希「スーパーアイドルと生徒会役員」

シェアする

希-アイキャッチ11
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 22:26:07.18 ID:z13eJfRi0

2年前。
ウチが、音ノ木坂の新入生だった年の春。
そのときから、ウチには気になる子がいた。

1人は絵里ち。
3年間、生徒会のパートナーとして、ずっと一緒にやっていくことになる人。

そして、もう1人は――。







>>1はアニメサンシャインと並行して最近アニメラブライブを視聴し、ラブライブのSSを書いたのも初めてなので、ツッコミどころはやんわり指摘してもらえるとありがたいです



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1470749166

元スレ: 希「スーパーアイドルと生徒会役員」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 22:26:57.33 ID:z13eJfRi0



「――それで、やっぱり生徒会って疲れるんやなあって」

「ええ、意外とね」

「でもまだ先輩のお手伝いとは言え、絵里ちは結構な早さで書類整理してたし、ホントスゴいんやね」

「そうだったかしら」

「そうやよ、だからウチも頑張らんとって思って」

「まあ、お互いこれからよ。一緒に頑張りましょう、希」

「うん――あら?」

「あっ、あの子……」



「アイドル研究部を、一緒に作りましょう!スクールアイドル目指して部員を募集していまーす!」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 22:27:33.79 ID:z13eJfRi0

「確か、1年の……」

「今日もやってるのね……」



スッ



「ありがとうございまーす!興味があればぜひお声がけくださーい!」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 22:28:04.56 ID:z13eJfRi0

「……」

「チラシを受け取るなんて、まさか希、やってみたいの?」

「ううん、そういうワケやないんやけど……」

「というか、どっちにしろ無理じゃない。私たちには生徒会があるし」

「そうやね……」

「あなたも本当に不思議なところがあるわね。さ、行きましょう」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 22:28:44.72 ID:z13eJfRi0



その子は毎日ひたむきに、たくさんの人に向かって声をかけていた。



「そういえば今日は希の仕事ぶりを見てたけど、あなたも結構早いじゃない」

「えっ、そう?」

「私はそう思うわ」

「そっか。――ウチは今日、いつも以上に絵里ちの仕事の様子を見てる暇なんかなかったけど」

「それって、どういう意味?」

「脇目も見ずに仕事に集中して、それでやっと絵里ちと同じくらいに終わって。やっぱり、とってもスゴいんやなって」

「なるほどね。でも、私はもっと頑張らなくちゃいけないと思ってるわ」

「絵里ち、頑張り屋さんやね――」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 22:29:24.81 ID:z13eJfRi0

「ぜひアイドル研究部を作りましょう、よろしくお願いしまーす!」



「あ、あの子こんな中でも……」

「夕方から降ってきたのに、スゴいなあ……」



スッ



「ありがとうございまーす!興味がある方は、ぜひどうぞー!」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 22:29:54.10 ID:z13eJfRi0

「どうしたの?昼休みにも貰ったのに、また受け取ったりして」

「さあ、なんでやろね……。ウチにも分からない、分からないけど――」

「『けど』?」

「――ううん、何でもない。さ、帰ろ?」

「……そうね」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 22:31:09.52 ID:z13eJfRi0



気づけばウチは、その子に話しかけてみたいと思うようになっていた。



「アイドル研究部を作ろと思っていまーす、部員募集中でーす!」



「あのっ」

「……?」

「その……」

「あれ?そういえばあなた、チラシを……」

「ちょ、ちょっとお話が」

「お話――もしかして、アイドルに興味がありますか!?それならどうぞ、我がアイドル研究部に――」

「そ、そうやないんやけど……」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 22:31:37.98 ID:z13eJfRi0

「……そう、違うのね」

(えっ、いきなり喋り方が――)

「それじゃ、いったい何の用かしら?」

「えっと……。アイドルをするって言うから、素敵やなって……」



「……そう?……そうよね!?そうでしょう!!」

「っ!!?!?」

「それじゃあ一緒に、スクールアイドルやってみませんか?」







「いや、それも向いてないかなって……。生徒会の仕事もあるし、ウチは……」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 22:32:08.07 ID:z13eJfRi0

「――何だ、期待して損したわ」

「……」

「時間が惜しいから、早く用件を言って」



「ウチ、何をしてあげたらいいか分からなくて……。でも……」

「『でも』、何よ」

「あなたのこと、応援してあげたくて……」

「応援?」

「うん……。あと、できれば――」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 22:33:00.40 ID:z13eJfRi0

