海未「八月十日は帽子の日」

シェアする

海未-アイキャッチ23
1: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/08/10(水) 20:59:27.43 ID:nmBDMbJ4.net
【10年前】

海未「ほのか。ことり。きょうはひざしがつよいですから、ぼうしをかぶってください」

穂乃果「えー?いらない」

ことり「うん。わたしもいらない」

海未「だめですよ。おそとにでるときは、ちゃんとぼうしを…」

穂乃果「ぼうしをかぶったら、ことりちゃんのとさかがかくれちゃうもんね」

ことり「ねー。いこ、ほのかちゃん」ギュ

穂乃果「うん♪」

キャッキャ タタタ…

海未「ほのか!ことり!まってください!」

海未「ふたりとも、どうしてぼうしをかぶってくれないのでしょうか…」クスン

雪穂「うみちゃん」

海未「あっ、ゆきほはぼうしをかぶっていますね」

雪穂「うん」

海未「ぼうし、すきですか?」

雪穂「すきー♪」

海未「そうですか。よかったです」ニコ

雪穂「うみちゃんもすき!」ギュー

海未「ゆきほ…///」

雪穂「えへー♪」

【今年】

穂乃果「真姫ちゃんおねがーい♪」スリスリ

真姫「ヴェぇ…」

海未(真姫の海辺の別荘を借りて夏合宿をすることになりました)

ことり「これくらい大胆でもいいんじゃないかなぁ♪」

穂乃果「えぇ!?…そんな水着恥ずかしいよ///」

海未「二人とも。水着もいいですけど、帽子を忘れてはいけませんよ」

ことほの「帽子?」

穂乃果「なに言ってるの海未ちゃん。学校のプールじゃないんだから…」

ことり「うん。海で泳ぐのに帽子被ってる人なんていないよね」

元スレ: 海未「八月十日は帽子の日」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/08/10(水) 21:02:36.42 ID:nmBDMbJ4.net
海未「合宿なんですから、ずっと海に入っているわけじゃないでしょう? 晴れて日差しが強いときは帽子を被ってください」

穂乃果「でも帽子被ったら、ことりちゃんのトサカが隠れちゃうじゃん」

ことり「うん。別に帽子被らなくても大丈夫だよ」

海未(二人は相変わらずですね…せめて他のメンバーだけでも帽子を被ってくれればいいんですけど)

にこ「はぁ?…帽子?」

海未「はい。夏ですし、晴れた日の屋外は日差しが強いですから…」

絵里「うーん…いや、でも私たちは遊びに行くわけじゃないのよ」

希「そやね。練習してるときに帽子は邪魔になるんやないかな? 野球部とかならわかるけど…」

にこ「練習してなくても帽子なんていらないわよ。そんな物なくても、にこは宇宙一可愛いし」ドヤァ

海未(三年生の言うことなら皆も聞いてくれそうなのに…このままでは誰も帽子を被ってくれないかもしれません)

海未(私はどうすれば…)ハァ

花陽「海未先輩…?」

真姫「どうしたんですか。ため息なんかついて…」

凛「みんなで海へ行くんだから、もっと盛り上がっていきましょうよ♪」

海未「あなたたち…」

まきりんぱな「帽子?」

真姫「…まあ、私は被って行くけど」

海未「本当ですか!?」

真姫「帽子はファッションの基本でしょ?手間をかけずに頭にワンポイントをプラスできるアイテムだし」

凛「へー。さっすが真姫ちゃん♪」

花陽「わ、私は帽子ってあんまり被らないけど…」

真姫「花陽も被ったらいいじゃない。…ほら、この麦わら帽子なんて似合うと思うわよ」

海未「確かに似合いますね」

凛「かよちん可愛いにゃー♪」

花陽「そ、そうかなぁ?」

真姫「凛にはこれね」

凛「えっ。凛も?」

真姫「そうよ。髪が短いから、どんな帽子も合うでしょ。こういうところで差をつけるのよ」

花陽「凛ちゃん可愛いよ♪」

凛「そ、そんなことないよー」
4: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/08/10(水) 21:07:09.33 ID:nmBDMbJ4.net
海未(ファッション…なるほど、そういう方向性で帽子をすすめたほうがいいかもしれません)

