真姫「猟奇の部室」

シェアする

真姫-アイキャッチ20
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 22:31:55.26 ID:MzpuD34Q0
知ってる人は最初ですぐわかると思います。

短いのでよろしければお付き合いください。



にこ「あんた達はどうしたいのよ。」

ことり「ことりはどっちでもいいよ?」

花陽「私もにこちゃんが思う方でいいと思うよ?」

にこ「それ言われるのか一番辛いのよ。ん~…」




絵里「扉の前でなにしてるの?真姫?」

真姫「しっ、ちょっと静かに!」

絵里「何が聞こえるのかしら?どれどれ…?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1415885505

元スレ: 真姫「猟奇の部室」

スポンサーリンク
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 22:32:24.55 ID:MzpuD34Q0


ことり「にこちゃんはどっちがいい思うの?」

にこ「半殺しにしない?」

ことり「そっか。…にこちゃんが望むならそうしようか?」

にこ「そう?それじゃそれでいい?」

花陽「そうだね…皆殺しは止めとく?」

にこ「皆殺しはねぇ、好きだけど大変だし。ヤるのに夢中でそこらへん飛び散ったら後片付け大変でしょ?」

花陽「そうだね。飛び散って固まっちゃったらあとで大変だもんね。」

ことり「うんうん。掃除も大変だし。」
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 22:33:01.29 ID:MzpuD34Q0

絵里「…まままま真姫、ちょっとこれどういうことよ!」

真姫「わかんないわよ!なんで?なんであの3人がそんなこと…」


凛 「まっきちゃーん!あ、えりちゃんも!そんなとこでな…」


ぐわしぃっ!


真姫「凛、お願いだからいまは刺激しないで!いい?」

絵里「手を離すけど絶対に声出しちゃダメよ?」

凛 (コクコク)
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 22:34:00.08 ID:MzpuD34Q0
にこ「あ~、でもやっぱ皆殺しの方がいいかな?」

ことり「えぇ?でも、後片付けがって。」

にこ「そりゃ全部ヤるのは大変だけど。あんた達が全部ヤってくらるなら皆殺しにしたいけど。」

花陽「ぇえ~!ず、ずるいよにこちゃん!」

ことり「うん!二人に汚れ仕事押し付けるなんて…」

にこ「どうせ半殺しでもある程度汚れるの一緒でしょ?」

ことり「そうかもしれないけどぉ~…」
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 22:35:20.75 ID:MzpuD34Q0
にこ「でもそうよね、あんたら2人に汚れ仕事押し付けるのも酷いわよね。」

花陽「ごめんね?にこちゃん、ことりちゃん。花陽が言い出したばっかりに…だからやっぱり花陽一人でヤるよ?」

にこ「ごめん、花陽。そうよね、もう戻れないわよね。悪かったわ。」

ことり「そうだよ、どうせある程度汚れちゃったんだもん。最後まで3人でヤって片付けようよ。」



真姫「どうする?逃げる?」

絵里「逃げるって言ったって…その前に訳を聞いて説得した方が。」

真姫「なに悠長な事いってんのよ!半殺しか皆殺しかで揉めてるだけでどうにかしてやるって決意は固いみたいじゃない!」

凛「な、何かの間違いだよ!もー、えりちゃんも真姫ちゃんも・・。かよちんが凛達にそんなことするわけないよ!」

真姫「私だって信じられないわよ、さっきまであんなに仲良くやってたのに…。」
6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 22:35:57.93 ID:MzpuD34Q0
凛 「凛、確かめてくる!」
 
絵里「凛!落ち着きなさい!」

真姫「何考えてるのよ!バッカじゃないの!?」

凛 「それでも、凛はかよちんにならいいよ。逃げたいなら逃げればいいにゃ・・・」


にこ「なんか扉の前うるさいわね、花陽、ちょっと見てきてよ。」

花陽「うん、誰だろ?」

真姫「凛っ?!絵里、とりあえず隠れるわよ!」

絵里「え、えぇ!」


ガチャ
7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 22:36:34.74 ID:MzpuD34Q0
花陽「あ、凛ちゃん。」

にこ「凛か。ほら、入って来なさい。」

凛 「か、かよちん?」

花陽「どうしたの?ほら、早く扉しめて?」ニコニコ

凛 「う、うん」

にこ「ほら、入ったらすぐ扉閉める!何おどおどしてんのよ!」

凛 「ご、ごめんね?ごめんね?」

ことり「大丈夫だよ、にこちゃん怒ってるわけじゃないから。ほら、早く入って?」

凛 「うん。すぐ閉めるから!・ね、ねぇ、かよちん、その棒・・なに?」

バタン
8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 22:37:02.27 ID:MzpuD34Q0
真姫「絵里、どうすんのよ。」

絵里「どうするったって…私にいまあそこに飛び込めって言うわけ?」

真姫「そうじゃないけど!でもこのまま…」


ドスッ!ドスッ!


