そこだよ!おかしいなって思ってたのは」


ことり「どういう事?」


穂乃果「みんなのところに行って絵里ちゃん達も海未ちゃん達も心の底から姉妹だと思ってるでしょ?それを見て真似して何も意味ないよね?」


花陽「うん」


穂乃果「みんなそれぞれ大切に思ってるからそれが姉妹って形になったんだと穂乃果は思うな!」


ことり「穂乃果ちゃん」


穂乃果「だから最初から私達が姉妹になる必要なんてないんだよ…だってそういう形を無理に作らなくても私達すっごく仲良しだもん!!」


花陽「穂乃果ちゃん…」


ことり「穂乃果ちゃん…」


穂乃果「えへへ、面と向かって言うとちょっと恥ずかしいね」
249: ◆6hEhgX163E 2016/05/30(月) 04:56:46.55 ID:SMCpc/Fy0
ことぱな「ほ、穂乃果お姉ちゃん!!」


穂乃果「……え?」


ことり「穂乃果お姉ちゃん!ことりやっとわかったよ!」


花陽「私達のお姉ちゃんは穂乃果ちゃんだよ!!穂乃果お姉ちゃんにそう言われてやっと気がついたよ!」


穂乃果「えぇぇぇ!?何でそうなるの!別に無理に姉妹にする必要ないって言ったよね」


ことり「だからだよ!ことり穂乃果ちゃんの事、心の底からお姉ちゃんだと思ってる!」


花陽「もう形だけの姉妹にはこだわらない!そのうえで穂乃果ちゃんがお姉ちゃんだって気がついたんだよ!」


穂乃果「そ、そんなぁ!」


ことり「穂乃果お姉ちゃんは嫌だ?」オネガーイ


花陽「私達じゃ……だめかな」ウルウル
250: ◆6hEhgX163E 2016/05/30(月) 04:57:31.01 ID:SMCpc/Fy0
穂乃果「うっ……別に、いいよ」


ことぱな「やったー!!!」


穂乃果「うぅ、これからどうなっちゃうだろう…」







にこ「あんた達いつまで入ってるのよぉぉお!!」



続く
252: ◆6hEhgX163E 2016/06/01(水) 13:11:11.25 ID:sPrkyOTV0
「にこちゃんを追え!」


にこ「ふふ〜ん♪」


ことり「にこちゃんご機嫌だね!何かあったの?」


にこ「まぁ、ちょっとね♪」


海未「そろそろ練習始めますよ」


穂乃果「はーい!」


にこ「は〜い!」


絵里「(あやしい)」


〜練習終わり〜


海未「みんなお疲れさまです!明日はお休みなのでしっかり休んでください!」


「お疲れさまでした!」


凛「ねぇねぇ!海未お姉ちゃん!希お姉ちゃん!これから何処か食べに行こうよ」


希「お、ええやん!うちは賛成!」


海未「私もかまいませんよ」


凛「やったにゃー!かよちんも一緒に行こう!」


花陽「凛ちゃん!」パァ


真姫「にこお姉ちゃん、明日私達も何処か出掛けましょ?」


にこ「ごめんね、明日にこ用事があるのよ」


真姫「え…そうなの、わかったわ」


にこ「ごめんね真姫ちゃん、また今度行きましょ」


真姫「えぇ…」


にこ「それじゃにこ帰るわね、バイバイ真姫ちゃん」


真姫「…(あやしい)」
253: ◆6hEhgX163E 2016/06/01(水) 13:14:12.62 ID:sPrkyOTV0
〜帰り道〜


絵里「あれは絶対なにか隠しているわね」


真姫「にこお姉ちゃんずっとスマホみてニヤニヤしてたわ…」


絵里「ま、まさか浮気!?」


真姫「そんな…まさかにこお姉ちゃんが…」ガクッ


絵里「可能性は無くはないわ!きっと悪い人に騙されているのよ!!」



……
………


にこ「さて明日の晩御飯は何にしようかしら」



???「……」テクテク


にこ「(わぁ…あの金髪のお姉さん凄く綺麗ね、スタイルも良いし憧れるにこ)」


金髪の女性「あら?さっきからジロジロ見てどうしたのかしら?」


にこ「あ、すみません」


金髪の女性「もしかして私に見惚れていたのかしら?可愛いわね」サワッ


にこ「きゃっ!い、いきなりそんな////」


金髪の女性「ふふ♪私についてくればもっと良いことを教えてあげるけど?」


にこ「ついていきますお姉さまぁ////」トロン


金髪の女性「ハラショー」

………
……




絵里「だめよにこ!!そんな悪いお姉さんについてっちゃ!!」
254: ◆6hEhgX163E 2016/06/01(水) 13:15:39.11 ID:sPrkyOTV0
真姫「私達のにこお姉ちゃんを唆すなんて…許せないわ!」



……
………

にこ「はぁ、今日の練習も疲れたにこ…お腹減ったなぁ」


赤髪の少女「あら?そこのあなたとっても可愛いわね!」


にこ「え?にこの事?ありがとうにこー!」


赤髪の少女「ふふ♪ねぇ、今から家にこない?私が色々ご馳走してあげるわ」


にこ「どめどめどめ〜!にこは知らない人にはついて行かないにこ!」


赤髪の少女「あら、こんなところにキャンディーが…」


にこ「!!ほ、欲しいにこ!」


赤髪の少女「うふふ、はいどうぞ」


にこ「わ〜い!ありがとにこ!美味しい」ペロペロ


赤髪の少女「私の家にくればもっと美味しいものあるわよ」


にこ「行くにこ!」


赤髪の少女「ふふ、それじゃ行きましょ」

………
……


真姫「にこお姉ちゃぁぁぁあん!!!騙されちゃだめよ!家に行ってただで済むはずないわ!!」


絵里「真姫!こうなったら明日にこを尾行するわよ!」


真姫「えぇ、わかったわ!」


えりまき「にこ(お姉ちゃん)は私達が救って見せる!!」ゴゴゴゴゴゴ!!




