真姫「にこちゃんのお料理教室ぅ?」

シェアする

真姫-アイキャッチ16
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 01:00:38.36 ID:GibtKY+i0
にこまき

結構短め、よろしくお願いします

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413734428

元スレ: 真姫「にこちゃんのお料理教室ぅ?」

スポンサーリンク
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 01:02:28.97 ID:GibtKY+i0

にこ「えー? 両親が1日いないから泊まって欲しい?」


真姫「うん…」


にこ「しょうがないな~真姫ちゃんは!」


にこ「この宇宙No.1アイドル、ラブリーにこにーと一緒に一夜を過ごせることに感謝しなさいよ?」


真姫「ありがと、にこちゃん」


にこ「なによ、妙に素直ね…ちょっと気味悪いわ」


真姫「な、なにもそこまでいわないでも…」


にこ(なんか調子狂うわね…)
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 01:03:47.65 ID:GibtKY+i0

にこ(確かに、両親家にいないのは結構さびしいもんね…にこの場合下に3人いるからまだ良かったけど、真姫ちゃん一人っ子だし無理もないわ)


にこ「まっ、一応にこが泊まるってこと親にいっておきなさいよ?」


真姫「わかってるわ」


にこ「じゃあ練習後一緒に真姫ちゃんちへレッツゴー!」


真姫「ええ!」


─────────────

─────

──


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 01:05:27.39 ID:GibtKY+i0

にこ(もう真姫ちゃんの家の前に立ってる私がいる)


にこ(なんだかんだいって楽しみにしてたのかな…)


真姫「ほら、入ってよ」


にこ「んあっ! ごめん!」ドキドキ


にこ(初めての真姫ちゃんち……)


真姫「なに謝ってるのよ、変なにこちゃん」クスクス


にこ「……」
6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 01:06:49.30 ID:GibtKY+i0

にこ「おじゃましまーす」


にこ「ちょっと…家でかすぎません?」


真姫「そう? ふつうよ」


真姫「客室あるんだけど少し散らかってるから…悪いけど私の部屋で過ごしてもらうわ」


にこ「う、うん構わないけど」


真姫「あと…夜ご飯なんだけど…その…」


にこ「ひょっとして…ない?」


真姫「……」コクリ
7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 01:08:26.47 ID:GibtKY+i0

真姫「で、でも材料なら何でも使ってって言われたから!」


真姫「よかったらにこちゃんまたなんか作ってよ」


にこ「それはいいけど、真姫ちゃん料理できないの?」


真姫「で、できるわよ! バカニシナイデ!」


にこ「わぁかった、わかったって! 馬鹿になんかしてないよ」


にこ「で? どんなの作れるにこ?」


真姫「……カレー…とか…」
8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 01:08:59.51 ID:GibtKY+i0

にこ(こりゃダメだ~…)


にこ(しょーがない、にこが教えてあげますかぁ)


にこ「真姫ちゃん!」


真姫「?」


にこ「今日はにこと一緒にお料理するよ!」


真姫「ヴェエ!?」


にこ「そう…今日はにこちゃんお料理教室にこ!」


真姫「にこちゃんのお料理教室ぅ?」
10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 01:09:39.76 ID:GibtKY+i0

にこ「そうと決まればさっそく食材拝見!」ガチャ


にこ(ふんふん…なかなか良い材料揃ってるじゃないの!)


にこ「メニュー決めるからちょーっとまっててね?」


真姫「は、はい」


にこ(えぇっとこれとこれにこれも必要ね…)


……。
11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 01:10:59.81 ID:GibtKY+i0

にこ「真姫ちゃーーん!」


真姫「はいはい、メニュー決まったの?」


にこ「もちろん! まずはレシピね」


にこ「今日の料理名は~」ドコドコドコドコ


にこ「骨付き鶏モモ肉の赤ワインヴィネガー煮!」パンパカパーン


真姫「え? そんな高級そうなのできちゃうの?」
12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 01:16:20.64 ID:GibtKY+i0

にこ「材料があるし、真姫ちゃんどうせ舌肥えてるでしょ?」


にこ「ちょっとは力いれないとね~♪」


真姫「あ、当たり前!」


にこ「つかう材料は以下の通りね」


・骨付き鶏もも肉 一人1本
・玉ねぎ 400g
・にんにく 1片
・トマト 1個
・トマトペースト20g
・赤ワインヴィネガー 35cc
・チキンコンソメ 100cc
・動物性・生クリーム 50cc
14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 01:22:52.68 ID:GibtKY+i0

