穂乃果「家を追い出されちゃった……」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ2
1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 19:40:11.83 ID:JwxVnRUL.net
穂乃果「仕事が嫌になってすぐ辞めちゃったら、すごく怒られて」

穂乃果「あー……この後どうすればいいんだろう」

穂乃果「お金もあんまり持ってないし……外で寝るのは嫌だし」

穂乃果「しょうがないから誰かの家にでも泊めてもらおっかな」

※ 前作記事へのリンクです(管理人)

穂乃果「家出しちゃった……」

元スレ: 穂乃果「家を追い出されちゃった……」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 19:40:58.74 ID:JwxVnRUL.net
穂乃果「海未ちゃん……は駄目だね」

穂乃果「『どうして辞めたんですか!』ってお説教が始まるに決まってるもん」

穂乃果「ことりちゃんは海外だし……うーん……」

穂乃果「しょうがない、街でナンパするかー」

穂乃果「可愛い子が見つかるといいな♪」
スタスタスタ
3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 19:42:16.07 ID:JwxVnRUL.net
ガヤガヤ

穂乃果「うんうん、この時間でもやっぱり賑やかだねー」

穂乃果「さーて、どの娘にしよっかなー」キョロキョロ

穂乃果「おっ!」

穂乃果「あの赤い髪の女の子……後ろ姿がいい感じだね」

穂乃果「ふふ、夜も楽しめるといいんだけど♪」

ツカツカツカ
5: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 19:43:48.90 ID:JwxVnRUL.net
真姫「はぁ……今日も疲れたわ」

真姫「やっぱり実習があるときついわね」

真姫「他の学部の子は皆で遊びにいったりする暇があって羨ましいわ」

真姫「…………まあ、暇がないわけなんじゃないけどね」

真姫「やめやめ、今日の夕飯でも考えまーー」



穂乃果「かーのじょっ♪」ギュッ

真姫「うぇっ!?」
7: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 19:45:26.06 ID:JwxVnRUL.net
穂乃果「ねぇねぇ、今帰り?」

穂乃果「私さ、住むところ無くなっちゃったから泊めてくれないかな?」

真姫「な、なによあんたいきなり!」

真姫「馴れ馴れしくさわらな……」

真姫「え?」

穂乃果「あれ?」

真姫「穂乃果……?」

穂乃果「真姫ちゃん!」
8: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 19:45:57.00 ID:JwxVnRUL.net
穂乃果「わー!久しぶり!」

穂乃果「卒業式以来だよね?」

穂乃果「凄く綺麗になってて気づくの遅れちゃったよ!」

真姫「き、綺麗……///」カァッ

真姫「そ、そういう穂乃果だって……なんていうか……その……」

真姫「大人の雰囲気……でてるわよ」

穂乃果「本当?そう言われると照れちゃうなぁ」
9: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 19:47:32.01 ID:JwxVnRUL.net
真姫「それより、何でこんなところにいるのよ」

穂乃果「そうだった!真姫ちゃんって今一人暮らし?」

真姫「ええ、そうだけど」

穂乃果「それなら、真姫ちゃんのお家に泊めてくれないかな?」

穂乃果「私ね、お家が無くなっちゃったの」

真姫「知らないわよそんなの」

真姫「どうせ仕事が面倒になって辞めて家追い出されんでしょ」

穂乃果「う……」
11: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 19:48:33.23 ID:JwxVnRUL.net
真姫「親に必死で謝りなさい」クルッ

穂乃果「…………」

グイッ

真姫「きゃっ!?」

真姫「ちょっと、急に引っ張らーー」

穂乃果「真姫ちゃん」ギュゥ

真姫「っ!?」

穂乃果「私は……真姫ちゃんと一緒にいたいな」ボソッ

真姫「っ///」カァァァ
12: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 19:49:40.89 ID:JwxVnRUL.net
穂乃果「駄目……かな?」

真姫「き、今日だけなら……」

穂乃果「本当!?ありがとう真姫ちゃん」

穂乃果「大好きっ」チュッ

真姫「ひゃわっ!?」

真姫「な、な、ななな……////」カァァァァ

真姫(ほ、ほっぺにキスされちゃった!?)

穂乃果「ふふっ、それじゃあ、真姫ちゃんのお家に行こっか」

真姫「う、うん……///」
14: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 19:50:39.30 ID:JwxVnRUL.net
カチャン

キィ

穂乃果「お邪魔しまーす♪」

穂乃果「一人暮らしなのに一軒家なんて凄いなぁ」

穂乃果「寂しくなったりしないの?」

真姫「別に……もう慣れたわよ」

穂乃果「ふふっ、強気な所は変わらないね」

穂乃果「でも、大丈夫だよ。これからは私が一緒にいてあげるから」

真姫「は、はぁ!? 何言ってんのよ!」

真姫「明日には出て行ってもらうからね!」
16: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 19:51:31.23 ID:JwxVnRUL.net
穂乃果「真姫ちゃん、私お腹空いちゃったー」グゥ

真姫「人の話を聞きなさいよ!」

穂乃果「何か作ってよー」ギュー

真姫「ちょ///抱きつかないで///」

真姫(ほ、穂乃果の感触が///)カァァ

真姫「わ、わかったから離れて///」

穂乃果「ありがとー♪」パッ

穂乃果「真姫ちゃんのご飯楽しみだなー♪」

真姫「ぅぅ……」
17: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 19:52:07.68 ID:JwxVnRUL.net
ジュー

真姫「…………」トントン

穂乃果「じー」

真姫「…………」カンカン

穂乃果「ふふっ」ニコニコ

真姫「ああもう気が散る!」

真姫「後ろから見られてると集中できないじゃない!」

穂乃果「ごめんごめん、真姫ちゃんがあんまりにも可愛くって」

真姫「っ///」
19: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 19:53:46.32 ID:JwxVnRUL.net
真姫(もう、どういう状況なのよこれ///)

真姫(いきなりナンパされたと思ったらそれが穂乃果で)

真姫(そのまま家に上がり込まれてご飯作ってるところをジロジロ見られて)

真姫(というか穂乃果……お家が無くなったって言ってたわよね)

真姫(仕事辞めたっていうのも図星っぽいし……)

真姫(えっと、つまり……)

真姫(このままいくと、穂乃果はずっと私の家にいるってこと……?)
20: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 19:54:53.00 ID:JwxVnRUL.net
真姫(な、何よそれ///)

真姫(そんなの認めるわけないでしょ///)

真姫(で、でも、私より穂乃果の方が腕力は強いし……追い出すなんてできないわよね)

真姫(だ、だから……えっと……お、脅されちゃったら……逆らえないわけで)

真姫(そうなれば……ずっと一緒に暮らすことに……///)

真姫(って何考えてるのよ///)

真姫(流されたら駄目)

真姫(絶対に家から追い出してやるんだから)
22: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 19:57:05.84 ID:JwxVnRUL.net
スタスタスタ

コトン

真姫「ほら、夕飯よ」

穂乃果「オムライス!」

真姫「簡単な料理しかできないから、これで我慢してね」

穂乃果「ううん、真姫ちゃんの作ってくれるものならなんでも嬉しいよ♪」

真姫「っ……早く食べなさい///」

穂乃果「はーい」パクッ

穂乃果「美味しいっ♪」

穂乃果「真姫ちゃんお料理上手だね」ニコッ

真姫「ふ、普通よ///」
23: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 19:57:46.63 ID:JwxVnRUL.net
穂乃果 モグモグ

真姫(……落ち着きなさい、西木野真姫)

真姫(流されては駄目)

真姫(貴女は頭がいいんだから、こんなあんぽんたんを言いくるめるなんて簡単にできるはずよ)

真姫(このまま居座らせてなんてあげないんだから)

真姫(真姫様を舐めるんじゃないわよ!)