えりまき「!?」

ことり「はぁ、はぁ、どうかな?にこちゃん?」

にこ「まだ全然よ、もっとこう!」



ドンドン!
9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 22:37:34.63 ID:MzpuD34Q0
真姫「とりあえず逃げるわよ!」

絵里「どうして…なんであの子達に何が…」

にこ「なんで真姫と絵里逃げたのかしら?」

花陽「ことりちゃん、代わってもらっていい?」

ことり「うん!」
10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 22:38:57.02 ID:MzpuD34Q0
絵里「……」

真姫「…何か言いなさいよ…」

絵里「何を言えって言うのよ…。」

真姫「違う世界線だとこういう猟奇物結構あるって言うけど、まさか私達が…。」

絵里「真姫、落ち着いて考えましょう、最近あの子達に何か変わったこと無かった?」

真姫「変わったこと…」

絵里「ほら、何かないの!?」

真姫「うるさいわね!あなたこそ落ち着きなさいよ!」

絵里「大体落ち着けるわけないじゃない!ことり、花陽、にこよ?!そんなことする様な子達じゃないじゃない!」
11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 22:39:36.57 ID:MzpuD34Q0

希「二人で何言い合ってるん?」

絵里「の、希!」ギュッ

真姫「無事だったのね!」ギュッ

希「ちょ、え?なんで二人で抱きついてくるん?というか、無事ってなんなん?」

絵里「お願い、希、部室には行かないで!」

希「とりあえず落ち着いて?どないしたん?」

真姫「かくかくしかじか…」
12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 22:40:26.47 ID:MzpuD34Q0
希「はぁ…なるほど。皆殺し…ね。」

絵里「何よ、その顔。嘘吐いてるとでも思ってるの?」

希「いや、うん、信じてるよ?」

真姫「逆によくこんな荒唐無稽な事信じてくれるわね…」

希「二人の顔が真剣なんは分かるし、多分さっきまで言い合いしてた理由もそのことなんやろ?」

絵里「そうよ。信じてくれるのね?」

希「分かった。うちが確かめたるし、最悪部屋の中で説得するから。」
13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 22:40:54.66 ID:MzpuD34Q0
真姫「はぁ?何言ってんのよ、バッカじゃないの!今話したこと聞いてたの?」

希「ちゃんと聞いてたよ。でも凛ちゃんが殺されたと決まった訳でもないんやろ?手遅れになる前に説得できるかもしれへんやん!」

真姫「でも、それであなたまで…」

希「大丈夫、二人は外で待ってて。もしうちの悲鳴が聞こえたら全力で逃げるんやで?いい?」

絵里「でもでも!希だけにそんな…!」

希「うちは大丈夫やから。せやから、部室いこ?」

真姫「私は嫌よ!ここに残るわ!」

絵里「…私は希についていくわ。」

真姫「絵里!」
14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 22:41:21.14 ID:MzpuD34Q0
絵里「いいの。大丈夫、絶対帰ってくるから。」

希「えりち、いい?約束してな?離れた所におって、もしうちの悲鳴が聞こえたら逃げるんやで?」

絵里「でもそれじゃあなたが!」

希「悲鳴上がるようなら、うちは既にあかんと思うし、えりちまで巻き込みたくないやん?だから絶対すぐに逃げてな?」

絵里「希…」グスッ

希「ほな、うち入るから。早く離れて?」

絵里「ごめん、ごめんなさい、ほんとにごめんなさい…」

希「ほな、いくね?」
15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/13(木) 23:47:29.37 ID:MzpuD34Q0
希 「みんな~?いてる?」コンコン

にこ「いるわよ、入って来なさいよ。」

ことり「あ、希ちゃん、入ったらすぐ扉閉めてね?」

絵里「凛の声…聞こえないわね…希、危なくなったら早くにげ」



希「きゃぁー!」



絵里「?!」


ドスッドスドス!
16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 23:48:05.74 ID:MzpuD34Q0
絵里「の…希…そんな…」

希「ぅう……」

絵里「どうすれば…今ならまだ間に合うかもしれないし…でも相手は3人よ?私一人でどうにかなんて…」


ドスッドンドン


絵里「ごめん、ごめんね、希っ!」ダッ
17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 23:48:43.69 ID:MzpuD34Q0
真姫「…無様ね。」

