花陽「米国?」

シェアする

花陽-アイキャッチ39
1: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2015/04/17(金) 20:08:26.43 ID:8rPwN3yd.net
幼少期の話


花陽(7)「り、凛ちゃん!たいへんだよぉ!」ハァハァ

凛(7)「? かよちんどーしたのー?」

花陽(7)「はぁっ…はぁっ… とっ、とにかくこれみて!」バンッ!



『 米 国 』



 

元スレ: 花陽「米国?」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2015/04/17(金) 20:10:15.93 ID:8rPwN3yd.net
凛(7)「おおーっ! ……って、凛にはなんてかいてあるかわかんないや…」

凛(7)「かよちんはもうかんじ?のよみかきできるんだよね! やっぱりかよちんはすっごーい!」

花陽(7)「えへへ……そんなことないよぉ… ///」

花陽(7)「…って、そうじゃないんです!大変なんです!」

凛(7)「たいへんって、これがどうしたの?」

花陽(7)「とにかくたいへんなんですーっ!」
4: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2015/04/17(金) 20:11:52.62 ID:8rPwN3yd.net
ーーーーー
ーーー

凛「かよちん、おちついた?」

花陽「ご、ごめんね。ついあつくなっちゃって……」

凛「ううん、それはいいんだけど… それで、どうしたの?」

花陽「えっと、いまからひとつずつせつめいするね」

花陽「この本に書いてある字のことなんだけど…」



花陽「まずこっちの、なんかちょんちょんがいっぱいあるのは『おこめ』のこめって字なの」

凛「ええっと、『おこめ』ってかよちんの大好きなごはんのこと?」

花陽「そう! おぼえてくれたんだぁ!」

凛「なんかいも言われたからね、凛もいっしょにおぼえちゃった!」

花陽「えへへ… 凛ちゃんありがとーっ」

凛「へへへー……///」
5: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2015/04/17(金) 20:13:20.32 ID:8rPwN3yd.net
花陽「このちょんちょんがごはん粒みたいでかわいいよねぇ…」

花陽「あぁ… なんだかみてるだけでおなかすいてきちゃったよぉ〜」

凛「おゆうはんまでがまんだね」

花陽「ごはんだったらいいなぁ……」

花陽「うぅっ、もうおなかぺこぺこですっ…」グー

凛「凛もおなかへってきたよー」グー

りんぱな「はぁー……」グーグー
6: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2015/04/17(金) 20:14:34.94 ID:8rPwN3yd.net
ーーーーー
ーー

凛「それで、こっちのちょっとかっこいいやつは?」

花陽「こっちの字はね『くに』って字なの。」

凛「くに?」

花陽「えっと。うーん。わかるかなぁ…」

花陽「いますんでる『くに』は『にっぽん』ってところなんだけど… これは凛ちゃんも聞いたことあるよね?」

凛「きいたことあるけどよくわかんないや…」

花陽「うーん、どうやって説明したらいいのかなぁ…… 」

凛(かよちんこまってる…)

凛「あ、そうだ!いいこと思いついた!かよちんちょっとまってて!」ピュー

花陽「?」
7: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2015/04/17(金) 20:16:03.23 ID:8rPwN3yd.net
凛「『くに(くに、こく)は、げんだいのにほんではおもにこっか(どくりつこく)をいみするが、さまざまなおおきさとどくりつせちをそなえたちいをあらわすたぎてきなことばである。(wikipediaより 一部変更)』」

花陽「」
9: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2015/04/17(金) 20:17:20.30 ID:8rPwN3yd.net
凛「だってさ。けっきょく凛にはなんのことかさっぱりわかんないよー」

花陽「り、凛ちゃん… いまのどうしたの…?」

凛「えっと、パパのけーたいで調べてもらったんだ!そしたらこうかいてあったの!」

花陽「でっ…でも、いまなにも見てなかったよね…?」

凛「? それがどうしたの?」

花陽「な、なんでもないよ あはは…」

花陽(凛ちゃんってこんなにきおく力よかったっけ…?)
10: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2015/04/17(金) 20:18:04.71 ID:8rPwN3yd.net
凛「でもパパが言うには、にっぽんのことなら『こっか』?のことじゃないかって、そっちもみせてくれたんだけど」

