真姫「姉妹、ね……」

シェアする

真姫-アイキャッチ16
1: ◆u9IChv7h0A 2014/11/09(日) 21:41:04.65 ID:WoaKCrAc0
ほ の ま き

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1415536854

元スレ: 真姫「姉妹、ね……」

スポンサーリンク
2: ◆u9IChv7h0A 2014/11/09(日) 21:42:10.04 ID:WoaKCrAc0

真姫「ただいまー」


シーン


真姫「……」


ガチャ


真姫「? これは……」


『真姫ちゃんへ

今日も遅くなると思うので、先にご飯を食べていて下さい               母より』


真姫「……」


真姫「今日も1人、ね……」


真姫「えっと……」ガサゴソ


真姫「白菜とハムで作れる料理は……」


真姫「……はあ」
3: ◆u9IChv7h0A 2014/11/09(日) 21:43:17.09 ID:WoaKCrAc0

――


真姫「ふぅ……」


真姫「(11月にもなると、さすがに寒さも本格的になってくるわね)」


真姫「(それに6時を過ぎてるし、気温もどんどん下がってく)」


真姫「(寒い……)」


真姫「あ……やっとつい……え?」


『定休日』


真姫「う、嘘……」


真姫「……はあ」


真姫「(さっきから私、ため息ついてばかり……)」


真姫「(……幸せが逃げちゃうわね)」


真姫「? あれは、コンビニ……」
4: ◆u9IChv7h0A 2014/11/09(日) 21:44:06.85 ID:WoaKCrAc0

真姫「(結局、コンビニでカップ麺を買ったわ)」


真姫「(……寂しい食事ね)」


真姫「……」


真姫「……寂しい、か」ボソッ


真姫「帰ろ……」


――ポタ…ポタポタ


真姫「え……」


ッァァァァァァァァ


真姫「雨……」


真姫「……」ポロポロ


真姫「あ、あれ? 私、泣いて……」ゴシゴシ
5: ◆u9IChv7h0A 2014/11/09(日) 21:45:20.29 ID:WoaKCrAc0

真姫「お、おかしいわね。どうして涙が……」ポロポロ


真姫「なかなか、止まんないな……」ポロポロ


「まっ、真姫ちゃん!?」


真姫「……え?」ポロポロ


穂乃果「どうして泣いてるの!?」


真姫「ほ、穂乃果……?」ポロポロ


穂乃果「こんなに濡れちゃって……!」


穂乃果「私に付いてきて!」ギュッ


真姫「あっ……」


真姫「(穂乃果の手、あったかい……)」ギューッ


穂乃果「……」


穂乃果「(……真姫ちゃんはどうして、1人で泣いて……)」
6: ◆u9IChv7h0A 2014/11/09(日) 21:46:14.09 ID:WoaKCrAc0

