【SS】「エレベーターって怖いよね」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ18
1: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 19:29:56.47 ID:OF1TmHq5.net
 

「穂乃果ちゃん、今日はどこか寄って帰る?」


「うん、にこちゃんの家に取りに行かなきゃいけないものがあるんだ」


「あー、あれね」


「では、そこに寄ってから帰りましょうか」


「だったら、今日は別々ね」


「真姫ちゃん、かよちん、アイス食べて帰ろうよ!」


「凛ちゃん、お小遣い大丈夫……?」


「雪歩はどうするの?」


「亜里沙はどうしたい?」

 

元スレ: 【SS】「エレベーターって怖いよね」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 19:30:47.45 ID:OF1TmHq5.net
 

「じゃ、私たちは先に帰るねー! いこ! 三人とも!」


「うん!」


「いこう!」


「では、また明日」


「うん! ばいばーい!」


「またねー」


「また明日」


「お姉ちゃん、帰りはいつ頃になる?」


「んー、七時までには帰るよ、雪歩」


「わかった、じゃあね」ファサ


「うん!」

 
3: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 19:31:41.94 ID:OF1TmHq5.net
 

「ところで、にこの家に何か忘れたのですか?」


「うん、この間遊びに行った時にねー」


「この間って、にこちゃんがお休みの時の?」


「うん!」


「だからあの日は家にいなかったんですね」


「そういうこと!」

 
4: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 19:32:42.74 ID:OF1TmHq5.net
 

「あ、バスきてる!」


「私たちも乗りまーす!」タタッ


「あ、穂乃果! 突然走り出すと危ないですよ!」


「海ちゃん! 遅れちゃうよ!」タタッ


「あぁ、もう……ことりまで!」タタッ


「突然走ると怪我しちゃうよー」タタッ


「じゃあ、にこちゃんの家まで!」


………………
………

 
5: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 19:33:09.58 ID:OF1TmHq5.net
 

【にこのマンション】


「久しぶりですね……」


「そういえば海ちゃんはしばらく来てないんだっけ?」


「そうですねー……最近はあまり」


「そっかぁー……あ! 二人とも先行かないでよぉー!」タタッ


「早く帰らないと日が沈んじゃうよ」


「それもそうだけど……」


「にこの迷惑になってはいけませんし、早めに帰りましょう」


 
6: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 19:33:36.44 ID:OF1TmHq5.net
 

「ふんふふふーん、エレベーター♪」ポチッ


「ご機嫌だね」


「そう?」


「うん、目に見えて……」


「はは、ですねー」


「海ちゃん?」


「はい?」


「なんか様子がおかしかったから……どうかした?」


「いいえ、何でもありません」


「そ、よかった」


ピンポ-ン


 
7: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 19:34:13.29 ID:OF1TmHq5.net
 

「降りてきたー♪」タタンッ


「やっぱりご機嫌だよ」クスクス


「えへへー」


「そんなに良いものを置いてきたのですか?」


「ふふ、まあね」


ガコンッ


『ちょっとまってー!』


「あれ、一人乗ってないのに扉閉じちゃった」ポチッ


ウィ-ン


「もう……焦ったよ……」

 
8: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 19:34:53.83 ID:OF1TmHq5.net
 

「えっとー、にこちゃんの部屋は……」


「はい、六階!」ポチッ


「あ、押しちゃった?」


「え?」


「そちらで押すと、車椅子の方用なので、少し遅くなる、と以前話していましたね」


「あー、そうなんだ、ごめん」


「ま、両方押せば中くらいの速さになるよ!」ポチッ


「そんな簡単には……」ピトッ


「うおっ」ビクッ

 
10: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 19:35:19.46 ID:OF1TmHq5.net
 

