穂乃果「え?私…じゃなくて俺?」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ62
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 23:13:47.40 ID:p/CCAs7Y0
真姫「ミュージックトランキライザー」
を書いた者です
TS要素を含みますがエロはありません、かなり長くなりますがよろしくお願いします

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1467296027

元スレ: 穂乃果「え?私…じゃなくて俺?」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 23:16:59.30 ID:p/CCAs7Y0
「お……ん!」

穂乃果「…んあ?」

「お……ちゃん!」

穂乃果「だ、れ?」

「お兄ちゃん!!」

穂乃果「うひゃあ?!って雪穂か…」

雪穂「やっと起きたよ、早く準備しないと遅刻するよ?」

穂乃果「う、うん…?」

穂乃果「っ?!?!」

雪穂「ん?どうしたの?そんな目を丸くして」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 23:23:35.17 ID:p/CCAs7Y0
穂乃果「あ、あれ…?」

穂乃果(なにこの声……)

穂乃果(…胸がない、にこちゃんよりない…)

雪穂「…?お兄ちゃん?」

穂乃果「おに…いちゃん?」

雪穂「え?おかしなところある?」

穂乃果「え?え?え?」

穂乃果(髪型は変わってない…)

穂乃果(ん…なんかお、おまたに違和感が……)

穂乃果「雪穂、一応聞くけど私は男だよね?」

雪穂「は?なに当たり前のこといってるの?というか私?大丈夫?具合でも悪いの?」

穂乃果「あぁ!お、俺だったね、ごめん」

雪穂「それより早くしないとほんとに遅刻するよ?」

ホノカクーン!

ホノカー!

雪穂「ほら、ことりさんと海未さんきたよ?女の子を待たせるなんて嫌われるよ?」

穂乃果「あ、ごめんごめん…急いで支度するね…」

穂乃果(あれ?音ノ木坂って女子高じゃ…)

穂乃果(まぁいっか!)
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 23:30:52.46 ID:p/CCAs7Y0
〜〜〜

海未「穂乃果!遅いです!」

穂乃果「あははごめんって海未ちゃん」

海未「えぇっ?!」

ことり「海未ちゃん…?!」

穂乃果「え?なんか変なこといった?」

海未「あ、いえ変なことではないですがどうしました?いつもは園田と言ってるのに…」

穂乃果「…え?」

穂乃果(そ、そのだ…?何が起こってるの?)

穂乃果「あ!ごめんごめん!嫌だった?」

海未「ま、まさか!そんなわけありません!」

海未(むしろ嬉しいくらいです…)

ことり「羨ましい…」ボソッ

穂乃果「え、えーっとじゃあこれから二人のことは下の名前で呼ぶね!」

ことり「ほんと?!一度呼んでみて!」

穂乃果「こ、ことり!海未!」

ことり「はうぅ……」

海未「………」テレテレ

穂乃果(なんか二人とも私の知ってる態度じゃないような…)
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 23:33:47.50 ID:p/CCAs7Y0
〜〜〜

凛「穂乃果くーん!!」

穂乃果「わぁ!凛ちゃ…」

穂乃果「…り、凛!」

凛「え?今凛の名前呼んでくれたの?!」

穂乃果「え…そ、そうだけど…」

凛「これからもその呼び方でいってほしいにゃ!」

穂乃果「う、うん?」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 23:37:57.20 ID:p/CCAs7Y0
花陽「凛ちゃん待ってー!!」

凛「あ、かよちんごめん!」

穂乃果「花陽ち…」

穂乃果「…花陽、どうしたの?」

花陽「ぴゃあ?!」ピクッ

凛「むー…呼び捨ては凛だけでいいのに…」ボソッ

花陽「あ、えっと…その…凛ちゃんを追いかけて…」モジモジ

穂乃果「そっか!凛ちゃ…凛はもうちょっと花陽…に優しくしてあげないと!」

凛「う、うんごめん…」

花陽「………」ドキドキ
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 23:43:19.56 ID:p/CCAs7Y0
真姫「あら、三人で何してるの?」

穂乃果「真姫…こんにちは!」

穂乃果(そろそろ呼び捨ても慣れないと…)

花陽「あ、特に何もしてないかな?」

真姫「ちょ、ちょっとまって…」

真姫「穂乃果今なんていった?」

穂乃果「え?真姫こんにちはって…」

真姫「うぇええ?!よ、呼び捨てなんて…」

穂乃果「あ、ダメだった?それなら…」

真姫「ち、違うわ!そのままでいいわ!」

真姫「そ、その方がいいから…」ボソッ

穂乃果「あ、うん!」

キーンコーンカーンコーン

凛「あ、穂乃果くん!また後でね!」

花陽「あ、後で…」モジモジ

真姫「呼び捨て…呼び捨て…」ブツブツ

穂乃果「うん!また後で!」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 23:49:08.57 ID:p/CCAs7Y0
〜お昼

穂乃果(なんか今日の授業受けたことあるような…?)

穂乃果(ほとんど寝てるしあんまり覚えてないけどなんかどこかで…うーん……)

穂乃果(というか共学になってるんだね…男の子あんまりいないけど…)

ことり「穂乃果君?どうかしたの?」

海未「何やら難しそうな顔をしてますが…」

穂乃果「ん?あ、いやちょっと考え事をね…」

穂乃果「ってそれよりどうしたの?」

ことり「一緒にお弁当食べ」

絵里「あ!いたわ穂乃果!今日はお昼一緒に食べるって約束したでしょ?」

穂乃果「あ、うん!そうだったね!」

穂乃果(記憶にないよぉ……)

ことり「………」シュン

海未「ことり…諦めましょう…今度から絵里のように約束をしましょう…」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 23:52:42.77 ID:p/CCAs7Y0
穂乃果「じゃあ行ってくるね?」

海未「はい、楽しんできてください」

穂乃果「うん?楽しんでくるね!」

ことり「楽しんでくる……?」

絵里「楽しんでくるわね!それじゃあね二人とも」ニヤッ

ことり「っ!」イラッ

海未「……」

ことり「むー!!絵里ちゃんは一々腹立つよ!」

海未「絵里は聡明な方ですがこういうことになるとお調子者ですからね…」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 23:58:43.92 ID:p/CCAs7Y0
〜廊下

絵里「ふんふふんふふ〜ん♪」

穂乃果「ず、随分とご機嫌だね絵里ち…絵里は」

絵里「ふふ〜ん?なんでだと思う?」

穂乃果「えー?なんでだろう…」

絵里「そ・れ・は、穂乃果といられ」

希「おー!穂乃果君とえりちやん、どうしたん?」

穂乃果「あ、一緒にお昼食べるところだよ」

絵里「え、ちょっ穂乃果…」

絵里(希にそんなこといったら……)

希「ほほー…ならウチもいっていいかな?楽しそうやし」ニシシ

穂乃果「うん!いいよ!」

希「ありがとなー!それじゃいこっか」

希(ごめんなえりち、二人っきりにはさせないで…)

絵里「あぁうん…」

絵里(二人っきりがぁ……)
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 00:07:45.21 ID:12vbRnxL0
〜生徒会室

穂乃果「今日もパンがうまいっ!」

希「もぉ〜穂乃果君?いくらパンがおいしいからってパンばっか食べちゃダメやで?」

希「栄養が偏っちゃうからなぁ…」

穂乃果「あ、ごめん…でもお昼はこれしかなくて…」

希「ふふふ、そうだろうと思ってウチがお弁当作ってきたんよ?」

穂乃果「え?!ほんと?!」

絵里「あ!それなら私も!」

希「えりちのはウチのより栄養が偏ってるやん、それならまだウチのは偏ってないしウチの食べよう?」

絵里「逆に希のは整えすぎて野菜とかも多いから穂乃果の口には合わないのよ、穂乃果もお昼くらい気にしなくていいのよ?」

希「いやいやこれは穂乃果君の未来を思っていってるのにえりちは穂乃果君な体をダメにしたいん?」

絵里「そんな食べるものに規則があるなんて穂乃果にはあわないわ!もっと自由にするべきよ!」

希「ぐぬぬ……」

絵里「むむむ……」

穂乃果「あ、ど、どっちも食べるから喧嘩しないで?」アセアセ

穂乃果「わた…俺はどっちの料理も食べたいから!」

希「穂乃果君……」

絵里「穂乃果……」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 00:15:12.91 ID:12vbRnxL0
〜廊下

穂乃果(ふぅ…おいしかったけど多かった……)

穂乃果(なんか眠くなってきた…このあとの授業は寝よう…)

穂乃果「…あっ」

にこ「ん?あぁ穂乃果じゃない、どうしたの」

穂乃果「あ、いやなんでもない、ただにこ…がいたから」

にこ「はぁ?!にこぉ?!」

穂乃果「うぁ?!まずかった?」

にこ「あ、いや突然すぎて驚いただけ、それで何?私をからかってるの?」

穂乃果「違うよ!こっちの方が呼びやすいだけだよ」

にこ「そう…でもあんまりその名前で呼ばないで…恥ずかしいから…」

穂乃果「恥ずかしい…?」

にこ「だぁ!なんでもないわよ!もう行くわ!それじゃあ!!」

穂乃果「あ、ちょっと!」

穂乃果(やっぱり私…が男の子だからかな…?)

穂乃果(あれ?それだとμ'sはどうなってるんだろう?」

穂乃果(スクールアイドルに男の子は参加できないし…)

穂乃果(もしかして作られてない…?)
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 00:20:00.52 ID:12vbRnxL0
〜放課後

海未「穂乃果!起きてください!」

穂乃果「んむ…?どうしたの?海未ちゃん…」

海未「ま、また海未ちゃん…?!」カアアァ

ことり「羨ましい……」

海未「ってそうではなくて今日の授業はこれで全部終わりです、早く部室に行きますよ!」

穂乃果「んー…?部室……?」

穂乃果「アイドル研究部?」

海未「そうです!ほら寝ぼけてないで早く!」

穂乃果「んわあ!分かったから引っ張らないで!」

ことり「あはは……」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 00:25:19.47 ID:12vbRnxL0
〜廊下

穂乃果「…俺ってアイドル研究部で何をしてたっけ?」

ことり「穂乃果君は皆のダンスをみてアドバイスをしたりしてるよ、忘れちゃったの?」

海未「まだ寝ぼけてるんですか?」

穂乃果「あ、いやなんか頭がぼーっとしてて…」

穂乃果(私はアイドルをやってないのかな…?)

ことり「穂乃果君は大丈夫?」

穂乃果「え?何が?」

ことり「暇とか不満はない?いつも見ててダンスとかには参加できないし…」

穂乃果「あ…いや大丈夫!」

海未「何か不満がありましたらいってくださいね?」

穂乃果「うん、分かった」

穂乃果(やっぱりやってないんだね…なんか寂しい…)

海未「あ、穂乃果は先に屋上にいっててください、私たちは着替えをするので」

穂乃果「はーい、分かったよー」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 00:33:04.51 ID:12vbRnxL0
〜屋上

穂乃果「………」

穂乃果(あれ…?というかなんで絵里ちゃん希ちゃんにこちゃんは今学校にいるの?)

穂乃果(卒業したはずじゃ…)

穂乃果(…うーんわからない)

凛「穂乃果君!穂乃果君!穂乃果くーん!!」ギュー

穂乃果「わぁ!驚かせないでよ凛!」

穂乃果(あ、自然にいえた♪)

凛「えへへ〜穂乃果君に誰よりも先に会いたくて…」

穂乃果「そ、そう…」テレテレ

希「あー凛ちゃんもうおったか…残念…」

絵里「今日の一番は凛ね…」

花陽「は、速いよぉ…」

真姫「ゼェ……ゼェ…」

にこ「ふん、くだらないわね」

海未「部室に来る時間が敗因でしたね…」

ことり「仕方ないね…」

穂乃果「あ、皆!」

絵里「それじゃあ始めましょうか、穂乃果はいつも通り見てておかしいところや直してほしいところなどをいってちょうだい」

穂乃果「う、うん!了解!」

穂乃果(私は踊れなくても皆が頑張ってくれるなら、私が力になれるなら)

穂乃果(それでいいや!)
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 00:37:14.73 ID:12vbRnxL0
〜〜〜

海未「取り合えずは出来ているので15分休憩します」

穂乃果(Dancing stars on meかぁ…ってことはハロウィンのイベント前かな?)

穂乃果(そういえばにこちゃん途中キレがなかったかな…)

穂乃果「えーっとにこー!」

にこ「むっ?何よ」

穂乃果「途中からダンスにキレがなかったよ?腕の動きが遅れてるっていうか…」

にこ「あぁごめんなさいね、気を付けるわ」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 00:42:03.91 ID:12vbRnxL0
穂乃果「うん!ちなみに」

にこ「え?」

穂乃果「左の足をこうして…」ガシッ

にこ「?!」

穂乃果「右の手をこうすると…」

穂乃果「あ、後笑顔でやってみるととってもよくなるよ!」ニコッ

にこ「ど、どどどどこ触ってるのよ?!」

穂乃果「え?足と手だけど…」

にこ「そそそれはやめなさい!恥ずかしいでしょ!」

穂乃果「あ、ごめん…今度から気を付けるね…」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 00:47:35.51 ID:12vbRnxL0
にこ「あ、いやその…二人の時ならいいわよ?恥ずかし…いけど…」

真姫「ちょっとまった!何勝手に個人レッスン誘ってんのよ!」

凛「そうだ!そうだ!」

にこ「誘ってなんかないわよ!勘違いよ勘違い!」

穂乃果「そういえばことりはもうちょっとテンポ遅らせてもいいと思うよ!」

ことり「あ、うん!」

凛「ねぇ穂乃果君!凛はどうだった?」ギュー

穂乃果「バッチリだったよ!とっても可愛かった!」ナデナデ

凛「ふにゃ〜……ありがとにゃ!」

絵里「あの生意気な猫め……」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 00:52:56.79 ID:12vbRnxL0
花陽「あ、私はどうだった…かな?」

穂乃果「あ、花陽は○○のところでこうするといいよ!」クルンッピシッ

海未「なっ……穂乃果、いつそこを覚えたのですか?!それに動きも綺麗で…」

穂乃果「え?」

穂乃果(あ、そうか…この世界ではダンスしてないんだもんね…)

穂乃果「あ、いやー自分も見てるだけだと申し訳ないかなって思って練習はちょっと…」

希「穂乃果君は優しいなぁ、ならウチに教えてくれへん?」

絵里「はぁ?!」

真姫「ダメに決まってるでしょ!」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 00:57:46.38 ID:12vbRnxL0
穂乃果「あ、空いてる時で良ければ!」

希「ありがとなー楽しみにしてるよ!」ニヤニヤ

真姫「先を越された…」ガクッ

絵里「希……」ジロッ

花陽、ことり「羨ましい……」

にこ「………」

凛「あ、凛は希ちゃんの次いい??」

穂乃果「あ、うん!いいよ!」

凛「やったにゃ!!」

海未「え?ちょ、ちょっと待ってください!穂乃果は練習したとはいえ私達に教えられることなんてあるのですか?」

穂乃果「ふっふっふ、海未はわかってないんだね…」

海未「…?」

穂乃果「よし!じゃあ俺が一度踊るよ!」

穂乃果(よしっ!自然に言えた!)

八人「えぇ?!」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 01:03:51.53 ID:12vbRnxL0
穂乃果「ふぅ…どう?」

花陽「す、すごい……」

希「ウチらなんかより全然上手いやん…」

にこ「……?!」

海未「か、完璧です…しかしどこで…」

穂乃果「そ、それは練習だよ!練習!」

絵里「す、すごい!今日は私の家にきて!そして教えて!」

真姫「は、はぁ?!」

穂乃果「自分が力になれるなら……」

凛「だ、ダメー!絶対にダメだよ!穂乃果君!」

絵里「ちょっ凛!」

凛「絵里ちゃんのお家なら凛の家の方がいいよ!絶対!」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 01:11:32.02 ID:12vbRnxL0
ことり「そ、それなら私だって…」

花陽「うぅ…私は…」

にこ「………」

海未「ストップです!穂乃果が困ってるでしょう!まず穂乃果の意見をきいてません!」

真姫「そ、そうね、皆が良くても穂乃果がダメなら意味ないわ」

穂乃果「わ、俺は……」

穂乃果「力になれるなら泊まるよ!もちろん毎日は無理だけど…」

希「あ!なら今日はウチに教えて!個人レッスンを最初に申し込んだし!」

穂乃果「うん!あ、でも今日は無理かな?また今度って形なら!」

希「よしっ!」グッ

凛「次は凛だよ!凛!」

絵里「じゃあその次もらったぁ!」

花陽「えぇ?!な、なら四番目はわた」

真姫「私が四番目よ!」

花陽「ふぇえ……」

穂乃果「そういえばもう15分過ぎてるけど…」ボソッ
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 01:16:04.07 ID:12vbRnxL0
〜〜〜

海未「今日のところはこれで終わりです、お疲れ様でした!」

ことり「穂乃果君!帰りにクレープ食べていかない?」

穂乃果「うん!いこっか!」

ことり「やった!じゃあいこ!」



絵里「あ、あれ?穂乃果は…」

にこ「穂乃果ならことりとクレープ食べに行ったわよ、遅かったわね…」

凛「えぇ〜?凛も穂乃果君とラーメン食べに行こうかと思ったのに…」

海未「はぁ……」

海未(やはり穂乃果は人気者ですね…ライバルが非常に多いです…)
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 01:22:42.39 ID:12vbRnxL0
〜帰り道

穂乃果「う〜ん!クレープはやっぱりうまいっ!」

ことり「そうだねっ♪」

ことり「あ、あの穂乃果君!」

穂乃果「ん?どうしたの?」

ことり「あ、明日穂乃果君のお家にとま」

真姫「あら、二人とも」

穂乃果「あ!真姫ち…真姫、ここでどうしたの?」

真姫「寄り道よ、私もクレープ食べたいなって思ってね」

真姫(泊まるなんてことはさせないわ)

ことり(あと少しだったのに…)
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 01:26:51.91 ID:12vbRnxL0
穂乃果「そっかー真姫はしっかり者のイメージがあるんだけど意外に可愛いところもあるんだね!」

真姫「うぇええ?!と、当然よ!」カアアア

ことり「こ、これからどうする?」アセアセ

真姫「三人で帰りましょ、三人で」

穂乃果「うん!いいよ!じゃあいこっか!」

ことり「あ、うん……」

真姫(駆け抜けなんて許さないわ、していいのは私だけなんだから)

ことり(真姫ちゃんがいなければ……)

穂乃果(真姫ちゃんってクレープ食べるんだな〜)
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 01:30:21.09 ID:12vbRnxL0
〜夜

穂乃果「今日分かったことだと…」

穂乃果「音ノ木坂が男女比は偏ってるけど共学になってること」

穂乃果「私はスクールアイドルはやってなくアドバイスなど指摘をする監督みたいな人だということ」

穂乃果「なんかタイムスリップしてること」

穂乃果「そして私が男だということ…」

穂乃果「はぁ…どうなってるんだろこの世界…」

ホノカー!

穂乃果「あ、お母さんが呼んでる」
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 01:36:21.07 ID:12vbRnxL0


穂乃果「どうしたの?」

穂乃果母「明日ね、私とお父さんは旅行で一日中いないから家には雪穂と穂乃果しかいないんだけど」

穂乃果母「雪穂は亜里沙ちゃんのお家に泊まるらしくて穂乃果はどうする?」

穂乃果「じゃあわた…俺も誰かの家に泊めさせて貰おうかな〜」

穂乃果「ちょっと聞いてみるね」

穂乃果母「あ、もしかして海未ちゃん?」

穂乃果「うん?μ'sの皆に聞いてみようかと思って…」

穂乃果母「穂乃果…相手は女の子なのよ、一人にしなさいよ」

穂乃果「え?どういうこと?」

穂乃果母「その内分かってくるわ」
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 01:42:13.44 ID:12vbRnxL0
〜LINE μ's

穂乃果だよ!:誰かいるかな?

りん★:いるよ!

のんたん:同じくいるよ〜

マッキー:なんか用?

穂乃果だよ!:明日泊めてくれる人いないかな?(既読8)
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 01:46:16.08 ID:12vbRnxL0


穂乃果「誰か泊めてくれるかな?」

真姫「む、向こうから誘ってる…ってことは」

花陽「自然なように二人になれる…!」

海未「これは願ってもない…」

ことり「大チャンス!」

希「逃すわけにはいかないやん?」

絵里「にしてもどうしてかしら」

にこ「穂乃果からなんて珍しいわね、というか初めてか」

凛「穂乃果君と二人っきりは…」

八人「私が貰う!」
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 01:50:57.93 ID:12vbRnxL0


にこにー?:あーなら私の新しい料理食べに泊まんない?

のんたん:あ!ならウチの家で!

ELI:いやいや私の家に泊まって?

マッキー:私の家に泊まれば穂乃果の好きなものどれでもだすわよ

りん★:凛の家に泊まって一緒に遊ぼ!

ことり♪:一緒に今度の衣装考えようか♪

花陽:色々アイドルについてお話しましょう!

園田海未:子供の頃はよくお泊まりしてましたし久しぶりに泊まりませんか?
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 01:54:24.89 ID:12vbRnxL0


穂乃果「うわわ…皆泊まってっていってるけどどこにすれば…」

希「やっぱり皆同じやんな…」

にこ「これは穂乃果が誰を選ぶか…かしらね」

絵里「ん?なんかSkypeがかかってきた…」



ことり「なんでSkypeかけたの?」

真姫「ここはこの八人で決着をつけましょう」

希「お、いいね〜それなら恨みっこなしやもんね」

花陽「確かに穂乃果君困ってるし…」
35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 01:57:23.55 ID:12vbRnxL0


穂乃果だよ!:えーっと…どこがいいんだろ…



絵里「それで何で決着つけるの?」

真姫「……決めてない」

凛「決めてないの?!」

希「なら一番は頂きや!」



のんたん:あれー?皆何も言わないからウチのとこ泊まらない?穂乃果君



絵里「あ!ずるい!」

海未「先手を打たれました…」
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 02:02:53.48 ID:12vbRnxL0


ELI:一緒にいいことしましょ♪



にこ「はぁあああああ?!」

ことり「ぴぃ?!」

凛「いいことってなに?」

花陽「そ、それは…」



穂乃果だよ!:いいこと?

