海未「ことり、相談があるのですが…」 ことり「なぁに?海未ちゃん」

シェアする

ことうみ-アイキャッチ11
1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 19:56:45.67 ID:4ItvwJc/.net
海未「先週、穂乃果の家に遊びに行ったのです」


ことり「ふむふむ…」


海未「そこで、穂乃果の宿題を見ることになったのです」


ことり「それでそれで?」


海未「宿題をしてる穂乃果が可愛すぎてレズレイプをしてしまったのです」


ことり「うんうん」


ことり「うん?」

元スレ: 海未「ことり、相談があるのですが…」 ことり「なぁに?海未ちゃん」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 19:57:52.68 ID:4ItvwJc/.net
ことり「ちょ、ちょっと待って海未ちゃん」


海未「はい?」


ことり「今なんて言ったの?」


海未「え?穂乃果が可愛すぎる?」


ことり「おしい!その次!」


海未「ああ、レズレイプですか」


ことり「「ああ」じゃないよ!?」
3: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 19:58:35.85 ID:4ItvwJc/.net
海未「仕方ないじゃないですか!穂乃果が可愛すぎるのがいけないのです!」


ことり「えぇ…」


海未「だいたい穂乃果も穂乃果です!部屋着とはいえあんな薄手のキャミソールにキュロットなんて!」


ことり「そんな格好だからってそんなレイプとか…」


海未「いえ、問題はそこではないのです」


ことり「ここしか問題は見当たらないんだけど…」


ガチャ
5: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 19:59:08.79 ID:4ItvwJc/.net
穂乃果「あ、こんなところに居たんだ、海未ちゃん!それにことりちゃんも!」


ことり「ホ、ホノカチャン!?」


海未「ヒィ!?ほ、穂乃果!?」


スススス


穂乃果「えへへ」ニコニコ


海未「……」


ことり「ホノカチャン!?そいつはホノカチャンを襲った変態だよ!?近寄らないほうがいいよ!」
6: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 19:59:39.08 ID:4ItvwJc/.net
穂乃果「え?あー、えへへ…」ニコニコ


ことり「え、なにその満更でもなかったよ、って感じの笑顔は…」


穂乃果「いやぁ…ね?えへへ」ニコニコ


ことり「園田ァ!!どういうことだ!?」


海未「ええ、穂乃果をレズレイプしてからというもの、なんか必要以上についてくるようになりまして」


ことり「……」


海未「挙句の果t「海未ちゃん!前みたいに襲ってよ!」とこのように」


ことり「」
7: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 20:00:38.05 ID:4ItvwJc/.net
穂乃果「えへへ…ことりちゃんに見られながらってのもいいかなって…///」モジモジ


ことり「いやそんな恥らう乙女の顔で言われても…」


海未「ええ、レズレイプした時のように信頼していた親友に裏切られて絶望しかかったときのような悲鳴をあげていただかなければこれからレズレイプする意味が…」


ことり「ちょっと口閉じるかおやつになるか選んで」


海未「………」


穂乃果「えぇ!ダメだよ!おやつにするなら穂乃果をおやつにしてよぉ!」


ことり「oh…」
8: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 20:01:20.76 ID:4ItvwJc/.net
ことり「で、相談っていうのは…?」


海未「はい、穂乃果を元に戻したいのですが…協力していただけませんか?」


ことり「いや、まぁ、確かにこんな穂乃果ちゃんは嫌だけど…」チラッ


穂乃果「あぁ、海未ちゃんだけでなくことりちゃんからも攻められるなんて…穂乃果の身体もつかなぁ…えへへ///」


ことり「うーんこの…」


海未「でしょう?今回ばかりはやりすぎたと反省しています…ですので、お願いします」ペコリ
9: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 20:01:55.03 ID:4ItvwJc/.net
ことり「はぁ、しょうがないなぁ…でもどうやって元に戻すの?」


海未「こういう場合、もう一度同じことをすると元に戻るって言うのが鉄板なのですが…」


穂乃果「なになに!?先週してくれたこと、もう一回してくれるの!?あのピーがチュンチュンでかくかくしかちゃんくすくすくっすん!」


ことり「う、うわぁ…海未ちゃんそんなことしてたの…?引くわぁ…」


海未「いやぁ、照れますね///」


ことり「褒めてないから安心してね…でも、その内容じゃあ、同じことしても悪化するだけじゃ…」


海未「ものは試しです、一度やってみましょう」


ことり「本音は?」


海未「穂乃果ともう一度キャッキャウフフできてうれしいです」
10: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 20:02:55.49 ID:4ItvwJc/.net
サァホノカイキマスヨ
カモンウミチャン!
ケッキョクヤルノネ…

〜少女レズセクロス中〜



穂乃果「あ♥…ひ♥…///」ビクンビクン


海未「ふぅ…ご馳走様でした」ツヤツヤ


ことり「う、うわぁ…///」


海未「さぁ穂乃果、どうですか?」


穂乃果「き、きもひよかったれすぅ♥…ご主人さまぁ♥…///」


海未「あ、悪化してる…!?」


ことり「むしろ悪化しないほうがおかしいよ…///(ことりまで変な気分になっちゃうとこだったよ…///)」
11: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 20:03:28.36 ID:4ItvwJc/.net
海未「うーん、どうしましょう」