「え、ど、どうかした?」


「いや、手冷たいなーって」ギュッ


「そうかな?」ギュッ


「うん、冷え性みたい」


「冷え性だもん」


「なぜエレベーターの中で握手を……」


「えへへ、流れ?」パッ


「まったく穂乃果ちゃんは……」


「ここだよ」


「え? なにが?」


「……なんでもない」


「???」

 
11: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 19:35:47.51 ID:OF1TmHq5.net
 

ガ ゴ ン ッッッ


「「!!!」」ビクッ



ガ ダ ン …………


「え……なに?」


「エレベーター……止まったの?」


「ここ、四階と五階の間だよ」


「そんな……出られないよ!」


「どうしよ、閉じ込められちゃった……!」


「落ち着いてください、とりあえず、連絡を……」ピタッ


「海ちゃん?」


「……おかしいですね、非常連絡ボタンが使えません」ポチポチ


「ほんとだ、光も消えてる」


「他は全然普通なのに……」

 
12: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 19:36:57.07 ID:OF1TmHq5.net
 

ガ ゴ ン ッッッ


「うおっ」ビクッ


「動き出した……」


「動き出しましたね……」


「なんだったんだろう……って、あれ?」


「……これ」


「下に降りてますね……」


「どういうこと……?」

 
13: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 19:37:21.74 ID:OF1TmHq5.net
 

ザ ュ ッッ


「ひっ」ビクッ


「……なに、今の音」


「さ、さあ……」


「でも、止まったみたいだよ」


「ここ、二階」


「二階、だね」


「どうする、降りる?」


「うーん、また止まったら怖いし、降りよっか」


「だよね、次は本当にでられないかもしれないし」


「もう、怖いこと言わないでよー!」


「はは、ごめんごめん」

 
15: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 19:38:52.86 ID:OF1TmHq5.net
 

「ここから階段かぁ……」タタンッ


「穂乃果、さっきまでのご機嫌はどこへ?」クスクス


「そりゃ、アクシデントが持って行ってしまったのさ」


「何ですかそれ」クスクス


「その通りだよー!」


「階段、エレベーターの間反対なんだね」


「廊下の東側はエレベーター、西側は階段」


「意識したことなかったよー」

 
16: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 19:39:34.01 ID:OF1TmHq5.net
 




「……あれ?」ピタッ




 
17: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 19:40:09.29 ID:OF1TmHq5.net
 


穂乃果「…………」


「穂乃果ちゃん?」


「どうかした?」


穂乃果「いや、なんでも……」


穂乃果(何か、おかしい……)

穂乃果(何というか……空気? というか、なにか……)


「早くいこ?」


「そうですよ、エレベーターは使わないんですから」


「何故か口を開けたままだしね」


穂乃果「…………」


穂乃果(なにか……なにかが……)チラッ







穂乃果「!!!」


 
18: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 19:40:42.99 ID:OF1TmHq5.net
 



穂乃果(空が……赤い……!)



穂乃果(赤い、というか……印鑑の朱肉を空にベタベタと塗りたくりまくった、みたいな……!)


穂乃果(それに、よく見たら窓の外の風景も、全部……)


穂乃果(道路も、電柱も、看板も、車も、ゴミも、バス停も、全部……インクをぶちまけたような……)



「穂乃果ちゃん?」


「行きますよ?」


穂乃果「あ、うん、すぐ、行くよ……」クルッ


穂乃果(エレベーター……だけは、普通……)


穂乃果「…………」


穂乃果(おかしい、おかしいよ、そんなの……だって、光なら窓から入ってきてるから、エレベーターの中にも赤い光は入るはず、なのに……!)
 
19: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 19:41:10.53 ID:OF1TmHq5.net
 

ザ ュ ッッ……



穂乃果「うぁっ」ビクッ



ガタンッ……



穂乃果(あっ、エレベーターが閉まる……!)



ゥイイイイイン……



穂乃果(閉まって、いく……)


穂乃果「…………」


穂乃果「……みんな、エレベーターに戻ろう!」ダダッ


「えっ……?」


「穂乃果……?」


穂乃果(とにかく、ここにいちゃまずい気がする……!)


