海未「凛に練習台になってもらいますか」

海未「凛に練習台になってもらいますか」

1: 名無しで叶える物語(WiMAX)@\(^o^)/ 2014/10/13(月) 10:05:27.61 ID:URm9nQqp.net
凛「海未ちゃんこんな倉庫に呼び出してどうしたにゃ?」

海未「凛…!」

凛「にゃ?」

海未「凛…!」ガシッ

凛「んんっ!んんんんん!!んんん!!」ジタバタ

海未「んっんっんっ」レロレロレロ

凛「んんんんん!!んんん…!」ボロボロ

海未「ふぅううう…!ふぅうう!」ブチュウウウ

海未「ぷはっ…!はぁ…はぁ…凛…!凛!」

凛「う…みちゃっ…ひっく…ど、どうしてっこんな事するの…凛こんなのやだよ…」ボロボロ

海未「凛だめですもう止められません!」




こんな感じの海凛見たいんだけど

続きを読む

穂乃果「安価で王様ゲームやろ~よ」

穂乃果「安価で王様ゲームやろ~よ」

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 14:47:18.07 ID:5f7tjBUB0
にこ「急にあんたの家に集まれって言われて、何でそんなことしなくちゃいけないわけ?めんどくさ」

絵里「私なんて亜里沙を連れてくるようにと言われたわ」

凛「面白そうだにゃ~」

真姫「イミワカンナイ!」

海未「またあなたは突拍子もないことを…」

花陽「ふぇぇ」

希「どんな命令にしようか迷うなぁ」

ことり「穂乃果ちゃんがやりたいって言うんなら」

穂乃果「ということでゲストはこの2人、後絵里ちゃんネタばらしはNGだよ」

雪穂「こんにちは」

亜里沙「お邪魔します」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1392529637

続きを読む

俺「穂乃果ちゃん鋤←これ何て読むかわかる?」穂乃果「え~なんて読むの?」

俺「穂乃果ちゃん鋤←これ何て読むかわかる?」穂乃果「え~なんて読むの?」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 18:53:41.67 ID:ifuLmtgw.net
俺「すき、だよ」

穂乃果「えっ!ああ漢字のことかぁ!もぅ‥びっくりするじゃない」

穂乃果「でも貴方となら…///」ボソボソ

俺「何かいった?」

穂乃果「な、なんでもないよぅ//」

穂乃果「ばか//」

Happy End

続きを読む

俺「10人や、ウチを入れて」

俺「10人や、ウチを入れて」

1: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 03:56:16.46 ID:Iz3SESbR.net
俺「μ'sは俺を入れて10人。そう決めたから」

ことり(は?)

穂乃果「え…?」

凛「この人誰にゃー?」

俺「ちょっとちょっと凛ちゃーんwwwwww俺のこと忘れるなんて酷いにゃーwwwwww」ベタベタ

凛「うわ…」

続きを読む

絵里「>>3と仲良くなりたいわ」

絵里「>>3と仲良くなりたいわ」

1: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 19:47:33.37 ID:kwqCW6GZ.net
絵里「まずは>>5をしてみようかしら」

続きを読む

海未「吾が背子と二人し居れば山高み」

海未「吾が背子と二人し居れば山高み」

1: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/09/28(月) 22:41:52.02 ID:cst1LlXe.net
海未「里には月が照らずともよし──先程の返事ですよ、穂乃果」



成人済みのほのうみがお月見するお話。

続きを読む

穂乃果「にこちゃん!」

穂乃果「にこちゃん!」

1: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2015/09/28(月) 00:23:32.73 ID:t8Tpg+El.net
にこ「んー、何よ?」


穂乃果「>>5!」

続きを読む

にこ「二年間放置してたくせに、いまさら友達面しないでよ!」希「!……」

にこ「二年間放置してたくせに、いまさら友達面しないでよ!」希「!……」

1: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/09/27(日) 22:30:00.24 ID:QE3RVEjs.net
希「う……」

にこ(ふふん、ざまぁみなさい、希はこういう方向から攻めると弱いのは良く知ってるのよ)

希「あぁ、うう……」

にこ「ほらほら!何か言ってみたらどおなのよ!」

希「……」

にこ「ほ~らほら!」

希「あぁ……」

にこ「ヘイ!ヘイヘイ!のぞみヘ~~イ!」

凛「希ちゃんをいじめるなぁ!」ベシッ

にこ「へしっ!」

凛「最低だにゃ!にこちゃんは最低だにゃ~~!」

にこ「な、何よ!」

凛「理想を追求し過ぎた事が招いた悲劇の責任は自分に帰着しないと自己弁護を繰り返し、その矛盾点は他人に転嫁することで解消し安寧を得るなんて最低だにゃ~~!」

にこ「うっ!」

続きを読む

海未「私の、お姉様…?」

海未「私の、お姉様…?」

1: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/09/29(火) 00:26:19.78 ID:ja2CmA0X.net
うみママ「はい。海未さんが幼い頃に、家を出ていってしまったのですが…」

うみママ「今日、1日だけ帰ってくるそうです」

海未「…ど、どのような方なのでしょうか…」

うみママ「会ってからのお楽しみ、ということで」



~海未ちゃんの部屋~

海未「…私の、お姉様…ですか…」

海未「いったいどんな人なのでしょう。想像もつきません」

海未「やはり母のように、大和撫子…」

海未「いえ、もしかすると父のように凛々しく、強い女性…」

海未「希や絵里のように、若くしてしっかり者…というのも…」

海未「…ふふ、にこのように、年下にしか見えない姉もいいですね」

海未「…ことりのような人が姉でも面白いです」

海未「…楽しみです」ウキウキ




~うみママの部屋~

うみママ「とても楽しみにしているようですね」












希「」

続きを読む

海未「ふぅ…良かったですよ、穂乃果」

海未「ふぅ…良かったですよ、穂乃果」

1: 名無しで叶える物語(関東・甲信越)@\(^o^)/ 2015/09/28(月) 11:29:56.23 ID:t8JhmWaH.net
穂乃果「ううっ…」

海未「まったく、穂乃果の腋汗を舐めながらのレズックスは最高です」ペロペロ

穂乃果「海未ちゃん…もうやだよ…」ビクビクッ

海未「こんなに身体を震わせて…怖がらなくともいいのですよ」

海未「私に全て委ねて、楽にしてください」クチュクチュ

穂乃果「ふあぁっ///」ビクンビクン

続きを読む