幼女「ママ、あのお姉ちゃん達怖いよ」


母「目を背けては駄目よ!あれが女の戦いなのよ…そう私もそうやってあの子を手に入れたの……」


幼女「あの子って?」

255: ◆6hEhgX163E 2016/06/01(水) 13:16:42.49 ID:sPrkyOTV0
〜翌日〜


にこ「ふぅ、少し早く着きすぎちゃったかしら?」



コソコソ


絵里「誰か待ってるみたいね」


真姫「ねぇ、絵里お姉ちゃん…」


絵里「何によ真姫?」


真姫「どうして私達こんな格好してるの?」(サングラス&マスク&コート)


絵里「あら、にこから教えてもらった絶対にバレない変装よ!」


真姫「暑いわ…」


絵里「我慢しなさい、これもにこを守るためよ」


真姫「ヴェエ」
256: ◆6hEhgX163E 2016/06/01(水) 17:46:15.73 ID:sPrkyOTV0
???「お待たせにこちゃん」


にこ「あ、大丈夫よ!にこも今来たところだから」


あんじゅ「そう?ならよかったわ」



えりまき「優木あんじゅ!?」


真姫「どうしてあの人が!」


絵里「そういえば一緒に遊びに行った時に親しそうにしてたわね」


真姫「まさかA-RISEもにこちゃんを狙ってたなんて」


絵里「中々の強敵ね」
257: ◆6hEhgX163E 2016/06/01(水) 17:46:54.63 ID:sPrkyOTV0
にこ「でもびっくりしたわ、いきなりメールで明日にこと遊びに行きたいだなんて」


あんじゅ「今日は丁度オフだったのよ、それでにこちゃんとお出掛けしたいなって思ってね」



にこ「誘ってくれてありがとうあんじゅちゃん!とても嬉しいわ!」


あんじゅ「私も楽しみにしてたわ♪」





真姫「もう!にこお姉ちゃんあんなにデレデレして」



絵里「真姫、今は我慢よ!!」


真姫「ふん」
259: ◆6hEhgX163E 2016/06/02(木) 12:22:51.18 ID:NKYQtwJi0
にこ「それで今日はどこに行くの?」



あんじゅ「ふふ、今日はちょっと行ってみたかった所があるの」


プップー


あんじゅ「来たみたいね、さぁにこちゃん乗って」



にこ「えぇ!これってリムジン!?」



あんじゅ「今日は特別にこれに乗って向かうわ」



にこ「UTXもそうだけどA-RISEって凄いのね」


あんじゅ「気に入ってもらえたかしら?」


にこ「でもにこが乗ってほんとに大丈夫かしら?」


あんじゅ「大丈夫よ、にこちゃんの事は大事なお友達なんだからな」



にこ「あ、ありがとう////」
260: ◆6hEhgX163E 2016/06/02(木) 12:23:43.67 ID:NKYQtwJi0
絵里「あ、車で移動するみたいだわ…尾行はもうできなそうね…」



