絵里「…矢澤さん?」 にこ「おぼえてラブにこっ★」

シェアする

にこ-アイキャッチ22
1: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 18:55:17.91 ID:2/hvk/8M.net
【一昨年・四月】

にこ(音ノ木坂か…生徒は少ないけど、スクールアイドルやるなら仲間を集めなきゃね)

にこ(うちのクラスで適性ありそうなのは…)キョロキョロ

ドン

にこ「うわ!?」
「きゃ…ごめんなさい」

にこ「いててて…気をつけてよ!」

にこ(金髪…な、なにこの人…外国人?)

「…」スタスタ

にこ(行っちゃった。無愛想な奴…だけど)

にこ(…綺麗ね///)

教師「絢瀬さん」

絵里「はい」

にこ(絢瀬絵里っていうんだ…うちのクラスじゃ一番の美人ね。…ううん、学校で一番かも)

にこ(スクールアイドルに誘いたい…けど、あんなの入れたら私が目立たなくなる)

にこ「アイドル研究部の申請に来ました」

生徒会長(当時)「部の新規設立ですね。わかりました」

にこ(とりあえずアイドルに興味ありそうな人を適当に四人集めてアイドル研究部を結成したわ)

にこ「ライブやるわよ!」

にこ(本格的にスクールアイドルとして活動するために、全員で練習開始!)

モブ一年A「ライブやるんだって?」

モブ一年B「クラスのみんなも応援しようって言ってるよ」

にこ(みんな…絢瀬さんも来てくれるのかな)ドキドキ

にこ「あんたたち!なんでサボってんのよ。もうライブまで二週間しかないのよ。わかってんの!?」

モブ部員C「っていうかさ…めんどくさいんだよね。うちら、そういうつもりで入部したんじゃないし」

にこ「…え?」

モブ部員D「アイドル研究部って言ったら普通ファン目線でアイドルを研究する側じゃん。こんなことやらされるって知ってたら入らなかったよ」

にこ(四月の間に二人辞めて、初ライブの前に残り三人になった)

にこ(…辞めた二人はクラス違うから、顔を合わせなくて済むわね)

元スレ: 絵里「…矢澤さん?」 にこ「おぼえてラブにこっ★」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 18:58:36.22 ID:2/hvk/8M.net
モブC「矢澤のクラスの子から聞いたんだけどさー。授業中、絢瀬さんの方ばっかり見てるらしいよ」

モブD「マジ?あいつ絢瀬さん狙ってんの?ウケるんですけどwwww」

モブC「矢澤みたいなチビブスが学校一の美人と釣り合うわけないじゃんww」

モブD「あー、相手にされなくてヒマだからスクールアイドル()やってるんだw」

にこ(…結局、絢瀬さんは見に来てくれなかった。観客が少ないことより、そっちのほうが凹むわ…)

にこ(美人だし、彼女くらいいるのかな…私に構ってる暇なんて…)

モブ部員A「また矢澤さんセンターなの?」

にこ「リーダーだし、私が真ん中だとバランスいいでしょ?」

にこ(みんなより華奢で背も低い。そして左右対象のツインテール。可愛く見える条件はそろってる)

にこ(衣装も、もっと可愛くして…今度こそ、絢瀬さんが私を見てくれるように…)

モブ部員B「…矢澤さんて何か勘違いしてない?」ヒソヒソ

モブ部員A「先に始めたってだけで、歌だって私たちよりヘタなのに」ヒソヒソ

モブ部員B「自分が目立ちたいだけなんでしょ。私たちのことバックダンサーくらいにしか思ってないんじゃない?」ヒソヒソ

にこ(残った二人も辞めて…私には夏休みを一緒に過ごす仲間がいなくなった)

にこ(早く学校始まらないかな…絢瀬さんに会いたい…)

こころ「おねーさま。おめでとうございます♪」

ここあ「おたんじょー!」

にこ「こころ、ここあ…ふふ。ありがと♪」ギュ

【秋】

にこ(絢瀬さんとは滅多に会話もないけど、そばで見ていられるだけでちょっと幸せな気分になれる…)

