真姫「穂乃果の誕生日」

シェアする

真姫-アイキャッチ33
1: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/03(日) 00:06:31.53 ID:Hq/rSnUu0
ラブライブ!のSSです。

ほのまきです。

本日は前編のみ投下します。

後編は来週に投下予定です。

誕生日当日に完結出来なくてごめんなさい。

穂乃果ちゃん、お誕生日おめでとう!

楽しんで頂ければ幸いです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1406991981

元スレ: 真姫「穂乃果の誕生日」

スポンサーリンク
2: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/03(日) 00:07:21.57 ID:Hq/rSnUu0
真姫「はぁ……」

花陽「真姫ちゃん、お昼は?」

真姫「食べるわよ」

花陽「花陽、おにぎり持ってきたんだぁっ♪」

真姫「……ねえ、ちょっと話聞いてくれない?」

花陽「うんっ♪」

真姫「金曜日に穂乃果の誕生日会をやるじゃない?」

花陽「今日はしっとり海苔なんだぁっ♪」ガサゴソ

真姫「でも、穂乃果の誕生日って日曜日じゃない?」

花陽「おにぎりあったぁ!」

真姫「穂乃果、当日は誰と過ごすのかしら?」

花陽「いっただっきまーすーっ!」

真姫「……話、聞いてる?」

花陽「もぐもぐ、んくっ、聞いてるよ?」ニコニコ

真姫「私、なんて言った?」

花陽「花陽に美味しく食べてもらって幸せだって♪」

真姫「はぁ……それ、お米の声じゃない。なに聴いてんのよ」
3: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/03(日) 00:08:03.65 ID:Hq/rSnUu0
凛「凛は知ってるよ!」

真姫「凛!」

花陽「凛ちゃん! 今日もご飯が美味しぃよーっ♪」

凛「凛にもちょうだいっ♪」

花陽「どうぞっ♪」

真姫「そ、それでなにを知ってるのよっ!」ソワソワ

凛「穂乃果ちゃんね、お誕生日当日は……」

真姫「……」ゴクリッ

花陽「もぐもぐっ」ゴクリッ

凛「フリーだよっ!」


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
4: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/03(日) 00:08:47.89 ID:Hq/rSnUu0
絵里「……それで私のところに?」

真姫「う、うん」

絵里「誘ったらいいじゃない」ニコッ

真姫「で、でもっ! ご家族とか……」ゴニョゴニョ

絵里「真姫、逆に考えるのよ?」

「自分が誘うのをまっているんじゃあないか。そのために空けてあるんじゃあないか……と」

絵里「はらしょーっ! その通りよ、希!」

真姫「いつからいたのよっ!?」

希「ふふっ♪ 『穂乃果が誕生日に予定がないらしいのっ!』からやね」

真姫「ほとんど最初からじゃないっ!」

絵里「カードはなんて?」

希「素直になればいいことあるかも、だってっ♪」ニコッ

真姫「もー、またカード?」

希「信じる者は救われるよー?」

絵里「さっさと告白しろってことね!」

真姫「意味、わかんないっ!///」


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
5: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/03(日) 00:09:33.65 ID:Hq/rSnUu0
海未「それで私達のところに……」

ことり「急にお茶しないかっていうからビックリだよぉ♪」

真姫「と、突然ごめんなさいっ///」

真姫「やっぱり幼馴染の2人なら色々わかるかなって……」

海未「真姫、なにも気にせず誘ってみたら良いと思いますよ?」ニコッ

ことり「ことりもそう思うなぁ」

真姫「で、でも……迷惑じゃ」

海未「好きとか嫌いとかを考えるからです」

ことり「穂乃果ちゃんに感謝してることがあるんだよね?」

真姫「うん」

ことり「だったら、そのお礼でいいんじゃないかな?♪」ニコッ

海未「ことりの言うとおりです! 変に意識してはうまくいくものもいかなくなってしまいますよ」

真姫「わ、わかったわ!」

真姫(とにかく、誘わなくちゃはじまらないわよね!)
6: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/03(日) 00:10:15.46 ID:Hq/rSnUu0
真姫「そ、そういえば! プレゼントってどうしたらいいのかしら?」アワアワ

ことうみ『うーん』

ことり「海未ちゃん、こんなのはどうかな?」ヒソヒソッ

海未「ああっ! それはいいですねっ♪」

海未「真姫、時間はありますか? 早速買いに行きましょう!」

真姫「あ……うんっ! ありがとう///」

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
7: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/03(日) 00:10:58.23 ID:Hq/rSnUu0
絵里「えー、ただいまよりほの会議をはじめます」

ことり「はーい」

海未「みんな揃っていますね」

凛「終わったらラーメン食べに行こうよっ♪」

希「うちは焼肉がいいなぁ」

にこ「にっこにっこにーっ♪」

花陽「1、2、3……7人全員いるよ!」

絵里「花陽、ありがとう」

絵里「みんなっ、わかってるわね! 明日は穂乃果の誕生日パーティーよ!」

一同『はいっ』

絵里「こういうのは事前準備が大切なのよ?」
8: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/03(日) 00:11:42.90 ID:Hq/rSnUu0
絵里「メンバーの情報を元に現在の状況をまとめてみたわ」

絵里「手元の資料に目を通してちょうだい」


ペラッ。



真姫:穂乃果が大好き。親密な関係になりたいと思っている。穂乃果の誕生日当日がフリーであること
をメンバーから知らさせれいるのに関わらず、今日までなにも出来なかったヘタレ。

穂乃果:真姫のことがスキスキぷわぷわーお。誕生日は真姫とどこかに行きたいなぁと思い予定を空けてある。太陽みたいな笑顔の天使。

明日の誕生日会の目的:真姫が穂乃果をデートに誘えるようサポートする。

テーマ:もう、穂乃果の悲しい笑顔は見たくないっ!
9: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/03(日) 00:12:26.91 ID:Hq/rSnUu0
花陽「え!? 真姫ちゃんまだ誘ってないのぉ!?」

絵里「残念ながらね」

にこ「それどころか数々のヘタレ報告が上がっているわ」

海未「真姫……なにをやっているのですか!」バンッ!

ことり「海未ちゃん、落ち着いて!」

海未「しかし、ことりぃ……! あの日のことを思い出すとっ!」

ことり「──たしかにあの日のことは、ね」ギュッ

希「なんかあったの?」

海未「……あれは、数日前のことです」

ことり「私達と穂乃果ちゃん、真姫ちゃんでクレープを食べに行ったんだけど……」

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
10: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/03(日) 00:13:11.10 ID:Hq/rSnUu0
穂乃果「んー! クレープ美味しい!」パクパクッ

真姫「……」パクパク

ことうみ『……』

海未「真姫、せっかく穂乃果が誘ってくれたのですから、少しは喋ればいいのに」ヒソヒソッ

ことり「海未ちゃん、ことりにまかせてっ!」ヒソヒソッ

ことり「おーい、真姫ちゃーん」ヒソヒソッ

真姫「な、なに?」

穂乃果「ことりちゃん?」

海未「穂乃果、そういえば穂むら新作お菓子の売れ行きはどうですか?」

穂乃果「あ、海未ちゃん。新作売れてるよ! 大好評!」

海未(ことり、私が引きつけてるうちに)

ことり(さすが海未ちゃん!)
11: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/03(日) 00:13:54.45 ID:Hq/rSnUu0
ことり「真姫ちゃん、穂乃果ちゃんと食べさせっこするちゅん」ヒソヒソッ

真姫「え!?///」カァーッ

ことり「ことりと海未ちゃんが流れをつくるちゅん」ヒソヒソッ

ことり「真姫ちゃん頑張るちゅん」ヒソヒソッ

真姫「ちょっ! ことっ!」

穂乃果「真姫ちゃん? どうかした?」

真姫「え、えと……」

ことり「あぁぁぁぁ!」

真姫「ビクッ」

穂乃果「んー?」

ことり「海未ちゃんのクレープ美味しそう!」

ことり「なんだか急に美味しく見えてきたよ!」

ことり「ことり一口頂きたくなっちゃったなぁ!」
12: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/03(日) 00:14:55.30 ID:Hq/rSnUu0
海未「ええ、どうぞ?」

ことり「ぱくっ! もぐもぐ♪ おいしー、幸せー♪」ニコニコ

海未「ふふっ♪」

穂乃果「……」ジーッ

ことり「海未ちゃんも一口どうぞ?」

海未「良いのですか? では、お言葉に甘えて……」

ことり「……」チラッ

真姫「……」ジーッ

ことり(真姫ちゃん! ファイト!)

