ss式簡単ラブライブクイズ〜お姉ちゃんのアイスを食べたのは誰だ〜

シェアする

ダイヤ-アイキャッチ4
1: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 00:28:41.49 ID:mUTGLxSv.net
とある日のアクアの練習後の黒澤家での出来事


練習を終え学校近くの文房具屋で買い物をしていたダイヤはいつもより少し遅く帰宅した。


ダイヤ「ふぅ、今日の練習はなかなかハードでしたわ。特に夏場の外での練習は身体にこたえますこと、、。あ、そういえば昨日買ったアイスが冷凍庫にしまってありましたわ。」


ダイヤ「ふふふ、疲れた身体にキンキンに冷えたアイスを一口、また一口と嗜む時間はまさに至福の時ですわ!」


夏の練習後に食べるアイスはダイヤのささやかな楽しみだった。威厳という父と慎ましさという母から生まれたようなダイヤでさえも冷凍庫へ向かう足取りは自然と少し軽くなる。


冷凍庫のある部屋まで行きいざ冷凍庫を開ける。しかしダイヤが脳裏に描いていた光景とは裏腹にそこにはあるべきものがなかった、、、


ダイヤ「…………あれ?おかしいですわねぇ。たしか……いえ、間違いなくここに……」


几帳面なダイヤは自分が置いた物の場所を忘れるということはあまりない。しかしないものは無いので冷凍庫の中をくまなく探す。待ち望んでいたキンキンに冷えた長方形の塊を。

元スレ: ss式簡単ラブライブクイズ〜お姉ちゃんのアイスを食べたのは誰だ〜

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 00:29:30.35 ID:mUTGLxSv.net
しかし完璧に探したと言えるくらいに丁寧に探してもアイスは出てこず。ダイヤはそっと冷凍庫の扉を閉める。そのまま冷凍庫の取っ手に手をかけたままの格好で佇むダイヤ。




………セミの鳴き声や自転車のベルの音、お祭りの音、季節を象徴する内浦の様々な音の中、ダイヤの周囲の空間だけ音そのものが無くなってしまった様な気がした。


ダイヤ「………………ルビィ」



渇いた口腔からこぼれた言葉は現状を嘆く言葉でも疑問を呈する言葉でもなく呼び慣れた妹の名前だった。


ダイヤ「ルビィ、、ええ、、きっとそうですわ!!ルビィがまたわたくしの許可も無く勝手にアイスを………!!」


ダイヤ「前回、前々回と続きこれで連続三回目ですわっっっ!!!!いくら寛大で菩薩の様に澄み切っておりかつ麗しい心の持ち主の私と言えどももう我慢なりませんわーーっっ!!!」


黒澤火山大噴火!!!!菩薩というより鬼の形相に近い憤怒全開DAYDAYDAYな表情のダイヤは冷凍庫のある部屋を出ると一目散に別室にいるルビィの元へ。
3: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 00:30:13.78 ID:mUTGLxSv.net
身なりや所作を重んじるダイヤでさえも歩く身振りや足音が少しばかり大きくなる。廊下にうっすらと怒という形をした足跡が残ってしまいそうだ。


ルビィの部屋に近づくにつれ部屋の中からは今の自分の心境とは別世界の様に談笑している声がふすま越しにだんだんと聞こえてくる。女子特有のキャッキャッとしたあれだ。


今日は練習後にルビィの部屋に花丸と善子と千歌が遊びにきていることをすっかり忘れていた。


しかしそんなことは構わず勢いよくあちらとこちらを区切る隔たりを開く


ガラガラ!!