「――私は、宇宙ナンバーワンアイドルを目指しているの」



「……えっ」

「それを叶えるために必要なのは、夢を同じくする仲間。だからあんたみたいな人の助けなんて、それ以上はいらない」

「――っ」

「それに、"持つ者"の同情も私には必要ないわ。それじゃ」

「待って!それってどういう――」



「……」ダッ



たったそれだけのやりとりで走って行ってしまったその子は、私にとってとても不思議な子だった。

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 22:33:40.13 ID:z13eJfRi0



そんな、ちょっとおかしな出会いに包まれた春先のある日。
絵里ちと一緒にいるようになってから毎日が結構楽しかったけど、
その日は彼女がお休みで、
何だか寂しいなあ、なんて思いながら教室を出た。

あのとき言われた、"持つ者"って言葉……
あれはいったい、どういうことなんかな。
何を"持つ者"って言いたかったんやろか。
きっとウチには、何もないハズやのに。

ほんの少し久しぶりの孤独に遭遇したウチは、そんな風に後ろ向きになっていた。







「あっ」

「あっ……」

「……」

「……」



「どうしたのよ」

「へ?」

「いつも一緒にいるあの子は、どうしたかって聞いてるの」

「絵里ちのこと?それなら、今日はお休みで――」

「……そう」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 22:34:14.72 ID:z13eJfRi0

「あの、なんでウチに?部員勧誘、しなくてええの――」

「……」

「あっ、その、ごめん」

「別に良いけど。私がどこで何をしようが私の勝手でしょ」

「う、うん」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 22:35:04.90 ID:z13eJfRi0

「いつもの場所に勧誘しに行こうと思ったら、あんたが珍しく1人でいたから気になったのよ」

「あ、ああ、そういう」

「しかも、いつもよりずっとムスっとして」

「そうやった……かな」

「そうよ。全く――あんたは、暗い顔ちゃダメなの。そんな表情してたら、私が許さないわ」

「どうして?」

「『どうして』って……。私と違っていつも一緒にいられる人がいる、そんなあんたがしょげた顔してたら、私が惨めになるでしょ」

「そんなこと……」

「とにかく、自然に笑顔を出せる相手を持ってるあんたは幸せ者なんだから」

(でも確かに、幸せは幸せかもしれん……)

「いいわね」



(ん?"持ってる"って……もしかして)

「それに、あんたの笑顔はとっても――」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 22:35:43.69 ID:z13eJfRi0

「あのね」

「何よ、言いたいことはまだあるのに――」

「ウチは、あなたと同じだったんよ」



「――何、それ」

「中学までは親の都合で転校が多くて、学校じゃいつも1人でいるばっかりで」

「……」

「そんなウチが音ノ木坂に来て、やっと笑い合えるようになった子。それが、絵里ちなんよ」

「そう」

「ウチは、あなたの言う"持つ者"なんかやない。だから――」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 22:36:23.92 ID:z13eJfRi0

「じゃあ私が、今のあんたを笑顔にしてあげるわ」

「ウチを、笑顔に?」

「行くわよ。見てなさい」

「う、うん」







「にっこにっこにー♪ あなたのハートににこにこにー♪ 笑顔届ける矢澤にこにこ♪ さあ、あなたも一緒に"にこっ"♪」



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 22:37:08.51 ID:z13eJfRi0

「ぷふっ」

「ちょっと!そこは吹き出すところじゃなくて、微笑むところなの!」

「ごめんなあ……ふふっ」

「全く、ふんっ」

「けど、本当に笑顔に……」







「……スーパーアイドル、にこにー」

「――えっ」

「名前よ」

「にこ……」

「これを聞いたんだから、私の名前も覚えて帰ってもらうわ」



「うん、うん!――ウチは東條希って言うんよ。よろしくね、にこっち!」

「違うでしょ!にこにーって呼びなさい!」

「にこっち、ありがとう!」

「お礼はいいから!それとさっきも言ったけど、あんたはちゃんと素の笑顔でいるのよ!」







春からずっと気になっていた、もう1人の子。
その子の名前を、ウチはその日初めて知った。
その子のことが気になった理由も、そのとき少しだけ分かった気がした。



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 22:37:41.38 ID:z13eJfRi0



「そういえば絵里ち、もう身体は平気なん?」

「ええ。悪かったわね、生徒会もあるのに迷惑かけちゃって」

「大丈夫やよ。ウチは絵里ちとこうしてお昼ご飯が食べられたからそれで十分」

「それは私もよ。でもそのことは希にももちろんだし、先輩にもちゃんと謝っておかなくちゃいけないわね」

「そこまで気にせんでもええのに」



「アイドルに興味がある方!スクールアイドルをやってみたい方!ぜひアイドル研究部へどうぞ!」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 22:38:18.25 ID:z13eJfRi0