にこ「ふーん…あんたがファッションねえ」

海未「な、なんですか?」

にこ「じゃあ訊くけど、あんたはどういう帽子を被るつもりなのよ?」

海未「えっ。私ですか?」

にこ「そうよ。ファッションって言うなら、こだわりがあるでしょ?」

海未「そ、そうですね…私は、ベレー帽とか…」

にこ「はぁ?…なんでベレー帽なのよ」

海未「なんでと言われても…昔からよく被っているので…」

にこ「夏のファッションにベレー帽ってどうなの?…やっぱ要らないわよ帽子なんて」

海未「で、ですが…ほら、にこ先輩も被ってたじゃないですか。あの独創的な帽子…」

『解散しろって言ったでしょ!』

にこ「あ、あれは変装のために仕方なく…っていうか、そんな前の話を持ち出さないでよ!」

海未「ほんの数ヶ月前ですよね?」

にこ「うるさいうるさい!とにかく帽子なんていらないの!」

海未(うぅ…説得に失敗したみたいです)シュン

『お姉ちゃんですか?』

海未「はい。忙しそうなら別にいいんですけど…」

『今はゲームやってるみたいです』

海未「ゲーム?(意外ですね。あの絵里先輩が…)」

『はい。ロロナのアトリエっていう、昔のゲームのリメイク版だって言ってました』

海未「ロロナのアトリエ…ですか」

海未(ちょっと検索してみましょう…)カチ

海未(アトリエシリーズ…ほかにもいろいろあるんですね)

海未(…なんだか、特徴的な帽子を被ったキャラクターが多いですね。これもファッションでしょうか?)

海未(そういえば…RPGなどでは帽子がよく出てきますね。皮の帽子とか、いろんなゲームにありますし)

海未「ゲーム…帽子…ファッション…」ムニャムニャ

海未「…」Zzz
6: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/08/10(水) 21:11:23.25 ID:nmBDMbJ4.net
海未「穂乃果!ことり!帽子を被ってください!」

穂乃果「いらないってば」

ことり「トサカが隠れちゃうもん」

海未「帽子にはいろいろな効果があるんですよ。被らないと損ですよ」

穂乃果「どんな効果があるっていうの?」

海未「たとえば、この不思議な帽子を被っているとMPの消費が少し抑えられます」

ことほの「へー」

海未「それから、幸せの帽子は被って歩くだけでMPが回復しますよ」

穂乃果「いや、MPなんて使わないし…回復してどうするの?」

海未「そ、それは…」

ことり「不思議な帽子って、なかなか取れないし…そんなの探してたら合宿に間に合わないよ」

海未「で、でも他にも帽子はあるんですよ。皮の帽子とか、ターバンとか…」

ことほの「いらない」

海未「ああっ、待ってください!ことり!穂乃果ー!」

海未「うーん…帽子…二人に帽子を…」

「海未ちゃん。海未ちゃんってば!」

海未「穂乃果…帽子を被ってください…」

穂乃果「帽子?…もう、寝ぼけてないで起きてよー!」ペチペチ

海未「はっ!?…穂乃果!…な、なぜ私の部屋に穂乃果が…?」

穂乃果「迎えに来たの。今日は合宿の準備のために買い物に行くって約束したでしょー?」

海未「はあ。…でも穂乃果が、私より早起きなんて…天変地異の前兆でしょうか?」

穂乃果「ひどーい!楽しみだから早起きしたんだよっ!せっかく迎えに来てあげたのに」プンプン

海未「そ、そうですか。すみません…」

穂乃果「まったく…待ってるから早く着替えてよね」

海未「穂乃果。帽子を被ってきましたか?」

穂乃果「帽子?…ううん、持ってないよ。別にいらないでしょ?」

海未「今日は海で泳ぐわけではありませんし、晴れて暑くなると思います。私のを貸しますから、穂乃果も帽子を被ってください」

穂乃果「帽子なんてなくても…って、これ日本ハムの帽子じゃん!」

海未「ええ。そうですけど…2位じゃダメなんでしょうか?」
8: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/08/10(水) 21:18:45.96 ID:nmBDMbJ4.net
穂乃果「いや、順位の問題じゃなくて…日本ハムって今は北海道のチームでしょ?」

