穂乃果「おまたの臭いが一番キツくない娘が次期リーダー!?」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ1
1: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/07(火) 01:36:08.88 ID:YwUYMCHb.net
音ノ木坂女学院 アイドル研究部 部室

一同「え〜っ!?」


突然の園田の提案に驚愕する一同

これから一体 何が始まるのか!?


海未「そうです」

海未「私達は女子高生
年頃の娘なら、身だしなみ、エチケットに気を使うのは当たり前」

海未「まして、私達はスクールアイドルなのですよ?」

海未「仮にもそのアイドルが
よりにもよって
おまたから悪臭を漂わせていたら」

海未「どう思います?」

花陽「そ、それはぁ……」

凛「人気無くなるよねぇ−」

元スレ: 穂乃果「おまたの臭いが一番キツくない娘が次期リーダー!?」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/07(火) 01:40:18.66 ID:YwUYMCHb.net
海未「そうです!」

海未「そんなデリカシーがない娘が」

海未「今やアライズに並ぶラブライブ有力候補
ミューズのリーダーなんかを務めていたら
どうなります?」

穂乃果「それはマズいよ!」

穂乃果「てか
何で私を見ながら言うの!?」

海未「別に穂乃果が臭いと言っているわけではありません」

海未「ラブライブはそれだけ厳しいと言う話をしているのです」
6: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/07(火) 01:45:28.49 ID:YwUYMCHb.net
ことり「じゃあ、良い香りをしていれば……OK?」

海未「それが、そうとも限らないのです」

海未「嗅覚には個人差があります」

海未「そして……
匂いに対する好みも千差万別」

海未「ある人に取っては素晴らしい芳香でも」

海未「別の方が嗅げば酷い悪臭」

海未「こう言う場合もあり得るのです」

一同「……」
9: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/07(火) 01:53:20.29 ID:YwUYMCHb.net
希「だとすると」

希「合否の基準はどこら辺にあるん?」

海未「それはズバリ……無臭ですっ!」

一同「ま、マジでぇ〜!?」

海未「最初から無臭ならば
悪印象を与える可能性は皆無」

海未「災いは根から絶つべき……
むしろ、この位自分の体に気を使える者こそが」

海未「真のリーダーに相応しい」

一同「……」
12: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/07(火) 01:58:54.62 ID:YwUYMCHb.net
絵里「それで……
匂いが最も少ないメンバーを
リーダーに据える、と」

真姫「ナニソレイミワカンナイ」

にこ「……」

穂乃果「う、海未ちゃんさぁ……」

ことり「これは……ムリがあるような」

花陽「イマイチ展開が……分からないよね」

凛「こんなんでリーダー決めるなんて」

凛「気が進まないにゃあ」

真姫「下らないわね」

希「いくらなんでも、強引やない?」

絵里「そうね
もう少し妥当な方法で」
15: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/07(火) 02:03:44.34 ID:YwUYMCHb.net
海未「むーっ!」

海未「みなさん!そんな事言って」

海未「本当はおまたの匂いに
不安を抱いているからじゃないですか!?」

一同(ギクリ)

海未「それをひた隠しにするため
あれこれ口上を述べて回避を試みるとは」

海未「何と情けない!」

一同「……」

ことり(どうしよう穂乃果ちゃん?)

穂乃果(海未ちゃん、こうなると
止まんないからなぁ)
17: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/07(火) 02:09:19.88 ID:YwUYMCHb.net
海未「みなさんが反対と言うのなら
それも結構」

海未「ここは部長に決めてもらいましょう」

海未「にこ?」

にこ「えぇっ!?私?」

一同(ジーッ)

にこ「うぅ……」(冷や汗)



この時 一身に集中する八対の目線

その圧力 気迫

アイドル研部長として修羅場を歩んで来た矢澤に取っても

それは恐怖と戦慄を抱かせるに十分であった!
18: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/07(火) 02:11:48.27 ID:YwUYMCHb.net
にこ「やるわよ」

一同「!」

にこ「女の子として体の手入れは必須」

にこ「それはアイドルとして
お客さんへの気遣いを意味する」

にこ「それが一番出来る娘こそ
リーダーに相応しい」

にこ「海未の言う事は正論よ」
21: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/07(火) 02:15:30.97 ID:YwUYMCHb.net
一同「……」

花陽「分かります!」

一同「花陽!?」

花陽「アイドルに一番必要なのは
容姿や才能以上にサービス精神」

花陽「いかにファンを不快にさせないか」

花陽「その為に、どれだけの事が出来るのか!」

花陽「これは私達の意識を試す
大事な通過儀礼ではないかと」

絵里「ハラショー……」

一同「……」
22: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/07(火) 02:21:41.90 ID:YwUYMCHb.net
海未「にこ……ありがとうございます」

にこ「どういたしまして」

にこ「まぁ、私はあまりリーダーとか」

にこ「興味ないけどね」


だがしかし 矢澤の胸中には

とある思惑があった

心の奥で渦巻く

どす黒い打算 欲望!

彼女とてアイドルであり

ゆえに リーダーとしてセンターに立つと言う誘惑からは

逃れられなかったのだ!



にこ(フッ……この勝負もらったわ)

にこ(なぜなら、にっこにーは)

にこ(パイパンなんだからね〜♪)

にこ(ニコッ♪)


矢澤にこ 万全の備え!!


今夜はここまで
36: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/07(火) 23:29:50.82 ID:ckDyShoJ.net
再開

海未「それでは早速始めます」

一同「ゴクリ……」

海未「判定者はふつつかながら」

海未「私、園田海未が務めさせて頂きます」

一同「……」

海未「それでは……まずはにこから」

にこ「そう?良いわよ」
38: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/07(火) 23:35:34.46 ID:ckDyShoJ.net
海未(ズイッ)

海未「それでは……
失礼します」(スカートペラッ)

一同「え?えぇ〜っ!?」

穂乃果「そこまでやんのぉ!?」

海未「当たり前です」

海未「本来なら直接嗅ぐべきところ」

海未「正確性を期する為に
この位やらないと」

絵里「ハラショー……」

真姫「私ムリ……」(ドン引き)

凛「なんか怖い眺めだにゃあ……」

花陽「ダレカタスケテェェー」

海未(クンカクンカ、スーハースーハー)
40: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/07(火) 23:41:37.62 ID:ckDyShoJ.net
海未「ほぅ……これは」

海未「かすかなコットンの匂いと
決して高級ではないが
ほのかなソープの趣味良き香り」(クンクン)

海未「それ以外は全くしない」

海未「理想的な無臭と評して良いかと」(スンスン)

にこ「んまぁ〜アイドル志す娘として
この位当然でしょうね」

にこ(フッ……勝ったわ)


矢澤 完勝まであと一歩!
43: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/07(火) 23:46:05.23 ID:ckDyShoJ.net
しかし その時

納得とはほど遠い目線で 矢澤の背中をにらみつける娘がいた!


真姫「ちょっと待って!」

海未「真姫?」

にこ(ギクリ)

海未「どうしました?」

真姫「にこちゃんはパイパンよ!?」

一同「えぇ〜っ!?」

絵里「ハラショー……」(ゴクリ)

真姫「自分でそってるの」

にこ「んなっ……」


情勢は一挙に暗転

矢澤 圧倒的窮地!
45: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/07(火) 23:49:16.37 ID:ckDyShoJ.net
にこ「う……嘘おっしゃい!」

にこ「何で真姫ちゃんが
にこがおまたをそってる事知ってんのよ!?」

真姫「嘘ついてるのはにこちゃんでしょ?」

真姫「だってにこちゃん
私の前でそってたじゃない」

にこ(ビクビク)

真姫「お風呂場でそってたじゃない!」
47: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/07(火) 23:54:17.27 ID:ckDyShoJ.net
一同「え?えぇ〜っ!?」

絵里「ハラショー……」

花陽「ダレカタスケテエェェ-」

にこ(ガクガクブルブル)

真姫「私の家に泊まりに来た時」

真姫「ん〜真姫ちゅぁあ〜ん
おまたのケアはこうするニコッ♪」

真姫「そう良いながら実演してたでしょ!?」

一同「ま、ま、マジでぇ〜!?」

凛「猫なで声キモいにゃあ」※凛は毒舌
49: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/07(火) 23:58:29.38 ID:ckDyShoJ.net
真姫「ついでに……
ん〜次はぁ
真姫ちゃんのもシテあげるね〜ニコッ♪」

真姫「そう良いながら
私のもケアしてくれたでしょ!?」

真姫「イミワカンナイ!」(赤面)

ことり「ひゃいっ……」(涙目)

穂乃果「別に良いんじゃないかなその位」※穂乃果は純真
50: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/08(水) 00:06:52.33 ID:bvC4Vv4b.net
にこ(ガクガクブルブル)


再び矢澤に集中するメンバー達の目線

しかし それはさっきとは異なる代物であった!

8人から突き刺さるのは

弾劾 非難 落胆 軽蔑!

精神的地獄にたたき落とされる

哀れな野心家 矢澤にこ!


海未「にこ……あなたには失望しました」(ズイッ)

にこ「ヒイィィィ……」

海未「全く……真姫の告発が無ければ
危うく騙される所でした」(ギロッ)

にこ「うぅ……真姫ちゃん酷いニコォ」(涙目)

にこ「友達だと思ってたのに……
いっつも仲良しだったのにぃ」(ウルウル)

真姫「し、仕方ないでしょ?」(プイッ)

真姫「ズルするにこちゃんがいけないのよ?」
51: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/08(水) 00:12:28.44 ID:bvC4Vv4b.net
にこ「うぅ……」(ウルウル)

海未「体質ならともかく
自ら全部そって、申告無しで勝負に臨むとは」

海未「ドーピングと一緒です!」

海未「これでは仮にリーダーになれても
発覚次第、直ちに無効とされていたでしょう」

海未「嘘吐きに……
リーダーは務まりませんから」(ドーン)


鉄球より重い言葉が 矢澤の心臓を直撃する!
52: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/08(水) 00:20:25.85 ID:bvC4Vv4b.net
にこ「うぅ……ゴメンニコ」(ガクッ)


アイドルに魅せられた者の これが末路!

己の弱さ 拙さ 脆さ 愚かさを直視し

そこから這い上がろうとする娘以外

決して勝ち上がれぬ過酷な世界がそこにはあった!!


海未「にこ……これに懲りたら」

海未「今一度初心に戻り
ゼロからやり直して下さい」
53: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/08(水) 00:25:59.93 ID:bvC4Vv4b.net
にこ「うぅ……」

真姫「にこちゃんやれば出来る娘でしょ?」※真の友情

にこ「ゴメンニコォ……」

海未「ヒデコ、フミコ、ミカ」

海未「にこを控え室へ」

新リーダー決定戦運営委員:ヒフミトリオ「了解」

ヒフミ「さあ、にこ先輩?」

にこ「うぅ……」(トボトボ)

(ガチャッ)

(バタンッ)

一同「……」


矢澤にこ 反則行為により

脱落!



今夜はここまで
75: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/10(金) 00:49:16.48 ID:TveYL/Mt.net
再開

一同に走る戦慄

次は誰が標的にされるのか!?


海未「さて……次は」

一同「うぅ……」(ビクビク)

海未「花陽」

花陽「」

花陽「ぴゃっ!?」

花陽「ピエエェェェェ!?」

海未「ふんっ!」(ズイッ)
77: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/10(金) 00:53:50.98 ID:TveYL/Mt.net
小泉花陽

アイドルに対する情熱は 矢澤にこに匹敵する

まさに双璧!

しかし そんな彼女も

この闘いでは苦戦を強いられる要素を抱え込んでいたのだ!

それは


花陽(どうしよう……ここ毎日
炊飯器空になるまで食べてるし)冷や汗

花陽(きっとタイツも蒸れている)

花陽(しかも……
午前中体育もあったし)冷や汗

花陽(ひょっとしたら……
私が一番匂うかもぉ)冷や汗
78: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/10(金) 00:56:07.40 ID:TveYL/Mt.net
その健康的な肉付き

その太ももを覆う黒タイツ

普段の魅力がこの時だけは

最大の死角と化していたのだ!

海未「それでは……参ります!」


花陽 絶体絶命!
79: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/10(金) 01:00:59.71 ID:TveYL/Mt.net
凛「待って!」(ズザーッ)

海未「凛!?」

花陽「凛ちゃん!?」

凛「かよちんは臭くない!」

凛「凛知ってるよ?かよちんのおまたは」

凛「とってもフルーティな香りがするにゃあ!」

一同「うそーっ!?」

絵里「ハラショー……」(かすれ声)

海未「ほーう?」

花陽「り、凛ちゃん」

海未「だとしても
それがリンゴなのかオレンジなのか」

海未「はてまたドリアンなのか」

海未「嗅いでみなければ分かりますまい」
80: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/10(金) 01:05:22.27 ID:TveYL/Mt.net
凛(キッ)

海未「そこをどきなさい」

凛(ギリッ)

海未「どくのです」(ギロッ)

凛「どかないっ!」

海未「強情ですね?」(ギロリ)

花陽「凛ちゃん……もう良いから」

海未「それは友情のはき違えですよ?凛」

凛「それでも、どかないっ!!」

凛「凛はかよちんと一緒に
リーダーになるんだ!」

花陽「り、凛ちゃん……」(ウルッ)
83: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/10(金) 01:10:23.96 ID:TveYL/Mt.net
星空凛

その小泉への思いは

園田の強請をすらはねつける凄まじさ!

こうして両者のにらみ合いが

延々と続くかに思われた!

しかし


海未「ならば仕方ありません」

海未「ヒデコ、フミコ、ミカ」

海未「凛を引き離して下さい」

ヒフミトリオ(ササッ)


4人に包囲される星空

いかに抜群の運動神経を誇る彼女でも

花陽を守るには絶望的状況!
84: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/10(金) 01:15:02.85 ID:TveYL/Mt.net
凛「うぅ……
海未ちゃん卑怯だよ」

海未「公正な裁定の為です」

海未「どかねば失格と見なします!」(ドーン)

凛(ギリッ)

花陽「凛ちゃん……
もう止めてぇ」

花陽「花陽はもう覚悟出来てるから」

凛「クッ……こうなったら!」

(ダッ)

(ガチャッ)

(バタンッ)

一同「はあっ!?」

穂乃果「逃げたっ!?」

ことり「何のつもり!?」
87: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/10(金) 01:18:51.35 ID:TveYL/Mt.net
海未「まぁ、良いでしょう」

海未「花陽?嗅ぎますよ」

花陽「うぅ……」(ビクビク)

(タッタッタッタッ……)

(ガチャッ)

一同「!?」

凛「うおおおおぉぉぉぉ!」

凛「かよちんの匂いは!凛が守るっ!!」(バケツ)

凛「喰らうにゃあ!!」(バシャアァァァ)

一同「キャアアァァァ!」
90: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/10(金) 01:23:33.83 ID:TveYL/Mt.net
星空の凶行 繰り広げられる惨劇!

8人の間に舞い上がる水しぶきは

その大半が園田と小泉に襲いかかる!!

うみぱな「ピャアアァァァ!」

うみぱな(ビショビショ)

海未「クンクン……これは
芳香剤!?」

海未「これでは判別不能!」

海未「凛っ!あなた……」

海未「何たる所行をっ!!」(ギリッ)
95: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/10(金) 01:28:19.20 ID:TveYL/Mt.net
凛「ハァ……ハァ……ハァ……」

凛「例え愚かと言われようと……」

凛「凛はかよちんを守りたいっ」

凛「例え海未ちゃん相手でも……
負けるわけにはいかないんだ!!」(キッ)



控え室

にこ「何よ……
ホントバカな娘なんだからぁ」(モニター)

にこ「アイドルに情け無用って
あれだけ教えたのにぃ」(ウルウル)

ヒデコ「良い後輩をお持ちみたいですね」
96: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/10(金) 01:33:27.95 ID:TveYL/Mt.net
部室

星空の妨害!

それは 園田の算段を根底から狂わせた

怒りに打ち震える園田

星空の友情を

この時彼女は完全に甘く見ていた!


海未「こうなった以上
分かりますね?凛」

凛(キッ)

海未「あなたも……一緒に」

花陽「待って」

一同「!?」

花陽「辞退します
リーダー決定戦
花陽は降りますから」

花陽「凛ちゃんだけは許してあげて?」

花陽「お願いしますっ!」(ペコリ)
97: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/10(金) 01:35:38.53 ID:TveYL/Mt.net
海未「むぅ……」

穂乃果「海未ちゃん」

ことり「ここは花陽ちゃんの話も聞いてあげよ?」

ことり「ね?」

海未「……」

海未「良いでしょう……」

海未「フミコ?」

フミコ「さぁ、花陽ちゃん」
98: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/10(金) 01:42:54.52 ID:TveYL/Mt.net
花陽(トボトボ)

凛「かよちんゴメン」(ウルウル)

凛「凛はかよちんを守れなかった……」

花陽「ううん、そんな事ないよ?凛ちゃん」

花陽「凛ちゃんの気持ち
スッゴく嬉しかったよ?」

花陽「必ずなってね?リーダーに」

凛「うぅ……かよちん」(ウルウル)

(ガチャッ)

(バタンッ)


星空は小泉花陽の勝利は守れなかった

しかし 親友の匂いを守り通した彼女の瞳に

後悔の色はない!

最後の一線で意地とプライドを貫き通した少女は

一同に 真の友情と矜持の何たるかを見せつけたのだ!

小泉花陽 判定不能により

退場!



今夜はここまで
113: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 02:18:33.90 ID:jScptGn8.net
再開

残りは 7人

部室に走る緊張

疑心暗鬼に走るメンバー達!

果たして 園田が狙う次のターゲットは!?


海未「……」

一同「うぅ……」

絵里(これは、マズい状況ね)

絵里(まさか、あの計算高いにこが
あっけなく退場とは)

絵里(このまま手をこまねくのは
座して死を待つに等しい)

絵里(そんな事……)

絵里(認めるわけにはいかないわ)キッ
114: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 02:23:16.97 ID:jScptGn8.net
絢瀬絵里

元生徒会長にして バレエダンサーの経歴を持つ

ミューズ屈指の良識派

決してリーダーへの野心を抱いていた訳では無い

しかし

それ以上に 生き残りたいという執念に

この時彼女はとらわれていた!


絵里(クッ……でも)

絵里(私はどうしても……
アレが弱味!)

絵里(このままでは……負けるわ!)
115: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 02:28:58.07 ID:jScptGn8.net
絢瀬には埋め合わせが困難な ある特色があった!

それは なんと


絵里(私は……ロシアとのクォーター)

絵里(それが容姿にプラスしたのは確か)

絵里(けど……クッ)


『生徒会長って、ハーフなんですか?』

『クォータよ?』

『そうだったんですか』

『どうりで、素敵な匂いがすると思いました』

『えっ……』

『やっぱ海外のコロン付けてるんですか?』

『いえ……
そう言うのは苦手でね』

『そうでしたか……失礼しました』
116: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 02:34:20.51 ID:jScptGn8.net
絵里(意外と……気になるものよ)冷や汗

絵里(この前、電車の中でも)


『見てみて、あの人』

『ブロンドの髪に青い目してる』

『スタイルも良いし……羨ましいなぁ〜』

『ハーフなのかな?』

『あっ……どうりで』

『匂いも私達よりずっと良いよね?』

『きっと高いコロン付けてるんだろうなぁ』



絵里(……)

絵里(ごめんなさい)

絵里(これは普通に
体臭なのよ)冷や汗
117: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 02:39:30.86 ID:jScptGn8.net
むしろ大多数からは歓迎されたであろう

その体臭

日本人とはほんの少しだけ違うその香りこそ

今の彼女を断崖の死地に追い込んでいたのだ!


絵里(……)

絵里(こうなったら……やるしかないっ!)キッ

希「……」

希「!」

絵里(鞄ガサゴソ)

希(絵里ち……まさか!?)

希(アカン)

希(それだけはアカン……絵里ち!)
118: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 02:43:51.86 ID:jScptGn8.net
東條希の目の前で 鞄をまさぐる絢瀬

取り出した指の先には

もし使えば部室中が地獄絵図になる

とある凶器が握られていた!


絵里(海未がいけないのよ)

絵里(私に……
こんなモノを使わせるなんて!)ギリッ

希(絵里ちぃ!!)


悪鬼の形相でそれに手をかける絢瀬!

人は正気を失うと ここまで残酷になれるのか!?
120: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 02:48:55.34 ID:jScptGn8.net
絵里(はいっ、プシュー)

(シューシュッシュッシュー)

一同「?」

海未(キラーン)

海未「今……何か吹き付ける音が聞こえましたが」

一同「……」

絵里(冷や汗)

希「……」

希「希パワー、たっぷり注入」

希「はいっ、プシュー」

希「なんちて♪」ペロッ

海未「……」

穂乃果「もうっ、海未ちゃん!」

穂乃果「すかしっ屁は反則だよ!!」

海未「してませんっ!!」
121: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 02:53:07.61 ID:jScptGn8.net
海未「今の音……明らかに
金属缶から吹き付ける音でした」

絵里「そ、そうかしら?」(冷や汗)

海未(ジーッ)

絵里(冷や汗タラタラ)※絵里は正直

海未「大分汗をかいているみたいですが」

海未「具合でも悪いのですか?絵里」

絵里「い、いえぇ……」(脂汗)
122: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 02:56:55.38 ID:jScptGn8.net
海未「ふむ」

海未「あまり大量に汗をかいた後では
絵里だけ一方的に不利になります」

海未「では先に……
あなたから検分させて頂きます」(カツカツ)

絵里「ファッ!?」

海未「では、失礼」(スカートペラッ)

絵里「ひいぃぃっ……」(ビクビク)
123: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 03:01:17.33 ID:jScptGn8.net
海未(クンカクンカ……スーハースーハー)

海未「クンクン……なるほど」

海未「極めて無臭に近い状態です」

海未「これはリーダー最有力候補と言ったところです
差し当たっては」

絵里「ま、まあね……」

海未「それにしても」

海未「最近の消臭スプレーの性能は
ホント素晴らしいのですねぇ」

海未「ね?絵里」(ニッコリ)

絵里「ヒイイィィ……」(ガクガクブルブル)
124: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 03:09:41.89 ID:jScptGn8.net
賢い絢瀬 しかし 最大の誤算!

脱落の恐怖 保身への誘惑が

彼女から普段の聡明さを

ほんのわずかばかり鈍らせてしまったのだ!


海未(ギロッ)

絵里(冷や汗タラリ)

海未(ギロリ)

絵里(冷や汗タラタラ)


睨む園田

怯える絢瀬!



海未「絵里……
あなたは元生徒会長であり」

海未「ミューズ随一の良識の持ち主」

海未「私もメンバーの中で
最も敬愛していました」

絵里(脂汗ダラダラ)

海未「それが……こんな姑息な策を」(ワナワナ)

海未「あなたは最低ですっ!」(落涙)
126: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 03:14:14.79 ID:jScptGn8.net
海未「……」

海未「と、言いたい所ですが」

絵里「?」

海未「その缶……ただの霧吹きみたいですね」

絵里「!?」

一同「えぇーっ!?」

絵里「そ、そんな……」

絵里「いくら何でも……
消臭スプレーと霧吹きを間違えるなんて」

絵里「あり得ないわ」

海未「ええ
私も別に絵里の記憶力を問題視しているわけではありません」

海未「問題は勝負の直前」

海未「誰かさんが本物をくすねて
まがい物に取り替えたのではないかと」

海未「ね?にこ」
127: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 03:20:12.92 ID:jScptGn8.net
海未「ククク……誰も見てないうちに」

海未「このスプレー、ただの霧吹きに変えちゃおっかな〜♪」

海未「う〜ん、今日の私はぁ〜」

海未「ちょっとだけ、ズルい女になっちゃうぞぉ〜」

海未「ニコッ♪」(ビシッ)

海未「とまぁ……裏でこんな寸劇が行われてたのではないかと」

絵里「そ、そんな!」

絵里「にこがそんな事するわけないわ!」

穂乃果「絵里ちゃんさぁ……」

海未「ほんとにこには甘いですね」(呆れ)

凛「むしろ一番やりそうだと思うんだけど」※凛は鋭い
128: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 03:27:11.13 ID:jScptGn8.net
控え室

にこ「ち、ちょっとぉ!」(モニタ−)

にこ「なんでにこが悪者にされるのよぉ!?」

にこ「心外ニコ!!」(プンスカ)

花陽「あ……にこちゃん」

花陽「この消臭スプレー借りるね?」

花陽「はいっ、プシュー」

花陽「ハアァァァ^〜
蒸れたタイツが爽やかになるねぇ〜」

にこ(ギクリ)

花陽「ありがと、にこちゃん」

花陽「あ……これ
絵里ちゃんのだ」※動かぬ証拠

花陽「ん〜?おかしいなぁ」

花陽「何で絵里ちゃんのが
ここにあるんだろ?」

にこ(ビクビク)
131: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 03:37:22.49 ID:jScptGn8.net
数重にも練られていた矢澤の陰謀!

その周到さ老獪さ

まさに小悪魔!



部室

海未「にこ……この件については」

海未「後日生徒会室で
みっちり説明してもらいます」

海未「いいですね?」(ギロッ)

にこ『ゴメンニコォ……』シュン

絵里「あまりにこばかり責めなくても」

海未「あなたも少し甘やかし過ぎです」


海未「さて……第2ラウンドと行きましょうか」

絵里「……」

絵里「!?」

絵里「どう言う事!?」

海未「先ほどので、私は絵里の消臭スプレーは
無効だと確認しました」

海未「ですが……本体の匂いまでは
まだ嗅いでいません」

海未「と、言うより」

海未「絵里の計略を未然ににこが妨害していたわけで」

海未「なかなかグッジョブではありますね」

海未「ふふ」(ニッコリ)

絵里「クッ……さすがにこ」(冷や汗)

絵里「逃げ場は……無いのね」
132: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 03:45:53.49 ID:jScptGn8.net
仕切り直し

ラウンド2



海未「いざ尋常に……」(ジリッジリッ)

絵里「クッ……」


間合いを詰める園田

迎え撃つ絢瀬!


