亜里沙「お姉ちゃん、ポケモンやろう」

シェアする

亜里沙-アイキャッチ2
1: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 04:20:02.37 ID:GeWqqXZb.net
絢瀬家 リビング

亜里沙「♪」

絵里「亜里沙、随分とご機嫌ね」

亜里沙「あ、お姉ちゃん! お帰りなさい」

絵里「ただいま。 何してたの?」

亜里沙「これだよ」

つDSLite(ノーブルピンク)

つポケットモンスター ファイアレッド

絵里「何かしらこれ、ゲーム?」

亜里沙「うん、ポケットモンスター」

絵里「ああ、ポケモンね。 って亜里沙、ゲーム機なんていつの間に手に入れたの?」

亜里沙「今日ね、雪穂とお買い物に行った時に買ったんだ♪」

元スレ: 亜里沙「お姉ちゃん、ポケモンやろう」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 04:20:55.72 ID:GeWqqXZb.net
絵里「あら、そうだったの。 いくらしたのこれ?」

亜里沙「ん…っと、ソフト込みで3000円だったよ」

絵里「へぇ、それって安いのかしらね」

亜里沙「雪穂は安いって言ってた」

絵里「そうなんだ」

絵里「ところで、なんで急にポケモンを始めたの?」

亜里沙「雪穂がね、まだ幼稚園くらいの時にポケモンやってたんだって」

亜里沙「でね、最近新作の発表があって急にやりたくなったから、私と一緒にやりたいって言ってくれて」

絵里「それでDSLite?」

亜里沙「うん、雪穂は初代しかプレイしたことないから、どうせやり直すならリメイク版をやってみたいって」

亜里沙「それで、検索したら初代の赤、緑のリメイク版がこのFR(ファイアレッド)とLG(リーフグリーン)なんだって」

絵里「へぇ、詳しいのね亜里沙」

亜里沙「雪穂に教えてもらったの♪」

絵里「そう、良かったわね」ナデナデ

亜里沙「えへへ♡」
3: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 04:21:41.74 ID:GeWqqXZb.net
亜里沙「というわけでお姉ちゃん、一緒にポケモンやらない?」

絵里「え? 雪穂ちゃんとやるんじゃないの?」

亜里沙「雪穂ともやるよー。 でも雪穂は穂乃果さんとも協力してやるって言うから」

絵里「ああ、なるほど」

亜里沙「だからね、亜里沙もお姉ちゃんと一緒にやりたいなって……ダメ?」

絵里「私は構わないけど、ソフトと本体はあるのかしら」

亜里沙「あるよ!」

絵里「用意がいいわね……」

亜里沙「えへへ、お姉ちゃんとプレイしたいなって考えてたから本体とソフトは二つ買ってきたの」

亜里沙「というわけで、ハイ。 こっちがお姉ちゃんの本体とソフト」

つDSLite(アイスブルー)

つポケットモンスター リーフグリーン

絵里「私はリーフグリーンっていうバージョンをやればいいのね」

亜里沙「うん、亜里沙がファイアレッドやってるから」

亜里沙「ちなみに雪穂はリーフグリーン、穂乃果さんがファイアレッドだよ」
4: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 04:22:31.75 ID:GeWqqXZb.net
絵里「分かったわ。 ところで、このソフトはどこに入れるの?」

亜里沙「本体の下の方にカバーが付いてるから、それを外してソフトを差すんだよ」

絵里「ああ、ここね」

亜里沙「電源は本体の右側にあるスイッチだよ」

絵里「これかしら……あ、電源が入ったわ」

亜里沙「本体内蔵の日付や時刻は設定してあるから、下画面のGBAカートリッジってところをタッチペンでタッチして」

絵里「タッチペン……ああ、これね」

絵里「ハラショー……なんか緑色のカエルみたいなのが見えるわ」

亜里沙「それはタイトル画面だよ。タッチしてさいしょから はじめるってところを選んでね」

絵里「これね」

絵里「へぇ、今のゲームって操作説明が表示されるのね」

絵里「やだ、なんか黄色い動物が可愛い……♡」

亜里沙「それはピカチュウだよ、人気のポケモンだし序盤で捕まえられるよ」

絵里「本当!? いいこと聞いたわ」
5: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 04:23:09.36 ID:GeWqqXZb.net
絵里「オーキド博士って人、手から動物を出したわよ!?」

亜里沙「それがポケモンだよ」

絵里「ハラショー……」

絵里「うん? 主人公は性別を選べるの?」

亜里沙「うん、見た目が変わる以外に差はないから好きな方で大丈夫」

絵里「じゃあ……おんなのこで」

絵里「あら、可愛い子ね♪」

亜里沙「次は名前の入力だよ」

絵里「何でもいいのかしら?」

亜里沙「うん、私は自分の名前を入れたけど」

絵里「じゃあ私もそうしようっと。 あれ、漢字は入力できないのね」

絵里「じゃあカタカナでエリ……エリーチカっと」

絵里「この博士、自分の孫の名前も忘れたのね……」

亜里沙「自由に決められるってことじゃないかな。 亜里沙はグリーンって名前にしたよ」

絵里「うーん……じゃあ、私はレッドでいいか」
6: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 04:23:42.07 ID:GeWqqXZb.net
絵里「エリーチカの部屋かしらこれ、広くていいわね」

亜里沙「まずは階段を降りるんだよ」

絵里「人がいるわ、話しかけてみましょう」

亜里沙「エリーチカのお母さんだよー」

絵里「……旅を夢見た覚えなんてないのだけど」

亜里沙「お姉ちゃん、ヤボなことは言っちゃダメだよ」

絵里「ハイ」

絵里「とりあえず、オーキド博士の所に行けばいいのね」

亜里沙「家を出たら上に進んで、草むらに入るんだよ」

絵里「え、でもポケモン持ってないわよ?」

亜里沙「いいから」

絵里「わ、わかったわ」
7: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 04:24:24.00 ID:GeWqqXZb.net
絵里「あ、博士に連れられて研究所に」

亜里沙「そこで旅のパートナーになるポケモンを選ぶんだよ」

絵里「ふむふむ、ヒトカゲと、フシギダネと、ゼニガメね」

絵里「うーんゼニガメ可愛いわね」

亜里沙「私はパッケージのポケモンを選んだよ」

絵里「亜里沙のは赤だから……ヒトカゲ?」

亜里沙「うん、進化するとすごいかっこ良くなるよ」

絵里「うーん、カッコイイのも捨て難いけど可愛い子がいいわね」

亜里沙「どれも進化すると可愛さはなくなっていくよ……」

絵里「えぇ……」

亜里沙「お姉ちゃんのは緑だから、パッケージの子で選ぶならフシギダネだね」

絵里「さっきタイトルで見た大きなカエル?」

亜里沙「うん、フシギバナっていう子だよ」

絵里「カエルは苦手なんだけど……でも折角だからパッケージに描かれた子を使いたいわね」
8: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 04:25:00.37 ID:GeWqqXZb.net
絵里「よし、フシギダネ! 貴方に決めたわ!」

亜里沙「お姉ちゃん、そこは『フシギダネ! キミに決めた!!』だよ」

絵里「何それ?」

亜里沙「アニメの主人公がこうやって言うんだよ」

絵里「そ、そう……」

絵里「あら、ニックネームを決められるのね」

亜里沙「五文字以内だけどね」

絵里「うーん……この子は男の子かぁ。 それじゃあ」

フシギダネ→NN:リグーシカ

絵里「うん、いい名前ね♪」

亜里沙「ロシア語でカエルって意味だね」

絵里「このくさ/どくっていうのは?」

亜里沙「ポケモンの属性だよ。 タイプって呼ばれてるの」

絵里「属性ってことは、火を消すのは水だからゼニガメはヒトカゲに強いとかっていうことかしら?」

亜里沙「うん、そんな感じ。 タイプによって得意不得意があるよ」

絵里「覚えるのが大変そうね。 ひとまず、もう一度草むらに……って、あら」
9: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 04:25:34.51 ID:GeWqqXZb.net
絵里「なんかレッドが勝負を挑んできたんだけど」

