凛「あんなところに捨てかよちん!」かよちん「ピャア!」

シェアする

花陽-アイキャッチ19
1: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/13(月) 22:46:32.40 ID:y2QBSZv6.net
かよちん「ぴゃー」

凛「うぅぅ…かわいいにゃぁ…やっぱりかよちんは可愛いにゃー」

元スレ: 凛「あんなところに捨てかよちん!」かよちん「ピャア!」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/13(月) 22:48:01.54 ID:y2QBSZv6.net
かよちん「ぴゃー」ぶるぶる

凛「あっ…もしかして寒いのかにゃ?えーっと…タオルなら持ってるよ!これで少しはマシになるかにゃ?」

かよちん「ぴゃあ♪」
凛「あったかい?」

かよちん「ぴゃー」
凛「うぅぅ…やっぱり可愛いよぉ…」


かよちん「ぴゃあ!ぴゃあ!」

凛「へっ?抱っこしてほしいの?」


かよちん「ぴゃあ!」

凛「したいのはやまやまだけど…凛は猫アレルギーだから…」


かよちん「ぴゃあ!!」胸ポンポン

凛「えっ…かよちんは猫じゃないから大丈夫?」


凛「そりゃそうにゃ!」

かよちん「ぴゃあ!」


凛「ほら、たかいたかーい!」

かよちん「ぴゃあ!!」ぶるぶるぶる…
3: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/13(月) 22:51:30.57 ID:y2QBSZv6.net
凛「あははっ、ごめんね。びっくりした?」

かよちん「ぴゃー」にこにこ


凛「こんな可愛いかよちんを捨てるなんて前の飼い主さんは困った人だね」

かよちん「ぴゃあ…」


凛「大丈夫!凛はかよちんを見捨てたりしないにゃ!」

かよちん「ぴゃあ…?」
凛「うん!本当に本当だよ」


かよちん「ぴゃあ…」うるうる

凛「ねぇかよちん…凛のかよちんになってくれる?」


かよちん「ぴゃあ!」

凛「うん!じゃあ早速凛のうちにいくにゃー」

かよちん「ぴゃあ!………ぴゃあ」

凛「どうしたの?もしかして…そんなに嬉しくないの?」

かよちん「ぴゃあ!」ふるふる
4: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/13(月) 22:56:48.06 ID:y2QBSZv6.net
かよちん「ぴゃあ……」

凛「もしかして…凛の家族のことが心配なの?」


凛「それなら大丈夫!凛のお父さんみたいな絵里ちゃんとお母さんみたいな希ちゃんはかよちんを歓迎してくれるにゃ!」


かよちん「ぴゃあ!」









絵里「捨ててきなさい」


凛「えぇっ!?」

かよちん「ぴゃあ!?」


絵里「言ったでしょ?うちで猫は飼えないって」


凛「猫じゃないもん!かよちんだもん!」

かよちん「ピャア!」
5: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/13(月) 22:58:27.32 ID:y2QBSZv6.net
絵里「子猫や子犬と一緒でしょ?その…かよちんは」


凛「違うよ!かよちんは子犬でも子猫でもないよ!かよちんだもん!」


絵里「かよちん……いいえ、私は花陽と呼ばせてもらうわね」

かよちん「ぴゃあ!」
凛「かよちんも花陽でいいって言ってるにゃー」


絵里「とにかく…うちでペットは飼えないわ。花陽を捨ててきなさい」

凛「それなら大丈夫!かよちんはペットじゃないよ!正真正銘かよちんにゃー」

花陽「ぴゃあ!」


絵里「何度言えば分かるの?駄目なものは駄目よ!いいから花陽を捨ててきなさい!」

凛「いやにゃ!」


絵里「凛っ!」

凛「かよちんと約束したもん…凛はかよちんのこと捨てたりしないって…」


絵里「凛…」


凛「約束したから…捨てないもん!」
7: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/13(月) 23:01:21.43 ID:y2QBSZv6.net
絵里「いい?ペットを飼うこということはすごく大変なことなの。それは分かってくれるわね?」


凛「……うん」


絵里「ご飯もお風呂も毛づくろいやその他諸々のお世話をすべて凛がやらなきゃいけないのよ?」


凛「できるもん!」

絵里「それも毎日よ?飼い主にお休みなんてないの」

凛「できるよ!それに、かよちんはペットじゃないもん!かよちんだもん!」


絵里「はぁ…いい?ペットはね、私たちと違って寿命がとても短いの。凛は素直でとても優しい子よ…きっと耐えられないわ」

凛「っ…!だからかよちんはペットじゃない!お別れなんてないもん!2人で874歳まで生きるんだもん!」


絵里「凛っ!いい加減にしなさい!」


凛「もういい…絵里ちゃんには頼まない!」
9: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/13(月) 23:03:58.99 ID:y2QBSZv6.net
絵里「はぁ…じゃあどうするつもりなの?希に頼んだところで結果は同じよ」


