花陽「悪徒之木坂学院…?」

シェアする

花陽-アイキャッチ18
1: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 02:59:15.76 ID:Ae5Li3z0.net
キャラ崩壊・駄文ちうい

元スレ: 花陽「悪徒之木坂学院…?」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 03:00:27.26 ID:Ae5Li3z0.net
―朝―

穂乃果「〜♪」

ことり「あ、穂乃果ちゃん」

海未「穂乃果、遅いですよ。」

穂乃果「おはよーう!いやーごめんごめん」

海未「全く…新年度だと言うのにその様では新入生にナメられてしまいますよ」

穂乃果「ごめんってばぁー」

穂乃果「それはそうと今日も二人共可愛いねぇ」
3: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 03:01:27.32 ID:Ae5Li3z0.net
ことり「///」

海未「もう、朝から何を…///」

穂乃果「お早うのちゅー」チュッ

ことり「ひゃっ///」

穂乃果「んっ」チュッ

海未「なっ///」

穂乃果「じゃ行こっか♪」

穂乃果「新年度かーどんな後輩が出来るんだろ。楽しみだなぁ〜」テクテク

海未「ま、待ってください穂乃果っ///ってことりっ!しっかりして下さいっ!」

ことり「…///」ポケー
4: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 03:03:44.41 ID:Ae5Li3z0.net
―校門前―

モブ「「「お早うございます!!」」」バッ

穂乃果「うんおはよー。みんな今日も良い子だねぇ」ナデナデ

モブ「あっ…ありがとうございます///」

モブ2「…何だアイツ…」ボソッ

モブ3「私の高坂さんに…殺す」ボソッ

海未「誰の高坂さんですって?」ギロ

モブ3「ヒッ…あ、いえ、何でもありません!!すみません!!」ドゲザー

ことり「そこの二人は今から一週間、私語禁止です♪」

ことり「約束破ったらお口ちくちくだよ?」
5: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 03:04:58.35 ID:Ae5Li3z0.net
モブ2「…っ」ゾク

モブ3「す、すみませっ…あっ」

ことり「はい決定♪じゃぁまた後でね。」ニコ

モブ3「あ…ぁ…」ガクガク

穂乃果「も〜朝から何?ケンカはダメだよぉ」

ことり「ごめんね穂乃果ちゃ〜んっ」スッ

【八時半・被服室】

モブ3「…」フラッ

モブ「「「…」」」ガクブル
6: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 03:05:52.78 ID:Ae5Li3z0.net
穂乃果「さてと…折角だし、一年生の教室でも見に行こうかな?」

海未「…と、その前に」

海未「誰です?そこにコソコソ隠れているのは」

穂乃果「え?」クルッ

凛「…あはは…ごめんかよちん。バレちゃったにゃ」スッ

ことり「にゃ?」

穂乃果「あ、君そのリボン…一年生?」

凛「うん。今日から悪徒之木。星空凛って言うんだ。」
7: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 03:08:02.51 ID:Ae5Li3z0.net
モブ4「おいコラテメェ!!!!」

モブ5「高坂さんに何タメ口聞いてんだガキャァ!!!!」

モブ6「ブッ殺してやる…」

凛「…やっぱり。あなたが高坂穂乃果先輩だね」

穂乃果「私?うん。そうだけど」

凛「で、その両隣が“鬼の園田”と“人縫いのことり”」

海未「…何の用です もう一度その呼び名を口にしたら殺しますよ」
9: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 03:10:00.49 ID:Ae5Li3z0.net
凛「アハハ それだけ分かれば収穫にゃ」

凛「それじゃまたね」スッ

モブ4「あぁっ!?待ちやがれ!!!」ダッ

モブ5「…!?い、いねぇ…。どこ行きやがった!?」

モブ6「…」キョロキョロ

穂乃果「…何だったんだろう?」キョトン

海未「恐らく偵察か何かでしょう。貴女は学院で三本の指に入る程の実力者ですから」

穂乃果「またまた〜」
10: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 03:11:40.26 ID:Ae5Li3z0.net
ことり「…一年の子が、穂乃果ちゃんを狙ってるって事?」

海未「恐らく。」

海未「まぁ心配は要りません。私とことりが居る以上、穂乃果には指一本触れさせませんから」

海未「生徒会の人間ならまだしも、一年の様な小童などには決して…。」

ことり「さっきの子も後で始末しておくからね」

穂乃果「いや、まだ何もしてないんだからいいよ…」

穂乃果「そう言う事なら一年生に会いに行くのはやめておこうかな。わざわざ問題を起こさせる訳には行かないからね」
11: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 03:12:21.24 ID:Ae5Li3z0.net
穂乃果「ちょっと残念だけど。」スタスタ

穂乃果(えっと…何て言ったっけ)

穂乃果(星空凛ちゃん…だったかな?)

穂乃果「ふふっ」

穂乃果(なかなか可愛い子だったなぁ)
12: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 03:13:47.75 ID:Ae5Li3z0.net
―一年生教室―

モブ「「「…」」」

モブ「…」クチャクチャ

モブ「…」ジャンジャカジャンジャカ(音漏れ)

ガラッ

凛「そうそう、その三人以外はなんかショボかったよ」

花陽「そうなんだ。なら余裕だね 多分」

凛「うん!あの三人だってかよちんなら楽勝だって思うよ!」
13: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 03:16:00.12 ID:Ae5Li3z0.net
花陽「フフっ 凛ちゃん、ありがと♪」

凛「えへへ。えと…凛達の席は…」

ガシッ

凛「ん?」

モブ「うるせぇぞコラ!!!」ブンッ

凛「わっ」サッ

凛「いきなり何?」

モブ2「ヘラヘラしてんじゃねぇっつってんだよボケが…」スクッ
14: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 03:17:17.04 ID:Ae5Li3z0.net
モブ2「仲良しこよしがしてぇなら今すぐ学校辞めろや!!!!」ブンッ

凛「はい外れー」サッ

モブ2「…ちっ」ガシャン

モブ3「ってェな!!何すんだコラ!!!」

モブ2「あぁ!?んだテメェ関係ねぇからすっこんでろザコ!!!」

モブ3「テメェから殺してやる!!!」

モブ4「…つーかテメェよォ!!さっきから何ガン飛ばしてんだあ゛ぁ!?」グイッ

モブ5「んだコラ…誰がテメェのブス面なんか見っかよ馬鹿野郎!!!」

モブ6「お前シャカシャカるっせぇんだよオラァ!!!」バシッ

モブ7「…ンだやんのかゴラ!!!!」バァンッ
15: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 03:18:44.63 ID:Ae5Li3z0.net
ギャーギャー

凛「あーあ。もうめちゃくちゃだよー」アハハ

花陽「何やってるのかなぁ」ハァ

花陽「あ、そうだ。この際だから…」カキカキ

花陽「…よしっ。皆さん注目ー!」ガンガンガン!!

モブ「「「あぁ!!?」」」

花陽「どうせだからこのままこのクラスの頭を決めちゃいましょう」
17: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 03:20:11.50 ID:Ae5Li3z0.net
花陽「ルールは簡単」

花陽「最後に立ってた人が頭の1-1デスマッチです」

凛「鍵閉めるにゃー」カチッ

凛「あのねー さっきかよちんと話してたんだけど」

凛「凛に勝てないような奴じゃ、かよちんの足元にも及ばないからさ」

凛「皆にはこれからこのクラスを仕切るかよちんに相手して貰う前に」

凛「まずこの凛に殺されてもらうにゃ」
18: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 03:21:36.06 ID:Ae5Li3z0.net
モブ「「「…………」」」

凛「って言う訳で」

凛「さっさと来なよ…ふぁあ…。」ポリポリ

モブ「「「…!」」」

モブ「「「やってやるよゴラァァァ!!!!」」」

凛「それでいいにゃ」バッ
19: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 03:23:33.38 ID:Ae5Li3z0.net
―二年生教室―

ドッタンバッタン・・・

ガシャァン・・・

パリーン・・・

穂乃果「うるさいなぁ…あれ?モブちゃん達今日休み?」

モブ「さ、さぁ…、私は何も聞いていませんが」

モブ「登校はして来てたと思いますけど…」

穂乃果「うーん そっか。」

キーンコーンカーンコーン
21: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 03:25:44.85 ID:Ae5Li3z0.net
ガラッ

教師「し、失礼しまー…」ビクビク

モブ「「「…」」」ギロ

教師「ひぃっ…」ビクッ

教師「…」ビクビク

穂乃果「あ、先生おはようございまーす!」

教師「ひいいいいいっ」ブルブル
22: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 03:26:49.88 ID:Ae5Li3z0.net
モブ「…」バァンッ!

モブ2「テメェ高坂さんが挨拶してんだろうがァ!!!!」

モブ3「ブチ殺すぞオラァ!!!!」

教師「あぶぶぶぶぶぶ」ブクブク

海未「…日直、挨拶は?」

モブ4「は、はいッ!」

モブ4「起立!気を付け!礼!」

モブ「「「宜しくお願いします!!!」」」

教師「 」チーン
23: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 03:28:05.25 ID:Ae5Li3z0.net
穂乃果「…今日も自習だね」

ガシャァァァン!!!

モブ「「「!!!」」」

穂乃果「うわっ」

ことり「?」

海未「…」

ギギギギ・・・

ガシャン!!