真姫「大丈夫よ絵里お姉ちゃん!こんなこともあろうかと車は手配してあるわ!」



ブッブー


絵里「ハラショー!流石よ真姫!!」


真姫「さぁ、にこお姉ちゃんを追い掛けるわよ!!あのリムジンを追って!」



真姫パパ「あの…真姫?どうしてもお願いしたいことがあるって言ったから今日は無理に病院を休んできたんだが…」



真姫「ありがとうパパ!早く追いかけて!」


真姫パパ「ぬ…ぬぅ…」
261: ◆6hEhgX163E 2016/06/05(日) 01:45:34.10 ID:oO3oz4t40
〜移動中〜


あんじゅ「こうして友達と遊びに行くのは久々で凄くワクワクしてるわ」


にこ「え、でもA-RISEのメンバーとは?」


あんじゅ「勿論よく遊んだりするわ!でも学校やメンバーとか関係なく誰かと遊ぶのは久々なの」


にこ「そうだったの」


あんじゅ「ツバサ達と遊ぶのとはまた違った感じよ」


にこ「にこもいつもあの二人と一緒だしたまにはいいわね」


あんじゅ「今日は思う存分楽しみましょ」





〜真姫パパの車〜


真姫「もっとスピードでないの?」


真姫パパ「これ以上は無理だ」


絵里「真姫、少し落ち着かなさい!」


真姫「でも!……わかったわ」


絵里「いい子ね」ナデナデ
262: ◆6hEhgX163E 2016/06/05(日) 01:46:47.30 ID:oO3oz4t40

……
………


〜遊園地〜


あんじゅ「着いたわ!」


にこ「あんじゅちゃんが行きたかったのって遊園地だったの!?」


あんじゅ「そうよ!あまりこういう所来たことなかったからにこさちゃんと行ってみたかったのよ!はいチケットよ」


にこ「そうだったのね」




真姫「着いたは!」


絵里「まさか遊園地だったなんて」


真姫「あとを追うわよ!」



真姫パパ「ちょっと待ってくれ!パパはどうしてれば」


真姫「終わるまでここで待ってて!!」


真姫パパ「なんだって!?」



真姫「絵里お姉ちゃん行くわよ!」ダッ


絵里「車ありがとうございました!」ダッ


真姫パパ「……」ポツーン

263: ◆6hEhgX163E 2016/06/07(火) 03:23:08.16 ID:G6rVirWr0
にこ「さて、どこから行こうかしら」


あんじゅ「そうね、あれなんてどうかしら?」


にこ「いきなりジェットコースター!?」


あんじゅ「1度乗って見たかったのよ!」


にこ「そ、そうなの」


あんじゅ「あら?もしかしてにこちゃんはジェットコースター苦手だったかしら?」


にこ「に、苦手じゃないわよ!あのくらい余裕よ!!……はっ」


あんじゅ「ふふ♪にこちゃんって面白いわね」


にこ「にこぉ…」




コソコソ


絵里「二人が移動するわ!」


真姫「何かアトラクションに乗るみたいね…行くわよ!」
264: ◆6hEhgX163E 2016/06/07(火) 03:23:48.11 ID:G6rVirWr0
ジェットコースター


にこ「…結構登るのね」


あんじゅ「あぁ凄く楽しみ!」ワクワク



絵里「ねぇ真姫…乗って気付いたけどこれって…」


真姫「ジェットコースターよね……」




ゴォォォオ!!!!



にこ「きゃぁぁぁあ!!!!!」


あんじゅ「きゃー♪」



絵里「ぎゃぁぁぁあ!!!!!」



真姫「……」(失神)
265: ◆6hEhgX163E 2016/06/07(火) 03:24:56.72 ID:G6rVirWr0

……
………


あんじゅ「うふふ♪楽しかったわ」


にこ「はぁ…はぁ…あんじゅちゃんって凄いのね」


あんじゅ「ふふ、もう1回乗っちゃおうかしら」


にこ「えぇ!?」


あんじゅ「冗談よ♪次行きましょ」


にこ「あ、あんじゅちゃん待って!」





絵里「真姫大丈夫!?」


真姫「にこお姉ちゃんが二人に見える…」




あんじゅ「次ぎはこれに乗って見たいわ」



にこ「メリーゴーランドね、いいわよ」


あんじゅ「それじゃ行きましょ♪」


スタッフ「二人乗りでよろしいでしょうか?」


あんじゅ「大丈夫です」


にこ「えぇ!?二人乗り」


あんじゅ「にこちゃんが前に座ってね」


にこ「まぁ、別にいいわよ」




絵里「次はメリーゴーランド見たいね」



真姫「そう、助かっ……別に私はジェットコースターでもよかったわ!」


絵里「真姫?」
266: ◆6hEhgX163E 2016/06/07(火) 03:25:45.25 ID:G6rVirWr0
真姫「失神なんてしてないわよ!あれは…そうよ!暇すぎて寝てただけよ!」



絵里「真姫…もう大丈夫よ」ナデナデ


真姫「うぅ……」グスン




あんじゅ「ゆったりできる乗り物もいいわね」


にこ「そ、そうね////」


あんじゅ「どうしたのにこちゃん?」ギュッ


にこ「なんでそんなにくっついてるの?」



あんじゅ「だってそうじゃないと落ちちゃうわ、それとも…にこちゃんは私にくっつかれるのは嫌?」


にこ「そんな事ないわ!」


あんじゅ「よかった!ありがとうにこちゃん」ギュッ


にこ「うぅ///」




幼女「ママ!あのお姉ちゃん達すっごく仲良しだよ!」


母「そうね、あの頃が懐かしいわ…」


幼女「あの頃って〜?」

267: ◆6hEhgX163E 2016/06/07(火) 03:26:53.12 ID:G6rVirWr0
絵里「…」ゴゴゴゴゴゴ!!


真姫「…」ゴゴゴゴゴゴ!!



スタッフ「(こんな殺気出しながらメリーゴーランド乗ってる人初めて見た…)」





にこ「結構遊んだわね!」


あんじゅ「そうね、そろそろお昼にしましょう」


にこ「賛成!」


あんじゅ「それじゃあ私は注文してくるわね」


にこ「あ、その事なんだけど今日はお弁当作ってきたのよ」


あんじゅ「え、本当に!」


にこ「えぇ!あんじゅちゃんの口に合うかわからないけど」


あんじゅ「にこちゃんのお弁当を食べられるなんて嬉しいわ!」


にこ「ふふ、はいあんじゅちゃんの分」


あんじゅ「ありがとう♪」






真姫「うぅ…にこお姉ちゃんのお弁当…羨ましい…」


絵里「凄く美味しそうね」グゥ
268: ◆6hEhgX163E 2016/06/07(火) 03:27:29.62 ID:G6rVirWr0
あんじゅ「ん〜♪凄く美味しいわ」


