にこ「凛が…王子さま?」 凛「星空にゃ!」

シェアする

凛-アイキャッチ34
1: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/06/30(木) 01:13:07.57 ID:tnXRKry5.net
凛(凛が住んでる小さな星に、どこからか飛ばされてきた小さな種を見つけたんだ)

凛「早く芽が出ないかな?きれいなお花が咲くといいにゃー♪」

凛(頑張って毎日お世話して育ててみたら、トゲトゲがいっぱいついた綺麗な花が咲いたよ)

にこ「にっこにっこにー♪」

凛「可愛いにゃ♪(凛だけの特別なお花…大事にしよう)」

にこ「ボーッと見てないで、早くお水を持ってきなさいよ」

凛「う、うん。わかったにゃ」

にこ「にこは宇宙ナンバーワンアイドルよ。誰よりも美しい花なんだから!」

凛「へーすごいにゃ。キレイだね♪」

にこ「夏は虫がいっぱいだから嫌いよ。私に虫がつかないように見張ってなさい。枯れちゃったら困るでしょ」

凛「うん…でも雨降ってるよ?」

にこ「天気の悪い日は、こんなにたくさん水は欲しくないわよ。にこが雨に濡れないようにして!」

凛(キレイだけど、ものすごくワガママだよね…)

にこ「凛!虫がいるわ!早く取って!」

凛「ちょ、ちょっと待っててー。…いたっ><」

凛(うっかりトゲに触っちゃって、凛はケガをしたんだけど…)

にこ「何やってるのよ。私の自慢の美しいトゲを、凛の血で汚さないで!」

凛「ひどい!心配してくれないのは我慢するけど、そんな言い方ないと思うにゃ!」

にこ「あっ…凛!ちょっと、待ちなさいよー!」

凛(にこちゃんなんてもう知らない!凛はほかの星をめぐる冒険に出かけることにしたよ)

凛(まずは南へ行ってみよう。…宇宙で方角がわかるのか知らないけど)

理事長「あら?…あなたは…ここは子供が来るような場所ではないわよ」

凛「うわ、お酒くさい…ここはお酒の星なの?」

理事長「本当はお酒なんか飲んでる場合じゃないんだけど…はぁ、私って駄目ね。気分を変えるためにワインを開けることにしましょう」

凛(そう言って理事長はまた飲み始めたにゃ)

凛(凛はお酒は飲めないし…ここにいてもしょうがないから、別の星へ行ってみよう)

元スレ: にこ「凛が…王子さま?」 凛「星空にゃ!」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/06/30(木) 01:16:23.04 ID:tnXRKry5.net
凛「わあ、凛の星より小さい星だぁ…こんなところに誰か住んでるのー?」

穂乃果「夜だよっ!」パチ

雪穂「もう朝だよ」パチ

凛「穂乃果ちゃんと雪穂ちゃん…何してるのー?」

穂乃果「夜は暗いから灯りを点けなきゃ!」パチ

雪穂「すぐ昼になるんだから消さなくちゃ」パチ

穂乃果「この星は小さいから、すぐ一周しちゃって昼と夜の入れ替わりが早いの!」パチ

凛「ホントだ…暗くなったり明るくなったりしてるね」

雪穂「放っておくとお姉ちゃんが灯りをつけっぱなしにしちゃうから」パチ

穂乃果「すぐ夜になるのに、雪穂が灯り消しちゃうんだもん!」パチ

凛(ずっと二人して灯りを点けたり消したりしてる…)

凛(見てると目が疲れそうだから、凛は別の星へ行こーっと)

凛「わあ、キラキラだぁ♪」

凛(たくさんの星を見渡せる、眺めのいい星に着いたよ)

花陽「872、873、874…」ブツブツ

凛「かよちん!?…何してるのー?」

花陽「あ、凛ちゃん。お米を数えてるんだよ」

凛「えぇ…ひと粒ずつ数えてるの?…そんなことして何か意味あるのー?><」

花陽「お米のひと粒ひと粒には神様が宿ってるっていうし、八百万くらいまでは数えなきゃ…」

凛「せっかくお星さまがキレイに見える場所なのに…ずっと下を向いてるなんてもったいないよ」

花陽「私、この星から出たことないから…ここから見える一つ一つが本当に星なのかどうかわからないよ」

凛「実際に行ってみないと信じられないってこと?」

花陽「うん。…そうだ凛ちゃん。宇宙一おいしいお米ができる惑星って知ってる?」

凛「ううん。凛は知らないにゃ」

花陽「地球っていうんだって。凛ちゃん、私のかわりに見てきてくれないかな?」

凛「いいよ。凛、もっといろんな星へ行ってみようと思ってたんだー♪」
5: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/06/30(木) 01:20:25.61 ID:tnXRKry5.net
凛(そして…凛はついに地球へたどり着いたにゃ!)

