絵里「幻のCutie Pantherを探しに行く」

シェアする

BiBi-アイキャッチ2
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 14:46:08.52 ID:MDC5wB5EO
にこ「はぁ!?嫌よ!!」

絵里「文句は言わせないわ。真姫!」

真姫「了解」ガシッ

にこ「ちょっ…離しなさいよ!真姫!!」ジタバタ

絵里「ふんっ!」ドムッ

にこ「きゅう」

絵里「さぁ行くわよ!絢瀬探検隊!ファイトー!」

真姫「おー」

にこ「」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1417239968

元スレ: 絵里「幻のCutie Pantherを探しに行く」

スポンサーリンク
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 14:47:37.29 ID:MDC5wB5EO
ウキ-!ウキ-!

ニャンニャンニャ-ン!

チュンチュン!

絵里「…と、いうわけで幻のCutie Pantherが生息していると言われているジャングルの奥地にやって来たわ」

真姫「動物の鳴き声が凄いわね…絵里、ホントに大丈夫なの?」

絵里「…?」

真姫「あっ…(察し)」

絵里「取り敢えず奥へ進みましょう」ザッザッ

ガササッ

えりまき「!!」

真姫「な、何…!?」

絵里「落ち着きなさい、真姫…ここで失っていけないのは冷静さよ。麻酔銃の準備して」

真姫「わかったわ」チャキッ

絵里「さぁ来なさい…!」

ガサッ
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 14:54:56.95 ID:MDC5wB5EO
虎「にゃー!食べちゃうにゃー!!」

真姫「いやぁぁぁあああああ!!!!!」

絵里「虎ぁ!!!!!」

真姫「来ないで!来ないでぇ!!」バンバンバンッ

虎「痛っ!痛っ!」ピシピシ

絵里「真姫!逃げるわよ!!」

真姫「えぇ!」

ダッダッ

虎「待て待て待てぇ〜!」タッタッタッ
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 14:55:42.67 ID:MDC5wB5EO
絵里「っ!もう来た!!」

真姫「速すぎるわよぉ!」

虎「にゃ〜!絵里ちゃん真姫ちゃん待つにゃあ!」タッタッタッ

真姫「ど、どうすれば…」

絵里「真姫!冷静さを失わないで!ここは私達の知恵を使いましょう!」

真姫「そうね!」

虎「がおー!」ピョンッ

絵里「虎!これを見なさい!!」つカップ麺

虎「にゃっ!?」

絵里「それっ!」

虎「にゃー!」タッタッタッ

真姫「…行ったわね」

絵里「えぇ、非常食を失ってしまったけど」

真姫「食べられてお陀仏よりはマシよ。さ、進みましょう」

絵里「そうね」
7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 16:19:55.54 ID:Bzcggw5PO
真姫「随分奥まで来たわね…」

絵里「虫が凄い」ブンブンッ

真姫「耳に入ってこないで!」ブンブンッ

絵里「真姫!」

真姫「ど、どうしたのよ…絵里」

絵里「あれ見て」

真姫「?」

蛇「しゃー!」

ネズミ「ぴゃあ!」

蛇「ふっふっふ…そのふくよかな胸をウチに差し出すんや!」

ネズミ「た、食べないでぇ」

蛇「にょろにょろにょろー!」

ネズミ「ダレカタスケテ-!」

真姫「っ!」

絵里「…嫌なものを見てしまったわね」

真姫「あんな大きな蛇までいるのね…このジャングルは」

絵里「そうね。真姫、銃弾の補充は出来てる?」

真姫「勿論よ」

絵里「あの蛇がお腹いっぱいになるまで待ちましょう」

真姫「わかったわ」
8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 16:20:44.41 ID:Bzcggw5PO
蛇「…ふぅ、お腹いっぱい」

