【SS】起きたら箱に閉じ込められてた真姫ちゃん。

シェアする

真姫-アイキャッチ21
1: ◆HS.Cb9ySRfxx (もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/08/02(火) 19:28:11.92 ID:Xdn+R3uC.net

……。

真姫「んっ…うぅ…」

……

真姫「ん…」クイッ

ゴツン!

真姫「い、痛っ…!」ビクッ

真姫「な、なんな…」ゴツン!

真姫「痛っ!!」


……

真姫「…。ここ…どこ?」

真姫「…狭いし…。」グイグイ



真姫「足元に何かある…」

真姫「……」


真姫「えいっ…」


カタカタカタン…

元スレ: 【SS】起きたら箱に閉じ込められてた真姫ちゃん。

スポンサーリンク
2: ◆HS.Cb9ySRfxx (もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/08/02(火) 19:33:11.80 ID:Xdn+R3uC.net
真姫「これ……」

真姫「……」カチャカチャ


真姫「…っ…」グイッ



真姫「えいっ…!」カチッ


ボワッ!


真姫「ら…ライターね…っ…」

真姫「なんで…こんなにっ…固いのよぉ…!」
3: ◆HS.Cb9ySRfxx (もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/08/02(火) 19:38:31.37 ID:Xdn+R3uC.net
真姫「周りは…木材?…。でできた壁…かしら。」

真姫「……」


真姫「……」コンコン


真姫「……」


真姫「そういえば、なんで私こんなところで寝てたの…?」

真姫「……」


真姫「確か、昨日は…


μ'sのみんなと海に行ったわ。


- - - - - - - - - - - - - -
5: ◆HS.Cb9ySRfxx (もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/08/02(火) 19:47:58.72 ID:Xdn+R3uC.net
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




希「真姫ちゃん、ジュース飲む?」

真姫「あ、ありがと」

希「すいません」

「ご注文ですか?」

希「ええとウチは、オレンジジュースで…真姫ちゃんは?」

真姫「ピーチ。」

「かしこまりました」



希「……」ジィー

真姫「?」

希「…」ニヤニヤ


真姫「な、なんなの?」
6: ◆HS.Cb9ySRfxx (もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/08/02(火) 19:52:40.30 ID:Xdn+R3uC.net


「お待たせしました…」コトッ

希「…♪」ニコッ

「…」コトッ

「ごゆっくりどうぞ。」

真姫「……」





真姫「…」チュー

希「……」ニヘニヘ

真姫「……。はぁ。」

希「ピーチジュース。」

真姫「……」チュー


希「にこちゃんピンク」


真姫「んっ、////」ブフッ!!!
7: ◆HS.Cb9ySRfxx (もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/08/02(火) 19:58:46.50 ID:Xdn+R3uC.net
希「…。はい、ティッシュ」ニヤニヤ

真姫「……////」イライラ

希「そんな怒らんといて、真姫ちゃん♪こんな日なんだから」

真姫「あ…あんたが…


希「楽しかった?」


真姫「?…何?」


希「海。」


真姫「あぁ…。私、ずっとパラソルの下にいたから」

希「…」

真姫「私はあれで楽しいのよ?」

希「真姫ちゃん、泳げないもんね」

真姫「そう…って、泳ごうとすれば泳げるわよ!」
8: ◆HS.Cb9ySRfxx (もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/08/02(火) 20:05:23.14 ID:Xdn+R3uC.net
希「…にこっちと遊べた?」

真姫「……」

希「…もう。にこっちと遊べる時間なんてあまりないんよ?」

真姫「わ、わかってる…わかってるけど…」

希「ウチらだって、大学に入ってから中々会えないんよ」

真姫「わかってる…ってば…」

希「……まぁ」


希「好きってそういうことやんね♪」ナデナデ


真姫「……///」イライラ
10: ◆HS.Cb9ySRfxx (もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/08/02(火) 20:10:26.63 ID:Xdn+R3uC.net
希「でも、そろそろ伝えなぁ…」

真姫「…」

希「だって、にこっち、可愛いやろ?他の子だって」

真姫「……」

希「あ…もしかして…」

真姫「?」


希「真姫ちゃん、自分が可愛くないと思ってるん?」


真姫「……」

希「え…」

真姫「…何よ」

希「真姫ちゃんに限ってそんなことないと思ってた」
11: ◆HS.Cb9ySRfxx (もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/08/02(火) 20:14:10.97 ID:Xdn+R3uC.net
真姫「意味…わかんない。」


バタバタバタッ!