絵里「……」

真姫「何よ、何か言いなさいよ!」

絵里「ほら、愚かな私を笑いなさいよ、バカにしなさいよ!何もできずにおめおめと一人で逃げ出した私を責めなさいよっ!」

真姫「……ごめん、そうよね、私なんて立ち会うことすら拒否した臆病者よね…」

絵里「謝らないでよ!責めなさいよ!…の、のぞみ…ごめん、ごめんね…ごめんね…希ぃ…ぅううっ…」

真姫「…泣いてても仕方ないわ…。とりあえず理事長に報告に行くわよ。」

絵里「真姫…」
19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 23:49:23.50 ID:MzpuD34Q0
真姫「ここでこうしてても好転しないわ。誰かに知らせて早く止めないと。私達2人じゃもう何も…」

絵里「…そうね。泣いてても始まらないわね。とりあえず穂乃果と海未にこの事を知らせて絶対に部室に近寄らせないようにしないと。」

真姫「もう説得も諦めましょ。残ってる二人を守ることを優先した方がいいわ。」

絵里「ええ、とりあえず理事長に報告して、その後2人を探しましょう。幸い部室からまだ出て私達を探し回ってる気配はないし。」

真姫「そうなったらもう逃げ場はないわ。そうなる前に異変を知らせて2人を探さないと!」
20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 23:50:13.28 ID:MzpuD34Q0

海未「二人で理事長室に何か用ですか?」

絵里「海未!無事だったのね!」

海未「?は、はぁ。確かに無事ですが。」

真姫「穂乃果は?穂乃果はどこなの!?」

海未「二人とも何を慌てているのですか?落ち着いて最初から話してください。」

真姫「落ち着くも何も海未を運良く確保できたんなら、次は穂乃果の確保が優先よ、絵里!」

絵里「ええ、この際報告は後にしてでもまずは最後の穂乃果の無事を確かめないと!」

海未「あのー…全く話が見えないのですが。」
21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 23:50:44.98 ID:MzpuD34Q0
絵里「海未はとりあえず絶対に私達と離れないで!あと穂乃果が何処にいるか知らない?」

海未「生徒会室にいるはずですよ。さっきまで一緒でしたし。」

真姫「絵里!」

絵里「ええ!海未!とりあえず私達と一緒に生徒会室に!」

海未「私は理事長室にこれを届けるところなのに何故また生徒会室に戻れと…。」

真姫「お願い、いまは何も聞かずに私達について来て!」

海未「は、はぁ…。まぁ真姫と絵里ですし、遊んでるような顔でもなさそうですね。構いませんが、後で説明してくださいね?」

真姫「説明くらい後でいくらでもするわよっ!早く生徒会室に行かないと!」

絵里「穂乃果!お願い、そこにいてよ!」
23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 23:51:28.49 ID:MzpuD34Q0

絵里「穂乃果!?」

真姫「穂乃果は?」

絵里「居ない…そんな…」

海未「きっと部室に向かったのでしょう。」

真姫「そんな!」

絵里「真姫!もう希の二の舞はごめんよ!なんとしてでも止めるわよ!」

真姫「そうね、まだきっと出た所よね。間に合うはずよ!」

絵里「早まらないでね、穂乃果!」

海未「ちょっと、真姫、絵里!そんなに引っ張らないでください!それに廊下走ってはいけません!」

真姫「うるさいわね!小言なら後でいくらでも聞いてあげるわよ!だから今は文句言わずについて来なさい!穂乃果の命が掛かってるのよ!」

海未「!?い、命が?!」
24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 23:52:20.13 ID:MzpuD34Q0
絵里「穂乃果ー!」

真姫「あれ、穂乃果よ!」

絵里「部室の前じゃない!待って穂乃果!開けちゃだめ!」

真姫「聞こえてないの!?穂乃果ーっ!!」

穂乃果「?」

絵里「あ、こっち向いたわ!」

真姫「ダメよ。向いたけどそのまま中に!」

絵里「……そ、そんな…」

真姫「もう…だめなのね…ただ海未だけでも助けられたのが幸いだと思いましょ…」

絵里「間に合わなかったん・・え、待って、中の声が聞こえてるわ。」
25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 23:52:54.31 ID:MzpuD34Q0
にこ「遅かったわね。」