ことり「海未ちゃん、先週レズレイプしたときになんか変なこと起きなかった?」


海未「これといっては何も…しいて言えば穂乃果の泣き顔にぞくぞくと熱い何かがこみ上げてきたくらいでしょうか」


ことり「死ねばいいのに…(そっか、うーん原因は何なんだろうね)」


海未「本音と建前逆ですよ」


ことり「隠す気は無いから気にしないで」


海未「どういうことなの…」
13: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 20:04:26.06 ID:4ItvwJc/.net
ことり「でも、早々に手詰まりだね…」


海未「あぁ穂乃果…早く戻ってあの泣き顔と悲鳴をもう一度聞かせてください…」


ことり「あれ、急にどうでも良くなってきたなぁ…」


海未「とりあえず、ダメもとで穂乃果に直接聞いて見ましょう」


ことり「それで手がかりがつかめればいいけど…」


海未「穂乃果、ちょっとお聞きしたいのですが」


穂乃果「はい、なんでしょうかご主人様♥」ニコニコ
14: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 20:05:08.67 ID:4ItvwJc/.net
海未「先週、私が襲ったとき何か起きませんでしたか?」


穂乃果「先週…特にこれといって何も」


海未「そうですか…(まぁ、直接聞いて解決したらこんな苦労は…)」


穂乃果「ご主人様に押し倒された時に、頭に衝撃が走って、心がキュンってなって…」


海未「そうですk…」


海未「……」


海未「うん?」
15: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 20:05:57.88 ID:4ItvwJc/.net
ことり「頭に衝撃が走ったって…」


穂乃果「うん、こう「ガンッ!」って感じで衝撃が走ったとたん、ご主人様の飢えた狼のような表情に心奪われ…///」ジュン


ことり「……ねぇ海未ちゃん、ことり原因わかったかもしれない」


海未「奇遇ですね、ことり。私もわかったかもしれません」


ことり「とりあえず、穂乃果ちゃんのお家いこっか…」


海未「えぇ、そうですね」


穂乃果「きゃー♥ご主人様とことりちゃんの同時攻めなんて…穂乃果耐えられるかなぁ…♥///」キュンキュン
16: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 20:06:31.49 ID:4ItvwJc/.net
〜穂乃果の家〜


ことり「さて、さっさと穂乃果ちゃんを戻しちゃおうか」


海未「ええ、そうしましょう」


穂乃果「どきどき…///」


ことり「で、押し倒したときはどんな状況だったの?」


海未「えーと、穂乃果がこの位置で、私がこの位置でした」


ことり「なるほど…(てことはこの出っ張りにぶつけたのかな?)」


穂乃果「ご主人様ぁ、はやくぅ♥」
17: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 20:07:34.27 ID:4ItvwJc/.net
海未「では、いきます…」グッ


ことり「アーットテガスベッター」ドン


海未「へぁ?」


穂乃果「キャッ///」


ガンッ!


海未「こ、ことり…いきなり何を!?」


ことり「え、えーっと、あはは…」


海未「まったく…穂乃果、大丈夫ですか?」
18: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 20:08:23.68 ID:4ItvwJc/.net
穂乃果「…」ムクリ


ことり「穂乃果ちゃん…?」


穂乃果「海未ちゃん…ことりちゃん…?」


海未「よ、呼び方が元に…!」


ことり「よかった!元に戻ったんだね!」


穂乃果「あれ…?二人ともなんで穂乃果の家の…?」


ことり「え、えっとー…穂乃果ちゃんの家に遊びに来たら穂乃果ちゃん寝ちゃってて…」


海未「は、はい!それで、もうお暇する時間なので起こしたのです!」


ことうみ「(事実は伏せておこう)」
19: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 20:09:06.38 ID:4ItvwJc/.net
穂乃果「そ、そっか…ごめんね、寝ちゃって」


ことり「う、ううん!こっちこそ起こしちゃってごめんね!私達もう帰るから!」


穂乃果「うん!あ、海未ちゃんにはちょっと聞きたいことあるからことりちゃん先帰ってくれる?」


ことり「え!?で、でも…(元に戻ったということはまたレズレイプされる可能性が…)」


海未「……」ニヤリ


ことり「(うーんこの海未ちゃん…)」


穂乃果「いいからいいから!」グイグイ


ことり「ちょ、穂乃果ちゃん!?」


穂乃果「大丈夫だから」ボソリ


ことり「…!?(い、いまのは…)」
20: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 20:09:26.93 ID:4ItvwJc/.net
ことり「穂乃果ちゃんに言われるまま帰っちゃったてるけど、大丈夫かなぁ?」


ことり「まぁ、一応穂乃果ちゃんも大丈夫とは言ってたし、大丈夫なんだろうけど」


ことり「うーん、なんか違う意味で嫌な予感が…」


ことり「ま、いっか」


ことり「マカロン買って帰ろーっと」
21: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 20:10:16.49 ID:4ItvwJc/.net
穂乃果「さて、海未ちゃん」


海未「ふふ、いいのですか…私と二人っきりになってしm」


ベシン!