「あ、あの子今日も……。頑張るのね……」

「そうやね。にこっちも、きっと頑張り屋さんなんや」

「"にこっち"?」

「あ、うん。絵里ちが休んでた間に、いろいろあってね」

「えっ、まさか希、アイドルを――」

「ふふっ、そうやないよ。ちょっと励ましてもらって、そのときに名前を教えてもらったんよ。"矢澤にこ"だから、"にこっち"」

「へえ、そういうことだったの」

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 22:39:13.68 ID:z13eJfRi0



「えっ、入部希望……!?本当!?じゃ、じゃあここにお名前と学年とクラスを――」



「……!!」

「あの子も、ついにやったのね」

「みたいやね、良かった……!」



「ねえ、希。何か、労いの言葉をかけてきたら?」

「労い……」

「まだ時間もあるし、どうかしら。私は先に教室に戻っているわね」

「そうやね、じゃあ行ってくるわ」







「それじゃ、放課後からは一緒に勧誘を……うん、またあとで!」

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 22:39:39.71 ID:z13eJfRi0

「にこっちーっ」

「へ!?な、何よあんた、どうしたの?」

「入部希望の子、見つかったんやね。おめでとう」

「えっ……あっああ、ありがとう」



「ウチ、これからも応援しとるから!」

「――ええ、そうね。私ももっともっと頑張るわ!」



ウチよりずっと大変な目を見てきたにこっちは、同じ夢を見る人に出会い、心から喜んでいた。
ウチに笑顔をくれた彼女のそんな様子に、ウチも目を細めずにはいられなかった。

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 22:40:12.28 ID:z13eJfRi0



にこっちは、人1倍努力した。
夢を追いかけて走り続けた。
持ち前の粘り強さで、仲間を集めた。
相変わらず生徒会で忙しかったウチは何もできなかったけど。
それでもアイドル研究部に新しい仲間ができたときは、欠かさず『おめでとう』を言いに行った。



そして、ウチには1つの考えが浮かんだ。

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 22:40:46.32 ID:z13eJfRi0


「バックアップ?ライブの?」

「うん。ウチ、先輩に頼んでみようかなって思ってるんよ」

「はあ!?まさかあんた、生徒会まで巻き込むつもりなの!?」

「そうやよ、ダメかな」

「生徒会が1つの部活だけをサポートするなんて、どう考えても問題でしょ。よく考えなさいよ……!」

「やけど今、スクールアイドルの活動は全国的に活発化してきている」

「だからって……」

「それを踏まえれば、特例として認められるんやないかな」

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 22:41:12.06 ID:z13eJfRi0

「ううん、やっぱり大丈夫よ」

「えっ」

「できもしないこと、言わなくたって良いわ」

「そんなこと……」

「言ったでしょ、私の夢は宇宙ナンバーワンアイドル。生徒会に頼らなくてもライブを成功させられるようじゃなきゃ、そんなものは夢のまた夢」

「でも……」

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 22:41:40.84 ID:z13eJfRi0

「それに今は、仲間がいる。あなただって応援してくれている。今の私に、怖い物なんてないわ」

「……」

「だから希、何も言わずに見守っていて。その素敵な笑顔で」







持たない者なりに、考えに考えて出した提案。
にこっちにそれを敢えなく却下され、ウチはとてもショックだった。
ショックを受ける、ハズだった。

けれどそのとき、目の前にはとびきり輝く笑顔があった。
ずっと追いかけてきた人の、これ以上ないくらいにこにこした微笑み。
その人を助けたいと思ったウチが、またしても救われてしまった。

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 22:42:31.45 ID:z13eJfRi0



にこっちたちは、積極的にライブを開いた。
たくさん歌った。
たくさん踊った。
たくさんの人を笑顔にした。

ウチも都合が合う日は、なるべくライブに行くことにした。
むしろライブに行くために、仕事を早く終わらせようという気にもなっていった。
絵里ちと一緒に、2人でライブに行くこともあった。
今日のライブもスゴかった、と口にしながら帰途に着くことも増えた。

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 22:43:24.21 ID:z13eJfRi0

けれどそんな日々は、思ったほど長く続かなかった。







「にこっち!」

「何?どうしたのよ、そんなに慌てて」

「アイドル研究部が、にこっち1人になったって聞いて……」

「はあ?何言ってるのよ、そんなワケないでしょ」

「じゃあやっぱり、違うんやね?」



「もちろん――」

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 22:44:14.31 ID:z13eJfRi0

「そっか、良かった……。それでにこっち、次のライブの日程のことを聞きたいんやけど――」



「――っ」



「……にこっち?」

「ごめん、それはまたあとで」



「えっ、ちょっとにこっち!」

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 22:44:49.13 ID:z13eJfRi0

彼女が嘘を言っているという可能性が、即座に頭を過った。
同時に『なぜそんな嘘を?』という疑問が浮かんだ。
その答えは無意識に後を追いかけ出したウチには見当もつかない。
でも今は、そんなことに気を取られていられる状況じゃなかった。



