梨子「2人は今、彼氏とかいるの?」千歌・曜「!?」

シェアする

梨子-アイキャッチ1
1: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/19(火) 23:33:08.46 ID:90A10tHQ.net
千歌「いっいないよ?」

梨子「曜ちゃんは?」

曜「うっ…うん」

千歌「えっ!?曜ちゃん?」

曜「なーんてね!いないよー」

千歌「はぁよかったぁ」

曜「よかった?」

千歌「あーいやいやなんでもないのだ」

曜「梨子ちゃんはいるの?」

梨子「今はいないかな」

千歌「へぇ…えっいまは?」

梨子「ん?なんかへん?」

元スレ: 梨子「2人は今、彼氏とかいるの?」千歌・曜「!?」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/19(火) 23:37:35.91 ID:90A10tHQ.net
曜「今はってことは昔はいたの?」

梨子「いたけど?」

千歌「えぇ!?」

梨子「何ちょっと待って!私達高校二年生だよ?彼氏の1人や2人くらいいたでしょ?」

千歌・曜「…」

梨子「なんで黙ってるの?」

曜「あぁいや」

千歌「都会怖いとこさなぁ」

梨子「もうなに言ってるの?あっそうだ2人の元カレの写真とか見せてよ」

千歌「へ?そんなのないよ?」

梨子「えぇ…写真とか撮らなかったの?」

千歌「撮らなかったっていうかぁ…その」
5: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/19(火) 23:42:22.86 ID:90A10tHQ.net
梨子「曜ちゃんは?」

曜「えっと今探してる」

千歌「えっ曜ちゃん嘘ついてたの!?」

曜「あははごめんごめん、ほんとはいたんだぁ」

千歌「そっそんなぁ」

梨子「…えっと、千歌ちゃんもしかして、彼氏出来たことない?」

千歌「ガビーン」

梨子「ずっ図星だ」

千歌「気にしてたんだからつつかないでよぉ」

梨子「ごめんごめん、千歌ちゃん可愛いから彼氏普通にいそうだなって思ってただけだから」

千歌「なにそれ、まるで千歌の性格に難ありみたいじゃん!」

梨子「でも千歌ちゃんほんとかわいいよね」

千歌「えっ///そうかな?」

梨子「私が男の子だったら真っ先に彼女にしちゃうなぁ」

千歌「そんなこといわれても///」
9: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/19(火) 23:48:19.75 ID:90A10tHQ.net
梨子「ねぇねぇ好きな男の子とかいた?」

千歌「えぇ〜と…よくわからないや、あんまり意識したことなかったし」

梨子「ふ〜ん、じゃぁ女の子?」

千歌「いやいや!それはもっとないよ」

バタン

梨子「ん?」

千歌「曜ちゃんが泡吹いて倒れてる…」

曜「…大丈夫大丈夫、ちょっとショック受けただけだから、OK、OK」

千歌「よくわからないけどごめん」

梨子「ちk」

千歌「あ!」

梨子「?」

千歌「あのさ!梨子ちゃんの彼氏ってどんな人だったの?」

梨子「それどうでも良くない?」
13: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/19(火) 23:55:14.17 ID:90A10tHQ.net
千歌「えっ?でも気になるし」

梨子「私は千歌ちゃんのことを聞きたかったんだけどなぁ」

千歌「梨子ちゃんが話さないなら千歌のことも教えないよ!」

梨子「ふ〜ん、じゃぁ適当に質問してみてよ」

千歌「しっ質問?彼氏は何人いたの?」

梨子「5人」

千歌「多くない!?」

梨子「そう?周りもそんな感じだったけど」

千歌「ひえぇ…じゃぁキスはしたことある?」

梨子「うん」

千歌「…」ゴクリ

梨子「どしたの?」

千歌「…どっどんな感じだった?」

梨子「う〜ん言葉じゃ説明できないから直接教えてあげるね」

千歌「えっ?」
19: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 00:02:32.25 ID:J9V19cuv.net
チュッ

千歌「あ////」

梨子「どう?なにか分かった?」

千歌「ほえぇ…」

梨子「おーい、千歌ちゃん?」

千歌「はっ!?えっと…取り敢えず曜ちゃん気絶してるから隣の部屋に寝かせてくるね」

梨子「あっちょっと…あー逃げられた」

梨子「少しキスしただけであんな顔しちゃって千歌ちゃんかわいい」

・・・

梨子「曜ちゃんどうだった?」

千歌「ちょっと熱っぽいみたい、クーラーある部屋に寝かせておいたよ」

梨子「ねぇさっきの話の続きしようよ」

千歌「うっ…えっと何質問していいかわからないからもうおしまいでいいかな…」

梨子「じゃぁ次は私の番ね」

千歌「あっ…」
20: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 00:08:43.01 ID:J9V19cuv.net
梨子「男の子の好きなところとかある?」

千歌「好きなところ?うーん、お馬鹿なところとか?」

梨子「ふふっなにそれ」

千歌「えーだって実際そうじゃん、下品な言葉で笑ったりさ」

梨子「例えば?」

千歌「えっ///そんなのいえないよ」

梨子「ち○こ、とか?」

千歌「はっ///何いってんの梨子ちゃん」

梨子「次、千歌ちゃんの番ね」

千歌「何そういうゲームなのこれ?」

梨子「ほら早く言わないとまたキスしちゃうよ?」

千歌「あっあっえっと、おま○こ…とか?」

梨子「…」
53: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 21:05:53.19 ID:LRzvYsUZ.net
千歌「ちょっ真顔で見ないでよ!」

梨子「いやぁ直球だなって思って」

千歌「梨子ちゃんが言わせたんじゃん!」

梨子「ん?そんな直球にとは言ってないけど?」

千歌「ぶー」

梨子「すっごい顔赤いけど、そういう話慣れてないの?」

千歌「曜ちゃんとはそういう話しないし…」

梨子「確かにしなさそうだね」

千歌「梨子ちゃんはエッチな話好きそうだよね」

梨子「歳相応には好きかな」

千歌「うっうん//」

梨子「ふふ、千歌ちゃんも本当は興味あるんでしょ?」
57: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 21:31:46.73 ID:LRzvYsUZ.net
千歌「えっと…」

梨子「じゃぁないの?」

千歌「いや、そんなことはないけど…」

梨子「やっぱりあるのね…ねぇどういう妄想とかするの?」

千歌「う゛ぇ?そんなの知らないよ」

梨子「そう…」

千歌「梨子ちゃん、千歌にエッチなこと言わせようとするのやめてよ///」

梨子「ごめんなさい、初々ししくて可愛いからつい」

千歌「もー、はいこの話はおしまい」

・・・

ジリジリ

梨子「暑くなってきたね」

千歌「この部屋クーラーないからねぇ」

梨子「一応旅館なのにないの?」

千歌「千歌の部屋は経費削減の対象なのだ・・・」

梨子「じゃぁ私の部屋に来る?クーラーあるよ?」
59: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 21:37:25.38 ID:LRzvYsUZ.net
千歌「いやぁでも曜ちゃん寝てるしほっとけないよ」

梨子「隣なんだしいいじゃない」

千歌「いやぁでもさ〜」

梨子「じゃぁ曜ちゃんが寝てる部屋行く?」

千歌「それも曜ちゃんに悪いし・・・我慢しようよ」

ジリジリ

千歌「はぁ〜快適〜」

梨子「あれから5分と持たなかったね」

千歌「はぁこれが現代科学の力かぁ」

梨子「ちょっと大げさじゃない?」

千歌「あっこの写真・・・」

梨子「その人、音ノ木にいた時の彼氏」

千歌「へぇ結構中性的な顔だね、女の子みたい」

梨子「案外女の子かもよ?」

千歌「えっ何それー冗談だよね」
60: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 21:49:31.83 ID:LRzvYsUZ.net
梨子「う〜ん?」

千歌「えっ本当に?」

梨子「ふふっ冗談よ」

千歌「もー、にしてももう別れたのにこうやって飾ってるんだね」

梨子「変?」

千歌「いや〜お姉ちゃんたちは、前の日まで飾ってた彼氏の写真とか、別れた日に捨ててたからさ」

梨子「へぇそうなんだ」

千歌「何か理由でもあるの?」

梨子「うーん、上手だったから?」

千歌「上手?」

梨子「エッチが上手だったから忘れられない的な?」

千歌「///梨子ちゃん、そっその…しょ…しょ」
62: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 21:55:02.58 ID:LRzvYsUZ.net
チュッ

千歌「ん゛!?」

梨子「私が処女じゃなかったら悲しい?」

千歌「かっ悲しくはないけど…ちょっとショック…ってなんでいまキスしたの///」

梨子「可愛かったから」

千歌「えぇ…」

梨子「でもさ…もしかすると処女かもよ?」

千歌「どういうこと?」

梨子「それは確かめてみないとわからないよ?」

千歌「どうやって確かめるの」

梨子「う〜ん?こう…かな」スルッ

千歌「うわっちょっといきなり脱がないでよ///」

梨子「私の部屋だしいいじゃない」

千歌「でっでも目の前に千歌がいるんだよ!?」
66: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 22:05:50.32 ID:LRzvYsUZ.net
梨子「女の子の裸とかあんまり見たことないの?」

千歌「おっお姉ちゃんぐらいしか…」

梨子「曜ちゃんとかは?プールとか行くでしょ?」

千歌「曜ちゃんはすぐに着替えて行っちゃうからあんまり…」

梨子「ふーん、ねぇ友達の裸、どう?」

千歌「どうって///肌が綺麗…かな」

梨子「触ってみる?」

千歌「なっ何を!?」

梨子「おっぱいとか」

千歌「そんな…(でもピンク色で綺麗…桃みたい…)」

梨子「ほら、いいよ」グイッ

千歌「えっ///うっうん…」

バサッ

千歌「うわっなに?」

梨子「はーい残念時間切れです!」
68: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/20(水) 22:20:37.98 ID:LRzvYsUZ.net
梨子「今まじめに触ろうとしてたよね?」

千歌「そんなことないよー!」

梨子「もー千歌ちゃんすぐ人の言葉鵜呑みにするんだから」

千歌「素直っていって!」

梨子「千歌ちゃんは女の子なんだから、私に欲情しちゃダメだよ?」

千歌「してないから!」

梨子「顔真っ赤だけど?」

千歌「これはその…」

梨子「男の子には興味ないの?」

千歌「なくはないけど、内浦って男の人ほとんどいないし…」

梨子「もしかして男性から告白されるの待ってる感じ?」

千歌「女の子ってそういうものじゃないの?」

梨子「日本の男女比が3:7の今、そんな構えじゃ行き遅れちゃうよ?」

千歌「えーでもやっぱり告白されたいし…」

梨子「意外と乙女なんだね」
74: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/21(木) 00:22:35.84 ID:8jWw39GS.net
梨子「でも今の時代、女の子から攻めないとね」

千歌「と言われてもどうしたら」

梨子「私が彼氏になってあげよっか?」

千歌「えっ///」

梨子「当然、練習のためのね」

千歌「あっそういう」

梨子「来週の日曜日に私をデートに誘ってよ」

千歌「そんないきなり…」

梨子「相手をデートに誘えない子に彼氏はできないよ?」

千歌「うぅ…わかったよぉ」

梨子「じゃぁ私、楽しみにしてるから金曜日までに色々決めて誘ってね」

千歌「うん」
75: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/21(木) 00:27:24.52 ID:8jWw39GS.net
翌日

曜「あっ千歌ちゃん!」

千歌「曜ちゃん、体調大丈夫?」

曜「うん!ほらこのとーり」

千歌「良かったぁ、気づいたら気絶してるんだもん」

曜「まぁあれは…ね」

千歌「あーそういえば曜ちゃんの彼氏って」

曜「あーあれ?あれね私と千歌ちゃんの写真探してたんだ」

千歌「千歌と曜ちゃんの?」

曜「千歌ちゃんがとびきりイケメンな写真を見せて梨子ちゃんを驚かせようと思ってね」

千歌「あーなんだそういうことかぁ」

曜「へへっ心配させてごめんね、そうだ来週の日曜日の映画だけどさ」

千歌「へ?」
76: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/21(木) 00:34:48.56 ID:8jWw39GS.net
曜「あれ?来週の日曜日に映画見に行こうって少し前に約束してたよね?」

千歌「そっそうだっけ…というかその日用事いれちゃったんだけど」

曜「うーんまぁ念押して言わなかった私が悪いかな」

千歌「ごめんね…」

曜「いいよいいよ、別のタイミングで見に行けばいいし」

千歌「うん、再来週は大丈夫なはずだから」

梨子「千歌ちゃん申し訳なさそうな顔してどうしたの?」

千歌「来週の日曜日に曜ちゃんと映画の約束してたのに忘れてた的な…」

梨子「ふーん…それで曜ちゃんがご立腹って感じなのかな?」

曜「いやいやぁこれぐらいじゃ怒らないよ」

梨子「それでどうするの?」

千歌「どうするって…?」

梨子「曜ちゃんと映画行くの?」

曜「あー千歌ちゃん用事あるらしいよ、どうせなら梨子ちゃんも誘いたかったけど」

梨子「へぇ」
89: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 13:50:18.98 ID:V91m5JkH.net
梨子「先約よりも大事な用事なんだね」