蛇「なんか…眠たくなってきたわ」ウトウト

真姫『絵里、蛇がウトウトしてるわよ』

絵里『まだ動いちゃダメ。完全に寝てから…』

パキ

えりまき「!!」

蛇「そこにいるのは誰や!」

真姫「絵里…」

絵里「行くしかないようね」

ガサッ

真姫「やーーー!!!!!」バババババ

絵里「チカーーーー!!!!!」ババババ

蛇「!!??」

蛇「な、何や…」ドンビキ

真姫「…って、攻撃してこない?」

蛇「当たり前やん。ウチはもうお腹いっぱい。後はゆっくり寝るだけやもん」

絵里「なんだ…」ホッ

蛇「で、こんなジャングルに人間が何しにきたん?」

真姫「あ、それは」
9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 16:21:24.95 ID:Bzcggw5PO
蛇「へぇ、幻のCutie Pantherねぇ」

絵里「どこに暮らしているとかわかる?」

蛇「Cutie Panther…ヒョウならこんなところにはいないと思うよ。ここは巨大怪鳥の縄張りやし」

真姫「巨大怪鳥!?何それ!」

蛇「名前の通り、おっきな鳥さんや。普段は大人しいんやけど怒ったらウチでも一呑みにされてしまう」

絵里「は、はらしょお…」

蛇「それに、更に奥に進もう思ったらもっと危険が待ってる。引き返すなら今のうちやん?」

絵里「それは、承知の上よ」

真姫「覚悟はできてるわ」

蛇「…そっか」

蛇「なら、このまま進み。ウチはここで見守ってるから」

絵里「ありがとう、蛇さん」

真姫「」コクン

タッタッタッ

蛇「…さて、どうなるのやら」

ネズミ「」ピクピク
10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 17:16:34.87 ID:Bzcggw5PO
絵里「水辺に来たわね」

真姫「喉がかわいたわ…少し水分補給を」

絵里「待って。この水、大丈夫かしら」

真姫「確かに、こういう所の水って何が入ってるかわからないもんね」

絵里「…とはいえ」

絵里「」ゴクリ

真姫「絵里?」

絵里「ちょ、ちょっとだけなら…」

真姫「ダメよ!バクテリアがいるかもしれないわ!!」

絵里「でも…もう限界。いただきます」

真姫「絵里ーー!!!!」

ザバァッ!
11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 17:23:17.25 ID:Bzcggw5PO
ワニ「ガオーーー!」

えりまき「ひゃあっ!」

ワニ「あれ?なんでヒトがこんなところに?」

絵里「わ、わわわ」

真姫「ワニー!!」

ワニ「そんなにビックリすることかなぁ?ジャングルの水辺なんだからいて当たり前だと思うな。むしろ、人間がいることがビックリだよ」

絵里「ど、どどどどうしましょう」

真姫「落ち着きましょ…素数を数えて」

絵里「2、3、5、7…その後は」

ワニ「そう言えばもうお昼だね。ちょうどお腹が減ってたんだ〜」

えりまき「」

絵里「ま、まずい…!私達このままだと餌になっちゃうわ」

真姫「やっ!」バァン

ワニ「?」

真姫「そんな…ピストルが効かない!?」

ワニ「んもー、いきなりピストルなんかで撃ったら、穂乃果怒るよ?」

絵里「何かいい方法はないかしら…!?」ガクガク
12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 17:23:49.03 ID:Bzcggw5PO
ワニ「」ムシャムシャ

真姫「そうだ!ワニにはハンマーよ!」

絵里「それだわ!」

真姫「」スッ

絵里「」スッ

真姫「貴女に罪はないけど…お昼ご飯にはなりたくないから」

絵里「ゲームセンターで培った経験、ここで発揮するわよ!」

ワニ「あぁ、やっぱりおまんじゅうは美味しいなぁ」

えりまき「覚悟!」

ワニ「へ?」

バチコーーーン

ワニ「あいたぁ!」
13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 17:24:50.46 ID:Bzcggw5PO
ワニ「」グッタリ