真姫「穂乃果、よく聞きなさい!泊めてあげるのは今日だーー」

穂乃果「真姫ちゃん、ありがとうね」ニコッ

穂乃果「私、真姫ちゃんがいなかったら今頃路頭に迷ってたよ」

穂乃果「こんなに美味しい料理もありつけないで……一人寂しく、お腹を空かせてた……」

穂乃果「真姫ちゃんに出会えて、本当に良かった」ニコッ

真姫「」
24: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 19:59:01.58 ID:JwxVnRUL.net
真姫(な、何よその笑顔///)

真姫(こんなの反則よ///)

穂乃果「えへへ、ごめんね、なんか湿っぽい話しちゃって」

穂乃果「でも……お礼が言いたくって」

真姫「べ、別に……このくらい当然よ……」

真姫(な、なんて切り出し辛い流れ……!)

真姫(この流れで明日には出ていけなんて言えるわけない……!)

真姫(しょうがない……この話は一度おいておきましょう)


ーーー
ーー
25: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 19:59:28.72 ID:JwxVnRUL.net
ガチャ

穂乃果「ふー♪いいお湯だった♪」

穂乃果「お風呂も広いなんてびっくりだったよ」

真姫「そ、そう……///」

真姫(お風呂あがりの穂乃果……なんかすっごく……///)

穂乃果「真姫ちゃんのパジャマいい匂い♡」スンスン

真姫「ちょっ///やめなさい///」

穂乃果「えー」プクー
26: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:00:46.40 ID:JwxVnRUL.net
真姫「全く……子供っぽい所は変わってないんだから///」

真姫「いい?私もお風呂に入ってくるから、勝手にその辺のもの弄るんじゃないわよ?」

穂乃果「一緒に入る?」

真姫「な、何馬鹿なこと言ってんのよ///あんた今入ったばっかりでしょ///」

真姫「とにかく!おとなしくしてなさい!」

タタタタ

パタン

穂乃果「…………」

穂乃果「ふふっ」
27: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:01:20.13 ID:JwxVnRUL.net
穂乃果「本当に昔から変わってないね、真姫ちゃんは」

穂乃果「そういうちょろい所も可愛いよ♪」

穂乃果「一軒家に、美味しい料理に、将来安泰」

穂乃果「こんな優良物件他にないもんね♪」

穂乃果「さてさて、それじゃあどうしようあげようかな」

穂乃果「真姫ちゃんみたいな子は押しに弱い……しかも真姫ちゃんの反応を見ると、恋愛もまともにしたことがなさそう」

穂乃果「ということは……もちろん下の経験もまだってこと♡」

穂乃果「決まりかな♡」

穂乃果「ふふ……今夜は楽しくなりそう♡」
29: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:02:56.75 ID:JwxVnRUL.net
ガチャ

真姫「あがったわよ」

真姫「ちゃんとおとなしくしてたでしょうね?」

穂乃果「うん、もちろんだよ」

真姫「そう、それならいいけど」スタスタ

穂乃果「あれ、何処にいくの?」

真姫「寝床よ」

真姫「明日早いから今日は早く寝たいの」

真姫「穂乃果は……リビングに布団引いておいたからそこで寝なさい」

穂乃果「真姫ちゃんは?」

真姫「私は自分の部屋のベッドで寝るわ」

穂乃果「むぅ……」
33: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:04:25.71 ID:JwxVnRUL.net
真姫「何か文句でもあるの?」

真姫「ベッドは一つしかないんだから、それで我慢しなさい」

穂乃果「……文句はないよ」

穂乃果「けど……」

真姫「なによ?」

穂乃果「その……一人で寝るのが寂しくて……」

真姫「え?」

穂乃果「真姫ちゃんと……一緒に寝たら駄目かな?」ウルウル

真姫「っ///」
35: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:05:26.99 ID:JwxVnRUL.net
ドサッ

穂乃果「えへへ、真姫ちゃんのベッド柔らかいなぁ♡」

真姫「あ、暴れないの///」

真姫(くぅ……まさか一緒に寝ることになるなんて///)

真姫(で、でも、あんな表情されたら断れるわけないでしょ///)

穂乃果「ねーねー、真姫ちゃん、お話しよーよー」

真姫「な、何言ってんのよ///明日早いって言ってるでしょ///」

真姫「ほら、早く布団に入る!」

穂乃果「はーい」ノソノソ
36: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:06:42.63 ID:JwxVnRUL.net
真姫(と、隣で穂乃果が寝てる///)

真姫(どうしよう……寝られる気がしない///)

真姫(やっぱり布団で寝かせるべきだったかしら……)

真姫(いやでも、今更布団に行けだなんて……)

真姫(……考えるのはやめましょう)

真姫(とりあえず心を無にして……)

ギュッ

真姫「っ!?」
37: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:08:13.31 ID:JwxVnRUL.net
穂乃果「真姫ちゃん、どうして私をお家に上げてくれたの?」

真姫「い、いきなり何よ///」

穂乃果「一緒に寝たいって言った時も拒まなかったし……ねぇ、どうして?」

真姫「そ、それは……穂乃果が寂しいって……」

穂乃果「違うよね、真姫ちゃん?」

穂乃果「本当は期待してたんじゃない?」

穂乃果「こうやってされるのをさ!」

グッ

真姫「なっ!?」

真姫(馬乗りされた……?)
38: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:08:44.30 ID:JwxVnRUL.net
真姫「ち、ちょっと、何をするつもりよ!?」

穂乃果「ふふ、わかってるくせに♡」

プチプチスルスル

真姫「や、やめなさい!」

真姫「こんなの犯罪よ!」

穂乃果「犯罪?何が?」

真姫「こ、こんな……えっちなことして……!」

穂乃果「なんでそれが犯罪なの?真姫ちゃんだって、親がえっちして産まれたんだよ?」

真姫「それはお互いの同意があったから!」

真姫「こんな無理やりなんて……ただのレイプよ!」
43: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:10:59.85 ID:JwxVnRUL.net
真姫「いい?今なら冗談で許してあげる」

真姫「だから、さっさとーー」

穂乃果「真姫ちゃん」キッ

真姫「っ」

穂乃果「私が、こんなこと冗談でやってると思う?」

真姫「どういう……」

穂乃果「私はね、真姫ちゃんが好きなの」

真姫「っ////」

穂乃果「だから、こうして真姫ちゃんと一つになりたい……」チュッ

真姫「んっ///」
44: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:11:34.91 ID:JwxVnRUL.net
真姫「え……えっと……」カァァ