凛「暑くて砂だらけで、人もいない…」

海未「当たり前です。ここはソノダ砂漠ですから」

凛「あなたは誰!?」

海未「私は通りすがりのヘビです」

凛「未(ひつじ)って書いてあるにゃ」

海未「それはミと読むのです。巳といえば蛇。海のミですから海ヘビですね」

凛「海ヘビが砂漠で生きられるのー?」

海未「細かい事を気にしてはいけません。それより、宇宙へ還りたくなったらいつでも私に言ってください」

凛「シャトルか何かで飛ばしてくれるのー?」

海未「いいえ…」ニヤリ

凛(な、なんか怖いにゃ…逃げちゃおーっと)スタコラ

凛「あっ…あれは…にこちゃん!?」

凛(ソノダ砂漠を脱出した凛は、見覚えのある花を見つけたんだけど…)

こころ「にっこにっこにー♪」

ここあ「にっこにっこにー♪」

にこママ「にっこにっこにー♪」

凛(にこちゃんそっくりのキレイな花が、いっぱい咲いてる…)

凛(なーんだ…宇宙ナンバーワンなんて嘘だったんだにゃ。にこちゃんは全然特別なんかじゃなかった)

絵里「あら、見かけない猫がいるわ」

凛「猫じゃないよ。凛だよ。あなたは…キツネさん?」

絵里「ええ、そうよ。あなた、よそ者ね?」

凛「どうしてわかるの?」

絵里「素人にしか見えない」キリッ

凛「はあ」

絵里「こんなに綺麗な花を見て、あなたはどうしてつまらなそうな顔をしているの」

凛「凛の星にも、よく似たお花があるの。凛が育てた、凛だけの特別なお花だと思ってたのに…」

絵里「そういうこと…あのね、凛。ここに咲いてる花は、にこに似てるかもしれないけれど」

凛「かもしれないっていうか、そっくりだよ。こっちの小さいお花なんて、声まで同じだし」

こころ「にこっ★」
7: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/06/30(木) 01:24:48.71 ID:tnXRKry5.net
凛(ワガママなにこちゃんと違って、この子たちのほうが素直で可愛いし…)

絵里「そうね…でも、どんなに綺麗でも、この花たちはにこじゃないのよ」

凛「…あ」

『わあ、キラキラだぁ♪』
『872、873、874…』

凛(お星さまは、誰も見てなくても輝いてる。何億年も…だけど)

『早くお水を持ってきなさいよ!』

凛(お花は…誰もお世話する人がいなかったら、枯れちゃう…)

凛「帰らなくちゃ。凛の星に…」

絵里「そうね。それがいいと思うわ」

『宇宙へ還りたくなったら…』

凛(あのヘビさんに会えるかな?…ソノダ砂漠へ行ってみよう)

凛「…あれ? 何だろ…飛行機?」

ことり「…はぁ」

凛「どうしたのー?」

ことり「私、留学するはずだったんだけど…飛行機が故障しちゃって」

凛「それで砂漠なんかに不時着したのかにゃ?」

ことり「やっぱり一人で操縦して行こうとしたのが無謀すぎたかも…」

凛「自家用機!?」

ことり「真姫ちゃんに借りたの」

凛「えぇ…」

ことり「うちのお母さんと真姫ちゃんのお母さん、仲良しだから…」

凛(…理事長、ホントにお酒飲んでる場合じゃなかったにゃ)

ことり「私、こんなところで死んじゃうのかな…穂乃果ちゃんに逢いたいよ」クスン

凛「大丈夫にゃ!」ピョーン

ことり「えっ」

凛「水はないけど、ラーメンのスープなら持ってるよ!」

ことり「いらない…」

凛「ですよねー」
8: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/06/30(木) 01:29:42.77 ID:tnXRKry5.net
凛(ことりちゃんも凛と同じで、帰りたいみたいだから…)

ことり「…へび?」

凛「そう。えーとね…こんな感じのヘビさんだったんだけど」カキカキ

ことり(私のスケッチブックに凛ちゃんが絵を描いてくれたけど…)