にこ「喜んで貰えてよかったわ!」



あんじゅ「特にこの卵焼きは絶品ね!毎日食べたいくらいだわ」


にこ「ふふん♪」




絵里「…私達もなにか注文しましょう」


真姫「そうね…」



こうして一時休戦?
271: ◆6hEhgX163E 2016/06/09(木) 16:42:47.83 ID:s9ATrNHb0
にこ「さて、お昼も済んだことだし次はどこに行こうかしら」



あんじゅ「次はあそこがいいわ!」



にこ「ん?」



お化け屋敷



にこ「お、お化け屋敷ね…」


あんじゅ「お化け屋敷って1度でいいから入ってみたかったのよ♪」


にこ「あ、あははは…そうね」


あんじゅ「もしかして、にこちゃんお化け屋敷苦手だったかしら?」



にこ「よ、余裕よ!お化け屋敷で怖がったことなんてないんだから!」


あんじゅ「にこちゃん強いのね!それじゃエスコートして貰おうかしら♪」


にこ「え、えぇ!?」


あんじゅ「うふふ、それじゃ行きましょうか」



にこ「あ、ちょっと待ってあんじゅちゃぁぁあん!!」
272: ◆6hEhgX163E 2016/06/09(木) 16:43:37.99 ID:s9ATrNHb0
真姫「あの二人、今度はお化け屋敷に入ってったわね」


絵里「そ、そうね…」



真姫「あとを追うわよ!」


ガシッ


真姫「ってどうしたのよ?」



絵里「えっと…お化け屋敷はやめない?」



真姫「どうしたのよ絵里お姉ちゃん!お化け屋敷って言ったら真っ暗なとこどさくさに紛れて色々できるのよ!!羨ま…じゃなくて何か起きる前ににこお姉ちゃんを救出よ!」



絵里「えぇそうね…真っ暗なとこ…」


真姫「もしかして…怖いの?」



絵里「そ、そそそそそんな事ないわよ」


真姫「…」


絵里「…」


真姫「まぁ、いいわ行きましょう」



絵里「うん…」
273: ◆6hEhgX163E 2016/06/09(木) 16:45:24.35 ID:s9ATrNHb0
お化け屋敷


にこ「ほんと真っ暗ね」


あんじゅ「雰囲気出てていいわね」



おばけ「ばぁ!」



にこ「きゃっ!?」


あんじゅ「おっと」ギュッ


にこ「あ////」


あんじゅ「ふふ♪大丈夫だった?」


にこ「大丈夫よ///」


あんじゅ「うふふ」




真姫「むぅ…絵里お姉ちゃん…私もう我慢できないわ!!にこお姉ちゃんのとこに行く!」


ガシッ


真姫「もう何よ!」



絵里「真姫…ごめん、もうちょっと待ってて…足が動かない」ガクガク


真姫「全くもうこんな時に、しっかりしなさいよ!」


絵里「そんなこと言われても…」



おばけ「ばぁ!」


絵里「きゃぁぁぁあ!?!?」グイッ


真姫「ちょっ!そんなに引っ張らないで!!」


絵里「ごめんなさいごめんなさーい!!!!」グイー


真姫「だ、ダレカタスケテェェエ!!」





274: ◆6hEhgX163E 2016/06/09(木) 16:46:04.31 ID:s9ATrNHb0
あんじゅ「あら?」


にこ「どうしたの?」


あんじゅ「今聞き覚えがある声が聞こえたような…」


にこ「…」


あんじゅ「気のせいかしら」


にこ「そんなことより早く行きましょ」


あんじゅ「えぇ」



……
………


絵里「はぁ…はぁ…」


真姫「まさか絵里お姉ちゃんがここまでお化け屋敷苦手だったなんて」


絵里「仕方ないじゃない…怖いものは怖いチカ」ガクガク


真姫「はぁ…」ナデナデ


絵里「ん〜」
275: ◆6hEhgX163E 2016/06/09(木) 16:46:48.12 ID:s9ATrNHb0
あんじゅ「楽しかったわね♪」


にこ「あんじゅちゃんほとんど驚いてなかったわね」


あんじゅ「隣のにこちゃんが私の分まで驚いてくれたから大丈夫よ」


にこ「それどういう意味よー!」


あんじゅ「ふふ、次はあれ行きましょ!」


にこ「ゴーカートね、いいわよ!」





絵里「真姫!にこ達が移動するわ、追うわよ!!」


真姫「立直り早いのね」
276: ◆6hEhgX163E 2016/06/09(木) 16:47:27.47 ID:s9ATrNHb0
ゴーカート



にこ「さぁて…飛ばすわよ!」


あんじゅ「はーい♪」





真姫「絶対に見失っちゃ駄目よ!」



絵里「まかせなさい!」



GO


にこ「意外と速いのねこれ」


あんじゅ「風が気持ちいいわ」
277: ◆6hEhgX163E 2016/06/09(木) 16:48:09.34 ID:s9ATrNHb0
真姫「もぉ何してるのよ」


絵里「だって…」


真姫「みんな追い抜いてどうするのよ!」


絵里「一旦はじっこで止まるわ」


ピョコ


真姫「いたわ!あのツインテールは間違いなくにこお姉ちゃんよ」


絵里「隣のふわふわな髪の毛はあんじゅさんね…行くわよ!」
278: ◆6hEhgX163E 2016/06/09(木) 16:48:49.01 ID:s9ATrNHb0
その頃