真姫(うぇぇ!?)

穂乃果「ま、真姫ちゃん!」

真姫「ヴェ!? な、なに!?」ドキッ

穂乃果「実は、穂乃果も真姫ちゃんのクレープ気になってて……///」ドキドキ

穂乃果「一口食べたいなー、なんて……」
13: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/03(日) 00:15:43.81 ID:Hq/rSnUu0
海未(なるほど、さすが穂乃果です)

ことり(これはチャーンス!)

真姫「そ、そういうことなら一口食べれば!?」

穂乃果「うん、ありがとうっ!」ニコッ

真姫「……///」カァーッ

穂乃果「はぐっ! むぐむぐ……おいしー♪///」

真姫「そ、そう」ドキドキ

ことうみ((わくわく))ドキドキ

真姫「あ、あの……///」

穂乃果「う、うん……///」

海未(真姫! 頑張ってください!)

ことり(真姫ちゃん!)

真姫「えと、その……」

穂乃果「うん……」

ことうみ『……』ジーッ

真姫「私、こっちだからっ!」

ことうみ『……は?』

穂乃果「あ、そうだったね……!」

真姫「それじゃっ!」ダッ

穂乃果「うん! また、明日!」ニコッ

ことり「穂乃果ちゃん……」

海未「穂乃果……」

穂乃果「はぁ……帰ろっか?」ニコッ


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
14: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/03(日) 00:16:34.69 ID:Hq/rSnUu0
絵里「はぁぁぁああああ!?」

凛「にゃっ!?」ビクッ

希「えりち!?」

絵里「もーっ! なにやってんのよ真姫は!」

花陽(絵里ちゃんが怖い……)

にこ「お、落ち着きなさいっ!」

海未「気持ちはわかります……」

海未「はぁ、真姫はこんなことでプレゼントを渡せるのでしょうか?」

ことり「その帰り道、穂乃果ちゃんは」

『あははっ! 大丈夫。穂乃果は真姫ちゃんのこと、わかってるから』

ことり「と、ちょっと涙目だったよ……」
15: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/03(日) 00:17:52.05 ID:Hq/rSnUu0

海未「穂乃果にあんな顔をさせるなんて大馬鹿者ですっ!」

海未「真姫はわかってないのです!」

海未「穂乃果の中で真姫の存在がとても大きくなっていることに」

海未「1番嬉しい顔も」

海未「1番悲しい顔も」

海未「真姫にしかさせることが出来ないんですよ?」

ことり「海未ちゃん……」

絵里「海未の言う通りよ」

絵里「私達はみんな、穂乃果に助けられてきたっ!」

花陽「花陽も、穂乃果ちゃんにはたくさんのモノをもらったよ」

希「今度はうちらが返す番……」

にこ「最高のプレゼントでね!」

凛「真姫ちゃんとのデートをプレゼントにゃっ!」

ことり「みんなぁ……っ!」

海未「──明日、絶対に成功させましょうっ!」

『おーっ!』

絵里「じゃあ、改めて作戦名を伝えるわ!」

『……』ゴクリッ

絵里「ほのまきスキスキぷわぷーお大作戦よ!」

『……』

凛「ちょっと寒くないかにゃ?」


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
16: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/03(日) 00:18:52.26 ID:Hq/rSnUu0
穂乃果(はぁ……真姫ちゃん、穂乃果のこと誘ってくれないのかな?)

穂乃果(やっぱりにこちゃんのことが……)

穂乃果「はぁ……」

ガラガラーッ。

穂乃果「ただいまー」

雪穂「お帰りー」

穂乃果「おー、お疲れ妹よ」

雪穂「お姉ちゃん、店番変わってよっ!」

穂乃果「あははっ♪ まあ、たまにはいいじゃん? 穂乃果もうすぐ誕生日なんだし!」

雪穂「もーっ! 何回もその手が使えると思わないでよね」

穂乃果「とかいって、店番継続してくれるんでしょ? いやー、雪穂は優しいなぁ」

もぎゅっ!

雪穂「わーっ! くっつかないでよっ/// あーつーいー!///」

穂乃果「ちぇーっ。真姫ちゃんみたいな反応しちゃってさ」

穂乃果「お母さんは?」

雪穂「だ、台所!///」

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
17: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/03(日) 00:20:01.94 ID:Hq/rSnUu0
穂乃果「お母さーん?」

ほのママ「……だって、可能性感じたんだ♪」

ほのママ「そうだ、ススメーっ♪」

穂乃果(……あれ、これ)

穂乃果(『ススメ→トゥモロウ』?)

穂乃果「お母さん?」

ほのママ「後悔……あ、穂乃果。お帰りー」

穂乃果「ただいまー」

穂乃果「あのさ、明日出掛けるから。ご飯いらないよ」

ほのママ「海未ちゃん達と?」

穂乃果「うん、学校で穂乃果の誕生日パーティーをしてくれるんだぁっ♪」

ほのママ「あら、よかったじゃない。他のみんなも?」

穂乃果「うん、9人で」

ほのママ「へー、いいわね」
18: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/03(日) 00:21:00.59 ID:Hq/rSnUu0
穂乃果「ねえ、さっきのさ?」

ほのママ「え?」

穂乃果「『ススメ→トゥモロウ』だよね? お母さんも知ってるんだねっ!」

ほのママ「え!?」

穂乃果「え?」

ほのママ「あ、あたりまえじゃないっ!」

ほのママ「音ノ木坂学院に通っていたんだもの」

ほのママ「当然知ってるわ!」

穂乃果「そうだよね。音楽の授業で必ず歌うもんね」

ほのママ「え? そうなの?」

穂乃果「え? 違ったの?」

ほのママ「あ、そう! そうだった! 思い出したわ!」

ほのママ「嫌だわぁ、最近忘れっぽくて」

穂乃果「……じゃあ、穂乃果着替えてくるね!」

ほのママ「ついでにお風呂も入っちゃったら?」

穂乃果「はーい」

穂乃果(……怪しい)


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
19: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/03(日) 00:23:02.92 ID:Hq/rSnUu0
真姫(はぁ……)

真姫(穂乃果の誕生日、どうしようかしら)

真姫(プレゼントだって悩みに悩んで……)

真姫(わ、渡せるのかしらこんなの……)

真姫(で、でも! せっかく2人と選んだんだし……)

真姫(がんばらなきゃ!)
20: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/03(日) 00:24:13.83 ID:Hq/rSnUu0
真姫(……穂乃果)



『うん、ありがとうっ!』



真姫(いつも素敵な笑顔で)



『真姫ちゃんのピアノ、大好きっ!』



真姫(……私にはないものを沢山持ってて)




『ねぇ真姫ちゃん! 寄り道していかない!?』





真姫(いつも明るくて)

真姫(はぁ……)

真姫「そんなの、私には無理だわ」

真姫「きっと穂乃果だから」

真姫「──きっと」


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
21: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/03(日) 00:25:10.51 ID:Hq/rSnUu0
『高坂穂乃果さん、お誕生日おめでとうっ!』

穂乃果「ありがとう! じゃあ、ロウソク消すねーっ♪」

穂乃果「すぅーっ、ふぅー!」

パチパチパチー!

穂乃果「えへへっ♪」

ことり「じゃあ、ことりが切り分けるねっ♪」

にこ「あー、にこがやるからあんたは座ってなさい」

ことり「にこちゃん?」

にこ「お菓子作りや準備のほとんどを任せちゃったでしょ? 少しはゆっくりしなさいっ!」

ことり「あ、ありがとう。にこちゃん優しいね///」
22: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/03(日) 00:25:54.36 ID:Hq/rSnUu0
凛「にこちゃんだって料理の仕込みで疲れてるにゃっ! ここは凛が……」

海未「まあまあ、にこに任せましょう」

希「たまには頼りがいのあるとこみせないとね」ウヒヒッ

花陽「花陽はにこちゃんのこと頼りにしてるよ?」

絵里「さすがにこねっ♪」

真姫「まったく、ケーキ切るだけでおおげさなんだから」

真姫「……ホント友達想いよね」

穂乃果「あははっ♪」

穂乃果(やっぱり真姫ちゃんはにこちゃんのこと……)

真姫(みんなホントに友達想い……私も少しは素直になりたい)

ほのまき『はぁ……』

真姫「ん?」

穂乃果「え?」
23: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/03(日) 00:26:56.69 ID:Hq/rSnUu0
真姫「ちょっと穂乃果? なんか元気ないんじゃない?」

穂乃果「そ、そんなことないよ?」

真姫「ほら、ことりが作ったサンドイッチを食べましょう? とってあげるわ」

穂乃果「あ、ありがとう……///」

穂乃果(真姫ちゃん優しいなぁ)

真姫「どうぞ?」

穂乃果「わーい♪ ありがとうっ」ニコリ

穂乃果「もぐもぐっ♪」

真姫「わ、私もちょっとは手伝ったのよ?///」

穂乃果「そうなんだっ! どおりでいつもより美味しいと思ったっ///」ニコッ

真姫「と、当然でしょ……//////」

真姫(か、かわいい……っ!)
24: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/03(日) 00:27:44.89 ID:Hq/rSnUu0


一同『……』ジーッ

海未(ラブコメですかね?)

