海未「団扇が欲しいですね」真姫「扇子ならあるわよ」

シェアする

うみまき-アイキャッチ1
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/14(月) 12:49:18.25 ID:DRUEwRnjO
ガヤガヤ…



海未「…不味いですね」

海未「穂乃果達と離れ離れになってしまいました」

海未「この人混みの中では捜すのは難しいですから…しばらく待っていましょう」

海未「しかしベンチなどの腰掛けは殆ど先客がいますね…何処で休んでいましょうか」


カツカツ









真姫「あれ、海未じゃない」

海未「真姫、来ていたんですね。こんばんは」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1405309758

元スレ: 海未「団扇が欲しいですね」真姫「扇子ならあるわよ」

スポンサーリンク
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/14(月) 13:09:49.26 ID:DRUEwRnjO
海未「1人ですか?」

真姫「そんなわけないじゃない」

真姫「凛と花陽と一緒に来てたんだけど、凛が花陽連れてさっさと行っちゃって」

海未「はぐれたのですね」

真姫「置いてかれたのよ」

真姫「そういう海未はどうなのよ」

海未「私も穂乃果とことりと一緒に来ていたのですが…」

真姫「はぐれたちゃったのね」

海未「置いてかれたんです」

真姫「そう」


ガヤガヤ…









海未「…さて、どうしましょうか」

真姫「人多い…帰ろうかな」
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/14(月) 13:17:13.51 ID:DRUEwRnjO
海未「帰るのですか?」

真姫「だって1人で回っても疲れるだけだし」

海未「それはそうですが…」

真姫「ただでさえ暑いのに…人混みでもっと暑い」

海未「あ、それなら…」

海未「先程団扇が配られていたので頂きました。いりますか?」

真姫「ありがとう。でも遠慮しとく」

真姫「私、扇子持って来たから」

海未「扇子ですか」

真姫「うん、ほら」 スッ

海未「綺麗な扇子ですね」

真姫「でっしょー?私も気に入ってるの」

真姫「見てて。真姫ちゃんの華麗な扇子捌きよ」

真姫「えいっ」バッ











海未「…真姫、扇子が途中までしか開けていませんが」

真姫「……」
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/14(月) 13:27:34.74 ID:DRUEwRnjO
真姫「こういう造りなのよ」 プチプチ

海未「そうですか」

真姫「はぁ…風が生温い」 パタパタ

海未「外ですからね」

真姫「わかってるけど…それでもやな感じ」

海未「仕方ありませんよ」

真姫「はぁ…あの二人どこ行っちゃったのよ」

真姫「この真姫ちゃんを置いていくなんて」

海未「うーん…あっ」












海未「真姫、よろしければ一緒に周りませんか」

海未「穂乃果や凛達を捜すのも兼ねて」

真姫「えっ?」
6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/14(月) 14:18:59.57 ID:DRUEwRnjO
海未「折角ここまで足を運んで何もせずに帰るのは勿体無いですよ」

真姫「それはそうだけど」

海未「私も1人で周るのは寂しいですし…かと言ってずっと待っているのも退屈なので」

海未「真姫が一緒に周ってくれたらとても嬉しいです」

真姫「…そう?」

海未「はい」

真姫「……」











真姫「仕方ないわねー。海未にそこまで言われたら…」

真姫「ついて行かないと私が嫌な人みたいじゃない」

海未「ふふっ、ありがとうございます」
7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/14(月) 14:33:41.88 ID:DRUEwRnjO

ガヤガヤ…



真姫「…本当、人が多いわね」

海未「祭事ですからね。賑わいがないと逆に寂しい物ですよ?」 パタパタ

真姫「それもそうね」

真姫「それにしてもその団扇、凄くいい加減な造りしてるわね」

海未「丸い厚紙をくり抜いただけですからね」パタパタ

海未「でもこの広告が載っている団扇って、何だか見てて楽しくないですか?」

真姫「別に特には…」

海未「そうですか…」 シュン

真姫「それ、くり抜いてある部分に親指ずっと入れてたら皮が剥けちゃうから気をつけなさいよ?」

海未「はい、分かっています」

真姫「ならいいけど…」












海未「さて、まずは何か」

真姫「海未、射的屋にトマトジュースが景品になってるやりたい」

海未「早いですね」
9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/14(月) 15:22:18.10 ID:DRUEwRnjO
真姫「おじさん一回」

海未「やり方は分かりますか?」

真姫「当然でしょー」 カチャ

真姫「えいっ」 カチンッ

真姫「…ちょっと、この鉄砲弾が出ないんだけど」

海未「分かってないじゃないですか…」

真姫「壊れてるの?」

海未「違います」 カチャ

海未「まずはそこにあるコルク弾を銃口に詰め込みます」 ギュ

真姫「あ、弾ってそれなんだ」

海未「次にボルトを引いて…」カチッ

海未「はい、これで撃つことが出来ますよ」

真姫「ありがとう」

真姫「……」

真姫「やっ!」 ペコンッ!


