真姫「マッチ売りの少女」

シェアする

真姫-アイキャッチ7
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/16(火) 16:27:28.25 ID:3vYsW4zU0

真姫「むかしむかし、あるところにことりちゃんが居ました」

真姫「まぁ、色々あってマッチを売ることに!」

真姫「そんなことりちゃんの一日を見ていきましょうか」


ことり「まっちょ、まっちょは要りませんか?」

真姫「要らないわよ!! なんでマッチョなのよ!?」

ことり「あ、真姫ちゃん」

真姫「語り部の私に突っ込みさせないでよ!」

ことり「今日はまっちょなニコちゃんも居るよ♪」

ハイパージャンボ寝そべりぬいぐるみ矢澤にこ「まっちょ、まっちょ♪」ムキムキ

真姫「買うわ!」

ことり「買うの!?」

真姫「こうして、私とニコちゃんは幸せに暮らしましたとさ」

ハイパージャンボ寝そべりぬいぐるみ矢澤にこ「まっちょ、まっちょ♪」ムキムキ


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1434439638

元スレ: 真姫「マッチ売りの少女」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/16(火) 16:28:32.61 ID:3vYsW4zUo
海未「泣いた赤鬼」


海未「むかしむかし、あるところに真姫が居ました」

海未「村人と仲良くしたい真姫でしたが、ツンデレでしたのでなかなか仲良くなれません」

海未「ツンデレも大変ですね。これはそんな真姫のお話です」

真姫「べ、べつに花陽ちゃんのことなんか好きじゃないんだからね!?」

花陽「ごめんね。花陽なんて好きになってくれる人居ないよね」

真姫「そ、そんなこと──」

凛「凛はそんなかよちんも大好きにゃ」

花陽「凛ちゃん! 花陽も大好きだよ!」

凛「早く帰ってラーメンライスを食べるにゃ」

花陽「うん!」

海未「凛と花陽は仲良く村へと帰っていくのでした」

真姫「……」

海未「真姫、次は青鬼に相談に行く場面ですよ?」

真姫「海未ちゃん!」ギュッ

海未「仕方がない人ですね」ナデナデ

にこ「ちょっと! ニコの出番はまだ……!?」

にこ「真姫ちゃんが浮気してる!?」ガーン

海未「こうして青鬼(ニコ)は泣きましたとさ」チャンチャン

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/16(火) 16:29:16.24 ID:3vYsW4zUo
ことり「もも太郎」


ことり「むかしむかし、あるところに絵里ちゃんが居ました」

ことり「絵里ちゃんは桃から生まれたんだって。はらしょーだね」

ことり「そんな絵里ちゃんが悪い鬼たちを倒すために旅にでるお話だよ♪」


絵里「かしこいかわいいエリーチカ!」フンフンフン

穂乃果「絵里ちゃん! ランチパックちょうだい」ワンワン

絵里「あら、穂乃果? 残念だけど、私が今持っているのは高級ハニートーストしかないわよ」

穂乃果「おいしそう!」

絵里「食べる?」

穂乃果「うん!」モグモグ

絵里「あとチーズケーキもあるわよ」

ことり「食べる!」チュンチュン

絵里「あらあら、ことりまで」

ことり「こうして、ことりは美味しいチーズケーキを食べました」チャンチャン

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/16(火) 16:29:49.36 ID:3vYsW4zUo
希「バイオハザード」


希「むかしむかし、あるところにニコっちがおったそうな」

にこ「ちょっと待って! バイオハザードは昔話じゃないわよ! あと、ニコを主人公にする気!?」

希「国の極秘機関で行われていたバイオ研究所に異変が発生! 危険レベルをバイオハザードに認定したんよ」

にこ「希! 良いから話を聞きなさい!」

希「ニコっちの前にバイオハザードの影響でゾンビになったアライズが現れるんや」

にこ「ちょっと! アライズなの!?」

希「さあて、ニコっちは生き残ることができるのか?」

にこ「嫌! 無理!」

希「なあ、ニコっち。実はウチな……」クルリ

にこ「!?」

希「ゾンビなんよぉ」バアッ

にこ「」シッシン

希「あちゃー、やりすぎたかな?」ペリペリペリ

*希ちゃんは特殊メイクをしていたんだよ!
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/16(火) 16:30:17.34 ID:3vYsW4zUo
凛「つるの恩返し」


凛「むかしむかし、あるところにかよちんが居たにゃ」

凛「ある日のこと、かよちんは罠(チーズケーキ)にひっかかっている鶴を助けるにゃ」

凛「流石かよちん! そんな日のかよちんのお話にゃ!」

ことり「絶対にこの中を覗いちゃだめだよ、花陽ちゃん」

花陽「うん、分かったよ、ことりちゃん」

凛「かよちんのお家にことりちゃんが来ているよ。隣の部屋で何か作業している音がするよ」

花陽「ことりちゃんにお茶を持っていこうかな」カチャカチャ

ことり「うーん、サイズが……」

花陽「ことりちゃん、お疲れ様です」

ことり「あ、花陽ちゃん。ちょっと、これ着てみてくれるかな?」

花陽「うん、良いよ」ワイワイ

凛「こうしてかよちんは、ことりちゃんの洋服づくりを手伝いましたにゃ!」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/16(火) 16:30:52.60 ID:3vYsW4zUo
にこ「仮面らいだー」