真姫「トマト!」


にこ「うれしそう」


真姫「うっ」///


にこ「じゃあ、さっそく作っていくわよ?」


真姫「よろしくにこちゃん」


にこ「なに言ってるの? 真姫ちゃんがやんのよ」


真姫「ヴェエ!?」


にこ「いやお料理教室っていってるくらいだし…大丈夫、にこがついてるからっ!」


真姫「わ…わかった」
15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 01:28:02.15 ID:GibtKY+i0

にこ「じゃあまずは…真姫ちゃんの大好きトマトから処理していくね?」


にこ「鍋に水いれて沸騰させましょう」


にこ「あと氷水も用意しておく」


真姫「なにするの?」


にこ「トマトを湯むきするの」


にこ「熱湯にくぐらせたら皮が面白いくらい綺麗にむけるのよ」


にこ「普通のままじゃ包丁では剥き難いからね~」


真姫「へぇ~…あ、沸騰したわよ」
16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 01:31:55.79 ID:GibtKY+i0

にこ「じゃあトマトの後ろの部分に包丁で十字に薄く切り込みいれてちょうだい」


真姫「こ、こう?」


にこ「そうそう、そしたら鍋にいれてオッケーよ」


真姫「これも皮を取りやすくするのね?」


にこ「うん!」


にこ「5秒くらい入れておいて、皮がむけてきたらすぐに氷水にいれるてね」


真姫「5秒でいいの?」


にこ「長く熱湯に入れとくとトマトが煮えちゃうの」


真姫「そっか」ジャバ
18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 01:34:17.96 ID:GibtKY+i0

にこ「粗熱取れたら取り出して皮剥くだけね、簡単でしょ?」


真姫「ほんとだ…凄い簡単に向けてく」ペラペラ


にこ「あんまり氷水に入れすぎても旨味が逃げてくから注意ね」


真姫「全部取れたわ、次は?」


にこ「横に半分にして中にある種を取っちゃえ」


真姫「横半分にしてっと…種だけ取るの?」


にこ「包丁の先でひょいって取れるよ」


真姫「お、取れる取れる!」ヒョイヒョイ

19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 01:34:46.06 ID:GibtKY+i0

にこ「次は切ったトマトをサイコロくらいのサイズにするよ!」


真姫「はい」


にこ「横に1回切って二分の一にして、縦に四等分くらいね」


真姫「…こう?」カッ カッ カッ カッ カッ


にこ「そうそう、もう一つも同じくらいの大きさ」


真姫「…できた!」


にこ「切ったトマトはあとで使うからバットとかに避けておいて」


真姫「オッケー」
20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 01:35:32.51 ID:GibtKY+i0

にこ「次はぁ…玉ねぎね!」


真姫「玉ねぎ…」


にこ「どうしたの? 真姫ちゃん玉ねぎ嫌いだっけ?」


真姫「いや…そういうわけじゃないけど…涙がでるじゃない」


にこ「あぁ~…なるほど」


真姫「どうにかできないの?」


にこ「じゃあまず切ってみよっか?」


真姫「…うん、どんな感じにするの?」


にこ「繊維にそってスライスしていくだけ~」
21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 01:36:28.24 ID:GibtKY+i0

真姫「わかった」カッ カッ カッ カッ


真姫「うぅ…目にしみる…」


にこ「や~っぱり!」


真姫「な、なに?」


にこ「包丁はね、押すものじゃないってこと!」


真姫「はぁ?」


にこ「だーかーら、真姫ちゃんは包丁を押して無理矢理切ってるの!」


真姫「…たしかに」
22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 01:43:03.14 ID:GibtKY+i0

にこ「涙がでる理由は細胞を潰してるから…だったとおもう」


にこ「包丁は大きくスライドすればよく切れるの!」


にこ「見てて…」スッ スッ スッ


にこ「どう? 結構動かしてるでしょ? そして何より音が殆どしないの」


にこ「よく切れてる証拠ね」スッ スッ スッ


真姫「本当だ、涙もあんまりでない」


にこ「まぁこれはちょっと慣れが必要だけど手早く切っていけば涙でないっていうわね」


真姫「へぇ~、にこちゃん博識ね」
23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 01:44:01.56 ID:GibtKY+i0

にこ「ま、まあね!」


にこ「結論! 固いものは押し切りやわらかいものは引き切りにしましょう」


真姫「はい先生」


にこ「じゃあ玉ねぎ切れたからスエしていこっか」


真姫「すうぇ?」


にこ「ス・エ・!」


真姫「なによそれ」


にこ「フランス語よ! 英語で言うソテー…ね」


真姫「…本当にいってる?」


にこ「ほ、本当よ! 汗をかくって意味!」


真姫「へぇ~」
24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 01:50:10.42 ID:GibtKY+i0