ガラッ


雪穂「お帰り、お姉ちゃ……って真姫さん!? どうして濡れて―――」


穂乃果「話はあと、今は真姫ちゃんをお風呂に入れなきゃ。だいぶ冷えてるし、風邪引いちゃう」


雪穂「う、うん! お、お風呂沸かしてくるね!」ドタバタ


真姫「……」ポタポタ


穂乃果「お風呂沸くまで、少し待っててね」


真姫「……聞かないの?」


穂乃果「えっ? なにが?」


真姫「どうして私が、あの場所で泣いてたのか……」


穂乃果「最初は気になったよ。どうして泣いてるのか、どうしてあの場所で泣いてるのか」


穂乃果「でもさ、無理に詮索するのはよくないよね」
7: ◆u9IChv7h0A 2014/11/09(日) 21:47:01.49 ID:WoaKCrAc0

穂乃果「だから私は、真姫ちゃんから話すまで、待とうと思ったの」


真姫「穂乃果は……優しいのね」


穂乃果「えへへ、そんなことないよ」


真姫「いいえ、穂乃果は優しいわ……」


真姫「あの時も、私を……」ボソッ


穂乃果「真姫ちゃん?」


真姫「う゛え!? な、なんでもないわ!」


穂乃果「そ、そう?」


真姫「……」


真姫「寂しかったの……」


穂乃果「えっ?」
8: ◆u9IChv7h0A 2014/11/09(日) 21:48:02.17 ID:WoaKCrAc0

真姫「単に、寂しかったの……」


穂乃果「……」


真姫「『ただいま』って言っても返事は返ってこない。『いただきます』って言っても返事はない」


真姫「話し相手はいない、『お休みなさい』って言ってくれる人もいない」


穂乃果「……」


真姫「寝る時、小さな物音がしただけで怯えてる」


穂乃果「……」


真姫「だからね、私にとって学校やμ'sは大切な場所なの」


真姫「別に、家が嫌いってわけじゃないの」


穂乃果「……」


真姫「……意外よね。学校で強がってる私が、みんなの目がない場所では、こんなにも寂しがり屋だなんて」
9: ◆u9IChv7h0A 2014/11/09(日) 21:48:47.49 ID:WoaKCrAc0

真姫「……穂乃果が羨ましいわ」


穂乃果「……どうして?」


真姫「雪穂ちゃんっていう、かわいい妹がいて」


真姫「私にも姉妹がいたら、寂しくなかったり、しないのかな……」


穂乃果「真姫ちゃん……」


穂乃果「……」


穂乃果「ねえ、真姫ちゃん」


穂乃果「私が、真姫ちゃんのお姉ちゃんになってあげる」


真姫「……!」


穂乃果「真姫ちゃんは寂しがり屋さんなんだよね。だったら私に甘えていいよ」


穂乃果「そうすれば、寂しく無いでしょ?」
10: ◆u9IChv7h0A 2014/11/09(日) 21:49:42.08 ID:WoaKCrAc0

穂乃果「今日から私が、真姫ちゃんのお姉ちゃんです!」


真姫「……」


真姫「いいの、本当に……?」


穂乃果「うんっ!」


真姫「私、すごく寂しがり屋よ……」


真姫「穂乃果に迷惑をかけちゃうかもしれない……」


真姫「それでもいいの?」


穂乃果「ぜんぜんいいよ! 逆に私が迷惑かけちゃうしね!」


真姫「……ふふっ、それもそうね」


穂乃果「あ! やっと笑ったね」
11: ◆u9IChv7h0A 2014/11/09(日) 21:50:23.41 ID:WoaKCrAc0
















穂乃果「―――真姫」















12: ◆u9IChv7h0A 2014/11/09(日) 21:51:50.45 ID:WoaKCrAc0

真姫「!」カアアアアア


穂乃果「あれ、真姫ちゃん。顔、真っ赤だよ」


真姫「ほ、穂乃果のせいよ!」


穂乃果「ええっ! 私が悪いの!?」


真姫「そうよ! 穂乃果のせい!」


穂乃果「ええー……」


真姫「ありがと、お姉ちゃん」ボソッ


穂乃果「……えっ? い、今お姉ちゃんって言ったよね!?」


真姫「え、ええ。言ったわよ」


穂乃果「もう1度言ってみて!」


真姫「お、お姉ちゃん」///


穂乃果「真姫は可愛いなぁ」ナデナデ


真姫「……」///
23: ◆u9IChv7h0A 2014/11/11(火) 22:21:06.80 ID:zQltgO6b0

雪穂「お、お姉ちゃん! お風呂沸い……え?」


穂乃果「……」ナデナデ


真姫「……」///


雪穂「えーっと……お姉ちゃん?」


穂乃果「あっ、雪穂」


雪穂「お風呂、沸いたよ?」


穂乃果「ありがとっ! 真姫っ、一緒に入ろ」


真姫「う゛え!? おお、お姉ちゃんも!?」


穂乃果「うんっ!」


雪穂「……ん?」


穂乃果「レッゴー!」


真姫「ちょ、ちょっと!/// 押さないでってば!」


雪穂「真姫さんがお姉ちゃんのことを、お姉ちゃんって……」
24: ◆u9IChv7h0A 2014/11/11(火) 22:31:32.27 ID:zQltgO6b0