千歌「!?ちょっと梨子ちゃん!」

曜「?そうだ練習の後どこか寄って行こうよ」

梨子「いいよ」

千歌「ごめん!今日は仕事のお手伝いがあるんだ」

曜「そっかぁじゃぁ梨子ちゃんと行ってくるね」

千歌「うん、ごめんね…」

曜「千歌ちゃん?そんなに負い目感じなくていいのにどうしたの?」

千歌「いやいやなんでもないよ?」

・・・

千歌「じゃぁね!」

曜「うん」

トコトコ

梨子「沼津の方行ってみる?」

曜「そうだね、もしかすると善子ちゃんにも会えるかもしれないし」

梨子「なんか練習終わった後すっ飛んで帰っていたもんね」

曜「まーたゲーセンで遊んでるんじゃないかな」

梨子「かもね…あのさ」

曜「ん?どしたの?」

梨子「曜ちゃん…好きな人いる?」
92: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 14:07:47.86 ID:V91m5JkH.net
曜「えっなんでそんなこと聞くの?」

梨子「普通に恋話でもしようかなって思って」

曜「私そういうのあんまりしたことないなぁ」アセアセ

梨子「千歌ちゃんがそういう話しないから?」

曜「まぁそれもあるんだけど…」

梨子「それも?…好きな人が、千歌ちゃんだから?」

曜「!?ちっちがうよ!ぜんぜん違う!」

梨子「図星って顔してるけど?」

曜「違うってば///」カァァ

梨子「因みにいつから好きなの?」

曜「だから…」

梨子「じゃぁ曜ちゃんは千歌ちゃんのこと好きじゃないって、千歌ちゃんに言っちゃうよ?」

曜「ちょっと意味が違うよぉ…はぁ…好きだよ、私は千歌ちゃんが好き、これでいい?」

梨子「うん、知ってたけど」

曜「むぅ///」
95: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 14:39:13.07 ID:V91m5JkH.net
梨子「じゃぁ曜ちゃんは男の子には興味ないの?」

曜「そう…かな…」

梨子「ふーん」

曜「気づいたのは中学の時かな…気がつけば女の子ばっかり見てた、特に千歌ちゃんを…」

梨子「幼馴染って特別な存在でもあるしね…」

曜「私って変だよね、女の子を好きになっちゃうなんて…気持ち悪いよね」

梨子「そんなことないよ」

曜「えっ」

梨子「音ノ木坂にもそういう子いっぱいいたし」

曜「そうなの?」

梨子「うん、私も告白されたことあるよ」

曜「そう…なんだ…」

梨子「だから大丈夫、女の子を好きになることは変じゃないよ」

曜「ありがと…じゃぁ今度、千歌ちゃんに告白…しようかな」

梨子「えっいきなり?」

曜「だって気持ちが抑えきれないんだもん…」
98: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 14:55:37.67 ID:V91m5JkH.net
梨子「そう…」

曜「…よし"今度"なんてやめた、もう明日する!決めた!」

梨子「…千歌ちゃん、気持ちに答えてくれるといいね」

曜「うん///」

・・・

曜「あっあれ善子ちゃんじゃない?」

梨子「あのお団子は間違いないね」

曜「おーい善子ちゃん」

善子「」ギクッ

曜「まーた1人でガンダムやってるの?」

善子「別にいいじゃない!それに私はヨハネよ!」

曜「私もやろー、やったことないけど」

善子「にしても、すっごい笑顔だけど何かあったの?」

曜「んー気持ちがさっぱりしたっていうか、決心がついたっていうか」

善子「よくわからないけど堕天したってことね」

曜「梨子ちゃんも…ってあれ、いない?」

善子「リリーいたの?」

曜「いやぁさっきまで隣りにいたはずなんだけど…」

善子「リリーいると勝率下がるからいない方がいいわよ」
99: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 15:10:33.48 ID:V91m5JkH.net
翌日

曜「あー梨子ちゃん!昨日はどうしたの?」

梨子「ごめんなさい、急に親から連絡があって家に戻って来いって」

曜「そうなんだー、誘拐されてたらどうしようかと思ったよ」

梨子「それは流石にないかな」

善子「全く、リリーも一言もなしにいなくなるのはやめなさいよ」

梨子「そう…よね」

善子「ずーっと梨子ちゃん梨子ちゃんうるさかったんだから」

梨子「えっそうなの?」

曜「そりゃ大切な友達だし…」

梨子「友達…ね」

曜「?」

梨子「それより、千歌ちゃんのことはいいの?」

曜「そうだ、ちゃんと伝えなきゃ」

善子「何の話?」

梨子「堕天使には関係ない話よ」

善子「なにそれ…今日だけ善子だから聞かせてくれる?」

梨子「無理よ、ヨハネちゃん」
100: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 15:24:41.33 ID:V91m5JkH.net
曜「千歌ちゃん!」

千歌「曜ちゃん、なに?」

曜「ちょっと…屋上来てくれない?」

千歌「うん、いいけど」

・・・

千歌「何の話?」

曜「えっとね…///」

千歌「どしたの?顔真っ赤だよ?熱あるの?」

曜「違うの…その…私、千歌ちゃんが…」

千歌「千歌が?」

曜「千歌ちゃんのことが…好き…なの」

千歌「ほえ?千歌も曜ちゃんのこと大好きだよ?」

曜「違うの…」

千歌「違う?」

曜「幼馴染とかそういうのじゃなくて、恋愛対象として好きなの」

千歌「えっ…」
101: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 15:29:28.73 ID:V91m5JkH.net
曜「だから…私と付き合って下さい!」

千歌「あっその…あぁ…ごっごめんなさい!」

曜「えっ…」

千歌「曜ちゃんは大切な幼馴染だけど、そういうのとは違くて」

曜「そっか…そうだよね」

千歌「曜ちゃんの気持ちに答えられなくてごめんね」

曜「うん、私こそ…こんな気持ち悪い幼馴染でごめん」

千歌「そんなことないよ!曜ちゃんの気持ちは嬉しいよ、だからこれからも大切な幼馴染だから」

曜「うん、ありがとう…千歌ちゃん」タッ

千歌「あっ曜ちゃん…」
113: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/24(日) 00:10:20.57 ID:D4IgFZkj.net
放課後・部室

梨子「あれ?曜ちゃんは?」

千歌「…わからないよ」

梨子「そう…あのさ千歌ちゃん」

千歌「なに?」

梨子「曜ちゃんと何かあったの?」

千歌「どういうこと?」

梨子「その顔で気づかないほうがおかしいよ」

千歌「へ?」

梨子「目真っ赤だよ?泣いてたんでしょ?」

千歌「え?おかしいな、泣いてたつもりなんてないのに」

梨子「…どうしたの?」

千歌「曜ちゃんに…告白された」
114: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/24(日) 00:26:48.01 ID:D4IgFZkj.net
梨子「そう、なんだ…それでどうしたの?」

千歌「ごめんなさい…って」

梨子「千歌ちゃんは曜ちゃんの事好きなんじゃないの?」

千歌「好きだよ、でも曜ちゃんはそういうのじゃなくて」

梨子「じゃぁ私が告白してたらOKしてくれた?」

千歌「なっなにそれ!」

梨子「ふふ」

千歌「もう!千歌をからかわないでよ」

梨子「でもちょっとはマシな顔になったよ?」

千歌「あうぅ」

梨子「因みに今の返事は?」

千歌「もー!」

梨子「冗談、ごめんごめん」
115: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/24(日) 00:35:00.22 ID:D4IgFZkj.net
梨子「それで曜ちゃんのことどうするの?」

千歌「どうもできないよ…喧嘩したわけじゃないから謝ることもできないし…」

梨子「確かにそうよね」

千歌「はーダレカタスケテー」

梨子「チョットマッテテー、だっけ?」

千歌「こんな時にふざけないでよぉ」

梨子「ごめんなさい、ルビィちゃんに教えてもらったからつい使ってみたくて」

千歌「はぁ」

梨子「そうだ千歌ちゃん、日曜日のこと考えてくれてる?」

千歌「んーうーん」

梨子「やっぱり曜ちゃんと映画いっとく?」

千歌「それこそ無理だよぉ…」

梨子「って今こんな話ししても仕方ないか」

千歌「うん、心の整理がつくまで考えられないかな…」

梨子「まだ時間もあるし気長に、ね」
124: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/24(日) 15:38:56.21 ID:9/9nL0kp.net
梨子「そういえば今日の練習って自由参加よね?」

千歌「うん」

梨子「ちょっと用事を思い出したから今日は帰るね」

千歌「うん」

梨子「じゃぁ」

・・・

トコトコ

梨子「やっぱここにいた」

曜「梨子ちゃん…」

梨子「千歌ちゃんと何かあるといつもこの浜辺にいるよね」

曜「バレてたか…」

梨子「…」

曜「ダメだったよ…」

梨子「曜ちゃん…」

曜「いつもの千歌ちゃんとの関係、そこに恋人って証が欲しかっただけなんだけどな、欲張り過ぎたね」

梨子「ごめんなさい、私のせいで、私が余計なこと言わなければ…」

曜「いいよ、この気持ちを押さえつけるのすっごい大変だったもん」
125: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/24(日) 15:45:39.07 ID:9/9nL0kp.net
梨子「千歌ちゃん、凄く辛そうだったよ」

曜「そう、だよね…うん!へこんでても仕方ないや、それこそ千歌ちゃんに迷惑がかかっちゃう」

梨子「そうね、これからも同じように接していけばきっと元通りになれるわよ」

曜「よし!明日から心機一転、頑張ろう!ヨーソロー!」

梨子「…」

・・・

翌日

曜「おはよー千歌ちゃん!」

千歌「あっ…おはよー」

曜「?どうしたの千歌ちゃん」

千歌「昨日はほんとゴメンね」

曜「何の話?」

千歌「えっ?」

曜「ほら遅刻しちゃうよ!」グイッ

千歌「ちょっと待って曜ちゃん」
126: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/24(日) 15:57:54.78 ID:9/9nL0kp.net
曜「バスなんとか間に合ったね」

千歌「うっうん」

曜「そうだ、昨日新しい衣装考えてみたんだ」

千歌「昨日!?」

曜「うん、見て見て」

千歌「うわっすっごいね、今までで一番すごいよ」

曜「でしょ?これが千歌ちゃんので、これが他のメンバーの衣装」

千歌「…えっ?」

曜「どしたの?」

千歌「それ、千歌と他の人で全然材料費違うよね?私がセンターってわけでもないのに」

曜「そう…だけど、この衣装は千歌ちゃんだけに着て欲しくて」

千歌「ダメ!そういう贔屓はダメだよ、今までこんなことなかったのに」

曜「…分かったよ、流石にこれを9着は無理だから考えなおしてみる」

千歌「うん」
128: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/24(日) 16:22:58.25 ID:9/9nL0kp.net
ガラッ

曜・千歌「セーフ」

教員「渡辺に高海、今日はアウトだぞ」

梨子「曜ちゃん…」

曜「はぁ間に合ったと思ったんだけどなぁ」

梨子「おはよう」

曜「あっおはよう梨子ちゃん」

千歌「珍しく曜ちゃんが遅れちゃってさぁ」

梨子「あら、そうなの」

曜「昨日夜まで衣装考えてたからねー千歌ちゃんにボツにされちゃったけど」

梨子「へー見せてよ」

曜「はい」

梨子「!?凄いわね、これなんでボツなの?」ペラッ

梨子「(なにこれ…千歌って書いてあるページの衣装とぜんぜん違う…)」

千歌「曜ちゃんが私を贔屓にしたからボツにしたんだよ」

梨子「うっうん…」

教員「もう授業始まってるから静かにしなさい」

梨子「ごめんなさい」
130: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/24(日) 16:52:27.32 ID:9/9nL0kp.net
放課後・部室

梨子「千歌ちゃん、曜ちゃんどうしたの?」

千歌「わからないよ」

梨子「なんかいつもの雰囲気に戻ってたけど」

千歌「それは嬉しいけど、なんかおかしいんだよねぇ」

梨子「うーん、取り敢えず気にしないで接してみれば?」

千歌「そうだね」

ガラッ

曜「あれ私が一番乗りかと思ったのに」

梨子「残念でした」

曜「じゃぁ練習始めようか」

千歌「うん」

・・・

曜「ワンツースリーフォーワンツースリフォー、千歌ちゃん足上がってないよ」

千歌「わっごめん」
131: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/24(日) 17:12:41.87 ID:9/9nL0kp.net
花丸「さっきから千歌ちゃんばっかり指摘されてるずら」