にこ「むかしむかし、あるところに希が居たのよ」

にこ「希は好奇心で最近発掘された洞窟に入り、不思議なベルトを手に入れるわ」

にこ「そのベルトは希の身体に吸い込まれ、あとは分かるわね?」

希「なぁ、ニコっち?」

にこ「なによ!? 登場人物!」

希「さっきの仕返し?」

にこ「あったりまえでしょ?」

希「しゃーないなぁ。ニコっち、見ていてください。ウチの変身!」

にこ「ちょ、ちょっと、今最終話付近なのよ!?」

希「……」ヘンシン

にこ「く、黒い目の四号……!?」

希「ガオー」

にこ「」バタン

希「うーん、やりすぎたかな?」カラコンハズシ

*よく分からない人は仮面ライダークウガを見よう!

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/16(火) 16:31:19.43 ID:3vYsW4zUo
花陽「おむすびころりん」


花陽「むかしむかし、あるところに海未ちゃんが居ました」

花陽「働き者の海未ちゃんは今日もおむすび(ゴクリ)を持って、お仕事に向かいました」

海未「ふー、一休みしましょう」

花陽「そう言って、海未ちゃんは用意していたおむすび(タベタイ)を取り出すと、なんと!! コロコロ転がって行くではないですか!?」

海未「あ、私としたことが」コロコロコロ

花陽「きゃーちっ!!」

海未「花陽!?」

花陽「おむすびを粗末にすることなんてできません! 私が代わりに食べます!」

海未「止めなさい! 花陽! 土のついたおむすびなんて食べないでください!」

花陽「あーん」パクリ

海未「ペッしなさい! 花陽、良いですからペッしなさい!」

花陽「白いごはんが美味しいよ!」

海未「五分後、花陽は救急車で運ばれて行きました。食中毒と黄色ブドウ球菌には気を付けましょう」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/16(火) 16:31:47.64 ID:3vYsW4zUo
絵里「シンデレラ」


絵里「むかしむかし、あるところに凛が居たわ」

絵里「凛は意地悪な継母と義姉にいつもいじめられていたの」

絵里「でも、ハラショーなことに凛の元へ魔法使いが現れるの!?」ドキドキワクワク

凛「掃除が終わったので、ラーメン食べたいにゃ」

花陽「あ、凛ちゃん。魔法で凛ちゃんを舞踏会に行かせてあげるよ」

凛「かよちん! でも、凛は……」

花陽「大丈夫だよ! 凛ちゃんは可愛いんだから!」

凛「ラーメンが食べたいにゃ」

花陽「え?」

絵里「あのね、凛? 私、王子様役でお城で待っているのよ?」

凛「ラーメン」

絵里「え?」

凛「ラーメン」

花陽「こうしてラーメンBOTと化した凛ちゃんに、私はラーメンを食べさせてあげました」

凛「めでたしめでたしにゃ」

絵里「」ハラショー

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/16(火) 16:32:19.38 ID:3vYsW4zUo
穂乃果「ラブライブ!」


穂乃果「むかしむかし、あるところに穂乃果が居たんだよ」

穂乃果「ある日、音ノ木坂学院廃校のお知らせが張り出されてしまい私はショックで倒れてしまう」

穂乃果「目が覚めて、穂乃果が卒業するまでは廃校にならないと知って安心するんだ」

穂乃果「でも、でもね、廃校なんて嫌だった。どうにかできないか必至に考えたんだ」

穂乃果「それで色々あって、穂乃果は海未ちゃん、ことりちゃんとスクールアイドルを目指すことにするんだ」

穂乃果「最初のライブは観客なんてほとんど居なかった。でも、皆が居たから、皆と頑張れたから、私は進んでこれた」

穂乃果「この九人だから、μ'sだから最後までやり遂げることができた!」

穂乃果「──これは皆で叶える物語」

穂乃果「夢のような青春の記憶」



海未「まったく、穂乃果は好きですね」

ことり「ことりも思い出すだけで、あの頃に戻れる気がするよ」

絵里「μ'sがなかったら、きっと私は今とは違う自分だったのだと思うわ」

希「ウチもやね」

真姫「あの一年は私の思い出の中でも一際輝いているわ」

凛「そうだね。大切な宝物のような記憶だにゃ」

花陽「うん、本当にμ'sで居られて良かった」


にこ「……綺麗にまとめているところ悪いんだけど、これって童話を皆で再現してみようって言うバカ(穂乃果)の提案の話よね?」

穂乃果「ファイトだよ!」

にこ「わけ分かんないわよ! と言うかニコなんて二回も失神したんだから!!」

希「どんまいやで」

にこ「おい、原因! と言うか、最初のマッチョも何なのよ!!」

穂乃果「これからもμ'sの皆は仲良しだよ!」

にこ「だから、あんただけ綺麗にまとめようとすんなーっ!!」

                          終

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/16(火) 16:34:05.36 ID:3vYsW4zUo
ゆるい童話ラブライブでした。

安定のにこ落ち。

ではまたどこかで。

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
真姫「マッチ売りの少女」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『真姫「マッチ売りの少女」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。