花陽「あはは…失礼しまぁす」ズルズル
24: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 03:30:35.14 ID:Ae5Li3z0.net
モブ「…一年…!?」

モブ2「何だテメェはコラ!!!」

モブ3「…!?そ、そいつ等は!!!」

花陽「…あぁこの人達のクラス、やっぱりここだったんだ」ポイ

モブ4「あぐっ」ドサッ

モブ5「ぅ゛っ・・・」ドサッ

モブ6「て、テメェ…!!」
25: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 03:31:24.48 ID:Ae5Li3z0.net
花陽「あはは そんなに睨まないでー」

ことり「…それ、あなたがやったの?」

花陽「もちろんです。朝適当に目付けて狩りました」

モブ「…ぶっ殺す!!」バッ

花陽「…」スッ

海未「!」(あの構えは…)
26: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 03:32:31.43 ID:Ae5Li3z0.net
モブ「よくもモブ共をやりやがったなこの野郎!!!」ブンッ

花陽「はっ!」ドッ!!

ガシャァァァン!!!

ゴロゴロゴロゴロ

モブ「 」チーン

モブ「…な、何だ、今の…」

モブ「張り手…?」

花陽「ごっつぁんです!」パンパン
27: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 03:34:34.23 ID:Ae5Li3z0.net
モブ「ヵっ…かはっ…コヒュッ…コヒュッ…」ブクブク

モブ2「お、おい大丈夫か!?」

モブ3「血の泡吹いてやがる 肋骨イってんぞ」

ことり「…あはは なんか面白いけどあの子、強い」

花陽「次、お願いします」ドシーン! ドシーン!

花陽「…来ないなら私から!」

海未「待ちなさい…何故いきなりこの様な事を」

海未「目的は何です?」
28: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 03:35:48.74 ID:Ae5Li3z0.net
花陽「…目的ですか?そんなの」

花陽「今日中に悪徒之木を制覇する事に決まってるじゃないですか」

モブ「「「!?」」」

モブ「今日中…だと…?」

花陽「今凛ちゃんが一年生をまとめてますから、その間に私が二年生を。」

花陽「その後二人で三年生を締める予定です」

花陽「…時間がもったいないから、いきますね!」ドッ!!
29: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 03:37:19.41 ID:Ae5Li3z0.net
モブ「ぐあっ!!」ガシャァン!

モブ2「ふざけっ…う゛ッ!?」ガシャァン!

モブ3「んぎぃッ!?」ガシャァン!

花陽「つっぱりつっぱりつっぱり!!」ドッ!! ドッ!! ドッ!!

モブ4「グェア!?」ガシャァン!

モブ5「ガハぁッ!!」ガシャァン!

モブ6「ぐっ…!!」ガシャァン!
30: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 03:38:16.50 ID:Ae5Li3z0.net
花陽「そらそら!高坂先輩!次はあなたですよ!!」ドドド

穂乃果「そこまでだよ一年生」

花陽「そうら!」バッ

ガシッ

花陽「っ…!?」

海未「…はぁ。私達も随分と舐められたものです」

花陽「…っ」グッグッ

花陽(肩を掴まれただけなのに…動けない…!)
32: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 03:40:37.26 ID:Ae5Li3z0.net
花陽「あなたは…高坂先輩の側近…」

花陽「“鬼の園田”さん…」

海未「その呼び名は止めなさい…まぁ存じて頂けて光栄ですが」

海未「終わりです」スゥゥゥ

海未(“柔の舞・関節地獄”)フワッ

花陽「!」

海未「左肩」スッ

ゴキッ
33: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 03:42:23.84 ID:Ae5Li3z0.net
花陽「ぐぅぅ…ッ!!」ズキィ!

花陽「くそ!」バッ

花陽「!」(い、いない!)

海未「こっちですよ」フワッ

花陽「!!」

海未「右肘」スッ

ゴキッ

花陽「うぁぁぁっ!!」
34: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 03:44:07.93 ID:Ae5Li3z0.net
花陽「くぅぅッ・・・」ガクッ

花陽(ま、まずい…!!)

モブ「で、出た!園田さんの必殺技!」

モブ2「ざまぁねぇ!!そのまま全身の関節を外されてお寝ん寝しちまえや!!」

モブ3「そしたら校庭に埋めてやっからよ!!ギャハハハ!!」

花陽(や、ヤバいっ!一旦退却…!」バッ

ゴキッ
35: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 03:45:52.09 ID:Ae5Li3z0.net
花陽「!?」ドサッ

海未「左足首」

花陽「…あ、あぁ…あ」

海未「右足首」

ゴキッ

花陽「ぐあああっ!!!!!」

海未「…ふふっ…」スタッ
36: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 03:47:31.30 ID:Ae5Li3z0.net
海未「これであなたは得意の相撲も取れなければ逃げる事すら出来ませんね」

海未「私達に喧嘩を売るとはどう言う事か」

海未「死をもって学びなさい」フワッ

花陽「…っっっ」

海未「…」ズズ…

海未「…首…」ズズズ…

花陽(や、ヤバい…!殺される!!)

花陽「う、うあああああ!!!」ドッ!!!

ブワッ

海未「!…床に張り手…!?」
37: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 03:49:34.76 ID:Ae5Li3z0.net
パリィィン!

海未「…関節の外れた腕でよくやりますね」

海未「あなた達」

モブ「「「はい!」」」ビシッ

海未「最後の気力で外へ逃げた様ですが、足は使い物にならない筈」

海未「すぐに追い止めを刺しなさい」

モブ「「「は!」」」ビシッ

穂乃果「あ、ちょっと待って?」

海未「…?」
38: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 03:51:50.16 ID:Ae5Li3z0.net
―その頃凛―

凛「はぁー…はぁー…はぁー…」ゼェゼェ

??「…もうおしまい?」

??「…はぁ。一年を仕切るだの何だの下らない事をのたまっておいてその程度?」

??「ほら、あと私一人で一年はあなたの物なんデショ 頑張りなさい」フリフリ

凛「はぁ…はぁ…はぁ…!」グッ

凛「これで…これで決める!」バッ!
39: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 03:53:36.46 ID:Ae5Li3z0.net
ヒュンヒュンヒュン
ヒュンヒュンヒュン!

凛「はァーッッ!!!」ヒュン!!

凛(“胴回し五十回転蹴り!!!”)ズオッ!!

ズバァァァァァン!!!!

ゴロゴロゴロゴロ!!

バァンッ!!!

ピシッ

ピシッピシッ

ガラガラガラ!!!
40: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 03:54:56.26 ID:Ae5Li3z0.net
凛「はぁーッはぁーッ…」

凛(脳天ぶち抜いてやったにゃ…)

凛「やった…?」

モクモク

ムクッ

凛「!!??」

??「…今ので最後?」

凛「な…」

凛「なん…で…?」
41: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 03:56:03.10 ID:Ae5Li3z0.net
凛「凛…本気で何度も蹴り込んだのに…」

凛「何で倒れないの…!?」

??「あー痛った…普通の人間だったら百回以上死んでるわね」コキコキ

凛「あ…あなたは…あなたは一体何なの…!?」

??「私?」

??「私は西木野真姫」

真姫「医師である母から生み出された人造人間“ホムンクルス”よ」
42: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 03:57:12.29 ID:Ae5Li3z0.net
凛「ホ…ホムンクルス…?」

凛「…あ、あはは…」ガクッ

凛「…この学校…むちゃくちゃだにゃ…」

ヒューン

「う゛っ」ドサッ

凛「!」

真姫「な、何…?」

花陽「う、うぅ…っ」

凛「…か、かよちん!?」バッ
43: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 03:59:34.76 ID:Ae5Li3z0.net
花陽「り、凛ちゃん…おでこから血が出てる…大丈夫…?」

凛「り、凛の事よりかよちんだよ!体のあちこちが変な方向いてるよ!?」

真姫「関節が完全に外れてるわね」

凛「え…!?」

凛「な、何があったの!?大丈夫!?」

花陽「…えへへ…やっぱり、上級生は凄いよ…痛っ」

凛「動かないで!ど、どうしよう…どうしよう…!」オロオロ
44: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 04:00:34.07 ID:Ae5Li3z0.net
真姫「…この子、あなたの連れよね?」

凛「親友だよ…凛の…っ ま、まさかかよちんがこんなにされるなんて…!」

真姫「落ち着きなさい さっきまでの威勢はどうしたの?」

凛「…だ、だって、だって、かよちんが…かよちんが…!」

真姫「…はぁ」

真姫「えっと、貴女、かよちん?」

花陽「…?あなたは…?」
45: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 04:01:43.05 ID:Ae5Li3z0.net
真姫「ちょっと足借りるわよ」グッ

花陽「ぁいたっ!…え?」

ゴキッ

花陽「ひゃうっ!!?」ビクッ

凛「!!!」

凛「か、かよちんに何するの!!??」

凛「ぶっ!!殺…!!」花陽「あ、あれ?痛くなくなった…?」

凛「…え?」
46: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 04:02:50.88 ID:Ae5Li3z0.net
真姫「ほら、こっちも」スッ

ゴキッ

花陽「あ゛ぅ!!」ビクッ

花陽「…」パタパタ

花陽「な、治った…!」

凛「!」

凛「もしかして西木野さん…!」

真姫「腐っても医者の娘だからこれくらい朝飯前よ」
47: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 04:03:49.44 ID:Ae5Li3z0.net
真姫「あとは肩と…肘ね」

