曜「千歌ちゃん!今からする演技、飛び込みで一番難しいヤツなの!」

シェアする

曜-アイキャッチ8
1: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 09:52:00.83 ID:xLicpDy1.net
曜「成功したら……私と恋人になってください!」

元スレ: 曜「千歌ちゃん!今からする演技、飛び込みで一番難しいヤツなの!」

スポンサーリンク
4: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 09:59:11.50 ID:xLicpDy1.net
千歌「え? えっ!?」

曜「行きまーす!」

千歌「ちょ、曜ちゃ……」


クルカル…バシャーン


千歌「……」

曜(やば、ツイストの回転全然足りてなかった……)

千歌(な、なんかいっぱい回っててめちゃくちゃ凄かったけど……これって……?)

曜「……」

千歌「……」

曜「成功!」

千歌「ふぇええ!?」

曜「私と恋人になってください!」

千歌「うぇ……と……よ、よろしくお願いします……」

曜(やったぜ!)
7: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 10:12:58.42 ID:xLicpDy1.net
曜「千歌ちゃん、今日は私の家に泊まってね!」

千歌「別にいいけど唐突だね……」

曜「帰ったら一緒にお風呂入ろう! お風呂!」

千歌「い、一緒に!? それはちょっと……」

曜「なんで? 私たちもう恋人なんだよ? 一緒にお風呂くらい恋人なら普通だよ?」

千歌「そうなの……? でも恥ずかしいよ……」

曜「恥ずかしくないよ! ちょっと前までは一緒に入ってたんだし! ほら早く帰ろ!」

千歌「あうぅ……」
11: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 10:20:39.47 ID:xLicpDy1.net
曜「どうしたの千歌ちゃん、早く脱がないと」

千歌「曜ちゃんこっち見すぎだよ……恥ずかしいからあっち向いてて……」

曜「えー……どうせ見るんだからいいじゃん……」

千歌「良くないよ! なんで曜ちゃんがそんなにも堂々としてるか分かんないよ……」

曜「もー。先入っとくから早く来てね」



曜「ちょっと」

千歌「やっぱり恥ずかしいから……」

曜「タオルなんて非常識だよ! 普通じゃないよ! 没収!」

千歌「ちょ、まっ、きゃああああ!??」
14: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 10:29:17.89 ID:xLicpDy1.net
曜「いたい……」

千歌「当たり前でしょ! 曜ちゃんのえっち!」

曜「恋人を殴るなんて……」

千歌「曜ちゃんが変なことしようとするからでしょ」

曜「タオル取ろうとしただけなのに……」

千歌「ほら、早く身体洗おうよ」

曜「しょーがないなあ。ほら、スポンジ貸して」

千歌「え?」

曜「洗ってあげるね」

千歌「別にいいよ……自分で洗えるからあっち向いてて」

曜「えっ」
16: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 10:39:16.74 ID:xLicpDy1.net
曜「おかしい……こんなことは許されない……」

曜「恋人と言えばカラダ洗いっこからのラブラブえっちなのに……」

千歌「なにぶつぶつ言ってるの」

曜「千歌ちゃん私のこと好きなんだよね?」

千歌「好きじゃなかったら一緒にお風呂なんて入らないよ……」

曜「私のこと好きなら裸見せるくらい恥ずかしくないよね、普通だよね」

千歌「それとこれは別だよ」

曜「湯船にタオル入れるなんて普通じゃないよね、非常識だよね」

千歌「曜ちゃんなんでそんなに私の裸見たいの……怖いよ……」

曜「好きな人の裸見たくてなにがおかしいの! 私はちゃんと見せてるのに千歌ちゃんずるい!」

千歌「曜ちゃんが見せてきてるだけだもん……」

曜「ぐぬぬ……」
19: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 10:53:21.28 ID:xLicpDy1.net
曜「まさか一緒にお風呂に入って裸すら見れないなんて……こんなことがあっていいのか……」

曜「着替えですら先にやらされたし……え、なに。千歌ちゃんガード固すぎなんだけど、なにこれ」

曜「むしろ付き合う前の方が身体を許されていた気が……」

千歌「お待たせー」

曜「……可愛い」

千歌「え、どうしたの急に。ありがとう」

曜(これが彼シャツってヤツか……あ、ヤバいかも。ムラムラしてきた。千歌ちゃん可愛いすぎる)