穂乃果「ふふっ、真姫ちゃん可愛い♡」

穂乃果「ほら、おっぱい揉んであげるね」モミモミ

真姫「んっ……くっ……♡」

穂乃果「あれ、先っぽ尖ってる」

穂乃果「ころころ〜♡」

真姫「ひっ……やぁぁ♡」

穂乃果「真姫ちゃん……えっちな顔になってきてるよ♡」
47: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:12:58.02 ID:JwxVnRUL.net
穂乃果「ほら、真姫ちゃん、足を開いて?」

真姫「…………」スッ

真姫(な、なんで言いなりになって開いてんのよ///こんな恥ずかしいこと///)

真姫(で、でも……なんか幸せ……///)

穂乃果「ふふ、真姫ちゃんの下のお口、もう準備万端だね」

穂乃果「じゃあ……指いれるよ?」

ヌプッ

真姫「んんっ♡」ビクッ
48: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:13:34.73 ID:JwxVnRUL.net
真姫「ほのっ……かっ♡」

穂乃果「どう、気持ちいい?」クチュクチュ

真姫「わかん、ないっ♡あたまがっ、なんかっ♡」

穂乃果「くらくらするでしょ?」

穂乃果「真姫ちゃんが感じてる証拠だよ」

真姫「かんじてっ、るの?」

穂乃果「うん、そうだよ」
49: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:14:25.89 ID:JwxVnRUL.net
穂乃果「もっと気持ちよくしてあげる」コリコリ

真姫「ひゃぁぁっ♡」

真姫「なにこれっ、いみわかんなっ♡」

穂乃果「真姫ちゃんここが感じるんだ♡」

穂乃果「ふふ、真姫ちゃんの性感帯、全部調べてあげる♡」

真姫「や、やぁっ、なにか、きてっ♡」

真姫「あたま、まっしろ、にぃっ♡」

穂乃果「いいよ、真姫ちゃん、イっちゃって」

真姫「ふっ……ひゃぁぁぁぁぁぁぁぁ♡♡♡」プシャァァァァァ

真姫「はぁ……はぁ……」
50: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:15:10.26 ID:JwxVnRUL.net
穂乃果「気持ちよかった?」

真姫「うん……」ボー

穂乃果「そっか……それじゃあもう一回やってあげる」

穂乃果「大好きな人には気持ちよくなって欲しいからね♡」

真姫「だいすきな……ひと……」

穂乃果「うん……私は、真姫ちゃんのことが好き♡」

穂乃果「真姫ちゃんは?」

真姫「……わたしも、ほのかのこと……すき……」

穂乃果「えへへ、両想いだね♡」

穂乃果「今夜は寝かせないよ、真姫ちゃん♡」


ーーー
ーー
52: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:15:38.64 ID:JwxVnRUL.net
チュンチュン

穂乃果「んー……朝かぁ」

穂乃果「昨日は張り切りすぎちゃったなぁ」

穂乃果「真姫ちゃんの初々しいしい反応……すっごく良かった♡」

穂乃果「最近は慣れちゃってる子多いから、新鮮味があったしね」

穂乃果「そうだ、真姫ちゃんは?」キョロキョロ

穂乃果「何処行ったんだろ?」
53: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:16:40.10 ID:JwxVnRUL.net
ガチャ

穂乃果「真姫ちゃん?」

真姫「ほ、穂乃果っ///」カァァァ

真姫「あ、え、えっと///」

穂乃果(すっごい真っ赤になってる)

穂乃果「どうしたの、慌てた様子で?」

真姫「き、今日は、えっと、だ、大学で///」

真姫「あ、その、お弁当とか、つくって///」

穂乃果(可愛いなぁ♡)
55: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:17:15.77 ID:JwxVnRUL.net
真姫「こ、これ、ほ、穂乃果の分だから///」

穂乃果「お弁当作ってくれたの?ありがとう♡」

真姫「じ、じゃあ、私は出掛けるから、お、お家でゆゆゆゆゆっくりっ///」

穂乃果「真姫ちゃん、真姫ちゃん」チョイチョイ

真姫「な、何っーー」

穂乃果「いってらっしゃい」チュッ

真姫「!??!!?!!?!?!」

ドタドタガラガラ

タタタタ

ガチャン
56: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:17:43.40 ID:JwxVnRUL.net
穂乃果「お家でゆっくり、か」

穂乃果「作戦大成功♪」

穂乃果「これでひとまずは安心だね♡」

穂乃果「さーて、今から何しよっかなぁ」

穂乃果「ん?」

穂乃果「なんでお弁当が二つあるんだろう?」

穂乃果「……ふふっ♡」

穂乃果「それじゃあ、穂乃果もお出かけしょうかな♡」
58: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:19:01.14 ID:JwxVnRUL.net
ーーーー大学

真姫「はぁ……」

真姫「……夢じゃないのよね?」

真姫「穂乃果が私に告白して、そのままの流れで……///」

真姫「ぅぅ……穂乃果に恥ずかしい所いっぱい見られちゃった///」

真姫「もうお嫁に行けないじゃない///」

真姫「あ、それなら穂乃果をお嫁に貰えばいいだけか」

真姫「ふふ、やっぱり真姫ちゃんは天才ね」

真姫「ってんなわないでしょ!」
59: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:20:22.70 ID:JwxVnRUL.net
「……どうしたの?」

真姫「うぇっ!?な、なんでもないわよ!」

真姫「そ、それより何かよう?」

「ああ、お友達来てるわよ?」

真姫「友達?」チラッ

真姫「なっ!」

穂乃果「真姫ちゃん!」ブンブン
61: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:21:19.96 ID:JwxVnRUL.net
真姫「な、なんでここにいるのよ///」

穂乃果「はい、お弁当忘れてたでしょ?」

穂乃果「だから届けに来たの♡」

真姫「あ、ありがとう///」

穂乃果「案内ありがとうね」ニコッ

「っ///ど、どういたしまして///」

穂乃果「それじゃあ、また後でね、真姫ちゃん」

真姫「うん///」
62: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:21:56.03 ID:JwxVnRUL.net
真姫(ま、まさか大学まで来るなんて///)

「ね、ねぇ///」

真姫「なに?」

「さっきの人……西木野さんの知り合い?」

真姫「ま、まあね///」

真姫(本当は恋人なんだけどね///)

「素敵な人だったわね……」

「何々、さっきの人真姫ちゃんのお友達なの?」

「いいなぁ、私もあんな人とお友達になりたーい」
66: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:23:13.59 ID:JwxVnRUL.net
穂乃果「外はいい天気だな〜♪」

穂乃果「〜〜♪」

穂乃果「おっ」

穂乃果「ねぇ、ちょっといいかな?」

「えっ?」

穂乃果「この辺りよくわかんないからさ、良かったら案内してくれないかな?」

「は、はい///」

穂乃果(真姫ちゃんが帰ってくるまで暇つぶしでもしよっと♡)


ーーー
ーー
68: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:23:47.14 ID:JwxVnRUL.net
真姫「はぁ……やっと家に帰ってきたわ」

