鞠莉「No trespassing」

シェアする

鞠莉-アイキャッチ6
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:03:11.89 ID:UlwQrsbP0
鞠莉「…ぅ♥だ、だいやぁ♥」ビクン

ダイヤ「まだまだいけますわよね?」

鞠莉「うん♥もっと、more!」

ダイヤ「その表情、たまりませんわぁ」ゾクゾク

ダイヤ「いきますわよ♥」クチュクチュ

鞠莉「んっ!す、すご…ん…」

元スレ: 鞠莉「No trespassing」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:03:55.38 ID:UlwQrsbP0
ダイヤ「…んちゅ♥ぷはっ…ハァ」

ダイヤ「あんまり声を出しちゃダメですわ」

鞠莉「大丈夫♥ここは、no trespassing」

鞠莉「立入禁止なんだから♥」

ダイヤ「そう、でしたわね…」

ダイヤ「それじゃ、思う存分叫びなさい♥」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:05:09.06 ID:UlwQrsbP0


いつからでしょう

こんなにも本能をむき出しにして…

彼女を求め続けてしまう…

本能?こんなのはわたくしの偽りの姿だと、そのはずでしたわ

もっと健全で綺麗な距離の取り方を望んで、それが最初のわたくしの願い…
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:05:43.47 ID:UlwQrsbP0
今のわたくしは…

綺麗ではない?そんなことありませんわ

彼女はこんなに美しいのに

あぁ…黒澤ダイヤという女はいつでも彼女を欲してしまう…

これが本当の姿なんですのね
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:06:09.02 ID:UlwQrsbP0


鞠莉「ダ〜イヤ!」

鞠莉「さっきのダンス練習さ、ずっと振り付け間違ってたよ☆」

ダイヤ「そ、そうでしたの…?」

鞠莉「しかもその間違え方が面白くてね〜」

鞠莉「ルビィちゃんと一緒に笑ってた☆」

ダイヤ「る、ルビィと?わ、わたくしとしたことが…」

鞠莉「ねー?ルビィちゃん♪」

ルビィ「ぴぎゃっ!?どうしたんですか、鞠莉さん?」

鞠莉「ダイヤがおかしいって話」

ルビィ「お、お姉ちゃんが…?」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:06:42.96 ID:UlwQrsbP0
ダイヤ「ルビィ、さっきのわたくしの振り付け…」

鞠莉「な〜んて、イッツジョーク☆」

鞠莉「本当はちゃんと踊れてたよ〜」

ダイヤ「はぁ?!」

ダイヤ「鞠莉さん?なんであなたはいつもわたくしをからかって…」

鞠莉「わっ!怒っちゃった!逃げろー!ルビィちゃん☆」ガシッ

ルビィ「ふぇっ?!ど、どうしたの?」

ダイヤ「待ちなさーい!」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:07:10.97 ID:UlwQrsbP0
鞠莉「ルビィちゃん、ルビィちゃん、あのね…」

ルビィ「わ、わかりました…」

ルビィ「お姉ちゃん!」

ダイヤ「る、ルビィ?」

ルビィ「事情はわかんないけど、鞠莉さんにあんまり怒っちゃダメだよ?」

ダイヤ「わ、わたくしは怒ってなんか…」

ルビィ「それじゃ、私は花丸ちゃんと帰るねー!」タッタッタッ
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:07:37.25 ID:UlwQrsbP0
鞠莉「や〜っぱり、ダイヤお姉ちゃんって、ルビィちゃんには甘いよね?」ニヤニヤ

ダイヤ「な、何のことです?」

鞠莉「そんなダイヤお姉ちゃんが可愛い♥」

ダイヤ「や、やかましいですわ!」

ダイヤ「だいたい、今はルビィは関係ないでしょう?」

ダイヤ「あなたがわたくしをからかったりするから、怒っていたのであって、ルビィに甘いとかそういう話では…」

鞠莉「はいはい、長くなりそうだからもういいよ」

ダイヤ「あなたねぇ?!」

鞠莉「ダイヤ」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:08:59.41 ID:UlwQrsbP0
鞠莉「今、楽しい?」