海未「そうですね。北海道日本ハムファイターズですから」

穂乃果「私たちは東京代表(を目指してる)だから、東京のチームがいいよ。ヤクルトとか巨人とか…」

海未「でも、ほら…このマークは北海道のHですけど、穂乃果のイニシャルと同じじゃないですか」

穂乃果「えっ。…穂乃果のH?」

海未「はい。“ほ”のTシャツみたいな感じで…いいと思いませんか?」ニコ

穂乃果「ふーん…」

穂乃果「海未ちゃん!早く行こうよー♪」

海未(穂乃果が帽子を被ってくれました。この調子で、ことりにも…)

ことり「やんやんっ。そんな水着、ことりは着ませんっ」

穂乃果「えー?…じゃあ、もっと大胆に…」ムフフ

ホノカチャーン キャッキャ

海未「ことり。この帽子なんてどうでしょう?…ことりに似合うと思いますよ」

ことり「また帽子?…でもトサカが隠れちゃうし…」

穂乃果「トサカはことりちゃんのトレードマークだもんね」

海未「ですが、たとえば阪神タイガースのユニフォームでも、すべて縦ジマというわけではないでしょう?」

ことり「そうなの?」

穂乃果「あー、確かにいろいろあるよね。黄色とか黒とか」

海未「はい。いろいろなバリエーションがあっていいと思います。ことりのトサカも常に見せているだけではなく、時にはあえて隠してみてもいいんじゃないでしょうか? メリハリといいますか…」

穂乃果「そういえば、お月さまもずっと満月だけじゃつまんないよね」

海未「ええ。三日月や半月にもそれぞれ魅力があると思います。帽子には帽子ならではの、ことりの魅力を引き立てる効果があるはずです」

ことり「んー。そっかぁ…」

ことり「どう…かなぁ?」

海未「とてもいいと思います。やっぱり似合いますね♪」

穂乃果「うん!可愛いよ。ことりちゃん♪」

ことり「ありがと。えへへ…じゃあ、合宿に持っていこうかな♪」

海未(ことりと穂乃果に帽子をすすめることができました。あとは…)
9: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/08/10(水) 21:20:39.07 ID:nmBDMbJ4.net
絵里「えっ。…帽子を飛ばす?」

『はい。ある選手は投球や守備の際、わざと脱げやすいようにして迫力あるプレーをアピールしているそうですよ』

絵里「なるほど…ずっと被っているだけが帽子の使い方ではないのね」

『ええ。ステージのパフォーマンスにも使えると思いませんか?』

絵里「そうね…面白いかもしれないわ。希にも相談してみようかしら?」

『はい。お願いします』

海未(あとは…にこ先輩ですか。すでに説得に失敗していますし、手強そうですね…)

【夏合宿初日・東京駅】

海未「あ。帽子…」

にこ「マ…親が、帽子被ったほうがいいって言うから…悪い?」

海未「いえ…似合うと思います♪」

絵里「そうね。可愛い♪」

にこ「ふ、フン。当然でしょ///」

海未(絵里先輩に希先輩まで…みんな帽子を被っていますね)

希「占いで出てたんよ。このグループは九人が帽子を被ると未来が開けるって」

海未「は、はあ(…よくわかりませんが、よかったです♪)」

にこ「…っていうか、海未。なんであんたはベレー帽なのよ?」

海未「えっ。…変ですか?」

ことり「似合ってるけど…」

穂乃果「可愛いよね♪」

希「あー、あれやな。攻撃力が上がったりするやつ」

絵里「攻撃力が…そうなの?」

真姫「イミワカンナイ…」

花陽「な、なにを攻撃するんですか…?」

海未「しませんよ。私を何だと思ってるんですか…もう出発しましょう」

凛「攻撃力上がるにゃー♪」

海未「上がりません!」

アハハハ ファイトダヨッ!



おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『海未「八月十日は帽子の日」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。