音に反応してこちらを向いた四人。いつもとは少し違うただならぬ様子を察知しつつも花丸が挨拶をする。


花丸「あ!ダイヤさん、お邪魔してま、、ダイヤ「ルビィィヤァアアアア!!!!」
4: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 00:30:58.10 ID:mUTGLxSv.net
花丸の言葉を遮りダイヤは唖然とした表情の赤髪の容疑者に問い質す。


ダイヤ「あなたという人はっっ!!!一度ならず二度!!いや三度と私の楽しみにしていたアイスを勝手に食べましたわねぇ!!??なんでお姉ちゃんに一言声をかけないの!!??今回ばかりは許しませんことよーーー!!!!」

ルビィ「ぴぎぃぃぃ!!ア、アイス?!ルビィ、アイスなんてた、食べてないっ…よ!?」


ダイヤ「!?な…嘘をおっしゃい!!!冷凍庫の中にあるガリガリ君を食べたでしょう!!??非礼を詫び赦しを請うどころかあなたは嘘を重ねるというの?!ルビィ!!お姉ちゃんはルビィをそんな子に育てた覚えはありませんことよ!!!!」


ルビィ「ぴぃ!!ほ……本当だもんっ!!ル…ルビィはき、今日はアイスなんて食べてないっもん!こ、この前お姉ちゃんに怒られたからちゃ、ちゃんと反省したんだよ…?」


ダイヤ「そ、そんな!?じゃあどこに行ってしまったというの!!??あぁ〜!!わたくしガリガリ君ーーーーー!!!!!!!!」


いったいお姉ちゃんのアイスはどこに消えたというのか!!??


次の四人の証言の元犯人をみつけてください
5: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 00:32:07.92 ID:mUTGLxSv.net
ただし次の3つが条件とする

犯人は1人
犯人は必ず嘘をつく
犯人以外は本当の事を言うか嘘をつくかわからない

花丸「ダイヤさん、、、本当ごめんなさい。。。おら、、あまりにも美味しそうでアイス食べちゃったずら、、、」


千歌「ちょっ!ダイヤさん落ち着いて!あとマルちゃんはアイス食べてないよ!マルちゃんは誰かをかばってるよ!!


ルビィ「うぅ、、、。なんでアイス無くなっちゃったの?ルビィは食べてないよぉ、お姉ちゃぁん」


善子「ルビィは犯人じゃないわっ!!…堕天使の勘がそう言ってる。犯人は他にいるわー!!!」


お姉ちゃんにしばかれるのはいったい誰だ?!











16: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 00:58:07.57 ID:mUTGLxSv.net
ぴぎゃはああーーーwwwwwおねぇちゃーwwwwwごめんなさぁああーwwwww


ルビィちゃんで正解です


ダイヤさんはルビィちゃんにたっぷりお説教したあと結局最後は甘やかすのでした。ちゃんちゃん


こういうラブライブを交えたクイズみたいなのあったらいいなと思ってたててしまた


みんなもなんかいいのあったら書いてくだせ〜

ちなみにもしわからなかった人は「犯人は必ず嘘をつく」ってとこに着目したらわかりやすいかも
21: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 01:20:44.75 ID:OYjyadu8.net
じゃあ書けたら出してみよっかな
25: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 01:38:39.72 ID:OYjyadu8.net
絵里「あら・・・とってもかわいい絵じゃない♪」ハラショー

海未「ことりが小学校の頃に描いたんですよ。
   水没した町の中で、ほら、魚たちが楽しそうに泳いでいて」

絵里「この後ろのは、お魚さんたちのマンションかしら?
   建物もギザギザに曲がってて、夢の世界のようね・・・♡」

ことり「でもね、ことり、それ、ほんとに見て描いたんだよ?
    夢の世界なんかじゃないのっ!」

絵里「えっ」
28: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 01:42:05.32 ID:OYjyadu8.net
海未「実はこの絵、最近出てきたんですが、
   ことり自身もどこでこの絵を描いたのか思い出せないらしくて・・・」