亜里沙「ライバルだからね」

絵里「戦わなきゃダメ?」

亜里沙「うん、勝たないと進めないよ」

絵里「えぇ……戦わせたくないのになあ」

絵里「うぅ、逃げられない」

亜里沙「戦わなきゃ、現実と」

絵里「どこで覚えたのよそんな言葉」

絵里「まぁいいわ、勝てばいいのよね」

絵里「このわざ? っていうところで相手に攻撃するのね」

亜里沙「そうだよ、もらったばかりの子だから技は二つしか覚えてないけどね」

絵里「よし、リグーシカ! たいあたりよ!」
10: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 04:26:12.65 ID:GeWqqXZb.net
亜里沙(白熱してるお姉ちゃんが子供っぽくて可愛い♡)ハラショー

絵里「ねぇ亜里沙」

亜里沙「何?」

絵里「私のリグーシカより先に、ヒトカゲの方が先に攻撃してくることがあるんだけど」

亜里沙「それは素早さの関係だね」

絵里「素早さ?」

亜里沙「うん、ポケモンには攻撃力、防御力の他に相手より先に動けるかどうかが決まる『すばやさ』っていうステータスがあってね」

亜里沙「その数値が高い方が先に攻撃できるんだよ(例外はあるけど)」

絵里「なるほど、意外とシンプルなのね」
11: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 04:26:52.24 ID:GeWqqXZb.net
絵里「リグーシカ! そこよ! たいあたり! たいあたり! あ、やったわ亜里沙! レッドに勝ったわよ!」

亜里沙(勝たないと進めないって言ってるんだけど、はしゃぐお姉ちゃんが可愛いからいっか♡)

絵里「レベルまで上がったわ! これで少し強くなったわね」

絵里「お金までもらえたわ! 勝負に勝つって楽しいわね」

亜里沙「お金はポケモンを捕まえるときに使うモンスターボールとか、ポケモンのHPを回復するのに使う道具を買うときに必要だよ」

絵里「なるほど、よく知ってるわね亜里沙」

亜里沙「雪穂に教えてもらったからね」
12: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 04:27:24.34 ID:GeWqqXZb.net
絵里「亜里沙はどこまで進んでるの?」

亜里沙「ニビシティっていう少し先の街だよ。 これからジムリーダーと戦うの」

絵里「ジムリーダー?」

亜里沙「ボスってことだね。 ポケモンは自分が捕まえた子を育てながらこのジムリーダーっていうボスを倒して、最強のポケモントレーナーになることが一つの目標なんだよ」

絵里「じゃあまずはポケモンを育てて、ボスを倒していけばいいのね」

亜里沙「うん。 でもさっき教えたポケモンの属性で戦いの有利不利が決まっちゃうから、なるべく色んなタイプの子を育てた方がいいよ」

絵里「ええ、そうするわ」
13: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 04:27:59.93 ID:GeWqqXZb.net
絵里「じゃあ今度こそ、草むらに行きましょう」

絵里「今度は無事に草むらに入れたわ」

亜里沙「そこから先は野生のポケモンが出るから注意してね」

絵里「野生?」

亜里沙「ポケモンは大体野生で暮らしてるの。草むらを通ったりするときにその野生ポケモンに襲われることがあるから、逃げるなり戦うなり捕まえるなりするんだよ」

絵里「なるほどね、じゃあ草むらを通らなければポケモンとは遭遇しないと」

亜里沙「そうだけど、それじゃあ新しい子も捕まえられないしポケモンが育たないよ」
14: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 04:28:31.38 ID:GeWqqXZb.net
絵里「塩梅が難しいわね……それじゃまぁ、上の方に道があるし、進んでみましょう」

絵里「!? あ、亜里沙!」

亜里沙「どうしたの?」

絵里「ぽ、ポケモンが襲ってきた」

亜里沙「さっき言ったよ、野生のポケモンは襲ってくるって。 ところで何が出たの?」

絵里「えーっと、コラッタっていうネズミ?」

亜里沙「ああ、それなら序盤に出てくる弱いポケモンだから大丈夫だよ」

絵里「そ、そうなの? なら戦うしかないわね」

絵里「リグーシカ! たいあたりよ!」
15: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 04:29:05.79 ID:GeWqqXZb.net
絵里「あら、相手のコラッタが尻尾を振ったらリグーシカの防御が落ちたんだけど」

亜里沙「それは変化技って言ってね、相手ポケモンの能力を下げたり毒とか火傷とか、状態異常にするときに使う補助技だよ(って雪穂ガ教えてくれた)」

絵里「じゃあリグーシカのなきごえは……おお、コラッタの攻撃力が下がったわ」ハラショー

絵里「よし、一気に畳み掛けるわよリグーシカ! たいあたり!」

亜里沙(あくまでも体当たりなんだね)

絵里「ふぅ、どうにか追い払ったわ」

亜里沙「おめでとう、お姉ちゃん」

絵里「ありがとう♪ ん、エプロンした人が歩いてるわね」

絵里「亜里沙! この人薬くれたわよ! 優しいのね」

亜里沙「商品サンプルだけどね」
16: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 04:29:37.68 ID:GeWqqXZb.net
絵里「このまま道を上に進めばいいのかしら」

亜里沙「うん」

絵里「トキワシティっていう街に着いたわ。 その途中でリグーシカもレベルが上がって新しい技を覚えたわよ」

亜里沙「おー、おめでとうお姉ちゃん!」

絵里「ありがとう♡」ナデナデ

絵里「新しい街に来たことだし、このポケモンセンター? ってところに入ってみましょう」

絵里「ポケモンセンターって広いのね。 しかも怪我したポケモンを無料で回復してくれるなんて素敵なところじゃない」

亜里沙「他にも、パソコンを使えば持ちきれなくなったポケモンをボックスに預けたりもできるよ」
17: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 04:30:11.63 ID:GeWqqXZb.net
絵里「どういうことかしら?」

亜里沙「ポケモンは一人最大6匹までしか連れていけないの。 手持ちに6匹いる状態で新しくポケモンを捕まえると、自動的にポケモンを預かってくれる場所に転送されるんだ」

亜里沙「ポケモンセンターにあるパソコンを使うと、そこに転送されたポケモンを自由に出し入れできるよ」

絵里「ハラショー……便利な世の中ね」

絵里「エスカレーターがあるけど、これはなにかしら」

亜里沙「インターネットやローカル通信で自分以外の人とポケモンを交換したり戦わせたりするための施設だよ。 今はもう出来なくなっちゃったけどね」

絵里「そう……残念ね」
18: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 04:30:43.22 ID:GeWqqXZb.net
絵里「じゃあとりあえず、リグーシカの怪我を回復させないと」

亜里沙「それが終わったら、そこを出て右上に進んでね。 青い屋根のお店があるから」

絵里「青い屋根のお店ね。 えーっと……ここかしら」

絵里「ちょ、入った途端に店員さんからオーキド博士に荷物届けてくれって頼まれたんだけど」

亜里沙「じゃ、マサラタウンに帰ろうか」

絵里「えー、戻るの? 面倒だなあ」

亜里沙「帰り道は草むらじゃなくて、段差を飛び越えて帰れるから楽だよ」
19: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 04:31:15.96 ID:GeWqqXZb.net
絵里「おお、エリーチカが飛んだわ! ここが段差ね」

絵里「よっ、ほっ、はっ! 到着!」

亜里沙「じゃあ荷物を博士に届けに行こうか」

絵里「オッケー」

絵里「荷物届けたら急にポケモン図鑑とモンスターボール渡されてポケモン捕まえてこいって言われたんだけど……」

亜里沙「そういうゲームだもん」
20: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 04:31:47.42 ID:GeWqqXZb.net
亜里沙「そうそうお姉ちゃん、ライバルの家に行ってお姉さんから地図を受け取るの忘れないでね」