ルビィ「というか他のメンバーはあんまり見てない感じだよね」

善子「前からそうじゃない、私もやったら指摘されるのよね―」

花丸「確かに…」

曜「はい次一年組」

花丸「ずら」

千歌「ふぅもうヘトヘトだよ」

梨子「曜ちゃん結構鬼だね」

千歌「梨子ちゃんだって失敗してたのになんでー」

梨子「さぁ…」

曜「ほら善子ちゃん変なアレンジいれないで」

善子「これは個性よ!」
132: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/24(日) 17:54:52.81 ID:9/9nL0kp.net
時は流れ金曜日

23:50

梨子「…今日誘ってって言ったわよね私」

梨子「…」ガラッ

梨子「ねぇ千歌ちゃん!」

ガラッ

千歌「わっ何々?いくら隣だからって外から大声で呼ばれるとびっくりするよ」

梨子「千歌ちゃんなんか忘れてない?」

千歌「えーそうだっけ?」

梨子「はぁ…そういえば曜ちゃんとはどう?」

千歌「いつも通りって感じなってきたよ、千歌が気にしすぎてたみたい」

梨子「良かったわね、でも安心しきって私の事忘れてるでしょ?」

千歌「…あ」

梨子「もー」

千歌「どーしよー!」

梨子「私に聞かないでよ」
133: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/24(日) 18:05:22.71 ID:9/9nL0kp.net
千歌「デートって言われても千歌はしたことないし―」

梨子「じゃぁ沼津の方ウロウロしてみる?」

千歌「いいね!それでいいよ」

梨子「テキトーね、はい、ちゃんと千歌ちゃんから誘って下さい」

千歌「わっわかったよ…梨子ちゃん!日曜日に沼津でウロウロしてくれませんか!」

梨子「なにそれ」

千歌「えーなんかおかしいこと言った?」

梨子「ふふっOKよ、じゃぁ日曜日楽しみにしてるわね」

千歌「うん」

・・・

曜ママ「曜、日曜日に千歌ちゃんと映画行くのよね?」

曜「んーいかないよ?」

曜ママ「あれ、そうなの?」

曜「千歌ちゃんが用事あるらしいからなしになった」

曜ママ「あらそう…日曜日、沼津の方に家具見に行くから曜も来る?」

曜「いいよ」
139: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/24(日) 18:30:23.98 ID:9/9nL0kp.net
日曜日

ガラッ

千歌「おはよー梨子ちゃん」

梨子「おはよ」ヌギヌギ

千歌「うわっちょっといきなり着替えないでよ」

梨子「裸見たくせにいまさら着替えでドキドキするの?」

千歌「いやぁそれとこれとは」

梨子「じゃぁ私も見ててあげるから早く着替えなよ」

千歌「やだよ!」パシャ

梨子「あっカーテン閉めた…まぁすけて見えてるけど」

パシャ

千歌「準備出来たよ…って梨子ちゃんいつまでパンツ一枚なの!」

梨子「着替え見てたら、着替えるの忘れてた」

千歌「なんで見えてるの!?」

梨子「それ遮光じゃないでしょ?窓閉めなかったら反射もないし、カーテン越しに多少見えるよ」

千歌「なんでそんなこと知ってるのー」
141: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/24(日) 18:45:28.19 ID:9/9nL0kp.net
梨子「待ち合わせが千歌ちゃんちの玄関ってのもなんとも言えないわね」

千歌「えーなんでー?まぁいいや、いこ梨子ちゃん」グイッ

梨子「うわっ」

千歌「どしたの」

梨子「千歌ちゃんがリードしてくれると思わなかったから」

千歌「千歌が男の子誘えるようにって考えてくれたんでしょ?それに応えて行動しないと」

梨子「そっそうね」

千歌「取り敢えずバスで沼津駅の方に行こう」

・・・

千歌「梨子ちゃん違うよ、後ろから乗るんだよ」

梨子「あれ?また間違えちゃった」

千歌「なんでいつも前から乗ろうとするの?」

梨子「東京は前乗りの前払いなのよ」

千歌「へぇでもどうやってお金計算するの?」

梨子「東京の人は、料金表覚えてるから乗る場所と降りる場所の料金を一瞬で計算できるのよ」

千歌「えー!ほんとに?凄いね」

梨子「そうかしら?」

千歌「凄いことだよ、千歌じゃ東京行ってもバス乗れないや」

梨子「…冗談よ」

千歌「えぇ…」
142: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/24(日) 19:00:36.59 ID:9/9nL0kp.net
梨子「取り敢えずどこ行くのかしら」

千歌「うーん無難にイシバシプラザで買い物でもしようか」

梨子「いいわね、私も服とか見てみたかったの」

千歌「梨子ちゃんってシンプルな服好きだよね」

梨子「そうね、昔は控えめで目立たない子だったからその時の名残かな」

千歌「なるほど、今は見た目に反して大胆な性格だよね」

梨子「音ノ木坂じゃぁ色々あったからね」

千歌「音ノ木坂ってそんなやばいところなの?μ'sがいたんだよね?」

梨子「とにかく性が乱れててね…私も色々変わらざるを得なかったのよ」

千歌「性て///」

梨子「同性恋愛なんて当たり前、授業聞かないでキスしてる子もいたわ」

千歌「でも梨子ちゃんは男の子と付き合ってたんだよね」

梨子「彼氏はいたわよ?」

千歌「…ん?」

梨子「沼津ついたわよ」

千歌「あっほんとだ」
143: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/24(日) 19:28:11.22 ID:9/9nL0kp.net
曜ママ「曜!そろそろ行くわよ」

曜「うん!あれお母さんカメラ持ってくの?」

曜ママ「曜の活躍を収めるために新しいカメラ買ったから試し撮りも兼ねて持ってくのよ」

曜「ふーん、家具でも撮るの?」

曜ママ「家具見た後、"びゅうお"から富士山撮ってみたいのよ、今日は晴れてるし」

曜「そうなんだ、行くの結構久し振りだね」

曜ママ「そうねー、ってその前に曜のこと撮っちゃおうかしら」

曜「うわっなんか恥ずかしいからやめてよ」

曜ママ「その曜の恥ずかしそうな顔いいわぁー」

曜「お母さん怖いよ」
155: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/24(日) 21:02:01.60 ID:9/9nL0kp.net
千歌「おっ梨子ちゃん以外な服に手を出しましたね」

梨子「よっちゃんの私服とか見てたらこういうのもありかなって」

千歌「善子ちゃんのゴシック系、結構にあってるもんね、梨子ちゃんもきっと似合うと思うよ」

梨子「ありがと///」

千歌「千歌はボーイッシュな服買ってみたよ」

梨子「もう買ったの?試着してるとことか見たかった」

千歌「それは今度のお楽しみ」

梨子「楽しみにしておくわ」

千歌「買い物も済んだし千本浜の方でも行こうか」

梨子「千本浜?場所はよくわからないけど、いいよ」

千歌「少し距離はあるけど大丈夫だよ」

梨子「うん」
156: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/24(日) 21:12:03.95 ID:9/9nL0kp.net
千本浜

梨子「うわ、すっごいね」

千歌「まーっすぐ長くて綺麗でしょ」

梨子「海岸といえば内浦のイメージがあったからびっくりしちゃった」

千歌「とは言え海岸だからこれといってなにもないけどね…ちょっと座ろうか」

梨子「うん」

・・・

梨子「そういえば私達の最初の会話も浜辺だったわよね」

千歌「あはは、梨子ちゃんが海に飛び込んだ時だよね、あれはびっくりしたなぁ」

梨子「私もどうかしてたなぁって思うよ」

千歌「でもあの出来事がなければ今、千歌と梨子ちゃんは一緒にいなかったかもよ?」

梨子「確かにそうね」

千歌「あれも運命みたいなものなんだよ」

梨子「うん…そうかもね」

千歌「私達が出会ったのは運命、そして…私が梨子ちゃんを好きになったのも」

梨子「えっ///」
165: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/24(日) 21:44:09.80 ID:9/9nL0kp.net
千歌「梨子ちゃんが好きです、千歌と付き合って下さい!」

梨子「えっ!?えー!」

千歌「…ぷふっ何その顔、動揺しちゃって」

梨子「は?」

千歌「あはは、冗談でーす」

梨子「なっ…」ムカムカ

千歌「あっやば…」

梨子「よくも…よくも私をからかったわねー!」

千歌「にげろー!」



梨子「全く…」

千歌「ごめんごめん、告白の練習もしてみようかなって」

梨子「シチュエーション的に絶対考えてきてたでしょ!」

千歌「まぁ一応は…で、仮に本当だったとしたら梨子ちゃんの返答は?」

梨子「千歌ちゃん!」

千歌「あはは…すいませんでした」
167: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/24(日) 21:53:05.39 ID:9/9nL0kp.net
梨子「まぁ意外にやるじゃない、これぐらいの度胸があればすぐに彼氏もできると思うよ」

千歌「そうかなー、男の子ほとんどいないからまず出会いがないとね」

梨子「それに関しては事実だから、なんとも言えないけど」

千歌「そうだ梨子ちゃん、手繋ごうよ」

梨子「いいけど、なんで?」

千歌「これも練習、はい」スッ

梨子「うん」ニギッ

千歌「わっ///指絡ませないでよ」

梨子「恋人繋ぎダメ?」

千歌「ダメじゃないけど、したことないからびっくりしちゃった」

梨子「これも慣れておかないとね」

千歌「うん///」

・・・

梨子「あれ、ここから富士山って見えたんだ!」

千歌「そうだよ、あっでも港の方の"びゅうお"からの方がもっと見えると思うよ」

梨子「びゅうお?」

千歌「展望台になってる水門のことだよ、行ってみよっか」

梨子「うん、いいわよ」
169: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/24(日) 22:00:25.33 ID:9/9nL0kp.net
曜「なんか車の中狭いんだけど」

曜ママ「買いすぎちゃったわね」

曜「お母さんがあれもこれも買うからだよ…またお父さんが"無題使いするな"って怒るよ?」

曜ママ「生活に必要だからいいのいいの」

曜「いいなら私はいいんだけど…さ」

曜ママ「じゃぁ"びゅうお"の方行くわね」

曜「うん」

曜ママ「もしかして他のところ寄りたい?」

曜「うーん服買いたいかなぁって思ったけどどうしよう」

曜ママ「そういう時はコイントスして決めれば?表なら服屋から"びゅうお"、裏なら"びゅうお"直行」

曜「なにそれ」

曜ママ「早く決めちゃって」

曜「うっうん」パチン

コロン

曜「裏だ」
175: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/24(日) 22:23:02.75 ID:9/9nL0kp.net
大型展望水門 びゅうお

曜ママ「うひょー」

曜「お母さんテンションおかしいよ」

曜ママ「凄いわこのカメラ、ほら曜ちゃんも撮ってみなよ」

曜「いやぁ私はカメラとかよく分からないから」

曜ママ「あらつれないのね、ちょっとお母さん向こう行ってくるね」

曜「うん」

曜「数年前に千歌ちゃんとお母さんと来た時と変わらない風景だ…お母さんも何が楽しいんだか…」

曜「変わらないままであって欲しかったなぁ何もかも…」

ブルッ

曜「あれ善子ちゃんからライン」

『善子「見て見て!この服どう?」』

曜「善子ちゃんの服って衣装っぽいから参考になるなぁ」ポチッ

『曜「凄いね、参考にしたいから今度見せてよ」』

『善子「†OK†」』

曜「…」

ネーミテミテ

曜「ん?」

千歌「ほらー!よく見えるでしょ?」

梨子「ほんとだ!」

曜「えっ?」
179: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/24(日) 22:30:27.21 ID:9/9nL0kp.net
翌日

花丸「あれ曜ちゃんは?」

千歌「今日は休みだよ」

花丸「何かあったのかなぁ?」

梨子「先生に聞いてみたけど、風邪って言ってたよ」

善子「曜が風邪なんて珍しいわね」

ルビィ「ちょっと心配だなぁ」

千歌「うん、今日帰りにお見舞いしに行くね」

梨子「私も行くわ」

花丸「じゃぁおらも」

ルビィ「ルビィも」

千歌「いいよいいよ、そんな大勢で押しかけたら曜ちゃん疲れちゃうよ」

花丸「確かに…わかったずら」

ルビィ「はーい」
184: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/24(日) 22:36:40.74 ID:9/9nL0kp.net
渡辺家

ピンポーン

曜ママ「あら千歌ちゃん」

千歌「あの曜ちゃんいますか?」

曜ママ「曜なら部屋にいると思うけど、あがる?」

千歌「はい、お邪魔します」

梨子「お邪魔します」

コンコン

千歌「曜ちゃーん」

梨子「返事ないね、寝てるのかな?」

千歌「確かに…それ考えないで大声出しちゃった」

コンコン

梨子「曜ちゃん、はいるよ」

ガチャ

千歌「あれ?」

梨子「いない?」
185: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/24(日) 22:42:42.11 ID:9/9nL0kp.net
ピンポーン