海未「いざっ!」(ズザーッ)

海未「ふんっ!」(スカートペラッ)

絵里「!」

海未「クンクン、クンクン」

一同「……」

海未「スンスン……!!」

海未「ぐはっ」

海未「ゴホッ、ゴホゴホ」

海未「ううっ……ゲフンゲフン」


こらえきれず床をのたうち回る園田

一体彼女の身に 何が起こったのか!?
134: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 03:50:25.74 ID:jScptGn8.net
一同「う、海未ちゃん!?」

ことり「大丈夫!?」

海未「ゴホッ、ゴホッ……ゲホゲホ」

海未「すみませんが……
誰か水を持って来て下さい」

ことり「分かった」(タッタッタッタッ)

海未「うぅ……」

海未「これは、酷い」

海未「まだ目が痛いです」

穂乃果「それって……」

希「まさか……」

凛「絵里ちゃんが!?」

絵里「海未」

絵里「私のが臭うとでも?」
135: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 03:55:22.43 ID:jScptGn8.net
(ガチャッ)

ことり「海未ちゃん、お水だよ」

海未「ゴクン、ゴクン」

海未「ハァ……ハァ……ハァ」

海未「臭う?臭うですって!?」

海未「そんなんじゃありません」

海未「一瞬、走馬燈が巡りました!」

一同「そ、そんなに酷いのぉ!?」

穂乃果「うそーっ!?」

希「ウチは全然気づかなかったけどなぁ」

凛「海未ちゃんが敏感過ぎるんじゃない?」

絵里「そ、そうね」

絵里「私は人一倍
こう言うのは気にしてるから」

絵里「いくらなんでも鼻が曲がるなんてね」
136: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 04:02:58.74 ID:jScptGn8.net
海未「ならばハッキリ言いましょう」

海未「スカートをめくり
絵里のおまたに鼻を近づけた瞬間」

海未「即死しそうになりました」

海未「あなたは……あなたは」

海未「一体どれだけ……
おまたやパンツに」

海未「香水ぶちまけてるんですか!!」

一同「あっ」

穂乃果「なるほど」

希「そう言う事だったんね」

凛「凛はかよちんのおまたに香水かけて」

凛「よく遊ぶんだけどなぁ〜」

一同「!?」

一同「……」

海未「絵里……例に」

海未「いつもおまたに
どのくらい香水かけているのですか?」

絵里「そうねぇ……」

絵里「最近は節約してるから」

絵里「半分とか?」

穂乃果(絶句)

ことり「ひゃいっ……」(ドン引き)

希「これは、アカン」

凛「それ多分
致死量だにゃあ」



今夜はここまで
147: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/14(火) 00:27:02.41 ID:eB7zno8n.net
再開

園田を悶絶させた臭気

それは 絢瀬が股間や下着にふりかけた

大量の香水であった!

ただでさえ濃厚なその香りが スカートによりさらにこもり

恐るべき威力をもって 嗅ぐ者を待ち構えていたのだ!

まさに 飛んで股間に入る 園田海未!!



希「ちなみに」

希「使っている香水は、どんな種類?」

絵里「そうねぇ」

絵里「シャネルの5番よ」

穂乃果「シャネルの……」

凛「5番!?」

真姫「アリエナイワ……」
148: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/14(火) 00:36:22.51 ID:eB7zno8n.net
控え室

にこ「……」

花陽「にこちゃん」

花陽「シャネルの5番って、何?」

にこ「かなり昔の香水よね」

にこ「何て愚かな事をしたの」

にこ「伝統ある香水は、濃密な匂いの物が多い」

にこ「本来なら、2〜3滴もたらせば十分な所を」

にこ「半分もかけるなんて」

にこ「これじゃ、おまたにウ○コ塗りたくるより
ひどいじゃないの」

花陽「そうなんだぁ……」

花陽「……」

花陽「じゃあ、にこちゃんは」

花陽「おまたにウ○コ塗った事があるって事?」

にこ「してないわよ!」

にこ「アイドルはウ○コしないんだから!」
150: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/14(火) 00:43:01.50 ID:eB7zno8n.net
部室

絵里「……」

海未「よりにもよって……そんなチョイスを」

穂乃果「ねぇねぇ、絵里ちゃん」

穂乃果「夜寝る時にはシャネルの5番しか付けないのって
言ってみて」

絵里「?」

絵里「私がベッドに入るとき?」

絵里「シャネルの5番しか付けないわ」(真顔)

ことり「あっ……」

穂乃果「昔の絵里ちゃんだ!」

絵里「……」

絵里「お風呂から上がった後、パジャマ着るの面倒臭い時あるでしょ?」

絵里「でも……裸のまま寝るなんて」

絵里「そんな露骨な表現……
認めるわけにはいかないわ」(真顔)

穂乃果「あ……絵里ちゃん
もう良いよ」

絵里「え?そう……」
151: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/14(火) 00:55:42.80 ID:eB7zno8n.net
海未「それにしても」

海未「匂いを隠すのにスプレーはともかく」

海未「何で更に香水を使うのでしょうか?」

海未「しかも大量に……」

真姫「まぁ、もともと香水自体
そういう目的で発達したものだから」

真姫「絵里のやり方も間違いではないけど」(髪イジリイジリ)

凛「きっと、お国柄が出たんだね」
152: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/14(火) 00:59:55.31 ID:eB7zno8n.net
海未「だとしても」

海未「香水を付けた上に、更に消臭スプレーを使うなんて」

海未「一体なにがしたかったのか、イマイチ分からないんですが」

希「絵里ちらしくない?」

希「そう言う所」

一同「あっ……」

穂乃果「確かに、絵里ちゃんらしいかも」

ことり「なんとなーく、ね?」

凛「さすが希ちゃん」

真姫「まぁ、逆にエリー以外がこんな事思い付いたら」

真姫「寒気がするわ」

絵里「……」

希「ふふ」
153: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/14(火) 01:05:04.28 ID:eB7zno8n.net
絵里「なによ……」

絵里「何とかしなきゃいけないんだから
しょうがないじゃない!!」

一同「!」

絵里「私だって、年頃の女の子」

絵里「自分の臭いがどう思われてるか
気にしないで済むのなら」

絵里「そうしたいわよ!」

希「絵里ち……」

絵里「けど」(ウルッ)

絵里「そんな時、消臭スプレー注入
はい、プシューなんて」

絵里「私が言えると思う?」(ポロポロ)

海未「絵里……」
154: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/14(火) 01:08:50.91 ID:eB7zno8n.net
絵里「……」

海未「……」

絵里「クッ……」

(ダッダッダッダッ)

一同「あっ……絵里ちゃん!?」

(ガチャッ)

(バタンッ)



絢瀬絵里

チョーク攻撃(消臭スプレー)及びシャネルの5番の大量使用により

自主退場!
156: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/14(火) 01:14:28.17 ID:eB7zno8n.net
残り 6人

真姫「……」(髪イジリイジリ)

凛(ギリッ)

ことり(ホノカチャァン……)

希(ナムナム、ナムナム)

穂乃果(うぅ……)

海未(ターゲット選定中)


容赦なき園田の審判

果たして次にロックオンされるのは!?
158: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/14(火) 01:18:44.96 ID:eB7zno8n.net
穂乃果「……」

穂乃果「ちょっと、海未ちゃん」

海未「?」

穂乃果「トイレ行ってきて良い?」

海未「ええ、構いませんけど」

穂乃果「じゃ、行ってくる」

(ガチャッ)

(バタン)


これで 5人!
159: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/14(火) 01:22:35.24 ID:eB7zno8n.net
海未(……)

海未「凛」

凛(ビクッ)

海未「よろしいですか?」

凛「うぅ……」


遂に園田の毒牙が星空に据えられる

その光景 まさに子猫を狙う猛禽類のごとし!


海未(カツカツ)

凛(今日は凛も体育を受けた)

凛(でも……
そう簡単には負けないっ!)キッ
160: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/14(火) 01:27:58.39 ID:eB7zno8n.net
倒れし親友の犠牲を乗り越えて 

手にした次期リーダー候補権

ゆえに星空は譲れない!

だが その意地と執念には

支えるに足る根拠があった!


凛(凛知ってるよ?)

凛(ミューズの中で一番スリムなのは
にこちゃんをのぞけばこの私)

凛(それに……
体を動かすのが大好きな凛は、代謝が高い)

凛(老廃物がたまらない体だから)

凛(臭いがこもらないにゃあ!)キラーン
161: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/14(火) 01:31:21.33 ID:eB7zno8n.net
鷹に狙われし子猫

しかし その牙と爪は

既に研ぎ澄まされていた!

そう その様子は

猫の皮をまとう猛虎!

油断すれば園田とて 致命傷は免れぬ!


海未「それでは……参ります」

凛「来るにゃあ!」



今夜はここまで
171: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/16(木) 01:14:47.30 ID:qKEH0zU4.net
再開

海未(スカートペロッ)

凛「……」

海未「クンクン……
むぅ……これは!」

海未「余計な香料を排除した
天然かつ爽やかな匂い」(クンクン)

海未「実に健康的……
そして香ばしい」(クンクン)

海未「いつまでも嗅いでいたい位です」(スーハースーハー)
172: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/16(木) 01:18:37.74 ID:qKEH0zU4.net
凛「ふっふ〜ん♪」


女の子らしくないと言うコンプレックス

しかしそれゆえに 余計な化粧をして来なかった事が

この時大いに幸いした


海未「むぅ……」


園田 苦戦!


凛(人工的な香りをほとんど付けなかった凛に死角はない)

凛(この勝負、勝てるかもっ!)
173: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/16(木) 01:22:20.90 ID:qKEH0zU4.net
海未「ふむ……」(スック)

海未「凛……
くどい華美さや余計な淫靡さが無いのが
あなたの魅力」

海未「元気さと可愛さの程よい調和……」

海未「それが体臭にも見事に反映されています」

海未「これは脱帽するしかありませんね」

凛「それ程でもないよ〜」(エヘヘ)
175: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/16(木) 01:25:13.22 ID:qKEH0zU4.net
海未「あなたは本当に爽やかな匂いがしますね」

海未「私が男子なら
きっとトキメいていたでしょう」

海未「いえ……
女子からしても十分見習いたい」

海未「実に素晴らしかったです」

凛「海未ちゃん……
そんなに褒められたら照れるにゃあ」
176: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/16(木) 01:30:03.59 ID:qKEH0zU4.net
海未「全く……
これは希少価値があります」

海未「こんなに汗の匂いが爽やかとは」

海未「恐らく、ミューズで最も素敵な汗を流すのは」

海未「あなたを置いて外にいません、凛」



園田 遂に敗北宣言か!?


凛(よし、勝った……)

凛(やったよ、かよちん)

凛(これでミューズのリーダーは)

凛(凛とかよちんで決まりだ!)キラーン


星空 チェックメイト!
177: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/16(木) 01:33:16.16 ID:qKEH0zU4.net
海未「……」

海未「しかしながら」

凛「?」

海未「何というか……画竜点睛を欠くと言うべきか」

凛「むーっ」

凛「海未ちゃん、言いたい事があるならはっきり言いなよ!」

海未「それでは、お言葉に甘えて」

海未「凛?
午前の体育は選択制でしたよね」

凛「そうだよ」

海未「なるほど……腑に落ちました」

凛「……」
178: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/16(木) 01:37:10.73 ID:qKEH0zU4.net
意味深な園田の態度

その意味する所は ブラフか?

はてまた衝撃の真相を握っているのか!?

対するに なぜか

露骨に動揺を深める星空!


凛「もうっ、海未ちゃん!」

凛「負け惜しみは見苦しいにゃあ!」

海未「負け惜しみ?」(ギロッ)

凛(ビクッ)
179: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/16(木) 01:41:19.02 ID:qKEH0zU4.net
海未「今の言い振り……少々腹が立ちました」

海未「いいでしょう……ならば語りましょう」

凛(ギリッ)

海未「今日の体育……凛はプールで泳いだはず」

一同「えっ……えぇーっ!?」

希「本当に!?」

真姫「イミワカンナイ!」

穂乃果「ま、ま……マジでぇ〜!?」

ことり「どうしよう穂乃果ちゃん?」(涙目)
181: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/16(木) 01:44:55.43 ID:qKEH0zU4.net
控え室

絵里「ハ、ハ、ハラショー」(裏声)

花陽「ぴぇ……ピエエェェェェ!?」

花陽「凛ちゃんって……プールで
オ、オヨイジャッタノオオォォォォ!?」

花陽「ダレカタスケテエェェェェー」

にこ「……」

にこ「あんたたち……」

にこ「そこ、驚く所なの?」(ジト目)
182: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/16(木) 01:51:59.81 ID:qKEH0zU4.net
真姫『にこちゃん?』(モニター)

真姫『ノリ悪いわよ』

にこ「……」

にこ「え〜?凛ちゃんってぇ
泳ぐの得意なんだぁ〜」

にこ「良いなぁ〜にっこにーもぉ」

にこ「水泳得意になれたらなぁ〜」

にこ「そうだ、今度
凛ちゃんに教わろぅ〜っと」

にこ「う〜ん、これでぇ
にっこにーも」

にこ「スポーツ万能アイドルにぃ〜」

真姫『長いわ』

にこ(ガーン)

希『にこっち?あんまし引っ張るの
良くないよ』(モニター)

にこ「ゴメンニコォ……」クスン

絵里「わ、私は良かったと思うわよ?」※絵里はにこに優しい
183: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/16(木) 01:55:58.34 ID:qKEH0zU4.net
凛「そ、それが
何の関係があるの!?」

海未「ありますとも」

海未「凛?あなた」

海未「プールから上がったら
ちゃんとシャワー浴びましたか?」

凛「浴びたよ!」

海未「ほぅ?
それにしては、臭いますねぇ」

凛「ち、ちゃんとキレイにしたにゃあ!」


虚勢を張る星空

だが この時

さらなる追い打ちが 彼女に浴びせられる!!
185: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/16(木) 02:01:34.32 ID:qKEH0zU4.net
真姫「その後、またプール入ってたでしょ?」

一同「!」

凛「!!」

真姫「全く、そのうち言おうと思ってたけど」

真姫「いつもいつも後片付け
他の娘に頼んで」

真姫「あなた次の授業ギリギリまで泳いでるじゃない」

一同「えぇ〜っ!?」

凛(冷や汗)

真姫「それで、みんなに注意されたら」

真姫「すぐ泣いて、花陽に取りなし頼んでるでしょ?あなた」
186: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/16(木) 02:08:14.42 ID:qKEH0zU4.net
一同「ほ、ほ……本当に!?」

真姫「花陽はクラスで結構人望あるから
みんなしょうがないって感じになってるけど」

真姫「大体、今日に至っては
次の授業20分も遅れたわよね?」

凛(ビクビク)

真姫「それで、私に
女の子の日だからって先生に言ってくれって」

真姫「メールで頼んだわよね!?」

ことり「ひゃいっ……」

穂乃果「それは、ちょっとぉ」

海未「女の子の日なのに
バリバリプール楽しんでるのですか?」

希「これは、アカンよね?」
187: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/16(木) 02:15:38.08 ID:qKEH0zU4.net
真姫「全く、にこちゃんもズルいと言えばズルいけど」

真姫「凛もかなりのやり手よ!?」

凛(ガクガクブルブル)


暴露されし真相

それは 勝利目前の少女を

一転抜けられぬ苦境に叩き込むだけの 威力を持っていた!

窮鼠と化す星空!



海未「どうりで塩素臭かったわけです」

凛(冷や汗)

海未「ほう?
あまり爽やかではない汗が出ていますねぇ」

凛(冷や汗タラタラ)

海未「汗にも色々な種類がある」

海未「そう思いませんか?凛」(ニッコリ)
188: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/16(木) 02:21:08.40 ID:qKEH0zU4.net
海未「おまたから塩素の臭いが漂う」

海未「それも……己の不手際
授業すっぽかしてまでプールを楽しんだのが原因」

海未「と言うより」

海未「それを誤魔化すため
女の子の日を言い訳に使うなんて」

凛(ガクガクブルブル、ガクガクブルブル)

海未「むーっ!」

海未「穂乃果でももう少しマシな嘘をつきます!!」

凛「それは酷い侮辱だにゃあ!!」

穂乃果「それってどう言う意味!?」

ことり「あ……穂乃果ちゃん」

ことり「戻って来てたんだ」

穂乃果「とっくに戻ってるよ……」
190: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/16(木) 02:29:02.81 ID:qKEH0zU4.net
海未「リーダーには融通性・汎用性が必要」

海未「プールの臭いが好きなファンもいるにはいるでしょうが」

海未「全員がそうとは限りません」

凛「……」

海未「のみならず
やはりリーダーには
誘惑に負けぬ強い自制心も必要」

海未「今のあなたに……胸を張ってそうだと言い切れる
自信はありますか?」

凛「そ、それはぁ……」

海未「凛……残念ですが」

海未「ここで降りてもらいます!」(ドーン)

凛「そ……そんなぁ」(ウルッ)

凛「酷いにゃあ」(ポロポロ)


星空凛

プールの塩素の臭い及び

授業サボり発覚の為  

敗退!



今夜はここまで
207: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 00:45:13.43 ID:uNhEjNSk.net
再開

凛「そ、そ、そんなぁ……」(ウルッ)

凛「ひ……酷いよぉ」(ウルウル)

凛「うえぇぇ〜ん
穂乃果ちゃあぁぁ〜ん」(抱きっ)

凛「こんなの……こんなの」(ポロッ)

凛「あんまりだにゃあ」(ポロポロ)

凛「海未ちゃんが……海未ちゃんが」

凛「酷いんだよぉ……グスッ」

凛「凛の事……凛の事」(ポロッ)

凛「塩素臭いってぇ」(ポロポロ)

凛「グスッ……エグッ……ヒック」
208: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 00:49:32.55 ID:uNhEjNSk.net
穂乃果「ちょっと、海未ちゃん!」(キッ)

穂乃果「これは酷いよ!イジメだよ!!」

穂乃果「いくらなんでもあんまりだよ!」

穂乃果「凛ちゃん可愛そうだと思わないの!?」



高坂の口をついた義憤

その思いを抱くのは メンバーとて同じ

一挙に噴出する不満!

それはごうごうたる非難となって 

園田の身に集中する!!
209: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 00:57:13.77 ID:uNhEjNSk.net
ことり「わたしも、これはあんまりだと」

真姫「そうね」

真姫「凛も自業自得な気もしなくはないけど」

真姫「悪趣味にも程があるわ」(髪イジリイジリ)

希「海未ちゃん」

希「感じ悪いと思わないん?」



メンバー達の怒りに晒される園田

しかし 悠然と平然と

園田は敢えて悪びれる素振りすら見せない!
211: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 01:01:25.99 ID:uNhEjNSk.net
一同「むーっ!」



果たして園田が胸中に抱くのは?

だたの悪戯か? それとも怨恨なのか!?



海未「……」

海未「みなさんのおっしゃる事
私とて百も承知」

穂乃果「だったら……」

ことり「もうこんな意地悪やめよ?ね?」

海未「ですが」(キッ)

一同「!?」

海未「こんなんでラブライブ
果たして優勝出来るでしょうか?」
212: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 01:05:46.83 ID:uNhEjNSk.net
一同「!!」



突き出される冷厳な真実

そう

ラブライブは勝負であり競争であり

決して遊びなどではない!



海未「私達はスクールアイドル
例えプロではなくても」

海未「ラブライブを目指す以上
そこに甘えは許されない」

一同「……」

海未「どれだけ仲が良くても……
果たしてそれで、本当に結果が出るのでしょうか?」
214: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 01:12:10.29 ID:uNhEjNSk.net
海未「あのアライズは
全国から逸材を集めた
UTX特待生の中から」

海未「更に厳しい競争を経て
勝ち抜いた数名だけがなれるのです」

海未「その競争率たるや数千倍
いや、一万倍を超えるかも知れない」

海未「まさに弱肉強食……
こんな過酷な闘いを
彼女達は毎日繰り広げているのですよ?」

一同「……」



園田の正論 沈黙する高坂達

確かに生き馬の目を抜くUTXに比べれば

音ノ木坂はミューズ単独政権

ゆえに温室 ゆえにぬるま湯

そう酷評されても 反論は至難!
215: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 01:14:45.85 ID:uNhEjNSk.net
真姫「だからって、これはないんじゃない?」

希「少しばかり理不尽やん」

ことり「もっと穏当な方法でも
良いんじゃないかな?」

穂乃果「そうだよ!」

穂乃果「それがおまたの臭いと
なんの関係があるの!?」
216: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 01:20:11.07 ID:uNhEjNSk.net
海未「その位理不尽で非人間的な世界でもあると言う事を」

海未「今一度再確認してもらいたいのです」

海未「華やかな舞台の裏には必ず影もある」

海未「歌って踊って楽しい
それは良いでしょう」

海未「大勢のお客さんから声援を頂いて励みになる
それも結構」

海未「私達はこんなに激しい練習にも耐え抜いた
それは素晴らしい」

海未「ですが……
その全てがたった1つ」

海未「臭いからと言う理由だけで否定されたら?」

海未「拒絶されたら?」

海未「失格と見なされたら!?」

海未「果たしてどうします?
どう責任を取るつもりなのです!?」

一同「……」
217: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 01:26:21.65 ID:uNhEjNSk.net
禅問答じみた詭弁

そう一笑に付す事も出来た

しかし

それを耳にしたメンバー達が示すのは

失笑とは真逆の表情!

そう

彼女達とてアイドルを目指す以上

園田の真意を理解出来ぬ筈が無い

そしてそれは 彼女達を等しく戦慄の淵に投げ落とすだけの

重みを持っていたのだ!!



海未「だからこそ
私はこのゲームをしかけた」

海未「誰かが悪役を買って出なければ
これ以上のミューズの成長は望めない」

海未「そう判断したからです」

一同「……」
218: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 01:34:27.75 ID:uNhEjNSk.net
園田の課したゲーム

ただの遊びではなかった

それは 彼女達のアイドルに対する熱意 覚悟

どれだけ身を切ることが出来るかを計る

まさに試練!



穂乃果「むーっ、海未ちゃん!」

穂乃果「穂乃果こんなやり方好きじゃないよ!」

穂乃果「こんな事をしかける海未ちゃんも!!」

穂乃果「第一、こんなの
ミューズらしくないっ!」

穂乃果「私達はもっと……」

海未「ほーぅ?」(ズイッ)

穂乃果(ビクッ)
219: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 01:40:04.78 ID:uNhEjNSk.net
海未「さすが穂乃果」

海未「やはりいざとなると頼もしい……」

海未「すっかりリーダーが
板に付きましたねっ」(ニッコリ)

穂乃果「う、うん……」(冷や汗)

海未「ですが」

穂乃果(ギクッ)

穂乃果「ダイエットサボりの常習犯が
そんなカッコイい事を言いますか?」(チラッ)
220: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 01:43:49.37 ID:uNhEjNSk.net
穂乃果「うぅ……」

海未「穂乃果?」

海未「さっきの威勢はどこにいったのです?」(ギロッ)

穂乃果(冷や汗タラタラ)

海未「体重が一向に減ってません
むしろ増えてますよね?」

穂乃果「そ、それはぁ……」(冷や汗ダラダラ)
221: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 01:48:16.57 ID:uNhEjNSk.net
海未「試みに、昨日の摂取カロリーを言ってみて下さい」

穂乃果「う、うん……」

穂乃果「2300キロカロリー」

海未「……」

穂乃果「海未ちゃんに言われた通り
ちゃんと守ったよ?」

穂乃果「ほら、練習とかあるから
この位は食べても大丈夫だって……」

海未「それは問題ありません」

海未「成長期ですし
あまり過酷な食事制限は
かえって体に障りますから」

穂乃果「だよね?だよね!?」

海未「……」
222: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 01:56:47.73 ID:uNhEjNSk.net
海未「ことり?」

ことり(ギクリ)

ことり「ひゃいっ!?」

海未「念のため
穂乃果のカロリー収支ノートを貸してくれませんか?」

ことり「う、うんっ……」

海未(ペラッ)

海未「確かに……この一月
私の計画通り
穂乃果はちゃんとやってますね?」

穂乃果「そうでしょ?」

海未「これは私の疑いすぎでしたか……」
223: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 02:00:55.74 ID:uNhEjNSk.net
穂乃果「そうだよっ!」

穂乃果「ちゃんと穂乃果の筆跡で書いたんだから!」

海未「筆跡?」

ことほの(ビクッ)

海未「自分で書いたノートなのに……
自分の筆跡?」

海未「こんな言い方
普通なら使いませんよね?」

ことほの(ガクガクブルブル)

海未「穂乃果?」

海未「どうしてそんなに怯えてるのです?」

ことほの(ガクガクブルブル、ガクガクブルブル)
224: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 02:06:11.62 ID:uNhEjNSk.net
海未「ふむ……
ほう?これは」(ペラペラッ)

海未「確かにこのノート……
全体的に穂乃果の筆跡です」

穂乃果「う、うんっ……」

海未「ですが」(キラーン)

海未「一昨日の記入……」

海未「最後にこんな可愛い顔文字が、書いてありますねぇ」





『(・8・)』ババーン




海未「……」(ワナワナ)
225: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 02:12:31.69 ID:uNhEjNSk.net
穂乃果「こここ……
ことりちゃあぁあぁぁぁん!!」

ことり「ひいぃぃっ……
ゴメンなひゃあぁあぁぁぃっ!!」

海未「全く……私とした事が
危うく騙される所でしたよ」(ノートパタッ)

海未「うっかり穂乃果達の口車に乗せられるとは」

ことほの「ヒイイィ……」

海未「ふんっ!」(ズイッ)

海未「これで私を鬼だの悪代官だの
良く非難出来ましたね!?」(ノート)

穂乃果「うわああぁぁん!
海未ちゃんごめんなさあぁぁい」(抱きっ)
226: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 02:17:28.30 ID:uNhEjNSk.net
海未「むーっ!」

海未「大体私の推測によれば」

海未「穂乃果の摂取カロリーは
3000を上回ってる筈」

一同「えぇーっ!?」

海未「当然これは完全な超過」

海未「そして、その最たる原因は……
ことり?」

ことり「ひゃいっ……」(涙目)

海未「ダイエットに励む穂乃果が可愛そうだからと」

海未「毎日毎日スナックだのお菓子だの
食べさせてますよね?」

海未「しかも……私の見てない所で!」

一同「え?えぇーっ!?」
227: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 02:20:58.83 ID:uNhEjNSk.net
真姫「ナニソレイミワカンナイ」

真姫「同じ穴の狢とは、この事よね?」(髪イジリイジリ)

海未「おっしゃる通りです、真姫」

海未「おっしおゃる通りですが」(カツカツカツカツ)

一同「ですが!?」

真姫「何?」

真姫「私は特にやましい所はないけど?」
228: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 02:23:51.90 ID:uNhEjNSk.net
海未「そうですね
私もそう信じています」

海未「信じていましたよ?」(ニッコリ)

真姫「含みのある言い方ね?」

海未「そう……」

海未「これを目の当たりにするまでは」(スマホ)



園田の示す画像 その中には

な、なんと!
229: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 02:28:07.58 ID:uNhEjNSk.net
真姫「」

海未「にことツーショットですね?」

真姫「だ……だから何?」(冷や汗)

海未「いえ、これ自体には問題ありませんよ?」(ニッコリ)

海未「ただし」

真姫(冷や汗ダラダラ)

海未「私が問題にしているのは
真ん中の人物についてなのです」



園田の口から明かされる驚愕の真実!