凛「…絵里ちゃんはかよちんを飼うことを認めてくれないんだね?」

絵里「ええ。この家で花陽を飼うことは…ないわ」



花陽「ぴゃあ…」

凛「ううん。大丈夫!凛に任せて」


花陽「ぴゃあ…」

凛「大丈夫だよ…かよちんを1人にしたりしない」

花陽「ぴゃあ…」


絵里「分かったでしょ?早く捨ててきなさい」

凛「嫌にゃ」

絵里「はぁ…凛っ!いい加減に…!」



凛「お家でかよちんが飼えないなら、お外で飼うにゃ!今日から凛はかよちんと2人で生きていくから!」


凛「それなら問題ないよね!」


絵里「なんですって…」
10: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/13(月) 23:10:39.85 ID:y2QBSZv6.net
凛「かよちんが飼えない家に住みたくないもん!こんな家、出ていくにゃ!ふんっ!」


かよちん「ピャア…ぴゃあ……!」フルフルフル


絵里「そう…なら勝手にするといいわ」
希「ちょっとエリチ…」


かよちん「ぴゃあぴゃぴゃ!」フルフルフル

凛「勝手にするもん!!…ふんっ!いくよ、かよちん」


かよちん「ぴ…ぴゃあ…!」ぶるぶる

凛「いいからいくよ!」
かよちん「ぴゃぁぁぁ…」フルフルフル


凛「……」
かよちん「ぴゃ…。ぴゃあ?ぴゃあ!」フルフルフル


凛「絵里ちゃん…」

絵里「…何?今更謝っても許さないわよ。さっさと出て行きなさい」


凛「梅干しも食べれないくせに…いーだっ!!」


絵里「ふーん…もう一度言ってみなさい?…凛っ!!」


凛「今までお世話になりました!かよちん行くよ!」
花陽「ぴゃあ!ぴゃぴゃぴゃあぁぁ!!」フルフルフル


バタンッ!!


絵里「はぁ…まったく」

希「もうエリチ…ちょっと言い過ぎなんやない…?」


絵里「どうせすぐに戻ってくるわよ」

希「そうやといいけど…」
11: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/13(月) 23:14:07.11 ID:y2QBSZv6.net




凛「あんなに何度もペットって…かよちんはペットじゃないもんね?まったく絵里ちゃんは困ったさんにゃ」

かよちん「ぴゃあ…」

凛「梅干しも食べれないくせに」


かよちん「…ぴゃあ」



凛「もう!落ち込んじゃ駄目だよ。元気だして!凛とかよちんにできないことはないにゃ!」

かよちん「ぴゃあ…」


ぐぅぅぅ…

凛「お腹減っちゃった」

かよちん「ぴゃあ…」グゥゥ…


凛「ごめんね…かよちんもお腹減ってるよね」

かよちん「ぴゃあ!」ふるふる!



凛「なんとかしないと…」

かよちん「……」
14: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/13(月) 23:17:27.29 ID:y2QBSZv6.net
凛「とにかくまずは寝床を確保にゃ!」

かよちん「ぴゃあ!」



凛「家出といえば公園の滑り台だよね!凛とかよちんはそこに住もう!」

かよちん「ぴゃー♪」






凛「そんなこんなで公園についたよ!」

かよちん「ぴゃあ!」



凛「屋根付きの滑り台があれば住むところは問題ないね。お水もあるしあとは…」

ぐぅぅぅぅぅ…


凛「やっぱりご飯…」

かよちん「ぴゃあ…」ぐぅぅ

凛「凛がなんとかしないと…なんとか…」
16: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/13(月) 23:20:02.64 ID:y2QBSZv6.net
かよちん「ぴゃあ…」ぎゅっ


凛「大丈夫だよ!明日になれば凛の描いた絵が世界的に認められて億万長者になれるから!」


かよちん「ぴゃあ……ぴゃっ!」にこっ

凛「お金があれば大抵の事ができるよ!世界はそうやって成り立ってるって変なドラマので言ってたにゃ!」

かよちん「ぴゃー」にこにこ


凛「うん!かよちんには笑顔が一番似合うにゃー」


かよちん「ぴゃあ!」


凛「はぁぁ…けどお腹減ったな…絵を描く道具もないしこの先一体どうやって暮らしていこう…」グゥゥ…
18: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/13(月) 23:23:07.80 ID:y2QBSZv6.net
かよちん「…ぴゃあぴゃあ!ぴゃあ!」

凛「へ?眼をつぶるの?」


かよちん「ぴゃー」
凛「じゃあ…」


かよちん「……ぴゃあ♪」


凛「クンクン…あれ?なんかラーメンの匂い…」


かよちん「ぴゃー」

凛「もう目あけていい?じゃあ……あれ?えっ!」パチッ!!



かよちん「ぴゃー」


凛「ラーメンにゃ!!」


凛「かよちん…そのラーメンどうしたの?」

かよちん「ぴゃあ!」


凛「落ちてたの!?ラーメンって落としたりする物なんだ…出前の人が落としたのかな?」


かよちん「ぴゃあー」
19: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/13(月) 23:26:18.98 ID:y2QBSZv6.net
凛「けど…出前の人の落し物なら凛が勝手に食べたりしたら駄目だよ…無銭飲食になっちゃう」

