「 ミカ 」一覧

海未「四月」穂乃果「二十五日は」にこ「拾得物の日♪」

海未「四月」穂乃果「二十五日は」にこ「拾得物の日♪」

1: 名無しで叶える物語 2017/04/25(火) 00:03:49.29 ID:3BoZiJ4V.net
【秋葉原・UTX前】

\♪キャナイドゥーアイテーキベービ/

穂乃果「…!」

カツーン

にこ「?」

穂乃果「これだ!…見つけた♪」

にこ「ちょっと。これ、落としたわよ…って、もういないし」

タタタ…

にこ(あいつ、行っちゃったわね。…見つけた!とか言いながら落っことしていくなんて…アホね)

にこ(音ノ木坂の制服だったけど…UTXのパンフレット持ってたってことは、なんか理由があってこれが必要なのかも?)

にこ(私には関係ない…けど、拾っちゃったし。捨てるわけにもいかないし…ったく、しょうがないわねー)

【音ノ木坂・生徒会室】

にこ(二年は2クラスしかないけど…教室まで行くのも面倒くさいし)

にこ「希。入るわよ」ガチャ

絵里「矢澤さん…何か用?」

にこ(…よりによってコイツ一人か。希はどこ行ったのよ)

にこ「…邪魔したわね」

絵里「待ちなさい。…何か用があって来たんじゃないの?」

にこ「頼みたいことが…いや、どうせ私の頼みなんか聞く気ないでしょ?」

絵里「…内容によるわ」

にこ「じゃあ一応言うけど…落とし物を拾ったの。…つっても、誰が落としたのかはわかってる」

絵里「それを預かればいいの?」

にこ「いや、預けといても仕方ないでしょ。私、そいつの顔は見たけど名前を知らないのよ」

絵里「…なるほどね」

にこ「希なら知ってるんじゃないかと思って…」

絵里「私では知らない…と?」

にこ「だって、あんた他人に興味なさそうじゃない。…わかるの?後輩のことなんて」

絵里「後輩…そういうことなら、確かに私よりも希に訊くべきね」

にこ「でしょ。…んで、希はどうしたの」

絵里「さあ…私も知らないわ。…希って、一人でいるとき何をしているのか…正直よくわからないの」

続きを読む

穂乃果「第1回ラブライブ!チキチキ この一口に命をかけろ 賞金10万円争奪!ききパンツ~!!」

穂乃果「第1回ラブライブ!チキチキ この一口に命をかけろ 賞金10万円争奪!ききパンツ~!!」

1: 名無しで叶える物語(大酒)@\(^o^)/ 2015/08/19(水) 20:58:19.51 ID:RjIDdgMq.net
初投稿です。たぶん遅筆です、ご了承ください。
下ネタしかありませんので、苦手な方はスキップ願います。



【夏合宿にて】

μ's「いぇーーーーい!!!!!!」 パチパチ

穂乃果「というわけで合宿の締めくくりに、記念すべき第1回目を今からやっちゃうよ!」

海未「って、待ってください!勢いではしゃいでしまいましたが…。きき何とか、というのは何となく分かりますが、一番最後があまり聞き取れなかったのですが…。」

穂乃果「パンツ」

ことり「パン…ツ?えっ?パンじゃなくて?」

穂乃果「パンツだよ。皆が履いてるパンツ。パンも美味しいから次回はパンにしようね!」

真姫「イミワカンナイ…。次回じゃなくて今回がパンでいいでしょ。エリーからも言ってやって。」

絵里「まぁいいんじゃないかしら。こういう砕けた遊びを通してグループの結束を高めるのも立派な練習の一環よ!(キリッ」

海未「(えええ…)」
希「(えりち絶対に趣旨わかってないやん…)」
にこ「(ぽんこつすぎ…)」

凛「凛は面白そうだからやってもいいかなー。10万円も貰えるみたいだし!」

花陽「わ、私も凛ちゃんがやるんならやってもいいかなぁ…。」

にこ「(うっ…10万円…。地味に美味しいわね…)…まぁー、しかたないから付き合ったげる。」

真姫「(にこちゃんがやるなら一人ぼっちになっちゃう…)わ、私もやるわ!」

希「まー面白そうやし、うちもいいよ。」

続きを読む

【安価SS】穂乃果「一対一で勝負だよ!」

【安価SS】穂乃果「一対一で勝負だよ!」

1: 名無しで叶える物語(りんご)@\(^o^)/ 2015/08/19(水) 20:38:30.33 ID:VtBv96cP.net
穂乃果「一対一で勝負だよ!>>3

