深夜テンションで1、2本SS書きまふ

シェアする

ことり-アイキャッチ4
1: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/07/04(月) 03:25:49.49 ID:4mc8qQM4.net
μ'sでお願い
>>2>>3の夏の一日

元スレ: 深夜テンションで1、2本SS書きまふ

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2016/07/04(月) 03:27:28.30 ID:ylWO9ksT.net
矢澤にこ
3: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/07/04(月) 03:27:47.78 ID:VL1WJAmq.net
ことり
10: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/07/04(月) 03:43:52.64 ID:4mc8qQM4.net
>>2にこと>>3ことりの夏の一日


ミーーンミンミンミン……

ジーーーーー……


にこ「ん……」パチッ

にこ「………………あづっ」

にこ「……なによこれ、いくらなんでも朝から暑すぎでしょ……?」

時計「11:49」

にこ「って、もうお昼じゃない……」


にこ「…………」

にこ「よしっ、起きますか!」



ガラッ

にこ「おはよう……って、こころ、ここあ、ママは?」

ここあ「あ、おはよう、お姉さま!」

こころ「おはようございます!お母様なら、ついさっき出かけてしまいましたよ?」

にこ「あ、そうなの……今日はお盆休みで仕事ないはずだけど……」

カレンダー「ママ、町内会集会、12:00〜」

にこ「ああ、これか……」

にこ「わかったわ、二人共ありがと。遅くまで寝ててごめんね」

ここあ「うんん、今日は私たちがちゃんとお手伝いしたから大丈夫だよ!」

こころ「今日の朝ごはん、私たちが手伝ったんですよ!ほら、あれ!」

にこ「へぇ、すごいじゃない二人共!……うん、よくできてる、偉いわね!」ナデナデ

こころ「にへへっ」

ここあ「ふふんっ!」

にこ「なら、今日はあとはおねえちゃんに任せときなさい!張り切っちゃうわよ〜!」

ピンポーン

にこ「って、お客さんだ、ちょっといってくるわね」

ここあ「うん!」

こころ「いってらっしゃーい!」
16: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/07/04(月) 04:02:02.09 ID:4mc8qQM4.net
すまん割と長くなりそう



ガチャッ

にこ「はい、どちらさまー……って、なんだ、ことりか」

ことり「え、にこちゃん、なんだはひどいよー!」

にこ「ご、ごめんごめん、宅急便とかだと思ってたから……まあいいわ、とりあえず上がってよ」

ことり「うん!」



inにこの部屋


にこ「それにしても、直接訪ねてくるなんて珍しいわね、どうかしたの?」

ことり「いや、実はですねぇ……」

ゴソゴソ

ことり「じゃじゃーん!これ読んでみて!」

にこ「チラシ?えっと、なになに……」



にこ「……へぇ〜、このあたりでお祭りやるのね……って、これ今日じゃない!」

ことり「あ、やっぱり知らなかった〜」

にこ「や、やっぱりって何よ……」

ことり「いや、にこちゃんこういうとこ執着ないし……きっと、祭り行くくらいなら練習するーみたいな流れで読み流しちゃったんでしょ?」

にこ「……可能性は否定はできない」

ことり「ふふっ、それでこそにこちゃん、って感じだけど」

にこ「うぅ……い、いや、それは置いといて、このお祭りがどうしたの?確かに今日は練習休みだけど」

ことり「…………」

にこ「…………な、なによ?」

ことり「……もう、それぐらい予想して欲しかったなー」チラッ

にこ「予想って……な、何が?」

ことり「だーかーらー、女の子がお祭りのチラシ持って、わざわざ押しかけてきたんだよ?この流れからさ、なんか予想してほしいなー、って」チラッチラッ

にこ「な、なんかちょっとずれてる気もするけど……まあ、把握したわ、一緒にお祭りに行きたい、ってことね」

ことり「言葉にされるとなんか恥ずかしいけど……ま、まあ、そういうこと、です」
24: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/07/04(月) 04:15:48.40 ID:4mc8qQM4.net
にこ「わかったわ、いきましょ」