かよちん「ぴゃあ…」

凛「ごめんねかよちん…ラーメンは元の場所に戻しておいて」


かよちん「ぴゃあぴゃあ!」

凛「えっ?もう一度目をつぶればいいの?」

かよちん「ぴゃー」
凛「き…キスされちゃうのかな」ドキドキ


かよちん「ぴゃ!」
凛「いいの?じゃあ目を開けるよ!」


凛「えい!」パチッ


凛「これは…手紙?」
かよちん「ぴゃあ!」


凛「なになに…ラーメンの修行中の者です。たくさん作って食べきれないので、公園に置いておきます。もしよかったら食べてください」


凛「けど…外で拾ったものは食べちゃ駄目だし…」

かよちん「ぴゃあ!」
凛「へっ?手紙の端っこをよく読んでみて…?」


凛「除菌済みって書いてある!衛生面もばっちりだね!」



凛「そうと決まればいただきまーす!」

かよちん「ぴゃあ!」
21: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/13(月) 23:28:27.41 ID:y2QBSZv6.net




凛「お腹もいっぱいになったし!絵は明日描くとして…真っ暗だし今日はもう寝るにゃー」


かよちん「ぴゃっ」
凛「うん。こっちにおいで」


かよちん「ぴゃー!」
凛「あははっ!くすぐったいよー」


かよちん「…ぴゃ……ぴゃあ」

凛「大丈夫だよ。凛はかよちんの事を捨てたりなんてしない…約束は絶対にゃ!」


凛「ずっと一緒にいようね…」


かよちん「ぴゃあ」ちゅっ

凛「へっ!?」
かよちん「ぴゃぁ………すぅすぅ」


凛「おやすみ…かよちん」


凛「凛がかよちんを守らないと…。だから、ちゃんとしないと…けど…」ぶるぶるっ


凛「ちょっと寒いにゃ…」


凛「くしゅんっ!…」

かよちん「ぴー…すぴー……ぴー…すぴー…ぴー…」


凛「んんー…風邪ひいちゃったかも…。けど大丈夫…凛がなんとかしないと…なんとか……なんとかして………」


凛「すぅすぅすぅ……くしゅん!…すぅすぅ…」


かよちん「!!」パチッ


かよちん「!!」キョロキョロ

かよちん「…ぴゃあ!!」


パタパタパタパタパタ…。
22: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/13(月) 23:31:51.30 ID:y2QBSZv6.net




希「帰ってこないね」
絵里「きっとお腹が減ったら戻ってくるわよ…」

希「晩御飯の時間はとっくに過ぎたみたいやけど?」

絵里「好きにすればいいわ」
希「けど…外も涼しくなってきたし…」

絵里「放っておきなさい。すぐに戻ってくるわ」

希「エリチも気づいてるんやろ?凛ちゃんの意思は固いって」

絵里「……」

希「うちからもお願いや。飼ってあげよ…花陽ちゃんを…お世話ならうちも手伝うし」


絵里「希はそうやっていつも凛を甘やかして…」

希「お願いや…ね?」

絵里「まったく…本当に世話がやけるわね」
希「それはお互い様やない?」

絵里「どういうことよ…」
希「ふふっ。とにかく、早く凛ちゃんを見つけないと」

絵里「そうね。凛の行きそうな場所は…」

−−ピンポーン

希「あっ」

絵里「はぁ…やっと帰ってきたのね」

希「エリチ…怒鳴ったりしちゃ駄目やからね」
絵里「…分かってるわよ。まったく…手がかかる子なんだから…」

ガチャ

絵里「凛…!遅いじゃな……あら?」

かよちん「ぴゃあ…」
絵里「花陽…?」

かよちん「ぴゃあ…」くいくい
絵里「えっ…?」

絵里「えっ…」

かよちん「ぴゃあ!」ぐいぐい
絵里「ちょっと…どこに連れて行く気なの?」

希「エリチ…!うちも行く!」

かよちん「ぴゃあ!」
23: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/13(月) 23:33:15.77 ID:y2QBSZv6.net




絵里「はぁはぁ…ここは…公園?」

かよちん「ぴゃあ!」


希「ここに凛ちゃんがいるんやね?」

かよちん「ぴゃあ!」


絵里「あっ…」

希「あっ…」


かよちん「ぴゃあ!」


凛「すぅ…すぅ…すぅ……むにゃむにゃー」


絵里「まったく…戻ってこないと思えば。」

希「もう…風邪ひくやん」


絵里「けれど…最近の公園の滑り台にはうたた寝してもいいように布団と毛布が完備しているのね」

希「気持ちよさそうにスヤスヤ眠ってるね」


かよちん「ぴゃあ!」
24: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/13(月) 23:35:27.52 ID:y2QBSZv6.net
凛「すぅすぅ…かよちん……むにゃむにゃ…」

絵里「……はぁ。分かったから…起きなさい、凛」


凛「…へっ?んー……むにゃむにゃ」
絵里「風邪引くでしょ?ほら…」


凛「んー…。あれ?な、なんでここに絵里ちゃんがいるの!?」


絵里「まったく…」
希「うちもいるよ」

凛「希ちゃん!!2人ともおはようにゃー…」

希「ほら、早く家に帰ろ?」


凛「ふんっ。凛は帰らないよ。かよちんとここで暮らすんだもん。明日には画家になって、億万長者だもん。お金にだって困らないもん。2人で生きていけるにゃ」


絵里「まったく…億万長者にならウチに帰ってもなれるでしょ?」

凛「やだ、凛は帰らない!!」
希「凛ちゃん。エリチはね、こう言いたいんだよ?」

凛「へっ…?」

希「みんなでお家に帰ろうって…」



凛「じゃあ…もしかして…」

絵里「いい?ちゃんと世話するのよ?」


凛「絵里ちゃん!!!」
絵里「まったく…」
25: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/13(月) 23:37:56.71 ID:y2QBSZv6.net
希「ほら、誰かが風邪をひく前にみんなで帰ろ」