ことり「衣装の参考に、もう一度見に行きたいんだけど、
    こんな場所、自分でもほんとにあったのかなぁって・・・」むむむ


絵里「建物の形とかで分からないの?
   だってこんなゆがんだ建物なんて、珍しそうじゃない?」

海未「私にも穂乃果にも見当つかないそうです。
   十数年ここに暮らしてきましたが、このように奇妙な形の」

ことり「でも、ことりはほんとに見て描いたんだもん・・・」むぅ

海未「十年来のうちに取り壊されてしまったのでしょうか・・・」シュン


絵里「そうねぇ・・・これと、同じような色や近い形の建物もないの?」

ことり「うーん・・・海未ちゃん家の向こう側の、橋渡ったところの、」

海未「あの辺りのマンションは、
   こんな青みがかった建物じゃなかったでしょう」

ことり「・・・そうだね」シュン

海未「ことり・・・・・あ、絵里、見づらいですか? どうぞ、」


絵里「・・・・・あぁっ、こういうことね!」

ことうみ「?」
29: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 01:43:00.75 ID:OYjyadu8.net
絵里「ねぇ、今からその場所に行って確かめてみない?」ウィンク

ことり「えっでも、建物の色も形もぜんぜん違うって、」


絵里「いい? ちょっと絵を貸して・・・こう見るのよ」

海未「・・・絵里? あの、それは、」


絵里「ううん、これでいいのよ。だってこの絵は――」


Q.えりちゃんは絵をどのように見せたのでしょうか?(理由付きで)
30: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 01:50:57.07 ID:HzxWLy+9.net
水槽越しに見せたんと違うか
33: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 01:58:27.21 ID:OYjyadu8.net
ヒント

海未「ことり、もう少し描いた時のこと、思い出せませんか?」

ことり「うーん・・・あぁっ、砂ぼこりが大変だったかなぁ」

絵里「そんな場所で描いてたの?」

ことり「うん、たしか地べたっていうか草むら?にこう座ってて、
    そしたら、風がすごい強く吹いてて・・・目に入って大変でした」てへへ

絵里「すごいわね・・・」

海未「ことりも集中すると何も見えなくなるタイプですからね・・・」


>>30
絵里「いい線ね! でも水槽なんてここにないわよ?」
34: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 02:07:01.22 ID:3dp+gVjY.net
川面を見て描いたのかな
36: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 02:07:49.68 ID:HzxWLy+9.net
ううむ
池の水面に映った景色を描いたのか?
39: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 02:19:23.49 ID:OYjyadu8.net
>>34
>>36

絵里「ハラショー! 水面に映った風景なのは正解よっ!」

絵里「だとしたら、私が二人にどう見せたかも想像できるはず」

絵里「あっ、見せる時に特別な道具はなんにも使ってないわよ?」

絵里「そうね・・・私が気付けたのは、二人と向かい合って座ってたから、かしら」

絵里「って、ちょっと口がすべっちゃったわね」クスクス



絵里「えっ、ことりがどこで描いたのか、ですって?」

絵里「それは・・・ことりの話を思い返してみれば、絞られるはずよ」

絵里「ことり、マンションは“どこに”あるって言ってたかしら?」

絵里「それと・・・どうして建物は歪んでいたのかしらね?」
42: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 02:27:33.64 ID:3dp+gVjY.net
見せ方は逆さに見せた?

橋を渡ったところのマンションだから川岸かな
青みがかってたのは水に映ってたから
風が強くて川面が波打ってたから建物は歪んでる
44: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 02:32:19.51 ID:OYjyadu8.net
>>42
絵里「・・・ハラショー! 大正解よっ!」パアァ

絵里「ごほうびにチュウしてあげるわね♡」ちゅ


解答編もう少し待っててー
45: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 02:35:34.63 ID:OYjyadu8.net
>>29のつづき