ことり(もーっ! はやくちゅーしちゃえばいいのに!)

絵里(ほのまきはらしょーすぎるわ)

凛(凛は真っ赤になってる真姫ちゃんが好きだよっ♪)

花陽(花陽は真っ赤になってる海未ちゃんが好きかなっ♪)

希(でも、これじゃあ進展しないよー)



にこ「そういえば、あんた達当日はどうすんのよ?」

真姫「は?」

穂乃果「え?」


一同((矢澤先輩ぶっこんだぁーーーっ!))
25: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/03(日) 00:28:32.08 ID:Hq/rSnUu0
穂乃果「当日って穂乃果の誕生日?」

にこ「それ以外になにがあんのよ?」




希「どうするえりち? この流れは……」ヒソヒソッ

絵里「にこ、無策なのかしら? ここは一度断ち切って……」ヒソヒソッ

ことり「待つちゅんっ!」ヒソヒソッ

絵里「ことり?」ヒソヒソッ

ことり「ことりはそうは思わないよ」ヒソヒソッ

ことり「ね、海未ちゃん?」ヒソヒソッ

海未「はい、私もことりと同じ意見です」ヒソヒソッ

凛「どうして?」ヒソヒソッ

海未「……多分、ですが。にこは真姫をコントロールしたいのではないでしょうか?」ヒソヒソッ

花陽「コントロール?」モグモグッ

海未「はい」ヒソヒソッ

海未「にこはいつも真姫を見ていました」ヒソヒソッ

海未「いつも自分と比較してきました」ヒソヒソッ

海未「だからこそわかるのではないでしょうか?」ヒソヒソッ





26: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/03(日) 00:29:50.74 ID:Hq/rSnUu0
にこ(その通りよ、海未)

にこ(にこは真姫の考えていることが手に取るようにわかるニコ)

にこ(穂乃果に対しての想い、考え方)

にこ(そして……)



にこ「だって、せっかくの誕生日でしょ? たまには2人で遊んできたら?」

穂乃果「そ、それは穂乃果は嬉しいけど……」

真姫「ちょ、ちょっとにこちゃん……///」

にこ「なによ?」

真姫「来ることが出来る人みんなでのほうが……」

にこ「にこはチビ達の面倒見なきゃだし」

にこ「絵里はロシア、希はバイト」

絵里(ロシア!?)

にこ「海未は剣道教室でことりはそのお手伝い」

穂乃果「ことりちゃんも!?」

ことり「穂乃果ちゃん、ごめんねっ♪」

にこ「花陽と凛は二郎だし」

凛「にこちゃん!? 凛は二郎なんて食べれないよ!?」

花陽「花陽はおにぎがいいなぁっ♪」

にこ「なんだっていいわよ」
27: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/03(日) 00:30:34.37 ID:Hq/rSnUu0
真姫「そ、そ、そうなんだっ///」

真姫(ほ、穂乃果と2人!?)ドキッ

真姫(いざとなると勇気が出なくて誘えなかったけど)ドキドキ

真姫(いや、これはにこちゃんがくれたチャンスよ!)

穂乃果「真姫ちゃん?」

真姫「……穂乃果っ!」

穂乃果「ひゃいっ!」ビクッ

真姫「あ、あのっ///」

穂乃果「うん///」ドキドキ



一同『……』ドキドキ

28: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/03(日) 00:31:27.84 ID:Hq/rSnUu0
真姫「日曜は暇!?///」

穂乃果「う、うん! 予定はないよ!///」


海未(真姫! がんばって!)

ことり(ちゅーしちゃえちゅん!)

希(押し倒せばええやん!)


真姫「じゃあ、私と! その……///」

穂乃果「……///」ドキドキ


絵里(真姫! ヘタレは卒業よ!)

花陽(真姫ちゃんあとちょっとだよ!)

凛(ちゅーしろ! ちゅー!)

にこ(……ていうか意識しすぎでしょ)


真姫「…………や、やっぱり無理ーーーっ!///」ダッ

穂乃果「へ!? ま、真姫ちゃん!?」

ガラガラッ! ばぁーん!

穂乃果「……えと」

海未「……行ってしまいましたね」

絵里「はぁ……」

希「にこっちー?」ジトーッ

にこ「わ、わかってるわよっ!」


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
29: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/03(日) 00:32:19.77 ID:Hq/rSnUu0
真姫(屋上の風、気持ちいい)

真姫(このまま風に乗って、どこかに飛んで行きたい)

真姫(……わりと本気で)



「やっぱりここか」



真姫「……なにしにきたの?」

にこ「なにって、泣いてるんなら慰めないと」

真姫「泣いてないっ!」

にこ「泣いてるでしょ?」

真姫「だから、泣いて……」

にこ「心が、よ」

真姫「……っ!」ギュッ

にこ「ま、今に始まったことじゃないか」

真姫「な、なによそれ」プイッ

にこ「……いいけど」

真姫「ふんっ!」
30: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/03(日) 00:33:11.57 ID:Hq/rSnUu0
にこ「風、気持ちいいわね」

真姫「……うん」

にこ「私ね真姫の事が嫌いだった」

真姫「なっ、なによそれ!」

にこ「──聞いて」

真姫「……うん」

にこ「にこと同じで素直になれないアマノジャクなのに」

にこ「にこが持ってないモノを沢山持ってた」

真姫「にこちゃん……?」

にこ「綺麗な容姿やお家のこともそうだけど……」

にこ「にこがずっと憧れていた風景の中に真姫はいた」
31: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/03(日) 00:34:00.15 ID:Hq/rSnUu0
にこ「μ'sに入ったとき、なんであんたみたいな子がアイドルなんて……そう思った」

にこ「アイドルを好きでもない」

にこ「かといって凛や花陽に付き合うわけでもなく」

にこ「あんたはそこにいた」

真姫「それは私が曲を作れるから……」

にこ「本気でそう思う?」

真姫「……」ギュッ

にこ「あのメンバーの中に、曲を作ってもらうためだけに真姫と一緒にいる子がいるっていうの?」

にこ「怒るわよ……っ!」

真姫「でも、にこちゃん──」

にこ「いまならわかるよ。真姫があそこにいた理由」

真姫「え?」

にこ「みんなのことが、好きだったからでしょ?」

真姫「あ、その……///」
32: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/03(日) 00:34:50.62 ID:Hq/rSnUu0
にこ「にこもメンバーのみんなが大好き」

真姫「にこちゃん?」

にこ「もちろん真姫のことも」

真姫「……うん」

にこ「μ'sのメンバーはどんなにこでも受け入れてくれる」

にこ「きっと、どんな真姫でも受け入れてくれる」

にこ「だから、怖くないよ?」

にこ「真姫にもきっと出来るよ」

にこ「大好きな人に気持ちを伝えること」

にこ「素直になることっ!」

にこ「真姫なら絶対出来るよ」ニコッ

にこ「真姫はどんな穂乃果だって受け入れるでしょ?」

にこ「穂乃果だってきっと同じよ」

にこ「だから、ね?」
33: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/03(日) 00:35:41.34 ID:Hq/rSnUu0
真姫「にこちゃん……でも、私は穂乃果みたいにはなれないわ」

にこ「そりゃね」

真姫「凛みたいに人懐っこくないし」

真姫「ことりみたいに優しくない」

真姫「不器用だわ」

にこ「はぁ……当たり前でしょ?」

にこ「それが、真姫なんだから」

にこ「誰かと同んなじなわけないでしょ?」

真姫「……意味、わかんない」

にこ「んー、あんたはあんたらしくいればいいってこと」

にこ「不器用でもなんでもいいから」

にこ「誕生日は一緒にいてあげる」

にこ「そのくらいの気持ちでいいんじゃない?」

真姫「でも……」

にこ「あれれー? 真姫ちゃんったら友達と2人で遊ぶことも出来ないにこー?」

真姫「そっ、そんなこと……っ!」

にこ「だったら、はやく穂乃果のところに行ってきなさい」

にこ「多分、音楽室にいると思うから」

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
34: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/03(日) 00:36:28.95 ID:Hq/rSnUu0
穂乃果(誰もいない音楽室)

穂乃果(なんだかさみしいな)

穂乃果(穂乃果ちゃんは音楽室で待ってたらいいよっ! だってさ)

穂乃果(希ちゃんの占いはよく当たるからなぁ)

穂乃果(……ピアノ)

穂乃果(穂乃果、歌うのは好きだけど)

穂乃果(音楽のことはよくわからないなぁ)

穂乃果(真姫ちゃんは……どんな気持ちでピアノを弾くのかな?)