善子「おっ!7時ぴったし!アマゾンきたー!」

ドタドタドタ

ガチャ

善子「♪」

善子「…って…え?」

曜「…」

善子「どっどうしたのよ?今日風邪で休んでたわよね?」

曜「あのね…」

善子「分かったわ!風邪をひいてもなお、あの服を見たいのね、ちょーっと待ってt」

ギュッ

曜「善子ちゃん!」

善子「はっはい!」ビクッ

曜「善子ちゃん…私ね…」
189: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/24(日) 22:49:14.11 ID:9/9nL0kp.net
翌日 部室

千歌「曜ちゃん大丈夫だったのかなぁ…おばさんも連絡ぐらいくれればいいのに」

梨子「流石に失踪はないと思うし…」

千歌「千歌なにかまずいことしたかなぁ」

梨子「なんで千歌ちゃんのせいになるの?」

千歌「いやぁなんとなく…」

ガラッ

千歌「おっ善子ちゃん」

善子「今これだけ?」

梨子「そうだけど」

善子「これぐらいならいいか、ねぇ千歌」

千歌「んー?」

善子「この部って部内恋愛あり?」

千歌「…えっ?どういうこと?」

善子「曜に告白された」

千歌・梨子「は!?」
192: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/24(日) 22:55:53.88 ID:9/9nL0kp.net
梨子「えっ?どういうことよ」

善子「しっしらないわよ!」

千歌「そっそれでどうしたの?」

善子「付き合うことにしたわ」

千歌「えー!」

梨子「…」

千歌「なんで?」

善子「なんでって…別に断る理由もないし」

千歌「ちょっと待ってよー、あー頭の整理が追いつかない」

善子「まぁということだから」

梨子「それいつ言われたの?」

善子「昨日よ」

千歌「…そういうことかぁ」

梨子「あなた達それっぽい関係だったっけ?」

善子「さぁ服の話で盛り上がるぐらいの仲ではあったけど」

千歌「梨子ちゃん…」

梨子「取り敢えず出方がわからないから触れないでおきましょう」

善子「?」
193: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/24(日) 23:03:46.70 ID:9/9nL0kp.net
ガラッ

曜「ヨーソロー!」

千歌「えっ曜ちゃん?」

梨子「!?」

曜「善子ちゃん!新しい衣装のデザインできたよ、今度は善子ちゃんセンタ―のつもりで描いたんだ」

善子「ふーん見せて」

曜「はい」

善子「へぇ中々堕天度が高くていいわね、でもこんな羽作れるの?」

曜「うん大丈夫だよ」ベタベタ

善子「ちょっと近くない?」

曜「そうかな?」

千歌「ねぇ曜ちゃん」

曜「なに?」

千歌「体調…大丈夫なの?」

曜「うん治ったから練習に来ただけだよ、でさ善子ちゃんここのフリフリなんだけどさ」グイグイ

善子「うわっちょっと///」アセアセ
194: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/24(日) 23:13:25.99 ID:9/9nL0kp.net
翌日 部室

曜「善子ちゃん大好き」ギュッ

善子「だからってここでベタベタする必要ないでしょ!」

曜「だって好きなんだもん」スリスリ

善子「もう///曜も…堕天したいのね?」

曜「うん善子ちゃんと堕天したい」

善子「なんか意味変わってません?」

花丸「どういうことずら…」

ルビィ「ピゲェ…」

梨子「あの2人付き合うことにしたらしいわ」

花丸「なっ///いつの間にそんな…善子ちゃんはマルの…」

ルビィ「マルちゃん?」

花丸「いやなんでもないずら」

曜「今日の夜、善子ちゃんち行ってもいい?」

善子「別にいいけど、今日は親もいないし、ゲーム三昧できるわよ」

曜「やった!楽しみにしてるね」

千歌「曜ちゃん…」
197: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/24(日) 23:29:33.85 ID:9/9nL0kp.net


ピンポーン

ガチャ

善子「あがっていいわよ」

曜「お邪魔しまーす」

善子「飲み物入れるから私の部屋で待ってて」

曜「うん」

・・・

善子「はい、アイスティーでよかったかしら?」

曜「善子ちゃんの入れたものならなんでもいいよ」

善子「…しっかし、あの時はびっくりしたわよ」

曜「あははごめんね」

〜***〜

曜「善子ちゃん…私ね…」

善子「はい…」ゴクリ

曜「善子ちゃんのことが好き、付き合って下さい」

善子「///」

曜「…」

善子「…えぇわかったわ」

曜「ほん…とに?」

善子「こんな真面目な話で嘘つかないわよ!」

曜「ありがとう、善子ちゃん」

〜***〜
201: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/24(日) 23:39:34.17 ID:9/9nL0kp.net
>>199
時系列ミスにつき訂正

曜「うわーまた負けた」

善子「ふふーん」

曜「善子ちゃん強いねぇ」

善子「次これやる?」

曜「もういいかな」

善子「まだ22時よ!しかも明日祝日だし」

曜「ねぇ善子ちゃん」スルッ

善子「えっなに脱いでるの?さっきお風呂は行ったでしょ?」

曜「私を…私を抱いて」

善子「は?…えっ///」

曜「やだ?」

善子「やだっていうか、えっ?抱くって言われても…わからないわよ」

曜「ねぇ…私を一人にしないで」

善子「しないわよ!」

曜「なら抱いて、寂しさも悲しさも全部…善子ちゃんで埋めさせて」

善子「よく分からないけど、それは…私達まだ高校生よ?」

曜「善子ちゃんも私を1人にするんだね…」
202: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/24(日) 23:48:17.94 ID:9/9nL0kp.net
善子「ちょっ…わ…分かったわよ」

曜「善子ちゃん」バサッ

善子「きゃっ///」

曜「ほら…服脱いで」プチプチ

善子「あっ///恥ずかしいぃ」

曜「私達、恋人なんだから気にしなくていいよ」

善子「でっでもぉ///わっ下はだめぇ」

曜「善子ちゃん…綺麗だよ」チュッ

善子「きゃっそこにキスしないで///」

曜「ふふ、くすぐったい?」

善子「そこキスする場所じゃないから!」

曜「じゃぁこっちかな」ンチュ

善子「んっ…ぷはっ 」

曜「んっ♡ …善子ちゃんの舌の動き、凄くエッチだよ?」

善子「いわないでぇ」アセアセ
204: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/24(日) 23:58:05.74 ID:9/9nL0kp.net
曜「善子ちゃん…好き…大好き」

善子「あっ♡ 指入れないで」

曜「なんで?もうびちょびちょで入れてくださいって言ってるよ?」

善子「あうぅ」

曜「善子ちゃんは私の事好き?」ジュルジュル

善子「あっあっ♡ んー♡ 」ビクッ

曜「ねぇ好き?」ズポズポ

善子「あっダメ♡ なんかくる、来ちゃう♡ 」

曜「ねぇ」クイッ

善子「あ゛っ♡ んっ♡ 」ビクビク

曜「善子ちゃんイッちゃったね、ヨダレ垂らして可愛い」

善子「…なにこれ…凄い…曜…好き」

曜「私も好きだよ」チュッ
205: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 00:03:25.52 ID:3QWapfFa.net
翌日 朝

善子「んっ…もう朝か…曜は…まだ寝てるわね」

善子「シーツ汚れちゃってるわね、お母さん帰ってくる前に洗わないと…」

プルルル

善子「リリーからだ、こんな朝にどうしたのかしら」

善子「もしもし」

梨子「あっ善子ちゃん?」

善子「えぇ、どうしたの?」

梨子「今何処?」

善子「家だけど」

梨子「曜ちゃんそこにいる?」

善子「えぇ寝てるわ」

梨子「…話があるから沼津駅に来てもらえるかしら」

善子「別にいいけど」

梨子「私はもう駅の近くにいるから」

善子「分かったわ」
207: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 00:11:55.51 ID:3QWapfFa.net
梨子「善子ちゃん」

善子「話って何かしら」

梨子「曜ちゃんのこと」

善子「曜がどうかしたの?」

梨子「なんで二人は付き合うことにしたの?」

善子「それは曜が告白してきたからよ…」

梨子「善子ちゃんは曜ちゃんが好きなの?」

善子「まだ複雑な気持ちだけど…ちゃんと向き合って心から好きになろうと思ってるわ、それに…」

梨子「それに?」

善子「もうシちゃったし…」

梨子「!?…そう」

善子「もしかしてそのためだけに呼んだの?」

梨子「…ねぇ、もし恋人が自分のことを、叶わなかった誰かの代わりとして好きになっていたらどう思う?」

善子「は?どういう意味?」

梨子「曜ちゃんはね、千歌ちゃんに告白してフられたんだよ」
209: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 00:16:00.83 ID:3QWapfFa.net
善子「えっ…じゃぁ私は千歌の代わりってこと?」

梨子「そうよ」

善子「なによそれ…まじめに好きになろうって考えた私がバカみたいじゃない」

梨子「そうね」

善子「ちょっと曜のところ行ってくる」

梨子「うん」

・・・

バン

善子「ねぇ曜ちょっと外来て」

曜「あっ善子ちゃんおはよう」

善子「話があるから、早く服着て外に来て」

曜「えっ?わかったよ」

・・・

曜「話って何?」

善子「私が千歌の代わりってどういうこと?」
210: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 00:24:18.92 ID:3QWapfFa.net
曜「えっ…何言ってるの?誰がそんなこと」

善子「別にだれだっていいでしょ?」

曜「私よりも、そんな根も葉もないこと信じるの?」

善子「そんな動揺した顔で言われても説得力ないわよ」

曜「えっ嘘」

善子「私は曜を好きになってもいいって、そう思ったのよ?」

曜「うん知ってるよ!私も善子ちゃんのこと好きだから」

善子「嘘つき!」

曜「そんな…」

善子「別れましょう…私は無理よ、じゃぁ」

曜「ちょっと待ってよ!」

・・・

プルルル

善子「もしもし」

梨子「善子ちゃん、話は終わった?」

善子「ええ、私達の関係は終わらせてきたわ」

梨子「曜ちゃんは?」

善子「外に置いてきたから分からないわ」

梨子「そう」

善子「ちょっと気分悪いから切ってもいいかしら?」

梨子「うんごめんね」

ピッ
215: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 00:50:34.33 ID:3QWapfFa.net
曜「もういやだ…死にたい」

曜「千歌ちゃん…なんで私を裏切って梨子ちゃんなんかと…」

曜「ってきっと千歌ちゃんは梨子ちゃんが好きなんだよね」

曜「私が勝手に告白してフられて…」

曜「善子ちゃんも傷つけちゃったし…最低だ私」

曜「私は、心にぽっかり空いた穴を自分で埋めれなかった意気地なしなんだ…」

梨子「…やっぱりここにいた」

曜「梨子ちゃん…」

梨子「靴、向こうに置いてるけど何する気なの?」

曜「私はもうダメなんだ…」

梨子「…」

曜「日曜日に見ちゃったんだ、千歌ちゃんと梨子ちゃんが手を繋いでデートしてるの」

梨子「あっあれは…」

曜「隠さなくてもいいよ」

梨子「違うわ、あれは千歌ちゃんのデートの練習よ?私と千歌ちゃんの間には何もないわ」

曜「そう…なの?」

梨子「えぇ、千歌ちゃんに友達以上の感情なんてないし」

曜「そっか…でもフられたことには変わりないし…勘違いして善子ちゃんまで傷つけちゃった」

梨子「…」

曜「誰か私を助けてよ…私を一人にしないでよ…私を求めてよ…」

梨子「じゃぁ、私が曜ちゃんを支えてあげる」

曜「えっ?」

梨子「私が曜ちゃんの彼女になってあげる」

曜「いい…の?こんな最低な私を…勘違いで梨子ちゃんのこと妬んでたんだよ?」

梨子「ええ、いいのよ…」

曜「うっ梨子ちゃん、梨子ちゃーん」

梨子「いっぱい泣いて、私で全部忘れちゃおうよ」

曜「うん…うん…」ギュ

...ちょっと想定外もあったけど結末は想定内、"私"にはそれだけの運と実力があるのだから

END
222: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 01:14:04.38 ID:3QWapfFa.net
曜「なんか車の中狭いんだけど」

曜ママ「買いすぎちゃったわね」

曜「お母さんがあれもこれも買うからだよ…またお父さんが"無題使いするな"って怒るよ?」

曜ママ「生活に必要だからいいのいいの」

曜「いいなら私はいいんだけど…さ」

曜ママ「じゃぁ"びゅうお"の方行くわね」

曜「うん」

曜ママ「もしかして他のところ寄りたい?」

曜「うーん服買いたいかなぁって思ったけどどうしよう」

曜ママ「そういう時はコイントスして決めれば?表なら服屋から"びゅうお"、裏なら"びゅうお"直行」

曜「なにそれ」

曜ママ「早く決めちゃって」

曜「うっうん」パチン

コロン

曜「表だ」

曜ママ「じゃぁ一回駅の方寄ってからにしようか」

曜「うん」
230: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 14:06:21.91 ID:3QWapfFa.net
曜「なるほど…」