絵里「ハァ…ハァ…やったわね」

真姫「えぇ…あの蛇が言ってた通り、先は危険がいっぱいね」

絵里「…」

絵里「緊張したら喉渇いたぁ」

真姫「私も…」

絵里「もう、飲んでもいいわよね?」

真姫「そうね…こんなところで干からびるくらいなら命を繋ぐわ」

えりまき「いただきます」

ゴクゴクゴク

えりまき「!!」

絵里「お、美味しい」

真姫「なにこれぇ…!」
16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 18:54:43.10 ID:Bzcggw5PO
絵里「水分補給も出来たことだし、行きましょうか」

真姫「そうね」

ワニ「ま、待って…」

真姫「っ!まだ殴り足りなかったの!?」スッ

ワニ「痛いのはやめて!あの…冒険のお供にこれをあげようと思って…」ゴソゴソ

ワニ「はい」スッ

真姫「おまんじゅう?」

ワニ「穂乃果特性スタミナまんじゅうだよ!これを食べて目的地まで頑張ってね!」

真姫「ありがとう」

絵里「真姫!」

真姫「丁度お腹も減ってたしいいんじゃない?」

絵里「もう」
17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 18:55:17.24 ID:Bzcggw5PO
真姫「ハンマーで殴ったこと…ちょっと申し訳なかったかしら」

絵里「ううん、危うく餌になるところだったんだから当然よ」

真姫「まぁ、そうよね。にしても、ワニが作ったおまんじゅうなんて食べられるのかしら?」スンスン

真姫「変な匂いはしないわね…」ムシャ

絵里「ち、ちょっと真姫!」

真姫「…」モグモグ

真姫「…普通の中華まんだったわ」

絵里「えっ」

真姫「うん、美味しい。絵里も食べれば?」

絵里「そ、そうね…」モグ

絵里「!!」

絵里「ハラショー」

真姫「腹ごしらえも出来たし、どんどん行くわよー」
18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 18:55:46.97 ID:Bzcggw5PO
ドーーーーーン

真姫「な、何これ…」

絵里「崖…よね」

真姫「これを登れと?」

絵里「そうなるわね。これ以上進む道がないし」

真姫「…どうするのよ」

絵里「どうって言われても…気合で登るしかないじゃない」

真姫「はぁ!?一歩でも間違えれば死ぬのよ!?命綱もないのに!!」

絵里「仕方ないじゃない!崖があるなんて思わなかったんだから!!」

あーだこーだ!うんぬんかんぬん

真姫「ゼェ…ハァ…」

絵里「チカァ…チカァ…」コヒュ-コヒュ-

真姫「私登る」

絵里「真姫!」

真姫「こんなところで立ち止まる訳にはいかないから」ガッ

真姫「ほら、早くしないと置いていくわよ」

絵里「ま、待って」ガシッ
19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 18:56:46.49 ID:Bzcggw5PO
真姫「(あと、後少し…)」ググ

ツルッ

真姫「あっ!」

絵里「真姫!!」

真姫「(終わった…こんなところで終わるのね。私の人生)」ヒュ-

チュンチュン!

真姫「へ?」ポフン

(・8・)間に合ってよかったチュン

絵里「お、大きな鳥…まさか」

(・8・)大蛇に聞いたチュン。幻のCutie Pantherを探してるんでしょ?