絵里「――川の水面に映った風景を描いたもの、ですもの」クスッ

海未「へ・・・?」

ことり「・・・ああっ、だからさかさまにっ!」


絵里「そう。というより、これ、上下さかさまに見るのが正解なの」

絵里「ことりはきっと、対岸にマンションが見える場所で、
   川の中の魚たちだけでなく川面に映る像も見て、
   この絵を描きあげたのよ」

ことり「そっかぁ・・・!」わぁ

海未「でも、建物が歪んでいるのは・・・?」


絵里「海未、言ったでしょう?
   映っていたのは鏡とかじゃなくて、川の水面、って」

海未「え?・・・ああ、水面が波打っていたから・・・!」

絵里「そう。全体の景色が水色がかって描かれていたのも、
   ことりが水の色で全体を塗り重ねたから・・・じゃないかしら」
47: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 02:43:04.06 ID:OYjyadu8.net
 
  ◆  ◆  ◆


絵里「ねぇ、ここ、勝手に入ってだいじょう――ひゃんっ!?」ズルッ

海未「えりっ!? ・・・もう、足場が悪いので気を付けてくださいよ?」

絵里「ごめんなさい・・・って、ことり、もうあんなところに?!」

海未「あっ、待ってください、ことり――」



ことり「・・・・・た」


海未「ことり・・・?」

ことり「っ、うみちゃん見て、ここ・・・!」


海未「・・・っ!」パアァ


ことり「みつけたっ、・・・・・ここ、」

ことり「ここが、わたしのっ・・・おもいでのっ・・・・!」グスッ


絵里「あらあら・・・」クスクス
49: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 02:47:39.19 ID:OYjyadu8.net
海未「・・・すみません、ことり。
   私はことりを、少しでも疑ってしまって・・・」シュン

ことり「ううんっ、そんなことないです・・・」

ことり「ことりがまた来れたの、
    海未ちゃんと、絵里ちゃんの、おかげだもんっ!」ぎゅっ

海未「ひゃっ///」

絵里「っ、もう・・・おおげさねっ」


ことり「絵里ちゃん。ことりの思い出、見つけてくれて、ありがとう」

海未「私からもお礼を言います。私たちでは気づけなかったですから」

絵里「そんな、たまたま逆に見えたから気づいただけだからっ!」///

ことり(えりちゃん照れてる♪)


絵里「あっ、それより!
   ねえ、せっかくだから記念撮影でもしない?
   スマホしかないけど私、撮ってあげr」

海未「いいですね! それじゃあことり、こっちに来てください」

ことり「うんっ! ・・・って、絵里ちゃん? どうしたの?」
50: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 02:48:17.94 ID:OYjyadu8.net
絵里「・・・ことり、海未」

海未「えっ・・・」


絵里「私も、大切なもの、落としちゃったみたい・・・」グスッ


ことり「・・・ま、待ってて! いま携帯鳴らしてあげるからっ!」

海未「きっと近くにあるはずですからねっ!?」


おわり。
54: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 03:02:51.32 ID:OYjyadu8.net
一応>>29までの情報だけで推論できるようには心がけました
(風もそんな強く吹いてなくても川の波は打つのを見たので)
フェアな内容にできてたらいいな

左右反対とか水の色とか都内に魚住める川あるのかとか
まして東京神田近辺にそんな場所あるのかとかは
全部おやつにしといてください

次の出題者さんどうぞー
55: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 03:11:56.04 ID:OYjyadu8.net
忘れてた、>>29の問いに対する解答例は

A. 絵を上下さかさまにして見せた
(ことりの絵は川面に映った風景を描いたものだったから)

です
それでは
56: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 13:31:20.24 ID:mUTGLxSv.net
真姫ちゃんの別荘で合宿中!穂乃果は個室で海未、ことりと3人でくつろいでいた


花陽「きゃあああああああ!!!」


隣の部屋から聞こえた悲鳴!穂乃果と海未とことりは急いで駆けつける!


穂乃果「どうしたの?!」


穂「!!!!」


そこには背中にナイフを突き刺されうつ伏せで倒れる凛ちゃんが


絵里「なんてこと………」


真姫「そんな…凛……」


みんなたまたま近くにいたためすぐに全員集まった
57: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 13:31:53.96 ID:mUTGLxSv.net
希「誰がこんなむごいことを……」


花陽「えっぐ、!ひっぐ!!凛ちゃぁん、、。」


誰が見ても死んでいることは明確。それはナイフがささった場所と出ている血の量からも明らかだった。


にこ「すぐに警察に連絡しなきゃ、、、!!」


穂乃果は呆然自失状態で凛の亡骸をみつめる、、。しかしそこでとあることに気付く!


