穂乃果「毎月21日は」絵里「漬物の日?」亜里沙「6月21日は…」

穂乃果「毎月21日は」絵里「漬物の日?」亜里沙「6月21日は…」

1: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 00:02:39.69 ID:sY1u+JKY.net
【十一年前・高坂家】

穂乃果(5歳)「…」クンクン

ほの母「おいしい♪」パリポリ

穂乃果「うえぇ…」オエッ

ほの母「ん、どうしたの穂乃果?」

穂乃果「このきゅうり、ヘンなにおい…」

雪穂(3歳)「くさい」

ほの母「ぬか漬けだからね。においを嗅がないで食べれば美味しいでしょ?」

穂乃果(小さい頃は漬物なんて好きじゃなかったなぁ…大人の食べ物って感じがするよね)

【十年前】

絵里(小2)「おばあさま。このピンクの、なに?キレイ♪」

祖母「漬物よ。ピクルスみたいな物ね」

絵里「へー」パク

パリポリ

絵里(おいしいような、そうでもないような…でも色がキレイだから好き♪)

【九年前】

あんじゅ(小3)「希ちゃんって…」ジーッ

希(小3)「んー?」モグモグ

あんじゅ「ナスみたいな色してるわよね♪」

希「な、なす!?」

あんじゅ「私、ナスのおつけものって好きよ♪」

希「まあ、ウチも好きやけど…」

あんじゅ「おいしい♪」モグモグ

希(ナスの漬物って噛むとキュッて音がするっていうか、独特の食感があるよね)

続きを読む

ダイヤ「夢うつつ」

ダイヤ「夢うつつ」

1: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 19:00:15.14 ID:30smTpCR.net
ダイヤ「……暑い」

まだ夏にもなっていないのに凄まじいほどの気温

不快なのはそれがジメジメした暑さだからだ

ダイヤ「はぁ…また1人で書類整理ですわ…」

置いてある書類の山を見つめて溜息

ダイヤ(まぁでも…)

千歌『ダイヤさーん!』

ダイヤ(あの子のおかげで退屈な日常にも輝きが増えましたわね)

ダイヤ「よし、気合いを入れて片付けてしまいますわよ!」

なんて意気込んでペンを持ったところまでは覚えている

でも数分して寝てしまったようだ

__
_____

|c||^.- ^|| あら?

続きを読む

ダイヤ「ドッペルゲンガーですの?」

ダイヤ「ドッペルゲンガーですの?」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 20:15:43.60 ID:FXYnW3Y8.net
ルビィ「し、しんじゃうの?」

善子「えぇ、もう1人の自分を見たものは死んでしまうらしいわ」

花丸「そういえば芥川龍之介も亡くなる前にドッペルゲンガーを見てたとかいう話を聞いたことあるずら!」

ルビィ「えぇ!?」

善子「そう、アメリカのリンカーン大統領もドッペルゲンガーを見たって言われてるの」

ルビィ「ひぃっ!」

続きを読む

梨子「恋していいよ」

梨子「恋していいよ」

1: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 18:19:12.95 ID:qi36Sl3A.net
梨子(今日も曜ちゃんと千歌ちゃんと遊んで、楽しかったな…)

梨子(けど…)

梨子「…足りない」

梨子「千歌ちゃん、まだ起きてるかな」

無意識に窓をあけて、闇夜の中に千歌ちゃんを探す。

梨子「いつだったけ…ここから千歌ちゃんは誘ってくれたよね。スクールアイドルに…」

ガラガラガラ

千歌「あ!やっぱり梨子ちゃんだぁ!」

梨子「ち、千歌ちゃん!どうして分かったの!?」

千歌「いやぁちらっと見たら電気がついててね、梨子ちゃんかなーって。えへへ」

ああ、ダメだ…

梨子「千歌ちゃん…ちょっとだけお話ししない?」

千歌「ぅん?いいよー」


部屋の光が生む私の影が千歌ちゃんを包み込んだように見えた。

続きを読む

曜「ちょwwwwwww>>3ちゃんwwwwwww」

曜「ちょwwwwwww>>3ちゃんwwwwwww」

1: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 00:11:11.15 ID:JQgo5Wc2.net
曜「>>6wwwwwww」

続きを読む

千歌「梨子ちゃんをおもらしさせよう!」 曜「ヨーソロー!」

千歌「梨子ちゃんをおもらしさせよう!」 曜「ヨーソロー!」

1: 名無しで叶える物語(関西地方)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 15:37:31.02 ID:T5N/q19c.net
千歌「はぁ・・・梨子ちゃんって、何であんなに可愛いんだろうなぁ////」惚け

曜「全くですなぁ////」

千歌「自分のこと地味だなんて言ってるけど・・・あんなべっぴんさんまずいないはずなんだよなぁ」

曜「この間モテたことないって言ってたけど・・・都会の人ってホント見る目がないでありますなぁ」

続きを読む

鞠莉「黒澤9姉妹の日常」ダイヤ「次女ですわ!」

鞠莉「黒澤9姉妹の日常」ダイヤ「次女ですわ!」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 20:44:42.12 ID:4oF4Yia4.net
ダイヤ「ん、サファイアおはようございます」

善子「っ! お、おお、おはようお姉さま!」

善子「サファイアちょっと急いでるからっ!」

ダイヤ「……なんですのあの子」

ダイヤ「あ、ガーネット――」

梨子「っ! お、おお、お姉ちゃんおはよう!」

梨子「私急いでるから!」

ダイヤ「……ガーネットも様子がおかしいですわ」

続きを読む

曜「梨子ちゃん、怒るわけないよ」

曜「梨子ちゃん、怒るわけないよ」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 23:34:05.17 ID:ILpcLu2CO
「よ、う、ちゃ、ん、が――」

私は、海水で重くなった砂に描いた文字を読み上げる。
と、やや大きな波が近づいてきたことに気付かず、

「あ、梨子ちゃん!」

「え?」

足元から膝くらいまで、思いっきり潮水を浴びた。

「きゃあ?!」

「大丈夫!?」

「……」

靴の中が、びしょびしょだ。
しかも、先ほど砂に書いた告白用のカンペも綺麗に洗い流されてしまった。

「た、大変、ちょっと待ってタオル貸すから!」

ついてない。
曜ちゃんが自分のタオルを私に差し出した。
汗の匂い。曜ちゃんの匂いに自然と呼吸が浅くなった。

「えっと、それで梨子ちゃん何て?」

「いいの……日が悪かったみたい」

海のばかやろう。

続きを読む

曜「一方通行な三角関係」

曜「一方通行な三角関係」

1: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 01:42:00.31 ID:Wk87GCo/.net
一応胸糞、鬱注意です

続きを読む

海未「なんだかお腹が空いてきました……」

海未「なんだかお腹が空いてきました……」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/20(火) 03:03:42.22 ID:Q3SI3x0R0
【はじめに】
このスレに投稿するSSは、作品番号1~10までそれぞれ違う作者さんのSSです。
一つ一つで完結だと思って読み進めてください。
それでは↓

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1497895421

続きを読む

1 2 3 4 5 6 1,030