ペコンッ! パコンッ! ペコンッ!













海未「…擦りもしませんでしたね」

真姫「むー…」
10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/14(月) 15:34:51.29 ID:DRUEwRnjO
真姫「ちょっと、これ銃身曲がってるんじゃないの」

海未「言いがかりはやめましょう。みっともないですよ」

真姫「だって一発も当たらないなんておかしいじゃない」

海未「もう…仕方ないですね」

海未「おじさん。私も一回お願いします」 チャリン

真姫「やるの?」

海未「射的には自信がありますので」

真姫「流石弓道部ね」

海未「少し違いますがまぁいいでしょう」チャキッ









海未「……ふふ」

海未「久しぶりです…この感覚、緊張感…ふふふ」

真姫(なんか危ない人みたい)
11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/14(月) 15:42:51.80 ID:DRUEwRnjO
海未「あ、ついでなので教えておきますね」

海未「真姫、ちゃんと照星と照門を合わせて狙いましたか?」

真姫「なにそれ?」

海未「銃には照準を合わせるために二つの覗き穴があります」

海未「銃口の先にある部位と後ろのここです」

真姫「あ、それ凄く邪魔で撃ちにくかったわ」

海未「この二つの門が目標に重なる様に銃を動かす事で狙いを定める事が出来るんです」

海未「そして、狙いが定まったと思ったら…引金を引いて」

海未「撃つ!」 パコンッ!

真姫「っ!?こ、これは…!」













真姫「見事に擦りもしなかったわね」

海未「……」
12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/14(月) 15:47:18.89 ID:DRUEwRnjO
海未「おかしいです」 パコンッ!


真姫「ストライク」


海未「ちゃんと合わせているのに」 ペコンッ!


真姫「ストライク、ツー」


海未「一発も当たらないなんて、そんな馬鹿な」 パコンッ!


真姫「ストライク、スリー」














海未「……」

真姫「チェンジ」 カシテカシテ
20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/14(月) 16:27:14.80 ID:DRUEwRnjO
海未「おかしいです。あれ絶対銃身曲がってます。間違いありません」