絵里「地図?」

亜里沙「うん、タウンマップっていう自分が今どこにいるか分かる地図だよ」

絵里「タウンマップ……あ、もらえたわ」

亜里沙「やったね、お姉ちゃん!」

絵里「ええ、ここまで色々説明してくれてありがとう亜里沙。 これからは自分の力でやってみるわ」

亜里沙「うん、わかった。 私はニビシティのジムリーダーと戦って先に進んじゃうね」

絵里「頑張ってね」
21: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 04:32:18.99 ID:GeWqqXZb.net
亜里沙「うん! あ、最後にひとつだけ教えてあげる。 お姉ちゃんが次に向かうのはトキワシティの北にあるトキワの森っていうところだよ」

絵里「トキワの森ね、そこには何がいるのかしら?」

亜里沙「それは行ってみてからのお楽しみ♪ あ、でもお姉ちゃんが欲しがってる黄色いあの子も出るよ」

絵里「ピカチュウ!? ピカチュウでるの!?
よし頑張って進めなくちゃ」

絵里「まずは再び、トキワシティに向けてしゅっぱーつ!

亜里沙「おーっ!」
26: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 08:07:19.47 ID:GeWqqXZb.net
絵里「よし、トキワシティ到着ね」

絵里「道中の草むらでことりポケモンのポッポが出てきたから捕獲してみたけど」

絵里「なかなかボールに入ってくれなくて苦労したわ……」

亜里沙「あ、お姉ちゃんポッポ捕まえたんだね」

絵里「ええ、小さくて可愛い鳥ね♪」

亜里沙「序盤で手に入る鳥ポケモンはどれも可愛いよ〜」

絵里「そうなの? 他のシリーズもやってみたくなるわね」

亜里沙「LGが終わったらやってみたらどうかな? 種類がいっぱいあるしポケモンの数も増えてるからすごく楽しいよ♪」

絵里「それは朗報ね! それなら早くポケモンの基礎を覚えなくちゃ」

亜里沙「お姉ちゃんはポッポのニックネーム決めた?」

絵里「ええ」

亜里沙「え、なになに?」

絵里「ことりよ」

亜里沙「えっ」

絵里「ことり」

亜里沙「……そっか小鳥さんだもんね! 可愛いニックネームにしたね」

絵里「え、南ことりの方だけど」

亜里沙「えっ」

絵里「えっ」
27: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 08:08:11.69 ID:GeWqqXZb.net
絵里「……ま、まぁいいじゃない。 ポッポもことりのように可愛いんだし」

亜里沙「まぁ、いいと思うよ」

絵里「とにかく、ポッポを捕まえてリグーシカはLv7になったわ」

亜里沙「おー、順調だね」

絵里「えと、トキワの森に行くのよね」

絵里「さっき荷物を渡されたお店でアイテムを買えるのかしら?」

亜里沙「うん、フレンドリィショップっていうお店だよ。ポケモンのHPを回復するお薬とか、モンスターボールが売ってるんだよ」

絵里「なるほど、それじゃあお薬とモンスターボールを何個か買って行きましょう」

絵里「どくけしとかまひなおしっていうお薬も売ってるんだけど、これはつまり毒や麻痺状態にしてくる敵がいるってことよね……」

絵里「ピカチュウ用にボールは多めに買って、ああキズぐすりとどくけしも買っとかなきゃ」

絵里「よし、準備完了!」
28: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 08:08:46.42 ID:GeWqqXZb.net
モンスターボール×10

キズぐすり×3

どくけし×1

計3000円


絵里「これだけあればピカチュウも捕まえられるわよね」

絵里「あら、左側にも道があるじゃない」

亜里沙「あ! お姉ちゃんそっちはまだ危ないから行っちゃダメだよ!」

絵里「え!? なにか強いポケモンでも出てくるの?」

亜里沙「うーん、そういう訳じゃないけど……どうしても行くなら止めないよ」

絵里「な、なんか含みがあって怖いわね……でもいいわ、エリチカ行く!」

亜里沙「亜里沙は止めたからね……」

絵里「なんだー普通の道じゃない。 驚かせないでよ亜里沙」
29: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 08:09:26.70 ID:GeWqqXZb.net
絵里「って、なんでレッドがいるの!?」

亜里沙「そこはね、ライバルと強制戦闘になる場所なんだよ。 私もニビシティ行く前に行っちゃってライバルに負けたから……」

絵里「それで止めてくれたのね。 ごめんね亜里沙、折角忠告してくれたのに」

亜里沙「ううん、亜里沙は気にしてないよ! それよりお姉ちゃん、レッドに負けないでね!」

絵里「任せなさい、亜里沙の分も頑張るわ!」

絵里(とは言ったものの、レッドが出してきたのはポッポLv9かぁ)

絵里(私の手持ちはLv7のフシギダネと捕まえたばかりのLv3ポッポだけ……)

絵里「やどりぎのタネ? なにかしらこれ」

絵里「ハラショー! 相手のHPを吸収してリグーシカのHPが回復してるわ」

絵里「これなら、ポッポはなんとか凌げそうね」
31: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 08:21:55.06 ID:GeWqqXZb.net
絵里「あら、やどりぎのタネってずっと効果続くのね。 これならHPの心配はせずにポッポを攻撃できるわね」

絵里「よし、いきなさいリグーシカ! 自慢の体当たりよ!」

絵里「うっ、向こうの攻撃も結構痛いわね……でも、やどりぎのタネの効果でHPはそれほど減ってないわ」

絵里「このまま一気に押しきれる!」


あいての ポッポは たおれた!


絵里「まずはポッポを倒したわ」

亜里沙「お姉ちゃん凄い! 相手はあと一匹だよ」

絵里「やっぱりヒトカゲを出してくるのね」

亜里沙「お姉ちゃん気をつけて、ヒトカゲは炎タイプだから草タイプのフシギダネと相性が悪いよ」

絵里「だ、大丈夫よ。 こっちにはやどりぎのタネがあるし」

絵里(ヒトカゲもLv9か、高いわね)

絵里「まずはやどりぎのタネで相手のHPを減らしましょう」
32: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 08:26:01.71 ID:GeWqqXZb.net
絵里「うーん、ヒトカゲの引っかく攻撃結構痛いわね。でも」

亜里沙「やどりぎのタネ効果でダメージは最小だよ。 頑張って!」

絵里「もちろんよ、伝家の宝刀たいあたりで蹴散らしてやるわ」

絵里「……くっ、連戦だからやどりぎのHP吸収だけじゃ回復が間に合わない」

亜里沙「お姉ちゃん、キズぐすりだよ!」

絵里「仕方ないわね、使うしかなさそうだし」

亜里沙「HP満タンだ♪ もうちょっとだよ」

絵里「大丈夫、いけるわエリーチカ」

絵里「さぁ、とどめのたいあたりよ!」


あいての ヒトカゲは たおれた!