ELI:それはヒミツ♪だから私の家にきて確かめて?



希「うわぁ…えりち…まさかえりちがここまで汚い人だとは思わんかった…」

海未「破廉恥です!」

絵里「ふっ誰もあなた達が想像してることをやるなんていってないわよ?」

花陽「はっ!そういうことか!」

凛「え?どういうこと?」

花陽「内容をあえて秘密にして穂乃果君の頭にもやもやを出して誘う作戦ですよ!」

にこ「そんなの知ってるわよ!やり方が汚すぎるのよ!」
37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 02:05:52.99 ID:12vbRnxL0


ことり♪:穂乃果君の為にたっくさんお菓子用意しておくから絶対にきてね?



花陽「こ、これは…」

海未「強制的に来るように誘導させてますね…」

絵里「うっ…」

真姫「な、なら私だって!」



マッキー:私も色々用意しておくから絶対に来なさいよね
38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 02:11:34.19 ID:12vbRnxL0


希「ナイスや真姫ちゃん!」

凛「え?どの辺がナイスなの?」

にこ「あの強制的なお願いの二回目をすることで穂乃果の中で絶対二つ存在して迷いが出来るのよ」

にこ「だから真姫ちゃんとことりのポイントが高くても決めるのに時間がかかるからまだ私達に猶予はあるわ」

希「そうなればウチもその絶対の中に入ろうかな?」



のんたん:そういえば一番最初に個人レッスン頼んだのはウチやから約束守って?家で個人レッスンしてよ!



海未「アドバンテージの使い方が上手いてすね…」

絵里「一番の特権ね…」

凛「もう凛にはよく分からないにゃ…」

希「これで多少はウチもポイント高くなったと思うで」
39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 02:15:00.58 ID:12vbRnxL0


りん★:穂乃果君

穂乃果だよ!:何?

りん★:二人きりじゃないと話せない大事な話があるから絶対きて

りん★:ダメかな?



にこ「いや直球すぎでしょ?!」

海未「しょしょ、正気ですか凛!」

凛「本当の事をいっただけだよ!」

希「この天然恐ろしいわ…」

真姫「しかも最後の一押しとしてダメかなを入れるとはもう…」
40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 02:19:43.33 ID:12vbRnxL0


穂乃果だよ!:大事な話って?

りん★:それを言っちゃったら意味ないじゃん!だから来て!信じてるから!



絵里「うわぁ……」

ことり「す、すごい勢いだね…」

希「今凛ちゃんのポイントがダントツやで…」



穂乃果「だ、大事な話ってなんだろう…」

穂乃果「というか皆から絶対にきてって言われてどうしよう…」

穂乃果「誰のところにいけば…」



穂乃果だよ!:うわーん!皆絶対っていうからわからないよ!

41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 02:24:47.64 ID:12vbRnxL0
海未「ものすごい困ってますね…」

花陽「絶対が効いてるね…」



ことり♪:私が初めにお願いしたんだから私のところに泊まって?

穂乃果だよ!:で、でも凛ちゃんとかの話を無視するわけにもいかないし…



希「完璧に凛ちゃんの発言がストッパーになってるね」

にこ「何気に凛のこと凛ちゃんとかいってるけど、まさか凛…」

凛「どうだろうね〜?」ニヤニヤ

絵里「はぁ?!私の穂乃果取ったら許さないわよ!」

真姫「いやいや私のだから!」
42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 02:29:45.09 ID:12vbRnxL0


花陽:実は明日家に誰も居なくて私寂しくて…



にこ「なっ…花陽?!」

絵里「なるほど…寂しくしないでって遠回しにいってるのね…」

希「これは効果絶大やで…」

凛「で、でも穂乃果君はそこまで簡単に意見を変える人じゃないよ!」

海未「その通りです!」



のんたん:何なら今日泊まって明日も泊まってく?今から迎えにいくよ!

穂乃果だよ!:ええでもそんな悪いし…

のんたん:全然いいよ!
43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 02:32:31.37 ID:12vbRnxL0


ことり「強引にいったね…」

海未「ですが穂乃果にはこういう手も普通に効きます…」



穂乃果だよ!:よし決めた!



真姫「えぇ?!」

にこ「希かしらね…」



穂乃果だよ!:海未ちゃんにするよ!



海未「え?!私ですか?!」

希「え?!ウチじゃないん?!」
44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 02:37:50.53 ID:12vbRnxL0


園田海未:理由を聞いていいですか?

穂乃果だよ!:久しぶりに泊まりませんかって言われてそういえば泊まってないなって思ってね…



絵里「幼馴染みの強みが出たって感じね…」

凛「悔しいけど明日くらいは譲るにゃ…」

ことり「そうだね…」

真姫「まぁこんなことで恨むようならその程度よね」

希「明日は楽しんでな?」

海未「は、はい!」キラキラ



園田海未:では明日は荷物を持って私の家に来てくださいね

穂乃果だよ!:うん!
45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 02:43:44.02 ID:12vbRnxL0
〜次の日、夜

穂乃果「お邪魔しまーす!」

海未「早速ですが何します?」

穂乃果「うーん…特に決めてないんだよね…」

海未「お話でもしますか?」

穂乃果「そうだね!」

海未「こうしてお泊まりするのは二人きりで話すのは久しぶりですね」

穂乃果「そうだね…?」

穂乃果(こっちの世界のことは何も分からないな〜…)

海未「そうですよ、今はμ'sの皆が一緒にいるじゃないですか」

穂乃果「そう…だね!」

海未「手…繋いでいいですか?」

穂乃果「あ、うん!いいよ」ギュッ
46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 02:48:36.24 ID:12vbRnxL0
海未「穂乃果は…すごいですね…」

穂乃果「何が?」

海未「廃校を阻止するためにスクールアイドルを提案するなんて」

海未「ホントは穂乃果にもやってほしかったですが…穂乃果は男性ですもんね…」

穂乃果「…大丈夫だよ、私…俺は皆が楽しく踊ってくれるなら」

穂乃果「それにようやく皆の力にもなれるみたいだしそれなら全然平気だよ!」

海未「穂乃果のダンス、とても綺麗なものでした…」

穂乃果「えへへありがとう、頑張って練習したんだから」

海未「…良かったら私に教えてくれませんか?ダンス」

海未「もちろん希には内緒で…」

穂乃果「うん!やろっか!」
47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 02:51:28.80 ID:12vbRnxL0


穂乃果「そこはこうだよ!」

海未「あ、すいません…」

穂乃果「もうちょっと足を出して!」

海未「はい!」

穂乃果「お疲れ様!良くなったね!」ニコッ

海未「ありがとうございます!とても勉強になりました」

穂乃果「あはは…海未に教えることがあるなんてね…」
48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 02:54:37.80 ID:12vbRnxL0
海未「ホントですよ、だから今度は私が勉強を教えてあげましょうか?」

穂乃果「えぇ〜…いいよ…」

海未「ふふふ、今日くらいは見逃してあげますよ」

穂乃果「ほんと?!海未ちゃん大好きっ!」ギュー

海未「なっ?!」プシュー

海未「ほれはゆめれすか……」バタッ

穂乃果「え?!海未ちゃん?!」

穂乃果(あ…そうか、私は男なのか…)
49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 02:57:41.74 ID:12vbRnxL0


海未「う…む…?」

穂乃果「あ、目が覚めた?」

海未「ほ、穂乃果?!」

穂乃果「さっきはごめんね、勢いでやっちゃって…」

海未「あ、いえ…その…嬉しかったですし…」ボソッ

穂乃果「え?何?」

海未「なんでもありません!あ、そろそろご飯ですので行きましょう!」

穂乃果「あ、うん!」
50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 03:01:43.48 ID:12vbRnxL0
〜お風呂

穂乃果「はぁ……」

穂乃果(男っていうのが感覚的に辛い…)

穂乃果(そりゃ男の人に抱き付かれたら驚くよね…)

穂乃果(女の人として生きてた時は海未ちゃんとお風呂一緒に入ってて…)

穂乃果(…なんか申し訳ない気持ちだなぁ)

穂乃果「海未ちゃん待たせちゃいけないから早くでないとね…」

穂乃果「着替…?!」ガラッ

海未「?!?!?!」

海未「は、破廉恥です!!!」パチーン
51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 03:06:28.15 ID:12vbRnxL0
〜〜〜

海未「すいません…つい…」

穂乃果「いやいいよ…着替えを洗面台に置いとくの忘れたのは自分だから…」ヒリヒリ

穂乃果「わざわざ持ってきてくれたんだし…」

海未「それはそうと…あの…は、裸は見なかったことにするので…」モジモジ

穂乃果「も、もぉ!その話はやめてよ!」アセアセ

海未「そ、そうですね!さてなにやりますか?」

穂乃果「うーん…明日も早いし寝よっか?」

海未「あ、はい…確かにそうですね…」シュン

穂乃果「ん?どうしたの?」

海未「いえ、なんでもありません!」
52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 03:10:11.44 ID:12vbRnxL0


海未「あれ?布団がありません…」

海未「ない、ない…無いです…」

穂乃果「どうしたの?」

海未「布団が無くて…」

海未「床で寝かせるわけにはいきませんしちょっと待っててください」



海未「どこ探しても無かったです…」

海未「あ、あの穂乃果!」

穂乃果「ん?なになに?」

海未「その…いっ…一緒に寝ま…せんか?」

穂乃果「うん!寝ようか!」
53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 03:13:46.37 ID:12vbRnxL0


海未「………」プシュー

穂乃果「大丈夫?顔真っ赤だよ?」

海未「だ、だいじょ…うふです…」ガクッ

穂乃果「ホントに大丈夫?!」

海未「………zzz」

穂乃果「寝ちゃってる…」

穂乃果「……おやすみ」

〜〜〜

穂乃果「ん…トイレ…」グイッ

穂乃果「ん…?」

海未「………zzz」ギュー

穂乃果「あはは…離さない方がいっか…」

穂乃果「………」ギュッ
61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 00:29:44.57 ID:JkZgPJ9v0
〜朝


「はっ!ごめんなさいー!!!」


穂乃果「うわぁ?!どうしたの?!」

海未「すいません…いつのまにか抱き…つ…たみたいで…」

穂乃果「あ、うん、大丈夫!」

穂乃果「早く準備していこうか!ことりちゃ…ことりも待ってるし!」

海未「…そうですね、行きましょうか」
62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 00:33:04.50 ID:JkZgPJ9v0
〜〜〜

ことり「あ、おはよう♪」

穂乃果「おはようことり!」

海未「おはようございます」

ことり「海未ちゃん、昨日は何してたの?」

海未「…何もしてませんよ」

ことり「なんで最初少し黙ってたの?」

海未「昨日の事を思い返してただけですよ!」

ことり「ふ〜ん…」ジーッ

海未「な、なんですか…」

穂乃果「早くいこうよ!二人とも!」

海未「あ、はーい!」

ことり「あ、うん!」
63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 00:37:50.77 ID:JkZgPJ9v0
〜〜〜

凛「穂乃果く〜ん!」ギュー

穂乃果「わぁ凛ってば…」

真姫「あのくらい大胆になれるのは流石というか羨ましいというか…」

希「お、みんないるんやね!」

絵里「海未…穂乃果に変なことしたわけじゃないでしょうね?」

海未「し、してませんよ!」

にこ「じゃあ何したのよ?」

海未「色々話をしてただけですよ!」

真姫「何の話?」

海未「なんでそんなこといわなきゃならないんですか!!」

希「穂乃果くーん!」モギュー

にこ「うわっ…」

凛「にゃっ?!」

穂乃果「ちょ!(胸が顔に)当たってるよ!」ボヨン

希「当ててるんやで?」ボソッ

花陽「はわわ…」

海未「破廉恥です!」
64: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 00:41:36.38 ID:JkZgPJ9v0
〜昼

凛「穂乃果君は貰ったにゃ!」グイッ

穂乃果「うわちょー!!」ズルズル

ことり「あ!穂乃果くーん!」

海未「あれ、穂乃果はどこに?」

ことり「凛ちゃんに取られちゃった…」

海未「それは…残念ですね…」

絵里「穂乃果!ってあれ…」

海未「凛が一番だそうです…」

絵里「あの泥棒猫…」

真姫「ゼエ…ゼエ……」

ことり「穂乃果君は凛ちゃんが…」

真姫「り…ん………」ガクッ

ことり「真姫ちゃーん?!」
65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 00:43:58.60 ID:JkZgPJ9v0
〜中庭

凛「ねぇねぇ穂乃果君!お昼作ったんだ!食べて食べて!」

穂乃果「う、うん!」

凛「はい!おにぎりだよ!」

穂乃果「ありがと!」パクッ

穂乃果「ん?これは…」

凛「ラーメンだよ!」

穂乃果「あはは…凛らしいね」
66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 00:48:00.79 ID:JkZgPJ9v0
凛「ダメ…だったかな?」

穂乃果「ううん、とってもおいしいよ!」ニコッ

凛「えへへ、良かった!」ギュー

穂乃果「わぁ、ふふふ」ナデナデ

凛「にゃ〜…」

凛「…ねぇ穂乃果君」

穂乃果「ん?どうしたの?」

凛「あ、あのね!凛はね…ほ、穂乃果君のことがす」

希「あ、穂乃果君!」

凛「っ……」

穂乃果「あ、希どうしたの?」

希「お昼お邪魔してもいい?」

穂乃果「うん!いいよ!いいよね凛?」

凛「あ、うん…」
67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 00:50:19.56 ID:JkZgPJ9v0
〜昼休み終わり五分前

穂乃果「ふぅ、お腹いっぱい…」

にこ「あ、穂乃果」

穂乃果「あ、にこ」

にこ「…なんかにこって呼び捨てでされるの慣れないわね」

穂乃果「じゃあやめた方がいいかな?」

にこ「あ、いやいいわよそれで」

穂乃果「そっか、わかったよ」
68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 00:53:28.95 ID:JkZgPJ9v0
にこ「もう時間がないからいくわね」

穂乃果「うん!」

にこ「それじゃ」ズコッ

にこ「ちょ……」

チュー

穂乃果「?!」

にこ「?!?!」

にこ「どわぁ?!ほほほ、ほのほ、ほのほのほ穂乃果にきききす、キス…」

にこ(頬っぺだからセーフ…頬っぺだからセーフ…頬っだからセーフ………ry)

にこ「…………」プシュー

にこ「………」ダッ

穂乃果「あ!にこ!」

穂乃果「キス……」テレテレ
69: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 00:57:28.19 ID:JkZgPJ9v0
〜放課後、部室

穂乃果「ふわぁ〜………」

花陽「おまたせ!ってまだ穂乃果君しか来てないんだね」

穂乃果「あ、うん!皆忙しいみたいでね…」

穂乃果「生徒会の仕事は一通り終えてあるから暇なんだよね…」

花陽「なら私とお話しよっか」

穂乃果「うん!そうだね!」

花陽「………」

穂乃果「………」

花陽「ねぇ穂乃果君」

穂乃果「なーに?」
70: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 01:02:22.90 ID:JkZgPJ9v0
花陽「穂乃果君って好きな人いるの?」

穂乃果「好きな人?μ'sの皆好きだよ?」

花陽「っ!それはどういう意味なの?」

穂乃果「好きは好きだよ、そのままの意味」

花陽「…特別な意味ってこと?」

穂乃果「特別?ごめん、よく分からないな…」

花陽「…恋愛として好きかってことだよ」

穂乃果「えぇ?!ええ……」テレテレ

穂乃果「今は…いないかな?」

花陽「…そっか!」ホッ

穂乃果「花陽ってアイドル好きだよね」

花陽「はい!もちろん!」

穂乃果「俺も応援してるからさ、ライブ頑張ってね?」

花陽「…はい!!」

凛「穂乃果くーん!」ドーン

穂乃果「わぁ?!驚かせないでよ凛!」

凛「えへへごめんね…」
71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 01:08:11.45 ID:JkZgPJ9v0
〜練習中

穂乃果「希!もっと力強く!」

穂乃果「真姫はもうちょっと前に出て!」

穂乃果「絵里、もっと笑顔で!」



海未「穂乃果はいいアドバイザーですね、見映え的にとてもよくなったと感じます」

穂乃果「そっか!ならよかった!」

絵里「流石未来の私のお嫁さんね!」

真姫「は?言ってる意味がよくわからないんだけど」

希「自分のことばっか考えてると足元掬われるで?」

にこ「その通りね、言葉だけじゃ力なんて持たないわよ」

穂乃果「…何の話?」

にこ「ほの……」

にこ「………」プシュー
72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 01:10:47.19 ID:JkZgPJ9v0
ことり「え?!にこちゃん?!どうしたの?!」

穂乃果「あはは…」

希「さて穂乃果君、一緒に帰ろ?」グイッ

穂乃果「分かったから引っ張らないでー!」ズルズル

絵里「あれ?!穂乃果はどこにいったの?!」

花陽「希ちゃんと帰ったよ」

絵里「希め…」
73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 01:15:27.70 ID:JkZgPJ9v0
〜帰り道

希「ふふ、二人きりやね」

穂乃果「そうだね!」

希「穂乃果君って恋愛に興味あるん?」

穂乃果「恋愛かー…考えたことなかったな〜…」

希「そろそろ考えた方がいいと思うよ?」

穂乃果「うーん…そう言われてもなー…」

希「あ、信号青になったからいこうか」

穂乃果「う、うん」

希「それでな穂乃果君」

希「よかったらその…ウチと…」

キーッ!!!

穂乃果「危ない!」

ドンッ

キャー!ジコダー!キュウキュウシャヨンデー!

希「う…そ……?」クラッ
74: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 01:18:45.40 ID:JkZgPJ9v0
〜病院

凛「いやぁ!!!穂乃果君死なないでぇー!!!!」ポロポロ

海未「穂乃果ぁ!!!」ポロポロ

花陽「お、落ち着いて!穂乃果君は死なないよ!絶対に!」

絵里「穂乃果は大丈夫なんでしょうね?」

真姫「…正直分からないわ、手術が成功するのを祈るしかない」

絵里「失敗なんてしたら許さないわよ!!?」
75: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 01:22:52.32 ID:JkZgPJ9v0
にこ「ねぇ希は…」

真姫「ショックで倒れて目は覚ましたけど精神的にダメージが大きいみたいだわ…」

真姫「部屋に入ったけど目がもう死んでたわ…話しかけても何も反応しないし…」

ことり「でも…希ちゃんの気持ちも分からなくもないかな…」

にこ「まぁ…当然よね」

真姫「それにしても意外ね、ことりがそんな冷静さを保ってるなんて」

ことり「ううん、冷静なんじゃないの、ただ我慢してるだけ…」

ことり「ホントは泣きたいけどことりは穂乃果君を信じてるから…」
76: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 01:26:45.50 ID:JkZgPJ9v0
真姫「ホントね、私もほとんど同じかしら」

にこ「あちらはものすごいことになってるわよ…」

凛「いやぁ!!!!」ポロポロ

花陽「落ち着いて!凛ちゃん!」

海未「穂乃果ぁ……」ポロポロ

絵里「落ち着きなさい!穂乃果は私たちを置いて逝くようなやつじゃないでしょ!」

真姫「…まぁああなる気持ちは分かるけど」

にこ「あれよりショッキングなのが向こうの部屋にいるわけだけど…」

真姫「今はほっといたほうがいいわよ…」

にこ「言われなくてもわかってるわ、今は穂乃果を待ちましょう」
77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 01:30:18.13 ID:JkZgPJ9v0
〜〜〜

にこ「どうなの、これ」

真姫「大丈夫ですって、あと数日、十何日かしたら退院出来るってパパがいってた」

ことり「ほんと?!よかったぁ…」ポロポロ

凛「穂乃果君…」ギュッ

海未「ほんとに…ホントによかったです…」ツー

にこ「そう、ならよかったわ」ホッ

花陽「穂乃果君…」

絵里「当然よね!穂乃果なんだから!」
79: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 01:33:59.48 ID:JkZgPJ9v0
〜夜

穂乃果「ん…?」

真姫「あ、目が覚めたのね」

穂乃果「あれ…私…」

真姫「事故に巻き込まれたのよ、覚えてないの?」

真姫(私とかいってるけど大丈夫かしら…)

穂乃果「あ、そうだったね…」

穂乃果「!希ちゃんは?!」

真姫「希は別の部屋にいるわ、ただ自分のせいで穂乃果が死んだって思ってるらしくてもう話しかけても何も反応しない状態よ…」
80: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 01:40:25.06 ID:JkZgPJ9v0
穂乃果「そ、そんな…」

真姫「…自分より先に希を心配するのね」

穂乃果「当然だよ!希ちゃんはアイドルなんだよ?不自由なところなんて作っちゃダメだよ!」

真姫「…そう、やっぱり穂乃果は優しいのね」

真姫「いってくれば?希のところ」

真姫「多分穂乃果以外に希をどうにか出来る人はいないわ」

穂乃果「分かったよ!行ってくる!」

穂乃果「うっ…いてて…」

真姫「急ぐのはダメよ、手すりをちゃんと使いなさいよね」

真姫「…??なんか…いやなんでもないか…」
86: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 00:23:55.22 ID:fE5GoZxV0