穂乃果「…………!!!!!!?」



穂乃果「待って!!にこちゃん!!」


いきなり出された大声に固まる一同
58: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 13:32:40.96 ID:mUTGLxSv.net
穂乃果「……犯人が解ったよ」


一同「!!??」


海未「そ、そんな!?この状況でなにが解ったというのですか!?」


穂乃果「……みんな。凛ちゃんの右手をよく見て」


穂乃果に言われるがままにうつ伏せの凛の右手を見る一同。そこには凛が死に際に自らの血で書いたであろう文字が!そう。いわゆるダイイングメッセージだ。


そこに書かれていたのは

5119

という数字。


穂乃果「犯人は、、、◯◯ちゃん!あなただよ!!」


いったい誰が凛ちゃんを殺したのか

ただのなぞなぞ的なものなんで発見順とか状況はあんま関係ないです
66: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/07/09(土) 08:18:27.41 ID:VncvFiop.net
自分は5129なら成立すると思った
凛ちゃんが間違えたってことはあるんだろうか
67: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/07/09(土) 08:24:42.06 ID:ZvWlShw0.net
自分も5129だと思った
73: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/07/10(日) 01:53:43.49 ID:utvVvSPh.net
うっはwwwwwみなさんほんっとうにごめんなさいwwwww


5119ちゃうわ 5129だわwwwww


時間かけて謎ときしてくれた人にはまじで申し訳ない


5129って言ってる人大正解です


5 12 9

こういう区切りですわ いや本当ごめんね……
82: 名無しさん@そうだ選挙に行こう! Go to vote!(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/07/10(日) 09:54:52.69 ID:utvVvSPh.net
昼くらいに答え載せますが一応最終ヒントです。

穂乃果なら8151415111になります。8、15、14、15、11、1、です

区切りが無いと難しいですね
87: 名無しさん@そうだ選挙に行こう! Go to vote!(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/07/10(日) 11:09:58.48 ID:utvVvSPh.net
答え書きます


穂乃果「犯人は絵里ちゃん!!あなただよ!!」

一同「!!??」


希「なっ!?」


にこ「ちょっと?!何言ってんのあんた!!絵里が…犯人!?」


絵里「………穂乃果。気が動転してるのはわかるけど…なぜ私が犯人になるのかしら?」


海未「そ、そうです!第一ここにいるメンバーの誰かが凛を殺したとは限りません!!外部の人間の可能性だってあるじゃないですか!」


穂乃果「……みんなもう一度凛ちゃんの右手で書かれた……その数字をみて。」


穂乃果に言われたとうり数字を確認する一同。
88: 名無しさん@そうだ選挙に行こう! Go to vote!(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/07/10(日) 11:10:42.90 ID:utvVvSPh.net
ことり「…5129?この数字が一体……」


真姫「………!!!!これって!まさか……!!」


穂乃果「気付いたみたいだね。直接名前を書いて犯人にバレるのが怖かった凛ちゃんは最後の力を振り絞ってこの数字を書いた。」


穂乃果「この数字は……アルファベットに当てはめることである名前が浮き出る様になってるんだよ!!!」


花陽「アルファベット…?でも5129をどんな風にアルファベットに…」


穂乃果「いい?花陽ちゃん。アルファベットは全部で26個。Aから順番にAは1、Bは2、って当てはめると……」


花陽「5はE、1はA、2はB、9はI……EABI…??」


にこ「いいえ、違うは真ん中は1と2じゃなくて12。こうすれば……」


希「E、L、I………ELI………!!!!?そ、そんな、まさか、エリチ………!!!!」
90: 名無しさん@そうだ選挙に行こう! Go to vote!(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/07/10(日) 11:12:14.61 ID:utvVvSPh.net
海未「そんな、、、!!!!絵里!!!??何かの間違いではないのですか!?」