にこ「まず鍋を空焼きして、あったまってきたら油を入れる」


にこ「テフロン加工されてるのでする時は鍋そのものの表面が劣化するからあんまりオススメしないわ」


真姫「テフロンって焦げ付かないやつ?」


にこ「そうそう」


にこ「そろそろ温まってきたから油入れてオッケーよ、それと玉ねぎも!」


真姫「はい」ホイホイ


真姫「わっ!」ジュウウウゥゥゥ


にこ「ちょっと火が強いわね…中火に限りなく近い弱火にして」
25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 01:51:30.19 ID:GibtKY+i0

真姫「これくらい?」ジュゥゥゥ


にこ「うぅ~ん…IHだからよくわからず…」


にこ「ガスコンロだと、鍋のそこに付くくらいが中火で、火がはみでる一歩手前が強火」


真姫「ガスコンロはちょっと怖いわ…」


にこ「めったに事故はおきないよ真姫ちゃん」


にこ「あ! 塩少し入れるのも忘れないでね!」


真姫「もう味付け?」


にこ「塩入れるのは水分を出しやすくするためね~」
26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 01:57:32.29 ID:GibtKY+i0

にこ「ほら、さっきのスエの意味覚えてる?」


真姫「えっと…汗をかかせるだったっけ」


にこ「そう!」


真姫「なるほど、食材の水分を汗に例えてるのね」ジュゥゥゥ


にこ「そういうこと!」


にこ「このままゆっくり炒めてアメ色にしてくよ」


真姫「了解」


真姫「色ついてきた」ジュゥゥ


にこ「色ついてきたら焦げもでるってことだから気をつけてかき混ぜてね」
27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 01:58:09.27 ID:GibtKY+i0

真姫「鍋のそこについてる…」


にこ「そういうのは木ベラで玉ねぎもっていって擦ればとれるの!」


にこ「そこについてるやつも玉ねぎの旨味だから所々取るとよりおいしくなるわ」


真姫「はーい」ジュゥゥ


真姫「ん~~良い匂い」


にこ「ちょっと食べてみて?」


真姫「ん、あちち」パク


真姫「あ…甘い」


にこ「でしょ? 弱火にして長く炒めれば炒めるほど甘くなるんだって」
28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 01:59:07.84 ID:GibtKY+i0

真姫「なんで甘みがでるの?」


にこ「そ、それは…よくわからないけど玉ねぎの奥底に隠されてるのが徐々に現れたんじゃないの?」


真姫「…自信なさげ」


にこ「しょうがないじゃない!」


真姫「結構アメ色になってきた」ジュゥ


にこ「お、いつの間に…弱火でしばらく置いておいていいよ、時々混ぜてあげてね」


真姫「うん」
29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 02:13:00.72 ID:GibtKY+i0

にこ「それじゃあ次はお肉ね」


にこ「基本お肉は最後に処理するの」


真姫「なんで最後に?」


にこ「食中毒が大変だから」


真姫「食中毒…なるほど、処理した後に包丁とかまな板を洗わないとダメなのね」


にこ「そゆこと」


真姫「で、どうすればいいの?」


にこ「縦に切り込みいれて開いて、骨に沿る感じ」


真姫「こう?」スッ スッ
30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 02:16:38.61 ID:GibtKY+i0

にこ「そうしたら足首のまわりに切り込みいれてね」


にこ「これはお肉の縮み防止と、味を染みこませる為!」


真姫「なるほど~」


にこ「両面に塩コショウして~」


真姫「どれくらい?」パッパッパ


にこ「全体的にね、それと少し高いところからやったほうが全体的に掛かるってのも覚えておいて」


真姫「了解」
31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 02:26:51.64 ID:GibtKY+i0

にこ「じゃ、さっそくお肉焼こうっか」


真姫「フライパン用意してさっきみたいに空焼き?」


にこ「ううん! 冷たいフライパンに油を少しだけ敷いてその上にお肉!」


にこ「それと弱火ね」


真姫「ええ? どうして?」


にこ「パリッと焼き上げる為のコツ!」


真姫「へ~?」


真姫「あっ、音が鳴ってきた」ジュゥゥゥ
32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 02:36:09.89 ID:GibtKY+i0

にこ「染み出てくる脂もあるから時々捨ててね」


にこ「このまま皮目がパリパリのキツネ色になるまで待つだけでオッケー」


真姫「え? それだけ? あっつ!」ジュゥウウ


にこ「油もはねるから気をつけてね♪」


真姫「さ、先に言ってよ!」ジュウウゥゥ


にこ「ヘラとかでお肉を押したらもっとパリパリになるわ」


真姫「だんだん色付いてきた」ジュゥゥゥゥ


にこ「パリパリになってきたね! じゃ、裏返してじっくり焼いていきましょ」


にこ「このときは色付くくらいでいいよ」
33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 02:36:58.84 ID:GibtKY+i0