真姫「?」


凛「真姫ちゃん!希ちゃん!花火やるよ!」


真姫「後から行くわ」

希「うん、今すぐ行くから待っといて♪」


凛「うん!」


バタバタバタッ!
12: ◆HS.Cb9ySRfxx (もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/08/02(火) 20:31:39.89 ID:Xdn+R3uC.net
希「ほら、行かな」

真姫「……」

希「…今日しかないよ」

真姫「…次の休みって」

希「真姫ちゃん」

真姫「……」

希「……」


真姫「」ギュッ


希「…」



- - - - - - - - - - - - -
13: ◆HS.Cb9ySRfxx (もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/08/02(火) 20:42:20.12 ID:Xdn+R3uC.net
- - - - - - - - - - - - -




真姫「……あの後、どうしたんだっけ…」

真姫「…んっ…」

真姫「暑い…」

真姫「水着のままだからまだ大丈夫だけど…」

真姫「うぅ…ベタベタする…」

真姫「……」

真姫「はぁ……」


真姫「早くしないと、酸素が…」


真姫「ねぇ…誰のイタズラなの?」


真姫「……」

真姫「希?凛?…にこちゃん?」

真姫「許さないわよ?」
14: ◆HS.Cb9ySRfxx (もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/08/02(火) 20:54:58.88 ID:Xdn+R3uC.net
真姫「ねえ…っ…出してよ…」

真姫「凛〜!?」バタバタ!



真姫「……」


真姫「はぁっ…はぁっ…」


真姫「…あまり動くと息が…」


真姫「……」



ゴゴゴゴ....


真姫「」ビクッ
16: ◆HS.Cb9ySRfxx (もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/08/02(火) 21:08:50.56 ID:Xdn+R3uC.net
真姫「す、砂…?」

真姫「……」


真姫「壁の外は砂なのかしら…」


真姫「ってことは…埋まってるの…?」


真姫「……」



ピピピピピピ!


真姫「…?」


真姫「携帯…?」


真姫「足元ね…」グイグイ
21: ◆HS.Cb9ySRfxx (もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/08/02(火) 21:14:42.61 ID:Xdn+R3uC.net


ピピピピピ...


真姫「も、もしもし!?」

にこ「もしもし、真姫?」

真姫「にこちゃん!?…誰がこんなことしたの!?」

にこ「はー?あんたが言いたい事あるって希から聞いたから電話したんだけど」

真姫「ぁ…」

にこ「?」

真姫「と、とにかく今は…閉じ込められてるの」

にこ「閉じ込められてる?」

真姫「何か…私と同じくらいの大きさの木箱の中…」

にこ「はぁ…」

真姫「ほ、本当なの!…砂が入ってきてるから…」

にこ「じゃああんたは地中にいるってワケ?」

真姫「私にもわかんないの!!」
29: ◆HS.Cb9ySRfxx (もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/08/02(火) 21:24:31.16 ID:Xdn+R3uC.net
真姫「はぁっ…ねぇ…」

にこ「あーあー…ちょっと電波が通じ辛くて」

真姫「…助けてよ」

にこ「大体どこにいるかわかる?」

真姫「わかんない…」



ドンドンドン!


真姫「ひっ!…」

にこ「……」


にこ「凛たちのいたずらじゃないの?」
40: ◆HS.Cb9ySRfxx (もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/08/02(火) 21:33:26.33 ID:Xdn+R3uC.net
真姫「たぶん違う…私…昨日…」

にこ「…?」

真姫「海で遊んでた…じゃない」

にこ「うん」

真姫「そのあと希とお店でジュースを飲んで…」

にこ「うん?」

真姫「凛が花火するって呼びに来て、そこから記憶がないの」

にこ「昨日希と一緒に帰ったと思ったけど?」

真姫「え?…」
52: ◆HS.Cb9ySRfxx (もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/08/02(火) 21:42:38.37 ID:Xdn+R3uC.net
にこ「花火してても来なかったから」

真姫「…。あ、希は…?」

にこ「希?」

真姫「希ならわかるかも…!」


ゴゴゴゴ...


真姫「ひっ…」

にこ「?」

真姫「す、砂が入ってきて…」

にこ「…」

真姫「にこちゃん…!」

にこ「わかった、落ち着いて。今どのぐらい砂が入ってきてるの?」
53: ◆HS.Cb9ySRfxx (もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/08/02(火) 21:46:30.91 ID:Xdn+R3uC.net
真姫「足元だけ…けど、勢いが」

にこ「息はできる?」

真姫「ぁ…さっきより凄く空気が入ってきてるから」

にこ「うん、わかった」

真姫「早く…助けに来て…!」

にこ「とりあえず今、全員に連絡するから」

真姫「うん…早く…」


ピピッ
54: ◆HS.Cb9ySRfxx (もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/08/02(火) 21:51:20.82 ID:Xdn+R3uC.net
真姫「……」ピッ

真姫「あれ…時間と日付が」

真姫「11時10分...あれから1時間も経ってない。」



ピッピッピッ


真姫「け、圏外?」


- - - - - - - - -
55: ◆HS.Cb9ySRfxx (もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/08/02(火) 22:05:15.88 ID:Xdn+R3uC.net
希「気にしてるようやったよ、真姫ちゃん。」

にこ「真姫が?」

希「アイドルとしてのにこちゃんと、真姫ちゃんが釣り合わないんじゃないかって」

にこ「……」

希「でも、良かった」

にこ「え?」

希「良かった、やろ?」

にこ「…まぁ」

希「ウチは良かったよ」

にこ「?」

希「そういうとこ、にこっちは年上さんなんやなぁって」


56: ◆HS.Cb9ySRfxx (もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/08/02(火) 22:13:14.77 ID:Xdn+R3uC.net
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


ニュルッ


真姫「っひっ!!!////」ビクッ

真姫「な、何っ!?」

真姫「ら、ライター…」カチッ

真姫「ひゃっ///なっ…///」ピクピクッ

真姫「力が…///」

真姫「うぐぐっぐ…っ!!」カチッ


ボフッ!