穂乃果(どうしてあの時)

穂乃果(一人でピアノを弾いていたんだろ)



ガラガラッ。



「……穂乃果?」

穂乃果「すごーい、当たった……」
35: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/03(日) 00:37:33.13 ID:Hq/rSnUu0
真姫「何言ってるの?」

穂乃果「ああ、いやーこっちの話」

真姫「こんなところでなにしてるのよ?」

穂乃果「うーん、なんだろうね? 誰かさんを待ってたりしてっ♪」ニコッ

真姫「な、なによそれっ///」

穂乃果「でも、きっとね」

穂乃果「きっと、その誰かさんは穂乃果のことなんて……」

真姫「……っ! そんなことっ!」

穂乃果「え?」

真姫「そんなことないわよっ!」

穂乃果「真姫ちゃん?」キョトン

真姫「あ、いや……穂乃果のこと好きって思わない人なんていないわっ!///」

穂乃果「そ、そうなの?///」ドキドキ

真姫「えと、だからっ///」
36: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/03(日) 00:39:20.05 ID:Hq/rSnUu0
真姫(うまく言葉に出来ないっ!)

真姫(私ってホント不器用……っ)


『素直になることっ! 真姫になら絶対できるよ』


真姫(あーっ! もうっ! こうなったらヤケよ!)

真姫「穂乃果っ!」

穂乃果「は、はいっ!」

真姫「誕生日当日は私とデートしなさいっ! いいわねっ!」

穂乃果「……っ!」パァーッ!

穂乃果(真姫ちゃんっ! すごい! 真姫ちゃんがこんなにはっきり誘ってくれるなんて!)

穂乃果「うんっ! 穂乃果楽しみにしてる! 」ニコニコ

真姫「……っ///」

穂乃果「えへへー///」

穂乃果「本当に楽しみにしてるよっ?」

真姫「と、当然でしょ!///」

真姫「この真姫ちゃんが誘ってるんだから……///」

真姫「ただじゃすまさないんだからっ!///」

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
37: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/03(日) 00:40:25.01 ID:Hq/rSnUu0
にこ「穂乃果じゃないし、凛でもことりでも……か」

にこ(私だってそうよ)

「……さすがにこっちやん?」

にこ「──希? もしかして聞いてた?」

希「どうやろな?」

にこ「あ、そ」

──ぎゅっ。

にこ「……」

希「……」ニコニコ

にこ「なんで抱きついてんのよ?」

希「嫌やないやん?」

にこ「……いまは、ね」
38: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/03(日) 00:41:23.97 ID:Hq/rSnUu0
希「ふふっ♪ かわいいなーにこっちは」ナデナデ

にこ「それはやめて///」

にこ「……希?」

希「なに?」

にこ「にこはね、矢澤にこで良かったよ」

希「……うん」ギュッ

にこ「真姫はさ、大丈夫かな?」

希「大丈夫だよ。心配しなくても」

にこ「そう、かな?」

希「真姫ちゃんは強い子、それはにこっちが一番わかってるやん?」

にこ「……うん」
39: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/03(日) 00:42:27.39 ID:Hq/rSnUu0
希「もどろ? そろそろ2人も戻ってると思うよ」

にこ「そうね。パーティの続きをしましょうか」

にこ(──真姫)

にこ(誰かと比べることなんてないわ)

にこ(あんたはあんた、それだけで素晴らしいことよ)

にこ(穂乃果といればきっと……)

希「そういえばさ」

にこ「なに?」

希「ほのまきスキスキぷわぷーお大作戦ってさ、うちらあんまり必要なかったよね」

にこ「……その作戦名、やめない?」


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

真姫「穂乃果の誕生日」前編

おしまい
52: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 16:20:04.85 ID:XikZ8RJx0
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


『前回のラブライブ!』


海未「ヘタレな真姫と太陽みたいな大天使、穂乃果をくっつけようと考えた私たち」

海未「しかし、にこ一人で充分でした」



にこ『素直になることっ!』

にこ『真姫なら絶対出来るよ』ニコッ



海未「にこの言葉に突き動かされた真姫っ!」

海未「たどたどしくあるものの穂乃果を誘うことには成功しました!」

海未「こうしてほのまきスキスキぷわぷわーお大作戦は大成功!」

海未「穂乃果の誕生日パーティーをみんなで楽しみましたっ♪」

海未「そしていよいよ2人でデート」

海未「これからどうなる!?」
53: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 16:21:01.82 ID:XikZ8RJx0
ことり「園田先生ー♪ そろそろお稽古のお時間ですよっ?」

海未「ことりぃぃぃぃぃ!? なぜ袴を!? 素敵です///」

ことり「えへへっ♪」

ことり「ことりも道場にあがるんだからちゃんとした格好をしなくちゃっ!」

海未「素晴らしい! 素晴らしいですっ! ことりはホントに可愛いです! はっ!? つい本音が……///」

ことり「もー、海未ちゃんってばぁ/// じゃあ、先に道場でまってるね」

海未「は、はい……」

海未(この思い……しっかりと伝えられれば良いのですが)

海未「はぁ……」
54: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 16:22:14.95 ID:XikZ8RJx0
「『ことり……愛しいます』」

海未「ひっ! だ、誰ですか!?」

希「そう呟くと海未はゆっくり立ち上がった。これから子供達に剣道を教えるのだ。自分の邪な気持ちなど……」

海未「希!? 勝手なことを言うのはやめてください!」

希「たしかに勝手なことやね! 海未ちゃんの秘めた想い……っ!」ウヒヒッ

海未「こら! それが勝手だって言ってるんです!///」

希「恥ずかしがってる海未ちゃんかわいいーっ♪ 凛ちゃんにも見せてあげないと」

パシャッ!

海未「撮らないで!///」
55: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 16:23:35.98 ID:XikZ8RJx0
海未「もうっ!なにしに来たんですか!?」

希「なにって、これ」

海未「カメラ? もしかして今日いらっしゃる地域新聞のカメラマンって……」

希「うち! バイトやん?」

海未「さっ、剣道教室はおしまいです。穂乃果達を尾行しましょう!」

希「それもいいけどねー」

希「ことりちゃんの袴姿、写真に撮って欲しいんやない?」ニコニコ

海未「そ、そういうのやめてくださいっ///」

希「ふふっ♪ 可愛いなぁ」

希「じゃあ、道場でえりちと待ってるからねー」

海未「え?」
56: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 16:25:12.22 ID:XikZ8RJx0
希「ばいばーい」

海未「……絵里もいるんですか?」

海未「はぁ……」

海未「あ、いけないいけない」

海未「本編をスタートさせないと」

海未「こほんっ! それではっ!」

海未「うっみうっみうー☆ うっみうっみうー☆」

海未「みんなのはぁと、撃ち抜くぞぉー!」

海未「ばぁんっ♪」ニコッ

海未「『穂乃果の誕生日』後編っ!すたーとぉー!」

海未「……」

海未「……恥ずかしいです///」

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
57: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 16:26:41.02 ID:XikZ8RJx0
真姫(昨日はとても楽しかったわ)

真姫(穂乃果のことも誘えたし)

真姫(……にこちゃんの言う通りかも)

真姫(私は、私)

真姫(みんなとは違うのね)

真姫(でも、私は……)

真姫(みんなが羨ましい)

真姫(いつも笑顔で穂乃果の隣にいて)

真姫(穂乃果と仲良さそうにして)

真姫(微笑みあって)

真姫(私、そういうのって苦手)

真姫(どうしてみんな、普通に出来るんだろう)

真姫(どうしてみんな、笑顔なんだろう)

真姫(私にも穂乃果に出来ること、ないかな?)
58: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 16:28:32.70 ID:XikZ8RJx0
真姫(うーん……)

真姫(よし、明日は穂乃果に目一杯振り回されてやるわ!)