真姫「あとでなにかするの?」ジュゥゥゥ


にこ「うん! あとでさっき処理したトマトとかと一緒に火入れるから!」


真姫「なるほどね」ジュゥゥゥ


にこ「よーし! 良い色ね! 次はさっきの玉ねぎにトマトペーストを入てね」


真姫「なんか忙しくなってきた!」


にこ「動け動けー!」


真姫「にこちゃんも手伝ってよ!」


にこ「先生になんてこというの!?」


真姫「はいはい! ペーストいれたわよ!」ペイ!
34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 02:41:55.52 ID:GibtKY+i0

にこ「そのまま混ざるように炒めていって、鍋にくっつきはじめる前にお肉を入れて」


真姫「よいしょ…」ヒョイ


にこ「そしたら赤ワインヴィネガーを鍋の外側から3回くらいに分けて入れていくの」


真姫「外側? 沿うようにでいいの?」ジュワーーーー


にこ「そうそう」


真姫「わ!」クシュン クシュン


にこ「あはは! むせたむせた♪」


真姫「も~、先いってってばぁ」クシュン


にこ「沿わせて入れたのは回りについてるのを取れるようにね」


真姫「うぅ~むずむずする」
35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 02:42:44.50 ID:GibtKY+i0

にこ「次は真姫ちゃんの好きなさっきのトマトを入れてお湯でといたチキンコンソメ入れてちょうだい」


真姫「ねぇ、バカにしてる?」


にこ「し、してないよ?」


真姫「絶対してるー!」


にこ「じゃ、じゃあ次!」


にこ「ふたして中火で煮詰める感じ…えっと確かエチュベでいいのかな」


にこ「少量の液体で蒸し煮する技法よ」


真姫「エチュベ…エチュベ…、覚えたわ」


にこ「しばらくかかるから洗い物しますか」


真姫「時間の有効活用ね、了解よ」ジャーー


……。
36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 02:49:27.45 ID:GibtKY+i0

にこ「真姫ちゃん!」


真姫「なに?」


にこ「ふた開けてみて?」


真姫「ん…」パカッ


真姫「だいぶ液量ないわ」


にこ「ここで火にかけすぎたら焦げちゃうから気をつけてね!」


にこ「お肉よけて、生クリーム、塩入れ、火強めて煮詰め!」


にこ「生クリームの植物性は分離しちゃうから動物性のやつがいいよ」


真姫「生クリームの種類…二つもあるのね」
37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 02:49:58.59 ID:GibtKY+i0

にこ「植物性は臭みがないのと、軽い味を出したいときにかなぁ…、後アレルギー持ちのかたにも使えるわ」


にこ「動物性はコクがあるけど少し臭みがあるの、加熱料理に多く使うよ」


真姫「へぇ~…いろいろあるのね」


にこ「好きな濃度になったら盛り付けね」


真姫「ようやくね…!」


にこ「お肉にソースをかけるのもよし、お肉の下に敷くのも良し」


にこ「ただ、色が単調だからさやえんどうとか添えるのもいいわね」


真姫「色合いとかも考えないといけないの…」


にこ「そう! それと配置とかもね…それは今度詳しくやろ?」
38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 02:50:57.64 ID:GibtKY+i0

真姫「う、うん…」///


真姫(また今度もやってくれるんだ…)


にこ「真姫ちゃん、トマトみたいに顔赤いよ?」


真姫「な、なんでもない!」


にこ「にこもお腹すいた…」グゥゥ


真姫「おいしそう…」


にこ「おしゃれにナイフとフォークつかお?」


真姫「もちろんよ!」
39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 02:51:44.09 ID:GibtKY+i0

真姫「ね、ねえ…」


にこ「なに? 早く食べないの?」


真姫「写真…とってもいい?」


にこ「当たり前じゃない!」


真姫「じゃあ…」パシャ


真姫「おまたせ」


にこ「その写真、メンバーにおくって自慢してやりましょ」


にこ「今日の晩御飯はこんなに豪勢なのよってね!」


真姫「あ、いいかも…じゃあ送るわ!」ポチポチ


にこ「それじゃあ改めて!」


にこ・真姫「いっただきまーーす!」




おわり
40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 02:53:10.81 ID:GibtKY+i0
以上にこまきお料理教室でした

伝わりにくかったかもしれないけど、実際に作れるので暇なとき作ってみてね!

料理に興味でたなら幸いです、ありがとうございました

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
真姫「にこちゃんのお料理教室ぅ?」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『真姫「にこちゃんのお料理教室ぅ?」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。