ウチを笑顔にしてくれた、スーパーアイドル……。



にこっち。どこに行ったんよ。

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 22:45:25.72 ID:z13eJfRi0

部室から、どんどん上の階へ。
至るところをウチは探した。
走り回って、探し回って。
最後に残ったのは、屋上だった。







「い、いた」

「――!」

「にこっち」

「……」



にこっちは屋上の真ん中で空を見上げ、静かに立ち竦んでいた。







「早まったら、ダメや」



「早まる?何の話かしら」



「だって、こんなところにいるんは――」



「言ったでしょ。私がどこで何をしようと、私の勝手だって」



「けど、こんなところまで来て……」



「あんた、勘違いしてるわよ」



「勘違いって――」

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 22:45:56.41 ID:z13eJfRi0

「私は下なんか向かない。夢を叶えるために上を向いていく」



「何を――」



「もっとたくさんの人を笑顔にしてあげる努力をする。ただそれだけ」



「……」



「同じ夢を見る人が、私の側に何人いても――もし誰もいなくても、それは何も変わらないの」



「にこっち……」

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 22:47:06.65 ID:z13eJfRi0

「アイドルに興味のない人に私がかけられる言葉なんて何もないわ。お願い、今は1人にさせて」



「いやや」



「同情なんていらないの、分かったらどっか行ってよ」



「いや」



「手、離して――」



「いや!!!」







にこっちは……。



ウチに元気をくれたんや。

ウチのこと、笑顔が素敵って言ってくれたんや。

いつもウチの前を走って、手を引いてくれてたんや。



あなたは、自分がどれだけつらくても、みんなの笑顔のことを考えてくれるんや。



そんな人が――



「そんな人が"持たない人"なワケないやん!!!」

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 22:48:04.82 ID:z13eJfRi0

「……」







「もしそれでも、自分のことをそういう風に言うんなら、ウチは――」

「もう、十分よ」

「――へ」

「あんたの思い、伝わったわ。十分すぎるくらいにね」

「にこっち……?」



「あのね希。私はあなたに応援してもらえるだけで、それ以上ないくらい幸せなの」

「そんな――」

「だからもし、あなたが私に何かしたいと思ってくれているなら、その先のことなんてしなくてもいい」

「でもっ……」

「それに、あなたは生徒会の役員でしょ。スーパーアイドルの私とは、やることだって違いすぎる。仕事が早く終わったからって、毎度毎度私のところに来る必要なんかないわ」

「っ……!」



「話は終わり。――じゃあね」







最後まで凛とした表情のまま、屋上をあとにするにこっち。
厚い雲が1つ、それを追うように、ウチの頭上を越えていった。

34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 22:48:51.55 ID:z13eJfRi0



にこっち曰く、ウチは"持つ者"やったらしい。

にこっちの言うそれは、正しいことなのかもしれん。

でも、ウチにできることは多くなんかなくて。

目の前で苦しい思いをしている人1人、笑顔にしてあげることもできなくて。







絵里ちと一緒に仕事を熟しながら、自分なりにもう一度考えた。

ウチが誰かのためにできることって何やろか。

彼女のこともウチのことも、考えられるだけ考えた。

ウチが今の立場で、今できることって何やろか。

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 22:49:43.38 ID:z13eJfRi0

そしてやっと、できること、やるべきことに気づいた。



ウチにも話を聞いて、側にいてあげることはできる。
それに何より、ウチにはその大義がある。







「ねえ、にこっち」

「うわぁっ!!なんであんたがまたここに来るの!?」

「『なんで』って、不思議なこと言うなあ」



「ついこの間の話、もう忘れたんじゃないでしょうね!」

「屋上でした話のこと?それやったら、ちゃんと覚えとるよ」

「じゃあ尚更よ!早く部室から出てって――」

「それはできんかなあ」

「なっ!?」

「にこっちこそ、自分が言ったことを忘れとるんと違う?」

「な、何が言いたいのよ」

「だって、ウチは――」







困っている人を見捨てない、1人の生徒会役員やから。



36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 22:50:10.29 ID:z13eJfRi0
おしまい
37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 22:54:12.47 ID:z13eJfRi0
普通に見ても面白かったしどのCPも美味しいなーとか思いながら見てたけど、のぞにこは特に目が止まるCPだった
なので勝手ながら自分なりに補完してみた次第

ありがとうございました

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
希「スーパーアイドルと生徒会役員」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『希「スーパーアイドルと生徒会役員」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。