真姫(メール、メールっと)

『明日はどこに行きたい? どこでも付き合うわよ。 真姫』

真姫(これで完璧かしら?)

真姫(やっぱり真姫ちゃんったら天才ね!)

真姫(穂乃果のニーズをガッチリ掴めるわ!)

真姫(明日が楽しみね!)


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
59: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 16:31:24.35 ID:XikZ8RJx0
穂乃果「んー? 真姫ちゃんからメールだっ!」

穂乃果「うーん……」

穂乃果(穂乃果、真姫ちゃんと一緒だったらどこでもいいけど)

穂乃果「あっ! そうだっ♪」

『メールありがとう! 穂乃果、真姫ちゃんのお家に行ってみたいかも! 穂乃果』

穂乃果「えへへーっ♪」

穂乃果(なーんて返ってくるかなぁ)


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
60: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 16:32:14.39 ID:XikZ8RJx0
真姫「ヴェェ!? 私の家!?」

真姫「えと、どうしたら……」

真姫「お、おかーさーんー?」


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


真姫「お母さん……どこかしら?」

「──だって可能性かんじたんだっ♪」

「そうだ、ススメー♪」

真姫「え?」

真姫(『ススメ→トゥモロウ』? お母さんが?)

真姫「お母さん?」

真姫ママ「後悔……あら、どうしたの?」

真姫「あ、うん」

真姫「明日ね、友達を家に呼んでもいいかしら?」

真姫ママ「あらあらっ! μ'sのお友達かしら?」

真姫「そうよ。2年生の……」

真姫ママ「高坂穂乃果ちゃん?」

真姫「うぇぇ!? なんで……?」

真姫ママ「ふふっ♪ ママはなんでもお見通しよ」ニコッ

真姫ママ「だったらお夕飯は特別な物を用意しなくちゃねっ」

真姫「あ、ありがとう……///」
61: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 16:32:58.75 ID:XikZ8RJx0
真姫「ところで、さっきのって」

真姫ママ「うん? なぁに?」

真姫「『ススメ→トゥモロウ』? 」

真姫ママ「ふふっ♪ そうよ。昔、真姫ちゃんと一緒によく歌ったわよね」

真姫ママ「ピアノで弾けるようになったのはいつ頃だったかしら?」

真姫「はじめてコンクールにでた頃じゃないかしら?」

真姫ママ「懐かしいわね……」ニコニコ

真姫「……どうかした?」

真姫ママ「ううん、なんでもないわ」

真姫ママ「お友達と遊ぶのもいいけど、勉強もしっかりねっ!」ニコニコ

真姫「それは大丈夫だってば」

真姫ママ「せっかくだから穂乃果ちゃんと一緒にしたらどうかしら?」

真姫「え?///」

真姫ママ「手取り足取り、ね?♪」ニコッ

真姫「──っ!///」

真姫「意味わかんないっ!///」


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
62: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 16:35:19.43 ID:XikZ8RJx0
ピピピピッ!

穂乃果「真姫ちゃん!? あぁぁぁああっ!」

しゃんっ♪ バンッ!

穂乃果「あうぅー……一瞬フリーズしてフルコン逃した……」グスッ

穂乃果「はぁ……あるよね、こういう時」


『大丈夫よ。どこかで少し遊んでから家に行きましょう? 真姫』


穂乃果「わっ! やった! お母さん?」

穂乃果「おーかあさーん!?」


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
63: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 16:36:28.40 ID:XikZ8RJx0
穂乃果「お母さん!」

ほのママ「なによ騒がしいわね。お客様に迷惑でしょ?」

穂乃果「えへへー、ごめんなさーい」

穂乃果「明日ね、真姫ちゃんのお家に行くことになったから!」

ほのママ「真姫ちゃんって、西木野真姫ちゃん?」

穂乃果「そうだよ!」

ほのママ「……そうなんだ」ニコニコ

穂乃果「んー? どうかした?」

ほのママ「ううん、なんでもないわ」ニコニコ

穂乃果(お母さん……なんだか嬉しそう?)

穂乃果(なんでだろう?)


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
64: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 17:58:21.58 ID:XikZ8RJx0
──8月3日


真姫(穂乃果を迎えにきたのはいいのだけれど)

真姫(どうしよう)

真姫(緊張してきたわっ!)

真姫(……深呼吸して気持ちを落ち着かせよう)

「あら? もしかして西木野真姫ちゃん?」

真姫「うぇぇ!? あ、穂乃果のお母さん?」

ほのママ「あらあら、穂乃果を迎えにきてくれたのね」

真姫「は、はいっ!」

ほのママ「……」ジーッ

真姫「あ、あの、何か……」

ほのママ「似てる……」ボソッ

真姫「え?」
65: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 17:58:59.33 ID:XikZ8RJx0
ほのママ「あ、いいえ。なんでもないの」

ほのママ「せっかくだから上がっていってっ」ニコッ

真姫「そんな、悪いですからっ!」

ほのママ「まあまあ、あの子の用意ができるまでお茶でも飲んでてっ」ニコッ


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
66: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 18:00:37.93 ID:XikZ8RJx0
ほのママ「粗茶ですが」

真姫「あ、ありがとうございます」

ほのママ「良かったらお饅頭もどうぞ?」

真姫「え、あの……頂きます」

ほのママ「……あの子、真姫ちゃんに迷惑とかかけてない?」

真姫「そんなこと、ないです!」

ほのママ「そう? ならいいんだけど」

真姫「はい……」

ほのママ「……」

真姫「もぐもぐっ」

真姫(おいしい……)

ほのママ「ふふっ♪ 気に入ってくれた?」

真姫「!? は、はいっ」

真姫「とっても美味しいですっ///」

ほのママ「ありがとうっ」ニコニコ
70: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 22:47:55.40 ID:XikZ8RJx0
「……おーまーたーせーっ!」



真姫「穂乃果っ!」

ほのママ「はぁ、ほんと慌ただしい子ねぇ」

穂乃果「ごめんね真姫ちゃんっ!」

真姫「べ、別にっ! 勝手にきたのは私だからっ!」

穂乃果「そっか! じゃあ、ありがとうっ!」

穂乃果「迎えにきてくれてっ!」ニコッ

真姫「……っ//////」カァーッ

ほのママ「はい、これ持っていってね」

穂乃果「りょうかーい!」

穂乃果「行こっか?」

真姫「え、ええ///」

ほのママ「真姫ちゃん、穂乃果を宜しくねー」


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
71: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 22:48:41.15 ID:XikZ8RJx0
穂乃果「どこに行くー?」

真姫「どこでもいいわよ?」

真姫「あ」

穂乃果「え?」

真姫(あのぬいぐるみかわいい)ジーッ

穂乃果「……可愛いぬいぐるみだねっ♪」

真姫「そっ、そうかしら? 私は趣味じゃないわっ///」プイッ

穂乃果「ふーん」

穂乃果「えいっ!」

真姫「ちょっと! なにやってんのよ!?」

穂乃果「え!? 知らないの? 穂乃果クレーンゲーム得意なんだよ?」

スカッ。

真姫「取れて無いじゃない!」

穂乃果「大体わかったよ……っ!」

真姫「まだやるのっ!?」

穂乃果「当たり前だよ!」

穂乃果「真姫ちゃんにこのぬいぐるみをプレゼントしたいもん!」

真姫「今日はあなたの誕生日よっ!」

真姫「あなたはプレゼントされる側なのよ!?」

穂乃果「関係ないよ!」

穂乃果「やるったらやる!」

穂乃果「逆プレゼントでサプライズ大作戦だよ!」

真姫「全然サプライズじゃないわよ……」


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
72: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 22:49:18.22 ID:XikZ8RJx0
穂乃果「あ、ダンスゲームやる?」

真姫「遠慮するわっ」

穂乃果「あー、真姫ちゃん出来なくて恥じかくのがいやなんだぁー」ププッ

真姫「はぁ? この真姫ちゃんが? そんなわけないでしょっ!」

穂乃果「じゃあ、一緒にやろうよ!」

真姫「上等じゃないっ!」

『music s.t.a.r.t』


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
73: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 22:50:07.83 ID:XikZ8RJx0
真姫「よっ、ほっ!」

穂乃果「はっ、ほっ!」

真姫(うわぁ、結構難しいのね)

真姫(なんとかうまく出来てるわ)

真姫「はぁ、ふぅ……っ!」

真姫(そういえば、ゲームなんてやったの……)

真姫(いつ以来かしら?)