穂乃果「よっと……真姫! 早く早く!」


真姫「えっ!? もう脱いだの……!?」


穂乃果「服脱ぐくらい10秒もかからないよ!」


真姫「ま、待って……! あと少しだから……!」


穂乃果「ささっと下着脱いで! 早くしないと風邪引いちゃうよ?」


真姫「わ、わかってる!」


穂乃果「……」ジーッ


真姫「……そんなにじーっと見られると、脱ぎにくいんだけど」


穂乃果「いやー、真姫って身体綺麗だね」


真姫「は、はあっ!?」


穂乃果「腰も細いし……」ジーッ


真姫「じ、じろじろ見ないでっ!」///
25: ◆u9IChv7h0A 2014/11/11(火) 22:32:25.52 ID:zQltgO6b0

穂乃果「あ゛ああ……いい湯だねぇ……」


真姫「ええ、そうねぇ……」


穂乃果「……ねえ、真姫」


真姫「なあに? ……お姉ちゃん」


穂乃果「……寂しくない?」


真姫「えっ……?」


穂乃果「今、私と2人きりで……寂しくない?」


真姫「……ええ、全然。心の中がポカポカしてるわ」


穂乃果「ふふっ、よかった」


穂乃果「……そろそろ、上がろっか」


真姫「そうね……」
26: ◆u9IChv7h0A 2014/11/11(火) 22:33:41.34 ID:zQltgO6b0

穂乃果「私の服、キツくない?」


真姫「ええ、ぴったりよ」


穂乃果「よかった……」ホッ


雪穂「あっ、お姉ちゃん。ご飯もう出来てるよ」


穂乃果「おお! グットタイミング!」


雪穂「真姫さん、よかったら食べていってください」


真姫「え? ……でも」


穂乃果「食べていこうよ! 真姫!」


真姫「……お、お姉ちゃんが言うなら」


雪穂「……」


雪穂「……あのー、お一つ聞きたいことが」


穂乃果「なあに?」
27: ◆u9IChv7h0A 2014/11/11(火) 22:35:42.39 ID:zQltgO6b0

雪穂「真姫さんはどうしてお姉ちゃんのこと、お姉ちゃんって呼んでるんですか?」


真姫「う゛え!?」


穂乃果「それは真姫が私の妹だからだよっ!」


雪穂「妹?」


穂乃果「うん! 今日から真姫は私の妹になったの!」


雪穂「へえ……」


穂乃果「もちろん、雪穂も大切な妹だよっ」


雪穂「でも、お姉ちゃんより真姫さんの方がお姉ちゃんっぽいよね」


穂乃果「なっ……!?」ガーン


雪穂「お姉ちゃんよりしっかりしてるし、頭もいいし……」


穂乃果「真姫ー! 雪穂がいじめてくるよぉ……!」ダキッ


真姫「!?/// 急に抱きつかないで!」


真姫「よしよし……」ナデナデ


雪穂「……」


雪穂「(なんだろう……少しもやもやする)」
28: ◆u9IChv7h0A 2014/11/11(火) 22:36:37.98 ID:zQltgO6b0

穂乃果「今日の夕御飯はなにかなっと……」


穂乃果「おおっ! おでんだ!」


穂乃果ママ「今日は一段と寒かったから、急遽変更したのよ」


穂乃果「どれもおいしそう……」ジュルリ


雪穂「お姉ちゃん、ヨダレが……」


穂乃果「も、もう我慢できないっ! いただきます!」


穂乃果ママ「真姫ちゃん、遠慮なく食べてね」


真姫「は、はいっ」


穂乃果「おいしい……!」ホロリ


真姫「……」フーフー


真姫「……」パクッ


真姫「!?」ビクッ
29: ◆u9IChv7h0A 2014/11/11(火) 22:37:43.50 ID:zQltgO6b0

真姫「……」ナミダメ


穂乃果「あっ、もしかして真姫って猫舌?」


真姫「うん……」


穂乃果「ちょっと待っててね! ふー、ふー……」


穂乃果「はいっ! あーんっ」


真姫「!? ちょ、ちょっと待って!」


穂乃果「いいからいいから! あーんっ」


真姫「……あ、あーんっ」///


穂乃果「どう? 熱い?」


真姫「ぜ、全然熱くない……」///


穂乃果「ふふ、よかった」
30: ◆u9IChv7h0A 2014/11/11(火) 22:38:39.58 ID:zQltgO6b0

穂乃果ママ「2人とも、とても仲がいいのね」


穂乃果「うん! 真姫は私の大切な人だからねっ!」


真姫「!?」ゴホゴホ


穂乃果「!? だ、大丈夫!?」サスサス


真姫「え、ええ……なんとか」


穂乃果「びっくりさせないでよぉ、もうっ」


穂乃果ママ「まるで姉妹みたいね」クスクス


雪穂「!」


穂乃果「そうだよ! 真姫は私の妹なの!」ギューッ


真姫「しょ、食事中に抱きつかないで!」///


穂乃果ママ「真姫ちゃんが穂乃果の妹……悪くないわね」


雪穂「…………」


真姫「……」チラッ
31: ◆u9IChv7h0A 2014/11/11(火) 22:39:40.29 ID:zQltgO6b0

穂乃果「ごちそうさまでしたー!」


真姫「ごちそうさまでした、とてもおいしかったです」


穂乃果ママ「あら、ありがとう」


穂乃果「……うわわ! もうこんな時間だ!」


穂乃果「宿題しなきゃ! 忘れたら海未ちゃんに怒られる……!」アワワワ


穂乃果「真姫! 宿題手伝って!」ガシッ


真姫「ええっ!?」


穂乃果「お願い!」バッ


穂乃果ママ「真姫ちゃん、うちの娘……バカだから、教えてあげて」


穂乃果「ば、バカぁ!?」


穂乃果ママ「それに、もう遅いし……泊まっていきなさい」
32: ◆u9IChv7h0A 2014/11/11(火) 22:40:28.27 ID:zQltgO6b0