ことり「……え、……本当!?」パァッ

にこ「え、や、本当もなにも、ことりが誘ってくれてんじゃない……」

ことり「いや、にこちゃん忙しいしいいって言ってくれるとは思ってなくて……」

にこ「いや、μ'sの中では凛の次くらいに暇なんじゃないの、私?」

ことり「そ、そんなこと!……あるかも」

にこ「というか、それこそ凛とかは誘わなくていいの?穂乃果とか海未も」

ことり「それが、なんかどうもみんな忙しいらしいのですよ」

ことり「実は……

穂乃果ちゃん→ほむら出店準備手伝い、そのまま売り子

海未ちゃん→祭りでの弓道部の演武

凛ちゃん→少年部太鼓出演、祭りのメインである和太鼓大会に出場

花陽ちゃん→凛の付き添い兼、和太鼓大会運営手伝い

真姫ちゃん→近くの別荘に避暑中、特等席で花火観覧待機

絵里ちゃん→夕方遅くまで生徒会長の仕事

希ちゃん→その補佐と、神田明神の祭り手伝い

という感じに……」

にこ「……み、みんな忙しいのね……凛ですら……」

ことり「で、一人だけ既読がつかなかったにこちゃんの家に来てみたんだけど……案の定寝てたね」

にこ「ヴっ……」
26: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/07/04(月) 04:23:30.80 ID:4mc8qQM4.net
あれおかしいな外が明るいぞぉ^v^



ことり「でも、ことごとく振られ続けてたから、ほんとに一緒に行ってくれるとは思ってなかったよ〜」

にこ「いや、祭りあるの今日知ったくらいだから特に仕事ないし、あの子達もきっと友達といく思うし。正直ひまだしね✩」ドヤッ

ことり「ドヤ顔で言われても……まあ、かくいうことりも暇だから来たんだけどね✩」ドヤッ


にこ「」ドヤァ……

ことり「」ドヤァ……




ことにこ「ぶっ、あはははは!!」


にこ「あそうだ、どうせ夏祭りなんだし、こうしましょうよ!」

ことり「ふぇっ?」

にこ「まあいいからいいから、こっちへ〜!」

ことり「え、ちょ、にこちゃん!?」
27: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/07/04(月) 04:33:04.52 ID:4mc8qQM4.net
にこ「……うーん……と……よしっ、おけい!」

バシッ

こころあ「わぁぁー!」


こころ「浴衣久しぶりです〜!」

ここあ「お姉さま、ありがとう!」

にこ「ええ、気をつけて行ってきなさいよ〜!」


ここあ「うん!」

こころ「いってきま〜す!」


バタバタバタ


にこ「さ、次はことりの番だけど……しっかし、よく私のお下がりが入るわね。肉食べてる?」

ことり「食べてるよぉ〜!でも、浴衣なんて着たの小学生以来かもだよ〜。本当にありがと、にこちゃん!」

にこ「いいのよ、余ってたんだし、こっちのほうが雰囲気出るでしょ?ほら、帯締めるから後ろ向いて!」

ことり「はーい!」
30: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/07/04(月) 11:50:45.52 ID:4mc8qQM4.net
寝てました



ドンドドンドンカッ…………

ヒューリラピューヒュー…………

ガヤガヤワイワイ…………



にこ「おおっ、意外と混んでるわね〜!」

ことり「だね〜、はぐれないようにしなきゃ!」

にこ「そうね……手でもつなぐ?」


ことり「え……えぇっ!?」


にこ「え、や、ごめん、やならいいんだけど……」

ことり「い、いやじゃないいやじゃない!ちょっと驚いただけで……い、いいの?」

にこ「いいのもなにも……はぐれないためには手をつなぐのが一番安全でしょ?」

ことり「あ、うん、そうだよね……」

ことり(なんか今日はいつにもまして鈍感だ……)

にこ「じゃあ、ほら」サッ

ことり「うん……よ、よろしくお願いします……」

ニギッ

ことり(くぅ〜……)ドキドキドキドキ


にこ「なんか意外と恥ずかしい……」ボソッ


ことり「ん、にこちゃん、なんか言った?」

にこ「ああ、いや、何でもない何でもない!さ、はぐれ対策もしたんだし、いきましょ!」


ことり「うんっ!」
32: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/07/04(月) 12:04:12.78 ID:4mc8qQM4.net
【食べ物出店通り】

にこ「さっ、まずは腹ごしらえから行かないとね!」

ことり「そうだね!……うーん、いろいろありすぎて迷っちゃうな〜……」

にこ「そうね……よし、私は定番の焼きそばで!」

ことり「うーん……じゃ、じゃあことりもそれで!」

にこ「じゃあ二人分ね、買ってくるわ!」

ダッ

ことり「あ、え、ちょ、にこちゃんお金は!?」

にこ「あーとでー!」

ことり「い、いっちゃった……」

ことり「………………」

ことり「…………手……」

ことり「……い、いやいや、私もなんか買ってこようっと!」
33: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/07/04(月) 12:18:23.80 ID:4mc8qQM4.net
【金魚すくい】

にこ「へぇ、ことり、うまいじゃない!」

ことり「うん、こういう細かい微妙な作業は得意だから!」

にこ「さ、作業て……まあ確かに作業じみてるけど」

ことり「?」

スーッヒョイッスーッヒョイッスーッヒョイッ

にこ「袋いっぱい……」

ことり「あ、もう入らないかも……」


店主「げっ、半分くらい減ってる!?お嬢ちゃん取りすぎだよ!」


ことり「……てへっ✩」


にこ「あざとい……」ボソッ
34: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/07/04(月) 12:35:15.52 ID:4mc8qQM4.net
【射的】

にこ「さあて、今度は私の見せ場ね!」

ことり「にこちゃん、射的得意なの?」

にこ「ふっふっふ、まあ見てなさいって……」

にこ「おじちゃん、一回お願い!」

店主「あいよ、300円な!」

にこ「さぁーて……」

ことり「わくわく」

にこ「弾は5発……標的までの距離約3m……風ほぼなし……狙いは最上1等……」

パァンッ、パァンッパァンッ!