真姫「え、えぇ…そうよ」

(・8・)それに、人間の冒険家がいるから危険になったら助けてあげて欲しいってお願いされたチュン

(・8・)こんな険しい崖なんか登らずに、ことりの背中に乗るチュン

バサバサッ

真姫「助かったぁ」ヘナ

絵里「ほっ…」

(・8・)さぁ、そこの人間もこっちにくるチュン

絵里「…わかったわ」
21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 21:05:01.20 ID:sJfXThaK0
(・8・)やんやんおくれそーですー♪

バサバサ

真姫「死ぬかと思った…」

絵里「ホントによかったわよ…」

(・8・)それにしても、よく徒歩なんかで行こうとしたチュン

絵里「そんなに危険だったんですか?」

(・8・)この崖の先は、ラブアロー族の縄張りチュン。部会者は一歩でも足を踏み入れたら生きて帰ってこれないチュン

絵里「怖…」

真姫「貴女でもダメなの?いかにも王者っぽい雰囲気だけど」

(・8・)それはわからいチュン…ことりも命は惜しいチュン

真姫「そうよね」

(・8・)そろそろ見えて来たチュン
22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 23:00:57.25 ID:sJfXThaK0
真姫「洞窟?」

絵里「えっ」

(・8・)そうチュン。幻のCutie Pantherはこの奥で暮らしていると言われてるチュン

絵里「ほ、本当に洞窟の中なの…?もっと他の場所とかじゃなくて」

(・8・)人間風情が何言ってだ。ここに決まってるチュン

絵里「で、でも…」

(・8・)それ以上言うとおやつにするチュン

絵里「ひっ…」

(・8・)それじゃ、健闘を祈るチュン

バッサバッサ

絵里「あぁちょっと!」

真姫「…行っちゃったわね」

絵里「本当に、この中にいるのかしら」

真姫「わからない…でも、いそうな雰囲気はあるわ」

絵里「行きましょう…」

真姫「ええ」
23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 23:01:41.76 ID:sJfXThaK0
絵里「懐中電灯大丈夫?」

真姫「大丈夫よ。ソーラー電池だから満タンになってる」

絵里「本当に頼むわよ?もし消したりなんてしたら承知しないんだかね!」

キキキキキキ

絵里「きゃあっ!!!!!」

真姫「くっ…!何よこれぇ!!」

キキキキキキ…

真姫「蝙蝠…」

絵里「もうやだ…エリチカおうちかえりたい」グスッ

真姫「何言ってるのよ。ここまで来たんだから最後までやり抜くわよ」

絵里「うう…」
24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 23:02:40.19 ID:sJfXThaK0
絵里「真姫」

真姫「どうしたの?」

絵里「…」

絵里「歌、歌わない?」

真姫「歌?」

絵里「そ、そう…歌を唄えば気分も晴れるかな〜って」

真姫「仕方ないわねぇ…何唄うの?」

絵里「…捕まえちゃーう」

真姫「どこにいるの、ムリよムリよ、どこにいたって無理よ」

絵里「捕まえちゃーう」

真姫「誰といるの、ダメよダメよ、私以外はダメよ」

絵里「!」ピタッ

真姫「甘いよ甘…うぇっ」

絵里「何かいる…」

真姫「も、もしかして?」

絵里「わからない…でも、幻のCutie Pantherかもしれないわ」

真姫「明かり付けてたら警戒されるんじゃないの?」

絵里「やめてっ!!!!!」

真姫「ちょっ…大声出さないで!」

絵里「ハッ!」

ラブアロー族「…」ノッシノッシ

真姫「ほーら」

絵里「チカァ…」
26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 23:47:36.85 ID:sJfXThaK0
真姫「こんなところで足止めしちゃったじゃない!!絵里の馬鹿!!」

絵里「ばっ…!真姫が懐中電灯を消そうなんて言うからでしょ!!」

真姫「大体暗いところが怖いって何よ!それなら自分で懐中電灯持てばいいでしょ!!」

絵里「目の前に何か出てきたら怖いでしょうが!!」

ヤイノヤイノ

真姫「ゼェ…ハァ…」

絵里「フー!…フー!…」

真姫「…取り敢えず」

真姫「この状況を何とかしないと」宙ぶらりん

絵里「そうね」宙ぶらりん

ラブアロー族「♪」

ラブアロー族「♪」
27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 23:52:02.76 ID:sJfXThaK0
真姫「これって、ことりが言ってたラブアロー族よね」

