【安価】【ss】穂乃果「みんなの胸が…」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ1
1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/07/12(火) 22:20:21.17 ID:HdPtXYPG.net
※μ'sのssなのでaqours至高主義にはお奨め出来ません

※誤字、脱字等あるかも知れません

※品が無いです

※キャラ崩壊注意※



穂乃果「みんなの胸…な、なんでっ!?」

海未「私にもわからないです…まさか胸が>>2cmになるなんて…」

ことり「ことりは>>3cmになっちゃった…」

海未「穂乃果も少々変わったように見えるような…」

ことり「穂乃果ちゃん、測ってもいい?」

穂乃果「う、うん…」

ことり「……変わってる」

穂乃果「ええっ!?全然気づかなかった…」

海未「穂乃果もですか…」

ことり「穂乃果ちゃんは>>4cmになってる…」

(常識の範囲内でお願いします。不自然だと思った場合は安価下にします)

元スレ: 【安価】【ss】穂乃果「みんなの胸が…」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(ぎょうざ)@\(^o^)/ 2016/07/12(火) 22:21:14.69 ID:itv0JmKY.net
92
3: 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2016/07/12(火) 22:22:32.73 ID:oJolJGp0.net
100
4: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/07/12(火) 22:22:54.49 ID:Kj532HdI.net
72
5: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/07/12(火) 22:29:59.37 ID:HdPtXYPG.net
海未(92cm)「ですが…何故こんな事に…」

ことり(100cm)「うーん…何でだろ…何か……うーん…」

穂乃果(72cm)「そういえば昨日…部室に置いてあった飴…練習前に皆で食べちゃったよね?」

ことり「そういえば!でも、あれ持ってきたの誰なんだろう…」

穂乃果「えっ!?ことりちゃんじゃ無いの!?」

海未「そうなると…他のメンバーの様子も確認しなければいけませんね。」

>>7一年生と三年生、どちらの教室に行く?
7: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/07/12(火) 22:34:00.88 ID:AHuj+j3j.net
1年
8: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/07/12(火) 22:44:19.65 ID:HdPtXYPG.net
海未「一年生の教室へ行きましょう。」

穂乃果「そうだね。早くしないと…行こ!」ダッシュ

海未「ほ、穂乃果!廊下を走ってはいけません!(うぅ…ブラのサイズが合ってないので走りにくいです…)」

ことり「穂乃果ちゃん待ってよ〜!(肩が痛くて上手く体が動かせないよぉ…)」

〜一年生の教室前〜

穂乃果「あっ、居た!おーい!凛ちゃーん、真姫ちゃーん、花陽ちゃーん!」

凛「あれ?穂乃果ちゃんだにゃ!どうしたのー?」

真姫「まったく…朝から騒がしいわね…」カミノケクルクル

花陽「あはは…珍しいね。教室に来るなんて…」

海未「それがですね…」

カクカクシカジカ

ことり「という訳で…ちょっと測らせてもらっていいかな…?」

真姫「はぁ?イミワカンナイ…」

花陽「でも、言われてみれば…」

凛「皆変わってるような…」






ことり「凛ちゃん>>cm、花陽ちゃん>>cm真姫ちゃんは>>cmだね。」
9: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/07/12(火) 22:45:25.75 ID:HdPtXYPG.net
安価ミス
凛ちゃん>>10cm、かよちん>>11cm、真姫ちゃん>>12
10: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/07/12(火) 22:45:52.91 ID:qeoawFvx.net
81
11: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/12(火) 22:46:16.42 ID:fVThG8Hd.net
68
12: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/12(火) 22:46:36.64 ID:52M5eakm.net
99
14: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/07/12(火) 22:57:35.00 ID:HdPtXYPG.net
ことり「凛ちゃん81cm、花陽ちゃん68、真姫ちゃんは99cmだね。」