凛「うん!じゃあかよちん、凛達と一緒に……」



凛「あれ…かよちんは?」

絵里「えっ…」


絵里「花陽…?花陽?どこにいったの…?花陽っ!」

希「さっきまでそばにいたはずやのに…花陽ちゃん!!」


凛「かよちん…いなくなっちゃったの?」

凛「嘘だ…かよちん?……かよちんっ!!」


凛「絵里ちゃんが飼ってもいいって言ってるよ!だから出ておいで!」


凛「隠れてないで出ておいでよ!!」


絵里「凛…」

凛「かよちん…いなくなっちゃったの…?一緒にいようって約束したのに…どうして?」


凛「ううっ…ぐすっ…ぐずぐず……ひーん」

希「おいで…」
凛「のぞみちゃっ…ぐずっ……うわぁぁぁぁぁん!!!」


希「とりあえず…帰ろう?」

絵里「そうよ。もしかしたら、先に帰ってるのかもしれないし」

凛「…」

絵里「…凛?」

凛「うん…」
26: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/13(月) 23:42:15.37 ID:y2QBSZv6.net





絵里「凛は?」


希「うん。やっと寝てくれたよ」

絵里「…全部私のせいね。私が花陽を飼う事をすんなり認めていればこんなことには…」

希「ううん。エリチのせいやないよ」

絵里「…凛に可哀想な事をしてしまったわ。花陽にも…」

希「自分を責めちゃだめや。」



絵里「……ねぇ」
希「うん?どうかしたん?」


絵里「ちょっと…コンビニでアイス買ってくるわね」

希「ふふっ、うん。気をつけてな」



希「これ持って行って…エリチの上着と毛布。夜はまだ冷えるし花陽ちゃんも寒いと思うから」

絵里「そう…助かるわ。いつもありがとう…希」
希「ええって。」

絵里「では…。行ってくるわ!」
27: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/13(月) 23:43:34.20 ID:y2QBSZv6.net




チュンチュン…


凛「んっ…」

チュンチュンチュン…


凛「んんー?あれ…眠っちゃってたんだ…」


かよちん「ぴゃー」

凛「うん…おはよう…」

凛「はぁ…かよちんは一体どこに………」



凛「…あれ?」

かよちん「ぴゃあ!」

凛「かよちん!!」


かよちん「ぴゃあ!!」

凛「どこいってたの!凛、すごく心配したんだからね!」

かよちん「ぴゃあ…」


凛「怒ってないよ。ほら、おいで」
かよちん「ぴゃあぁ!!」ぎゅっ


凛「かよちんは凛と2度と離れられないにゃー…それでもいい?」

かよちん「ぴゃあ!!」
28: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/13(月) 23:45:25.21 ID:y2QBSZv6.net
凛「よかった…凛も嬉しいぴゃー」


かよちん「ぴゃあ?」

凛「かよちんのマネにゃー」

かよちん「ぴゃあ♪」


凛「それとね!絵里ちゃんも希ちゃんも、かよちんの事飼っていいって!」

かよちん「…ぴゃあ?」
凛「うん!本当だよ!」


かよちん「ぴゃっぴゃっぴゃあ!」

凛「えへへ。くすぐったいよー」

かよちん「ぴゃー!!」

凛「うん…凛もすごく嬉しいよ。」


凛「これからはずーっと一緒にゃ。凛は世界一の幸せものだね!」


かよちん「ぴゃあ!!」

凛「かよちんもなの…?よかった…。かよちんも幸せで凛もすっごく嬉しい!」

かよちん「ぴゃー」


凛「じゃあ早速、絵里ちゃんと希ちゃんに挨拶に行くにゃー」

かよちん「ぴゃあ!」
29: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/13(月) 23:52:08.01 ID:y2QBSZv6.net




凛「絵里ちゃん!希ちゃん!あのね、かよちんが……あれ?絵里ちゃんがリビングのソファーで寝てる…どうしてだろ?いつもは寝室で寝てるのに」

絵里「すぅ……すぅ……すぅ……」

凛「うーん…」
かよちん「ぴゃあ?」

希「しーっ…さっき眠ったばっかりやから静かにしてあげてね」

凛「うん…」


凛「あれ?絵里ちゃん…顔も手も泥だらけ…擦り傷だってたくさん…」

かよちん「ぴゃあ♪」

凛「えっ?…あっ、かよちんも泥だらけ……。ってことは…まさか!」


希「なんでやろね」
かよちん「ぴゃー」


凛「あんなに反対してたのに…かよちんの事を寝ないで探してくれたんだ…」

かよちん「ぴゃあ!」


凛「それなのに凛…酷いこと言っちゃった…どうしよう」
希「エリチは許してくれるよ」
凛「…本当に?」

希「うん。そうじゃなかったら…あんなに幸せそうな顔して寝たりしないやん?」
花陽「ぴゃあ!」

絵里「すぅ…すぅ…すぅ…」

凛「絵里ちゃん…ありがとう。約束は守るよ…必ずかよちんのことを幸せにするにゃー」


希「そうやね。花陽ちゃんを幸せに……んっ?エリチの約束は花陽ちゃんのお世話をする事やったと思うけど…」


凛「ねっ、かよちん!」

かよちん「ぴゃあ!」


希「まっ、ええか」
かよちん「ぴゃー」
30: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/13(月) 23:53:15.76 ID:y2QBSZv6.net
凛「けど、かよちんはどこに行ってたの?」

かよちん「ぴゃあ…ぴゃあ……」もそもそ

凛「んん?」
かよちん「ぴゃあ!」ジャンッ!