ダイヤ「な、何ですの突然」

鞠莉「いいから答えて」

ダイヤ「ええ、楽しいですわよ」

鞠莉「だよね☆」

鞠莉「私ね、もう2度とダイヤとこういうバカなやり取りできないんじゃないかって、そう思ったりもしたの」

鞠莉「でもAqoursに入って、こうやって昔みたいにダイヤと楽しい日常を送れる…」

鞠莉「すごくhappyだよ☆」

ダイヤ「鞠莉さん…」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:09:29.03 ID:UlwQrsbP0
鞠莉「だからこれからも私にからかわれ続けてね」

ダイヤ「もちろん…って!良い話したからってからかっていい理由にはなりませんわ!」

鞠莉「わっ!また怒った!」タッタッタッ

ダイヤ「こらー!待ちなさーい!」

鞠莉(本当に幸せだなぁ♥)
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:09:55.24 ID:UlwQrsbP0


鞠莉「チャオー!」

ダイヤ「何ですの、わたくしはまだ生徒会の仕事が…」

鞠莉「邪魔しにきた!」

ダイヤ「はぁ?!」

鞠莉「ダイヤー!」ギューッ

ダイヤ「ちょっと、いきなりくっついて…」

鞠莉「えいっ!」モミッ
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:11:17.66 ID:UlwQrsbP0
ダイヤ「何するんですの?!…///」

鞠莉「触りたくなっちゃたから☆」

ダイヤ「触りたくなっちゃった、じゃありませんわ!」

鞠莉「ダイヤのここって、千歌ちゃんや曜ちゃんよりないね!」

ダイヤ「やかましいですわ!別に気にしてなんかいませんわ!」

鞠莉「気にしてるくせに♪」

ダイヤ「だいたい、なんであなたは千歌さんや曜さんのを知ってるんですの?」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:11:47.04 ID:UlwQrsbP0
鞠莉「みんなのを触ってるからね☆」

鞠莉「千歌ちゃんや曜ちゃんすごいんだよ?あ、あとルビィちゃんも伸び代があるから」

ダイヤ「ルビィにまで…そんなことやめなさ…」

鞠莉「あ!1番すごいのはね!花丸ちゃんだよ♥」

ダイヤ「鞠莉さん!そんな節操のない破廉恥なことしてはいけませんわ!触るなら、わたくしだけにしなさい…///」

鞠莉「あれれ〜?ダイヤちゃん♥」

鞠莉「それって、Jealousyってやつ?」

ダイヤ「別に嫉妬してるわけでは…」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:12:17.92 ID:UlwQrsbP0
鞠莉「安心して♥私がずっと触ってたいのはダイヤだけ♥」

ダイヤ「鞠莉さん…///」

鞠莉「いくらちっちゃくてもね♪」

ダイヤ「一言余計ですわ!」

鞠莉「Sorry♪ねえ、ダイヤ♥」モミモミ

ダイヤ「ちょっと…///」

鞠莉「気持ち良い?」

ダイヤ「気持ち良くなんて…///」

鞠莉「答えてくれなきゃもっと激しくいくよ」モミモミ

ダイヤ「あんっ!…///気持ち良い…ですわ…///」

鞠莉「良くできました♥」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:12:47.25 ID:UlwQrsbP0


鞠莉「それじゃ、脱がせるよ?」

ダイヤ「あっ!待って!練習の…Aqoursの練習の時間ですわ…」

鞠莉「そうだね」

鞠莉「じゃあ、続きは練習休みの日♥」

ダイヤ「続きって…というか、生徒会の仕事終わらなかったんですけど!」

鞠莉「気にしな〜い☆」

鞠莉「ダイヤも喜んでたんだからいいじゃん♥」

鞠莉「それじゃ、お先〜」

ダイヤ「待って!何で先に行くんですの?わたくしを待ったらどうです?」

鞠莉「一緒に行きたいのか〜」

鞠莉「ほんとダイヤはマリーが大好きな甘えん坊さんね♥」

ダイヤ「普通、待つでしょう」

鞠莉「こっから大した距離ないとこなのにね♪」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:14:02.87 ID:UlwQrsbP0