亜里沙「あ」

絵里「あ」

亜里沙・絵里「やったあああああ!!」

亜里沙「お姉ちゃんすごい、すごいよ!!」

絵里「フフン、これが未来のポケモンマスター、エリーチカの実力なのよ(かなり危なかったけど)」

絵里「この勝負のお陰でリグーシカのレベルが9まで上がったわ」

亜里沙「順調だね♪」

絵里「さ、今度こそトキワの森へ行かないとね。 待ってなさいピカチュウ!」
33: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 08:51:56.45 ID:GeWqqXZb.net
絵里「えっと、トキワの森はトキワシティの北側から行けるのね」

絵里「……なんかおじいさんに話しかけたらポケモンの捕まえ方を教えてくれたんだけど」

亜里沙「お姉ちゃんはたまたまポッポ捕まえたけど、ここまでまだポケモン捕まえてない人もいるかもしれないから、教えてくれたのかな」

絵里「最近のゲームって親切なのね本当」

絵里「あら、ボールみたいなものが左に見えるけどヘンテコな木が邪魔で通れないわね」

亜里沙「そこは亜里沙も気になってるんだ。 なにか気を退かす方法があるのかもね」

絵里「この木は切れそうってことは、道具か何かで切るのかしら」

絵里「まぁいいわ、森に急ぎましょう」
34: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 08:52:30.95 ID:GeWqqXZb.net
絵里「トキワの森に着いたわ」

亜里沙「ここは道が迷路みたいになってるから、迷子にならないようにね」

絵里「分かったわ。いきなり道が分かれてるのね。 なんか謎の鳴き声も聞こえるし……ちょっと怖いわ」

絵里「ひゃあああ!?」

亜里沙「どうしたのお姉ちゃん!?」

絵里「む、虫が……虫が……」

亜里沙「虫? ああ、ビードルだね」

絵里「これも、ポケモンなの……?」

亜里沙「うん、そうだよ」
35: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 08:53:10.33 ID:GeWqqXZb.net
亜里沙「トキワの森は虫タイプっていう昆虫のような見た目の子がたくさん出るよ」

絵里「た、沢山出るの……」

絵里「そうだ、さっき掲示板に書いてあった『ポケモンは弱らせてから捕まえよう』っていうのを試してみましょう」

絵里「リグーシカの体当たりでHPを削って……あ、HPのゲージが赤くなったわ」

亜里沙「今だよお姉ちゃん、モンスターボールを!」

絵里「ええ、捕獲するわよ!」

ヒュー ポンッ ゴロッ ゴロッ ゴロッ ……カチッ

絵里「やったわ! ビードルを捕まえた!」

亜里沙「お姉ちゃんすごい! 飲み込み早いね」

絵里「亜里沙のお陰よ、ありがとう」ナデナデ

亜里沙「えへへ」

絵里「ビードルのニックネームは」

ビードル→NN:ツノッこ

亜里沙「かわいい♡」

絵里「でしょ♪」
36: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 08:53:37.66 ID:GeWqqXZb.net
絵里「そうだ、そろそろことりも育てないと」

亜里沙「育てたいポケモンは先頭に置くんだよ。 戦いに顔を出さないとポケモンは経験値もらえないの」

絵里「そうだったのね、それじゃあしばらくはトキワの森でピカチュウを探しながらことりのレベル上かしら」

絵里「ところで亜里沙」

亜里沙「なぁに?」

絵里「ピカチュウって、この森のどこに出るのかしら?」

亜里沙「草むらだよー」

絵里「え、じゃあさっきのビードルみたいに?」

亜里沙「うん、ただ遭遇率がものすごい低いんだって」

絵里「そう……根気がいるのね」
37: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 09:08:46.70 ID:GeWqqXZb.net
絵里「今度はキャタピーって名前のイモムシが出てきたわ」

亜里沙「それも虫ポケモンだよー」

絵里「ビードルも捕まえたんだし、この子も捕獲しちゃいましょう」

絵里「体当たりで赤ゲージまで削ってから……ボールを投げる!」

絵里「やった、捕まえられたわ」

亜里沙「おめでとう、お姉ちゃん♪」

キャタピー→NN:イモイモ

絵里「これで手持ちは4匹ね。 とは言ってもHP減らして捕まえた子ばかりだから弱ってるけど」

絵里「それにしても本当入り組んだ森ね……出口はどこかしら」

絵里「あらまたポケモンに襲われ……って」

絵里「あ、亜里沙! 亜里沙!!」

亜里沙「ど、どうしたのそんなに慌てて!?」

絵里「見て、これ……」
38: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 09:10:04.69 ID:GeWqqXZb.net
亜里沙「! ピカチュウだ! お姉ちゃんすごい!」

絵里「ハラショー……この子捕まえたい!」

亜里沙「頑張って! 焦っちゃダメだよ」

絵里「ピカチュウのレベルは3だから、同じレベルのことり(ポッポ)でまずは勝負よ」

絵里「ことり、体当たり!」

絵里「くっ、かわされたわ」

亜里沙「攻撃、来るよ!」


ピカチュウの でんきショック!

こうかは ばつぐんだ!

ことりは たおれた!


絵里「ことり!! 効果は抜群てなに!?」

亜里沙「お姉ちゃん落ち着いて、さっき話したタイプの相性のことだよ」

亜里沙「ピカチュウは電気タイプで電気属性の技を使えるのに対して、飛行タイプは電気技に弱いからダメージが大きいんだよ!」

絵里「それでことりは一撃でやられたのね……困ったわ。 あと残りはリグーシカしかいないけど、この子だと倒しちゃいそうなのよね」

亜里沙「お姉ちゃん、やどりぎのタネだよ!」

絵里「! そうね、それで削ってみるわ」
39: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 09:25:24.39 ID:GeWqqXZb.net
絵里「やどりぎのタネを撒いて、一応体当たりも……」

絵里「ピカチュウの鳴き声でリグーシカの攻撃力が落ちてるから、体当たりのダメージも致命傷にならないはず」

絵里「もう少し……もう少しで赤ゲージに」

絵里「え! リグーシカが麻痺したわ」

亜里沙「電気属性の攻撃はたまに麻痺しちゃうんだよ」

絵里「いえ、こっちが攻撃したらせいでんきがなんたらで急に麻痺したのよ」

亜里沙「え……そんなの亜里沙知らないよぉ」

絵里「あ、でもピカチュウのHPはわずか! 思い切ってモンスターボールを」

コロン コロン コロン……カチッ

やったー!
ピカチュウを つかまえたぞ!
40: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 09:25:53.49 ID:GeWqqXZb.net
絵里「や、やった……」

亜里沙「お姉ちゃん……」

絵里「やったわ亜里沙、ピカチュウを捕獲したわ!!」

亜里沙「おめでとう! いいないいなー亜里沙も欲しいなあ」

絵里「これはさすがにダメよ、次に捕まえたら亜里沙にあげるわ」

亜里沙「本当!? うれしい♪」

亜里沙「ところでお姉ちゃん、そのピカチュウは♀なんだね」

絵里「ポケモンって性別があるの?」

亜里沙「うん、ポケモンによって♂ばかりだったり♀ばかりだったりするんだって」

絵里「へぇ、性別を分けることに何か意味があるのかしら」

亜里沙「そこはまだ雪穂に教わってないからわからないの」

絵里「そっか、でも女の子のピカチュウってなんか可愛らしいわね」クスクス

亜里沙「ニックネームはどうするの?」

絵里「そうねぇ、ねずみのように小さくて愛らしくい子……うん、決めた」

ピカチュウ♀→NN:ニコ

亜里沙「にこさん?」

絵里「ええ、小さくて可愛らしくて、誰からも好かれるピカチュウとにこはよく似てるもの♡」

亜里沙「お姉ちゃんはにこさんのこと好きなの?」

絵里「え、す、好きっていうか……大事な友達よ」

亜里沙「そっか、私と雪穂みたいなもの?」

絵里「ええ、そうね」
41: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 09:31:51.16 ID:GeWqqXZb.net
絵里「とにかく、目標だったピカチュウも捕まえたことだし、少し休憩しましょう」