凛「これは…絵の具セット?」
かよちん「ぴゃあ!ぴゃぴゃぴゃー」


凛「あっ…もしかして…凛が絵で大儲けするって言ってたから用意してくれたの?」

かよちん「ぴゃあ!!」
凛「かよちん!!」ギュッ!

凛「ね?かよちんってすごくいい子でしょ?」
希「うん、いい子やね」

かよちん「ぴゃあ!」ぐいぐい

希「ん?どうしたのかな?」

かよちん「ぴゃー」もそもそ


希「えっ?うちにもくれるの?なんやろー」
かよちん「ぴゃあ!」

希「ん…?これは…お手紙かな…?」

かよちん「ぴゃあ!」にこにこ


希「ありがとう。あとで読ませてもらうね」

かよちん「ぴゃあ!」
31: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/13(月) 23:54:46.73 ID:y2QBSZv6.net
凛「凛はこの絵の具で億万長者になるにゃ…しばらくお部屋にこもって絵を描くよ!かよちんもついてきて」

かよちん「ぴゃー」


凛「待っててね!凛が希ちゃんを億万長者にしてあげるから!」

希「うん、楽しみに待ってるね」


凛「うん!何描こうかなー」


絵里「すぅすぅすぅ…」
かよちん「…」じーっ

希「花陽ちゃん…?エリチになにかついてる?」

かよちん「(にこっ)」

希「…?」



凛「かよちん行くよー」

かよちん「ぴゃー」トテトテトテ…



希「ふふっ…。凛ちゃんも花陽ちゃんも幸せそうやね」


絵里「すぅ…すぅ…すぅ…」
希「エリチも…ありがとうね」



希「あれ…?エリチ…怪我が治ってる…?なんで…?」

絵里「んっ…」


希「…一体どうして」


希「あっ、そうや!花陽ちゃんからのお手紙…何が書いてあるんやろ」



希「えっ…これ……小切手?」

希「うそや…」


希「うち達…本当に億万長者になったみたい…まさか…これも花陽ちゃんが?」


希「花陽ちゃんの正体って一体…」
32: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/14(火) 00:00:01.14 ID:pp3MtAo1.net




凛「うん!まずはかよちんを描くにゃー」

かよちん「ぴゃあ!」

凛「描き終わったら画家として世界に認められて億万長者だからね!」

かよちん「ぴゃー」




かよちん「億万長者になら…もうなってるかもよ」



凛「にゃ?」

かよちん「(にこっ)」


凛「んんー…?きのせいかな!」

かよちん「ぴゃあ!」


凛「じゃあ描くよ!」

かよちん「ぴゃあ!」

凛「と、その前に…誰だろ?変なメールが届いてる」

ピッピッ

凛「んん?世界的に有名な画家になりませんか…?しかも日給1億円!?」

かよちん「ぴゃー」


凛「かよちん…なんか有名な画家になれちゃったみたい」

かよちん「ぴゃあー」パチパチパチ


おわり
47: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/15(水) 01:00:12.47 ID:d98ARwMw.net
凛「かよちんに聞いて欲しい話があるんだー」

かよちん「ぴゃあ!」


凛「最近ね、不思議なことばかり起こってるんだ。1億円の小切手を貰ったり、絵も描いてないのに1億円の画家になれたりしたにゃ」

かよちん「ぴゃー」

凛「それにね、なんとなく「サッカーっていいなー」なんて思ったらバルなんとかセロナって海外のサッカーチームからスカウトされたんだよ?」


かよちん「ぴゃあー?」

凛「凛は普通の高校生だし…むしろ陸上部なのに…それはそれはびっくりしたにゃー」


かよちん「ぴゃー」

凛「もしかして…全部かよちんの仕業?」


かよちん「…ぴゃ?」

凛「そう…だよね!もう…希ちゃんが変なこと言うから!たまたまラッキーな事が続いただけだよね?」


かよちん「ぴゃー」

凛「そっか…ならいいにゃー」
かよちん「ぴゃあ!」
48: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/15(水) 01:08:09.72 ID:d98ARwMw.net
凛「ねぇかよちん…」

かよちん「ぴゃあ?」

凛「小切手のお金は使わないよ。画家にもならないしサッカー選手にもならないにゃー」

かよちん「ぴゃあ…」


凛「あとね、希ちゃんや絵里ちゃんもかよちんのことを疑ってるんじゃないよ。むしろ心配してた…気を使わなくていいのにって。だって、かよちんはもう家族なんだよ?だから普通でいいんじゃないかにゃ?」