凛「えっと、『こっか』のせつめいはね…」

花陽「り、凛ちゃん!? い、いわなくてもだいじょうぶだよっ?」

凛「? そうなの?」

花陽「い、いまからわたしがわかるようにお話するから、凛ちゃんはしばらくおくちにチャックしててね?」

凛「はーい」
11: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2015/04/17(金) 20:19:57.57 ID:8rPwN3yd.net
花陽「ええと、そうだ。『くに』のおはなしだったね」

花陽「えっと…『くに』ってかんたんに言うとね、わたしたちのまわりのものぜーんぶのことなの」

花陽「例えば、凛ちゃんのママとか、町内のおばさんとか、クラスのみんなとか、学校の先生とか」

花陽「おようふくとか、公園のブランコとか、えんぴつとか、てれびとか…」

凛「……」

花陽「他には、だいこんさんとか、にんじんさんとか、ごはんさんとか、」

花陽「いぬさんとか、くまさんとか、ぞうさんとか、きりんさんとか」

花陽「そういうのの、ぜーんぶのことなの」
12: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2015/04/17(金) 20:24:15.26 ID:8rPwN3yd.net
凛「そうなの?」

花陽「うん。」

凛「ぜんぶかぁ…」

凛「凛がいつもきらわれてるねこさんも?」

花陽「そうだよ」

凛「手のとどかないところにいるとりさんも?」

花陽「もちろん。みんな、なかまだよ」

凛「おそらのくもや、じめんのつちも?」

花陽「そう。ぜんぶ、ぜんぶだよ」
13: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2015/04/17(金) 20:26:41.28 ID:8rPwN3yd.net
凛「じゃあ、凛も、『くに』のなかま?」

花陽「そうだよ」

凛「かよちんも?」

花陽「もちろんそうだよ」

凛「そうなんだ。」

凛「そうなんだ。」

花陽「うん、そうだよ。」

凛「凛、なんだかわかった気がする」
14: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2015/04/17(金) 20:29:37.49 ID:8rPwN3yd.net
凛「つまり、『くに』っていうのはみんながなかよくするための容レモノなんだね。」

花陽「……」

凛「うつわなき液体は、どこにもみたすことができない」

凛「だから、凛たちはそのおかげで、たとえどれだけはなれていてもぜったいにみんなとつながっていられるんだ」

凛「おつきさまにいるうさぎさんも、うみをおよぐおさかなさんも……ぜんぶ、ぜんぶ」












凛「ぜんぶ、つながってるんだぁ」
17: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2015/04/17(金) 20:33:21.22 ID:8rPwN3yd.net
花陽「……」

凛「ははっ… こんなにかんたんなことだったんだね。ずいぶんととおまわりしたきがするよ」

花陽「……」

花陽「……そうだよ」

花陽(どうしよう、凛ちゃんがおかしくなっちゃいました……)
18: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2015/04/17(金) 20:37:51.31 ID:8rPwN3yd.net
花陽「……凛ちゃん、いっかいお水飲もう?」

凛「えっ? あ、うん 」ゴクゴク

花陽「ど、どう?」

凛「どうって、なんのこと?」

花陽「な、なんでもないよ」

花陽(なおった、のかな……?)

凛「?」

花陽「それで、話のつづきなんだけどね」

花陽「ええと、どこまでいったっけ」

凛「ごはんが『おこめ』っておはなしと、『くに』がぜーんぶだってこと!」

花陽「そうだったね……」
19: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2015/04/17(金) 20:40:40.98 ID:8rPwN3yd.net
花陽「そう!!そうなんです!!」

凛「うわわっ! いきなりおっきな声だすとびっくりしちゃうよー」

花陽「あっ、ごめんね凛ちゃん…」

凛「ううん、ちょっとおどろいただけだしだいじょうぶだよ」

花陽「はなよ、はんせいです……」



花陽「えっとね、いままでのはなしをまとめるとね」

花陽「米国、『おこめのくに』ってことは、つまりそこはぜーんぶおこめなんです!!!」ドドーン!
20: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2015/04/17(金) 20:49:17.11 ID:8rPwN3yd.net
凛「ぜーんぶ、おこめ……?」

