凛「真姫ちゃんのお尻おっきいにゃ〜」スリスリ 真姫「!」

シェアする

まきりん-アイキャッチ2
1: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 19:08:26.72 ID:o0ab2z3t.net
真姫「サワラナイデ!」


って感じの凛ちゃんが真姫ちゃんのお尻をからかうSS誰か書いてください
お願いします

元スレ: 凛「真姫ちゃんのお尻おっきいにゃ〜」スリスリ 真姫「!」

スポンサーリンク
12: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 23:42:57.73 ID:znIRR5pK.net
真姫「ほ、ホントにみんなこんなことしてるんでしょうね?!」

凛「本当だよー みんなはもう終わったから、真姫ちゃんが さ・い・ご」パシャッ

凛「あ、そのポーズいいにゃー 」パシャ パシャ

真姫「うぅ………////」

凛「うんうん 素直な娘は大好きだよ」

凛「えーと……じゃあ、次は後ろ向いてー」

真姫「え、えぇ…? まだやるの……?」

凛「あったりまえじゃん! ほら、急いだ急いだ」

真姫「うえぇ……////」


凛「………真姫ちゃんってほんとにおっきなお尻してるよね」

真姫「んなっ?!何言ってるのよ!////」バッ!

凛「おっと!隠さないかくない…… それに隠しきれてないし」パシャッ

凛「あー たまらんにゃー」ボソッ

真姫「なにぶつぶつ言ってんのよ……するならはやくしなさいよね」

凛「お、そんなに撮って欲しいのかにゃ?」

真姫「そういう意味じゃないわよ!」

凛(ただで撮るのもつまらんにゃ… この生意気なお尻をどうしてやろうか)


下一番早かったやつ
1 やっぱり無難に四つん這いを後ろから
2 立った状態の引き締まったお尻も捨てがたいよね
3 接写
4 その他

服装は特になければ水着かな?
13: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 23:43:29.03 ID:vswRkB/u.net
3
15: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 00:26:42.73 ID:Ru+1l9oh.net
せっかく書いたし気にせず投下


凛(接写しかないよね!ただでさえおっきいお尻が更におっきく……たまんねえにゃ)じゅるり

凛(そうと決まれば……)


真姫「えぇ? 凛、どうしたのよ無言で近づいてきて、」アタフタ

真姫「ちょっと、ここ動きづらいんだからそんなに近寄られても前に出れないわよ?」

真姫「ちょ、いい加減止まりn……」

凛「………」ササッ


  『 パ シ ャ ッ 』


真姫「…って、へ?」

凛「へっへーん!だいせーこー!」
16: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 00:31:14.16 ID:Ru+1l9oh.net
凛「おおー やっぱり近くで撮ると大迫力だにゃー (写真は暗くてよくわかんないけど)」

真姫「なに…?いまの写真……?」

凛「?そうだよ? 接写って言ってね、すっごく近くで撮るんだー」

凛「真姫ちゃんのお尻ならこれしかないって、思って、って……あれ?」

真姫「うっ……ぐすっ……ぐすっ…」

凛「おーい まきちゃーん。なに泣いてるのかにゃー?」

真姫「ぐすっ……そうやってまたバカにしてぇ……ひっく……わたしだって気にしてるのにぃ……」

凛「あ、あれー?」

凛(まきちゃんが泣いてしまいました。

凛(……ちなみにいま、まきちゃんは後ろを向いていて、お尻を付き出した状態です)

真姫「ぐすっ……ぐずっ…、好きでおっきいんじゃないわよぉっ……」フリフリ

凛(凛はおっきいのすきだけどね。……って違う、そうじゃないや)

凛(……泣いてるせいか、ふりふりしてますにゃ。これはそそるぜぇ…)

真姫「ぐすっ……ぐすっ…」

凛「………」

凛「……」サワサワ

真姫「ひゃぁっ…///」ビクッ!
18: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 01:02:14.63 ID:Ru+1l9oh.net
真姫「な、なに、さわってるのよぉ……ひぅっ…///」