にこ(…でも、スクールアイドルはもう…)

にこ「…と、届かない…」グググ

絵里「貸して」ヒョイ

にこ「あ、ありがと…絢瀬さん」

絵里「…」スタスタ

にこ(絢瀬さんとは趣味も合わないし…無愛想で冷たそうに見えるけど、あれで結構優しいところもあるの…ずっと見てたから知ってる)

『めんどくさいんだよね』
『勘違いしてない?』

にこ(絢瀬さんを誘うのは…やっぱりやめよう。一緒に居たら、私の嫌なところも知られて…絢瀬さんには嫌われたくない)
5: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 19:03:39.95 ID:2/hvk/8M.net
【昨年】

にこ(絢瀬さんと違うクラスになっちゃった…最悪だわ)ガッカリ

にこ(今年の一年は2クラスしかない。音ノ木坂は年々生徒数が減って…来年は1クラスになりそうって噂だけど)

にこ(…私たちの学年も1クラスだけならよかったのに)

にこ「…え?」

絵里「これ以上、無理して続ける理由もないでしょう?…廃部にするなら、手続きは生徒会でやっておくけど」

にこ(絢瀬さんは生徒会に入った。次の会長候補だって言われてる)

にこ「余計なお世話よ。…まだやりたいの」

絵里「そう…わかったわ」

にこ(事務的に関わっただけで、絢瀬さん自身は応援どころか全く興味もなさそうだった)

にこ(…私、何やってたのかしら…一年間、せっかく同じクラスだったのに)

【夏休み】

にこ「いたた…あーあ。最悪だわ…」

にこ(おとなしく家に居ればよかった。一緒に来る友達もいないのに…)

にこ(…どうせなら絢瀬さんと来たかったわ…無理だけど)

「どうしたの?…大丈夫?」

にこ「えっ」

にこ(う、嘘…絢瀬さん!?)

絵里「立てる?」

にこ「あ、ありがと…///」ギュ

絵里「ケガはない?」

にこ「平気よ。下駄の鼻緒が切れただけ…」

にこ(もしかして私だって気づいてない?…夜だし、暗いし)

絵里「それじゃ歩けないでしょう。…いいわ。連れて行ってあげる」スッ

にこ「え?…何を…」

絵里「…乗って。おぶっていくから」

にこ「ええぇぇ!?…そ、そんな…悪いわよ。…恥ずかしいし」

絵里「そんなこと言ってる場合じゃないでしょう。…早くして」

にこ「…わ、わかったわよ///」

にこ(なにこれ…夢、じゃないわよね?///)ドキドキ
6: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 19:07:09.84 ID:2/hvk/8M.net
にこ(顔が見えなくて残念だけど…こんなに密着してる…なんかいい匂いするし///)

にこ(夢でもいいから…このまま、時間が止まればいいのに…)ギュ

「あー!お姉ちゃん、どこ行ってたの?」パタパタ

にこ(…び、びっくりした…私のことじゃなかった)

絵里「亜里沙。ごめんね、ちょっと…」

亜里沙「あれ?…えーと」ジーッ

にこ(…み、見られてる…誰?)

絵里「亜里沙。あんまりじろじろ見ないの」

亜里沙「お姉ちゃんの彼女さん?」

にこ「!?」

絵里「違うわよ。…下駄の鼻緒が切れて困ってるみたいだったから」

にこ(…絢瀬さんの妹かな。お姉ちゃんって呼んでるし…)

『お姉ちゃんの彼女さん?』

にこ(…ってことは、恋人はいないんだ…)

にこ(…いや、なに期待してんのよ。私が絢瀬さんの…か、彼女になんてなれるわけないのに)

にこ(スクールアイドルも全然応援してくれなかったし…私のことなんか眼中にないって感じ)

絵里「こっちでいいの?」

にこ「え?…何が?」

絵里「矢澤さんの家」

にこ「!」

にこ(忘れられてたわけじゃなかったんだ…そうよね。たった一年でも、クラスメイトだったんだから…)