一体彼女は 何を語ろうとしているのか!?
230: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 02:33:11.19 ID:uNhEjNSk.net
真姫(冷や汗ダラダラ)

海未「ふんっ!」(スマホ)

海未「このお方は誰なのか……
説明してもらえませんか?真姫」

真姫(ビクビク)

海未「説明出来ないようですね?
ならば」

海未「私が代わりに言いましょう」

海未「スクールアイドルならば知る人ぞ知る
アライズのリーダー」

海未「綺羅ツバサさんですよね?」

一同「え、え……えぇ〜っ!?」
231: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 02:37:09.67 ID:uNhEjNSk.net
控え室

絵里「に、にこ?
これって……」

にこ「にこ、急にお腹痛くなったニコ」

絵里「……」(ジト目)

にこ「ちょっとトイレに……
長くなるかも」(スック)

(ガシッ)

にこ「ひいぃっ!?」

絵里「にこ?」

絵里「詳しく説明……
してもらえるかしら?」(ゴゴゴゴゴゴゴ……)

花陽「ダ、ダレカタスケテエェェェ」
232: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 02:43:15.56 ID:uNhEjNSk.net
部室

真姫「うぅ……」(ガクッ)

海未「全く……誰にも相談せず
単独でアライズに会い」

真姫「私だけじゃないわ!
にこちゃんに誘われたのよ!!」(涙目)

海未「なおかつ……
3人でにっこにっこにーを決めるとは!」

海未「むーっ!」

海未「あなたは最低ですっ!」(落涙)

穂乃果「もうっ、真姫ちゃん!
何でこんな事を!!」

穂乃果「ズルいよ!あこぎ過ぎるよ!!」

穂乃果「どうせなら、穂乃果も誘ってくれれば良かったのに!」

海未「あなたは黙ってなさいっ!」
233: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 02:45:49.91 ID:uNhEjNSk.net
控え室

花陽「えぇっ!?そこぉ!?」(モニター)

にこ「う゛ぅ……」(正座中)

にこ「ね、ねぇ……絵里?」

にこ「足痺れて来たんだけど」

絵里「あと5分我慢なさい」
234: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 02:50:31.12 ID:uNhEjNSk.net
部室

海未「全く……これで私を責められたものじゃない事が
ようやく理解出来たでしょう?」

穂乃果「うぅ……」

ことり「う、うんっ……」

真姫(悄然)

希「……」

希「せやけど、海未ちゃん」

希「みんな多かれ少なかれ至らぬ点はある」

希「それを補い合ってのグループやん?」

希「欠点や弱点をただあげつらい攻撃する」

希「それだけで本当に良くなると考えてるん?」
235: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 02:53:30.50 ID:uNhEjNSk.net
海未「さすが希
見事な識見です」

海未「今の私の態度……
確かに傲慢にして独善的」

海未「そう指摘さても文句は言えません」

希「良く分かってるやん?」

希「だったら……もうそろそろええんちゃうん?」

希「みんなの馴れ合い、たるみを引き締め
十分お灸は据えられた」

希「ほどほどにしとかんと」
236: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 02:58:51.14 ID:uNhEjNSk.net
海未「全くその通りです」

海未「やはり、いざとなると
希の配慮にはいつも助けられますよ?」

海未「ですがその前に
このプリクラを見て下さい」

海未「何の変哲も無い写真……
絵里の姿が映ってますね?」

海未「恐らくは希と一緒に
ゲームセンターにて遊んだ時の物かと」

希「ウチかて、その位の事はするんよ?」

海未「それは構いません
ですが」

海未「絵里の表情……
なんだか随分恥ずかしがっている様に
見受けられますが」

希「それが何?」
237: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 03:02:58.19 ID:uNhEjNSk.net
海未「はい、問題は素材にではなく
本人に加えられた細工にあると、言っているのですが」

希「!!」



園田の口から飛び出た謎めいた言葉

そして それを耳にしたとたん

それまでの余裕を一挙に失う東條!!

彼女達の間になされたやりとり

どんな真相が隠されているのか!?
238: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 03:11:01.44 ID:uNhEjNSk.net
海未「確かに、絵里はこう言ったのが苦手で」

海未「割と照れてしまうのは知っています」

希「……」

海未「ですが」

海未「そんな絵里の姿に
こんなとんでもない加工を施すとは」

希(ガクガクブルブル)



突き刺す様な園田の目線

ひたすら怯える東條!

親友の写真を好みで加工する等 プリクラなら常識!

本来ならば それを責める園田こそ異常!

だが 

その当たり前の図式が

この時ばかりは機能しない!

一体 どうしてなのか!?
239: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 03:16:52.94 ID:uNhEjNSk.net
希(ガクガクブルブル、ガクガクブルブル)

海未「希?説明して頂けますか?」

海未「絵里の顔に……
何かぶっかけられてますが」

希(ビクビク、ビクビク)

海未「白い液体が……ぶっかけられている様ですが」

希(冷や汗ダラダラ)

海未「こうして見ると……頬を赤らめ恥じらう絵里の表情と相まって」

海未「何だか色っぽく……より露骨に言えば」

海未「すっごく……エロく見えます」

希(涙目)

海未「これは一体……
何を意味しているのですか?」
240: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 03:22:53.44 ID:uNhEjNSk.net
希(ガクガクブルブル、ガクガクブルブル)

海未「恥じらう乙女の顔面に
白い液体」

海未「謎の液体……どうやらこれは」

海未「かなり粘りけがありそうですが」

希(冷や汗ダラダラ)

海未「今にも糸を引きそうですが?」

希(ビクビク、ビクビク)

海未「はて……
なぜこんな手の込んだ加工をしでかしたのでしょう?
希?」

希(顔面蒼白)

海未「顔色が優れませんねぇ」

海未「どうかしたのですか?」
241: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 03:26:51.82 ID:uNhEjNSk.net
希「……」

希「ウチは……ウチは」

海未「ウチは?」

希「絵里ちの事が……大好きで」

希「その……出来心なんよ」

希「悪気はなかったんよ」

海未(ギロッ)

希「信じて……お願い」(ウルウル)

海未「それは信じましょう」

海未「希の絵里に対する友情に
嘘偽りはない事」

海未「私とて、疑ってはいませんよ?」(ニッコリ)
242: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 03:38:09.80 ID:uNhEjNSk.net
希「あ、ありがとう……」

海未「ですが」(キッ)

海未「この画像の淫猥さまでは
断じて否定出来ません!」(スマホ)

希「ひいいぃっ……」(涙目)

海未「これはどう見ても、殿方の
せ、せ……精えk……オブッ」

ことり「海未ちゃん、それ以上言っちゃダメェ!」(手)

海未「モゴモゴ……もるぁ、もほりはらひらはいっ!」(こらっ、ことり離しなさいっ!)



穂乃果「別に良いんじゃないかな?山芋ぐらい」※穂乃果は、純真




控え室

絵里「ハ、ハラショー」(モニター)

にこ「よりにもよってネットに晒すとは」

にこ「しかも、特定されるヘマまで犯して」

にこ「これはアイドルへの冒涜、恥よ?」(正論)

花陽「顔面に練乳ぶっかけられた絵里ちゃんかぁ……」

花陽「なんだか……美味しそう」※花より団子



今夜はここまで
247: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 23:54:44.39 ID:iyNaegPp.net
再開

控え室

(ガチャッ)

凛「うぅ……」(ウルウル)

花陽「あ、凛ちゃん!」

凛「うぅ……かよちんゴメン……グスッ」

凛「かよちん犠牲になってまで
凛を守ってくれたのに」

凛「絶対リーダーになるって約束を
凛は果たせなかった……エグッ」

凛「凛は……凛は」(ポロッ)

凛「かよちんに会わせる顔がないにゃあ」(ポロポロ)
248: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 00:01:46.76 ID:2g9NjkoF.net
凛「グスッ……うえぇ……エグッ
うえぇん……うええぇぇ〜ん……ヒック」※凛は泣き虫

花陽「そんな事ないよ!」(抱きっ)

花陽「凛ちゃん偉いよ
良く頑張ったよ?」(ナデナデ)※花陽は天使

凛「うぅ……かよちんはやっぱ優しいよぉ……ヒック」

凛「かよち〜ん……
あいがとねぇ〜」(ポロポロ)

凛「ふえぇ……グスッ……ふえぇ〜
エグッ……ふええぇ〜ん……ヒック」

にこ「あ〜もう
いい加減泣き止みなさいよねぇ〜?」

凛「らってぇ……グスッ……グスッ」
249: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 00:05:51.00 ID:2g9NjkoF.net
にこ(あ……そうだ)ピキーン

にこ「凛?あんた」

にこ「チキンラーメン食べる?」

凛「!」

凛「食べるっ!!」(キラーン)

にこ「現金ね!?」

絵里「さ、さすがにこね」



にこ「じゃあ、花陽達にはおにぎりね」

にこ「家庭科室行ってるわよ?」(スック)

花陽「あ、お構いなくぅ」

にこ(とりあえず10個も作れば間に合うか)
251: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 00:20:31.59 ID:2g9NjkoF.net
部室



恐怖 戦慄! そして絶望!!

居並ぶ4人を等しく覆う 暴露されし真実!

皆一様に冷や汗を流し

反論を試みる余裕すら失われる!!

それ程までに園田の追求は過酷で

弾劾は酸鼻を極める!

もはや抵抗はおろか 逃避すら不可能!

情報 証拠 全てを掌握して

彼女達を袋小路に追い詰める園田!

その姿は まさに鬼神!!
252: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 00:25:19.58 ID:2g9NjkoF.net
一同(ガクガクブルブル)

海未「これで分かったでしょう?」

海未「あなた達に私を悪し様に罵る資格が本当にあるのか」

一同(ビクビク、ビクビク)

海未「このゲームを下らない等と皮肉る余裕が果たしてあるのか」

一同(冷や汗タラタラ)

海未「ですが、希の言った通り」

海未「私とて、これ以上
みんなを締め上げるのは心苦しい」

海未「ここらで切り上げる……」

海未「そう言う手もありますが?」
254: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 00:27:48.34 ID:2g9NjkoF.net
園田の差し出した手 まさに慈悲の手!

切なそうにそれを眺める一同

そして 命だけでも助かろうと

彼女達がそれにすがろうとした刹那



穂乃果「私は降りない!!」



高坂 宣戦布告!!
255: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 00:32:17.86 ID:2g9NjkoF.net
海未「!?」



呆気に取られる園田

残る3人の視線が 驚愕が

彼女達2人に突き刺さる!!



穂乃果「海未ちゃんの言う事は良く分かるよ」

穂乃果「けど……いくら理由があるからって」

穂乃果「こんなやり方、絶対許せない!」

穂乃果「海未ちゃん……穂乃果怒ってるよ?」

穂乃果「海未ちゃんに勝って……」

穂乃果「ちょっとだけお仕置きさせてもらうんだから!」
256: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 00:34:49.59 ID:2g9NjkoF.net
怒りに燃える高坂!

その烈々たる闘志

例え幼なじみとて容赦皆無!!



海未「ほーう?」

海未「その意気や良し……
ですが穂乃果」

海未「あなたに果たして
この私を倒す自信があるのですか?」
258: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 00:38:33.27 ID:2g9NjkoF.net
園田海未

伝統ある家に生まれし 古風な少女

その育ちの良さは 総合病院の令嬢

西木野真姫に匹敵する

まさに ミューズの双璧!



海未「ふつつかながらも、私は家がうるさいゆえ」

海未「身の上も身の下も
いつもキレイに手入れするのが板に付いています」

穂乃果「……」
259: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 00:44:20.98 ID:2g9NjkoF.net
海未「この私に勝つ……それはすなわち」

海未「私以上に身だしなみ・身のこなしに
気をつけている事を意味します」

海未「あなたにそれだけの自信が」

海未「その自信を支えるに足る根拠が
その根拠をもたらすだけの蓄積が」

海未「本当にあると考えているのですか!?」

海未「穂乃果」(ドーン!)



ゲームマスターに相応しき 盤石の布陣!

その度量 冷静さ

圧倒的な壁と化して 

高坂の前に立ちふさがる!!
260: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 00:46:51.68 ID:2g9NjkoF.net
だが



穂乃果「むーっ!」

穂乃果「やってみなきゃ分かんないでしょ!?」

穂乃果「私やる!やるったらやる!!」

穂乃果「勝ち負け何て考えるほど
穂乃果頭良くないけど」

穂乃果「でも……やるからには
絶対勝つんだから!!」
261: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 00:52:27.55 ID:2g9NjkoF.net
沈黙に満たされる部室

だが

そこに走る膨大な殺気は まさに戦場!



海未「……」

海未「良いでしょう」

海未「ただし……もし負けたら」

海未「その暁には、リーダーを降りて頂きますが」

海未「穂乃果」(ババーン)

穂乃果「……」

穂乃果「もちろん……けどさ」

穂乃果「もし私が勝ったら……
海未ちゃん、どうするつもり?」

海未「……」

海未「そうですね……その時には」

海未「穂乃果達のお好きな様に」

海未「どんな罰でも受けましょう」

海未「そう……どんな恥ずかしい罰でも」
262: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 00:55:08.36 ID:2g9NjkoF.net
穂乃果「約束だからね?」

海未「違えませんよ?最も」

海未「私が負けるとは思えませんが」

穂乃果「むーっ!
ますます海未ちゃんが憎たらしくなってきた!!」

穂乃果「こうなったら絶対負けないんだからぁ!」
263: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 01:00:16.61 ID:2g9NjkoF.net
残り 5人!



海未(スキャン中)

一同「……」

海未「真姫?」

真姫「う゛えぇ!?」

海未(スタスタ)

真姫「う゛ぅ……ねぇ」

真姫「ホントにパンツまで見せんの?」

海未「もちろん」(ペラッ)

海未「!」

海未「んなっ……」

海未「こ、こ……これは!?」



一瞬にして凍り付く園田

果たして スカートの奥に

彼女が目撃したものとは!?
264: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 01:05:17.73 ID:2g9NjkoF.net
海未(ワナワナ、ワナワナ)

真姫「ど、どうしたの?」

海未「こんな……こんな事が」

一同「!?」

海未「パンツが……パンツの柄が」

海未「サン○オ……」

一同「……」

一同「えっ……えぇーっ!?」

希「アカン……」

ことり「ホノカチャアァァァン……」(ウルウル)



穂乃果「別に良いんじゃないかな?ハロー○ティくらい」※穂乃果は、純真
265: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 01:14:04.09 ID:2g9NjkoF.net
控え室

絵里「ハラショー……」(モニター)

花陽「へぇ、あの真姫ちゃんがぁ」

花陽「可愛い所あるんだねっ♪」

凛「あのクールで大人な真姫ちゃんが」

凛「意外だにゃあ」



(ガチャッ)

にこ「おまたせ−」

にこ「凛?ラーメン持って来たわよ−」(丼)

凛「あ、ありがとにこちゃん」

にこ「……」

にこ「あんた達……さっき持って来たおにぎり10個は?」

凛「えっ?」

凛「凛はラーメン意外食べるつもりなかったし」(ズルズル)

絵里「私も……1個しかもらってないわ」

にこ「……」

にこ「花陽?」

花陽「ぴゃっ!?」

花陽「は、はいっ」

にこ「あんたまさか……」

花陽「な、なんの話?」(冷や汗)

花陽「花陽は何も知らないよ?」(ニッコリ)
266: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 01:17:51.09 ID:2g9NjkoF.net
にこ(ジト目)

花陽「むーっ、にこちゃん!」

花陽「可愛い後輩を疑うつもりなんですか!?」

にこ「アンタホントマズイ事態になると能弁になるわねぇ」

にこ「けどね……
ほっぺたに米粒付けたまま言っても」

にこ「説得力ないわよ……」

花陽(ギクリ)

花陽(グゥ〜)

にこ「アンッタネェ……」(ワナワナ)
268: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 01:23:32.38 ID:2g9NjkoF.net
部室

真姫「ぐぬぬ……ぐぬぬぅ」

真姫「サン○オのどこが悪いのよ!?」

真姫「バカにしたら承知しないわ!!」

海未「す、スミマセン……」

海未「ただ……あの穂乃果でさえ
年相応のモノをはいているんで」

真姫「何よ!?それは侮辱にも程があるわ!!」

穂乃果「何で私はそう言う位置づけなのぉ!?」



真姫「そんな事より、おまたの臭いでしょ!?」

海未「そ、そうでした」
269: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 01:31:41.27 ID:2g9NjkoF.net
海未「クンクン……クンクン」(鑑定中)

真姫(恥じらいの表情)

海未「クンクン……なるほど」

海未「さすが真姫ですね……」

海未「この手入れ……
完璧としか言いようがない」

海未「過剰な香料を排して、基本を見事に押さえていますね」

海未「年頃の女の子らしい甘い香りと
自然とにじみ出る汗とが程よくマッチして」

海未「爽快感ある匂いが、鼻に心地よい……」

海未「一服の清涼剤とは……
この事を指すのですねぇ」(スンスン)
270: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 01:36:36.47 ID:2g9NjkoF.net
海未「生まれのみならず
育ちの良さが如実に現れている」

真姫「まあね」(髪イジリイジリ)

海未「感服しました」

海未「非の打ち所がありませんね」

海未「ひょっとしたら
私すら及ばないかも知れません」

真姫「そこまで褒めなくても」

海未「いえ……これは争えない事実」

海未「私は嘘が嫌いなもので」

真姫「面倒な人ね」(髪イジリイジリ)
271: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 01:40:39.61 ID:2g9NjkoF.net
海未「嘘がつけないついでにもう1つ」

真姫「?」

海未「ですが……悲しいかな」

海未「ただ1つだけ
指摘しなければならない点が」

真姫「何かしら?」

海未「あなたねぇ
紛らわしい言い方だとは思わないの?」

海未「はぁ……では
単刀直入に言いますが」

海未「正直……臭います」
273: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 01:43:13.27 ID:2g9NjkoF.net
一同「えぇーっ!?」



園田の口から出た衝撃の事実!

凍り付く西木野!



真姫「」

真姫「は……はあっ!?」

真姫「イミワカンナイ!!」
274: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 01:48:00.71 ID:2g9NjkoF.net
海未「いえ……だから
言えと言われたから話しただけで」

真姫「悪いけど、私これでも」

真姫「下半身のケアには抜かりはないんですけど!?」

海未「はぁ」

真姫「ちゃんと洗ってるし、ビデも使ってるし」

真姫「ヘアの処理だって……
にこちゃんから教わった通り」

真姫「余り……剃りすぎない様に」

真姫「剃りすぎない様に……」(赤面)

真姫「って……何言わせるのよ!!」(超赤面)
275: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 01:53:42.24 ID:2g9NjkoF.net
海未「あの……真姫?」

海未「私は別に
真姫のボディケアに付いては
一切文句付けてはいませんが」

真姫「だって、あなた」

真姫「今臭うって」

海未「あぁ、それは説明が足りませんでしたね?」

海未「私が指摘したのは、体臭ではありません」

海未「真姫?今日の昼休み」

海未「何か食べ物をこぼしませんでしたか?」

真姫「!!」

真姫(冷や汗タラタラ)



一挙に愕然とする西木野!

その表情 蛇に睨まれた蛙そのもの!!



真姫「う゛えぇ……」



一体西木野の身に

何があったのか!?
276: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 01:57:21.26 ID:2g9NjkoF.net
昼休み 部室

(ガチャッ)

真姫「にこちゃん?」

にこ「ん〜、真姫ちゃん遅いニコォ〜」(抱きっ)

真姫「う゛えぇ……
いきなり抱きつかないでぇ」

にこ「今日はぁ〜真姫ちゃんのためにぃ〜」

にこ「おかず用意しといたんだからぁ〜」

にこ「ニコッ♪」
277: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 02:01:39.67 ID:2g9NjkoF.net
真姫「そんな気遣いしなくても」(ガタッ)

にこ「ほいっ♪」(タッパ)

にこ「ケチャップたっぷりのナポリタン作ってきたの」

真姫「へぇ?ベタなチョイスね」

真姫「まあ、食べてあげなくもないけど?」(髪イジリイジリ)

にこ「真姫ちゃん素直じゃないニコ」

真姫「と、言いつつ」

真姫「後でにこちゃんのパートだけ
特別豪華にしてとか言わないでよ?」(ジト目)
278: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 02:03:52.59 ID:2g9NjkoF.net
にこ「もうっ、真姫ちゃん」

にこ「にこはぁ〜
真姫ちゃんと一緒に食べられるだけでぇ〜」

にこ「と〜っても幸せ〜♪」

にこ「ニコッ♪」

真姫「んもぅ……」

真姫「そんなんで騙されると思ってんの?」※まんざらでもない
279: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 02:07:42.72 ID:2g9NjkoF.net
部室

海未「と、まぁ……」

海未「大方こんな展開になっていたのではないかと
私は推測します」※名推理

真姫(冷や汗)

海未「て言うか」

海未「毎日毎日昼休み
2人で何をやらかしているのですか!?」

海未「仮にも女同士なのに」

海未「ホントに最低です!」(落涙)
280: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 02:15:39.33 ID:2g9NjkoF.net
控え室

花陽「んん〜」(モグモグ)

花陽「やっぱりおにぎりは新米に限ります」(モグモグ)

花陽「ありがとうね?にこちゃん」(モグモグ、モグモグ)

にこ「はいはい、どういたしまして」

にこ(追加の20個が……もう無くなりそうだわ)冷や汗

絵里「ハ、ハラショー」(モニター)

絵里「にこ……あなた達」

絵里「こんな恋人じみた事を?」

絵里「もう少し、節度というモノがあっても」

にこ「ホントにね」

にこ「親友の手でプリクラに
練乳ぶっかけ加工された
あんたに言われたくもないけれどね」(ジト目)

絵里(スック)

絵里「もうイヤだ……」(ポロポロ)

絵里「エリチカお家帰るぅ」(スタスタ)

にこ「ち、ちょっとぉ
待ちなさいよ!!」



今夜はここまで
283: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/22(水) 04:11:58.51 ID:K3iUy3GG.net
再開

部室

真姫(ガクガクブルブル)

海未「そして、更に……」



再び昼休み中

にこ「は〜い、真姫ちゅうわぁ〜ん」

にこ「あ〜んしてぇ〜」(フォーク)

真姫「自分で食べられるわよ」

にこ「ん〜こう言うのはぁ〜」

にこ「ムードが大切でしょ〜!?」

真姫「とか言いながら」

真姫「結局、次のライブ
センター推薦よろしくねっニコッ♪」

真姫「とでも頼むつもりなんでしょ?」(ジト目)
284: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/22(水) 04:17:01.24 ID:K3iUy3GG.net
にこ「む〜っ、疑い深い真姫ちゃんなんだからぁ〜」

にこ「そ〜んなイケナイ真姫ちゃんにはぁ〜」

にこ「おしおきとしてぇ〜
にこが食べちゃうもぉ〜ん」(抱きっ)

真姫「う゛えぇ!?
ちょっとぉ……」

真姫「フォーク持ったまま抱きついたら危ない……」

(ポロッ)

真姫「あっ」

にこ「フォークからスパゲティが」

にこ「おまたに落ちちゃったニコ」
285: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/22(水) 04:21:26.79 ID:K3iUy3GG.net
真姫「もう……だから言ったでしょ?」

にこ「ゴメンゴメン」

にこ「今拭いたげる」

にこ「ん〜」(ペロッ)

真姫(赤面)

真姫「な……ナニスンノヨ!?」

にこ「ん〜真姫ちゃんのおまた
すっごくひんやりしててぇ〜」

にこ「とぉ〜っても美味しい〜ニコッ♪」(ペロッ)

真姫「ま、当然ね」(髪イジリイジリ)
286: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/22(水) 04:26:35.34 ID:K3iUy3GG.net
真姫「もう、にこちゃんたら」(ブスッ)

にこ「真姫ちゃん怒ってる?」

真姫「怒ってるわ?」

にこ「どうしたら許してくれる?」

真姫「そうね」

真姫「どうしようかしら?」

にこ「真姫ちゃん?真姫ちゃん!」

真姫「なによ」

にこ「ん〜♪」(変顔)

真姫「プッ……クックックッ」

にこ「やっと笑った」

にこ「やっぱ真姫ちゃんはぁ〜」

にこ「笑顔がさいっこ〜ニコッ♪」

真姫「もうっ、全く」
287: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/22(水) 04:32:50.60 ID:K3iUy3GG.net
部室

海未「とまあ……
大体こんな感じになっていたのではないかと」

真姫(冷や汗タラタラ)

海未「ですから、私の嗅いだのは
確かに体臭ではありません」

海未「おまたにくっついたケチャップと」

海未「それをなめとったにこの唾液」

真姫(冷や汗ダラダラ)

海未「蛇足ですが、にこの唾液は」

海未「穂乃果のよりやや淡い感じが……おぶっ」

ことり「海未ちゃ〜ん?
これ以上言うのは色々ヤバイから」

ことり「もうこの位にしとこ?ね?」

海未「モゴモゴ……」


穂乃果「別に良いんじゃないかな?
この位」※穂乃果は、純真
288: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/22(水) 04:41:05.27 ID:K3iUy3GG.net
控え室

にこ「ほら、絵里?」

にこ「あんたにもチキンラーメン作ったげたから」(丼)

絵里「クスン……さすがにこね」

花陽「凛ちゃん
ほっぺたに食べかす付いてるよ?」

花陽(ペロッ)

にこえり「えっ……?」(困惑)

凛「かよちん、ありがと」

絵里(い、今……人前で)

にこ(ペロペロしたわよね!?)