真姫「ちょっと痛いけど我慢しなさい」

ゴキッ

花陽「い゛ぃっ!!」ビクッ

ゴキッ

花陽「ああぁっ…!!」

花陽「うぅ…っ」

凛「か、かよちん、大丈夫!?」
48: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 04:04:24.89 ID:Ae5Li3z0.net
花陽「…あ…」フリフリ

花陽「動く…。痛くない…!」

凛「…よ、よかったぁぁ…!」ポロポロ

花陽「あ、あれ。ほ、ほんとに何ともない…」

凛「あ…あ…ありがとう…!!西木野さん…!!」

花陽「西木野、さん…?」

真姫「何?」

花陽「あっ、ありがとうございます…!治してくれて…。でも、どうして…?」
49: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 04:05:24.55 ID:Ae5Li3z0.net
真姫「別に。ケリもついてないのに貴女のせいでこの子が腑抜けちゃってつまらなかったから」

真姫「ただそれだけよ」

凛「…西木野さん…!」

真姫「さ。貴女の友達は治してあげたんだから気を取り直して続きやりましょ」パッパッ

花陽「…え?」

凛「…」
50: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 04:06:04.41 ID:Ae5Li3z0.net
凛「かよちん、凛、あと西木野さんを倒せば一年生制覇なんだ」

花陽「…そういう事かぁ…凄いね、凛ちゃんっ」

凛「ううん、二年生相手に突っ込んだかよちんの方がスゴいにゃ」

凛「で…その事なんだけど」

凛「西木野さん…」

真姫「何?」

凛「…ごめん、凛もう、西木野さんとは戦いたくない…」

真姫「…は?」
51: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 04:07:04.31 ID:Ae5Li3z0.net
凛「…かよちんを助けてくれたんだもん…もう凛は西木野さんを蹴れない…。」

真姫「…」

真姫「何寝ぼけた事言ってるの…?」

凛「…!」

真姫「勝手に始めて勝手に片付けるなんて許されないわ」

真姫「折角この私が暇つぶしの相手に選んであげたのよ 立ちなさい」

凛「…」
52: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 04:07:47.20 ID:Ae5Li3z0.net
凛「…ごめん…」

凛「凛がやった分、やり返して」

凛「それ以上の事でも構わない」

凛「凛の事は好きにしていい…だから…ごめんなさい」

花陽「り、凛ちゃん…っ」

真姫「…」

花陽「…は、花陽をやって下さい!」

凛「!?」
53: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 04:08:21.30 ID:Ae5Li3z0.net
花陽「花陽が悪いんです!弱いくせに自分が強いって誤解して凛ちゃんを巻き込んじゃった!」

花陽「今回の事は花陽の提案なんです…だから!」

凛「な…っ」

凛「かよちん!何言ってるの!?それは二人で決めたことでしょ!?」

花陽「いいの!花陽が!」

凛「凛が!」
54: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 04:09:32.11 ID:Ae5Li3z0.net
花陽「花陽が!」

凛「凛が!」

真姫「はぁ…解ったわ」

真姫「…なら」スッ

真姫「二人で地獄に行きなさい」ブンッッ

凛・花陽「え…」


グシャァァ!!!


55: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 04:10:26.34 ID:Ae5Li3z0.net
花陽「ピャアアアアアア!!!」ガバッ

花陽「アアアア…ア…?」

花陽「…うん…?」

花陽「夢…?」キョロキョロ

花陽「…」

花陽「は」

花陽「はぁ〜〜…」
56: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 04:11:42.87 ID:Ae5Li3z0.net
花陽「怖かったぁ…」

花陽「昨日凛ちゃんに借りた映画のせいだよ…とんでもない夢みちゃった…」

花陽「花陽も花陽じゃないみたいだったし…なんなのぉ…」グスッ

ピンポーン

花陽「ん…?」

「かよちーん!学校遅れるよー!かよちーん!」

花陽「凛ちゃん…!?」

花陽「って!も、もうこんな時間!?」

花陽「お寝坊しちゃったのぉ!?」ガバッ
57: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 04:13:07.33 ID:Ae5Li3z0.net
ガラッ

花陽「ごめんなさい凛ちゃん!!今すぐ支度するからちょっと待っててー!」

凛「あ、かよちんおはようにゃー!」ノシ

花陽「おはよう!あわわっもう10分もないよぉ!」

凛「しょうがないなぁ 先に行って見てくるよー?」

花陽「え!?う、うん解った!花陽もすぐ行くから!」

凛「急いでねーっ」

凛「今日は凛たち、悪徒之木坂学院を制覇しなくちゃいけないんだから!」

花陽「うん!!本当にごめ……」


花陽「え…?」
58: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 04:14:44.88 ID:Ae5Li3z0.net
おちまい
62: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 06:47:29.02 ID:Ae5Li3z0.net
こんなキャラ崩壊してるのにありがとう 知らなかったからそのss見てみる
俺も三年組も登場させたいから続き書く
63: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 06:58:30.58 ID:Ae5Li3z0.net
―通学路―

花陽「…」テクテク!

花陽「…」テクテクテク!

花陽(な、何かの間違いだよね…?)

花陽(だってあれは夢…!夢なんだもん…!)

ドンッ

花陽「ひゃうっ」ベシャ

モブ「…いってーな」

モブ2「何だコイツ」

花陽「ごめんなさ…ひ!?」
65: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 07:00:17.84 ID:Ae5Li3z0.net
花陽(音乃木坂の制服・・・!な、何ですかこの怖い人たち!?)

モブ3「おいコラテメェ…人にぶつかっといて鳥みてぇな鳴き声上げてんじゃねーぞ」グイッ

花陽「あうっ…ご、ごめんなさいっ…ごめんなさいっ」

モブ「ごめんで済みゃぁよ、救急車要らねぇんだわ」

モブ2「お前取りあえずフクロ」

花陽「ふ、ふく、ふくろ…?」

モブ3「…やっぱナメてんわコイツ」

モブ「死ねコラ」ブンッ
66: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 07:01:58.14 ID:Ae5Li3z0.net
花陽「ひぃぃぃぃぃぃっ」

ドゴッ!!!

モブ「…ん゛!?」グラッ

バタン

モブ2「!?」

モブ3「なんd」ベッキ!!

モブ3「んがぁッ!?」ブシュゥッ

バタン
67: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 07:03:24.00 ID:Ae5Li3z0.net
モブ2「なっ…!?」

モブ2「お、おいお前等!大丈夫か!?」バッ

スタッ

花陽「あっ…え…!」

モブ2「…テ、テメェ…何しやがんだコラァ!!!!」

凛「ふー。かよちんったら遅いにゃー」

花陽「…り、凛ちゃん!!?」

凛「っていうかさ ソレ」

モブ2「…あ゛ぁ゛!?」
68: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 07:04:47.65 ID:Ae5Li3z0.net
凛「足、どけてよ」

モブ2「何…!?」

凛「お前かよちんのおにぎり踏んでんだよ」

凛「足どけろってば」シュンッ

モブ2「!?」

モブ2(は、速)ベコォッ!!!

モブ2「ブべァ!!?」

モブ2「ヵふ…っ」バタン

凛「…。」シュタッ
69: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 07:06:21.35 ID:Ae5Li3z0.net
凛「ん? よく見たらコイツ等二年じゃん だっさ…」

花陽「…り、凛…ちゃ、ん…?」ガタガタ

凛「あぁぁ…おにぎりが…」

凛「かよちんのおにぎり…」イソイソ

花陽(…ぐちゃぐちゃになっちゃったおにぎり直してくれてる…)

花陽「り、凛ちゃん…なの…?」

凛「…うぅ…踏んづけられちゃったからもうだめかもしれないにゃ…」イソイソ

凛「かよちん…何であんなの吹っ飛ばさなかったのぉ…?」

凛「かよちんのおにぎり…」ショボン
70: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 07:07:33.78 ID:Ae5Li3z0.net
花陽「…ね、ねぇ、凛、ちゃん…」

凛「なあに?」

花陽「あなたは、凛ちゃん…だよね?」

凛「…かよちん、頭打っちゃったの?」

花陽「へ?」

凛「それってコイツ等のせいだよね…許せない…っ」ワナワナ

凛「ぶっ殺してやるにゃ!!」バッ

花陽「凛ちゃん!」ガバッ
71: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 07:09:40.81 ID:Ae5Li3z0.net
凛「っ!?」

花陽「…やめて…やめて、凛ちゃん…っ」ポロポロ

凛「え…?か、かよちん…?」

花陽「うっ…ううっ…グスっ…」ポロポロ

凛「!?…ほ、本当に大丈夫…?」バッ

花陽「何で…?何で…こんな…」チラ

花陽「…」

花陽「…えっ!!」

【悪徒之木坂学院】ドドン!

花陽「…う…そ…」フラフラ

バタン
72: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 07:10:31.81 ID:Ae5Li3z0.net
凛「ひゃ!?」

花陽「 」チーン

凛「あ、あわわわわ!」オロオロ

凛「かよちん!かよちん!」


凛「かよちーん!!!!」

ちーん!!
ちーん!
ちーん…
ちー…
ー…
74: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 07:11:38.19 ID:Ae5Li3z0.net



花陽「…」パチ

花陽「…」

花陽「…」ムクッ

花陽「…あれ?ここは…?」キョロキョロ

凛「あっ!」

凛「かよちん、大丈夫?」

花陽「凛ちゃん…」

凛「保健室だよ。場所が解んなくてちょっと迷っちゃったけど」
75: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 07:13:52.51 ID:Ae5Li3z0.net
花陽「…あ、そうだ、私、倒れちゃったんだ…」

花陽「凛ちゃんが連れてきてくれたの?」

凛「もっちろん。」

凛「それよりかよちん、さっき様子がおかしかったけど治った?」

花陽(あ…っ)

凛「・・・?」

花陽(…この凛ちゃん、花陽が知ってる凛ちゃんじゃない…っ!)