穂乃果「失礼します!」

穂乃果「希ちゃん!」

希「ほ…のかくん?」

穂乃果「そうだよ!穂乃果だよ!」

希「ご、ごめんね…私のせいで…」ポロポロ

穂乃果「ううん、希ちゃんのせいじゃないよ?そして誰のせいでもないよ!」

穂乃果「泣いちゃダーメっ!希ちゃんはかわいいんだから笑顔がいいのっ!」ニコッ

希「………!」
87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 00:28:06.04 ID:fE5GoZxV0
希「……穂乃果君、ちょっとこっちきて?」

穂乃果「ん?どうしたの?」

チュッ

穂乃果「んむ…?!?!?!」

希「ふふ、私のファーストキスだよ?」

穂乃果「の、希ちゃ…」カアアア

穂乃果「うわぁ?!」グイッ

希「今日は一緒に寝よ?私なんか眠くなってきちゃった」モギューッ

穂乃果「むぐむぐ…」

希「ふふふ、もう私は穂乃果君一筋なんだね…」ボソッ
88: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 00:33:16.24 ID:fE5GoZxV0
〜次の日

「………です!」

「…んな大声…いてや」

「い…なぁ……」

「かけ……なんてゆるさ…わよ…」

「……やましい…」

穂乃果「ん…朝…?」

希「あ、起きた」ギュー

穂乃果「むぐっ?!」

海未「それを破廉恥っていうんですよ!」

花陽「はわわ…」

にこ「希を心配してた私がバカだったわ…」

絵里「穂乃果と一緒に寝る…ハラショー…」

凛「凛も穂乃果君と寝たい!」

真姫「ホントに大胆というか直球ね、言うことが」

ことり「穂乃果君のお母さんと雪穂ちゃんも色々困ってたね…」
89: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 00:37:26.67 ID:fE5GoZxV0


雪穂『うぇっ?!なにこれ…』

穂乃果母『あらまぁ…』

真姫『なにやってるのよ希…』

希『えへへ〜zzz』ギュー

穂乃果『くかー…zzz』グデー

雪穂『お兄ちゃんに彼女…?!』ガクガク

絵里『いや私が彼女で今日は希に譲ってるだけだから勘違いしないで?』

凛『いやいや!凛のだから!』

真姫『穂乃果の妹とお母さんがいるのよ…少しは慎みなさい…』
90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 00:41:47.95 ID:fE5GoZxV0
穂乃果母『こんな美人さんたちに心配されて穂乃果も幸福者ねぇ…』

雪穂『もももちろん、ちゃんとした人じゃないと認めませんからね!』

海未『呼ばれた』

にこ『気がするわ』

ことり『雪穂ちゃん、安心して♪私以外は非常識人だから♪』

にこ『なにデマ流してるのよぉ!』

穂乃果母『まぁまぁ、今後ともに仲良くやってください』

穂乃果母『穂乃果になら何しても構いませんので…』

七人『!!』

雪穂『いや流石にそれはまずいでしょ!』
91: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 00:46:12.49 ID:fE5GoZxV0


凛「でもそのおかげですごい良いこと聞いちゃったにゃ!」

希「いいこと?」

絵里「なんでしょうね〜?」クスクス

にこ「なんだっけな〜??」

希「あぁ!皆でウチをいじめて!」

希「穂乃果君皆がいじめるよー!」ギュー

穂乃果「もがもが…?!?!」

海未「破廉恥です!!!」

花陽「穂乃果君にならなんでもしていいって穂乃果君のお母さんが言ってましたよ」ボソボソ

希「…それはいいことやなぁ、ありがと花陽ちゃん」ボソボソ

花陽「いえ、私は皆とフェアで戦いたいだけなので…」ボソボソ

希「律儀やなぁ…」
92: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 00:49:06.73 ID:fE5GoZxV0
〜夕方

穂乃果「あぁーっ?!?!?!?!?!」

穂乃果「やばっ…大きな声出しちゃった…」

穂乃果(ってそれどころじゃないよ!!)

穂乃果(どうしようどうしよう…)

雪穂「失礼します」

穂乃果「!!!」

穂乃果「あ、雪穂、学校帰り?」

雪穂「うん、そうだよ」
93: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 00:52:15.75 ID:fE5GoZxV0
穂乃果「どうしたの?」

雪穂「いや…その…大丈夫かなって…」

穂乃果「あはは…雪穂は心配性だなぁ」

穂乃果「雪穂をおいて逝くわけじゃん、心配しないで?」

雪穂「あ、うん…」モジモジ

穂乃果「ん?どうしたの?」

ガサゴソ

穂乃果「ちょ、雪穂?!」

雪穂「希さんもお兄ちゃんと一緒に寝たんだから私も寝ていいよね?」
94: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 00:55:16.90 ID:fE5GoZxV0
穂乃果「うん、まぁ…」

穂乃果(お兄ちゃん…)

穂乃果「でも突然どうしたの?」

雪穂「………」

穂乃果「雪穂…?」

雪穂「うるさい…」ギュッ

穂乃果「わぁ…」

穂乃果「ふふふ、そっか分かったよ、寝よっか」ナデナデ

雪穂「………」ギューッ

穂乃果(胸はあんまり膨れてないけど私……)




穂乃果(女に戻ってる………)
95: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 01:00:23.73 ID:fE5GoZxV0
〜数日後

穂乃果「久々の学校だー!!」

穂乃果(私が女になってるっていうのはまだ誰にも教えてない)

穂乃果(不幸中の幸いにも胸は膨れてないから見た目ではばれないかな?でもこれからどうしようかな…)

穂乃果(お兄ちゃんで普通に通ってるから多分まだ私は男として生きてる…)

穂乃果(ばれたらどうしよう…とてもじゃないけど言えないよ…)

海未「はしゃぎすぎですよ穂乃果」

ことり「でも元気な穂乃果君が見れてことりは嬉しいな♪」
96: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 01:05:08.95 ID:fE5GoZxV0
穂乃果「う〜ん!この空気!この景色!この風!」

穂乃果「きもち〜…」

凛「ほっのかく〜ん!!」モッギュー

穂乃果「うわぁ?!」バタッ

真姫「こら!穂乃果になにやってるのよ!」

凛「えへへ〜穂乃果君このままおんぶして?」

海未「なななにをい、言ってるんですか!」

ことり「えぇ〜ずるいことりもやって?」

海未「ことりぃ!」

穂乃果「よいしょっと…」

穂乃果(そういえば不思議なことに体力とか感覚的な問題では男の時のままっていうか男のステータスで女に戻ってるみたいで…)

穂乃果(このように凛ちゃんもおんぶできるんだよね)
97: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 01:08:18.62 ID:fE5GoZxV0
凛「わぁ…!にゃふふ〜♪」

真姫「ほんとにおんぶしてもらってるし…」

花陽「あ、凛ちゃ…?!」

絵里「なにあれ?!おんぶ……」

にこ「あの積極性が羨ましいわ…」

希「ウチらは重いからね〜…」

にこ「ちょっと!なんで複数系なのよ!」

絵里「そうよ!私は軽いわよ!」
98: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 01:11:08.53 ID:fE5GoZxV0
穂乃果「わぁおっとっと…」

凛「ふふ〜ん♪出発進行にゃー!」

穂乃果「はは〜!」ガタンゴトン

絵里「むかー!!あの泥棒猫後で炙るわ…」

絵里「私の穂乃果になんてことしてくれてるのよ!」

真姫「いや私のだから!」

花陽「…私も炙るの参加しようかな?」

海未「はなよぉ?!」
99: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 01:15:18.31 ID:fE5GoZxV0
〜教室

女子生徒A「先輩の女の子を庇って轢かれてたんだって?大丈夫?」

穂乃果「大丈夫だよ!」

女子生徒B「命の危険を犯してまで庇うなんて勇気あるよね〜」

穂乃果「そんな勇気ないよ、ただ守らなきゃって思っただけだよ!」

キャー!カッコイー!

海未「人気者ですね…」

ことり「そうだね…」

女子生徒B「もしかしてその先輩とできてたりするの?」

海未「?!?!?」ガタッ

ことり「?!?!?!?」ガタッ
100: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 01:21:32.40 ID:fE5GoZxV0
穂乃果「あー……」モジモジ

海未「ほほほのか!まさかできてるんですか?!」

穂乃果「いや…できてはいないけど……その」カアアア

海未「……なるほど、理解しました」

ことり「え?ことりには全然わからないよぉ…」

海未「一緒に寝たことを恥ずかしがってるんよ」ボソボソ

ことり「あ、なるほど!」ボソボソ

穂乃果(私の初めてのキス…)

穂乃果(確かにあの時は唇で…)カアアア

穂乃果(…いつ女に戻ったんだろう)

穂乃果(病院で目覚めた後かな…も、もしかして手術で…)

穂乃果(……やめよう、考えたくない…)

穂乃果(ん?まてよ?それだと希ちゃんのキスは女の子同士で……?!)カアアア

穂乃果(だ、ダメだよ!は、はれんちだよ?!!)
101: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 01:30:14.29 ID:fE5GoZxV0
〜昼

真姫「ねぇ穂乃果」

穂乃果「ん?なに?」

真姫「今日の夜暇かしら?」

穂乃果「うん!大丈夫だよ!」

真姫「一緒に天体観測しない?」

穂乃果「了解だよ!」

真姫「じゃあ私はこれで」

海未「あら?一番手だったのにいいんですか?」

海未「正直穂乃果を残してくれて嬉しい気持ちはありますが真姫的にもったいないのではないかという気持ちもあります」

真姫「いいのよ、開けた分今日の夜楽しむから」

海未「なっ…?!」

真姫「変なことはしないから大丈夫よ」

海未「そう…ですか」ホッ

真姫「いくら好きにしてもいいとはいっても淫らな事するほど野蛮じゃないわ」

海未「当たり前ですよ!」
102: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 01:33:42.23 ID:fE5GoZxV0
〜夜

穂乃果「お待たせ!」

真姫「待ってたわ、さていきましょう」

穂乃果「どこにいくの?」

真姫「私だけの秘密の場所」

穂乃果「?」



穂乃果「わぁ……」

真姫「綺麗でしょ?星を見るのにこの場所は私しか知らないんだから誰にも言っちゃダメよ?」

穂乃果「うん!」

真姫「秘密の…共有ね」

穂乃果「うん?」

真姫「なんでもないわ」
103: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 01:37:52.76 ID:fE5GoZxV0


穂乃果「あの星はなんていうの?」

真姫「あの星は─────────」

穂乃果「へぇ〜真姫はこういうの詳しいんだね」

真姫「ふふ、そうね」

真姫「星って上を向いた時に光ってくれててね」

真姫「暗いときでも光で照らしてくれる、優しさを感じるの…」

穂乃果「…そっか、真姫も優しさが必要なら俺を頼ってもいいんだよ?」

穂乃果「そういうことしか出来ない俺にとっては頼ってくれるってとても嬉しいからさ」
104: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 01:41:20.90 ID:fE5GoZxV0
真姫「…手」

穂乃果「え?」

真姫「手を貸しなさいっていってるのよ!」

穂乃果「あ、うん!」

真姫「………」ギュッ

穂乃果「………」

真姫「月が綺麗ね…」

穂乃果「そうだね…」

真姫「………バカ」

穂乃果「え?」

真姫「なんでもない、もうちょっとこのままでいさせて?」

穂乃果「わあ…ふふふ、真姫って意外に甘えん坊さん?」

真姫「か、肩を寄せるくらいいいでしょ!」
105: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 01:44:13.20 ID:fE5GoZxV0
穂乃果「月が綺麗だね」

真姫「え?!」

穂乃果「あ、星も綺麗だよ?」

真姫「はぁ……そうね」

穂乃果「なんでため息吐いたの?」

真姫「自分に聞いてみるといいわ…」

穂乃果「えぇ〜…」

真姫「…ねぇ穂乃果って将来とかもう考えてるの?」

穂乃果「そういえば考えてないな〜…」
106: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 01:47:05.57 ID:fE5GoZxV0
穂乃果「今は今を楽しんでたいなって思ってたし」

真姫「そう…」

真姫「こ、こんな時に言うのも難だけど…」

真姫「わ、私が……」

穂乃果「?」

真姫「…なんでもないわ!さ、帰りましょう!」

穂乃果「え?!」

真姫「ほら、座ってないで行くわよ!」

穂乃果「あ、まってよー!」

真姫「………」ギリッ

真姫「また言えなかった…」ボソッ
107: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 01:51:20.13 ID:fE5GoZxV0
〜帰り道

穂乃果「ここでお別れだね」

真姫「そうね…」

真姫「家まで送らなくてよかったのに…」

穂乃果「いいのいいの!何かあったら困るし!」

穂乃果「それじゃあね!」

真姫「あ…ほ、穂乃果!」

穂乃果「ん?」

真姫「また…また夜空を見に行きましょう?」

穂乃果「うん!見に行こうね!」
108: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 01:54:46.60 ID:fE5GoZxV0
真姫「あ、あともうひとつ…」

穂乃果「?」

真姫「声変わった?」

穂乃果「あ、声変わりしたみたいで…あー、あー」

真姫「そ、そう…わかったわそれじゃ」

穂乃果「うん!じゃあね!」

穂乃果(やっぱ声はばれちゃうよね…)

穂乃果(なんか男の時の声に女の時の声の高さが混ざったような感じの声してて…)

穂乃果(でもこの声意外に便利でいろんな歌に対応できたり?)

穂乃果(一応皆には声変わりで誤魔化してるけど希ちゃん海未ちゃんは事故の後遺症って思ってるみたいだね…)
110: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 01:59:18.36 ID:fE5GoZxV0
〜数日後、家

穂乃果母『ごめんなさい、また明日穂乃果家一人になっちゃうのだけれど…』

穂乃果「またか〜…」

穂乃果「申し訳ないけど誰かに泊めてもらうしかないか…」

〜LINE μ's

穂乃果だよ!:今暇な人ー?

のんたん:はい!

りん★:呼ばれてきたよ!

マッキー:勉強も終わったし暇よ

穂乃果だよ!:いや〜なんかまた明日家一人らしくて…

穂乃果だよ!:誰かに泊めてくれない?(既読8)
111: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 02:03:14.85 ID:fE5GoZxV0


花陽「こ、これは?!」

絵里「再度…」

希「チャンスがきたってわけやね!」

真姫「前回は海未に取られたけど…」

ことり「今回は負けないぞっ」

凛「穂乃果君と二人っきりになるのは…」

七人「私だ!」

にこ「明日は忙しいし今回はどっちでもいいって感じかしらね、迷惑かけるのもあれだし…」
112: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 02:08:26.78 ID:fE5GoZxV0


ELI:丁度良かったわ!明日暇なのよね…

のんたん:ならウチのとこ泊まってこの前いった個人レッスンして?

花陽:一緒にご飯作りませんか?色々教えますよ!

ことり♪:お菓子つくって待ってるからきてね♪

りん★:凛のところに泊まって一緒に遊ぼうよ!

にこにー?:子供が騒がしいし忙しくてあまり構うことが出来ないかもだけどそれでもいいなら泊めるわよ

園田海未:もう一度私の家に泊まってお話しませんか?

マッキー:私の家に泊まってもう一度星を見に行かない?
113: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 02:11:57.01 ID:fE5GoZxV0


穂乃果「やっぱり皆優しいなぁ…でも誰のところに泊まればいいんだか…」

海未「やはり…皆泊めたいですよね…」

ことり「このチャンスを無駄にはしないよ!」

花陽「そしてそろそろ…」

絵里「Skypeで電話がくる頃なのよね」



にこ「来るのはなんとなく知ってたわ」

絵里「そうね」

希「内容は前回と同じなん?」

真姫「決めるのがめんどくさかったからそうしてるわ」

凛「じゃあ先手必勝にゃ!」
114: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 02:15:46.62 ID:fE5GoZxV0


りん★:穂乃果君

穂乃果だよ!:なに?

りん★:この前いった大事な話、今度こそ話したいから絶対来て!

りん★:おねがい!



絵里「しょっぱなから大きいの投下したわね…」

真姫「凛だからこそ出来る直球っぷりね…」



のんたん:いやいやウチの個人レッスンにしよ?元々先に頼んだはウチやし



ことり「前回のアドバンテージ同士でぶつかりあってる…」

海未「目には目をってやつですね…」

にこ「こりゃ穂乃果も大変ね…」
115: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 02:19:48.55 ID:fE5GoZxV0


マッキー:そういうの関係ないと思うの、穂乃果も困るだろうし

マッキー:だから条件とかお誘いとかそういうの関係なしに今穂乃果が一番泊まりたいところにいけばいいのよ



ことり「アドバンテージの流れを斬ったね…」

希「大きくでたなぁ…」

花陽「ですがこの場合だと主導権の全ては穂乃果君に渡ります…」

真姫「そうよ、だから穂乃果が無意識に誰を選ぶかの問題よ」

海未「無意識…?」
116: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 02:23:33.79 ID:fE5GoZxV0


穂乃果だよ!:ならにこちゃんにしようかな!



にこ「え?私?!」

絵里「私は?!」

海未「理由が聞きたいのですが…」

にこ「もちろんきくわよ」



にこにー?:理由をきいてもいい?

穂乃果だよ!:忙しいっていってて何か力になれないかな?って思ってね!

穂乃果だよ!:他の皆は今度でも大丈夫そうだし!
117: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 02:26:55.13 ID:fE5GoZxV0


穂乃果(それに忙しいって聞くし海未ちゃんの時みたいに裸を見られる事故もなさそうだし…)

ことり「穂乃果君…」

花陽「穂乃果君…」

希「めっちゃいい子やん…」

海未「これには仕方ないですね、にこ、楽しんできてください…」

絵里「まぁ認めたくないけど認めるわ…」

真姫「私の穂乃果に変なことしないでよね!」

絵里「は?私のだから!」

凛「そっかー…にゃあ…」

にこ「と、とりあえずわかったわ」
118: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 02:30:19.40 ID:fE5GoZxV0


にこにー?:わかった、こないだの海未の時と同じように必要な荷物もって来なさい、待ってるわ

穂乃果だよ!:了解だよ!



絵里「ん?にこホントに忙しいんでしょうね?」

にこ「当たり前でしょ!」

真姫「じゃあ決まったことだしきるわね」

ことり「は〜い」

花陽「おやすみなさい!」



にこ「ほ、穂乃果と二人っきり…」

にこ(………ダメだ、あの時を思い出すな!)

にこ「………」プシュー
119: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 02:34:53.40 ID:fE5GoZxV0
〜次の日、夜

にこ「あ、きたのね、さぁ入って」

穂乃果「お邪魔しまーす!」

こころ「いらっしゃいませ!」

穂乃果「あ、こころちゃん!お邪魔するね!」

穂乃果「それで忙しいっていうのは」

にこ「今日は家にマ…お母さんがいなくてね、だからこころ達の世話をしないといけないのよ、寝るまで」

穂乃果「なるほど!なら手伝えるね!」

にこ「…穂乃果は子供大丈夫なの?」

穂乃果「うん!むしろ好きだよ!」

にこ「そう…」

にこ(穂乃果って子供大丈夫なんだ…当然か…)
120: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 02:38:50.06 ID:fE5GoZxV0


穂乃果「あー!またビリぃ…」

ここあ「穂乃果さん弱いな〜」

こころ「こら!そんなこと言っちゃダメです!」

穂乃果「あ、いいよいいよ、ホントに弱いし」

穂乃果「そんなことよりリベンジだ!」

こたろう「りべんじ〜」



穂乃果「うわーん!またビリぃ…」

にこ「ババ抜き三連続ビリって弱すぎじゃないの穂乃果…」

穂乃果「無念…」

こたろう「びり〜」

穂乃果「うわーん!」

にこ「ほらよしよし…」
121: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 02:41:18.82 ID:fE5GoZxV0
にこ「さてそろそろご飯ね」

にこ「ちょっと待ってなさい」

穂乃果「あ!俺も手伝うよ!」

にこ「穂乃果料理出来るの?」

穂乃果「舐めてもらったら困るよ!」



にこ「それ丸くして」

穂乃果「はーい」

にこ「あ、フライパン取って、あそこにあるやつ」

穂乃果「はいはーい!」
122: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 02:44:50.68 ID:fE5GoZxV0
こころ「なんかお母さんとお父さんみたいですね!」

ここあ「そうそう!」

こたろう「ふうふ〜」

にこ「穂乃果がお父さん…?」

穂乃果「にこがお母さん…?」

にこ「………」

穂乃果「………」

にこ「ご、ご飯作りましょうか…」テレテレ

穂乃果「そ、そう…だね」モジモジ

にこ「な、なによ…」
123: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 02:47:37.99 ID:fE5GoZxV0
穂乃果「にこならいいお母さんになれるねって思ってさ…」

穂乃果(私もお母さん側なんだけどね…)

にこ「は、はぁ?!何いってるのよ!」

にこ「…で、でも穂乃果にそう言ってもらえるのはその…」

穂乃果「?」

にこ「だぁ!なんでもない!さっさと作るわよ!」

こたろう「ふうふ〜」

にこ「う、うるさーい!」
124: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 02:49:58.34 ID:fE5GoZxV0


こころ「すー…zzz」

ここあ「くあー…zzz」

こたろう「ふうふ〜…zzz」

にこ「ふぅやっと寝たわね…」

穂乃果「あ、みんな寝ちゃったんだね」

にこ「えぇ今日は寝かすのに苦労したわ」

穂乃果「どんなことがあったの?」
126: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 02:53:17.46 ID:fE5GoZxV0
にこ「………」