絵里(ええ……我が目を疑うわ)
289: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/22(水) 04:43:28.16 ID:K3iUy3GG.net
花陽「それにしても
にこちゃんと真姫ちゃん
毎日そんなにイチャイチャしてたなんて」

凛「バカップルキモいにゃあ」

にこ「あんたらが言うな!」(ウガーッ)

絵里「ほんとにね」(唖然)
290: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/22(水) 04:49:03.59 ID:K3iUy3GG.net
部室

真姫(ビクビク)

海未「どうです?
いかに真姫が高値のフラワーであろうと」

海未「戦略家で度胸があっても」

海未「おまたからケチャップのみならず」

海未「大好きなパイセンの唾液の臭いを漂わして」

海未「果たして……天下のミューズのリーダーが張れると
本当に言えますか?」

真姫(ガクガクブルブル、ガクガクブルブル)

海未「そんなモノは寝言に過ぎません!」(ババーン!)
291: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/22(水) 04:53:40.11 ID:K3iUy3GG.net
園田の断罪!

それはあまりにも厳しく

かつ過酷!!



真姫「くっ……」(ウルッ)

真姫「イミワカンナイ」(ウルウル)

海未「真姫……あなたはまだ一年生」

海未「この挫折を糧に
今後一層精進して下さい」

海未「さすれば有り余る才能のあるあなたの事」

海未「必ずや芽が出て
いずれ大輪の花を咲かせる時が来ると
信じています」
292: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/22(水) 04:58:09.67 ID:K3iUy3GG.net
真姫「う゛えぇ……う゛えぇぇ」(ポロポロ)

海未「それでは……ヒデコ?」

ヒフミトリオ「うんっ」

ヒデコ「さ、真姫ちゃん」

真姫「グスッ……イミワカンナイ」(トボトボ)

(ガチャッ)

(バタン)



西木野真姫

ケチャップ及びパイセンの唾液により

敗退!!
293: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/22(水) 05:04:18.82 ID:K3iUy3GG.net
穂乃果(クッ……
あの才色兼備の真姫ちゃんが)

穂乃果(こんなあっけなく倒されるなんて)

ことり(こんなの勝てるわけないよ)

ことり(どうしよう穂乃果ちゃん)

希「……」



残るは 4人

この阿鼻叫喚のバトルロワイヤル

果たして穂乃果達に

活路はあるのか!?



海未(スキャン中)

海未「それでは……ことり?」

ことり「ひ、ひゃいっ!?」(ビクッ)

海未「覚悟は……良いですね?」



ことり 遂にロックオンさる!!




今夜はここまで
302: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/24(金) 04:43:46.81 ID:1w8TnacC.net
再開

海未「……」(ツカツカ)



冷厳なまなざし 凍り付いた表情で歩み寄る

園田

その姿 さしずめ秘密警察の如し!



海未(カツカツ)

穂乃果(こんな恐ろしい海未ちゃん
みた事ないよ)

ことり(ホノカチャァァン)ビクビク

海未「ふんっ!」(ズイッ)

ことり「ヒイィィ」(ガクガクブルブル)

海未「それでは……
いざ尋常に、勝負!!」(スカートペラッ)
303: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/24(金) 04:50:10.31 ID:1w8TnacC.net
海未「クンクン……クンクン」(賞味中)

海未「クンカクンカ……スーハースーハー」

海未「クンカクンカ……ゴホッゴホッ
これは失礼」

海未「スーハースーハー……何と!?
スーハースーハー……むむむ」

海未「クンクン……クンクン
ほう?
クンカクンカ……スーハースーハー」

海未「クンクン、クンクン……んなっ!?」

海未「スーハースーハー……
ハァ……」

海未「スンスン、スンスン……
色々と疲れていますねこれは」

ことり「……」
304: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/24(金) 04:54:23.44 ID:1w8TnacC.net
海未「なるほど……大概把握しました」(スック)

海未「ことり?」(キラーン)

ことり「ひ、ひゃいっ!?」(涙目)

海未「むーっ!」

海未「また腕を上げましたね?」(ニッコリ)

ことり「う……うんっ」(冷や汗)
305: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/24(金) 04:57:20.41 ID:1w8TnacC.net
控え室

絵里「ハ、ハラショー」(モニター)

真姫「アリエナイワ」(髪イジリイジリ)

花陽「ずっとパンツ嗅いでいるなんて」

凛「正直キモいにゃあ」

にこ「それには同意ね」
306: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/24(金) 05:02:08.00 ID:1w8TnacC.net
部室

希「海未ちゃん……海未ちゃん?」

希「嗅ぎすぎやない?」

海未「なにを言っているのです希」

海未「私達3人
いつもはこの何倍もの時間をかけて」

海未「お互いのパンツ嗅ぎっこを楽しm……もごっ!?」

ことり「海未ちゃーん?
もうそろそろいい加減にしよ?ね?」(両手)



穂乃果「別に良いんじゃないかな?嗅ぎっこ位」※穂乃果は……純真
307: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/24(金) 05:08:17.87 ID:1w8TnacC.net
ジャッジタイム

海未「さて……肝心の結果ですが」

一同(ゴクリ)

海未「ことり?」

ことり(キッ)

海未「ミューズで一番女の子らしい匂いをしているのは」

海未「やはりあなたですね?」(ニッコリ)

ことり「うんっ♪」

海未「乳製品が好物なだけあって」

海未「とても濃厚かつ芳醇な香りを
堪能させてもらいました」

ことり「それ程でもぉ」(モジモジ)

海未「全く……
幼い頃からこんなに癖になる匂いを楽しめるとは」

海未「生まれてきたかいがあったと言うもの」

海未「これだけで人生勝ち組確定です」
308: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/24(金) 05:12:07.63 ID:1w8TnacC.net
控え室

凛「嘘だっ!」

凛「かよちんの方が良い匂いするもん!」

凛「絶対良い匂いするんだから!!」

凛「ね?かよちん?」

花陽「そ、そうかなぁ……」

凛「凛、かよちんのタイツ嗅ぐのが」

凛「一番の生きがいなんだよ?」

凛「毎日色んな匂い味わえるから」(意味深)

にこ「あんたらも毎日何やってんのよ」

真姫「ツイテイケナイワ」
309: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/24(金) 05:17:03.27 ID:1w8TnacC.net
惜しみなき園田の賞賛!

恥じらいながらも喜ぶ南

その姿にてらう様子も無し!

幼なじみのみに許される これぞ特権!!

だが



海未「ですが」

ことり「ですが?」

海未「ことり……
乳製品アレルギーを知っていますか?」

ことり「牛乳飲んだりすると
気持ち悪くなっちゃったりするアレだよね?」

海未「そうです……
ハァ……」

ことり「どうしたの?」
310: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/24(金) 05:20:02.09 ID:1w8TnacC.net
海未「ことりにこんな無体な事
本当は言いたくないのですが」

ことり「?」

海未「その乳製品アレルギーの方から見たら
あなたの匂い
果たしてどういう風に感じられるでしょう」

ことり「!?」

ことり「ひゃいっ?」

ことり「ひゃ、ひゃいっ!?」
313: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/24(金) 05:23:43.91 ID:1w8TnacC.net
驚愕する南

対するに園田の表情

どこまでも沈鬱!



海未「そうです……つまり」

海未「乳製品アレルギーの方からすれば」

海未「あなたの匂いをかいだだけで
失神してしまう可能性があるのです!」(ババーン!)

一同「えぇーっ!?」
314: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/24(金) 05:30:39.02 ID:1w8TnacC.net
控え室

絵里「ハラショー……」(モニター)

花陽「そ、そんなぁ……」

凛「ありえないよ」

真姫「そうとも限らないわ」(髪イジリイジリ)

真姫「重度のアレルギー患者からすれば」

真姫「ほんなわずかなアレルギー源でも
体が過剰反応してしまうリスクはある」

真姫「そう言うケースも確かにあるわ」※さすが医師の卵

にこ「そう言う難しい話」

にこ「にこわかんないよぉ〜」

凛「ぶりっこキモいにゃあ」

にこ「あ?何か言った!?」(ツネリツネリ)

凛「イタタタ……
うえぇ〜ん、かよちん助けてぇ〜」

絵里「ほんとにね」

花陽「えっ?そこぉ!?」
315: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/24(金) 05:33:29.92 ID:1w8TnacC.net
部室

海未「そう言うわけで……残念ながらことり」

海未「あなたは失格です!」(ドーン)

ことり「えぇぇぇー!?」

ことり「そ、そんなぁ……」



南ことり

香しき乳香により

退場!
316: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/24(金) 05:43:01.07 ID:1w8TnacC.net
ことり「ふえぇ……グスッ」

ことり「ホノカチャァン」(ウルウル)



控え室

真姫「てかことりがリーダーになれないのは」

真姫「別の所に理由がありそうだけど」

にこ「例えば?」

真姫「すぐ穂乃果に頼る所とか」

にこ「あ〜そうかそうか
腑に落ちるわ」

にこ「真姫ちゃんが言うと
ホントによ〜く納得出来るわ」

真姫「何よ?険のある言い方よね」(ジト目)

にこ「にこがお風呂に入っているだけで」

にこ「【にこちゃんどうしたの!?】メールを500回も送ってきて」

にこ「お風呂から上がって早速履歴を確認したら」

にこ「【ねぇ、私何か悪い事した?】って
10回も留守電入れて」

にこ「慌てて連絡したら、真姫ちゃんの第一声」

にこ「【もうにこちゃんのマンションの前に来てるんだけど】
って言われた時は
正直怖かったわよぉ〜?」

一同(絶句)

にこ「その真姫ちゃんがぁ〜そんな事言うかなぁ〜?」
317: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/24(金) 05:44:06.16 ID:1w8TnacC.net
ことり「ふえぇ……グスッ」

ことり「ホノカチャァン」(ウルウル)



控え室

真姫「てかことりがリーダーになれないのは」

真姫「別の所に理由がありそうだけど」

にこ「例えば?」

真姫「すぐ穂乃果に頼る所とか」

にこ「あ〜そうかそうか
腑に落ちるわ」

にこ「真姫ちゃんが言うと
ホントによ〜く納得出来るわ」

真姫「何よ?険のある言い方よね」(ジト目)

にこ「にこがお風呂に入っているだけで」

にこ「【にこちゃんどうしたの!?】メールを500回も送ってきて」

にこ「お風呂から上がって早速履歴を確認したら」

にこ「【ねぇ、私何か悪い事した?】って
10回も留守電入れて」

にこ「慌てて連絡したら、真姫ちゃんの第一声」

にこ「【もうにこちゃんのマンションの前に来てるんだけど】
って言われた時は
正直怖かったわよぉ〜?」

一同(絶句)

にこ「その真姫ちゃんがぁ〜そんな事言うかなぁ〜?」
318: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/24(金) 05:49:39.86 ID:1w8TnacC.net
真姫「う゛ぇぇ……う゛ぇ!?
う゛ぇぇ……」(涙目)

真姫「わ、悪かったわよぉ!」(赤面)

凛「女同士なのにありえないにゃあ」

花陽「そ、そうだね」

絵里「ほんとにね」

真姫「エリーはほんとにねって言いたいだけじゃないの?」
319: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/24(金) 05:53:54.53 ID:1w8TnacC.net
部室

穂乃果「むーっ!」

穂乃果「海未ちゃん!!いい加減にしてよ!!」

穂乃果「ことりちゃん泣いてるんだよ!?」

ことり「ホノカチャァン……」(メソメソ)

希「そうやん」

希「いくら何でも感じ悪すぎるよ?」



部室に立ちこめる戦雲

一触即発

その危うさ マッチ一本で暴発する

まさに火薬庫!!
320: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/24(金) 05:56:20.98 ID:1w8TnacC.net
海未「……」

穂乃果「穂乃果本気で怒るよ!?」

海未「……」

穂乃果「海未ちゃん!!」



遂に激怒する高坂!

一体 どうなってしまうのか!?

しかし

園田に動揺はおろか

親友の憤りを顧みる素振りすら無し!!
321: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/24(金) 05:59:15.18 ID:1w8TnacC.net
海未「笑止!!」



園田の一喝!

それは 部室に居並ぶ2人の心臓を

容赦なく打ち砕くに十分な迫力!



海未「臆したのですか!?2人とも!」

のぞほの(ビクッ)

海未「さっきまでの威勢はどこに行きました!?」
322: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/24(金) 06:04:53.57 ID:1w8TnacC.net
海未「まさかここまで来て
尻尾を巻いて退散するつもりじゃないでしょうね!?」

穂乃果「んなっ!?」

希「言って良いことと悪い事があるよ!?」

海未「そもそもにしてからが」(ツカツカ)

海未「ふんっ!!」(ズイッ)

海未「毎日毎日ランチパックばっかり余分に食べて
ろくにウェイトコントロールしない
穂乃果のだらしなさが」

海未「今回の仕儀に至る原因ではないですか!」

穂乃果「えぇとぉ……それはぁ」(シドロモドロ)
323: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/24(金) 06:08:12.78 ID:1w8TnacC.net
希「穂乃果ちゃん
ここで負けたらダメよ?」

海未「希!あなたもです!!」

希「ウチが!?」

希「ウチが何したん!?」

海未「優勝祈願のため神仏の加護に頼る
それも良いでしょう」

海未「ですが」

海未「だからと言って……
何ですかあれは!?」



園田の指さす先 そこには

な、なんと!
324: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/24(金) 06:13:54.73 ID:1w8TnacC.net
海未「あの壁一面、護符やら御札だらけ!」

海未「しかも十字架に……
ユダヤ教のダビデの星まで!!」

海未「更に……
ヒンドゥー教の神様の絵まであるし!!」

海未「のみならず……
厄除けや交通安全
安産祈願のお守りに」

海未「極めつけは……
除霊や厄払いの御札がこんなにも!!」

希(冷や汗)

海未「あなたは一体……
何に対して祈ってるのですか!?」
325: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/24(金) 06:19:08.24 ID:1w8TnacC.net
海未「こんなにたくさんの神様を一度に信じて」

海未「しかも、ユダヤ教やキリスト教は
一神教です!!」

希「そうなん?」

海未「知っててすっとぼけてますね……」(ジト目)

海未「とにかく
これでは御利益所か
バチがあたりますよ?」

希「イスラム教のもあるんよ?」

希「あの柱に貼った印」

希「聖地メッカの方向になっているやん?」

希「ふふ」(微笑)

海未「良いから話を聞きなさいっ!」
326: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/24(金) 06:23:07.69 ID:1w8TnacC.net
希「いやぁ……
出来るだけ多くの神様に
お願いしておこうかと」

海未「だとしても」

海未「安産を祈って何になるんですか……」

希「ほら、海未ちゃん」

希「産みの苦しみ言うやん?」

希「海未ちゃんだけに」

希「エヘッ♪」(ペロッ)

海未「言うと思いましたよ」(落涙)




今日はここまで
329: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 05:22:46.87 ID:VmfGB1vd.net
再開

希「まぁ、海未ちゃん」

希「そう怒らんと」

海未「百歩譲ってこれは許すとしましょう……」

海未「ですが」(ギロッ)

海未「これだけ大量のスピリチュアルグッズ……
一体どれだけのお金がかかったのですか?」

希「部費で落としたんよ?」

海未「ほーう?」(ジーッ)

希「本当なんよ?」(冷や汗タラタラ)
330: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 05:33:25.43 ID:VmfGB1vd.net
海未「はて、ラブライブ出場に何かと費用のかかる我が部活に」

海未「これだけの護符や御札を買いそろえるだけの予算が
果たしてあったでしょうか?」

希(冷や汗ダラダラ)

海未「ことり?」

ことり(ビクッ)

ことり「な……なあに?」

海未「そう言えば……
最近生徒会のストックが」

海未「やけに不自然に減り続けてるのですが」

海未「何か……
身に覚えはありませんか?」
331: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 05:43:35.77 ID:VmfGB1vd.net
ことり(ガクガクブルブル)

穂乃果「ちょっ、海未ちゃん!!」

穂乃果「ことりちゃんを疑う気!?」

海未「ことりは生徒会会計係」

海未「出納に関しては全てことりに一任している」

海未「忘れたわけではないですよね?」
332: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 05:46:46.18 ID:VmfGB1vd.net
穂乃果「それは、分かるけど」

穂乃果「けど、友達を疑うなんて!」

穂乃果「私達仲間なんだよ!?」




海未「ほーう?」

穂乃果「な、何?」

海未「その会計係からもらったお小遣いで
頂いたランチパック」

海未「美味しかったですか?」(ニッコリ)

穂乃果「」
333: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 05:57:49.59 ID:VmfGB1vd.net
控え室

一同「え、え、え……えぇーっ!?」(モニター)

絵里「ハ、ハ……ハラショー」(涙声)

真姫「イミワカンナイ……」(小声)

にこ「これはヤバイニコォ」

凛「みんなワルだにゃあ……」

花陽「カミサマタスケテェ……」
334: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 06:08:39.18 ID:VmfGB1vd.net
部室

穂乃果(ガクガクブルブル、ガクガクブルブル)

海未「会計係の手管を使い
公金でパンを食べたその口が」

海未「随分とカッコイイ事を言うモノですねっ♪」(ニッコリ)

穂乃果「グスッ……うわああぁぁ〜ん
海未ちゃんゴメンナサイ」(抱きっ)

穂乃果「お願いだからこの事は
誰にも言わないでぇ〜」(スリスリ)

海未「当たり前です!」

海未「もし明るみに出たら
私達は全員生徒会リコール」

海未「下手をすれば退学」

海未「最悪ラブライブも学校も
台無しになります!」
336: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 06:15:06.67 ID:VmfGB1vd.net
園田の口から次々と暴露されるスキャンダル!

それは速射砲の如く

容赦なく高坂達を滅多撃ちにする!

だが

その告発には更なる追加があった!!



控え室

にこ「ったくぅ〜
な〜にやってんのよ」(モニター)

にこ「こんなの、アイドルに対する冒涜
恥よ」

にこ「心を入れ替えることね」

海未(ギロッ)

にこ「海未?あんた」

にこ「な〜んでカメラ越しにこっちを睨むのよ?」

にこ「何か言いたい事でもわるわけぇ?」(ジト目)
337: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 06:22:05.77 ID:VmfGB1vd.net
海未『にこ?果たして』(モニター)

海未『これだけの公金流用……
穂乃果単独で出来たでしょうか?』

にこ(ギクリ)

海未『正直穂乃果の頭では
ランチパックをせしめるのが関の山』

穂乃果『海未ちゃん、それって
穂乃果の事スッゴくバカにしてるよね!?』(涙目)

海未『また、これだけの大金を勝手に動かすには』

海未『ことりは善良かつ臆病過ぎです』

ことり『なんか妙にけなされてるのは……
気のせい?』(冷や汗)
338: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 06:33:16.92 ID:VmfGB1vd.net
海未『それに……いっかな希とて』

海未『仮にも元副会長』

海未『普段どれだけいい加減に見えても』

海未『最低限の責任感と良心は
とりあえず人並みにはあります』

希『遠回しにコケにしてないん?それって』(ジト目)

海未『分かりますか?』

海未『穂乃果に入れ知恵する謀略の才
ことりを言いくるめられる話術』

海未『そして……
希を悪のりさせるだけの度胸』

海未『これだけの資質を兼ね備えているのは
ミューズメンバー多しと言えどもただ1人』

にこ(冷や汗タラタラ)

海未『それは矢澤にこ……
他ならぬあなたなのです!!』(ドーン!!)
339: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 06:38:35.16 ID:VmfGB1vd.net
控え室

にこ「そ、そんなぁ……」

にこ「うぅ……ヒドいニコォ」(ウルウル)

凛「嘘泣きバレバレだし」

にこ「アンタホントフリカッセにして
食べるわよ!?」(ツネリツネリ)※窮鼠猫を噛む

凛「イダダダ……本気でつねらないでぇ」

花陽「フリカッセ……食べてみたい」

絵里「ほんとにね」

真姫「適当に言ってるでしょ?エリー」
340: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 06:44:28.64 ID:VmfGB1vd.net
にこ「泣きたいのはこっちだよ!」

にこ「大体、何を証拠にこんな因縁付けてるの!?」

にこ「いくら海未でも
にこ許さないニコ!」(プンスカ)

絵里「そうよ?海未」

絵里「にこがそんな事するわけないわ」※にこにはかなり甘い

海未『……』(モニター)

海未『あなたはさっき
にこに消臭スプレー隠されたの
もう忘れたのですか!?』

海未『確かに決定的な証拠はない
それは認めましょう』

にこ「……」
341: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 06:50:01.21 ID:VmfGB1vd.net
海未『ですが』

にこ(冷や汗タラタラ)

海未『生徒会予備費の不自然な現象にともなって』

海未『部室のアイドルグッズ
やたら増えてますよね?』

にこ(ガクガクブルブル)

にこ「あ、あ……あれはぁ」(冷や汗)

にこ「資料だから」(震え声)

海未『増えていますよね!?』

にこ「ニコォ……」(ガクガクブルブル)
342: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 06:54:07.56 ID:VmfGB1vd.net
海未『ことり?』

ことり『ひゃ、ひゃいっ!?』(ビクッ)

海未『この点に関して
何か知ってる事はありませんか?』

にこ「ち、ちょっと待ちなさいよ!」(モニター)

にこ「ことりは関係ないでしょ!?」
343: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 06:58:43.36 ID:VmfGB1vd.net
容赦なき園田の追求に

遂に牙をむく矢澤!

だがしかし!



海未『何を慌てているのです?』(モニター)

にこ「うぅ……」



園田に動揺する様子 微塵たりとて無し!!



にこ「良い!?ことり!!」

にこ「変な事話したら
あんたのぶるーべりぃーとれいん」

にこ「脱線じゃ済まないわよ!?」(ギロッ)



矢澤 遂に本性を現す!!
344: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 07:03:56.35 ID:VmfGB1vd.net
部室

ことり「えぇー?」

海未「どうなんですか?ことり」(ギロッ)

ことり「ええぇぇー?」



南 挟み撃ち!



ことり「ホノカチャアァン」(ウルウル)

海未「穂乃果ではありません!」

海未「あなたに聞いているのです!!」

ことり「ピイイィッ……」

ことり「ご……ゴメンナシャイ」(シュン)

ことり「じ、実はぁ……」
345: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 07:09:22.43 ID:VmfGB1vd.net
ことりの回想

放課後 部室

にこ「ことりちゃ〜ん?ことりちゃ〜ん」(ツンツン)

ことり「なあに?にこちゃん」

にこ「会計係って、大変?」

ことり「うん、まあね」

にこ「今の音ノ木坂の台所事情
キビシ〜んでしょ?」

ことり「そうでもないよ?」

ことり「絵里ちゃん、かなりの倹約家だったし」

ことり「会費の他に
有志からの寄付が結構あってね?」

にこ「そうなんだあ」
346: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 07:12:11.92 ID:VmfGB1vd.net
にこ「で?いくらくらいストックあるの?」

ことり「ええとぉ……それはぁ」(冷や汗)

ことり「うっかり漏らすと
海未ちゃんに怒られるしなぁ」

にこ「ことりちゃ〜ん?」

にこ「海未ちゃんの顔色うかがうだけじゃ」

にこ「にこいけないと思うなぁ〜」

ことり「……」
347: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 07:16:19.21 ID:VmfGB1vd.net
ことり「そ、そうだね……
確かにそうだ」

ことり「じ、じゃあ……
にこちゃんだけに教えちゃうね?」

ことり(ゴニョゴニョ)

にこ「わお!そおんなにあるんだあ!!」

にこ「そんなにたくさんのお金を管理するなんて」

にこ「ことりちゃん凄いね♪」

ことり「それほどでもぉ」

ことり「エヘヘ♪」
348: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 07:19:37.82 ID:VmfGB1vd.net
にこ「……」

にこ「ねぇ、ことりちゃん」

ことり「なあに?」

にこ「ええとぉ、そのう」(モジモジ)

にこ「にこ欲しい物が……
い、いや」

にこ「アイドル研の資料を新たに購入しようと思ってぇ」

にこ「少しばかり工面してくれるとぉ〜」

にこ「にこ嬉しいなぁ〜」(モジッ、モジモジ)
349: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 07:23:46.20 ID:VmfGB1vd.net
ことり「えぇ〜っ!?」

ことり「それはダメだよぉ!」

にこ「でもでもでも、ことりちゃん?」

にこ「ラブライブに勝つためなんだよ?」

にこ「海未は堅物だし、穂乃果は計算能力残念だし」

にこ「頼れるのことりちゃんしかいないんだよ」

にこ「今のミューズの命運は……
ことりちゃんが握ってるんだよ?」
350: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 07:28:54.95 ID:VmfGB1vd.net
ことり「ことり……が?」

にこ「そうそうそう、そうニコ!」

にこ「こんな大きな仕事が出来るの
ことりちゃんしかいないんだよ!」

ことり「ことり……次第?」

にこ「そうだよ」(便乗)

ことり「……」

ことり「そんなぁ……
ことりがここまで頼られるなんてぇ」

ことり「エヘヘ♪」
351: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 07:33:13.66 ID:VmfGB1vd.net
にこ「フッ、チョロいわね」(ボソッ)

ことり「にこちゃん?」

にこ「うぇ!?ううん」

にこ「何も言ってないよ〜?」

にこ「ニコッ♪」

ことり「……」

ことり「それじゃあ
取りあえず帳簿出して、と」(ファイル)

にこ「それじゃ、この桁
いじっちゃおうか♪」

ことり「うんっ♪」※まねするのは、止めよう
352: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 07:37:49.10 ID:VmfGB1vd.net
にこ「いやぁ〜
ことりちゃんのおかげで
助かっちゃったよぉ〜♪」

にこ「これで最新のグッズゲット……い、いや」

にこ「ラブライブ優勝見えてきたよ」

にこ「ホント、ありがとうね♪ことりちゃん」

ことり「どういたしまして♪」

にこ「ククク……
あんたの敗因は
人を信じすぎる事よ」(ボソッ)

ことり「何か言った?」

にこ「うぇ?な、何でもないよぉ〜?」

にこ「ニコッ♪」
353: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 07:42:14.07 ID:VmfGB1vd.net
南の告白

そこに示されたのは

ブリッ娘アイドル矢澤にこに秘められた

恐るべき実態!