花陽「そういえば今日は肩が軽いような…」

真姫「の、希より大きいじゃない!」ゴクリ

凛「やったにゃー!これで先輩面にこちゃんを見返してやれるにゃーっ!!」

海未「ですが…」

穂乃果「三年生はどうなってるかな?」

花陽「み、見に行きましょう!」

真姫「イミワカンナイ!!」

〜三年生の教室〜

穂乃果「にこちゃーん!絵里ちゃーん!希ちゃーん!」

希「穂乃果ちゃん、おはよ。胸の事やろ?」

真姫「よく分かったわね…」

絵里「気付かない訳無いでしょう?」

花陽「そうだね…」アハハ…

にこ「ぐぬぬ…アンタ達も変わってたのね…」

凛「貧乳同盟は抜けたいにゃ」

海未「そう言うにこはどうなんです?」

にこ「……希。」

希「ウチの手に狂いが無ければにこっち>>16cm、えりち>>17cm、ウチ>>18cmやね。」
16: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/07/12(火) 23:02:58.41 ID:KnaOb8C3.net
65
17: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/07/12(火) 23:03:35.86 ID:8NrI73HB.net
119
19: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/07/12(火) 23:06:00.75 ID:Hs2tm8NH.net
70
22: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/07/12(火) 23:17:14.22 ID:HdPtXYPG.net
希「ウチの手に狂いが無ければにこっち65cm、えりち119cm、ウチ70cmやね。」

凛「三年生は意外とちっちゃいにゃ。なんでかにゃー?(チラッ」

にこ「にこは胸で勝負してないから別に良いのよっ!」

ことり「でも…これって戻るのかな…?」

にこ「意地でも戻す…いや、大きくしてやるわよ!」

海未「(言っている事が矛盾しているような…)」

穂乃果「うーん…じゃあ今日の放課後練習の時間、胸を戻す為に使おっか!」

希「ウチもそれまでに解決策考えておくわーほなな。授業始まってまうで。」アハハ

花陽「はわわっ!?い、急がなきゃ!」

凛「にこちゃん達じゃーね!」

真姫「ま、待ちなさいよー!」

海未「穂乃果!廊下を走っては駄目だと言ったはずです!」

ことり「穂乃果ちゃーん!」

タッタッタッタッ…

絵里「元気ねえ…」

希「ふふ。せやねー…」

にこ「どうすれば元に…うーん…」ブツブツ



ー放課後ー

穂乃果「じゃあ…どうしよっか。」

希「ウチのタロットによると、>>23すれば戻る…って。」
23: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/07/12(火) 23:17:48.03 ID:uQu6QzgK.net
全裸で排便
24: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/07/12(火) 23:18:22.32 ID:HdPtXYPG.net
ごめんスカトロはちょっと…
>>25
25: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/07/12(火) 23:18:52.76 ID:3lSEr7D2.net
徹夜
29: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/07/12(火) 23:28:37.33 ID:HdPtXYPG.net
希「ウチのタロットによると、徹夜すれば戻る…って。」

真姫「時間かかるじゃない…」

ことり「……お母さんに言って、明日はμ's全員欠席にして貰うね…」

絵里「まあ良いわ…でも徹夜って、誰かが見張っていないと寝ちゃいそうね。」

凛「皆でお泊まりするにゃーっ!」

花陽「で、でも何処で…」

真姫「…家来て良いわよ。」カミノケクルクル

穂乃果「いいのっ!?」

にこ「じゃあ各自で荷物纏めた後、真姫の家に集合ね。」

海未「わかりました。久しぶりなのでワクワクしますね…」

ことり「そうだね!楽しみだなぁ…ふふっ」




ー西木野家ー

にこ「相変わらず大きいわねー…」

真姫「別にそんな事無いわよ…皆入って。」

「「「「「「「「お邪魔しまーす!」」」」」」」」

?「真姫ちゃんのお友達ね。いつも真姫ちゃんがお世話になって…」

真姫「ま、ママっ!恥ずかしいから止めてっ!」

真姫ママ「あらあら…ごめんなさいね、ママ嬉しくって♪」

真姫「……へ、部屋こっちだから。」

ガチャッ
32: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/07/12(火) 23:40:35.63 ID:HdPtXYPG.net
凛「広いにゃーっ!」