ここあ『穂乃果さんと付き合ってるの?』

にこ『なっ…そんなわけないでしょ!』

こころ『なら付き合わないんですか?正直穂乃果さんなら全然問題なさそうに感じますし』

こたろう『こくはく〜』

にこ『あのねぇ…』

にこ「………」

穂乃果「にこ?」

にこ「な、なんでもないわ!さて取り合えず布団出すわね」

穂乃果「あ、うん!」
127: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 02:57:23.76 ID:fE5GoZxV0
〜にこの部屋

穂乃果「やっぱりにこはアイドル好きなんだね」

穂乃果「あ、これμ'sの…」

にこ「当然よ、アイドルは私の憧れなんだから」

にこ「これでもね、穂乃果には感謝してるのよ」

穂乃果「感謝?」

にこ「私を引っ張ってくれた、越えられないと思ってた壁を壊してくれた」

にこ「アイドルをするキッカケを作ってくれた」

にこ「はぁ…なんか改まって気持ち悪いわね、別の話しましょうか」
128: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 03:01:48.27 ID:fE5GoZxV0
穂乃果「ううん、気持ち悪くなんかないよ」

穂乃果「にこはかわいいじゃん、そりゃあ痛いところもあるけどさ」

にこ「痛いところってぬぁによぉ!」

穂乃果「あはは、それは気にしない、まぁさ頑張ってよ、アイドル」

穂乃果「ラブライブ優勝…絶対できるよ」

穂乃果「わた…俺はアイドルに関しては何も出来ないけど支えるくらいならするよ」

穂乃果「だからもっと頼って?」

穂乃果(私が優勝したんだもん、出来るはずだよ)

にこ「…穂乃果はずるいよ」

穂乃果「え?何が?」

にこ「ずるい…」モギュッ

穂乃果「うわぁ!どうしたのにこ…」

にこ「ちょっとこのままでいさせて…」

穂乃果「あ、うん」
129: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 03:06:21.28 ID:fE5GoZxV0
〜15分後

にこ「さてそろそろ寝ましょうか」

穂乃果「うん、わかったよ」



穂乃果「今日は泊めてくれてありがと」

にこ「いいわよそんなの」

穂乃果「こうして見るとにこってしっかりものだよね」

にこ「当然よ」

穂乃果「練習ではにっこにっこにーなんていってるのにね?」

にこ「………」

穂乃果「ギャップ萌えってやつかな?」

にこ「うるさいわね!」

にこ「もう!私は寝るわ!話し掛けないでよ?」

穂乃果「はーい…」
130: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 03:09:34.41 ID:fE5GoZxV0
〜朝

穂乃果「んー…?」

穂乃果「なんか体がいつもより重い…?」

にこ「すー……zzz」ギュー

穂乃果「あはは…ベットで寝てたのにこっちにきたんだね…」

にこ「ふわぁ…あ…さ?」

穂乃果「うん、そうだよ!」

にこ「ってほのか?!!」
131: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 03:12:13.86 ID:fE5GoZxV0
穂乃果「う、うんそうだけど…」

にこ「わ、私ベットで…」

にこ「……はっ」

穂乃果「にこは寂しがりやなんだね!」

にこ「…あ、うん」

にこ「にぶちん…」ボソッ

穂乃果「え?」

にこ「なんでもないわ、さっさと支度していきましょう」
132: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 03:15:52.54 ID:fE5GoZxV0
〜〜〜

希「お、主役の二人がきたで」

凛「ほ〜のかくんっ!」ギュー

真姫「もはや毎日見る光景ね…」

絵里「変なことしてないでしょうね?」

にこ「してないわよ!」

ことり「もったいないなぁ…せっかく穂乃果君が家に来てるってときなのに…」

にこ「ことりは何かするき満々じゃない…」

花陽「三度目のチャンスに期待ですね!」
133: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 03:19:27.18 ID:fE5GoZxV0
〜昼

ことり「あの…穂乃果君!」

穂乃果「なになに?」

ことり「来週のハロウィンイベントのその次のライブで使う衣装の材料が足りなくて…」

ことり「今日の放課後付き合ってくれないかな?」

穂乃果「うん!わかったよ!」

ことり「やった!」
134: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 03:24:01.25 ID:fE5GoZxV0
〜放課後

ことり「それじゃいこっか!」

穂乃果「うん!」

凛「あれ?!穂乃果君は?!」

海未「ことりと衣装の材料の買い出しに行きましたよ」

絵里「なんで止めなかったのよ!」

海未「ことりは最近穂乃果とあまり触れあえてなかったのでたまには何も言わず見てようかと思いまして」

花陽「た、確かに誰かに取られちゃってたもんね…」

にこ「まぁいいんじゃない?ことりが今日だけでポイントをダントツにするようにも見えないし」

真姫「どうしてそう思うの?」

にこ「後一言が出ないからよ」

真姫「ふーん…」

希「皆同じやん」
135: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 03:27:57.71 ID:fE5GoZxV0
〜手芸品店

ことり「ここ!」

穂乃果「うん!じゃあ入ろっか!」

ことり「これと…これと…あ、それも!」

穂乃果「はいはーい!」

ことり「いてっ」ズコッ

穂乃果「あ、大丈夫?」

ウィーン

ことり「?!?!」

強盗「動くな!金を出せ!」
136: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 03:31:06.35 ID:fE5GoZxV0
ことり「ひっ…」

ドタッ

強盗「お前!動くな!」ダッ

ことり「こ、こないで…!」

バシッ

強盗「痛っ」

穂乃果「ことりに近付くな!」

穂乃果(今日雨降るとか言われたから一応傘持ってきててよかったけど相手はナイフ…)

穂乃果(海未ちゃんから習った剣道を今ここで…!)
137: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 03:34:53.96 ID:fE5GoZxV0
強盗「何すんだよ!」シュッ

穂乃果「っ!」

ことり「穂乃果君!」

穂乃果(そういえば傘には骨組みとかあるんだっけ…なんとかナイフを防いだけど…)

強盗「くらえ!」

穂乃果「そこ!」コテッ

強盗「くっ…」

強盗「くそっ!」

穂乃果「うあ………」

穂乃果(危ない…横っ腹辺りをかすったけどセーフ…)
138: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 03:37:29.63 ID:fE5GoZxV0
強盗「くらえっ!」

穂乃果「はぁ!!」

穂乃果「メーン!!!」ガコーン

強盗「いってぇ!!」

穂乃果「まだまだ!」ペシペシッ

穂乃果「でてけ!」バンバンッ

穂乃果「でてけぇ!!!」ガッシャーン

強盗「う…くっそぉ…!」ドタドタ

ウィーン

穂乃果「よしっ!勝てた!」グッ
139: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 03:39:53.46 ID:fE5GoZxV0
ことり「ほ、穂乃果君!」

穂乃果「ことりちゃん大丈夫?」

ことり「穂乃果くんっ!」ダキッ

ことり「心配させないでよ…穂乃果君が死んじゃったらことり…」ポロポロ

穂乃果「えへへ…ごめんね……ってて…」

ことり「大丈夫?!」

穂乃果「大丈夫、かすっただけだから…」

ことり「血出てるよ?!」
140: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 03:43:25.04 ID:fE5GoZxV0
〜家

穂乃果「はぁ…今日は大変だった…」

穂乃果「あの後色々あって警察署行かなきゃならなかったし…」

穂乃果「ことりにはものすごい心配されたし…」

穂乃果母「でも良かったじゃない、警察の方にも君はすごく勇気のある人だって、君のような人が警察に向いてるなんて言われちゃって…」

穂乃果母「結局の強盗の人は捕まって感謝状まで貰えるそうだし…」

穂乃果「あはは…警察は無理かな…」
141: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 03:46:36.40 ID:fE5GoZxV0
穂乃果母「それにしても傘でナイフと戦ってたって聞いたときはびっくりしたわ、よく勝てたわね…」

穂乃果「海未…から剣道を習ったことがあってね」

穂乃果「それのおかげだよ」

穂乃果「後は運かな…ナイフが横っ腹をかすったんだけど相手がはずしてくれたから助かった…」

穂乃果母「なら海未ちゃんには感謝しないとね?」

穂乃果「ホントだよ」
142: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 03:49:45.40 ID:fE5GoZxV0
穂乃果「そういえばあの後のことり、すごい様子がおかしかったけどなんでかな?」

穂乃果母「……鈍感ね」

穂乃果「え?」

穂乃果母「いずれ分かるわよ、まったく乙女の心を弄んじゃダメよ?」

穂乃果「えー?どういうことさー?」

穂乃果母「はぁ……」

穂乃果母「後は鋭ささえあれば穂乃果はいい男になれるわよ?」

穂乃果「鋭さかぁ…」

穂乃果(というか心も体も私は乙女っていうか女の子なんだけどなぁ…)
143: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 03:54:23.59 ID:fE5GoZxV0
〜次の日、理事長室

理事長「ことりを助けてくれたみたいで…」

穂乃果「あ、いえいえ…」

理事長「警察の方にも言われまして…穂乃果さんを見ていた人は揃いも揃ってカッコよくて惚れそうといっていたと…」

穂乃果「いや〜まさかそんな…」

理事長「感謝状も貰ってますよ」

穂乃果「あ、どうも」

理事長「それで、ことりを助けてくれたお礼をしたいのですが何か要望はありますか?」

穂乃果「い、いやいいですって!そんな悪いですし…」

理事長「いいやことりを助けてくれたのですから私にはお礼をする義務があります」
144: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 03:57:50.06 ID:fE5GoZxV0
穂乃果「そ、そうは言われても…」

穂乃果「………」

穂乃果「じゃあことりに好きなもの買ってあげてください!」

穂乃果「ことり、あの事件があったお店でチラチラ見てるものがいくつかあって…」

穂乃果「あれも買うやつ?って聞いたらほしいけどお金とかの問題もあって買えないし衣装には関係ないっていってて…」

穂乃果「だから!ことりに好きなもの買ってあげてください!」

理事長「で、でもそれじゃ穂乃果さんには何も…」
145: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 04:00:25.38 ID:fE5GoZxV0
穂乃果「元々利益なんて求めて助けたわけじゃないですし大丈夫です!」

理事長「穂乃果さんは優しいのですね…」

理事長「ことりのお嫁に是非来てほしいところね…」ボソッ

理事長「わかりました、そうします」

理事長「改めてことりを助けてくれてありがとうございました」

穂乃果「いえいえ!それでは失礼します!」

理事長「はい、ありがとうございました」ペコリ
171: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 00:35:32.06 ID:lUhEa+bt0
〜廊下

穂乃果「ふぅ…お礼なんていいんだけどなぁ」

絵里「穂乃果?!大丈夫だった?!」

希「穂乃果君大丈夫?!」

真姫「穂乃果!怪我はない?大丈夫?」

凛「怪我したところは凛が治してあげるよ!」

花陽「ぶ、無事で何よりです…」ホッ

にこ「ほんとね…」

穂乃果「み、みんなどうしたの…」
172: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 00:40:12.77 ID:lUhEa+bt0
真姫「強盗と一対一でやりあったとかきいてビックリしたわよ!」

穂乃果「大丈夫!大丈夫!」

希「強盗と戦って勝ったん?」

穂乃果「うん!」

にこ「よく勝てたわね…」

穂乃果「まぁ色々あって…」

真姫「ことりを助けたんですって?」

穂乃果「そうそう、強盗の人がことりに向かってたから…」

希「ウチもそこの立場にいたかったなぁ…」ボソッ

にこ「今回の事件でことりは確実に堕ちるところまで堕ちたわね…」ボソボソ

花陽「穂乃果君以外は多分認めらなくなったね…」ボソボソ
173: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 00:44:51.92 ID:lUhEa+bt0
真姫「まさに王子様と」

絵里「お姫様ね…」ムスー

穂乃果「もちろん皆のことも守るよ?」

穂乃果(女騎士なんだよね…王子様っていうか…)

真姫「と、当然でしょ!」

にこ「これがズルいのよ…」

海未「…生徒会室に中々来ないと思ったら皆に捕まってたのですね」

ことり「えへへ〜穂乃果君昨日はありがとぉ〜」モギュー

にこ「珍しくことりが大胆…」

花陽「堕ちましたね…」
174: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 00:50:43.90 ID:lUhEa+bt0
凛「あ、あの穂乃果君」

穂乃果「ん?どうしたの?」

凛「あ、今度の休みに近くのグラウンドで二人ペアが互いにバトンを持って100mずつ走る計200m走る大会?みたいなのがあって…」

凛「良かったら一緒にでて…くれないかな?」

穂乃果(?!?!?!)

穂乃果(どどどうしよう…)

穂乃果(断りたいけど凛ちゃんの期待の眼差しが痛い…)

凛「………」キラキラ

穂乃果「お、俺でよければいいけど…」

穂乃果「で、でもあんまり足速くないよ?」

凛「ううん!凛は一緒に走りたいだけだから!」

穂乃果「そっか、分かったよ!頑張ろっか!」

凛「うん!」

穂乃果(大丈夫かなぁ…)
175: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 00:57:00.67 ID:lUhEa+bt0
〜そして休日

穂乃果「うわぁ人がいっぱい…」

凛「人気はそれなりにあるから…」

花陽「凛ちゃん、穂乃果君頑張って!」

真姫「まぁ頑張って」

花陽「というか大会前に一応走ったけど穂乃果君普通に速いよね…」

真姫「遅いなんて私に対しての皮肉かしらね」



穂乃果「先は俺だね、なるべく早くバトン渡すよ!」

凛「うん!」

穂乃果「ブロックに別れてるんだね」

凛「参加人数も結構いるから一レースじゃ消化出来ないんだって」

穂乃果「へぇ〜」

穂乃果(なんかタイムスリップ?する前にスクールアイドルやってたからか私が男だったからか体力とかも結構あってかなり速いスピードで走れる)

穂乃果(だからこの際勝ちたいな〜…)
176: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 01:02:41.02 ID:lUhEa+bt0
〜〜〜

真姫「さて、始まるわね」

花陽「なんか緊張してきたよぉ…」

穂乃果「よし!絶対に一番で渡すよ!」

「それでは始めます」

「位置について…よーい…」

パーン!

穂乃果「はっ!」ダダッ

真姫「はやっ!」

花陽「なんかダントツ?」

穂乃果「凛!」

凛「はいはーい!」ダダダッ

真姫「試合になってないじゃない…」

花陽「もう半分以上差がついてるね…」



凛「いっちば〜ん!」

穂乃果「いえーい!」ハイタッチ

花陽「二人ともすごいよ!この調子で後一レースも勝っちゃって!」

真姫「どちらも速すぎて他の人困惑してたわよ…」

穂乃果(海未ちゃんのトレーニングのおかげかな?)
177: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 01:07:42.60 ID:lUhEa+bt0
〜最終レース

真姫「一レース目で一番になった人達ね」

花陽「そうだね!」

「では始めます」

「位置について…よーい…」

パーン!

穂乃果「とぉっ!」

真姫「出だしは完璧ね」

花陽「やっぱり速いね…」

真姫「他の人も速いけど穂乃果が頭ひとつ抜けてるわね、これは勝負ありかしら」

穂乃果「凛!頑張って!」

凛「いっくにゃー!」ダダッ

凛(よしっ!このまま一番を…)

凛「にゃっ…」ズコッ

ズサー

真姫「え?!そこで転けるの?!」

花陽「凛ちゃん!後少しだから頑張って!」

凛「う…くっ…!」ダッ

花陽「あっ…抜かされちゃった…」

真姫「やらかしたわね…」

凛「うぅ……」
178: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 01:10:26.00 ID:lUhEa+bt0
〜大会後

真姫「惜しかったわね、凛…」

花陽「凛ちゃん、そこまで落ち込まないで…?」

凛「う…う、う…あ…うぇえええええええん!!」ポロポロ

花陽「あぁ…凛ちゃん…」

真姫「まぁ無理ないわよね…」

穂乃果「凛、別に俺は怒ってないよ?いいじゃん、三位でも」
179: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 01:15:33.87 ID:lUhEa+bt0
穂乃果「これも結果、凛は自分のせいで負けたと思ってるかもだけど全然違うよ?」

穂乃果「…でも、今は泣いていいよ、気持ち悪いかもだけど俺の胸なら貸すから…」

穂乃果(私の胸がなくてよかった…)

凛「う、うぅ…うぇ…うぇえええええん…」ギューッ

穂乃果「今度一緒にラーメン食べに行こうか!」ナデナデ

凛「ううぅ…うん…」ポロポロ

花陽「真姫ちゃんが何も言わないなんて珍しいね」

真姫「あの状況でどう入れっていうのよ、それに凛も可哀想でしょ」

穂乃果「よしよし…」ナデナデ

凛「ぐすっ……」

真姫「今は凛の好きにさせてあげましょう…明日は譲らないけど」

花陽「うん!そうだね!」
180: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 01:18:05.04 ID:lUhEa+bt0
〜帰り道

凛「ごめんね…穂乃果君…」

穂乃果「もうその話はしない、いい?」

凛「で、でも…」

穂乃果「俺は楽しかったよ、凛は楽しくなかった?」

凛「う、ううん…楽しかったよ…!でも…」

穂乃果「ならいいじゃん!順位なんて気にしてないよ?楽しめたならそれでいいじゃん!」

凛「………」
181: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 01:23:46.61 ID:lUhEa+bt0
穂乃果「ほーらっ!」ポンポン

凛「ん…何?」

穂乃果「よいしょっと!」

凛「ひゃっ………」

穂乃果「ほら!凛がやってほしいっていってたやつ!」

穂乃果「確かお姫様抱っこっていうんだっけ?」


穂乃果「今の凛はお姫様だねっ」ニコッ


凛「…!」ドキッ

穂乃果「家まで送るんむ?!?!?」

チュー

凛「えへへ…しちゃった…」ドキドキ

穂乃果「も、もう…!」カアアア

凛「凛の王子様…!」

凛「ねぇ…凛ね、恋しちゃった」

穂乃果「恋…?」

凛「もう穂乃果君…しか……zzz」

穂乃果「あれ…寝ちゃった…寝ぼけてたのかな…?」
182: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 01:27:52.41 ID:lUhEa+bt0
〜凛家

凛母「凛を送ってくれてありがとうね〜」

穂乃果「いえいえ!」

凛母「にしてもお姫様抱っこで送るとはもしかして彼氏…?」

穂乃果「いや違いますよ!色々あって悲しんでたので…」

凛母「そーかいそーかい…まぁまだ途中ってところだね?」

穂乃果「え?」

凛母「ううん、なんでもないさ、まぁこれからも凛のことよろしく頼むね」

穂乃果「はい!では!」

凛母「はいは〜い、気を付けて帰りなよ〜」
183: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 01:31:08.26 ID:lUhEa+bt0
〜家

穂乃果「あれ…?絵里…?」

絵里「あ、穂乃果!今日泊めて!」

穂乃果「えぇ?!と、突然すぎだよ!どうしたの?」

絵里「…亜里沙と喧嘩した」

穂乃果「えぇ…仲直りしないと…」

絵里「明日するわよ!だから今日は泊めて!お願い!」

穂乃果「うう、わかったよ、明日ちゃんと仲直りしてよ?」

絵里「ええ!分かったわ!」
184: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 01:34:00.30 ID:lUhEa+bt0


穂乃果「ご飯までもうちょっとあるけど何する?」

絵里「何しようかしら…」

絵里「ん…このノート…」

絵里「これから…?僕たちはひとつの光…?」

穂乃果「あー!見ちゃダメー!」

絵里「あ、ちょっと!それなによー!」

穂乃果「秘密のノートだよ!見ちゃダメ!」
185: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 01:36:31.66 ID:lUhEa+bt0
絵里「秘密なんて言ったら見たくなるのが普通よね?」

穂乃果「…そうだね」

絵里「だから見せなさーい!」ダッ

穂乃果「ダメだよー!」

絵里「とっぴー!」

穂乃果「あー!!」

絵里「何々…いつも通り待ってるね、あの場所で待ってるよ…?」

穂乃果「もー!絵里なんてだいっきらいー!」

絵里「っ?!」ピクッ
186: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 01:39:46.29 ID:lUhEa+bt0


絵里「うわ〜ん許してぇ穂乃果ぁ…」

穂乃果「もう知らないっ」プイッ

絵里「ごめん…ホントにごめんなさい…」

絵里「ホントに…私、穂乃果がいないと…」ウルウル

絵里「ホントに…」

穂乃果「わわっ…分かったよ!許すよ!」

絵里「ホント…?」

穂乃果「許すよ!でもこのノートは誰にも言わないでよ?」

絵里「ええ、分かったわ!」キリッ
187: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 01:44:39.03 ID:lUhEa+bt0
穂乃果「…このノートの事聞きたい?」

絵里「怒らないなら…」

穂乃果「…このノートはね、μ'sの皆が目標を達成した時に真姫に曲を作ってもらおうかなって考えてるノートだよ」

絵里「目標?」

穂乃果「とりあえず適当にノート見てみてよ」

絵里「ハロウィンイベント成功…storm in lover…?」

穂乃果「それは海未と絵里のデュエット曲」

絵里「私?!」

穂乃果「そうだよ、そこは文は歌詞」

絵里「…もしかして恋の歌?」

穂乃果「そうだよっ!」
188: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 01:46:52.43 ID:lUhEa+bt0
絵里「もしもからきっと?」

穂乃果「希のソロ曲だよ」

絵里「…すごいわね、きっといい曲なんでしょうね!」

穂乃果「うん!そうだね!」

穂乃果(だって全て知ってるんもん…)

穂乃果母「二人ともー!ご飯よー!」

二人「はーい!」

穂乃果「じゃあいこっか」

絵里「そうね!」
189: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 01:50:24.68 ID:lUhEa+bt0