亜里沙「そうだね、もう3時間はやってたよ」

絵里「ええ、そんなに夢中になってたの私……」

亜里沙「はしゃいでるお姉ちゃん、可愛かったよ♡」

絵里「もう、からかわないの」

亜里沙「えへへ、ごめんなさい♪」

亜里沙「じゃあ亜里沙は雪穂のところに遊びに行ってくるね」

絵里「あんまり遅くならないようにね」

亜里沙「ハーイ♡ いってきまーす」トタトタ

絵里「やれやれ、騒がしい子なんだから」

絵里「……でも、ピカチュウって本当に可愛いわね」

絵里「この子を一番に育ててゲームクリアしてみようかしら」

絵里「あ、電池切れそうだし今はDSの充電しながら休憩っと」パタン
60: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 22:44:37.75 ID:GeWqqXZb.net
絵里「さて、宿題も終えたことだし続きやりますか」

prrrrrr

絵里「あら、電話だわ」

絵里「亜里沙からね、もしもし?」

亜里沙『あ、お姉ちゃん?』

絵里「どうしたの電話なんて」

亜里沙『今日ね、雪穂の家に泊まることにしたから』

絵里「え、そんな急に泊まったりしてご迷惑じゃないの?」

亜里沙『大丈夫だよー、雪穂と受験勉強するために泊まり込むだけだから』

絵里「そう……くれぐれも迷惑かけないようにね? ああそうそう、着替えとかはどうするの?」

亜里沙『お姉ちゃんは心配症だなあ、雪穂の服借りるから大丈夫、明日は学校もお休みだし』

絵里「……分かったわ、ご両親によろしく言っておいてね」

亜里沙『はーい。 あ、そうそうお姉ちゃん』

絵里「何かしら?」

亜里沙『亜里沙が泊まるって穂乃果さんに話したら』
61: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 22:45:29.34 ID:GeWqqXZb.net
ピンポーン

絵里「あら、お客さんだわ。 ごめんなさい亜里沙、電話切るわよ」

亜里沙『あ、お姉ちゃー』

絵里「はーい、どちら様ですか?」

穂乃果「やっほー、絵里ちゃん♪」

絵里「穂乃果!? どうしたの急に」

穂乃果「あれ、亜里沙ちゃんから聞いてなかった?」

絵里「何を?」

穂乃果「絵里ちゃんの家に泊まりに来たんだよ♪」

絵里「……は?」

穂乃果「絵里ちゃん、今ポケモンやってるんでしょ。 一緒にやろ!」

絵里「それは別に構わないけど、泊まりに来てまでやることかしら?」

穂乃果「だってー、雪穂ってば亜里沙ちゃんと遊んでばかりで穂乃果とポケモンやってくれないんだもん!」

絵里(遊び相手探してるだけか……まぁいっか、私もポケモン進めたかったし)

絵里「いいわよ、明日は学校もお休みだし私も特に予定はないから。 今日は一晩中ポケモン出来るわよ」
62: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 22:46:31.08 ID:GeWqqXZb.net
穂乃果「おぉ〜、夜更ししてゲームなんて小学生のとき以来だよ」

絵里「私はゲーム自体あまりやらないからこれが初めてのゲーム夜更しね」クスクス

絵里「さ、上がってちょうだい」

穂乃果「うん♡ おじゃましまーす」

穂乃果「あ、これお土産だよ。 穂むらのイチオシ商品、水ようかん!」

絵里「あら、ありがとう♪ 後で一緒に食べましょ」

穂乃果「うん。 ところで絵里ちゃんはポケモンどこまで進めたの?」

絵里「まだトキワの森で迷ってるところよ」

穂乃果「あー、あそこかぁ。 歩き回ってればそのうち出れるよ」

絵里「ポジティブねぇ。 あ、荷物はそのへんに適当に置いて」

穂乃果「はーい」

絵里「穂乃果はどこまで進めたの?」

穂乃果「ハナダジムをクリアしたところだよ」

絵里「ハナダジム?」

穂乃果「んっとね、ニビシティの次の街だよ」

絵里「あら、随分進めるの早いわね」

穂乃果「昔ユッキーと遊んでた頃を思い出して、懐かしくて夢中になっちゃって」テヘヘ

絵里「穂乃果らしいわね」
63: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 22:48:49.38 ID:GeWqqXZb.net
穂乃果「絵里ちゃんはどんなパーティー組んでるの?」

絵里「これよ」

フシギダネ♂(リグーシカ) Lv10 まひ
たいあたり/なきごえ/やどりぎのタネ/つるのムチ

ポッポ♀(ことり) Lv3 ひんし
たいあたり

ビードル♂(ツノッこ) Lv4
どくばり/いとをはく

キャタピー♀(イモイモ) Lv4
たいあたり/いとをはく

ピカチュウ♀(ニコ) Lv3
でんきショック/なきごえ

穂乃果「へー、フシギダネ選んだんだね」

穂乃果「ってピカチュウがいる! いいないいなー」

絵里「フフン、あげないわよ」

穂乃果「う〜、いいもん自分で頑張って捕まえるもん!」

絵里「穂乃果のパーティーは?」

穂乃果「穂乃果のはねー」ガサゴソ

穂乃果「…………あれ?」

絵里「どうしたの?」

穂乃果「あれ、あれあれ、あれ!?」

絵里「まさか」

穂乃果「絵里ちゃんどうしよう……DS忘れちゃったぁ」グスン

絵里「もう、何やってるの」
64: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 22:50:35.20 ID:GeWqqXZb.net
穂乃果「穂乃果、取りに帰る!」

絵里「待ちなさい! わざわざ取りに帰るほどのものでもないでしょ」

穂乃果「でも……これじゃあ絵里ちゃんとポケモンできないよぉ」

絵里「はぁ、しょうがない子ね。 じゃあ私の隣でサポートしてくれるかしら」

穂乃果「ほぇ?」

絵里「少なくとも穂乃果の方が先に進んでるみたいだし、私はポケモンって初めてだからまだよく分からないところが多いのよ」

穂乃果「絵里ちゃんポケモンやったことなかったんだ」

絵里「ゲーム自体滅多にやらなかったからね」

絵里「というわけで穂乃果、分からないところがあったら教えてもらえるかしら?」

穂乃果「うん、いいよ!」

絵里(良かった、機嫌直ったみたいね)

絵里「じゃあ早速だけど、トキワの森の出口を」

穂乃果「それは自分で見つけないとね」キッパリ

絵里「……ですよね」

穂乃果「まぁ、穂乃果も適当に歩き回ってたらいつの間にか出てこれたから本当は道よく知らないんだ」アハハ

絵里「仕方ない、勘で進むしかないわね」
65: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 22:52:00.62 ID:GeWqqXZb.net
絵里「そうだ、その前に一度ポケモンセンターで回復しなくちゃ」

穂乃果「フシギダネは麻痺してるし、ポッポは戦闘不能だもんね」

絵里「しかし無料でポケモンを治療してくれるなんて素晴らしい施設ね。 公共施設なのかしら」

穂乃果「そこまで考えてポケモンしたことないよ……」

絵里「あら、そう……よし、皆元気いっぱいになったわね」

絵里「えーっと、さっきは左の道を行って行き止まりで真ん中の道から戻ってきたから、次は右ね」

絵里「分かれ道が多いわね、上に行ってみましょう」

穂乃果「あ、トレーナーとバトルだよ」

絵里「え、なんか急に勝負挑まれたんだけど」

穂乃果「この世界ではポケモンを持ってる人=トレーナーって言ってね、道端を歩いてて目が合ったら戦わなきゃいけないんだよ」

絵里「なにそのすごいルール……というか横切っただけで目は合わせてないんだけど」

穂乃果「トレーナーっていうのはね、自分以外は皆ライバルなんだよ! つまり相手の視界に入ったらそれは宣戦布告と同じなんだよ!」
66: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 22:54:23.56 ID:GeWqqXZb.net
絵里「なんだかよく分からないけど、戦わなくちゃいけないって事だけは伝わってきたわ」

穂乃果「絵里ちゃん、ファイトだよ!」

絵里「ま、このエリーチカが勝てない相手なんていないわ!」ドヤァ

穂乃果「敵はビードルを繰り出してきたよ。 虫タイプだから飛行タイプ持ちのポッポが有効だね」

絵里「オーケー、でも今先頭は……あ、ポッポだったわ」

絵里「いきなさいことり! たいあたりよ!」

穂乃果(ポッポのニックネームことりちゃんなんだ……なんか可愛いなあ絵里ちゃん)ニコニコ

穂乃果「って、体当たりなの!?」

絵里「え、違うの?」

穂乃果「かぜおこしとか覚えてないの?」

絵里「かぜおこし? ことりが覚えられる技なの?」

穂乃果「うん、ポッポがレベル9になったときに覚えられるよ」

絵里「私のことりはまだレベル3よ」

穂乃果「あ、そっか……じゃあ体当たりしかないね」
68: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 23:03:53.18 ID:GeWqqXZb.net
絵里「でも飛行タイプ?って虫に有利な属性なんでしょ?」