ことり「えっと…中太ちぢれ麺?」

凛「そう!あっさりした醤油味のスープが麺によくからんで…って違うよ!麺じゃなくてヘビを描いたの!><」

ことり「ソノダ砂漠の蛇っていったら…」サラサラ

凛「わあ、上手!」

ことり「えへへ。私、絵は結構得意なんだ。…この人で合ってる?」

凛「うん!海未ちゃんそっくりにゃ」

凛(というわけで、凛も帰りたいから海未ちゃんを探すことにしたよ)

凛「ねえねえ、次はアルパカさんを描いてほしいにゃ」

ことり「アルパカさん?…いいけど」

凛(海未ちゃんを探して砂漠をさまよいながら、寄り道したり、ひと休みしたり…そうしているうちに)

海未「こんばんは。また会いましたね」

凛「やっと見つけた!」

海未「私を探しに?…宇宙へ還りたくなったのですか?」

凛「そうなの。凛がお世話してあげなくちゃ、にこちゃんが枯れちゃう><」

海未「宇宙へ還るには…私の毒で死に、肉体を捨てることになりますが」

ことりん「えぇ!?」

海未「魂だけの存在になれば、どこへでも自由自在に飛んで行けますよ」

希「スピリチュアルやね」

凛「で、でも…体がなくなったら、二度とラーメンが食べられなくなっちゃうにゃ」

ことり「それにお花のお世話もできなくなるんじゃ…」

海未「ええ。そうですね」

凛「それじゃ意味ないよ!><」

ことり「真姫ちゃんの飛行機を修理して、一緒に帰ろっか」

海未「しかし…できるのですか?」

「できるわよ」

ことうみりん「えっ」
9: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/06/30(木) 01:37:32.37 ID:tnXRKry5.net
ことり「真姫ちゃん!…どうして?」

真姫「ことりの操縦じゃ心配だから、こっそり一緒に乗ってきたのよ」

凛「えぇ…」

海未「ことり…気づかなかったんですか?」

ことり「え、えーと…でも真姫ちゃんが私を心配してくれるなんて」

真姫「わ、私は別に…飛行機が心配だったの!」

凛(真姫ちゃんの手術で飛行機は無事直って…凛も乗せてもらったにゃ)

穂乃果「ことりちゃーん!」パチ

ことり「穂乃果ちゃん!私、やっぱり…」

穂乃果「ちょっと雪穂!こんなときに灯り消さないでよ!」パチ

凛(まだやってたんだ…でも無事に逢えてよかったにゃ)

真姫「じゃあ、次は凛の星ね。行くわよ」
10: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/06/30(木) 01:39:20.11 ID:tnXRKry5.net
にこ「暑い…枯れる…もうおしまいだわ…」カラカラ

凛「にこちゃーん!」

にこ「幻聴が…幻覚も見える…ダレカタスケテー」フラフラ

凛「帰ってきたよ!すぐお水あげるから、ちょっと待っててー」

サァァァ…

凛「ごめんね。にこちゃん…」

にこ「フン…どこ行ってたのよ。この私を置いて行くなんて…凛のせいで枯れるところだったんだから!」

凛「もう置いてったりしないよ。これからはどこの星へ行くときも、にこちゃんを連れて行くにゃ♪」

にこ「手…」

凛「え?」

にこ「傷…もう治ったのね」

凛「あ…うん。何日も経ってるし…」

凛(ちょっとは気にしてくれたのかな?)

花陽「へえ、この子が凛ちゃんのお花かぁ…可愛いね♪」

にこ「フフン。もっと私をほめ讃えるのよ!」

凛「地球にもキレイなお花がたくさん咲いてたけど…やっぱり凛はにこちゃんが一番好き♪」

にこ「ま、まあ当然ね///」

花陽「お米もいろいろあったのかなぁ?どうだった?」

凛「おこめ?…あ」

『宇宙一おいしいお米ができる惑星って知ってる?』
『凛ちゃん、私のかわりに見てきてくれないかな?』

凛(完全に忘れてたにゃ…)

凛「じゃ、じゃあ凛はそろそろ帰るにゃー。行こ、にこちゃん♪」

にこ「もっと優しく扱いなさいよ!…じゃあね、花陽」

花陽「ああっ、待って凛ちゃん!お米はー!?」



おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『にこ「凛が…王子さま?」 凛「星空にゃ!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。