凛「…………」サワサワ

凛(あー お尻触ってたらどうでもよくなってきちゃったにゃー ま、適当でいっか)モミモミ

真姫「あっ、んんっ……/// はぁっ…//」

凛「真姫ちゃん」

凛「凛はね、真姫ちゃんのおしりが好き。おっきくてもちっさくてもそれはきっと関係ないにゃ」サワサワ

真姫「りんっ……あなた、何言ってっ… んんっ…!」ビクビク

凛「もちろんバカになんてしてないよ。するはずがないにゃ。だってこんなに好きなんだもん」サワサワ

真姫「わ、わかったからぁ……ぁん/// いっかいさわるのやめてぇ…っ」ビクン
19: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 01:05:29.11 ID:Ru+1l9oh.net
凛「もっと自信を持ってほしいにゃ。真姫ちゃんのお尻はどこに出しても恥ずかしくない一級品だってことを……」グッ!

凛「………っ!! それを!!!」


ぱしーん!


真姫「ひゃぁっ!」

凛「それを!!!バカにするなんて!!!!」


ぱしーん!!


真姫「ん、ふぅ……っ///」

凛「いくら真姫ちゃんでも許されないにゃ!!!」

凛「許される!!!はずが!!!!」


ぱしーん!!


凛「絶対に!!!絶対に!!!」


ぱしーん!! ぱしーん!!


真姫「ぐすっ……もぉやだぁ……」ポロポロ
24: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 01:41:29.53 ID:Ru+1l9oh.net
凛(それからたぶん凛は二十分くらい叩いてた。この手の痛みは至福の痛みといっていいにゃ)


凛「真姫ちゃん?」

真姫「ぐすっ……なによぉ…」ポロポロ

凛「凛はね、凛だって本当はこんなことはしたくないの。でも、凛が大好きなものを、大好きな人にわかってほしい、」

凛「それだけ、ただそれだけのことなんだよ」

真姫「ぐすっ……ぐすん…」

凛「それに、真姫ちゃんのいいところをわざわざ隠すなんて見過ごせないよ。凛はね、もっといっぱいの人に知ってもらいたいし、見てもらいたい。だってこんなに美しいんだもん!」

凛「………実はね、そのことが前から気になってたんだ。いつか真姫ちゃんが解決しなきゃいけない課題として」
25: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 01:48:09.09 ID:Ru+1l9oh.net
真姫「………」

凛「だから、今日ははそのために、自信を持ってもらおうと思って考えてたんだ」

凛「えへへ……でも失敗しちゃったなぁ… やっぱり凛はダメだったよ」

真姫「……凛」

真姫「…あなたの気持ち、受け取ったわ」

凛「…!」

真姫「そうよね。凛が私の嫌なことするはずないのに、気づいてあげられなくてごめんなさい」

真姫「これから自分の体にもっと自信を持つことにするわ。そうよ、真姫ちゃんに恥ずかしいところなんてないもの!」

凛「真姫ちゃん…!」

真姫「ほら、そうと決まったら早く離れて」

真姫「……撮影の続き、するんでしょ?」







凛(まきちゃんちょろすぎにゃ…… なんかいい話みたいになってるけど、よく考えたら意味不明だよね)

凛(途中から自分でも何言ってるかわかんなくなってきて、適当に口からでまかせぺらぺら喋ってただけだし……ま、いっか♪)

凛(けっかおーらいってやつ?)