にこ「ふぅ…結構楽しかったわね」


あんじゅ「にこちゃんの運転してる姿格好よかったわ」


にこ「にこは格好いいじゃなくて可愛いっていうか」


あんじゅ「格好よくて可愛いなんて素敵よ」


にこ「う////」


あんじゅ「それにしてもすっかり日がくれちゃったわね」


にこ「そうね…今日は遊びに誘ってくれてありがとね」


あんじゅ「どういたしまして、凄く楽しかったわ」


にこ「にこもよ」


あんじゅ「ねぇ、最後に乗りたいものがあるんだけどいいかしら?」
279: ◆6hEhgX163E 2016/06/09(木) 16:49:37.66 ID:s9ATrNHb0

……
………


真姫「…ねぇ、にこお姉ちゃん達いつまでゴーカートに乗ってるのかしら?」


絵里「少し近づいて様子を見ましょう」





母「もう、いつまで乗ってるの?」


幼女「いやだー!まだ乗るもん」


母「困ったわね」




絵里「…」


真姫「…」



えりまき「(ひ、人違いだったぁぁあ!!!)」



真姫「あのぴょんぴょこぴょんぴょん可愛いツインテールは完全ににこお姉ちゃんかと思ったのに…」


絵里「いそいで降りるわよ!」

280: ◆6hEhgX163E 2016/06/09(木) 17:51:20.15 ID:CO17nx5D0
観覧車


にこ「いい眺めね」


あんじゅ「ねぇにこちゃん」


にこ「どうしたの?」


あんじゅ「私、どうしてもあなたに伝えたいことがあるの」


にこ「え?」


あんじゅ「…私は初めてにこちゃんに会ったときから、初めてあなたを見た瞬間からにこちゃんの事が好きになったの!」


にこ「あんじゅちゃん…」


あんじゅ「だからお願い…私の恋人になって欲しいわ!!」


にこ「…ありがとうあんじゅちゃん…凄く嬉しいわ」
281: ◆6hEhgX163E 2016/06/09(木) 17:53:47.27 ID:CO17nx5D0

……
………


絵里「はぁ…結局にこは見つからなかったわね」


真姫「今頃にこお姉ちゃんどうしてるのかしら」


絵里「ねぇ真姫…今日こうしてにこの事を追いかけてたけど…ほんとに良かったのかしら」


真姫「どうしたのよ急に?」


絵里「あんじゅさんと一緒にいるときのにこ…凄く幸せそうだったわ」


真姫「…」


絵里「もし私達がにこの邪魔をしてしまってるなら…もうこんな事やめましょ」


真姫「…それでいいの?」


絵里「…にこが幸せなら私は」


にこ「にこの幸せを勝手に決めないでほしいんだけど」
282: ◆6hEhgX163E 2016/06/09(木) 17:55:07.13 ID:CO17nx5D0
絵里「にこ!?」


真姫「にこお姉ちゃん!!」


にこ「まったく何話してるかと思えば…」


絵里「いつからいたの?」


真姫「と言うかいつから気づいてたのよ」


にこ「最初からよ…あんな格好して目立たないわけないでしょ」


絵里「この変装はにこから教わったのよ!」


にこ「うっ…あんた達の変装技術がなってないのよ!」


絵里「…あんじゅさんは?」


にこ「もう帰ったわよ…ねぇ、二人に大事な話があるんだけどいいかしら?」
283: ◆6hEhgX163E 2016/06/09(木) 17:56:07.53 ID:CO17nx5D0
真姫「え?」


にこ「…ふぅ…お願い二人とも!にこの恋人になってください!」



真姫「…え?」


絵里「…いま、何て言ったの?」


にこ「だからにこの恋人になってって言ったのよ」


えりまき「え、えぇぇえ!?!?」


絵里「恋人ってあの恋人よね!!」


真姫「嘘じゃないわよね!」


にこ「にこは嘘つかないわよ…待たせて悪かったわね」


真姫「にこお姉ちゃん」ギュッ


絵里「にこ!」ギュッ


にこ「もう、仕方ないわね」
284: ◆6hEhgX163E 2016/06/09(木) 17:57:00.52 ID:CO17nx5D0
真姫「…でも、どうして?」


絵里「てっきり私達、にこに嫌われちゃったのかと思ってたの」


にこ「えぇ、なんでそうなるのよ?」


絵里「だって最近私たちの事避けてるような気がして…」


真姫「目もちゃんと合わせてくれないじゃない」


にこ「うっ…それは…その///」


真姫「どうしてなの?」


絵里「さぁ、にこ白状なさい!」


にこ「今はいいでしょ!!それよりまだ返事聞かせてもらってないんだけど」



真姫「そんなの」


絵里「いいに決まってるじゃない!」


にこ「そう、嬉しいわ」
285: ◆6hEhgX163E 2016/06/09(木) 17:59:34.38 ID:CO17nx5D0
真姫「にこお姉ちゃん!」チュッ


