ことり「愛、かな」海未「愛ゆえに、ですね」

シェアする

ことうみ-アイキャッチ4
1: </b> ◇aU2gxYbeBY<b> 2014/11/13(木) 21:58:45.81 ID:ouKT/EjSO
海未「ことり?」

ことり「あっ、海未ちゃん」

海未「こんなところで会うとは。穂乃果に用でも?」

ことり「奇遇だね。海未ちゃんこそ、穂乃果ちゃんに用事?」

海未「いえ、大したことではないので。ことりのほうは?」

ことり「私も別に……たまたま穂乃果ちゃんの家の前を通ったから、穂乃果ちゃん何してるのかなー、とか考えてたの」

海未「そうでしたか。私も偶然通りかかったものですから、穂乃果がしっかり勉強しているか気になってしまいまして」

ことり「そっかー」

海未「ふふっ」

ことり「あはは」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1415883525

元スレ: ことり「愛、かな」海未「愛ゆえに、ですね」

スポンサーリンク
3: ◆aU2gxYbeBY 2014/11/13(木) 22:07:30.39 ID:ouKT/EjSO
ことり「海未ちゃん、おはよー!」

海未「おや、ことり。おはようございます」

ことり「こんな朝早くから穂乃果ちゃんの家の前で会うなんて、奇遇だね」

海未「そうですね。ことりも、穂乃果を起こしに?」

ことり「うん。ちゃんと起きられるか心配になっちゃって」

海未「そうでしたか」

ことり「うん」

海未「ふふっ」

ことり「あはは」
4: ◆aU2gxYbeBY 2014/11/13(木) 22:12:23.64 ID:ouKT/EjSO
海未「ことり、勉強ですか?」

ことり「穂乃果ちゃんがここのところがわかりづらいって言ってたから、わかりやすくまとめたノートでも渡そうかなって」

海未「ああ、そこなら昨日私が教えておきましたよ?」

ことり「……本当?」

海未「ええ。まったく、穂乃果には少しは自分でなんとかしようという気概を持ってほしいものですが。やっぱり私がついていないとダメですね」

ことり「あはは」

海未「ふふっ」
5: ◆aU2gxYbeBY 2014/11/13(木) 22:13:39.40 ID:ouKT/EjSO
海未「クッキー、ですか?」

ことり「うん。海未ちゃんもどうぞ」

海未「ありがとうございます。…………美味しいですね。サクサクとした食感が良いです」

ことり「ありがと。穂乃果ちゃんがどうしても私のクッキーが食べたいって言うから作ってきたの」

海未「……ほう」

ことり「今度はケーキ作って、なんて言われて困っちゃったよ~」

海未「ふふっ」

ことり「あはは」
6: ◆aU2gxYbeBY 2014/11/13(木) 22:14:30.55 ID:ouKT/EjSO
ことり「海未ちゃんのお弁当、随分大きいね?」

海未「ええ、穂乃果の分もあるので」

ことり「穂乃果ちゃんの?」

海未「私の作ったお弁当が食べたいと駄々をこねたものですから……まあ、最近は勉強も頑張っているようですし、ちょっとしたご褒美です」

ことり「……へぇ」

海未「まったく、穂乃果にも困ったものですね。毎日作ってほしいなんて言われたらどうしましょうか」

ことり「大変だね~」

海未「ええ、大変です」

ことり「あはは」

海未「ふふっ」
8: ◆aU2gxYbeBY 2014/11/13(木) 22:16:34.17 ID:ouKT/EjSO
ことり「海未ちゃん、見て見て~」

海未「どうしまし……え!?」

海未「こ、これは……メイド服を着た穂乃果をいろいろなアングルから収めた写真の数々!! こんなもの、いったいどうやって……」

ことり「被服製作の練習で上手くできたものを穂乃果ちゃんにプレゼントしたんだよ。それで参考にしたいから写真送ってもらったの♪」

海未「さ、参考…………あ、あの、その写真、私にも――」

ことり「この写真はね、私の宝物なの。だから、誰にもあーげない」ニコッ

海未「……そうですか」

ことり「うん」

海未「ふふっ」

ことり「あはは」
12: ◆aU2gxYbeBY 2014/11/13(木) 22:29:23.01 ID:ouKT/EjSO
海未「ここに、テーマパークの招待券が二枚あります」

ことり「奇遇だね。私も今、水族館の割引チケットを二枚持ってるの」

海未「本来なら、私もことりも穂乃果を誘うところですが……」

ことり「……うん、私達には規約があるもんね」

海未「はい。私とことりが結んだ『高坂穂乃果独占禁止規約』第十項……」

ことり「穂乃果ちゃんと二人きりのデートができない以上、このチケットも必要ないね……」

海未「……この招待券は二枚とも穂乃果にプレゼントしましょう。穂乃果には雪穂と楽しんできてもらいます」

ことり「私もこのチケットはにこちゃんと真姫ちゃんにあげるね」

海未「……今度、三人で買い物でも行きましょう」

ことり「そうだね」

海未「ふふっ」

ことり「あはは」
13: ◆aU2gxYbeBY 2014/11/13(木) 22:32:19.27 ID:ouKT/EjSO
海未「……今朝、希から興味深い話を聞きました」

ことり「……奇遇だね。私もだよ」

海未「なんでも……穂乃果と絵里が二人で遊びに行った、とか」

ことり「海未ちゃんが穂乃果ちゃんにあげた招待券でね」

海未「うっ……で、ですが私はちゃんと『雪穂とでも遊びに行ったらどうですか』と言って……」

ことり「ま、まあ、二人で遊びに行ったからって何があるわけでもないし……そこまで心配しなくてもいいんじゃないかな?」

海未「……そうですね。そもそも親しい友達同士なら二人で遊びに行くくらい普通のことですから」

ことり「そうそう」

海未「ふふっ」

ことり「あはは」
14: ◆aU2gxYbeBY 2014/11/13(木) 22:49:48.33 ID:ouKT/EjSO
海未「最近、穂乃果が絵里に勉強を教えてもらっているようです」