ニュル・・・ニュル…


真姫「こ、これは…」


真姫「う、鰻…?」
57: ◆HS.Cb9ySRfxx (もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/08/02(火) 22:16:28.48 ID:Xdn+R3uC.net
ニュル…ニュル…


真姫「んはぁっ…///ちょっと…何でこんな時に箱の中に…」


真姫「意味わかんないっ!」


真姫「離れてってばっ…えいっ!!」ゲシッ


真姫「はぁ…はぁ…」


真姫「……。」


ニュルニュル…


真姫「?逃げた…。」

真姫「…足元には穴があるのね」
59: ◆HS.Cb9ySRfxx (もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/08/02(火) 22:21:26.22 ID:Xdn+R3uC.net
……


真姫「よく見たら上にもあるわね。」

真姫「んぐぐ…」

真姫「…」


真姫「ここから綺麗な空気が入ってきてる…?」


真姫「あとは…砂…」


60: ◆HS.Cb9ySRfxx (もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/08/02(火) 22:25:51.61 ID:Xdn+R3uC.net
- - - - - - - - - - - - - -




「そんな、無茶な。」

にこ「プロデューサー…お願いします…!」

「いくらアイドルとして売れているからって、その年で恋人ができてしまうとね」

にこ「そこをなんとか、お願いします…」

「…相手は誰なんだ」

にこ「高校の時に一緒に活動していたメンバーです。」

「…?」

にこ「…」

「なるほど、そういうことか。」


「わかった。じゃあ、特番を用意する」


にこ「ありがとうございます!…あっちも元アイドルなんで、なんでもします!」


- - - - - - - - - - - - -
61: ◆HS.Cb9ySRfxx (もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/08/02(火) 22:29:08.05 ID:Xdn+R3uC.net


ピピピピピピ!


真姫「…もしもし…」

にこ「真姫、大丈夫?」

真姫「……」

にこ「息、できないの!?」

真姫「息はできるわ。酸素はなぜか奇跡的に上から流れてくるもの」

にこ「…あと、どのぐらい動ける?」

真姫「…胸から上、かしら。」

にこ「頑張って、絶対に見つけ出すから!!」


真姫「にこちゃん。」
62: ◆HS.Cb9ySRfxx (もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/08/02(火) 22:36:09.16 ID:Xdn+R3uC.net
真姫「私、高校の時から…にこちゃんのこと尊敬してる」

にこ「何言ってんの?」

真姫「砂に押されて、なんだかあったかくて。」

にこ「真姫…?」

真姫「まるで、今閉じ込められているところの目の前ににこちゃんがいるみたい」

にこ「…」

真姫「私、もう助からないわ。」

にこ「そんなことない!」

真姫「携帯ももうすぐ電池きれちゃうから、最後に」

にこ「ちょっと!!!」

真姫「にこちゃん…。今まで本当にありがとう。だいす…」


にこ「ちょっとってばぁ!!!!」ガバッ!!
63: ◆HS.Cb9ySRfxx (もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/08/02(火) 22:39:21.68 ID:Xdn+R3uC.net


真姫「え…?」


サー…サー…


真姫「カメラ…。」

にこ「真姫。」

真姫「どういうこと?」


にこ「元メンバーにドッキリという番組よ」

希「…」ニヘニヘ


真姫「……」


にこ「ご、ごめん…。こういうのないと…私たちって好きって言いあえないじゃない」

真姫「え?…」
64: ◆HS.Cb9ySRfxx (もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/08/02(火) 22:42:48.22 ID:Xdn+R3uC.net
にこ「」チュッ

真姫「///」


にこ「好きよ、真姫」

真姫「ちょ…///て、テレビもあるでしょ!?」


にこ「いいわよ。私は誇れるわ、真姫のこと」ギュッ

真姫「うぅ…ちょ、体ベタベタしてるからっ…」


にこ「知らなーい」

真姫「も、もう///」


にこ「真姫ちゃん、にこのこと、気にしてくれてありがとう」
68: ◆HS.Cb9ySRfxx (もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/08/02(火) 22:46:23.54 ID:Xdn+R3uC.net
……

真姫「よくプロデューサーとかマネージャー、許してくれたわね」

にこ「変な週刊誌にとられるより、オープンにしてた方が良いでしょ」

真姫「だからって…」

にこ「視聴率のこと気にしてる?」

真姫「見られない方がいいわよー!」

にこ「大丈夫♪美少女がいやらしい声で鰻と絡む映像」

真姫「え?」

にこ「視聴率30パーセントを超えたんだって!」

真姫「…箱の中にいた時って、全部…」


にこ「もちろん」
69: ◆HS.Cb9ySRfxx (もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/08/02(火) 22:47:45.92 ID:Xdn+R3uC.net
終わり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『【SS】起きたら箱に閉じ込められてた真姫ちゃん。』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。