にこ「タイムカプセル」

シェアする

にこ-アイキャッチ21
1: ◆/CKI6UlDEfWN 2014/10/10(金) 08:58:06.27 ID:EVKxcKDW0
にこ「花陽、昨日のあれ、見たわよね?」

花陽「もちろん! もう流石って感じで……」

にこ「そうよね、歌もパフォーマンスも超一流で」

花陽「まさに!」

にこ「まさに?」

にこぱな「「生きる伝説!」」

にこ「よね!」グッ

花陽「うんっ!」グッ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1412899076

元スレ: にこ「タイムカプセル」

スポンサーリンク
2: ◆/CKI6UlDEfWN 2014/10/10(金) 09:03:26.16 ID:EVKxcKDW0
穂乃果「うーん……?」

凛「穂乃果ちゃんどうしたの?」

穂乃果「ニコちゃんと花陽ちゃんが何を話してるのか全然わからなくって」

凛「あー、きっと昨日のアイドル番組の話だニャ」

にこぱな「「!」」ピクッ

花陽「凛ちゃんも」ズイッ

にこ「見たの!?」ズズイッ

凛「み、見てないけど……」

にこ「はぁ……」

にこ「あんたたちそれでもアイドル研究部の部員なわけ?」ジロッ

凛「う、うぅ……。ごめんなさーい……」

穂乃果「ごめんなさーい……」
3: ◆/CKI6UlDEfWN 2014/10/10(金) 09:07:53.23 ID:EVKxcKDW0
にこ「部員は9人に増えたけどまともに話せるのが1人しかいないのも考え物よね」

花陽「でも、花陽はニコちゃんみたいに深く話せる人が1人でもいて嬉しいよ」ニコッ

にこ「……まあ、ニコとしても花陽がいてくれたのが唯一の救いね」

花陽「それにニコちゃんって花陽よりもずっといっぱいのグッズ持ってるし」

にこ「ま、まあ当然よ、当然」フフン

花陽「それにアイドルに対する意識だってすっごく高くて」

にこ「だってー、ニコニーはアイドルだもーん」キャルン

花陽「流石ニコちゃんです……」メモメモ

にこ「す、素直に褒められると複雑ね……」
4: ◆/CKI6UlDEfWN 2014/10/10(金) 09:11:33.23 ID:EVKxcKDW0
花陽「ニコちゃんにもっといっぱいアイドルのこと教えてほしいな、なんて」エヘヘ

にこ「し、仕方ないわねー、特別よ?」ニヤニヤ

にこ「ここじゃあれだし、屋上に行くわよ」ダッ

花陽「はいっ、ニコちゃん先生!」

真姫「……花陽とニコちゃんって仲いいわよね」

絵里「アイドル好き同士つながりがあるんでしょ?」

希「それに見栄を張っちゃうニコっちと全部受け入れる花陽ちゃん。いいコンビだと思うよ?」

真姫「まぁ、そうね……」カミノケクルクル
5: ◆/CKI6UlDEfWN 2014/10/10(金) 09:14:43.36 ID:EVKxcKDW0
絵里「それがどうかしたの?」

真姫「なんでもないわよ」

凛「つまり真姫ちゃんはかよちんがニコちゃんに取られて寂しいニャ」ヒョコッ

真姫「ち、ちがっ! 別に花陽が高校初めての友達だからって寂しくなんてないわよっ!」カアアアアアアアア

絵里「ふふ」クスクス

希「真姫ちゃんも1年生やね」ニヤニヤ

真姫「なっ、そのにやけ顔やめなさいよ!」

希「別ににやけてなんていないよ?」ニヤニヤ

真姫「どう見たってにやけてるわよ!」
6: ◆/CKI6UlDEfWN 2014/10/10(金) 09:18:46.40 ID:EVKxcKDW0
――――
――


にこ「次は笑顔よ、にっこにっこにー!」

花陽「にっこにっこにー!」

にこ「もう一回、にっこにっこにー!」

花陽「にっこにっこにー!」

にこ「花陽、やっぱりあんた筋がいいわね」

花陽「え、えへへ。そうかな?」テレテレ

にこ「この特訓だって真面目にやってくれるのあんたくらいなもんよ」

花陽「ニコちゃんが教えてくれてるのに真面目にやらなわけないよ!」

にこ「……本当、あんたっていい子ね」

花陽「そ、そうかな……?」
7: ◆/CKI6UlDEfWN 2014/10/10(金) 09:25:33.71 ID:EVKxcKDW0
花陽「花陽はニコちゃんのことすごいなって思って尊敬してるから」