穂乃果(急いでエレベーターに……!)タタッ



ガゴンッ

 
20: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 19:41:37.84 ID:OF1TmHq5.net
 


穂乃果「はぁ、はぁ、……」ゼェゼェ


穂乃果(何とか間に合った……)

穂乃果(……にしても、さっきの赤い世界は、いったい何なの)



穂乃果「ねぇ、みん……」ピタッ













穂乃果「…………」



穂乃果「みんなは……?」




ザ ュ ッッ……



………………
………

 
21: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 19:42:05.64 ID:OF1TmHq5.net
 

〈にこのマンション、一階〉



ピンポ-ン


穂乃果「…………」スタッ


穂乃果「…………」


穂乃果(他のみんなは……どこに)


穂乃果(電話してみよう……)ススッ



穂乃果「…………」prrrr…


穂乃果「…………」オカケニナッタデン…



穂乃果「……だめ、誰も出ない」


穂乃果「…………」


穂乃果「……階段登って、探してみよう」ゴクリ



………………
………

 
22: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 19:42:35.23 ID:OF1TmHq5.net
 


〈ほむら〉


穂乃果「……ただいまー」ガララ

穂乃果(結局、何回も降りたり登ったりしてみたけど、みんなには出会えなかった)

穂乃果(エレベーターも……怖かったけど、確かめても誰もいなかった)


ほの母「あら、おかえりー」


穂乃果「……あ、お母さん、その前髪いいね」


ほの母「え?」


穂乃果「……気分悪いから、部屋にいるね」


ほの母「わ、わかったわ……」


穂乃果(さっきのは……一体)

 
23: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 19:43:01.25 ID:OF1TmHq5.net
 

穂乃果「はぁ……」ポフンッ


穂乃果「…………」


穂乃果(とりあえず、気分が悪かったからバスは使わずに、歩きで帰ってきた)

穂乃果(途中で道に迷っちゃった……一人で帰るのなんて久しぶりだったからな、普段はみんなに頼っちゃってるのかな)


穂乃果「……みんな」ポツリ


雪穂「お姉ちゃーん?」ガララ


穂乃果「あ、雪歩……って」ズキッ


雪穂「どうしたの、元気ないじゃん」


穂乃果「ちょっとね……というか、その髪」


雪穂「え、気づいた?」


穂乃果「そりゃ……だいぶ短くしたねー」


雪穂「えへへ、目に入って邪魔だったからさ」


穂乃果「なるほどね……」

 
24: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 19:43:36.21 ID:OF1TmHq5.net
 

雪穂「……どうかした?」


穂乃果「え?」


雪穂「なんかいつものお姉ちゃんと違うみたい」


穂乃果「……さすが雪歩」

穂乃果「あのね、みんなとはぐれて、会えないまま帰ってきちゃったの」


雪穂「みんなって……海未さん、ことりさん……」


穂乃果「そそ、三人でね」

穂乃果「どうしよう……」


雪穂「連絡したの?」


穂乃果「それが……でないの」


雪穂「おかしいね……」

 
25: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 19:44:01.24 ID:OF1TmHq5.net
 

雪穂「私からLINEしてみるね」スッ


穂乃果「ライン?」


雪穂「うん、LINE」


穂乃果「最近の若者はメールをオシャレに呼ぶんだね……」


雪穂「はぁ?」

雪穂「LINEはLINEだよ」


穂乃果「???」


雪穂「……お姉ちゃん、本気?」


穂乃果「うん、本気、だけど……」


雪穂「…………」

 
26: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 19:44:36.22 ID:OF1TmHq5.net
 