にこ「も、もういいわよ。…重いでしょ?」

絵里「そんなことないわ。矢澤さんて華奢で小さいから」クス

にこ「…それ、ほめてるの?」

絵里「さあ…どうかしら」

亜里沙「Хорошо♪」

にこ「あ、ありがと…絢瀬さん」

絵里「ええ。…また学校でね」

にこ(学校で…絢瀬さんが話しかけてくれることなんてあるのかな。クラスも違うのに…)
7: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 19:10:40.79 ID:2/hvk/8M.net
『矢澤さんて華奢で小さいから』

にこ(でも…ほんのちょっとでも私を見てくれた///)

にこ「ただいま。…はい、おみやげ」

ここあ「わー♪」
こころ「ありがとうございます♪」
ここあ「ありがとー♪」

にこ「ふふふ。食べたらちゃんと歯をみがくのよ?」

こころ「はい♪」
ここあ「はーい!」

ジャー カチャカチャ

にこ「は・や・く 振り向いてー♪」

こころ(お姉さま、なんだか嬉しそう…)

ここあ「おいしい♪」モグモグ
8: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 19:12:12.13 ID:2/hvk/8M.net
【今年・春】

絵里「あなたたちが気にすることじゃないわ」

穂乃果「アイドル部、設立の申請書です!」

絵里「本当にそう思っているから、簡単に考えてほしくないの」

にこ(…何なの、あいつら…二年のくせに…)

にこ(絢瀬さんも、なんであんな奴らに構うのよ…)

『スクールアイドルが今まで無かった、この学校──』

にこ(“なかった”…か)

にこ「…っ」ゴシゴシ

にこ(…あんな奴ら、早く解散しちゃえばいいのよ)

【六月】

にこ「わかってない!あんたは甘々!あんたも、あんたも、あんたたちも!」

にこ(諦めかけたスクールアイドルが、またできる…こいつらと一緒にいれば、絢瀬さんにも…)

『どうするつもり?』

にこ(…嫌われることを怖がってるだけじゃ、何も起こらない…批判でも非難でもいいから、私を見てほしい)

【七月】

希「九人や。ウチを入れて」

にこ(希…は置いといて、あの絢瀬さんがμ'sに…私と一緒にスクールアイドル…)

『これくらい、できて当たり前!』

にこ(きつい練習に耐えた甲斐があったわ…うぅ)ウルウル

【夏合宿】

にこ(七人ほどオマケがいるけど、絢瀬さんとお泊まり…///)ドキドキ

にこ(水着、変じゃないかしら?…っていうか、絢瀬さんの水着姿が眩しすぎる)クラクラ

ことり「二人とも、かわいい♪」

絵里「さすがにこね」

にこ「!」

にこ(…い、今さりげなく“にこ”って…確か、駅ではまだ──)

『部長の矢澤さんから、一言』

にこ(“にこ”って呼んでくれた…ってことは、私も名前で呼んでいいのよね!?)ドキドキ

絵里「?」
9: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 19:14:08.40 ID:2/hvk/8M.net
【夕方】

にこ「あ、あの…絵里、さん…」ドキドキ

絵里「なあに?」

にこ「絵里さんは…料理とかするの?」

絵里「ええ。家では亜里沙と二人だから、家事は分担してるの」

にこ「へ、へえ…(家で二人きり…妹がうらやましい…)」

絵里「手伝いましょうか?」

にこ「えっ。…いいの?」

絵里「もちろんよ。何でも言って」

にこ「じゃあ、絵里さんは──」
絵里「待って。せっかく先輩禁止にしたんだから、あなたも私のことは“絵里”って呼んでくれる?」

にこ「わ、わかったわよ…え、絵里///」

絵里「よろしい。…ふふ、じゃあよろしくね。にこ♪」

にこ(…まだ“彼女”には程遠いけど…欲張ってもいいわよね?)

にこ(μ'sとしての目標は、まずは全国ランキング20位以内!…そして個人目標は…///)



おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『絵里「…矢澤さん?」 にこ「おぼえてラブにこっ★」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。