花陽(見た目は殆ど同じだけど、ちょっと怖い目してる…)

花陽(…やっぱり、夢じゃないんだ)

花陽(でも、どういう事なんだろう…)
76: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 07:15:00.72 ID:Ae5Li3z0.net
凛「…かよちん?病院行く?」

花陽「…ありがとう凛ちゃん。ここまで連れてきてくれて。」

凛「へ? ううん。」

凛「これくらい朝飯前だよ」

花陽「…」

花陽「…ねぇ、凛ちゃん。」

凛「んー?今度はなぁに?」

花陽「…花陽ね」

花陽「…別の世界から来ちゃったのかもしれない…の」
77: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 07:17:43.32 ID:Ae5Li3z0.net
凛「…ん」

凛「何て?」

花陽「…よく見てみてほしいの 花陽の顔」

花陽「こっちの凛ちゃんも、花陽と友達で居てくれてるみたいだから、きっと解ってくれると思うんだ」グッ

凛「えっ?…か、かよちん、近い…///」

花陽「お願い、よく見て…」

凛「…な、何言ってるのか解らないよ…ん?」

凛「…ん?」マジマジ

凛「か…かよち、ん…?」
78: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 07:19:43.17 ID:Ae5Li3z0.net
花陽「やっぱり…解ってくれた?」

凛「…あ、あれ?かよちん…だよね?」

花陽「…うん。私は花陽だよ」

花陽「でもね、凛ちゃんとお友達の花陽じゃない」

花陽「ちょっとだけ、違わない?」

凛「…うん」

凛「…実はさっき保健室まで抱っこした時思ったんだけど…」

凛「なんか、ぷにっとしてるにゃ!!」

花陽「ぷにっとしてるのぉ!?」
79: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 07:21:08.32 ID:Ae5Li3z0.net
凛「ほ、ほんとに・・・凛の知ってるいつものかよちんじゃないにゃ!」

凛「雰囲気もちょっと違う!!」

凛「なんか、弱そう!!」

花陽「よわそうなのぉ!?」

凛「こ、これって・・・どういう事…?」

花陽「…それは、花陽にもいまいち解らない…でもこれだけは確かなの…」

花陽「私は、この世界の花陽じゃない…」

凛「…」
80: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 07:22:50.26 ID:Ae5Li3z0.net
凛「…」

凛「…かよち」ガラッ

凛「!」

ゾロゾロ

モブ「オゥオゥオゥオゥ!!見つけたぞオラ…!!」

モブ2「テメェ等よくもウチのクラスの奴等ヤってくれたなあぁあ!?」

モブ3「覚悟出来てんだろうなカス共コラ!!!」

凛「…二年生の奴等…」

花陽「ひ、ひいいいいいっ」ガクブル
81: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 07:24:31.18 ID:Ae5Li3z0.net
モブ4「間違い無ぇみてぇだなぁ」

モブ5「テメェ等よ、そんなフケてぇなら保健室じゃなくてよ、病院でお寝ん寝させてやっからよ」

モブ6「覚悟しろコラ…!!」

凛「…かよちん、逃げて」

花陽「えっ!?」

凛「この程度のザコ共、凛一人で充分にゃ」

花陽「そ…、そんなダメだよ!そんなのダメ!」

花陽「何十人も居るんだよ…?凛ちゃんだって危ないよぉ!!」
82: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 07:27:12.41 ID:Ae5Li3z0.net
凛「…実際朝二年生をヤったのは凛一人な訳だし、かよちんは関係ない。」

凛「それに二人で仲良く逃げられる人数じゃないって解るでしょ」

凛「凛がコイツ等を足止めするから、かよちんは逃げて。」

花陽「…だ、…ダメ!!!」

花陽「み、み、皆さん!!」バッ

モブ「「「あ゛ぁ゛!?」」」

花陽「ヒッ…!」ビクッ

花陽「…!」ダンッ

花陽「…わ、わわわ私がっ…私が悪いんです!!凛ちゃんは悪くない!!」
83: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 07:28:50.21 ID:Ae5Li3z0.net
花陽「全部私一人がやったんです!!」

花陽「殴るなら…私だけにして下さい!!」ドゲザ!

凛「かよちん!!!」

モブ7「…」

モブ8「…」

モブ9「…あ?」

花陽「…」ブルブルブルブル
84: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 07:30:46.82 ID:Ae5Li3z0.net
モブ「…調子乗んなよクソガキィ!!!」バキッ!!

花陽「あ゛うっ」ズシャ

凛「!!!」

モブ2「テメェ等まとめて死刑に決まってんだろうがァ!!!」ガスッ!!

ボコッ!!

ゴスッ!!

花陽「ぐぅっ…!あ゛っ…う゛っ…!!」

モブ「ヒャハハ!!まだ土下座してやがるこのクソガキ!!」ゲシッ!!

凛「やめろ!!!!!」バッ
85: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 07:31:53.72 ID:Ae5Li3z0.net
グイッ!!

凛「!?」

ダァン!!

凛「カハッ…!」

モブ10「おうコラ短髪ゥ テメェあのザコと仲良しみてぇだな」ガシッ

凛「…ぐっ」

モブ11「今から面白ェ事すっからよ テメェはこのまま見とけ」ガシッ

凛「…は、離せっ…!!」
86: 名無しで叶える物語(しうまい【07:25 震度3】)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 07:33:14.93 ID:Ae5Li3z0.net
モブ「コイツの次はお前だからな…ギヒヒ…!!」ドゴッッ

花陽「…がっ…はぁ…はぁ…ゴフっ…」

モブ2「…気色わりぃ奴 まだ土下座してやがる。」

モブ3「もういいよ そろそろ殺っちまえ」

モブ「ヒャハハ!!オイその瓶寄越せ」

凛「…!!」
87: 名無しで叶える物語(しうまい【07:25 震度3】)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 07:35:51.79 ID:Ae5Li3z0.net
モブ4「ほらよ」ガコン

モブ「ヒヒヒ!!!後頭部パックリ割って!!!脳味噌ぶちまけたらぁ!!」ガコッ

凛「や、やめろ…やめろ…そのかよちんは関係ない!!!」

モブ「百発も殴りゃ出てくんだろ!ギィヒヒヒヒ!!!!!」スゥゥゥ

凛「やめて…!!!」

モブ「そぉら一発目ェェェェェェ!!!!!!」ブンッ!!!

凛「やめてぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!」

花陽「〜っっ」ギュッ


バリィィィィン!!!!!!!
88: 名無しで叶える物語(しうまい【07:25 震度3】)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 07:38:33.78 ID:Ae5Li3z0.net
ポタ


ポタ

モブ「ギヒヒヒ…………ヒ!!!????」

モブ2「…!!!?」

モブ3「…な…な…?」

モブ4「……あ・・・あ・・・」

凛「…!」

凛(…な、何で…?)
89: 名無しで叶える物語(しうまい【07:25 震度3】)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 07:41:26.83 ID:Ae5Li3z0.net
穂乃果「…君、大丈夫?」ボタボタ

凛(何で高坂先輩が…がかよちんを守ってくれたの…?)

花陽「…へ…?」

花陽「…ひゃっ…血、血がっ…!!」

穂乃果「あはは 見かけによらず結構タフなんだね」ボタボタ

モブ4「あ…あ…あ…」

モブ5「…な、なんで…」

穂乃果「…よっこいしょ」スクッ

ボタタタタ
90: 名無しで叶える物語(しうまい【07:25 震度3】)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 07:43:52.88 ID:Ae5Li3z0.net
モブ「…あ…あ…あぁ…」

モブ2「ン…だ、大丈夫ですか…?」

モブ3「…あ、あの、違うんです、あの、これは…」

穂乃果「…」

穂乃果「喧嘩は後腐れ無く…やるならタイマン…リンチとドーグは許さない…」

穂乃果「…って言ってるよね 何時も…」

モブ「…ち、違うんです!…これはその、最初にコイツ等から手出してきて!!」

穂乃果「…だからリンチしたって?」

モブ「い、いえ…!何でもありません…!」ガタガタ
91: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 07:48:07.85 ID:Ae5Li3z0.net
モブ2「…す、すいません…!!本当にすいません!!」ガタガタ

モブ3「…っ」ガタガタ

穂乃果「…」

穂乃果「…ねぇ」クルッ

凛「ひっ!?」ビクッ

凛(!?!?)

凛(この人…朝見た時と全然違う…!!)

凛(こ、この迫力が…不良界のカリスマ)

凛(“血濡れの高坂”…!!)

穂乃果「…この子、君のお友達?」

凛「…は、はいっ…!」
92: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 07:49:44.23 ID:Ae5Li3z0.net
凛(…なっ…目、目を合わせただけで息が…っ)ゼェ ゼェ

穂乃果「そっか。なら早くこの子連れてどっか行きなよ」

凛「…っ」ゼェ ゼェ


穂乃果「人が死ぬとこ、見せたくないでしょ?」


凛「!!!」ゾクッ!!

