??「私のヘタレな王子様」

シェアする

姫乃-アイキャッチ1
1: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/03(金) 22:08:35.84 ID:Iih+sRpq.net
※若干、勝手な設定あります

元スレ: ??「私のヘタレな王子様」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/03(金) 22:13:16.91 ID:Iih+sRpq.net
美咲「ワンツー、ワンツー、はいそこで風ちゃんターン」

風「うんっ」

美咲「皆で集まってポー…ズ!」

8人「「イェイッ!!」」

美咲「うん、良さそうね。それじゃ今日はここまででにしましょうか」

~~~


涼「今日は随分早く切り上げるんだね」

美咲「せっかくの土曜日だしね。皆の予定が合えば午後はどこかにお出かけでもしようかと思って」

姫乃「いいですね。どこか良い所があればいいんですが…」


桐原「あっ、そういえば!前に放送部の活動で地域のお店と交流した時に…あった」

桐原「これ!スイーツバイキングの割引券を貰ったんです」

ふみ「スイーツ!」

ふみ(ギョロ)『ギョロもスイーツ食べたいギョロ~』

隼「ギョロちゃんは入れないと思うけどな~」アハハ


風「甘いものかぁ…疲れた身体を回復させるにはもってこいだね!」

剣「うん。小雪ちゃんも大丈夫?」

小雪「勿論!甘いもの大好きだから」

美咲「ふふっ、皆OKみたいね。それじゃ行きましょうか」
4: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/03(金) 22:18:47.30 ID:Iih+sRpq.net
風「ぃよしっ!一番乗り~」

剣「ふぅ…はぁ…な、なんで練習の後にそんなに走れるんだ…」

風「鍛え方が違うんだよ」フフンッ


姫乃「流石、2人とも元気ですね」

美咲「2人だけ明日からメニュー増やしちゃおうかしら」フフッ

剣「それは勘弁してくれ…」

~~~


隼「ん~!甘い香りに包まれて幸せだね」

ふみ「あんまり沢山は食べられないですけど…」

姫乃「美味しく食べられたら、それでいいと思いますよ!」

涼「雪ちゃん。一緒にケーキを取りに行こうか」

小雪「う、うんっ!」
7: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/03(金) 22:26:05.12 ID:Iih+sRpq.net
優香「これ、美味しいです♪レアチーズの甘さがレモンピールの爽やかな酸味と引き立てあって…」

剣「グルメリポーターみたいだね…」

姫乃「でも、これホントに美味しいです。剣ちゃんも食べてみますか?」ハイ、アーン…

剣「い、いいよ!後で自分で取ってくるから!」

姫乃「そうですか…」シュン


涼「なら、私が貰ってもイイかな?少し気になってたんだ」

姫乃「いいですよ。じゃあ、涼ちゃん。あーん…」

小雪「りょ、涼ちゃん!私もそれ、あるから!」ガタッ

涼「ん…?雪ちゃんもくれるの?」

小雪「えっと、うん!だから…」モジモジ

涼「そっか。なら、雪ちゃんから貰おうかな」ニコッ

小雪「あっ…うんっ!」


姫乃(むぅ…気が利く相方をもつ雪ちゃんが羨ましいです)パクッ

姫乃(それに引き換え、剣ちゃんときたら…)チラッ


剣「あ、このゼリーいい香りがする!」

美咲「薔薇の香りね。癒されるわ」


姫乃「……はぁ」
11: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/03(金) 22:36:17.32 ID:Iih+sRpq.net
風「おーい、みんなー!」