花陽「だから尊敬してるニコちゃんが直々に教えてくれることを吸収したい、ただそれだけなんだけど……」アハハ

にこ「あんたはそういうけどニコだってそんな大したものじゃないわよ?」

にこ「クラスではちょっと浮いてるし、μ'sでもみんなからマスコット扱い」

にこ「プライドだけ高くて、面倒くさい女――」

花陽「そんなことないよ!」

花陽「ニコちゃんは確かにちんちくりんでプライド高くてめんどくさくてうるさいけど」

にこ「う、うるさい……?」ピクピク

花陽「アイドルへの想いは本当で、本気で、まっすぐで!」

花陽「誰よりもアイドルのことをわかってるアイドルだって、花陽は思ってるもん!」

にこ「は、花陽……!」
8: ◆/CKI6UlDEfWN 2014/10/10(金) 09:30:06.32 ID:EVKxcKDW0
花陽「だから、ニコちゃんに比べたら花陽なんてまだまだで、ニコちゃんに認めてもらえたら少しはアイドルっぽくなれるのかなって、そう思ってるんだ」ニコッ

にこ「……とっくに認めてるわよ」

花陽「え……?」

にこ「あんたのこと、とっくに認めてるって言ってるの」

にこ「わたしのこと本気でまっすぐって言ったけどそれは花陽も同じじゃない」

にこ「花陽だってアイドルへの想いは本当で、本気で、まっすぐで」

にこ「わたしより情報を早く手に入れて……」

にこ「そんな花陽のこと、認めてないわけないでしょ?」

花陽「ニコちゃん!」パアアアアアアアアア
9: ◆/CKI6UlDEfWN 2014/10/10(金) 09:33:40.62 ID:EVKxcKDW0
にこ「大体、あんたを認めてるからあの時だって誘ったんじゃない」

花陽「あの時……?」

にこ「μ'sが活動休止したときのこと」

にこ「あんたならついてきてくれるって、そう思って誘ったんだから」

花陽「そうだったんだ、えへへ」ニコニコ

にこ「何よ、にこにこして気持ち悪いわね」

花陽「憧れのニコちゃんに認めてもらえてるって分かって嬉しいんだ」エヘヘ

にこ「ニコだって、花陽がそんなにニコを慕ってくれてるってわかって嬉しいわよ」ボソッ

花陽「えへへ」ニコニコ

にこ「な、なんだか調子狂うわね……」
10: ◆/CKI6UlDEfWN 2014/10/10(金) 09:36:45.24 ID:EVKxcKDW0
にこ「まあ、あんたがいればアイドル研究部も安泰ね」

花陽「安泰って?」

にこ「ニコが卒業してもあんたがいれば大丈夫ってこと」

花陽「卒業……」シュン

にこ「……っ! そうよ、ニコだって来年には卒業するんだから」

花陽「そう、だよね……」

にこ「そうよ」

花陽「……」

にこ「……」
11: ◆/CKI6UlDEfWN 2014/10/10(金) 09:39:49.25 ID:EVKxcKDW0
花陽「あのね」
にこ「花陽」

花陽「に、ニコちゃんからいいよ」

にこ「花陽からでいいわよ、ってやってたら日が暮れそうだしニコから言わせてもらうわね」

花陽「うん」

にこ「ニコは安心して卒業できるわ。なんでかわかる?」

花陽「う、ううん」

にこ「あんたが信用できるから。あんたに任せられるからよ」

にこ「ずっと1人で守り続けてきたアイドル研究部を、託せるからよ」

にこ「だから、アイドル研究部のことは任せたわよ」

花陽「ニコちゃん……。うんっ!」
12: ◆/CKI6UlDEfWN 2014/10/10(金) 09:43:11.29 ID:EVKxcKDW0
にこ「はい、次は花陽の番」

花陽「うん。ちょ、ちょっと深呼吸させてね」

にこ「深呼吸? 何よ、そんなに真面目な話?」

花陽「すー、はー……。うん、とっても」

にこ「……落ち着いた?」

花陽「うん、落ち着いた」

花陽「ニコちゃんが卒業する前にどうしても伝えたいことがあるの」

にこ「どうしても伝えたいこと?」
13: ◆/CKI6UlDEfWN 2014/10/10(金) 09:46:49.42 ID:EVKxcKDW0
花陽「花陽ね。ニコちゃんのこと、好き、なんだ」

にこ「はあ? ニコも花陽のこと好きよ」

花陽「そ、そうじゃなくて……。えっと、恋愛的な意味で」カアアアアアアアアア

にこ「れ、恋愛的!?」ビクッ

花陽「はじめて会ったときは怖い人だなって思ったけど、仲良くなるにつれてニコちゃんの存在が花陽の中で大きくなっていったの」

花陽「最初は憧れだった。伝伝伝を持っててすごいなって、ただそう思ってたの」

花陽「でもその憧れはいつの間にか恋に変わってたんだ」ニコッ

にこ「な、なな……!」カアアアアアアア
14: ◆/CKI6UlDEfWN 2014/10/10(金) 09:49:08.99 ID:EVKxcKDW0
にこ「で、でもニコも花陽も女の子同士だし、それに何より――」