雪穂「……スタンプって何か、説明できる?」


穂乃果「え? スタンプ?」


雪穂「うん、説明してみて」


穂乃果「ど、どうして……」


雪穂「いいから!」


穂乃果「!」ビクッ


雪穂「……ごめん、強く言いすぎた」


穂乃果「……あの、紙とかに……決まった絵柄を、ポン、と押すだけで、描ける……というか、押せる、あれ?」


雪穂「…………」

雪穂「……お姉ちゃん、これ、LINEっていうの」スマホスッ


穂乃果「……なに? このアプケ」


雪穂「アプケ?」


穂乃果「うん、アプケ」

 
27: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 19:45:10.31 ID:OF1TmHq5.net
 

雪穂「……ま、いいや、で、お姉ちゃん、そのスマホは」


穂乃果「あ、私の?」


雪穂「うん、ちょっと貸してくれない?」


穂乃果「いいけど……はい」ポン


雪穂「どうも」

雪穂「パスワードは、0803、だった……」ブブッ

雪穂「あれ?」


穂乃果「なに言ってるの雪歩、パスワードは0804だよ?」

 
28: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 19:45:44.98 ID:OF1TmHq5.net
 

穂乃果「私の誕生日だって、いつも言ってるじゃん」


雪穂「いや、お姉ちゃんの誕生日は、八月三日だよ……」


穂乃果「なに言ってるの、四日だよ」


雪穂「三日だよ」


穂乃果「四日だってば」


雪穂「……どうだか」


穂乃果「なにその言い方」


雪穂「はいはい、すみません」

雪穂「えっと、080、4……あ、開いた」


穂乃果「ほらみれ」


雪穂「……やっぱり、おかしい」


穂乃果「え?」

 
29: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 19:46:10.64 ID:OF1TmHq5.net
 

雪穂「私のはWi-Fi繋がってるのに……圏外になってる」


穂乃果「あれ、ほんとだ」


雪穂「だから電話がつながらなかったんだよ」


穂乃果「なるほど」


雪穂「それに、このアプリたち……」

雪穂「見たことない……」


穂乃果「……ねぇ、さっきからアプリアプリ、って、なに?」

穂乃果「アプケのこと?」


雪穂「いや、お姉ちゃんこそ、変な言い方しないでよ」

雪穂「アプリケーションを略して、アプリだよ」


穂乃果「いや、アプケでしょ、昨日までそう言ってたじゃん」


雪穂「それはこっちのセリフだよ」

 
30: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 19:46:49.89 ID:OF1TmHq5.net
 

雪穂「…………」


穂乃果「…………」


穂乃果・雪穂「「おかしい」」


雪穂「……お姉ちゃん、変なものでも食べた?」


穂乃果「奇遇だね、私もそう言おうと思ってた」


雪穂「……いつものお姉ちゃんなら、そんな軽口は叩かない」


穂乃果「私も、雪穂がそんなに強く出るなんて思ってなかったよ」


雪穂「……お姉ちゃん、今日なにがあったか、落ち着いて話してもらえる?」


穂乃果「……うん、私もそうしようと思ってた」


雪穂「じゃあ、お願い」


穂乃果「えっとね……」


………………
………

 
31: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 19:47:42.64 ID:OF1TmHq5.net
 

………
………………



穂乃果「……で、エレベーターから降りたら」


雪穂「違和感が始まった、と」


穂乃果「そういうこと」


雪穂「…………」

雪穂「明日の朝一番、ことりさんと海未さん呼ぼう」


穂乃果「明日学校だよ?」


雪穂「なに言ってるの、土曜日でしょ」


穂乃果「いや、土曜日も午前は……」


雪穂「……とりあえず、呼んどくね」


………………
………
 
32: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 19:48:13.65 ID:OF1TmHq5.net
 

………
………………
次の日


ことり「ほ、穂乃果ちゃん、雪穂ちゃんから話は聞いたけど……」


海未「どういうこと?」


穂乃果「二人は、覚えてない?」


海未「ううん、今日の帰りは私、先に帰っちゃったから……」


雪穂「……既に話が違う」


ことり「……???」


穂乃果「どういうこと……?」

 
33: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 19:48:42.57 ID:OF1TmHq5.net
 