曜ママ「熱心に絵を描いて何してるの?」

曜「衣装の参考になりそうな服のデザインをメモしてるんだよ」

曜ママ「服が見たいってまさかそのこと」

曜「そうそう、あっこれかわいいかも」

店員「それ若い人に人気なんですよ、さっきもお客さんと同じぐらいの子が買っていきましたよ」

曜「へぇでもゴシック系の衣装って、中々着るの勇気いりますよね」

店員「お客さんぐらい可愛ければ何でも似合いますよ」

曜「美人て…全然ですよ」

曜ママ「この子ねスクールアイドルやってるんですよ」

店員「通りで可愛いわけですね」

曜「もう///お母さんも余計なこと言わないでよ」

曜ママ「お母さんこれ着てる曜のことみてみたいなぁ」

曜「えー///私には無理だよ」

曜ママ「じゃぁお母さんが買ってあげる!」

曜「ほんとに?」

曜ママ「うん」
231: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 14:16:35.52 ID:3QWapfFa.net
大型展望水門 びゅうお

曜ママ「うひょー」

曜「お母さんテンションおかしいよ」

曜ママ「凄いわこのカメラ、ほら曜も撮ってみなよ」

曜「いやぁ私はカメラとかよく分からないから」

曜ママ「あらつれないのね、ちょっとお母さん向こう行ってくるね」

曜「うん」

曜「数年前に千歌ちゃんとお母さんと来た時と変わらない風景だ…お母さんも何が楽しいんだか…」

曜「そういえば今日買ってもらった服、最初は千歌ちゃんに見せたいな」

・・・

ブルッ

曜「あれ善子ちゃんからライン」

『善子「見て見て!この服どう?」』

曜「善子ちゃんの服って衣装っぽいから参考になるなぁ」ポチッ

『曜「凄いね、参考にしたいから今度見せてよ」』

『善子「†OK†」』

曜「…」

曜「この十字架みたいな文字どうやって打つんだろう」

曜ママ「曜ったらいつまでそこにいるの?」

曜「ごめん友達とラインしてた」

曜ママ「夕飯の支度もあるからそろそろ帰るわよ」

曜「はーい」
232: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 14:40:17.91 ID:3QWapfFa.net
翌日 部室

果南「もーダイヤはほんとドジなんだからぁ」

ダイヤ「ドジではありませんわ!」

果南「ほら絆創膏貼ってあげるから足出して」

ダイヤ「はい」スッ

スカート ピラッ

果南「あーもう内腿まで切れてるじゃん」

鞠莉「もーダイヤったらほんとキュートね」モミモミ

ダイヤ「私が動けないことをいいことに胸揉まないでくれます?」

鞠莉「もーつれないなぁ別に減るもんでもないんだし♪」

ダイヤ「むしろ増えてほしいところですわ」

曜「ダイヤちゃんどうかしたの?」

果南「木登りしてたら落ちちゃってね」

曜「あははは(にしてもこの三人はいつもべったりしてるなぁ)」

千歌「曜ちゃんなにぼけーっと見てるの?」

曜「なんかいい雰囲気だなぁって」

千歌「確かに、前はギスギスしてたけどある時からすごい距離感縮んだよね」
233: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 15:04:49.68 ID:3QWapfFa.net
曜「(…千歌ちゃん可愛いなぁ、やっぱり忘れるなんて私には無理だよ…)」

千歌「?千歌のこと見つめてどうしたの」

曜「///いやっなんでもないよ!」

梨子「因みに私の想定だとあの3人付き合ってると思うわ」

千歌「梨子ちゃん、そろそろその手の冗談、千歌には通じないよ?」

梨子「ふーん」

曜「大体3人が付き合ってるって意味わからないしね」

善子「まずこの部って部内恋愛ありなの?」

千歌「別に規制はしてないっていうか考えてなかったっていうか」

善子「千歌はあんまりそういうこと考えなさそうだしね」

千歌「善子ちゃんは恋人いるの?」

善子「いっいるわけないじゃない堕天使は孤高なのよ」

千歌「なーんだ」
236: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 15:31:24.51 ID:3QWapfFa.net
曜「そういえば明日は祝日だけど練習どうする?」

果南「私は暇だからやってもいいよ」

ダイヤ「優勝を狙うなら当然休んでる暇なんてありませんわ」

千歌「じゃ9時に部室集合で」

果南「千歌は祝日だと遅刻しちゃうもんね?」

曜「(ちょっとトイレっと)」ガタッ

千歌「あー確かにじゃぁ10時にしようか」

果南「おっけー」

・・・

翌日 8:50

曜「確か集合は9時だったよね…」

チョット イマソッチハ

曜「ん?…えっ」スタッ

果南「ねぇダイヤ私のこと好き?」モミモミ

ダイヤ「あっ///好き…ですわ」

果南「興奮しちゃって…下びちょびちょだよ?」

ダイヤ「こんなところで、こんなことするからですわ…」

果南「じゃぁやめる?」

ダイヤ「・・・」ビクビク

曜「え?どういうこと…」
237: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 15:47:39.19 ID:3QWapfFa.net
ピチャ

ダイヤ「あっ」

果南「千歌の席にダイヤのエッチな汁ついちゃったね、千歌はそんなことも知らずにここに座るんだろうなぁ」

ダイヤ「早く…拭いてください」

果南「だーめ、まだ途中だよ」クチュクチュ

ダイヤ「んっ♡ 」ビクッ

果南「あっイっちゃった?」

ダイヤ「はぁはぁ」

果南「ほら服着て、一時間前だけど誰か来て見つかるかもしれないよ?」

曜「(見つけちゃってるよーどうしよー、二人は恋人?でも鞠莉ちゃんは?)」

曜「とりあえず10時まで教室にいよう」タッ

・・・

鞠莉「かーなーん、シャイニー!」ドン

果南「わっ鞠莉いつの間に」

鞠莉「二人で勝手に楽しむなんてナンセンスよ?」

果南「ごめん」

鞠莉「でも許してあげる、可愛い可愛い果南ちゃん」モミモミ

果南「うわっ♡ 」
238: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 16:36:25.83 ID:3QWapfFa.net
10:05

曜「もうそろそろいいよね」ガラッ

千歌「あー曜ちゃん遅刻ー」

曜「ごめん急にお腹痛くなっちゃって」

ダイヤ「だとしても遅刻は遅刻ですわ、今後気を付けるように」

曜「うん(あんな情けない顔してたのに…今はキリっとしてるなぁ)」

梨子「どうしたの曜ちゃん」

曜「いや何でもないよ、早速基礎トレから始めようか」

梨子「今日は曜ちゃんと果南ちゃん、千歌ちゃんと花丸ちゃん、ルビィちゃんとダイヤちゃん、鞠莉ちゃんと善子ちゃんでバディね、私はソロでやるわ」

善子「(げっ…絶対胸揉まれる…)」

・・・

曜「ねぇ果南ちゃん」

果南「なに?」

曜「練習後に聞きたいことがあるんだけど」

果南「んーいいけど、何のこと」

曜「それは後で…屋上に来てね」

果南「?うん」
241: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 17:19:05.99 ID:3QWapfFa.net
屋上

果南「それで聞きたいことって?」

曜「あのね…今日見ちゃったんだ」

果南「…まさか」

曜「うん、果南ちゃんよダイヤちゃん…付き合ってたの?」

果南「バレちゃったか…朝早く来てたの?」

曜「9時集合だって言ってたから…」

果南「千歌ちゃんは10時って…(あの時いなかったのかぁ)」

曜「そうなの?でも、見ちゃったから…落ち着くために一時間ほど教室にいたんだ…」

果南「まぁ見た通りの関係だけど、少しだけ違うよ?」

曜「どういう意味?」

果南「私はダイヤの彼氏だけど鞠莉の彼女でもあるの」

曜「?どういう…」

果南「つまりはこういうこと

果南(彼氏) : ダイヤ(彼女)
ダイヤ(彼氏): 鞠莉(彼女)
鞠莉(彼氏) : 果南(彼女)

曜「えっ…」
244: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 17:34:39.41 ID:3QWapfFa.net
果南「この答えに行きつくまでもの凄い妬みあっててね」

曜「だからちょっと前まではギスギスしてたんだ」

果南「そうそう、でも鞠莉が形式に捕らわれた恋愛じゃなくてもいいんじゃないかって提案してくれたの」

曜「流石、鞠莉ちゃん…」

果南「私達は、独占欲は捨てて、互いに均衡を意識しながら恋愛してるんだよ」

曜「凄いね…私にはできないよ…だって私だけの千歌ちゃんにしたいもん」

果南「さらっと凄いこと言ってるけど、大丈夫?」

曜「?わっぁ今のなし!」

果南「いいよ、気付いてたし」

曜「そう…なの?」

果南「うん、だって千歌を見る目が好きですって言ってたもん」

曜「あうぅ」

果南「悩んでるの?」

曜「わかるの?」

果南「まぁ、ね」
246: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 17:49:28.67 ID:3QWapfFa.net
曜「千歌ちゃんに告白したんだけどフラれちゃったんだ」

果南「そうなの?千歌ならOKしてくれると思ってたけど」

曜「たぶん千歌ちゃんは女の子に興味がないのかもしれない」

果南「そんな…私がちゃんと教育したつもりだったんだけど…」

曜「内浦にいれば自然と女の子を好きになって、結ばれるものだと思ってた」

果南「うんうん」

曜「でも千歌ちゃんは…」

果南「実は恋愛感情がよくわかってないんじゃない?」

曜「え?」

果南「あの子精神的に幼いから自分の感情が整理できてない可能性も十分にあるよ」

曜「そうなのかな…」

果南「なんか弱気だけど、千歌のこと諦められるの?」

曜「それは…できないよ、無理だよ!忘れようと思ったけどこんなにも好きなんだもん」

果南「一ついいこと教えてあげる、私とダイヤが1年生の時の話」

曜「うん」

果南「私はね…ダイヤに10回告白して10回フラれたんだよ?」
249: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 18:06:11.63 ID:3QWapfFa.net
曜「そうなの?」

果南「うん、告白しては距離が離れ、また近づいては告白して…大変だったよ」

曜「凄いね…」

果南「結果として付き合えたのは2年後ってことだけど、私がダイヤを好きって気持ちに迷いはなかった」

曜「迷い…」

果南「そう、好きなら迷うな!ずっと好きでいれば絶対相手は気持ちに応えてくれるよ」

曜「そっか…そうだよね!一回フラれたぐらいで終わりじゃないよね」

果南「そうだよ!」

曜「ありがとう果南ちゃん!あと今回の話は秘密にしておくね」

果南「うん、よろしくね」
251: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 18:26:21.12 ID:3QWapfFa.net
ガラッ

曜「千歌ちゃんまだいたんだ」

千歌「うん、一人の方が歌詞とか考えやすいかなって思って」

曜「じゃぁ邪魔しちゃったね」

千歌「いいよ」

曜「ねぇ千歌ちゃん」

千歌「なに?」

曜「私、千歌ちゃんが大好きだよ」

千歌「うっうん」

曜「千歌ちゃんにはフラれちゃったけど、やっぱり千歌ちゃんが好き」

千歌「ありがとう…でもね曜ちゃん」

曜「わかってる!だから私が千歌ちゃんを惚れさせてあげる」

千歌「えっ///」

曜「女の子が好きだって気づかせてあげる」

千歌「そんなこと言われても」

曜「千歌ちゃん一応もう一回言っとくね…大好きです、私と付き合ってください」

千歌「えーっとごめんなさい」

曜「わかってた!でも全然気にしない」

千歌「曜ちゃん…」

曜「大好き!」ギュッ

千歌「わっ///ちょっと!曜ちゃん」


梨子「ふーん…」
254: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 18:50:36.23 ID:3QWapfFa.net


ガラッ

梨子「ねぇ千歌ちゃん」スッポンポン

千歌「うーん?ってうわまた裸」

梨子「別にいいじゃない」

千歌「良くはないよぉ」

梨子「ねぇちょっと聞きたかったんだけど、こないだの告白、本当に冗談?」

千歌「日曜日のやつ?そりゃ冗談だよ」

梨子「へぇ私結構うれしかったんだけどなぁ」

千歌「え?」

梨子「冗談って言われてちょっと傷ついたよ?」

千歌「そっそんなこと言われても私たち女の子同士だよ?」

梨子「それが?」

千歌「だって梨子ちゃんだって彼氏いたんでしょ?それが普通でしょ?」

梨子「うん、いたよ、でも男の子とは一言も言ってないよね?」

千歌「へ?」
257: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 18:59:27.26 ID:3QWapfFa.net
梨子「私、女の子としか付き合ったことないから」