真姫「い、いいんですか……?」


穂乃果ママ「もちろん、真姫ちゃんみたいな子ならいつでもウェルカムよ」


真姫「……ありがとうございます」


穂乃果「そういうことそういうこと! ささっ、早く早く!」


真姫「お、押さないで!」


ドタドタドタ バタン


雪穂「……」


雪穂「……はあ」


雪穂「私も、宿題しよ……」


ガチャ バタン
38: ◆u9IChv7h0A 2014/11/12(水) 22:26:29.38 ID:cNFKkGaJ0

穂乃果「宿題するぞー!」


穂乃果「と、いうことでお願いします! 真姫先生!」


真姫「せ、先生!? 私が……!?」


穂乃果「イエス!」


真姫「……任せなさいっ、真姫先生が分かりやすく教えてあげるわ!」


穂乃果「よっ! 先生!」


真姫「まず、宿題の教科を教えて」


穂乃果「歴史です! このプリントの穴埋めをしなさい、という内容です!」


真姫「……1つ、いい?」


穂乃果「どうぞ」


真姫「歴史って暗記教科なの、わかる?」
39: ◆u9IChv7h0A 2014/11/12(水) 22:28:13.17 ID:cNFKkGaJ0

穂乃果「はい」


真姫「数学なら公式を教えてあげられるけど、歴史は教えようがないのよ」


穂乃果「ええっ? そうなの?」


真姫「ええ、ひたすら暗記しなきゃダメなの」


穂乃果「それじゃあ答えを教えてっ」


真姫「それだと……お、お姉ちゃんのためにならないから」


穂乃果「た、確かに」


真姫「だから、隣で見ててあげる。答えが違ったら指摘するわ」


真姫「たぶん、答えなら教科書を見ればすぐわかると思うわ」


穂乃果「うん、わかった!」


真姫「それじゃあ始めましょう」
40: ◆u9IChv7h0A 2014/11/12(水) 22:29:38.25 ID:cNFKkGaJ0

カチッ、カチッ、カチッ


穂乃果「……」カキカキ


真姫「……」


カチッ、カチッ、カチッ


穂乃果「……」カキカキ


真姫「(と、とても静か……)」


真姫「(お姉ちゃんがまじめに取り組むとは思ってなかった……)」


カチッ、カチッ、カチッ


真姫「(……眠くなってきたわ)」


穂乃果「先生!」


真姫「!」ビクッ
41: ◆u9IChv7h0A 2014/11/12(水) 22:30:29.10 ID:cNFKkGaJ0

真姫「な、なに?」


穂乃果「問題です!」


穂乃果「フランスに従軍し、百年戦争を勝利に収めた、『神の声』を聞いたと言われているフランスの英雄は?」


真姫「(フランスの英雄……えっと)」


真姫「……ジャンヌ・ダルク、かしら?」


穂乃果「おおー! 正解! さっすが先生!」


真姫「おだてても教えたりしないわよ」


穂乃果「ちぇー……」


真姫「ほら、続けましょう」


穂乃果「はーい」
42: ◆u9IChv7h0A 2014/11/12(水) 22:31:41.62 ID:cNFKkGaJ0