にこ「なぁ/////ちょっとにこのファーストキス////」


真姫「いいじゃない、もう恋人同士なんだし」




絵里「あ、真姫!抜け駆けはずるいわよ」チュッ


にこ「ちょ、ちょっといきなり過ぎない!?////」


絵里「あら、もう恋人同士よ」ジリジリ


真姫「なんの問題もないわ!!」ジリジリ


にこ「にこはもっとムードとか…てかなんで徐々に迫ってくるのよ…」


絵里「さぁ、にこもっと恋人らしいことしましょ」ハァハァ


真姫「大丈夫よ!私たちに任せなさい」


にこ「まかせられないわよ!何ですぐこうなるのよぉぉお!!」ダッ


絵里「待ちなさいにこ!」


真姫「絶対に逃がさないんだから!!」
286: ◆6hEhgX163E 2016/06/09(木) 18:00:29.23 ID:CO17nx5D0

……
………


にこ「あんじゅちゃんの気持ちは嬉しいけど…ごめん恋人にはなれないわ」


あんじゅ「…あの二人?」


にこ「うん」


あんじゅ「はぁ…やっぱりあの子達には勝てなかったか」


にこ「ごめんねあんじゅちゃん、あんじゅちゃんの事は大好きよ…でもそれはアイドルとして友人として好きなの」


あんじゅ「にこちゃんに大好きって言われただけいいわね…はぁ、私も音ノ木坂に入学すればよかったわ」


にこ「多分、そうだったとしても…私はあの二人を選んでるかもしれない」


あんじゅ「え?」


にこ「なんだかそんな気がするの…たとえあんじゅちゃんと先に出会ったとしても、私はあの二人の事を好きになってたと思うわ」


あんじゅ「ふぅ〜ん…それってもう運命とかそんな感じよね、最初から私に勝ち目なかったってことね」
287: ◆6hEhgX163E 2016/06/09(木) 18:01:22.46 ID:CO17nx5D0
にこ「ごめんねあんじゅちゃん」


あんじゅ「だ〜め、許さない」


にこ「う…」


あんじゅ「…目をつむってくれる?」


にこ「え?」


あんじゅ「早くしなさい」


にこ「うん(ひっぱたかれるのかしら…当然よね…)」


あんじゅ「それじゃこれで許してあげる…いくわよ」


にこ「うん」


チュッ


にこ「へ?」


あんじゅ「うふふ♪にこちゃんのほっぺおいしかったわ♪」


にこ「えっと////」


あんじゅ「やっぱりにこちゃんは可愛いわね♪」


にこ「もう///当たり前よ!!」


あんじゅ「ふふ、そろそろ観覧車終わっちゃうわね」


にこ「そうね」
288: ◆6hEhgX163E 2016/06/09(木) 18:02:23.50 ID:CO17nx5D0
あんじゅ「私はこの観覧車を降りたら帰るわ、にこちゃんはずっと私達の後を追いかけてた心配性なお姉さんと妹さんを安心させてくるといいわ」


にこ「やっぱりわかってたのね」


あんじゅ「面白かったわ♪」


にこ「全くあいつらったら」


あんじゅ「いいわね、姉妹仲良くて♪」


ガチャ


スタッフ「お疲れさまでした!お気を付けてお降りください」



あんじゅ「さて、今日は本当に楽しかったわ…ありがとうにこちゃん」


にこ「にこも楽しかったわ!また遊びましょう!」


あんじゅ「えぇ、その時を楽しみに待ってるわ♪バーイ」


にこ「ばいばい!…さて私はあの二人探しに行きましょ」
289: ◆6hEhgX163E 2016/06/09(木) 18:03:45.84 ID:CO17nx5D0
UTX


ガチャ


英玲奈「ん?あんじゅか、随分遅かったな」


あんじゅ「ふふ、ちょっとね」


英玲奈「…」


あんじゅ「どうしたの?」


英玲奈「何かあったのか?」


あんじゅ「別に…何もないわ、少し遊び疲れちゃったかも」


英玲奈「…無理はよくないぞ」



あんじゅ「無理なんてしていないわ…」


英玲奈「なら、なんで泣いているんだ」
290: ◆6hEhgX163E 2016/06/09(木) 18:05:00.02 ID:CO17nx5D0
あんじゅ「え?」ツー


あんじゅ「な、なんで…なんで涙なんか…」ポロポロ


英玲奈「…あんじゅ」ギュッ


あんじゅ「…う…うわぁぁぁあん!!」ポロポロ


あんじゅ「本気で…本当に好きだったの…あんな気持ちになったの初めてだったの!!」ポロポロ


英玲奈「…」ナデナデ


あんじゅ「うわぁぁぁん!!」
291: ◆6hEhgX163E 2016/06/09(木) 18:09:13.80 ID:CO17nx5D0
にこ「はぁ、なんで手を繋いで帰るのよ」


絵里「良いじゃない♪」


真姫「別に今日が初めてじゃないんだし♪」



にこ「ほんと困った妹とお姉ちゃんね、帰りにどこか食べに行く?」


真姫「私はにこお姉ちゃんの手作りがいいわ!」


絵里「真姫に賛成!」


にこ「仕方ないわね!それじゃ早く帰ってしたくしましょう、勿論二人も手伝うのよ!」



えりまき「はーい♪」



つづく









真姫パパ「私はいつまで待ってればいいんだ?」
293: ◆6hEhgX163E 2016/06/11(土) 03:23:55.00 ID:Q1l/Xt680
「卒業してもずっと一緒」