千歌「曜ちゃん見すぎ……なんか視線がスケベだよ……」

曜「恋人を見つめてスケベって言われるのが納得いきません」

千歌「恥ずかしいからじろじろ見ないで」

曜「……え。ちょっと待って。千歌ちゃんなんでブラ付けてるの」

千歌「なっ」

曜「家だといつもノーブラじゃん!? 信じられないんですけど!?」

千歌「曜ちゃんは私の何を信じてるの!?」
20: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 11:02:45.07 ID:xLicpDy1.net
曜「いやいやダメだよ。今すぐ外そうそれ」

千歌「意味分かんないから! 曜ちゃんおかしいよ!」

曜「おかしくないよ! おかしいのは千歌ちゃんだよ!」

曜「恋人になった途端裸見せてくれなくなったり家でブラ付け出したりなんの嫌がらせ!?」

千歌「だ、だって……曜ちゃんなんかえっちだから……」

曜「そうやって意識される方がえっちだよ! エロちかだよ!」

千歌「エロちか言わないで!?」

曜「とにかくそれ没収だから!」

千歌「ちょ、曜ちゃんっ、やめっ」

曜「やーらーせーろー……!!」

千歌「本音出てるよ!?」
27: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 11:21:13.87 ID:xLicpDy1.net
曜「いたい……」

千歌「当たり前でしょ! 曜ちゃんのえっち!」

曜「そうだよ! えっちだよ! だって千歌ちゃんのこと好きだもん!」

曜「裸見たいしノーブラにして欲しい! 私何かおかしいかな!?」

千歌「なんで逆ギレしてるの……」

曜「千歌ちゃんがいじわるするからでしょ! 普段通りにしてくれればそれでいいのに!」

千歌「だ、だって曜ちゃんが普段通りじゃないもん……なんか変にガッツいてるっていうか、えっちなことしようとしてるのが丸分かりで……」

曜「うっ……」

千歌「こういうことってそんなにすぐしないよ……? ちゃんと段階を踏んで順序を追うのが普通で……」

曜「普通星人め……!」

千歌「いきなり変なことしようとする曜ちゃんがおかしいの!!」
28: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 11:37:37.28 ID:xLicpDy1.net
曜「うぅ、酷いよぉ……恋人が家に来てるのに何もするななんて生殺しだよぉ……あんまりだよぉ……」

千歌「付き合って5時間でそういうことしようとしてる曜ちゃんがあんまりだよ……」

曜「え、じゃあなに。今日は私どこまでなら千歌ちゃんにしていいの?」

曜(最低でも添い寝からのチューくらいは……)

千歌「うーん……一緒にご飯を食べる、くらいかな?」

曜「」

千歌「明日も学校だし、今日は家に帰るつもりだから……」

曜「いやいやいや。いやいやいやいや!」

曜「ダメだよ! なんで帰っちゃうの!?」

曜「この流れなら泊まっていくのが普通だよね!?」 

曜「てか今までもそうだったじゃん! ご飯食べたら絶対に泊まってたのになんで恋人になった途端帰っちゃうの!?」

千歌「……曜ちゃん、泊まったら絶対に変なことするよね?」

曜「……」

千歌「……」

曜「するよ」

千歌「そこは嘘でもしないって言わないんだ!?」
33: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 12:07:04.93 ID:xLicpDy1.net
曜「あ、無し! さっきの無し!何もしないから今日は泊まっていって?」

千歌「……」

曜(うわ、じと目可愛すぎか……? 今すぐ押し倒したいんだけど……)

千歌「本当に何もしない?」

曜「しない!」

千歌「変なことしたら別れるからね?」

曜「んなな!?」

千歌「曜ちゃん……?」

曜「……それは無理」

千歌「もう……ご飯食べたら帰るね」

曜「うん、今日は諦める……」

千歌「……」

曜「……」

千歌(曜ちゃん落ち込んでる……ちょっといじわるだったかな……?)