その手口 まさに

老獪にして狡猾!

矢澤にこ 17才

既にしてその小悪魔ぶり 

大人顔負け!!
354: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 07:48:20.36 ID:VmfGB1vd.net
部室

海未「こんなこったろうと思ってましたよ」(ワナワナ)

ことり(ガクガクブルブル、ガクガクブルブル)

海未「こ・と・り」(ゴゴゴゴゴゴ……)

ことり「ピイイィィ……」(涙目)

海未「人の良さ、温厚さはあなたの美徳」

海未「それは私も大好きですよ?
ですが」

海未「こうまで簡単にコロッと騙されるとは!」(ワナワナ)

海未「むーっ!」

ことり「うわあぁぁぁ〜ん
海未ちゃんごめんなさ〜い」(抱きっ)
355: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 07:53:09.12 ID:VmfGB1vd.net
ことり「もう絶対しないから
反省するからぁ〜」(号泣)

ことり「おしおきだけはもう勘弁してぇ〜」(鼻水)

ことり「あれされると……
ことり、もう寝られなくなるからぁ〜」(スリスリ)

海未「全く……これでは」

海未「悪質な詐欺や組織の罠に
簡単に引っかかってしまいます」

海未「穂乃果もそうですが
ことりもまだまだ私がいないと
ダメみたいですね」(ため息)
356: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 07:57:20.71 ID:VmfGB1vd.net
控え室

にこ(ビクビク、ビクビク)

花陽「あのぅ〜にこちゃん?」

花陽「これってぇ……公金横領」

凛「文書改ざん、だよね?」

にこ(冷や汗タラタラ)

真姫「またやらかしたの?」

真姫「しかも、今度はことりにやらせて」

真姫「自分の手は汚さない、と」

にこ(冷や汗ダラダラ)

真姫「完全犯罪かしら?にこちゃん」(ジト目)
357: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 08:00:33.80 ID:VmfGB1vd.net
にこ(ガクガクブルブル)

絵里「これバレたらあなた」

絵里「退学よ?」

にこ「ニコォ……」(冷や汗)

花陽「ことりちゃんがお人好しと言うよりもぉ」

凛「にこちゃんが酷すぎるよね?これって」

真姫「弁解の余地なしね」(髪イジリイジリ)
358: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 08:04:14.82 ID:VmfGB1vd.net
にこ(スック)

にこ「にこ、急用思い出したから」

にこ「もう帰るね?」(ソソクサ)

(肩ガシッ)

にこ「ニコォッ!?」(ビクッ)

絵里「とりあえず……
正座な・さ・いっ!!」

にこ「ゴメンニコォ……」(シュン)
360: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 08:11:15.64 ID:VmfGB1vd.net
明かされた真相  

それは

ミューズメンバー達を覆う

アイドルと金!

もし公にされれば

ミューズはおろか

音ノ木坂女学院全体が窮地に晒される

一大不祥事になるは必定!!



部室

ほののぞこと(冷や汗タラタラ)

海未「おまたの臭い云々がナンセンス?
確かにそうです」

海未「そんなんでリーダーを決めるのは下らない?
無論そうでしょう」

海未「今日の私はおかしい?
それも認めましょう」
361: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 08:15:58.94 ID:VmfGB1vd.net
海未「ですが」(キラーン)

海未「生徒会費を着服し
自分勝手に流用するほど」

海未「私は堕ちた覚えもありませんが」

ほののぞこと「うぅ……」

海未「まして、希は元副会長
ことりは会計係」

海未「穂乃果に至っては現生徒会長」

海未「そしてリーダーなのですよ!?」

ほののぞこと「はい……」

海未「そして、にこ?」(ジーッ)
362: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 08:24:01.24 ID:VmfGB1vd.net
控え室

にこ「な、何?」(正座中)

海未『あなたは部長で
しかも最上級生』(モニター)

海未『本来なら
暴走するみんなを止めるべき立場でしょうに』

にこ「にこ足痺れたにこ♪」

海未『ちゃんと話を聞きなさいっ!』

真姫「そうよ?にこちゃん」

真姫「とりあえずあと一時間
みっちり反省してもらうから」

真姫「分かった!?」

にこ「はい……」

絵里「……」

真姫「どうする?エリー」

絵里「これ以上隠蔽しても仕方ないし」

絵里「正直に理事長に打ち明けるしかないわね」

真姫「大丈夫かしら」

絵里「大丈夫……ではないわね」

絵里「それでも、温情ある最低が下るよう」

絵里「神妙に振る舞うしかないわね」

真姫「そうね」

絵里(胃が痛くなってきた……)
363: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 08:29:22.96 ID:VmfGB1vd.net
部室

海未「それでは……ヒデコ?」

ヒフミトリオ「さあ、ことりちゃん?」

ことり「ひゃいっ……」(トボトボ)

(ガチャッ)

(バタン)



残るは 3人!



海未(選定中)

ほののぞ「うぅ……」

海未「希」



園田 ロックオン完了!



希「ウチの番やね」




とりあえずここまで
376: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/27(月) 01:03:47.51 ID:shvM4h8t.net
再開

希「遂にウチの番やね」

海未(ツカツカ)

海未「それでは、失礼して」(スカートペラッ)

海未「クンクン、クンクン……」(検証中)

希(恥じらいの表情)

希「こんな事したら……ダメなんよ?」(赤面)
377: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/27(月) 01:08:21.20 ID:shvM4h8t.net
海未「クンカクンカ……スーハースーハー」

海未「これはなかなか楽しませてくれますねぇ」

海未「クンクン……クンクン」

希「ウチ……もうアカンて」

海未「もう少し我慢して下さい……
スンスン」

海未「ほぅ……さすが上級生
クンクン」

希「もう……ええやろ?」

海未「今少し待って下さい……クンカクンカ」

穂乃果「……」

穂乃果(何か……どんどん
長くなってないかなぁ?)冷や汗
378: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/27(月) 01:11:50.95 ID:shvM4h8t.net
控え室

絵里「ハ、ハラショー……」(鼻血)

にこ「ったくぅ〜
海未も大概変態じゃないのよぉ」

ことり「私も……これはちょっとぉ」(苦笑い)

真姫「海未は思い込んだら一直線だからね」

花陽「……」

花陽「もうヤダ……この部活」(ボソッ)

凛「か、かよちん!?」
379: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/27(月) 01:14:24.90 ID:shvM4h8t.net
部室

海未「ふぅ……お疲れ様でした」

希(ジト目)

海未「しかし、さすが希」

海未「全く隙が見当たりません」

海未「この防御力……
鉄壁としか言いようがない」

海未「手の付け所がありませんね」
380: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/27(月) 01:22:46.86 ID:shvM4h8t.net
海未「過剰な香料・神経質な手入れを控えつつ」

海未「体臭もコロン類もあくまで自然体を維持している」

海未「あえて汗の匂いも隠さないのも
この場合プラスに作用していますね」

希「スピリチュアルやろ?」

海未「これは凛と共通しています
ですが」

海未「直感的な凛と違い、希の場合は……
より明確な哲学を感じます」

希「ムリに隠蔽するより、ありのままがええと思うんよ」

海未「なるほど……これは勉強になりますね」
381: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/27(月) 01:26:26.08 ID:shvM4h8t.net
海未「ほのかなラベンダーの香りも、希の体臭と調和して
また素晴らしい……」

海未「幻想的で、それでいて」

海未「凛とした品性を感じます」

海未「見事としか言いようがないですね」

希「……」

希「当然やん?」

希「今夜は絵里ち
ウチの部屋にお泊まりやし」

希「事前の準備はしっかりせんと」
382: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/27(月) 01:29:04.02 ID:shvM4h8t.net
海未「……」

海未「なるほど」

海未「確かに私も」

海未「穂乃果やことりの家に泊まる時は」

海未「その辺りぬかりなくやっています」

海未「やはりこの辺りは、常識ですよね」(ニッコリ)
383: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/27(月) 01:33:16.85 ID:shvM4h8t.net
控え室

絵里「ほんとにね……」(制服ズリッ)

花陽「この人達……ナニイッチャッテンノオォ!?」

凛「そうだよ!」

凛「凛がかよちん家にお泊まりする時は」

凛「あえて匂いのこもったかよちんを楽しみにしてるのに!」

凛「その利点を自ら否定するなんて」

凛「正直勿体ないにゃあ!」

にこ「あんた達も何やってんのよ……」
385: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/27(月) 01:38:09.00 ID:shvM4h8t.net
真姫「確かにこれは
ちょっと誤解を招きかねないわよね」(髪イジリイジリ)

真姫「まあ私は
にこちゃんの処理の仕方が上手いから」

真姫「お泊まりの前は少し下の方は放置して……
おぶっ!?」

ことり「真姫ちゃ〜ん?
ミューズがどんどん誤解されちゃうから」(手)

ことり「ここらで止めとこ?ね?」(目は笑ってない)

真姫「モゴモゴ……」



部室

穂乃果「別に良いんじゃないかな?この位」※穂乃果は、純真
386: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/27(月) 01:43:03.75 ID:shvM4h8t.net
部室

海未「さて……肝心のジャッジですが」

希「……」

穂乃果「……」

海未「希、確かに
あなたの手入れは万全にして
しかも偏りがない」

海未「その洗練振り……見上げた物です」

海未「これは私も見習いたい位です」

希「お褒めにあずかり光栄やね」
387: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/27(月) 01:47:05.00 ID:shvM4h8t.net
海未「ですが」

希「?」

海未「ほんのりするのですよ……」

希「ほんのり?」

希「何が?」

海未「女性フェロモンが……
相手を求める雌の臭いが」

希「!?」

海未「いえ……むしろプンプンと!」(ドーン)

ほののぞ「んなっ!?」

海未「希?ひょっとして」

海未「今夜絵里と2人きりになれる事に」

海未「いささか興奮してはいませんか?」

希(ギクリ)
388: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/27(月) 01:49:49.26 ID:shvM4h8t.net
海未「例え殿方には分からなくても」

海未「女同士は案外こう言うのには敏感」

希(冷や汗)

海未「いみじくも全てのファンに平等であらねばならぬアイドルが」

海未「よりにもよって特定の」

海未「しかも……
同じメンバーに性的興奮を抱くとは!!」
389: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/27(月) 01:53:15.74 ID:shvM4h8t.net
希(ビクビク)

海未「これがバレたら
ミューズの人気がガタ落ちになるのは必定」

海未「大体、私だって!」

海未「穂乃果やことりとお泊まりする前は」

海未「こう言うの押さえるのは
本当に大変なんです!」

海未「理性を保つのは苦労するんです!」

希「……」

海未「ですが……
私はそれを克服しました」
390: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/27(月) 01:57:30.09 ID:shvM4h8t.net
海未「私に出来て
希にやれない筈がないでしょう」

希(シュン)

希「海未ちゃんの言う通り
ウチが至らなかったかも知れない」

希「せやけど……
海未ちゃんの方は、本当の愛と言い切れるん?」

希「理性で抑えられる程度なら……
まだまだ生半可な代物やないん?」

海未「……」

海未「とっくに私達は……その段階は卒業した」

海未「そう言う解釈も出来ます」

海未「やりたい事は中学時代までに
やって置きましたから」
391: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/27(月) 02:03:08.75 ID:shvM4h8t.net
控え室

花陽「タ、タ、タイヘンデス、ミンナ!」(モニター)

花陽「海未ちゃんと……希ちゃんが」

花陽「いかがわしい会話をぉ……」(冷や汗)

絵里「ほんとにね……」

真姫「イミワカンナイ」(顔面蒼白)

にこ「私達って表現……引っかかるわよねぇ?」

にこ「ことり?」

ことり「ひゃいっ!?」(ビクッ)

にこ「あんた達……一体どーいう関係なのよ?」

ことり「へ?ええとぉ……」

ことり「お友達?」(冷や汗)
392: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/27(月) 02:09:58.70 ID:shvM4h8t.net
にこ「ふーん」(ジト目)

にこ「お友達同士お泊まりするだけで」

にこ「何でフェロモンがプンプンすんのよ」

ことり「に、にこちゃん?」(冷や汗)

ことり「もし黙っていてくれたら」(耳打ち)

ことり「お母さんに話して
にこちゃんだけ処分を軽くしてあげるから」(ヒソヒソ)

にこ「ふむ……分かったわ」

にこ「にこは手を引くから」

にこ「その代わり……
その辺りの工面、頼んだわよ?」(ゴニョゴニョ)

ことり「うんっ♪」

絵里「2人とも正座なさい」(ゴゴゴゴゴゴ……)

にことり「ゴメンナシャイ」(シュン)

真姫「相変わらず懲りないわね」

凛「凛はかよちんにしか興奮しないけどなぁ」
393: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/27(月) 02:13:47.52 ID:shvM4h8t.net
部室



東條希

フェロモンの過剰検出により

敗退!



希「クッ……」

海未「……」

希「介錯は……いらんよ」

(スタスタスタ)

(ガチャッ)

(バタン)

海未「さすが希
潔い最期でした」
394: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/27(月) 02:17:42.36 ID:shvM4h8t.net
海未「これで残るは……穂乃果?」

海未「遂にあなただけになりましたね」

穂乃果「……」

穂乃果「負けないよ?絶対に」

海未「穂乃果」

海未「この世には
熱いハートだけでは乗り切れない事も
たくさんあるのです」

海未「それを今教えましょう」(ズイッ)

穂乃果「むーっ!」

穂乃果「絶対負けないんだからぁ!」(両腕ブンブン)
395: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/27(月) 02:21:01.67 ID:shvM4h8t.net
海未「その虚勢いつまで続くか」

海未「結果を見れば明らかになります」(カツカツカツカツ)

穂乃果「くっ……このぅ」(ギリッ)

海未(カツカツカツ……)



遂に最終決戦!

果たして

リーダーの座はどちらに転ぶのか!?



今夜はここまで
405: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/29(水) 03:40:10.05 ID:CJVu/4+g.net
再開

前回までのラブライブ!



部室にて突如次のリーダーを決めると宣言する園田

だが その方法は……な、なんと!!

おまたの臭いがキツくない者を一番とする壮絶なルール!

イミワカンナイゲームに巻き込まれるメンバー

その有様 まさに戦場の如し!

そして かつての味方を次々と容赦なく葬る園田!

あまりの悲惨さに遂に我慢の限界を迎える仲間達

だが そんな彼女達に突き付けられたのは

ミューズのみならず 

音ノ木坂女学院全体を覆う一大スキャンダルだった!!

しかし

冷酷な追求に半ば酔いしれる園田に

怒りを爆発させる高坂!

そして リーダー決定戦は佳境を迎え

残るは園田と高坂の一騎打ちに!

この地獄のバトルロワイヤル

果たして生き残るのはどちらなのか!?
406: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/29(水) 03:46:30.33 ID:CJVu/4+g.net
部室



園田VS高坂

おまたの臭いをめぐる無制限真剣勝負!!



海未「穂乃果……覚悟は良いですね?」

穂乃果(コクッ)

海未「それでは、参ります!」(キッ)

穂乃果「と、その前に」

海未「む……何ですか?」

穂乃果「トイレ行ってきて、良いかな?」(モジモジ)

海未「ファッ?」(制服ズリッ)
407: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/29(水) 03:51:52.83 ID:CJVu/4+g.net
海未「穂乃果、こんな時に」

海未「もう少し我慢出来ないのですか?」

穂乃果「だって漏れそうなんだもんっ!」(両腕ブンブン)

海未「むぅ……分かりました」

海未「ただし、不正を避けるために」

海未「ことり……は
何か穂乃果可愛さから、誘惑に負けそうですから」

海未「ヒデコ」

海未「悪いですが
穂乃果に付いて行って下さい」
408: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/29(水) 03:58:48.03 ID:CJVu/4+g.net
穂乃果「う、海未ちゃん!?」

穂乃果「疑ってるの!?」

海未「それだけこの戦いが重要だと言う事です」

海未「言わば私と穂乃果
どちらのおまたがより臭わないかを決めると言うのは」

海未「私達ミューズに取って……
天王山や関ヶ原」

海未「鳥羽伏見に匹敵する歴史的節目」

海未「ズルや反則は、何があっても許されない」

海未「故に……
この位の用心、当然です!!」(ババーン!!)



園田の凍てつく決意

まさに氷山をもしのぐ!!
409: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/29(水) 04:07:16.38 ID:CJVu/4+g.net
穂乃果「んもうっ!!
ホンット海未ちゃんムカついてきたあっ!!」(ギリギリッ)

海未「穂乃果!
そんな乱暴な言葉遣いはいけません!!」※海未は礼儀にうるさい

穂乃果「もうっ!戻って来たら
絶対ケチョンケチョンにしてやるんだからぁ!!」

穂乃果「ついでに今にも漏れそうだよ!!
どうしてくれんのよ!?」

ヒデコ「まあまあ、穂乃果?」

ヒデコ「取りあえず行きましょ?」

穂乃果「う〜
海未ちゃんのオシッコ野郎」(ボソッ)

海未「良いから早く行きなさいっ!」(ウガーッ)

穂乃果「行ってる間に穂乃果のおやつ食べないでよ?」

穂乃果「アレ結構高かったんだからぁ」(ブツブツ)

(ガチャッ)

(バタン)
410: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/29(水) 04:13:35.20 ID:CJVu/4+g.net
控え室

絵里「ホントにねぇ」(モニター)

真姫「穂乃果は興奮するとすぐオシッコね?」

凛「マーキングみたいなモノかな?」

花陽「自分に気合い入れてるのかもぉ」

にこ「バカな娘ね……
みすみす自ら墓穴を掘るなんて」

絵里「どう言う意味かしら?」

にこ「おまたの臭いが少ない方が勝者なのに」

にこ「本番直前に排泄行為をするのよ?」

にこ「これじゃ懐中電灯付けて夜討ちするようなモノじゃないの」

絵里「さすがにこね」
411: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/29(水) 04:21:42.09 ID:CJVu/4+g.net
希「せやけどウチのカードは
必ずしもそうじゃないと告げているけど」

真姫「こんな状況で
穂乃果に勝ち目があるとは思えないわ」

凛「穂乃果ちゃんのオシッコの臭いは
かなりクセになるからね」

凛「最初はそうでもないけど……
次第にその魅力にハマって行くと言うか」※凛の嗅覚は鋭い

真姫「なによそれ、えびせんじゃあるまいし」

凛「けど、凛が嗅いだ中で歴代一位は
やっぱかよちんのだけど……モゴッ!?」

ことり「凛ちゃ〜ん?
これ以上話すとミューズがラブライブに出られなくなるから」

ことり「ここらへんにしとこ?ね?」(こめかみに青筋)

凛「モゴモゴ……」

花陽「ダレカタスカテェ〜」
412: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/29(水) 04:26:09.56 ID:CJVu/4+g.net
部室



1人残された園田

しかし その胸にわき上がるは

焦りでも寂しさでもなく

勝利への確信!

その思い 揺らぐ事無し!

なぜなら



海未(土壇場にして己を窮地に追い込むとは)

海未(愚かです穂乃果)

海未(この勝負……もらいました!!)キラーン
413: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/29(水) 04:34:02.31 ID:CJVu/4+g.net
園田の勝算には十分な根拠があるのだ!

それは



海未(穂乃果はああ見えて、老舗の和菓子屋の娘)

海未(意外と躾はなっており、しかも)

海未(最近雪穂が年頃になって、口やかましくなりました)

海未(その為もあり、私から見ても)

海未(身だしなみはかなり出来ています)

海未(しかし……)



そう

高坂にはとある致命的な弱点があったのだ!!



海未(穂乃果はウォシュレットが苦手なのです!)ババーン



今夜はここまで
418: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/30(木) 00:30:18.29 ID:ot7Mf0QK.net
再開

海未(いぇ……より正確には)

海未(私がそうさせたのですがね)



人には言えぬ園田の過去

一体 何があったのか!?



中学時代

穂乃果「学校のトイレ
全館ウォシュレットが導入されたけど」

穂乃果「いやぁ〜
あれって気持ちいいねぇ^〜」

穂乃果「ね?ことりちゃん?」

ことり「うんっ♪」
419: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/30(木) 00:32:53.63 ID:ot7Mf0QK.net
海未「んなっ……!?」

海未「穂乃果!?そんな事したら」

穂乃果「ん?」

海未「汚物は消毒されてしまうではないですか!」

穂乃果「海未ちゃん?」

ことり「どうしたの?」
420: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/30(木) 00:35:09.67 ID:ot7Mf0QK.net
海未「それでは臭いが嗅げなk……」

穂乃果「臭い?」

ことり「何で嗅ぐの?」

海未「ファッ?」

ことほの「何でキレるの!?」

海未「え、えぇ?
い、いやぁ……別に」
421: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/30(木) 00:40:48.10 ID:ot7Mf0QK.net
海未「コホン……良いですか?穂乃果」

海未「女子中学生はウォシュレットを使っては
いけないのです!」

海未「あれは……あれは」

海未「大人の玩具ですから」(震え声)

穂乃果「大人の……」

ことり「オモチャ?」

海未「ち、違います
そう言う意味ではありません!」
422: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/30(木) 00:45:14.87 ID:ot7Mf0QK.net
海未「とにかく、子供が使っちゃダメなんですっ!!」

穂乃果「じゃあ、何で中学校に設置されたのさ」

ことり「そうだよ」

海未「ファッ!?」

ことほの「何でまたキレるの!?」

穂乃果「大体海未ちゃん
いっつもウォシュレット使ってるじゃん」

ことり「ビデは女のたしなみ」

ことり「ことりも毎日ちゃんと洗うのですよって」

ことり「そう言ってたよね?海未ちゃん」
423: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/30(木) 00:48:36.48 ID:ot7Mf0QK.net
海未「自分のを嗅いでも面白くないじゃないですか」(真顔)

ことほの「え、えぇ〜っ!?」

穂乃果「海未ちゃん?」

ことり「何言ってるの!?」

海未「誤解しないで下さい」

海未「良いですか?穂乃果」

海未「あんまりウォシュレットを使いまくると」

海未「大事な菌まで洗い流されてしまいます」
424: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/30(木) 00:55:39.79 ID:ot7Mf0QK.net
海未「そうなると
悪い菌の侵入を許してしまいます」

海未「ですから
まだ抵抗力の弱い子供のうちは」

海未「乱用は控えた方が良いと
そう言う事なのです」

穂乃果「なるほど……
さすが海未ちゃんだ」

ことり「そうだったんだ」

海未「そうなんですよ」
425: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/30(木) 01:04:46.05 ID:ot7Mf0QK.net
海未「ですから」

海未「今後トイレの後は
ティッシュでキレイにする様に」

海未「あ……ただし
大の後は無論ウォシュレットで洗って良いですよ?」

海未「私にはそう言う趣味はありませんから」

ことほの「……」

海未「とは言え」

海未「こんな説教をした以上
私も相応の責任を負わなければいけませんねぇ」

海未「これからお互いの家にお泊まりする時は」

海未「私も最低、小の場合に限り
ティッシュで済ますことにしますか」

海未「多少恥ずかしいですが……
そうではないと、フェアではありませんから」

海未「辛い所ですが……穂乃果達と同じ位は
残り香を楽しめるコンディションでないと」
426: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/30(木) 01:07:47.94 ID:ot7Mf0QK.net
穂乃果「うーみちゃーん」(ジト目)

ことり「ちょっと目が怖い……かな?」(冷や汗)

海未「んなっ!?し、失礼しました」

海未「とにかく、そう言う事ですので」

海未「2人とも、あまりウォシュレットは使いすぎない様に」

海未「良いですね?」

ことほの「はーい」
427: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/30(木) 01:13:40.08 ID:ot7Mf0QK.net
部室

海未「……」

海未(ですからそれ以来)

海未(穂乃果達は、あまりウォシュレットを使っていない筈)

海未(特に穂乃果は
おしっこの後は、必ずティッシュで拭いていると
予測出来ます)

海未(無論念入りに……ですが)

海未(ビデを使うに比べれば
いくらか匂いは残るもの)

海未(つまり……
ほんのり穂乃果色、と言うわけです)※意味深
428: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/30(木) 01:17:45.44 ID:ot7Mf0QK.net
海未(それに対してこの私、園田海未は)

海未(ウォシュレットじゃないと、満足出来ません)

海未(アレは正直キモチイィですから)※意味深

海未(あの革命的な気持ちよさは
ヤミツキになるのは必定)

海未(止められない止まらない
と、言うわけです)※意味深
429: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/30(木) 01:22:33.67 ID:ot7Mf0QK.net
海未(そう……この勝負)

海未(最初からついているのですっ!)キッ

海未(完全にかかりましたね?穂乃果)

海未(幼なじみとは言え……
己の生理現象を優先させてしまった事が)

海未(あなたの敗因ですっ!)ババーン



園田 万全の布陣!

今の彼女に挑むは

みすみす罠に飛び込む獣と同じ!!