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


穂乃果「はぁ、ふぅーっ」

真姫「ぜぇ、はぁ……」

穂乃果「お疲れ様っ!」

真姫「穂乃果もねっ」

穂乃果「穂乃果のスコアは……」



ばーんっ!

ランク:AAA



穂乃果「おぉっ!」

真姫「すごいの?」

穂乃果「ふっふっふー……記録更新なのだよ!」

真姫「すごいじゃないっ!」

穂乃果「真姫ちゃんは……」

真姫「私は……」

真姫(なんでだろう、たかがゲームなのに)

真姫(すごいドキドキする)



ばーんっ!

ランク:AA


真姫「AAかぁ……」

穂乃果「す、すごいっ!」

真姫「そうなの?」

穂乃果「そうだよ! 穂乃果、最初はBとかCばっかりだったもん!」

真姫「ふーん。そう、なんだ」

穂乃果「さっすがーっ!」

穂乃果「真姫ちゃんはやっぱりすごいやっ♪」ニコッ


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
74: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 22:50:56.32 ID:XikZ8RJx0
穂乃果「プリクラ撮ろうよ!」

真姫「え? 私は……」

穂乃果「え……」シュン

真姫(待ちなさい私! ……これって自然な流れで2ショットじゃないっ!)

真姫「穂乃果、ハラショー! プリクラ撮りましょっ!」

穂乃果「わーいっ! ありがとうっ♪」

もぎゅっ。

真姫「く、くっつかないでっ///」


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


穂乃果「真姫ちゃん、にこにーポーズだよっ!」

真姫「え!? 私も!?」

穂乃果「ほら、はやく!」

穂乃果「にっこにっこにー☆」

真姫「……にっこにっこにー///」


パシャッ!


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


真姫「そろそろ家にいきましょうか?」

穂乃果「真姫ちゃん……まだ明るいのに大胆だね///」ドキドキ

真姫「なっ! なにいってんのよっ!///」ドキドキ

穂乃果「冗談だよぉー」

真姫「ところで、どうして私の家なの?」

穂乃果「うん……あのね」

穂乃果「真姫ちゃんのピアノが聴きたいんだ」


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
76: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 22:52:15.89 ID:XikZ8RJx0
真姫「じゃあ、はじめるわね」

穂乃果「わーっ!」パチパチッ

真姫(なんかやりにくいわね)

真姫「なに弾けばいいのよ?」

穂乃果「うーん、任せるよ」

真姫「……じゃあ」


~~♪

~♪

~~~♪


真姫「だって、可能性感じたんだ♪
そうだ…ススメー♪」

真姫「後悔したくない、目の前に♪」

真姫「僕らの道があるー♪」


~~♪

~♪


穂乃果(すごーいっ! やっぱり真姫ちゃん、歌上手いなぁ)

穂乃果(透き通る声が心地いい)

穂乃果(ピアノ弾きながら歌うって難しいんだろうなぁ)

穂乃果(……穂乃果も、真姫ちゃんみたいに歌えたらなぁ)
77: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 22:53:03.20 ID:XikZ8RJx0
~~♪

~♪

~~~♪

真姫(……ススメ→トゥモロウ)

真姫(私、どうしてこの曲にしたんだろう?)

真姫(──穂乃果みたいな歌詞、だからかな?)

真姫(なんだか笑っちゃうわね)

真姫(この曲が昔から大好きで……)

真姫(はじめてピアノで演奏出来た時は嬉しくてしかたがなかった)

真姫(この歌詞みたいな人って素敵だな)

真姫(ずっとそう思ってた)

真姫(そんな憧れが……こんなに可愛い女の子と重なって見えるなんて)

真姫(いけない、集中しなくちゃ)

~~♪

~♪

~~~♪


真姫「……」チラッ

穂乃果「……」ニコッ

真姫「……///」プイッ

真姫(あんなに嬉しそうにしちゃって)

真姫(穂乃果は、なんで私のピアノを聴きたいんだろう)

穂乃果「……」ニコニコ
78: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 22:54:26.04 ID:XikZ8RJx0

~~♪

~♪

~~~♪


真姫(そういえばだれかのためにピアノを弾くなんて考えたことなかったわ)

真姫(穂乃果のために、か)

真姫(穂乃果は)

真姫(今日、楽しかったのかな?)


『はいっ! とれたよ! 真姫ちゃんにあげるっ!』


真姫(思えばいつも)


『一緒にスクールアイドルやらない!?』


真姫(私は)


『にしきのさーーーんっ! まきちゃーーーんっ!』


真姫(穂乃果にもらってばっかりだ)


『真姫ちゃん、クレープ食べにいかない?』


真姫(ことりや海未だったら)


『真姫ちゃんはやっぱりすごいやっ♪』


真姫(きっと、もっと……)

真姫(私じゃきっと穂乃果には)

真姫(なにも……)

真姫(なぜかしら)

真姫(ピアノ、弾けなくなってきちゃった)

~~♪

~♪
79: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 22:55:00.67 ID:XikZ8RJx0
穂乃果(真姫ちゃん? 音が……)

穂乃果(どうして?)

穂乃果(……そっか)

穂乃果(そうなんだ)

穂乃果(真姫ちゃんは)

穂乃果(──悲しいんだ)



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
80: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 22:56:31.10 ID:XikZ8RJx0
真姫「……」

穂乃果「……隣、座るね」ストン

真姫「……うん」グスッ

穂乃果「弾けなくなっちゃった?」

真姫「……」ギュッ

穂乃果「ごめん、ね」

真姫「ううん、ちがうの」

真姫「穂乃果のせいじゃない」ジワァ

穂乃果「そっか」

ギュッ。

真姫(……穂乃果の手、あったかい)

真姫「……」グスッ

真姫「……うぅーっ」ポロポロ

穂乃果「ありがとう」

真姫「……」グスッ

穂乃果「穂乃果、真姫ちゃんのピアノ大好きだから」

穂乃果「今日は穂乃果にとって特別な日でしょ?」

穂乃果「だから、聴けて嬉しかった」ニコッ

真姫「……穂乃果」ヒッグ

穂乃果「なに?」
81: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 22:57:19.09 ID:XikZ8RJx0
真姫「私ね、ピアノが好きなの」グスッ

穂乃果「知ってるよ?」ニコッ

真姫「歌うのが好きなの」ボロボロ

穂乃果「それも知ってるっ」ニコニコ

真姫「音楽がね、大好きなのっ!」ポロポロ

穂乃果「わかってるってっ♪」

穂乃果「穂乃果はね、真姫ちゃんのことわかってるから」

穂乃果「だから大丈夫だよ?」

穂乃果「真姫ちゃんは真姫ちゃんのままでいいんだよ」

穂乃果「そのままの真姫ちゃんが」

穂乃果「穂乃果は大好きだから」

真姫「……っ!」

真姫「穂乃果っ!」

ギュッ!