海未「…へ?」


穂乃果「ねぇ、誰に向かって口聞いてるの?」


海未「ほ、ほの…か?」


穂乃果「気安く名前で呼ばないでくれる?…この雌犬がっ!!」ギロリ


海未「ヒィィィ!?」ジョワ
22: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 20:11:12.45 ID:4ItvwJc/.net
穂乃果「ねぇ、雌犬?」


海未「い、一応お聞きしますが…その雌犬というのはもしかして…」ガクガク


穂乃果「二度は言わないよ?…返事は?」


海未「は、はい…」ガクガク


穂乃果「私に何をしたか、覚えてる…?」


海未「え?も、もしかして穂乃果はアレを覚えているのですか…?」


穂乃果「「穂乃果」ぁ…?」ギロリ


海未「あ…」


穂乃果「…とりあえず服脱ごっか?」ニッコリ
24: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 20:16:44.55 ID:4ItvwJc/.net
海未「あ、あの…これでよろしいでしょうか…?」ビクビク


穂乃果「…ねぇ海未ちゃんは今、犬なんだよ?どうして犬が二本足で立ってるの?」


海未「え、あ…ま、まさか…」


穂乃果「ヨツンヴァインになるんだよ、あくしろよ」


海未「ひゃ、ひゃい!(なんで急に用語を…)」


穂乃果「うんうん、良い子だね」
26: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 20:20:18.86 ID:4ItvwJc/.net
穂乃果「さて皆さん、ご無沙汰しております。悶絶少女専属調教師の穂乃果と申します」


海未「えっ」


穂乃果「今回調教する、少女は海未。綺麗な顔立ちとスレンダーなボディ」


穂乃果「まだ1○歳の彼女は、私の調教に耐えることができるでしょうか」


海未「もう始まってる!」


穂乃果「まぁ冗談はさておき…お仕置きの開始だね」


海未「じょ、冗談だったのですか…でもおしおkひぎぃ!?」ベシン


穂乃果「うん、ちゃんと「ご主人様」っていわない雌犬にはおしりペンペンしないとね」ベシン
27: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 20:21:04.29 ID:4ItvwJc/.net
海未「ほ、ほの、あぐ!や、やめ、ひぎっ!」ベシンベシン


穂乃果「「ご主人様」でしょ?ちゃんと言わないとやめないよ?」ベシンベシン


海未「は、はひぃ!しゅ、しゅいませんご主人様ぁ!」ベシンベシン


穂乃果「あれあれぇ?ねぇ海未ちゃん、穂乃果お尻叩いてるだけなのにどうしてこんなに濡れてるのぉ?」


海未「そ、そんなあっ!はずは、ひぐぅ!」ベシンベシン


穂乃果「ほぉら、こんなに穂乃果の指が濡れてるよ?」ヌラヌラ


海未「ひょ、ひょんあ…///」
28: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 20:21:36.17 ID:4ItvwJc/.net
穂乃果「ほら、舐めて綺麗にしてよ」


海未「は、はいぃ…///(ど、どうしてでしょう…穂乃果に逆らえません…それどころか…)」


海未「はぁむ…んちゅ…れぅ…///」


穂乃果「うふふ…いい子だね、海未ちゃん」ゾクゾク


海未「ふぁい…///」


穂乃果「さぁ、穂乃果がもっといいことして、あ・げ・る…」ボソリ


海未「はうぅ…///」ジュンジュワー



こうして穂乃果と海未の夜は更けていった
29: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 20:22:07.01 ID:4ItvwJc/.net
〜次の日〜


ことり「おはよー!穂乃果ちゃん!海未t…」


穂乃果「おはよう!ことりちゃん!」


海未「おはようございます、ことり」


ことり「い、一応聞いておくけど海未ちゃん、その首輪は一体…?」


海未「これですか?これは穂乃果かrあぁん♥!?」


ことり「!?」


ヴヴヴ


海未「ご、ご主人様からのいただきものですぅ…♥」ヴヴヴ


ことり「」


穂乃果「^^」ニコニコ
30: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 20:23:05.91 ID:4ItvwJc/.net
ことり「そ、そっか…うん、深くは聞かないことにするよ…」


穂乃果「そのほうが懸命だよ、ことりちゃん」ニッコリ


海未「っぁ♥…っひん♥…」ヴヴヴ


ことり「さ、さぁ、学校いこっか…」


穂乃果「そうだね!今日も一日、がんばるぞー!」


海未「こ、これとめへぇ♥…あうぅ♥…」ヴヴヴ



おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『海未「ことり、相談があるのですが…」 ことり「なぁに?海未ちゃん」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。