千歌(で、でもまだそういうことは早いと思うし……可哀想だけどしょうがないよね……)

千歌(ちゃんと順序を追って……曜ちゃんの気持ちを確かめてから……)

曜「千歌ちゃん」

千歌「……?」

曜「好き」

千歌「ふぇ……?」
34: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 12:19:46.87 ID:xLicpDy1.net
千歌(えっ、えっ)

千歌(これって、押し倒されて……)

曜「……」

千歌「あ、諦めるって、言ったよね……?」

曜「うん、お泊まりは諦める……我慢出来る自信ないから……」

曜「だから、千歌ちゃんが帰る前にする」

千歌「あ、あの、そういう揚げ足取りみたいなのは良くないと思……」

曜「ちゅ……」

千歌「ひゃ……!?」

曜「ふふ、身体びくってなった……首、弱いんだね……」

千歌「だだ、ダメダメ!? 曜ちゃん!!」

曜「この邪魔なのも取っちゃうね……」

千歌(ぶ、ブラっ……!?」


プツ


千歌「きゃああああああ!?」
35: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 12:36:49.74 ID:xLicpDy1.net
曜「いたい……」

千歌「バカバカ! 曜ちゃんのバカ!」

千歌「千歌もうお家帰る! 曜ちゃんがこんなにもスケベ星人だと思わなかったよ!」

曜(まさかここまでガードが固いとは……)

千歌「どうせこういうことしたいだけだから手軽そうな私にしたんでしょ……」

曜「へ……?」

千歌「私なら好き放題出来ると思ったら大間違いなんだから! 曜ちゃんのバカ!!」

曜「ちょ、ちょっと待った! なんか聞き捨てならない言葉が聞こえたんだけど!」

千歌「もう知らないっ」

曜「待って千歌ちゃん! 私が千歌ちゃんのことが好きなのは本当だよ!?」

千歌「嘘! 曜ちゃんはえっちなことがしたいだけなんでしょ!?」

曜「違う! いや千歌ちゃんにえっちなことはしたいのはそうだけど!」

千歌「えっちなことしたいだけなら他の子にして! 曜ちゃんなら……いくらでもアテがあるでしょ……」

曜「千歌、ちゃん……?」

曜「なんで、泣いて……」
38: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 12:52:05.90 ID:xLicpDy1.net
千歌「私のことが好きなら、特別だってこと教えてよ……もっと大切にしてよ……」

千歌「曜ちゃんが本当に好きな私の気持ち、考えてよ……」

曜「っ……」

千歌「……ばかっ」



曜「……」

曜(千歌ちゃん、行っちゃった……)

曜(ブラ、忘れてるけど……)

曜「はぁ……可愛いの付けてるなぁ……ちくしょう……」

曜「……」

曜「……これでオ○ニーして寝よう」
87: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 01:50:14.45 ID:em5m+m3t.net
   
――――――――――――――――――――――――――――――――

曜「……」

曜「朝だ」

曜(昨日いつ寝たんだろ……全然覚えてない……)

曜(てか身体だる……朝練無理だこれ……)

曜「恐るべし千歌ちゃんのブラ……」

曜「……」

曜「見てるだけでムラムラするなぁ、これ……」

曜(いやー、まずいぞー……朝一でオ◯ニーは流石に……)

曜「……くんくん」

曜「って私の匂いしかしないし……はぁ……」

曜(てか私なんで恋人いるのにオ◯ニーしなきゃいけないんだろ……)

曜(本当なら朝起きたら隣に千歌ちゃんがいておはようのチューからのラブラブえっちが始まってるはずなのに……)

曜(なんで私は千歌ちゃんのブラ見てムラムラして自分の匂いで萎えてるんだ……何もかもが間違ってるよ……)
89: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 02:03:36.76 ID:em5m+m3t.net
曜「……」


千歌『バカバカ! 曜ちゃんのバカ!』

千歌『曜ちゃんがこんなにもスケベ星人だと思わなかったよ!』


曜「……」


千歌『私のことが好きなら、特別だってこと教えてよ……もっと大切にしてよ……』

千歌『曜ちゃんのことが本当に好きな私の気持ち、考えてよ……』


曜「……」


千歌『え? 大切にしてる? 世界で一番愛してる? そ、そんなこと言われても騙されないんだから!』

千歌『信じて欲しいなら……キス、してよ……』


曜「……」


千歌『ん……曜、ちゃん……好き……もっと……』

千歌『私……曜ちゃんになら……全部あげてもいいよ……?』

千歌『曜ちゃん……いいよ……来て……』


曜「しまった、途中から願望になってる」
91: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 02:24:04.40 ID:em5m+m3t.net
曜(でもこの展開はアリかも……)