穂乃果「タイプは有利だけど、相手の弱点になってるタイプの『わざ』で攻撃しないと与えられるダメージは増えないよ」

絵里「えーっと、つまり……相手に有利なポケモンを出すんじゃなくて、相手の弱点となってる属性の技を出せってこと?」

穂乃果「そうそう、相手を攻撃するときに気にしなくちゃいけないのが『ワザのタイプ』で、相手の攻撃を受けるときに気にしなくちゃいけないのが『ポケモンのタイプ』だよ」

穂乃果「つまり、例えて言うと火属性のポケモンが水属性の技を受けると受けるダメージが増えちゃうんだよ」

絵里「じゃあ水属性のポケモンが火属性の技を受けたら?」

穂乃果「ダメージは半分になるよ」

穂乃果「これが『タイプ相性』っていうポケモンの大事な要素の一つだよ!」ドヤァ

絵里「ハラショー……穂乃果から物事を教わるなんて不思議な気持ちね」フフッ

穂乃果「むぅ、絵里ちゃん一言多いよ!」

絵里「ごめんごめん」
70: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 23:15:35.49 ID:GeWqqXZb.net
穂乃果「ビードルのタイプは虫/毒だから弱点タイプは飛行、岩、炎、エスパーの4つだよ」

穂乃果「虫タイプの弱点は炎、飛行、岩の3つで、更にビードルは毒の複合タイプだから毒の弱点であるエスパー技もよく効くよ」

絵里「ストップストップ! そんなに一度に言われても覚えられないわよ!」

穂乃果「あ、そっか。 ごめんね」テヘヘ

絵里「じゃあビードルには炎、飛行、岩、エスパーの属性で攻撃するといいのね」

穂乃果「他のゲームと混ざってややこしくなるといけないから、属性のことこれからはタイプって呼んだ方が覚えやすいよ」

絵里「分かったわ、タイプね」

穂乃果「でも絵里ちゃんの手持ちの子たちだと、ビードルの弱点つける子いないから一番レベル高いフシギダネでごり押した方が早いかも」

絵里「あれだけ解説しておいて、最後はまさかの力技なのね……まぁいいわ、じゃあことりを引っ込めてフシギダネ出すわ」
73: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 23:28:59.53 ID:GeWqqXZb.net
絵里「行きなさい、リグーシカ!」

穂乃果(ゲームで白熱する絵里ちゃんってなんだかすごく可愛いなぁ)ニコニコ

穂乃果「あ、リグーシカで攻撃する場合つるのムチはダメージがほとんど通らないからやめた方がいいよ」

絵里「え、もうやっちゃったんだけど」

穂乃果「ありゃ、ごめんね言うのが遅かったみたいで」

絵里「本当ね、ほとんどダメージ与えられないわ」

穂乃果「虫と毒タイプは草タイプの技を半減するから、この場合ダメージは本来の1/4になっちゃうんだよ」

絵里「草タイプは相性悪いのね」

穂乃果「なので半減されないノーマル技の体当たりで攻めよう!」

絵里「オッケー、リグーシカの必殺たいあたりよ!」

穂乃果(必殺というほどの威力はないんだけどね)

絵里「やったわ! ビードルを倒したわよ!」

穂乃果「おめでとう! ほら、次が来るよ」

絵里「今度はキャタピーね。 これも虫タイプよね確か」

穂乃果「うん、キャタピーは虫の単体タイプだよ」

絵里「じゃあ引き続き体当たりで倒せるわね」

絵里「なんか糸吐いてきたんだけど!?」

穂乃果「それは変化技の『いとをはく』だね。 相手ポケモンの素早さが一段階下がるから、先攻を取られやすくなるよ」

絵里「でも、攻撃力そのものは低いのねキャタピーって。 これならリグーシカが後攻でも大丈夫そう」
78: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 23:43:34.00 ID:GeWqqXZb.net
絵里「リグーシカ! 貴方の体当たりを見せてあげなさい!」

穂乃果「絵里ちゃんって役に入るのが好きなタイプ?」

絵里「え? 私ポケモンじゃないけど?」

穂乃果「いや、そのタイプじゃなくて……」

絵里「あ、勝ったわ! これで先に進めるのね!」

穂乃果「うん、おめでとう絵里ちゃん!」

絵里「ありがとう♡ これも穂乃果がサポートしてくれたお陰よ」

穂乃果「いやいや、穂乃果は何もしてないよ」

絵里「このままトキワの森で路頭に迷うところだったもの……」シクシク

穂乃果「そんな大げさな」

絵里「とりあえず、先に進みましょう」

穂乃果「うん、頑張れ!」
83: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 23:56:37.08 ID:GeWqqXZb.net
絵里「草むらがない道もあるのね。 野生のポケモンに毎回つかまるのも面倒だし、迂回してみましょう」

穂乃果「トレーナーに気をつけてね」

絵里「……ねぇ、道を塞ぐように上下をキョロキョロさせてるトレーナーっぽいのがいるんだけど」

穂乃果「反対側を向いているときに通過すればスルーできるよ」

絵里「なるほど、やってみるわ」

むしとりしょうねんの シュンスケが
しょうぶを いどんできた!

絵里「捕まっちゃったじゃない!」

穂乃果「穂乃果のせいじゃないよー!」

絵里「またキャタピーなの。 でもレベル7もあるわね」

穂乃果「リグーシカでごり押せば勝てるよ!」

絵里「大丈夫、そのつもりだから!」

絵里「体当たりが急所に当たったわ!」

穂乃果「クリティカルだね、ダメージが通常の二倍になるよ」

絵里「お陰で2ターンで倒せたわ! ハラショーよ、リグーシカ♡」

絵里「って、次もキャタピーなの」

穂乃果「戦いやすいね」

絵里「このままリグーシカを続投させれば余裕ね」

穂乃果「絵里ちゃん、だんだん余裕出てきたね」

絵里「ええ、ポケモンのことを理解して楽しくなってきたわ♪」

穂乃果「それはよかった♡ 穂乃果もポケモンを語れる仲間が増えて嬉しいな」
84: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/18(土) 00:09:29.05 ID:E0ApcdcV.net
絵里「私もよ。 あ、勝ったわ!」

穂乃果「順調だね、このまま森を駆け抜けよう!」

絵里「ええ、サクサク行くわよー」

絵里「……後ろ向いてる子がいたからなんか大事な話が聞けるのかもと思って話しかけたのに、トレーナーだっけ……」

穂乃果「それは気付こうよ……」

絵里「トランセル? バッタみたいなのが出てきたわ」

穂乃果「キャタピーが一段階進化したポケモンで、所謂サナギだよ」

絵里「へぇ、ポケモンにもサナギってあるのね。 じゃあ羽化して蝶々にでもなったりするのかしら」

穂乃果「なるよ」

絵里「なるんだ……でも見てみたいかも」

穂乃果「キャタピーを育てれれば進化するよ」

絵里「じゃあキャタピーは大切に育てないといけないわね。 ところでトランセルって、攻撃してこないのかしら」

穂乃果「トレーナーが使ってくるのはよく分からないけど、野生のトランセルは『かたくなる』っていう自分の防御を一段階上げる技しか持ってないよ」

絵里「さっきからトレーナーが繰り出したトランセルがかたくなるしか使ってこないから、こっちとしては楽なんだけど」

穂乃果「でも防御がどんどん上がるから、与えられるダメージがどんどん小さくなっていくよ」

絵里「困ったわね……あ、攻撃してこないなら弱い子を育てるチャンスじゃない」

絵里「リグーシカを引っ込めて、ニコを出すわ」

穂乃果「そいえばピカチュウのニックネームはニコちゃんなんだね」

絵里「ええ、この愛らしいフォルムはにこにそっくりだもの♪」


にこ「……クシュン!」
86: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/18(土) 00:24:58.55 ID:E0ApcdcV.net
絵里「ニコ、でんきショックよ!」