真姫「言いがかりはやめなさいよ。みっともないわよ」 カシュ

海未「くぅ…」

真姫「でもよかったじゃない。一本ずつ貰えたから」 ゴクゴク

海未「自分の腕で手に入れたかったです…」 カシュ

海未「んくっ…トマトジュースって初めて飲みました」

真姫「これ飲みやすい」

海未「飲みにくい物もあるんですか?」

真姫「トマトだけの味しかしない物もあるわ」

真姫「凛に飲ませたら血反吐吐いたみたいに盛大に撒き散らしたの」

海未「表現どうにかなりませんかそれ」

真姫「だって事実だから仕方ないでしょー」

海未「それはそうですが…」












海未「あ、ヨーヨー釣りがありますね。…やってもいいですか?」

真姫「いいわよ。私もやる」
23: ◆J56L221nBM 2014/07/14(月) 16:42:16.06 ID:DRUEwRnjO


ガヤガヤ…



海未「…ヨーヨー釣りって、あんなに難しかったでしょうか?」

真姫「私初めてやったから分からない」

海未「紙紐を水中に入れた時間が長かったのでしょうか…それとも端を持ち過ぎて重さに耐えられず…」 ブツブツ

真姫「……」

海未「…真姫?」

真姫「海未って、物事に何でも真剣になれちゃうのね」

海未「えっ?」

真姫「ちょっと羨ましい」

海未「いえそんな…真姫もそうではないですか?」

真姫「そう見える?」

海未「はい」

海未「先週の雨の時だってずっと作曲に没頭していたじゃないですか」

真姫「それは私の役目だから…」

海未「私の作詞にも真剣に考えてくれている様に見えましたが?」

真姫「…うん」

海未「ほら、一緒じゃないですか」













真姫「…まぁ、そうね」 クルクル

海未「はい、一緒です」 ニコッ

24: ◆J56L221nBM 2014/07/14(月) 17:13:01.81 ID:DRUEwRnjO
海未「さて、次は何処に行きましょうか」

真姫「ねぇ海未」

海未「なんですか?」

真姫「…お腹すいた」

海未「あっ…ふふっ」

真姫「何よー」

海未「いえ、楽しんでばかりだったのでご飯の事をすっかり忘れていまして」

真姫「そろそろ真姫ちゃんのお腹が悲鳴あげるわよ」

海未「はいはい、じゃあ色々と見て周りましょう」

真姫「うん」

海未「ここから見えるのは…焼きそば、かき氷、たこ焼き、わたあめ…その位ですかね」

海未「何処に行きましょうか?」

真姫「どうしよう…うーん」












真姫「うん、全部」

海未「全部ですか」

真姫「全部」

海未「そうですか」
26: ◆J56L221nBM 2014/07/14(月) 17:23:55.30 ID:DRUEwRnjO

マイドアリ-



真姫「たこ焼き」

海未「たこ焼きですね」

真姫「隣にお好み焼きみたいな物も売ってたわね」

海未「あれははしまきと言って、お好み焼きの生地を少し薄くして箸に巻き、縁日用に食べやすくした物です」

真姫「興味あるわ」

海未「その前にたこ焼きを食べましょう。冷めてしまっては美味しさも半減してしまいますので」

真姫「そうね」

海未「では開けましょう」パカッ













真姫「…ねぇ海未」

海未「なんですか?」

真姫「なんで海未のたこ焼き何もかかってないのよ」
27: ◆J56L221nBM 2014/07/14(月) 18:05:44.82 ID:DRUEwRnjO
海未「あぁこれですか?」

海未「わざと店主さんに抜いてもらったんです」

真姫「えっ?」

海未「この食べ方は昔、父から教わったのですが…」 パカッ

海未「たこ焼きにネギだけを乗せて、塩を振りかけて食べるんです」パッ パッ

真姫「塩?」

海未「はい」

真姫「…美味しいの?」

海未「さっぱりとしててオススメですよ」

真姫「ふぅん」

真姫「…食べてもいい?」

海未「はいどうぞ」

真姫「ありがとう」

真姫「…はむっ」ホクホク

真姫「……」 モグモグ

海未「どうですか?」












真姫「…本当、意外と合うわ」 ハフハフ

海未「はい、そうでしょう?」 フフッ
28: ◆J56L221nBM 2014/07/14(月) 18:15:50.16 ID:DRUEwRnjO
真姫「本当、本当に意外なんだけど…」パクッ

真姫「たこ焼きって、こんな味だったんだ…」ハフハフ

海未「たこ焼きと言ったらソースの味のイメージがありますからね」

海未「素材の味とまでは言いませんが、たこ焼きがソース以外にも味がある事が分かって楽しいです」

真姫「そうね…なんか新しい発見したみたいでびっくりしてるわ」

海未「他にもお出しに少し浸して明石風に食べてみたり、チヂミの様に揚げてポン酢で食べたりなど…」

海未「調べたら沢山食べ方があるみたいでした」

真姫「やってみたいわね」モグモグ

海未「機会があれば挑戦してみましょう」

真姫「そうね」モグモグ











海未「ところで真姫、私のたこ焼き全部食べてしまいましたね」

真姫「あ」

海未「…ふふっ、そっちのソースたこ焼き、頂けますか?」

真姫「うん。どうぞ」

海未「ありがとうございます。いただきますね」
29: ◆J56L221nBM 2014/07/14(月) 18:50:13.76 ID:DRUEwRnjO

ガヤガヤ…



海未「次は何を食べますか?」

真姫「かき氷食べてみたいわ」

海未「かき氷ですか…味は何にしましょうか」

真姫「それなんだけど、ちょっと頼みたい事があるの」

海未「なんですか?」

真姫「私と海未、別々の物を買って食べない?」

海未「…?」

真姫「ちょっと試したい事があって…ずっと気になってるのよ」

海未「別々に構いませんが…では私はいちごにしましょうか」

真姫「私はメロンにするわ」

海未「わかりました…すみませーん」


アリャシタ-











海未「では、いただきましょうか」

真姫「そうね」
30: ◆J56L221nBM 2014/07/14(月) 19:00:40.10 ID:DRUEwRnjO
海未「はむっ」シャク

海未「…~っ!」

真姫「どうしたのよ?」

海未「き、きました…いきなり…キーンとっ…」 ズキズキ

真姫「アイスクリーム頭痛ね」

海未「か、かき氷ですが…」

真姫「西洋ではそう呼ばれてるのよ」

海未「そ、そうなんですか…」

海未「…ふぅ」

真姫「治った?」

海未「はい…一瞬だけでしたので」

真姫「長い人は2~3分も頭痛が続くらしいわ」

海未「想像したくありませんね…」

海未「ところで真姫、試した事とは一体何ですか?」

真姫「あ、やってもいい?」

海未「構いませんよ」

真姫「分かった」











真姫「……」 ギュッギュッ

海未「…あの、真姫」

海未「何故私の目を手ぬぐいで隠しているのですか?」

真姫「大丈夫、これまだ使ってないから」

海未「いやそういう事を言っているのではなく…」
31: ◆J56L221nBM 2014/07/14(月) 19:58:08.57 ID:yYWmVMQio
真姫「海未、見える?」