凛「…か、かよちん!かよちん!こっち!!」バッ

花陽「・・・」
93: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 07:51:48.32 ID:Ae5Li3z0.net
花陽「あ、あの…!あの…!!」

穂乃果「…?」

凛「は、早く!!」ダキッ

花陽「きゃっ!」

タタタタ・・・

穂乃果「…アハハ…可愛い子達だね」


穂乃果「…」クルッ
94: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 07:53:16.94 ID:Ae5Li3z0.net
モブ「「「ひっ…」」」ビクッ

穂乃果「それに比べて君達は…」


モブ「「「…」」」ガタガタガタガタ


穂乃果「…仕方無いなぁ」

穂乃果「…うん。」


穂乃果「全員、死刑だよ」


96: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 07:58:53.35 ID:Ae5Li3z0.net
―トイレ前・廊下―

凛「…っはぁ…はぁ…っはぁ…っ」

花陽「り、凛ちゃん…大丈夫…?」

凛「り…凛の事はいいよ…それよりかよちん、ケガは…」

花陽「…体のあちこち痛いけど、大丈夫!」

凛「…あはは…あの人も言ってたけどかよちんタフだにゃー…」ゴロン

花陽「…ね、ねぇ凛ちゃん、あの人って…?」

凛「…高坂穂乃果先輩だよ」

凛「普段はおちゃらけてるけど曲がった事が大嫌いで、1対100でも一人で突っ込んでいくような人…」

凛「そんなスタイルだから不良界ではカリスマ的存在なんだ…。こっちのかよちんが倒す気だった人だよ」

花陽「…え、えぇぇ!?!?」
97: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 08:01:54.93 ID:Ae5Li3z0.net
凛「今朝偵察した時は凛、噂より大した事無さそうって思った…。むしろ側近の二人の方が厄介な感じで…。」

凛「でも多分…こっちのかよちんでも勝てないと思ったよ…。さっきの見て…。」

花陽「あ、当たり前だよぉ…あんな人に勝とうだなんて…有り得ないよ…」

凛「…今頃、本気でクラスメートを殺っちゃってるだろうしね…」

花陽「…」ブルッ

花陽「…と、止めなきゃ…っ」

凛「一人だったらね」

凛「さっき保健室の外に“鬼の園田”と“人縫いのことり”も居たから大丈夫だと思う」
98: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 08:05:17.97 ID:Ae5Li3z0.net
花陽「…なぁに…それ…」

凛「高坂先輩の側近だよ」

凛「舞を使って6つの地獄を見せる園田先輩と、人の体を縫い付ける事に快楽を覚えることり先輩」

凛「あの二人はいつも暴走した高坂先輩を止めてるんだ」

凛「もう人を殺させたくないんだって」

花陽(い、意味が解らないけど、…こ、こわいっ)ブルッ

花陽「…と、とんでもない世界に来ちゃったなぁ…」

??「あら こんな所でおサボり?」ザッ
100: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 08:11:50.12 ID:Ae5Li3z0.net
凛「!!!」

花陽「・・・?」クルッ

??「全く…。困ったものね。どうして規則を守れないのかしら…。」ハァ

花陽(うわぁ、すっごく綺麗な人…)

凛「あ・・・・・あ・・・」

花陽「・・・り、凛ちゃん・・・?」

凛「あ、絢瀬絵里…生徒会長…っ」

花陽「生徒会長…?」
102: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 08:15:47.88 ID:Ae5Li3z0.net
絵里「規則を守れないクズが多すぎて骨が折れるわ…」

絵里「“授業の時間は教室で授業を受ける”」

絵里「何故そんな簡単な事が出来ないのよ…」ポリポリ

絵里「認められない…認められないわ…」ポリポリ

絵里「そんなゴミ共の固有性も…不可侵性も…普遍性も…不可分性も…相互依存性も…」ボリボリボリ

絵里「認められないわぁ…何もかも…っっっ」ガリガリガリ

ポタポタッ

花陽「ひっ!?」
104: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 08:19:06.43 ID:Ae5Li3z0.net
凛「最悪にゃ…このモードになったらもう終わりにゃ…」

花陽「モ、モ・・・?」

絵里「はぁぁぁイライラするチカ・・・・・・・あぁぁぁぁイライラするチカ・・・・・・」ガリガリガリ

絵里「殺していいわよね…?いいのよね…?規則を守らないゴミは…いいのよね・・・?そうよね・・・?規則は何ていうかその…あれよね…?…規則よね…っ?」ボタボタボタ

花陽(・・・こっ、この人…何なのぉ…!?!?!?)

絵里「そんなに…そんなに怯えないで…?」ツカ

絵里「ごめんなさい…ごめんなさいね…?でもあなた達が悪いのよ…?規則を守らないあなた達が…」ツカツカ

絵里「私だってこんな事したくないの…したくないのよ…?」ツカツカツカ
105: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 08:20:48.85 ID:Ae5Li3z0.net
凛「・・・・かよちん・・・・ごめん」

花陽「へっ・・・?」

凛「・・・元の世界に返してあげられなくて…」

凛「でも・・・凛は」

凛「こっちのかよちんも好きだよ…」

花陽「・・・り、凛ちゃん・・・!?」

絵里「ああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!」
106: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 08:22:40.04 ID:Ae5Li3z0.net
絵里「私無視して!!!!!!!ベラベラ喋ってんじゃないわよぉおぉ!!!!!!!!!!」ダッ

絵里「授業中の私語厳禁ンンンンンンン!!!!!!!!!」

絵里「破ったものには死!!!!!!!!!!!!!!死を!!!!!!!!!!!!」

絵里「生徒会規則に則り!!!!!!規則を守らないゴミを殺しまぁす!!!!!!!!!」

絵里「順当で正当な生徒会の行使!!!!!!!!生徒会長バンザァァァァァァァァァイ!!!!!!!!」ガバァッ!

凛「!!!」

絵里「捕まえたわよぉぉぉぉぉこの規則違反者がぁあああああ!!!!!!!!!」ギリギリギリ!
109: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 08:27:36.20 ID:Ae5Li3z0.net
凛「う゛っッ!?」

絵里「そぉれ!!!!!!」グリッ!!

メキッ!

メキメキメキメキッ!!

凛「うぁああっっっっっ!!」グルンッ

絵里「!」スポッ

凛「くっ・・・」ドサッ

絵里「あら…やるじゃない・・・猫ちゃんみたいに素早いのね・・・・?」

絵里「でも猫ちゃんなんて学院に居ちゃダメよ・・・?規則違反よ・・・?」

絵里「…規則を破った者には…破った者には…あれなのよ……??」ズズズ
111: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 08:34:56.83 ID:Ae5Li3z0.net
凛「くっ…」

凛「凛だって黙ってやられない!!おらぁっ!!」グッ

凛「!?」カクンッ

凛(ひ、膝に足を…!)

絵里「人に暴力振るっちゃダメでしょ?」グググ

凛(っ…なら逆の足で…!)バッ

凛「おぅら!!!!」ブンッ

絵里「ハラショー 空中殺法って奴かしら? でも…」

ヒュルッ

ガシッ

凛「なっ…」

花陽「!!?」

花陽(な、なんなの、今の動きっ)

絵里「ふふっ やんちゃな猫ちゃん…今度こそ捕まえたわよぉ・・・?」スリスリ
112: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 08:37:54.53 ID:Ae5Li3z0.net
凛「しまっ…」

絵里「このまま足折っちゃってもいいんだけど…それ♪」ガバッ

シュルッ

花陽(ま、またあの動きっ・・・!)

凛「!!」ドサッ

絵里「ふふっ…」ギチギチ

絵里「やっぱりコマンドサンボの醍醐味は…騎乗位“マウント”からのボコ殴りよね・・・?」

絵里「猫ちゃん…いっぱい撫で撫でしてあげる…」

凛「うっ…」ゾクッ
113: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 08:42:20.72 ID:Ae5Li3z0.net
凛「はっ・・・離すにゃっ…」

絵里「…あぁ。「ボコ殴り」なんて模範的ではなかったわね…ごめんなさい」

絵里「では改めて…」

絵里「規約を破った罰を受けなさい」キリッ

絵里「…」

絵里「ононононононон!!!!!!!!」ドゴドゴドゴ!!!!!!!!
絵里「ононононононон!!!!!!!!」ドゴドゴドゴ!!!!!!!!

凛「ぐゥ!!…ごっ・・・あぐっ・・・っ…」ガンガンガンガン

花陽「凛ちゃん!!!!!!」
114: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 08:45:17.31 ID:Ae5Li3z0.net
絵里「いいわぁ!!!!いいわよぉ!!!!きちんと後悔しなさい!!!!???」ドゴドゴドゴ!!!!!!!!

絵里「規やk…規則を破るからその可愛いお顔がボルシチになっちゃうのよ!!!!???解ってくれた!!!????」ドゴドゴドゴ!!!!!!!!

花陽「や・・・やめて!!!!!!やめてください!!!!!!!!!!」

ピチャッ ピチャッ

絵里「ふふっ!!どんどん美味しそうになってきてるわぁ!!!!一滴も残さず食べてあげるから感謝しなさい!!!!????」ドゴドゴドゴ!!!!!!!!