穂乃果「わっ!」

真姫「穂乃果、私、続けたいよ……っ」ポロポロ

穂乃果「よしよしっ」

穂乃果「穂乃果と2人の時は、無理しなくていいんだよ?」

真姫(少しでも長く)

真姫(穂乃果の隣でピアノを弾きたい)

真姫(──穂乃果をもっと、笑顔にさせたい)


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
82: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 23:00:54.25 ID:XikZ8RJx0

穂乃果「……落ち着いた?」

真姫「うん」

真姫「ごめん」

穂乃果「なんで!?」

真姫「今日は穂乃果の誕生日なのに……」

真姫「なんだか私のほうがもらってばっかりで」

穂乃果「真姫ちゃん……」

真姫「……」シュン

穂乃果「気にしなくていいんだよ」

真姫「え?」

穂乃果「今日は真姫ちゃんと一緒にいることができて」

穂乃果「一緒に遊んで」

穂乃果「ピアノと歌を聴いて」

穂乃果「穂乃果のほうがもらってるくらいだよっ」ニコッ

真姫「……そう、なの?」

穂乃果「うん! そうだよ!」

真姫(……優しいんだ)
83: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 23:01:44.84 ID:XikZ8RJx0
真姫「ありがとうっ」ニコッ

穂乃果「ふふっ♪」

真姫「な、なによ!」

穂乃果「やっぱり、笑った方が可愛いねっ♪」ニコッ

真姫「……なっ///」カァーッ

穂乃果「ねえ、一緒に歌おう?」

真姫「え?」

穂乃果「──だって、可能性感じたんだっ♪」

穂乃果「そうだ、ススメー♪」

穂乃果「後悔したくない、目の前にっ♪」ニコッ

真姫「……」

真姫「ぼくらの、道があるーっ♪」

穂乃果「真姫ちゃんっ! 歌おう!」

真姫「うんっ!」ニコッ


~~♪

~♪

~~~♪
84: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 23:09:17.64 ID:XikZ8RJx0
真姫(……なぜかしら)

真姫(さっきまでの気分が嘘みたい)

真姫(穂乃果が隣にいてくれる)

真姫(私を認めていてくれる)

真姫(私の音楽を好きと言ってくれる)

真姫(それだけで私は満たされていくんだ)

真姫(……穂乃果)















真姫「──ありがとう」






~~♪

~~♪ ~♪

~~~♪


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
85: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 23:15:26.67 ID:XikZ8RJx0

穂乃果「おいしーっ♪」

真姫ママ「あらあら、うふふっ♪」

真姫「ぱくぱくっ」

穂乃果「真姫ちゃんのお母さんの料理、ホントに美味しいよ!」

穂乃果「これもこれもそれも!」

穂乃果「はぅ……穂乃果幸せっ///」

真姫ママ「穂乃果ちゃんったらお上手ねぇっ♪」

真姫ママ「うちの子になっちゃえば?」ニコニコ

真姫「もーっ、変なこと言ってないでさっさと食べちゃいなさいよっ!」

穂乃果「真姫ちゃん……お母さんが褒められて嬉しいんだねっ♪」

真姫「なっ! ちがっ///」

真姫ママ「真姫ももっと素直でもいいのよ? 」

真姫「うぇ!?///」

穂乃果「そうだよぉ! 笑うとすっごい可愛いもん! 笑わなくても可愛いけどっ!」

真姫ママ「さすが穂乃果ちゃん! わかってるわっ♪」

穂乃果「お母さん、こういうときハラショーっていうんですよっ!」

真姫ママ「あら、そうなの?」

真姫ママ「穂乃果ちゃん、ハラショー♪」ニコッ

穂乃果「わぁーっ! お母さんハラショー♪」ニコッ

真姫「──意味、わかんないっ///」


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
86: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 23:24:25.75 ID:XikZ8RJx0
穂乃果「ご馳走様でした」

真姫「ご馳走様」

真姫ママ「お粗末様でした」

穂乃果「あの、これ……私のお母さんから」

真姫ママ「まあ! 穂むら名物のお饅頭じゃないっ!」

真姫ママ「私、大好きなの!」

真姫「え」

穂乃果「そうなんですか!? 嬉しいですっ!」

真姫ママ「お茶を入れてくるわねっ!」ガタッ

真姫ママ「あ!」

穂乃果「え?」

真姫ママ「穂乃果ちゃん、ハラショー♪」

真姫「それはもういいから……」


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
87: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 23:25:20.07 ID:XikZ8RJx0

穂乃果「はぅ、お茶も美味しいです……」

穂乃果「ほへーっ///」

真姫「ちょっと! なんでそんなだらしない顔してるの!?」

真姫「くつろぎすぎでしょ!」

真姫ママ「まあまあ、いいじゃない」

真姫ママ「それにしても、本当によく似てるわ」

穂乃果「お饅頭にですか?よく言われます!」

真姫「絶対違うと思うけど……」

真姫ママ「ふふっ♪ お母さんによ」

穂乃果「へ?」

真姫「うぇぇ?」

真姫ママ「あら?」

穂乃果「お母さんのこと知ってるんですか?」

真姫ママ「ええ、学生の時のちょっとね」

真姫「音ノ木坂学院の生徒だった時の話?」

真姫ママ「そう」
88: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 23:27:06.54 ID:XikZ8RJx0
真姫ママ「懐かしいわ」

真姫ママ「忘れたくても忘れられない衝撃的な出会いだったわ」

穂乃果「わくわくっ」

真姫「……」ソワソワ

真姫ママ「あれは私が音楽室で1人でピアノを弾いていたらね、いきなり声をかけられて」

真姫ママ「『ねえ、作曲に興味ない!? この学校のために1曲作ってくれないっ?』っていうのよ」

真姫ママ「私びっくりしちゃってっ」

穂乃果「へーっ! それがお母さんとの出会いだったんですねっ!」

真姫ママ「当時の生徒会長だったからね」

真姫ママ「穂乃果ちゃんのお母さんのことを知らない生徒なんていなかったの」

真姫ママ「その生徒会長がいきなり、曲を作ってーだなんて」

穂乃果「あははっ♪ お母さんったら、非常識だなぁ」

真姫「あなただって似たようなものでしょう?」

穂乃果「す、すみません……」

真姫ママ「その時作った曲がススメ→トゥモロウなのよねぇ」

穂乃果「え」

真姫「え」

ほのまき『そうなの!?』

真姫ママ「そうよ?」
89: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 23:29:49.10 ID:XikZ8RJx0
真姫ママ「穂乃果ちゃんのお母さんがね、『音ノ木坂学院をもっと活気あふれる学校にしたい! これから何年もずーっと先まで!』」

真姫ママ「『そんな曲を作って欲しいの!』」

真姫ママ「『音楽に宿した気持ちだったらきっと、何年も先の世代にも届けられるよ!』」

真姫ママ「『だから、お願いっ!』って言うでしょ?」

真姫ママ「あの時は感動したなぁ」

穂乃果「お母さん達がススメ→トゥモロウを作ったんだぁ……」

真姫「お母さんは、他に作曲したりはしなかったの?」

真姫ママ「……私は医者にならなくちゃいけなかったから」

真姫「そっか」

真姫ママ「けど、出来ることならずっと……音楽に携わっていたかったな」

真姫(……お母さん)

真姫ママ「それでね、今の理事長になってから、音楽の授業で扱われるようになったのよ」

穂乃果「えぇ!? そうなんだっ!」ガタッ

真姫「私達の親、意外なところで繋がりがあったのね」

真姫ママ「南さんったら粋なことするわよねぇ」

真姫ママ「──いけない、話過ぎちゃったわ」

真姫ママ「2人の時間を邪魔してごめんなさいね」ニコリ

穂乃果「いえ、とても楽しかったです!」ニコッ

真姫「私も……少しは楽しかったわ」

真姫ママ「ふふっ♪ 穂乃果ちゃん、ゆっくりしていってね?」

穂乃果「はいっ♪ ありがとうございますっ」ニコニコ

真姫ママ(……本当にそっくりね)


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
90: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 23:30:29.18 ID:XikZ8RJx0
穂乃果「わぁー、すごーいっ♪」

真姫「ふふんっ♪ 綺麗でしょ?」

穂乃果「うん!真姫ちゃんはいつもこれで星を見てるんだね」

真姫「ええ。嫌なことがあったりすると、ね」

穂乃果「ふーん。今日はなんでー?」

真姫「せっかくだから穂乃果にもみせてあげようかと思って」


穂乃果「とか言って、ホントは穂乃果にも知って欲しかったんでしょ?」

穂乃果「自分の好きな事っ♪」ニコッ

真姫「そっ! そんなこと……あるわよっ///」

真姫「悪いっ!?///」

穂乃果「ううん、嬉しいよ」ニコニコ

真姫「むぅーっ///」

穂乃果「……聞いてもいい?」

穂乃果「どうしてあの時、1人でピアノを弾いてたの?」

真姫「……なんでだろうね」

穂乃果「へ?」
91: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 23:31:13.55 ID:XikZ8RJx0
真姫「ホントに偶然っ」