海未「何も見えません」

真姫「はい、じゃあちょっと鼻もつまむわね」

海未「えっ?ふぁ?」 グイッ

海未「ま、真姫…?」

真姫「ちょっと我慢してね」 シャク

真姫「はい、あーん」

海未「???」 アーン

海未「あうむっ…んぐ」 シャリシャリ

海未「…ごっくん、かき氷…?」

真姫「はい、もういいわ」 シュルシュル

海未「…ふぅ。もう、何なんですか一体」














真姫「ねえ、さっきのかき氷…いちごとメロン、どっちだったと思う?」

海未「えっ?」
32: ◆J56L221nBM 2014/07/14(月) 20:08:30.57 ID:yYWmVMQio
真姫「どっちだと思った?」

海未「えっと…いちご」

海未「いや、メロンだったような…」

海未「いえ、やっぱりいちごです」

真姫「…答えはメロンよ」

海未「えっ!?」

真姫「ふーん…あれって本当だったんだ」

海未「何がですか?」

真姫「この前ちょっとテレビを観てたんだけど、かき氷のシロップは視覚と嗅覚を止めることで」

真姫「どんなシロップでも同じ味に感じるって言ってたのよ」

海未「それは本当ですか?」

真姫「うん、だからちょっと試してみたくて…」

海未「もう、それならそう一言言ってくださればいいのに」

真姫「ごめん、言ったら変に意識しちゃって判断ついちゃうんじゃないかと思って」

真姫「海未って、そういう神経鋭そうだし」

海未「うーん…否定はできませんね」

真姫「でっしょー?」











海未「でも私だけでは確信が持てない真姫もやってみてください」 ギュッギュ

真姫「…まぁそうなるわよね」
35: ◆J56L221nBM 2014/07/14(月) 20:20:35.37 ID:yYWmVMQio
海未「見えますか?」

真姫「全然見えない」

海未「では鼻もつまみますよ」 グイッ

真姫「ふんぁ…」

海未「はい、あーん」 

真姫「あー」

海未「あ」 ポロッ

真姫「ひゃああ!?冷たいっ!」 

海未「すみません、バランスを崩して落としてしまいました」

真姫「ちょっとやめなさいよ…びっくりするじゃない」

海未「ではもう一度」 シャク

真姫「あー」

海未「……」

真姫「……?」

海未「……」












海未「…食べ物を粗末にしてはいけませんね」 シャク 

真姫「あむっ…んっ…んう…」 シャリシャリ
36: ◆J56L221nBM 2014/07/14(月) 21:51:13.73 ID:yYWmVMQio
海未「どうですか?」