ふみ「風ちゃん…お店の中は走っちゃダメです…」

風「ごめんごめん。向こうでこんなチラシが置いてあるのを見つけたんだよ」

小雪「スイーツカップル大会…?」

姫乃「なるほど…どうやら彼氏が彼女にスイーツを食べさせて、そのシチュエーションでトップを競う催しみたいですね」

隼「ふーん。でも、私達みんな女だし、出場できないんじゃ…」


姫乃「大丈夫です!」


8人「「!?」」

美咲「姫乃ちゃん、何か案でもあるの?」

姫乃「ふっふっふ。ここに剣ちゃんに後で着せようと思って持っていた服が三着あります!」

剣「えっ、ちょっ……え?」

涼「なるほどね。これで三人が男装をすれば…」

小雪「三組が出場できるね!」


姫乃「そういうことです♪…と、いうわけで、剣ちゃん!」

剣「はいっ!?」

小雪「涼ちゃん♪」

涼「ん?」

美咲「風ちゃ~ん」

風「えぇ、私も!?」


姫乃「さあ、お着替えタイムですよ!」
12: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/03(金) 23:09:26.10 ID:Iih+sRpq.net
隼「おぉ…」

優香「三人ともかっこいいです!」


涼「イイね。男性用ということを考えなければ、動きやすくて良い服だ」

風「うーん…ちょっとブカブカなような…」

剣「涼はほとんど身長変わらないけど、風ちゃんは結構違うからね。しょうがないよ」フフンッ

風「くっ…さっきの仕返しのつもり?」


美咲「でも、ちょっと背伸びしてる感じがあっていいと思うわ。私の彼氏役としては十分ね」ギュッ

風「ちょっ!腕まで組む必要はないでしょ///」


小雪「じゃあ私も涼ちゃんと…///」キュッ

涼「うん。よろしくね、雪ちゃん」


姫乃「では、私は剣ちゃんですね♪」ギュウッ

剣「うわわわわっ!」バッ

姫乃「あっ…ひょっとして、私と出るの嫌、ですか?」

剣「そ、そんなことないよ!でも、腕まで組まなくてもいいんじゃないかな~って」アハハ

姫乃「それは、そうですけど…」

剣「さ、早くエントリーしてこよう」

姫乃「…はい」
13: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/03(金) 23:19:38.46 ID:Iih+sRpq.net
司会「さあ、始まりましたァ!第一回スイーツカップル大会!」

司会「20組の参加カップルの中から1位の栄冠を手にするのはどのカップルなのかァ!?」


隼(暑苦しいなぁ)


司会「では、エントリー1番!風くん、美咲ちゃんカップルどうぞォ!」


美咲「さて、風ちゃんはどうやって食べさせてくれるのかしら?」

風「そうだなぁ…よし!じゃあ、美咲ちゃん。まずは目を閉じてもらっていいかな?」

美咲「…こう?」パチッ

風「オッケー。それじゃ、今からゲームをしよう」

美咲「ゲーム?」

風「私がスイーツを一口食べさせるから、美咲ちゃんはそれが何か当てる。簡単でしょ?」

美咲「ふぅん、面白そうね。受けてあげるわ」
15: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/03(金) 23:29:55.56 ID:Iih+sRpq.net
風「じゃ、まず第一問。これは?」ハイ、アーン

美咲「ん」パクッ

美咲「これはクランベリー…とラズベリーのパイね。流石に果物が乗ってたらわかるわよ」

風「おおっ、やるねぇ…正解」


風「じゃあ第二問!これは?」ハイ、アーン

美咲「んっ」パクッ

風「どう?」

美咲「これは……花梨のゼリーじゃないかしら?蜂蜜も効いてるわね」

風「すごい!正解だよ!」

美咲「ふふっ♪」


ふみ「流石は美咲ちゃんですね…」

隼「これは美咲ちゃんの圧勝だなぁ」


風「じゃあ、ラスト!今度は難しいから大きく一口いくよ」ハイ、アーン

美咲「別にいいのに…」パクッ

美咲「~~~~~っ!!?」バタバタ


観客「「!?」」


風「あっはっはっ!引っ掛かったね。これは…」

美咲「ハバネロカレーパンね!酷いじゃない!」

風「正解!いいリアクションをありがとう♪」


司会「終了ォォォ!いやぁ、一組目からインパクト絶大でしたね!これはこの後も楽しみです!」


涼「いきなりハードル上げてくれるね…」
16: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/03(金) 23:35:44.88 ID:Iih+sRpq.net
司会「お次はエントリー2番!涼くん、小雪ちゃんカップルどうぞォ!」