曜(特別だってことを教えるなら、まずは言葉で気持ちをストレートに伝える)

曜(んでもって行動でアイラブユーを証明すればオッケーだね)

曜(大切にするってのがよく分からないけど……そもそも今でも十分大切にしてるつもりだし……)

曜「まあいいや、とりあえず千歌ちゃんの家に行こっと」

曜「この時間ならまだ寝てるかな……ふふ、これはおはようのチューのチャンスだね」
93: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 02:42:10.15 ID:em5m+m3t.net
曜「ってことでおはようございまーす!」

志満「あら曜ちゃんおはよう。わざわざ千歌のこと起こしに来てくれたの?」

曜「はい! 朝練無くなったので一緒に学校行こうと思って!」

志満「あらあら。曜ちゃんの分の朝ご飯も作っておくから、千歌と一緒に食べて行ってね」

曜「ありがとうございます!」



曜「こうやって難なく家に上がれるあたり日頃の行いかなー」

美渡「お、曜だ。珍しいな、朝練は?」

曜「無くなりました! 今日は千歌ちゃんと一緒に学校行きます!」

美渡「そっか。さっき部屋覗いたけどまだ寝てるみたいだから叩き起こしていいよ」

曜「ふふ、了解でーす」

美渡「あとちょっと訊きたいんだけどさ、千歌のヤツ昨日珍しく元気無かったんだけど……なんかあった?」

曜「うーん……たぶん恋煩いじゃないですかね」

美渡「へー? あの千歌がねー……ふふ、その話、またあとでゆっくり聞かせなさいよー?」

曜「ぜひぜひ♪」
94: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 02:56:48.06 ID:em5m+m3t.net
曜「さて。お義姉ちゃん2人にも挨拶は済ませたとこでっと……」

曜「千歌ちゃーん、入るよー」


千歌「すぅ……」


曜「ふふ、ぐっすり寝てる……千歌ちゃん朝弱いからなぁ」

曜(今まで数えきれないくらいには千歌ちゃんのこと起こしに来たけど)

曜(恋人になってからだと気持ちが新鮮だなー。さて、どうやって起こそうか……)


千歌「んぅ……」


曜(うわぁ、寝顔可愛すぎか……? お腹見えてるし無防備すぎる……)

曜(どうしようどうしよう、どうやって起こせば恋人っぽいかな)

曜(やっぱチューかな。おはようのチューだよね、それしかないよね)

曜(でもチューだけで起きるかな……ふふ、まあいいや。してから考えよう)

曜(いや、でも待てよ。このなんでもござれの千歌ちゃんを起こすのは勿体ない気がするなー)

曜(よし、もうちょっと楽しんでから起こそう、そうしよう)
97: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 03:10:14.64 ID:em5m+m3t.net
曜「昨日は散々焦らされたからなー。その報いを受けてもらわないと……ふふ……」


千歌「……」


曜(なにしよっかな……あ、ペンがある……)

曜(ってことは落書きだ。ふふ、美渡さんのあれちょっと良いなーって思ってたんだよね……)

曜(千歌ちゃんの可愛いおでこ……いやほっぺにしよう……曜、っと……あ、画数多いからちょっとむずい……)


キュ…キュ……キュ…


曜「出来た♪」


千歌「すぅ……」


曜(あ、ヤバい……)


曜(なんかこれぞくぞくする……)

曜(ふふ、想像以上に良いかも、これ……)
98: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 03:21:05.89 ID:em5m+m3t.net
曜「千歌ちゃん怒るだろうなぁ」

曜「でも千歌ちゃん怒った顔も可愛いからなぁ……ふふ、一石二鳥とはこのことだ」

曜「さーてお次は……」

曜「……」


千歌「……」


曜「……うん」

曜(やっぱり千歌ちゃんブラ付けてない……ノーブラだ……)

曜「なんで隠しちゃうかなぁ……エロちかめ……」


千歌「んっ……」


曜(うわわ、柔らかい……なんだこれ、指が、指が……)


千歌「……」


曜(こ、これ以上はダメ……なんか出る……恐るべしちかパイ……)
100: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 03:32:02.99 ID:em5m+m3t.net
曜(な、なんかすごいドキドキしてる……大会でもこんなにドキドキしないのに……)

曜(はー、落ち着けー。リラックスリラックス……)

