にこ「嘘だったとしても」

シェアする

にこ-アイキャッチ15
1: にこ誕 ほのにこ キャラ崩壊あるかも(あら)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 22:29:34.76 ID:NT0iEupH.net
本当の私ってなんなんだろう

最近そんなことばっかり頭に浮かぶ

私、矢澤にこは高校卒業後プロアイドルへの道を進むことを選んだ

けれどその道は想像以上に険しいものだったわ

厳しいレッスンに残酷な競争社会

挙げ句の果てには醜い他人の蹴落とし合いも日常茶飯事だったの

元スレ: にこ「嘘だったとしても」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 22:30:29.13 ID:NT0iEupH.net
……何度も辞めたいと思ったわ

でもそんな時に思い出すのはいつもあいつの姿だったの

あいつはやりたいと思ったことを最後までやり遂げてみせた

そんなあいつのことを思うと自分もまだ頑張れるって思えるの
3: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 22:31:04.46 ID:NT0iEupH.net
……でも最近はたまに思っちゃう

あいつと私は違うんじゃないかって……

絶対に折れない信念を持つあいつだからやり遂げれたんじゃないかって……

本当は自分の限界が近づいてるのかもしれない……

そんな不安を抱えながらも私は頑張れると自分に言い聞かせてたの
4: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 22:31:30.81 ID:NT0iEupH.net
そんな中、久しぶりにμ'sメンバーで集まることになったの

にこ(それにしてもあいつら全員と会うのも久しぶりね)

にこ(幸い明日は休みだし久しぶりに今日は飲みましょうか)

ガラガラッ
5: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 22:32:01.52 ID:NT0iEupH.net
8人『にこ(ちゃん)(っち)誕生日おめでとうっ!!』パ-ン

にこ「えっ!?」ポカ-ン

ほのりん『イエーイっ! サプライズ成功!』

にこ「ちょっと!? これどういうことよ!?」

希「やっぱりにこっち自分の誕生日のこと忘れとったやん」

絵里「にこ 今日は7月22日、あなたの誕生日でしょ?」

にこ「……そういえばそうだったわね」

花陽「にこちゃんはアイドル活動で忙しそうだったもんね」

凛「穂乃果ちゃんの予想通りだったねっ!」
6: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 22:32:40.74 ID:NT0iEupH.net
にこ「……どういうことよ?」

海未「実は今日のことを提案したのは穂乃果なんです」

ことり「にこちゃんの誕生日を祝ってあげたいって張り切ってたもんね」

穂乃果「去年はにこちゃんの都合が合わなくて当日は何もできなかったからね……」

真姫「穂乃果が今年は絶対に当日ににこちゃんを祝いたいって言って聞かなかったのよ……」

絵里「今年はにこの予定が空いててよかったわ」

希「穂乃果ちゃん、予定が合わなかったらにこちゃんの家に押しかけるとか言ってたしなぁ」

穂乃果「流石にそれは冗談だよぉ」

真姫「あの時の穂乃果は冗談言ってるようには見えなかったわよ……?」
7: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 22:33:09.90 ID:NT0iEupH.net
にこ「……全く、あんた達は」ウルウル

凛「あーっ! にこちゃん泣きそうにゃ!」

にこ「な、泣いてなんかいないわよっ!」

希「にこっちが泣くほど喜んでもらえてうちらも嬉しいよ」ニヤニヤ

にこ「だから泣いてないわよっ!」

穂乃果「それじゃにこちゃんの誕生日を祝ってかんぱーい!」

7人『かんぱーい!』

にこ「ちょっと!? 主役の準備ができてないのに勝手に始めるんじゃないわよっ!?」
8: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 22:33:40.54 ID:NT0iEupH.net
……楽しい時間というものはやっぱりあっという間に過ぎてしまうのよね

こいつらと一緒にいるとそんなことを思っちゃうわ

……まあ私のことを弄りすぎるのはどうかと思うけど

そんなこんなでいつの間にかお開きの時間になってたわ

次の日休みだった私はまだ飲み足りない気分

いつもなら希や絵里を誘うところなんだけど……
9: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 22:34:13.99 ID:NT0iEupH.net
にこ「穂乃果、この後も時間あるかしら?」

穂乃果「大丈夫だけど…… にこちゃんどうしたの?」

にこ「たまにはあんたと二人で飲みたいって思ったんだけど…… どうかしら?」

穂乃果「大歓迎だよっ! にこちゃんと飲む機会なんて滅多にないし!」

にこ「よかったわ ならいい店知ってるから行きましょうか」

穂乃果「うんっ!」
10: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 22:36:01.22 ID:NT0iEupH.net
私は穂乃果を誘っていたの

最近はあいつのことを考えることが多かったからなのかしらね?