ことり「……しかも、時々絵里ちゃんの家に泊まってるみたいだね」

海未「…………え、絵里は先輩ですから。勉強を教えてもらうなら同級生の私より効率がいいかもしれませんしね」

ことり「そうだよっ。だいたい家にお泊まりくらい、仲良くなれば珍しくないもん。私達だって、よく三人でそれぞれの家に泊まったりしたよね」

海未「それもそうですね。何も怪しいことなどありません」

ことり「ないない」

海未「ふふっ」

ことり「あはは」
16: ◆aU2gxYbeBY 2014/11/13(木) 22:59:53.13 ID:ouKT/EjSO
海未「……穂乃果が……絵里に告白した、らしいですね……」

ことり「……」

海未「最近……どうにも穂乃果と絵里の距離が近すぎるとは思いましたが……まさかこんなことに…………」

ことり「仕方ないよ……『高坂穂乃果独占禁止規約』第一項があったもん……」

海未「『穂乃果の意志は、何よりも尊重されるものである』……」

ことり「穂乃果ちゃんが告白するって決めたなら、私達には邪魔できないよ……」

海未「私達が二人で争っている間に、穂乃果の心は絵里のものに……」

ことり「……待って、海未ちゃん。絵里ちゃん、まだ返事してないみたいだよ。決めつけるのは尚早じゃないかな?」

海未「……そうですね。絵里からすれば、穂乃果は自分に懐いてくれるもう一人の妹くらいの認識のはず。断るに……決まっています」

ことり「断る…………かなあ」

海未「…………わかりません」

ことり「あはは……」

海未「ふふっ……」
17: ◆aU2gxYbeBY 2014/11/13(木) 23:08:51.59 ID:ouKT/EjSO
ことり「…………穂乃果ちゃんと絵里ちゃん、付き合い始めたね」

海未「……」

ことり「……どうしよっか、私達」

海未「……どうしたら、いいんでしょうね」

ことり「……穂乃果ちゃん、とっても幸せそうだった」

海未「……そうですね」

ことり「そんな穂乃果ちゃんを見てたら……胸がすごく苦しくなって……」

海未「……私もです」

ことり「……」

海未「…………ことり。穂乃果のためを思うなら、私達は……」

ことり「……奇遇だね。私達は……穂乃果ちゃんのこと、見守ってあげるべきだよね」

海未「……はい」

ことり「うん……」

海未「……」

ことり「……」
18: ◆aU2gxYbeBY 2014/11/13(木) 23:10:38.69 ID:ouKT/EjSO
一ヶ月後



海未「穂乃果……私の穂乃果……」

ことり「穂乃果ちゃん……」

海未「あなたのためを思えば……我慢できると、そう思っていました。なのに…………」

ことり「ほのかちゃん……」

海未「あなたと絵里の仲睦まじい様子を眺めているだけで……私の決意なんて、脆く崩れ去りました」

ことり「ほノかチゃん……」

海未「私には……やっぱりあなたが必要なんです」

ことり「ホノカチャ……」

海未「だから…………」

ことり「アハハ」

海未「ふふっ」







「「穂乃果(ちゃん)」」
19: ◆aU2gxYbeBY 2014/11/14(金) 00:47:48.67 ID:7JbRvtYSO
穂乃果「二人とも、いらっしゃい! さ、上がって上がって!」



穂乃果「いや~、学校では普通に会ってたけど、こうして三人で集まるのもなんか久しぶりな気がするね」



穂乃果「……え? あ、あははは…………わ、私、そんなに絵里ちゃんにべったりだった?」



穂乃果「そ、そうかな~。自分では普通だと思ってたんだけどなぁ」



穂乃果「……うん。なんかね、絵里ちゃんの側にいるとすっごく安心するんだ。これが好きって気持ちなんだ、って…………な、なんちゃって///」



穂乃果「あ、そうだ。お菓子とか用意してるんだった! 取ってくるから、ちょっと待っててね!」
20: ◆aU2gxYbeBY 2014/11/14(金) 00:56:07.28 ID:7JbRvtYSO
穂乃果「おまたせ~…………え? ふ、二人とも、何やって……きゃっ!?」



穂乃果「な、なに!? 二人ともどうしたの!?」



穂乃果「へっ…………や、やだ/// そんなところ触らないで!///」



穂乃果「い、嫌だよっ! 離してよ!!」



穂乃果「いたっ! …………ね、ねぇ、冗談だよね? ふ、二人とも、ふざけてるだけ、なんだよね!?」



穂乃果「ねえ!? 海未ちゃん! ことりちゃん!!」
22: ◆aU2gxYbeBY 2014/11/14(金) 01:02:36.31 ID:7JbRvtYSO
「ふふっ」

「あはは」

穂乃果「やだ……どうして……なんで……なんで…………」







穂乃果「たすけて……えりちゃん…………」



おしまい
28: ◆aU2gxYbeBY 2014/11/14(金) 08:04:12.27 ID:7JbRvtYSO
ギャグっぽいの書こうとしたらなんかずれました
読んでくださった方、ありがとうございます

それではHTML化依頼出してきます

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
ことり「愛、かな」海未「愛ゆえに、ですね」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『ことり「愛、かな」海未「愛ゆえに、ですね」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。