花陽「そうです!がっこうも、ねこさんも、にんじんさんも、ぜーんぶおこめでできてるんです! 」

花陽「ごはんにかこまれてせいかつだなんて、あぁ……なんてゆめのようなせかいなんだろぉ…」じゅるり

花陽「それって、てんごくぅ?!」

凛(かよちんがおかしくなっちゃった…)
23: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2015/04/17(金) 21:06:22.29 ID:8rPwN3yd.net
凛「でも、ごはんはまいにち食べてるし、凛はそれでじゅうぶんかなーなんて、 あはは……」

花陽「凛ちゃんんんっっ!!!」

凛「はっ、はいぃ……」

花陽「凛ちゃん、甘いですっ!!ごはんよりあまあまですっ!」

花陽「ふだんわたしたちが食べているおこめでさえたくさんのしゅるいがあるのに、ましてやたきかたや水かげんがちがえばそれはべつのごはんだといってもいいくらいなんです!!わかってるんですか?!!?!!」

凛「はいぃ……」

花陽「たぶんそこにはきいろいおこめやほそながいおこめ、かたいおこめややわらかいおこめ…… 花陽がみたことのないおこめがぜんぶあるんですっ!!!」

花陽「そして花陽はきゅうきょくのおこめをもとめてたびにでるんです……ああ、そうぞうしただけでよだれが……」

花陽「それなのにいったいどうしていらないなんていうんですかっ!!!」
24: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2015/04/17(金) 21:11:45.18 ID:8rPwN3yd.net
凛「か、かよちんちょっとおちついて……」

花陽「……はっ!またやってしまいました ……」

花陽「ちょっとお水もらうね」ゴクゴク

凛「………」

花陽「ぷはぁ」

花陽「とにかく!そんなゆめのようなところがあるなら行かないわけにはいきませんん!!!」

凛(なおってないし… ま、いっか)

凛「…でも、ほんとにそんなところあるの?」
25: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2015/04/17(金) 21:14:06.27 ID:8rPwN3yd.net
花陽「あります! これをみてくださいっ!!」ドヤァ!


『米国旅行! コース料金でぜんぶまとめて○○円!!』


花陽「きっと、こうやってごはんがすきなひとたちがあつまってるんです」

凛「ほぇ〜 」

花陽「花陽もいっかい行ってみたいなぁ〜 ママにたのんでみようかなぁ…」

凛「絶対そのほうがいいよ!」

花陽「でも、花陽のお家、旅行とかあんまりしないし……」

凛「きっとだいじょうぶ! だって、かよちんのママも、かよちんがごはん大すきなことしってるもん!」

花陽「凛ちゃん……」

花陽「えへへ……/// なら、きょうかえったら聞いてみるね」

凛「うん!」
26: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2015/04/17(金) 21:17:41.75 ID:8rPwN3yd.net
ーーーーーーーーーー
ーーーーー
ーーー


花陽「きのうのことなんだけどね……」

凛「昨日? あっ、おこめのくにのこと?どうだったの?」

花陽「あのあと帰って、おゆうはんのときにママに言ってみたんだけど、」

凛「うんうん」

花陽「花陽にはまだはやいから、もう少しおおきくなったらねって言われたの……」

花陽「やっぱり、たくさんたべれるようになるまで行ったらダメなのかなぁ」

凛「そっかー ざんねんだったね……」

花陽「うん…」
27: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2015/04/17(金) 21:19:26.19 ID:8rPwN3yd.net
凛「でも、行きたいってきもちはつたわったとおもうよ!きっといつか連れていってくれるよ!」

花陽「うん……そうだね、そうだよね!」

凛「そのときは凛もいっしょにおねがいしよーっと!ごはんたべてるかよちんって、すっごくかわいいんだーっ!」

花陽「り、凛ちゃんはずかしいよぉ……///」

凛「そうと決まったら、いまからたくさんたべるれんしゅーしないとね! ほら、かよちんもともとあんまり食べないし」

花陽「ちょっと食べるとすぐおなかいっぱいになっちゃうんだよねぇ」

花陽「うん!わかったよ、凛ちゃん!これからたくさんたべるれんしゅーする!」

凛「そのいきだよ!」





こうしてかよちんはぷにぷにになったのでした
おわれ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『花陽「米国?」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。