穂乃果「ごちそうさまでした!」

絵里「ごちそうさまでした」

穂乃果母「穂乃果宿題やった?」

穂乃果「あ、まだやってなかった…」

穂乃果母「早くやりなさい、今からやらないとおやつ抜きよ」

穂乃果「えぇ?!もー!分かったよ!やってくる!」ダダッ

穂乃果母「ふふ、少し強引だったかしら」

絵里「あ、あのお母さん?」

穂乃果母「少しお話しましょう?ちょっぴり真剣なお話」

絵里「は、はい…」
190: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 01:54:16.95 ID:lUhEa+bt0
穂乃果母「穂乃果を振り向かせるには直球さが必要よ」

絵里「え…?」

穂乃果母「恋の話よ、言わせないでって」

絵里「あ、すいません…」

穂乃果母「穂乃果はね鈍感なのよ、それもかなり酷い」

穂乃果母「だから好きって言っても特別な意味に気が付かないのよ」

絵里「そ、そこまで…」

穂乃果母「穂乃果の回りにはあなたみたいなかわいい女の子がたくさんいたわね」

絵里「あ、μ'sの…」
191: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 01:58:04.87 ID:lUhEa+bt0
穂乃果母「そうそう、分かってるかもだけど海未ちゃんとことりちゃんは穂乃果一筋よ?」

絵里「そうですよね…幼馴染みで…」

穂乃果母「そうそう、それにことりちゃんは穂乃果に強盗から助けてもらったみたいだし…ね?」

絵里「言いたいことは分かります…」

穂乃果母「私はね、穂乃果の相手は誰でもいいの」

穂乃果母「もちろん、悪い意味でということじゃないわよ?」

穂乃果母「皆いい子そうだし誰にでも任せられるなってこと」

絵里「は、はぁ…」
192: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 02:02:03.09 ID:lUhEa+bt0
穂乃果母「結局最終的に穂乃果が決めることだけど…」

穂乃果母「絵里さんが卒業する頃には、多分…いや絶対に」


穂乃果母「相手が出来てるわよ?」


絵里「!!」ガタッ

絵里「あ、すいません…」

穂乃果母「いいのよ、私の予想だとね病院で穂乃果と一緒に寝てた希さんって子と凛さんって子が一番最初に出ると思うわよ」

絵里「希と凛…か」

穂乃果母「あまり隠す気は無さそうだし」

絵里「…まぁ確かに」
193: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 02:06:59.20 ID:lUhEa+bt0
絵里「じゃあ今日にでも攻めた方がいいんですか?」

穂乃果母「それは違うかな?」

穂乃果母「まずは地盤を固めないと」

絵里「地盤?」

穂乃果母「デートに誘うとかそういうことよ、小さなことからコツコツとってやつ」

絵里「ならもう私は…」

穂乃果母「ううん、そういうことじゃないの」

絵里「え?」

穂乃果母「はっきりいって穂乃果を惚れさせるには難しいわ、鈍感である以上に根は真面目だから」

絵里「確かに真面目…」

穂乃果母「仮に恋愛的な意味で付き合えたとしても他の子の関わりを疎かにするほど穂乃果も盲目的じゃないと思うし…」

絵里「そうなんですか…」
194: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 02:11:12.86 ID:lUhEa+bt0
穂乃果母「だから穂乃果を振り向かせられるアドバンテージが必要なのよ、それが地盤固め」

絵里「ふむふむ…」

絵里「でも!私にはそれでももう足りてます」

穂乃果母「…そっか、そうよね、その程度じゃ揺らがないか」

絵里「もちろんです!」

穂乃果母「良かった、あなたにはもう何も言わないわ、穂乃果も任せられる」

穂乃果母「後は頑張って?」

絵里「はい!」

穂乃果母「話は終わり、時間とってごめんなさいね、穂乃果のところにいってあげて?」

絵里「はい、ありがとうごさいました」

絵里「それでは!」

穂乃果母「ふふっ穂乃果のお嫁さんは誰になるか楽しみね」
195: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 02:15:02.58 ID:lUhEa+bt0
〜二階

雪穂「あ、あの…」

絵里「あら雪穂ちゃん、どうしたの?」

雪穂「お話しませんか?」



絵里「それで話って…」

雪穂「お兄ちゃんのことです」

雪穂「やっぱり絵里さんはお兄ちゃんの事が好きなんですか?」

絵里「当たり前よ、好きになるなっていう方が難しいわよ」

雪穂「…そうですよね」

雪穂「私はお兄ちゃんが誰かと付き合うことで離れちゃうんじゃないかって感じがして怖いです」
196: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 02:19:46.18 ID:lUhEa+bt0
雪穂「でも私は直接干渉はしません、お兄ちゃんが幸せならそれでいいんですから…」

絵里「………」

雪穂「でもそれはお兄ちゃんを幸せに出来る相手ならの話です」

雪穂「絵里さん…絵里さんはお兄ちゃんを幸せに出来ると“言い切れますか?”」

雪穂「好きだから付き合いたいなんて思ってる程度ならお兄ちゃんが良くても私が許しません」

雪穂「絶対に出来るくらい思ってないと絶対に認めません」

絵里「…何を言うかと思えばそういうことね」

絵里「バカにしないで!」バンッ

雪穂「!」ピクッ
197: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 02:24:36.90 ID:lUhEa+bt0
絵里「私がどれだけ穂乃果の事を思ってるか…」

絵里「絶対に幸せに出来ると言えるのかっていってたわよね、出来るに決まってるじゃない!」

絵里「一生養うわよ!」

絵里「よくポンコツとか言われてるけど舐めないで?私は本気よ、穂乃果の為ならプライドだって捨てる、それだけ本気」

絵里「正直ことりや海未には敵わないかもだし凛や希には足元掬われそうだし」

絵里「にこや花陽には女子力とかそういう養う面で負けてる、真姫みたいに贅沢が出来るわけじゃない」

絵里「けど私は勝つ、大事なのは愛情や決意の固さ…そうよね?」

雪穂「…!はい、そうです」
198: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 02:27:40.99 ID:lUhEa+bt0
絵里「…それじゃあ私は穂乃果のところにいくから」

雪穂「絵里さんの気持ちは充分わかりました」

雪穂「そこまで強い決意を持っているならば」


雪穂「待ってます、まずは私のところまで来てください」


絵里「もちろんよ!待ってなさい!」

雪穂「お話は終わりです、ありがとうございます」

絵里「それじゃあね」

雪穂「絶対お兄ちゃんを幸せに出来る……ね」

雪穂「誰が初めに辿り着くか…」
199: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 02:30:24.82 ID:lUhEa+bt0


絵里「宿題は終わった?」

穂乃果「う〜難しい…もうちょっとなんだけど…」

絵里「どこかしら?」

穂乃果「これだよこれ〜」

絵里「これはここを────」

穂乃果「あ、なるほど!すごい!」

絵里「頑張ってね」

穂乃果「うん!」

絵里「………」

絵里(絶対…幸せに…か…)
200: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 02:34:39.76 ID:lUhEa+bt0
〜就寝前

絵里「少し狭いわね…」

穂乃果「もう…強引だね…」

絵里「いいじゃない…希が一緒に寝ててずるいなって思ったんだから」

穂乃果「あはは…」

絵里「……ねぇ」

穂乃果「ん?なに?」

絵里「亜里沙と喧嘩したっていうのは実は嘘なの」

穂乃果「えぇ?!」

絵里「ホントはね、穂乃果と二人っきりになりたかったから喧嘩したって嘘をついたの」

絵里「どうして穂乃果と二人っきりになりたかったかわかる?」
201: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 02:38:18.88 ID:lUhEa+bt0
穂乃果「…んー?なんだろ?」

絵里「…鈍感め」

穂乃果「え?」

絵里「答えは教えないわ、穂乃果自身で見つけて?」

穂乃果「えぇ〜…」

絵里「でも、近いうちに答え合わせしましょ?」

絵里「穂乃果の答えはあってるといいわね」

穂乃果「…うん!考えてみるよ!」

絵里「それじゃあ寝ましょうか」モギューッ

穂乃果「うぅ…くるしっ…」
203: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 02:42:09.18 ID:lUhEa+bt0
〜数日後

穂乃果「イベントお疲れ様!!」

穂乃果「大成功だね!」

希「ウチどうだった?」

穂乃果「とっても可愛かったよ!」

凛「凛は凛は!!」

穂乃果「可愛かったよ!」

真姫「私は言わずもカワイイわね」

海未「わ、私はどうでしたでしょう……」

ことり「えへへ…カワイイかぁ…」

にこ「ま、まぁにこもカワイイは当然ね」

花陽「………」
204: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 02:46:20.60 ID:lUhEa+bt0
〜次の日、部室

花陽「おまたせー…ってこないだみたいに穂乃果君だけなんだね」

穂乃果「そうだね〜…」

花陽「………」

穂乃果「………」

穂乃果「イベントの時の花陽、ものすごい輝いてたよ」

穂乃果「…花陽ってさもしかして劣等感感じてない?」

穂乃果「個性とかそういうところで」

花陽「!」

穂乃果「劣等感なんて感じる必要なんてないよ?」

穂乃果「だって花陽はイベントの時じゃなくてどんなときでもカワイイからさ!」

穂乃果「……あはは、なんか暑いね、窓開けよっか」
205: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 02:49:00.05 ID:lUhEa+bt0
花陽「穂乃果君」

穂乃果「ん?」フリムキ

チュッ

穂乃果「ふむ?!?!?!?」

チュー

穂乃果「………?!?!?!」

花陽「ぷはっ……」

穂乃果「は、花陽ちゃ…」

花陽「穂乃果君」

穂乃果「は、ひゃい!」
206: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 02:53:24.28 ID:lUhEa+bt0
花陽「私ね、穂乃果君の事が好き」

穂乃果「え…俺も」

花陽「違うの!」

穂乃果「!!」ピクッ

花陽「私は穂乃果君の事が恋愛的な意味で好き」

花陽「穂乃果君といるとね、この気持ちを隠すのがとっても辛くてね」

穂乃果「穂乃果君が誰かと話してるの見ると胸が痛くなるの…」

花陽「穂乃果君はなんでもお見通しなんだね…」


花陽「劣等感を感じてないか」


花陽「μ'sの皆と比べたら私は“穂乃果君に対して”味がない、だから辛かった」

花陽「それでも穂乃果君はそんな私を受け止めてくれるんだね…」
207: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 02:58:03.59 ID:lUhEa+bt0
花陽「皆には言ってなかった、輝いてたよの言葉」

花陽「私を皆としてじゃなくて一人の女として見てくれた」

花陽「もうこの気持ちを我慢できない…」

穂乃果「はな」

チュー

穂乃果「?!?!?!」

花陽「返事は今聞かない…」

花陽「いつまでもかかってもいい、でも返事は絶対に返して」

花陽「私のファーストキスを奪わせてまで振ったら許しませんからね!」

凛「お待たせにゃー!」ドーン

花陽「お帰り凛ちゃん♪」

穂乃果「あ、お、おかえり!」

穂乃果(どどうしよう……花陽ちゃんって私のこと好きだったんだ…)

穂乃果(で、でも…私は女…)

穂乃果(………)
208: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 03:02:14.22 ID:lUhEa+bt0
〜そしてまた数日後、練習

理事長「あ、穂乃果さんちょっといいかしら」

穂乃果「はいはーい!」

ことり「お母さん?」

希「こないだも呼ばれてからその続きやない?」

海未「そうかもしれませんね」

〜理事長室

理事長「ちょっとあまり大きな声で言えないことだからもうちょっとこっちに来てくれるかしら?」

穂乃果「あ、はい…?」

理事長「今からお話しすることはとっても真面目な話だからよく聞いて」

穂乃果「…わかりました」
209: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 03:05:37.35 ID:lUhEa+bt0
理事長「単刀直入に言うけどことりをもらってくれないかしら?」

穂乃果「…え?もらうって…」

理事長「少し…というかかなり早いけど結婚を前提に付き合ってほしいということよ」

穂乃果「え、えぇー?!?!!!!」



凛「にゃ…?」

にこ「穂乃果の声ね…」

真姫「今理事長室なのよね?なんで屋上まで聞こえるのよ…」

絵里「ものすごい驚いてるようだったけど…」
210: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 03:09:23.25 ID:lUhEa+bt0


穂乃果「ど、どうして?!」

理事長「しーっもうちょっと声量下げて」

穂乃果「あ、すいません…」

理事長「ことりに一番、というかピッタリ合うのが穂乃果さんだからよ」

理事長「命を賭けてまで戦うことが出来る強さ、ことりを笑顔に出来る明るさ、その明るさから生まれる心の広さ」

理事長「穂乃果さんならことりを安心して任せられると思ったからよ」

理事長「事実ことりも穂乃果さんと付き合えるなら万々歳といったところだと思うわ」

穂乃果「…そうなんですか」
211: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 03:12:18.20 ID:lUhEa+bt0
理事長「穂乃果さんがことりを助けてから今に至っても様子がおかしいのよ」

理事長「穂乃果さんの話をすると頬を赤らめて顔を隠して…」

理事長「ため息ばっか吐いててね…」

理事長「穂乃果さんやことりがまだ中学生の時に穂乃果さんがことりの誕生日にくれた手作りのキーホルダーあったわよね?」

穂乃果「え?あぁはい…」

穂乃果(あったっけ…)

理事長「今でも大切に扱ってるの、いつも持ち歩いててね」
212: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 03:16:34.39 ID:lUhEa+bt0
理事長「だからことりは……」

理事長「…言わなくても後は分かるわよね?」

穂乃果「………」

『恋愛的な意味で好き』

穂乃果「……はい」

理事長「そう…だから考えてほしいの」

理事長「ことりと結婚を前提に付き合うかってことを…」

理事長「もちろん、無理は言わないわ、決めるのは穂乃果さんだもの」

理事長「でも、穂乃果さんがことりを選んでくれるならことりは幸せよ、それだけは覚えといて」

理事長「後これは完全オフレコでお願いするわ」

穂乃果「…わかりました」

理事長「返事は穂乃果さんやことりが三年生になるまでにお願いしますね」

穂乃果「はい…」
213: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 03:18:45.77 ID:lUhEa+bt0
〜廊下

穂乃果「………」

花陽『私は穂乃果君の事が恋愛的な意味で好き』

理事長『ことりと結婚を前提に付き合ってほしい』

『返事は……』

穂乃果「………」

穂乃果「今日は悪いけど帰ろう…」

穂乃果(なんか…突然すぎて整理できないや…)
214: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 03:23:01.37 ID:lUhEa+bt0


希「あ、帰ってきた」

凛「ほのかくーん!!!」モギュー

穂乃果「わわぁ…」

にこ「…?どうしたの?浮かない顔してるけど」

穂乃果「ちょっとあってさ…だから今日は帰るよ…こめん…」

絵里「なに…?」

海未「私達で良ければ相談にのりますよ」

ことり「うん!そうだよ!」

穂乃果「…ありがとう、でも気持ちだけもらっておくよ」

穂乃果「それじゃあまた明日!ダダッ

花陽「あ!穂乃果君!」

真姫「完璧に理事長関係よね」

希「タイミング的にそうやね」

ことり「お母さんなに話したんだろう…」
217: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 00:30:50.82 ID:ouINWJDR0
〜帰り道

穂乃果「……はぁ」

凛母「おっあの時の!」

穂乃果「ん?あ、凛のお母さん、こんにちは」

凛母「今日は早いね、何かあった?」

穂乃果「…そういうように見えます?」

凛母「そうだねぇ〜少なくともこの前の君じゃないね〜」

穂乃果「そうですか…」

凛母「…ねぇ、こんな時にこんな話するのはどうかと思うんだけどさ」

穂乃果「…?」
218: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 00:35:02.60 ID:ouINWJDR0
凛母「凛…良かったらもらってくれない?」

穂乃果「?!?!?!??!」

凛母「そりゃ驚くよね…」

穂乃果「え、あの…」

凛母「あはは!ちゃんと説明するよ」

凛母「凛ったら家に帰ってもずっと君のことばっか話してるんだよ、足が速いとか優しいとかカッコいいとか」

凛母「なんかね〜もう凛は君しか見えてないみたいでね、こんな言い方するのも難だけどさ…」


凛母「君に依存しちゃってるんだよ」


穂乃果「…!!!」
219: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 00:39:43.05 ID:ouINWJDR0
凛母「それにこういうこというと卑怯になるけど凛は君がいないと生きていけないような人になっちゃったんだよね」

凛母「盲目である故に観点がない、ずっと見つめるんじゃなくてずっと隣に居ようとする」

凛母「…なんでこんな話をしたかっていうとね」

凛母「君って人気者らしいじゃん、だから早くしないと取られちゃうんじゃないかって思ってさ」

穂乃果「………」

花陽『私は穂乃果君の事が恋愛的な意味で好き』

理事長『ことりと結婚を前提に…』

穂乃果「………」
220: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 00:44:01.64 ID:ouINWJDR0
凛母「まぁさ、いいよ無理なら」

凛母「最後は君が決めることだ、でももし凛をもらってくれるなら凛は幸せだよ、言葉じゃ表しきれないくらいに」

凛母「凛はいつでも待ってるから」

穂乃果「………」

穂乃果「………返事は」

凛母「返事はそうだね〜…今ってわけにもいかないし、君が卒業するまででどうだい?」

穂乃果「わかりました、その時までに返します」

凛母「うん!確かに聞いたからね!」

穂乃果「それでは…」

凛母「はいは〜い!」フリフリ

凛母「…凛もいい男見つけたんだな」
221: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 00:46:33.23 ID:ouINWJDR0
〜その後

穂乃果「……あっ」

海未母「あら…穂乃果さん」

穂乃果「お久しぶりです」

海未母「お久しぶりですね!あ、そうだ」

海未母「良かったらお話しませんか?話したい事があったので…」

穂乃果「…?分かりました」
222: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 00:50:02.57 ID:ouINWJDR0
〜海未家

穂乃果「ここは…」

海未母「海未さんが稽古をする場所です」

穂乃果「…?」

海未母「私と何戦か交えましょう」

穂乃果「えぇ?!」

海未母「逃げるだなんて申し上げないでください、海未さんはここ最近稽古に集中が出来ていません」

海未母「理由はなんとなく分かってました、穂乃果さん絡みだと…ここで一人だけで稽古してるときは穂乃果穂乃果と独り言がすごく多かったです」
223: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 00:53:22.72 ID:ouINWJDR0
海未母「海未さんはあなたに……いや言わない方がいいですね」

海未母「海未さんはあなたを認めたのでしょう、あなたの全てを」

海未母「だから私はあなたの強さが知りたいのです」

海未母「単純に腕前とか達人とそういう強さではない本当の強さを…」

穂乃果「本当の強さ…」

海未母「剣道で勝負です、やったことはありますよね?」

穂乃果「はい…」

海未母「ならいざっ!」
224: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 00:57:39.88 ID:ouINWJDR0


穂乃果「はぁ!」シュッ

海未母「遅いです!」ガシン

穂乃果「…っ!」

穂乃果(小手を狙ったけど流石に無理か…)

穂乃果(頭は身長の問題で狙いにくいし…)

海未母「今です!」

穂乃果「うわっ?!」

穂乃果(速い…でもまだ防げるはず…)

穂乃果?「…?!」スカッ

海未母「はぁ!」

穂乃果「っ…」

海未母「一戦目は私の勝ちですね」

穂乃果「………」
225: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 01:01:40.56 ID:ouINWJDR0
〜〜〜

穂乃果『うっ…』

海未母『二戦目も私の勝ちです』

穂乃果『またっ…』

海未母『学習してください、それでは話になりません』

穂乃果『くぅ……』

海未母『四戦目!』

海未母『五戦目!』

海未母『六戦目!』

穂乃果『うっ…』クラッ

穂乃果(…っ!まだだ!まだ終わってない!)