穂乃果「ピカチュウ……じゃなかった、ニコちゃんはさすが速いね」

絵里「ねずみだものね」

穂乃果「あんまり関係ない気がするけど」

絵里「トランセル倒したわ、次は……またキャタピー」

穂乃果「ここのトレーナーは基本的に虫ポケモン使いだよ」

絵里「虫とり少年ばかりだものね。っと、キャタピーは余裕で倒せたわ」

絵里「またトランセルなの……このままニコを続投させるわ」

絵里「ニコ! でんきショックよ!」

絵里「やったわ、トランセルが麻痺した!」

穂乃果「おー、これで俄然有利だね」

絵里「ところで穂乃果」

穂乃果「なに?」

絵里「麻痺ってどんな効果なの?」

穂乃果「」

穂乃果「麻痺っていうのはね、状態異常の一つで、素早さに関係なく攻撃が必ず後攻になるんだよ」

穂乃果「その上、一定の確率で体が痺れて動けないって出て、そのターンは行動不能になったりもするよ」

絵里「恐ろしい状態異常なのね」

絵里「あら? トランセルの脱皮で麻痺が治ったって出たけど」

穂乃果「あー……トランセルは特性だっぴだった」

絵里「特性?」

穂乃果「詳しい話は後にするとして、要はポケモンがそれぞれ持つ特殊能力みたいなものだよ」

穂乃果「トランセルの特性『だっぴ』は、ターン終了時に1/3の確率で状態異常が治るんだ」
89: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/18(土) 00:46:11.76 ID:E0ApcdcV.net
穂乃果「HPがゼロになった時の『ひんし』っていう状態以外全てが治る対象だよ」

絵里「ポケモンって奥が深いのね」

穂乃果「ポケモンの持つ特性やタイプを考えてパーティーを組むのも楽しみの一つだからね」

絵里「なるほど、チェスとかで相手の次の手を先読みするのと似た感じなのね」

穂乃果「穂乃果はチェスやったことないから分かんないけど、多分そんな感じだよ」

絵里「よし、トランセルも倒して勝敗つけたわよ」

穂乃果「そろそろ出口だね、最後にもう一回強制のトレーナー戦があるから気をつけて」

絵里「まだ戦うの……あ、一本道の端に人が立ってるわ」

穂乃果「それが出口前にいる最後のトレーナーだよ」

絵里「最後なら仕方ないわね、勝負!」

絵里「あら、相手はたった一匹なのね。 それもビードル」
90: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/18(土) 00:47:25.76 ID:E0ApcdcV.net
穂乃果「油断しちゃダメだよ、レベルは高いからね」

絵里「大丈夫よ、ニコで軽く突破してみせるわ」

穂乃果「心配だなあ……」

絵里「ニコ! でんきショックよ!」

絵里「あ! ニコが毒針に当たって毒を浴びたわ!」

穂乃果「落ち着いて、絵里ちゃん。 どくけしのアイテムは買ってあるよね?」

絵里「あ、ええと……あるわ」

穂乃果「なら平気だよ、それで毒は治せるから」

絵里「じゃあニコが息絶えちゃう前に解毒しないと」

穂乃果「ピンチじゃなかったら戦闘後でもいいんだよ」

絵里「HPが黄色だから結構ピンチなのよ」

穂乃果「そっか、絵里ちゃんはピカチュウを優先して育てるんだね」

絵里「ええ、だってこんなに可愛いんだもの♡」

絵里「ついでにキズぐすりも使ってHPを回復してっと」

絵里「さぁニコ、とどめのでんきショック!」

穂乃果「おー、勝ったね!」

絵里「ニコのレベルもかなり上がったわ」

穂乃果「トキワの森も出口まで来たよ」

絵里「本当? やっとムシムシパラダイスから抜け出せるのね」

穂乃果「お疲れ様、絵里ちゃん」


エリーチカ 手持ちポケモン

フシギダネ♂ リグーシカ Lv11
たいあたり/なきごえ/やどりぎのタネ/つるのムチ

ピカチュウ♀ ニコ Lv8
でんきショック/なきごえ/しっぽをふる/でんじは

ビードル♂ ツノッこ Lv4
どくばり/いとをはく

キャタピー♀ イモイモ Lv4
たいあたり/いとをはく

ポッポ♀ ことり Lv3
たいあたり
92: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/18(土) 00:59:39.99 ID:E0ApcdcV.net
絵里「ニビシティ、到着!」

穂乃果「おめでとー!」パチパチ

絵里「まずはポケモンセンターでみんなを回復させないといけないわね」

絵里「ポケモンセンターにポケモンがいるわ!」

穂乃果「絵里ちゃん、それは普通のことだよ」

絵里「だってこのピンク色のまん丸いポケモン、ボールから出てるわよ! しかもなんか歌ってるわ」

穂乃果「ああ、プリンだね。 この先の草むらで捕まえられるよ」

絵里「本当!? 急いで向かわなくちゃ」

穂乃果「待って絵里ちゃん! ニビシティからはジムリーダーと戦うんだよ」

絵里「えー、やだやだ! エリチカ、プリン捕まえに行くの!」

穂乃果「うーん……まぁ、行きたいなら止めないけど(どの道タケシを倒さないとジム前に連れて行かれちゃうから)」

絵里「……町から出ようとするとジムの前に連れて来られるんだけど」

穂乃果「ね、だからまずはジムリーダーを倒さないといけないんだよ」

絵里「むぅ」
94: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/18(土) 01:10:51.91 ID:E0ApcdcV.net
穂乃果「それよりさ、ちょっと博物館でも行こうよ」

絵里「博物館?」

穂乃果「うん、ニビシティの一番上にある大きな建物だよ」

ニビ かがく はくぶつかん

絵里「ここね」

穂乃果「見学料50円を払って中に入ると、化石が見れるよ」

絵里「なんの化石?」

穂乃果「古代ポケモンの化石」

絵里「へぇー、なにか意味があるの?」

穂乃果「うん、追々分かることだけど自分の目で確かめてみてね」

絵里「あら、勿体ぶるのね。 なら楽しみにしてるわ」

絵里「これが古代ポケモン? カブトプスとプテラって書いてあるけど」

絵里「これ、あくまでも化石よね? 見物できるのはこれだけなのかしら」

穂乃果「2階もあるよ」

絵里「オツキミやま?」

穂乃果「ニビシティの先にあるダンジョンだね。 そこですごく珍しいポケモンと出会えるよ」

絵里「へぇ、珍しいポケモンかぁ。 ピカチュウより珍しいのかしら」

穂乃果「出現率はかなり低いからね。 ピカチュウより珍しいかは分からないけど、とっても可愛いよ」

絵里「可愛いの!? それなら是が非でも捕まえないとね」
95: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/18(土) 01:20:47.08 ID:E0ApcdcV.net
穂乃果「絵里ちゃんは可愛いポケモンが好きなんだねー」