穂乃果「あ、皆殺しにしたんだね!」

ことり「穂乃果ちゃん来る前に終わらせて驚かそうと思って。」

花陽「どう?お眼鏡に叶うかはわからないけど…」

穂乃果「上出来だよ!あ、さっき絵里ちゃんと真姫ちゃん見たから呼んで来るね。」

にこ「ええ、お願い。凛が来る前に声は聞こえたんだけどなんかそれっきり…」

穂乃果「そこにいたよ?いまならすぐ捕まえられるよ。」
26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 23:53:47.20 ID:MzpuD34Q0
姫「そ、そんな!」

絵里「穂乃果はグルだったの!?」

海未「あのー、先ほどから何を…」

絵里「捕まえるって・・まずいわ、いまは逃げるのよ、話は後で!」


希「ぇ…ぇりち…」


絵里「希!?」

真姫「ちょっと何止まってるのよ!」

絵里「だめよ、二度も見捨てるなんて出来ない!希!」

真姫「絵里!えりぃー!!」
27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 23:55:38.64 ID:MzpuD34Q0
里「希ーっ!!」

希「わーっ!」ピョコン

絵里「……」

希 「あれ?えりち?」


ポテッ


希 「や、やりすぎたかなぁ?あはは・・」


真姫「……え?凛?」

凛 (にこにこ)

にこ「あんたたちほんとうっさいわね!とっとと扉閉めて座りなさい!」

希「ど、どないしよ…。」

花陽「絵里ちゃん気絶するほど驚いちゃったのぉ!?」

ことり「ことりは頭冷やすものでは持ってくるね!」



真姫「……どういうこと?」


海未「真姫、そろそろ説明していただけますか?」
28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 23:56:31.84 ID:MzpuD34Q0

にことりぱな編


冒頭

にこ「しかし穂乃果居ないまま初めて大丈夫なのかしら。」

花陽「ちゃんと餅米は炊けてるから後は潰すだけだし。包むのは穂乃果ちゃんが来てからでいいんじゃないかな?」

ことり「楽しみにしてたんだけどね、穂乃果ちゃんも。」

にこ「しかし部室でお餅作るってうち何部なのよ!」

ことり「あはは…。」

花陽「ごめんね、花陽が作りたての和菓子食べたいなんていったから…」

にこ「あ、違うの、花陽。ただ自嘲しただけよ。それにこういうの嫌いじゃないし。」
29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 23:58:06.75 ID:MzpuD34Q0
ことり「それじゃ、お米は花陽ちゃんが用意してきてくれたし。でね?穂乃果ちゃんの意見で餡子は飽きたので却下ー!って言われたからこういうのにしてみましたっ!」

にこ「チーズクリームにチョコレートか。目新しいわね。」

花陽「お米はオールラウンダーだもん、きっと美味しいよ!」

にこ「そりゃ雪見大福とかもあるし、探せばこういう和菓子くらい絶対売ってるお店ありそうよね。さて、どうする?」

ことり「どうするって?」

にこ「餅つき機も無いし、杵と臼もないし、精々ボウルですりこぎで潰すしかできないわね。ぼた餅程度が限界かなぁ?。」

ことり「味が変わるわけじゃないし、ある程度潰れてればいいんじゃないかなぁ?」

花陽「花陽はなんならお米の形したままでも…」
30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 23:59:08.44 ID:MzpuD34Q0

にこ「ことりがいいならそうしますか。」

花陽「ぇ、私の意見は…」

にこ「そもそも私がチョコレートおにぎり食べたくないわよっ!」

ことり「じゃぁ、ほんとにある程度潰すってのでいいかな?」

花陽「あ、そうそう!完全にお米の粒を潰すのは皆殺し、半分形が残ってるのは半殺しっていうんだって!」

にこ「おじいちゃんがそういってたの聞いたことあるわね。物騒な言葉よね、ほんと。潰すにしてもそれじゃ、あんた達どうしたいのよ?」
31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 23:59:53.11 ID:MzpuD34Q0

凛入室後


ドスッ!ドスッ!


にこ「すりこぎじゃ叩いてもなかなか潰れないわね…はぁ。まだ半殺しってとこかしら?」

ことり「それじゃ、ことりが代わるね?皆殺しって大変だね…」ドンドン

凛(……よかったにゃ…そういうことか…)

花陽「どうしたの?凛ちゃん?」

凛(面白そうだからあの二人には勘違いさせとこっと♪いまバタバタと足音聞こえたから向こういったかな?)