かよちん「ぴゃ?」


凛「やりたい事は自分でやるし、欲しい物は自分で手に入れるから…かよちんは心配しないでね」


かよちん「………ぴゃあ…」

凛「違うよ!怒ってるんじゃなくて…もう家族なんだもん!一緒にいて当たり前!仲良く楽しく暮らそうね!」

かよちん「ぴゃー!」


凛「お金も名誉もいらないよ!凛にはかよちんがいる…それだけで充分幸せにゃー!」


かよちん「…ぴゃ?……ぴゃあ!!」

凛「あぁぁ!しあわせにゃぁぁ!!」



けほっ、ごほっ…

凛「あれ?」

かよちん「ゲホッ、ゴホッ…」

凛「かよちん!?…大丈夫?」
49: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/15(水) 01:19:03.82 ID:d98ARwMw.net
かよちん「……」グゥゥ…

凛「…あれ?」
かよちん「ぴゃっ」ぽっ


凛「お腹減ったの?ふふっ、顔真っ赤にしちゃって…なんて愛くるしいにゃ!」

かよちん「ぴゃあ!」
凛「ずーっと一緒だからね!かーよちんっ」

かよちん「ぴゃー」


凛「そうと決まればいくにゃ!」
かよちん「ぴゃあっ!!」


凛「かよちんいくよ!」

かよちん「ぴゃあ!」

コロコロコロコロコロー


かよちん「ぴゃあ!」がしっ!

凛「わー!上手にキャッチできたね」なでなで

かよちん「ぴゃあー」


凛「かよちんとやるおにぎりの食品サンプル転がしキャッチは楽しいにゃー」

かよちん「ぴゃあ!」


凛「本当に?かよちんも楽しい?」

かよちん「ぴゃあ!」


凛「かよちーん!」ぎゅー
かよちん「ぴゃあ!!」

凛「じゃあもう一回にゃ!」
かよちん「ぴゃあ!」
50: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/15(水) 01:24:25.56 ID:d98ARwMw.net





凛「春だよ!」

かよちん「ぴゃあ!」


凛「春といったらお花見にゃー」
かよちん「ぴゃあ…?」

凛「お花見はね、桜の花をみながらわいわいがやがやするイベントにゃー」

かよちん「ぴゃあぴゃあぴゃあ?」

凛「ピンクで綺麗だね…」
かよちん「ぴゃあ…」

凛「春色バレンタインにゃ…」
かよちん「ぴゃ?」

凛「はい!ほむら名物お花見団子!かよちんとお花見しに行くって話したら穂乃果ちゃんがプレゼントしてくれたにゃー」

かよちん「ぴゃあ!」


凛「凛とかよちんの初お花見にゃー」
かよちん「ぴゃあ!」

凛「ハンカチを敷いて…座って…」

かよちん「ぴゃあ…」

凛「かよちんはハンカチ忘れてても大丈夫!かよちんの席はここ…凛のお膝にゃー」

かよちん「ぴゃあ!」
51: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/15(水) 01:31:50.29 ID:d98ARwMw.net
凛「はい、かよちんの分のお花見団子だよ」

かよちん「ぴゃぁぁぁ!!」


凛「ぱくっ…もぐもぐ。…んんっ!やっぱり美味しいにゃー」


かよちん「……」じーっ

凛「にゃ?」


かよちん「ぱくっ!…もぐもぐ」

かよちん「……」じーっ


かよちん「ぱくっ!…もぐもぐ」

凛「あははっ!お花をみてー、お団子食べてーっ交互にやらなくてもいいんだよー」

かよちん「ぴゃあ…?」


凛「あぁぁもうかよちんは可愛いにゃぁ!!」

かよちん「ぴゃあ!」


かよちん「…くしゅん!…げほっ、ごほっ」

凛「もしかして…かよちん風邪ひいてる?」
かよちん「…!」ふるふるふる

凛「本当に?…とにかく、ひどくなったら大変にゃ。もう帰ろうか」

かよちん「ぴゃあ!ぴゃぁぁぁ!」ふるふる

凛「うーん…もう少しいたいの?けど…熱が出たら大変だし…そうだ!」


凛「こうすればあったかいにゃー!」
かよちん「ぴゃあ!!」

凛「早く良くなってね。夏には海に花火にお祭りが待ってるにゃー」

かよちん「ぴゃあ!」
52: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/15(水) 01:40:19.73 ID:d98ARwMw.net




絵里「夏ね」

希「夏やね。」

絵里「みんなで行った海…楽しかったわね」

かよちん「ぴゃあ!」
絵里「花陽も楽しかった?」

かよちん「ぴゃあー……けほっ、こほっ」
絵里「ずっと咳き込んでいない?…大丈夫?」

かよちん「ぴゃ?」

絵里「花陽…?あなた…少し痩せた?」


かよちん「……」

絵里「花陽…?」


希「…うん、これでよし。花陽ちゃん、終わったよ」


かよちん「ぴゃぁぁぁ!!!」

凛「ど…どうかな?」
53: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/15(水) 02:02:06.81 ID:d98ARwMw.net
絵里「すごく似合ってるわよ。花陽もそう思うでしょ?」