ことり「うぅ…絵里ちゃん…本当に絵里ちゃんが…??」


絵里「……………えぇ。わたしよ。そうよ。ワタシガリンヲコロシタワ。」


一同「!!!!???」


真姫「エリー!いったいなんで!!?」


絵里以外のメンバーはそれぞれに絵里を問いただす。花陽は立っていることもままならず膝をおとしうなだれている。


穂乃果「…絵里ちゃん。理由を聞かせてくれる?」


絵里「……今日の夕食後各自部屋に戻った後私は凛に用事があったことを思い出したの」


絵里は特に表情も変えずに焦点が定まっていない様な虚ろな目で事の成り行きを語り始めた。まるで宙に浮いた文字をそのまま声に出してる様にどこか機械的に。
91: 名無しさん@そうだ選挙に行こう! Go to vote!(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/07/10(日) 11:15:08.70 ID:utvVvSPh.net
絵里「私は凛の部屋の近くまで来た。」


回想


〜〜〜〜〜〜


絵里「(ん?少しドアが開いてるわね。それに…中から凛の声が…?びっくりさせちゃうと悪いしちょっと様子を見てみようかしら)


わずかなドアの隙間から部屋の様子を確認する絵里。


絵里「(…………!!!!!)」


凛「……みぃとぉ、、みとっめ、、みぃぃとおめら、、う〜〜ん、違うにゃぁ、がっこうのきょかぁぁあ??みぃとぉめら、、みとめられないわぁあぁ

……ぷくくく!いい感じにゃ!!これは認められるにゃ!う〜〜んでももうちょっとアホヅラで馬鹿っぽくしたいにゃあ。みぃとぉめ、、みっ!とっ!めっ!!!…ぷくくく!!あはははははははこれは愉快爽快ハラショー1等賞にゃあーーー!!!!!あははははは!!!」


そこには鏡の前で絵里の物真似をした凛が…!!そこには先輩である絵里へのリスペクトのかけらも無く、ただただ人を馬鹿にし蔑すみ、己の快楽を目的とした悪魔の表情を浮かべていた。
92: 名無しさん@そうだ選挙に行こう! Go to vote!(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/07/10(日) 11:16:23.46 ID:utvVvSPh.net
絵里はその一部始終を見たとたんに反射的に後ずさりしていた。そして音を立てないようにゆっくりとキッチンに向かう。凶器であるナイフを調達するために。そして………!!!


凛「ああ、笑い過ぎてお腹が痛いにゃあ。ふふ明日1番にかよちんにみてもら……あれ??」


凛は気配に気付きドアの方を向く。そこには腕を後ろで組み笑顔で立っている金髪の生徒会長が。


凛「…(ま、まさか、見られたかにゃ?!で、でも怒ってる様子は無いし…)ど、どうかしたかにゃ?絵里ちゃん?あ、まさか夜だから寂しくなって凛に会いにきたのかにゃ♡?」


絵里「……そうね。凛に会いたくて会いたくて仕方なかったわ。でもねこんな時間まであんなことをしてるあなたをワタシは……ミトメラレナイワァアアアアァアアアア!!!!!!!」


そして咆哮をあげ腕に持っていたナイフを振り下ろす!!


凛「?!!??!!!」


しかし天性の反射神経で間一髪かわす凛!!!!
93: 名無しさん@そうだ選挙に行こう! Go to vote!(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/07/10(日) 11:18:12.09 ID:utvVvSPh.net
凛「ひっ、ひぃーー!!!!!絵里ちゃん落ち着くにゃ!!認めるにゃあ!」


絵里「ヴォアあああああああああ!!!!!!!」


凛「…ひっ!!」


何を言っても無駄だと判断した凛はドアの方を向き走りだす…!!!しかしバレエ仕込みのグランジュテで前方に飛び出した絵里はその勢いで一瞬にして凛との間合いを詰め背後から…………!!!!!