鞠莉「ハロー」

鞠莉「今日は休みだよ、前の続きしよ?」

ダイヤ「だから生徒会の仕事が…」

鞠莉「他の役員は?」

ダイヤ「みなさん他の部と兼任で忙しいんですの」

鞠莉「そうだったね」

鞠莉「ダイヤ」ギュッ
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:14:30.90 ID:UlwQrsbP0
ダイヤ「…」

鞠莉「大変だっよね、1人でずっと…」ナデナデ

ダイヤ「慣れましたわ」

鞠莉「ダイヤだってスクールアイドルやってて大変なのにね」

ダイヤ「生徒会長ですから、それにスクールアイドル部は他の部とは違ってできたばかりの部」

ダイヤ「残念ながら他の部のみなさんからは遊んでると思われたりもしてるようですが…」

鞠莉「私たちも本気なのにね」

ダイヤ「だから今頑張ってるんですわ!」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:15:04.72 ID:UlwQrsbP0
鞠莉「やっぱりダイヤは強いね」

鞠莉「じゃあ、これ私も手伝う!」

ダイヤ「1人でも大丈夫ですのよ?」

鞠莉「何言ってるの、このために理事長になったんだから☆」

ダイヤ「そこは、ちゃんとした目的があるでしょう?」

鞠莉「イッツジョーク♪」
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:15:45.67 ID:UlwQrsbP0


鞠莉「フィニッシュ!」

ダイヤ「終わりましたわ、鞠莉さんありがとうございました」

鞠莉「お礼は身体で、ね?」

ダイヤ「何ですのそのいやらしい言い方」

鞠莉「これが、ここにきた目的なんだから」モミッ

ダイヤ「ひゃんっ!?…///」

鞠莉「可愛い声上げちゃって、待ってたんじゃない?」

ダイヤ「待ってなんか…///」

鞠莉「この前お預けにされたから、そろそろ我慢の限界だったんじゃない?」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:16:14.47 ID:UlwQrsbP0
ダイヤ「なんか、慣れたようなこと言ってるけど、わたくしそんなことした経験ありませんのよ?」

鞠莉「あったらショックだな〜もちろん私もないけど☆」

鞠莉「じゃあ、脱がせるね♥」

ダイヤ「ちょっと…///」

鞠莉「恥ずかしがらないで、いつも部室で脱いでるでしょ?」

ダイヤ「それとは話が違いますわ…」

鞠莉「素直になっちゃえって♥」

ダイヤ(素直…)

鞠莉「ほら、可愛い♥」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:16:57.30 ID:UlwQrsbP0
鞠莉「いつも小さい小さいバカにしちゃってたけど、そんなに悪くないじゃない」

ダイヤ「何で、そんな上から目線…」

鞠莉「じゃあほら、マリーの触って♥」ギュッ

ダイヤ「あっ…ぐぬぬ…やはり敵いませんわぁ…」

鞠莉「わかればよろしい♪」ツンツン

ダイヤ「ひゃん!…///」ビクッ

鞠莉「やっぱり感じちゃってるのね?」ツンツン

ダイヤ「だって、こんなことされたの初めてで…」

鞠莉「だから初めてじゃないと困るって、言ってるでしょ?」コリコリ
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:17:25.13 ID:UlwQrsbP0
ダイヤ「あん…///は、激し…///」

鞠莉「すごく良い顔してる♥」モミモミ

ダイヤ「なん…で…///あなたは、そんなに上手いの♥」

鞠莉「心配しなくても大丈夫☆」

鞠莉「これはマリーの才能なんだから♥」チュパッ

ダイヤ「ん〜〜!…///」

鞠莉「んちゅ…はぁ…やっぱり、すごい効いてる♥」レロレロ
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:18:00.76 ID:UlwQrsbP0
ダイヤ「あんっ!…///す、すごい…///」ビクッ