真姫 ガチャ

穂乃果「おかえりなさい、真姫ちゃん♡」

真姫「ほ、穂乃果!?」

真姫(そ、そうだった///今は穂乃果と一緒に住んでるんだった///)

穂乃果「真姫ちゃん、お腹が空いちゃったよぉ♪」

真姫「自分で作ろうとは思わないの?」

穂乃果「真姫ちゃんのお料理が食べたいの♡」ニコッ

真姫「す、すぐ作るから待ってなさい///」
69: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:24:46.13 ID:JwxVnRUL.net
ーーーー一週間後

真姫「この服なんてどうかしら?」

穂乃果「うん、とっても綺麗」

真姫「……さっきからそれしか言ってなくない?」

穂乃果「だって本当のことだもん」

穂乃果「真姫ちゃんはどんな服を着ても素敵だよ♡」ニコッ

真姫「も、もう///穂乃果ったら///」

真姫「それじゃあこれ買っちゃおうかしら///」
72: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:25:54.90 ID:JwxVnRUL.net
真姫「と、それなら今度は私が穂乃果の服を選んであげるわ」

穂乃果「本当!?」

真姫「ええ、本当よ」

真姫「お金も私が出してあげるから遠慮なんてしなくていいわ」

穂乃果「わーい、真姫ちゃんありがとう♡」ギュッ

真姫「も、もう///急に抱きついたら恥ずかしいじゃない///」

穂乃果「えへへ、嫌だった?」

真姫「い、嫌じゃないわ///」
73: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:26:25.81 ID:JwxVnRUL.net
ーーーー買い物後

穂乃果「たくさん買っちゃったね」

真姫「必要なものだからね」

真姫「というか重くないの?」

真姫「少しくらいもつわよ?」

穂乃果「本当?それじゃあこれお願いしちゃおうかな」スッ

真姫「いいわよ」スッ

ギュッ

真姫「なっ///」

穂乃果「えへへ、真姫ちゃんと手を繋いじゃった♡」
74: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:26:54.28 ID:JwxVnRUL.net
真姫「な、なにすんのよ///」

穂乃果「だって真姫ちゃんに触りたかったんだもん」プクー

真姫「ぅっ///」

穂乃果「照れてる真姫ちゃんも可愛いよ♡」

真姫「ほ、穂乃果だって可愛いわよ///」

穂乃果「ふふ、真姫ちゃんに褒められちゃった♡」
76: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:28:41.29 ID:JwxVnRUL.net
真姫(ぅぅぅ///結局ずっと手を繋ぎっぱなし///)

真姫(こんなの恥ずかしすぎるわ///)

真姫(で、でも夜はえっちなこととかしたりしてるし///それに比べたらどうということはないんだけど///)

真姫(穂乃果ったら……ベッドの上だと凄いのよね///)

真姫(私の弱いところは全部覚えられちゃったみたいで、最近じゃあすっごく気持ちよくしてもらえるもん///)

真姫(だから、私もたまには穂乃果を気持ちよくしてあげたいなぁ……)チラッ

穂乃果「〜♪」
77: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:29:14.51 ID:JwxVnRUL.net
真姫(ふふっ、楽しそうな顔しちゃって♡)

真姫(安心して、穂乃果)

真姫(ちゃんとベッドの上でも気持ちよくしてあげるから)

真姫(そのために隠れてそういう道具も買ったし///)

真姫(後は秘密兵器も///)

真姫(今日の夜が楽しみ♡)

「あれ、西木野さん?」

真姫「え?」
79: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:29:47.25 ID:JwxVnRUL.net
「お、本当だ、真姫ちゃんじゃん!」

真姫「えっと……」

「なになに、今日は予定あるって言ってたけどデートなの?」

「あたしがあんなに誘ってたのによー」

真姫「……先に約束があったからよ」

「ま、それならしかないか」

真姫「急いでるから失礼するわ」

真姫「穂乃果、いくわよ」

穂乃果「はーい」
81: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:31:25.26 ID:JwxVnRUL.net
「あ、あの!」

穂乃果「ん?どうしたの?」

「もし良かったなんですけど、今から飲み会に参加しませんか?///」

真姫「!」

穂乃果「飲み会?」

「はい!皆で行こうって話になっていまして」

「西木野さんは都合がつかないって言ってましたけど、それなら二人とも参加すればいいんじゃないかなって」

「是非一緒に飲みましょう!」

真姫「…………」
82: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:32:04.82 ID:JwxVnRUL.net
「どうですか……?」

穂乃果「うーん……私、今お金ないんだよねぇ」

穂乃果「だから、残念だけどーー」

「お金なら私が出します!」

穂乃果「いいの?」

「はい!もちろんです!!」

穂乃果「ふふ、ありがとう♪」

穂乃果「それじゃあ参加させてもらおうかな♪」

真姫「ち、ちょっと待ちなさーー」

「西木野さんは黙ってて!」

真姫「っ……」

穂乃果「まあまあ、いいじゃん」

穂乃果「真姫ちゃんも皆と仲良くしたほうがいいでしょ?」

真姫「……馬鹿」


ーーー
ーー
83: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:32:32.42 ID:JwxVnRUL.net
「「「「かんぱーい!」」」」

穂乃果「ん〜美味しい♪」ゴクゴク

「穂乃果さん、お隣いいですか?」

穂乃果「いいよいいよ♪」

「ありがとうございます♡」

穂乃果「ふふ、私が気になるの?」

「はい♡」

真姫「…………」
85: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:33:35.49 ID:JwxVnRUL.net
真姫(何よ……デレデレしちゃって)

真姫(こんな可愛い彼女を放っておくなんてどんな神経してんのよ)

「ねぇねぇ、真姫ちゃん今一人?」

真姫「は、はい……」

「だったらあたしと飲もうよ」

真姫(はぁ……この人苦手なのよね)

真姫(先輩だからあんまり無下にできないけど)
87: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:34:17.01 ID:JwxVnRUL.net
穂乃果「猫さんみたいだねっ」

「ごろごろぉ///」

穂乃果「あんまり誘ってると食べちゃうよ?」

「め、召し上がってください///」

「ちょ、一人だけ抜け駆けしないでよ!」

「あ、あの、私もよろしければ///」

穂乃果「ふふっ♡」
88: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:34:48.98 ID:JwxVnRUL.net
穂乃果(可愛い子がいっぱい……しかも皆お家がお医者さんのお金持ちみたい)

穂乃果(たくさん唾つけとこっかな♡)

穂乃果「ねぇ……これあげる」

「え……?」

「これって……」

穂乃果「私の連絡先だよ♡」

穂乃果「寂しくなったらいつでも連絡してね♡」

「あ、ありがとうございます♡」

「たくさんメールしちゃいますね♡」

「私も……///」
91: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:36:05.29 ID:JwxVnRUL.net
真姫(…………)

「でさぁ、そいつが言い訳始めるからとっちめてやったんだよ」

「『お前それでも医者目指してやってんのか』って」

真姫「そうですか」

「なんだ、ノリ悪いな」

「ほら、もっと飲めよ」

真姫「……お酒はあまり好きじゃないので」

「大丈夫だって、酔ったらあたしが家に持ち帰ってやるから」

「あたし、あんたのことすっげえ気に入ってんだよ」

真姫「…………」
93: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:36:46.80 ID:JwxVnRUL.net
「穂乃果さん、もっと飲みましょう!」