店主「ふむ……最上段の1等を狙うために、1発目は距離感と飛距離を試すために1段下を狙い、2、3発目で視界の邪魔になる大きいものを打ち落とす……」

店主「この娘、なかなかできる……!」

ことり「すっ、すごい、全弾当たってる!」

にこ「ふっふっふ、驚くのはまだまだこれからよ!」

店主「弾はあと二発だが、1等は格段に的を小さくしてある……いくらあの娘でも、2発ぽっちじゃあな……」

にこ「…………確かに的は小さいけど……」

パァンッ!

スカッ

ことり「あぁっ」

店主「ふっ、やはり流石に無理か……」

にこ「…………」ニヤッ

にこ「右2cm、下3.5cm……風変わらず……ならば」


パアァンッ!!


店主「なっ!」

ことり「あ……当たった!すごい!やったよにこちゃん!」

にこ「ふっ、まあざっとこんなもんよ!」

店主「や、やられた……ほらよっ、1等のスイカ大玉と、他の3つの景品だ、持ってきな!」

にこ「わーい、おじさんありがとっ!」


ことり「……あざとい……」ボソツ
35: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/07/04(月) 12:52:14.15 ID:4mc8qQM4.net
にこ「そろそろ花火の時間ね……」

ことり「あ、本当だ!楽しいと時間過ぎるのあっという間だね〜……」


にこ「他のみんなもそろそろ抜けられるくらいの時間だろうけど……この人ごみじゃ会えない確率のほうが高いわね……」

ことり「そ、そうだね……」

にこ「頑張って探すしか……」

ことり「……あ、あの……!」

にこ「ん、どうしたの、ことり?」

ことり「一つ、わがまま言ってもいい……かな?」

にこ「わがままって……改まってどうしたのよ?」

ことり「えっと……そ、その……」


ことり「……花火、二人でみたいなぁー、って……」

にこ「二人で?」

ことり「そ、う……だ、ダメかな?」


にこ「ええ、いいわよ」

ことり「ほ、本当?」

にこ「みんなを探してるうちに花火始まっちゃいそうだしね!」

ことり「……うんっ、ありがとう!」

にこ「そんなお礼を言われるようなことじゃないでしょ?さ、そうと決まれば早く行きましょ!」

ことり「うん!」
36: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/07/04(月) 13:13:06.86 ID:4mc8qQM4.net


**

ヒュ――――――ッ

ド――ンッ!


パラパラパラ……


にこ「あ、ちょうど始まった!」

ことり「間に合ってよかった〜!」

にこ「しかし、本当に人多いわね……手つないでて良かった」

ことり「う、うん……///」


にこ「わぁー……きれい……」


ヒュ――――ッ

ド――ンッ!


ことり「ね、ねえにこちゃん……」

にこ「ん、どうしたの?」

ことり「今日は……本当にありがとね。とっても楽しかった」

にこ「うんん、私の方こそ、ことりが教えてくれなかったら多分この花火の音で祭りのことに気づいてたと思うし……呼んでくれてありがと」

ことり「うん……どういたしまして♪」
37: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/07/04(月) 13:13:31.52 ID:4mc8qQM4.net
ヒュ―――――――ッ

ド――ンッ!ドンド――ンッ!


パラパラパラパラパラパラ……


ことり「ねえ、にこちゃん」

にこ「なあに、ことり?」


ことり「私ね……」

ヒュ―――――――――ッ

ことり「にこちゃんのこと……」



ことり「」
ド――ンッ!

バ――――ンッ!

パラパラパラ……


にこ「え、ごめん、聞こえなかった!もう一回!」

ことり「ふふっ、なんでもなーい!」
38: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/07/04(月) 13:16:33.65 ID:4mc8qQM4.net
ことり(これが、この夏の、一番の思い出)

ことり(とても幸せな……)



ことり(どうか、今日だけは――――)







ヒュ――――――ッ

ド――ンッ!
39: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/07/04(月) 13:21:33.28 ID:4mc8qQM4.net
お付き合いありがとうございました

ノシ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『深夜テンションで1、2本SS書きまふ』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。