ランキング 10971位から10980位

穂乃果「お父さんの正体はマーメイド??」

穂乃果「お父さんの正体はマーメイド??」

1: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/10/01(木) 17:48:23.32 ID:TWobIiyq.net
穂乃果「……いきなりなに言ってるの雪穂?」

雪穂「私も突拍子もないこと言ってると思うけどさ…」

雪穂「でもお姉ちゃん、お父さんの声聞いたことある?」

穂乃果「えっ」




穂乃果「えっと………」

続きを読む

一期一話穂乃果「お願い!私達の為に曲を作って!」西木野ジャギ「だ、誰だ貴様は!?」

一期一話穂乃果「お願い!私達の為に曲を作って!」西木野ジャギ「だ、誰だ貴様は!?」

1: 名無しで叶える物語(ぎょうざ)@\(^o^)/ 2014/10/29(水) 13:19:05.49 ID:tvsFlsJM.net
穂乃果「あ、ごめんね?私は高坂穂乃果!あなたは?」

ジャギ「ジャギ……、北斗神拳伝承者のジャギ様だぁ…!」

穂乃果「ジャギちゃんって言うんだ!よろしくね!」

ジャギ「…それで、高坂先輩は何しにここへ?」

穂乃果「そうそう!あのね、私スクールアイドルを始めようと思ってるんだ!だから曲が必要なの!お願いします!私たちの為に曲を作ってください!」

ジャギ「な、なぜだぁ~!?なぜ俺なんだぁ~!?」

穂乃果「さっき外から見てたんだけど、すごいビート刻んでたよね?穂乃果感動しちゃったんだ!」

ジャギ「な、なんだそれはぁ!?」

続きを読む

花丸「紅い唇」

花丸「紅い唇」

1: 名無しで叶える物語 2017/11/05(日) 23:47:28.25 ID:rpEihqQk.net
「―――ふぅ」

読み終えた小説をぱたんと閉じて、マルは一息。


この本―――浦女の図書室の最後の購入リストの中にあった、1冊なんだ。

もう廃校になっちゃうから―――図書室の購入リクエストも、これでおしまい。

浦女が無くなっちゃうのも、もちろん寂しいけど。


この図書室の本棚には、もう―――本が増えることも無い。


ううん、むしろ―――

最近置かれたばっかりの本棚も、もう古くなって歪んじゃった本棚も―――

そこに住む本たちも、それを読む生徒も、みんな――――

ここから、いなくなっちゃう。


実際、もう学校の備品は少しずつ片付けられていて―――

図書室も例外じゃない。

続きを読む

絵里「穂乃果が鯉のぼりになったわ…」

絵里「穂乃果が鯉のぼりになったわ…」

1: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/05/04(水) 19:50:18.21 ID:8mig2DPk.net
絵里「遅い…」

絵里「穂乃果ったらいっつも待ち合わせ時間守らないんだから…」



穂乃果『絵里ちゃん! 明日空いてる? こどもの日で学校お休みだからどこか行こうよ!』

絵里『ええ、いいわよ』

穂乃果『やったあ!』

穂乃果『それじゃあ10時に音ノ木坂集合ね!』



絵里「ってもう12時なんだけど…」

絵里「電話しても反応ないしなにかあったのかしら…」

絵里「このままここにいても埒があかないわ、穂乃果の家に向かいましょう」

続きを読む

にこ「運命のタロットカード!にこ☆」

にこ「運命のタロットカード!にこ☆」

1: ◆UFNnDwMYPk 2014/11/03(月) 21:10:27.88 ID:vEVONVy40
つらかった――――


本当につらかったテストもなんとかおわって



ついにやってきた


ニコの、高校三年生最後の夏


高校生最後の夏ってなんだかすっごく良い響き



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1415016617

続きを読む

凛「海未ちゃんに甘えるにゃー!!」

凛「海未ちゃんに甘えるにゃー!!」

1: 名無しで叶える物語 2017/05/14(日) 00:33:58.03 ID:NvDg+nqE.net
凛「にゃーんにゃん♡海未ちゃんいっつも厳しい顔してるにゃ?」

海未「そうでしょうか…?」

凛「ほらほらー?元気出して海未ちゃん?」スリスリ

海未「あぁっ!こらー!凛ー!!」ダッ

凛「えっへへ~♡こっちこっちー!!」

海未「凛ー!!早いですよぉー!!」

続きを読む

にこ「10円ガムが膨らまないにこ……」

にこ「10円ガムが膨らまないにこ……」

1: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/10/23(日) 08:29:48.95 ID:YQoEC1Gf.net
にこ「……」プシュ

パァン

にこ「…………」プス-

パァン!

にこ「あーあ、全然膨らまないにこ」

花陽「あ、にこちゃん。こんにちは♪」モグモグ

続きを読む

梨子「ハッピーバースデー」

梨子「ハッピーバースデー」



千歌「いやー、今日も練習疲れたね?」

曜「そうだねー。でも大分できるようになったかな」

千歌「確かに! 最初の頃と比べたらね」

梨子「二人とも凄いなあ。それに比べたら私なんか全然だよ……」

千歌「いやいや、梨子ちゃんも十分上達してるからね」

曜「うんうん。梨子ちゃんはもっと自信を持って」

梨子「うぅ、そうかなあ」

梨子「あ……」

千歌「どうしたの、急に?」

梨子「ううん。部室に忘れ物しちゃったのに気付いて」

梨子「ごめん、取りに戻るから二人は先に帰ってて」

千歌「わかった。また明日ね」

曜「また明日。暗くなるから気をつけてねー」

梨子「うん。二人も気をつけてね。ばいばい」

続きを読む

千歌「今日はポッキーの日なんだって!」

千歌「今日はポッキーの日なんだって!」

1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/11/11(金) 21:43:28.94 ID:4S5o7rVP.net
千歌「ってことでポッキーを連れてきたよ」

ポッキー「ヨロシクーオネガイシーマス」

鞠莉「誰コイツ」

千歌「インドのスクールアイドルのポッキー・チキンカリーさんだよ」

ポッキー「イェアー!!」

梨子「へぇ…インドにもスクールアイドルがいるんだ」

千歌「インドをバカにするな!!!」ポカポカ

梨子「してない!してないよ千歌ちゃん!!」


ポッキー「ワーチョマ」

鞠莉「えっ?私たちをインドに招待してくれるのヤッター!!」

千歌「早速出発しよう!」

梨子「うん!」

続きを読む

善子「堕天使ヨハネのとある梅雨の日」

善子「堕天使ヨハネのとある梅雨の日」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/14(水) 04:20:22.19 ID:AYYR2z1Ho
 今年の梅雨は雨がない

 雨のきらいな私にとったらこれは堕天使たる私に特別な恵みが与えられたとしか思えない

「善子ちゃん?」

 不届きな方言少女は私のことを不遜にも仮の名でこう呼ぶ

「無視はひどいずら」シュン

「無視なんかじゃないわよ! ただ考え事をしていたの!」

「まるの顔を見ながら考え事?」

「いったいなにを考えてたずら?」

 そんな質問を能天気な顔をして、平気でしてくるこのずら丸
 私はこの無神経さにいつも困らされているということをこの子は気づいてないみたい

「またまるの顔を見つめてなにか考えてるずら?」

「う、うるさいわね。ただ眠いだけ!」

続きを読む

スポンサーリンク