真姫「な、なんとなくだったのよ///」

真姫「クラスにも馴染めないし」

真姫「たまたま音楽室を見つけたから……」

真姫「ピアノでも弾いて気を紛らわそうかなって」

穂乃果「なーんだ、そうだったんだっ♪」ニコッ

真姫「──恥ずかしいこと言ってもいい?」

穂乃果「え? うん」

真姫「たまたまだからこそ感じたの」

穂乃果「へ?」

真姫「偶然だからこそ思ったの」

真姫「『運命』なんじゃないかって」

穂乃果「うん、めい……」

真姫「……///」カァーッ

真姫「私ね、みんなに出会うために……」

真姫「穂乃果に出会うために、あそこにいたんだと思う」

真姫「神様がくれたのだと思うわ」

真姫「私が欲しかったモノ」

真姫「──私の居場所」

穂乃果「真姫ちゃん……っ!」
92: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 23:32:10.41 ID:XikZ8RJx0
真姫「穂乃果、誕生日おめでとうっ///」ニコッ

穂乃果「あ、ありがとうっ///」

真姫「これ、大したモノじゃないんだけど」

穂乃果「……わぁーっ! リボンだぁーっ!」

穂乃果「真っ赤なリボンとオレンジのリボン!」

穂乃果「真姫ちゃんありがとうっ!」

穂乃果「すっごく嬉しいよ!///」ニコッ

真姫「良かったわ///」

穂乃果「……あれ?」

真姫「どうかした?」

穂乃果「そっかぁ……ふふっ♪」ニコニコ

穂乃果(ありがとね、ことりちゃん、海未ちゃん)

穂乃果「──はい、こっちは真姫ちゃんに使って欲しいな」

真姫「え!? でも……」

穂乃果「嫌?」

真姫「ううん、違うの」

穂乃果「じゃあ、どうぞっ♪」

真姫「ありがとう……」

穂乃果「お揃いだねっ♪」

真姫「そうねっ///」
93: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 23:37:11.72 ID:XikZ8RJx0
真姫「……あ」

真姫(あの2人……)

真姫(こうなることがわかってたんだ)

真姫(……後でちゃんとお礼を言わないとね)

真姫「ねぇ、穂乃果」

穂乃果「なぁに?」

真姫「これからも私のピアノ、聴いてくれる?」

穂乃果「うん! 当たり前だよっ!」

真姫「……そっか」

真姫(いつまで音楽が出来るかわからないけど)

真姫(あなたには最後まで聴いて欲しい)

真姫(大好きな穂乃果)

真姫(あなたに私の音楽を聴いてもらうのが1番の幸せ)

真姫「──ありがとうっ///」ニコッ

真姫(私のたった一人のお客様)

穂乃果「……ねえ、真姫ちゃん」

穂乃果「穂乃果、新しい夢が出来たんだ」

真姫「え?」

穂乃果「怒らないで聞いてくれる?」

穂乃果「穂乃果、真姫ちゃんとね……」
94: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 23:37:51.30 ID:XikZ8RJx0
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


真姫「……」コクコク

真姫「はっ! 寝てたわ!」

運転手「お嬢様、着きましたよ」

真姫「やめてよそれ……これでも社会人なんだから」

運転手「私にとってはいつまでたってもお嬢様なのですが……」

真姫「はいはい、わかったわかった」

真姫「それで、穂乃果は?」

運転手「あちらでお待ちですよ」

運転手「もっと言うのであれば、穂乃果様はお嬢様が起きるまであそこの木陰でああしておりました」

真姫「ちょっと待って、いつからついてたの?」

運転手「30分位前ですかな?」

真姫「起こしなさいよ!」

運転手「いやー、お嬢様を待つ穂乃果様を見ていたらですね」

運転手「30分など2分程にしか感じませんでしたよ」
95: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 23:38:34.18 ID:XikZ8RJx0
真姫「なにそれ!? 意味わかんない!」

真姫「30分も穂乃果のことを見て時間を潰してたってこと?」

運転手「左様でございます」ニヤリ

真姫「なに不敵に笑ってんのよ! 気持ち悪い!」

真姫「……前から思ってたけどなんなのあんた!」

運転手「なにって……ファンですよ」

真姫「え?」

運転手「ただのお二人のファンです」

真姫「そう、なの?」キョトン

運転手「はい」ニヤリ

真姫(ファンならしょうがない、かな?)

運転手「さ、いってらっしゃいませ」

真姫「そ、そうね! 穂乃果が待ってるし!」

運転手「迎えの車は……必要ないですね」

運転手「母校でのライブ、存分にお力を発揮して頂ければと思います」

真姫「……っ! 誰に言ってるのよ?」

真姫「あったりまえでっしょー?」ニコッ


ガチャッ、バタンッ!


真姫「それじゃっ!」ダッ

96: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 23:39:41.26 ID:XikZ8RJx0
真姫(……あれから何年も経っちゃった)

真姫(だけど、ようやく叶う私達の夢)

真姫(穂乃果、お待たせ)


真姫「穂乃果っ!」

穂乃果「あ! 寝坊助真姫ちゃんっ♪」

真姫「ていうか起こしなさいよっ!」

穂乃果「えー、真姫ちゃん疲れてるでしょ? 寝れる時に寝とかないと」

真姫「むーっ!」

穂乃果「じゃあ、行こっか!?」

真姫「あ、リボン持ってきた?」

穂乃果「うんっ!忘れるわけがないよっ!」

真姫「ほっ、よかったわ」

穂乃果「……うまく伝えられるかな?」

真姫「そのために今日までがんばってきたんじゃない」

真姫「穂乃果も、私も」

真姫「だから、安心しなさいっ」ニコッ
97: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 23:40:39.76 ID:XikZ8RJx0
真姫「穂乃果の誕生日」

真姫「あの日の約束を果たす時が来たんだから」

ギュッ!

穂乃果「真姫ちゃんっ!?///」

真姫「絶対成功させましょっ!」

穂乃果「あ……うんっ!」

真姫「いっくわよぉーっ!」

穂乃果「ススメ、だねっ!」ニコッ

真姫「それしかないでしょ?」ニヤリ

穂乃果「うんっ♪」





真姫(目の前の道を一緒に歩んでいく)

真姫(それが穂乃果と私の約束)

真姫(これから私は……)

真姫(私達は伝えていく)

真姫(──音楽を通して)

真姫(諦めなければ夢は叶うことを)













真姫(歌とピアノで伝えていくんだ──)






◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
98: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 23:41:25.77 ID:XikZ8RJx0
『……ねえ、真姫ちゃん』

『穂乃果、新しい夢が出来たんだ』

『怒らないで聞いてくれる?』

『穂乃果、真姫ちゃんとね……』

『一緒に音楽をやりたい』

『真姫ちゃんがお医者さんにならなくちゃいけないのはわかってる』

『穂乃果も実家を継がなくちゃいけないし』

『けどね』

『やりたいの』

『好きだから』

『真姫ちゃんのピアノを』

『歌声を』

『ずっと聴いていたい』

『だから』

『何年かかっても構わない』

『穂乃果と一緒にライブをしよう』

『たくさんの人に伝えよう』

『真姫ちゃんの想いを』

『だからもう、悲しまないで』

『真姫ちゃんはもう』

『一人じゃないよ』

『……ありがとう』

『じゃあ、このリボンはその時まで』

『約束、だね』

『叶えよう』










『──私達の夢』


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


真姫「穂乃果の誕生日」

おしまい
100: ◆aAGpgHyonkae 2014/08/10(日) 23:50:20.27 ID:XikZ8RJx0
以上で終わりです。

コメント下さった方ありがとうございました。

ほのまきはじめて書きました。

変に思った方がいたらすみません。


【過去作品】

絵里「えりちかほの会議するの!」

海未「思わず誘ってしまったのです」

絵里「今週の土曜日は空いてる?」

絵里「なんとかして穂乃果の裸が見たいのよ」

海未「ことりがいきなりこんなに幼くなるなんて…ありえません!」

ことり「わぁー!懐かしいっ♪」

海未「ある日のμ's、ある日のことり」

海未「ことりがいないこの世界で」

海未「私の笑顔の理由」

ツバサ「そうだ!出待ちしよう!」

穂乃果「ことりちゃんがデート!?」

穂乃果「ユメノトビラの歌詞いいよね」

穂乃果「希ちゃん!お誕生日おめでとう!」

ことり「けっこんしき~♪ けっこんしき~♪」

ことり「今日は海未の日」

絵里「にこの誕生日」



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
真姫「穂乃果の誕生日」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『真姫「穂乃果の誕生日」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。