穂乃果「勝負内容は>>5!」

続きを読む

花陽「あれ…ここどこだろう」

花陽「あれ…ここどこだろう」

1: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2015/08/07(金) 17:22:09.25 ID:wXs9QzeU.net
ー青の国ー


花陽「どうしよぉ…」

花陽「みんな探してるだろうな…」

花陽「だ、誰かタスケテーっ!」


ガササッ

花陽「ぴゃぁぁぁ!!」ビクッ

凛「あれっ」

凛「ここでなにしてるのー?」

続きを読む

>>3「ここは……」

>>3「ここは……」

1: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/04/04(火) 14:28:18.89 ID:bHi/p/jl.net
μ'sの中からで

続きを読む

海未「リリホワ・ウェポン」凛「2バット」希「炎の焼肉」

海未「リリホワ・ウェポン」凛「2バット」希「炎の焼肉」

1: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/03/28(火) 20:58:10.20 ID:Z2qPYs8X.net
 
音ノ木警察のお騒がせ刑事コンビ、東條と園田。

人々は2人を人間兵器LW(リーサル・ウェポン)と呼んだ…


凛「2人じゃないよ凛もいるにゃ!」


犯罪者と保険屋泣かせの不死身姉妹に新米の星空が加わって迷惑度もさらにパワーアップ。


秋葉原の平和は私たちが守る。戦えリリホワ!

続きを読む

穂乃果「皆本当にラブソング作る気あるの!?」

穂乃果「皆本当にラブソング作る気あるの!?」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 21:22:43.48 ID:Y4+Jl7Vt.net
穂乃果「わぁ~見て!」

凛「雪にゃ~!」

にこ「皆外出てみましょう!」

ーーー公園ーーー

ことり「わぁ~綺麗~」

海未「幻想的ですね・・・」

花陽「真姫ちゃん早く早く!」

真姫「ちょ、ちょっと待ちなさいよ」

絵里「綺麗ね・・・まるで・・・」

希「うん・・・なんか、自然と言葉が生まれてくるような・・・」

take1

・・・フワリ

穂乃果「・・・想い」

花陽「・・・白米」

海未「・・・予k」

穂乃果「ちょ、ちょっと待って!」

絵里「花陽、白米はちょっと・・・ねぇ」

希「そうやね、ラブソングやし」

花陽「えぇ?だ、駄目・・かなぁ」

ことり「で、でも好きって気持ちは伝わってきたよ」

凛「えぇ~?凛は良いと思うけどなぁ」

にこ「ラブソングなんだからlikeじゃなくてloveでいきなさいよloveで」

花陽「love・・・うん、頑張ってみる!」

穂乃果「よ~し、じゃあもう一回初めから行くよ!」

続きを読む

ことり「3月20日は」穂乃果「サブレの日♪」

ことり「3月20日は」穂乃果「サブレの日♪」

1: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2017/03/20(月) 00:06:42.65 ID:YdnD0iRe.net
穂乃果「ただいまー。お母さん、おやつはー?」

カタカタ…

ほの母「…」ハァ

穂乃果「お母さん?…どうしたの?おなか空いてるの?」

ほの母「違うわよ。…お店の売り上げもずいぶん落ちて、食べる物ならいっぱいあるし」

穂乃果「アハハ…確かに和菓子ならたくさんあるね」

ほの母「笑いごとじゃないわよ…消費税の増税以来、すっかり客足が遠のいちゃったわ」

穂乃果「もともとそんなに流行ってなかった気もするけど…」

ほの母「それでも増税前は遥かにマシだったわよ。書き入れ時の春に、こんなにお客さんが来ない日なんて無かったし」

穂乃果「春って言っても、まだ寒いよ。みんな出かけるのが面倒くさいんじゃないかなぁ?」

ほの母「都会は大量生産の和菓子がコンビニやスーパーとかで幾らでも手に入るからね…うちはちゃんとした和菓子屋だから安くはないし」

穂乃果(消費税の増税って何年前だっけ…私が小学生の頃は、確かに今よりはお客さんも多かったかな)