鞠莉「じゃあ一気に♥」コリコリ

鞠莉「いくよ!」レロレロ

ダイヤ「あん♥だ、だめぇ♥♥」ビクンビクン

鞠莉「イっちゃったみたいね」

ダイヤ「は、初めてなのにこんなにされたら…///」

鞠莉「もう体力なくなっちゃった?」

ダイヤ「ええ、今日はもう…///」

鞠莉「今日は?」

ダイヤ「あっ…///」

鞠莉「OK!じゃあまたいつでもね♥」

鞠莉「暗くなったし、帰りましょ」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:18:39.92 ID:UlwQrsbP0


鞠莉「なんかダイヤ、やけにくっついて歩いてない?」

ダイヤ「あの、鞠莉さん」

ダイヤ「先程は勢いであのような行為をしたけれど…」

ダイヤ「ちゃんとわたくしの気持ちを言っていませんでしたわ」

ダイヤ「わたくしは鞠莉さんのことが好きです」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:19:34.58 ID:UlwQrsbP0
ダイヤ「いつも楽しいのは鞠莉さんのおかげですわ」

ダイヤ「わたくしを笑わせたり怒らせたり嫉妬させたり、いろいろな気持ちにさせてくれる」

ダイヤ「多分これは、ずっと昔からの想い…ですわ」

ダイヤ「正直、女性同士だということに思うところがない、わけでもありませんわ」

鞠莉「ありがとう、ダイヤ♥」

鞠莉「そういうきっちりしてるところ、大好きだよ?」

鞠莉「私がそんな女の子同士だとか気にするわけないでしょ?」

鞠莉「ていうか、言わなくてももうそういう関係な気でいちゃってたなぁ」

鞠莉「…I love you…♥」
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:20:08.91 ID:UlwQrsbP0
鞠莉「えへへ、顔真っ赤だよ」

ダイヤ「夕焼けのせいですわ」

ダイヤ「そういうあなたこそ…」

鞠莉「ダイヤのせいですわ…なんてね☆」

ダイヤ「…」

鞠莉「あれ?怒らない」

ダイヤ「今はその、何というか、嬉しすぎて、幸せ過ぎるというか…」

鞠莉「すごく乙女なんだね」ギュッ

ダイヤ「あ、手を…」

鞠莉「大丈夫だよ、みんな下校してるから」

鞠莉「今手を繋いで歩いて帰っても誰も見ない」

鞠莉「もし見られたら、逆に見せつけちゃお♥」

ダイヤ「そんなの恥ずかしい…けれど、悪くないですわ…///」
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:20:43.25 ID:UlwQrsbP0


ダイヤ「鞠莉さん…」

ダイヤ「もうわたくしより先に生徒会室にいるんですのね」

鞠莉「おかえりなさい♥」

ダイヤ「ここは学校ですのよ」

鞠莉「そんな事言って、昨日ここで何したってけ?」

ダイヤ「それは…///」ボンッ

鞠莉「ほんと可愛いなぁ」

鞠莉「ねえ、ダイヤ」
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:21:15.86 ID:UlwQrsbP0
鞠莉「昨日はここしか弄れなかったんだけど…」モミッ

ダイヤ「ちょっと…///今日は練習ありますのよ?」

鞠莉「わかってるって☆」

鞠莉「だから今日は軽〜くKissでもしましょ♥」

ダイヤ「全然軽くありませんわ!」

鞠莉「このくらい大丈夫だって☆チューっ」

ダイヤ「ちょっと鞠莉さん!…///」

鞠莉「昨日あんなに私に言ってくれたんだから、いいよね?」

ダイヤ「ええ、まあ…///」
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:21:52.43 ID:UlwQrsbP0
鞠莉「ダイヤ♥」チュッ

ダイヤ「ん♥」

鞠莉「ぷはっ…///」

鞠莉「初めてのKissは何だろう…ダイヤモンドの味がした♥」

ダイヤ「何ですのそれ?!ムードぶち壊しじゃない!」

鞠莉「ムードとか大事にしたいんだ、やっぱり乙女だね☆」

鞠莉「それよりもっと、情熱的に、passionだよ!」

鞠莉「ダイヤの好きな歌によく出てくる、passion!」チューッ
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:22:19.08 ID:UlwQrsbP0
ダイヤ「ん〜〜♥」