絵里「そりゃ当然よ。 見た目の愛らしさも大切なステータスだもの」

穂乃果「じゃあ絵里ちゃんはゴーストタイプのポケモンは苦手かもなぁ」

絵里「……え? ゴースト?」

穂乃果「うん、ゴースト」

絵里「穂乃果、いくら私がお化け苦手だからってゴーストタイプのポケモンに怖がったりするわけないじゃない」

穂乃果「じゃあなんで目が泳いでるの?」

絵里「え、こ、これは……そう! 目の体操よ!」

穂乃果「ふーん」

穂乃果「まぁ、いずれはゴーストタイプのポケモンとも戦うことになるよ」

絵里「えぇ……」

穂乃果「その時が来たら絶対呼んでね!」ニコニコ

絵里「絶対嫌よ!」

穂乃果「そんなこと言わないでよー、穂乃果も一緒なら怖くなくなるよきっと!」

絵里「そんなこと言って、私が怖がってるところ見たいだけでしょ!」

穂乃果「そんなことないよー」

絵里「ならそのにやけ顔をなんとかしてから言いなさい、まったく……」

穂乃果「てへへ、ごめんね」

絵里「それで、このオツキミやまってところに行くためには」

穂乃果「もちろん、ニビシティのジムリーダーを倒してからだよ」

絵里「そうなるわよね……あんまり戦うのは気が進まないけど、仕方ないか」

絵里「ところで、つきのいしって重要なアイテムなの?」

穂乃果「あるポケモンを進化させるのに使うアイテムだよ」

絵里「そうなんだ、じゃあ必ずしも入手する必要はないのね」

穂乃果「進化させたくない場合はねー」
96: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/18(土) 01:31:55.13 ID:E0ApcdcV.net
>>86
麻痺の効果の訂正


穂乃果「ところで絵里ちゃん、さっき麻痺の状態異常について話したけど」

穂乃果「あれ、穂乃果の勘違いで正しくは麻痺になったポケモンはすばやさが1/4になるんだよ」

絵里「あら、そんなに遅くなるの」

穂乃果「うん、だから実質的に後攻ポジションになっちゃう感じなんだ」

穂乃果「間違った情報教えちゃってごめんなさい」

絵里「気にしないで、穂乃果がいてくれるお陰でポケモンに詳しくなってきたんだもの」

穂乃果「えへへ、ありがとう♡」
98: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/18(土) 01:52:16.06 ID:E0ApcdcV.net
絵里「それじゃあそろそろ、ニビシティのジムリーダーを倒しに行きましょうか」

穂乃果「初戦は絵里ちゃんが一人で頑張ってみてね! 穂乃果、隣で応援してるから!」

絵里「ありがとう、心強いわ」

絵里「さ、ニビシティジムに着いたわ」

穂乃果「がんばれー!」

絵里「中は思ったより狭いのね。 あの中央にいる人がリーダーかしら」

穂乃果「そうだよー」

絵里「じゃあ早速……って、横からトレーナーが」

穂乃果「前哨戦みたいなものだよ、ファイト!」

絵里「イシツブテ? 石に手が生えてるわよ」ハラショー

絵里「よし、こっちはニコで勝負よ!」

穂乃果(あっピカチュウは……)

絵里「ニコ、でんきショック!」


あいての イシツブテには
こうかが ない みたいだ……


絵里「…………あれ?」

絵里「も、もう一度でんきショック!」

絵里「嘘でしょ……でんきショックが効かないなんて」

絵里「穂乃果ぁ……」ウルウル

穂乃果「えっとね、絵里ちゃん。 イシツブテは岩/地面タイプで地面タイプは電気技が一切効かないんだよ」

絵里「そうなの?」
99: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/18(土) 01:54:13.50 ID:E0ApcdcV.net
穂乃果「うん、だからここでニコちゃんはまずいよ」

絵里「それじゃあ、ええと……ええと……」

絵里「あ、リグーシカがいるじゃない。 こうなったら最高レベルのこの子で押し切るわ!」

穂乃果(相性的には正解だね)

絵里「さぁ、リグーシカ出番よ!」

絵里「たいあたり!」

穂乃果(えぇ……)

絵里「あら、効果は今ひとつって言われるわね」

絵里「それじゃあ、つるのムチ!」

こうかは ばつぐんだ!

絵里「!? 一撃でイシツブテが沈んだわ!」

穂乃果「岩も地面タイプも草タイプに弱いからね」

絵里「じゃあリグーシカがいれば」

穂乃果「多分、ここは余裕で勝てるよ」

絵里「そっか♪ これは波に乗ってきたわね」

絵里「次の相手は、サンド? アルマジロかしら」

穂乃果「可愛いよね」

絵里「そうね、目がつぶらで可愛いわ♡」

絵里「でも敵なら容赦しないわよ! リグーシカ、つるのムチ!」

こうかは ばつぐんだ!

絵里「フッフッフ、このエリーチカの快進撃は止められないわ!」

穂乃果(絵里ちゃん本当に楽しそう♪)

絵里「やったわ、キャンプボーイに勝ったわよ!」

穂乃果「おめでとう! 次はいよいよリーダー戦だよ」
103: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/18(土) 02:14:01.73 ID:E0ApcdcV.net
絵里「じゃあまずはポケモンを回復してっと」

つキズぐすり

絵里「これで完璧」

絵里「さぁ、勝負よ!」

穂乃果「頑張れ、絵里ちゃん!!」

絵里「これがニビシティ、ジムリーダーの『タケシ』ね」

穂乃果「タケシは自分で言ってる通り岩タイプのポケモンを使うよ」

絵里「ということは」

穂乃果「リグーシカなら勝てる相手だよ!」

絵里「そうよね、リグーシカなら勝てるわよね!」

絵里「まずはイシツブテね。 つるのムチよ、リグーシカ!」

穂乃果「おお、一撃でイシツブテが沈んだよ!」

絵里「さぁ、次が最後のポケモンね」

絵里「イワーク? なんかすごそうな名前ね」

穂乃果「絵里ちゃんとリグーシカなら勝てるよ!」

絵里「ええ、リグーシカを信じてる!」

絵里「ハラショー……岩で出来たヘビみたいね」

絵里「でも怯んじゃダメよエリーチカ、プリンを捕まえに! オツキミやまに行くために!」

穂乃果(オツキミやまにプリンはいないけど、水を差すのはよくないよね)

絵里「リグーシカ、つるのムチ!」

こうかは ばつぐんだ!

あいての イワークは たおれた!


ジムリーダーの タケシ

との しょうぶに かった!
104: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/18(土) 02:14:59.27 ID:E0ApcdcV.net
絵里「あ」

穂乃果「お?」

絵里「勝った……」

絵里「勝ったわ! 勝ったわよ穂乃果!!」

穂乃果「うん! やったね!!」ハイタッチ!

絵里「これで、エリーチカのポケモンマスターへの道が一歩近付いたわ」

穂乃果「うんうん、この調子だよ!」

絵里「あら、タケシからわざマシン39をもらったわ」

穂乃果「わざマシンはポケモンに技を覚えさせられる道具だよ」

穂乃果「でも、ポケモンによっては覚えられない技もあるし、わざマシンは『使い捨て』だから使うときは慎重にね」

絵里「オッケー、大切にするわ」

絵里「それにしても、さすがに疲れたわね……」

穂乃果「トキワの森でいっぱい白熱したもんね」

絵里「でも不思議ね、とても充実してるわ」

穂乃果「絵里ちゃん、ポケモンがすっかり大好きになったみたいだね」

絵里「ええ、これからはμ'sの練習サボってポケモンやろうかしら」フフッ

穂乃果「そ、それはダメだよ! 穂乃果だって本当はポケモンやりたいのに我慢してるんだからね」

絵里「あら、穂乃果はポケモンとμ'sどっちが好きなの?」

穂乃果「えぇぇ、そんなの選べるわけないよ! どっちも大事だもん」

穂乃果「そういう絵里ちゃんは、μ'sよりポケモンが大事なの?」

絵里「私? 私はね」


絵里「どっちも大好きに決まってるじゃない♡」


次章へつづく
105: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/06/18(土) 02:17:25.34 ID:E0ApcdcV.net
明日から引越しのため一週間ほどネットに繋げなくなるため、ここで一度SSは区切ります
27日頃から開通予定なのでその頃までに書き溜めてまたスレ建てします
こちらのスレはこのまま落として頂いて大丈夫です

ここまで見て頂いて有難うございました
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『亜里沙「お姉ちゃん、ポケモンやろう」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。