ことり「た、単純に、考えれば、なんだけど……」


海未「ん?」


穂乃果「?」


ことり「穂乃果ちゃん、い、別の世界に来ちゃったんじゃ……」


穂乃果「別の世界ぃ?」


雪穂「……私もそう思ってた」


穂乃果「そんな、少年漫画みたいな」


雪穂「こっちの世界じゃ、ライトノベルのジャンルだよ」

雪穂「ちょっと違うけど」


穂乃果「……ライトノベル?」








穂乃果「……なにそれ」

 
35: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 19:49:09.31 ID:OF1TmHq5.net
 

ことり「???」


海未「穂乃果ちゃん……?」


穂乃果「……え?」


雪穂「ついでに言っちゃうと、ここではバスより地下鉄だし」


穂乃果「地下鉄……?」

穂乃果「そんな、ファンタジーじゃあるまいし、人が立ってる下に電車が走るわけないじゃん」


ことり「え、えっと……」


海未「これは……」


雪穂「…………」

 
37: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 19:49:45.37 ID:OF1TmHq5.net
 
 
ことり「ほ、穂乃果ちゃん、あの……」


穂乃果「あ、そうそう、二人はどうしちゃったの?」


ことり「えっ……?」


海未「??」


雪穂「?」


穂乃果「だってほら、いつもと口調違うじゃん」

穂乃果「海ちゃんなんて、敬語外しちゃってるし」


海未「け、敬語?」

海未「私はいつもこうだよ?」


ことり「ど、どうしちゃったの……?」


穂乃果「え」


雪穂「お姉ちゃん、二人は昔からこうだよ」


 
40: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 19:51:30.76 ID:OF1TmHq5.net
 

雪穂「あ」


海未「?」


雪穂「ってことは……」


ことり「どうしたの?」


穂乃果「…………」


雪穂「ねえ、お姉ちゃん」

雪穂「昨日、私が髪切ったってこと、気づいてくれたよね」


穂乃果「……うん、それだけ切ればね」


雪穂「……私の、昨日までの髪の長さは、どれくらいだった?」


穂乃果「…………」

穂乃果「……背中の真ん中辺りまでの、ロングヘア」


ことり「えっ」


海未「???」


雪穂「…………」

 
41: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 19:52:17.82 ID:OF1TmHq5.net
 

海未「……こ、これはいよいよ、本当に」


ことり「別の世界から来たんじゃ……」


穂乃果「え」


雪穂「……濃厚だね」

雪穂「なんとかしないと」


ことり「元の世界に……戻る」


海未「でも、そうしたらこの世界の穂乃果ちゃんはどこに……?」


雪穂「こういう話なら、入れ替わりで帰ってくるのが定番だよ」


ことり「そ、そんなにうまく行くのかなぁ……」


穂乃果「……でも、それしか、今は」

 
42: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 19:52:43.52 ID:OF1TmHq5.net
 

海未「とっ、とりあえず、マンションに行ってみる?」


雪穂「だね、入り口が同じじゃないとまず戻れないだろうから」


ことり「きょ、協力するよ!」


穂乃果「あ、ありがとう……」


………………
………

 
43: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 19:53:13.84 ID:OF1TmHq5.net
 

〈にこのマンション〉


穂乃果「ここだよ」


ことり「ここが……」


海未「思ったより小さいね」


雪穂「鍵なくても入れるっぽいね」

雪穂「とりあえず、入ってみよう」


穂乃果「うん」


ことり「お、おじゃましまーす」


海未「お邪魔、します」

 
44: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 19:53:53.19 ID:OF1TmHq5.net
 

雪穂「じゃあ、同じ方法になるように……」


穂乃果「ちょ、ちょっと待って?」


ことり「え?」


雪穂「どうかしたの?」






穂乃果「……二年生って、もう一人いなかった?」


海未「え」


ことり「え」


雪穂「……いや」

 
45: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 19:54:59.93 ID:OF1TmHq5.net
 