海未母『まだまだぁ!』

穂乃果『うあっ…』
226: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 01:05:48.37 ID:ouINWJDR0


海未母『十五戦目です』

穂乃果『………』ヨロヨロ

海未母『そろそろお疲れでしょうが私は手を抜きません』

海未母『それでは参ります』

海未母『斬っ!』シュッ

穂乃果『………』ギシッ

海未母『力が入ってません!』メーン

穂乃果『………っ』バタッ

海未母『ここまでですか…それなりに持った様ですが認めるわけにはいきませんね…』
227: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 01:10:18.88 ID:ouINWJDR0
穂乃果(……横になって楽な体勢になってるはずなのにどうしてこんなに疲れるんだろう、胸が痛いのだろう)

穂乃果(私はどこまでやれたのだろう…まだまだ私はまだ出来るはずなのに)

穂乃果(どうして体が動かないんだろう…)

穂乃果(決意が足りなかったのか…軽い気持ちで前を向いてたのか…)

穂乃果(いや、違うよ…本当の強さに気付けてないんだ…)

穂乃果(なら本当の強さってなんだ…あの人にどう勝てばいいんだ…)

穂乃果(腕前ではない本当の強さ…)

穂乃果(………!)
228: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 01:13:35.24 ID:ouINWJDR0
穂乃果『……くぁ…!』

海未母『…まだやれますか』

穂乃果『こんな…ものいらない…』

海未母『?!?!』

海未母『怖くないのですか?面をとって戦うというのは』

穂乃果『この痛みに比べれば全然…』ギシッ

海未母『!!!…驚きました…舌をそんな強い力で噛むなんて…』
229: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 01:17:20.87 ID:ouINWJDR0
穂乃果『守る力、それこそが…』

海未母『!、そうです、本当の強さです』

穂乃果『……っ!』シュッ

海未母『速い…』

海未母『でも…もらった!』

穂乃果『させない!』

海未母『なっ…取っ手部分でガード…?!』

穂乃果『…剣道という前に!俺には守る者がいる!』

穂乃果『だから何としてでも勝つ!』

海未母『くっ…』

穂乃果『胴!』
230: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 01:21:34.91 ID:ouINWJDR0


穂乃果「………」

海未母「ふふふ、私の敗けですね」

海未母「穂乃果さんは実に面白い人です、気に入っちゃいました」

海未母「あなたなら海未さんを任せても大丈夫そうです、諦めない力、守る力、痛みを怖れない強さ、定めた決意を貫く強さ」

海未母「お見事です…」

海未母「しかしながら私が一方的に話を進めたせいで穂乃果さんの気持ちを聞いてませんでしたね」

海未母「返事は今言わなくても結構です、海未さんや穂乃果さんが三年生になるまでに返してください」

穂乃果「……は、い」バタッ
231: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 01:27:47.88 ID:ouINWJDR0
〜〜〜

穂乃果「ん……?」

海未「あ!穂乃果、やっと目を覚ましましたか…!」

穂乃果「あ、海未…どうしたの…」

海未「どうしたもないですよ!お母様と真剣勝負をして倒れたって聞いたときにはもう…」

穂乃果「あはは…そうだったね…でも…」

海未「お母様を認めさせた…そうですよね?」

穂乃果「…うん、そうだよっ」

海未「流石…穂乃果ですね…」ギュー

海未「ですが…無茶しすぎです!」

海未「口の中血まみれですよ…」

穂乃果「舌を本気で噛んだからね…」
232: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 01:31:29.81 ID:ouINWJDR0
海未「…無茶しすぎではありますが私の為にそこまでやってくれたのてはとても嬉しい次第です」

穂乃果「やるべきことを…果たしただけだよ…」

海未「…もう!」モギュー

海未「…今日は私の家に泊まっていきませんか?」

穂乃果「…ううん、今日は止めておくよ」

穂乃果「考えなくちゃならないこと、たくさん出来たから」

海未「…そうですか、分かりました」シュン
233: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 01:33:41.94 ID:ouINWJDR0
穂乃果「じゃあ起きたばっかだけど帰るね…」

穂乃果「…っいてて…ってあれ…もしかして膝枕?」

海未「え?!あ、いや!気分ってもので!」

穂乃果「ふふふ、そっか」

海未「何がおかしいんですか!」

穂乃果「な、なんでもないよ!じゃ!」

海未「あ!こらー!穂乃果ぁ!」
234: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 01:35:59.82 ID:ouINWJDR0
〜家

穂乃果「ただいま〜」

雪穂「おかえ…ってなにしたの?!ボロボロじゃん!」

穂乃果「色々あってね…でも大丈夫!」

雪穂「は、はぁ…?」

穂乃果母「雪穂ー!」

雪穂「あ、はーい!ごめん、いってくるね」

穂乃果「はいはーい」
235: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 01:39:57.21 ID:ouINWJDR0


雪穂「何?お母さん」

穂乃果母「穂乃果の話よ」

雪穂「!!」

穂乃果母「穂乃果ね、海未ちゃんのお母さんと剣道で勝負したんだって」

雪穂「えぇ?!」

穂乃果母「ことりちゃんのお母さんと凛ちゃんのお母さんからも聞いたんだけどね、皆穂乃果をお嫁さんにしたいみたいでね」

穂乃果母「動くべきものが動いたって感じなのよ、今こそが」

雪穂「……わかった」

雪穂「二階いくね」

穂乃果母「え、えぇ」
236: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 01:45:54.58 ID:ouINWJDR0
〜二階

雪穂「動くべきもの…か」

雪穂「もうそんなに…近付いてるんだ…」

雪穂「もう後ろを気にしてないといけないんだ」

雪穂「早すぎるよ…私だって…」



穂乃果「もらってくれない…か」

穂乃果「私…じゃなくて俺…」

穂乃果「俺がいないと生きていけないか…」

穂乃果「本当の強さ…」

穂乃果「幸せか……か、なんかもう分からないや…」

穂乃果「花陽ちゃん…大胆だったな…あんなこというなんて…」

穂乃果「みんなならどうしてるかな…急に男になってまた急に女に戻って…」

穂乃果「女の子が女の子を好きになるなんて変だよね…皆の思いを傷付けちゃうよね…」

穂乃果「……はぁ」
237: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 01:49:26.45 ID:ouINWJDR0
〜土曜日、昼

雪穂「お兄ちゃん、昼一緒にたべにいかない?」

穂乃果「うん!分かったよ!」



穂乃果「…うどん屋?」

雪穂「そうだけどどうしたの?」

穂乃果「なんでここなの?」

雪穂「なんか気分?もしかして嫌だった?」

穂乃果「ううん!なんでここなのかな?って思っただけ」

穂乃果「いこっか!」

雪穂「う、うん!」
238: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 01:52:47.24 ID:ouINWJDR0


店主「へいお待ち!」

穂乃果「どうも!」

雪穂「ありがとうございます」

穂乃果「そういえば突然どうしたの?お昼一緒にいこうなんて」

雪穂「…なんだっていいでしょ?」

穂乃果「もぉ教えてくれたっていいじゃん」

雪穂「うるさい…」

店主「お二人さんは付き合ってるのかい?」

雪穂「そんなわけないですよ!」

穂乃果「あはは…妹です」
239: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 01:58:33.30 ID:ouINWJDR0
店主「ありゃ…これは失敬…」

店主「お兄ちゃん名前はなんていうんだい?」

穂乃果「穂乃果です」

店主「穂乃果君か〜…ん?穂乃果?」

穂乃果「そうですけど…」

店主「もしかして希ちゃんの知り合いかい?」

穂乃果「え?!希を知ってるんですか?!」

店主「ほほ〜これが噂の穂乃果君か」

雪穂「噂の…?」

店主「希ちゃんこの店よく来るんだけどここに来ては穂乃果君の話をしてるからね〜」

店主「あんなカワイイ子が一途な思いを語るなんてどんな人なんだろうなぁって気になってさ」

穂乃果「希が…」

希『私のファーストキスだよ?』

穂乃果「………」
240: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 02:02:40.37 ID:ouINWJDR0
雪穂「あ、これは二人の話みたいだし端に行きますね」

穂乃果「あ、雪穂」

店主「いんや、ちょっと待ってくれ穂乃果君」

穂乃果「?」

店主「今は妹さんの言葉に甘えて少し話そうや」

穂乃果「わ、分かりました」

店主「希ちゃん、早く拾ってあげてな?」

穂乃果「え?」

店主「付き合えってことだよ、言わせんな」

穂乃果「………」

店主「あんなに可愛くて優しい子を振るなんて希ちゃんがよくても俺が許さないからな?」
241: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 02:09:36.38 ID:ouINWJDR0
店主「絶対に幸せにしてやれ、これは俺からのお願いだ」

店主「…まぁ会ったばっかの俺のお願いなんてなんの力も持たないだろうけどさ」

店主「希ちゃん、自分の気持ちをかなり溜めてる、我慢してるんだよ」

店主「早く楽にさせて幸せにしてくれや」


店主「希ちゃんはもう穂乃果君と一緒に暮らす気でいるからさ」


穂乃果「…!」

穂乃果「………」

穂乃果「…そうですね、ですが考える時間をください」

店主「振るか振らないかの?」

穂乃果「間接的にはそうですが根本的には違います」

穂乃果(誰を選ぶか…いやそれも違う…)

店主「んー?よくわからないけどまぁ絶対幸せにしてやれよ?」

穂乃果「……はい」
242: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 02:12:18.65 ID:ouINWJDR0
〜店外

穂乃果「ふぅ〜お腹いっぱい…」

雪穂「…あの人と何を話したの?」

穂乃果「ちょっとね…」

雪穂「私には言えないこと?」

穂乃果「…そうだね、ごめん」

雪穂「いやいいよ、お兄ちゃんの気持ち分からない訳じゃないから…」

穂乃果「う、うん…」
243: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 02:14:32.53 ID:ouINWJDR0
〜帰り道

雪穂「あ、亜里沙」

亜里沙「雪穂、穂乃果さん…」

穂乃果「こんにちは!」

亜里沙「あ、あの!穂乃果さん!」

穂乃果「ん?なに?」

亜里沙「少しお話しませんか?」
244: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 02:19:50.87 ID:ouINWJDR0


穂乃果「それで話って…」

亜里沙「お姉ちゃんの事です」

穂乃果「絵里の…」

亜里沙「そうです」

亜里沙「この際包み隠さず言いますがお姉ちゃんは穂乃果さんの事が好きです」

穂乃果「!!」

亜里沙「お姉ちゃん、かなり前から欲しいもの全て我慢しています、お菓子や飲み物も」

亜里沙「何故だか分かりますか?」

穂乃果「………」

亜里沙「穂乃果さんと暮らす為に少しでも不自由さを無くすためです」

亜里沙「貯金してるんです、そして料理を一から覚えたり家事の基本なんかも夜なべして覚えてました」
245: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 02:25:52.85 ID:ouINWJDR0
穂乃果「そんなに…」

亜里沙「それだけ穂乃果さんに本気なんです」

亜里沙「お姉ちゃんの志にいちゃんもんをつけるわけではないですが穂乃果さん、あなたはお姉ちゃんと真剣に向き合うことが出来ますか?」

亜里沙「お姉ちゃんが本気なんです、だからあなたも本気でないといけないんです」

穂乃果「………」

亜里沙「返事は聞きません、私は聞く必要と意味がないからです」

亜里沙「ですがお姉ちゃんを幸せに出来ないと思うならば今後一切関わらないでください、それは穂乃果さんの為でもありお姉ちゃんの為でもありますから」

亜里沙「そしてこれは警告です、ゲームや練習のように二度はありません、だからもしお姉ちゃんを選んでくれるなら必ず幸せに出来る覚悟を持ってきてください」

亜里沙「話は以上です、それでは…」

穂乃果「………」

穂乃果(絵里ちゃん…そこまで本気なんだ…)

穂乃果(私…ものすごく行為を寄せられてたんだね…気付かなかった…)
246: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 02:28:56.88 ID:ouINWJDR0


雪穂「あ、きた」

穂乃果「ごめん、ちょっと遅くなっちゃったね」

雪穂「何を話したかとは聞かないけど、相当真面目なことくらいは分かる、だから真剣に考えてあげてよ?」

穂乃果「…もちろんだよ」

〜家

穂乃果「ただいま〜…ってあれ…」

穂乃果母「あ、穂乃果、お客さんが来てるわよ」

穂乃果「お客さん?」
247: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 02:32:31.15 ID:ouINWJDR0
真姫母「どうも、穂乃果さんこんにちは」

穂乃果「あ、どうもこんにちは」

雪穂「………」

穂乃果母「穂乃果にお話があるってことだから聞いて?」

穂乃果「あ、うん」

穂乃果母「話すときは向こうの部屋を使ってね?」

穂乃果「うん…」

真姫母「それじゃいきましょ?」

穂乃果「はい、分かりました」

雪穂「あの人は…」

穂乃果母「真姫ちゃんのお母さん、なんか話の内容は予想ついちゃうよね」

雪穂「うん…」
248: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 02:37:24.71 ID:ouINWJDR0


穂乃果「話っていうのは…」

真姫母「うん、真姫ちゃんについてのお話」

真姫母「真姫ちゃんね、家に帰ったら必ずあなたの事を話すのよ」

真姫母「それを聞いたパパがね、穂乃果ってやつはどんな奴なんだっていったら」

真姫母「長々と良さを語りだしてパパも私も参っちゃって…」

真姫母「でもそれだけ真剣なんだっていうのは伝わった」

真姫母「真姫ちゃん、帰って自分の部屋に入っては“今日も言えなかった”っていってるの」

真姫母「最初は何の事だろうと思ってたけど今は分かる」
249: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 02:41:32.33 ID:ouINWJDR0
真姫母「なんか前置きばっかで飽きちゃうよね、本題に入りましょっか」

穂乃果「………」

真姫母「真姫ちゃんのお嫁さんになってくれない?」

穂乃果「…!」

真姫母「真姫ちゃんは病院を継ぐっていうのは知ってる?」

穂乃果「まぁ一応…」

真姫母「あなたは真姫ちゃんと病院を紡ぐ楔を取ってくれる気がするの」

穂乃果「…?」

真姫母「早い話、真姫ちゃんを自由の世界に連れてってという話よ」
250: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 02:46:25.09 ID:ouINWJDR0
真姫母「真姫ちゃんは病院を継ぐことを嫌がってる」

真姫母「それはあなたのせいであっておかげでもある」

真姫母「真姫をあんな自由を求める人にさせちゃって…それでこんな言い方するのは酷だけど」


真姫母「責任を取ってくださいな」


真姫「うふふ、もちろんこれは脅しではなくて言い方の問題、もちろん断るなら大丈夫よ?」

穂乃果「………」

真姫母「もし真姫を選んでくれるなら取り合えず支援は致します、ですが良いことばかりではないと思います」

真姫母「まずパパが怒るでしょう、そして真姫は家事が全然出来ないので生活に不便さが出るかと思います」
251: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 02:52:32.94 ID:ouINWJDR0
真姫母「ただ私は真姫ちゃんに贅沢をさせる気はないの、自由を知ると同時に辛さを知ってほしいから」

真姫母「そして何かを得ると同時に失うものがある、そういうことを教訓として知ってほしいから」

真姫母「あなたはそれでも真姫ちゃんを選んでくれますか?辛いと知っていて前に向かうことは出来ますか?」

真姫母「返事は今すぐとはいいません、そこまで私も意地悪じゃないし…」

真姫母「あなたが卒業するまでには必ず真姫があなたのところに向かうと思うので話はそれからですね」

真姫母「話は以上です、ごめんなさいね、こんな重い話をして…」

真姫母「いい返事を待ってますね」

穂乃果「返事はまだ言えません…というか分かりません…ですがもし付き合った時は必ず幸せにします…」

穂乃果(亜里沙ちゃんの言う通りだよ…幸せに出来ないんじゃ意味が無い…関わらない方がその人の為だ…)

真姫母「ふふ、分かったわ」

真姫母「それじゃあね」

穂乃果「さよなら!」
252: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 02:58:10.47 ID:ouINWJDR0
〜二階

穂乃果「そうか…決して良いことばかりではない…」

穂乃果「うん…確かにそうだ、必ず辛さがやってくる」

穂乃果「それでもやっていけるか…」

穂乃果「それは相手がどうとかじゃなく私…じゃなくて俺の問題…」

穂乃果「絵里や希、海未なんかは覚悟を決めてた」

穂乃果「そしてこれは相手が俺を選んだ以上に俺が誰を選んでどう進むかの問題…」

穂乃果「…でも私、女だよ」

穂乃果「結婚なんか出来ないし付き合うのもおかしいよ……」

穂乃果「皆はあんなに真剣なのに私は女の子だったことで悩んでる…程度が全然違うよ…」

穂乃果「考えてることが的外れだし…」

穂乃果「…分からないなぁ」
253: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 03:02:38.97 ID:ouINWJDR0
〜次の日、散歩

こころ「あ!穂乃果さんだ!」

ここあ「おー!ひさしぶりー!」

こたろう「ふうふ〜」

にこ母「あらどうもにこがお世話になっております」

穂乃果「あ、いえ…」

こころ「穂乃果さんはお姉さまの彼氏なのですよ!」

穂乃果「えぇ?!」

にこ母「ふふふ、大丈夫よ、冗談なことくらい知ってるから」

こころ「冗談じゃないです!本当です!」

にこ母「はいはい、分かったから…ちょっとそこの公園で遊んでなさい、お話するから」

三人「はーい」
254: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 03:07:32.98 ID:ouINWJDR0
にこ母「それでさっきの話…現実にしてみない?」

穂乃果「え…」

にこ母「この話はにこには内緒よ?」

穂乃果「は、はい…」

にこ母「ここだけの話、にこはあなたの事が好きみたいなのよ」

穂乃果「えぇ?!」

穂乃果(ちょ、ちょっと待って…μ's全員…)

にこ母「にこって男の子と話すのが苦手でねぇ…もちろんアイドルとしてなら平気だとは思うけど」

にこ母「にこのいう“オフ”ってやつだとどうしても無理みたいでね」

にこ母「そんなにこが好きになっちゃう人なんだもの、あなたが悪い人だとは思えないわ」
255: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 03:11:53.19 ID:ouINWJDR0
にこ母「にこは家事も出来る、料理も上手い、しっかりものだしもらって困ることはないわよ?」

穂乃果「確かににこはすごいですよね…」

にこ母「でもね強要はしない、まずこうやって親からお願い!って頼むこと事態間違ってるから」

にこ母「結局全てを決めるのはあなたとにこだもの、親がどうこう言うことではない」

にこ母「でも返事は出来ればほしいかな?もしくれるならにこが卒業するまでにお願いね?」

穂乃果「…はい」

にこ母「ごめんなさいね、時間とって…」

にこ母「おーい!こころ!ここあ!こたろう!行くわよー!」

三人「はーい」

にこ母「それじゃあね!」

穂乃果「さよなら!」
256: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 03:15:11.56 ID:ouINWJDR0
〜家、夜

穂乃果「…もう、分からないよ」

穂乃果「誰かを選んだら残りの七人が悲しむなんて…」

穂乃果「いや違うね…誰を選んでも全員が悲しんじゃうよ…」

穂乃果(私が女だから…)

穂乃果「どう進むかじゃない…どうなるかだね…これは」

穂乃果「……選べないよ」

穂乃果「誰も選ばない?」

穂乃果「もっとダメだよね…」

トントン

雪穂「入っていい?」
257: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 03:18:18.74 ID:ouINWJDR0
穂乃果「うん、いいよ」

ガチャ

穂乃果「ゆき」

ダキッ

穂乃果「ほ…?」

雪穂「お願いだからどこにもいかないで!誰とも付き合わないで!」ポロポロ

穂乃果「ちょ、ちょっとどうしたのさ雪穂!」

雪穂「私を一人にしないで…」

雪穂「私…お兄ちゃんが好きなの…!妹なのに……」

雪穂「お願い…いかないで…」ポロポロ
258: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 03:22:20.98 ID:ouINWJDR0
穂乃果「ゆ、雪穂…」

雪穂「絵里さんと話して怖くなった…」

雪穂「絵里さんは本気だった…お兄ちゃんを本気で取ろうとしてた…目の前からお兄ちゃんが消えちゃうのが怖かった…」

雪穂「だから私のこと」

穂乃果母「雪穂!」

雪穂「お母さん…?」

穂乃果母「これは穂乃果の問題なのよ!妹である雪穂が口を出すことじゃない!何より相手には選ばれなかったことで一生残ってしまう傷が出来る人だっているの!」

穂乃果母「その人を雪穂が殺めてどうするのよ…」
259: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 03:25:04.38 ID:ouINWJDR0
雪穂「で、でも…私は…」

穂乃果母「いいから来なさい!」

雪穂「いやー!離して!」

穂乃果「………」

穂乃果「…ぐすっ…うぇ…うぁ……」

穂乃果「分からないよぉ…」ポロポロ

穂乃果「うぅ、うわああああああああん!」ポロポロ

穂乃果「誰かを選んでも結末が同じだよ…」

穂乃果「こんなのって…ないよぉ…!」
260: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 03:29:43.30 ID:ouINWJDR0
亜里沙『もし幸せに出来ないと思うならば今後一切関わらないでください』

穂乃果「!!」

穂乃果「皆と関わらなければいいのかな…」

穂乃果「っ!」

穂乃果「違うよ!違うよ!全然違う!!!」

真姫母『辛いと知っていて前に向かうことができますか?』

穂乃果「最初ですらないのにもう辛いよ…」

理事長『結婚を前提に付き合ってほしいということよ』

穂乃果「結婚どころか付き合うことすら難しいよ……」

海未母『あなたなら海未さんを任せても大丈夫そうです』

穂乃果「私は大丈夫じゃないよ!!」
261: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 03:35:46.34 ID:ouINWJDR0
店主『希ちゃんはもう穂乃果君と一緒に暮らす気でいるからさ』

穂乃果「その気持ちを裏切れないよ…でも他の皆も同じだよ…」

にこ母『親がお願い!って頼むこと事態間違ってる』

穂乃果「もうそういう問題じゃないよ…」

花陽『返事は今聞かない、いつまでもかかってもいい、でも返事は絶対に返して』

穂乃果「返せないよ…」

凛母『君に依存しちゃってるんだよ』

穂乃果「私の依存先は誰になるべきなの…!」

穂乃果「誰を選んでいいか…何を求めてるのか…今後どうすればいいか…」

穂乃果「まったく……」


穂乃果「分からないよぉ……」ポロポロ
262: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 03:40:29.24 ID:ouINWJDR0
〜次の日

穂乃果「眠れなかった…お母さん、ごめん…本気で考えないといけないみたいで時間が必要なんだ…だから今日は休むよ」

穂乃果母「え、えぇ…分かったわ…急がなくていいからゆっくり決めてね?」

穂乃果「うん…」



穂乃果母「ごめんなさいね、海未ちゃんことりちゃん…皆にもよろしくお願いね」

海未「穂乃果が休むなんて珍しいですね…」

ことり「確かにそうだね…」

海未「…!もしかしてお母様の件が…?」

穂乃果母「ううん、それじゃないから安心して」

穂乃果母「まぁとにかくお願いね!」
263: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 03:45:11.67 ID:ouINWJDR0


希「あれ?穂乃果君今日は休み?」

凛「にゃ〜…」シュン

真姫「大丈夫?!風邪でもひいたの?!」

にこ「ちゃんとした生活をしてるんでしょうね…?」

花陽「そっか、残念だね…」

絵里「なら学校終わったらお見舞いね!」

海未「あ、お見舞いの件なのですが断られてしまいまして…」

にこ「断られた?」

ことり「なんか取り合えず部屋に入っちゃダメみたいで…」

真姫「なにそれ…どんだけ重い病気なのよ…」

凛「…!穂乃果君死なないよね?!」ウルウル

花陽「大丈夫!死なないよ!」アセアセ
264: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 03:48:53.28 ID:ouINWJDR0