鞠莉「んちゅ♥はぁ…」レロレロ

ダイヤ「ん〜!…///」ハァハァ

ダイヤ「鞠莉さん♥♥」トローン

鞠莉「もっとしたいの?」

ダイヤ「もっと…って、わぁ!」

鞠莉「What♥」

ダイヤ「鞠莉さん、あの、後ろ…」

ダイヤ「扉の窓…」

鞠莉「え?ってOh…」

ルビィ()ピギィ

花丸()ズラァ
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:22:49.86 ID:UlwQrsbP0


鞠莉「ルビィちゃん、ダイヤお姉ちゃんのあんな姿覗いてどうだった?」

ルビィ「あ、あの…覗いてたわけじゃ…」

花丸「そうずら!練習に来るの遅かったら呼びにきただけです、そしたら…」

鞠莉「入れなかったと」

花丸「はい…」

ダイヤ「鞠莉さん、なんであなた見られたというのにそんなに余裕なんですの?!」アセアセ

鞠莉「ダイヤ落ち着いて〜」
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:23:26.96 ID:UlwQrsbP0
鞠莉「ルビィちゃん、感想聞かせてほしいな☆」

ルビィ「ふぇ…あ、あのすごかったです…///」

ダイヤ「る、ルビィさっきのは…」

鞠莉「ダイヤ、隠せるとでも思ってるの?」

ダイヤ「だからなんであなたまでわたくしを追い詰めるですの?!」

ダイヤ「あー、はい、あの、ルビィ、花丸さん」

ダイヤ「わたくしと鞠莉さんはそういう関係でして…」

鞠莉「そうそう、こういうイケナイ関係♥」

ダイヤ「ちょっとだまってなさい」

ダイヤ「女性同士なのに、ということや、生徒会室でこんなことをするのは反省しますが…」
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:24:47.38 ID:UlwQrsbP0
ルビィ「お姉ちゃん!」

ルビィ「あの、お姉ちゃんが幸せならルビィは何も言わないよ」

ルビィ「みんなにも言わないし」

花丸「オラたち、2人の幸せを壊すようなことしないずら」

花丸「好きになったのが女の子なだけ、ここは女子高なんだし、誰も文句は言わないよ」

ダイヤ「ルビィ、花丸さん…」

花丸「まあ、言わなくてもいずれみんな気付くと思うけどね」

ダイヤ「そ、そんな…」

鞠莉「さすが花丸ちゃん!わかってるぅ〜」
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:25:19.47 ID:UlwQrsbP0
鞠莉「2人もこういうことに興味湧いちゃった?」

ルビィ「ぴぎゃっ!そ、しょんなこと…///」ボンッ

花丸「マル達にはまだ早いっていうか…///」

ダイヤ「こら!さ、気を取り直して練習行きますわよ!」

鞠莉「いきなり、仕切り出して…」

鞠莉「ダイヤの行動、恥ずかしいよ?」

花丸「それは言えてるずら」

ダイヤ「や、やかましい…///ですわ」
35: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:25:52.10 ID:UlwQrsbP0


ダイヤ「どうしましたの?こんなところに呼び出して」

鞠莉「わかってるくせに〜」

鞠莉「この前の続きしよ?」

ダイヤ「見られたというのに学校でする気ですの?!」

鞠莉「だからここに呼んだんだよ!この理事長室に」

鞠莉「ここなら扉に窓はついてないし、外にはno trespassing、立入禁止の張り紙を貼ってあるから♥」

鞠莉「何してもいいよ♥」

ダイヤ「その英語だと、私有地に対する立入禁止という意味では…そもそもの問題は学校でするというのが…」
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:26:28.59 ID:UlwQrsbP0
鞠莉「あとはカーテンを閉めて…」

鞠莉「シャイニー!準備OK!」

ダイヤ「人の話を…」

鞠莉「じゃあダイヤは、我慢できるの?」

ダイヤ「うぅ…///」

鞠莉「でしょ」チューッ

ダイヤ「ん…♥♥」

鞠莉「んちゅ…♥はぁ…♥」レロレロ

ダイヤ「ぁ…///♥ん…♥」

鞠莉「ん〜♥」

鞠莉「ぷはっ…♥ハァ…ダイヤ♥」
37: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:26:58.84 ID:UlwQrsbP0
鞠莉「Kissしただけなのに、すごくいやらしい、えっちな顔になってるよ♥」