「あったかいものどうぞ♡」

穂乃果「あったかいものどうも♡」

「梅酒なんてどうですか?」

穂乃果「あはは♡なんだか体がぽかぽかするなぁ♡」ギュッ

「ひゃぁっ///」

穂乃果「柔らかいねぇ♡」サワサワ

「っ……あっ♡」

穂乃果「ここがお家なら食べちゃうのに♡」

「い、いつでもお家に食べに来てください///」

穂乃果「ありがとう♡」

「あ、あの、良かったらキスしてくれませんか///」

穂乃果「いいよ、ちゅーーー」

ガタン!
94: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:37:43.77 ID:JwxVnRUL.net
シーン

真姫「…………」ツカツカツカ

真姫「帰るわよ、穂乃果」グイッ

穂乃果「うわっ!?」

穂乃果「ちょ、真姫ちゃん!?」

「西木野さんは関係ないでしょ、あっち行っててよ!」

真姫「はぁ!?穂乃果は私の恋人よ!」

真姫「人の恋人につまんないちょっかいかけないで」

「!?」
95: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:38:15.54 ID:JwxVnRUL.net
真姫「ほら、穂乃果、帰るわよ」

穂乃果「えー」

真姫「えー、じゃないわ」

真姫「さっさと歩く!」

穂乃果「むぅ……」

穂乃果「皆、またね〜」ブンブン

真姫「…………」


ーーー
ーー
98: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:40:08.81 ID:JwxVnRUL.net
ーーーー真姫の家

穂乃果「もう、突然帰るなんていうんだから」

穂乃果「私はもう少し飲みたかったのにー」

真姫「……ごめん」

真姫「お風呂入れたから、先に入って」

穂乃果「はーい」

スタスタ

真姫「…………」
100: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:40:46.67 ID:JwxVnRUL.net
ザァァァァ

穂乃果「はぁ……せっかく何人も堕とすチャンスだったのに」

穂乃果「ヤキモチやくところも可愛いけど、あんまり束縛激しいのもなぁ」

穂乃果「真姫ちゃんとは昔からの知り合いだし、今は私にメロメロだから居心地はいいんだけど」

穂乃果「女の子遊び出来なくなるのは嫌だもんね」

穂乃果「うーん、もしもこれが続くんなら出て行っちゃおうか」

穂乃果「幸い……次の候補は何個もあるし♡」
101: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:41:42.24 ID:JwxVnRUL.net
穂乃果「皆可愛い子ばっかりだもんね♡」

穂乃果「…………」

穂乃果「でも、やっぱり真姫ちゃんが一番可愛いんだよね」

穂乃果「うーん……」

穂乃果「よーし、真姫ちゃんの態度次第で決めよう」

穂乃果「きっと、この後何か言ってくるだろうしね」
103: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:42:23.35 ID:JwxVnRUL.net
ガラッ

穂乃果「お風呂上がったよ〜」

真姫「お疲れ様。冷たい水を用意しておいたわ」

穂乃果「ありがとう♡」ゴクゴク

穂乃果「んー♡美味しい♡」

真姫「……ねぇ、穂乃果」

穂乃果「どうしたの?」

真姫「穂乃果は、私のことどう思ってるの?」
104: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:43:09.78 ID:JwxVnRUL.net
穂乃果「真姫ちゃんのことは好きだよ♡」

穂乃果「急にどうしたの?」

真姫「……さっき、キスしようとしたでしょ?」

穂乃果「なんのこと?」

真姫「とぼけないで!!」

真姫「なんで私がいるのにそんなことするのよ!」

真姫「私が好きなら私以外の人なんて見ないで!」

穂乃果(はぁ……こうなっちゃったかぁ)

穂乃果(ま、仕方ないか)
106: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:45:07.75 ID:JwxVnRUL.net
ガタッ

真姫「な、なによ……」

穂乃果「出て行くよ」

真姫「え?」

穂乃果「私は真姫ちゃんのこと好きだけど、真姫ちゃんが私のことが信じられないから嫌いって言うのなら、出て行く」

穂乃果「今までありがとね」

真姫「う、嘘でしょ……?」

穂乃果 スタスタ

真姫「ま、待って!」ギュッ
107: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:46:12.36 ID:JwxVnRUL.net
穂乃果「何?」

真姫「お、お願い……出ていかないで」

穂乃果「なんで?真姫ちゃんは穂乃果のこと信用できないんでしょ?」

真姫「違う……違うの……」ポロポロ

真姫「お願い……行かないで……」

穂乃果「それとね、私、縛られるのもあんまり好きじゃないの」

穂乃果「だから、無理だよ」
111: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:47:35.07 ID:JwxVnRUL.net
真姫「やだ……もうわがまま言わないからっ」ポロポロ

真姫「何してもいいから、私の家にいてよ……」ポロポロ

穂乃果「本当に何をしてもいいの?」

真姫「うん……」

穂乃果「料理しなくてもいい?」

真姫「うん……」

穂乃果「女の子に声かけてもいい?」

真姫「うん……」

穂乃果「浮気してもいい?」

真姫「うん……」

穂乃果「ふふ、いいよ♡そこまで言うのならーー」










真姫「なんて言うとでも思った?」

ドンッ
118: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:48:31.82 ID:JwxVnRUL.net
穂乃果「きゃっ!?」ドサッ

穂乃果「な、何するの!?ベッドがなかったら危なかったよ!?」

真姫「『女の子に声をかける?』」

真姫「『浮気をする?』」

真姫「この私を差し置いて、そんなこと許せるわけないでしょ!」

穂乃果「……だったら出て行くって言ったでしょ」

真姫「あら、それは無理よ」

穂乃果「え?」

真姫「貴女はもう、私からは逃れられないんだから」

穂乃果「な、何を言っ……っ♥︎︎7」ビクッ
119: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:49:25.48 ID:JwxVnRUL.net
穂乃果「な、何……っ、か、体が……♥︎︎」

真姫「ふふ、薬が効いてきたようね」

穂乃果「な、何を……んっ♥︎︎」

真姫「体の疼きが凄いでしょう?」

真姫「それはね、パパが開発した特別な薬なの」

真姫「いつも主導権を握るママと立場が逆転したいってね」

真姫「効果は超一級品……次の日からママはパパに従順になっちゃった」

真姫「それが、私が使った薬よ」
123: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:50:37.80 ID:JwxVnRUL.net
真姫「ふふ、どうなってるのかっていうとね」ツカツカ

真姫「こんな感じかな」サワッ

穂乃果「ひゃぁぁぁぁぁぁ♥︎︎」

真姫「触られただけで凄い快感でしょ?」

真姫「乳首もパジャマの上からでも見えるわ」

真姫「それ」ピン

穂乃果「ふぁぁぁぁぁぁぁ♥︎︎♥︎︎♥︎︎」ビクンビクン
124: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:51:20.74 ID:JwxVnRUL.net
穂乃果「ぁ……ぁ……」

穂乃果(こ、こんな簡単に……イかされちゃった……)