花陽「アイドルは恋愛禁止」

にこ「っ!」

花陽「だよね?」

にこ「わ、分かってるならどうしてっ……!」

花陽「伝えたかったから、ただそれだけ」

花陽「ごめんね、惑わせるようなことしちゃって」エヘヘ

にこ「……別にいいわよ」
15: ◆/CKI6UlDEfWN 2014/10/10(金) 09:53:29.51 ID:EVKxcKDW0
花陽「答えは、分かってるけど一応聞かせてほしいな」

にこ「ダメよ」

花陽「うん、そうだよn」

にこ「今は、ダメ」

花陽「今は……?」

にこ「今はニコも花陽もアイドル。それに私は本物のアイドルになる夢をあきらめてない」

にこ「だから、今は恋愛なんてできないわ」

にこ「でも、ニコが日本で、ううん、宇宙で一番のアイドルになって引退したとき」

にこ「その時まで待ってくれたら、待ってくれるんだったら……」
16: ◆/CKI6UlDEfWN 2014/10/10(金) 09:56:37.22 ID:EVKxcKDW0
花陽「待つよ、待てる」

花陽「あ、でもそうなったら、待つのはニコちゃんの方かも」

にこ「はあ? なんでそうなるのよ?」

花陽「花陽だってアイドルになりたいんだもん」

花陽「きっとニコちゃんが引退するときにも花陽はアイドルをやってる」

にこ「あぁ、それもそうね」

花陽「だから、ニコちゃんが引退して、花陽のことを待ってくれてるんだったら……」

にこ「……待つわよ。花陽も待ってくれるんだったら、私だって待つ」

花陽「ニコちゃん……!」ウルウル
17: ◆/CKI6UlDEfWN 2014/10/10(金) 10:00:31.25 ID:EVKxcKDW0
にこ「……」キョロキョロ

花陽「ニコちゃん?」キョトン

にこ「花陽、ちょっと来なさい」チョイチョイ

花陽「……?」

にこ「今はこれで、我慢しなさい」チュッ

花陽「っ、ほ、ほっぺに……!?」カアアアアアアアアア

にこ「ほんと、あんたのほっぺって柔らかいわね」

にこ「ちゃんとするのは何年後になるかしらね」

花陽「……きっとすぐだよ」

にこ「……そうね」フフ
18: ◆/CKI6UlDEfWN 2014/10/10(金) 10:04:25.25 ID:EVKxcKDW0
花陽「じゃあその時まで」

にこ「……さよならニコの初恋」

花陽「さよなら、花陽の初恋」

にこ「この気持ちを掘り起こすのは何年後になるかはわからないけど」

花陽「きっと掘り起こす日が来るよね」

にこ「……まるでタイムカプセルね」

花陽「タイムカプセル……。そうだ、ニコちゃん」

にこ「何?」

花陽「あのね――」
19: ◆/CKI6UlDEfWN 2014/10/10(金) 10:09:39.16 ID:EVKxcKDW0
――――
――


「ここの辺りだったわよね」

「うん、確かこの辺り」

「……ここにいるってことは、終わっちゃったのよね」

「……そうだね」

「「…………」」

「さっさと掘り起こすわよ」

「うん」
20: ◆/CKI6UlDEfWN 2014/10/10(金) 10:13:32.27 ID:EVKxcKDW0
「あったあった」

「2人でここに埋めたのが12年前、だよね」

「そうよ、私もついに30よ」

「あはは、私も四捨五入したら30だよ」アハハ

「……開けるわよ」

「うん、お願い」

「……あんたの提案でこれを埋めたのよね」

「うん、2人で掘り起こした時に交換しようって」
21: ◆/CKI6UlDEfWN 2014/10/10(金) 10:17:27.93 ID:EVKxcKDW0
「アイドルのニコニーとかよちんは終わり」

「これからは、ニコちゃんと花陽の人生、だよね?」

にこ「花陽」
花陽「ニコちゃん」

「「スクールリング、受け取ってください!」」

にこ「……花陽につけてほしいわ」

花陽「うん、花陽にはニコちゃんが」

にこ「……なんだか結婚式みたいね」

花陽「みたいじゃなくて2人の結婚式なんだよ」

にこ「じゃあ、指輪の交換の後は、あれよね?」

花陽「うん」
22: ◆/CKI6UlDEfWN 2014/10/10(金) 10:18:22.22 ID:EVKxcKDW0
にこ「花陽、目つむって」

花陽「……うん」

にこ「大好きよ、花陽」

花陽「花陽も、大好きだよ。ニコちゃん」


――
――――

おわり

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
にこ「タイムカプセル」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『にこ「タイムカプセル」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。