花陽「凛ちゃん、あんまりはしゃいじゃ駄目だよ〜…」

真姫「良いわよ、別に」

海未「あっあの!私…トランプ持ってきたのですが、やりません、か…?」

絵里「楽しそうね。ババ抜きでもやりましょうか!」

海未「はい!」ニコニコ

ウググ…ヌァンデニコガサンレンパイナノヨー!!ニコチャンツイテナイニャー!ニコッチウンワルイナァ

ワイワイキャッキャ

真姫ママ「ご飯出来たわよー!」

ことり「うわぁ…美味しそう…!」

花陽「白米だぁ…!」

真姫ママ「花陽ちゃん、ご飯が大好きなんですってね。真姫ちゃんからいつも聞いてるわ。」ウフフッ

にこ「真姫ちゃん…」

真姫「……」プイッ

「「「「「「「「いただきまーすっ!」」」」」」」」」





「「「「「「「「「ごちそうさまでしたっ!」」」」」」」」」

絵里「とても美味しかったです。料理、お上手なんですね。」

真姫ママ「あら、嬉しいわ。張り切って作った甲斐があったわね。」

真姫「皆、お風呂どうする?」

希「皆で一緒に入ろか!」

穂乃果「あ、それいいね!」

にこ「えぇっ!?」

真姫「は、恥ずかしいわよ!」

凛「二人とも恥ずかしいのー?」

真姫「そんなわけ無いでしょっ!」

にこ「にこにーの自慢のもち肌を舐めないでよねっ!」
33: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/07/13(水) 00:09:40.76 ID:Pzqr1kIU.net
ーお風呂ー

凛「おっきい湯船!」

穂乃果「泳げちゃいそうだねー!」

絵里「ねえ、皆で背中流しっこしましょうよ!」

希「えりち、子供ぽいなあ…」フフッ

絵里「いいじゃない。私だって思い出を作りたいのよ。」

ことり「じゃあ皆で円になろっか!」

絵里→希→にこ→真姫→凛→花陽→ことり→穂乃果→海未→絵里

希「えりちくすぐったいよー」

絵里「仕方ないじゃない…こういう事初めてなのよー…」

真姫「ちょっとにこちゃん、もっとちゃんと洗ってよ。」

にこ「いつも妹達のやってるから加減がわかんないのよ…」

凛「かよちん、このくらいでいいかな?」

花陽「ありがと、凛ちゃん。気持ちいいよ♪」

穂乃果「あれ?ボディーソープが中々出ない…うわっ!」

海未「穂乃果、こちらまで飛ばさないで下さい!」

ことり「こっちまで飛んできたよ〜」

バシャバシャ

ー寝室ー

にこ「あー気持ちよかったぁ…」

ことり「お腹いっぱいだし眠くなってきちゃった…」

穂乃果「もう!起きてないと駄目だよー!」

海未「そうですよ!もっと遊びましょう!」

希「ふふっ…(海未ちゃんが遊びたい、なんて珍しいなぁ…)」

花陽「か、怪談なんてどうですかね?」

絵里「それはやめましょう…」

真姫「じゃあゲームでもやらない?ママが買ってきてくれたの。」

凛「面白そー!」

ノゾミチャンツヨーイ!スピリチュアルパワーゼンカイヤ!!

アハハッフフッ
34: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/07/13(水) 00:21:25.78 ID:Pzqr1kIU.net
チュン!(・8・)チュン!

希「明るくなってきたなぁ…」

にこ「まったく…寝不足はお肌の大敵だっていうのに…」

穂乃果「楽しかったね!」

海未「ええ。またやりたいです♪」

絵里「あら…?皆の胸…」

ことり「戻ってる!」

真姫「全然気づかなかったわ…」

凛「ちょっと残念にゃー…」

花陽「ふふっ♪花陽はこっちの凛ちゃんも好きにゃーっ!」ギューッ

凛「かよちん…!えへへっ!」

希「やっぱこっちの方が落ち着くなぁ…」ノビーッ

絵里「元通りが一番落ち着くわねー…」

真姫ママ「皆ー!朝ごはん出来たわよー!」

「「「「「「「「「はーいっ!!!」」」」」」」」」

にこ「楽しかったわね…」

絵里「ええ。またこうやって集まれたらいいけど…」

にこ「あと半年も無いのよね…」

希「にこっち!えりち!また皆で遊ぼうな…約束やで!」ニーッ

絵里「希…」

にこ「そうね。また集まりましょ!」

穂乃果「絵里ちゃん達、早くしないと穂乃果が三人の分食べちゃうよー!」

にこ「ちょ、待ちなさいよー!」タッタッ

希「ふふ…にこっち待ってー!」タッタッタッ

絵里「全く…子供なんだから……」タッタッタッタッ



おわり
35: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/07/13(水) 00:22:49.18 ID:Pzqr1kIU.net
全く身の無いssを書いてしまった…
ご協力して下さった皆さんありがとうございました!
また書く機会があったら宜しくお願いします。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『【安価】【ss】穂乃果「みんなの胸が…」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。