穂乃果「えーと…これが本体価格で、税込だと…」トトトン

ほの母(…穂乃果も雪穂もそろばんくらいは使えるけど、今はまず使うことはないわね。私も電卓使うし)

穂乃果「うわぁ…こんなに高くなっちゃうんだ…これは私なら買わないなぁ」

ことり「そっかぁ…お店って大変だね」

穂乃果「まあ、うちだけが特別苦労してるってわけでもないと思うけどね。老舗ってことで地元ではそこそこ有名だし」

ことり「私も、ちょっとは売り上げに貢献しなくちゃ…」

穂乃果「んー。でもことりちゃんには私もお世話になってるし、今までどおりサービスするよ♪」

ことり「何か、それ以外で力になれたらいいんだけど…」

穂乃果「んー。あ、じゃあ人気が出そうな新作和菓子のアイデアとか」

ことり「新しいお菓子?」

穂乃果「うん。何か思いついたらでいいんだけど…ほら、ことりちゃんもお菓子作り上手でしょ?」

ことり「和菓子では穂乃果ちゃんにかなわないよ。私は作るなら洋菓子派だもん」

穂乃果「洋菓子?」

ことり「ケーキやパイ、タルトにクッキー、プリンやシュークリームとか♪」

穂乃果「なるほど。洋菓子かぁ…」

ことり「え?」

続きを読む

穂乃果「生徒会役員共!」

穂乃果「生徒会役員共!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 23:30:22.48 ID:IvI7h2WY0
※注意!

このSSには過渡な下ネタが含まれています。
苦手な方は読むのをお控え下さい。
キャラ崩壊あり、まともな人は極僅か
時系列はファイナルライブ後、ことほのうみが3年生に上がってからの話になります
気分で作ったので短め


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1489933817

続きを読む

雪穂「三月十六日は」穂乃果「十六団子だよっ!」

雪穂「三月十六日は」穂乃果「十六団子だよっ!」

1: 名無しで叶える物語(王都図書館司書室)@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 00:08:19.78 ID:tUB7fVMK.net
雪穂「十六団子?」

穂乃果「そう。春になると田んぼの神様が山から帰ってくるんだって。その神様を迎えるためにお団子をお供えするんだよー」

雪穂「へー」

穂乃果「でも十六団子って東北地方の風習らしいから、東京では全然知られてないんだよね…」

雪穂「まあ、この辺りに田んぼなんてないし…山もないし」

穂乃果「でも要はお団子をたくさん作るイベントでしょ。穂むらとしては無視できないと思わない!?」

雪穂「そもそも誰に聞いたの。そんな話…」

穂乃果「お母さん」

雪穂「そうなんだ…でもお母さんも東京出身だよね?」

穂乃果「そのはずだけど…」

雪穂(お母さんは東北地方の風習をどこで知ったんだろう?)

穂乃果「とにかく!お団子はお父さんとお母さんに任せて、私たちは十六団子のことをみんなに知ってもらわなくちゃ!」

雪穂「みんなって…うちに来るお客さんはほとんど地元の人でしょ。田んぼがあるところに住んでる人は滅多に来ないと思うけど…」

穂乃果「でもみんな毎日お米は食べるでしょ。日本人なら、田んぼの神様が全く無関係ってことはないはずだよ!」

雪穂「まあね…」

穂乃果「よーし。じゃあ早速、協力してくれそうな人を集めよう!」

雪穂(大丈夫かなぁ…)

穂乃果「ことりちゃんも海未ちゃんもおだんごは好きだよね」

雪穂「おだんご嫌いな人なんてそうそういないと思うけど…」

穂乃果「特に海未ちゃんは日本の伝統文化には興味がありそうだし」

雪穂「まあ、海外よりは日本のことが好きそうな感じがするね」

ことり「十六団子?」

穂乃果「そう。おだんごをたくさん作ってお供えするんだよー♪」

ことり「へー。お月見みたいな感じかなぁ?」

穂乃果「んー?…まあ、そうかも」

ことり「でもお花見にはまだ早いよね…東京の桜は咲いてないし」

穂乃果「特に何かを見たりするイベントじゃないから…田んぼの神様を迎えるためのおだんごだよ」

ことり「田んぼは近くにないけど…」

穂乃果「そ、そうなんだけど…お米は食べるでしょ?一応っていうか、田んぼの神様には感謝したほうがいいのかなって」

ことり「そっか。そうだね♪」

続きを読む

1 2 3 4 15