穂乃果母「もしもし?」

理事長『あらきぃちゃんどうしたの?』

穂乃果母「よくもまぁ色々してくれたわねぇ…」

理事長『何の話?』

穂乃果母「穂乃果の話よ、皆のお母さん方もあなたと同じようなこといってるみたいで…」

穂乃果母「相当追い詰められるわよ…今の穂乃果…」

理事長『あらまぁ…やはり皆さん考えることは…』

穂乃果母「同じなのよね…」
265: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 03:52:14.48 ID:ouINWJDR0
〜昼、屋上

にこ「あら、真姫ちゃん」

真姫「…にこちゃん」

にこ「あなたがここにいるなんて珍しいわね」

真姫「ちょっと考え事をしててね」

にこ「考え事?」

真姫「…私ね、穂乃果に告白しようと思う」

にこ「!!!!」

真姫「言おう言おうとは思ってたけど言えなかった、けどようやく決心がついた」

真姫「このままの関係を続けるわけにもいかないしね」
267: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 03:54:54.69 ID:ouINWJDR0
にこ「…驚いたわ、真姫ちゃんが私と同じこと考えてたなんてね」

真姫「にこちゃんも?!」

にこ「私も言おうとは思ってたけど言えなかった、でもそろそろ決めないといけないわよね」

にこ「そして今この優柔不断さにようやく見切りがついたわ」

にこ「いつまでもうじうじしてたら取られちゃうんじゃないかって焦ってたしいい機会だと思った」
268: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 03:59:39.30 ID:ouINWJDR0
真姫「いつ告白するの?」

にこ「ヒミツよ」

真姫「そう…」

にこ「急がないのね」

真姫「告白して無理かいいかなんて即決させるような人じゃないでしょ、穂乃果は」

にこ「なるほどね、大体同じ考えだわ」

にこ「…私達は敵でありライバル」

真姫「そうね…」

にこ「敵なのにこんなこというのも難だけど」


にこ「後悔…するんじゃないわよ」


真姫「努力は必ず報われるわ」


真姫「今まで積み重ねたものを比べる時ね…」

にこ「勝負ね…」
273: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 00:57:27.65 ID:o/NLDG6R0
〜昼、部室

花陽「ここでお昼にしよっか」

凛「そう…だね」

花陽「凛ちゃん?どうしたの?」

凛「…凛、穂乃果君に告白するよ」

花陽「!!!」

凛「隠してる意味がないからね、この関係を壊すのは怖いけどそんな弱気でいたら誰かに取られちゃうよ」

凛「これは焦り、でも凛はこの焦りを強みにするよ」

凛「凛は穂乃果君の隣にいたい、もう凛には穂乃果君しかいない」

凛「凛には穂乃果君が必要だから」
274: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 01:00:53.25 ID:o/NLDG6R0
花陽「そっか…凛ちゃん告白するんだ」

花陽「私はね、もうしたよ告白」

凛「!!!!?」

花陽「答えは聞いてない、聞くのが怖かった」

花陽「でも凛ちゃんが聞くなら私も聞かないとね」

花陽「この気持ちに白黒つけないと…」

花陽「私も穂乃果君に再度告白するよ」
275: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 01:03:15.39 ID:o/NLDG6R0
花陽「凛ちゃんはいつ告白するの?」

凛「…言えない」

花陽「そっか、私はいつ言おうかな」

凛「…かよちん、勝負だよ」

花陽「敵ながら健闘を祈ります」


花陽「が、頑張って!」


凛「かよちんもいっくにゃー!!」


凛「穂乃果君の隣に立つのは…」

二人「私だよ!」
276: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 01:06:23.50 ID:o/NLDG6R0
〜昼、生徒会室

海未「穂乃果がいないとなんか寂しいですね…」

ことり「そうだね…」

海未「………」

ことり「………」

ことり「ねぇ、海未ちゃん」

海未「なんでしょう?」

ことり「そろそろ孤独は卒業しようと思うの」

海未「…?」

ことり「ことりは穂乃果君に告白する」

海未「なっ…!!?」
277: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 01:11:09.36 ID:o/NLDG6R0
ことり「穂乃果君の後ろを歩くのじゃなくて隣を歩きたい」

ことり「小さいときからヒミツにしてたこの気持ち、解き放つことにするよ」

ことり「ことりは穂乃果君の妻として生きたい」

海未「…やはりことりは手強いですね…私も言おうと思ってました」

海未「私も穂乃果に告白します」

ことり「!!」

海未「私も小さいときからの気持ちをはっきりさせます」

海未「成功するとは思ってません、ですがこのままうやむやにするのはもうやめます」

海未「私も穂乃果の妻として生きたいです」
278: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 01:14:56.20 ID:o/NLDG6R0
ことり「…敵だね、私達」

海未「敵ですね…」

海未「しかし敵ですが私達は戦場を共にする仲間でもあります」

海未「これは仲間としてそして敵としても送る言葉…」


海未「ご武運を祈っています」


ことり「直接は見ないけどことりも見守ってるよ!」


海未「ちなみにいつ頃告白を…?」

ことり「内緒♪」

海未「…失礼しました」

ことり「負けないよ」

海未「えぇ、もちろんです」
279: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 01:18:53.34 ID:o/NLDG6R0
〜昼、中庭

絵里「今日は穂乃果がいないから平和ね…」

希「ウチにとっては穂乃果君がいない時点で平和やないなぁ」

絵里「…そうね」

希「……なぁえりち」

絵里「何かしら…」

希「ウチ、穂乃果君に告白するよ」

絵里「?!?!」

希「事故で怪我負わせちゃったし…っていうのは建前でウチ、もう穂乃果君しか見えないんよ」

希「ウチは穂乃果君を一生養うつもり」

希「穂乃果君の妻でありたい」
280: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 01:22:39.11 ID:o/NLDG6R0
絵里「……なるほどね、私と同じじゃない…」

希「やっぱえりちもそうやんな」

絵里「当たり前じゃない…!私も穂乃果に告白する」

絵里「気持ちは希と同じ、穂乃果の妻になりたい」

絵里「私の本気と希の本気、どちらが上かしらね」

希「それは多分…いや絶対にウチやろうなぁ」

絵里「残念だけど私のが上よ」
281: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 01:25:02.90 ID:o/NLDG6R0
絵里「……私達はライバルよね」

希「そうやね」

絵里「これはライバルとしての言葉だからね?」


絵里「希に幸運が訪れますように…」


希「ふふふ、ウチに任しとき!」


絵里「お互い頑張りましょう」

希「もちろんや!」
282: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 01:29:32.13 ID:o/NLDG6R0
〜〜〜

穂乃果「………」

穂乃果「結果に囚われすぎてたかな…」

穂乃果「もはや誰かが傷付くことは避けられないのかな…」

穂乃果(私は皆を公平に見てるつもりだけどそれがダメなのかな…)

穂乃果「誰か一人を傷付かせないとしたら誰か…ということかな」

穂乃果「責任を取れ…か、必ず幸せに出来るか…か、わた…俺がいないと生きていけない…か」

穂乃果「誰を守ればいいんだろ…」
283: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 01:33:51.60 ID:o/NLDG6R0
〜次の日

海未「今日も休み…ですか」

穂乃果母「ごめんなさいね…予想だと明日も休みになると思うしわざわざここまで来て穂乃果が出ないんじゃ悪いから…」

穂乃果母「明日は来なくても大丈夫よ」

ことり「明日も休みって…何があったんですか?」

穂乃果母「あはは…ごめんなさい、穂乃果が言っていいっていうなら言いたいんだけど…」

海未「…っわかりました、明日は来ません、明後日また来ます」ダッ

ことり「海未ちゃん?!」ダッ

穂乃果母「えぇお願いね」

穂乃果母「……穂乃果、あなたも大変ね」
284: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 01:40:27.61 ID:oEMh/8Lw0


凛「えぇ〜?!今日も休み?!」

海未「みたいで……」

希「…これは確実に何かあるんとちゃう?」

真姫「そうね、病気とはいってないんでしょ?」

海未「昨日は体調が悪いと言ってましたが今日は穂乃果が言っていいなら言うというような口止めをされてるようでした」

にこ「だからといって病気の可能性を消すのは間違ってるわよ」

花陽「うん、私もそう思う」

絵里「いずれにせよ何かあるのは間違いないわね…」

ことり「明日も多分休みになるって…穂乃果君」

凛「えぇ〜?!」

希「もう明日も休みなんて決まってるんやね」

海未「明後日、また穂乃果の家に行きます、その時にまた何かあるようでしたら私達で何があるのか探ってみましょう」

絵里「そうね、それがいいわ」

真姫「賛成よ」

海未「何も…ないといいのですが…」
285: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 01:45:21.96 ID:o/NLDG6R0


穂乃果母「明日明後日も休みね、こりゃあ…」

理事長『そんなに…?!大丈夫なの?』

穂乃果母「全然大丈夫じゃないわよ、部屋の前に行ったらぶつぶつ独り言、時折弱々しい涙ながらの声まで聞こえてくるし」

理事長『あらまぁ……』

穂乃果母「恋ってここまで悩むものでもないのだけれど穂乃果に限っては別問題なのよね」

理事長『取り合えず私のせいでもあるので学校側には影響を出しませんがこのまま休みが続くのであれば』

穂乃果母「μ'sの人達が動き出す、そうよね?」
286: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 01:49:54.88 ID:o/NLDG6R0
理事長『…その通りです、放っておくわけがないでしょう…』

穂乃果母「婚約とか結婚とか付き合うとか勝手に親の方が進めてたとか聞いたら怒るだろうね…」

理事長『ホント、場合によってはもう話も聞いてもらえないかもって感じよ』

穂乃果母「どうにかしたいのだけれどこればっかりは穂乃果の問題なのよね…」

理事長『じゃあ土曜日に穂乃果さんのところに伺ってもいいかな?』

穂乃果母「いいんじゃない?ちょっと待ってて」



穂乃果母「良いっていってるから来ていいわよ、土曜日ね」

理事長『えぇ、土曜日に行くわ』
287: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 01:53:00.87 ID:o/NLDG6R0


穂乃果「………」

トントン

穂乃果「あ、入っていいよ」

穂乃果父「………」

穂乃果「あ、お父さん…」

穂乃果父「………」ドウスル

穂乃果「…よく分からないんだ」

穂乃果「俺は今八人の人に付き合ってというようなことを言われてる」

穂乃果「中には一生を共にしてくれないかってのもある」

穂乃果「取り合えず人それぞれ俺に対する思いがあるんだ、そして選ぶのは俺」
288: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 01:58:13.24 ID:o/NLDG6R0
穂乃果「俺は誰を選べばいいんだろう、誰を選んでも誰かが傷付く…」

穂乃果「だから誰も傷付かない方法を探した」

穂乃果「…でもそんな方法ないよ、真姫のお母さんが言ってた」

穂乃果「“良いことばかりではない、辛いと分かってても真姫を選んでくれるか”ってね」

穂乃果「それって真姫に限らず全員共通することなんだ」

穂乃果父「………」ウム

穂乃果「凛のお母さんからはね凛は俺に依存してる、俺がいないと生きていけないんだってさ」

穂乃果「絵里は俺の為に好きなもの全てを我慢して生活面で必要な事を徹夜して学んでるだって」

穂乃果「希もそうだった、もう俺と一緒に暮らす気でいるんだって」

穂乃果父「………」フムフム
289: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 02:03:21.44 ID:o/NLDG6R0
穂乃果「例えばここでことりを選んだとする、そうすると今言った凛や絵里はどうなる?」

穂乃果父「………」

穂乃果「凛は依存先が消えて酷く喚くと思う、すがることも出来ないから…」

穂乃果「絵里の努力は全てが無駄になっちゃうよ」

穂乃果「元々さ例え八人の中に選んで誰も傷付かない人がいても選べないんだよ、その人の一生がかかってることを犠牲と慈悲でなんかで選んでたら最低じゃん」

穂乃果(それにさ…私は女じゃん…おかしいじゃん…)

穂乃果「八人全員が一生を賭けて俺を求めるかは知らない、そうでないとしてもそれだけで優劣を決めることはしない」
290: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 02:08:01.44 ID:o/NLDG6R0
穂乃果「ただ一人一人のお願いが重すぎて結局誰を選んでいいのか分からないんだよ、どう考えたってさ」

穂乃果「今皆に会ったら気持ちが揺らぎそうで怖いんだ、この人でいいやって」

穂乃果(いい加減な気持ちになりそうなんだ…“女だから”というような秘密を背負いながらも投げ槍な気持ちに…)

穂乃果父「………」ソウダナ

穂乃果「ホントどうしよっか…俺はね皆好きだよ、皆同じくらいに」

穂乃果「だから100パーセントの俺の好きを混ぜて選んだとしても決まらない」

穂乃果父「………」コマッタモノダナ

穂乃果「はぁ……ほんとだよ」

穂乃果(もう皆に言おうかな…)
291: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 02:10:31.76 ID:o/NLDG6R0
〜二日後

海未「穂乃果は…」

穂乃果母「ごめんなさい、今日も休みなのよ」

ことり「穂乃果君は…穂乃果君は何をしてるんですか!」

穂乃果母「それは……」

海未「…すいません!」ダダッ

穂乃果母「あ!ちょっと!」

ことり「っ!」ダッ
292: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 02:14:00.70 ID:o/NLDG6R0
〜穂乃果の部屋

海未「穂乃果!」

ことり「穂乃果君!」

穂乃果「ふ、二人とも?!どうして…」

海未「一体何をしてるんですか!」

穂乃果「あはは…ごめんね…」

ことり「何があったの?」

穂乃果「…今は言えない、ごめん」

海未「また隠し事ですか…!」

海未「一人で溜めないでください!私達にも頼ってください!」

ことり「そうだよ!」

穂乃果「………」

穂乃果「月曜日に行くよ、学校」

海未「は、はぁ…??」

穂乃果「ごめん…今は何も言えない、心配してくれるのは嬉しいけどこれは俺だけのことだから大丈夫」
293: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 02:17:10.78 ID:o/NLDG6R0
〜〜〜

海未「などと言われ追い出されてしまいました…」

希「…なんか思ったより深刻やね」

ことり「ホントに何があったのか分からなくて…」

にこ「何かしら抱えてるのは確かね」

花陽「原因は…何かな…?」

真姫「動きましょうか、穂乃果に何が起こってるか調べるために」

絵里「えぇもちろん!」
294: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 02:21:42.46 ID:o/NLDG6R0
〜金曜日、真姫家

真姫母「穂乃果さんをお嫁さんにしたい人はμ'sの皆さん全員が同じだそうですね…」

真姫母「そのせいで学校を休んで一日中考えてるとか…」

真姫父「モテ男ってのは辛いものなのだな…」

真姫母「誰かを選ぶことで誰かが傷付くのが嫌なんですって、中には穂乃果さんに依存してる人もいたりするみたいで…」

真姫父「困ったものだな…」

真姫父「まぁ一生を賭けてるわけだから特に文句もあるわけでもないが心配だな…その穂乃果って人が…」
295: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 02:24:59.97 ID:o/NLDG6R0
真姫父「まぁ話の内容は大体理解できた」

真姫父「その穂乃果って人はものすごく過酷な選択を迫られてるわけだが…」

真姫母「私からは何も…」

真姫「ねぇ…今の話…」

真姫母「真姫ちゃん?!」

真姫「μ'sの皆は穂乃果をお嫁さんにしたいって…そのせいで穂乃果が休んでるって…」

真姫「私そんな話知らないよ…?」

真姫母「真姫ちゃん……」
296: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 02:28:05.77 ID:o/NLDG6R0
〜LINE 女子会

マッキー:ちょっと話したいことが出来た、Skypeかけたいんだけど全員出れる?

のんたん:ウチはいいよ

りん★:同じく!

園田海未:穂乃果のことであれば

マッキー:穂乃果のことよ

ことり♪:ことりも出れるよ

花陽:私も出れます!

にこにー?:はいはーい、出れるわよ

ELI:出れるわ

マッキー:全員いるみたいだしかけるわね
297: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 02:32:18.46 ID:o/NLDG6R0


にこ「話ってなに?」

海未「穂乃果のことと聞きましたが…」

真姫「穂乃果が休んだ原因が分かった」

ことり「ホント?!」

希「なになに?」

真姫「原因は私達の親、それで少しだけ私達にあったわ」

にこ「私達ってμ'sの皆?」

真姫「えぇ、でも花陽、絵里、希の親は関係ないみたい」

花陽「あ、そうなんだ…」

凛「逆に凛たちは関係してるんだ…」

絵里「穂乃果が休んだ原因に少しだけとはいえ私達という項目があったのは何?」

真姫「順を追って説明するわ」
299: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 02:42:52.45 ID:o/NLDG6R0
真姫「まず親についてだけど、凛、ことり、にこ、海未、そして私の親は穂乃果に結婚を前提に付き合ってくれないかというような事を言ってたみたい」

ことり「…え?」

にこ「は?」

凛「結婚を前提にって凛のお母さんが…?」

真姫「いや違うの、凛のお母さんなら凛と結婚を前提に付き合ってほしいって頼んだのよ」

にこ「はぁ?!?!?!!」

にこ「………」バキッ

絵里「…ハラショー」

希「今ものすごい音がしたけど…」

花陽「にこちゃん…?おーいにこちゃーん?」

真姫「…あれはマジギレね、多分親のところにいったわ」

ことり「ごめん、ことりもちょっと言ってくるよ…」

海未「私も席を外します、これほどまでに怒りがわいたことはありません、それでは」

凛「凛は…後でいい…」
300: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 02:46:11.72 ID:o/NLDG6R0
真姫「それでまぁ…そういうわけだけど穂乃果は一気に頼まれてるせいで誰にすればいいんだか分からないんだって…」

真姫「それでこれは雪穂ちゃん情報なんだけど」

真姫「絵里のことは亜里沙ちゃんが穂乃果と話して、希の事はうどん粉の店主の人と色々話したみたいで…」

絵里「話ってなに?」

真姫「分からないけど多分これ関係よ」

希「あちゃー…話しちゃったかー…」
301: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 02:49:53.65 ID:o/NLDG6R0
「ふざけないで!!!!!」

花陽「ぴゃあ?!」

絵里「今の…ことりの声よね…」

真姫「私も最初聞いたときはあんな感じだったわ…」

凛「………」

絵里「凛…大丈夫?」

凛「うん……」

真姫「…まぁそれで穂乃果は私達八人で誰を選べばいいか分からないんだって、100パーセント穂乃果の好きを混ぜても分からないって」

絵里は「……なるほど」

パチーン!!!!

花陽「ぴゃあ?!」

絵里「今度は何?」
302: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 02:53:25.53 ID:o/NLDG6R0
希「何の音やろ…」

メェーン!!

真姫「…剣道じゃない?」

希「ということは海未ちゃんか…」

パリーン!!

絵里「なんかまた違う音がするけど…」

希「お皿の割れる音?」

ニコニー!!

オネエサマ!