穂乃果「えっ」

穂乃果「じゃあ、あの……あの子……あれ?」


雪穂「…………」


穂乃果「……名前が思い出せない」


ことり「…………」


海未「……とりあえず、私たち三人だけでやってみよっか」


雪穂「……いや、来るときは四人いたとするなら、私も入ったほうが」


ことり「う、ううん、それは穂乃果ちゃんの記憶の齟齬かもしれないし……」


穂乃果「そ、そんなことない!」

穂乃果「確かに、いたのに……」


ことり「…………」

 
46: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 19:59:17.47 ID:OF1TmHq5.net
 

穂乃果「あの子……ほら、あの……」

穂乃果「ええと、冷え性の……」


ことり「え、冷え性なら……」


海未「私、冷え性だよ?」


穂乃果「え?」


雪穂「やっぱり間違いだったんじゃない?」


ことり「そ、そうだよ、もし世界の移動ができるなら、記憶の間違いがっても、おかしくないよ!」


穂乃果「…………」

穂乃果「……そうなの、かなぁ」


海未「……そうじゃなくても、今はいないと仮定するしかないよ」


雪穂「……海未ちゃんの言う通りだね」

 
48: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 20:00:36.46 ID:OF1TmHq5.net
 

海未「じゃ、とりあえず試しにやってみよっか」


ことり「だね」


穂乃果「……でも、二人はいいの?」


ことり・海未「「え?」」


穂乃果「だって、もしかしたら、帰ってこれないかもしれないのに……」


ことり「こ、こういう場合は、一度もエレベーターを出なけれいいんだよ」


海未「そうだよ、もし違うところについても、同じようにして帰ればいいんだし」


穂乃果「……ありがとう」


海未「いえいえ」

 
49: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 20:02:45.66 ID:OF1TmHq5.net
 

穂乃果「……じゃ、これで」


雪穂「うん、またね」

雪穂「……ちゃんと帰れたら、そっちの私に、『ショートにしても思ってるより寝癖立たないよ』って伝えといて」


穂乃果「ふふ、わかった」

穂乃果「……じゃ」


雪穂「…………」コクン


海未「……よし、いこう」


 
50: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 20:03:15.05 ID:OF1TmHq5.net
 

穂乃果「まずは、全員が乗る」スタッ


海未「よし」


ことり「うん」


穂乃果「それから、一度扉を開けて……」ウィ-ン

穂乃果「……閉じる」ウィ-ン


海未「で、両方のボタンで六階を押すんですよね?」ポチッ


ことり「こっちもバッチリ」ポチ


穂乃果「……で、私と海ちゃんが、握手」ギュ


海未「はい」ギュッ


穂乃果「……これで、いいはず」

穂乃果「手を離せば、五階と四階の間に……」



ガ ゴ ン ッッッ


 
52: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 20:03:56.19 ID:OF1TmHq5.net
 

ガ ダ ン ……


三人「「!!!」」


海未「ほ、本当にとまった……」


穂乃果(大丈夫、順調……)


ことり「……と、ところでさ」


穂乃果「ん?」


ことり「穂乃果ちゃんの言ってた、にこ、って人、誰なの?」


穂乃果「え」


海未「たしかに……同級生ではいませんよね」


穂乃果「……一個上、なんだけど」

穂乃果(こっちの世界は、もしかしたらμ'sそのものがないのかな……)

 
53: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 20:04:25.64 ID:OF1TmHq5.net
 


ガ ゴ ン ッッ



ことり「!」


海未「動き出した……」


ことり「すごい……」


海未「これで成功かな?」


穂乃果「そ、そのはず……」


ジ ュ ッッ


ことり「ひっ……」


海未「また、止まりました……」


穂乃果「あ、あれ……でも、ここ……」










穂乃果「……三階と四階の間だ」

 
54: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 20:04:57.96 ID:OF1TmHq5.net
 