千歌「えー!」

美渡「千歌うっさい!」

千歌「あっあははは」

梨子「千歌ちゃんがちゃんと告白してくれたらOKしてたのになぁ」

千歌「と、言われましても…」

梨子「やっぱり男の子が好き?」

千歌「そういわれるとよく分からなくなってきたよ…曜ちゃんと梨子ちゃんとずっと一緒だったら幸せなのは確かだし…」

梨子「でしょ?」

千歌「でもそれが恋愛感情かって言われると…」

梨子「まだまだ幼いのね千歌ちゃんは」

千歌「そうなのかなぁ」
259: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 19:09:24.94 ID:3QWapfFa.net
千歌「でも女の子同士はおかしいよ…」

梨子「そうかしら?μ'sは全員同性愛者でその気持ちを曲に乗せてるってルビィちゃんから聞いたけど?」

千歌「そうなの?」

梨子「うん、Anemone heartって聞いたことある?」

千歌「あるよ!いい歌詞だよね」

梨子「あれが園田海未と南ことりの高坂穂乃果への愛の感情だとしたら?」

千歌「え…そういうこと!?そう考えるとより儚い気持ちが伝わってくるかも…」

梨子「いい曲よね、きっと異性愛者だったらあの歌詞、生まれてないと思うよ」

千歌「そう…かもね」

梨子「女の子同士はおかしくないよ?むしろ歌詞に深みを持たせることもできる」

千歌「一理あるけど…」

梨子「千歌ちゃんももっと深みのある歌詞、書きたいでしょ?」

千歌「うん…」

梨子「だったら同性恋愛もアリだって思うけど?」

千歌「でも…」ゴクリ
264: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 19:36:05.14 ID:3QWapfFa.net
梨子「まぁじっくり考えてみたら?」

千歌「うん…」

梨子「じゃぁお休み」

千歌「お休み」

・・・

バタン

千歌「はぁ…女の子同士かぁ…曜ちゃんだけじゃなくて梨子ちゃんもだったなんて」

千歌「μ'sも…もしかして千歌がおかしいのかな?」

美渡「ほーん今更恋愛で悩んでんの?」

千歌「うわっ///なんでそこに」

美渡「ちょっと怒りに来ただけ、まぁ梨子ちゃんと話してたからやめたけど」

千歌「ごめんなさい」

美渡「別にさ、好きと愛してるって区別しなくてもいいんじゃないの?」

千歌「えっ?」

美渡「好きなら好きで付き合っちゃえばいいじゃん、付き合うことがゴールじゃないんだし」

千歌「…そうなのかな」
268: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 20:44:58.35 ID:3QWapfFa.net
千歌「ありがと美渡姉、ちょっと気持ちを整理してみるよ」

美渡「うん、大声禁止だからね」

千歌「わかってるよ」

ガチャッ

千歌「曜ちゃん…好き、梨子ちゃんも…好き…」

千歌「曜ちゃんは千歌のことが好き、梨子ちゃんも?かな」

千歌「…あー!もうどう考えても修羅場だよー!」

千歌「曜ちゃんと梨子ちゃんはお互いをどう思ってるんだろう…」

千歌「やっぱり仲良く見えてライバル?」

千歌「よく分からないや、寝よ」

パチン
270: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 20:56:23.21 ID:3QWapfFa.net
翌日

千歌「」ジー

梨子「なっなに?」

曜「千歌ちゃん?」

千歌「千歌には気にせずどうぞ会話をお楽しみください」

梨子「と言われてもそんな睨まれたら…」

曜「そうだよ千歌ちゃん、でも睨んでる顔もかわいいねよしよし」

千歌「///」

曜「あはは照れてる照れてる、よーしよし」

梨子「(かわいい…)」

千歌「ねぇ今週の土曜日三人で遊ばない?」

曜「いいよ」

梨子「私も大丈夫だけど」

千歌「じゃぁ12時に沼津駅集合ね」

梨子「沼津?なんで?千歌ちゃんちじゃダメなの?」

千歌「千歌はギリギリまで家の仕事あるから一緒にいけないのだ」

梨子「・・・?そう、なら時間をずらせば…」

千歌「よし!練習しよう!」ガタッ
272: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 21:28:28.23 ID:3QWapfFa.net
果南「ほらダイヤちゃんと足伸ばして、怪我しちゃうよ」

ダイヤ「わかってますわ!あっあいたたた」

果南「ほらー最近柔軟ちゃんとしてないでしょ?」

鞠莉「果南のこっちは柔軟してるみたいね」モミモミ

果南「ちょっ///今ストレッチ中!」

鞠莉「いいのいいの、それに果南は押してるだけでしょ?」

曜「(三人の関係を知ったら何気ない風景も違って見えるなぁ)」

花丸「ルビィちゃん逃げるずら」

ルビィ「ピギィ?」

善子「こらーズラ丸!私の羽返しなさい!」

花丸「善子ちゃんのものはマルのものずら」

善子「どこのジャイアンよ!こらー」

曜「(あの三人も実は恋人同士…とかあるのかな?)」

梨子「曜ちゃん、次、曜ちゃんがストレッチだよ?」

曜「あっうん」
273: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 21:40:58.22 ID:3QWapfFa.net
金曜の夜

曜「千歌ちゃんと遊ぶの久しぶりだなー、よし!この前買った服着ていこー」

曜「慣れないから恥ずかしいけど…変じゃないよね…可愛いよね?私」

曜ママ「うん可愛い」

曜「うわっいきなり後ろに立たないでよ」

曜ママ「曜ちゃんがこういうの大好きならもっと買ってあげるのになぁ」

曜「///」

・・・

梨子「服はどうしようかしら…この前買ったゴシックのやつでいいかな?」

梨子「千歌ちゃんは前買った服、着てきてくれるのかな?」
274: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 22:09:06.65 ID:3QWapfFa.net
土曜日 11:50

『曜「千歌ちゃん間に合いそう?私はもう駅着いたけど」』

『梨子「私はもうすぐ着くよ」』

『曜「千歌ちゃーん」』

『千歌「ごめん」』

『梨子「どういうこと?」』

『千歌「熱が出ちゃっていけなくなっちゃったのだ」』

『曜「えー!」』

『千歌「今日は二人で楽しんで…ね(パタリ」』

『--普通怪獣がグループを退出しました。--』

梨子「これ絶対嘘よ、様子がおかしかったのはこれね…って曜ちゃん?」

曜「…梨子…ちゃん?」

梨子・曜「なんで同じ服着てるの?」
277: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/25(月) 23:59:25.21 ID:3QWapfFa.net
曜「とりあえず恥ずかしいから人気のないところに行こう」

梨子「えっえぇ」

曜「少し距離置いてからついてきて!恥ずかしい」

梨子「わかったわ」

・・・

梨子「ここなら誰もいなさそうね」

曜「そうだね…でさその服なんだけど」

梨子「どう見ても同じ服よね」

曜「どこで買ったの?」

梨子「前の日曜日に千歌ちゃんとイシバシプラザ行ったときに」

曜「私も同じ!店員さんが言ってた子って梨子ちゃんだったんだね」

梨子「え?店員?まぁいいけど、これじゃ遊ぶどころじゃないわよ」

曜「でさ梨子ちゃん」

梨子「なに?」

曜「日曜日に千歌ちゃんとってどういうこと?」
282: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/26(火) 19:44:09.07 ID:0/E+y8VA.net
梨子「あっやい違うの!たまたま千歌ちゃんと会っただけっていうか」

曜「珍しく冷や汗かいてるけど?素直になったほうがいいよ」

梨子「千歌ちゃんが…誘ってきたのよ」

曜「千歌ちゃんが?」

梨子「まぁ…そうね」

曜「じゃぁ千歌ちゃんは梨子ちゃんが好きってこと?」

梨子「そうでもないらしいけど…」

曜「ふーん」

梨子「やけに冷静ね、ショックでおかしくなると思ってた」

曜「少し前の私だったら…ね、腹いせに他に彼女作って暴走してたかもね」

梨子「何かあったの?」

曜「まぁ…ね」

梨子「?」

曜「平和な三角関係だよ」

梨子「平和な…三角関係?」
288: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/26(火) 21:18:34.68 ID:0/E+y8VA.net
曜「三人でお互いを彼氏彼女にして恋愛するんだよ」

梨子「えーっとそれって園田式恋愛術?」

曜「園田式?」

梨子「三竦みみたいな感じで均衡を保って恋愛する方法だよね?」

曜「なんで知ってるの!?」

梨子「音ノ木坂じゃよく使われてる恋愛方法だよ」

曜「そうなの!?」

梨子「なんで園田っていうのかは知らないけど、昔付き合ってた先輩が教えてくれたの」

曜「へーやっぱ東京はすごいね…」

梨子「それで、園田式恋愛術…やってみたいの?」

曜「そう…だけど…私は千歌ちゃんが好きで…でも千歌ちゃんは…」

梨子「曜ちゃんが覚悟完了してるなら、もうばらしてもいいかな」

曜「ばらす?」

梨子「私はね曜ちゃん、どんな手段をもってしても曜ちゃんを彼女にしたいと思ってたの」

曜「え///」

梨子「たとえそこに悲劇があってもね」
294: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/26(火) 21:49:21.77 ID:0/E+y8VA.net
曜「悲劇って…」

梨子「選択一つ間違えれば曜ちゃんが壊れちゃってたかもしれないしね」

曜「…それってさ、梨子ちゃんが私を好きってことだよね?」

梨子「うん…千歌ちゃんに近づいたのも曜ちゃんの嫉妬心を利用するため」

曜「その割にバレて焦ってたよね?」

梨子「想定と違う場所でバレちゃったからよ」

曜「なにそれ、もっと素直に言ってくれればよかったのに」

梨子「素直な恋愛はもう飽きちゃったから、スリルを求めてたのかもね」

曜「えー」

梨子「でも千歌ちゃんも好きだよ、だから私は園田式恋愛術を使う覚悟もあったの」

曜「そうなんだ…」

梨子「曜ちゃんは私のこと好き?」

曜「好き…だけど、千歌ちゃんへの気持ちのほうがずっと強いよ…」

梨子「知ってる、だから曜ちゃんは私の彼女になって」

曜「彼女?」

梨子「"彼氏"は告白して、彼女を追う側、"彼女"は追われる側、それを三竦みにすることが園田式のスタートなの」

曜「最初から相思相愛はないってこと?」

梨子「当り前じゃない、努力なしにできると思ってたの?」
300: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/26(火) 22:19:04.35 ID:0/E+y8VA.net
曜「あはは、あんまり考えてなかったよ」

梨子「じゃぁ改めて言います、曜ちゃん!」

曜「はっはい!」

梨子「私と付き合ってください」

曜「よっよろしくお願いします…」

梨子「よくできました」ギュッ

曜「わっいきなり恋人繋ぎしないでよ」

梨子「でももう曜ちゃんは私の彼女だから」グイグリ

曜「わっ///いきなりイチャイチャされたら恥ずかしいよ」

梨子「私は恥ずかしくないけど?」

曜「それは知ってるよー///」

梨子「ほら立って、取りあえずここから出よっか」

曜「でも同じ服で歩くのは…」

梨子「私たち恋人同士なんだからいいじゃない、ペアルックよ!」

曜「うぅ///(梨子ちゃん彼氏になった瞬間からすごいリードしてくれるなぁ)」
309: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/26(火) 22:40:07.19 ID:0/E+y8VA.net
ネーアレ ペアルックダ カワイイジャン ミオボエノアルカオズラ

梨子「ふんふん♪」

曜「(うわぁ皆私たちのこと見てるよぉ)」

梨子「曜ちゃん!お昼過ぎてるし、ご飯食べよっか」

曜「えー今日は帰ろうよぉ」

梨子「私、お腹すいちゃって家まで持ちそうにないし」

曜「のわりにルンルンだよね」

梨子「曜ちゃんは何食べたい?」

曜「ハンバーグ…かな?って待って、恥ずかしいから帰りたい!」

梨子「ハンバーグか…さわやかは近くにないし、あそこの洋食屋さんでいい?」

曜「はうぅぅようそろぉ…」コクリ

梨子「んふふ、可愛い」
310: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/26(火) 23:00:30.48 ID:0/E+y8VA.net
梨子の部屋 21:00

曜「はぁやっと羞恥心から解放されたよぉ」

梨子「ほんとは興奮してたくせに」

曜「えー///してないよ!」

梨子「でもちょっと濡れてたよね」

曜「ぬっ濡れ?濡れてた!?」

梨子「うん…私が強引に連れまわす度に湿らせてたよね?」

曜「なんでそんなことわかるの?」

梨子「手から伝わる汗の感覚でそういうのわかるのよ」

曜「えぇ…」

梨子「で、実際どうなの?」

曜「…はい、ちょっと興奮してました…」

梨子「やった!一年前に比べて精度上がってきたかも」

曜「梨子ちゃん恐ろしいよぉ」

梨子「あっ千歌ちゃん着替えてる」

曜「ほんとに!?」ガタッ
317: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/26(火) 23:35:09.04 ID:0/E+y8VA.net
梨子「カーテンから透けて見えるでしょ?」