絵里「多分ね…何処と無く海未に似てるし」

真姫「てゆーか、全員顔がおんなじなんだけど」

絵里「不気味よね」

ラブアロー族「!」

真姫「ラブアロー族が慌てだしたわよ!」

絵里「何が始まるんです!?」

バッ

族長「…」トコトコ

真姫「アクセサリーをたくさん付けた海未…?」

絵里「ラブアロー族の長かしら?」

族長「」スッ
28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 23:52:56.84 ID:sJfXThaK0
族長「ワタシ アナタタチ カンゲイスシマス」

えりまき「へ?」

族長「ワタシタチ オナカ ペコペコデス」

族長「ヒサシブリノ ショクリョウ アナタタチ」

真姫「やっぱり食べられるんじゃないの!!」

絵里「うぅ…みんなぁ」グスッ

真姫「絵里…泣かないでよ。私だって…」グスッ

族長「ミナサン キョウハ オマツリデス 」

ジャキッ

族長「カワ ハイデ チョウリノ ジュンビ シテクダサイ」

えりまき「!!」
29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 00:01:27.16 ID:iTuURNAg0
真姫「(ママ…パパ…さよなら)」

絵里「(亜里沙…おばあ様…希)」

族長「カカレー!!」

「あそこや!二人を助けるんや!!」

族長「!?」

えりまき「!?」

ガサガサッ

虎「にゃーっ!!」

(・8・)助けに来たチュン!!

ワニ「お腹すいたー!餌はどこー!?」

絵里「皆…!」

カジカジ

蛇「待っててや、すぐに縄を解くから」

ネズミ「カジカジ」

真姫「蛇さん…ネズミ」

ブチッ

蛇「よし!」

絵里「あ、ありがとうございます…でもどうして私達が捕らえられたってわかったんですか?」

蛇「葉っぱがな、ウチに告げてくれたんよ。2人がピンチやって」

真姫「そうなんだ…」

ネズミ「もう大丈夫ですよ。私達が何があっても守りますから!」

蛇「おお!ネズミちゃんもやる気やね!」

ネズミ「はいっ!」
31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 00:11:16.67 ID:iTuURNAg0
虎「真姫ちゃんと絵里ちゃんをいぢめるのは凛が許さないにゃ!!」グシャッ

ラブアロー族「ギャッ!」ブシュウウウウ

(・8・)ラブアロー族は意外と大したこと無いチュン!ことりのおやつにするチュン!

ラブアロー族「ァ…ァ…」

パックンチョ

アロー族「」ブシュウウウ

ラブアロー族「ギィィ!」ガクガク

ワニ「美味しいなぁ!おまんじゅうは」ムシャムシャ

ワー!キャー!

族長「」タッタッタッ

ドンッ

族長「アウッ!」

真姫「」ゴゴゴゴ

絵里「で、私達をどうするつもりなのかしら?」

族長「ヒィィ」

シュルシュル

族長「ク、クルシ…」グググ

蛇「もっと締め付けるよ」

ネズミ「ちゅう!」ガブ

族長「マ、マイリマシタ」
33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 00:32:16.26 ID:iTuURNAg0
〜洞窟〜

真姫「…この奥に幻のCutie Pantherがいるのね。てゆーか、ことりが連れてきたところと真逆じゃない」

(・8・)気のせいチュン

族長「…幻のCutie Pantherは私達にとっては神様のような存在ですから」

絵里「そうなんだ」

蛇「カタコト喋りは止めたんやね」

族長「あ、はい。雰囲気の為でしたから」

蛇「雰囲気ね…」

虎「早く行こーよ!幻の見たいにゃあ!」

ネズミ「り、凛ちゃん…私達はついてきただけだから」

虎「えー!」

(・8・)チュンチュン

ワニ「鳥類と爬虫類じゃ子供は出来ないよぉ」

絵里「真姫、行きましょうか」

真姫「えぇ、そうね」

ギィィィ…
34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 00:47:06.92 ID:iTuURNAg0
にこ「あら、遅かったじゃない」