穂乃果「とりあえず、降りよう」


海未「だ、大丈夫なの……?」


穂乃果「うん、二人はこのまま帰らなきゃだから、ここでお別れだね」


ことり「……うん」


穂乃果「そっちの穂乃果にもよろしくね」


海未「……無事に、戻ってこられれば」


ことり「…………」


穂乃果「大丈夫だよ、私も戻るんだから」

穂乃果「それじゃ、また!」タタッ


ことり「き、気を付けて!」


海未「元気でねー!」


穂乃果「うん!」タタッ

 
55: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 20:05:23.91 ID:OF1TmHq5.net
 

穂乃果「…………」タッタッ



穂乃果(やっぱり、外は真っ赤……)ゾワァ


穂乃果(朱肉を押し付けたような気持ちの悪い空……)


穂乃果(とりあえず、ここは階が違うみたいだから……)


穂乃果(一つ上に上がらないといけないね)


穂乃果「…………」タッタッ









穂乃果「……いや」ピタッ

 
56: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 20:05:51.64 ID:OF1TmHq5.net
 

穂乃果(さっき私は、四階にとまったエレベーターから降りて、また同じ四階から乗って、別の世界に行った……)


穂乃果(そして、今は三階のエレベーターから降りた……)


穂乃果「…………」


穂乃果(……ってことは、エレベーターは階によって世界が繋がってるんじゃなくて、一方通行で、同じエレベーターじゃ帰れないってこと……?)


穂乃果「…………」


穂乃果(……だったら、私が今降りた三階のエレベーターも、これから向かう先は……)ピタッ


穂乃果「海未ちゃん!ことりちゃん!」クルッ


海未「えっ?」


ことり「穂乃果ちゃん?」


穂乃果「早く! そこから降りて!」

 
57: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 20:06:50.10 ID:OF1TmHq5.net
 

ことり「えぇ……?」


穂乃果「そのエレベーターじゃ、あなた達の世界に帰れない!」


海未「!」

海未「ことりちゃん!」タタッ


ことり「え、え!?」タタッ


穂乃果(よ、よかった、間に合った……けど)



ゥイイイイイイン……



穂乃果(エレベーターが、帰って行っちゃう……)


 
58: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 20:07:14.24 ID:OF1TmHq5.net
 


海未「ほ、穂乃果ちゃん……」


ことり「どうしよう……エレベーターが……」


穂乃果「……あのね、よく聞いて」

穂乃果「私は昨日、四階のエレベーターから降りてここにきた後、同じ四階のエレベーターから乗って、あなた達の世界にいった」


海未「!」


ことり「つまり……エレベーターは一方通行ってこと?」


穂乃果「多分、そうだと思う」


海未「だったら……」


穂乃果「うん、二人は一つ上の階のエレベーターなら帰れる」


ことり「……行ってみよう」


 
59: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 20:07:39.35 ID:OF1TmHq5.net
 


海未「……それにしても、本当に赤くて薄気味悪いね」


ことり「だね……」


穂乃果「ほんとだよ……あ、あった」


海未「ボタン押したら、ちゃんとくるかな……?」


ことり「えいっ」ポチッ



キュルキュルキュル……



穂乃果(……なんか、錆びたロープを巻いてるみたいな音)

穂乃果(……気味悪い)



ピ ン ポ - ン ……


海未「着いた……」


 
60: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 20:08:04.80 ID:OF1TmHq5.net
 

穂乃果「……じゃあ、二人はこれで帰って」


ことり「ほ、穂乃果ちゃんは……」


海未「順番どおりなら、一階上の、五階で帰れるはず……」


穂乃果「うん、それで試してみる」


ことり「……わかった、がんばって」


穂乃果「二人もね」


海未「……じゃ、お元気で」


ことり「またね……ってのは、おかしいかな」


穂乃果「ふふ、会わない方がいいに越したことはないね」


海未「変なの」クスクス


穂乃果「ほんとだよ」クスクス

穂乃果「……それじゃ、さよなら」



ゥイイイイイイン……

 
62: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 20:14:59.55 ID:OF1TmHq5.net
 