穂乃果「……」カキカキ


真姫「(……? あら、結構埋まってきてるじゃない)」


真姫「(結構早く終わりそうね)」


穂乃果「……」カキカキ


穂乃果「……?」


真姫「(頑張って、お姉ちゃん)」


穂乃果「……」ウーン


穂乃果「!」カキカキ


穂乃果「お、お……終わったー!」


真姫「おつかれさま」


穂乃果「ありがとー! 真姫のおかげで早く終わったよー!」ダキッ
43: ◆u9IChv7h0A 2014/11/12(水) 22:32:42.77 ID:cNFKkGaJ0

真姫「わ、私はなにもしてないわよ/// お姉ちゃんが頑張ったから早く終わったのよ」プイッ


穂乃果「あれ? もしかして照れてるのー?」ツンツン


真姫「て、照れてない!」///


穂乃果「真姫は照れ屋さんだね!」ツンツン


真姫「うっ……」カアアアアア


穂乃果「……もう9時だね。そろそろ寝る?」


真姫「早くない?」


穂乃果「そう? それにさっき真姫、眠そうだったでしょ?」


真姫「! そんなことないわ」


穂乃果「そうなの? なら、もう少しお話しよっか」


真姫「ええ」
44: ◆u9IChv7h0A 2014/11/12(水) 22:33:44.51 ID:cNFKkGaJ0

穂乃果「あ、ちょっと待っててね」


ガチャ バタン


真姫「?」


ガチャ


穂乃果「連れてきたよー」


雪穂「な、なに? 急に?」


穂乃果「いや、姉妹たちを愛でようと思って」


雪穂「……はい?」


穂乃果「さっそく……おいで、雪穂」ポンポン


雪穂「え?」


穂乃果「お姉ちゃんが膝枕してあげる」ポンポン
45: ◆u9IChv7h0A 2014/11/12(水) 22:34:39.38 ID:cNFKkGaJ0

雪穂「え゛!? いいよ、別に」


穂乃果「いいからいいから!」


雪穂「(あれ、お姉ちゃんの膝なんて、もう何年も乗ってないような……)」


雪穂「そ、それじゃあ、少しだけ……」ポフッ


雪穂「……」


穂乃果「どうかな?」


雪穂「お、落ち着く……」グテー


穂乃果「よかった」ギューッ


雪穂「!」ビクッ


雪穂「つ、強く抱きしめすぎ……!」


雪穂「もう少し、優しく……」
46: ◆u9IChv7h0A 2014/11/12(水) 22:35:42.64 ID:cNFKkGaJ0

穂乃果「こうかな?」ギュッ


雪穂「あ……」


雪穂「いい……感じ」///


真姫「(う、うらやましい……)」ジーッ


穂乃果「真姫にもしてあげるからね」


真姫「(!? 心の中が読まれた!?)」


穂乃果「そういえば雪穂に、どうして真姫が私の妹になったのか話してなかったね」


穂乃果「真姫って、とても寂しがり屋なんだ」


穂乃果「お家では1人が多くて、とても寂しいらしいの」


穂乃果「真姫は『私にも姉妹がいたら……』って言ったの」
47: ◆u9IChv7h0A 2014/11/12(水) 22:37:51.34 ID:cNFKkGaJ0