花陽「にこちゃんだね…」

希「怒ってお皿割ってるんかな…」

花陽「さすがにそれはないと思うけど…」

絵里「そりゃあ怒るわよ…自分の好きを勝手に親の口から相手に告げられて怒らないわけないじゃない…」
303: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 02:56:08.90 ID:o/NLDG6R0
花陽「うん…確かにそうだね…」

真姫「もはや私達に対しての冒涜よ」

真姫「それでね私に提案があるの」

希「提案?」

真姫「今から言うことは全て本気、そして実現可能だということを頭の隅にいれといて」

絵里「…分かったわ」

希「それで提案って?」

真姫「それは───────」
304: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 02:58:55.84 ID:o/NLDG6R0
〜土曜日

穂乃果母「穂乃果、ことりちゃんのお母さんが来たわよ」

穂乃果「あ、どうも」

理事長「どうもこんにちは、なんか悪いことしちゃったわね…」

穂乃果「いえ…とんでもないです」

理事長「動くべくして動いた八人はどうなるかしらね…」

穂乃果「…?」

理事長「μ'sの皆、穂乃果さんの為に動いてる」

理事長「色々あってね…」
305: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 03:02:41.09 ID:o/NLDG6R0
穂乃果「…どういうことですか?」

理事長「すぐわかるわ」

穂乃果「はぁ…?」

理事長「ねぇ…今日くらいは気楽に過ごしてみない?」

穂乃果「え…?」

理事長「考えすぎで疲れてるみたいだし…」

理事長「穂乃果さんをこんなにした張本人がこんな偉そうなこというのはおかしいけど…」

穂乃果「…わかりました」

穂乃果「…お話中のところ悪いですが少し散歩してきますね」

理事長「えぇ分かったわ」

穂乃果「それでは…」
306: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 03:05:08.48 ID:o/NLDG6R0
〜公園

穂乃果「懐かしいな…ここ海未ちゃんとことりちゃんで木登りした場所だ…」

穂乃果「どうしよ……」

亜里沙「…穂乃果さん?」

穂乃果「あ、亜里沙ちゃんこんにちは」

亜里沙「こんにちは」

穂乃果「………」

亜里沙「………」

亜里沙「本当の幸せとは何か気付けましたか?穂乃果さん」
307: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 03:08:40.58 ID:o/NLDG6R0
穂乃果「本当の幸せ…ううん、まだ分からないや」

亜里沙「そうですか…」

穂乃果「がっかりした?」

亜里沙「いえ…むしろ安心しました、真面目に考えてるんだなって思いまして」

穂乃果「…?どういうこと?」

亜里沙「穂乃果さんの求めたい幸せはきっと目の前にあるけど気付けないものですよ」

穂乃果「亜里沙ちゃんはその本当の幸せを知ってるの?」

亜里沙「昨日知りました」

穂乃果「昨日かー…最近だね…」
308: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 03:11:09.72 ID:o/NLDG6R0
亜里沙「そうですね…」

亜里沙「その幸せは実現できます、諦めないでください」

穂乃果「え?」

亜里沙「穂乃果さんが考えてるほど複雑じゃないんです、もっと簡単なところに答えはあるはずです」

穂乃果「…分かった、考えてみる」

亜里沙「そう…ですか、なら私は行きますね」

穂乃果「うん!お話ありがとうね」

亜里沙「いえ…それでは」
309: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 03:12:50.19 ID:o/NLDG6R0
〜街中

穂乃果「あ…」

真姫母「あら…穂乃果さん」

穂乃果「お久しぶりです」

真姫母「お久しぶりですね、せっかくですしお話でもしましょ?」

穂乃果「は、はい…」
310: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 03:18:09.00 ID:o/NLDG6R0


真姫母「辛いと分かっていても向かうのはバカなんかではないです、むしろそれが頭のいい行動でしょう、何故ならそれを幸せというからです」

穂乃果「それって…」

真姫母「前にいった言葉の付けだしみたいなものですね」

穂乃果「…辛いと分かっていてこそ前に進むのが怖いんです、真姫を選んだならば他の誰かが傷付いてしまう」

穂乃果「それは真姫以外の誰かを選んでも同じ、皆が傷付くというのが辛いんです」

穂乃果「それを分かっていて進むなんて俺には…」

真姫母「…私は辛さも幸せの内だと思ってたのですがそれは場合と状況によって違ったようでした、それを昨日知りました」
311: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 03:22:36.81 ID:o/NLDG6R0
真姫母「答えは簡単だと思います、やりたいことをやればいいのです」

穂乃果「やりたいこと…?」

真姫母「誰か一人を選ぶという選択肢ではなく穂乃果さんが選択肢を作ればいいのです」

真姫母「そして今抱えてる不安を恐れないことです、辛いと分かっていても突撃するのです!」

穂乃果「そんな無茶な…」

真姫母「ふふ、案外簡単にできるかもしれませんよ?」

穂乃果「そう…なんですか?」

真姫母「えぇもちろん」

穂乃果「……考えてみます、そろそろ行きますね」

真姫母「分かったわ、いい返事待ってるわ」

穂乃果「…はい」
312: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 03:24:53.69 ID:o/NLDG6R0
〜道端

凛母「お!またあったね!」

穂乃果「あ、どうも…」

凛母「表情の曇りは更に悪化してるね…」

穂乃果「そう見えます…?」

凛母「そうだねぇ…」

凛母「君のお母さんから色々きいて今頃迷ってるんだろうな〜って思ってさ」
313: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 03:28:32.46 ID:o/NLDG6R0
凛母「考えるのはいいけどさ、それ考えすぎじゃない?気にしすぎじゃない?誰も一人だなんていってないよ?」

穂乃果「え…?」

凛母「答えは意外なところにありってね」

凛母「傷付くのが怖いんでしょ?なら誰も傷付かない行動をとれはいいんだよ」

穂乃果「誰も傷付かない行動…」

凛母「おっと!ごめんなさい、そろそろタイムセールあるからいくね!それじゃ!」

穂乃果「あっちょっと!」

17:00

穂乃果(もうこんな時間か…)
314: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 03:32:16.76 ID:o/NLDG6R0


穂乃果「あ、こんにちは」

海未母「あら穂乃果さん、こんにちは」

にこ母「あらら久しぶりだね!」

穂乃果「お久しぶりです」

にこ母「なんか申し訳ないことしたわね〜…真剣に考えて何日間か休んだって聞いたけど…」

海未母「…決まりましたか?」

穂乃果「あ、いえ…まだですがなんとなく形だけは…」

海未母「守る力が本当の力なのです、誰を守るなんて簡単な話でしょう?」

穂乃果「……は、い」
315: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 03:35:12.36 ID:o/NLDG6R0
にこ母「迷った穂乃果さんに一番の衝動を与えた人がこの戦の勝者ね!」

海未母「その通りです」

穂乃果「………」

海未母「まだ分からなくていいんです、その内わかるでしょうから」

穂乃果「…!すいません!用事を思い出したので行きますね!」

海未母「分かりました、ではご武運を祈っています」

にこ母「頑張ってね〜!」
316: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 03:38:21.86 ID:o/NLDG6R0
〜家

穂乃果母「おかえり穂乃果」

穂乃果「ただいま」

穂乃果母「少しお話しましょう、おそらくこれがこの件では最後の話し合い」

穂乃果「…!うん、わかった」

穂乃果母「見つかった?答え」

穂乃果「大体は見つけたよ」

穂乃果母「そっか、ならよかったわ」

穂乃果母「その答えは本当に大丈夫?」

穂乃果母「絶対に相手の人を幸せに出来る?」
317: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 03:42:48.04 ID:o/NLDG6R0
穂乃果「…ううん、出来ないかもしれない」

穂乃果「でもこれが俺にとって、そして相手にとっても一番の選択肢だと思った」

雪穂「……お兄ちゃん」

穂乃果「あ、雪穂…」

雪穂「いくんだね、先へ」

穂乃果「…うん」

雪穂「…行ってきて!お兄ちゃん!お兄ちゃんの行く先にいる人がお兄ちゃんと一緒にいるべき人だよ!」

穂乃果「ううん、応援はしないで」

穂乃果「多分失敗しちゃうから」

穂乃果母「それでも私は応援するわよ?」

穂乃果母「穂乃果とみんなが叶える物語なのよ?」

穂乃果「……二階いくね」
318: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 03:48:21.17 ID:o/NLDG6R0
〜〜〜

穂乃果「………」

穂乃果「本気…絶対…幸せ…か」

穂乃果「全てを変える衝動……」



理事長『動くべくして動いた八人はどうなるかしらね…』

亜里沙『本当の幸せとは何か気付けましたか?穂乃果さん』

海未母『守る力が本当の力なのです、誰を守るかなんて簡単な話でしょう?』

真姫母『辛いと分かっていても向かうのはバカなんかではないです』

凛母『考えるのはいいんだけどさ、それ考えすぎじゃない?気にしすぎじゃない?誰も一人だなんていってないよ?』

にこ母『迷った穂乃果さんに一番最初に衝動を与えた人がこの戦の勝者ね!』

雪穂『行ってきて!お兄ちゃん!お兄ちゃんの行く先にいる人がお兄ちゃんと一緒にいるべき人だよ!』

穂乃果母『穂乃果とみんなが叶える物語なのよ?』
319: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 03:52:20.40 ID:o/NLDG6R0
〜次の日(休日)

穂乃果「…!」

〜LINE ─────

──:あの場所で待ってます



穂乃果「…分かったよ」

穂乃果「お母さん、行ってくるよ」

穂乃果母「いってらっしゃい!」

雪穂「お兄ちゃん…」

雪穂「い、いってらっしゃい!」

穂乃果「うん!行ってくるよ!」ニコッ
320: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 03:56:26.30 ID:o/NLDG6R0
〜屋上

穂乃果(この扉の先には────がいる)

穂乃果(覚悟を決めろ……)



穂乃果「………」

「待ってたよ」

穂乃果「うん、誰がいるかはなんとなく知ってたよ…」

「───だったのは意外だったかしら?」

穂乃果「ううん…」

「なんか不本意だよ〜…」

穂乃果「言いたいことは分かるよ、確かに俺も驚いた」
321: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 03:59:20.03 ID:o/NLDG6R0
「とある人と穂乃果に対してどちらの本気が上か勝負したのよ」

穂乃果「そうなんだ…」

「結果は引き分けだった、全員引き分け」

穂乃果「………」

「そして考えたの」

「聖戦の勝者は誰か」

「その結果がこというわけよ」

穂乃果「…その前に言わないといけないことがあるの」
322: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 04:05:39.09 ID:o/NLDG6R0
「………」

穂乃果「あ、あのね…俺…いや…私なのかな…女の子になってるの……!」ポロポロ

穂乃果「こん、なこと…いっても信じ、てもらえな、いかもだけど…」

穂乃果「病院で起きた頃に女になっちゃっててね…」ポロポロ

穂乃果「どう…したらいいかわからなくて…いってしまったら皆との関係が崩れちゃうんじゃないかって思って…」

穂乃果「皆を…騙してたんだ…」ポロポロ

穂乃果「ホントに…、ホントにごめんなさい!!!」

穂乃果「許してもらえないのくらい知ってる…だからμ'sやめるよ、皆といる資格がないし…」

穂乃果「罰を受ける準備は出来てる…殺してもいいよ……」
323: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 04:08:43.60 ID:o/NLDG6R0
穂乃果「さぁ……」

「穂乃果…」

穂乃果「………」

「知ってましたよ…」

ダキッ

穂乃果「…え?」

「穂乃果が女になってること、知ってました」

穂乃果「………」

「真姫が最初に気付いたんです、それから皆に伝わりました」

「最初は驚きましたけど穂乃果に対する気持ちは皆変わりません」
324: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 04:09:25.42 ID:o/NLDG6R0
〜LINE μ's

みんな:あの場所で待ってます

325: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 04:13:47.82 ID:o/NLDG6R0
〜Skype

真姫『穂乃果を含めた九人で同棲するってのはどう?』

絵里『はっ?!?!』

希『…なるほどね、そういうこと』

花陽『…私はそれでもいいです』

花陽『こんなこといったら甘えかもしれませんが誰かが傷付いて一生を過ごすより全員でその幸せを共有しあった方がいいと思います』

凛『……凛もいいよ、穂乃果君が一緒なら』

希『仕方ないなぁ、ウチもいいよ』

絵里『……ちょっと考えさせて』

真姫『えぇ…』

希『海未ちゃん達はどうするん?』

真姫『帰ってきたら話しましょう』
326: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 04:17:33.97 ID:o/NLDG6R0
〜〜〜

海未『ただいま戻りました』

希『おかえり海未ちゃん』

海未『まだ続いてたのですね、一時間は普通に越えてますが…』

希『真姫ちゃんは親御さんのところに、凛ちゃんもそうだよ、花陽ちゃんはちょっと席はずしてていない、えりちは考え事でSkypeはきっとるんよ』

海未『はて?ではなぜつけたままなのですか?』

希『真姫ちゃんからね、μ's全員で同棲しないかって提案があったんよ』

海未『!!!』

希『この提案は穂乃果君の為でもあってウチら全員の為でもある、それは分かるよね?』
327: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 04:21:11.73 ID:o/NLDG6R0
海未『…一人しか選べないという鎖を外すのですね』

希『そうや、最初の方は生活に関しては大丈夫』

希『取りあえずは親御さんから支援してもらうことになってる』

希『裏で勝手に動いてたお詫びってことで』

希『海未ちゃんはこの提案に賛成?反対?』

海未『…悔しいですが今ある中では誰も傷付かない、全員を幸せに出来る案でしょう』

海未『……賛成です』

希『よしっ!後はことりちゃん、にこっち、えりちやね』

海未『絵里は反対なんですか?』

希『まだどちらでもないみたい、考えてる』
328: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 04:24:08.52 ID:o/NLDG6R0
海未『なるほど…なら私も何か支援してもらえるように頼んでみますね』

希『出来るん?』

海未『当たり前でしょう、お母様に信念を見せてきましたから』

希『…認めてもらったん?』

海未『もちろんです、おかげで豆はたくさん出来てしまい体を無理矢理使いすぎてあまり動きませんが…』

希『また随分と無茶したんやね…』

海未『えぇ…』

にこ『…まだやってるのね』

希『お、にこっち帰ってきた』
329: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 04:27:08.03 ID:o/NLDG6R0
にこ『話は聞いたわ、私もそれでいいわ』

希『同棲のこと?』

にこ『えぇもちろん、まだ決まったわけじゃないけどこちらはこちらで話をつける』

希『了解や』

海未『…気になったのですがまさか今年から同棲するとはいいませんよね?』

希『当たり前やん』

希『最低でも穂乃果君が大学生になってからやね』

にこ『二年後、あるいは約一年半ってところかしらね』

希『そうやね!』

ドンドンドン!ガチャン!!!

海未『何の音でしょう?』

にこ『扉が閉まる音ね』
330: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 04:29:57.40 ID:o/NLDG6R0
ことり『あ、まだやってるんだね…』

希『…大丈夫?』

ことり『…うん、大丈夫』

海未『ことり、真姫から提案があるそうです』

ことり『ん…何?』

希『今真姫ちゃんはいないからウチが代わりに説明するけどμ'sの皆で同棲しないかって提案があったんよ』

ことり『やる!!』

にこ『はっや…』

海未『ふふ、即決ですね』

希『後はえりちだけやね』
331: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 04:32:50.18 ID:o/NLDG6R0
絵里『おまたせ、やっと決めたわ』

希『お、丁度やん』

絵里『…いいわ、賛成』

にこ『これで全員ね』

絵里『え?!もう全員賛成したの?!』

海未『えぇ、ついさっき』

絵里『そ、そう…』

真姫『ただいま、生活に関しては問題なくなったから安心して』

凛『凛はもういつでもいく準備出来てるよ』

花陽『私も!』
332: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 04:36:03.88 ID:o/NLDG6R0
希『そういうわけで、明後日穂乃果君呼ぼっか』

海未『明日ではないのですか?』

真姫『穂乃果も心の準備ってものが必要なのよ』

絵里『あ、同棲して穂乃果と一緒に寝るのは私ね!』

ことり『は?』

にこ『ことり、口調変わってる』

凛『そんなの口約束に過ぎないにゃ!一番を取ればいいんだよ!』

海未『その通りですね』

希『取りあえず明後日、穂乃果に伝えよ?』

七人『うん!』

真姫『…それでさ皆に重要な話があるの』
333: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 04:38:44.94 ID:o/NLDG6R0
絵里『まだあるの?』

真姫『ぶっちゃけこっちの方が本命なのよ』

ことり『…え?』

にこ『なに…?』

真姫『今から言うことは冗談なんかじゃない、本当のことよ』

花陽『…?』

真姫『穂乃果のことなんだけど』

真姫『…どうやら穂乃果、女みたいなのよ』

希『…は?』

海未『意味がわからないのですが…』

にこ『ノイローゼじゃないでしょうね?』
334: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 04:41:56.05 ID:o/NLDG6R0
真姫『まさか…事故の後に何か体に損傷がないかレントゲンを取らせてもらったのよ』

真姫『それを見たのはつい最近なんだけど…』

真姫『男性器じゃなくて女性器があったのよ…』

海未『そ、そんなありえないです!』

海未『私は穂乃果が家に泊まった時に裸を見たのですよ?!その時はちゃんとありました!!』

ことり『…え』

凛『…………』

にこ『まさかお風呂一緒に入ったの…?』
335: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 04:45:43.57 ID:o/NLDG6R0
海未『あ、いや穂乃果が着替えを忘れて届けにいったときにばったり…』

希『今そういうのはいいんよ!ほんとにあったんだね?海未ちゃん』

海未『ありましたよ!』

真姫『じゃあなんで…』

にこ『ミスじゃないの?』

真姫『いやそんなはずはない、レントゲンをプリントするときは取違がないように離れた場所にある、しかもちゃんと名前ものるわ』

ことり『で、でも海未ちゃんは見たんだよね?!』

真姫『事故の時に切断したとか…?』

希『!』ピクッ

にこ『ま、まさか…』

花陽『それはないよ!なんで部分的に切り取るんですか!』

真姫『そ、それは…』

凛『ねぇ…凛から1ついい?』
341: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/08(金) 00:56:17.69 ID:9n9jHyQj0
海未『なんですか?』

凛『穂乃果君が女だから何なの?』

凛『皆は穂乃果君が女だったから今までの話をやめにするの?』

凛『そんな緩い気持ちなら穂乃果君と関わらないで?』

凛『私は…凛は穂乃果君が女でも男でもいいよ、だって凛は穂乃果君のことが大好きだもん』

絵里『…私も同じ意見だったわ、女だろうと気持ちは変わらない』

絵里『私は穂乃果が大好き、女だとしても大好き』

絵里『そりゃあ男じゃないと出来ることも限られるだろうけどそんなもの求めて穂乃果と一緒に住もうなんて思ってないわ』

絵里『散々凛には約束やら二人っきりの時間やら色々妨害されてうざったいとは思ってたけどそう穂乃果に熱心であるように一番まともなのは凛だったようね?』
342: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/08(金) 01:02:09.70 ID:9n9jHyQj0
希『バカにしないで!!』

希『私だって同じだよ!』

希『気持ちは変わらない!そりゃ驚いたけど私は穂乃果君のことを嫌いになったなんていってない!』

希『むしろ大好きだよ!私は世界で一番穂乃果君が好き!』

海未『世界で一番穂乃果を愛してるのは私ですね、私も希と同じです』

海未『驚いただけです、それ以外は何も変わってません』

海未『大体その程度で揺らぐ愛ならスクールアイドルなんてやってません!』

ことり『そうだよ!というかことりはむしろ穂乃果君がもっと好きになっちゃった!』

にこ『嫌いになるわけないじゃない!誰が一番まともだって?私よ!』

花陽『当たり前です!最初こそは驚きましたが今でも穂乃果君が好きという気持ちに変わりはありません!』
343: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/08(金) 01:06:24.86 ID:9n9jHyQj0
真姫『…やはり皆同じね』

真姫『本気を宿す誓い…かしら』

希『ようやく皆の本心がいえたね』

真姫『皆で穂乃果を幸せにしましょう!』

凛『いっくにゃー!』

絵里『ハラショー!μ'sは永遠よ!』

にこ『しょうがないわねぇ!』

海未『もちろんです!』

ことり『うんっ!』

花陽『はい!』

希『ウチに任しとき!』
344: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/08(金) 01:09:30.53 ID:9n9jHyQj0
〜〜〜

花陽「だから花陽と!」

真姫「真姫と!」

凛「凛と!」

絵里「絵里と!」

希「希!」

ことり「ことりと♪」

海未「う、海未…と…!」

にこ「にこにーっと!」

八人「同棲を前提に付き合ってください!」
345: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/08(金) 01:13:15.72 ID:9n9jHyQj0
穂乃果「う、うん…うん!」ポロポロ

穂乃果「みんなで…みんなで!!」



穂乃果「…幸せになろう?」ポロポロ



凛「もちろんにゃ!」

海未「一緒に住むからには規則正しい生活をしてもらはねばなりませんよ?」

絵里「私だけ同居ってことでよろしくね!」

真姫「はぁ?!なによそれ!同居は私よ!」

にこ「家事出来ない組は私を頼りなさいよね」

ことり「私にも頼ってね♪」

花陽「め、迷惑かけないように頑張ります!」
346: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/08(金) 01:15:28.21 ID:9n9jHyQj0
希「穂乃果君と一緒に寝るのはウチね?」

真姫「いやそれはないから!」

凛「そうにゃそうにゃ!」

絵里「…子供は作れないのよね」

穂乃果「そうだね…」

真姫「何なら医学の力で作る?私達の子供」

希「それはまた大胆やね…」
347: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/08(金) 01:19:28.91 ID:9n9jHyQj0
海未「男女が一緒に寝ること事態規則に反します!」

凛「穂乃果君は今女にゃー」

真姫「海未のやつはないわ」

絵里「それはない!」

ことり「ことりもそれはないに一票かなぁ?」

花陽「私もそれはないに一票!」

海未「常識人組裏切らないでください!!」

にこ「はい、それはない」

海未「うぐ………」

希「それはなーい!」

絵里「七対一でそれはないの勝利〜」

七人「いえーい!」
349: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/08(金) 01:23:44.91 ID:9n9jHyQj0
海未「うぅ…ほのかぁ…」ウルウル

穂乃果「あ、あぁよしよし…」ナデナデ

凛「あー!ずるい!凛もしてしてー!」

穂乃果「よしよし…」ナデナデ

凛「ふにゃ〜…」コロン

希「ほ〜のかくん!」

穂乃果「ん?」

チュッ

七人「あー?!?!?」

希「唇と唇で正真正銘のキスやね?」

希「ウチが付き合ってからの一番乗り〜」

凛「凛も!」

チュッ

ことり「は〜い!ことりも〜♪」

チュッ

海未「は、破廉恥です!!!」
350: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/08(金) 01:29:55.48 ID:9n9jHyQj0
希「そういえばこの中で一人だけ同棲じゃなくて同居人になれるわけだけど…」

希「同居人イコール結婚ってことになるんよ?」

八人「?!」

絵里「ほ、穂乃果!私よね!」

真姫「私よ!」

凛「凛だよー!!」

ことり「ことりだよね?おねがぁい…」ウルウル

海未「しっかりものが結婚相手でないと穂乃果も困るでしょう!ですから私を!」

花陽「わ、私でよければ…」モジモジ

にこ「いやここは一番家事が出来る私があってると思うのだけれど」

希「ウチだよね?穂乃果君!」

八人「穂乃果(君)!、誰と結婚する(しますか)?!」

穂乃果「え、えーっと……」



穂乃果「分からないよぉ!!!!!」
351: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/08(金) 01:32:36.80 ID:9n9jHyQj0


穂乃果(ふぅトイレっていって逃げたけどどうしよ…)

穂乃果「…………!?」

穂乃果「あれー?!?!?!?!!!」

穂乃果(何が起きた何が起きた何が起きた…ry)

穂乃果「な、なぜだかわからないけど…」






穂乃果「男に戻ってるー?!?!?!」
352: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/08(金) 01:33:16.76 ID:9n9jHyQj0
おしまいです、ここまで見てくれた方ありがとうございました

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
穂乃果「え?私…じゃなくて俺?」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「え?私…じゃなくて俺?」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。