ザ ュ ッッ ……



穂乃果(エレベーターが下がっていく……)


穂乃果(あの変な音……)


穂乃果(……よし、私も行かなきゃ)


穂乃果(四階で『雪歩』の世界から『雪穂』の世界に行けて、三階で『雪穂』の世界からここに来れた、ってことは……)


穂乃果(きっと、五階なら、『雪歩』の世界に戻れるはず……!)


 
63: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 20:15:32.03 ID:OF1TmHq5.net
 


穂乃果(えっと、ここが五階だから……)


穂乃果「ボタンを押して……」ポチッ


穂乃果(……これで、帰れるはず)


穂乃果「…………」


穂乃果「…………」



ガ ゴ ン ッッ ……



穂乃果「!」ビクッ



ゾ ュ ッッ ……



穂乃果「…………」


 
64: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 20:16:20.20 ID:OF1TmHq5.net
 


ゥイイイイイン……


穂乃果「…………」ゴクリ


穂乃果(これで、帰る……んだよ、ね)スタッ


穂乃果(えっと……一階のボタンは)


穂乃果「…………」ポチッ


穂乃果「…………」


穂乃果(……帰れますように…………!)



………………
………


 
66: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 20:17:37.88 ID:OF1TmHq5.net
 


………
………………



「穂乃果ちゃん?」


穂乃果「!!!」ガバッ


「うわっ、びっくりしたぁ」

「部室で寝てたら風邪ひくよ?」


穂乃果「え……ここ」キョロキョロ

穂乃果「にこちゃんのマンションじゃない……?」


「な、何言ってるの?」


 
67: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 20:18:10.50 ID:OF1TmHq5.net
 


穂乃果「私……さっきまで、マンションに……」

穂乃果「に……えっと、に……」


「??」


穂乃果「……誰だったっけ?」


「もう、寝ぼけてるの?」

「にこちゃんでしょ?」


穂乃果「あ、そうそう、にこちゃん」


「さっき自分で言ってたじゃん」


穂乃果「は、はは、そうだっけ」

 
69: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 20:18:47.04 ID:OF1TmHq5.net
 

「夢でも見てたの?」


穂乃果「うーん、どうなのかな」


「にこちゃんって、矢澤にこちゃんでしょ?」

「だって、にこちゃんのマンション、今年の初めに」















「なくなっちゃってるよ」


 
70: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 20:24:25.23 ID:OF1TmHq5.net
 



穂乃果「……え?」


「ほら、にこちゃんお引越ししたでしょ?」

「マンションが解体されるからーって」


穂乃果「ま、マンション、解体って……」

穂乃果「今は……?」


「駐車場になってるよ」


穂乃果「…………」


雪ほ『だね、入り口が同じじゃないとまず戻れないだろうから』



 
71: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 20:24:53.55 ID:OF1TmHq5.net
 


穂乃果「……あ、あのさ」


「うん?」


穂乃果「二つ、質問してもいい……?」


「どうぞ?」








穂乃果「……あなた、誰?」



「ひどいなぁ、私たち幼馴染でしょ」

「変なこと言わないでよー」


穂乃果「…………」

穂乃果(しっ……知らない……)


 
72: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 20:25:48.37 ID:OF1TmHq5.net
穂乃果(そっ……それより、今は……!)


穂乃果「ふっ、二つめ、なんだけど……」


「どうぞ?」



穂乃果「…………」ドクンッ

穂乃果「…………そ、その」ドクンドクン










穂乃果「…………うみちゃんと、ことりちゃんって、知ってる?」











「……誰それ?」


穂乃果「」

 
73: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/07/02(土) 20:26:22.92 ID:OF1TmHq5.net
おしまい。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『【SS】「エレベーターって怖いよね」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。