真姫「…いちご?」

海未「正解です」

真姫「あ、当たってたんだ」

海未「もしかして勘ですか?」

真姫「ううん、味が何となくいちごだったから」

海未「そうですか」

真姫「むぅ…人によって感じ方が違うのかしら?」

海未「かもしれませんね」

真姫「んー…何か釈然としないわね」

海未「まぁ、別にいいじゃないですか」

海未「この色とシロップの甘い香りを楽しみながら食べるのがかき氷の良さだと私は思いますよ?」

真姫「…そうね。海未の言う通りだわ」

海未「では食べてしまいましょう。溶けてしまっては勿体無いですよ」

真姫「そうね」


シャリシャリ シャリシャリ











真姫「…かき氷、美味しいわね」

海未「はい、氷がふわふわでとっても甘いです」
37: ◆J56L221nBM 2014/07/14(月) 22:03:25.46 ID:yYWmVMQio

・・・・・・・・・・・・・



真姫「…結局みんな見つからなかったわ」

海未「はい…はい、分かりました。私達も後で向かいます」 ピッ

真姫「穂乃果?」

海未「はい。どうやら盆踊りに参加するとのことです」

海未「凛と花陽も一緒にいるそうですよ」

真姫「盆踊り…」

海未「私達は…どうしますか?」

真姫「私は…遠慮しとく」

真姫「海未は踊りたいの?」

海未「え、えっと…」

海未「どちらかと言うと…そこまでは」

真姫「……」

海未「……何ですか」












真姫「…くすっ」

海未「も、もうっ…ふふっ」

海未「花火が打ち上がるまで、神田明神で座っていませんか?」

真姫「賛成。行きましょう」
38: ◆J56L221nBM 2014/07/14(月) 22:57:24.70 ID:yYWmVMQio
真姫「ふぅ…」

海未「やっと落ち着けますね」

真姫「食べる時以外ずっと立ちっぱなしだから疲れた」

海未「私もです」

真姫「あっつい…」 バサッ パタパタ





海未「…おや?」 

真姫「なに?」

海未「真姫、その扇子ですが…」

海未「香水か何かをつけていますか?」

真姫「ん?これ?」

海未「はい」

海未「扇いだ時にふわりと漂ってきたので…」

真姫「よく気づいたわね」

真姫「えい」 パタパタ

海未「あっ…」 フワッ…










真姫「どう?心が安らぐでしょ」

海未「はい…とってもいい香りです」
39: ◆J56L221nBM 2014/07/14(月) 23:31:17.47 ID:yYWmVMQio
真姫「この扇子、サンダルウッドのオイルで匂い付けしてるの」

海未「サンダルウッド…白檀ですか?」

真姫「そうね」

真姫「そこまで高くない白檀扇子だから段々と匂いは薄れちゃうけど…」

真姫「でも、アロマはいい物を使ってるからリラックス効果は保証できるわ」

海未「凄いですね…」








真姫「……」 パタパタ

海未「……」

真姫「…海未?」

海未「あっ…すみません」

真姫「寝ようとしてた?」

海未「いえ、何だか頭の中がスッキリとしていたので」

海未「いつの間にか瞑想を行っていました…」

真姫「面白い事言うのね」 フフッ

海未「すみません…」

海未「お詫びにこの団扇で扇いであげますね」 パタパタ

真姫「ちょ、いいわよ別に…」

海未「それっ」 パタパタ

真姫「きゃっ…もうっ!海未!」

海未「ふふふっ」
40: ◆J56L221nBM 2014/07/14(月) 23:35:41.20 ID:yYWmVMQio


ヒュ~…


バーンッ!






海未「あっ…」

真姫「…花火、始まったみたいね」

海未「そうですね」

真姫「……」 ヒューン

海未「……」 バーンッ!








真姫「…ねぇ、海未」

海未「何ですか?」

真姫「…その」

真姫「誘ってくれてありがとう。とっても楽しかった」

海未「真姫…」










海未「…はい、私もとても楽しかったですよ」

真姫「うん」
41: ◆J56L221nBM 2014/07/14(月) 23:42:42.59 ID:yYWmVMQio


・・・・・・・・・



真姫「…花火が終わったら、急に静かになったわね」

海未「この静けさも、祭事の醍醐味です」

真姫「そうなの?」

海未「はい」

海未「楽しんだ事を家族や友人と話したり、虫の鳴き声を聞きながら帰り道を歩いたり」

海未「いわゆる余韻を楽しむというものですね」

真姫「…そっか」

海未「はい」

真姫「……」 パタパタ

海未「……」 パタパタ









真姫「…うん、悪くないわ」

海未「そうですか。良かったですね」
42: ◆J56L221nBM 2014/07/14(月) 23:52:35.30 ID:yYWmVMQio
海未「では、人も少なくなってきましたし…穂乃果達と合流しましょうか」

真姫「結局ずっと二人で過ごしちゃったわね」

海未「そうですね」

海未「でも、いい経験も出来ました」

真姫「経験?」

海未「はい、真姫のおかげで扇子に興味が出来ました」

海未「今度家にないか探してみます」

真姫「海未の家ならありそうね」

海未「そうですかね」

真姫「うん。なんかそんなイメージ」

海未「ふふっ…見つけたら私にも、少しアロマをお貸しいただけないでしょうか?」

真姫「いいわよ、この真姫ちゃんが直々に香り付けをしてあげるわ」

海未「はい、ありがとうございます」 パタパタ

真姫「うん」 パタパタ










海未「…この団扇には、無理でしょうか?」

真姫「無理に決まってるでしょー?」

海未「冗談ですよ、ふふっ…」






~おわり~
44: ◆J56L221nBM 2014/07/14(月) 23:56:24.62 ID:yYWmVMQi0
http://i.imgur.com/Wl3Xm6j.jpg
1405309758-レス44-画像
夏編終わり
また秋になったら会おうぜ





近いうちに超えちゃいけないライン超えたSS書きます。
暖かい目で見守ってて下さい。
じゃあの

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
海未「団扇が欲しいですね」真姫「扇子ならあるわよ」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『海未「団扇が欲しいですね」真姫「扇子ならあるわよ」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。