ダイヤ「そ…///そんな、わたくしが…///」トローン

鞠莉「今日は前よりももっと激しく♥」モミッ

ダイヤ「あんっ♥」

鞠莉「ほら、1人で気持ち良くなってないでマリーにも触れて♥」ギュッ

ダイヤ「あぁ…///ま、鞠莉さん♥」モミッ

鞠莉「Oh…♥」

鞠莉「イイよ、もっと♥」
38: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:27:31.89 ID:UlwQrsbP0
鞠莉「脱ぐから」スルッ

鞠莉「ダイヤも♥」

ダイヤ「はい…///」スルッ

鞠莉「やっぱりダイヤって綺麗な身体してるね♥」ツンツン

ダイヤ「ひゃぁ♥ま、鞠莉さんこそ、美しい、ですわぁ♥♥」モミモミ

鞠莉「んちゅ♥ん〜♥」チュパッ

ダイヤ「ひゃぁ♥♥」

鞠莉「ひゃっぱり♥ここ責められるの好きなんだ♥♥」レロレロ

ダイヤ「ぁ♥す、しゅごい…///」ビクッ
39: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:27:58.58 ID:UlwQrsbP0
ダイヤ「で、でもわたくしも…///」ガバッ

鞠莉「Oh!♥」

鞠莉「大胆なダイヤ、可愛いよ♥」

ダイヤ「可愛いばかり言われても、わたくしだってやりますわ…///」モミモミ

鞠莉「あんっ!ダイヤぁ♥」

ダイヤ「鞠莉さんも♥妖艶で煽情的ですわ」ツンツン

鞠莉「そんな、文学的に言われてもI don't knowだよぉ」

ダイヤ「あなたのそれと一緒ですわ」チュパッ
40: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:28:29.11 ID:UlwQrsbP0
鞠莉「ん〜!♥」

鞠莉「すごいよ、ダイヤ♥」

ダイヤ「ん…///ちゅぱっ♥♥」レロレロ

鞠莉「すごい…けどまだまだ♥」クチュ

ダイヤ「きゃあ!…///」ビクッ

鞠莉「自分の方が気持ち良くなってない?」クチュ

ダイヤ「あんっ!♥♥」

鞠莉「こんなにびしょびしょになって〜」クチュクチュ
41: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:29:49.13 ID:UlwQrsbP0
鞠莉「ダイヤの匂いがする♥」

ダイヤ「か、嗅がないで…///」

鞠莉「大丈夫だよ」クチュクチュ

ダイヤ「ん…♥」

鞠莉「…」ペロッ

ダイヤ「ひゃぁ!…///」ビクッ

ダイヤ「そんなとこ舐めたら、き、きたないですわよ…///」

鞠莉「きたなくないよ」

鞠莉「ダイヤのだから綺麗♥」チュパッ
42: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:30:18.10 ID:UlwQrsbP0
ダイヤ「あ、鞠莉さん♥そんな急にやられたら♥」

ダイヤ「わたくしもう…///」

鞠莉「んちゅ…はむ♥ん…」レロレロ

鞠莉「ダイヤ、イっていいよ?」チューッ

ダイヤ「あ、だめ…///ん〜!!♥♥♥」ビクンビクン
43: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:30:46.09 ID:UlwQrsbP0
鞠莉「今日はまだいけるよね?」

ダイヤ「はぁ…///はぁ…///ま、まだですわ♥」

鞠莉「それでこそだ☆」

ダイヤ「今度はわたくしが、鞠莉さんのを…」クチュクチュ

鞠莉「ん…///」

ダイヤ「わたくし、手先が器用ですの」クチュクチュ

鞠莉「ダイヤ、上手い♥」

ダイヤ「気持ち良い?」クチュクチュ

鞠莉「Yes!さいっこうだよ♥」
44: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:31:18.15 ID:UlwQrsbP0
ダイヤ「良かった♥でも、手だけだと物足りないでしょう?」