花陽「やめてぇぇぇ!!!!!!!!!!!!」

花陽(ど、どうしよう・・!!!凛ちゃんが殺されちゃう!!!!!!!!)
116: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 08:48:32.43 ID:Ae5Li3z0.net
花陽(考えなきゃ・・・!!!助けなきゃ・・・!!!凛ちゃんを・・・凛ちゃんを助けなきゃ!!!!)

ドッドッドッドッ
花陽の脳は脈を打ちこの窮地を脱する一言のみを思考した
凛を生徒会長の魔の手から救いたい その一心でかつてなくめまぐるしく働いた脳細胞が導き出したのは

通常であれば選択し得ないものだった

花陽「…あ、あの!!!!」

絵里「貴女はこの子の後でしっかり生徒会してあげるから待ってなさい!!!!!!!!」ドゴドゴドゴ!!!!!!!!



花陽「…生徒会長さんは授業、受けなくていいんですか!?」
117: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 08:51:07.18 ID:Ae5Li3z0.net
絵里「!!????」ピタッ

凛「・・・はっ・・・・はぁっ・・・はぁっ・・・。…?」

絵里「貴女今…何ですって…?」ギロ

花陽「ぅっ…あ、あの…いえ…その」

花陽「私達が授業を受けてないから…怒ってるんですよね…?」

花陽「でも…授業を受けていないのは生徒会長さんも同じじゃないかな・・・なんて」

絵里「…」


絵里「!?!?!?」
118: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 08:53:27.60 ID:Ae5Li3z0.net
絵里「ち…違う 違う! 違うの! 違うのよ!?」バッ

花陽「ヒッ…」

絵里「わ、私はっ どうしても我慢出来なかったから、その、お花摘みに行っただけで」

花陽「…だ、だったら早く戻った方がいいんじゃ・・・」ガクガク

花陽「花陽達に構っていると、その、生徒会長も、授業をサボっt」絵里「いやぁああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!やめてぇえええええええええええええええええ!!!!!!!!!!!!!!」ガリガリガリガリ!!!!!!!

花陽「!!」ビクッ

ボタボタボタッッ
119: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 08:55:27.50 ID:Ae5Li3z0.net
絵里「違う!!!!!!!!それは違う!!!!!!!!!私は違う!!!!!!!!!!!!」

絵里「私はゴミなんかじゃない!!!!!!!!!!!!!!!!」

絵里「今のは・・・・無し!!!!!!!!!!!!今のは…転んだだけ!!!!!!転んだだけチカ!!!!!!!!ごめんなさいね!!!!!!!」

絵里「エリチカは授業をサボったりしない!!!!!!!!!!お花を摘んで…独り言を溢していたら転んでしまって・・・・すぐに教室に戻るチカぁああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!」ダダダダ!!!!!!

エリチカハモハンテキナセイトカイチョウチカァアアアアアアアアア

ダダダダ

120: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 08:57:07.88 ID:Ae5Li3z0.net
凛「はぁ・・・はぁ・・・」ポカーン

花陽「・・・はっ!」

花陽「凛ちゃん!大丈夫!?」ザッ

凛「う、うん…何とかね…」

凛「腕の感覚が無くなっちゃったけど…凛はあんまり腕は使わないから平気にゃ・・・」

花陽(こ、こんなにされてまだ喧嘩の事考えてる…っ)

凛「でも本当に、ありがとう…助かったよ・・・かよちん、すごいにゃ・・・」ヘナヘナ

花陽「・・・な、何だったの・・・?今の・・・」
121: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 09:01:55.28 ID:Ae5Li3z0.net
凛「・・・悪徒之木の生徒会長・・・“キラーマシーン”・絢瀬絵里会長だよ・・・」

凛「自分の事は棚上げで規則に厳しくて…コマンドサンボの達人…骨を何の躊躇も無く折って来る…」

凛「でも決まって最後は相手の顔面をボルシチみたいにしなくちゃ気が済まない・・・キチガイにゃ」

花陽(それはあの人だけじゃない気がするけど…)

花陽「そ、そうなんだ…怖い人だね…」

凛「うん…かよちんが居なかったら・・・今頃・・・」ブルブル

花陽(・・・この強い凛ちゃんがここまで怯えるなんて・・・)
122: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 09:04:54.93 ID:Ae5Li3z0.net
花陽「・・・ま、まぁまぁ…凛ちゃんが何とか助かってよかったよぉ・・・」

凛「うん…ありがとう・・・はぁ」

凛「絢瀬絵里会長は規則を守らない人を有無を言わさず殺すような人だけど、ちょっとオツムがポンコツなんだ…。成績は良いんだけどね」


「ちょっとあなた!!!今は授業中よ!?」

花陽「!?」

凛「ほらね…さっきのかよちんの言葉をもう忘れて、他の生徒に目をつけたみたい」

花陽「え・・・えぇぇ・・・?」

花陽(ぽ、ぽんこつってレベルじゃないよぉ…)
123: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 09:07:23.37 ID:Ae5Li3z0.net
??「下らない。この学院、碌に授業なんてしてないじゃない。」

??「そんなゴミの掃溜めで私がどうしようと私の勝手でしょ」

絵里「・・・な、なななな 何ですって・・・!?」

絵里「もう一回言ってみなさい…この私が生徒会長を努めるこの学院が…何ですって…?」ボリボリボリ

??「ゴミの掃溜め」

絵里「…この学院の悪口は…生徒会規則違反よ…解ってる…?」ボリボリボリ

??「手書きで“生徒会規則”って・・・。その手作りのボロボロの手帳が何?」

??「気味悪いわね 消えてくれる?」

絵里「・・・う・・・う・・・うぅぅぅぅぅぅ・・・・っ」ボリボリボリ
124: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 09:11:39.49 ID:Ae5Li3z0.net
??「っていうか私生徒会じゃないんだけど」

??「そんなにこの学院が好きなら校庭にでも埋まってなさい」

絵里「うっ・・・ぅぐっ・・・・ぅぅぅぅ・・・っ」ウルウル

花陽「・・・り、凛ちゃん・・・なんか、まずそう…」

凛「う、うん…今の内に、逃げっ」

ドゴォォォォォォッッッッ!!!!!!!!

花陽「ひぁ!?」

ズゥゥゥゥゥゥゥン!!!!!!

花陽「い、今会長と話してた人が飛んで来たっ・・・!?」

凛「め、めり込んでるにゃ・・・」

??「・・・ふぅ」

??「…ウチの親友に随分な事言ってくれるやん」ツカツカ
125: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 09:16:45.10 ID:Ae5Li3z0.net
絵里「・・・の、希っ」

希「えりち、涙拭き」スッ

絵里「泣いてなんかいないわ・・・」

希「はいはい」

希「遅いから心配したで」

絵里「ごめんなさい・・・だってあの子が・・・悪徒乃木が・・・ご、ゴミの、掃溜めだって・・・」ポロポロ

希「そんな事ないで ここは素晴らしい学院や」ナデナデ

絵里「でも・・・でもっ・・・あの子が・・・っ」ポロポロ

希「・・・えりち、これ見てみ」スッ

絵里「・・・?」
126: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 09:18:05.68 ID:Ae5Li3z0.net
希「正義“ジャスティス”のカードや」

希「これに描かれとるんは“王”。 “王”とは“強き者”。 “強き者”とは即ち正義“ジャスティス”」

希「ウチとあの子の言い分、どっちが正しいのか見せてあげるわ」

希「そしてウチが証明してあげる えりちが愛するこの学院が、ゴミの掃溜めなんかじゃないって事を」ツカツカ

絵里「希…」

花陽「・・・ど、どうしよう!こっちきたっ」

凛「とりあえず隠れるにゃっ・・・」コソッ
127: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 09:20:04.70 ID:Ae5Li3z0.net
??「・・・いきなり何なの?もう・・・」

ボゴッ ボゴッ

パラパラパラ

??「全く…制服が汚れちゃったじゃない」パンパン

??「貴女…希って言ったかしら」

??「この私とやろうって言うの?」

希「…えりちを泣かせた罪は測り知れんで」

希「死なせてまう前に名前くらい聞いておこか」

希「つり目の一年生、名前何て言うんや」
128: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 09:21:51.16 ID:Ae5Li3z0.net
真姫「真姫よ・・・苗字はあなたが死んだら教えてあげる」

希「・・・おもろいやん 覚悟し」

真姫「私の台詞よ」

希「…」テクテクテク

真姫「…」

希「…。」ピタッ

真姫「…」

希「ほぉ 近くで見たらべっぴんさんやん」

真姫「…ヴェっ?////」

ドゴォオオオオン!!!!!!
129: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 09:23:26.16 ID:Ae5Li3z0.net
花陽「ひゃぁぁっ!?」グラグラ

凛「で、出たにゃ…っ 生徒会副会長・東條希の一撃必殺・・・!」グラグラ

花陽「へっ・・・っ?」

凛「副会長は今までの喧嘩を全てワンパンで終わらせてきた」

凛「悪徒之木の“ワンパンウーマン”にゃ」

モクモクモク…

パラパラパラ…

希「・・・」
130: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 09:25:37.17 ID:Ae5Li3z0.net
希「・・・!」

真姫「ウっ・・・ぐぅぅっ…!?」

希「!!」

真姫(・・・な、何・・・?殴られたの・・・!?)

真姫(トラックにでも突っ込まれた様な衝撃…っ)

希「…」

希(本気やないとは言え、ウチのワンパンをもろに食ろて生きとるなんて…!)