ブシュッッッ!!!

………


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


絵里「…これが事の全貌よ。まさかダイイングメッセージを書いているとは思わなかったけど、、、。」


海未「ま…まさか……あなたは…!!そんなくだらない理由で凛を殺したと言うのですか!!!?絵里!あなたという人は……!!」


希「…エリチ……嘘や、嘘やんな?!なあ、嘘って言ってよエリチ!!!」


にこ「絵里……あんた…」
94: 名無しさん@そうだ選挙に行こう! Go to vote!(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/07/10(日) 11:19:01.78 ID:utvVvSPh.net
一瞬沈黙が訪れる。


絵里「……くく。くくく。しかし、まあバレちまったらしょうがないわなぁ。。」


一同「!???」


絵里「お前らを生かしておくわけにはいかなくなった、、、。お前ら、、全員まとめて、、認めるわけにはぁ、、イカナイワァアアアアァアアアアァアアアアァアアアア!!!!!!!!!」


穂乃果「!!!!!!!!」


絵里「ヴォアあああああああァアアアアァアアアアァアアアアァアアアアァアアアアァアアアアァアアアアああああああああ!!!!!!!!!!!」


その瞬間!叫び声とともに絵里の身体が、骨格がみるみるうちに姿を変えてゆく!!!!グチャ、ボキッ、と音を立てながら天井や壁を壊し瞬く間に体長20メートルもあろう正真正銘の怪物になったのだ!!!!!!


絵里「ヴォアあああああああァアアアア!!グアアアアアアア!!!!!!」


一同「キャァアアアアァアアアア!!!!」

イヤァァァァァ…………………


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
95: 名無しさん@そうだ選挙に行こう! Go to vote!(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/07/10(日) 11:20:01.71 ID:utvVvSPh.net
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


穂乃果「と、いう夢をみたんだよー!」

海未「なんですか!その夢は!それにいろいろ突っ込みどころがありすぎます!!!」

ことり「あははは、ある意味穂乃果ちゃんらしいかもねぇ…」

凛「ひどいにゃ、穂乃果ちゃん!!凛はそんなんじゃないにゃ〜!泣」

花陽「り、凛ちゃん夢の話だから!でもこううやって凛ちゃんが元気で良かったよぅ…ぅう」

真姫「ちょっと花陽、あなたも人のこと言えないじゃない。夢の話なんだから泣かないの」

にこ「本当よね。。しっかし穂乃果ももうちょっとマシな夢を見れないわけ?例えばこの最強アイドルにこにーがぁ、国民全員をメロメロにして虜にしちゃう夢とかぁ…」

希「はいはい。それはそうと凛ちゃん…たしか絵里ちのモノマネ本当に少しは出来るやんなぁ…にやり」

一同「!!!」
96: 名無しさん@そうだ選挙に行こう! Go to vote!(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/07/10(日) 11:21:23.52 ID:utvVvSPh.net
凛「え、えぇっと、モノマネなんて大層なもんじゃないよ?でもまあせっかくだから少しやってみるにゃ、、。ゴホン。……がっこうのきょかぁ?ミトメら……みとめ……ぷっ。あはは。なんだか変な夢の話を聞いた後だと本当に笑えてきたにゃ!!」


花陽「……?!り、凛ちゃん!後ろ!う、し、ろ!」


凛「え、?」


振り向く凛。部室のドアの前には不敵な笑みを浮かべた絵里が。


絵里「…あれ?どうしたの?続けないのかしら?ニヤニヤ」


凛「あ、あは。あははははははは…」

凛ちゃんはしばらく絵里ちゃんに可愛いがってもらいました。ちゃんちゃん


END

いやあ、本当に間違った番号乗せてすんません。書きたい人いたら短いのでもいいから載せてみてね〜
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『ss式簡単ラブライブクイズ〜お姉ちゃんのアイスを食べたのは誰だ〜』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。