真姫「あら、もうイっちゃったの?」

真姫「たくさんの子と遊んでたくせに、だらしがないわね」

穂乃果「っ……」キッ

真姫「ふふっ……いい目よ、穂乃果」

真姫「簡単に屈伏しないでね?」
126: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:52:10.85 ID:JwxVnRUL.net
真姫「とりあえず邪魔な服を脱がせましょう」スルスル

穂乃果「や、っ……ふぁっ♥︎︎」

真姫「衣擦れでも感じるのね」

穂乃果「こんなこと、しても……♥︎︎」

穂乃果「私は……真姫ちゃんなんかに……」

真姫「気安く私の名前を呼ぶんじゃないわよ!」バチン

穂乃果「きっひぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ♥︎︎♥︎︎♥︎︎」ビクビクッ
130: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:53:44.85 ID:JwxVnRUL.net
穂乃果「はぁ……はぁ……」

穂乃果(う、嘘……今……)

真姫「あら、もしかしてお尻を叩かれただけでイっちゃったの?」

真姫「知らなかったわ、穂乃果がこんにも変態だなんて」

穂乃果「ち、ちがーー」

真姫「口答えするな!」バチン

穂乃果「ふぁぁぁっ♥︎︎♥︎︎♥︎︎」ビクビク
132: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:54:33.94 ID:JwxVnRUL.net
真姫「いい?穂乃果は私のペットなの」

真姫「私になら何をされても喜ぶド変態なの」

穂乃果「そんな……こと……」

真姫「私への返事は『はい』だけよ!」バチンバチン

穂乃果「っ♥︎︎♥︎︎ふぁっ♥︎︎」

穂乃果「や、やめ……っ」

真姫「ほら、言ってみなさい」

真姫「『私はご主人様のペットです』って」

穂乃果「っ……言わなっんっぐぅぅぅぅぅ♥︎︎♥︎︎♥︎︎」ビクビクッ
134: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:55:24.91 ID:JwxVnRUL.net
穂乃果「ひぐっ、やめ、ゆるして……」

穂乃果「さ、さっきからイきっぱなしなの……」

穂乃果「もう叩かないで……謝るから……」

真姫「やめて?謝る?」

真姫「くだらないこと言ってんじゃないわよ!」バチン!

真姫「あんたがどうしようもない変態だから!」バチン!

真姫「お尻を叩かれて気持ちよくなってんでしょうが!」バッチィィィィン!!

穂乃果「きっ♥︎︎あっ♥︎︎イっぐぅぅぅぅぅ♥︎︎♥︎︎♥︎︎」プシャァァァァ
136: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:57:07.29 ID:JwxVnRUL.net
真姫「ほら、さっきの台詞言いなさいよ」

真姫「一生私が穂乃果を飼ってあげるわ」

穂乃果「ぃ……ゃ……」

真姫「ふん、変なところで強情ね」

真姫「何か理由でもあるのかしら……?」

穂乃果「わたしが……まきちゃんなんかに……」グテッ

真姫「……ああ、そういうこと」

真姫「それなら……」ゴソゴソ

カチャン
140: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 20:58:32.37 ID:JwxVnRUL.net
穂乃果「え……?」

穂乃果「くさり……?」ガチャガチャ

真姫「ゲームをしましょう、穂乃果」

穂乃果「ゲーム……?」

真姫「ええ、そうよ」

真姫「穂乃果は今までの自分に自信があるから私に屈伏したくない」

真姫「人に主導権握られるのは嫌なのよね?」

穂乃果「それで……なにをするの……」

真姫「今から穂乃果をこのまま放置する」

真姫「一時間後までに私に屈伏しなかったら貴女の勝ちよ」
144: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 21:00:04.56 ID:JwxVnRUL.net
真姫「穂乃果が勝ったら、私は穂乃果の生活に口を出さない」

真姫「浮気でもなんでも好きにしていいわ」

真姫「私が勝ったら、穂乃果はわたしの奴隷だけどね」

真姫「どうする?」

穂乃果(……一時間)

穂乃果(あれだけの快感に……耐えられる……?)

穂乃果(……いや、耐えなきゃいけない)

穂乃果(私が真姫ちゃんに手玉に取られるなんて……そんなの絶対ない)
146: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 21:00:44.78 ID:JwxVnRUL.net
穂乃果「いいよ、その勝負、受ける」

真姫「ふふ、そうこなくっちゃ」

穂乃果「……先に言っておくよ」

穂乃果「私は、絶対真姫ちゃんになんか負けない」キッ

真姫「その台詞、一時間後にも言ってみなさい」スタスタ

穂乃果「……?何処に行くの?」

真姫「シャワー浴びにいくのよ。お酒臭いし」

穂乃果「待って、勝負はーー」

真姫「もう始まってるわよ」

真姫「貴女の負けが決まった……ね」

バタン
147: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 21:01:40.36 ID:JwxVnRUL.net
穂乃果(何……?今の台詞は?)

穂乃果(私の負けが決まった?)

穂乃果(何もしないで出て行くし……余裕のつもり?)

穂乃果(ううん、考えたら駄目)

穂乃果(きっとこれは私を焦らせるための罠)

穂乃果(きっとすぐに戻ってくる……)
155: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 21:05:34.27 ID:JwxVnRUL.net
穂乃果「…………」

穂乃果「…………っ」

穂乃果「…………」モジモジ

ガチャ……

穂乃果「くっ……♥︎︎」

穂乃果「はぁ、はぁ、」ガチャガチャ

穂乃果「んっ、きっ……♥︎︎」

穂乃果「た、だめ……」

穂乃果「体……疼いて……♥︎︎」ガチャガチャ
156: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 21:06:04.97 ID:JwxVnRUL.net
穂乃果「鎖さえなければ……」

穂乃果「っ……はぁっ♥︎︎」

穂乃果「さわりたい……よぉ♥︎︎」

穂乃果「なんで……こんなに……うずくの……♥︎︎」

穂乃果「ゃ……め……」

穂乃果「これが……ねらい……♥︎︎」

穂乃果「で、でも、これくらいなら……♥︎︎」

穂乃果「わたしは……まけない……」ガチャガチャガチャガチャ
157: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 21:08:09.93 ID:JwxVnRUL.net
ーーーー30分後

キィ

真姫「ふぅ、サッパリしたわ」

真姫「穂乃果、気分はどう?」

真姫「…………ふふっ♥︎︎」

真姫「聞くまでもない……か」

ガチャガチャガチャガチャガチャ

穂乃果「ひっ、ふっぅ、やぁっ♥︎︎」
158: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 21:08:50.75 ID:JwxVnRUL.net
穂乃果「なんで、なんでさわれないのっ」

穂乃果「いや!もうむり!あそこがうずいてしかたないのっ!」

穂乃果「かゆい!かゆいよぉ!!」

穂乃果「ああああああああああ!!」ガチャガチャ

真姫「ふふ、やっぱり凄い効き目ね」

真姫「凄いペースでイけるかわりに……イかないと禁断症状で気が狂ってしまう」

真姫「ああ、今の穂乃果、凄く可愛い♥︎︎」
159: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 21:09:29.95 ID:JwxVnRUL.net
穂乃果「あ、ま、きちゃ……」