果たして

高坂に活路はあるのか!?
430: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/30(木) 01:25:29.16 ID:ot7Mf0QK.net
(ガチャッ)

穂乃果「お待たせ−」

海未「随分と長かったですねぇ」

穂乃果「もうぅ、海未ちゃん!」

穂乃果「まだ疑ってるの!?」

海未「いえ……そうではありません」

海未「では早速始めましょうか
外も暗くなりましたから」※18時
431: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/30(木) 01:28:44.22 ID:ot7Mf0QK.net
穂乃果「負けないよ」

海未「……」(カツカツ)

穂乃果「いざっ!」(スカートペラッ)

海未「ふんっ!」(検証開始)

穂乃果(ギリッ)

海未(クンクン、クンクン)

海未(スンスン、スンスン)
432: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/30(木) 01:36:56.28 ID:ot7Mf0QK.net
海未「これは……!」※覚醒

海未「おお……おおぁ……」(クンクン、クンクン)

穂乃果「ククッ……クックックッ……
海未ちゃん、くすぐったいよぅ」※穂乃果は……純真

海未「ハァ^〜
久々だからたまりません」(スーハースーハー)

海未「私は誰でしょ嗅ぎたくなったでしょ〜♪」(クンクン、クンクン)

海未「既に恋かも♪」(スンスン、スンスン)

海未「私といつかは闘うべき相手〜♪」(クンカクンカ)

海未「それは〜穂乃果〜のおまたかも〜♪」(スーハースーハー)

海未「カモ〜ン♪」※意味深
434: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/30(木) 01:45:35.52 ID:ot7Mf0QK.net
控え室

絵里「ハ、ハラショ-」(制服ズリッ)

にこ「怖い光景ニコォ……」

真姫「イ……イミワカンナィ」(顔面蒼白)

希「これは酷いスピリチュアルやね」

凛「どう見ても変態だにゃあ……」※正論

花陽「タ、タイヘンデス!」

花陽「海未ちゃんが……
ウミチャンガァ〜」(ウルウル)

にこ「モニター見れば分かるわよ」

にこ「あれ?ことりは?」

希「おかしいなぁ
さっきまでいたんだけど」

真姫「あまりの惨状に
帰ったのかも知れないわ」(髪イジリイジリ)

絵里「ホントにね」

花陽「えぇっ!?そこぉ?」
436: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/30(木) 01:57:03.99 ID:ot7Mf0QK.net
部室

海未「もっと近くで嗅いでみたいな〜♪」(クンクン、クンクン)

海未「迷ったらwonderful、パンツ僕は〜
残り香を信じて〜♪」(スーハースーハー)

海未「ワーンッダフォー♪」(クンカクンカ)

穂乃果「あのさぁ、海未ちゃん」

穂乃果「長くない?」(ジト目)

海未「困りましたねぇ」(スック)

海未「イマイチ正確な判断が難しいみたいです」

海未「そこで、相談ですが」

海未「パンツを脱いで
直に、と言うわけには行かないでしょうか?」

穂乃果「あのさぁ……」

海未「大丈夫です
責任は持ちます」(キリッ)
437: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/30(木) 02:07:27.48 ID:ot7Mf0QK.net
暴走する園田!

その勢い 最早誰にも止められぬのか!?

高坂穂乃果

このままでは リーダーはおろか

貞操すら奪われる

最大のピンチ!!

一体 彼女達は

どうなってしまうのか!?

だがしかし!



(ガチャッ)

ことり「海未ちゃ〜ん
もう止めてぇ〜」(ダッダッダッダッ)

ことり「これ以上やったら
ミューズも穂乃果ちゃんも
ダメになっちゃうからぁ〜」(抱きっ)

海未「はっ!?し、しまった!」

海未「いつの間に……私は何て事を!」

海未「ついつい穂乃果の匂いに
夢中になってしまいました」

海未「ふぅ……ですが」

海未「お陰で今夜は良く眠れそうです」※意味深

ことり「やっと正気に戻ったんだね」



今夜はここまで
445: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/02(土) 17:17:11.22 ID:njQvRMr6.net
再開



そして 運命の審判



海未「穂乃果、この勝負」

海未「あなたの負けですっ!!」(ドドーン)



園田 遂に勝利宣言!!



穂乃果「……」

穂乃果「理由を教えてくれないかな?」

海未「理由?言うまでもありません」

海未「あなたはさっきトイレに行きました」

海未「これだけでもう
説明は付いていると思いますが」
446: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/02(土) 17:23:07.84 ID:njQvRMr6.net
穂乃果「ふーん」

海未「……」

穂乃果「おしっこの臭いが残ってると?」

海未「そうです
古の人はこう言いました」

海未「小便臭い小娘には負けないよ、と」※至言

穂乃果「むぅ……それって」

穂乃果「穂乃果が臭いって事!?」

海未「いえ、むしろご褒美です」

海未「穂乃果、あなたは気づかないかも知れませんが」

海未「あなたのおしっこの残り香は
とてもほんわかしてて」

海未「嗅ぐ者の気持ちを癒やす暖かさと」

海未「包容力に満ちているのです」

海未「下手なアロマよりもよほど効果があります」
448: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/02(土) 17:30:12.45 ID:njQvRMr6.net
海未「そうですよね?ことり」

ことり「うんっ♪」

穂乃果「……」

海未「ですから、あなたの魅力の半分は
おしっこから成り立っている」

海未「そう言っても過言ではないかと」

海未「もっと自信をもって良いと思いますよっ」(ニッコリ)

穂乃果「うえぇ〜っ!?」

穂乃果「私って、おしっこの臭いでアイドルやれてるのぉ!?」(涙目)

ことり「あ、穂乃果ちゃん」

ことり「大丈夫だよ?」

ことり「私も、穂乃果ちゃんのおしっこの匂い」

ことり「大好きだから」

ことり「エヘヘ♪」

穂乃果「全然慰めになってないよぉ!」(ウルウル)
449: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/02(土) 17:35:43.96 ID:njQvRMr6.net
控え室

絵里「これは哲学を感じるわ」(モニター)

にこ「この3人、普段なにやってんの……」

真姫「メンドウナヒトタチ」

凛「そうだよ!」

凛「おしっこの臭いがご褒美だなんて」

凛「凛には理解出来ないっ」※正論



花陽「……」

花陽「本当に、そうなのかなぁ」

一同「!?」
450: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/02(土) 17:40:26.62 ID:njQvRMr6.net
花陽「大好きな人のなら、例えおしっこでも」

花陽「香ばしく感じるものなんじゃないのかなぁ」

一同「……」

花陽「私も、たまに凛ちゃんの使ったすぐ後のトイレに入ると」

花陽「なんとなーく……幸せな気分になる事あるし」

凛「かよちん……」

一同「……」



小泉の言葉に思わず黙りこくるメンバー達

そう 友情も愛情も人それぞれ

例え見た目は奇妙であっても

その深さ強さを知らぬ者に

果たして笑う資格等あるであろうか!?
451: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/02(土) 17:51:35.13 ID:njQvRMr6.net
部室

海未「ですが、まさかあなたのおしっこの臭いが最高などと」

海未「一般ファンの方々に教える訳にもいきません」

海未「ゆえに、これからラブライブに出るため
大勢の観客の目の前で踊らねばならぬ以上」

海未「その魅力的な匂いも……
最終的には消さねばならない」

海未「ですがそれは……穂乃果の魅力の減少につながるかも知れない」

穂乃果「だから何で私の魅力がおしっこにかかってるの!?」

海未「結論として……穂乃果がそれを拒むのなら」

海未「リーダーを続けていくのは困難と
そう考えたのです」



苦渋の表情 断腸の思い

グループとして全国大会に勝たねばならぬ以上

幼なじみの友誼とて冷たく切り捨てなければならぬ!

鬼気迫る園田の決断!

そこには

一体どれだけの悲哀と自責の念があったのだろうか!!

まさにアイドルとは

輝かしい表姿とは裏腹に

狂気の戦場! 歌と踊りを武器に闘う

非情なバトルロワイヤル!!
452: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/02(土) 17:54:55.52 ID:njQvRMr6.net
穂乃果「……」

穂乃果「ふーん」

穂乃果「そっかぁ」

穂乃果「海未ちゃんが言うのなら
そうかも知れないね」

海未「……」

穂乃果「でもさ、海未ちゃん
仮に結果がそうであってもさ」

穂乃果「これは勝負である以上、穂乃果にもチャンスはあるよね?」

穂乃果「一応、海未ちゃんのも
嗅がせてもらえるかな?」
453: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/02(土) 17:57:40.65 ID:njQvRMr6.net
海未「……」

海未「んなっ!?」

海未「い、いえぇ……そ、それは
ムリです」

海未「無理ですよぉ……///」

海未「そんな……はしたない」

穂乃果「でも海未ちゃん」

穂乃果「そこはちゃんとしとかないと
勝負にならないじゃんか」
454: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/02(土) 18:00:14.48 ID:njQvRMr6.net
海未「良いですか?穂乃果」

海未「仮にも女の子のおまたの匂いを嗅ぐなんて」

海未「変態だとは思いませんか?」

海未「そんな事……
認められないに
決まってるじゃないですか!」※海未は恥ずかしがり
456: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/02(土) 18:03:03.95 ID:njQvRMr6.net
穂乃果「あのさぁ、海未ちゃん」

穂乃果「じゃあ何で海未ちゃんは
みんなのおまたを嗅いだのさ」

穂乃果「しかも、ねっとりと」

海未「それは……///」

穂乃果「うーみちゃーん」(ジト目)

海未「うぅ……」(涙目)

海未「分かりました
そんな目で見ないで下さいよぉ……」
457: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/02(土) 18:06:48.49 ID:njQvRMr6.net
高坂の執拗な追求に

遂に膝を屈する園田

今までの己の所業に鑑みれば

反論は不可能!



海未「……」

海未「そ、それじゃあ
ジャージはいて来ますねっ♪」

穂乃果「海未ちゃん」

海未「分かってます
分かってますよぉ……」(ウルウル)

穂乃果「それじゃ、行くよ?」(スタスタ)
458: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/02(土) 18:10:46.80 ID:njQvRMr6.net
海未「///」

穂乃果「あのさぁ、海未ちゃん」

穂乃果「スカートから、手どけてくれる?」

海未「スカート越しでも確認出来ると思いますが」(すっとぼけ)

穂乃果(イラッ)

穂乃果「ズリおろすよ!?」

海未「分かりました!分かりましたから!!」
459: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/02(土) 18:16:57.92 ID:njQvRMr6.net
部室

絵里「ハラショー」(呆れ)

にこ「ったくぅ〜
往生際悪いわよねぇ〜」(モニター)

真姫「そうね」

真姫「しょっぱなから反則負けした
誰かさんには言われたくないわね」(髪イジリイジリ)

にこ「むぅ……真姫ちゃんこそ」

にこ「にっこにーの唾洗わなかったのが
敗因だったじゃないのよぉ」

真姫「う゛えぇ……」(涙目)

希「せやけど、この奥ゆかしさ」

希「ウチらも見習いたくはあるね?」

真姫「まるで私達が
恥知らずみたいじゃない」
460: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/02(土) 18:20:56.08 ID:njQvRMr6.net
凛「そうだよ!」

凛「そんな恥ずかしがり屋さんが」

凛「よりにもよって
みんなのパンツ嗅いでるんだよ!?」※凛は鋭い

凛「そうだよね?ことりちゃん」

ことり「ひ、ひゃいっ!?」※戻って来た

ことり「ま、まぁ……海未ちゃん」

ことり「普段絶対あんな事しないから」

ことり「今日だけ……じゃないかな?」※ナイスフォロー

花陽「でも、私にはそんな勇気ないし」

花陽「ちょっとだけ……羨ましいかも」

一同「それってどう言う意味!?」
461: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/02(土) 18:26:33.98 ID:njQvRMr6.net
部室

穂乃果「それじゃあ、改めて……っと」(スカートペラッ)

海未「!?」

穂乃果(検証開始)

穂乃果「ほ〜う
今日はピンクのリボンが付いたシルクかぁ」

海未「///」

穂乃果「全く……知らない間に
洒落たのはいちゃってぇ」

穂乃果「だから最近……
穂乃果達と嗅ぎっこしなくなったのかぁ」

海未「うぅ……///」
462: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/02(土) 18:33:18.57 ID:njQvRMr6.net
穂乃果「もうっ、海未ちゃんたらぁ」

穂乃果「ついこの前まで
象さんだの熊さんだの」

穂乃果「サン○オとか大好きだったのにぃ」

穂乃果「それがいつの間にか、大人になっちゃってぇ」

穂乃果「これは、アイドルとしての
自覚だけじゃないよね?」

穂乃果「ひょっとして……彼氏とか?」

(バタン)

ことり「海未ちゃん!」(ダッダッダッダッ)

ことり「本当に彼氏出来たの!?」※ことりの機動力は侮れない

ことり「海未ちゃあぁぁん」(ウルウル)

海未「もうっ、穂乃果!」

海未「パンツじゃなくて匂いを確認して下さい!」



とりあえずここまで
466: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/03(日) 10:51:30.84 ID:FDvOEnYv.net
再開

穂乃果「ゴメンゴメン、そうだったよ」

海未「ワザとじゃないでしょうね?」(ジト目)

ことり「ねぇ、海未ちゃん」

ことり「彼氏さん、いるの?」

海未「いません」

ことり「本当に?」

海未「本当です」

ことり「嘘付いてない?」

海未「付いてません」
467: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/03(日) 10:57:42.17 ID:FDvOEnYv.net
ことり「じゃあ
ことりと男の人
どっちが良い?」

海未「そりゃことりは大好きです」

海未「ですが……
友情と恋愛とをはき違えるわけにもいきませんし」

ことり「……」

ことり「うぅ……グスッ」

ことり「ホノカチャアァァン」(ポロポロ)

海未「……」

穂乃果「海未ちゃん
ことりちゃん泣いてるよ?」(キッ)

海未「それは、多分
本当に泣いてるとは」

穂乃果「何でそんな冷たい事言えるの!?」

穂乃果「海未ちゃん、時々
ことりちゃんに辛く当たるよね!?」(ギロッ)
468: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/03(日) 11:02:35.68 ID:FDvOEnYv.net
海未(こう言う時、そう言うのを知らない
穂乃果を後ろ盾にするのは)

海未(ズルすぎですよ、ことり……)ゲンナリ

海未「ああ、もぅ……」

海未「分かりました
分かりましたから」

海未「ことりが一番大好きです」

ことり「そう言うと思ったよ♪」

ことり「エヘヘ♪」※ことりの愛は重い

海未「まったく……泣くのは反則です」
469: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/03(日) 11:07:22.67 ID:FDvOEnYv.net
穂乃果(スック)

海未「?」

海未「穂乃果?」

海未「嗅がないのですか?」

穂乃果「……」

穂乃果「嗅がなきゃダメ?」

海未「どう言う意味ですか?」

海未「これは勝負だから絶対に嗅ぐと
言い張っていたのは」

海未「穂乃果じゃないですか」

穂乃果「まぁ、そうなんだけどさ」
470: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/03(日) 11:12:30.31 ID:FDvOEnYv.net
穂乃果「……」

穂乃果「ねぇ、海未ちゃん」

穂乃果「本当に嗅がなきゃ、ダメなの?」

穂乃果「てか、嗅ぐ必要があるかどうか」

海未「何をゴネているのですか?」

海未「良いですか?穂乃果」

海未「もしあなたがここで嗅がないで終わらせれば」

海未「試合放棄で
私が新リーダーと言う事になりますが」

海未「それでも構わないのですか?」
471: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/03(日) 11:22:28.41 ID:FDvOEnYv.net
穂乃果「海未ちゃんがリーダーかぁ……」

穂乃果「それも良いね」

穂乃果「けど海未ちゃん
それもこれも
この戦いに勝ってからの話じゃないの?」

海未「さっきから何が言いたいのです?」

海未「とにかく早くして下さい」

海未「正直この格好は、恥ずかしいのです」(スカートペラッ)

穂乃果「むぅ……分かった、嗅ぐよ」

穂乃果「でも海未ちゃん、怒んないでよ?」

穂乃果「それじゃ」

穂乃果(クンクン、スンスン)

穂乃果「うぅ…ううぅっ」

穂乃果(スック)

穂乃果「く、くっさー」
472: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/03(日) 11:28:56.78 ID:FDvOEnYv.net
海未「」

海未「!?」

海未「ん……んなっ!?」



高坂の爆弾発言に

一挙に動揺する園田

果たして高坂の話は

真実か?それとも虚言か!?



控え室

一同「え、ええっ?ええぇーっ!?」

絵里「ハラッショー!」

花陽「えっ?エェェエェェェー?」

花陽「海未ちゃんのおまたって……
クサカッタノオォォォオォ!?」

凛「そうだったかなぁ……」

真姫「あの海未が?」

真姫「アリエナイワ」

にこ「読めたわ」

にこ「これは穂乃果のブラフね」

希「どう言う事なん?」

にこ「敢えて臭いと言う事で
対戦者の動揺を誘うつもりよ」

絵里「さすがにこね」
474: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/03(日) 11:34:58.39 ID:FDvOEnYv.net
凛「そうだね、にこちゃんってやっぱ凄いよ」

にこ「まぁね」

凛「ミューズで一番ズル賢いだけはある……!?」

にこ「アンタホント最近生意気になって来たわね!」(こめかみグリグリ)

凛「イタタタ……うえぇ〜ん
かよちん助けてぇ〜」

花陽「ええっ?そこぉ!?」

真姫「花陽も適当になって来たわね」
475: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/03(日) 11:41:34.30 ID:FDvOEnYv.net
部室

海未(ワナワナ)

海未「穂乃果!
勝ちたいからって
ウソはいけませんっ!」

穂乃果「ウソじゃないってば
ツーンとするんだよ」

ことり「ちょっとだけ……
鉄分臭い……かな?」

海未(そんなバカな……
手入れは完璧だったのに)

海未(これは罠?
私に揺さぶりをかけて失点を誘うつもり?)

海未(けど……にこならともかく
穂乃果にそこまで企む頭脳があるかどうか)



疑心暗鬼 自縄自縛の蟻地獄!

期せずして奈落の底

園田海未

ハマる ハマる!

ひたすらハマる!!
476: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/03(日) 11:45:18.55 ID:FDvOEnYv.net
穂乃果「あのさぁ、海未ちゃん」

穂乃果「今日、何の日か知ってる?」

海未「今日は水曜日
屋外清掃の日です」

海未「それと……購買は休みですが」

穂乃果「そうじゃなくて」

穂乃果「今日はアレの日だよ」

穂乃果「海未ちゃんの」

海未(ギクリ)

ことり「女の子の日だよねっ♪」
477: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/03(日) 11:51:37.86 ID:FDvOEnYv.net
海未(冷や汗)

穂乃果「また忘れてたの?」

海未(冷や汗タラタラ)

ことり「海未ちゃん
キチンとナプキンは使うけど」

ことり「練習や生徒会や弓道部やらで
いっつも忙しいから」

ことり「たまーに取り替えるの忘れる時があるからね」

海未(冷や汗ダラダラ)

ことり「でもまぁ……
そんな海未ちゃんに
ことりはとっても保護欲をそそられると言うか」

ことり「守ってあげたいな〜感に満たされて
その日はとっても幸せな気持ちになれるから
これは神様の贈り物(以下割愛)」
478: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/03(日) 12:00:06.01 ID:FDvOEnYv.net
海未「うぅ……」(ガクッ)

ことり「穂乃果ちゃん、大丈夫?」

穂乃果「まぁ……
まだ目がショボショボするけどね」



膝をつき涙ぐむ園田

その姿 つい先ほどまでメンバー達を葬り続けた

強者の面影無し!

万全の布陣との確信に

大言壮語を連ねながら

己の不手際ゆえ 土壇場で自滅する

策士策に溺れるとは

まさにこの事!!



とりあえずここまで
482: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 22:45:51.22 ID:KN6uRGw5.net
再開

穂乃果「ねぇ、海未ちゃん」

穂乃果「自分で臭いNGって言っといてさ
周りの娘臭い臭いって追い出して」

穂乃果「得意げにしてた自分が
一番臭かったじゃん」

海未「うぅ……
言わないで下さい」

穂乃果「海未ちゃんさぁ……
自分で一番有利なルール定めたクセに」

穂乃果「そのルールで自爆するなんて
シャレにならないよね?」

海未「言わないで下さい」(ウルウル)
483: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 22:49:14.54 ID:KN6uRGw5.net
穂乃果「こんなんで穂乃果
リーダーから降ろすつもりだったの!?」

穂乃果「こんな体たらくで
よくにこちゃん達
バッサバッサ裁けたもんだよね?」

穂乃果「そんな自分カッコイイって
ちょっと思ってたでしょ!?」

海未「イジメカッコ悪いですよぉ」(ポロポロ)

穂乃果「みんなをイジメてたの海未ちゃんでしょ!?」
484: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 22:52:39.23 ID:KN6uRGw5.net
海未「うぅ……大体、穂乃果」

海未「何で私が女の子の日だって分かるんですか」

穂乃果「そりゃ
海未ちゃんの生理周期」

穂乃果「完璧に頭に入ってるもん」

穂乃果「ほらっ」(スマホカレンダー)

穂乃果「小学校五年で
海未ちゃんお赤飯食べてから」

穂乃果「毎回記録付けてるし」

海未「」
486: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 22:59:28.75 ID:KN6uRGw5.net
穂乃果「ね?ことりちゃん?」

ことり「うんっ♪」

ことり「その時その時の重さ
機嫌・痛み・長さ」

ことり「そしてもちろん……臭いも!」

海未(ワナワナ)

穂乃果「今回のはまぁ……
四段階でBって所かな?」

海未(ブチッ)

海未「穂乃果!ことり!!」

海未「今すぐその記録
消去なさいっ!!」(首ギリギリッ)

穂乃果「ンッグルッジイィ」

ことり「海未ちゃん落ち着いて!」

ことり「首締めちゃダメだよ!!」

海未「む〜っ!」

穂乃果「ブハァッ……」

穂乃果「死ぬかと思った」(ハァハァ)
487: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 23:05:28.71 ID:KN6uRGw5.net
控え室

絵里「ホントにね」(ポロポロ)

真姫「イミワカンナイ……イミワカンナイ!」

希「三者三様やね」(名言)

にこ「全員変態じゃないのよぉ!」

凛「そうだよ!」

凛「凛はせいぜい
毎回毎回かよちんの経血の色具合を」

凛「チェックする程度だし」

凛「いくらなんでも
これはやり過ぎだよ!」

一同(絶句)

花陽「……」

花陽「凛ちゃん?」

花陽「今まで花陽の何を確かめてたのか」

花陽「後で詳しく説明してくれないかな?」(ゴゴゴゴゴゴ……)

凛「かよちん怖いにゃあ……」
488: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 23:07:50.30 ID:KN6uRGw5.net
部室

海未「そう言う事だったのですね」

ことほの「……」

海未「つまり穂乃果
あなたは」

海未「最初からこうなる事を分かって」

海未「一見無謀な賭に打って出たと」

穂乃果「海未ちゃん……」
489: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 23:09:52.39 ID:KN6uRGw5.net
海未「だとしたら
自ら罠をしかけて」

海未「その網にまんまと引っかかったのは
他ならぬこの私」

海未「そう言う事になりますね……」

穂乃果「……」
490: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 23:13:36.83 ID:KN6uRGw5.net
海未「見事です、穂乃果」

海未「アイドル始めた頃と比べれば
見違えるように成長しましたね?」(ニッコリ)

海未「これならば
私ももう
何の心配もありません」

海未「穂乃果」

海未「正真正銘あなたこそ
ミューズのリーダーです!」



このゲームの仕掛け人 園田海未

女の子の日の為 遂に敗北宣言!

そして

ミューズリーダー高坂穂乃果

最終勝者確定!!
491: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 23:15:49.46 ID:KN6uRGw5.net
(ガチャッ)

一同(ゾロゾロ)

海未「みなさん、おそろいの様で」

海未「見ての通り
私達ミューズのリーダーは」

海未「引き続き
穂乃果がやる事になりました」

一同「……」
492: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 23:17:55.07 ID:KN6uRGw5.net
海未「しかし、色々と波乱もありましたが」

海未「こうして見ると
感慨深いものですよねぇ」

一同「……」

海未「ですがこれで
我々ミューズの真価が示されたと思います」

一同「……」
493: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 23:21:46.99 ID:KN6uRGw5.net
海未「特に穂乃果
彼女の底力と器量が
遺憾なく発揮された」

海未「だとしたら
大収穫だと言わねばなりませんねっ♪」

一同(ジト目)

海未「それでは、もう遅い事ですし」

海未「解散!」
494: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 23:25:27.35 ID:KN6uRGw5.net
一同(ジト目)

海未「みなさん」

海未「帰らないのですか?」

一同(ジト目)

にこ「あんたねぇ」

にこ「その前に
何か言う事あんじゃないの!?」

真姫「そうよ?海未」

真姫「勝手に私達を裁いてランク付けして」

希「何様のつもりやん!?」

海未「うぅ……」(冷や汗)
495: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 23:29:01.22 ID:KN6uRGw5.net
凛「そうだよ!」

凛「凛の事プール臭いだなんてぇ!」

凛「いくら海未ちゃんでも
これは許せないよ!!」

海未「そ、それは……」(冷や汗タラタラ)

花陽「わ、私もぉ」

花陽「今回ばかりは……
ちょっと腹が立ったかもぉ」

真姫「花陽が怒るなんて
あなた相当よ!?」
496: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 23:32:23.58 ID:KN6uRGw5.net
海未「す、スミマセンデシタ」(シュン)

にこ「そんなんで謝ってんのかしらね」

希「どう落とし前付けるつもりなん!?」

にこ「あんたも何か言ってやんなさいよ
絵里」

絵里「ホントにね」

にこ「……」

希「それだけなん?」

一同「……」

海未(ビクビク、ビクビク)
497: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 23:37:54.87 ID:KN6uRGw5.net
理不尽なゲームマスターに詰め寄るミューズの面々

園田 絶体絶命!



穂乃果「海未ちゃん
みんなこれだけ怒ってるんだよ!?」

海未「はい……」(クスン)

穂乃果「だから言ったじゃんか
ほどほどにしときなって!」

海未「はい……」(シュン)

穂乃果「今回ばかりは
穂乃果弁護出来ないよ!?」

穂乃果「下手したら焼き土下座だよ?これさ」

穂乃果「分かってるの!?」

海未「それはいくらなんでも
言い過ぎじゃないですか!?」

穂乃果「何それ?逆ギレ!?」

海未「ゴメンナサイィ」(ウルウル)
498: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 23:40:57.21 ID:KN6uRGw5.net
完全包囲下に陥った園田

この窮地を切り抜けるのは

単独では不可能!