生徒会室


にこ「なんだ…こんなところにいたのね」


絵里「にこ…」


にこ「みんな部室で待ってるわよ」


絵里「えぇ…今行くわ」


にこ「…そういえば私達の関係も、ここから始まったのよね」


絵里「ふふ、そうね」


にこ「全く、あの時は本当にどうしようかと思ったわよ」


絵里「でもにこはそんな私を受け入れてくれたわよね」


にこ「うっ////うるさいわね!」
294: ◆6hEhgX163E 2016/06/11(土) 03:24:44.70 ID:Q1l/Xt680
絵里「本当に色々なことがあったわ」


にこ「ラブライブ優勝…皆で作ったスクールアイドルの曲」


絵里「そして私達μ'sの最後のライブ」


にこ「ほんと、この1年の間でいろんな事がありすぎよ」


絵里「今日でこの学校ともお別れね…」


にこ「ねぇ絵里お姉ちゃん…」


絵里「なに?」


にこ「ありがとう…」


絵里「どうしたのよ急に」


にこ「私だけしかいなかった時にアイドル研究部を残してくれて」


絵里「え?」
295: ◆6hEhgX163E 2016/06/11(土) 03:25:26.05 ID:Q1l/Xt680
にこ「希から聞いたわ、部員が1人だけなら廃部にした方がいいって…話があったんでしょ?」


にこ「その時お姉ちゃんが反対してくれたのよね?」


絵里「もう、希ったら…確かにそうよ、たとえ1人になっても舞台に立ち続けるにこを見てたら…途中でバレエを投げ出してしまった私もにこの様に最後まで舞台に立ててれば…そう思うようになったの」


にこ「絵里…」


絵里「お礼を言うのは私の方よ…にこやみんなから私は色々なものを貰ったわ」ギュッ


にこ「それはにこも同じよ…」ギュッ


絵里「にこ…」


にこ「絵里お姉ちゃん…」
296: ◆6hEhgX163E 2016/06/11(土) 03:26:06.00 ID:Q1l/Xt680
ガチャ


海未「二人とも!こんなところに…はっ////」


ことり「どうしたの海未ちゃ…チュン////」



花陽「おおおおお!!!」



にこ「あっ///これは違うの///!!」


絵里「あとちょっとだったのに」


にこ「なに言ってるのよ!!」


海未「ななななな何をしてるんですか学校ですよ!!」プシュー


ことり「海未ちゃん顔真っ赤だよ」


花陽「どうぞ、私達の事は気にしないで続きを////」


絵里「そうね、それじゃ続きをしましょう」クイッ



にこ「だああああ!!しないわよ!!早く部室行くわよ!!」
297: ◆6hEhgX163E 2016/06/11(土) 03:27:32.38 ID:Q1l/Xt680
部室

穂乃果「ぅ絵里ちゃぁぁあん!!!」ボロボロ


凛「にこちゃぁぁあん!!!」ボロボロ


にこ「もう凛!くっつき過ぎよ!」


凛「だってぇぇぇえ!!」


絵里「穂乃果、音ノ木坂の事頼んだわよ」ナデナデ


穂乃果「うん!」ギュッ



海未「希姉さん…」


希「どうしたん?海未ちゃん」


海未「今日は希姉さんの家に泊まりに行ってもよろしいですか?」


希「ふふ♪勿論ええよ」


海未「ありがとうございます!今日だけは…いっぱい甘えたいです///」


希「今日だけやなくていつでも甘えてくれてええよ」


海未「姉さん///」


凛「あ!凛も希お姉ちゃんの家でお泊まりするにゃー!!」ギュッ


希「勿論ええよ!」


凛「わーい!」
298: ◆6hEhgX163E 2016/06/11(土) 03:28:11.97 ID:Q1l/Xt680
にこ「あら?そういえば真姫ちゃんは?」


花陽「あれ、さっきまでいたような…」


希「真姫ちゃんならえりち達がくる少し前にお手洗いに行くゆうてたけど…」


にこ「まぁ、どこにいるかは大体わかるんだけどね」




音楽室

にこ「真姫ちゃんいるんでしょ?」


真姫「…いないわよ…」


にこ「入るわね」


ガチャ

真姫「入ってこないで!」
299: ◆6hEhgX163E 2016/06/11(土) 03:28:55.90 ID:Q1l/Xt680
にこ「そんな隅っこで何してるのよ?」


真姫「…」


にこ「隣、座っていい?」


真姫「…好きにすれば」


にこ「なら好きにするわ」ギュッ


真姫「なっ///なんで抱き締めるのよ///」


にこ「好きにすればって言ったじゃない」


真姫「うぅ///」


にこ「真姫ちゃん泣いてたの?」


真姫「泣いてなんかないわよ!」


にこ「目が真っ赤になってるわよ?」


真姫「泣いてなんか…泣いてなんか…グスン…ないわよ…」ポロポロ


にこ「真姫ちゃん」ギュッ
300: ◆6hEhgX163E 2016/06/11(土) 03:29:48.06 ID:Q1l/Xt680
真姫「うぅ…うぇぇえん!」ギュッ