真姫「やっと気づいたようね」

穂乃果「お、おねがいっ、さわって!」

穂乃果「もう、がまん、できなっ」ガチャガチャ

真姫「何?私のペットになるの?」

穂乃果「そ、それは……っ」

真姫「まだ理性は残ってるみたいね」

真姫「それならもうちょっとこのままでもいいかな」
160: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 21:09:56.11 ID:JwxVnRUL.net
穂乃果「くぅ……ああああ!」ガクガク

穂乃果「まき、ちゃっ、」

真姫「何?」

穂乃果「もう……むり……なの……」

穂乃果「わたしのまけでいいから……っ」

穂乃果「だから……っ♥︎︎」

真姫「はぁ?」
161: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 21:10:40.34 ID:JwxVnRUL.net
真姫「穂乃果、貴女は私のペットなのよ?」

真姫「それがご主人様にお願いする時の態度?」キッ

穂乃果「っっっっ♥︎︎」ゾクゾクッ

真姫「ほら、穂乃果、貴女は犬よ」

真姫「ご主人様におねだりしてごらんなさい」

穂乃果「わ……」

穂乃果「わん……わん……」
162: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 21:11:30.73 ID:JwxVnRUL.net
真姫「あっーはっはっはっ!なっさけない姿!」

真姫「あれだけ手玉にとってた相手にこんな目に合わされてどんな気持ち?」

穂乃果「ふっ……あっ……♥︎︎」

真姫「あれ、もしかしてこんなこと言われて感じてるの?」

真姫「とんだ変態ドMね」

穂乃果「ぁ……ぁ……」ゾクゾク
163: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 21:12:02.40 ID:JwxVnRUL.net
真姫「それで、穂乃果は何をしてほしいんだっけ?」

穂乃果「い、イかせてださい!」

真姫「あら、勝負はどうするの?」

穂乃果「ほのかのまけです!だからおねがいします!」

真姫「どうしようかしらね」

穂乃果「もううわきもしません!まきちゃんだけのものになりますから!」











真姫「だーめ♥︎︎」
165: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 21:13:48.47 ID:JwxVnRUL.net
穂乃果「な、なんで……」

真姫「だって、そんな頼み方じゃテンションがあがらないんだもん」

真姫「私にお願いしたいんなら、もっと熱意を見せてくれないとね」

穂乃果「そ、そんな……」

真姫「まあ、穂乃果がどうしても私のペットになりたい変態ドMなら考えてあげなくてもないけど」

穂乃果「っ……」

真姫「もう少し頑張ってみたら?」

真姫「もしかしたら勝てるかもよ?」

真姫「あ、そうだ……ビデオ撮っておかないと」コトン

穂乃果「っ!」

真姫「ふふっ、それじゃあ頑張ってね」ストン

真姫「気が向くまで本でも読んでるわ」ペラッ
167: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 21:15:04.87 ID:JwxVnRUL.net
穂乃果「ま、まきちゃん……おねがいします……」

真姫「…………」

穂乃果「まいばんっ、えっちしてあげるから」

真姫「…………」

穂乃果「いや、おねがい!こっちみて!」

穂乃果「こっちみてください!おねがいします!!」

穂乃果「さわって!イかせてください!!」

真姫「…………」
168: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 21:15:35.16 ID:JwxVnRUL.net
穂乃果「な、なんで……」

穂乃果「ペット……変態ドM……」

穂乃果「ち、ちがう……わたしは……」

穂乃果「あああああああああああああ!!!!」ガチャガチャ

穂乃果「ご、ごしゅじんさま!」

真姫 ピクッ

真姫 チラッ

穂乃果「!」

穂乃果(わ、私のこと……見てくれた……)
170: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 21:16:08.56 ID:JwxVnRUL.net
穂乃果「ごしゅじんさま!ごしゅじんさま!」ガチャガチャ

真姫 ジー

穂乃果「わたしのまけです!だからイかせてください!」

真姫 フイッ

穂乃果「っ……」

穂乃果「わ、わたしはごしゅじんさまのペットです!!」

穂乃果「だからきもちよくしてください!!」

真姫 チラッ

穂乃果「!」

穂乃果「わたしのことめちゃくちゃにしてくださいっ♥︎︎」
172: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 21:17:12.80 ID:JwxVnRUL.net
ーーーー十五分後

穂乃果「わたしはごしゅじんさまのペットです♥︎︎」

穂乃果「ごしゅじんさまにおしりをたたかれてイっちゃう変態です♥︎︎」

穂乃果「こんなはずかしいセリフをいわさせられてるのにかんじてしまってごめんなさい♥︎︎」

穂乃果「こんなどうしようもない変態でもごしゅじんさまにいっしょう飼われたいです♥︎︎」

穂乃果「だからおねがいします♥︎︎」

穂乃果「こんな変態ドMなペットにおしおきしてくださいっ♥︎︎」

穂乃果「ごしゅじんさまのてでめちゃくちゃにしてくださいっ♥︎︎」
173: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 21:18:07.62 ID:JwxVnRUL.net
真姫「ふふ、理性が吹き飛んだみたいね」

真姫「いいわよ、そこまで言うのならやってあげるわ」

真姫「ペットの相手をあげるのも、飼い主の仕事だものね」

穂乃果「ありがとうございます♥︎︎」

真姫「鎖を移動させてっと……」ガチャガチャ

穂乃果「はっ、はっ、♥︎︎」

穂乃果「ごしゅじんさまぁ♥︎︎はやくぅ♥︎︎」

真姫「煩い犬ね」

真姫「そういう駄犬は……」

真姫「厳しくしてあげないとね!」バチンッ!

穂乃果「ふぎぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ♥︎︎」ジョロジョロ
174: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 21:19:16.46 ID:JwxVnRUL.net
真姫「あら、お漏らし?」

真姫「そんなに叩かれるのが気持ちよかったの?」

穂乃果「ひ、ひゃい♥︎︎」

穂乃果「ごひゅひんひゃまにひゃひゃかれ……きもひっ♥︎︎」

真姫「きちんと喋りなさいッ!」バチン

穂乃果「おごぉぉぉぉぉぉぉぉ♥︎︎」ビクビク

真姫「ほら!こんなんで!気持ちいいんでしょ!」バチンバチンバチン

穂乃果「きひっ♥︎︎♥︎︎あああああああ♥︎︎♥︎︎♥︎︎♥︎︎」ビクビクビクッ
175: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 21:19:54.65 ID:JwxVnRUL.net
真姫「ほら、カメラに向かって正直に言いなさい!」バチン

穂乃果「ひ、ひゃぃぃぃぃ♥︎︎」

穂乃果「わ、わたしはっ♥︎︎おしりをたたかれてっ♥︎︎イっちゃうような変態ですぅぅぅ♥︎︎」

真姫「そんな貴女の飼い主は誰?」バチン

穂乃果「ま、まきさまですっ♥︎︎」

穂乃果「こんなへんたいのごひゅじんさまにいっ♥︎︎♥︎︎なっていただいてぇ♥︎︎♥︎︎」

穂乃果「ありがとうございまぁぁふぁぁぁぁぁぁぁ♥︎︎♥︎︎♥︎︎」プシャァァァ
177: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 21:21:57.25 ID:JwxVnRUL.net
穂乃果「はぁ♥︎︎はぁ♥︎︎」