果たして

彼女に救いの手は差し伸べられるのか!?



ことり「まぁまぁ、穂乃果ちゃん」

ことり「海未ちゃんも反省してる事だしさ」

ことり「ここらで許してあげようよ♪」※ことりは大天使
500: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 23:44:52.21 ID:KN6uRGw5.net
穂乃果「ことりちゃん……」

海未「こ、ことり……」(ポロポロ)



絶望に打ちひしがれる園田を案じ

遂に南が口を開く

その友情 園田に対する皆の怒りよりも

遙かに深く強いのか!?

だが!



ことり「要するに
海未ちゃんがお仕置き受ければ良いわけでしょ?」

ことり「エヘヘ♪」

海未「……」

海未「ファッ?」
501: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 23:47:01.58 ID:KN6uRGw5.net
穂乃果「まぁ、確かに」

穂乃果「海未ちゃんも
負けたらいかなる恥ずかしい事でもやるって」

穂乃果「約束したわけだし」

海未「ま、待ってください」

海未「助けてくれるのではないのですか!?」
502: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 23:51:06.40 ID:KN6uRGw5.net
穂乃果「う〜みちゃ〜ん」(ジト目)

穂乃果「虫良すぎじゃない?」

ことり「……」

ことり「海未ちゃんは
お仕置きは、イヤ?」

海未「そりゃ
受けたがる人はいないでしょう」

ことり「そっかぁ……」

ことり(思考中)

ことり「それじゃあ……
ことりのオモチャになるのってどう?」

海未「受けます」

海未「お仕置き受けます」(即答)

海未「穂乃果?
内容はあなたが決めて下さい」
503: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 23:55:27.94 ID:KN6uRGw5.net
穂乃果「えっ?」

穂乃果「でもさっきまで
ぐずついてたじゃんか」

海未「早く決めて下さいよ」

海未「武士に二言はありませんから」(断言)

ことり「えぇ〜?海未ちゃん」

ことり「ことりのオモチャはイヤなのぉ?」

ことり「面白いのにぃ……」※ことりの内面は謎に満ちている

海未「すみません、ことり」

海未「それはまたの機会に」(ニッコリ)



園田 お仕置き確定!



今夜はここまで
506: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 01:40:39.62 ID:gdJbfA1X.net
再開

数日後

秋葉原 メイドカフェ

海未「うぅ……」(モジモジ)

海未「穂乃果……
本当にやらなきゃいけないのですか?」(モジッ、モジモジ)

穂乃果「海未ちゃん約束したでしょ?」

穂乃果「負けたらどんな恥ずかしいお仕置きでも受けるってさ」

海未「そりゃ、そうですが」

海未「よりにもよって
ことりのカフェでだなんて……」

海未「またメイドするなんて
恥ずかしい所の話じゃないじゃないですか///」
507: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 01:43:08.88 ID:gdJbfA1X.net
穂乃果「じゃあ何で穂乃果に決めさせたの!?」

海未「少しは手加減と言うモノがあっても
罰は当たらないと思います」

穂乃果「もうっ!海未ちゃんたら
往生際悪いよ!?」

穂乃果「良い?昨夜ことりちゃん」

穂乃果「穂乃果にこんなリクエストして来たんだけど」
508: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 01:46:00.55 ID:gdJbfA1X.net
昨晩

穂むら

ことり「穂乃果ちゃん?穂乃果ちゃん」(ツンツン)

穂乃果「なあに?ことりちゃん」

ことり「海未ちゃんへのお仕置きなんだけど」

ことり「良かったら、ここから選んで?」(リスト)

穂乃果「選ぶねぇ」(リスト)

穂乃果「……」
509: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 01:54:43.19 ID:gdJbfA1X.net
ことりが考えた海未ちゃんへのお仕置き


1・ことりが海未ちゃんの家にお泊まり

2・海未ちゃんがことりの家にお泊まり

3・2人でお泊まり

4・海未ちゃんがことりのおやつになる(主食でも可
むしろそっちの方でおねがぁい)

5・海未ちゃんにマッサージ

6・ことりと海未ちゃんとで保健室(お医者さんごっこがあればなお良し
ただしお医者さん役はことりでネ♪)

7・海未ちゃんが全裸

8・でも寂しい時はことりも全裸になるから
心配しないでネ♪
エヘヘ♪

9・海未ちゃんとことりの子孫について考えるため
ips細胞について2人でお調べ(その後お泊まりで)

10・どうせなら全裸で2人きりが一番良いんだけど
ことり、海未ちゃんに嫌われたくないから
1〜10の全部で大丈夫だよ♪エヘヘ♪

ババーン
510: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 02:02:26.75 ID:gdJbfA1X.net
海未(ガクガクブルブル)

海未「な……な」

海未「何ですか?これは!?」(裏声)

穂乃果「これ見た時さ……
初めてことりちゃんでちびりそうになったよ」(冷や汗)

海未(ビクビク、ビクビク)

穂乃果「言っとくけど
ことりちゃん思いとどまらせるのに
3時間かかったんだからね?」(ヒソヒソ)

穂乃果「どうにか納得させたけど
ことりちゃん、最後の方」

穂乃果「マジで号泣してたんだから」

『ヤダ、ヤダァ……うえぇぇ〜ん
ホノカチャアァァァン』

『ことりちゃん、聞き分けないと』

『じゃあ……グスッ……
穂乃果ちゃんがことりのオモチャになる?』

『それもイヤだよ!』
511: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 02:07:42.90 ID:gdJbfA1X.net
海未(ガクガクブルブル、ガクガクブルブル)

海未「受けます」(即答)

海未「穂乃果のお仕置き
喜んで受けますとも!」

海未「さっ、接客でも何でも
申しつけて下さいっ」(前歯キラーン)

海未「しかし……はて」

海未「ことりと毎日の様に一緒にいましたが」

海未「私の処女が今まで無事だったのが」

海未「とんでもない奇跡の様に思えて来ました」(冷や汗)

穂乃果「それには同意するよ」
512: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 02:12:30.76 ID:gdJbfA1X.net
にこ「あんた達、早く準備しなさいよぉ〜?」(メイド姿)

真姫「今日はにこちゃんもお仕置き受ける側でしょ?」

真姫「全く……ことり達をそそのかして」

真姫「生徒会費でアイドルグッズ漁るなんて」

真姫「ホントにこちゃんは
油断も隙もないんだから」

真姫「この程度の罰で済んだこと
感謝なさいよ?」

にこ「わ〜るかったわよぉ」
513: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 02:16:04.73 ID:gdJbfA1X.net
絵里「……」

希「絵里ち」

希「よう似合うね?」

絵里「そうかしらね」

絵里「メイドコスで楽しむ文化は
日本にしかないわ」

絵里「ホント不思議な国よね」

希「それを言うなら巫女さんも」

絵里「希も良く似合うわよ?」

絵里「最も今回は」

絵里「私達も罰ゲームなんだけどね」
514: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 02:19:58.09 ID:gdJbfA1X.net
昨日

理事長室

理事長「これはゆゆしき事態ね」

のぞえり「申し訳ありませんでした」

希「ほら、にこっち」

にこ「ゴメンニコォ……」

理事長「……」

理事長「で、いくら使い込んだの?」

絵里「ええとぉ……」

希「153000円です」

理事長「……」

絵里「あ、あのぅ……理事長」

希「退学だけは……勘弁」

にこ「何でもしますから」
515: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 02:24:06.48 ID:gdJbfA1X.net
理事長「そうねぇ」

理事長「とにかく、この件は
理事会に諮らないと」

のぞにこえり「うぅ……」(冷や汗)

理事長「まぁ、温情ある措置が下るよう
説得してみるから」

理事長「ここだけの話……この件には」

理事長「生徒会会計係である私の娘も絡んでいる事ですし」

理事長「あなた達だけ責めるつもりはないわ」

のぞにこえり「あ、ありがとうございます」
516: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 02:27:43.31 ID:gdJbfA1X.net
理事長「あなた達は
廃校阻止の為貢献してくれたし」

理事長「今までの功績に免じて……
そう酷い話にはならないでしょう」

理事長「ですが」

のぞにこえり「ですが?」

理事長「使い込んだ分はきっちり」

理事長「耳をそろえて返してもらいます」

理事長「分かりましたね?」

のぞにこえり「うぅ……」

のぞにこえり「ハイ……」
518: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 02:31:16.66 ID:gdJbfA1X.net
絵里「そう言うわけで」

希「ウチらミューズ全員」

希「このメイドカフェでアルバイトして
立て替えることになった、と」

絵里「まぁ、この程度で済んで
本当に良かったわ」

希「理事長に感謝やね?」
519: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 02:38:22.76 ID:gdJbfA1X.net
凛「どう?かよちん」

凛「凛、似合うかな?」(クルクル)

花陽「とっても可愛いよ?凛ちゃん」

凛「エヘヘ♪」

にこ「花陽、凛!
もうじき始まるわよ」

花陽「あっ、にこちゃん」

凛「相変わらずそう言うの似合うにゃあ」

にこ「なーんか含みのある言い方よねぇ?」(ジト目)

にこ「どんな時何を着ても
さいっこーに可愛く料理する」

にこ「それがアイドルなの」

凛「にこちゃんたまには真面目な事も言うにゃあ」

にこ「アンタホント最近生意気になったわよね!?」(ツネリツネリ)

凛「イタタ……褒めてるだけだよ!」
520: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 02:42:23.22 ID:gdJbfA1X.net
開店前

穂乃果「それじゃ
先輩に挨拶」

一同「よろしくお願いします!」

ことり「先輩だなんてぇ」

ことり「何だか照れるなぁ〜」

ことり「エヘヘ♪」

ことり「……」

ことり「あ、あの〜う
穂乃果ちゃん?」

ことり「なんか、乗り気じゃない娘が
約三名……」
521: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 02:45:33.55 ID:gdJbfA1X.net
穂乃果「もうっ……
海未ちゃん、真姫ちゃん、花陽ちゃん!!」

穂乃果「ホント往生際悪いんだからぁ!」(両腕ブンブン)

真姫「ねぇ、コレ本当にやるの?」

花陽「わ、私……
ちゃんと接客出来るかなぁ」

海未「うぅ……」
522: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 02:52:58.12 ID:gdJbfA1X.net
海未「やっぱり私には無理ですぅ」(モジッ、モジモジッ)

穂乃果「あのさぁ……」

海未「そ、そうだ!」

海未「私は厨房専属と言う事で」(ソソクサ)

(肩ガシッ)

穂乃果「うーみちゃん」(ジト目)

穂乃果「みんなのおまたの臭いをランク付けした罰」

穂乃果「ちゃんと受けるって約束したでしょ?」(ジト目)

海未「うぅ……
分かってますよぉ」(クスン)
523: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 02:57:57.62 ID:gdJbfA1X.net
希「そうやん?」

絵里「今回はただの罰ゲームじゃなく」

絵里「使い込んだ生徒会費と
今後のアイドル活動資金を調達するのが目的なんだから」

にこ「絵里の言う通りよ」

にこ「んまぁ〜
このにっこにーのエンジェルスマイルでぇ〜」

にこ「お客さん達み〜んな
さいっこ〜に幸せにしちゃうぞぉ〜」

にこ「ニコッ♪」

希「とまあ、それはひとまず置いといて」

にこ「置いとかないでよ!」
524: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 03:02:50.13 ID:gdJbfA1X.net
開店

穂乃果「おおっ!」

穂乃果「凄い行列……大盛況だ!」

絵里「事前の告知があったとは言え」

絵里「こうして見ると
ラブライブ出場有力候補となった
私達ミューズの知名度が」

絵里「ありありとうかがえるわね」

希「そうやねぇ」

希「いまだに実感がわかないけど」

希「全国区なんよね?ウチらって」

にこ「これもにこにーのカリスマのお陰ね?」

真姫「ソレハナイワ」
525: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 03:07:20.70 ID:gdJbfA1X.net
ことり「それじゃあみんな、始めよっか」

穂乃果「せーのっ」

一同「お帰りなさいませご主人様!!」



閉店後

絵里「ええっ?」

希「本当に!?」

凛「凄いにゃあ!」

花陽「開店以来最高の売り上げぇ!?」

ことり「これもみんなのお陰だよ」

にこ「んまぁ〜このにっこに〜がいたからこそぉ〜」

真姫「はいはい、それで」

真姫「結局、生徒会費の埋め合わせは出来たわけ?」
526: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 03:11:09.84 ID:gdJbfA1X.net
海未「はいっ」

海未「お釣りが出る程に!」

一同「おぉ〜っ!」

花陽「頑張った甲斐があったね」

穂乃果「よ〜し、それじゃ」

穂乃果「そのあまりを使って
アキバで豪遊だ!」

海未「穂乃果?」(ゴゴゴゴゴゴゴ……)

海未「面白い冗談を言うものですね?」(ニッコリ)

穂乃果「ご、ゴメンナサイ」(ビクビク)
527: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 03:13:25.99 ID:gdJbfA1X.net
絵里「海未の言う通りよ?」

絵里「ラブライブに備えて
少しでも軍資金が必要な時だから」

希「そうやん」

にこ「こらぁ〜
私を無視すんなぁ〜」
528: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 03:17:20.33 ID:gdJbfA1X.net
これにて大団円

ハッピーエンドかに思われた

だがしかし

みながみな手放しで喜び合う中

ただ1人 決して目を笑わそうとせず

むしろ

その中に爛々たる黒い決意の光をともし始める少女がいたのだ!

そして



(カツカツカツカツ)

花陽「みなさん」

花陽「お話があります」
529: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 03:21:35.22 ID:gdJbfA1X.net
一同「?」

凛「かよちん?」

ことり「花陽ちゃん?」

穂乃果「どうしたの?」

花陽「穂乃果ちゃん
勝負だよ」

花陽「この小泉花陽
次代リーダーを賭けて」

花陽「穂乃果ちゃんに、おまたの臭い対決を」

花陽「申し込みますっ!」(ドーン!)

一同「えっ?」

一同「えぇーっ!?」



小泉 宣戦布告!!



今夜はここまで
532: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 22:59:40.96 ID:uLOmxYJh.net
再開

穂乃果「ちょっ……な、何で!?」

海未「とっくに勝負は付いたじゃないですか」

ことり「せっかくみんな仲直り出来たんだし」

ことり「もう蒸し返すのはやめよ?ね?」

花陽(キッ)

凛「かよちん」
534: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 23:06:29.39 ID:uLOmxYJh.net
花陽「花陽は負けてはいません」

花陽「正確には
まだ土俵にすら上がってはいなかった」

花陽「測定不能による試合放棄……ゆえに」

花陽「闘えば勝つ可能性だってあった」

穂乃果「花陽ちゃん」

海未「それは屁理屈ですよ?花陽」

ことり「また今度にしよ?花陽ちゃん」
535: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 23:12:22.53 ID:uLOmxYJh.net
凛「かよちん」(腕グイッ)

花陽「むーっ!」

海未「花陽にしては強情ですねぇ」

真姫「よっぽど悔しかったのかしら」

真姫「花陽?
穂乃果がリーダーなのが不満なわけ?」

花陽「違うよ」

花陽「けど……アイドルを志す者として」

花陽「穂乃果ちゃんとは一度
闘ってみたかったんだよ」

ことり「要するに穂乃果ちゃんは
越えるべき壁?」
536: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 23:16:38.18 ID:uLOmxYJh.net
南の言う通り

ミューズの発起人であり

リーダーかつセンターを張る高坂は

グループ内にて

一際輝くカリスマを誇るのは事実

ゆえに

本気でアイドルになろうとする小泉達に取って

それは目指すべき存在であると共に

いつかは打ち破らねばならぬライバルとなるのは

争えぬ必然!!
537: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 23:23:01.54 ID:uLOmxYJh.net
穂乃果「は、花陽ちゃん」(苦笑)

穂乃果「そんな、越えるだなんて」

穂乃果「穂乃果はそんな大それた人間じゃないよ」

穂乃果「みんなの力があってこそ……」

花陽「逃げるの?穂乃果ちゃん」

穂乃果「」

花陽「勝ち目が無いから……敵前逃亡!?」

花陽「尻尾を巻いて逃げるつもり!?」

凛「かよちん!」

穂乃果(ギリッ)
539: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 23:26:42.99 ID:uLOmxYJh.net
穂乃果「ぐぬぬぬぅ……
花陽ちゃんで初めて腹が立ったぁ!!」

穂乃果「分かったよ
その勝負受けて立つから!!」

花陽「そう来なくっちゃ」

海未「穂乃果!挑発に乗ってはいけません」

ことり「確かに今の花陽ちゃん
何か不自然だ」

ことり「気をつけた方が良いよ
穂乃果ちゃん」
540: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 23:28:43.20 ID:uLOmxYJh.net
絵里「……」

絵里「ねぇ、希」

絵里「何かおかしくないかしら」

絵里「花陽がこんなに粋がるなんて……」

希「確かに不自然やね」

真姫「そうね」
541: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 23:31:47.09 ID:uLOmxYJh.net
真姫「そう言えばさっきから」

真姫「誰かさんの姿が見えないんですけど」(髪イジリイジリ)

のぞえり「……」

絵里「どうやら黒幕がいるみたいね」

希「それも、かなり手練れの」

真姫「全く……」

希「これはかなりキツいお仕置きが必要みたいやね」(ジト目)
543: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 23:36:32.13 ID:uLOmxYJh.net
店長室



小泉花陽をして高坂にけしかけた

その黒幕!

自らは決して表に現れず

アイドルとして甘い汁を貪らんと策を巡らす

まさに 巧妙かつしたたか

その深謀遠慮

古代の軍師にも遜色無き鮮やかさ!!

果たして その正体は!?



にこ「にっこにっこに〜♪」
544: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 23:45:47.07 ID:uLOmxYJh.net
にこ「クックックッ……
まんまと引っかかったわね?穂乃果」(モニター)



アイドル研究部部長 矢澤にこの仕掛ける

駆虎呑狼の計!

猛虎と化し巣穴から飛び出す小泉に狙わせるは

主将 高坂穂乃果のリーダー位!

一挙にそれを奪取すべく

小泉に策を授けたのは



にこ「この私ニコ」
546: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 23:52:12.16 ID:uLOmxYJh.net
にこ「今の穂乃果はすっかり油断しきっている」

にこ「オマケに……仕事の合間を縫って」

にこ「あの娘は何回もトイレに行っているわ」

にこ「対するに花陽は、この日に備えて」

にこ「入念な下準備をさせて置いた」

にこ「つまり……この奇襲は
完全に成功ニコ」

にこ「一方的な展開が望めるわ」

にこ「フフフ……恨むんじゃないわよ?穂乃果」

にこ「あんたはにこにではなく
花陽に倒されるんだから」
548: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 23:58:13.93 ID:uLOmxYJh.net
にこ「これで花陽が新リーダーになり
彼女に作戦を与えたにこは」

にこ「花陽の権限を利用して」

にこ「またアイドルグッズを買い漁れるニコッ」(黒い微笑)



矢澤 懲りてない!



にこ「ククク……今日のにっこにーはぁ」

にこ「と〜っても頭が冴えすぎてぇ〜」

にこ「ちょっと怖くなって来たぞぉ〜」

にこ「ニコッ♪」(ビシッ)

(胸ガシッ)

にこ「ニコォ!?」(ビシッ)
549: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/07(木) 00:02:15.60 ID:9rgpo7ob.net
希「にーこっちぃー?」

希「全部聞かせてもらったよ?」(胸モミモミ)

にこ「ヒイィィ……」

真姫「ホント懲りないわね?にこちゃん」(ため息)

絵里「さすがにこね」

絵里「全然褒めてないけど」(ジト目)

にこ「ニコォ……」(冷や汗)
550: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/07(木) 00:12:12.26 ID:9rgpo7ob.net
希「全く……にこっち?」

希「ここまで来ると、小悪魔やなくて」

希「完全な堕天使やね?」(ジト目)

にこ(ガクガクブルブル)

にこ「え、絵里ちゃ〜ん?」

にこ「にっこに〜な〜にが起こってるのか」

にこ「よくわかんないよぉ〜」

絵里(ジーッ)

にこ「助けてくれるわよね?」

絵里「希?やりなさい」※にこ相手でも、叱るときは叱る

希「ほいきた♪」

にこ「イヤァ……イャアァァァ〜」

希「う〜ん、これは」(ワシワシワシワシ)

希「相変わらずコンパクトサイズやねぇ」(ワシワシワシワシ)



矢澤 悶絶!
551: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/07(木) 00:17:06.11 ID:9rgpo7ob.net
小泉花陽VS高坂穂乃果

おまたの臭いを巡る次期リーダー

真の最終決戦

無制限一本勝負!!



海未「それでは、再び
私がレフリーを務めさせて頂きます」

海未「2人とも、真ん中に立って」

ほのぱな(スタスタ)



園田 入念なボディチェック
552: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/07(木) 00:20:33.96 ID:9rgpo7ob.net
海未「では……このコインで
先攻後攻を決めます」

海未(ピーン)



投げられたコイン

運命を決める 裁きのコイン!



海未(バシッ)

穂乃果「裏」

花陽「表!」

海未「それでは……開きます!」



果たして

どちらが先攻となるのか!?
553: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/07(木) 00:26:33.97 ID:9rgpo7ob.net
コイン(表)

花陽「私が先だね」

穂乃果(ゴクリ)

凛(こうなったら
かよちんを応援しよう)

ことり(ホノカチャアァアァン)ドキドキ



先攻 小泉花陽



海未「それでは」

海未「ready fight!」



運命のゴングが 遂に鳴らされた!
555: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/07(木) 00:32:42.80 ID:9rgpo7ob.net
花陽「はぁっ!」(ダッダッダッダッ)

花陽「ぴゃっ!?」(ドテッ)

一同(ポカーン)

花陽「イタタタタタァ……」

海未「……」

ことり(苦笑)

凛「かよちん……」(涙目)

穂乃果「あのさぁ」(ジト目)

花陽「ご、ゴメンナサィ……」
556: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/07(木) 00:34:49.88 ID:9rgpo7ob.net
花陽「クッ……よくもやってくれたね?」(涙目)

花陽「もう絶対許さないんだからぁ!」

穂乃果「何もしちゃいないよ!!」



小泉 覚醒!
557: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/07(木) 00:42:09.92 ID:9rgpo7ob.net
花陽「ううっ……ウルサイィッ!!」(ズンズンズン)

花陽「それっ!」(スカートペラッ)

穂乃果「クッ……」(冷や汗)

花陽「クンクン、クンクン」(検証中)

花陽「!?」(ピキーン)

穂乃果(ギリッ)

花陽「スンスン、スンスン」

花陽「ソ、ソ、ソンナァ〜」

花陽「クンカクンカ……
アリエナイデス、コンナコトォ」

穂乃果(ピキピキッ)

花陽「ピャッ……ピャアァアァァァ」

花陽「スーハースーハー
スーハースーハー」

花陽「愛は太陽って……本当だったんだねぇ」

穂乃果「あのさぁ、花陽ちゃん」

穂乃果「長くない?」(ジト目)
558: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/07(木) 00:49:14.27 ID:9rgpo7ob.net
花陽「アナタへのハッピ〜
アツゥク〜アツゥク〜」(クンクン、クンクン)

花陽「いつもより〜嗅ぎたげなのね〜♪」

花陽「同じ部活で〜あなたは遠い〜」(スンスン、スンスン)

花陽「同じパンツ〜日替わりパンツ〜♪」

花陽「嗅ぎたいだけでも〜迷惑ですかと〜♪」(クンカクンカ)※迷惑です

花陽「譲らない嗅覚〜こぼれるため息〜」

花陽「おまたって泣ける〜のねね♪」(スーハースーハー)



小泉 ノリノリ!
559: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/07(木) 00:54:26.21 ID:9rgpo7ob.net
花陽「ブハァッ!?」(ガバッ)

花陽「私とした事が……つい」

穂乃果(ジト目)

凛「かよちんさぁ……」

ことり(ひきつり笑い)

海未(花陽もその気があるのかも知れませんね)冷や汗

花陽「穂乃果ちゃん……私さ」

花陽「孤独なheavenて……
本当にあったんだね」(ウルッ)

穂乃果「そこ、感動する所なのぉ!?」(涙目)
561: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/07(木) 00:57:04.94 ID:9rgpo7ob.net
花陽「やっぱり穂乃果ちゃんは」

花陽「有明笑顔ダネッ♪」(キラーン)



高坂 有明笑顔確定!



穂乃果「って……
私は海苔じゃないよぉ!!」(両腕ブンブン)



今夜はここまで
564: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 00:20:17.52 ID:NGwo8CcS.net
再開



そして

後攻 高坂穂乃果



穂乃果「行くよ花陽ちゃん」

花陽(コクッ)

海未「それでは、両者スタンバイ」

海未「ready fight!」

穂乃果(サッサッサッサッ)

花陽「!?」

凛「あれって……」
565: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 00:23:43.75 ID:NGwo8CcS.net
ことり「これは……!?」

海未「穂乃果……穂乃果」

海未「ススメトゥモロゥしなくていいですから」

穂乃果「いやぁ〜最終決戦らしくしようかと」

海未「もっと真面目にやって下さい」

凛「おまたの嗅ぎっこに
真面目さなんていらないにゃあ」(正論)
567: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 00:31:29.81 ID:NGwo8CcS.net
穂乃果「それじゃ、まぁ」(スカートペラッ)



高坂は この時までに

複数回トイレに行っており

決して無臭ではない

対するに 小泉も

その太ももを覆う黒タイツゆえ

おまたは ムレムレ

つまり レートは五分と五分

ほぼ均衡が取れている



穂乃果(私が有明笑顔なら)

穂乃果(花陽ちゃんはなわとび後のコンディションな筈)

穂乃果(勝ち目が……ないわけじゃないっ)キッ

穂乃果(ここで、決める!)
568: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 00:35:08.17 ID:NGwo8CcS.net
穂乃果(クンクン、クンクン)

穂乃果(スンスン、スンスン)

穂乃果「!?」

穂乃果(こ、こ、これは!?)ピキーン



そこには 信じられない光景が

広がっていた!
569: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 00:38:30.54 ID:NGwo8CcS.net
穂乃果「こ、こんな……こんな事ってぇ」

花陽(ニヤリ)

穂乃果「ウソだ……こんなの
あり得ないよ」

花陽(やっと気づいたね)

穂乃果「匂いが……匂いが」

穂乃果「ヤク○トジョアだなんてぇ……」(冷や汗)

一同「!?」

一同「ま、マジでぇ〜!?」
570: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 00:44:07.06 ID:NGwo8CcS.net
店長室

絵里「ねぇ、にこ」

絵里「花陽に授けた作戦って」

にこ「知りたい?」



おまたの臭い対決に置いて

対戦者は通常

己の臭いを極限までに消去しようと試みる

理想的な無臭 それこそが

この狂気に満ちた危険なゲームに勝ち残る

唯一最良のテクニックなのだ

少しでも体臭が残る事

それはすなわち

死を意味する!!