希(・・・おもろいやん)
131: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 09:26:44.88 ID:Ae5Li3z0.net
希「えりち、学校ちょっと壊してまうけど堪忍な」

絵里「え?」

希「必殺マジシリーズ」グッ

凛「・・・!」ゾクッ

凛「か…かよちん、外に逃げるよ!」ダッコ

花陽「ひぇっ!?」


希「マジ連打」
132: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 09:27:55.11 ID:Ae5Li3z0.net
―屋上―

穂乃果「いやー今日もパンが美味い♪」

海未「…よくあの様な事をした直後に食事が出来ますね・・・」ウップ

穂乃果「へ? 今日は海未ちゃんとことりちゃんのせいで何にも出来なかったんだけど…」プクー

ことり「あはは・・・ごめんね穂乃果ちゃん。でもあれ以上やったら本当に死んじゃうよぉ」

穂乃果「別にいいじゃんそんなの」モグモグ

穂乃果「殺しちゃだめなんて規則、この学院にはないんだから」

穂乃果「なんて言ったら生徒会長なんて言うかなぁ」アハハ
133: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 09:29:32.68 ID:Ae5Li3z0.net
ズドォォォォオオオオオオオオン!!

ほのことうみ「!!???」ガクゥッ!!

パリィン! パリィン! パリィン! パリィン! パリィン!

ドドドドドドドドドドドドドド・・・!!

グラグラグラグラグラ!!!!!!!!!!!!!

ことり「きゃぁぁぁぁぁ!!!!!」グラグラグラ

穂乃果「うわぁぁぁ!? じ、地震!?」グラグラ

海未「なっ 何ですこの大きさは!?」グラグラ

ドドドドドドドドドドドドド・・・!!
135: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 09:30:45.00 ID:Ae5Li3z0.net
グラグラグラグラグラ!!!!!!!!!!!!!

穂乃果「や、やばいよ!!校舎が倒れちゃうよ!!!」グラグラグラ!

ことり「・・・!」シュン!

〜針

ピィンッ

ことり「・・・よしっ 二人ともことりに捕まって!!」

穂乃果「うん!!」ダキッ

海未「はいっ」ダキッ

ことり「それっ」バッ

ツツーーー!!

ことり「熱っ…!」
136: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 09:32:33.78 ID:Ae5Li3z0.net
ヒューン

シュタッ

穂乃果「おっとっ・・・」スタッ

海未「ことり、ありがとうございます 大丈夫ですか?」

ことり「うん ちょっと火傷しただけ。大丈夫だよ」

穂乃果「ことりちゃんの糸使いは忍者並だね」アハハ

穂乃果「ってそれより…!」

ズズズズ…
137: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 09:33:41.62 ID:Ae5Li3z0.net
ベキッ ベキベキベキッ・・・

ゴゴゴゴゴゴ

海未「・・・こ、校舎が・・・っ」

ことり「崩れる・・・!!!」

ベキャッ ベキベキベキ

ズドドドドドドドド!!!!!!!!



138: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 09:36:34.26 ID:Ae5Li3z0.net
ズシャーッ!

凛「あぅっ!」ズザザザッ

花陽「わぁぁぁっっ」ザザザ

穂乃果「あ、あの子達」

海未「・・・確か保健室に居た」

ことり「一年生の子だね」

凛「・・・はぁっ・・・はぁっ・・・はぁっ・・・!」

花陽「・・・う、うそ・・・でしょ・・・?」

花陽「校舎が・・・!!」

ーーーーーーーーーーーーガレキーーーーーーーーーーーー

花陽「こ、こんなことって・・・っ 中に居た人たちは・・・!?」

凛「・・・それより、凛たちは自分達の心配した方が良さそうにゃ」

花陽「・・・えっ・・・?」
139: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 09:39:05.42 ID:Ae5Li3z0.net
ーーーーーーーーーーーーガレキーーーーーーーーーーーー

モコッ

バァン!!

海未「…あれは…」

ことり「もしかしてこれって・・・あの人が?」

花陽「・・・!」

希「・・・はぁ・・・はぁ・・・えりち、大丈夫?」グイッ

絵里「・・・」グッタリ

希「・・・ちょっとやり過ぎてしもたやん…」
140: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 09:43:52.42 ID:Ae5Li3z0.net
希「…どないしてくれるんや」

希「真姫ちゃん・・・」

バァン!!

パラパラパラ

真姫「…」ボロッ

真姫「…ヴェ…制服が…」

真姫「・・・どうしてくれるのよ・・・・」

真姫「流石にここまでやられると・・・腹が立つわね・・・」

花陽「・・・そ、そんな、これだけやられて、まだ立てるなんて・・・っ」

凛「人間じゃないにゃ・・・」
141: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 09:47:41.61 ID:Ae5Li3z0.net
真姫「…私が人間じゃない?何当たり前の事言ってるのよ」

真姫「・・・まぁいいわ 私は初めからこんな学院に入るつもりじゃなかったし」

真姫「ここまでやられちゃぁ…もうそうね…いっその事」

真姫「全て壊してしまった方がすっきりするかも知れないわね…」シュゥゥゥ

花陽「!!」ゾクッ

希「・・・どうやら、あれを倒さなウチ等、あかんみたいやな…」

凛「…被害者ぶってるけど今の所全て副会長のせいにゃ・・・」
142: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 09:53:28.17 ID:Ae5Li3z0.net
海未「…副会長」

希「…貴女は確か、二年生の“鬼の園田”ちゃんやん…」

海未「海未でいいです それよりこれは一体どういう事なんですか?」

海未「彼女は一体…?」

希「…実はな、あの子は人間やないねん」

希「西木野真姫…」

希「ウチ等の様なクソ不良を始末する為に生み出された人造人間なんや」

花陽「・・・も、もしかして、“ホムンクルス”…?」

希「そうや ウチ等はな、彼女と戦わなあかん運命にあんねん…」
144: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 09:59:03.90 ID:Ae5Li3z0.net
海未「何を馬鹿な・・・っ」

希「・・・彼女はな、昨今の不良の増加を危惧した国が西木野グループに作らせた、言わば日本の抗がん剤や」

希「不良は不良の手で消す…そんな政策がまかり通ってしもうたんや」

希「そしてその第一に、日本の不良高の中でも一、二を争うウチの学院が選ばれてしもうた」

希「そういうこっちゃ・・・。」
145: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 10:05:43.60 ID:Ae5Li3z0.net
海未「そ、そんな・・・、非現実的過ぎます…!」

希「ウチもえりちも情報屋からその話を聞いた時は半信半疑・・・いや、信じてなんて居なかった」

希「えりちに関してはこの事自体、すっかり忘れてしもうていたしね」

希「でもこうして事実、脅威はウチ等の間の前に現れてん」

真姫「・・・」

希「ウチは一目見た時から気付いとったで 真姫ちゃん」

希「アンタには、オーラが無い」

希「あるのはウチ等不良に向けられた、確かな殺気のみ…」

希「…ウチ等を殺す気か?」

真姫「ええ。まぁ大体の生徒は貴女のお陰で勝手に死んだけどね」

希「違いないわ」アハハ

花陽(・・・)
147: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 10:09:46.11 ID:Ae5Li3z0.net
ことり「・・・今の話は、本当…なの?」

真姫「ええ。概ねそのエセ関西弁の言う通りよ」

真姫「私がお母様に与えられた使命は、日本からあなた達の様な不良を一匹残さず消す事」

真姫「その初日からこの有様じゃ、前途多難だけどね」ハァ

花陽「も、もう付いていけないよぉ…」

凛「…確かに でも」

真姫「・・・」ズズズ

凛「西木野さんは、本気で凛達を殺る気だにゃ・・・っ」
148: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 10:14:38.35 ID:Ae5Li3z0.net
穂乃果「・・・下らない」

海未「! 穂乃果・・・」

穂乃果「この子が何だっての言うの? ホムマンクルス?は?バッカじゃん」

穂乃果「それより通報と学院の瓦礫に埋もれた子達助けるのが先でしょ」

真姫「誰も助けに何て来ないわよ」

穂乃果「は?」

真姫「貴女達は、捨てられたのよ」

真姫「国から、社会から」

穂乃果「・・・?」

真姫「事実見てみなさい、こんな大事故があったのに街はいつも通り。誰一人様子を見にも来ない」

真姫「普通だったら大騒ぎになってるわよ」

海未「・・・た、確かに・・・」
149: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 10:19:10.82 ID:Ae5Li3z0.net
真姫「挙句家族にも捨てられて、この犬小屋の中で私に殺されるのよ」

真姫「今までの罪を悔やみながらね」

穂乃果「…付き合ってられない。私帰る。」クルッ

ことり「穂乃果ちゃん…」

真姫「…ここまで言って、まだ私に背中を見せるの?」

穂乃果「一人でやってなよ その何とかクルスごっこ」

真姫「そう」

真姫「じゃぁそろそろ始めるわね」バッ

花陽「!!」

海未(は、早い!!!)