穂乃果「だから、私が真姫のお姉ちゃんになってあげようと」


穂乃果「真姫とずっと一緒にいれるって訳じゃないけど」


穂乃果「少しでも、真姫の寂しさを減らせたらいいなって」


雪穂「……」


雪穂「なんていうか、お姉ちゃんらしいね」


雪穂「でも、それだと真姫さんは私の『お姉ちゃん』でもあるよね」


穂乃果「……あ! 確かに!」


穂乃果「雪穂は真姫の妹でもあるんだ!」


真姫「う゛え!?」


穂乃果「これからは3姉妹だね!」


雪穂「そうだね」


雪穂「これから真姫さんのことは『姉さん』って呼びますね」クスッ


真姫「ええ!?」


穂乃果「……」


穂乃果「ねえ、真姫」


真姫「な、なに?」


穂乃果「全然、寂しくないでしょ?」


真姫「え? ……ええ、とても暖かいわ」ニコッ


穂乃果「よかった」ニコッ


穂乃果「(こうして真姫は、私の妹兼雪穂の姉になりました)」
54: ◆u9IChv7h0A 2014/11/15(土) 17:12:48.95 ID:bpdNRCDc0

穂乃果「次は真姫、おいで」ポンポン


真姫「う、うん」


ポフッ


穂乃果「……」


真姫「……」


真姫「(な、なんで対面で座ったの私!? は、恥ずかしい)」カアア


穂乃果「ねえ、真姫」ナデナデ


真姫「! ……なに?」


穂乃果「お姉ちゃん呼び、もう慣れた?」


真姫「まあ、ね」


穂乃果「お姉ちゃん、って呼んでみて」
55: ◆u9IChv7h0A 2014/11/15(土) 17:13:39.08 ID:bpdNRCDc0

真姫「……お姉ちゃん」


穂乃果「ふふっ、真姫かわいい」


真姫「……」プイッ


穂乃果「……ってと、そろそろ寝ようか」


真姫「えっ」


真姫「(も、もう終わり……? もう少し、あのままでいたかったな……)」


穂乃果「今日はみんな同じベッドで寝るよ!」


雪穂「さ、3人で同じベッドはさすがに……」


穂乃果「だいじょーぶ! 私のベッド、ダブルだから!」


穂乃果「異論は認めません!」
56: ◆u9IChv7h0A 2014/11/15(土) 17:14:22.06 ID:bpdNRCDc0

穂乃果「では、さっそく……おりゃ!」ガバッ


真姫「きゃっ! お、お姉ちゃ……」


穂乃果「真姫捕まえたー! 抱き枕決定!」


穂乃果「雪穂も早くー!」


雪穂「……仕方ないなぁ、今日だけだからね? 電気消すよ」カチッ


真姫「!?」


真姫「(い、いつもと同じ暗い部屋……!)」


穂乃果「真姫、私はここにいるよ」ギューッ


真姫「お姉ちゃん……!」


穂乃果「今日は私の抱き枕って言ったでしょ? 離さないからね」
57: ◆u9IChv7h0A 2014/11/15(土) 17:16:08.35 ID:bpdNRCDc0

真姫「……うん」///


真姫「(どうして平然とそんなこと言えるのよ/// 言葉だけ見るとプロポーズじゃない!)」


真姫「(あ、暑い……特に顔が)」


真姫「(お姉ちゃんは……)」チラッ


穂乃果「……」スースー


真姫「(も、もう寝てる……)」


真姫「(……)」


真姫「(ありがとう、お姉ちゃん)」


真姫「大好き」ギュッ


穂乃果「……」
58: ◆u9IChv7h0A 2014/11/15(土) 17:17:21.11 ID:bpdNRCDc0
















穂乃果「私も大好きだよ、真姫」













59: ◆u9IChv7h0A 2014/11/15(土) 17:18:10.86 ID:bpdNRCDc0
お わ り

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
真姫「姉妹、ね……」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『真姫「姉妹、ね……」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。