凛「ううん!なんでも!凛も手伝うよ!」

にこ「ごめんね、疲れてイライラしてたから強く言っちゃって。てかさっき絵里と真姫の声したわよね?」

凛「なんか用事残ってるみたいだよ?」

にこ「なら仕方ないわね。さて、穂乃果が来る前にもっと潰しとくわよ!」
32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 00:01:14.28 ID:KzoRbeHz0

希「お~、作るって聞いてたけど大変そうやね。」

ことり「あ、希ちゃん。絵里ちゃん達と会わなかった?」

希「さっき走って中庭の方にいってたけど?」

にこ「あいつらの用が終わったらこっち来るように言って呼んできてくれない?」

希「ええよ?じゃ、呼んで来るな?」

りんぱな「いってらっしゃ~い!」
33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 00:01:52.35 ID:KzoRbeHz0


中庭希編



希「はぁ…なるほど。皆殺し…ね。」

希(あー、思いっきり勘違いしてるな…。確かに意味知らんかったらそうなるもんなぁ。でも!こんな面白い事になってるんやし、このまま勘違いさせた方が面白そうやん?)

絵里「何よ、その顔。嘘吐いてるとでも思ってるの?」

希「いや、うん、信じてるよ?」

真姫「逆によくこんな荒唐無稽な事信じてくれるわね…」
34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 00:02:32.23 ID:KzoRbeHz0


部室希編



希(よし、ごめんな?えりち、真姫ちゃん。でもこんな面白そうなん無視するのももったいないし・・。ごめんな?えりち、真姫ちゃん♪)

希「きゃぁー!!」


ドンドンドッ


にことりぱな「!?」

希「しーっ!」

にことりぱな「???」


ドスッドスッ


バタバタバタ…
35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 00:02:58.01 ID:KzoRbeHz0

希「あ、ごめんごめん、蜘蛛がおったような気がしたけど、うちの気のせいやったわ。続けて?」

にこ「急に大声出して驚かさないでよ…。で、あの二人は?」

希「いやぁ、まだなんか用事残ってるみたいで。終わったら来るそうやで?」

にこ「そう?曲のことかしら。それじゃ向こうは向こうの仕事してくれてるんだし、私達で頑張るわよ。」

希「あ、もちろんうちも今から手伝うから。」
36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 00:03:38.58 ID:KzoRbeHz0

現在


真姫「で、悪ノリした、と。」

のぞりん「スイマセンデシタ」タンコブ

絵里「……」ナミダメ

希「…ご、ごめんな?えりち…」

絵里「気安く話しかけないでください、東條さん。」

希「えりちぃ…ごめんてぇ…」うるうる

絵里「泣きたいのはこっちよばかぁああ!」

凛「真姫ちゃん、許してほしいにゃ…?」

真姫「…フン!」プンスカ

にこ「その前にあんたら二人!」

絵里「え?私達?!」
37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 00:04:13.46 ID:KzoRbeHz0

真姫「私達騙されたのよ!どうして私達に怒ってるのよ!」

ことり「…二人には私達がそういうことするように見えてたのかな…?」

えりまき「うっ…」

花陽「ひどいよ、真姫ちゃん、絵里ちゃん…」

真姫「ち、違うの!あんな言葉聞こえて来たらそう思うのも仕方ないじゃない!」

絵里「そうよ!私達も信じられなかったけど、凛が入ったら急にあんな音がして声が止まったんだもの!」
38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 00:04:51.32 ID:KzoRbeHz0
にこ「それでも…うーん…」

ことり「そうだなぁ…二人のこと、許してあげるけど…」

絵里「けど?」

花陽「凛ちゃんと希ちゃんのことも許してあげてね?」

絵里「…そ、そうね。」

真姫「分かったわ。もう許してあげるわよ。」

希「ごめんな?二人とも。」

凛「真っ姫ちゃーん♪」スリスリ

真姫「調子に乗らないの!」ペチッ
39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 00:05:27.44 ID:KzoRbeHz0

穂乃果「さて、それじゃ仕上げてみんなで食べよーっ!」

海未「……あのー…」

希「ごめんな?えりち…」

絵里「もうやめてよね?すごく…辛かったんだから…希が居なくなるなんて…」

希「…えりち…えへへ…」

花陽「ここは、こうやって…」

真姫「こうかしら?」

凛「おー!真姫ちゃん、うまいにゃ!」

真姫「当然でしょ?」ドヤァ

にこ「やっぱり穂乃果うまいわね。」

穂乃果「そりゃー穂むらの看板娘だもんっ!」

ことり「穂乃果ちゃん、ほっぺに粉付いちゃってるよ?」




海未「……あの…」


海未「だっ、誰か私にも分かるように説明してくださーーいっ!」
40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 00:06:41.32 ID:KzoRbeHz0
以上です。

古くから有る民話がモチーフなので結末知ってた方はすいません。

お付き合いありがとうございました。

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
真姫「猟奇の部室」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『真姫「猟奇の部室」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。