涼「さて、好きなスイーツを選んでいいみたいだけど…雪ちゃんはどれが食べたい?」

小雪「えっと…じゃあ、そのピンクのがいいな」

涼「桜のムースケーキだね」

小雪「うん。それが1番美味しそうだから…」

涼「ごめんね。風みたいに派手なパフォーマンスはできないけど」ハイ、アーン

小雪「ううん。涼ちゃんにしてもらえるだけで嬉しいから…」アーン


パクッ

小雪「…?」

涼「ん、コレ美味しい」モグモグ

小雪「って!何で涼ちゃんが食べて……むぐっ」パクッ

涼「ね、美味しいでしょ?」

小雪「………」コクン

涼「ふふっ、雪ちゃんが美味しそうって言うから私も食べてみたくなっちゃって」ニコッ
18: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/03(金) 23:44:04.57 ID:Iih+sRpq.net
小雪「もう、ビックリしたよ…」

小雪(…っていうか、アレ?これって…)

小雪(か、間接キスだ…///)カアァッ


隼「涼ちゃんにしては意外と普通だね」

ふみ(さりげなく間接キス…やっぱり涼ちゃんだな…)


涼「さ、戻ろうか。雪ちゃん」

小雪「あっ、うん…」


司会「二組目終了ォォォ!」


涼「ちょっと足りなかったかな?」

小雪「うん。ちょっとだけ…」

涼「そっか…じゃあ、帰ったら続きをしないと、だね」

小雪「う…うん///」


司会「と、思いきやまさかの追い打ちィィィ!!最後まで甘々な空気をありがとうございましたァ!」


姫乃(むむむ、涼ちゃん達もやりますね…)

姫乃(ただの食べさせ合いなら私から押していけばいいんですけど、彼氏からという条件ですし…)チラッ


剣「?」


姫乃(剣ちゃん…大丈夫でしょうか)
19: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/03(金) 23:54:16.19 ID:Iih+sRpq.net
司会「盛り上がってきたところでエントリー3番!剣くん、姫乃ちゃんカップルどうぞォ!」


姫乃(ここまで来たら信じるしかありません!)

姫乃(剣ちゃん、お願いします!)

剣「う…ど、どうしよう……」プルプル

姫乃(緊張で涙目になってますっ!?)ガーン


姫乃「ちょ、ちょっと剣ちゃん!早くお願いします!」ボソボソ

剣「む、無理だって…こんな大勢の前で、あ、あーんなんて…」ボソボソ

姫乃「みんなやってるから大丈夫です!何もやらないと余計目立ちますよ!」ボソボソ

剣「だってぇ…」ボソボソ


姫乃(ダメです、このヘタレ王子…ダメダメです!)

姫乃(ここは私がなんとかしないといけませんっ!)


姫乃「…涼ちゃん、白雪ちゃん!ジャケットとリボンを貸してください!」


小雪「え?う、うんっ」ポイッ

涼「なるほど…はいっ」ポイッ


姫乃「ありがとうございます!」

姫乃「さあ、剣ちゃんはコレを付けてください!」キュッ

剣「何これ…って、リボン!?」

姫乃「彼氏、彼女交代です…ここからは私が彼氏をやらせてもらいます!」
21: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/03(金) 23:59:46.54 ID:Iih+sRpq.net
司会「剣くん、姫乃ちゃんカップルが彼氏彼女チェェェンジ!これはまさかの展開ダァァ!!」