かよちん「ぴゃあ!ぴゃあぴゃあぴゃぁぁ!」


希「うん。海未ちゃんから貰ったお古の浴衣がよく似合ってるよ」


凛「みんな褒めすぎだよ…恥ずかしいにゃ…」

花陽「ぴゃあ!!」

凛「本当…?ありがと…えへへ」

絵里「花陽はなんて言ったのかしらね」
希「凛ちゃん顔真っ赤やーん」


凛「な、なんでもないにゃ!そんなことよりお祭りに行こう!待ち合わせの場所に遅れちゃうにゃ…真姫ちゃんとにこちゃんに怒られちゃうよぉ!」

かよちん「ぴゃあ!」


希「と、その前に…」
かよちん「ぴゃあ?」

希「花陽ちゃんも浴衣に着替えようか。」
凛「えっ!!」


希「うん。エリチが花陽ちゃんにって買ってくれたんよ」


凛「本当に!?」

かよちん「ぴゃあ!?」


凛「だいすきー!」
かよちん「ぴゃあー!」
絵里「はいはい、わかったから早く着替えなさい」


かよちん「ぴゃあ!」


かよちん「…けほっ、ごほごほっ」


かよちん「ぴゃあ!」
55: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/15(水) 02:35:27.99 ID:d98ARwMw.net




凛「まだまだ夏だよ!」

凛「かーよちんっ、凛と一緒に花火……」

かよちん「ぴゃあ……」

凛「…かよちん?」


かよちん「……ぴゃぁ…」フラフラ…トテッ…バタッ


凛「かよちんっ!!」

絵里「どうしたの…?」
希「花陽ちゃん!!」


凛「かよちん…しっかりして!目を覚ましてよ…かよちん!!」

希「凛ちゃん…少し落ち着こう…ねっ?」


凛「かよちん…!!かよちん!」

絵里「すごい熱…とにかく、病院に連れて行くわよ!」
希「うんっ!」


がしっ

絵里「えっ…」

かよちん「……」ふるふる

絵里「花陽…」
凛「かよちん!!」


かよちん「…ぴゃあ」


凛「……っ!そんなの!……それって……どういう意味なの!」

希「凛ちゃん…?」

絵里「花陽は…なんて言っているの?」

凛「……言いたくない」
かよちん「…ぴゃあ」

希「凛ちゃん…」
絵里「もう一度聞くわよ。凛…花陽はなんて言っているの?」


凛「……最後の日まで…この家から出たくないって…」
56: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/15(水) 02:56:15.74 ID:d98ARwMw.net





凛「秋になったね」

かよちん「ぴゃあ…」

凛「ハロウィン楽しかったにゃー…かよちんの天使さんコスチュームの写真は凛の一生の宝物にするね!」

凛「はぁ…可愛い。衣装を作ってくれたことりちゃんにも感謝にゃ…」


かよちん「ぴゃあー…」

凛「だーめ。寝てないと駄目にゃ!風邪が治ってないんだから!」


凛「風邪が…」

かよちん「…ぴゃあ」

凛「……ううっ」ゴシゴシ!


凛「えーっと、実はね!…今日は凛のお誕生日なんだ」

かよちん「……ぴゃあ?」

凛「分かる?お誕生日!凛の生まれた日なんだー」


かよちん「ぴゃあ!ぴゃ!ぴゃぁぁ!…ゲホッ、ゴホゴホっ…」

凛「大きな声出しちゃダメだよ!…大丈夫?背中さすってあげるね」


かよちん「ぴゃあ…!…」

凛「あははっ、ありがとう。かよちんからのおめでとうが一番嬉しいにゃー」
57: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/15(水) 02:57:17.24 ID:d98ARwMw.net
かよちん「ぴゃあ!!…げほっごほごほ」

凛「えっ…プレゼント?凛に誕生日プレゼントをくれるの?」


かよちん「ぴゃあ…ぴゃ!」

凛「何でもいいの…?」
かよちん「……」こくん

凛「じゃあ……このままずっと一緒に……」


かよちん「……」ふるふる

凛「ううっ…」


かよちん「……ぴゃぁ」

凛「それはできないって…そんなこと言わないでよ!約束したもん!凛とかよちんはずっと一緒だって…」



かよちん「…ぴゃあ」
凛「謝らないでよ…かよちんは悪くないにゃ…。」


凛「むしろ謝らなきゃいけないのは凛の方だよ…助けてあげられなくてごめん…かよちんがこんなにも苦しんでるのに…凛はなにもしてあげれない…」


かよちん「…ぴゃあ」

凛「ごめんかよちん…本当にごめん…」
58: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/15(水) 02:58:55.18 ID:d98ARwMw.net
かよちん「……ぴゃあー」

凛「もうこれで最後って…最後じゃないもん!ずっと一緒に…」


かよちん「ぴゃあ…」

凛「ううっ…」ゴシゴシ


凛「じゃあ…凛がかよちんの願いを叶えてあげたい!」

かよちん「…ぴゃあ?」

凛「かよちんは凛のお願いをたくさん叶えてくれたでしょ?だから…次は凛が叶える番だよ!」


凛「それが、凛の欲しいお誕生日プレゼントにゃ!」


凛「ねぇ、かよちん…教えてよ。凛にして欲しいことは…なぁに?」


かよちん「……」
凛「なんでも言ってみて!凛がなんでも叶えてあげるにゃー」


かよちん「ぴゃあ…」


かよちん「ぴゃあ……ぴゃあ…」


凛「えっ…そんなことでいいの?」

かよちん「ぴゃあ…」
59: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/15(水) 03:09:00.48 ID:d98ARwMw.net
凛「わかった。じゃあ!かよちんのお誕生日の日は、凛が一番最初にお誕生日おめでとうって言いにいくにゃー」

