にこ「ねえちょっと話しない?」真姫「はぁ?」

シェアする

にこまき-アイキャッチ1
1: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/08/12(火) 02:49:46.29 ID:0soSnCk/.net
真姫「今深夜の2時なんだけど」

にこ「まぁまぁいいじゃない少しだけよ少し」

真姫「はぁ…明日も早いんだからすぐ終わらせてよね」

にこ「なんだかねにこ怖い夢みたの」

真姫「そう、じゃあもう寝るわねお休みにこちゃん」

にこ「ちょ、ちょっと待ちなさい 気にならないの?夢の内容」

真姫「別にどうでもいいわよ」

元スレ: にこ「ねえちょっと話しない?」真姫「はぁ?」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/08/12(火) 02:50:51.03 ID:0soSnCk/.net
にこ「どうでもよくないの!」

真姫「私にとって心底どうでもいいことなんだけど」

にこ「いいから聞いてよ このままじゃにこ寝れないよ!朝練や授業に支障が出るわよ!」

真姫「はぁ…わかったから早くしてよね」

にこ「実は真姫ちゃんが自殺する夢を見たのよ!」

真姫「それ私に言う?」
3: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/08/12(火) 02:52:15.02 ID:0soSnCk/.net
にこ「それでねその理由がね医学部受験に失敗して真姫ちゃんのお父さんにすごく怒られたのが原因のひとつらしいの」

真姫「受験失敗で自殺ってなんだか現実的な話ね」

にこ「あと真姫ちゃんのお父さんとお母さんが離婚しちゃうのも原因らしいの」

真姫「離婚の原因は?」

にこ「真姫ちゃんのお母さんがね真姫ちゃんから怒っている真姫ちゃんのお父さんから匿おうと真っ向から喧嘩したのよ それでお父さんがつい手をあげちゃったのね」

にこ「叩かれた勢いで顔からガラスに突っ込んじゃってね 大けがしちゃったの」

真姫「パパは手をあげるような人じゃないと思うけど」

にこ「夢の中ではそうだったの! でねそれから色々とあってね離婚しちゃったの!」

真姫「いろいろってそこちゃんと説明しなさいよね」

にこ「夢の中の出来事だからうやむやなの!」
4: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/08/12(火) 02:52:46.16 ID:0soSnCk/.net
真姫「喧嘩のとこは詳しく書いてるじゃない」

にこ「そういうとこはいいの!夢だから!」

真姫「なんだか適当になってきてない?」

にこ「そ、そんなことないわよ! とりあえず真姫ちゃんは自殺しちゃったの」

真姫「へーそうじゃあもう寝ていい?」

にこ「待って! もうちょっと付き合って!」
5: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/08/12(火) 02:53:17.98 ID:0soSnCk/.net
真姫「ねえ、もう勘弁してよね…頭が覚醒して寝れなくなっちゃうじゃない…」

にこ「えっとね真姫ちゃん勉強のほう大丈夫?」

真姫「大丈夫よ にこちゃんはまず自分の心配をしなさい」

にこ「でも真姫ちゃん英語のテストで68点とってたじゃない」

真姫「何でそれ知ってるのよ!」
6: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/08/12(火) 02:53:50.63 ID:0soSnCk/.net
にこ「この前真姫ちゃんの家行ったときに真姫ちゃんがトイレに行ってる間に部屋物色してたら見つかって」

真姫「もうにこちゃんは家に入れない」

にこ「ご、ごめん許してにこ~」

真姫「ダメよ もう入れない もう寝るわよ」

にこ「ま、待って最後に一個言わせて」
7: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/08/12(火) 02:54:25.97 ID:0soSnCk/.net
真姫「何よ」

にこ「ここまでの話全部嘘にこ 電話したのも真姫ちゃんの声が聴きたかっただけだにこ~ おやすみまた朝練で~」ガチャッ

真姫「…」

真姫「ナニコレイミワカンナイ!!!」

15: 名無しで叶える物語(りんご)@\(^o^)/ 2014/08/12(火) 10:27:17.10 ID:p/yc7TcX.net
「そう、全部嘘よ」

携帯電話の光がぼんやりと部屋を照らす

「夢じゃないの」

目じりにたまった水分が視界に虹を作り出す

「でもね、声が聞きたかったのは本当」

壊れるくらいに目を瞑った
壊れるくらいに歯を食いしばった
壊れるくらいに携帯電話を握りしめた
そうしないと、自分が壊れてしまいそうだったから

「あたしが全部嘘にしてあげる」

目じりの余計な水分が尽きたころ静かに目を開けた

「にっこにこの魔法でねっ」

既に世界に光は無かったが
やるべきことははっきりと見えていた

―――彼女の名前は矢澤にこ。2年後の未来から来た女性



『魔法使いはじめました』

※ 続きはありません(管理人)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『にこ「ねえちょっと話しない?」真姫「はぁ?」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。