ことり「穂乃果ちゃん!!!後ろ!!!!」

穂乃果「…ん?」

真姫「残り8人」ブンッ

ドォォォォン!!!!
150: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 10:28:40.98 ID:Ae5Li3z0.net
海未「・・・穂乃果!!!!」

ことり「穂乃果ちゃん!!!!!」

穂乃果「ぐっ・・・うぅぅぅぅっ!!!」ガシッ

真姫「・・・さすが不良界のカリスマね 私の拳を受け止めるなんて」グググ

穂乃果「・・・本気で、穂乃果達を殺す気・・・?」グググ

真姫「何度も同じ事聞かないでくれる?」グググ

穂乃果「・・・そう」

穂乃果「ならこっちもその気で行くよ 君、人間じゃないんでしょ だったら遠慮もしない」

真姫「人間相手にも遠慮なんてしないでしょ 貴女は」

穂乃果「・・・かもね!!!」グリンッ

真姫「!」

穂乃果「どっちの手首が先に折れるか、勝負しようよ…」グググッ

真姫(この期に及んでまだ勝負だのって…)

真姫「本当、どうしようもないわね…っ」グググッ
153: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 10:36:54.97 ID:Ae5Li3z0.net
穂乃果「へへへ…うおりゃぁぁぁぁぁ!!!!」グググググッ

真姫「…ふん…。この程度…?大した事無いわね」ググググ…

穂乃果「それはどうかな」

穂乃果「ことりちゃん!」

真姫「・・・!!」ズキッ

ビンッ

真姫(手、手が縫い合わされてる…!?)ガクンッ

穂乃果「いてて…」

穂乃果「三対一なんて不本意だけど…今回はそんな事言ってられなさそうだからね」

穂乃果「これでもう君は逃げられない 終わりだよ」

穂乃果「海未ちゃん!」

海未「・・・いくら人造人間と言えど」フワッ

海未「首の骨を折ってしまえば貴女も死ぬのでしょう」ズズズ…

真姫「…っ」
154: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 10:47:43.11 ID:Ae5Li3z0.net
真姫「これでもう逃げられない・・・ですって? それは貴女も同じよ」ブンッ

穂乃果「うわっ!?」グルン

海未「なっ!穂乃果っ ぐっ」ドカッ

海未「ぅぅっ」ズザザ

真姫「慣れない連係しようとするからよ」

真姫「邪魔者も居なくなったし、今度はどちらかが死ぬまで殴り続ける勝負でもしましょうか」ズドドドドド!!!

穂乃果「ぐぅぅぅぅぅっ・・・!!!!」

ことり「穂乃果ちゃん!」バッ

真姫「来たわね」クルッ

ことり「!!」ビクッ

真姫「その鍛えてない柔肌 一発で事足りる」グググ…

穂乃果「!!!! や、やめろ!!!!!!!!!」

真姫「はっ!!!!!!」ドッッッッ!!!

ことり「…がっ…」

穂乃果「・・・!!!!!」

穂乃果「ことりちゃん!!!!!!!!」
156: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 10:55:12.84 ID:Ae5Li3z0.net
海未「ことりぃ!!!!!!!!」

ことり「…がはっ…」ビチャッ

真姫「あら…ごめんなさい 即死させるつもりで打ってあげたのに」ポタポタ

穂乃果「   」ピチャッ… ピチャッ…

ことり「ごふっ…穂乃果ちゃん、海未ちゃん、ごめん…」

ことり「ことり、弱くて…。」

ことり「力に、なれなくて…」ガクッ

海未「・・・・あ…あ…」

穂乃果「    」

真姫「…何?戦意喪失したの?」

真姫「たかが殺人 貴女と同じ事をしただけじゃない」

真姫「友達を失って驚いちゃった?」

真姫「…どこまでも中途半端のはみ出し物ね 貴女達…は…!?」ビンッ

真姫「…!?か、体が…」

真姫「こ、これは…!!!!!」
157: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 11:02:40.74 ID:Ae5Li3z0.net
ことり「えへへ…どう?ことりのクモ糸縛り…!」

真姫「・・・!あ、貴女どうして・・・!!」

ピラッ

ことり「お腹に鉄の糸を巻いておいたの…それでも気絶しかけたけど…」

海未「…こ、ことり・・・!」

穂乃果「ことりちゃん・・・!」

チョキン

ことり「よしっ…穂乃果ちゃんっ…動ける?」

穂乃果「うん!!!」

海未「…三人で力を合わせましょう…!」

真姫「くっ… あなた達ぃ・・・!!」
158: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 11:12:21.36 ID:Ae5Li3z0.net
希「三人やないで」

海未「!み、皆さん…!」

凛「凛も手伝うにゃ」

花陽「…わ、私も!!!」

絵里「私も…と言いたい所だけど」

絵里「ねぇ…この設定、流石に無理がありすぎるんじゃないかしら…」

穂乃果「え?」

希「ちょ、えりちどうしたん?」

にこ「もー。ここからが良い所なのに何?」ポチッ

絵里「いやだって…ねぇ真姫…?」

真姫「…そうね…もうイミワカンナイ」シュルシュル

にこ「ちょっと!何解いてんのよ!ことりのクモ糸縛り!」

ことり「あはは… それもちょっと無理やり過ぎる気が…」

にこ「これくらいやらないとインパクト無いのよ!我慢しなさい!」

海未「インパクトを求め過ぎてヤンキー物からSFになってしまっています…」

にこ「そんなの今更でしょ!?いいから早く!続き撮るわよ!」

にこ「マジす●学園より凄いの撮るって決めたでしょ!?」

穂乃果「それもよく解んないんだけど…まぁいいや!にこちゃんの気が済むまでやろう!」

凛「凛はやる気まんまんにゃ!」

花陽「え、えっと…この次は…」ペラペラ
161: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 11:22:28.04 ID:Ae5Li3z0.net
真姫「…いいわ…!そんなにまとめて死にたいのなら…望み通り地獄に送ってあげるわよ!!!!」バンッッッ!!!

穂乃果「うわぁっ!!!」ビュンッ

希「あ、あかん吹き飛ばされる!!」ビュンッ

海未「くっ…」ズザザ

ことり「こ、ことりの糸が!?」

真姫「はぁぁぁぁぁっっっっっ!!!!!!」ヴヴヴヴヴヴ

絵里「な、何なの…?あの力は…っ!」

凛「…殺気にゃ…殺気が右手に…手に、見えるほどに…!」

花陽「あ、あんなの食らったら…本当に…もう…っ」

真姫「…ふふっ…お遊びはもう、ここまで…!!」バッ!!!

真姫「死になさい!!!!!!」ブンッッッッッ!!!!!

??「やめてぇ!」ガシッ

真姫「!?!?」
162: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 11:29:16.81 ID:Ae5Li3z0.net
ギュッ

真姫「・・・!?な、誰・・・!?」(この私に気付かれずに懐に入り込むなんて…!)

??「こんな事はもう止めて…!」

真姫「・・・!?!?」

真姫「・・・な、ど、どうして…ここに…」

真姫「にこお母様…!?」

希「な、なんやて…!?あの情報屋が…」

穂乃果「あの子の…母親…ッ?」

にこ「もういい…もういいの、真姫ちゃん…!」ギュッ

にこ「こんな事はもうやめて・・・もういいの・・・!」

真姫「・・・で、ですが、私の使命は…コイツ等、不良を…」

にこ「その法案は、さっきやっぱり無いわってなったの!!!」ギュッ

にこ「真姫ちゃんは、もう闘わなくていいのよ!!!」

真姫「…そ、そん、な…」ガクッ

花陽「…わ、私達、助かったの・・・?」

凛「…みたいだね…」

にこ「ごめんなさい…ごめんなさいっ…」ギュゥゥゥ

真姫「…っ…お、お母様っ・・・・」ギュッ
164: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 11:37:29.06 ID:Ae5Li3z0.net
絵里「・・・ハラショー・・・。」グスッ

希「泣けるやん…」

穂乃果「…終わったんだね、この戦いも…」

海未「ええ。偶然校舎に一人も生徒は居なかったようですし、怪我人も出なくてよかったです」

ことり「お母さんも出張中でよかったぁ」

花陽「うんうん…」スゥゥ

凛「・・・!かよちん!」

花陽「あ、あれ・・・?体が透けて・・・」

花陽「・・・そっか。これが、花陽の使命だったんだね…」

凛「嫌だ!かよちん!消えちゃ嫌にゃ!!!!!」ポロポロ

花陽「凛ちゃん、泣かないで?」

花陽「私が消えたら、元々この世界に居た私が帰って来ると思うから」

花陽「また仲良くしてあげてね?」

凛「・・・うん・・・うん!」

凛「凛は、かよちんの事、大好きだから!!」

花陽「・・・私もだよ凛ちゃん・・・色々ありがとう 怖かったけど、凛ちゃんが居てくれたから、楽しかった」スゥゥゥ…

「大好きだよ…」

凛「かよちぃぃぃぃぃんん!!!!!!!」
166: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 11:46:55.50 ID:Ae5Li3z0.net
にこ「…うん。まぁいいんじゃない?こんなもんで」ポチ

凛「かよちぃぃぃぃぃ・・・えっ?」

穂乃果「もうにこちゃんが飽きてるじゃん…」

海未「時間を返してください…」

花陽「あはは・・・花陽は皆の演技に圧倒されっぱなしだったな」

絵里「喉痛い…」

真姫「くしゅんッ」

ことり「真姫ちゃんその格好じゃ寒いよね・・・これ着て?」ファサ

真姫「ありがと・・・」ズビズビ

希「・・・もう二度とss書かない方がええよ」



169: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 11:53:46.74 ID:Ae5Li3z0.net
μ'sが殴り合うの書くの無理だわ
リアルタイムで読んでた人ごめん
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『花陽「悪徒之木坂学院…?」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。