かよちん「ぴゃあ!」
凛「うん!凛も今から楽しみにゃー」


凛「それじゃあ、かよちんの誕生日がいつなのか教えて」

かよちん「……」
凛「いつなの?」


かよちん「…ぴゃあ」

凛「あっ…そうなんだ…分からないんだ…」


凛「…」

かよちん「…」


凛「じゃあ凛がお誕生日の日を考えてあげるね!かよちんは可愛いから何月生まれかな…うーん……」

かよちん「……」


かよちん「ぴゃっ!」パチン

凛「にゃっ!?」


凛「……すぅすぅ…んーむにゃむにゃ」



かよちん「…ごめんね…凛ちゃん…げほっ、ゴホッ!」


かよちん「…さようなら、凛ちゃん」
60: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/15(水) 03:10:05.60 ID:d98ARwMw.net





凛「すぅすぅすぅ…かよちんの誕生日は5月19日がいいにゃ!」

凛「あれ?間違えちゃった…この日は中の人の誕生日…んっ……あれ?かよちんは…?」

凛「かよちんがいない!」


凛「そんな…どこにいるの!隠れてないででてきてよ…かよちん!!!」


凛「かよちん…!!」


凛「嘘だ…」


凛「…かよちん……いなくなっちゃった」
61: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/15(水) 03:11:44.90 ID:d98ARwMw.net




凛「…」

希「凛ちゃん…」
凛「……」

希「どこにいるんやろね…花陽ちゃん。あんな体やのに…」


凛「……」ゴシゴシ

希「うち思うんよ…花陽ちゃんはまるで、鶴の恩返しみたいやなって」

凛「鶴の恩返し…?」

希「物語の鶴はね、自分の体を犠牲にして…助けてくれた人を幸せにしたんだよ。花陽ちゃんもきっと…」


凛「幸せって…凛の幸せはかよちんとずっと一緒にいることなのに…」

希「ねぇ…うち、こう思うんよ。今の凛ちゃんを見たら…花陽ちゃんは悲しむなって……」


凛「……」

希「それに…花陽ちゃんは絶対に凛ちゃんの約束を守るよ。だから…また、必ず会いに来てくれる」


希「花陽ちゃんの帰りを気長に待つのもいいんやない?」

凛「……」ゴシゴシ

凛「(かよちん…)」



凛「……そうだね!」


凛「(いつか…また…)」
62: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/15(水) 03:12:27.52 ID:d98ARwMw.net





絵里「冬が始まるわよ…凛、クリスマスプレゼントは何がいい?」

凛「いらない!自分でお願いするから」
絵里「…そう。」






希「あけましておめでとう。お年玉は?」

凛「いらない!自分でお願いしたから!」

希「そっか…」


凛「(凛の望みはただ1つ…もう一度……)」
63: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/15(水) 03:13:46.22 ID:d98ARwMw.net





凛「寝坊したにゃ!!」

絵里「冬休み気分が抜けてないんじゃない?もう冬休みが終わって今日で…」

凛「お説教は後にゃ!いってきまーす」



絵里「待ちなさい凛!まだ話は……はぁ…まったく」

希「誰に似たんやろうね」にこっ

絵里「えっ…私?」
64: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/15(水) 03:17:51.84 ID:d98ARwMw.net




凛「急がないと遅刻しちゃう……あれ?」


凛「(ここ…かよちんが捨てられてた場所だ)」


凛「かよちん…」ゴシゴシ


凛「あっ!遅刻しちゃうにゃ!!」


「あっ…あの……」



凛「えっ…この声……」


「すみません…!あれ?けど…私…どうしてここにいるんだろ…」

凛「嘘だっ…だって…」


「ここ…どこだろ…けど、すごく楽しい思い出の場所。えーっと…何があったっけ…えーっと…えーっと…」


凛「じーっ…」

「あっ…あの…」


凛「背も高くなってるし…何より胸が大きすぎるにゃ!」


凛「けど顔と声は瓜ふたつだし…」
65: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/06/15(水) 03:18:35.14 ID:d98ARwMw.net
「あ…あの!!」


凛「にゃ?」


「私…今日がお誕生日なんです!!」


凛「…あっ」

「あれ?私何言って……あれ?…うぅーん…なんでだろ…」


凛「あぁっ♪」


凛「お誕生日おめでとう!かーよちんっ」


「ぴゃあ!」


「って…あれ?私…今なんて声を…恥ずかしい……」


「けど…すごく嬉しい……あの、わざわざありがとうございます!」


がしっ

「へっ?」

凛「じゃあ行こう!」

「ドコニイクツモリナノォォ!?」



はぁはぁはぁ…

バンッ!


凛「ただいま!!」



凛「ねぇ、絵里ちゃん!!希ちゃん!!!」


凛「大きくなったかよちん…飼ってもいいでしょ?…ねっ!」


「へぇぇっ!?」

おしまい
なんか色々ごめんなさい
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『凛「あんなところに捨てかよちん!」かよちん「ピャア!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。