曜「はぁ……」


千歌「……」


曜(……どんなパンツ穿いてるんだろ)

曜(てかパンツ穿いてるのかな……ノーブラってことは……いやいや! 流石に下は穿いてる、よね……? )


千歌「すやすや……」


曜「……」

曜「よ、よーそろー……」

曜(これは千歌ちゃんのためだから。ノーブラはまだしも穿いてないのはヤバいから)

曜(もし穿いてないときは私が言ってあげて……)


曜「!」

千歌「っ……」


曜「……可愛い」
101: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 03:51:23.36 ID:em5m+m3t.net
曜(あ、これ……上と同じ柄だ……)

曜(そっか、下はこんな感じになってて……)

曜(うわ、こうやってみるとエロいな……エロ可愛い……)

曜(誰に見せるでも無いのにこんな下着付けるなんて……千歌ちゃんってもしかしてムッツリなのかも……)


千歌「……」


曜(あー、まずい。本格的にムラムラしてきた……埋もれたい。どっちかでいいから埋もれたい)

曜(ブラだけでもあんなにすごかったのに、生の千歌ちゃんになったら……)


千歌「……」


曜(あ、だめだこれ……キスなんてしたら絶対に止まれなくなる……舌入れる自信ある。両方に)

曜(でも、私たち恋人同士なんだし……別に……千歌ちゃんだって、本心ではそれを望んでいて……)

曜「……」

曜「唇、柔らかい……指でもわかる……」
102: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 04:02:49.60 ID:em5m+m3t.net
曜「……別に、いいよね」

曜「だって、私たち付き合ってるんだもん……遅いか早いかの問題だよ……」

曜「それに千歌ちゃん寝てるし……絶対気付かないし……」

曜「うん、キス、だけ……今はキスだけで我慢しよう……」

曜(キスすれば、このどうしようもない気持ちも落ち着くはず……だから……)

曜「千歌ちゃん」


千歌「……」


曜「するね……」


千歌「っ……」


曜「……」


千歌『私のことが好きなら、特別だってことを教えてよ……もっと大切にしてよ……』


曜「……」


千歌『ばかっ……』


曜「……」
104: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 04:18:49.84 ID:em5m+m3t.net
曜「はぁ……ダメだ……」

曜(なんで昨日のこと思い出しちゃうかなぁ……大チャンスなのに……)

曜(ムラムラしたり萎えたり……もうめちゃくちゃだよ……)

曜「寝よう……添い寝くらいなら許してくれるよね……」

曜「抱きしめたら……怒るか。はぁ、生殺しだよ、ホント……」

曜「千歌ちゃんのバカ……プラトニック星に行っちゃえ……」

曜(っていうか顔に落書きしちゃった時点で怒られるような……)

曜(それならもうとことんしちゃえばいいのに……あー、私もバカだ……)

曜(せめて頭だけでも……手は出してないからセーフの、はず……)


千歌「っ……」


曜(あぁ……なまちかヤバい……あったかい、いい匂いする……頭トロけそう……)

曜(ずっと……こうしてたいなぁ……)
105: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 04:27:10.42 ID:em5m+m3t.net
曜「好きだよ……千歌ちゃん……」

千歌「……」

曜「……」

千歌「……」



曜「すぅ……」

千歌「……」

曜「んぅ……」

千歌「……」


ギュ…


千歌「……私も好きだもん」
108: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 04:49:09.94 ID:em5m+m3t.net
梨子「それで、2人仲良く遅刻したんだ」

曜「もー大変だったよ。千歌ちゃんは今でもプンスコしてるし……いや私が悪いんだけどさ」

曜「なんかこの先上手くやっていける自信ないかも……」

梨子「そんなことないと思うけど」

曜「だって私だけが好きって感じで千歌ちゃんからの気持ちが伝わって来ないんだよね……」

曜「むしろ付き合う前の方が仲良かった気が……」

梨子「ふふっ」

曜「何がおかしいの、笑い事じゃないんですけど」

梨子「そんな顔してすねてる時点で笑い事でしかないわ」

曜「むー……」

梨子「はい、これ」

曜「……鏡?」

梨子「頬のところ。よく見なくても分かると思うけど」


曜「……」


曜「なっ」



おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『曜「千歌ちゃん!今からする演技、飛び込みで一番難しいヤツなの!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。