曜「凄い…胸の形とかくっきり見えるよ」

梨子「ベランダでる?」

曜「うん」ガラッ

梨子「…」

曜「いいなぁ梨子ちゃんはいつものこの風景を見てるんだもんね」

梨子「やっぱり曜ちゃんは千歌ちゃんに釘付けなんだね」

曜「あっごめん…」

梨子「いいけど、やっぱり妬けるな」

ガラッ

千歌「なんで二人で覗いてるの!」

曜「千歌ちゃん!前!前!」

千歌「えっ?わーっ」ドタドタ

ガラッ

千歌「では改めまして、なんで覗いてるの!」

梨子「千歌ちゃんが着替えてるから」

千歌「なにそれ!そんなに千歌のこと好きなの!?」

梨子「うん」

千歌「うっ///」 
319: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/26(火) 23:41:02.48 ID:0/E+y8VA.net
梨子「まーでも、私はこっちの"彼女"のほうが好きだけど」チュッ

曜「んむっ///」

千歌「へっ!?」

曜「ぷふぁっ梨子ちゃんいきなりキスしないでよ!」

梨子「いいじゃない恋人なんだし」

千歌「二人…付き合ってるの?」

梨子「うん」

曜「正確には今日からなんだけどね」

千歌「うわぁ///」

梨子「千歌ちゃんが嘘ついてドタキャンしてくれたおかげでね」

千歌「あっ…ちょっと風邪が…」

梨子「ちーかーちゃん!」

千歌「うっ」

曜「千歌ちゃん嘘ついてたんだ」

梨子「気づかなかったの?」

千歌「…その節は誠に申し訳ありません」
321: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/26(火) 23:56:54.70 ID:0/E+y8VA.net
千歌「2人は千歌を取り合うライバルなのかなって思って、ちょっとした出来心で2人きりにしてみようかな…と」

梨子「でもそれじゃぁライバルなのかわからないよね、千歌ちゃんいないんだし」

千歌「あっ」

曜「もー千歌ちゃんのそういうところ可愛いなぁ」

千歌「むぅ///」

梨子「まぁどうあれ私は恋人優先だから、あんまり千歌ちゃんには関わらないようにするわね」

千歌「えっなにそれ!」

曜「梨子ちゃんそれはあんまr…」

梨子「」ジー

曜「そう…だね、千歌ちゃんのことは好きだけど、一応恋人優先にしなきゃね」

梨子「お休み千歌ちゃん」

曜「おやすみー」

千歌「えっちょっとまって」

ガラッ ピシャッ

千歌「あっ…」
343: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/27(水) 21:28:14.08 ID:Ld5GC0ef.net
>>326
指摘修正

千歌「なにこれ!まるで千歌が仲間はずれみたいじゃん!」

千歌「…」

千歌「あれ…この気持ち…なんなんだろう」

・・・

曜「ねぇ本当にあんなこと言って良かったの?」

梨子「女の子を意識させるには荒療治が必要なのよ」

曜「それも音ノ木坂の技?」

梨子「別に音ノ木坂とは限らないけど…私も似たような方法でこっちの世界に連れ込まれちゃったからね」

曜「へぇ生まれながらって訳でもなかったんだ、で…相手は先輩とか?」

梨子「うん、音ノ木坂OBの雪穂先輩って人」

曜「へぇ…OB?」

梨子「ごめんなさいOGね、私にとっては彼氏みたいな存在だったから」

曜「それで雪穂さんとは?」

梨子「彼女がいたらしくて、結局私を恋人にはしてくれなかったんだけどね」

曜「その雪穂さんは何がしたかったんだろうね」

梨子「その時の3年の先輩によれば、落とす過程を楽しむ人だったらしいよ」

曜「ふーん、今も好きだったりするの?」

梨子「嫉妬してるの?でも安心して、今は曜ちゃんに夢中だよ?」

曜「梨子ちゃん///」
344: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/27(水) 21:41:54.98 ID:Ld5GC0ef.net
梨子「照れてる曜ちゃんかわいい、うん!かわいい」

曜「ちょっとぉ///」

梨子「ふふ、そろそろお風呂はいろっか」スタッ

曜「そうだね」

梨子「…」

曜「?」

梨子「何してるの?早く行こうよ?」

曜「えっ?梨子ちゃんが先に入るんじゃないの?」

梨子「恋人同士だから一緒に入るのが普通でしょ?」

曜「そうなの!?はずかしぃよ」

梨子「後でエッチするのに、何言ってるの?」

曜「エッチするの!?」

梨子「うん、するけど…しないの?」

曜「今日付き合ったばっかりだよ?」

梨子「交際期間とエッチは別だと思うけど…曜ちゃんはしたくないの?」

曜「それは…興味あるといえば…あるけど」

梨子「私がリードしてあげるから大丈夫よ、だからまずお風呂入ろ?」

曜「…うん」

梨子「いいこね」ヨシヨシ
348: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/27(水) 22:47:56.26 ID:Ld5GC0ef.net
梨子「へぇ曜ちゃんってちゃんと処理してるんだね」

曜「うん…水着だとはみ出ちゃうからね」

梨子「それもいいかもね」

曜「良くないよ!」

梨子「ほら背中流してあげるから座って」

ザバーン

曜「女の子とお風呂なんて久しぶりだなぁ」

梨子「久しぶりってことは…千歌ちゃん?」

曜「うん、小学6年生のときかな」

梨子「千歌ちゃん生えてた?」

曜「ちょっとね」

梨子「曜ちゃんは?」

曜「聞かないでよ///」

梨子「いいじゃない」

曜「…結構生えてました」
349: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/27(水) 22:56:14.99 ID:Ld5GC0ef.net
梨子「だと思った」

曜「わかるよね、処理はしてるけど今も濃いもんね」

梨子「千歌ちゃんはどうなんだろうね」

曜「わからないよ」

梨子「つるつるに千歌ちゃんの処女獲得権かけます!」

曜「えー!じゃぁ私はうっすらに千歌ちゃんの処女獲得権かける!」

梨子「早く恋人にして確認しなきゃ」

曜「賭け事に使われる千歌ちゃんの処女ってなんなんだろう…」

モミッ

曜「うわっ///」

梨子「曜ちゃん結構大きいよね、うんいい感じ」モミモミ プニッ

曜「ちょっちょっと!?そこ摘ままないでっあっ///」ビクッ

梨子「あれ?イった?」

曜「何今の…力が抜けちゃったよ」

梨子「曜ちゃんの弱点は乳首かぁ、えいっ」プニッ

曜「んっ♡ んー!」ガクッ

梨子「わっまた?」
351: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/27(水) 23:08:23.10 ID:Ld5GC0ef.net
曜「梨子ちゃん上手いよぉ」

梨子「まぁね、音ノ木坂ってね、放課後に特別練習があるんだ」

曜「特別練習?」

梨子「性感帯への刺激テクを学ぶえっちな練習」

曜「そんなのあるの!?」

梨子「うん、理事長から認められた子だけが参加できるんだよ」

曜「理事長公認なんだ…」

梨子「理事長が始めたことだしね」

曜「へぇすごいね」

梨子「特別練習した後ってみんな見違えて綺麗だったなぁ」

曜「気持ちよくなってお肌つるつるみたいな?」

梨子「そうそう!浦の星でもそういうのやればいいのに」

曜「鞠莉ちゃんにお願いしてみたら?」

梨子「鞠莉ちゃんに?」

曜「ダイヤちゃんと果南ちゃんと付き合ってるからきっと認めてくれるよ」

梨子「やっぱりそうなの?」

曜「あっ…」
354: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/27(水) 23:26:43.68 ID:Ld5GC0ef.net
梨子「それ、内緒にしててとか言われてたんでしょ?」

曜「うん…梨子ちゃん今のは黙っておいて!」

梨子「いいけど、因みにそれって浮気してるってこと?」

曜「違うよ!三年生は互いに付き合ってるんだよ」

梨子「園田式ってこと?」

曜「まぁそうかな」

梨子「なるほどね、曜ちゃんが三年生の誰かに相談して園田式を学んだのね」

曜「鋭いね」

梨子「どうやってあの三人がその答えに行き着いたのかは気になるけど、黙っておくわ」

曜「ありがとう」

梨子「じゃぁ次、曜ちゃんが背中流して」

曜「うん!」

・・・

00:34

曜「千歌ちゃん…」zzz

梨子「…」

曜「梨子ちゃん…しいたけ…」zzz

梨子「エッチしよっていったのに普通に寝てる…」
358: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/27(水) 23:51:13.93 ID:Ld5GC0ef.net
千歌「むー」

美渡「どーしたの千歌」

千歌「なんでもない」

美渡「どう見ても何でもないようには見えないけど?」

千歌「あるところに仲のいい3人がいました」

美渡「なんか始まった…千歌の話?」

千歌「違う、たとえ話!」

美渡「おっおう…」

千歌「3人はいつも一緒でした。でもある日その中の2人が付き合い始めちゃったのです」

美渡「うん、三角関係にありがちなね」

千歌「残された千歌は、これからどうやってその2人と接していけばいいでしょうか?」

美渡「(千歌とか言ってるんだよなぁ)さぁ…」

千歌「えーアドバイスとかないの?」

美渡「って言われてもねぇそれたとえ話なんでしょ?」

千歌「うっうん…そうだよ!」

美渡「じゃぁ…その2人と付き合っちゃえば?」

千歌「!?」
362: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/28(木) 00:32:55.25 ID:20yjIJIp.net
千歌「それって、修羅場になるやつだよね?」

美渡「さぁやりようによってはハッピーエンドじゃない?」

千歌「?」

美渡「んじゃ寝るね」

千歌「えっちょっと待って!千歌どうしたらいいの!」

美渡「たとえ話なのに千歌が何かするの?」

千歌「あっいやっ千歌がーアドバイスしてあげるーみたいな」アセアセ

美渡「たとえ話でアドバイスしてどうするんよ」

千歌「ん?あっ…たとえ話っていうのは冗談で!困ってる子!そう、困ってる子がいるからさ」ワタワタ

美渡「はー(めちゃくちゃだよこの子)…梨子ちゃんと曜ちゃん呼び出して2人に同時に好きって言ってみ」

千歌「ほえぇ…って、それで上手くいくの?」

美登「それは千歌次第じゃないかな?」

千歌「えー」

美渡「じゃぁラブラブな梨子ちゃんと曜ちゃんを指咥えて見てるだけでいいの?」

千歌「それはやだ!」

美渡「ならやるしかないよね」

千歌「…わかったよ、やってみるよ」

美登「はいはい、じゃー寝るね、お休み千歌」

千歌「お休み」
375: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/28(木) 23:31:34.47 ID:qlLoEYdF.net
美渡「志満姉まだ起きてたんだ」

志満「…する?」

美渡「なにさいきなり!」

志満「最近してあげてなかったからね」

美渡「うんまぁ…・じゃぁ、しよっか///」

ギシギシ ギシギシ

千歌「…なんかうるさくて寝れないよぉ」


月曜日 部室

梨子「曜ちゃん」ギュッ

曜「梨子ちゃん」ギュッ

梨子・曜「んふふー」

善子「なにこれ?」

花丸「さぁ…」

ルビィ「つっ付き合ってるのかな?」

善子「先週までそんな感じしなかったのに?」

花丸「夏休みデビューならぬ、土日デビューずら…」

果南「(何かの作戦かな?)」
377: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/28(木) 23:52:48.49 ID:qlLoEYdF.net
ダイヤ「人がライブのフォーメーションを考えてる時に…なにいちゃついてますの…」プルプル

鞠莉「なら私たちも、いちゃついちゃおうよ、ダイヤ!」モミモミ

ダイヤ「ばっ今はやめなさい」

鞠莉「今は?」

ダイヤ「あっ、いえ未来永劫やめなさい」

鞠莉「えー、せっかくおっきくしてあげようと思ったのに!」

ダイヤ「黒澤家的に、もう大きくなりませんから!」

鞠莉「ん?ドロップアウトはダイヤらしくないよ?」

果南「なら大きくなるように揉んであげるよ、ほらちょっといい感じでしょ?」ムニュムニュ

ダイヤ「わぁっ///」

花丸「善子ちゃん…」

善子「何よ!」

花丸「"堕"天使って胸のほうはドロップアウトしてるの?」

善子「なっ///そっちはまだしてないわよ!これからなの!見てわからないの?」

花丸「見てないから分からない、見せるずら」

善子「いっいやよ!」

ルビィ「ルビィは黒澤家の限界を感じるなぁ…」

花丸「ルビィちゃんは可愛らしい方が似合うよ?」

ルビィ「花丸ちゃん」

千歌「…(なんだろうこの疎外感)」
379: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/29(金) 00:00:41.97 ID:rj8eDSbx.net
千歌「ねぇ梨子ちゃん、曜ちゃん」