まああいつとはあまり飲む機会はなかったし、偶にはいいのかもね
11: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 22:36:55.76 ID:NT0iEupH.net
にこ「それにしてもみんなあの頃と全く変わらないわね」

穂乃果「まるで高校時代に戻ったみたいだったね」

にこ「そうね あの頃が懐かしくなったわ」

にこ「……ところで穂乃果は最近どうなのよ?」

穂乃果「もちろん頑張ってるよ!」

穂乃果「早く一人前になってお父さん達を楽させてあげたいしね」

にこ「そっか 穂乃果ならきっと一人前になれるわよ」

穂乃果「やったー! にこちゃんからお墨付きを貰えたー!」

にこ「大袈裟ねぇ」クスッ
12: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 22:37:34.23 ID:NT0iEupH.net
穂乃果「にこちゃんこそアイドル活動の方はどうなの?」

にこ「もちろん順風満帆よ! って言いたいんだけどね……」

にこ「正直キツイことだらけよ……」

にこ「まだ頑張れる、日本一のアイドルになれるって嘘つきながらじゃないとやっていけないわよ……」

穂乃果「……アイドル業界ってそんなに大変なの?」

にこ「大変ってもんじゃないわよ……」

にこ「キラキラしてるのは表だけなんだし……」

にこ「正直限界も近いかもって思っちゃうときもあるし……」

にこ「……いっそのことアイドル辞めてあんたのところで働かせてもらおうかしら?」
13: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 22:38:05.87 ID:NT0iEupH.net
穂乃果「にこちゃんがうちに来てくれるのは大歓迎なんだけど……」

穂乃果「にこちゃんは今まで持ってたアイドルへの思いを諦めることなんてできるの?」

にこ「……」

穂乃果「自分の納得のいくまでやらないとにこちゃんは絶対に後悔するって穂乃果は思うけどなぁ」

にこ「……あんたに何がわかるのよ?」

穂乃果「わかるよ…… だってずっとにこちゃんのことを見てたから」
14: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 22:38:30.33 ID:NT0iEupH.net
にこ「えっ……?」

穂乃果「それにさ、嘘でもいいんじゃないかな」

穂乃果「初めは嘘だったとしてもにこちゃんなら本当に世界一のアイドルになれるって穂乃果は思ってるし」

にこ「……いろいろ言いたいことはあるけどね、あんたは私を買い被りすぎよ?」

穂乃果「買い被りじゃないよ!」

穂乃果「にこちゃんなら絶対になれるって穂乃果は知ってるもん」

穂乃果「……もし、にこちゃんがやりきってそのときにもまだ気持ちが変わってないのなら穂乃果の所に来ていいからさ」

穂乃果「だからにこちゃんが納得するまでは続けるべきだよ!」
15: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 22:39:08.80 ID:NT0iEupH.net
にこ「……そうね 今のまま諦めたら悔いが残るわよね」

にこ「……私がやれるところまでやってみせるわよ!」

穂乃果「それでこそ穂乃果の好きなにこちゃんだよっ!」

にこ「……それにしても穂乃果が私のことをずっと見ててくれてたなんてねぇ 」ニヤニヤ

穂乃果「ううっ……/// こんなこというつもりじゃなかったんだけどなぁ」

穂乃果「にこちゃんを励まそうと思ったら言っちゃってたよ///」エヘヘ

にこ「……にこにーはアイドルだから恋人を作るのはご法度にこ」

にこ「でもね、もし私がやりきった後でもあんたが私のことを好きだったら……」

チュッ

にこ「その時はにこをもらってもらおうかしらね?」

穂乃果「……ズルいよ、にこちゃん///」
16: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 22:39:40.81 ID:NT0iEupH.net
にこ「穂乃果、今日は本当にありがとうね」

にこ「あんたたちのおかげで本当に楽しい時間だったわ」

にこ「あいつらにも感謝してたって伝えておいてね」

穂乃果「うんっ!」

にこ「じゃあ……またね」

穂乃果「にこちゃんっ!!」

穂乃果「穂乃果、にこちゃんのことずっと待ってるから!」

穂乃果「にこちゃんが世界一のアイドルになるのを待ってるからね!」ブンブン

にこ「……あほのか///」
17: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 22:40:11.69 ID:NT0iEupH.net
結局私はアイドルが好きなの

いくら傷ついても、しがみついて離せないものなんだと思うの

そんなことをあいつに教えてもらったわ

だからこれから先、私はこの戦場でもやっていけると思うの

何よりあいつと交わした誓いもあるしね

私だってやり遂げてやるわよ、最後まで!
18: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 22:40:45.68 ID:NT0iEupH.net
数年後、夢を叶えてあいつを迎えに行くことになるのだがそれはまた別のお話
19: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 22:41:23.74 ID:NT0iEupH.net
おしまい
20: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 22:42:16.35 ID:NT0iEupH.net
にこちゃん誕生日おめでとう
キャラ崩壊させてゴメンなさい……
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『にこ「嘘だったとしても」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。