にこ「よしよし」ナデナデ


真姫「なんで…グスン…なんで卒業しちゃうのよ…」


にこ「仕方ないでしょ、それに最後のお別れじゃないんだから」


真姫「いやよ!にこお姉ちゃんと絵里お姉ちゃんがいない学校なんて…いや!」


にこ「真姫ちゃん…卒業した後でもいっぱい会えるわよ」


真姫「なんでにこお姉ちゃん卒業できるのよ!」


にこ「ちょっとそれどういう意味よ」


真姫「留年しなさいよ!」


にこ「無茶言わないでよ!!」


真姫「うっ…もっと一緒にいたい…お願いお姉ちゃん…一人にしないで…」


にこ「真姫ちゃんは一人じゃないわ!みんないつでもどんな時も一緒よ!」
301: ◆6hEhgX163E 2016/06/11(土) 03:30:31.33 ID:Q1l/Xt680
真姫「うん…ごめん…落ち着くまで…抱き締めて…」ギュッ


にこ「いいわよ…落ち着くまでいつまでも抱き締めてあげる…」ギュッ



……
………


凛「あ、真姫ちゃん帰って来た!」


ことり「大丈夫だった真姫ちゃん?」


真姫「えぇ、もう大丈夫よ」


にこ「ほんと、手のかかる妹だわ」


真姫「ありがとう…にこお姉ちゃん」


にこ「どういたしまして」ニコ


穂乃果「うわー!にこちゃん今まで一番優しい笑顔だったよ」


にこ「なに言ってるのよ、にこはいつでもキュートで優しい笑顔よ」
302: ◆6hEhgX163E 2016/06/11(土) 03:31:16.78 ID:Q1l/Xt680
凛「それにしてもにこちゃんが大学進学できるなんて思わなかったにゃ」


にこ「あんた喧嘩売ってるの?つねるわよ!」ホッペツネー


凛「ひたい〜もうつねってるにゃ〜」


穂乃果「でもほんと凄いよね!確か絵里ちゃんと同じ大学だよね」


絵里「ふふ、そうよ!私と希がみっちりにこに勉強を叩き込んだんだもの!」


にこ「はぁ…思い出したくないわ」


絵里「卒業したあともずっと一緒よ!」


真姫「…(羨ましいわ)」
303: ◆6hEhgX163E 2016/06/11(土) 03:32:13.63 ID:Q1l/Xt680
にこ「さて、そろそろ時間ね…」


穂乃果「そうだ!皆で写真撮ろうよ!」


希「おっ!ええやん!」


にこ「いいわね!」


花陽「カメラの用意はばっちりだよ!」


穂乃果「ほらほら皆ならんで!」


にこ「それじゃ、みんな掛け声はいいわね!」


「μ's!ミュージックスタート!!」



パシャ
304: ◆6hEhgX163E 2016/06/11(土) 03:34:21.30 ID:Q1l/Xt680

……
………


にこ「それで話って何よ?」


絵里「来たわね二人とも!」


真姫「急に呼びだしてどうしたのよ?」


絵里「ふふ♪それは二人にとても大事な話があるからよ!!」


にこ「ふ〜ん」


真姫「どんな話?」
305: ◆6hEhgX163E 2016/06/11(土) 03:35:18.33 ID:Q1l/Xt680
絵里「それは…私達3人で一緒に暮らすことよ!!」


にこ「…え?」

真姫「え?」


絵里「だから私達3人が」


にこ「いや、それは聞こえたわよ!そんな事簡単にできるわけないじゃない!」


絵里「ふっふっふ、ちゃんとにこのお義母さまと真姫のお義母さまには話をつけてあるわよ!」


にこ「なっ!?勝手に決めないでよ!」


絵里「あら?にこは私達と一緒にに暮らすのは嫌?」


にこ「うっ…別に嫌じゃないけど…」


真姫「私は賛成よ!!」


にこ「真姫ちゃん!?」


真姫「にこお姉ちゃんと絵里お姉ちゃんと一緒にいられるなら、私は3人で暮らしたい!!」


絵里「ハラショー!さぁ、あとはにこだけよ!」
306: ◆6hEhgX163E 2016/06/11(土) 03:35:59.36 ID:Q1l/Xt680
にこ「うぅ…わかったわよ!一緒に暮らすわ!にこだってもっと一緒にいたいもの!」


真姫「にこお姉ちゃん!」ギュ


にこ「それで、いつ暮らすの?」


絵里「今日からよ!」


にこ「はぁ!?今日から!!」


絵里「勿論!!マンションなんだけどもう今日から暮らせるように準備してあるわ!」


にこ「急すぎよ!!」


真姫「だから今日学校行くときにパパが泣いてたのね…」


絵里「必要な荷物は後からでもいいわ!さぁ、私達の新しい家に向かいましょ!!」


真姫「これからも私達ずっと一緒ね!!」


にこ「もう、ほんと強引なんだから…ふふ♪これからもよろしくね」


おわり
307: ◆6hEhgX163E 2016/06/11(土) 03:37:40.92 ID:Q1l/Xt680
長い間ありがとうございました!話しはこれでおわりです!

もしかしたら大学編を書くかもしれないのでその時はよろしくお願いします!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『絵里「にこ、私の妹になりなさい!」真姫「にこちゃんは私のお姉ちゃんよ!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。