姫乃「さあ、剣ちゃん。逃げたら怒りますよ」パクッ

剣「? なんで姫乃ちゃんが苺咥えて…」

姫乃「ふぁは、ふひほふぁふぇふぇふははふぃ!(さあ、口を開けてください!)」グイッ

剣「ちょっ!それはマズ…んぐぅっ!?」チュウッ


観客「「きゃあぁぁぁっ///」」


姫乃「…ぷはぁっ!ハァ…ハァ…」

剣「ひ、姫乃ちゃん…?」

姫乃「どう…でしたか…」ハァハァ

剣「…美味しかった、です///」カアァッ


司会「こ、ここで三組目も終了ォォォ!凄かった!ひたすら凄くて言葉が見つからないぞォォォ!!」


姫乃「………///」

剣「………///」


美咲「随分と大胆にいったわね」クスッ
22: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/04(土) 00:07:49.84 ID:Pvz6pveE.net
~帰り道~

隼「いや~、今日は楽しかったね!」

優香「そうですね~」

風「でも悔しいなぁ、私達も頑張ったのに」

涼「仕方ないよ。あんなの見せつけられちゃったら、ね」フフッ

小雪「うんっ。流石は姫乃ちゃんだよ」


姫乃「はぁ…我ながら熱くなりすぎたと反省しています」

剣「ホントに恥ずかしかったよ…」

姫乃「剣ちゃんはもっと反省してください。誰かさんが何もしなかったせいでああなったんですから」プイッ

剣「うぅ…」


美咲「まあ、いいんじゃない?結果的に優勝できたんだし」

ふみ「うん。参加者も沢山いたのに凄いと思う…」

姫乃「むぅ…」
23: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/04(土) 00:55:47.65 ID:Pvz6pveE.net
姫乃「それでは、私達はこっちなので」

剣「また明後日の練習でね」

7人「「バイバ~イ!」」

~~~


姫乃「…剣ちゃん」

剣「うん?」

姫乃「私って…そんなに魅力無いですか?」

剣「…っ!?そんなわけない!姫乃ちゃんは可愛いよ!」

姫乃「じゃあ、なんで…なんで何もしてきてくれないんですかっ!」


剣「……それは、姫乃ちゃんに嫌われちゃうのが怖くて」

姫乃「えっ?」

剣「ほら、私は不器用だし…」

剣「下手なことをして嫌われちゃったらって思ったら…」

姫乃「…やっぱり、剣ちゃんはおバカさんですね」クスッ

剣「えぇっ!?」ガーン

姫乃「私はそういうところも含めて剣ちゃんが好きなんですから、気にすることないんですよ」

剣「姫乃ちゃん…」
24: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/04(土) 01:01:43.51 ID:Pvz6pveE.net
姫乃「で、す、が」コツンッ

剣「…っ!」ドキッ

剣(おデコくっつけられて…顔が近い…///)


姫乃「今日の埋め合わせくらいはしてほしいです」

姫乃「…剣ちゃんから、チューしてください」ジッ


剣「え、えぇ…!?」

姫乃「ん!」パチッ

剣(目、閉じた…ってことは、そういうことだよね)

剣(あぁぁ…恥ずかしい!でも!)

姫乃「剣ちゃん…ずっとこの状態は恥ずかしいです」


剣(…ここまでされたら、私だって)

チュッ

姫乃「ふふっ、してくれましたね。剣ちゃんから」

剣「姫乃ちゃん…ごめんね。大勢の前で、姫乃ちゃん1人に勇気出させちゃって」

姫乃「もう気にしてないからいいですよ」

姫乃「その代わり…」

剣「?」

姫乃(ヘタレな剣ちゃんも可愛いけど…)

姫乃「たまにはかっこいい剣ちゃんも、見せてくださいね♪」


~完~
27: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/07/04(土) 01:28:03.64 ID:Pvz6pveE.net
以上です

なんとなくキャラ同士の呼び方やら口調がおかしい気がするのは目を瞑ってもらえたらありがたい
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『??「私のヘタレな王子様」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。