真姫「にこちゃん!?」

絵里「にこ!?どうしてここに…」

にこ「どうしても何も、にこが幻のCutie Pantherだからよ」

えりまき「…」

えりまき「は?」

にこ「だーかーらー、にこが幻のCutie Pantherって訳」

絵里「ちょ、ちょっと待って…頭の中を整理させて。にこ、最初に私達といたわよね?私おもいっきり腹パンしたはずよ?」

真姫「」コクコクコク

にこ「にこは幻のCutie Pantherよ?アンタが連れてきたにこは別の個体」

真姫「じゃあ、本当のにこちゃんはずっとここにいたわけなの?」

にこ「そうよ」

絵里「私達の苦労って一体…」

真姫「はぁ、何かどっと疲れが出てきた…」

にこ「ほらほら、折角幻のCutie Pantherに出会えたのよ?記念撮影とかしていかないの?」

絵里「別にいいわよ…」

ネズミ「あの!」

にこ「何?そこのネズミ」

ネズミ「さ、サインいただけたら…」

にこ「サインはお断りよ」

ネズミ「ガーン」
35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 00:54:07.06 ID:iTuURNAg0
絵里「真姫…帰りましょうか」

真姫「そうね…すごくがっかりしたわ」

にこ「ちょっ…何よそれ!」・

絵里「皆、こんなくだらない茶番に付き合ってくれてありがとう」

蛇「んーん、楽しかったよ」

虎「凛も!ラーメン美味しかったにゃ!」

ワニ「こっちも幻のCutie Pantherを見ることができてよかったよ」

(・8・)ハノケチュンハノケチュン

族長「茶番って…」

蛇「ことりちゃん、空港まで送ってきってあげて貰えるかな?」

(・8・)お安い御用チュン

絵里「ありがとう!皆ホントにありがとう!」

真姫「またね」

にこ「アンタ達!!」

絵里「何?幻のCutie Pantherさん」

にこ「にこが幻のCutie Pantherってこと、ほかの人間に言っちゃダメだからね。にこは幻なんだから」

真姫「言うわけ無いわよ。てゆーか言いた くもないわよ。馬鹿馬鹿しい」

にこ「にこっ!?」

(・8・)さぁ、テイクオフチュン!離陸中はシートベルトを着けるチュン!

絵里「シートベルトないでしょ!」
36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 01:02:21.50 ID:iTuURNAg0
バッサバッサ…

蛇「…帰っていったね」

ワニ「絵里ちゃん達、穂乃果がワニだってこと最後まで気づいていなかったね」

族長「完全に気付いていたと思いますが…」

虎「ふー、この着ぐるみ暑いにゃあ。脱いでいい?」ガバチョ

凛「うわ、汗ビッチョリ」

花陽「ふぅ」

にこ「で、結局これなんだったの?誰かの夢?」

希「さぁねー」

穂乃果「でも、夢なら夢で楽しかったよね?」

海未「そうですね」

ことり「あれ?皆何してるの?」ガチャ

穂乃果「あ、ことりちゃんお帰りー」

海未「お疲れ様です。ことり」

ことり「え?何のこと?」

花陽「ことりちゃん、おっきな鳥さんの役立ったよね?」

希「えりちと真姫ちゃんを送っていったやろ?」

ことり「私、ずっとお母さんのお手伝いで他の場所にいたよ?」

穂乃果「へ?」

凛「じ、じゃああの巨大怪鳥は?」

にこ「絵里と真姫はどこへ行ったの…?」
37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 01:03:16.41 ID:iTuURNAg0
おしまい

ホントに絵里と真姫はどこへ行ったのやら

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
絵里「幻のCutie Pantherを探しに行く」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『絵里「幻のCutie Pantherを探しに行く」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。