にこ「と、ここまでは
常識とされるセオリーよ」
572: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 00:56:06.10 ID:NGwo8CcS.net
にこ「けどね……それはあくまでも
匂い=悪だと決めつけてこそ」



矢澤の授けた作戦

それは



『かよちゃ〜ん?
アイドルは個性が大事ニコ』

『それが例え匂いであっても
本人の大切な証だと』

『にっこにーは思うの』

『ブリッコキモイにゃあ』

『凛!アンタは黙ってなさいっ!』(ツネリツネリ)

『イダダダ……かよちん助けてぇ〜』

『とにかく……自分の個性を否定するのは
ダメダメ〜ニコよ』

『個性をひた隠しにするのは間違いニコ』

『それでは所詮……規格品以上にはなれない』

『アイドルはそんなんじゃイケナイニコ』

『表際の洗練より
荒削りの個性で勝負よ!?』

『ニコッ♪』

『にこちゃんにしてはまともな事を言うにゃあ』

『明日雪が降るかも』

『凛っ!アンタホント毒舌に磨きがかかってきたわねっ!!』

『イダダダ……かよちん助けてぇ〜』
574: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 01:04:07.94 ID:NGwo8CcS.net
店内

花陽(そう……)

花陽(花陽は今回
あえて匂いは隠さなかった)

花陽(無論、ちゃんと小綺麗にはしたけどね)

花陽(花陽の匂いは……花陽の個性)

花陽(私の魅力である以上)

花陽(花陽はこれで勝負するんだ!!)キラーン



限りなく無臭との前提から

少しでも匂いを嗅ぎ分けようと鼻を近づける

その刹那

濃厚にしてしかも爽やかな香りが

嗅覚を刺激する!

ありえない展開に

対戦相手は 一挙に奈落の底!

名付けて 

おまた機雷!!
575: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 01:08:47.65 ID:NGwo8CcS.net
逆転の発想

掟破りの離れ業!

矢澤の考案した作戦

小泉花陽の体臭を最大限活用し

嗅ぐ者の心を虜にさせてしまうと言う

回天の計略

一見無謀な体当たりの裏に巡らされる

緻密な打算!

一世一代の大博打

狙われる高坂穂乃果!!

その姿

機雷原に迷い込んだ

輸送船の如し!
576: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 01:15:28.73 ID:NGwo8CcS.net
穂乃果(クッ……こんな
裏をかくなんて)

穂乃果(これは、酷い)

穂乃果(泥仕合だ)

穂乃果(汚いよ……やり方が汚すぎるよ)ギリッ

花陽(ニヤリ)

花陽「フフ……穂乃果ちゃん?」

花陽「おまたの臭いが不快なのは
確かにマズいけど」

花陽「毒だって……使い方によれば薬」

花陽「みんな隠さなきゃって強迫観念に縛られてるけど」

花陽「それは利口馬鹿と言うもの」

花陽「コロンブスの卵って例えもあるでしょ?」
577: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 01:18:22.64 ID:NGwo8CcS.net
穂乃果(くそぅ……クソゥ)

穂乃果(イカサマ賭博じゃないか!)

花陽「イカサマだとでも言いたいの?」

穂乃果(ギリッ)
578: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 01:22:50.86 ID:NGwo8CcS.net
花陽「フフフ……穂乃果ちゃん」

花陽「おまた機雷の恐ろしさ
こんなもんじゃないんだよ?」

花陽「例に、も1回嗅いでみる?」

穂乃果「むぅ……どうせ
ヤク○トジョアなんでしょ?」(クンクン)

穂乃果「!?」

穂乃果「そんな……バカな」(ワナワナ)

花陽(ニヤリ)
579: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 01:27:30.18 ID:NGwo8CcS.net
穂乃果「匂いが……変化してる」

穂乃果「コイツは、コイツは」

穂乃果「フルーツジョアだ……」(冷や汗)

一同「えぇ〜っ!?」



小泉のおまたはフルーティーな香り!

そう評した星空の言葉に

嘘偽りは無かった!



凛「あ〜あ」

凛「かよちんの匂いは
凛だけのモノにしたかったのにぃ」

海未「なんと」

ことり「これじゃ穂乃果ちゃんでも勝てないよ」
581: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 01:33:21.12 ID:NGwo8CcS.net
小泉のフルーティーフレーバー攻撃によって

絶体絶命の窮地に陥る高坂!

このままでは

ミューズリーダーの地位剥奪は不可避!!



穂乃果(あぁ……くそぅ)

穂乃果(完全にハメられたぁ!)



まさかの不意打ち

土壇場の裏切り!

メンバー中最も温和で

ミューズの良心と言うべき小泉の

信じられぬ豹変!

やはり彼女も

アイドルとしてトップに立ちたいという誘惑には

抗えなかったのか!?
582: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 01:39:59.28 ID:NGwo8CcS.net
穂乃果「クッ……」



跪く高坂

胸にこみあげる無力感

そして 絶望!



花陽「どう?穂乃果ちゃん」

花陽「リーダーの地位なんて
いくらでもなるもんでしょ?」

花陽「こんな程度で崩れるなんて……
思ってもみなかったよね?」

花陽「当たり前だと思う常識も
絶対だとの確信も」

花陽「吹けば飛ぶ様なモノ……」

花陽「そんなの真に受けると
いつかはこんな風になっちゃうんだよ?」



花陽の問いかけ

辛辣にして峻厳!

しかし 今の高坂に

反論する余力は既に無し!



今夜はここまで
587: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 01:46:43.30 ID:LYLTyU0X.net
再開

穂乃果「うぅ……」(ウルッ)



絶望



穂乃果「くそぅ……」(ウルウル)



絶望!



穂乃果「クソッ……クソゥ」(ポロッ)



絶望!!



穂乃果「結局……穂乃果のやって来た事は
こんな程度だったのか」(ポロポロ)

穂乃果「こんなのって……ないよ……グスッ」(ポロポロ)



己の浅はかさに 絶望!!



穂乃果「こんなの……エグッ
なさけないよ……ヒック」

穂乃果「ううっ……グスッ
うえぇ……うえぇぇ〜ん」(ポロポロ)



高坂 号泣!
588: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 01:48:34.37 ID:LYLTyU0X.net
花陽「……」

花陽「違うよ穂乃果ちゃん」

穂乃果「?」

一同「!?」

花陽「みんなが歌ってみんながセンター」

花陽「穂乃果ちゃんが言った事だよ?」

穂乃果「……」
589: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 01:51:20.70 ID:LYLTyU0X.net
花陽「ミューズはみんなが力を合わせてこそ
ミューズなんだよ」

花陽「だから……穂乃果ちゃん1人だけが
苦労を背負い込む事はない」

花陽「リーダーが誰かなんて
だから花陽はこだわる必要は無いと思う」

穂乃果「花陽ちゃん……」
590: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 01:56:28.31 ID:LYLTyU0X.net
花陽「ここに居る9人誰が欠けても
ミューズはミューズじゃなくなるんだよ」

花陽「だから花陽に取っては
みんな等しく大事」

花陽「もちろんアイドルとして
いつかは中央に立ってみたいとは思う」

花陽「でも今は……みんなと一緒に歌って踊って」

花陽「仲良くしたり、たまに喧嘩したり」

花陽「時に寄り道して悪ふざけしてみたり」

花陽「そうやって日々過ごしながらも
ラブライブ優勝を目指す」

花陽「何よりも……
花陽は今そうしているのが
すっごく楽しいよ」
591: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 01:59:44.44 ID:LYLTyU0X.net
穂乃果(ウルッ)

花陽「ゴメンね?穂乃果ちゃん」

花陽「花陽……少しだけ
悪役演じちゃった」

穂乃果「花陽ちゃん」(抱きっ)

穂乃果「もぅ……」(ウルッ)

海未「全く……花陽も
隅に置けないですね」

ことり「でもやっぱりミューズは
こうでなくちゃ」

ことり「エヘヘ♪」
592: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 02:03:46.99 ID:LYLTyU0X.net
店長室

にこ「ち、ちょっとぉ
待ちなさいよ!」

にこ「花陽!あんた……降りるつもり!?」

にこ「リーダーになれるのよ?センターに立てるのよ!?」

にこ「こんなチャンス
めったに転がり込んで来ないのよ!?」

花陽『にこちゃん?』

花陽『今言った通りだよ』

花陽『ミューズに上も下も無い』

花陽『みんなで力を合わせて頑張れば良い』

花陽『それだけだよ』
593: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 02:09:44.20 ID:LYLTyU0X.net
にこ「んなっ……」(ワナワナ)

真姫「花陽ならそう言うと思ったわ」

希「真姫ちゃん疑ってたクセにぃ」(ニタァ)

真姫「イワナイデ!」

希「ウチは知ってたよ?
花陽ちゃんに悪役は似合わない」

希「それに……ミューズの事一番思ってくれてるのは
やっぱり花陽ちゃんだと」

絵里「ハラショー!」(グーサイン)

にこ「ニコォ……」(冷や汗)
594: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 02:13:48.50 ID:LYLTyU0X.net
希「それに比べて」

真姫「今度ばかりは悪戯が過ぎたみたいね?
にこちゃん」

絵里「さすがにこね」

絵里「ぜんっぜん誉めてないけど」(ギロッ)

にこ「ニコォ……」(ガクガクブルブル)

にこ「か、かよちゃ〜ん?」

にこ「にっこー今ぁ
す〜っごくマズい状況にあるんだけどぉ〜」

にこ「取りなししてくれると
にこ嬉しいなぁ〜」



矢澤 悪あがき!
595: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 02:18:07.20 ID:LYLTyU0X.net
花陽『にこちゃん?』(モニター)

花陽『花陽はにこちゃんの事大好きだし
アイドルとして凄く尊敬してるけど』

花陽『ケジメはちゃんと付けようね?』※やはり花陽はミューズの良心

にこ「ニコオォォ!?」(ビクッ)

にこ「わ、分かったわ花陽」

にこ「あんたに伝伝伝譲るからぁ」

にこ「とにかく、助けなさいよぉ!」



矢澤 断末魔!!
596: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 02:23:47.03 ID:LYLTyU0X.net
絵里「諦めなさい?にこ」

にこ「え、絵里ぃ……」(ウルウル)

絵里「いつになく可愛い顔
見せてくれるじゃない」(ニッコリ)

真姫「騙されちゃダメよ?エリー」

絵里「もちろんよ
可愛さ余って憎さ百倍とは
良く言ったものね?」

絵里「希!」

希「ほいきた♪」(胸ガシッ)

にこ「ヒイィィィ……」

にこ「お手柔らかにシテネ♪ニコッ♪」

希「思いっきりアグレッシブなのイクよぉ!?」(ワシワシワシワシ、ワシワシワシワシ)

にこ「イヤァ……イヤアァァァ〜」
597: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 02:26:47.51 ID:LYLTyU0X.net
エピローグ

夕刻 秋葉原

真姫「ほら、にこちゃん」

真姫「ちゃんと反省した?」

にこ「うぅ……ゴメンニコォ」

絵里「まぁ、終わり良ければ全て良しだし」(苦笑い)

真姫「相変わらずエリーはにこちゃんに甘いわね」
598: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 02:29:22.64 ID:LYLTyU0X.net
にこ「だってぇ……
にこお小遣い少ないしぃ」

真姫「嘘おっしゃい」

真姫「にこちゃん、この店で
合間を縫ってアルバイトしてて」

真姫「しこたま貯め込んでて
つい先日、私に見せてくれたわよね?」

真姫「預金通帳」

にこ(ギクリ)
600: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 02:31:28.61 ID:LYLTyU0X.net
希「それは初耳やね」

真姫「幾らあったと思う?」

にこ「ちょっ……真姫!!」

真姫「252525円よ」

一同「えぇ〜っ!?」

絵里「ハラショー」(顔面蒼白)
601: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 02:34:55.87 ID:LYLTyU0X.net
にこ「うぅ……ま、真姫ちゃん!」

にこ「何でバラすのよぉ!!」(ポカポカ)

真姫「これだけあれば、伝伝伝始め」

真姫「幾らでも買えるでしょ?」



矢澤のため込んだ隠し財産

それは 平均的な女子高生の想像を

遙かに絶する大金であった!
602: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 02:37:34.63 ID:LYLTyU0X.net
海未「何と」

ことり「にこちゃん
スッゴく頑張ってたもんね」

花陽「こんな大金持ってたなんてぇ」

凛「これはワルだにゃあ」

希「下手したら生徒会費上回るやん」(冷や汗)

絵里「さ、さすがにこね」(冷や汗)
603: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 02:39:24.88 ID:LYLTyU0X.net
穂乃果「もうっ、にこちゃん!」

穂乃果「こんなの酷いよ
ズル過ぎるよ!!」

穂乃果「こんだけ持ってんだったら
ランチパックくらいおごってくれても良いじゃんか!!」

にこ「何でそうなんのよ……」
604: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 02:43:26.40 ID:LYLTyU0X.net
にこ「あ……そうだ」

にこ「妹達待ってるから」

にこ「もう帰るニコ♪」(ササッ)

(肩ガシッ)

にこ「ニコォ!?」

絵里「ふふ」(手)

にこ「え、絵里ちゃ〜ん?」

にこ「にっこにーもぅ」

にこ「お仕置きはい〜っぱい
受けたと思うんだけどなぁ〜」(冷や汗)

絵里「そんなんじゃないわ」

絵里「ちょっと相談があるんだけど」

絵里「ふふ」(ニッコリ)
605: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 02:47:20.88 ID:LYLTyU0X.net
絵里「みなさん
アイドル研究部部長・矢澤にこさんが」

絵里「私達ミューズの為に」

絵里「2525円寄付してくれるそうです」

一同「おぉ〜っ」

(パチパチパチパチ)

にこ(引きつり笑い)

穂乃果「よっ、太っ腹!」

海未「ありがとうございます」

ことり「せっかくのにこちゃんの好意だから」

ことり「大切に使おうね♪」

ことり「エヘヘ♪」
606: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 02:51:08.89 ID:LYLTyU0X.net
花陽「やっぱにこちゃんは
みんなの事、大事に思ってるんだね」

花陽「花陽ますます尊敬するよ」

にこ「ま……んまぁ〜
あったりまえでしょ?」(強がり)

凛「にこちゃんにしては、美しい行いだにゃあ」

にこ「素直に誉めなさいよね!?」

希「にこっち」

希「ウチはにこっちを信じてたよ?」(ウルウル)

にこ「……」

にこ「これ以上はお断りよ」
607: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 02:55:17.10 ID:LYLTyU0X.net
にこ「うぅ……」

にこ「今日は踏んだり蹴ったりだわよぉ」(涙目)

真姫「何言ってんのよ」

真姫「たった1%の金額で
これだけみんなから感謝されて」

真姫「罪は帳消し」

真姫「安い出費じゃないの」

にこ「それはお金持ちの発想ニコォ……」(ジト目)

希「まぁまぁ」

絵里「もう遅いし、帰りましょ?」
608: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 02:58:38.97 ID:LYLTyU0X.net
こうして

数日をまたいだ壮絶なギャンブルは

一年生 小泉花陽の身を挺した説得により

みなが正気に戻る事によって

遂に終わりを告げた

再び紐帯を取り戻したミューズの面々は

めいめい翌日の再会を期して家路につく

平穏な日常が こうして回復された
609: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 03:02:36.75 ID:LYLTyU0X.net
だが

そんな彼女達の後ろ姿に

とある3人の娘達が

密かに冷たく鋭い目線を突き立てているのを

この時 高坂達は知るよしも無かった!

そして



???「ちょっと良いかしら?」

ほのうみこと「?」

ほのうみこと(クルリ)

ほのうみこと「!!」



振り向いたその瞬間

高坂達3人の背筋に

とてつもない衝撃が走った!!
610: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 03:06:48.24 ID:LYLTyU0X.net
海未「んなっ……!?」(冷や汗)

ことり「そんな……」(顔面蒼白)

穂乃果「あなた達は!」



絵里「ハ、ハラショー」(裏声)

希「そんな……嘘やろ」



にこ「うっそでしょぉ!?」

真姫「アリエナイワ」



凛「かよちん、あれって……」

花陽「え?ええっ!?エェエェェェー!?」



ミューズ一同「あ、あの人達は」

ミューズ一同「アライズぅ!?」
612: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 03:11:35.79 ID:LYLTyU0X.net
ツバサ「お久しぶりね?穂乃果さん」

ツバサ「そして、ミューズのみなさん」

英玲奈「第一次予選以来だな」

あんじゅ「これで12人が勢揃い」

あんじゅ「ハートのクィーンって所かしら」

花陽「どうする?にこちゃん」

にこ「ここは部長の私の出番ね!?」(ギリッ)

にこ「行くわよ?花陽」

花陽「分かった」(コクッ)
613: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 03:16:15.12 ID:LYLTyU0X.net
にこ「あんた達!」

アライズ「?」

にこぱな「よろしければサイン頂けないでしょうか?」(色紙)

アライズ「……」

ツバサ「良いわよ」

にこぱな「ありがとうございま……」

真姫「ダメよ!」

絵里「そうよ
今はお互いラブライブ出場を賭けて争う
ライバルなんだから」

希「そう言うのは決着付けてからにせんと」

にこぱな「えぇ〜?」



矢澤と小泉

前回ラブライブ覇者のカリスマの前に

敗退!
614: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 03:19:45.61 ID:LYLTyU0X.net
穂乃果「ですが、こんな所で会えるなんて」

ことり「普段なら、多忙な筈だし」

海未「そちらから声をかけてくれるとは」

絵里「正直光栄ではありますが」

凛「何か用件かにゃ?」

真姫「私達を捕まえて
まさか世間話でもないでしょうし」

真姫「ね?にこちゃん」

にこ「……」

にこ「そうね」(ギリッ)
615: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 03:23:51.98 ID:LYLTyU0X.net
にこ「これは……読めたわ」

にこ「このスーパーアイドルにこにーを
引き抜くつもりね!?」

にこ「いつかはこうなると思ってたわ」(冷や汗)

にこ「全く……このにっこにーの魅力も
罪よねぇ」

にこ「けどおあいにく
にこは仲間を裏切れないわ」

にこ「それが例え……
アライズの誘いであっても」(ギリギリッ)

真姫「ソレハナイワ」

にこ(ガーン)
616: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 03:26:18.08 ID:LYLTyU0X.net
海未「すみませんみなさん」

海未「話を続けて下さい」(ニッコリ)

希「にこっち?
そう言うのほどほどにしとかんと」(ジト目)

にこ「ゴメンニコォ……」(シュン)

絵里「わ、私は
良かったと思うわよ?」
617: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 03:29:35.10 ID:LYLTyU0X.net
ツバサ「あなた達ミューズは
第一次予選で健闘し」

ツバサ「次の最終予選では
私達アライズと並び」

ツバサ「この東京地区で
ラブライブ出場最有力とされる存在」

英玲奈「ゆえに私達は
初めから注目し応援もして来た」

あんじゅ「色々調べもしたわ」

ミューズ一同「……」
618: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 03:33:43.05 ID:LYLTyU0X.net
ツバサ「だからこそ、あなた達が
私達のお膝元である秋葉原の街で
アイドル活動をしていても」

ツバサ「これまでは容認して来たつもりよ」

ツバサ「けど今回は……
いささか派手にやり過ぎたみたいね」(キラーン)



アライズリーダー 綺羅ツバサの両眼が

妖しく煌めく

それはまさに

得物を捕食せんとする

肉食獣の目!!
619: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 03:37:04.17 ID:LYLTyU0X.net
海未「わ、私達……
何か失礼な事を!?」

絵里「お怒りとあれば、謝らせて頂きます」

真姫「そうかしらね」

真姫「私達の実力が脅威だから
難癖付けてるだけじゃないの!?」

穂乃果「真姫ちゃん」

凛「喧嘩腰はダメだよ」

花陽「ピャァアァァー!!」

にこ「花陽?」

希「どないしたん?」
620: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 03:43:01.78 ID:LYLTyU0X.net
花陽「わ、私ぃ……UTXの構内に」

花陽「おにぎり忘れた事がぁ……」(冷や汗)

ミューズ一同「マジでぇ!?」

絵里「ハラショー」

希「そ、そう言えば……ウチも」

希「UTX構内で……
占い屋さんやってた事があるんよ」(冷や汗)

ミューズ一同「ま、ま……マジでぇ〜!?」

絵里「ホントにね」

希「今考えてみたら
許可取ってなかったやん♪」

希「テヘッ♪」(ペロッ)

穂乃果「……」

穂乃果「あのさぁ……」

凛「みんな勝つ気あるのかにゃあ」(正論)

アライズ「……」
621: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 03:51:32.48 ID:LYLTyU0X.net
ツバサ「べ、別に……咎めるつもりはないわ」(冷や汗)

英玲奈「少しビックリはしたが」

あんじゅ「私、希さんに
手相見てもらった事あるよ」

あんじゅ「結構当たるんだこれが」

えれつば「あのさぁ……」



ツバサ「今回あなた達に声をかけさせてもらったのは
他でもないわ」

英玲奈「ミューズ内での変動」

あんじゅ「つまり……リーダーの座を巡る」

アライズ「おまたの臭い対決!」

ミューズ一同(ギクリ)
622: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 03:53:54.48 ID:LYLTyU0X.net
海未「な、なぜそれを!?」

絵里「あれはミューズ、いえ」

絵里「音ノ木坂女学院でも門外不出の
トップシークレットなのに!!」

ことり「これって……情報漏洩!?」

凛「ヤバいにゃあ」
623: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 04:00:09.89 ID:LYLTyU0X.net
ツバサ「昨日の握手会で」

ツバサ「そこにいる小泉花陽さんが
教えてくれたわ」

花陽「ぴゃっ!?」(ギクリ)

絵里「は、花陽!?」

ことり「花陽……ちゃん?」(苦笑い)

凛「か、かよちん……」(冷や汗)

にこ「あんったねぇ」(ワナワナ)

希「花陽ちゃんだけは信じてたのに」(ウルウル)

花陽「ピャァアァァ〜ゴメンナサイィィ」(涙目)

花陽「ダレカタスケテェエェェー」

海未「助けて欲しいのはこっちですっ!」

穂乃果「あのさぁ……」(ジト目)
624: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 04:05:21.47 ID:LYLTyU0X.net
ツバサ「そして今し方
伝説のメイド・ミナリンスキーこと
南ことりさんのお店で」

ツバサ「最終決戦が行われたとの知らせを耳にしたわ」※アライズの情報力は国家機関並み

ミューズ一同「……」

ツバサ「全く……私達の庭で
良くもこんな大それた事を」

ツバサ「分かるかしら穂乃果さん」

ツバサ「私は憤ってるわ」

英玲奈「これは私達アライズに対する、紛れもなき挑戦」

あんじゅ「ここまで鼎の軽重を問われて
見過ごすわけには行かないの」

穂乃果「……」

穂乃果「そ、そんな……」
625: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 04:09:14.69 ID:LYLTyU0X.net
ツバサ「全く……こんなおまたの臭い対決なんて
スリリングなゲーム」

ツバサ「私達を混ぜずに勝手にやるとは!」

ツバサ「呼んでくれれば……絶対参加したのに!!」

英玲奈「いささかズルくはないか?」

あんじゅ「勝ち逃げ何てあこぎな真似
まかり通ると思ってたの!?」

ミューズ一同「……」

ミューズ一同「にこちゃん!」

にこ「いや、どうしろってんのよ」
626: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 04:14:04.50 ID:LYLTyU0X.net
英玲奈「かくなる上は、私達にも考えがある」

あんじゅ「そう、私達はアライズ」

アライズ「いかなる時、いかなる相手でも」

アライズ「私達は負けるわけにはいかない」

ミューズ一同(ゴクリ)

英玲奈「それが例え……有明笑顔であろうとも」

あんじゅ「フルーツジョアであろうとも」

ツバサ「大好きな……先輩の唾液の臭いであろうとも」

真姫「イワナイデ///」

凛「そこ真面目になる所かにゃ?」※凛は鋭い
627: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 04:18:28.04 ID:LYLTyU0X.net
ツバサ「覚悟は出来てるわね!?」

ツバサ「アイドルとしては
次の最終予選で勝負するとして」

ツバサ「今回は……
女の子としての血が騒ぐわ」

ツバサ「高坂穂乃果さん
そして、ミューズのみなさん」

アライズ「私達アライズは、あなた達に」

アライズ「おまたの臭い対決を申し込みます!!」



アライズ ミューズに宣戦布告!!



ミューズ一同「えぇ〜っ!?」

穂乃果「うえぇ〜!?」

穂乃果「これから私達どうなっちゃうのぉおぉぉぉ!?」





終わり
628: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 04:22:06.54 ID:LYLTyU0X.net
とりあえずここで完結

お疲れ様でした

ちなみに前回書いたのが

新入生:矢澤にこ「よ〜し、スクールアイドルやるわよニコッ♪」【のぞにこえり】

これで4作目


またどこかのssでお会いしましょう
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「おまたの臭いが一番キツくない娘が次期リーダー!?」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。