凛「おっと、撮影はまだ終わってないよ!むしろこれからが本番にゃ……覚悟するといいにゃ!」
27: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 01:51:17.91 ID:Ru+1l9oh.net
おわり
ほら喜べ、ほかルートに行く流れ作ってやったぞ
28: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 02:00:19.31 ID:Ru+1l9oh.net
おまけ
ーーーーーー
ーーーー
ーー

真姫「そういえば、接写についてなんだけど……」

凛「なになに? 真姫ちゃんも興味あるの?」

真姫「ち、ちが、そういうのじゃなくて、純粋に疑問なんだけどね」


真姫「あれってさ、意味なくない?」



















凛「は?」 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:558464d2692f088d1d43d68e7664e878)
30: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 02:08:30.78 ID:Ru+1l9oh.net
凛「は?」

真姫「よく考えても見なさいよ、あんなに近くで撮ってまともに写ると思う?」

真姫「この前見せてくれた写真も暗いのばっかりだったし、対象をちゃんと撮るなら絶対に考えられないやり方なんだけど」

凛「…………」

真姫「光も足りない、ピントもあってない、そもそも何を撮ってるかわからない。こんなのの何がいいの?」


凛「……真姫ちゃん」

真姫「なによ…」

凛「真姫ちゃんは何もわかってない」

凛「なんにも。なんにもだよ」

真姫「……」
32: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 02:29:58.96 ID:Ru+1l9oh.net
凛「光が足りない? なに写ってるかわからない?」


凛「そんなの!!!!」

凛「そんなの!! わかりきってるだよ!!!」

凛「わかってないはずないだろうが!!!!こちとら何年命かけてると思ってんだ!!!!」

真姫「ひぃっ…!」


凛「…真姫ちゃんはさぁ、いい写真って何だと思う?」

凛「構図がよい?発色がきれい?特徴を引き立たせてる?ーーーそんなの誤魔化しだよ」

凛「凛は、」

凛「凛はね、写ってるものが何かじゃなくて、写真自体に意味があるものだと思うんだ」

凛「なぜ撮るか?そこにロマンがあるからだよ」

凛「なぜ接写か?それの行為が尊いからだよ」

凛「なぜ臀部か?それ自体が美しいからだよ」

凛「ときにはトートロジー、ときには無限後退に悩まされながら、模索し続けるんだと思うんだ。そういった無限の命題の中に、きっと答えがあると信じて……」

凛「だから凛は撮り続けるよ。その最果ての景色をみるために……」

真姫「………」


真姫(どうしよう、いみわかんない)
35: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 02:58:13.76 ID:Ru+1l9oh.net
真姫「で、でも、もうちょっとだけ離れるだけでうまく撮れるというか、」

真姫「そんな数ミリのところで撮らなくてもいいんじゃない? どうせならちゃんと写ってるほうがいいと思うし……」

凛「あー たまーにいるよね、」



凛「 そ う い う や つ 」


真姫「」ゾクッ


凛「あれって何が楽しいんだろうね。ちゃんと分かってれば絶対にありえないよね。もしかして単にアップの写真を撮りたいだけの変態さんなのかにゃ?」

凛「一生理解できない会えない気がするにゃ。したくもないしされたくもない」ペッ

凛「しかもあんな志も何もないような野郎と同列に語られるなんて虫唾が走るにゃ。あー考えただけで吐き気が……」

真姫(いや、どう見ても一緒なんですけど……)
36: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 02:59:13.72 ID:Ru+1l9oh.net
凛「ともかく、これはいくら真姫ちゃんといえども譲れないところなの。だって求めるものが違うんだもん」

真姫「…………」

真姫「……そう分かったわ」

凛「ならよかったにゃ」

真姫(全然分かってないけど)


凛「ふぅ、喉乾いてきちゃったね。ちょっとお茶買ってくるにゃ」

真姫「はいはい。私はここにいるわね」

凛「はーい」ガチャッ



凛「あ、それと、」

真姫「ん?」

凛「……真姫ちゃんなら、撮って欲しいときはいつでもうぇるかむだよ?」

真姫「そんな時なんて一生ないわよ」



おわり
37: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 03:14:57.25 ID:Ru+1l9oh.net
どうやら俺は変に賢い凛ちゃんが好きらしい
そして特に接写には思い入れないです
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『凛「真姫ちゃんのお尻おっきいにゃ〜」スリスリ 真姫「!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。