鞠莉「あ、ダイヤ…♥」

ダイヤ「だから私も…」

ダイヤ「綺麗ですわよ♥」

鞠莉「Oh…やっぱり恥ずかしいね…///」

ダイヤ「これが鞠莉さんの匂い…///」

ダイヤ「脳に染み付きましたわ…///」

鞠莉「もう!変なこと言わないでよ…///」
45: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:31:49.82 ID:UlwQrsbP0
ダイヤ「ん…♥」ペロッ

鞠莉「大丈夫?ダイヤ…」

ダイヤ「当たり前、ですわ」

ダイヤ「鞠莉さんだから綺麗…ん♥」レロレロ

鞠莉「ひゃぁ♥や、やっぱり初めてだとすごいね♥」

ダイヤ「鞠莉さんももうイきたいんじゃありませんの?」

鞠莉「ん〜!!そろそろ♥♥かな♥」

ダイヤ「では最後はまた手で」クチュクチュクチュ

鞠莉「Oh!♥すごいよ!ダイヤ♥♥」

鞠莉「ん〜!!♥♥♥」ビクンビクン
46: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:32:25.37 ID:UlwQrsbP0


その日は結局2人の体力が果てるまで愛し合い…

そしてそれから何度も何度も、一般生徒立入禁止区域での逢瀬は続き…

わたくしの心は鞠莉さんを愛するということに支配されてしまいましたわ

この自分でも恐ろしいくらいに貪欲な姿はあなたの目にはどう映っているのでしょうね
47: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:32:55.44 ID:UlwQrsbP0


ダイヤ「鞠莉さん!」ドン

鞠莉「あら?どうしたの?ダイヤ」

鞠莉「壁ドンってやつ?ん…」

ダイヤ「んちゅ…♥」チューッ

鞠莉「ん…」チューッ

ダイヤ「ぷはっ…ハァ♥ハァ♥」
48: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:33:28.51 ID:UlwQrsbP0
鞠莉「ダイヤなんか、いつもより目が怖いよ?」

ダイヤ「こわ、い?」

鞠莉「いつも私から責めてるから慣れてないだけなのかもしれない」

鞠莉「でもそんな目されると不安になっちゃうよ…」

鞠莉「マリーのこと、愛してくれてる?」
49: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:33:59.68 ID:UlwQrsbP0
ダイヤ「当然、ですわよ」

ダイヤ「わたくしはあなたを愛していますわ」

ダイヤ「仮にあなたの目に恐ろしいわたくしが映っているのであれば、それは愛に溺れた醜い女、なのでしょうね」

鞠莉「だから、文学的に言われてもわからないって」

鞠莉「それに、私を愛してくれてるってわかったからもう大丈夫」
50: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:34:38.00 ID:UlwQrsbP0
鞠莉「醜くなんてない、あなたは美しいよ」

鞠莉「それじゃ、これからはいつもダイヤが責めてくれるのね?」

ダイヤ「抑えられなく、なりますわよ?」

鞠莉「All OKよ」

ダイヤ「鞠莉、さん♥」クチュ

鞠莉「あんっ…///」
51: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:35:04.82 ID:UlwQrsbP0
ダイヤ「怖いとか言っておきながら、やっぱり興奮してたじゃないですの」クチュ

ダイヤ「その証拠にもうこんなに濡らしてしまってる…」クチュクチュ

鞠莉「だってダイヤってこんなに魅力的だったんだって、改めて気付いたから」

ダイヤ「わたくしもあなたの新しい魅力に惹かれていますわ」

ダイヤ「責められてこんなに弱々しくなってる鞠莉さんを見てるとなんだかゾクゾクしますの」

鞠莉「そんな趣味だったんだね、ダイヤは」

ダイヤ「どうなんでしょう」クチュクチュ
52: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/09(火) 17:35:50.60 ID:UlwQrsbP0
鞠莉「ん♥あんっ♥♥」

鞠莉「マリーのこと、あんまり、いじめすぎたりしないでね?」

ダイヤ「心配しないで、愛していますから♥」



終わり

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
鞠莉「No trespassing」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『鞠莉「No trespassing」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。