曜「どしたの千歌ちゃん」

千歌「ミーティングの後、話があるんだけどいいかな?」

梨子「ごめんなさい、私たちすぐ用事があるの」

千歌「私たち?」

曜「うん、ごめんね千歌ちゃん」

千歌「じゃぁ一緒に帰るときに伝えるよ」

梨子「えっと…一緒には帰れないの」

千歌「えーなんで!?」

曜「今日は…梨子ちゃんと二人で帰るって約束だから」

千歌「えぇー!そんなぁ」

トン

果南「千歌、私と一緒に帰ろっか」

千歌「果南ちゃん」ウルウル

果南「(これはだいぶ効いてるね…)」
380: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/29(金) 00:19:17.09 ID:rj8eDSbx.net
帰り道

千歌「…」トボトボ

果南「千歌…」

千歌「梨子ちゃんと曜ちゃん…付き合ってるんだって」

果南「うん、見たらわかるよ」

千歌「本当は今日、2人を呼び出して告白してみようって思ってたんだ」

果南「告白してどうしようとしてたの?」

千歌「それは、よく分からないけど、何か変わるかもしれないって思ってた」

果南「うん…」

千歌「でも千歌が思うより、二人はもっとずっと近くにいて…千歌の入る隙なんてなかったみたい」

千歌「ちょっとこれは辛いかも…もう前みたいには戻れないのかな?」

果南「…」

千歌「ねぇ果南ちゃん、果南ちゃんは千歌のこと好き?」

果南「そりゃ好きだけど」

千歌「なら千歌とt」

チュッ

千歌「んんっ!?」

果南「…ダメだよ、それだけはダメ、不本意な愛なんて不幸を呼ぶだけだよ」

千歌「でも…」

果南「千歌が見つめるべきなのは私じゃないよ」

千歌「果南ちゃん…」
382: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/29(金) 00:31:17.82 ID:rj8eDSbx.net
果南「ほらシャキッとして!千歌らしくないよ」

千歌「うん、でもどうしたら…きっと明日もできないよ」

果南「そりゃぁ千歌がすぐ折れちゃうからじゃないの?」

千歌「でも…」

果南「…明日は大丈夫だようん、きっと大丈夫」

千歌「根拠ないじゃん!」プー

果南「おっ今の顔、千歌らしくて良かったよ」

千歌「別に千歌らしくないもん!」プイ

果南「私が後押しして失敗したことなんてある?」

千歌「それは…ないかもだけど…」

果南「だから大丈夫!はい千歌はこっちでしょ、じゃぁね!」

千歌「えっちょっと!」

・・・

プルルル

果南「あっ曜ちゃん?」

曜『うん、どうしたの?あっちょっと梨子ちゃん今電話あっ///』

果南「もーなにやってんの?」

曜『ちょっと///レスリングの練習』

果南「そう、楽しそうね」

曜『それでどうしたの?んっ♡ あっ♡ 』

果南「取りあえずレスリング止めてくれる?」
395: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 00:35:10.35 ID:T89HXSPZ.net
曜『ちょっと待って!梨子ちゃん試合終了!』

曜『わっダメだって!あっ♡やだちょっと♡あっやば///』

果南「…」

曜『あーっ♡んんー♡はぁはぁ…すっご…』

曜『で、何の話?』

果南「うん、人と話すときにそういうのやめない?」

曜『でも梨子ちゃんが…』

果南「お盛んなのはいいけど…というか家だよね?」

曜『うん』

果南「家でヤって楽しい?」

曜『家じゃないとできないよ…』

果南「それは素人の考えだよ、外でやった方が興奮するし爽快だよ?」

曜『へぇ…』

果南「私なんか、ダイヤよ淡島ホテルのエントランスでヤったことあるよ」

曜『どうやってそんな…』

果南「それは自分たちで学んで」

曜『あのさ、話ってそれ?そうなら練習に戻りたいんだけど』

果南「ごめんごめん話それちゃった、では本題」
398: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 01:04:48.59 ID:T89HXSPZ.net
曜『結構真面目な話?』

果南「うん…千歌の話」

曜『…梨子ちゃん真面目な話だから服着て、あとスピーカーで聞こえるようにするから』

果南「単刀直入に言うけど、2人でイチャイチャしてるのって千歌を意識させるためだよね?」

曜『バレてた?』

果南「そりゃ千歌のこと相談されたら馬鹿でもわかるよ」

曜『千歌ちゃん意識してきてるかな』

果南「そりゃもうバリバリに…」

曜『本当!?梨子ちゃんの作戦勝ちだね』

果南「だけどさ、千歌悩み始めてるから、早めにケリ付けないとバッドエンドだよ?」

曜『えっ…』
399: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 01:17:49.68 ID:T89HXSPZ.net
果南「今のイチャイチャどれだけ続ける気だったの?」

曜『それは…決めてなかった』

果南「押してダメなら引いてみろは見極めも重要だよ、引きすぎればそれでおしまい」

曜『そっか…じゃぁ明日』

果南「それは千歌からやるから、そっちから仕掛けなくていいよ」

曜『でも千歌ちゃん腰引けて言い出せないかも』

果南「好きな子なら信じてあげないと」

曜『そうだよね、うん、信じてるよ!』

果南「オッケー、でも自分が今一度伝えないといけないことがあるのも忘れないでね」

曜『うん』

果南「恋の円環は向き先を間違えれば崩壊する、彼氏彼女の立ち位置を弁えて対応するように」

曜『わかったよ…ありがとう果南ちゃん、私ちょっと気が抜けてた』

梨子『…ありがとう果南ちゃん』

果南「じゃーまた明日ね」
404: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 01:33:03.98 ID:T89HXSPZ.net
翌日 部室

曜「…」

梨子「…」

千歌「…」

ダイヤ「なんですの?昨日と違って静まり返って」

鞠莉「イッツ、シリアス?」

ガラッ

果南「ダイヤ、鞠莉、先生が呼んでたよ」

ダイヤ「もう…もっと早く呼んでくださればいいのに、分かりましたわ、練習は先に始めていてください」

善子「今日の練習は…振り付けと…」

果南「そうだ、新しい舞台照明も届いたらしいよ」

花丸「そんなの頼んだずら?」

果南「理事長権限で、ライブを豪華に見せるための道具を揃えてるらしいよ」

善子「なにそれ?職権乱用じゃないの?」

ルビィ「ルビィそれ見たい!」

果南「じゃぁ一年組は付いてきて」

善子「練習はいいの?」

果南「ダイヤもいないしちょっとぐらいいよ、じゃっ後はよろしく3人とも」

果南「頑張りなよ」
405: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 01:39:44.97 ID:T89HXSPZ.net
千歌「…」

梨子「…」

曜「…」

千歌「あはは今日はいい天気だよね」

梨子「今日は曇りよ」

千歌「そうだよねー」

千歌「…はぁ」

曜「千歌ちゃん…」

千歌「あのさ…」

曜・梨子「はい」

千歌「わっハモらないでよ」

曜・梨子「ごめん」

ガタッ

千歌「千歌から重大発表があります!ご起立ください!」

曜・梨子「うっうん」

千歌「…」アセアセ
406: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 01:52:44.31 ID:T89HXSPZ.net
曜「あの…重大発表は?」

千歌「今、心の準備中です」プルプル

梨子「うん…」

千歌「…よし!曜ちゃん!梨子ちゃん!」

曜・梨子「」ゴクリ

千歌「千歌は…千歌は…千歌は、2人が大好きです!彼女になってください!」

シーン

梨子「…こんな私でよければ」

千歌「本当に!ねぇ曜ちゃんは?」

曜「うっうん…私も…」

曜「私も…(いや違うんだ、これじゃダメなんだ…)」

千歌「…曜ちゃん?」

曜「千歌ちゃんごめん、私、千歌ちゃんの"彼女"にはなれない」

千歌「そんな…嘘だよね?」

曜「嘘じゃないよ」

千歌「やだ…千歌は2人が大好きで、ずっと一緒にいたいのに…」

曜「ずっと一緒にいたいのは私も同じだよ」

千歌「ならなんで!」

曜「私は、私は千歌ちゃんの彼氏でありたいから」

千歌「えっ?」
407: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 02:05:25.68 ID:T89HXSPZ.net
曜「私の思いは変わらない、千歌ちゃんをそばで支えて、導いてあげるそんな千歌ちゃんの"彼氏"になりたいの」

千歌「曜ちゃん…」

曜「千歌ちゃん…私の…私の彼女になってください!」

千歌「」ウルッ

千歌「曜ちゃん…」ギュッ

曜「千歌ちゃん」ギュッ

千歌「ごめんね、最初に曜ちゃんを受け入れられなくて傷つけたのは千歌だったのに」

曜「そんなこと…千歌ちゃんが好きだから乗り越えられたんだよ」

千歌「ありがとう曜ちゃん、千歌、曜ちゃんの彼女になる!ずっと一緒だよ」

曜「うん!でも2人じゃダメなんだ、梨子ちゃんもいてやっとここまでこれたんだから」

梨子「私は千歌ちゃんの彼女で、曜ちゃんの彼氏」

曜「私は梨子ちゃんの彼女で、千歌ちゃんの彼氏」

曜・梨子「千歌ちゃんは」

曜「私の彼女で」

梨子「私の彼氏」

千歌「…2人ともありがとう」

曜「うっ…うわーん」

千歌「曜ちゃん!?」
408: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 02:18:51.93 ID:T89HXSPZ.net
曜「ずっと辛かった、千歌ちゃんを思って、過ごしてて、ぐすっ、フラれて…うわーん」

梨子「辛かったよね、ほらこっちおいで」バサッ

千歌「あー曜ちゃんは千歌が慰めるのー!」

梨子「それは彼氏である私の仕事でしょ?」

千歌「えー千歌も!千歌もー!」

梨子「だめですー!千歌ちゃんは彼氏なんだから、彼女の我儘は聞くものでしょ?」

千歌「それとこれとは関係ないからー!あー千歌もー!」

曜「ぐすっ…もー千歌ちゃんを見てたら、馬鹿らしくって泣き越しちゃったよ」

千歌「へ?」

曜「やっぱり…このわちゃわちゃ感が最高だよね」

千歌「そりゃそうだよ!」

梨子「すぐ恋人ぽくなくなっちゃうこの感じも結構好きかも」

千歌「うん!じゃーお先に練習しちゃおう!」

曜・梨子「おー!」

・・・

ダイヤ「あら練習してるのは3人だけ…って!?」

鞠莉「んー?oh、凄いシンクロね、息がぴったり」

果南「上手くいったみたいだね」

鞠莉「果南?」

果南「あーいや、こっちの話」

ダイヤ「?」
409: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 02:32:07.85 ID:T89HXSPZ.net
ダイヤ「それにしても、先程と比べてずいぶん幸せそうですわね」

鞠莉「あーやってみると私たちもハッピーになれて良かったって思うよね」

果南「鞠莉のおかげだよ、あんな考え私にはなかったもん」

ダイヤ「ええ、よく考えましたわね」

鞠莉「正確には私のオリジナルじゃないんだけどね」

果南「そうなの?」

鞠莉「ニューヨークに行ったときに出会ったストリートシンガーの恋愛経験を参考にしたのよ」

果南「へーそれは知らなかった、恋の円環って世界共通なんだね」

鞠莉「グローバルでコンテンポラリーな考えね!うんグロコンね」

ダイヤ「別に略さなくてもいいですわ」
410: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 03:00:29.75 ID:T89HXSPZ.net
花丸「ねぇ善子ちゃん」

善子「なに?」
・・・

花丸「バタフライエフェクトって感じたことある?」

善子「なによ、いきなり」

花丸「些細な出来事が、大きな出来事になる、そんな感じずら」

善子「それぐらい知ってるわよ」

花丸「善子ちゃんの知らないところで、善子ちゃんの人生が大きく変わってたかもしれないずら」

善子「なら今幸せな私は、珍しく運が良いということになるわね」

花丸「ではさっそく、このコインが表だったらマルと付き合ってほしいずら」

善子「何よそれ///…それにズラ丸にはルビィが」

花丸「ルビィちゃんも善子ちゃんに憧れてて、大好きだから、マルにはもれなくルビィちゃんが付いてきます」

善子「まっまぁ?堕天使は一夫多妻制を許容してるからーってそういうことじゃないわよ!」

花丸「じゃぁルビィちゃん、コイン」

ルビィ「うん、えいっ」パチン

善子「なに勝手に始めてるのよ!」

クルクル 

パタン

善子「表…」

花丸「これで善子ちゃんはマルたちの彼氏ずら」

ルビィ「よろしくね善子ちゃん」

善子「なっ///」

花丸「コイン一つで善子ちゃんの運命が変わった…これがバタフライエフェクトずら」

善子「これのどこがバタフライエフェクトよ!」

END
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『梨子「2人は今、彼氏とかいるの?」千歌・曜「!?」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。