真姫「それじゃあ、そろそろ私も楽しませてもらおうかしら」

真姫「今日のために用意しておいた双頭ディルド」

真姫「さあ、二人で気持ちよくなりましょう、穂乃果」

穂乃果「は……はい……♥︎︎」トロン
180: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 21:23:24.41 ID:JwxVnRUL.net
真姫「ふふ、凄い気持ち良さそうな顔♥︎︎」スルスル

真姫「ん……」クチュ

真姫「どうやら私も準備完了みたいね」

真姫「これを私のところにあてて……」クチュ

真姫「んっ♥︎︎」

真姫「さぁ……いくわよ……穂乃果!」ズプッズプププププ

穂乃果「きっふひゃぁぁぁぁぁぁぁぁ♥︎︎♥︎︎♥︎︎」
181: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 21:25:08.31 ID:JwxVnRUL.net
真姫「っ……これ、すごっ♥︎︎」

穂乃果「ひっ♥︎︎ぎっ♥︎︎ぁっっっ♥︎︎」ビクビクビク

真姫「あはっ、ほのか、すっごいだらしないかおっ♥︎︎」

真姫「もっとおくまでつきさしてあけるっ♥︎︎」

穂乃果「ひぃぃぃぃぃぃぃぃぃ♥︎︎♥︎︎♥︎︎」

穂乃果「だめぇ♥︎︎これいじょういれないれぇぇぇぇぇぇ♥︎︎」

穂乃果「しきゅうトントンしないれぇぇぇぇぇぇぇ♥︎︎♥︎︎♥︎︎♥︎︎」ビクビクビクッ
182: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 21:25:45.23 ID:JwxVnRUL.net
真姫「あはっ♥︎︎すごいイきっぷり♥︎︎」

真姫「そんなにわたしとのセックスはきもちいい?」

穂乃果「ひゃい♥︎︎きもちひひれふぅ♥︎︎」

穂乃果「ふぁっ♥︎︎じゅっとイってりゅぅぅぅぅぅぅ♥︎︎♥︎︎」

真姫「あんまりこしをふらな……んんんっ♥︎︎」

穂乃果「ひゃっ♥︎︎ひゅっ♥︎︎んぁぁぁぁ♥︎︎」ビクン

真姫「やっ、くぅ♥︎︎」

真姫「これ……すご……んんんんっ♥︎︎」
184: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 21:26:41.76 ID:JwxVnRUL.net
真姫「はぁん♥︎︎ふぁっ♥︎︎」

穂乃果「ごしゅじんさまもっ♥︎︎きもちよくなってくださいっ♥︎︎」

真姫「いわれなくても、なってるわよっ♥︎︎」

真姫「っぁ……く、ぁっ♥︎︎」

真姫「ほのかっ♥︎︎すきよっ♥︎︎」

真姫「ずっと、わたしが……んっ♥︎︎かって、あげるから……ねっ♥︎︎」

穂乃果「ひゃい♥︎︎わたしもっごしゅじんさまがすきですっ♥︎︎」

穂乃果「いっしょう、かわいがってくださいっ♥︎︎」
185: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 21:27:35.52 ID:JwxVnRUL.net
真姫「ええ、もちろんっ♥︎︎」

穂乃果「ありがとう、ございますっ♥︎︎」

真姫「は……ふっ♥︎︎もう、げんかい……♥︎︎」

穂乃果「ひゃっ♥︎︎おくにっ♥︎︎」

真姫「くっ……あっ♥︎︎」

真姫「〜〜〜〜〜〜〜〜!?!?!?」プシャァァァァァァ

穂乃果「ふぁぁぁぁぁぁぁぁぁ♥︎︎♥︎︎♥︎︎♥︎︎」ビクビクビクッ
186: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 21:28:16.81 ID:JwxVnRUL.net
真姫「はぁ……はぁ……」

穂乃果「ぅ……ぁ……」

真姫「ふふ……だらしないすがたも、とってもすてき♥︎︎」

真姫「すきよ……ほのか」チュッ

穂乃果「ぁ……♥︎︎」

真姫「さぁ……もう一ラウンドいくわよ♥︎︎」


ーーー
ーー
187: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 21:29:09.31 ID:JwxVnRUL.net
チュンチュン

真姫「ん……朝?」

真姫「っ……頭痛い……」

真姫「……あれ?」

真姫「なんで私、裸……?」

真姫「…………あ」

真姫「あああああああああああ////」
190: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 21:30:21.57 ID:JwxVnRUL.net
真姫「そ、そうだ……昨日、飲んだ勢いで穂乃果を……」

真姫「穂乃果!」キョロキョロ

真姫「い、いない……」

真姫「あんなことしたら出て行くに決まってるわよね……」

真姫「どうしよう……」グスッ

コトン

真姫「!」

タタタタタ

ガチャ

真姫「穂乃果!」

穂乃果「おはようございます、ご主人様♡」
192: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 21:31:14.38 ID:JwxVnRUL.net
真姫「え?」

穂乃果「今朝ごはん作ってるから待っててね」ジュー

真姫「え?え?え?」

穂乃果「どうしたの?」

真姫「穂乃果……出て行ったんじゃないの?」

真姫「あんなことされたら普通出て行くわよ?」
195: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 21:31:53.92 ID:JwxVnRUL.net
穂乃果「そ、そのことなんだけどね……」モジモジ

真姫「なによ」

穂乃果「その……ご主人様に罵倒されたり、お尻叩かれたりするのがとっても気持ちよくって////」

穂乃果「それに、あんなに何度も昇天させられるくらい気持ちよくなったのは初めてなの///」

穂乃果「だから……その……」

穂乃果「よければ、これからもご主人様のペットにしてください♡」

真姫「」
199: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 21:33:05.31 ID:JwxVnRUL.net
真姫「いや、え、あの……」

穂乃果「お酒を飲んだご主人様、すっごく厳しくてゾクゾクしちゃった♡」

穂乃果「だから、またああやって私を虐めてくださいっ♡」

真姫「いや、あの……とりあえず普通の時はご主人様はやめて」

穂乃果「はーい♡」

真姫「……というか、なんで裸エプロン?」

穂乃果「真姫ちゃんにいつでも襲ってもらえるようにするためだよ♡」
200: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 21:34:16.07 ID:JwxVnRUL.net
穂乃果「ねぇ、真姫ちゃぁん♡」ギュッ

真姫「なっ///」

穂乃果「えへへ、可愛い♡」

穂乃果「もう私は真姫ちゃんがいないと生きていけなくなっちゃったんだから、責任とってよね♡」

穂乃果「大好きだよ、真姫ちゃん♡」

真姫「……っふふ♡」

真姫「全く、仕方ないんだから」

真姫「私も大好きよ、穂乃果」

真姫「私から離れたら許さないんだから♡」
201: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 21:35:02.24 ID:JwxVnRUL.net
終わり
レスやらなんやらありがとう
お休み
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「家を追い出されちゃった……」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。